露天風呂のタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:露天風呂

【エロ漫画】貸切露天風呂の温泉で野外セックスするカップルを覗き見盗撮する興奮

温泉で野外セックスするカップルエロ漫画温泉で野外セックスするカップルエロ漫画温泉で野外セックスするカップルエロ漫画温泉で野外セックスするカップルエロ漫画温泉で野外セックスするカップルエロ漫画温泉で野外セックスするカップルエロ漫画温泉で野外セックスするカップルエロ漫画温泉で野外セックスするカップルエロ漫画温泉で野外セックスするカップルエロ漫画温泉で野外セックスするカップルエロ漫画温泉で野外セックスするカップルエロ漫画温泉で野外セックスするカップルエロ漫画温泉で野外セックスするカップルエロ漫画温泉で野外セックスするカップルエロ漫画温泉で野外セックスするカップルエロ漫画温泉で野外セックスするカップルエロ漫画温泉で野外セックスするカップルエロ漫画温泉で野外セックスするカップルエロ漫画

混浴温泉の露天風呂で若い女性のおまんこチラリおっぱいポロリのチラ見のチャンスはあるのだろうか・黒根岩風呂・鹿教湯温泉河鹿荘

0040_202009242020191ec.jpg45_20200912084322bce.jpg46_20200912084324659.jpg47_20200912084325704.jpg48_20200912084327cab.jpg49_20200912090744142.jpg
タイトルまんまである。あまりに素朴すぎてバカにされるかもしれない。早々と答えを出す人だっていることだろう。行ったことあるけど男ばっかだったよ、とか、オバチャンしかいなかったよ、とか。違うのだ。俺が知りたいのは、そんな個人に書く日記みたいな雑感ではなく、徹底的に粘りに粘ってそれでどうか、という次元の話なのだ。何時間も湯に浸かつて待ってれば、そりや若い女の一人や人は来ますわね。男がいるとわかれば、前を隠しますわね。でも、何かの拍子に乳房がチャポンと湯舟から顔を出したり、また何かの拍子に下の黒々した毛が海草の如くゆらめいたりするんじゃなかろうかと、そういうことを言っておるのです。これまでの人生、混浴どころか温泉地に出向いたことも二度ほどしかない俺としては、非常に気になる問題だ。絶無とは断じれないだろう。昨今の温泉ブーム、意外と頻繁に遭遇するやもしれんじやないか。
現地に到着し、温泉真上の道路から下を覗くと、中の様子まではわからないがガヤガヤと声が聞こえてきた。女の声も混じっているようだ。よし。入り口に座るモギリのおっさんに入湯料を払い、崖沿いの階段を下りる。さすが人気温泉、平日の夕方なのにすでに先客がいた。ほとんどが男で、女は…あそこか。
どれもオバハンだ。ま、とりあえず見とこ見とこ。服を脱ぎ、番手前の湯舟へ。オバハンがいるのは隣の湯舟だ。浸かった後であっちに移動してみっか。「あ」とかなんとか言いながら、自然を装い隣の湯舟へ。オバハンの真横に陣取る。げつ、みんな白いバスタオルを卷いてやがんの。露出少なすぎーとはいえ貴重な女体、他の男どもの視線も、広大な太平洋ではなくオバハン人にばかり向かっている。かなり露骨だ。眼鏡をかけてるヤツまでおるよ。こりゃ乳房や海草ユラユラまでは期待できないな。他のを待とう。夜からの時間は女性専用になってしまうから、それまでになんとかしないと。のぼせるたびに海で足をチャプチャプして待ち続けてみたが、新たな客はみんな男だった。
追い出されるように外に出ると、入り口で女たち数人が専用時間になるのを待っていた。ほとんどが浴衣姿隣接するホテルのもので、結構若いのもいるよ、おい。女性専用時間の終わる時を待ち、再び階段を下りてみる。…先ほどのうら若き乙女たちは一人も残っていなかつた。
ここでは閉館の時まで、時間も粘った。驚くなかれ、その間親子連れ以外はずっと俺1人。全身ふやけたつつーの。若妻の丸いラインがシルエットで浮かぶやっぱ風呂の規模が小さいとダメだ。客の絶対数も少ないし、女性グループの旅行先にも選ばれにくかろう。
今度の舞台は、栃木の山奥、女夫渕温泉。野趣あふれる開放的な温泉で、広大なスペースに露天風呂だけでなんともあるのだうち混浴は12種。12種とくれば女の開放感も並じやないだろう。必然的に至近距離に近づかれてしまうこじんまりした温泉と違い、入ってみようという気になっても不思議じゃない。日帰り入浴は昼の時までなので、ここは泊して夜通し浸かり続けるとしよう。明るい昼間より夜のほうが彼女らも大胆になるだろうし。翌週土曜の夕方、現地到着。夕食後、また露天風呂へ。おっ、暗くてよくわからんが、人は間違いなく女だ。胸膨らんでるもん。隣の風呂、さらに隣の風呂へとそろりそろり移動し、徐々に近づいてみる。全裸だ。タオルなし。へりに腰掛けた女のシルエットがはっきり見える。うひやひあ、こりやタマらんね〜。同じ湯舟にまで行っちゃうか!「ふ一あちちちつ、あちーな一」独り言をつぶやきつつザブン。毎度ながら自然な接近だ。おー見える見える。細い体に形のいいオッパイ。これこれ、こういうのを期待してたのよ。俺の接近に恥じ入ることもなく、女は胸を露出しながら足をちやぷちやぷさせている。この人、会話から察するに、父親と娘夫婦の関係のようだ。自分の父親と旦那の前で裸になれるなんて、たいした女だ。
翌日曜日、せっかく栃木くんだりまで来たんだからと、帰りにまたタオル不可温泉に立ち寄ることにした。ここ薬師の湯は、ホテル併設の温泉ではなく日帰り専門。温泉宿街の中にあるので周辺の客がドカドカやってくると期待できる。が、一歩踏み入れて、急激にシラけた。この混浴、川の向こう側から丸見えなのだ。手を振ってくる人までいる。これじやあ女は警戒して入ってこないだろうよ。実際、男だらけだし。それでも少しは粘ってみるかとボンヤリ浸かつていると、人人と客は減り、ついに人っきりに。筋肉質の浅黒い肌の男が話しかけてくる。「女の人、誰も来ませんねぇ」おっと、こいつも同じ目的か。そりやそだよな。ただ汗を流すだけなら男湯にいればいいんだし。と、自分で突っ込んでおいて、矛盾に気づいた。同じ場所に、男湯、女湯、混浴の種があれば、よっぽど景色や規模に違いでもない限り、女は女湯から出てこないんじやないか。ここは女湯も露天なのでわざわざ混浴に来る意味などなかろう。「そうっすねー。女湯にいるんじやないっすか?」女体になどまったく興味がないフリをして、お先に上がらせてもらうことにした。
男湯や女湯の存在しない、混浴のみの温泉。そんなトコはないもんだろうか。個別の湯がないため、全員が強制的に混浴に入るしかない、そんな場所は。あった。湯西川温泉の公衆浴場だ。いたってシンプルな地元民のための温泉で、入浴料は寸志。タダとも言える。こういうとこに観光客は来ないかもしれんが、近隣の若い奥さんなんかが汗を流しに来たりして。で、日常のことだから、わざわざ隠すとか照れるとかそういう意識はなくて、もうフッーに全裸なのな。下手すりや腋の手入れとかしてんのな。妄想たくましく足を踏み入れれば、年寄りの声がする!バアサンが仲良く入ってきた。ご丁寧にも、みなさんタオルで前を隠してるよ。見たかね一って。「おじやまかねー」
邪魔だ、邪魔だよ。おいおい、入るのかこのスペースに?ザブーンジャボーンと、ニコニコしながら人が俺の脇に入ってくる。「おにいちやん、どこから?」「東京っす」「1人でか?」「ええ、1人っす」バアチャンたち、ヨソ者が珍しいのか、喋る喋る。で、ことあるごとに笑つて体をグネらせるもんだから、肌が触れるのなんの。もちろん本意ではないため、すぐに外に出た。寸志、〇〇円ぐらい入れとくか。
タダで遊べるエロい場所と言えば、やはり温泉、それも混浴に限ります。私は全国津々浦々の混浴温泉に足を運んできましたが、長野の河鹿荘が一番だと思っています。
この温泉は日帰り入浴なら800円(週末は1200円)で入場できるのですが、特に週末になると、団体旅行といいますか、30代程度の妙齢の女性たちが非常に多くなります。おそらく『大人の女子旅』のような感じで雑誌等で紹介されているからでしょう。一気に10人ほどが湯に入ってくるなんてこともザラです。また、他の混浴温泉に比べて客が極端に減る時間が少ないというのも特徴でしょうか。途切れることなく、タオル巻きの女性が湯に入ってくる、まさに天国と言える場所です。
他の混浴温泉は、言ってしまえば女性のほとんどが地元の婆さんだったりします。それでは我々の目と股間が満足するはずもありません。30代、また40代のちょうど熟れたカラダを持った女性が集まるからこそ、私はこの温泉に足しげく通うのです。
Copyright © エロ漫画無料アダルト裏モノJAPAN All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます