出会い攻略のカテゴリ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます





カテゴリ:出会い攻略

  • 2023/01/16出会い攻略

    コロナの影響で、一昨年から人気に火が付いたキャンプブーム。 週末になれば、都内近郊のキャンプ場には、多くの初心者キャンパーが押し寄せている状況だ。 今年で45才になるオッサンの俺が、寒空の下でわざわざテントを張る理由はただ一つ。若い女と仲良くなって、セックスしたいからだ。 キャンプには若いころハマっていたため、道具は一式揃っているし、ある程度の知識もある。 てなわけで、さっそくテントの張り方に困って...

    記事を読む

  • 2023/01/08出会い攻略

    会社の事業拡大に伴い、はるばる沖縄の宮古島まで出張に行くことになった。 期間はおよそ2週間。商談の日程はバラバラのため、3日間ほど予定のない日もある。半分バカンス気分で羽田空港を飛び立った。 3時間ほどで、宮古島に到着した。とりあえず空港から市街に出てみれば、ヤシの木が生え揃った道沿いに、白や灰色のコンクリートに覆われた建物が立ち並んでいる。うわ〜、いかにも南国って感じだな〜。 キョロキョロと街を歩...

    記事を読む

  • 2022/11/18出会い攻略

    既婚者サークルをうたってますが、要は既婚者男女の食事会です。私が参加したのは日曜の昼間で、全部で6つほどのテーブルに男女が2、3人ずつ座ってて、その場でペアになった男2人が、ぐるぐるテーブルを回って会話していく回転寿司スタイルでした。年齢はアラフィフがメインで、男はジャッケットで決めて、女性は参観日くらいのお洒落をした主婦って感じです。雑談をかわすだけで特にカップル発表とかはないので、会の後は自力...

    記事を読む

  • 2022/11/08出会い攻略

    ひとくちに異業種交流会といっても、商工会議所が主催するお堅いものから、お見合いパーティに毛の生えた感じの立食パーティ形式まで、さまざまな種類がある。が、ナンパ目的ならむろん、チョイスするのは後者。「異業種交流会」「立食」などのキーワードで検索すればいくらでも見つかるハズだ。さっそく手順を説明したいところだが、まずは異業種交流会にやってくる人妻さんがどういうタイプの人間か理解しておく必要がある。敵を...

    記事を読む

  • 2022/11/06出会い攻略

    Kが妙なことを言い出した。「最近さあ、サルサやってんだけど、かなり楽しいんだ」「サルサって、踊りのか?」「そう。半年ぐらいレッスンに行ってんだけど、やっと踊れるようになってきてさ」何をとち狂ってサルサなんぞ習ってんだ。あんなもん、オッさんの踊りだろ。「おまえ全然わかってない。半年で3人とヤレたし俺」「え!」半年で?おまえが?マジ?しかも、そのうち1人とはセフレの関係だって?うそつけ。「サルサは手を...

    記事を読む

  • 2022/11/04出会い攻略

    旅の恥は掻き捨てということか、夏の旅、酒とナンパ・旅先での出会いは実にロマンチックで特別な感情が生まれやすい。夜行列車ムーンライト寝台特急には出会いがいっぱいなのか実際電車に乗ってみた。ムーンライトシリーズと呼ばれる夜行快速列車が人気を集めている。車内は横になれない座席タイプだが、青春18きっぷを使えば、格安で夜行列車の旅が楽しめる。俺は京都発の夜行快速列車《ムーンライト九州》の展望室車両を利用し、...

    記事を読む

  • 2022/10/28出会い攻略

    ちょうど世間がコロナ一色になった去年のこと。会社や学校が一斉にリモートになったもんだから、奥さんも高校生の息子も一日中家にいるしで、かなり窮屈な思いをしていた。かといって憂さ晴らしに外に飲みにも行けないし、ネカフェで時間を潰すってのも気が引ける。うーん、何か新しい趣味でも見つけたいなぁ…。こうして始めたのが、一人キャンプ、いわゆるソロキャンだ。もちろん初心者のため、最初はキャンプ場で道具を一式レン...

    記事を読む

  • 2022/10/26出会い攻略

    手品はショーであると同時にコミュニケーションシールでもある。特に女の子を口説きたいときは、大きな力を発揮する。ルックスも収入も平凡な三十路の男が、何人もの女をとつかえひつかえできたのも、すべて手品のおかげと言ってもいいだろう。俺の体験を元に、手品がいかに口説きのシールとして有効か、お伝えしよう。「人手が足りないから、面接受けにこいよ」浪人生だった20才のある日、関東の某百貨店に勤める友人に誘われた...

    記事を読む

ソロキャンプの女はコーヒーミルでナンパすれば成功率が爆上がり

33_20221210164942d0d.png

コロナの影響で、一昨年から人気に火が付いたキャンプブーム。 
週末になれば、都内近郊のキャンプ場には、多くの初心者キャンパーが押し寄せている状況だ。
 
今年で45才になるオッサンの俺が、寒空の下でわざわざテントを張る理由はただ一つ。若い女と仲良くなって、セックスしたいからだ。 
キャンプには若いころハマっていたため、道具は一式揃っているし、ある程度の知識もある。
 
てなわけで、さっそくテントの張り方に困っているソロキャンプ女性を見つけては、片っ端から声をかけてみた。テントの手伝いを口実に仲良くなる、王道のキャンプナンパだ。 
ところが、この作戦はまったくといっていいほど上手くいかなかった。
 
なんせオッサンが一人で近づいていったところで、ナンパ目的なのはバレバレ。明らかに冷めた目で、「自分でできるので大丈夫です」なんて断られてしまう。 
そこで次に思いついたのが、バーベキュー台の火起こし作戦だ。テントに比べて女に警戒されることは少なかったが、やはりこの結果もイマイチだった。
実際に手伝っても、とにかく会話が続かない。ものの数分で着火してしまうので、軽い自己紹介で終わってしまうのだ。
 
こうして色んなキャンプナンパを試してみるも、セックスはおろか、ライン交換にも繋がらない。 
うーん、こりゃ参ったな。せっかく若い女がわんさかいるってのに、どうしたもんかね〜…。 
こうして試行錯誤を重ねた末に編みだしたのが、以下のナンパ方法だ。俺が目を付けたのは、バーベキューの後。つまりは食後の時間だ。
 
この時間のキャンプの定番といえば、焚火を囲みながらのコーヒータイム。そこに狙いを定めたのだ。 
用意するのは、豆を挽くためのコーヒーミル。ホームセンターには、ほぼ必ずといっていいほどキャンプ専用のミルが売られているので、簡単に手に入る。
 
