飲み会のタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:飲み会

  • 2020/01/08出会い攻略

    既婚者限定をうたい文句にした飲み会が各地で急増中だ。もちろん「飲み会」とは名ばかりで、その実態はW不倫相手を見つけるための集まりである。お互い既婚者同士、気兼ねなく楽しみましょうと いうわけだ。飲み会への参加方法は、簡単なもので2パターンある。ひとつは、ミクシィ経由だ。既婚者飲み会そのものを目的とするコミュが一気に増えたことで、望めば毎週でも参加できるような状況となっている。もうひとつは、LINE...

    記事を読む

  • 2018/06/23出会い攻略

    1、片っ端から女グループに応募、なんとか成立したら日程を調整して…なんてわずらわしいことが多いのが、合コンサイトの常だ。でも僕が使ってるこのサイトなら、そんな面倒をすっとばせる。手順にもあるとおり、こちらの条件をメールで送って待っていると、条件に合うグループが見つかり次第、業者からメールがくる。OKすれば、あとは待ってるだけで勝手にセッティングしてくれる。日程から会場まですべてだ。気になるのは本当...

    記事を読む

既婚者限定合コン飲み会はエロ全開W不倫セフレ探しの場だった・相手の探し方と成功体験談

0014_20180920115743adb_20190921113310b30.jpg0015_20180920115744621_20190921113311d2c.jpg0016_2018092011574685a_2019092111331363e.jpg0017_20180920115747cfd_201909211133147e0.jpg0018_20180920115749804_20190921113316f1e.jpg0019_2018092011575094e_20190921113317b16.jpg0020_20180920115752963_201909211133191a1.jpg0021_201809201157536f7_20190921113320631.jpg0022_20180920115755bab_201909211133229eb.jpg0023_201809201157564c6_201909211133234b3.jpg
0061_20190604183021d00_20190930212715bbf.jpg0062_20190604183022985_20190930212716539.jpg0165_20181103180008dd9_2019093021272321a.jpg0142_20181220091150f90_20190930212717016.jpg0143_20181220091151ada_20190930212719492.jpg0144_20181220091153c09_201909302127201f8.jpg0145_2018122009115480b_20190930212722239.jpg
既婚者限定をうたい文句にした飲み会が各地で急増中だ。もちろん「飲み会」とは名ばかりで、その実態はW不倫相手を見つけるための集まりである。お互い既婚者同士、気兼ねなく楽しみましょうと
いうわけだ。飲み会への参加方法は、簡単なもので2パターンある。ひとつは、ミクシィ経由だ。既婚者飲み会そのものを目的とするコミュが一気に増えたことで、望めば毎週でも参加できるような状況となっている。もうひとつは、LINEのグループチャット(以降、グルチャ)経由だ。ネット上のグルチャメンバー募集掲示板には、既婚者限定のグルチャが乱立している。そこでメンバーと仲良くなって飲み会を開催するパターンだ。もちろんLINEでつながっているのだから、飲み会など行わず1対1で密会したって構わない。
 さあ、いったいどれほどの人妻たちが喰えるのか。ちょっくら試してみようではないか。まずは既婚者飲み会コミュからだ。ミクシィ内のコミュニティ検索で「既婚オフ」「既婚 飲み会」などと入力すれば、無数のコミュがヒットする。その中からもっとも開催日のはやいイベントを探し出し参加を申し込んだところ、すぐに主催者からメールが。それによれば、当日は男女7人ずつが参加する中規模な飲み会になるという。迎えた当日、夜7時。会場である新宿の居酒屋に足を運ぶと、すでに大半のメンバーが顔をそろえていた。見た感じ、女性陣の年齢はわりと高めで、40代半ばがメイン層といったところか。明らかな30代は2人ほどしかいない。ちなみに男連中の年齢構成もほぼ似たようなものだ。飲み会は乾杯時のみ席が決まっているが、その後は自由に移動してもいいらしい。会がスタートして30分、目をつけていた女の隣りが空いたので、急いで席を陣取った。よしよし、ここからがようやく本番だ。
「はじめまして。こういう飲み会ってよく来るの?」
「あ、どうも。ジュンコと言います。実はこういうとこ初めてなんで、ちょっと緊張してるんですよ。えへへ」
愛想のいい笑顔が返ってきた。歳のころは40くらい。ほっそりとしたスマート体型で、ネコっぽい顔だちをしている。ワンレンの髪型にまだ女を捨ててない感が強く出ているのはなかなかよろしい。しばらくは当たり障りのない様子見トークに終始した。彼女がちょこちょこ本音をのぞかせるようになったのは、2杯目のカクテルを飲み終えたあたりからだ。
「やっぱりこういうところに来る人たちって、ダンナさんや奥さんと上手くいってないのかな」
人妻がこういう話題を持ち出してくるのは、自分の境遇を聞いてほしいからに決まっている。
「ジュンちゃんとこはダンナさんとはどうなの?」
「うちは必要最低限のこと以外、ほとんどしゃべってないかな。今さらだけど性格が合わなくて」
ほらな。目を輝かせて話し出したぞ。彼女のダンナはメーカーに勤務しており、現在、中国に単身赴任中だという。
「だから今すっごく気楽なんだけど、来週、一時帰国するんだよね。もう超イヤなんだけど」
「いつから仲悪いの?」
「よく覚えてないけど、ここ5、6年はそういう状態かな」
不倫にいざなう状況としては申し分ない。ま、彼女だけでなく、きっとこの場にいる人妻の大半も同じ状況なんだろうけど。そろそろ攻めてみますか。
「でもそういう夫婦生活じゃツマんないでしょ。浮気とか考えたことないの?」
「したことはないけど…。まあ、良い人がいればもう一度恋愛とかしたいかも」
「ちなみにおれなんかどう? 優しいし、大事にするよ」
彼女がチラッとこちらを見た。
「うーん、どうだろう。なんか軽いよね」
冷静に返された。眼中ナシか?飲み会がお開きとなった午後9時、参加メンバーの一部はカラオケに流れた。残りの連中はそのままあっさり帰るようで、そこにはジュンコちゃんの姿もある。飲み会の様子からして、彼女を誘い出せる可能性は低そうだが、このまま放流するのはやはりもったいない。あとを追って声をかけた。
「せっかくだし、もうちょっと飲んでかない?」
ちょっと迷った仕草をして彼女が答える。
「んー、じゃちょっとだけ」
おっ、いいのかよ。何でも言ってみるもんだな。適当な飲み屋が見つからず、しばしあちこちを歩いているうち、ちょっとした違和感を覚えた。隣りを歩く彼女の腕や手が、やたらとおれに当たるのだ。おや?直感めいたモノが走り、手をそっと握ってみる。抵抗はない。ならばと、今度は指で彼女の手のひらをスリスリしたところ、彼女もまたスリスリと返してくるではないか。これって求愛行動だよな?一応、確認してみよう。
「あのさ、飲みもいいんだけど、ちょっと休めるとこに行ったりするのも悪くなくない?」
緊張した様子で、彼女がガクッと大きくうなずいた。展開はやっ!
一路、ラブホへ。部屋に入り、まずは強烈なディープキスをお見舞いすると、それに勝るとも劣らぬ激しい舌使いで彼女が応戦してきた。ハアハアという呼吸の荒さが、興奮を物語っている。そのままベッドへ移動し、服をはぎとる。彼女に子供がいないことは飲み会の席で確認ずみだ。歳のわりに(43才)キレイな裸体をしているのは、そのせいだろう。仰向けに寝かせた状態でしばし乳首を吸い、それから顔を股間へ。ビラビラをいじりながら、舌先で包皮ごとクリトリスを舐め上げていると、かぼそい声が漏れてくる。
「あ…あん…あ…ふう…あん」
激しい喘ぎ声も悪くはないが、こういう恥じらいを含んだ乱れ方もまたオツなものだ。いかにも背徳的な空気がある。やがて開いていた両足がピクピクと震えだし、その矢先、彼女は「ふあっ!」と短く絶叫した。イキやすい体質のようだ。その後、ブランクを感じさせるぎこちないフェラを味わってから、正常位で挿入。ゆっくりグラインドを始めると、彼女が首に手を回し、キスを求めてくる。
ニチャニチャと舌をからませながらのセックスほど淫靡なものはない。いったんは体位をバックに変えたものの、また元の体勢に戻って唇を吸い合う。やがて怒涛の射精感が押し寄せてきた。おらっ、イクぞ!
…終戦後、Bカップのピンク乳首をコリコリいじくりながら尋ねてみる。
「飲み会で軽いとか言われたから、まさかジュンコちゃんとこんなことになるとは思わなかったよ。どうしてついてきたの?」
「ああ、それ?…あんっ」
乳首いじりに好反応を示しつつ彼女が言う。
「軽そうだからちゃんとしたお付き合いは考えにくいけど、恋人未満の関係ならアリかなって思ったんだよね。お話してても楽しかったし。えへへ、何かゴメンね」つまりセフレが欲しかったのか? だったら謝ることはない。男にとってみりゃ、むしろキミみたいな人妻は大歓迎だから!初戦、白星スタート。この勢いのまま、第2の戦場、LINEの既婚者グルチャにも攻め込みたいところだ。
既婚者グルチャは、グルチャメンバーの募集掲示板で探せばカンタンに見つかる(募集掲示板はネット上にいくつもある)。おれが参加したグルチャは、既婚者でもガンガン恋愛しちゃおうぜ的なテーマの、東京人限定グループだ。メンバー数は男8人、女7人。既婚者グルチャの中では平均的な規模らしい。さて、ここで人妻とセックスするまでの流れは2種類ある。
①オフ会に参加したメンバーを口説く
②コチャ(メンバーと個人間でチャットすること)で接近してデートをアポる
1は今回はパスしよう。グルチャのオフ会は突発的に開催されるものらしいので当てにできない。コチャで特定の人妻とやり取りする方がはるかに効率はいいだろう。
作戦はこうだ。数日間、グループチャットでメンバー全員と交流し、そのなかでターゲットになりそうな人妻を選定、コチャでデートに誘う。また、グループチャットではリーダーシップのあるキャラを演じることにした。既婚者飲み会でも感じたことだが、控えめな男は総じてモテない。ちょっと押しの強い、積極的な性格こそ、人妻にはウケる気がするのだ。
というわけで数日間のグループチャット参加の結果、ターゲットが決まった(グループチャットでの会話は他愛ない世間話に過ぎないので割愛)。
東京東部在住のMAKI、37才だ。グルチャ内のノート(掲示板のようなもの)に貼りだされた本人画像を見る限り、まあまあの美人だ。それにいつも必ずおれの発言にツッコミを入れてくるあたり、こちらに気があるように思えてならない。さっそくコチャ開始だ。
〈こんばんは〜。MAKIちゃんって普段、飲みに行くことあるの?〉
〈あるよ。あらかじめ日が決まってれば、ダンナに子供の世話をお願いできるから。なんで?〉
ここはストレートに切り出していいだろう。
〈いや、実はMAKIちゃんと一緒に飲みたいな〜なんて思ってまして。どんなもんざましょ?〉
間髪入れずに返信が来た。
〈行くに決まってるざます〉
ラクショー過ぎる!5日後の平日夕方。パート帰りのMAKIと上野で落ち合った。薄手の黒コートにパンツルックという出で立ちで、グルチャの画像よりずっと若く見える。ひとまず、予約しておいた創作料理の居酒屋へ。乾杯したビールを一口飲んでから彼女がほほ笑む。
「なんかグルチャでいっぱいしゃべったのに、実際に会うとテレちゃうね〜」
「はは、そうかも。そういや聞いてなかったけど、既婚者グルチャで男の人と会ったことあるの?」
「3人くらいかな。全員別の既婚グルの人だけど」
そのうちの2人とは今も2、3カ月に一度、それぞれ別に飲みに行く間柄というが、本当に飲みだけなのか? セフレ臭がプンプンするんだけど。
「それで、残りの1人とは何でいま会ってないの?」
「その人は彼氏だったんだけど、別れたんだよね。だからまたイイ人いないかなって思って、今のグルチャに入ったんだよね」
ふむふむ、こりゃ相当な男好きだぞ。おまけにアルコールにも目がないらしい。ビールを結構なピッチで飲み、またたく間にジョッキを空けてはお代わり、また飲んではお代わりを繰り返している。その量、わずか1時間ちょっとで5杯。アル中かよ!しかし、それだけに酔いだすのも早かった。顔は真っ赤、目も充血してふにゃふにゃしている。あまりのスキの多さに、わざとそうやって誘っているのかと疑いたくなるほどだ。
 隣りに席を移動し、手を握った。
「MAKIちゃんと飲んでるとすげー楽しいわ。思い切って誘って本当によかったよ」
「え〜、そんなこと言われるとすごく嬉しいかも〜」
周囲に他の客はいない。それをいいことにキスしてみると、舌がすっと口のなかに滑り込んできた。恐るべき尻軽妻という他ない。ラブホの部屋に入った直後、MAKIが抱きついてきた。辛抱タマランといった様子で、唇を押しつけてくる。
「アタシ、酔うとスイッチ入っちゃうの〜〜。もうズルい人ぉ〜」
自分で勝手に酔っぱらっといてナニ言ってんだか。まあいいや。さっそくその体、いただいちゃいましょう!まずは乳首を舐めて…と思ったら、彼女がパンツをズリ下げ、パクりとチンコをくわえ込んだ。うお、なんて積極的な。口内にツバをたっぷり含んだフェラはなんとも気持ちよく、思わずため息をこぼすと、チンコをレロレロしながらエロい目線を送ってくる。
「気持ちいい?ねえ、どうされたい?」
「サ、サオに舌をツツーと這わせて…」
「こう?んふふ、オチンチン、ピクピクしてるよぉ?」
初対面の男にことば責めとは、どんだけ好き者なんだ。嬉しいを通り越してちょっと怖いんだけど。濃厚なフェラには、クンニや手マンで返礼し、いよいよ合体だ。愛液でぬらぬらと照り輝く肉穴にチンコを沈める。セックス中も主導権はMAKIの手にあった。
「ダメ、角度が違う〜。もっと腰を突き上げるように動かして」
「こう?」
「あ、そうそう。もっと激しくして。あっ、イイっ!イイっ!」
胸はBカップしかないし、口数の多さにもやや閉口するが、やはり、ほどよく熟れた美人妻とのセックスは格別だ。こんなにイイ、イイ言ってくれてるんだし、セフレにしてくんねーかなあ。
堂々の2連勝。ここまで調子がいいなら、もうひとりくらい仕留めたくなるのが人情ってもんだ。
というわけで再度、既婚者グルチャに挑戦だ。ただし、先ほどと同じグルではMAKIの目が気になる。別のところに参加するとしよう。選んだのは男12人、女8人の関東人限定グルだ。さっそく前回と同様の作戦で動いてみたところ、良さげなターゲットが見つかった。埼玉在住のナオ、47才だ。歳は結構食ってるし、グルチャ内の画像を見てもちょいブスのポッチャリさんでと、ヴィジュアル的なポイントは低い。
しかし、性格がエロいのだ。グループチャット中もバンバン下ネタを口にするため、メンバー全員からエロ姐というアダ名までつけられている。下ネタ好きの女は、意外と身持ちが堅く、実際はヤレないことが多いという説もあるが、ナオに関してはハズレていると思う。きっと性欲がたまってムラムラしているに違いない。だってちょいブスだから言い寄る男は少ないハズだし、本人も3年間ノーセックスだと公言しているし。ではコチャ開始だ。
〈おばんでーす。起きてる?〉
〈お、突然コチャしてきた(笑)何よー誘ってるの?(笑)〉
〈実はそのとおり。姐さんと会って話したくなったんだよね。今度軽く飲みに行かない?〉
しかし、予想に反してつれない答えが。
〈マジか! うれしいーなー。でも、ここんとこ息子の部活の手伝いとかいろいろあって、かなり忙しいんだよね〉
うーむ、コイツならすぐにでも飛んでくると思ったのに。やはり警戒してんのかな?ややあって、またLINEが届いた。
〈これでカンベンして。ちゅ!〉
何がちゅ、だ。一丁前に。
〈はいはい、わかりましたよ。ちゅ!〉〈お?じゃあ今度はちゅ、ちゅ、ちゅ〜!〉
おや、この流れって…。いっちょ試してみるか。
〈そんな軽いキスじゃなくてディープでしようよ。レロレロ、ぺちゃぺちゃ〉
〈あん、やだぁ。そんな激しいことされたら濡れちゃうよ…〉
ぷっ!やっぱ乗ってきた!末尾の「…」は本気の印だ。
〈どれどれ?本当にビショビショじゃん。姐さん、変態〜。自分でクリ触ってみ?〉
〈やめて〜!ああ、指の動きが止まんない。イッちゃうよぉ〉
チャットセックスにまさかここまで身を入れるとは。この人やっぱり、飢えまくりじゃん。その後、ナオとは3日連続でチャットセックスに興じた。それが功を奏したのかいきなり彼女からコチャが。
〈急なんだけど明日って予定ある?なければ会おうよ〉
忙しいとかなんとか言ってたくせに。よほど性欲に火をつけてしまったようだ。
〈もちろん明日OKだよ!〉
当日、夕方。待ち合わせの池袋駅東口に向かおうとホームを降りたタイミングで、ナオからLINEが入った。
〈もう着いた?私いま駅に着いたの。これから待ち合わせ場所に向かうね〉
〈グッドタイミング!おれもいま電車降りたところ。とりあえずそっちのホームへ行くよ〉
教えられたホームに向かうと、丸顔の中年女性が手を上げながら近づいてくる。
「ナオちゃん? 初めまして」
「どうも!」
実際に目の当たりにした彼女は画像よりいくぶん可愛く見えた。気合いを入れてオシャレしてきたせいだろうか。香水のイイ匂いも漂ってくる。ふいに彼女が両手を合わせた。
「ゴメン、先に断っておくけど今日あんまり時間ないんだ。ちょっと予定外のことが起きて、2時間後には帰らなきゃいけないの」
「はあ?」
いくら何でも、それはさすがに厳しい。飲み屋で口説いてたらホテルに行く時間な
いぞ。何だよ、まさかの空振りか…。ナオがおれの服のソデを引っ張った。
「今日逃したらまた当分、時間が取れないんだよね。だからさ、行こ?」
 …え、いま何と申した?
「どこに行くの?」
「決まってるじゃん。こんな言い方したら元も子もないけど、そっちはエッチが目的なんでしょ? 私もそうだから別にいいじゃん。パアッと行っちゃおうよ」
3年レスの性欲とはここまで凄まじいモノなのか。建前もへったくれもあったもんじゃない。
ホテルで見せたナオの痴態は案の定、野獣レベルだった。鼻をフンフン鳴らしてチンコをむさぼる姿は、まるで救助されて10日ぶりにメシを食う遭難者のよう。飢えた性欲を十分満たしてあげられたのならおれも大満足だ。それにしても、人妻市場のすごさよ。もしソッチ系が好きなのに、現在、活動をしてない方はすぐに腰を上げることを強くオススメする。
1人気の証!既婚者合コン業者があちらこちらで増殖
既婚者限定のコンパが人気だ。人気がありすぎて首都圏を中心に専門業者が増えていて、すべては把握していないが、少なくとも5~6以上の業者が営業している。俺も流行りに乗じていくつかの既
婚者合コンに参加してみたが、どこも予約がなかなか取れないほどの盛況ぶりだ。合コン自体はだいたいどこも似たような感じで、和風ダイニングやスペインバルなどの会場に30~40代を中心とした既婚の男女が集まり酒を飲み交わすだけなのだが最初から男女どちらも既婚者だとわかっているので、あからさまに不倫相手やセフレ探しが目的だとアピールしても嫌な顔はされないし、どころか女性の方から「もう3カ月もエッチしてない」とか「旦那は全然舐めてくれない」などと直球の下ネタが放り込まれる。とにかく女も最初からそのつもりで参加しているので非常に話が早い。どの業者も男女比は半々に調整されているが常連の女に聞いた話では、やはり女性参加者を集めるのが大変なのか、「業者さんの知り合いの子も来てるみたいだよ」とのことなので、仕込みの女か本物の素人か見極める必要はある。ヤラせてくれるならどっちでもいいのだが。
2「35才以上」の合コンは初っ端からエロ全開!
東京や大阪で、既婚者限定の合コン業者が人気を集めている。既婚者が参加する時点で、浮気願望があるといっことなので、面倒な駆け引きをせずにセフレが見つけられるのが最大の魅力だ。
俺が参加したキラクコンも、のっけから下ネタが飛び交う状況で、40才の人妻と仲良くなって連絡先を交換。後日食事デートして即ホテルにいくことができた。お互い家族は壊したくないけど、セックス相手が欲しいといっ前提で参加しているので、非常に話が早いのだ。会自体も、主催者が自己紹介タイムを設けたり席替えを勧めてくれたりとマメに面倒をみてくれるので、きっちり好みの相手を見つけることができる。以前は草分け的な存在のアリスと、俺が参加したキラクコンぐらいしか業者はなかったが、最近、サロンドリヴァージュ、ワンダフルバーティなど、複数の業者が増えてきた。それだけ増えてるってことは、当然参加希望者も増えてるってことで、少しずつ一般の主婦層にも既婚者合コンの存在が浸透しはじめているのではないかと、ほくそ笑んでいるところだ。
女が若いと、スロースタートになりがちだが熟女ってのは下品な生き物なのでのっけからハイテンション
3既婚者専用喫茶店ネオカフェ
完全無料のツーショットチャットで、既婚者専用を謳っているものの、どちらかといえば熟年者専用という方がしっくりくる。ユーザー層が男女とも40代以上が大半だからだ。それだけに、出会いのハードルは低い。40を超えた女ともなれば、余計な恥じらいや体面がなくなってしまうのだろう。のっけから下ネタを繰り出しても、嫌がるどころか喜んで話に乗ってくるし、性欲の表し方もストレートな人がかなり多いように思う。
では、私の必勝パターンを紹介しよう。取るべき手法は、自分でチャット部屋を開設し、女を呼び込む待ち作戦だ。書き込むメッセージは、とにかく自分がセックス好きの遊び人で、かつテクニシャンであるということを前面に押し出す内容がいい。具体的にはこんな感じだ。
〈現在セフレが3人いますが、いつも全員にあなたのHは最高ねと言われます(笑)。気持ちいいことが好きな人、僕の4人目のセフレになりません?〉
ツーショットになった後は押しの一手でアポを迫るまで。経験上、そこに舐めワザ系が得意だというアピールを加えれば成功率がグンと上がる。

年齢ちょい高めでマジメな人妻は欲求不満のかたまりです

モバゲーユーザーの僕は、コピペメールの爆撃でちょいちょい成果を出しています。
といってもただ闇雲にメールしていてはラチがあきません。ある程度、事前にターゲットを選定する必要があります。
まずは検索機能を使って30代〜40代前半の、やや高めの年齢層に絞り込みます。理由は簡単。女は熟せば熟すほど欲求不満の度合いが高まり、引っかけやすいからです。あまりにもベタな発想ですが、実際にそうなのだから利用しない手はありません。また、日記を読んでなるべくマジメそうな女を狙うのも同じくベタな理屈からです。そう、普段抑制された生活を送っている女ほど、実はエロい事柄に興味を持っているものなんです。 
ターゲット選びが終わったら、いよいよ爆撃スタートです。
【26才の既婚者です。●●さんの日記が気になってメールしました。穏やかで楽しそうな人ですね。よければモバ友になってほしいな。僕もサザン大好きですよ】
爆撃メールは無視されることが大前提。その壁を少しでも突破するためにも、共通のキーワードはなるべく盛り込みたい。この例文でいえば、最後のサザンのくだりがソレに該当します。
返信率はいいとこ7〜8%といったところでしょうか。しかしこのわずか数%の連中、考えようによってはそれだけ欲求不満がたまっているともとれます。でなければ、実のないメールにわざわざ返事を出すはずがないんですから。あるいは、ちょっとオツムが弱いとか。いずれにせよ、打ってつけの獲物であることに変わりありません。
さて、ここから先のやり取りは、相手の出方によって変わっていきますので、僕なりの押さえるべきポイントを挙げておきます。
●浮気願望を明確に 
よこしまな気持ちでモバゲーをやっていることをきっちり伝えます。変にマジメぶっておいて急にエロトークを始めてもシラけられるのがオチです。
●エロネタを会話の随所に

露骨な下ネタは逆効果との説もありますが、僕の場合はガンガンいく派です。【どういうセックスが好きなの?】【イッたことある?】【オナニー好きでしょ】などなど。みな意外と食いつきがいいのは、やはり欲求不満なのかも。
●こちらからは絶対にアポを切り出さない
仕上げの段階です。さんざんエロい会話で引っ張っておきながら、決して自分から「会いたい」とは言いません。そうすることで相手に「きっとこの人は安全」という意識が芽生えると同時に、焦らしの効果が生まれるのです。 で、ずるずると深みにハマッていった相手は、最終的に自ら抱かれたがるのです。マジメなタイプの人妻ほど。

既婚者大人サークル

テレビCMのゲームの印象が強く「子供の遊び」のイメージがあるモバゲー。でも少し奥に進めば、我々オトナたちだけの世界が広がっている。
コミュニティ検索画面で「セクシー」「既婚」「下着」などと入れてみよう。
『下着フェチ集合』
『既婚者オンリーサークル』
『大人の友達募集』
これらは「大人サークル」と言われていて、すべて管理人の承認がなければ参加できない。暗黙の了解で20才未満の申請は承認されないので、大人だけの社交の場となってい
る。 ターゲット探しは、だいたいのコミュに存在する「参加したら挨拶」のスレッドで。いつもオレが狙うのは、そのサークルに入りたて、もしくは前からいても他の人間とそんなに絡んでいない女だ。
こういうサークルではどうしても常連たちの馴れ合いが出てきて、新規の人間がその輪に参入するのは難しい。輪に入れず、でも「大人の友達がほしい」と考えている女はなびきやすい。これぞという女が見つかれば、片っぱしからメールを送る。文言はなんでもいい。重要なのはやりとりの早い段階で下ネタを挟んでいくことだ。
「昨日はダンナとエッチしたの?」
「したくても襲ってこないの(泣)」
これくらいはあたりまえ。アポをとるまでにメールエッチを済ませておくのもいいだろう。 大人サークルには人妻が多く、またそれを狙う男も大勢いるが、根気よくトライしつづけてほしい。

既婚者探しは「子供と頑張ってます」コメント

CMでバンバン宣伝しているので知ってる人も多いだろう。お宝をユーザー同士で奪ったり、仲間を増やしながら様々なミッションをクリアしていくゲームだ。ユーザーも非常に多く、登録者数は100万人を超えている。
いい大人なオレがわざわざこのゲームをやってるのは、大好物の人妻をナンパしやすいからに他ならない。
まずは登録して、適当にミッションを進めていく。細かい説明は省くが、最初のころはレベルがすいすいあがっていくので、とにかく30くらいまでは進めておきたい。おそらく3、4日でそこまでは到達できる。後にそれが効いてくるので、ガマンしてピコピコやってほしい。
次に向かうのは、公式サークルだ。モバゲーのゲームにはそれぞれサークルがあり、そこで攻略法などを話しあっている。その中の「仲間募集」トピックをのぞいてみよう。
〝子供と一緒にプレイしているのですが、ボスが倒せません。誰か仲間になって!〞
〝息子と代わりばんこでやってます。仲良くしてね〞  こんな書きこみがときどきある。
モバゲーは既婚・未婚で検索できないので、非常にありがたいコメントだ。わざわざ人妻だと教えてくれるなんて!申請ボタンを押し、「これからヨロシクです」と書き込めばすぐに仲間になれるはずだ。
さらにボスを倒したり、アイテム、お宝をプレゼントすることでお近づきになる。このゲームにおける高レベル者への信頼は非常に大きい。 
ここから直メールをする関係に持ち込むには、ちょっとした情報を与えてやることが大事だ。まずは女の伝言板に書きこむ。
『お宝いっぱい持ってる怪盗情報があるんだけど』
『え〜、教えて』
『ここに書いちゃうとまずいから、直メでもいい?』
『は〜い』
数日は怪盗ロワイヤル中心のメールでいいが、どこかでプライベートな話題にシフトしていかなければならない。オレの場合、彼女らのアバターを褒めるところからはじめている。そこから家族の話、夫の不満など、ありがちな流れでアポに至る。

いま、オレの怪盗レベルは600を超えている。高レベルであればあるほど、この手法の成功率もあがるので、ヒマな男子はシコシコとレベルを上げておくように。
恋活、婚活ということばにダマされやすい女はやっぱりミクシィコミュで出会え
セックスパートナーを探すなら”既婚者〃系コミュがもっとも熱い。中でも定期的にオフ会が開かれ、かつ参加人数の多いコミュには、「男が欲しいわぁ」「ヤリたいわぁ」「トキメキたいわぁ」という、まことにけしからんエロ人妻がうじゃうじゃと霊いておる。
条件に該当するコミュをここでいくつか挙げてみよう。
〈ゆるい既婚者〉
〈※既婚者限定※ご近所で友達作り〉
〈既婚者だって…@関東〉(その他の地方版もアリ)
世の中の女性は大きく2種類にわかれる。しょっちゅう合コンに参加するタイプと、滅多にお誘いが来ないタイプだ。さらに後者はA「合コンにまったく関心がない」とB「大いに興味がある」に分類できるが認このコミュで釣れるのはB。すなわち、合コンに興味があるのにあまり機会がないので、仕方なくミクシィを利用しましたという、非常に出会いへのモチベーションが高い女たちである。単に人数会わせのためにやってくるような女と違い、落としやすいのは言うまでもない。
では実践へ。まず自分のプロフに顔写真を貼っておこう。相手にこちらの人となりを伝えるのが目的なので、とくに見栄えを気にする必要はない。募集トピックの文面はこんな感じでいいだろう.
『看護婦の方、都内で少人数の合コンしませんか。自分たちは看護婦ファンな20代後半のサラリーマンです(笑)。食事代はもちろんおごりますよ』 出会いナシ職の女子はとにかくノリがいい。男性のスーツ姿好きが多いのも特徴だ。『看護婦』の部分は美容師、主婦、保母さんなどでも構わない。異性との出会いがなそうな職種に限定することで、さらにゲット指数は跳ね上がる。自分の経験からいってマジだ。食事代をオゴリにするのも重要である。この一文の有無で応募数は5倍くらい違う。合コン当日は、さすがに即マンは厳しいが、後日、2人きりで会えさえすれば、特に困難はないだろう。

コンパde恋プラン・合コンや飲み会で人妻や熟女に出会ってみた|出会い攻略

0005_201801292009207d1_20190811204957057_201910191553000b3.jpg0085_20181230171718a8f_2019101918453232a.jpg
0047_20180623172400507_201910191553018fd.jpg0048_20180623172913afc_201910191553039e8.jpg201504088_20191019155304f30.jpg1、片っ端から女グループに応募、なんとか成立したら日程を調整して…なんてわずらわしいことが多いのが、合コンサイトの常だ。でも僕が使ってるこのサイトなら、そんな面倒をすっとばせる。手順にもあるとおり、こちらの条件をメールで送って待っていると、条件に合うグループが見つかり次第、業者からメールがくる。OKすれば、あとは待ってるだけで勝手にセッティングしてくれる。日程から会場まですべてだ。気になるのは本当に条件通りの女性グループがいるのか、という部分だろう。やはり「20才の学生5人組」などと若い女ばかりだったり大人数だったり、キツめの条件だとなかなか候補は送られてこない。逆に言えば「30代までで人数は2人以上なら何人でも」くらいのユルい条件ならばほとんどが成立する。実際の合コンが始まってからは、とにかく幹事(サイトに登録した代表者)を即座にみきわめ、そいつを盛りあげ、飲ませるのが即マンへの近道だ。通常の合コンと違い、女はすべて見ず知らずの他人である。たとえこの場で関係がこじれても今後の生活に支障はきたさないのだから、ガンガン攻めよう。下ネタも(やりすぎはよくないが)織り交ぜてオッケーだ。 
2、大阪では知る人ぞ知る、既婚者向けの飲み会サークルだ。私の周囲では誰かが「人妻と不倫でもしたいわ」と言うと、「ほんならゆとりに行ってこんかい」てな言葉が返ってくるほど、不倫の巣窟と化している。なぜか。ひとつには、月イチペースで行われている飲み会が完全な合コン形式になっていることが挙げられる。同性同士で固まらないよう、必ず席は男女交互に。しかも適時、席替えがあるので気になる相手と必ず話すことができる。常に男女比は1対1に保たれているので、期待して行ってみたらオッサンばかりで人妻の参加はごくわずか、なんてことも起こり得ない。毎回、男25、女25といった大所帯の飲み会にもかかわらず、そのルールを徹底しているのだから大したもんだ。初心者に優しいところも高ポイントである。男女とも常連と初参加組はそれぞれ別のテーブルに集められるため、余計な気を遣わず、大いに場を楽しめるわけだ。とにかく、不倫の相手を探すならこれ以上ない好環境。毎月、参加希望者が殺到するのも大いに納得だろう。ひとつ不満があるとすれば20代、30代の若い女性参加者がやや少ないことか。ま、とりあえず高確率で人妻を食えることは確実なので、贅沢っちゃ贅沢な話なんだが。
3、コンパde恋プラン35才以上の合コンは初っ端からエロ全開
合コン相手として熟女は悪くない。女が若いと、スロースタートになりがちだが熟女ってのは下品な生き物なのでのっけからハイテンション。青天井で騒いでくれるわけで最高の合コン相手です。
合コンセッティング系の中では一番ちゃんと機能していると思われるこのサイト。しかし合コンまでは開催できても、いざ食えるかどうかとなるとなかなか難しい。敵が友達同士なのでいくら酔わせようと引き離しが大変だし、気に入られて後日デートして・・・みたいな展開なんてイケメン君にしかできっこない。だが、あきらめるのは早い。このサイトなんと1人で参加する合コンも用意されている。参加者は全員単独という、わけのわからん合コンだ。例えて言うなら、3対3のお見合いパーティが居酒屋で2時間ほど続くようなものと考えればいい。ここなら強引さだけで突破できる。なにせ女たちも単独参加なのだ。引き離しうんぬんに悩む必要はないし、男たちも合コンするような友達がいないのでここに来ました、みたいな弱々しいのばっかりなので敵じゃない。開催地域が都市部に限られているのが残念だが、悪くない企画だと思う。
4、人妻や熟女を食う方法はいろいろだが、断然オススメしたい。今年だけでも新規を3人ゲットした俺が言うのだから間違いない。書き込みを見てのとおりアグレッシブな女が多いのだ。熟女が浮気に走る理由の多くは家庭内での寂しさにある。
「毎日連絡する」という文言はそんな女たちにバッチリ刺さるのだ。実際、複数の女と同時並行でマメに連絡するのはちょいと面倒だが機が熟しさえすれば一気に刈り取れる。こんな美味しい展開が
待ってるなら少々の苦労なんか屁でもないでしょ?
5、モテない男女が集まるSNSで、僕のようなフツメンナンパ好きが女をラクに喰うには一番熱いツールです。狙いはオフ会に絞られます。オフ会専用ページを開けば、事前に何人ぐらい女が来るかなどを確認可能なので、出来るだけ女の子の割合が多い会合を選ぶのが正解です。実際、会場に来る女の子は男慣れしていない地味な子ばかりです。だからと言ってブスばかりではありません。ちょいカワ系のサブカル女子や隠れ巨乳といった、宝の持ち腐れの子たちも結構な確率で紛れ込んでいるのです。ここは非モテのオフ会。男たちは女の子に話かけようともしないので、たった一度声をかけてあげるだけで女の子は『あ、この人私に話しかけてくれた人だ』と、好感を持ってくれます。ただし、あまり積極的に話しかける社交的な男は『チャライ人』だと思われ、毛嫌いされてしまいます。たった一度だけ話しかける。この程度の印象付けが彼女たち地味っ子には丁度いいんです。一度会話を交わしたら、あとは恥ずかしそうにして、壁際で1人酒を飲み続けましょう。勝負はオフ会終了直後。解散する流れになったころ、目当ての女の子に近づき「連絡先を教えてくれませんか」と一言伝えましょう。あとは後日に2人でご飯の約束でも取り付けるだけ。2人っきりになった時に肉食系全開で口説き落とします。
6、『コンパde 恋ぷらん』で 合コンすべきは看護師一択
ネット上に合コンのセッティングサイトはいくらでもあるけど、こと登録女性の多さでいえば、ここに勝るところはない。毎日のように女性による合コン募集の書き込みがあり、週末などには軽く50件を超えるほど勢いがある。女性は合コンが成立した場合、1人につきこのサイトへ1千円を支払うのだけど(男性は1人3千500円)、金を払ってまで合コンに参加したい連中なだけに、出会いに対するモチベーションはかなり高い。
では、どんな女を狙うべきか。このサイトには、職業別に女の書き込みを検索できる機能がついているが、ズバリ言うと、ターゲットは看護師一択だ。何も、看護師はエロいという、都市伝説を根拠にしているんじゃない。今までこのサイトでさまざまなな職業の女たちと飲み会をしてきたオレの経験即から導き出された答えだ。エロい意味でのノリの良さが、他のOLなどとは比べものにならない。さらにアドバイスするなら、20代前半よりは20代半ば、20代半ばよりは30代前半と、年齢が高くなるほど、お持ち帰り率は上がる。普通なら逆の傾向になるハズなのに。もしかしたら彼女たちのエロ度は、看護師としてのキャリアの長さに比例するのかも。
Copyright © エロ漫画無料アダルト裏モノJAPAN All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます