青姦のタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:青姦

青姦大好きな露出女・逆チカンが趣味のOL|エッチ告白

0075_2019082118221280b.jpg0103_20190127181044e19_201908211822137a2.jpg0104_2019012718104589a_2019082118221530d.jpg0105_20190127181047afa_2019082118221603f.jpgナンネット内にある「生で見せたい女」という掲示板で『42の人妻が埼玉の航空公園で深夜0時から脱ぎます』という書き込みを発見したので半信半疑で現地へ向かった。
公園に到着し、あたりを見回すと、暗がりのベンチに黒木瞳似の中年女性が座って、スカートの中に手を入れている。もうプレイは始まっているらしく、緊張しながら声をかけてみた。
「掲示板で募集していた方ですか?」
「そうよ。今日は殿方が少ないわね」
 とのがた? そんな言葉、実生活で初めて聞いたぞ。
「そうなんですか」
「ええ、今日はあなただけみたいだわ」
しょっちゅうここで露出しているようだ。深夜0時だけにギャラリーの集まりも悪いのかも。
「ちょっとコチラに来てちょうだい」
 茂みの中へ案内された。ドキドキしながらついていくと、女はカバンからブルーシートを取り出し
て草むらに広げている。
「この上に寝てくださる?」
促されるまま、寝転がったら、すぐにパンツを脱がされ、ジュポジュポといやらしい音をたてながらフェラしてくるではないか。あまりに急なことだったので驚いていると、女が言った。
「全部任せてちょうだい」
チンコが硬くなるや騎乗位で挿入。これがあまりに気持ちよくて、すぐに射精してしまった。
セックスの後に経歴を聞いてみたら、彼女は有名女子大を卒業した後すぐに結婚したのだが、その旦那が変態だったらしく一緒に青姦ばかりしていたのだそう。しかし、最近は相手にしてもらえないので単独でプレイを楽しんでいるのだとか。
「今日は、お若い方とできたので満足ですわ」
 お褒めのお言葉をいただいて帰路についた。
このアパートの1階に不思議な女(一家?)が住んでいる。カーテンがずっと開けっぱなしで、駐車場側から中の寝室がまる見えなのだ。とりわけ午前中は素晴らしい光景が見える。シャワーを浴びた後らしき奥さんが、バスタオルも巻かずに素っ裸でウロウロしているのだ。あまりに近づくとバレそうで怖いから間近で見たことはないけど、スラっとしたキレイなカラダなのは間違いない。油断してるのか。はたまたワザとなのか、とにかくヘンな人だ。まあ、それを見たくて毎朝アパート前を通るオレもオレだけど。男子諸君。電車でケツを触られたことってあるだろうか。触る側ならいざしらず(チカンはアカン)、そんな経験なかなかないはずだ。ところがオレはある。というか、この電車に乗ってる男なら良く知ってる話だが、ときどき向こうから触ってくる痴女が出没するのだ。ターゲットになるのはつり革につかまっている男で、最初はサワサワ、徐々に強めに尻を揉んでくる。
女は30代くらいのOLで、ブサイクではない。なんでそんなことをしてるのか。性癖という言葉で片づけるほかないのだろう。ちなみに彼女はケツを触るだけで満足するらしく、股間には手を伸ばしてこない。声をかけても無視されます。この風俗街にはユニークなサービスをする2~3人の立ちんぼの集団がいます。目が合うと
「触ってから決めていいよ」と誘ってきて、その場でおっぱいをモミモミさせてくれるのです。そしてオトコが興奮したころを見計らって
「遊ばない?安くしとくから」と誘惑してくる流れです。相場は大1枚。もちろん触るだけ触
って断っても、「またお願いねっ」
と言われるのみで、怒られたりなんかはしません。でも路上で触っていたらかなり興奮するので、それだけでガマンするのはちょっと難しいですね。ちなみにボクがよくお世話になるのは、自称33才のMさんです。露出プレイが大好きとかで、近くにある神社で青姦させてもらったこともありますよ。彼女はソープ街付近の路上にいつも立ってます。年齢は50才くらい。男が1人で歩いていると、スグに手招きして「もう遊んだ?」と尋ねます。その日の夜、酔っぱらっていた私が、うっかり「まだ」と答えてしまったところ、彼女がここぞとばかり「飲みに行こうよ」と誘ってきました。もう断れません。案内された先は、彼女が住む木造のボロ屋でした(部屋には猫が10匹以上いて、かなりの悪臭が鼻につく)。飲み物は発泡酒しかなく、実費で1本150円の料金を取られました。4~5本飲んで思考能力がますます鈍ってきたころ、「ワタシを1万円で買って欲しいなぁ。本番はナマでいいから」と甘えてきました。本人曰く彼女はかつての赤線(ソープ街のあたりがそうだった)の残党で、今は立ちんぼをやっているとのこと。丁重にお断りして、帰路についた次第です。ここは家族連れやサラリーマンでにぎわう健康ランドだ。そんなほのぼのとした施設内に1人だけ異質のオーラをまとった女性がいる。彼女の名前は『●チさん』。本人いわく24時間営業のここに泊りこんでいるそうで、一日中映画を見たりお風呂に浸かっているんだとか。最初は向こうから話しかけてきて、そんなたわいもない話をしてたんだけど、会話が止まったとき、彼女がこんなことを言ってきた。