時刻は夜の9時。このくらいになると、夜も更けてきて、ガヤガヤと賑わっていたキャンプ場も静けさを取り戻す。 
寒空の下、焚火の前でコーヒーミルのレバーをくるくると回しながら、近くを通る若い女に目を光らせていく。好みの子を見つけたら、迷わずこの一言だ。
「今ちょうど豆を挽いているんですけど、一人だから余りそうで。もしよかったらコーヒーいかがですか?」
 
セリフだけだとナンパっぽく聞こえてしまうが、実際にコーヒーミルを持っているため、警戒されることはない。 
おまけにほとんどのキャンパーは、インスタントコーヒーしか持ってきていないので、けっこうな割合で食いついてくるのだ。
 
女をイスに座らせて、テキトーに自己紹介しながらお湯を注いでいけば、こだわりコーヒーの完成だ。 
女の子がフーフーとコーヒーに息を吹きかけている姿を見ると、なんだか彼女と2人でキャンプに来ているような、不思議な気分になる。
 
火を囲みながらコーヒーを啜っていけば、会話も自然と弾むってもんだ。 
趣味の話から、好きな音楽や映画まで、お互いのことをペラペラと話していく。話題に付いていけないことも多いが、若い子とおしゃべりできるだけでも、十分に癒される。 
こうして仲良くなれば、酒を飲んだり、恋愛トークに繋げていき、後日のアポに繋げるのがお決まりの流れだ。 
もし打ち解けられなくても、再びコーヒーミルを回せば、次のターゲットはいくらでもいるので何も心配はいらない。 
このナンパ方法、まだセックスまで持ち込めたことはないが、結果は順調だ。 
最近では、20代のOLちゃんとキャンプ仲間(テントは別々)にまでなれたので、皆さんもぜひお試しあれ!
カテゴリ
タグ

宮古島でティンダーを開いたら地元民とは遊びづらい人妻とヤリまくれました

会社の事業拡大に伴い、はるばる沖縄の宮古島まで出張に行くことになった。
 
期間はおよそ2週間。商談の日程はバラバラのため、3日間ほど予定のない日もある。半分バカンス気分で羽田空港を飛び立った。
 
3時間ほどで、宮古島に到着した。とりあえず空港から市街に出てみれば、ヤシの木が生え揃った道沿いに、白や灰色のコンクリートに覆われた建物が立ち並んでいる。
うわ〜、いかにも南国って感じだな〜。
 
キョロキョロと街を歩き、予約したビジホにチェックイン。
幸い、今日は平日にも関わらず、仕事の予定はない。せっかく宮古島に来たからには、南国女を相手に一ヌキしたいところだ。
 
スマホで調べてみたところ、デリヘルは数件あるっぽい。でも、どうせならフーゾクではなく、シロート女とハメハメしたいな〜。
てなことで開いたのは、スマホアプリのティンダーだ。これ、現在地に応じて近くにいる女の子が表示されるので、地方で出会いを求めるには欠かせない。
何分かアプリをイジっていたところで、ある異変に気づく。
 
あれ? 
なんか顔写真がない人多くね?
 
これまで訪れてきた地方とは違い、プロフを設定していなかったり、動物や食べ物の画像に設定しているユーザーがやけに多いのだ。
 
疑問に思いながらも片っ端からイイねを送っていくと、すぐにメッセージが返ってきた。
<初めまして〜。よろしくお願いします〜>
 
彼女の名前はエリ(仮名)。
プロフの情報によると、年は34才で宮古島在住と書かれている。
正真正銘の島民だ。
 
軽い自己紹介を済ませて、出張で来ている旨を伝えたところ、すぐにこんな返信が。
「今からお会いしませんか?」
 
え、まさかの即アポ!
まだ顔も知らないんですけど…。 
車で迎えに来てくれるというので、近くのコンビニまで向かうことに。
不安を抱きながら待っていたところ、一台の軽自動車が止まった。
 
恐るおそる近づいてみる。マスクで顔はよく見えないが、南国っぽい大きな目が特徴の美人さんだ。
「あの、アプリの方ですか?」
「そうです!初めまして〜」
 
おお、ラッキー。まさかこんな簡単に出会えるとは!
助手席に乗せてもらうと、挨拶もほどほどに、エリさんは話を切り出した。
「あの、今日はもちろん遊べる人を探してたんですよね?」
「え、まぁ、はい」
「じゃあホテル行っちゃいましょうか」
 
え、一体どういうこと?
エンコーじゃないんだから、普通はメシでも挟むもんじゃないの?
「いや、実は私、結婚してるので、誰かに見られたらマズいんです…」
 
島内はコミュニティが狭いため、不倫相手と遊ぶにしても、知り合いにバレるリスクが高いという。
「だからアプリにも、顔は載せないようにしてたんですよ」
 
ふーん、なるほど。俺のような出張男に食いついてきたのも、これが理由だったってわけか。 
ホテルに到着すれば、濃厚なベロチューからプレイは始まった。ツバだくのフェラを受けた後は、エリさんは騎乗位でロデオのように体をくねらせる。
「ああ〜!! もっともっと〜!!」
控えめな口調からは想像もつかないような過激なプレイに、射精する瞬間は思わず声が出てしまった。
「あっ、やばいイクッ!!」 
ふぅ、気持ちよかった〜。骨抜きにされちゃったよ。
★この経験で味を占めた俺は、仕事がない日はティンダーで片っ端からイイねを送っていった。
 
女からの反応がいいのは、主に昼間の時間。おそらく旦那が仕事に出ているので、ヒマなのだろう。2週間の滞在で、計4人の人妻ちゃんとハメハメできた。
 
車でホテルに向かい、プレイが終われば即解散といった感じで、本当にただの竿役として会っているような感覚だった。 
宮古島に行った際は、必ずティンダーを使ってみましょう。
カテゴリ
タグ

既婚者サークルという名の既婚者男女の食事会に行ってみた

11_202209260809137b3.png

既婚者サークルをうたってますが、要は既婚者男女の食事会です。
私が参加したのは日曜の昼間で、全部で6つほどのテーブルに男女が2、3人ずつ座ってて、その場でペアになった男2人が、ぐるぐるテーブルを回って会話していく回転寿司スタイルでした。
年齢はアラフィフがメインで、男はジャッケットで決めて、女性は参観日くらいのお洒落をした主婦って感じです。
雑談をかわすだけで特にカップル発表とかはないので、会の後は自力で口説いていくしかありません。
数ある既婚者合コンの中でも年齢層が高めなので、おっさんでも臆せず参加できるのがこの会のメリットでしょう。
カテゴリ
タグ

バリキャリ働く意欲の高いキャリアウーマンはホメ殺して口説くべし

6_20220926080909d9b.png


ひとくちに異業種交流会といっても、商工会議所が主催するお堅いものから、お見合いパーティに毛の生えた感じの立食パーティ形式まで、さまざまな種類がある。
が、ナンパ目的ならむろん、チョイスするのは後者。
「異業種交流会」
「立食」などのキーワードで検索すればいくらでも見つかるハズだ。
さっそく手順を説明したいところだが、まずは異業種交流会にやってくる人妻さんがどういうタイプの人間か理解しておく必要がある。敵を知れば百戦危うからずってやつだ。 
典型的なのは30代半ば、子ナシ。

仕事には情熱を持っているものの管理職にはなれず、鬱屈したものをため込んでいながら自尊心だけはやたらと高い、といったところか。
こういう悪しき上昇志向の塊のごとき仕事オンナには、既婚者オフ会にいる人妻を落とすようなやり方は通用しない。色恋よりも、そのバカ高いプライドをくすぐってくすぐって笑い死にさせてやるくらいのおべんちゃらが有効だ。


具体的には、
「ちゃんとビジョンを持って仕事されてるんですね」
「○○さんとお話してると本当に勉強になります」
「そういう鋭い感性ってやっぱり持って生まれたものなんですか?はあ〜(羨望のため息)」 
アホ全開だが、しかしまんまとハマれば効果絶大だ。

また、主催者に親しく話しかけるという小ワザもけっこうオススメだ。そうすることで「あの人、誰かしら」と関心を向けてくるのだ。

自尊心の強い女は、力のある男に弱い。ホントはトイレの場所を尋ねてるだけなのに。これでもかと誉めまくったあとは、連絡先を交換して、個人的なやり取りを始める。交流会という場所柄、メアドを聞き出すのは自然なことだ。
ただ当然ながら、相手は他の男どもとも連絡先を交換するので、軽く印象付けておく必要がある。俺はいつも、カバンから出した書類を差し出し、その裏にメアドを書いてもらっている。

で、翌日、こんなメールを送るのだ。
【昨日、書類の裏にアドレスを書いてもらった○○です】
あとは何度かやり取りをくり返し、頃合いを見計らってアポ取りに持っていくまで。
【もっといろいろお話を伺って刺激を受けたいです。勉強会を兼ねてメシでもどうでしょうか?】 
はい、一丁あがり。

カテゴリ
タグ

サルサイベントでのナンパはダンスで踊ってから話すが正解

9_20221021073935d62.png

Kが妙なことを言い出した。

「最近さあ、サルサやってんだけど、かなり楽しいんだ」

「サルサって、踊りのか?」

「そう。半年ぐらいレッスンに行ってんだけど、やっと踊れるようになってきてさ」
何をとち狂ってサルサなんぞ習ってんだ。あんなもん、オッさんの踊りだろ。
「おまえ全然わかってない。半年で3人とヤレたし俺」
「え!」

半年で?おまえが?マジ?しかも、そのうち1人とはセフレの関係だって?うそつけ。


「サルサは手を差し出すと、基本的に女の子は断れないルールなんだよ。それで一曲一緒に踊ってしまえば、簡単に会話できるだろ?」
「でも、そんなんでセックスまでいけるのか?」

「うん。しかも即」

うらやましすぎだろ!
「来週、イベントあるから一緒行くか?」

「え、うん、まあ行ってもいいけど」


何げない返事をしつつ、内心大喜びだった

何でも、毎月一回、「サルサナイト」なるイベントが行われているのだが女性の数が圧倒的に多く、初心者でも簡単に誘い出すことができるというのだ。 

「夜のー時に終わるから、外に連れ出すには調度いいよ」

終電が早いので、 そのままホテルにつながる可能性大

K君、きみはいいヤツだー


エントランスでホストのような黒服に入場料3千円を払い中に進むと、途中、ギラギラの服を着た中年女性とすれちがった。年齢層高くねーっ

キャバ1500人のメイン フロアは、手を取り合って踊る無数の男女たちで埋め尽くされていた。若い女性の姿も目立つええぞー。

酒を飲みながら 女の物色を始めた

途瑞、目の前にやせ型の女が現れた。いいケツしてるなー。声をかけても軽くあしらわれそうだけどさ。

「そこの女、エロいなあ」

ニヤニヤ笑いながらKに耳打ちすると 「じゃあちょっと見てな」 

言うが早いか、K、ズンズン女の前に進んでいきやがった。そして女性の前にバッと右手を差し出すと、なんと彼女が自然にその手を取り、密着するように踊り出すではないか。

エロ女を前後左右に動かしながらクルクル回すK。女も目を見つめ合わせて微笑んでいる

どうなってんだよ

 「ムダに話す必要ないんだよ。話は踊った後にすればいいんだから」

なんたる余裕。Kくん、いつの間にそんな大きな男になったのよ。

「とにかく、まずは踊りを覚えることだな?ベーシックっていう基本のステップがあるんだよ。こうやって左足をー歩前に出して戻る、今度は右足をー歩下がってまた戻る。これを覚えれば違ってくるよ」

Kから簡単な手ほどきを5分ほど。これだけで、もう踊ってこいってか

 「わりーけど、おまえの世話をしてるヒマはないから」

面倒くさそっに言われ、オレはー人取り残された。んーまずは誘ってみるしかないか。

30分たった、誰一人として、 声をかけられなかった

他のペアのダンスを見れば見るほど、気持ちが!絶対、 あんな風には踊れないっす

誘ってもバ力にされるだけっす。 いや、そんなマイナス思考でどうする心ウジウジしてねーで、声かけろよオレ。 酒を煽りつつ歩き回っていたところ、力ウンターのそばにー人で立つ20代半ばぐらい の子を発見。思い切って近づいた。 

「あの、初心者なんですけど、 いいですかっ」

 「いいですよ」 

あっさり笑顔でOK。さー ここからが本番だ。おぼつかない足取りで前後に動きながら顔を寄せて会話すると、彼女はサルサ暦2年、 イベントにはほとんど毎回来ているというベテランだった。

よ、よろしくお願いします。 

「相手をターンさせたいときは、どうやるんですかっ」

「簡単なのは、こーやって左手でクルっとそう、そんな感じー」 

繋いだ手が暖かく、しっと りしている

息も伝わってくる。ああいい気分だあ一すっかり舞い上がるオレだが、ステッブのバリエーションがあまりに少ないので、1 曲踊りきることさえできない。 

先生、いったいどうしたら上達できるんでしょうか。

「男の人は最初に覚えることが多いから、専門のダンススタジオかサルサバーでしっかりレッスン受けてみるのがいいんじゃない?」

このとき、オレは本気でサルサを習う決意を固めた。


ネットで調べたところ、サルサバーは六本木を中心にいくつかあり、毎日、格安料金でレッスンが行われていた。選んだのは、2千円前後で初心者のレッスンが受けられるという「G」だ。


初日、小箱のクラブみたいなGのフロアに、平日にもかかわらず、男女がレッスンを受けに集まっていた。数は少しだけ女性の方が多いようだ。女性インストラクターが前に出て、スピーカからサルサが流れ出した。
「初心者の方も、とりあえず真似をして動いてみてください」
最初に簡単なステップ、後半は初心者と中級者に分かれ、それぞれペアでの練習が始まった。学生時代はバスケ部に所属してたオレ。

運動はそこそこ出来るつもりだったが、ぎこちなく足元を見ながら動いているうち、学生のとき、リコーダーの練習で何度も居残りさせられた経験を思いだした。あの縦笛の穴を押さえる指の動きが苦手なように、オレはサルサに関しても出来の悪い生徒のようだ。

なんせ、基本となるべーシックステップすら上手くこなせないのだ(他のみんなはかなり上手い)。先生によれば、まともに踊れるには「最低でも3カ月ぐらいかかるねえ」とのこと。続けられるか、オレ。


結局、まったく上達しないままレッスン終了。この後はフロアで自由に踊っていいらしい。さっそく、一緒にレッスンを受けていた女の子を誘ってみる。
「お願いします」

「あ、はい」
彼女は笑顔で応じてくれたが、1分も持たなかった。サルサは基本的に男がリードするダンス。初心者同士の場合は特に。リードできなければ、女の笑顔も消えていくというものだ。社交ダンスでいう「壁の花」に成り下がったオレは、ただ指をくわえて、皆の踊りを見つめていた。

先ほどの彼女も、常連らしき男に誘われ上手に踊っている。

さっきから、女性陣に言い寄られっぱなし。

片手から両手、後ろに回して二回転。って、上手すぎ…。

あれだけ踊れれば女の子も股間が濡れてくるかもしれない。いやきっと濡れてるはずだ。フロアで汗を流し、ベッドで汗も流すのか。くそ、早く踊れるようになって、絶対、セックスまで持ち込んでやるぞ。


レッスンに通い始めて3週間。《できない生徒》も少しずつ上達し、初級から中級へとステップアップした。

中級コースのステップを何個か覚えれば、相当な自信になるに違いない。そう、踊りが上手な男は落ち着いて自信たっぷりである。

「初心者なんですけど、僕と踊ってくれますか?」なんて態度じゃ、あの工ロエロな輪の中に入っていけないのだ。


1ヶ月が過ぎ、オレは再びサルサイベントに参加することにした。

ダンスのコンビネーションを3つぐらい覚えた。1曲ぐらいならなんとか間は持つ。あとは、自信だ。ハツタリでも余裕しゃくしゃくの態度で接するのだ。


当日のフロアは、露骨に異性を漁り合う競売会場と化していた。

ー回目は感じなかったが、今日はちょっとした乱交パーティに参加しているような気分だ。ダメで元々、ひたすら踊りながら「セックスしたーいー」と心の中で絶叫してそうな女を見つけ、右手を差し伸べるのだ。

都合のいいことに、会場の女の子は大半は一入で来ているいわゆる単独女。

うまく歯車がかみ合えば持ち出すのはそんなに難しいことじゃない

しばらく目ぼしいのを探して、比較的地味な服を着た20代のOL風を誘ってみた。最初はいい雰囲気だった。彼女の表情にも笑顔が絶えない。

が、そのうち相手の目が泳ぎ始めると、いつの問にか気まずい空気に変わり、曲が終わると同時に、さらりと離れていった。鳴呼。めげずにオレは挑んだ。幸が薄そうなOL、友達と来ていた初心者、いい感じで脂の抜けた熟女。何度か相手を変えて踊った。が、うまく誘い出せるまでにはいかない。や

はり、この程度の踊りではダメなのか。


敗戦色が増してきたころ、1人でカクテルをちびちび飲んでいる女が目に留まった。

とびきりの美人ではないが、スカートからのぞくふくらはぎがなんとも目に心地いい。

すかさず接近。右手を差し出した。

「サルサ暦はけつこう長いの?」

「え、全然初めて。ここ来たのだってまだ2回だけ」

「オレも全然踊れないから大丈夫だよ!」

自信たつぶりに中級レッスンで習った簡単なコンビネーションを繰り出した。彼女も、必要以上に近い距離で瞳を見つめられて、まんざらでもない表情をしてる。いいぞ、いい雰囲気だ。


曲が終わったところでバーに誘うと、思ったとおり、すんなり付いてきた。いける、かも。

名前はマミ。派遣社員で一人暮らし、うっすら負け犬臭が漂う福島出身のEカップ(推定)だ。

すでにかなりの量を飲んでたらしく、彼女は終始テンションが高かった。天気の話から(最近暖かいね)花見の話になり(近くの桜が超キレイなんだよ!)再び踊ってクルクル回転させ(桜が散る前に花見しようよ)、外に連れ出した。タクシーで向かうは、目黒のオレの自宅アパートだ


1時間後、目の前にマミの裸体があった。この日のために買っておいた南米音楽をかけながら、さて念願の騎乗位サルサファックといこう。

「ほらいくよ!はい、ベーシック、前、後ろ(あんあん!)、

ライトターン、ほらべーシック.べ・工・シ・シ・ク(あああん)」

た、たまらん.バックで発射した後、マミに間いてみた。

やっぱ、あそこにいる女は実際のところセックスしたくて来ているのかな?


「そうかもよ。一緒に踊ってたら相性が分るからね、やっばりフィーリングが合えばエッチしたくなるでしょ」
その後もオレはレッスンに通い続けている。サルサバーのレッスン会場でも、日頃は馴れ馴れしく口を聞けないようなエ口い美女がいっばいいるからだ。ダンスの腕さえ上がれば、いつの日か、あの美女たちと情熱的なセックスができるかもしれない。まだまだ道は険しい。
カテゴリ
タグ

寝台列車の旅での男女の出会い

4_20220926080905a88.png

旅の恥は掻き捨てということか、夏の旅、酒とナンパ・旅先での出会いは実にロマンチックで特別な感情が生まれやすい。夜行列車ムーンライト寝台特急には出会いがいっぱいなのか実際電車に乗ってみた。

ムーンライトシリーズと呼ばれる夜行快速列車が人気を集めている。

車内は横になれない座席タイプだが、青春18きっぷを使えば、格安で夜行列車の旅が楽しめる。


俺は京都発の夜行快速列車《ムーンライト九州》の展望室車両を利用し、ナンバを繰り返した。結論から言えば、計4回の乗車で、3人の女性をいただくことに成功したのである。


きっかけは、女子大生の友人、リエちゃん(21才)に聞いた話だった。

彼女は2年前の夏休み、大好きなロックバンドのコンサートに行くためムーンライト九州に乗車したところ、その最後尾車両に用意された10人程度が座れるサロン風の展望室(ソファとテーブルが設置してある)で、気の合った者同士が集まり酒盛大会が始まったという。

「そのとき女の子もいたの?」

「うん、今夏休みだったから、バックパッカーや学生の女の子たちもたくさんいたよ。すごい楽しかった」


まるで合コン夜行列車ではないか。旅行気分で心もオマタも開放的になった女子たちが、旅先で出会った男たちに次々と身を委ねていく姿が浮かぶ。
《旅の恥は掻き捨て》と言う。特に普段からオンナであることを意識している女性ほど、旅先ではハジけたがる。季節が夏なら、より一層淫らに自分を解放するに違いない。


週末、夜8時。俺は京都駅のホームに立っていた。博多行きのムーンライト九州はすでに入線済みである。俺の手には《青春18きっぷ》が握られている。

1万1500円を払えば5日間、全国どこでも乗り放題。春休み、夏休み、冬休みシーズンの各2ヶ月間の利用に限られるが、1日換算たった2300円は激安だ。まだ出発まで1時間もある。まずは女の子が飲みそうなお酒やつまみをたんまり買い込み、ターゲットの下見といこう。ホームは手荷物を抱えた大勢の旅行客で賑わっていた。

若い女性の姿も多いが、大半はグループ。狙いは当然、俺と同様に一人旅のオンナだ。

10分ほど見て回り、キオスクのそばで携帯をいじってるオンナを見つけた。全体的に少しぽつちやりしているが、ショートカットが可愛いらしい。とりあえず連れはいなさそうだが…。
「夜行列車に乗るんですか?」

「え?はい…」

「1人旅なんですか」

「そうですよ」

博多に住む21才のOLでサトコと名乗った。1人で長野に遊びに行った帰りらしい。見た目、警戒する様子はなさそうだ。

「展望室に行ってみいひん?180度ガラス張りになってるから、星空も街の夜景もキレイだよ。座席も普通と違って広いみたいだし」

「どうしようかなあ…ちょっと見てみたいけど」

間もなく発車時刻だ。サトコはすでに指定席をキープしている安心感からか、俺の向かう最後尾の展望室車両についてきた。なんとか空席も確保。第一段階突破だ。

「カンパーイ!」
最初はぎこちなかったが、酒の力は大きい。1時間もすれば、互いの緊張は完全に取り払われた。「彼氏おるの?」

「イナイ…ちょっと前に別れちゃった」


なんて素晴らしいタイミング。しかも、彼女の口からは「あいつは浮気ばっかり」とか、「最低な男で色々苦労した」など、元カレの愚痴がバンバン飛び出してくる。


「夏だしね、やっぱ彼氏がいないと寂しいよ…」

もはやもらったも同然だろう。飲み始めてから3時間。深夜0時を回り、ほとんどの乗客が寝支度を始めても、サトコの酒は止まらない。相当イケる口らしい。んじゃ、この辺で一芝居かましとくか。「あ-ちょっと飲みすぎたわ-。気分悪い…」

「大丈夫?」

「ヒック。ちょっと洗面所まで肩貸してくれへん?」

「うん、いいよ」

2人で洗面所に入り、カーテンを閉めた。口に手を当て大げさに具合の悪いブリをする俺。サトコは心配そうにその背中をさすっている。
「ああ…ありがとう。おかげで大分楽になったわ」

さらに彼女の目を見て、ささやくように一言。

「俺、こんなに優しくされたの初めてやわ…」

「ホントに?」
一気に抱き寄せると、サトコは嫌がるそぶりを見せずにこちらにもたれかかってきた。そのままキス、胸をモミモミ。無言のまま洗面所前のトイレに引っ張り込んだ。


彼女に抵抗はなかった。俺は、ギンギンのイチモッを立ちバックの姿勢で挿入し、高速で腰を動かした。その間、彼女はずっと小さな端ぎ声を漏らし続けていた。

30分ほど楽しんだ後、展望室に戻り2人で寄り添うようにソファーで眠った。そして翌朝7時、博多駅着。さすがにまだ眠い。

「ちょっと休んでこうや」

昨夜、エッチしたばかりの俺たちである。ごくごく自然に駅近くのラブホに連れ込み、今度はたっぷり2回戦を楽しんだ。

いきなりの成功に味をしめた俺は、翌週土曜日にも大量の酒が入ったビニール袋を片手に、京都駅のホームに立っていた。

すぐにモデルばりの可愛い女性を発見し声をかけたが、完全にシカトだ。

やはり美人は簡単には乗ってこない。次に見つけたのが、リュックを背負ったガッチリ体系のメガネ女性だった。正直、顔はイマイチだが、ボディはなかなかどうして、俺の大好きな巨乳ちゃんである。彼女で十分やろ。

「夜行列車に乗るんですか?」

「ハイ、博多まで」

「1人旅ですか?」

「旅っていうか、久留米のお家まで帰るんですよ」
反応は悪くない。恥ずかしそうに顔を伏せる仕草もなかなかええ感じやないの。名前はアサミ。東京の某企業
に勤める24才のOLで、盆休みを利用して実家に帰るところらしい。

「この列車、後ろに展望室があんねやけど、知ってた?」口説くにはここで酒を飲ませるのが一番。俺は必死にアピールした。

「ちょっと覗いてみなよ。椅子も広いし、180度ガラス張りになってるから見晴らしもいいよ」
「へえ-、そうなんですか」

「うん、行こうや」
半ば強引にアサミを誘い、展望室に入ると、客は俺たちの他に老夫婦が2人しかいなかった。ソファに座り、まずは缶ビールで乾杯だ。

改めて目の前のアサミを観察してみる。化粧っ気のないメガネ顔、Tシャツの下に隠された推定Dカップの巨乳。ウエストのくびれはないものの、尻は大きく張っている。ま、60点ぐらいか。
にしても、さっきから30分ほど話してるのに、どことなくぎこちなさが消えない。なんでやる?
「アサミちゃん、彼氏おるの?」

「いないよ。実は今まで男の人とお付き合いしたことないんだ」

へ?キミぃ、24才で処女かいな
「大学時代にコンパとかいかなかつたん?」
「恥ずかしいし、私トロイから」

こんなに男好きする身体してんのにもったいないの〜。それじゃ、キミが24年間守り抜いた処女をもらっちゃおうかな。

「給料が安い」、「親が早く結婚しろとうるさい」、「同僚との仲がうまくいかない」。


アルコールが回ると、アサミもまた愚痴をこぼした。

どうやら俺も酔いが回ったらしく、段々いい女に見えてきた。なんだかいじらしいぞアサミ。
「彼氏欲しくないの?」

顔を真っ赤にしてうつむき黙り込む彼女に追いうちをかける。
「やっぱカレシ欲しいんでしょ?」

アサミは顔を下に向けたままコクリと首を縦に振った。よし、ここは本気(のプリ)で口説くとしよう。恐らくや、本人のコンプレックスであろう《ちょっとブサイクな顔》と《トロさ》を外してやれば落ちるはずだ。

「女の子は顔だけやない。気持ちやで!性格やで!」

恋愛の達人かい、俺は。でも言ってやる、最後の一言を。

「アサミちゃん、俺と付き合ってや」

「え?」

「俺、本気やねん」

「本当に…?」

響いてる。効いてるぞ-。

「ぼんまや。付き合ってくれる?」

「うん」

はい、一丁上がり!まずは展望室の外に誘い、自由席の空席に移った。

周囲の客たちは、すでにみな寝静まっている。

「アサミ、好きやで、ホンマやで」

背筋がサブくなるセリフでも、処女には効果は高い。キスしても抵抗なし。舌を入れてもノープロブレム。ああもう我慢できん。アサミの手を引き、トイレのある車両に連れ込んだ。鍵を閉めて夢中になってキスを交わせば、舌を絡めてくる

おっぱいを操むと、「イヤッ」と微かな抵抗を見せたが、力はすぐに抜けた。服の下は真っ白なブラ。それを外した瞬間、思わずため息が出た。

きれいなオッパイなのである。乳首も小さくて実に可愛い。今まで誰にも吸われたことのない乳首を、俺は夢中になって吸った。いくら処女でも身体は正直らしい。

もう硬くなっとるわ。ジーンズを降ろしても抵抗するそぶりはない。

一気にパンティまで脱がし、しゃがみ込んだ姿勢でクンニ・彼女はぎこちない端ぎ声を上げ続けている。ギンギンのイチモツを取り出し「舐めて」と頼んでみたが、さすがにコレは断られた。

仕方ない、処女だから許してあげよう。

さて、いよいよ挿入。例によって体位は立ちバックだ。意外にもすんなり入った。

彼女は「ウシ」とか「アシ」などと、少し辛そうな声を出している。

ゆっくりベニスを動かす。

と、まもなくヌルヌルとした感覚が襲ってきた。思わず抜けば血がベッタリ。さすがは本物の処女だ。一気に達成感と征服感がこみ上げてくる。

「大丈夫?」

「うん大丈夫、ちょっと痛いケド」

この後、2人でトイレを片づけ、座席で肩を寄せ合って寝た。

時計を見ると深夜1時だった。翌朝、ムーンライト九州は博多に到着。

でも、まだ別れたくない。それはアサミも同じ考えのようだ。

時間は7時。さてどうする?
「ホテルで一眠りしよか?」

「え〜、やだよ!」

「ほんまに寝るだけやから」
寝るだけのわけがない。ラブホで改めて、大きなオッパイとまだ出血の止まらないオマンコの強烈な締め付けを堪能し、結局、昨夜の列車と合わせ、3回も楽しんだ。

アサミとは博多駅で別れた。
彼女の一途さを思い返すとちょっぴり罪悪感も感じるが、縁があればまた会えるだろう。


8月最後の週、俺はアサミとのステキな思い出に勝るような出会いを期待し、またも京都駅のホームに降り立った。この時期になると、旅行者の数も減ってくる。

ムーンライトを待つ女性の姿もまばらだ。

実は先週の土曜日もトライしたのだが、ターゲットを絞りきる前に乗車し、失敗していた。

あらかじめ当たりをつけられないようでは、ナンバは難しい。勝負は出発前のホームで決まる。

30分探し回っても単独の女性は発見できない。今回は見送ろううか…。

諦めかけた瞬間、ターゲットを発見した。細身の身体で顔も結構可愛い。にしても、なんであんなに巨大なリュックを背負ってんだ。

「こんばんわ、ムーンライト乗るんですか?」

「はい」

「大きいリュックですね」

「ええ、ちょっとインドに行ってたので」

「へえ〜インド。いいですね」
俺は内心ほくそ笑んだ。実は昔、仏教系大学生の彼女と付き合っていたことがあるのだがその子がインドから帰ってきた途端、性に対してやけに積極的な女に変身したのを思い出したのだ。

以来、俺の頭の中ではインド仏教好き女=尻軽と認識されていた。女性の名はトモちゃん。熊本大学に通う21才の学生さんで、仏教にもかなり興味があるらしい。この子も尻軽ならいいが…。例のごとくお酒をいつも通り多めに買って、2人で列車に乗り込んだ。

「展望室の方に行ってみない?」

「いいよ」

トモちゃん、ひと目で展望室を気に入ったようである。さっそくソファに座り、ビールで乾杯。大学やらインド旅行の話で盛り上がっていると、トモちゃん、コンパで鍛えたのか、酒をグビグビ飲みまくる。

1時間でビール500ミリを3本。ほんのりピンク色になった顔がなんとも色っぽい。何だかえらい楽しいやんけ。缶ビールを4本空けたところで、いつものアクション開始。
「ゴメン…気分悪くなったから、ちょっと洗面所に行ってくる」
口を押さえながら席を立つと、さっきまで笑顔だったトモちゃんが「大丈夫?」と心配顔でついてきてくれた。背中を優しくさすってくれる。ええ娘やなぁ。

「トモちゃんは優しいなあ」
目を見ながら抱きしめてみた。

「ダメ…イヤッ」

本気の抵抗ではない。このまま強引に唇を奪えばなんとかなるかもしれん。でも俺はそこで止めた。なぜか?恥ずかしながら、このとき俺は、彼女にマジ惚れし始めていたのだった。


翌朝、博多駅で降りたところで思い切ってデートを申し込んだ。果たして、答えはイエスだった。レンタカーを借り、ドライブデートを楽しんだ後、俺は正直に自分の気持ちを告白した。
「トモちゃん、マジぼれしました。付き合ってください」

「ちゃんと付き合ってくれるのならいいよ」
その夜、俺はトモちゃんと屋台でご飯を食べて、博多のホテルで一泊。いつも以上に前戯に時間をかけ、2回ほど彼女を抱いた。


翌日は熊本へ行き、彼女のマンションで2泊。その間、貧るように体を求め合ったのは言うまでもないトモちゃんとの付き合いは1ヵ月で終わった。

しょせんは京都と熊本の遠距離恋愛。長く続くワケがない。夏の旅、酒とナンパ・旅先での出会いは実にロマンチックで特別な感情が生まれやすい。皆さんも、夢の夜行列車ムーンライト九州に乗って女の子との出会いを楽しんでみてはいかがだろうか。

カテゴリ
タグ

一人キャンプ・ソロキャン仲間をジモティーで募集して若い女の子と仲良くなる

9_20221021073935d62.png

ちょうど世間がコロナ一色になった去年のこと。
会社や学校が一斉にリモートになったもんだから、奥さんも高校生の息子も一日中家にいるしで、かなり窮屈な思いをしていた。
かといって憂さ晴らしに外に飲みにも行けないし、ネカフェで時間を潰すってのも気が引ける。
うーん、何か新しい趣味でも見つけたいなぁ…。
こうして始めたのが、一人キャンプ、いわゆるソロキャンだ。

もちろん初心者のため、最初はキャンプ場で道具を一式レンタルして、スタッフに教わりながらテントも組み立てたのだが、これがけっこう楽しい。
なんせ家とは違って一人でのんびりできるし、焚火を見ながら安いステーキ肉を食うだけでも、十分に癒される。
こうしてすっかりキャンプの魅力に取り憑かれた俺は、ホームセンターで道具を購入。週末になるたびに車を走らせて色々なキャンプ場に遠征していった。ただ、これも3カ月も経たないうちに飽きてきた。なんせ一人でキャンプをしていても、周りはカップルや友達同士でワイワイ騒いでいるグループばかり。
クッソ~、俺もみんなでキャンプしたい! でも、家族関係は冷え切っているし、友達も家庭持ちだから気軽に誘えないし…。そこで目を付けたのが、お馴染みのネット掲示板「ジモティー」だった。
この掲示板、不用品の売り買いや、アルバイト求人の他に、「メンバー募集」というタグがある。ここを使ってキャンプメンバーを集めようってわけだ。
『都内在住の42才の会社員です。キャンプに興味のある方、車や道具は一式揃っているので、一緒に行きませんか?』
3時間も経たないうちに、返信がきた。
『ぜひ参加したいです。32才の男ですが、大丈夫でしょうか?』
ふむふむ、さっそく応募がきたぞ。この調子でいけば、2、3人はすぐに集まりそうだ。
翌日、再びジモティーを開いてみたところ、まさかの返信が。
『初めまして。キャンプに興味があるのですが、女性の参加は厳しいでしょうか?』
え、ウソだろ?!この手の募集に女が食いついてくることなんてありえるのか?
するとなんと翌日にも別の女からメッセージが。
『キャンプ初心者なのですが、ぜひ参加したいです!』
どういうことだろう? この女たちはネットで見ず知らずの男に会うことに、まったく抵抗がないのか?
ひとまず応募者でラインのグループを作って、日程を決めることに。不安が残る中、男女2対2でキャンプに行くことになった。さすがに女性用のテントは借りないとな。迎えた当日。集合場所の駅前
ロータリーに車を止めていたところ、一人の女性が手を振って近づいてきた。
「あの、ジモティーのキャンプの方で合ってますか?」

顔はマスクでよく見えないが、年は20代後半といったところか。
まさかこんなに若い女の子が来てくれるとは思ってなかったので、ちょっと緊張する。
当たり障りのない会話を交えていると、続いてやってきたのはもう一人の女性の参加者だ。
「初めまして~、今日はよろしくお願いします」
うわ、この子も若いな~。どっちも20代っぽいし、まさかこんな出会いが待っているとは、テンション上がるな~。
最後に男の参加者を車に乗せたところで、一泊二日のキャンプはスタート。
車を走らせながら自己紹介を済まし、ワイワイと話していく。途中でスーパーに寄って食材を買い、1時間ほどでキャンプ場に到着した。
「じゃあテント組み立てるから、手伝ってもらってもいい?」
「はーい」
いつもは一人で寂しく準備していたが、今日は違う。女の子に手取り足取り教えながら、ワイワイとテントを立ち上げていく。
木炭に火を着ければ、お待ちかねのバーベキューだ。
「焼けてそうな肉はどんどん食べてね~」
「ありがとうございます~」
女の子がハフハフと肉を食べている姿を見ていると、なんだか学生時代のサークルを思い出す。
火を囲いながら酒を飲んでいけば、会話もどんどんと弾んでいくってもんだ。恋愛トークに花を咲かせたり、下ネタでゲラゲラと笑いあったり。
なんともエッチなのは、炎にゆらゆら照らされる若い子たちの肌だ。この楽しさ、ソロキャンと違いすぎる!

★何もセクシャルなことは起きなかったが、キャンプが終わるころには、初対面とは思えないほど仲良くなっていた。
この一夜のおかげで、いま現在も定期的に4人で集まっている。相変わらずエロイ関係には進めていないが、こうして若い女の子と友達になれただけでも、かなりラッキーな出来事だったと思う。

ジモティーでのメンバー募集。ポイントはここだけだろう。
他の人の募集に応募するのは、おっさんにすれば肩身が狭いが、自分で募集するぶんにはなんら気兼ねはいらない。ボーリングなり散歩なり、男女複数で集まれる爽やかイベントを開くべし。
カテゴリ
タグ

手品はコミュニケーションシール簡単なマジックが出来るとモテる

8_20221021073936574.png
手品はショーであると同時にコミュニケーションシールでもある。
特に女の子を口説きたいときは、大きな力を発揮する。
ルックスも収入も平凡な三十路の男が、何人もの女をとつかえひつかえできたのも、すべて手品のおかげと言ってもいいだろう。
俺の体験を元に、手品がいかに口説きのシールとして有効か、お伝えしよう。

「人手が足りないから、面接受けにこいよ」
浪人生だった20才のある日、関東の某百貨店に勤める友人に誘われたのが、そもそものきっかけだった。
軽い気持ちで面接に臨むと、なぜか合格し、これまたなぜか「マジックショップ」に配属された。手品の手の字も知らないのに、だ。
手品売り場の店員が、ただ笑顔を振りまいて務まるなら苦労は要らない。客に買わせるためには、手品を覚え、実演販売だ。
手さばきはもちろん、トークも重要。感心させ、魅了し、財布を開けさせる。買うか否かは、客の目を見ればすぐにわかった。このデモンストレーションが、妙に肌になじんだ。マジシャンが俺の生きる道。大学進学はすぐに頭から消えた。
手品が口説きの手段に使えるだろうことは、10代のころから友達と路上ナンパに繰り出すほど女好きだった俺が気づかぬわけがない。さっそく、知り合いの女の子に見せて回った。

手の平に乗せたコインを目の前で消して、ポケットから出す。
どうよ、コレ。
「ふしぎ-」
女のコは一様に感心した。が、それ以上の食いつきはない。大技を見せても、反応が鈍いまま。
相手によっては、単なる手品オタクだと思われ引かれてしまうこともあった。いったいなぜ?
理由は、すぐにわかった。
店では、いかに客を驚かせて商品を買ってもらうかがポイント。
なるべく大掛かりで派手なマジックが受けるが、女性に対してはまったくの逆らしい。
最初から「手品ができます」だの「今から手品をやります」だの口に出せば、まず確実に引いてしまう。いかにもなオーラを出し、慣れた手つきでトランプをシャッフルしたら、単なる《手品マニア》だ。マニアが女にモテるわけがない。
女性の心を開かせるには、徹底的に《自然さ》を心がけることだ。俺の経験で言うと、ツカミは、下準備に手間のかからない、指先が光るマジックと丸いスポンジを使った手品が有効のように思う。
具体的なアプローチ法としては、例えば前者のマジックなら、突然相手の服に触れつつ「静電気がすごいですね」と、指先を光らせてみせる。手品による現象だなんて言う必要なし。とにかく、突然妙なことをする男だと思わせるのが重要だ。

もう一つ、手の中からスポンジボールが現れるマジックであれば、「毛玉がついてますよ」などと言いながら、突然相手の服から大きなスポンジを取り出したかのように演じてもいい。あくまで《手品》ではなく《面白い現象》を見せることで、女の心を掴むのだ。
ツヵミのマジックを見せた直後の相手の反応も重要だ。
「ええっ?すご-い」
純粋に感動してくれる女の.なら、問題無し。厄介なのは、醒めてる女だ。

「何か持ってるんですか?」
クールに聞いてくるような子はパスすべきだ。理屈っぽい女の子は、マジックナンパには向いていない。
俺が格好のターゲットとしているのは、喫茶店やレストランのウェイトレスだ。つい最近も、某チェーン系列のコーヒー店で働く大学生ミユキをゲットしたばかりだ。
深夜、友人とコーヒーを飲んでいると、すぐ横のテーブルで巨乳ちゃんが片付けをしている。
もるタイプ。俺はすぐにアプローチをかけた。
「ちょっとだけ実験に付き合ってもらっていいですか?」
「はい?」
「いや、コレちょっと持ってもらえます?」
小さく折りたたんだスポンジボールを、いったん彼女の手の平に握らせた後、開かせる。と、大量のスポンジボールがこぼれ落ちてきて。
「ええっ、何ですか今の?スゴイ!どうして-?」
面白いほどの反応。手品はきっかけが唐突なほど面白く見えるため、ただ声をかけるよりもはるかに楽チンだ。
このときも、その場でミユキの携帯番号を聞き、翌週にはエッチにこぎ着けッチにこぎ着けた。 
最近、友人から月に2、3度の割合でキャバクラに誘われる。
「金は俺が出すからさ。一緒に来てくれよ」
単に俺のマジックをナンパに利用したいだけなのだが、手品のスキルアップもできるし、ナンパも面白い。実際、キャバクラ嬢相手にツカミの手品を披露すると、受けるのだ。
「今日ー時で終わりなんで、よかったらご飯でもいきませんか」
面白い男だと思わせたら、向こうから誘ってくることも珍しくない。
が、問題はここから。
次に、自分をカッコよく演出するための手品を披露するのが勝利への道だ。

先日、アフターで即日ホテル連れ込みに成功したキャバ嬢、さりな(24才)のケースを紹介しよ、つ。導人は指先を光らせる《静電気ネタ》だった。
ここで彼女から、「もっとやって」とリクエストがきた。
で、3つの手品を見せてやった。タバコを消失させ再び出現させる、お札に穴を開けずにペンを通す、10円玉を手の平に乗せて叩くと100円になる。すべてマジックショップで売られてるネタだが、彼女の目が尊敬の眼差しに変わっていくのが手に取るようにわかった。もはや、落ちたも同然である。
最後は、アフターで行ったバーでとどめを。細工したカードで占いをして、互いの相性がいいことを目の前で証明してみせた
「すごーい」
簡単なモノだ。

心を読める人間だと錯覚させる
ナンパの最終目的はセックスしかない。なるべく早くホテルに連れ込むためにも、俺は、相手とスキンシップをはかりやすいボディマジックをしかけることが多い。
例えば、向かい合って座り、互いに両手をひねりながら合わせて頭上に掲げ、元に戻すと相手の腕だけが絡まっているというトリックの場合。
「関節大丈夫ですか?」
こうして、相手の腕をさりげなく触る。スキンシップはセックスへの近道だ。
さらに、ストレートにいくならアダルトマジックだ。
2枚のハンカチを結び、女性の胸元に入れるとブラジャーが取れるように見えるというトリックも一つ。先に紹介したスポンジマジックのオチとして、巨大なペニス型のものを利用するのも効果的だ。
こうしたエロ系マジックを演じたときに見せる相手のリアクションが、ヤレるかどうかの判断材料になることは言うまでもない。
使えるネタとしては《インビジブルデック》と呼ばれる心理系のトランプマジックも捨てがたい。

好きなカードの数字を覚えてもらい、演じ手の持つカードの束を覗くとそのカードだけが裏返っている。誰でもできる手品だが、女性に対し、心を読める人間だと錯覚させさられるところが大きい。一種の催眠効果と言ってもいいかもしれない。
「君の心が読めるから、この手品ができたんだよ」
相手の反応がよければ、こんな厭きも有効に働くだろう。
相手の心を読む心理系手品で、最近俺がよく使うネタがある。
それぞれ違う種類の動物シールを貼った、3枚の小さいコルク板を取り出す。テーブルには予言が書かれた1枚の紙を置き、コルクは全て裏返しておく。見えないように1枚を相手に握らせ、1枚を袋の中に、のこり1枚を自分がもつ。予言が書かれた紙を開けば、全ての筋書きが予言してあるというものだ。
この後、首尾良くホテルに連れ込めたら、俺は臆面もなく臭い台詞を口にする。
「こうなることも予言していたんだよ」
初心者の皆さんが手品をナンパに応用するなら、10種類程度あれば十分だ。シ力んで、カッコイイと思わせ、心も読めると錯覚させる。慣れたら、女性は簡単に股を開くに違いない。
カテゴリ
タグ
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★