img-Iwr5eeVqkQGcK25fGaYBeu4M

ゲイだ。しかも、カッコいい男性への奉仕を無上のよろこびとしている。僕のフェラやケツマンコで相手が気持ちよさそうな顔をしてくれると、ゾクゾクするのだ。
<誰かカッコいい男子、しゃぶらせて〜!>
 だから専用掲示板にこんな書き込みをして、日々、楽しく過ごしていたのだが…。
 いつものように掲示板に書き込みをしたその日、こんな返信が届いた。

<カッコいいか自信はないけど、しゃぶってもらいたいです。今晩、夜10時に上野公園の不忍池のトイレでどうですか?>
 返信者のなかには冷やかしが混ざっていることも多いが、これはおそらく本物だろう。なんたってゲイのメッカ、上野を指定してきたわけだし。
 というわけで約束の時間に上野公園へ。
 目的のトイレは上野駅から見て不忍池の対岸にあり、夜分とあってか、人の往来はほとんどない。男同士でしゃぶりしゃぶられするには絶好のタイミングだ。
 トイレ前に20代半ばくらいの男が立っていた。おそらく〝彼〞に違いない。
「こんばんは。掲示板から連絡をくれた人ですよね?」
「あ、はい」
 なるほど、たしかに彼は、ジャニーズファンである僕から見るとド真ん中のタイプではない。
でもBボーイ風のファッションがとてもよく似合う若者だ。うん、悪くないかも!
「じゃ、さっそくだけどトイレに行きませんか?」
「あ、はい」
 適当な個室に入り、いざ、いただきまーす。
 彼のチンコを無心でしゃぶりながら、僕はとてつもない多幸感にシビレていた。ああ、なんてハッピーな気分なんだ。
 まもなく、とんでもない不幸が我が身に降りかかろうとはもちろん、夢にも思っていなかった。
 バン!
 いきなり大きな音を立て、個室のドアが開いた。その先には3人のコワモテな男たち室内を覗き込むように首を突っ込んでいる。
 どうやらBボーイ君が鍵をかけてなかったらしい。興奮とどさくさで気づいてなかったよ…。
 彼らのスマホからカシャ、カシャと音がした。写真を撮られたのだろう。いまだ状況が飲み込めないが、マズいことが起きてるのは直感的にわかった。

「あの、何なんですか?」
 恐る恐る尋ねると、男たちは口汚く僕らをののしった。
「公共の場で男同士フェラなんかしやがって、くそホモどもが」
 リーダーっぽい男がスッと右手を差し出す。
「財布を出せ、コラ」
「何でですか? 勘弁してください」
「財布を出せ。言うコト聞かねーとオマエらのフェラ姿、ネットに貼るぞコラ」
 それは困る。断じて困る。僕とBボーイ君はあきらめて財布を男たちに差し出した。
 間の悪いことに僕の財布には5万円ほど入れていたため、男たちは大喜びで去っていった。
ああ、明日からは毎日カップラーメンだな。
「いまから警察に被害届出しに行きませんか?」
 悪質なやり方で5万円を奪われたことに腹が立ち、彼を誘ってみたものの断られた。ヘタに刺激して恨みを買い、フェラ画像がネットにアップされるのを恐れてるらしい。ま、それもそうか。
 それからしばらく、掲示板での遊びはひかえていたのだが、事件の記憶が薄れたころ、またぞろ再開した。
 そんなある日、掲示板に気になる書き込みが。
<おしゃぶり好きの人いませんか? できれば今晩、上野公園にある不忍池のトイレでお願いしたいんですけど>
 不忍池のトイレ、しゃぶられ希望。あのときの彼と同じ人物が投稿したのだろうか。妙な胸騒ぎがしたため、その日の夜、僕も不忍池へ行ってみることに。
 あいにく、待ち合わせの時間がわからないので、夜9時ごろから現場に張り込んでいると、夜10時ごろ、やはりBボーイ君がトイレ前に姿を現した。遅れること5分、しゃぶり役らしき男も到着。2人そろってトイレに消えていく。
 さらに5分後、トイレから「バン!」とトビラの開く大きな音が響き、忘れようにも忘れられない声が途切れ途切れに聞こえてきた。
「……男同士でフェラなんか……くそホモども……」
あいつだ。僕から財布を奪った男の声だ。
 ここでようやく僕は事件の全容を把握した。つまり、あのBボーイ君はかつあげグループのメンバーで、最初から僕は連中のターゲットだったのだ。
 というわけでゲイの皆様、夜の不忍池のトイレでのしゃぶられ希望者にはくれぐれも要注意です。




何でも言ってね娘待機中!


飽きずに遊べるエロゲーム


広がるマッチングアプリ婚!コロナ明けで出会い欲は加速中
pcマックス出会い

レアおすすめ動画





★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★
裏モノジャパン電子書籍


本日の人気動画情報


素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内




タグ