「よかったらトイレですっきりせん?」
手なら3千円、口で5千円、本番が1万だとか。そのときは手でしてもらった。細身の体で顔もキレイなんで興奮したのを覚えてる。たぶん宿泊費を稼いでるんだろうね。あれだけキレイだったらいくらでも客は捕まると思うし。にしても、なんで泊まりこんでるんだろうなぁ。DV夫から逃げてるとか?

夏の露出・青姦・カーセックススポット

0094_20190729201557004.jpg0095_201907292015589b0.jpg
中島公園
北海道すすきのから若いカップルが流れてくる
近くに繁華街すすきのがあるせいか、夏の夜になると辺りで酒を飲んだ若いカップルが続々とシケこんでくる。地元の出歯亀たちは、自転車で園内を流しつつこれはというカップルを物色しているようだ。
勾当台公園
錦町公園、七北田公園など、仙台の数ある青姦スポットの中でもいちばん有名なポイントの一つだ。近くの繁華街で飲んだカップルたちが、そのままやってきていちゃつき出すためだ。このあたりを縄張りにする出歯亀グループも少なくなく、場を荒らすななんだとインネンをツケられることもある。
砧公園
東京でもっとも盛り上がりを見せる青姦スポットの一つである。公園内の芝生では、周りを気にせず野外セックスにいそしむカップルが多いので、ごく普通にあたりを歩くだけでもその痴態が目に飛び込んでくる。
また、ここは露出スポットとしても有名で、夏場はよく露出カップルが出没する。ある男性によれば、「中年男性が弛代のスレンダーな女性をパンツ一枚の姿で歩かせていた」そうだ。夏の深夜になると、金がなくてホテルに入れない若いカップルが非常階段でヤシており、川を挟んで反対側のパーキングからその状況が丸見えとなる。周囲に何もないから警戒心が薄れるのか、立ちバックをしたり、女の上半身を脱がせたりと、露出気味にカラんでいるカップルも多い。
平和公園
名古屋界隈では知る人ぞ知る。夏場の夜は、公園の周りや駐車場でハメてるカップルがやたらと多く、朝はいつもティシュが落ちているほどだ。
ここは盗し撮りを『本業』で行う人が多いこともあって、警察の巡回がしょっちゅうやってくる。
万が一、職質されたときのことを考え、デジカメなどは持ち歩かない方がいいだろう。
万博公園
万博公園周辺はとにかくいちゃつきスポットが豊富だ。
青姦なら展望台や休憩所、カーセックスなら駐車場の袋小路と、両方とも楽しむことができる穴場といっていい。もちろんメインの時間帯は深夜だ。
平日の昼間には学校をサボってヤってる学生も多い。ノゾキ愛好家の中には、鳥を撮影するプリしつつ望遠鏡で痴態を狙う
北九州で最も有名なカーセックスボットである。このあたりの湾岸沿いの道路は、夏の夜になると路肩にカップルの車が滞在し、そのほとんどが行為を楽しんでいる。
わざわざ釣り竿を用意し、釣ソ客を装ってぶらぶら歩いては覗き込む輩もいるほどだ。
滋賀
湖岸道路(瀬田~守山)
琵琶湖のほとりでいちゃついた後、我慢できず駐車場へ戻ってヤリ始める

野外フェラ、カーセックス、青姦が一気にのぞけるスポット|エロネタ

0069_2019010310245588a_20191027161230663.jpg0068_20190103102454427_201910271612310b0.jpg0108_201905141349464d5_201910271612329f3.jpg
1、野外フェラ、カーセックス、青姦がまとめて見られる卑猥な一帯
まずは野外フェラ。錦糸町駅南口を降り立ち、四ツ目通り最初のサンクスを左折します。すぐに見えてくるこの公園は、エンコー女の待機場所として使われているのですが、この公園向かいにある一階が商業施設のマンション「ハ●タウン」の階段で、時短エンコー女がしょっちゅう野外フェラをやっています。カーセックススポットは、ここからさらに東に進んだところにあるラブホテル「弐番館」と墨東病院間の道路沿い。いつもズラッと車が並んでいます。さらにこの通りの奥右手にあるアパートの物陰が、青姦スポットになっています。もう性の乱れをどこから指摘していいかわかりません。錦糸町にお寄りの際は、以上の順路でウロウロしてみてください。
2、ナンパで有名なビアガーデン今年は新宿でも開催!
このイベント、毎年夏に行われる大規模な野外ビアガーデンで、開放的な空間でビール片手にナンパしナンパされる場として有名です。昼間っから飲むんだからそりゃそうですよね。今年は新宿の大久
保公園でも開催されるそうなので、場所柄、オイシイことが期待できそうです。
3、青姦や露出をナイトサフアリ!
福岡空港のすぐ近くに、暑くなってくると九州一帯の露出狂がやってくる運動公園がある。ここがおススメなのは、幅広い趣味の露出関係者がこの場所を選んでプレイしているからだ。カップルの青姦、予告露出などなどを、動物園で言うところのナイトサファリ状態で見てまわることができる。遊歩道をノーパンで歩く女、トイレでセックスして見せつけるカップル、茂みの中でスワッピング青姦をする団体など、それはもうよりどりみどりだ。だだっ広い公園で茂みも多いのがいいのだろう。変態が変態を集め、いまでは九州、いや日本随一の乱痴気スポットだ。オレは相手もいないので見てまわるだけだが。
4、実に見やすいパンモロスボット
大きなターミナル駅で、有名百貨店も連結しているので、多くの女子が集まる。ここの2階改札に向かう階段のそばは、知る人ぞ知るパンモロスポットだ。ひな壇っていえばわかるだろうか。階段の両サイドにちょこっと座れるようなスペースがあり、そこにダルそうに座る女が多い。特に上の段に座る女はパンモ口見放題ってなわけだ。なぜわざわざそんな場所に腰かけるのか、はなはだ理解不能だ。ここの素晴らしいところは、ひな壇前で待機していても不自然じゃないことだ。なにしろそこは待ち合わせ場所になっているのだから。ときおりケータイに目をやって、「アイツ遅えなあ」なんてひとりごと。女性たちもパンツを見られ慣れてるのか、足も閉じずに座ってる子が多い。

青森のナンパスポット・カーセックス青姦穴場|出会い攻略

0026_20180803153059b02_20191006193944d4d.jpg0024_201808031530561d3_2019100619394117c.jpg0027_2018080315310139d_20191006193945aea.jpg0055_201811131741529a7_20191004064838aa0_2019102110204608b.jpg0070_201809082148583d5_20190917154317cdc.jpg0142_201807200856394eb_201910211022098c1.jpg
1、青森ルナパークムーンマジック
このラブホ、1階の部屋の窓がパネル1枚を隔てて駐車場に面している。場所が川沿いでほとんど人が通らないため、がっつり壁を作る必要ナシと判断されたのだろう。なるほど、このパネルのおかげで中を覗くわけにはいかないが、音はだだ漏れ。カップルたちのまぐわいを聞きたい放題だ。人通りのない場所なので周囲を気にすることなくゆっくり愉しめる、最高のアエギ声ラブホだ。
2、朝日会館
朝日会館は、弘前市の繁華街にあるアミューズメント複合施設です。地元ではだいたいみんな知っているので、店の前は待ちあわせ場所としてよく使われています。常時、女の子が何一人かは、退屈そうにまちぼうけしている。他にも待ち合わせ場所はいっばいあるのに、なぜここの待ち合わせスボットがいいのか。もちろん理由はあリます。近くの大学病院に勤務する看護師がやたらと多いのです。あの仕事はストレスが溜まるらし<、とても反応がいいんですね。
3、ビッグエコー
青森駅「ファッションビルAUGA」前は、地元ではほとんど唯一と言っていい路上ナンパスポットだ。オレもよくここで声かけをしている。女の子を引っかけたらまずはここ、AUGA前のビル3階「ビッグエコー」に誘い出すのだが…。ここのエレベータは、とても狭い。電話ボックスに毛が生えたくらいというか。女のコと2人で一緒に乗ると自然に肩が触れ合ってしまうほどなので、ふざけた感じでガバっと抱きつくのがオレのパターンだ。もちろん、嫌がられることも多々あるが、そんなノリが悪いやつはお引き取り願って結構だ。どうせ即マンは狙えないし。ビッグエコーに連れて行くのは、抱きついてもイヤがらない子だけ。つまりはオレ、このエレベータを、即マンが狙えるかどうかのリトマス紙として使ってるわけだ。
4、真っ暗闇のカウンターで
このバー、店内がとても暗い。横長のカウンターに小さなキャンドルライトが4つほどあるだけで、電気照明の類はゼロ。真っ暗闇ではないが、まあ停電くらいの視界を想像してもらえばいい。お察しの通り、オレはこの状況を使い、女の子とのボディタッチを狙っていいる。とは言え、単に暗さに乗じてというのはさすがに強引すぎるし、そこまでの勇気もないし、相手にも引かれるだろう。しかし心配ない。この店、バーテンの女性店主が、カップルの雰囲気をくみ取り、「暗いからくっつきたくなるでしょ」なんてことを言ってくれるのだ。この言葉、あると無しでは全然違う。こちら側は、そう言われたから触った、触るのを許したという理由をつけられるからだ。
5、カーセックスだらけの展望台駐車場
函館山は、日本三大夜景スポットの一つ。100万ドルの夜景なんて言われてますだから、カップルたちが集まり夜景をバックにイチャつきます。あっちこっちで抱き合ったりチューチューしたり。もう盛りの付いたネコ状態。圧巻は『山頂駐車場』です。カーセックスしている車がいっぱいますから。
いまの時期(4月25日〜10月15日)、17〜22時は駐車場に一般車が入れないので、のぞきに行くなら深夜にどうぞ。ときどき、窓ガラスにおっぱいを押しつけてる露出狂もいますよ。
6、青森での初心者ナンパは、ここで看護師を狙うのが唯一&ベストです
うちの地元・青森で、初心者でもナンパしやすい場所と言えば、ここが唯一でしょう。
朝日会館は、弘前市の繁華街にあるアミューズメント複合施設です。地元ではだいたいみんな知っているので、店の前は待ち合わせ場所としてよく使われています。夜6時〜8時台となると、常時、女の子が何人かは、退屈そうに待ちぼうけしている。そこを狙って声をかけ、連絡先を聞き出すという作戦です。他にも待ち合わせ場所はいっぱいあるのに、なぜここの待ち合わせスポットがいいのか。もちろん理由はあります。近くの大学病院に勤務する看護師がやたらと多いのです。あの仕事はストレスが溜まるらしく、とても反応がいいんですね。最後に、僕のナンパの流れを紹介しておきます。参考にして下さい。
1 第一声は2〜3メートル手前から、「待ち合わせ?」と明るくハッキリした声で(ボソボソ言うと気持ち悪がられる)
2 待ち合わせ相手を確認(男ならあきらめる)
3 待ち合わせの時間を聞く(話せる長さを確認)
4 自己紹介(相手の警戒を解く)
5 連絡先交換
7、横チチがっつり!大胆露出の女“カラスハネト”
毎年夏、青森県内の各所で開催される「ねぶた祭り」に恒例で出没し、バカ騒ぎする若者集団“カラスハネト”。テレビでもよく取り上げられているので、他県の方でもご存じだろう。正規の踊り子団体には属さず、わが物顔で街を練り歩く連中だ。ウザイ以外の何者でもない。しかし、五所川原市の祭り(毎年8月4日〜8日)はちょっと雰囲気が違う。カラスハネトの大半が若い女の子だからだ。踊り子団体が出発し終わったあとの午後8時ごろ、彼女らハネトは威勢のイイかけ声とともに練り歩き始める。「ヤッテマーレ、ヤッテマーレ!」注目すべきはその格好である。とにかく目立ちたいのだろう、はっぴの前をはだけてブラをモロ出しとか、金太郎みたいな前掛けで横乳ガッツリとか、とにかくヤラシイのなんの。
8、コーヒーを飲みながらのんびりパンチラを堪能
ここは観光案内所みたいな施設です。テーブルの並んだ休憩スペースや誰でも使えるパソコン、軽食コーナーもあるため、平日の夕方などは学生の溜まり場になっています。休憩スペースでは階段そばのテーブルに陣取りましょう。そしてコーヒーを飲みながら本でも読むふりをしつつ、頭上に注目してください。階段は手すりに目隠しがないため、スカート女子が通れば、下からパンツ丸見えです。学生が多いので見放題です。イスに座ってコーヒーを飲みながらゆっくり目の保養ができるパンチラスポットとか、珍しいですよね。
9、突風が観光客のスカートをめくりあげる
津軽半島の先っぽ、龍飛崎の観光客がよく行く場所が、この『階段国道』。国道なのに階段状の道になっててチト珍しいという、まあそれだけのスポットなんですけど。ここ、知る人ぞ知るお楽しみ現
象がよく起きる。なんせ半島の突端だから風がビュービュー吹いてるわけで。観光客にはスカートの女性も多いわけで。パンチラ愛好家のみなさん、ぜひ、わが町にお来し下さいませー。
カップルさん、屋上のカギをかけても下から覗いてまっせ
10、右下の図、弘前市内のデパート「さくら野百貨店別館」の立体駐車場です。土日の昼でも5階から上はガラガラで、登っていく車はほとんどいません。にもかかわらず、夜間、7階にポツンと車が停まってることが…。これ、非常階段の最上階でイチャこいてるカップルの車です。そーっと非常階段を登り、下からのぞいてやりましょう。かなり大胆にヤってるハズ。私は全裸の女を見たこともあります。なぜか。屋上から通じるドアにカギがかけられるからです。屋上から誰かが気まぐれで入ってこれないから大丈夫だと思ってるのでしょう。その安心感が、プレイを大胆にさせているのです。こちとら、下からアプローチしてるのに(笑)。
12、深夜、この駐車場に車を止めていると、裏手の田んぼ(稲刈りが終わってるので、土の状態)に忍び込んで野外セックスをしている男女をときどき見かける。女の年齢は30代半ばくらいか。暗い上に30メートルほど先だから痩せてることくらいしかわからないが、それでも、ぼーっと浮かぶ白い胸やお尻がやけに生々しい。さらに目をこらせば、フェラをしたり、バックでやってることも、どうにか判別可能。おおかた野外好きな露出マニアなんだろう。覗くこっちにしてみたら、実に有り難いオカズである。男の方はちょいちょい変わってるから、パートナーを見つける度に、彼女の方が田んぼに誘ってると思われる。

大阪の青姦スポット・関西露出温泉の雄るり渓温泉のノゾキの興奮

0068_201711271528240b5.jpg0066_20171127152821098.jpg0067_20171127152823be2.jpg0072_20171128192614918.jpg0073_20171128192615974.jpg0070_20171128192611f12.jpg0071_20171128192613521.jpg
1、地元では超有名な青姦スポットである。滅多に人が近寄らず、周囲からも死角となっているため、明るい時間帯ですらカップルがいちゃつきにやって来るのだ。特に、と~っても若い男女が。
ただし、バレてないと思ってるのは本人たちだけだ。実はこの場所、対岸に回ればカップルの様子が丸見えになるのだが、本来そこも滅多に人が来ない場所なのですっかり油断しているのだろう。実際は、対岸の物陰で覗きオヤジどもがジッと息を潜めているというのに。しかしここをセックス場所に使う若者は増える一方だ。つい先日も、酔っぱらった2組のカップルが、やる気満々の様子で土手へ降りていくところを目撃したばかりである。スポット周辺は高層マンションが建ち並ぶ地域でもあるので、これ以上風紀が乱れるようなら住人たちが行動に出るのは必至だ。いずれ、立ち入り禁止になっちゃうかも。 
2、ここはいわゆる複合スパ施設で、プールや温泉などの男女共用スペースは水着着用で入る。家族連れから何からでいつも激混みだ。そんななか、オレは毎週末(特に金曜、土曜)の夜に行くことにしている。なぜって、必ずと言っていいほど露出カップルに遭遇できるからだ。ジャグジーで急に水着ブラを外して見せつけるカップル、湯に浸かりながらもこっそり手コキしてる夫婦、サウナのドアを開けたらいきなりフェラしてたり、おまけに普通にパンパン音をたてながら立ちバックでハメてる人たちまでいるもんだから、そりゃあ驚くのなんのって。
3、以前に裏モノでとりあげられた漫画喫茶だ。ここがスゴイのは、個室でいちゃつくカップルがやけに多いこと。そもそも道頓堀のど真ん中という好立地のおかげもあって、クラブ帰りの男女客が多い。ちょっと酒が入ったカップルがセックスするのに最適なのだ。もう一つ、ノゾキ男にとって重宝されているのが店内の作りだ。個室のドアがガラス張りで中が丸見えで、さらに壁が低いので、上から顔を出して覗くことが可能なのだ。さらにさらに、店員の見回りは1時間に一回と決まっている。まるで覗いてくださいと言ってるようなもんだ。特に週末の夜中や朝方はカップルがたくさんいる。それに合わせてノゾキ男も店内をフラフラしている。クラブってのは基本的に未成年(20才未満)を入れないようにしている。入口で身分証明書を見せないといけないのだ。ここも他と同様に年齢確認をしているのだが、どういうわけかいるのだ。入ってはいけない20才未満や、それ以下の女の子も。
オレはここでしょっちゅうナンパしてるのだが、声をかけたらずいぶん若い女だったことは1度や2度じゃない。彼女ら、フツーに酒を飲んで大騒ぎをしてる。間違いが起こる可能性はなくはないので注意が必要だ。
4、完全無修正の裏DVDショップが密集しているエリアだ。作品の品揃えは時期や店舗によって違うので、複数のお店を並列にチェックする必要があるが、オリジナル盗撮作品や最新の女優モノなど、ラインナップは豊富だ。突然閉まったりする店もあるが、しばらくすればまた復活している不思議な一帯だ。
5、よくある水着着用の混浴露天温泉だが、ここ数年は多くの露出カップルが出現するスポットとしてマニアから注目を浴びている。特に変態系SNS「ナンネット」の関西在住ユーザーにはよく知られた存在だ。俺がここを気に入ってるのは、多くの客の中から変態カップルを見つけ出すのがとても容易だから。施設内で裸同然のマイクロビキニを着用していても店員に咎められないため、その手のカップルはたいてい過激な格好をしているのだ。で、アイコンタクトを送って彼らのあとをついて行くと、あとはご想像どおり。女が水着をズラして股間をチラ。フェラをジュボジュボ。場合によっちゃ合体シーンまで見せてくれたり、そこに参加させてもらったりというおなじみの展開が待っている。特に客の少ない平日は、過激水着の出現率が高い。ここのドン・キホーテ、近くにラブホ街があるからか、露出カップルたちがやけに多い。彼ら、ナンネットなどの変態掲示板で露出予告をし、店内で見せつけているのだ。店の従業員にバレたのか、最近はたまに警官の姿を見かけるようになったけど、相変わらずの盛り上がりを見せている。いる。平日は夕方から深夜まで、休日に関しては一日中(決まった時間ではなく)だ。数人のグループで席に座り、ずっとくっちゃべってるヤツらで、妙に若く見える。彼女ら、それぞれが男客に声をかけてるわけではない。取り仕切ってる女(こいつも妙に若い)がいて、オッサンに声をかけているのだ。「あの子、2でどう?」などと。まるで管理売春ごっこをしてるというか。けしからん限りだ。
6、毎週末、夜になるとカップルが大挙してカーセックスをはじめる、地域のマニアには有名なスポットだ。24時間開放されており、タダで停められるだけでなく、高台になっていて見晴らしがいいため人気が高い。同時に、カーセックスを覗きにくるマニアにとっても環境が整っている。土手を挟んで向かいにある巨大ショッピングモールの看板の光が車内の様子を浮かび上がらせるので、遠くからでもカップルの動きが手に取るようにわかるためだ。この公園、面積が広大ということで知名度が高いが、もう一つ別の理由によりこの地方の変態にはよく知られている。実はこの公園、その広大な駐車場の奥まったスペースがカーセックスの名所となっているのだ。それ目的で群がる常連のノゾキも多く、連中同士での秩序が存在するほどだ。たとえば初心者がカップルに近づきすぎるなどのマナー違反をすると、車のボディを傷つけられたり、サイドミラーを折られたりするなどの罰を受けてしまう。まったく、どこから怒ってよいのかわからないほどにけしからん場所である。
7、漫画喫茶にやってくるカップルなんてものは、大抵、個室内でこそこそスケベなことをやらかすものだが、わけてもこの店は昔からそういう連中が断トツに多い。昼間だろうが夜中だろうが、通路を歩けばそこかしこから“やってる感”バリバリの音声が漏れ聞こえてくるのだから、はじめての人はきっと驚くはずだ。名古屋屈指の風俗街という土地柄。何より、すぐご近所に超有名な出会いカフェがあるため、ホテル代わりに使う人間が必然的に集中するというわけだ。そのせいで、この店には常連の覗き魔がチラホラいる。ときどきしかここを利用しない俺ですら3、4人知っているくらいだから、実際はその倍以上いるのではないか。連中の手口はシンプルだ。この店に限らず名古屋の漫喫はすべて、条例によって個室に覗き窓の設置が義務づけられている。エロいことをするカップルは、ブランケットや上着をドアの上にかけて窓をふさぐのだが、そいつを通路側からチョイとずらすという寸法だ。
8、最近、都内の遊び人が一番注目しているのは、旧コマ劇場前のコンビニ近辺だ。夜間、店の入口付近に、三十前後でショートカットの身なりの小汚い女が出没し始めた。オレも歌舞伎町で飲んでるときなんかに何度も見かけ、すぐにピンときたが、見るからに不潔そうなのでスルーしていた。
 しかしある晩、酔った勢いで交渉を持ちかけたところ、相手が言うのである。
「…そんな高くなくてもいいよ」
「じゃあ3千円で」
「…いいよ」
 こちらが呆気にとられていると、相手は「外でできるとこ知ってるけど」と言い、コンビニの向かいのビデオボックスの路地に入っていく。辿り着いたのは、2月末で閉店したセクキャバのビルだ。
「ここ、今誰もいないから。階段でできるんで」
 すごい場所を知ってるもんだ。何なんだこいつは。噂によるとこの女、誰に対しても3千円でヤラしているらしい。ただし、一度、コンビニに警察を呼ばれたりもしているそうなので、そのうちいなくなると思われる。 お城の城内が公園になっている、地元で有名な青姦スポットだ。城内は入り組んでいるので、死角になるベンチが多く、夏になると人通りが減る夜8時ぐらいから、近隣の若いカップルたちが堂々とセックスをおっぱじめる。そんな名物スポットをマニアが放っておくわけがなく、覗きはもちろんのこと、城内の植木にカメラを吊して盗撮する連中もいるらしく、若いカップルの盗撮動画を見ていると、ここの公園が映ってることがよくある。
9、この障害者用トイレには入口横にベンチがあり、ほぼ毎日のように若い女が1人で腰かけている。見た目は20代後半、髪型は茶髪のセミロングで、やけにギョロっとした目が特徴的だ。何を隠そうこの女はワリキリちゃんで、出会い系でアポった男をそのトイレに連れこんではパコパコしている。なぜ俺がそんなことを知っているのかといえば、むろん、彼女の客になったことがあるからだ。ちなみにそのときのプレイ代はゴム付き本番で1万だった。彼女いわく、出会い系を通さない、トイレ前での直接交渉も受け付けてるそうで、さらにはこのトイレをプレイ場所として使ってるワリキリちゃんが他にも2、3人いるそうな。
10、関東と関西にチェーン展開するビデオボックス、宝島24グループは、唯一女性も入場できるビデオボックスだ。と言っても、あくまでAVを観賞するための男性向けの店なので、店内で女性客を見かけることはほとんどないが、東京赤坂店だけは、一部のマニアなカップルたちの間で有名だ。
お店はカップル用の部屋を用意しているわけではなく、1人につき一つの個室を案内されるシステム。その狭いフラットシート席に生見せ好きなカップル2人が入室し、鍵を掛けずにプレイしているのだ。
『私達のエッチを観てくれる人いませんか?○日の20時からプレイするので見に来てください』前持って露出予告掲示板に書かれたメッセージを見た俺のようなマニアたちが覗きにいくって流れだ。
Copyright © エロ漫画無料アダルト裏モノJAPAN All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます