SEXのタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます




超大人気・美谷朱里・枢木あおいちゃんも
プレステージMGS動画もマジックミラー号も!
U-NEXTユーネクストR18
U−NEXT月額利用料金2,189円(税込)
本ページの情報は2021年2月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

DMMのアダルトAV見放題はこちら
ただ今30日間無料お試し中!
月額利用料金550円(税込)
DMM見放題chライト(R18)

タグ:SEX

【エロ漫画】大人のおもちゃ初体験の人妻にバイブを試させたら簡単にセックス出来た

団地妻を寝取る漫画団地妻を寝取る漫画団地妻を寝取る漫画団地妻を寝取る漫画団地妻を寝取る漫画団地妻を寝取る漫画団地妻を寝取る漫画団地妻を寝取る漫画団地妻を寝取る漫画団地妻を寝取る漫画
バイブレータのモニター調査で大人のおもちゃ経験なしの団地妻を口説いてナンパ
大人のおもちゃのモニター大人のおもちゃのモニター大人のおもちゃのモニター大人のおもちゃのモニター大人のおもちゃのモニター大人のおもちゃのモニター
【概略・全文は上記記事をお読みください】
バイブに興味はあるけど世の中の大半の女性がバイブレータを見たこともないのではないか。そうした大人のおもちゃのモニター調査の体で、経験なしの女性をナンパしてみました。

世の中の大半の女性がバイブレータを見たこともないのではないか。そうした、バイブに興味はあるけど経験なしの女性が、初めて現物を目にし手に触れたとき、どう感じ、どういう反応をするのだろうか。恥じらいながらも興奮を覚えてしまうのか。う-ん、こりゃたまらん。
診察の際、歯科衛生士のオネーチャンがバイブを使っている姿を想像したら、思わずポッキしてしまった。この欲望を何とか実現する方法がないものだろうか。半日ほど考え出した俺の結論は、大人のおもちゃの訪問販売員になりすまし、団地妻にアプローチするというものだ。
アタッシュケースいつぱいに詰まったバイブレータ、それを見て興奮した奥さんに「使い方、教えましょか」とにじり寄り、いろんなパイプで弄ぶ。AVによくあるようなべタな筋書きだが、チャレンジしてみる価値はありそうだ。
思い立ったら早いが、オレは前に何度か行ったことのあるアダルトショップで商品を買い求めた。ただ、女性誌に載っていたようなパイプは高価過ぎて手が出ない。そこで、値段は3千円前後ながら、海草でできており湯に浸けると形が変化するパイプや、ローターを内蔵した穴あきパンティなど女性に受けそうなものを5,6種類で計10点セレクト。ぜんぶで2万5千円ほどの出費となったが、これくらい数がないと女性の前で鞄を開けたときインパクトがない。翌週、営業のあき時間を利用し、バイブが詰まったアタッシュケースを片手に磯を開始。まずはある団地をターゲットに定め、訪問を始めた。
「こんにちは、今日は新商品のご案内でやってまいりました」
インターホン越しに声をかけていく。が、どこもなかなか相手にしてくれない。たまに「何の商品ですか」と尋ねられるものの「おもちゃです、成人向きの」と言うと、途端にNG。結局、2時間ほどかけてアプローチしたものの、中に入れてくれた家は1軒もなかった。もともと厳しいとは思っていたが、想像以上に反応が悪い。どうも訪問だという時点で相手にされないようだ。
ならば、商品についてのモニター調査というのはどうだろう。最初に営業ではないことをはっきり言えば警戒は薄れるはず。さらに「手にとって感想を言ってくれた人には粗品を進呈」し、「実際に使用してくれた人には商品券を進呈」したら、よりヒキはよくなるはずだ。もっともらしくするため、アップル企画なる社名でチラシとアンケート用紙も作成し、今度は中央区内のマンションで作戦に挑む。
「こんにちは、アップル企画と申します。オモチャの企画をしている会社ですが、いま皆さまにモニター調査のご協力をお願いしております。ご協力していただければ商品券等を進呈させていただけるんですが…」
4,5軒まわっただけで、明らかにインターホン越しの対応が違うことがわかった。中に入れてもらえないまでも、扉を開け話をきいてくれるところもあるし、断わるにしても口調がやさしい。これはなんとかなりそうだ。マメに訪問すること22軒目、ついに中に入ってもいいという女性が現れた。25才くらいの販売員。友人の女性と2人暮らしだが、今は1人らしい。大人のオモチャだと聞いても一‐別にいいですよ」

と抵抗がなさそうだ。

彼女は一つずつ手にとりながら、まったくもって冷静に感想を述べた。恥じらい、興奮の表情は皆無。期待していただけにちょっとがっかりだ。とりあえず、手にとっての感想を聞かせてくれたので粗品(アダルトショップで安く売っていたお楽しみ箱。中身はエッチなキーホルダー)を進呈、次に5千円の商品券をエサにパイプを実際に使ってくれるようお願いしてみる。モノに動じなさそうなこのコならOKしてくれるのではないか。
「そんなこと、ここでできるはずないやん」予想に反しキッパリ断わられてしまった。その強い口調からすると、粘っても無理っぽい。俺は丁寧に礼を言って外に出た。ちなみにこの後10軒ほど訪問したが、中に入れてくれるところはなかった。仕事の合間を見ては、パイプの詰まったアタッシュを片手に団地、マンションを訪問する毎日。確実にトークもこなれ、相手の反応もよくなってきている。が、実際に試してくれる女性は現れない。
一度、超美人の奥さんに「どうぞお入りください」と言われ、よろこんで中に入ったことがあったが、なんとダンナがいた。俺はしどろもどろに「よかったら奥さんと試してください。また伺って感想をきかせてもらいますから」と逃げ帰るしかなかった。また、ある30才位の主婦が中に入れたくれたときは、大人のオモチャと子供のオモチャの勘違いだった。幼稚園の息子が「何のオモチャ?」と近づいて来た日には、体の力が芯から抜けた。
試行錯誤を繰り返しながら訪問を続けること約100軒ある日、30才過ぎの女性宅を訪れた。ドアから顔を出したのは、小柄な杏里似。すっびん、濡れた髪、セッケンの香り、の3点からして、風呂あがりだと思われる。
「…ということなんですが、ご協力いただけません?」
「えっ。商品券くれるの。どうぞ、どうぞ」
やけに反応がいい。かなり金に目敏そうだ。聞けば、ファッションマッサージで働いているという。パイプは使ったことはないが、客がたまに店にもって来るらしく、ひと通りの知識はあるようだ。「そしたら、実際に試してもらえません?」
「いま?ここで?まあええけど、見られるのはいややなぁ。バスルームでやってもいい?でも本当に商品券ちょうだいよ」
目の前でやってもらえないのは残念だが、初めての第2段階。しかたあるまい。3つほど気に入ったパイプを手にバスルームに入る彼女。俺は居間で待つよう言われたが、そ-つとバスルームの扉まで近づく。しばらくするとビーンというパイプの振動音が聞こえてきた。扉の下の方にあるスリットから中を覗いてみるが、よくわからない。
「あっ、あっ、あつ」彼女の口から小さい声が漏れ始めた。目の前で見られないじれったさはあるものの、こういうシチュエーションもなかなか興奮できる。俺のモノはすでにビンビン状態。たまらず、声をかけた。
「どうです、使い方わかります?手伝いましょか」
「もうすぐ終わるから待ってて」2,3分して音がやみ、彼女が出てきた。
「一応石鹸で洗っといたから」
パイプを差し出す彼女。さすが風俗嬢、慣れたもんだ。
「さっき、のぞいてたでしよ?」ばれていた。こうなりやストレートにアプローチしたろ。
「ごめんごめん。でも興奮してしもた。やりたくなってきたんやけけど、あかん?」
「じゃあ店に来て。待ってるわ」うまくあしらわれたようだ。役者が1枚上である。
数日後、夕方になって時間が空いた。訪問するには時間が遅すぎる。路上で声をかけてみようか。OKならばカラオケボックスでモノを見せ、展開しだいでその後ホテルへ行こうという狙いだ。5人くらい声をかけたところでパチンコ屋から派手な雰囲気の女性が出てくるのが見えた。負けていたのなら成功率はアップするはず。すかさず声をかける。振り返った女性は思ったよりふけていたが、仕方がない。聞けば、主婦で案の定パチンコで3万ほどスッたらしい。商品券がもらえるならと積極的だ。速攻でカラオケボックスに向かった。
「私、こんなの見たの初めてやわ」バイブを手にして、うれしそうな表情を浮かべる彼女。こりやイケるかも。

「だったら試してくれません?」
「え、ここで?お店の人に見られたら大変やんか」
「見られませんって」
「大丈夫?そしたら、パンティの上からやったらいいよ」
彼女が興味津々、パイプのスイッチを入れ、パンティの上にあてがう。
「あっ、これすごい。すごくひびく。こんなん使こてオナニーしたら、すぐイッてしまうやろな」
ノリがいい。こうなりや攻めるのみ。俺は彼女の横にぴったり座り、
「こうやったほうがもっと気持ちいいですよ」と言いながらパイプをパンティの上からクリトリスに押し付けた。
「あ、あ-ん」「いいでしよ、なかなか」
パンティ越しにも濡れているのがよくわかる。完全に興奮しているようだ。空いた左手を俺の股間に持ってくると、彼女は待ってましたとばかりにまさぐり始めた。すぐに固くなる俺の息子。たまらずファスナーを下ろしたら、舌をなめながらしゃぶってきた。あ、もう我慢できない。
でも、さすがにカラオケボックスで最後までやってしまうのはムリがある。ここは、そのまま口でフィニッシュだ。とりあえあず目的は達成した。この奥さんがスケベだということもあるだろうが、やはり訪問パターンと違い、自宅じゃないぶん、より大胆になれるのだろう。
しかし、当初の狙いは、訪問した自宅の部屋でパイプを使ってもらうこと。この程度ではまだまだ満足できない。それから1週間後団地の近くまで本業で出かけたときのことだ。昼飯の後少し時間ができたので団地を訪問してみると、これが驚いたことに1軒目で中に入ることに成功。相手は割と地味ながら清潔感のある奥さんだ。
「あの、オモチャといっても子供向けじゃなくて、大人のオモチャなんですけど」
勘違いしているのかもと、部屋に入って最初に聞いた。が、奥さん「はい。いいですよ」と全然ひいていない。やっぱり、まったく意味がわかってないようだ。こうなりや現物を見せるしかない。テーブルの上にアタッシュケースを置き、彼女の目の前で一気に開ける。
「・・大人のオモチャってこういう意味だったんですね」
表情が固まり、顔は耳まで真っ赤。声はちょっと震えている。これや、この顔や、俺が見たかったんは、もう絶対、彼女に試してもらいたい。俺は超低姿で切り出した。
「びっくりされましたか。申し訳ありません。でもなんとかご協力いただけませんか。見た目の印象だけでも構いませんので、本当にお願いしますよ。」
「私も、いいですと言ってしまったんで少しだけなら…」
あいかわらず真っ赤な顔でうつむきながらもOKが出た。少々悪い気もするが、それよりほんまにたまらん状況だ。正直、サディスティックな感情さえ湧き出てくる(奥さんは俺の質問に終始無言だ
った。)商品の感想を言える状況じゃないらしい。
何回か「やっぱりもう結構です」という彼女を、俺はなだめたりすかしたりしながら必死に食い下がった。
「ちょっと、材質も見てもらえませんか」と言いながら美少年というパイプを握らせる。と同時にスイッチをONにすると、彼女は小さく「ピッ」と一層極上げバイブをテーブルに落としてしまった。
く〜っ、タマラン「本当にもう無理です。やめさせてください」泣きそうな顔で懇願する彼女。それもまたタマランのだが、さすがにこれ以上追いつめるのは可愛いそうだ。
「無理言ってごめんなさいね。よかったら1つ差上げましょか」「結構です」結局は失敗したものの、この興奮は格別な味。なんとか次につなげたいものだ。
次にトライしたのは、仕事の空き時間ができた翌週の平日3時前。この時間だと子供が帰宅するため主婦はねらいにくい。水商売の女性をターゲットに中央区のマンションを訪問することにした。8軒目で話を聞いてくれる主婦が現れた。年齢は30才前後で、目鼻だちがはっきりした濃いめの顔だ。身体の線はだいぶくずれているようだが、昔はなかなかイケてたに違いない。今はなんとかストライクゾーンにかすっている状態だ(俺のストライクゾーンはかなり広い)。商品券がもらえるならと、中に入れてくれた彼女の家はかなりちらかっていた。子供もいるようだ。はやく進めねば。俺はさっそくテーブルにバイブを並べた。
「こんなん使ったことないから、なんか恥ずかしいわぁ」なんて言いながら結構うれしそうだ。それならばと、感想を聞くのもそこそこに「試してもらえません?」とストレートに攻める。
「試さな商品券もらえないんでしよ?恥ずかしいけどいいよ」よつしや!
「でも、もう子供が帰ってくる時間やねん。外やったらあかん?」
あかん、と言いたいが、子供に見られたらそれこそシャレにならん。結局、俺はホテルで妥協することにした。
「そしたら準備するから先に外に出て、交差点の辺で待ってて」
ホテルでやるのは面白みが半減するなと思いながら、待つこと5分。彼女がマンションから出てきて、俺の車にすぐ気づくや、さっと乗り込んだ。自宅の近所なのに大胆な奥さんだ。車を走らせ、近くのラブホテルに入る。まずは彼女にシャワーを浴びてもらい、その間に俺はパイプを並べスタンバイだ。まもなくシャワールームから出てきた彼女の身体は、やはりかなり、すれていた。まぁいい。
「私、使い方わからないからお願いしていいですか」
「はい、わかりました」パイプを順番に股間に押し付ける。恥ずかしいからと、すっぽりシーツで顔を隠す彼女。顔はまだイケてるんだから、そこを隠されるとかなりキッイものがあるのだが、仕方がない。陰部はかなり使いこんでいる様子だ。クリトリスは大きく、かなり濡れてきている。
「なんか、メチャ興奮するわ。なに使ってるかわからんからすごい刺激的。犯されてるみたいや」だんだん乱れてきた奥さんに、礼子のパンティという名のローター付の穴開きパンティを試すと、彼女は声を出して端ぎ始めた。ローターで刺激しながら、穴から指を割れ目の中にすべり込ませる。ヌレヌレなので何本でも入りそうな感じだ。もう辛抱タマラン。俺は、彼女がシーツをかぶっているのをいいことに、自分のムスコを挿入した。
「あっ、本物もイイー」乱れまくる奥さん。2人の間でローターが振動している。俺はものの2分で彼女の大きなお腹に発射した。やっとの思いでなんとか成功をしたが、やはり一番興奮したのは、東純情な奥さんだ。あの真っ赤な顔と震える声を思い出せば、今でも十分オナニーできる。パイプ企画、なかなか大変だが、くせになるかもしれない。

【エロ漫画】役所の電話相談室はパラサイトシングル主婦や人妻熟女をSEX喰い放題

パラサイトシングルエロ漫画パラサイトシングルエロ漫画パラサイトシングルエロ漫画パラサイトシングルエロ漫画パラサイトシングルエロ漫画パラサイトシングルエロ漫画パラサイトシングルエロ漫画パラサイトシングルエロ漫画パラサイトシングルエロ漫画パラサイトシングルエロ漫画パラサイトシングルエロ漫画パラサイトシングルエロ漫画パラサイトシングルエロ漫画パラサイトシングルエロ漫画パラサイトシングルエロ漫画パラサイトシングルエロ漫画
それはそれでスリリングだったりする
女は年30喰った 
税金で通話料を払ってもらい、
いやあ福祉ってホントに いいもんです 
はい「もしもし ホットライン」 です 

【エロ漫画】コスプレセックスで着せたい衣装・おすすめは看護師ナースの白衣でお医者さんごっこエッチ

看護師ナースコスプレSEX漫画看護師ナースコスプレSEX漫画看護師ナースコスプレSEX漫画看護師ナースコスプレSEX漫画看護師ナースコスプレSEX漫画看護師ナースコスプレSEX漫画看護師ナースコスプレSEX漫画看護師ナースコスプレSEX漫画看護師ナースコスプレSEX漫画看護師ナースコスプレSEX漫画看護師ナースコスプレSEX漫画看護師ナースコスプレSEX漫画看護師ナースコスプレSEX漫画看護師ナースコスプレSEX漫画看護師ナースコスプレSEX漫画
オマンコの中が動く名器で長身でコスブレが好きなお姉さんのエッチ体験談
看護師ナースコスプレSEX漫画看護師ナースコスプレSEX漫画看護師ナースコスプレSEX漫画看護師ナースコスプレSEX漫画看護師ナースコスプレSEX漫画看護師ナースコスプレSEX漫画看護師ナースコスプレSEX漫画
食事以外はしないですよ。彼氏のことが気になって自分でストップかけちゃうんで。今のはコンパで知り合ったんですよ
デートのときに彼が真面目な人なんですよ。黙々とする感じで。私は個人的にコスブレが好きで、ナースとかセーラーとか色々衣装を持ってるんですけど
部屋で。彼氏に見てほしいんですよ。
特にそういうことはしないけど、見てほしいんですよ・でも彼からコスプレしてって頼まれたことないんですよ。とにかく真面目なんです。
あ、すごい中が動くねーって言われます。名器なのかな(笑)
そこまではないけど、今考えると遊ばれたなって思います。彼女がいるって知らなかったんですよ。一緒にご飯食べに行ったときに、この後どうするっみたいな感じになって、あーこれはホテル持ってかれるのかなーとか思ったら
『実はさーオレ彼女いるんだけどさー』みたいな
結局ついていったんですけどね。上手かったーやっばり遊び慣れてるとね。ツボを得てるみたいな。イ力せるのが上手いんですよ。
車の中とか。ありましたよ。私
田舎ってナンパスボットみたいなところがあるじゃないですか。車で行って待ってると男の子たちが車を横付けしてきて、順番に声かけるみたいな。その人の家に行ったりとか車の中でとか
セックス大好き?
えー(苦。まあ、好きな人とだったら・・
エッチしたのいつ?
昨日ぐらいですね彼氏とですよ。なんか、彼氏が性欲強いんですよ。1日2回3回とか当たり前で。
ちなみに、体験人数はどれぐらい?
30人超えてる。若いときは結構遊んでたから。彼氏がいないときはナンバに付いていったりと。でもふと我に返って、遊ぶことはヤメたんです。力ッコイイとか、遊んでる男はもういいやって。落ち着いた付き合いがしたくなったんです。若いころの話ですからね・今は落ち着いてますんで。

【エロ漫画】野外で狂乱の宴のお花見乱交!スリルある公共の場所でSEXする興奮

お花見乱交エロ漫画お花見乱交エロ漫画お花見乱交エロ漫画お花見乱交エロ漫画お花見乱交エロ漫画お花見乱交エロ漫画お花見乱交エロ漫画お花見乱交エロ漫画お花見乱交エロ漫画お花見乱交エロ漫画お花見乱交エロ漫画お花見乱交エロ漫画お花見乱交エロ漫画お花見乱交エロ漫画お花見乱交エロ漫画お花見乱交エロ漫画
続いて野外セックス大好きな雑貨屋店員のクリトリスを撫でバックからナマ挿入大成功のお話
スリルある公共の場所でSEXする興奮スリルある公共の場所でSEXする興奮スリルある公共の場所でSEXする興奮スリルある公共の場所でSEXする興奮スリルある公共の場所でSEXする興奮

少し肌寒い空模様の約束当日、夕方、渋谷駅で待ち合わせ。現れたのは小柄でかわいらしい、でも少し年齢がいってそうな女性だ。誰だっけ。あ、思い出した。確か2カ月ぐらい前に配った雑貨屋さんの子だ。ずいぶん時間が経ってるぞ。
「こんにちは〜!みのやです。お久しぶりです!今日は何か寒いっすね〜」
「お久し振りですよね!ホント寒いですねー」 
しゃべり方は若そうだが、やっぱり30は越えてる感じだ。色気は結構あるのでヤリたい女であることは間違いない。さぁ、頑張って口説こうではないか。でも、確かメールでは「あまり時間がない」とクギを刺されていた気がする。早く帰りたいって意味だよね。さて、どうやって攻めていこうかな。
「美和子ちゃんはビール好きなんだよね。ほかにも何か飲めるんだっけ?」
「ほとんどサワーかビールだけですね」「女の子で珍しいね、炭酸だけだとお腹一杯にならない?」
「そうですね、なりますけど、日本酒とかワインはちょっと苦手で…」
強めのお酒が使えないのは痛いが、まあいいか。駅から5分くらいの居酒屋へ入り、生ビールで乾杯だ。さて、何から話そうと考えていたら、美和子ちゃんが上目遣いで話しかけてきた。
「お手紙もらったとき、てっきり他の従業員に渡してくれって言われるのかと思ったら、私に!?ってすごいびっくりでしたよ」
なんだかすごく嬉しそうだぞ。
「そんなこと人に頼むなんてしないよ、ちゃんと自分で手渡ししないとだめでしょ」
「何か、誠実ですね」 ごめん、ぜんぜん誠実なんかじゃないんだよ…。
少しずつ思い出してきた。確か手紙を渡したときも喜んでくれてた気がする。
ならなんで2カ月も返事をしないまま放置してたんだろう。
「どうして今になって返事くれたの?」
「え〜、なんか、なんでだろう…。すぐには返せなかったんですよ。ハハ」
なんか照れてる感じが可愛らしい。本当に喜んでくれてるみたいだ。このテンションだともしかしたらあっさりと口説けちゃう可能性アリですねー。
「でも、ラインのID検索とかじゃなくってメールアドレスを書いてくれてたじゃないですか〜?何かあれも好印象っていうか、ちゃんとした人かなぁって思いましたよ〜!」 
LINE全盛期のいま、メールアドレスっていうのは珍しいだろうけど、それが好印象とは。何にせよ美和子ちゃんは良く解釈してくれてるみたいだしラッキー。「美和子ちゃんは実家なの?」
メールに一人暮らしでは住みそうにない地名を書いていたので尋ねてみた。
「そうなんです〜!もう30過ぎてるのにダメダメなんですよ〜。親に甘えっぱなしで」
うん、やっぱり歳は30超えてたね。
「別にぜんぜんダメじゃないじゃん。逆に親も安心なんじゃない?」
「そんなことないみたいですよ、遊んでばかりじゃなくてとっとと自立しなさいって」
「そんなに遊んでるの?」「遊んでるっていうか、よくライブ観に行ってるんですよ」
「ふ〜ん誰のファンなの?」「え〜アルフィーなんですけど…」
「アルフィーかー。歌うまいし、結構いいよね」「えっぇ〜!!アルフィー好きなんですか?嬉しい!!」
立ち上がりそうな勢いでテンションが一気に上がったぞ。大丈夫かな、この子。よっぽどのファンなんだろうか。「コンサートも行ってるの?」「もうほとんど全部!」
「ぜんぶ!?てことは、追っかけなの?」
「まぁ、そうなりますね。この前も広島に行って来て、はいお土産です!」
と、牡蠣入りセンベイが入った小さい包み二つを差し出してきた。「ありがとう」
大丈夫かな、この子…。たしか前にもこんな子がいたなあ。あの時はファンモンLOVEな女の子で、ファンモンのことを少し悪く言ったら、すげー泣かれて大変な目にあった。ファン心理は微妙で繊細なので、言葉選びは慎重にしよう。
「追っかけって何処らへんまで行くの」
「北海道とかも行きますし、神戸とか岡山くらいまでは行きますねー!」
すごいんだね…。なんでも、アルバイトで貯めたお金は、ほとんどアルフィーのコンサートツアーに消えていくという。全然共感できなくて少しクラクラしてきた…。
「美和子ちゃん今日は時間はどれくらい大丈夫なの?」
「ああ、夜に親戚が来るので8時くらいには帰りたいかな…」
おー、もうそんなに時間がないではないか。となると今日決めるのは難しそうだなぁ。
今日はなるべく打ち解けておいて、次回本気で口説く流れにするか。だとすれば、少しは男関係の話も聞いておきたい。
「美和子ちゃん彼氏は?」「いませんよ!!」なんかこの子、リアクションがいちいちデカイな…。
「ほんと〜?可愛いし色っぽいのにもったいないね」「もう5年も前ですよ、付き合ってたの」
5年か。なかなかですなー。結構モテそうな感じに見えるのになぜだろう?アルフィーの追っかけで忙しいのかな。
「うーん、ぜんぜん出会いがなくって。…サワーもう一杯いいですか?」「もちろん!」
結構飲むペースが早いぞ。「じゃ、前の彼氏は何処で知り合ったの?」
「バイト先です、マクドナルドで働いてたときの後輩です。結構周りのバイト友達に言われて、あいつ美和子ちゃんのこと好きみたいだよって」
で、魚好きだったその後輩を水族館に誘ったのがきっかけで付き合い始めたようだ。が、付き合い始めてからノイローゼぎみだとわかり、たまにリストカットしてることも発覚し、なかなかしんどい付き合いになったようだ。
「大変だったね。ちなみに男女の営み的な方は、問題なかったの?」
ストレートにシモの話も振ってみた。
「それがちょっと変わってて…、やたらと変な場所でやりたがるんですよ。非常階段とか、神社の裏とか、トイレとか、男の人ってみんなそんななんですか?」
結構開けっぴろげに語るね。神社の裏でセックスを求めてくるノイローゼの男か…。なんかちょっと怖い。でもこの子、そんな所でエッチしていたなんてやらしいなぁ。想像しただけで半立ちになってしまった。
「いや〜俺は全然インドア派だよ、安心してね」「安心ってなんなんですかぁ〜!ははは」
俺の昔の彼女の話も聞かれ、互いの恋愛話で結構盛り上がったところで、時間切れとなった。駅までの短い道のりを、軽く手をつなぎながら歩く。
「美和子ちゃんと話してると楽しいし、今度はゆっくり会いたいね」
「来週の火曜日なら仕事遅番なので、みのやさんが大丈夫なら」
次は期待できそうだ。さぁ、期待とチンポを膨らませて迎えた火曜日。夕方早めの時間に、自宅からほど近い某駅で待ち合わせ。もちろん飲んだ後は部屋に誘い込む算段だ。
生ビールで乾杯し、当たり障りのない世間話を。ほろ酔いになったところで、この前、途中で終わった元カレとのエロ話を探ってみることに。
「公共の場所でするのって、やっぱりスリルあるでしょ?」
「もうスリルだらけですよ〜。全然落ち着かないし、なにがいいのかなぁ?」
「俺もよくわからないけど、好きな人は好きそうだよね」
「何回か見られたこともあるんですよ」
「えぇー、だいぶマニアックなプレイになってるね」「非常階段でしてたとき、塾が
終わった生徒たちが下りてきたりとか、ホント死ぬくらい恥ずかしかったですよ!もう普通でいいです」今日も開けっぴろげに話してくれるね。そのプレイ、俺にもやらしてくれないかなー。
「彼とは長く続いたの?」
「3年くらいですかねー。最後は申し訳ない別れ方になっちゃったけど…」
なんか重い話がはじまりそうだったので、話題を変えよう。トイレに立ち、戻ってきたタイミングで美和子ちゃんの隣に座った。
「ビックリした。近いですね」無言のまま腰に手を回し、キスをする。舌も入れようかと思ったけどやめておいた。「もぉ!いきなりでビックリするじゃないですか!」
と言いつつも笑ってるし、そろそろ部屋に連れ込む準備を進めよう。
「ホント、ビール好きだね」「あれ?何杯目でしたっけ?フフフ」
気が付けば3杯目のビールを飲み干す勢いだ。
「休みの日は何してるの? 映画観たりする?」「はい、DVD借りたりしてますかね」
「じゃあさー、この後DVD借りて一緒に観ようよ」意図が見え見えかな? どうだろう?
「えぇー今からですかー? みのやさん家に行くんですかぁ?」
いいですよって言ってくれ!「う〜ん、それはちょっと早いかな…」
絶対にイヤって感じでもなさそうだぞ。もうちょい押してみよう。「じゃあさ、ツタヤ行って、もし観たいのがあったら観ようよ。なければ今度映画館でもいいし」
多少強引でも、このまま押してみよう。なんせ野外セックスも断れない女の子なんだし。 無言の彼女を無視して会計を済ませ、外に出た。ツタヤへゴーだ。
「あ〜その前にトイレ行きたいなぁ」
じゃ、コンビニのトイレでも借りようか、と歩き出すと、そこに空車のタクシーが一台。もうツタヤなんて回り道するより、このまま乗せちゃおう!
「家近いから、家でトイレしなよ。その方が早いし」「えぇ?ええっ?乗るんですか?」
俺が先に乗り込み手招きすると、「トイレだけですよ!」と乗り込んできた!
おぉーーやったぜ!というわけで、多少強引だったけど、どうにか自宅に連れ込むことに成功だ。トイレを済ませたところで酒を出し、とりあえず座らせる。そして間髪入れずに後ろから抱きしめキス。 もう美和子ちゃんも観念していたようで、無言のまま自ら舌を絡ましてきた。小振りのオッパイを服の上からなで回す。「ダメ〜ッ」 小さな声で拒絶してるけど、そんなんで止まるわけがない。ベッドに移動させ、服を脱がせる。ハアハアと彼女の息が荒くなってきた。乳首をペロペロ…。
「あぁん、ぁぁ〜ん」
おぉ、可愛い声が上がった。敏感じゃないか。たまらん!手を伸ばすとアソコもかなり
ヌレヌレ。ゆっくりとクリトリスを撫でる。「あぁ、あぁ」
また可愛い喘ぎ声が漏れる。いいぞいいぞ。チンコを出して、そのまま即尺させてみた。さすが野外プレイのプロ、抵抗もなくぱっくりくわえてくる。舌使いも上手い!
たっぷり舐めさせたあとでバックからナマ挿入だ。「あぁ〜ん、あん…はぁ〜ん」
正直、締まりはイマイチだけど、背中にドピュっと射精。なかなかのお手前でした。

【エロ漫画】ノーブラ胸ポチ見て勃起びんびん・雨に濡れた着衣にすけすけ乳首ぽちの透けポチ美人とSEX

透けポチ美人とSEXエロ漫画透けポチ美人とSEXエロ漫画透けポチ美人とSEXエロ漫画透けポチ美人とSEXエロ漫画透けポチ美人とSEXエロ漫画透けポチ美人とSEXエロ漫画透けポチ美人とSEXエロ漫画透けポチ美人とSEXエロ漫画透けポチ美人とSEXエロ漫画透けポチ美人とSEXエロ漫画透けポチ美人とSEXエロ漫画透けポチ美人とSEXエロ漫画透けポチ美人とSEXエロ漫画透けポチ美人とSEXエロ漫画透けポチ美人とSEXエロ漫画透けポチ美人とSEXエロ漫画
雨の日のコインランドリーは雨に濡れた着衣がいつも乳首ポッチしているのだ。
透け透け乳首ぽちの胸元が気になって気になって。
冗談半分で聞いてみた。
「いつも乳首がすけてますよね」
「いつも見てるの気付いてますよー」
バレてたのか。恥ずかしい。

【エロ漫画】OLが大きなペニスの巨チン黒人にクラブでナンパされてデカマラ巨根ファックに挑戦

エロ漫画巨チン黒人デカマラファックエロ漫画巨チン黒人デカマラファックエロ漫画巨チン黒人デカマラファックエロ漫画巨チン黒人デカマラファックエロ漫画巨チン黒人デカマラファックエロ漫画巨チン黒人デカマラファックエロ漫画巨チン黒人デカマラファックエロ漫画巨チン黒人デカマラファックエロ漫画巨チン黒人デカマラファックエロ漫画巨チン黒人デカマラファックエロ漫画巨チン黒人デカマラファックエロ漫画巨チン黒人デカマラファックエロ漫画巨チン黒人デカマラファックエロ漫画巨チン黒人デカマラファックエロ漫画巨チン黒人デカマラファックエロ漫画巨チン黒人デカマラファック
褐色の肌、筋肉質なカラダ、高度な身体能力と天性のリズム感、そして極太のペニス。黒人の歴史は差別の歴史とも言われているが、その一方で、彼らは他の人種にはない抜きん出た能力で、音楽やスポ-ツなど、ありとあらゆる場面で活躍している。日本でも、ヒップホップなどの黒人文化に憧れ、彼らと同じようなファッションに身を包む、いわゆる«日系»も少なくない。が、特筆すべきは、なんと言っても、日本人女性の黒人好きである。米軍基地の街や六本木のバーやクラブなどでは、半裸同然の日本人ギャルが黒人たちとベロチューしている光景など日常茶飯事だ。いったい、何を求めて大和撫子たちはブラザーたちの元に走るのだろうか。アメリカ史上初のアフリカ系大統領が誕生した今月、週末の六本木のクラブで黒人大好きギャルたちの生態を覗いてきた。なぜ黒人が好きなのか聞いてみたが、自分でもわからないらしぃ。「やっぱり、デカチンじゃなきゃダメってこと?」「それはないかな。前の男は日本人だったし、それは関係ない」たとえそうだとしてもさすがにチンコの大きさで選んだとは言えないか。まだ時間が早すぎたのか、店内はさほど込み合っておらず〇〜人程度の男女がリズムに合わせて体を動かしていた。それでも黒人男性が全体の分のはいるだろうか。残りはピタピタの服を着た日本人女性と日系男性である。日本人の男はシャイ。俺は何度でもトラするよ壁際に寄りかかりしばらくフロアの様子を観察してみよう。すぐ目の前のテーブルに陣取っていたゴツイ黒人男性が、人でオレンジジュース片手にキョロキョしている。女性客を物色しているのは明らかだ。まもなく男が動いた。彼のすぐ横のテーブル脇に立っていた代後半の日本人女性に顔を近づけ、何やら話しかけている。女性の服装を見た感じ黒人好きな雰囲気はない。案の定彼女は男のナンパをウザそうに受け流し、無視を決めこんでいる。が、男はあきらめない。今度は店内の奥で背中を露わにした別のセクシー衣装のポッチャリお姉さんに近づき、何やら交渉開始。彼女の手を握つてフアの中心に連れ出そうと頑張るが、女の子は首を横にイヤイヤと振り、なびこうとしなぃ。露骨なナンパが目についたのだろう、入り口付近にいたセキユリティの一人が彼の動きをチェックしだしたところでようやく男がテーブルに戻ってきた。と直後、先ほど首を横に振った女性が南米系の男性に手を引かれ、フロアの中央で楽しそうに踊り始めた。これは彼にとってはかなり厳しい光景だろう。いや、さほど落ち込んでる風でもない。目は次なる獲物を狙ってキョキョしている。なんて逞しいんでしよう。ちよっとお話いいでしようか?「お兄さん、今日は女の子を探しにきたの?うまく行ってる?」手を拡げ、いやいやと首を横に振る男。聞き取りづらい英語を使う彼は、ナイジェリアから来た才で、ここには頻繁に遊びに来ているそうな。仕事は何かと尋ねると「色々だよ」と濁された。彼が女の子に声をかけるときは英語と少しの日本語のックスらしい。にしても、あなたのチャレンジ精神は素晴らしい。「日本人の男の子はシャイだよね。俺は何度でもトライするよ」「いままで黒人にナンパされたことある?」「んー、ちよっとだけ」六本木は毎週のように遊びに来ているという彼女。過去には黒人と付き合ったこともあるらしい。彼らの魅力ってなんですかね?「やっぱり見た目。元々自分の好きなアーティストがブラックだから。ネリーとかよく聴くよ」このネリーという、ミリオンセールを連発中の黒人アーティストの名は、その後も何人かの女の子から出てきた。「黒人じゃなきゃダメってわけじゃなくて、いい人だったら人種は何でもいい」そう言いつつも、日本人と付き合ったことは度もないそうな。意図的に外国人男性の多い場所に行かないとそういうことにはならないはずだが。もう人、黒人にナンパされ、付き合ったこともあるというガルズバーで働く才に話を閭く〇「決め手は何?」「迫力かなあ。お互いヒップップが好きで、趣味が合ぅから付き合っただけですよ」前の彼は同じ趣味を持つ日本人だったらしい。黒人文化が好きだから、自然と惹かれていったんだとか。「でも黒人が女に優しいってよく言うけどあれは二セの優しさだと思うんですよ。本心はヤリたいだけ、みたいな」なぜそこまでわかっているのに、またこぅして黒人の集まるクラブに顔を出すのか。
「飲みに行こうよってフレンドリーな感じだった。たまたま時間もあったし、見た目も嫌じゃなかったから、バーに行って、連絡先を交換して」ナンパからーヵ月後、正式に付き合うことになったそうな。ちなみに彼女、英語がしゃベれないにもかかわらず、以前の彼氏も外国人だったらしい。旦那が黒人だという才の看護師もまた、たまたま好きになった相手が黒人だっただけだとぃう。彼らと付き合ったことがあると答えた女の子たちは皆、ロでは日本人、外国人などの国籍は関係ないという。ならば、なぜ外国人の多い六本木のクラブに来るのかといえば「単に楽しいからかな」と様の答を返す。が取材を続けるうち意外なことに、黒人は嫌いだという子も全体の割程度いることがわかった。「でも、私、お尻が大きいから、いっつもナンパされる」
「南米系の方が好きかな。黒人ってしつこい人が多いんだよね」
「あたし外国人ダメだから。言葉が通じないし、文化が違うし」
女の子たちの意見を総合すると、黒人男性たちのナンパ法は、女の子が踊っているとこに近づいてきて股間をすりつけながら「踊ろうよ」とか「セクシーだね」などと囁く。言葉が通じなくても強引に体を摺り寄せる。ここで女の子が応じてくれば、抱き合いながら踊り、キスしたり持ち帰ったり。そしてダメならすぐに次にアタック、という強引な手法だ:とうやら黒人好きな女の子たちは乱れているわけではなく黒人男性の強引さにほだされているだけなのかもしれない。最後にほとんどの女性が、チンコの大きさは関係ないと言ってました本当かどっかはわかりません。

クリ吸引バイブ・ウーマナイザーをクリトリスにあてながらSEXの威力

36_20201118084321299.jpg37_202011180843238ca.jpg38_20201118084324012.jpg39_20201118084326b6c.jpg40_20201118084327b50.jpg41_20201118084329578.jpg42_202011180843307fc.jpg43_20201118084332e48.jpg44_20201118084333453.jpg45_2020111808433560f.jpg
アダルトグッズ業界で密かに話題になっている商品がある。
ドイツ製のクリ吸引バイブ「ウーマナイザー」だ。電マやローターなど、これまでの女性向けアダルトグッズの場合、クリへの刺激は「振動」が中心だったわけだが、そこへ新たに「吸引」が加わったのだ。クリ派の女性たちから絶大な支持を集めて売れまくってるそうで、試しに販売サイトの口コミを覗いてみると、「1分ぐらいで何度もイッた」、「もう手放せない」、「これでイクと足腰が砕けます」などと絶賛コメントで埋め尽くされている。確かに、吸われてパンパンに肥大したクリを刺激するんだから、効きそうな気はする。初代ウーマナイザーが1万2千円。吸引力が2倍になった2代目ウーマナイザーW500が2万5千円とかなり高額だが、そんなにすごい効果を持っているのなら、一度、実験してみる価値はありそうだ。
典型的な援交女って感じの図々しさ
届けられたウーマナイザーは、パッと見、高そうなPC用マウスに似たデザインで、作りもしっかりしていた。さっそく充電し、電源を入れてみる。トリートメントヘッドと呼ばれるシリコン製の吸い込み口が、赤く光ってブルブル震え、同時に「ポポポポ…」と吸引しだした。強弱ボタンを押せば、吸い込みと振動の強さを11段階に調節できるらしい。ヘッド部分に手をつけてみると、そこまで強力ではないが、ピタっと吸い付きブルブルしている。たしかにクリを責めたらよさそうな感じがする。
さっそくカバンに忍ばせて、都内の出会いカフェに向かった。時短のことばかり考えて、キスはイヤだのフェラは無理だのと生意気なことばかり言う彼女たちをクリイキさせまくって思い通りに操ってやる!提示する条件は、クリ吸引だけで1万円。
1時間限定で、セックスはもちろん、フェラの必要もなしだ。これなら、ガメつい援交女も釣られるはずだ。気になった援交女をトークルームに呼んで、クリ派かどうかを確認したうえで、ウーマナイザーの口コミを見せていく。
数人と交渉したところで、「中よりはクリかな」と答えた
30代の援交女が関心を示してくれた。ローターを使ったオナニーなら何度か試したことがあるそうだ。「なるほどね〜。吸うんだ。いいかもしれないですね。でも1万か〜もう少しもらえません?」
「いやいや、フェラもセックスもなしだよ? 何もしなくていいし」
典型的な援交女って感じの図々しさだが、どうにか1時間1万の条件で飲んでもらい、外に連れ出した。自称34才のアパレル系派遣社員で、ヨウコ。顔は麻生久美子を5〜6発殴ったような雰囲気で、援交女にしてはまずまずのレベルだろう。
﹁振動が⋮ああ、高級な感じ?﹂
近くのホテルに入り、あらためてプレイの説明を行う。
「じゃ、シャワー浴びてもらってからコイツのテストに進みましょう」「あの…先にお金、いいですか?」「あ、そうだね。はい、1万円」「いまから1時間ですよね?」
「うん、1時間で大丈夫だよ」
スマホで時間を確認し、大事そうにお金を財布にしまったところで、ヨウコにウーマナイザーを見せる。
「へ〜、ここで吸うんですか?」
「そうそう。吸いながら震えるんだよ。気持ちよさそうでしょ?」「うーん、どうかな…」
いまいち乗り気じゃない彼女にシャワーを浴びてもらい、ベッドの中央に寝てもらった。
いざ、開始!まずは彼女の股間にローションを塗り、最初は最弱の1にしてクリ周辺にあてがってみる。先端部分が赤く光ってるので、室内が暗くてもよく見える。ボボボっと音を出しながら、クリがスポッと吸い込まれた。
「あっ……」
ヨウコが脚をビクっとさせた。「どんな感じ?」
「うん、いいかも…んん」「え、どういいの? ローターとかと比べてどう?」
「んん…ローターよりはいいかな。もうちょっと強くできます?」
強弱スイッチを押して、吸い込みと振動を強める。ほれ、これでどうだ。ブブブ…
「ああ…ヤバイ。ああ、いいかも…ああ〜」「どういいの?」
「振動が…ああ、高級な感じ? … あああん」
高級な感じの振動? よくわからないけど、たしかに千円程度のローターなんかより、かなりしっかりした作りだし、ヘッドのシリコンも肌触りが滑らかなのでわからないでもない。
「あ、あ、あああ、イキそう…イクイクイク!」
ヨウコさん、かかとをピーンと伸ばし、身体を大きく波打たせながらイッてしまった。正確に時間は計ってないけど、開始から2分ぐらいかな?シーツの上に直径50センチほどのシミが
続けてイカせてやろうとウーマナイザーを当て続けると、彼女から物言いが入った。
「ちょっと待って、タイムタイム」「どうしたの?」
「足にチカラ入んない…ああ、…お願い、ちょっと待って!」
しかたない。いったん休憩してやるか。あれっ? シーツが冷たい。ぐしょぐしょに濡れてるぞ。
「ちょっと、コレ、すごいことになってるけど」「ええっ? うそ!」
シーツの上に直径50センチほどのシミができていた。失禁したのか?
「しっこ漏らしちゃったの?」
「え〜、ごめん、わかんない…。漏らしてないと思うけど…わかんない」
顔を近づけて匂いを嗅いでみたが無臭だった。これは小便じゃない。どうやら潮を吹いたみたいだ。しかしすごい量だな。
「えー、ごめんね。ちょっと冷たいよね」
「いつもこんなに出るの?」「出ない出ない! こんなになったことないよ」
「そうなんだ。バスタオル敷こうか」
「うん。じゃあ、一応トイレも行っとこうかな…」
トイレから戻ってきた彼女に確認したら、小便はしっかり出たとのこと。やっぱりシーツのシミは潮で間違いなさそうだ。これもウーマナイザーの力なのか。
「どう? そろそろ復活した?」「うん、もう大丈夫」
ということなので、ふたたび吸引攻撃開始だ。
強弱ボタンをさっきと同じ強さにして、クリをスポッ! ボボボ…。
「ああああ…」
ヘッド部分をクリと膣の辺りでヌルヌル往復させるとその動きに合わせて彼女の身体がビクンビクン動きまくる。
「あ〜ヤバい…また…イッちゃいそう…あ、あ、ヤバい、イクイク!」
またしてもクリに当ててから2分ほどで絶頂だ。やっぱりすごいな。
あっさりフェラの約束ゲットだ
ハアハアと肩で息をしながら、彼女が口を開いた。
「ホントすごいねコレ。ちょっと欲しいかも…」
「でしょ? 売れてるみたいだよ。買っちゃえば? 2万4千円だけど」「え〜高い」
「じゃ、ほら、今のうちに味わっておこうよ」
再びクリに当て、さらに少し強さを増してみる。ボボボボボ!
「んんん〜くあああ!」
再び手足をのけぞらしながら感じまくるヨウコ。こちらは機械を当ててるだけなので、まったく疲れないのがいい。
「ねえ、一緒に舐めて…欲しいな…」「え? 一緒にって?」
「ちょっとでいいから、下の方も一緒に…」「下ってどこよ?」
どうやらクリを吸わせながら、膣の周りを舐めて欲しいとのリクエストらしい。
「じゃ俺のも舐めてくれる?」「うん、いいよ」
あっさりフェラの約束ゲットだ。すごいぞ!よし、ならばクンニしてやろう。ウーマナイザーでクリを吸いながら、膣周りをペロペロペロ〜。
「あああ〜気持ちいい…んああ〜」
ちょっとキツイ体勢だけど、ヨウコは俺の頭に脚を巻きつけながらアンアンよがってる。
「どうなのコレ?」「すごい気持ちいい! あああ、またイッちゃいそう!」
潮を吹くほどではないが、マンコはぐっしょぐしょだ。そうこうするうちに、またもやイクイクイク!と言いながら、身体をビクビクさせてイッてしまった。これで絶頂は3回目だ。
生意気な援交女がこんなにおねだり
「はあはあ…。ちょっとごめん…、休憩させて…。なんかすごい疲れるねコレ。ぜんぜん違う。体力使うかも」
ということなので、今度はウーマナイザーを乳首に当ててみよう。意外と気持ちいいかもよ? ほれ、スポッとな。
「ああ…、んん…」「どう、乳首は?」「うん、いいかも…」
いいんだ。確かに乳首も一瞬にしてビンビンになったな。しかしほんと、こっちは楽チンでいいな。
「でも、やっぱり下がいいかな…」
ふーん、クリをもっと吸って欲しいんだね。でも約束の時間をすでに30分ほど超えてるけど、いいのかな?
「時間は大丈夫? 過ぎてない?」「うん、平気…もっとやって」
なんだかトロンとした顔になってるよ。よっぽど気に入ったんだな。仕方ない、再びヘッドを当てて、クリ吸いしてしんぜよう。ボボボ…
「うああああ…あああ!」「気持ちいい?」
「うん、気持ちいい…あああ」
なんか彼女ばかり気持ちよくさせてるのがだんだんアホらしくなってきた。いったんクリから外してみよう。
「はあ、はあ、はあ…え? 何で? 何で止めるの?」
「ん? もっと吸って欲しいの?」「うん、もっとやって…」
すごいな。生意気な援交女がこんなにおねだりしてますよ。今ならなんでも言うこと聞いてくれそうだな。
1万でヤラせてくれるんだね
そうだ忘れてた。そろそろ約束のフェラをお願いしてみようか。
「いいけど、そろそろ俺のも舐めてくれる?」「うん」素直だ。1万しか払ってないのに。横に
なったヨウコの顔にチンポを近づけると、躊躇なくパクっと咥えてくれた。ヌメヌメと舌が裏筋を上下したり、吸い込みながら前後したり、なかなかのフェラテクじゃないですか。
「ねえ、早く、またそれやって」
ヨウコがチンポから口を離し、ウーマナイザーを指さした。貪欲だな。まだイキ足ないのか!
ならばフェラさせながら股間にあてがってやる。
「ううう…ううああああ!」
結局、フェラはそっちのけで、快感に没頭しはじめてしまった。これじゃ全然こっちが楽しめないじゃないか。再びウーマナイザーをはずす。
「え、やめないで! もうちょっとなの」
「またイクつもりなの?」「え、ダメ? なんで?」
「じゃあさ、チンチン入れてみない? 入れながらクリを吸ったら気持ちいいいじゃないかな?」
「ええ…うん、いいよ、入れてえ〜」
え、いいんだ? こんなにあっさり? 1万でヤラせてくれるんだね。バンザイ!気が変わらないうちに、すぐにゴムを装着。彼女の上に覆いかぶさる。すでにマンコはビッショビショになっているので、コンドームチンポもヌルンとすんなり入った。
「んああああ!」おお、よく締まるマンコじゃないか!
「ああ…ああん」
まずはゆっくりと腰を動かしながらウーマナイザーをクリに…。と思ったけど、邪魔すぎて無理! 脇に投げ捨て、ガンガン腰を打ち付ける。
「あんあんあん! え、え、もっとやってよ〜吸って欲しい!」
もはや完全に俺のチンポの立場はないが、そんなの関係ない。かわまず腰を振り続けてやる!
「あんあんあんあん!」
彼女がクリ派だからか、俺のチンポが役立たずだからかわからないが、結局、挿入で絶頂させられないまま、俺だけキッチリと発射したのだった。
なんと合計2時間強の、満足のセックスでした。もちろん、追加料金は払っておりません!

【エロ漫画】好きな女が他の男に弄ばれ陵辱されメスイキ!他人棒に汚された後の嫉妬SEXの興奮

他人棒汚されSEXエロ漫画他人棒汚されSEXエロ漫画他人棒汚されSEXエロ漫画他人棒汚されSEXエロ漫画他人棒汚されSEXエロ漫画他人棒汚されSEXエロ漫画他人棒汚されSEXエロ漫画他人棒汚されSEXエロ漫画他人棒汚されSEXエロ漫画他人棒汚されSEXエロ漫画他人棒汚されSEXエロ漫画他人棒汚されSEXエロ漫画他人棒汚されSEXエロ漫画他人棒汚されSEXエロ漫画他人棒汚されSEXエロ漫画他人棒汚されSEXエロ漫画他人棒汚されSEXエロ漫画他人棒汚されSEXエロ漫画
ここからは読者様の嫉妬セックスの概略です

妻をモデルに寝取られ撮影会で嫉妬と興奮が沸き上がる

裏モノ誌上において、もはや「妻モノ」なる一ジャンルを確立したといっても過言じゃないこの私。
愛する我が妻にわざと浮気をさせたり、風俗に体験入店させたりと、こと妻をイジることにかけては、私の右に出る者はいないだろう。
しかし、それでもまだまだ飽き足らない。この冬、私は妻をモデルに撮影会を開くことを思いたった。
近所のコンビニで、風俗専門の求人誌を手に取ったときのこと。
撮影会モデル募集。日給2万日
雑誌を放り投げた瞬間、アイデアが浮かんだ。この仕事を妻にやらせたら、オモロイんちやうやろか。
むろん、妻にモデル経験はないが、その分、羞恥プレイ以上の興奮が味わえるんではなかろうか。
もっとも、性的好奇心が強い反面、極度に恐がりな妻のこと。簡単に了承するとも思えない。何かいい方法は..あった!
自分で撮影会を開いたらええやないか。夫が主催者なら妻も安心だ
「いや、べつに脱いだりする必要はないねん。ちょっとエッチな格好すりやええんや」
「…やってみよかな」
さすが我が妻。口振りからすると、かなり興味が沸いたようだ。
当日、会場に集まったのは愛川キンヤ似の50
山下真司風の40
銀ブチ眼鏡の30の3人だけ。ま、こんなもんか。キンヤ以外は、撮影会は初めての体験らしい。さっそく客から参加費用を徴収、妻の待つ控え室へ。
「そろそろ出番やで」「あかん。心臓バクバク鳴ってるわ」
「何いってんねん。はよ着替えんかい」
事前の打ち合わせどおり、妻にナース服を着せ、ロープでしばり豚に。この格好ならみなさんにも、喜んでいただけるはずだ。
「ほないこか」「・・ん」
体を小刻みに震わす妻。むふふ。めちやめちや感じ取るやないかい、皆の前に現れると、客からはかすかにタメ息が漏れる。
「じやあ、撮影会を始めますので。みなさん、ご自由にお撮り・・」「おーー」
私が話し終わる前に、妻に走り寄る男ども。なんやなんやオマエら。こらキンキン、いくらなんでも近すぎやー
一方、妻は満更でもない様子だ。半開きの火照った頬…。めちやめちや感じとるやないかー
(・・こっわ。こらあかん)得も言われぬ嫉妬と興奮が沸き上がる。これこれ。この感覚が味わいたかったんやー
不安顔の妻に、改めて言って聞かせる。脱ぎたくなければ脱がなくていいし、手コキやフェラなどのサービスをする必要はない。もし何かあったら、すぐに私がかけつけてやる。
「せやから、オマエはなんも心配、することあらへんねや」
山下真司風は妻にオールヌードを懇願するも、あっさり撃沈。おまえら、もっとうまいこと口説かんかい。
色白銀プチ眼鏡はモロに妻のタイプ(妻の好みはヤクルトの古田)である。
コイツなら何かやってくれるやろ。
撮影開始から5分、古田が妻にといかけた。
「な、脱いでくれる?」
「。。」
「あかん?」
「…ええよ」
おいおい、オマエ、その変わり様はなんや!
「エッチしよか」
「・・」
「ええんやな」
「。。」
こっくりとうなずく我が妻。
私はショックを受けながらも、すでにビンビン状態の一物を握りしめた。
次は妻にどんなことをさせようか。私はまだまだ飽き足らない。
露出掲示板でヨメの相手を募集し寝取られる興奮
高校の同級生にも抱かせました。露出掲示板でヨメの相手を募集し、目の前でセックスさせる興奮
『見せたがり力ップルさん、とくと拝ませていただきます』なるルポ、興味深く読ませてもらった。あの記事を読んで、専用のネット掲示板でギャラリーを募り自分たちの性行為を公開する力ップルたちを、ナマで見てみたいと考えた方も少なくないはずだ。かくいう私も、実は日ころ。から件の掲示板を活用し、大いに楽しませてもらっている人だ。ただし、私の場合は見に行くのではなく、見せる側&させる側なのだが。
カップル喫茶であえぎまくるヨメ妻と結婚したのは今から3年前の春のこと。5年間の長き交際を経て、ようやく漕ぎ着けたゴールインだった。いかにも幸せな新婚生活を想像されては困る。直後から、私はある深刻な問題に頭を抱えていた。他でもない、セックスだ。
いくら愛するヨメとはいえ、独身時代かりやりまくった相手に、いまさらムラムラぶるわけがない。できれば、避けたい。それが正直なところだった。そんな私の気持ちなどつゆ知らず、彼女は結婚後も変わらず求めてきた。無下に断るわけにはいかない。かといって、ヤル気は起きない。これはこれで頭の痛い問題である。私が見出した活路は変態チックなプレイへの挑戦だった。ハメ撮り、ソフトSM、青力ン等。その刺激は想像以上で、遠に飽きた妻の体にも欲情するから面白い。そして、私たち夫婦はやがてプレイにたどり着く。力ップル喫茶での露出である。
ヨメは、もともと慶応大学に入るほど、勉強筋のマジメな性格。そのため、最初は当然のことく、他人同士がスケべ行為を見せつけ合う力ップル喫茶への同行に強い抵抗を示した。さすがにそんな変態じみたことはできないと。が、強引に説き伏せ、何度か通ううち、彼女の様子に変化が現れる。
慣れぬころは、人前でのキスさえ嫌がっていたのが、やがてペッティングOK、フェラチオOKと垣根が低くなっていき、気がつけば、店内のソファの上で股間をパックリ開き、ガンガンにチンポを受け入れるまでになったのだ。「あつ、あつ、あつ、気持ちいいっ」今まで聞いたこともないようなヨメの大きなよがり声に、私は感動を覚えた。この異常な感じ方は、明らかに周囲の視線を意識している。自分の恥ずかしい姿を見られ、興奮を抑えきれないのだろう。すこい。まさか彼女が、こんな好き者だったなんて。
アナタのチンポの方が100倍感じる
昨年9月、ネットで面白そうな掲示板を見つけた。冒頭でも述べた、例の『生見せ力ップル掲示板』である。今夜、どこそこの公園でエッチしますなどと書かれた投稿に、閲覧者がレスを返信。メルで詳しい場所をやり取りしつつ、現場で落ち合うというそのシステムが、すでに力ップル喫茶が物足りなくなっていた私たちには、かなり斬新に思えた。さっそく、掲示板で見学者を募り、週末の夜、地元の大きな公園の駐車場で年若い単独男性と会うことにした。ちなみに、多数の応募から彼を選んだのは、メルの文面がもっとも誠実そうだったからだ。ワケのわからん男を誘い込んで、トラブルに遭うのだけは力ンベンである。
合流後、車の外に男性を立たせ、セックス開始。ヨメの顔に無事精子をぶちまけた後、私は彼女に耳打ちした。
「ねえ、彼にもフェラくらいしてあげなよ」「え、そんなのヤだあ」
口では抵抗しているが、表情を見れば、強い拒絶でないことがわかる。すかさず男性を車内に招き入れ、ヨメに彼のモノをくわえ込ませた。
「んぐんぐんぐ、あはあ、オイシイ」「ああ、奥さん、超気持ちイイっす」
結局、流れで2人は交わり、男性がヨメの腹上で射精したところでプレイ終了。実に満足そうに礼を言い、彼は帰っていった。方、私はかつて味わったことのない猛烈な嫉妬を覚えていた。見知らぬ男の背中にしがみつき、端いでいたヨメの姿が脳裏から離れない。
「夫の目の前で、トンでもないことやりやがって」帰宅後、どうにも我慢ができず、玄関で襲いかかった。
「ああ、許して、え。気持ちよかったの、すっこく気持ちよかったのよお」
「何だってっクソどうなんだ、オレとアイツ、どっちがいいんだ」
「アナタよ、アナタのチンポの方が100倍感じるう」
病みつきになりそうだった。露出現場に友人が…。
以来、私たち夫婦は、ヒマさえあれば露出プレイを楽しんだ。人気のない山で参加者とヨメに青力ンをさせたり、複数の男に廻させたり。特に思い出深いのは、私の友人にヨメを抱かせたときのことだろう。ある日の晩、いつものように参加者を募り、いざ待ち合・わせの場所に着くと、そこにクラスメイトが待っていた。気まずい雰囲気。どうしたものか。これはさすがにマズイんじゃないのか。当然のことく、友人もかなり困惑気味である。が、いざヨメがフェラを始めると、三者三様、複雑な気分が入り交じった。それは、いつも以上の興奮と言っていいだろう。「達夫、すまん。お前の奥さん、最高だよ」「ヨシコ、お前はどうなんだよ。いいのかっ」
「うん、気持ちいいのお。アナタの友達、チンポ大きっいんだもん。ああん、もうイっちゃいそう」くう、エロすぎその日、自宅に戻りヨメと5発キメた。
掲示板の活用は相変わらず続いているが、最近は、刺激に慣れてしまった感がある。皆さん、私のヨメを抱いてみる気はないか。
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★


★★★空前絶後の出会い時代到来。18禁★★★
運命を変える奇跡の出会いは令和でもきっとある
PCマックス

春の季節だけはあなたに合った相手がドンドン見つかる
ワクワクメール

不況でパパ活に激美人が急増中の噂
芸能人もいるという交際クラブユニバース倶楽部にはどんな女性が!
40代~60代のための愛人マッチング【ユニバース倶楽部】

俺はやっぱり生身が良いが二次元の彼女の良さは何?
【にじげんカノジョ】

★★★最強のペニスを作る★★★
☆☆三冠達成!ペニス増大サプリ・ヴィトックス☆☆
グングン伸びたら彼女はきっと離れない
【ヴィトックス】
vitox[1箱+1箱無料]:13,824円(税込)

☆☆早漏はあきらめる必要はありません☆☆
しかもオナニーしながら治っちゃう!

1カップ1100円(税込)

☆☆遅漏もあきらめる必要はありません☆☆
しかもオナニーしながら治っちゃう!
⇒遅漏改善用TENGA
1カップ1100円(税込)

☆☆元気が欲しけりゃこのサプリメント☆☆
⇒TENGA活力支援サプリ
初回999円(税込)

☆☆包茎はこっそり自分で治せ☆☆
⇒自宅で自分で治す包茎グッズ
包茎グッズ【キトー君】