SMのタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:SM

  • 2019/05/28裏風俗・風俗体験談

    高学歴な女は、業界の中で希少価値があるからこそ、チャホャされる。いうわけで、今回は「風俗嬢の学歴」という、業界のタブーに迫ってみよう。調査は業種別に行った。まずはソープ。学歴と入浴料は比例するとの勝手な思いこみから、吉原の高級店に取材を申し込んだ。ちなみにここ、入浴料2万5干円で、総額7万5千円。筆者の場合、1力月の家賃を2時間ほどで吹っ飛ばす覚悟で行かなければならないような店だ。「取材?学歴?また、電...

    記事を読む

  • 2019/05/23突撃リポート

    道内イチの変態公園として有名だ。平日でさえも、道内から変態カップル、女装子、ゲイが集まってくる。一度詳しい友人に連れて行ってもらったときには、夜9時から深夜3時にかけて、露出カップル2組(うち一組は園内のトイレでプレイ参加もOK)、熟女奴隷を連れた大学生風、女装子とオッサンのカップル数組、ゲイカップル数組(うち一組はガチのゲイ親子で、子供の初体験のため相手探しに来園)を目撃した。こんな異様な公園は...

    記事を読む

  • 2018/08/02裏風俗・風俗体験談

    1、兵庫の尼崎は、裏風俗が盛んな土地として、関西ではよく話題にのぼる。ぼくは和歌山在住なのでなかなか行く機会がなかったが、先日、初遠征してみた。阪神尼崎駅の北口を出て、商店街の裏手の風紀の悪い通りをウロウロしていると、風俗案内所前に猫背のオヤジスタッフが立っていた。「兄ちゃん、遊び?」釣られて入ってみる。ところが、オヤジが紹介してきたのは、キャバクラやピンサロなど普通の店ばかりだった。ぼくが行きた...

    記事を読む

高学歴の風俗嬢と出会いたければイメクラかSMがよい

高学歴な女は、業界の中で希少価値があるからこそ、チャホャされる。
いうわけで、今回は「風俗嬢の学歴」という、業界のタブーに迫ってみよう。
調査は業種別に行った。
まずはソープ。学歴と入浴料は比例するとの勝手な思いこみから、吉原の高級店に取材を申し込んだ。ちなみにここ、入浴料2万5干円で、総額7万5千円。筆者の場合、1力月の家賃を2時間ほどで吹っ飛ばす覚悟で行かなければならないような店だ。
「取材?学歴?また、電話ちようだい。今、いそがしいから」
稼ぎ時のボーナス時期にあたってしまったのか、非常に対応が悪い。やっとこさ、何度か電話してこちらの取材意図を話すと…。
「それって、学校とか、女のコのこととか教えなきやならないの?ダメだよ。そんなの。どういうことに使うつもりなんだ?」
なかなか反応が悪い。
改正風営法によって、認可された注目の風俗・デリへル。今回話を聞かせてくれたのは「エデイ倶楽部」なる店だ。
●在籍状況在籍人数…16人
平均年齢…22才
学校在籍中:ナシ
●学歴状況
短大卒…2人
専門卒…2人
高卒…12人
吉原出身の店長さんはいう。
「うちの店では、20才以上の女のコを募集しているんです。不況で大卒のコの面接が増えたってこともないですね。それより、昼は0Lってコの方が多いですよ。女のコが学生かどうかってのも基本的に関係ないですね・デリへルって基本的に写真指名がないから、お客さんに細かくどういっ女のコがいいか聞くんですけど、やっぱり重要なのは容姿と性格なんですよ。学歴を指定するお客さん?うーん、いませんねえ」
就職氷河期と、注目業種の雇用状況は、週刊誌が言うほど関連があるワケではないようだ。
それよりも、不況で生活の厳しくなった0Lたちが、夜の秘密のアルバイトに精を出しているケースが増えているという。お客の自宅まで一人行くというデリへルの性格上、風俗初心者の女のコが飛び込んでいくにはちよっと度胸がいるのかもしれない。
さて、お次はへルス。風俗激戦区の池袋からメシアという店にこ協力いただいた40分2万2千円という高めの料金からして、高学歴な女のコもいそうであるが。
「大卒の子はあんまり面接に来ませんね。ス力ウトマンが連れてくるようなコってのは大卒という感じではないですよ。かといって雑誌を見て来るコもほとんどいないし。まあ年齢のチェックはしっかりしてますけど、履歴書で本人が学歴をあまり言いたがらない、という事情もあるかも知れませんね」(店長談)
うーむ、やはりそうか。実はこの店、個人的に何度か足を運んだことのある店だけに(今までハズレナシ)、ちよっと気になっていたのであるが。
ヘルスより趣味性の強いイメクラ。いわゆるオタク趣味を支えるのは学生たちであり、今までの風俗ギャル像(フリーターから転職とか)より、どことなく真面目っぼいイメージかある。
池袋の聖コスプレ学園
「大卒のコですか?いますよ。たまに来るといっ感じですが、不景気だからってわけじゃないと思うんですけどね。ウチの場合、女のコの側が店の衣装(アニメキャラなどのコスプレが多数)に興味を持って入店してくるケースも多いんですよ。だから、お客さんの問い合わせも、OLコスプレが似合うコって感じですから。でも、他の店なんかと比べると、学歴が高い女のコが多いのは事実ですね」
大卒3人の気になる学校名はイニシャルでN大M大K大とのことりそれ以上は教えてもらえなかったが、日本、明治、慶応あたりか。日本女子、明学+共立女子だったりしで。それはともかく、大卒風俗嬢の存在は確認できただけでもヨシとしよう。
大前提として、風俗という職業では、学歴なんぞ要求されない。それはこれまでの調査結果を見てもわかると思うが、知性が試される職種がたった1つだけある。それが女王様だ。とにかく奴隷より上に立たなければ始まらないこの商売、学歴だってそりゃないよりあった方が・と考えてしまうのですがね、素人としては・
女王様率いる新宿の「ラ・シオラ」に、そのあたりを聞いてみた。女王様は言う。
「ウチの募集でば、一応短大卒以上という条件があるんですよ。だから、女のコはやる気とキャリアがあるコだけ。これは、私なりの考えなんですが、進学するくらいの生活の余裕がある女のコが望ましい。お金が欲しいだけでは、女王様は勤まりませんから。もっと精神論的なSMの部分を理解して欲しいですよね。実際、『国立大卒の女王様希望』なんてお客さんもいますよ。そういう気持ちはわかります。女王様としてカッコいいですし」
要するに、SMは肉体以上に頭脳労働の要素が強いってことなんだろう。いやあおみそれします。
「お客さんの中には外国の方の接待として使われる場合もあるので、今後店としてはバイリンガルの女のコを入れたいですねど学歴に関しては大事にしてますから、大卒の女性でSMに興味がある方、ぜひご連絡くださいね」
ところで、筆者も以前、「高学歴の風俗嬢」というテーマで某誌の取材をしたことがある。業種は、風俗の中で一番単価が低くてキツイと言われているピンサロ?そこにいたのは、なんと、天下の東大生であった。が、女のコ本人はいたって冷静に自分を分析していた。
「世の中のしくみがよくわかるんですよ。それに、裸になったら、学歴なんか関係ないでしょ?」
ピチピチとした彼女の隣で、ガサガサ肌にブョブョ腹のおばさんが一生懸命フェラしている。確かにそうだ、風俗という世界は、女にとって実にシビアで平等な職場なのである。

女王様のM女を言葉責めでいじめるSMプレイ・デバートメントHというクラブイベント

1_2019112711042098f.jpg2_201911271104213d2.jpg3_2019112711042383d.jpg4_2019112711042460a_20200118131455282.jpg5_20191127110426591.jpg0090_20180509113440a12.jpg0091_2018050911344295c.jpg0088_20180509113438a40.jpg0089_20180509113439a7f.jpg
道内イチの変態公園として有名だ。平日でさえも、道内から変態カップル、女装子、ゲイが集まってくる。一度詳しい友人に連れて行ってもらったときには、夜9時から深夜3時にかけて、露出カップ
ル2組(うち一組は園内のトイレでプレイ参加もOK)、熟女奴隷を連れた大学生風、女装子とオッサンのカップル数組、ゲイカップル数組(うち一組はガチのゲイ親子で、子供の初体験のため相手探しに来園)を目撃した。こんな異様な公園はここ以外にないだろう。
週末の夜になると、近隣の変態さんたちが集まってくることで有名な公園です。東京ドーム11個分の広大な敷地にはあずま屋が点在していて、その中で変態カップルさんたちがエロいことをおっぱじめます。我々単独男性たちは、そこに近づいて見学。あわよくば参加させてもらうってのが流れです。どういうワケか女装趣味の人達にも人気らしく、女装掲示板にこの公園専用のスレッドまであります。深夜12時を過ぎると公園の駐車場に女装子が10人以上集まって談笑してるので、女装子さん目当ての男性も加わりちょっとしたお祭り状態になってます。
 爆サイ関東版や、したらば掲示板なんかに、毎週のように露出予告されていく変態カップル御用達の公園だ。夜9時過ぎになると、カップルがカーセックス予告でノゾキを募ったり、園内での半裸散歩や公開セックスをしてみたり、中には駐車場でナンパ待ちする痴女みたいなのがいることもある。ただし女装子のパン見せ予告や、ゲイの発展ゾーンもあるので注意が必要だ。
デパートメントH
いま日本でもっとも過激と言われるフェチ系イベントだ。毎月第1土曜日、会場となる東京鶯谷のライブハウス「東京キネマ倶楽部」には全国からありとあらゆる変態が200人以上集結し、夜を徹しての乱痴気騒ぎを繰り広げている。フリチン紳士から激しいセクハラを受ける全裸のヤリマン、ボンテージ姿の女王様にムチ打たれる女奴隷。いつぞやは、男便所でドM男をフェラ抜きしている泥酔女に遭遇し、ア然としたこともあったっけ。行けば必ず異様な興奮に酔いしれること請け合いだ。
東京オートサロン
モーターショーと言えばセクシーコスチュームを着たコンパニオンが付き物ですが、こちらのコンパニオンさんは、セクシーの域を通りこしています。ご覧のようにアダルトグッズ屋で売られているエロ下着のような格好です。痴女と言っても言いすぎではないでしょう。モーターショーのお約束として、場内は撮影OKなので、車の前でポーズを決めてくれる痴女まがいのコンパニオンたちをバシバシ撮れまくれる。我々カメコにとっては天国のような場所なわけです。女湯が見えてしまう温泉
窓から外を景色を見渡すと、眼下に露天風呂が見えます。しかも女風呂が。いったいなぜこんな造りにしたんでしょう。ノゾキ目的の人間がわざわざ来てもおかしくありませんね。ちなみに2階か3階の部屋から見えるようです。
蒲田川に面した河原に作られた共同露天風呂です。料金は寸志の200円。広々とした見渡しのいい大自然の中の露天風呂で、いかにも大らかな雰囲気が漂っています。駐車場や脱衣場など、いろんな場所に「覗き注意!」と書いてあるにもかかわらず、露天風呂の男女の仕切りが大らかすぎ。岩と岩の間に大きな隙間が開いていたり、竹で作られた仕切りが小さすぎたり、露天風呂の周りを少し歩こうとしただけで、女湯が視界に入ってくるんです。ちなみに、以前は水着着用の露天だったのに、最近、水着着用が禁止されたそうです。これじゃノゾキも減らないでしょう。
混浴温泉フリークから「東の横綱」と呼ばれるほどで、いくつかの湯がある中で200畳もの広さを持つ『子宝の湯』はいつも男女問わず混んでいる。 オレはワニ(湯でじっと待機して女を観察し
てる男)なのだが、ココは日帰り温泉もやってるので週末はほとんど足を運んでいる。女子大生グループやOLみたいなのはそこまで多くないけど、全国各地からやってくる変態カップル連中に遭遇できるので最高だ。夜中には温泉内でハメてるような過激なカップルも多い。ホント、最高です。
西日本でいちばんエロい混浴温泉ならココで決まりでしょう。なんといってもそんじょそこらの混浴とは人数が違いますから。行けば必ず、女のおっぱいや尻は見れますね。お湯から丸見えの場所に脱衣所があって、そこで服を脱ぐシステムになっています。なのでいきなりハダカをガツっと見れるわけです。有名な温泉なので観光客女子グループもけっこう来ますし、深夜は変態カップル祭りと化しています。様々な露出予告掲示板で『ダム』と呼ばれる場所(すぐ脇にダムがあるため)ですので、覚えておきましょう。
昔から地元の人間に愛されてる温泉です。いつしか変態大集合みたいな感じで露出カップルが大挙するようになりました。特に夜8時以降は、それ目的の客しか入ってないほどです。フェラなんかは普通に見せてくれますし、僕みたいな単独男のチンコをしゃぶってくれる寛大な変態カップルも多いですね。一般客もちらほらやってきますが、更衣室は男女共用で、さらに湯内バスタオル巻きNGのため、色んなチラが見放題です。
恥ずかしくないのかい?知らない男の人の前でお尻にバイブまで突っ込まれさあ。もっと恥ずかしくしてやろうだわねえ、力トチャンぺって言えないのかい?
またムチで叩く
「カトチャン・ぺ」「声がちいさいっ。隣の部屋に聞こえる<らいもっと大きく」
「力トチャンペッ」「こんな格好して、マヌケ」
いきなりでナンだが単なる出張ヘルスや男女紹介クラブの類ではなさそうだ。
会場となるJR山手線・恵比寿駅近くのマンションへ。玄関口でオバチャンに料金3万円を払い入ると、すでに3人の男性客と人の女のコがジュースを飲みながら談笑していた。
「ではみなさま、そろそろ始めますので物は脇において、バンツー丁におなりに」
いわれるままブリーフに
「アナタその汚らしい化粧を落としてか始めましよう」
おもむるにM役のコのメイクを落とす
今度はワンワンスタイルにさせて、後ろ穴には細いバイブを、前の穴には太いソレを突っ込む。
「その背中の入れ墨、格好イイと思って入れてるんだよねえ。でも、お父さんとお母さんはどう思うかな。しかもこんな人前でハシタナイ格好までして。まイイ機会じゃない。田舎のご両親に向かってゴメンナサイしてみようか」
「いえるでしょう?生まれてきてゴメンナサイって。いいなさい」
「ウウッ」
ナニもここまでと言いたくなる責めに女のコがマジで泣き出してしまってんだから、一同ボーゼン。波を打ったように静まり返った部屋の中は、女のすすり泣く声と「ウィーーン」と吃るバイブの音だけが響いている。
それでは力ウンセリングは別室にて行いますので、服を着て順番に8階の〇〇号室へとおいでく
ださい。終わったらそのままお帰りいただいて結構です。
ひととおりのショーが終わり、女王様が言った。こんむ緊迫したSMプレイを見せられた後に、ナ二をカウンセリングするというのだろう。しかも、場所は同じマンション内の別室。まさか今度は自分がイジメられるんじゃ。そんな恐怖にかられつつ服を着直し、順番を待つ。ー人、2人と消えていく。ーいったい別室で何がー
この感触、初めて小学校のときに心電図を取ったときのドキドキ感にも似ているが、こんなシチュ工ーションだけによからぬ期待も湧いてこないではない。待つこと約30分、受付のオバチャンのゴーサインが出て、やっと最後であるオレの番が巡ってきた。
ピンポーン。部屋のベルを鳴らすと、出たのはさっきの女王様。プレイ中とは打って変わって穏やかな表情に変わっている。
「お待ちしてました。じゃとりあえず、服を脱いでバスルームへ入りましよう」なんだ、なんだ。「さっきのはどうだった?ここではアナタのココに溜まったイケナイ液体を出して帰りなさい」
女王様はそうささやくと、ローションを塗りたくった手でムスコを優しくシゴキ始めるじゃないか。またその手つきが実にツボを心得ていて、サオを中心にときおりタマ部分や乳首をネチネチ刺激してくる。
「あら、わるいコね。もうウレシクなっちゃったのかしら」そう言われても、こちとらMっ気の自覚がないから、思わず彼女の体に手が伸びるのもムリはない。と、白いスリップを脱がせば、そこには乳房が。「どうぞ。召し上がってもいいわよ」
さっきまで鬼の形相だった女王様が、今度は仏の顔でイてくれるんだから、張感もほぐれるてってもんだ。ま、SMショーだけを楽しむ余裕がないのも、すべてはこのイケナイ液体のせいなんだけどね。
半裸の女性にSMの女王様・デバートメントHというクラブイベント
先日、久しぶりにデバートメントHというクラブイベントに顔を出したところ、主催者のゴッホ今泉に「マグロさんも老けたわよね」とあきれられた。めっきり白髪の増えた頭を見れば、彼が言うのもよくわかる。なんせ、この手のクラブに足を運ぶようになってから、もう10年になるのだ。女の子をナンパし、エッチのひとつも決めたいと思って出かけ始め早や10年
毎回、名刺を持参し、手当たりしだいに配るもまったく成果無し。イベントが終わった後、無惨にも床はおろかゴミ箱に捨てられていることもしばしばだ。
スタッフに加われば少しはモテるようになるかもと、雑用係としてイベントに参加していた時期もあるが、それでも状況は変わらなかった。周りのスタッフが次々おいしい思いをしているにもかかわらずだ。理由は単純だ。イケてないからである。ナンパに成功するヤツは、少なくともオレよりはイケてる。
「マグ口さん、公開見合いでもしますか」
惨状を見かねたのか、あるとき、今泉が提案を持ちかてきた。つまり、彼氏のいない女性とオレが公開の場で見合いをして、最後に女の子に付き合っていいか悪いか、発表してもらったらどうかというのだ。断る理由はどこにもない。どころか、なんておいしい企画なんだ。
オレは今泉に心から感謝した。実際、見合いに参加してくれた女性は、みな驚くほど可愛かった。が、いずれも答はノー。バフォーマンスとしてもまったく盛り上がらず、結局3回ほどで企画自体が消滅してしまった。
それでも、オレは懲りずにバーティに通い続けた。そこに集まる様々な《変態さん》と出会うのが、とてつもなく面白かったのだ。チンチンを出したままの男やら半裸の女性、SMの女王様、女装者、体中にピアスを付けた女、全身をラバーで包んだ男などなど。ネタには事欠かず、実際いろんな雑誌でかかせてもらった。しかし、相変わらず女には恵まれない。名前は売れても、モテないことに変わりはない。今夜こそ今夜こそ。そう思い続けて10年が過ぎた。
6月、オレにとって大きな事件が起きた。デパートメントHでは、参加者が自分たちのバーティやSMクラブ、お店の宣伝などを行う《告知コーナー》があるのだが、ここに知り合いの栗戸理花ら数名が出ていた。彼女はフロアにいるオレを見つけて「あ、マグ口さんだ」と指差す。盛んにステージに来るよう言われ、オレはついつい上がってしまった。途端にスボンを脱がされた。で、栗戸理花がオレの粗チンをパックリ。お、おいー何をやっとるんじゃー
300人といった客がその様子を見て笑い転げている。完全にさらし者だ。もちろん、快感のかけらもない。ただただ恥ずかしい。時間にすれば、ほんの数十秒のことだったが、客に与えた印象は強烈だったようだ。
以来、オレはイベントに顔を出すたび、声をかけられる。「あ、マグロさん、今日もステージで脱ぐのっ」すでに、脱ぐ男としてのイメージが定着している。まあ、脱ぐしかないのかなあ、やっぱり。そう思いながら、また名刺を配りパーティが終わるとー人で始発電車で家に戻ってくるオレ。何だかなあ。

兵庫風俗体験談・福原のソープ尼崎の格安ヘルスSM店・エロい遊びが出来る大人のスポット

0095_20180802083403610_201908120959442d7.jpg0096_20180802083405bbc_20190812095946fa7.jpg0097_20180802083406d1f_20190812095947a06.jpg201503095_201908120959496c4.jpg201503096_20190812095950549.jpg201503097_20190812095952d6c.jpg3bffb276_2019081209594344f.jpg0100_20190206191040bde_20191110112431e8d.jpg0101_20190206191041020_20191110112432f4b.jpg0077_201801011928171fe.jpg
1、兵庫の尼崎は、裏風俗が盛んな土地として、関西ではよく話題にのぼる。ぼくは和歌山在住なのでなかなか行く機会がなかったが、先日、初遠征してみた。阪神尼崎駅の北口を出て、商店街の裏手の風紀の悪い通りをウロウロしていると、風俗案内所前に猫背のオヤジスタッフが立っていた。
「兄ちゃん、遊び?」
釣られて入ってみる。ところが、オヤジが紹介してきたのは、キャバクラやピンサロなど普通の店ばかりだった。ぼくが行きたいのはこういう場所じゃないんだよな…。すると、オヤジが妙なことを言い出した。
「兄ちゃんはケーサツとはちゃうなぁ?よっしゃ、ヤリたいんやったら紹介したるわ」
 オッサンはこっちこっちと手招きし、案内所を出ていく。ついて行くと、不審な建物があった。
「ここ本サロや」
 ほいきた! にしても、看板は出ていないし、どころか建物の入り口を大きな幕で覆ってるし、いかにも裏風俗っぽいやん。幕をガバっとめくって中に入ると、階段があった。では、さっそく参りましょう。…って、あれ? 階段の途中にシャッターがある。しかもきっちり鍵をかけてるし。どんだけ警戒してんだよ!かくしてようやく辿り着いた店には、簡素な個室のプレイルームがいくつか並んでいた。システムは40分2万円。ちょっと値段は高かったものの、女の子は若くてかわいく一応満足した。
2、ソープ、ヘルス、ピンサロ、セクキャバ、色んな風俗店を回っていると、次第に普通のプレイに飽きてくる。刺激を追い求めた結果、俺が行き着いた先がアナルだった。友人の風俗仲間が教えてくれたこの店は、尼崎で古くから続けている老舗で、アナル舐めと本番が楽しめるというとんでもないピンサロなのだ。システムはピンサロコースとVIPコースに別れていて、このVIPコースが本番を意味する。年齢層が20代前半から30代前半と尼崎にしては若めなのも自分としてはありがたい。正直、こんな汚い男のアナル舐めをしてくれるならばもはや年齢など気にしないが。
実際にお店に行って女の子と対面してみると、とにかく「舐めプ探せるヒントセブンイレブン尼崎中央店そば兵庫・尼崎第4 弾 摘発されないのが不思議なエロい店60★レイ」が凄まじいと思うはずだ。当然ピンサロなのでシャワーはないが、ソファに座るとおしぼりで全身を拭かれ、耳元から足先まで想像を絶するレロレロで責め立てられる。途中、嬢にケツを突き出すような体勢にさせられ念願のアナル舐めへ。ペロッ、ペロペロ〜ッと丁寧に菊紋を舐められると、体がのけぞるほどの快感が走り、全身に無数の鳥肌が立つこと必至。そこから舌先が穴に入るかというぐらいのドリル攻撃が繰り出される。ホッと一息ついたらまたドリル。最後は体勢を変えてフェラからの挿入でフィニッシュだ。
3、関西でも有数のソープ街にあるこのサロンは、週末の夜、男性客で大賑わいです。場所は桜筋を南に抜けた場所にあり、店の前にキャッチの若い兄ちゃんが立っているので歩けばすぐに見つけられると思います。料金は通常のピンサロコースと本番可能なVIPコースが用意されてます。ピンサロは9千円程度、VIPコースだとプラス1万円とかなりの高額ですが心配いりません。通常コースでも本番をさせてくれる子がけっこういるからです。客一人が入ればそれだけで埋まってしまいそうな小さいソファに座ると、女の子がセクキャバのように膝の上に跨ってきます。キスから乳首舐め、そこから嬢が体を下げてすっぽりと客の両足の間に入り込んでのフェラ。強制的な密着プレイです。これはかなりイイです。キスをしていてもその密着感からエロい気持ちになっていきます。フェラの後は「入れたいな」とひとまず囁いてみましょう。ダメな子は「VIPで入ってね」と優しく諭してくれますし、OKな子ならば「いいよ」と言ってすんなり密着本番プレイが楽しめちゃいます。このあっけなさはいつもこちらが驚かされるほどです。どうしてこんなにユルいのか理由はわかりませんが、おそらくこれがソープ街の空気というものかもしれません。
4、SMがテーマの店だけに女の子は全員ボンテージ姿だし、店の奥には天井から鎖が垂らされM男性客がムチで叩かれたりする。そんなお店で最も盛り上がるのが半年に1度のペースで開かれる女体盛りイベンだ。お店の周年記念やスタッフの誕生パーティ、クリスマスなどで、かならず女体盛りが行われるのだ。裸の女性がテーブル上で横になり、体には大量のお寿司やケーキが並べられる。女体盛りが体験できる店は日本でも珍しい。
このガールズバー、接客方法がゆるすぎるゆえか、普通のお店とは少し違ったた雰囲気を醸し出している。お店はカウンターのある極通の作りだが、女性店員が椅子に座った状態でおしゃべりをするのである。その椅子がカウンターよりもやや高めなのがミソ。パンツがチラチラ見放題なのである
「パンツツ見えてるよ」と教えてあげると恥ずかしがっって隠す子もいるので、お店がやらせているわけではなさそうだが、指名欲しさにわざと椅子の上で体育座りしている子もいる。
5、授乳率の高いママ友御用達カフェ阪急西宮北口駅から徒歩
店はパスタ屋と力フェと絵本
地元でも有名なキッズカフェだ
6、ソープ街で有名な福原のすぐ近くのコンビニ前に、夕方以降、ボーっと立ちつくしてる子たちがいる。何をするでもなくケータイをいじったりしてるやたらと若い子たち(私服)だ。
彼女らの正体は立ちんぼである。しかし向こうから声をかけてはこない。あくまでこちらから『3でどう?』などと提案しなければならない。
どうやら彼女たち、出会い系も並行してやっているらしい。男とそこで待ち合わせて近くのホテルに行くのだ。アポイントの合間にそこに立ち、客を探していると言っていた。
ここで起きた僕の3度の体験をお話します。一度目は土曜の深夜、マンガを選んでたときのことです。「ウチお金ないねやんか、ちょっと恵んで」
20代前半の可愛らしい子が、エンコーしたいと持ちかけてきたんです。もちろん1万円払って個室でパンパンやらせてもらいました。2度目も別の土曜日、今度は26才の女の子がマンガコーナーで声をかけてきたんです。
「ネカフェ代だけでええからくれん?」
なんと千円ばかしで本番です。3回目は未遂でした。なにしろ声をかけてきたのはあまりに若い子でしたから。なぜエンコーもちかけ女が多発するのか知りませんが、そういう場所になってるのは事実です。地元になんだかおかしな場所がある。喫煙所でタバコを吸ってると、女の子が声をかけてくるのだ。たとえばこんな風に。
「あの、バイトしたいんじゃけど…」
何かと思えば、要するに買ってくれってことらしい。見るからに若い子で、私服だけど間違いなく関わってはいけない部類の子だ。そんなリスキーなこととてもできないので当然お断りしたが。オレが経験したのは2回で、平日の夜のことだ。それぞれ違う女の子だった。友人も何度か
彼女らに遭遇してるらしい。
Copyright © エロ漫画無料アダルト裏モノJAPAN All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます