その他のカテゴリ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

カテゴリ:その他

  • 2021/01/21その他

    ツイッターには「裏垢女子」と呼ばれる女の子たちが大勢いる。偽名の裏アカウントを使い、自分のエッチな写真などを投稿し、男たちの反応を楽しんでいる連中だ。オレが単なる興味本位から、ネカマとしてその裏垢女子を始めたのが半年ほど前のこと。『美久@裏垢20才』を名乗り、ネットで拾ったナイスバティな自撮り風のエロ写真をせっせと投稿していくうちフォロワーの数も増え、男たちから『よかったら会いませんか?』なんてメッ...

    記事を読む

  • 2021/01/20その他

    昔ながらの混浴が絶滅の危機に瀕している。男女ともに素っ裸で入るような混浴は激減し、代わりに「湯あみ」着用の安心な混浴が台頭しているのが現実だ。当然の流れと言えよう。しかし、変態オトコにとってはそんなシステムなど問題ではない。なぜなら男性への湯あみが「強制」になっている温泉はまだ少ないからだ。。自分のモノを見せたい男にとっては、女客の少ない普通の混浴よりもむしろ好都合である。ブランブランさせてうろち...

    記事を読む

  • 2021/01/20その他

    若い女の子、とりわけ芸能の世界に興味を持った子たちの間で動画配信アプリが人気だ。昔から芸能界を目指す女は騙されやすいと言われるが、オレはこのアプリで配信する素人の女の子たちを、ダマしてハメている。一般人はもちろん、アイドルや声優、モデルなど、本物のタレントたちのライブ配信を無料で視聴でき、コメント欄などを通して双方向でコミュニケーションできるサービスだ。当然、人気は本物のタレントたちだが、「アマチ...

    記事を読む

ネカマに食いついてきたレズちゃんと待ち合わせしたら相手もネカマだった

ツイッターには「裏垢女子」と呼ばれる女の子たちが大勢いる。偽名の裏アカウントを使い、自分のエッチな写真などを投稿し、男たちの反応を楽しんでいる連中だ。オレが単なる興味本位から、ネカマとしてその裏垢女子を始めたのが半年ほど前のこと。
『美久@裏垢20才』を名乗り、ネットで拾ったナイスバティな自撮り風のエロ写真をせっせと投稿していくうちフォロワーの数も増え、男たちから『よかったら会いませんか?』なんてメッセージがガンガン届くように。男からチヤホヤされて喜ぶ女子たちの気持ちが少しわかる気がしてきた。そんなある日のこと、美久のアカウントに一人の女の子からダイレクトメッセージが届いた。
『いつもステキだな〜と思ってツイート見てました(*^^*) よかったら仲良くしてもらえませんか?』
女のプロフを見ると、名前は『マナ@レズ』の文字。写真ではなくアニメ調の女の子の絵が載っている。レズか。男からのメッセージばかりだったので、女の子からのメールが純粋に嬉しい。
マナとメールのやり取りを始めて間もなく、メッセージ付きの自撮りエロ画像が送られてくるようになった。
『今日も美久さんのこと考えてたら我慢できなくなってオナっちゃいました(*^^*)』
ベッドの上でパイパンマンコに指を入れた過激なカットだ。よし、ならばこちらもフォルダにストックしてあるネット拾いの自撮り風オナニー画像を送ってあげよう。
『わたしもマナちゃんのこと考えながらオナニーしてみたよ♪めっちゃ濡れたし(〃∇〃)』
そんなやり取りを続けるうちに、彼女からお誘いがきた。
『早く美久さんとイチャイチャしたいです(〃∇〃) わたしと会ってくれませんか?』
そんなに会いたいのか。ならばどんな女の子なのか見てやろうじゃないか。『うん。わたしもマナちゃんのこと好きだし会ってみたいな♪』とは言ったものの、こっちはネカマだ。遠くから容姿を見るぐらいで満足しとこっか。
その週の某日。待ち合わせ場所の駅ロータリーに車を停め、マナの到着を待つ。さあ、どんなレズちゃんが来るんだろう。と、待ち合わせ時間になってこんなメールが届いた。
『あの、美久さんのこと信用してないわけじゃないんですけど、やっぱりちょっと怖いので、先に私の兄と会ってもらえませんか?』
なんだと? ん〜…ひょっとしてマナもネカマ?ロータリーを見渡せば、なんだかいかにもな風貌のキモ男がぽつんとスマホをいじってる。あいつっぽいな。さてどうしよう。このまま引き返してもいいけど、ちょっとからかいたい気分もある。よし、これでどうだ。『マナちゃん、私も実はお父さ
んと一緒に来てるんだ。最初はお父さんに行ってもらうね』
送信するや、キモ男の元へ向かう。
「あ、どうも。マナちゃんのお兄さんですか?」
あっけにとられるキモ男。
「はい、お父さん…ですか?」
「ああ、なんだか娘から会ってきてくれって頼まれましてね」
「あ、僕も妹から同じように、はい…」
「ええ、聞いてます。それじゃ、会ってきたって伝えておけばいいのかな」
「あ、はい…」
オドオドしたままのキモ男を置いて、その場を後にした。こりゃ痛快だったな。しかしマナは、まだこちらがネカマだと気づいてないようで、しぶとく連絡してくるのだった。
『お兄ちゃん、美久さんのお父さん、いい人だって言ってたよ』知るか!
カテゴリ
タグ

女性は湯あみ、男性は素っ裸の昔ながらの混浴で湯あみの女性に勃起チンコを見せつける

82_20210120083043995.jpg
昔ながらの混浴が絶滅の危機に瀕している。男女ともに素っ裸で入るような混浴は激減し、代わりに「湯あみ」着用の安心な混浴が台頭しているのが現実だ。当然の流れと言えよう。しかし、変態オトコにとってはそんなシステムなど問題ではない。なぜなら男性への湯あみが「強制」になっている温泉はまだ少ないからだ。。自分のモノを見せたい男にとっては、女客の少ない普通の混浴よりもむしろ好都合である。ブランブランさせてうろちょろしたり、勃起させて堂々と立ち上がったり。オカシな人間はどこにでも現れる。
カテゴリ
タグ

ライバーが熱い!動画配信アプリでタレント志望の女の子をハメるニセ芸能プロの男

若い女の子、とりわけ芸能の世界に興味を持った子たちの間で動画配信アプリが人気だ。昔から芸能界を目指す女は騙されやすいと言われるが、オレはこのアプリで配信する素人の女の子たちを、ダマしてハメている。
一般人はもちろん、アイドルや声優、モデルなど、本物のタレントたちのライブ配信を無料で視聴でき、コメント欄などを通して双方向でコミュニケーションできるサービスだ。当然、人気は本物のタレントたちだが、「アマチュア」というタブを開けば、一般の素人たちがズラリと並ぶ。時間帯によって違うが、およそ2割が男性で、8割が10代から20代の若い女の子たちだ。
彼女らの多くが、本気で芸能界入りを目指していて、中には素人とは思えないほどの超絶美人や、トークや歌のスキルの高い子もいる。が、俺の狙いは、ちょいカワレベルで視聴者数も100人を下回る、やや不人気の女の子たちだ。彼女らのトーク配信中に「可愛いね」「面白いね」とコメントを送りつつ、「どこ住んでるの?」と、住所を尋ね、物理的に会えそうな子だけをピックアップしていく。ちなみに、俺のプロフ欄には、あらかじめ作っておいた連絡用のツイッターアカウントと、『都内在住 某芸能プロダクション勤務』というコメントを載せている。
『◯◯ちゃん可愛いね。声もいいし。将来はどんな感じを目指してるのかな?』
『本気でアイドルを目指してます(^^)』
『そっか。俺プロダクションの仕事してるから、興味あるなら連絡もらえるかな?』
囲みと呼ばれる男性ファンが多い子の場合、彼らから『ソイツ怪しいから連絡しない方がいいよ!』などと妨害コメントが入ることもあるが、人気のない子は、プロダクションの男からの誘いに有頂天になるのか、簡単に信じてくれる。
以上の手法で、2カ月ほどで4人の女の子たちとツイッターのDMでやり取りするまでになった。
最初の面接にこぎ着けたのは、都内在住の23才のフリーター、Aちゃんだ。
『当日は、履歴書はいらないけど、軽くスナップを撮りたいから、可愛い格好してきてね』
『わかりました(*^^*) よろしくお願いします』
その待ち合わせ当日、シンプルなワンピース姿で現れたAちゃんを、近くの公園に連れていき、自前の一眼レフカメラで適当に撮影。つづいて近くの喫茶店に移動し、面接開始だ。
「Aちゃんはいま一人暮らしなんだっけ? ご両親は、Aちゃんがアイドルになりたいことは知ってるのかな?」
「はい、一応、25才になるまでは応援するよって言ってくれてます」
「なるほど。ま、いざとなれば僕たちが説得に行くから、そのへんは心配しないでね」
こんな感じで適当にメモを取りながらニセの面接をこなし、
「社内で検討してからまた連絡しますね」と、その日はいったん解散。名刺も渡していないのに、彼女は俺のことをプロダクションの人間だと完全に信じきっているようだ。
3日後。再び彼女に連絡だ。
『この前撮影した写真、社内ですごく評判良かったよ』
『本当ですか? ありがとうございます』
『今度は水着の写真もいっちゃおうか?』
『はい。よろしくお願いしますm(__)m』
芸能プロの面接と言えば、水着撮影は基本。Aちゃんには前もって「カメラマンとか用意するとお金かかっちゃうから、俺一人で撮影しちゃうね」と伝えてあるので、ホテル行きは確定だ。
撮影当日、Aちゃんを駅前のシティホテルに連れ込み、持参してもらった水着に着替えてもらう。
「なんだ、スタイルもいいじゃん。Aちゃん最高だよ」
「ありがとうございます」「じゃ、そろそろ、もうちょっと大人っぽいの撮ろうか。脱げるよね?」
「え〜と…」「あ、俺さ、Aちゃんのこと、個人的にすごく気に入ったから、上の人間に本気で推そうと思ってるのね。意味わかるよね?本気で有名になりたいんでしょ?」「はい…」
ベタなやり取りだが、芸能界を目指す女の子たちは、こういう展開は普通にあると思い込んでいるらしく、結局、彼女は俺に言われるまま、最後までヤラせてくれた。
★その後、Aちゃん以外の3人ともホテル面接に進み、19才で処女だった一人を除く2人と、すんなりヤルことができた。やはり今も昔も、芸能界を目指す女は騙されやすいと思う。
カテゴリ
タグ
Copyright © エロ漫画無料アダルト裏モノJAPAN All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます