露出狂のタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:露出狂

【エッチ漫画】SMしたがる女にお尻フェチ女・アダルトショップに来る女たちは変態ばかり

0124_20191030071902305.jpg0125_20191030071904e84.jpg0126_201910300719054fc.jpg0127_20191030071906747.jpg0128_20191030071908210.jpg0129_20191030071909d6d.jpg0130_20191030071911a95.jpg0131_20191030071913213.jpg0132_201910300719144f0.jpg0133_2019103007191622d.jpg0134_20191030071917bde.jpg0135_20191030071918986.jpg0136_201910300719205b6.jpg0137_20191030071921504.jpg0138_20191030071923a24.jpg
欲求不満人妻と初めてのSMプレイ
SnapCrab_NoName_2019-8-3_14-32-44_No-00.png
世の中、ブログやSNSが大流行りである。
狙うはブログ。試しに、メジャーなブログサイトで「エッチ」などのキーワードで検索すると、あるわあるわ。「エッチなこと書かせてね」「秘密のひとりごと」
なんてタイトルで、主婦がスケべな日記をガンガン公開している。旦那や愛人とのセックスや、オナニー。時に、エ口小説も顔負けの強烈なものもあり、告白調の文面はまるで宇能鴻一郎だ。過去の日記をさかのぼって全部読んでしまう。匿名でバレないと思えばここまで大胆に書けるのか。ただ、残念ながら、大阪の女性はほとんど見かけない。思いたったがソク行動が身上の大阪女には、日記を書くなんてまどろっこしい行為は性に合わないのかもしれない。
しかし、探してみるもんだ。大阪在住の主婦のサイト。タイトルもごく普通、ページのデザインもさわやかな感じで、つい見過ごしそうになったのだが…。
「ノーパンで買い物に挑戦ー」
『ああ、縛られたい』『誰か私を調教して』
こんなタイトルで毎日日記が更新されていた。この大阪のスケべ主婦、美津さんは28才の専業主婦で子供無し。結婚4年目ながら、旦那とはまったくのセックスレス状態らしい。だいぶMっ気があるようで、いつも縛られたり辱められたりすることを想像してはオナニーしているそうだ。
某日の日記を紹介しよう。
1_20200122215936d4c.png
自転車に乗ってノーバンで買い物に行きました。ちょっと短めのスカートなので、前から見えないかとトキドキです。特に乗り降りの時は、角度によっては絶対見えるはず。ああ、どうしよう。(中略)帰りに自転車に乗ってるときは、もうかなり濡れていて、自転車を漕ぐと太腿の奥がヌルヌルしてるのかわかります。今度は電車に挑戦してみたいと思います
日記の端々から、SMプレイのパートナーを求めていることがうかがい知れる。この日記も、相手探しの目的も多分にあるのだろう。日記を公開してまだ10日。男性からのコメントはまだー件もない。明らかにチャンス。アプローチするなら今のうちだ。
『美津さん、はじめまして。あなたの興奮、すごく伝わりました』
『今度、電車で行くときは駅と駅の間で必ず足を組みなおすように!結果報告、待ってます』
コメントをして一時間、すぐに彼女のレスがあった。
『シンサクさん、はじめまして。初めてコメントをいただいたのでぅれしいです!電車の件、わかりました。明日、頑張ってみます。足を組むのはできるかどぅかわかりませんが、やってみます…』
なんか、面白いことになってきたぞ〜。
翌日、確かに日記はアップされていた。
『今日は電車で〇〇まで出かけました。もちろん下着はつけていません。シンサクさんの命令通り、頑張って足を組み直しました。〇〇まで4駅。8回も足を組み替えたのですが、前の高校生には見られたかも。もぅ心臓がロから出そうでした。もちろん帰りも8 回やりました。なんか興奮して腰の辺りがガクガクする感じ。家に帰ってすぐオナニーしました』
たまらんなあ。まるで公開調教してるよぅなもんやないか。
『美津さん、よく頑張ったね。もっと恥ずかしいこといっぱいさせてほしい?』
『ありがとぅございます。私はまったくの初心者なので、色々教えてください。よろしくお願いします』コメントの返りも素早いし、内容も素直でいい。ただ、この調子でずっと公開でコミュニケーションするのはさすがに辛い。他の男が入ってくる前に口説きに入るとするか。
コメントに俺のメアドを記入したところ、その日のうちに彼女から返信が届いた。
「なんかすごくドキドキしています。私はシンサクさんのこと全然知らないけど、シンサクさんは私のこと色々知つてるし、それだけですごく恥ずかしいです。シンサクさんはSMをかなり経験されているのですか?なんか、すごく上手にリ—ドしてもらえそうな気がします。勝手な想像ですけど…。今までやったことないことを経験したいです。すごく楽しみ!」
旦那に相手してもらえない欲求不満と、SMプレイに対する期待で今にも爆発しそうな勢いだ。これはもうもらったようなもんかも。
問題は、彼女が俺をベテランのS男と思つていることだ。女性を縛つたり、羞恥プレイをしたことはあるが、あくまでもプレイのバリエ—ションの1つにすぎない。テレクラで知り合つたM女性には「あなたはSはSでもスケベのSじやないの!」
とありがたいコメントをもらつたこともあるぐらいだ。ナンチャッテS のメッキが剥がれないか、正直不安ではある。が、あくまで彼女も未経験。何とかなるやろ。
SnapCrab_NoName_2019-8-3_14-36-19_No-00.png
その後、何度かメールをやり取りし、4月半ばの平日朝10時、ミナミで会う約束を取り付けた。
前日には、アダルトシヨップでバイブと蠟燭、デパ—卜の手芸用品で縛り用の紐を購入。SMル—ムのあるホテルもネットで当たりを付けた。準備は万端である。
当日、美津は黒のタイトスカー卜とジャケットにピンクの夕ンクトップ姿で待ち合わせ場所に現れた。俺が勝手に想像していたより少し太め、しかし見るからにスケベそうな女だった。
スカ—卜の下は俺の指示どおり何も身につけてないはず。
そう思いながら、下半身に目をやると、「恥ずかしい。あまり見ないでください」
身体をくねくねしている。興奮するのう。
「ああ、今日は心臓が止まりそうにドキドキしてます。だって、結婚してから男の人と2人で会うのも初めてなくらいですから」
近所の喫茶店に腰を落ち着けると、美津は顔を上気させて言う。そうかそうか、それならもつと顔が赤くなるようなことしたるわ。「これ、当ててみて」
テ—ブルの下から取り出したのは、リモコン式のロ—夕—とびっこである。
「今、ここでですか?」「そう、今ここで」
周りの目を一気にしながら、美津がスカ—卜の中に飛びっこをしのばせる。想像通り、顔が真っ赤だ。すかさずスイッチオン!
「フ—ン」といぅかすかな音とともに、美津が身体を震わせ始めた。顔はうつむいたまま固まつている。「こっち向いて」
彼女は、顔を横に振って上げ願のようとはしない。「なあ、こつち向いて」
二度目で、よぅやくゆっくり顔を上げた。少し涙ぐんでいるようだ。ク—ツ、たまらん。ま。周囲には別れ話でもしてるようにしか見えないかもしれんが。
オナニ—しながら潮を吹きまくり!
SnapCrab_NoName_2019-8-3_14-31-9_No-00.png
何度かスィッチを入れたり切ったりして楽しんだ後、ホテルへ。入ったのは、一番妖しげなチェーンが蜘蛛の巣状にぶら下がっている部屋だ。さっそく股間をチエックしてみた。と、案の定、すごいことになっている。太腿まで垂れてヌルヌル状態だ。
「いつもこんなに濡らしてるの?」「いえ、今日は特に…です」「なんで?」
「だって、初めての経験なので」
声が興奮でうわずっている。俺のボルテージも相当なハイレベルだ。すぐにでも押し倒し、むしゃぶりつきたい。いや、ここは我慢して冷静になろう。あくまでベテランのサディストを演じなければ。
服の上から胸を強く揉む。途端に「ヒー」という大きく高い声が上がる。感度は良さそうだ。
「胸、感じるの?」
「乳首が一番感じます」
それじやとばかりに、タンクトップの中に手を突っ込んで乳首を直接つねり上げる。
「ああ気持ちィィ!ああもっと強くつねって!引っ張ってください」
そう言えば小学3年に覚えてからずっと、自分で乳首をつねりながらオナニ—してきたという話だった。では、オナってるところ、俺に見せてもらおうか。
スッポンポンにさせてベッドで公開オナニ—開始。右手でクリを触り、指は中に突っ込みグニュグニュ、左手は乳首を思いつきり引っ張っている。
「鏡見ながらやってみ」「いやあ、恥ずかしい」
ことばとは裏腹、美津の両手はいつそう激しい動き、そのうち指2本を突っ込んでいたところがブシュブシュと音をたて出した。
「ああ、恥ずかしい」
叫びながら思いっきり?吹いた。女がオナニーしながらの潮吹き、初めて見させてもらった。
「いつもこんなに吹くの?」
「ううん、たま一にメチャメチャ興奮した時だけ出る時があるくらい。でもこんなに出たの初めて」
乳首のつねり方が遠慮しず、今度は赤い紐で亀甲縛りにしてみた。乳首好きの美津の為に乳首をはさむよぅに紐を卷き、締め上げる。ほら、自分の緊縛姿、鏡で見てみ。
「乳首も、股も食い込んでる!」
そう言いながら。自ら股の紐をグイグイ食い込ませ始めた。エロい。この女、スケベすぎる。縛ったままフェラをさせた後鎖に備え付けられた手錠で彼女を拘束、バイブで責めたてた。
美津はヒイヒイ言いながら腰を振っている。Gスポットをバイブで責めれば、またまた潮をふき、イキまくりだ。俺ももう我慢でけへん。手錠を解いた彼女を四つんばいにし、バックからぶち込む。
「ああ、すごい、すごい」
興奮しながら腰を振る美津。それじゃ、サ—ビスや。バックで突きながら上から手をまわし、両乳首を下にグイッと引っ張る。「ああ、それ最高。イク、イク!」
今度は、正常位に体位を変え、ガンガン突いた。フイニッシュは顔射といくか。
イク直前、ゴ厶をパチンとはずし、顔の方に持っていこうとすると、
「ああ、胸にかけて、乳首に!」また、乳首かい
言われるがまま、美津の左乳首に発射。亀頭でザ—メンだらけの乳首を擦り、最後はロできれいにしてもらった。疲れた!「どうやった初めてのSM?」
「いや—、すんごく気持ちよかったです。何回もイッちゃったし。でも、シンサクさん、あんまりSっぽくなかったですね」ギクッ、なんでわかったんや?
「だつて、乳首つねつてるときでもだいぶ遠慮してたみたいやし。もつと、ちぎつたろつていうくらいにひねってもらつてよかったんですけどね。女性を苛めてうれしいつて風には思いませんでした」
なかなか鋭いやんか。そう、俺はただのスケベやねん。
「でも、結果として、私もその方がよかったと思います。安心して楽しめたし。恥ずかしいことさせられたり、乳首つねられたりするのは好きだけど、マゾって言ぅより、私もやっぱりスケベなんだと思います」結局、似たもん同士やったわけやね。美津と会って1週間ほど後、彼女のブログを覗いてみた。もちろん、あの日の日記を見るためだ。しかしなぜか彼女のサイトはすでに閉鎖されていた。理由はわからない。

【エロ漫画】混浴温泉の露出狂の美女目当てのワニが変態カップルとハメ撮り乱交セックス

1_201911211246272d9.jpg2_20191121124629979.jpg3_20191121124630efa.jpg4_20191121124631818.jpg5_201911211246339c0.jpg6_201911211246348ee.jpg7_2019112112463656a.jpg8_20191121124637f87.jpg9_20191121124639059.jpg10_2019112112464085c.jpg11_2019112112464296f.jpg12_20191121124643918.jpg13_20191121124645240.jpg14_20191121124646157.jpg
若い女子大生OLがワンサカ混浴温泉体験記|湯船の中で全裸のおっぱい・おまんこを拝む
0080_20181210161542a44_20191005103732725.jpg0081_2018121016154357f_20191005103734926.jpg0096_201812311131148e7_20191005103735e49.jpg0097_20181231113116b81_20191005103737715.jpg0098_20181231113117353_20191005103738b0f.jpg0099_20181231113119e28_2019100510374042c.jpg0100_20181231113120c24_20191005103741762.jpg0101_20181231113122d3e_20191005103743cd2.jpg0076_20190707125959d0e_20191005103731e01.jpg1_20191126091212fe3_20200110000914a20.jpg2_2019112609121335a_20200110001012fa4.jpgSnapCrab_NoName_2018-5-13_13-3-46_No-00.png
私を奴隷にしてくださいの「しの(19才)」を連れ、読者の皆さんと水着混浴温泉に行くイベントを開催いたしました。応募総数は31名。日程などの都合により、当日お集まり頂けたファンの皆さまは
13名となりました。当日の様子を簡単にご報告したいと思います。
 集合時間の14時、しのと一緒に千葉県浦安にある水着混浴温泉「M」の正面入り口前に到着すると、すでに複数の怪しげな男性たちの姿が。男性たちは、しのに気付くとゾロゾロと集まってきました。大勢の男性参加者に囲まれて緊張しているしのと、その場で一対一の自己紹介タイムです。顔を赤らめながらも男性参加者の名前を聞いて回るしの。ほとんどの皆さんが首都圏にお住まいの読者様でしたが、中には大阪や、最も遠い方で神戸から泊まりがけで駆けつけてくれた方までいました。さらに少し遅れて、読者ページ「ブルーシャトー」に登場した22才の女の子、サラちゃんも登場。オナニー三昧の変態エピソードと共に、ナイスプロポーションの裸の写真も編集部に送ってくれた女性読
者さんです。綺麗な女性が登場したことで、男性参加者の皆さんも浮き足だっているように見えます。自己紹介が終わったところで、全員で温泉施設に入場。一旦、男女に別れて脱衣所で水着に着替え、温泉の入り口で待ち合わせです。脱衣所では、キンタマがはみ出そうな極小マイクロビキニを用意してきた男性が約1名。そのほかの皆さんは常識的な水着を用意してきてくれました。この程度ならクレームも入らないでしょう。いざ着替えを終えて、しのとサラちゃんの2人と合流です。しのは花柄のパレオ付きの水着、サラちゃんは黒い極小マイクロビキニと超ローレグホットパンツという出で立ちです。実はこのとき、参加者の皆さんの様子に不穏な空気を感じ取りました。明らかにしのよりも、黒いマイクロビキニのサラちゃんの方を注目しているのです。場内が混雑していたため、サラちゃんとしのの二手に別れて露天風呂に浸かることにしたのですが、男性たちはしのの周りに4人、サラちゃんの周りには8人というアンバランスな分配に。完全にサラちゃんがしのの人気をかっさらって行った格好です。週末ということもあり、場内は大勢の子供がはしゃぎまわっていたため、おおっぴらにエロい遊びはできませんでしたが、サラちゃんの周りに集まった8人は、説得して露天の風呂の中でホットパンツを脱がせ、黒いマイクロビキニからはみ出た綺麗な大陰唇を見た、と喜んでおりました。私も見たかったです。一方のしのは、パレオをめくれコールまで発生したものの、恥ずかしがって一瞬チラ見せして終わりという消化不良な内容に。開始1時間ほどで、サラちゃんが用事があるとのことで帰宅することに。女の子がしの1人だけになったことで、ようやく全員が彼女をチヤホヤする形に落ち着きました。会の後半は水着露天風呂を出て、休憩所に集まりビールで乾杯。ここでも周りの客の視線を意識しながら、しのが館内着の下に着てきたマイクロビキニを覗き見したり、セクハラトークをかわしたりと、静かながらに盛り上がりました。最初は緊張気味だったしのも、後半は慣れてきたのか、楽しそうにはしゃぎ、「思ったよりも変な人がいなくて安心した。楽しかった」と申しておりました。参加いただいた皆さん、ありがとうございました。今後も奴隷しのの応援、よろしくお願いします。
おまんこ丸見え変態女子大生と混浴温泉旅行イベント
温泉の季節です。遠路はるばる混浴を目指す男性も多いことでしょう。しかしせっかく男女が同じお湯に浸かっても、首から上しか見えないようでは意味がないと言うかなんと言うか…。ならば潜ってしまえ。湯舟の中はこんなふうになってるんですね。

春休みの白骨温泉・泡ノ湯は混浴温泉だが卒業旅行で若い女の子がやってくるという。卒業旅行ではしゃぐ女子大生たちの柔肌をしかと目撃しに行ってみた。

女の柔肌ファンのみなさん、120%確実にお約束のように見せてくれる乳輪Aと、ふとした拍子に見えてしまう乳輪B、みなさんはどちらがお好きだろうか。即答だろう。Bだ。Bに決まって
いる。我々がはるばる混浴温泉へと向かうのも、乳輪Bを瞼に焼き付けたいからに他ならない。でも季節と行き先を見誤ってはいけない。年がら年中、若い女が温泉に浸かるわけではないし、混浴と名が付けばどこでもいいわけでももちろんない。

正解を教えよう。『春休み』の……『白骨温泉・泡ノ湯(長野)』 

若い女の柔肌を拝むには、この組み合わせがベストだ。今すぐ旅行会社に向かい、女性向けの卒業旅行プランをチェックしてみたまえ。あるいは書店で女性誌を眺めてみてもよろしい。泡ノ湯の名は、あちらこちらに見えるはずだ。それもそのはず、この混浴は、女性でも安心して入れることがウリなのである。

バスタオル巻きOKなこと。お湯が白く濁っていること。さらには特殊なつくりによって、お湯に浸かったまま混浴へ入れること。以上の安心材料をもって、旅行会社もメディアも女性にがんがんプッシュしているのだ。おいおい、そんなことじゃ乳輪Bなんて望めないじゃないか、と私もいったんはツッコんだ。女性の安心=男の落胆、そんな混浴クソ食らえだろうよと。でも違うのだ。大事なのは「数」だ。湯舟に女の絶対数が増えれば、自ずとハプニングの期待値も上がる。それが数学的確率というものである。この理論の正しさを証明するため卒業旅行ではしゃぐ女子大生たちの柔肌をしかと目撃してこようと思う。

女湯のほうから若い嬌声が
3月初めの週末。新幹線で2時間、さらにバスで2時間、吹雪の中の険しい峠道を揺られ、ようやく目的の泡の湯に到着した。すでにバスの中で女子大生と思しき4人組の姿を確認している。湯舟での再会が楽しみだ。

チェックインするや、さっそく混浴露天へ。数人の男性客のほか、老夫婦や家族連れ、若いカップルなどの姿が見える。なるほど、湯は白く濁り、浸かってしまえば下半身は影すら見えない。さらに、女湯から湯に浸かったまま、大きな暖簾をくぐってスイーーッと混浴までやってこれるつくりのため、足をヘリにかけるときのチラなどは期待できない。さて、どんなハプニングを待つべきか。

ハゲの中年男性が、滝で打たせ湯を楽しみながら女湯の入り口を凝視している。確かにあそこからなら自然に女性の出入り口が観察できる。同好の士のようだ。俺も真似してみよう。

「いやー肩こりがひどくって。ああ、こりゃいいや」ひとりごちながら滝に打たれ、スタンバイ完了だ。女湯のほうから若い嬌声が聞こえてきた。暖簾から女の子の顔が出てくる。1人、2人、全部で3人。バスの4人組とは別のグループみたいだ。よし、もっとこっちに来なさい。

ところが、彼女らはすぐに元来たほうへ引っ込んでしまった。混浴に恐れをなしたか。せっかくここまで来たのに内湯だけじゃツマらんだろうに。陽が暮れかかるころ、若い女子集団がゾロゾロと現れた。全部で4人。バスで見た女の子たちだ。全員タオルを胸元まで巻いている。露骨に近づくと警戒されるので、4人に幾分近い位置にいる老夫婦と会話してみよう。

「いやー気持ちいいですね。ここは初めてですか?」「2回目だけどね、雪の日は初めて。やっぱりいいよねー」ジイさんのどうでもいい話にあいづちを打っていると、手持ちぶさたになったバアさんが4人組に話しかけてくれた。

「どこから来たの」「埼玉です〜」4人組がわずか2メートルの距離にまで近づいてきた。胸の張りをチェックしよう。B、C、D、Bあたりか。特に優香似のDカップは、身振り手振りで話すたびにタオルが下にずり落ち、谷間がくっきりあらわれる。乳輪Bの期待大だ。

バアさんとの会話を聞くに、彼女ら、やはり大学生のようだ。素晴らしい。JDエキスを体に塗りたくっておこう。ぱちゃぱちゃ。

「あっち、行ってみる?」「うん、いこいこ」キャッキャとはしゃぎながら、4人は奥のほうへずるずると進んでいった。追いかけたいが、ここはあきらめよう。再び打たせ湯ポイントから観察すること30分。指がしわしわになってきたころ、ようやく女性が姿を現した。30前後の2人組だ。片方は石原真理子を太らせて残念にした感じだが、もう1人は鷲尾いさ子似の美人。

OLさんだろうか。しばらく湯船のヘリによりかかり静かに会話していた2人が、いきなり立ち上がって歩き出した。鷲尾の身体にタオルがピタリと張り付き腰から尻のラインがクッキリ見える。うーん、いいケツだ。どこへ向かうんだ? 

おっと女湯に戻るのか。おおお、タオルが外れた!ケツの割れ目、ちょうだいしました!湯舟の中は完全なスッポンポン

すっかり陽が落ちた。あかりが灯り、いい雰囲気だ。これだけ薄暗いとガン見もしやすい。と、ここで再び女子グループの登場だ。3人のうちの1人はかなりの巨乳ちゃんで、しかも立ち上がって動き回るので、タオル越しに胸が揺れている。

乳輪Bを逃さぬようじっくりガン見していると、なんと巨乳ちゃんが湯船の中で平泳ぎを始めたではないか。これはチャンスだ。地獄の黙示録よろしく鼻まで湯に浸かって、平泳ぎちゃんに接近する。白い尻がときおり湯舟から浮かんでいる。誰も見てないと思ってるんだろう。ナメちゃいかんぜよ。

そのとき新たな女性2人組がやってきた。移動しよう。岩場に隠れて様子をうかがう。2人は20代半ばのOLといったところか。へりに背をもたれかけ、おしゃべりに夢中だ。ふと1人が濡れたバスタオルをへりに置いた。

つまり湯舟の中は完全なスッポンポン状態。いよいよ乳輪Bのチャンス到来だ。岩場の影で待つことおよそ15分、2人が動いた。タオル巻きのほうが立ち上がり、すっぽんぽんがタオルに手を伸ばす。見えた。

乳輪そのものは暗くてわからなかったが、明らかにその位置に乳輪があるであろう箇所、そして横からの乳房。見たぞ、見たぞ!夕食を食べてから、しつこく露天風呂へ。夜間のほうが油断を生みやすかろう。いた。新たな3人組が打たせ湯の近くにいるではないか。まるで高校生にも見える幼さだ。近くにジイさんグループが陣取っている。私もジイさんの仲間に加わるとしよう。

「ふぁー、いい湯ですねぇ」「あぁ」「みなさん、お知り合いですか?」「あぁ、そうだよ」口ではどうでもいい会話をしながら、目は3人組にクギ付けだ。どの子も胸は小ぶりそうだが、とにかく若い肌がまぶしい。

ジイさんが中央の岩場に座ってのぼせを冷ましだした。と、3人組も揃って立ち上がり、岩場に腰掛ける。タオルを巻いた上半身が浮かび上がる。濡れ髪か肩にかかり実にエロい。ずれろ、タオル。3人は、単位がどうのこうのと会話している。大学生か。

やっぱこの温泉、いいわ。深夜0時を過ぎると、まったく客足が途絶えたので、翌朝の7時に、朝風呂女子を狙ってまた混浴へ向かった。客は老夫婦一組のみ。打たせ湯エリアに陣取って、獲物を待とう。

8時前後、まばゆい朝の光の中、2人組がやってきた。どちらも20代半ばぐらいの色白美人で、片割れのショートヘアは結構な巨乳さである。まだこんな上玉が残ってたとは。客が少ないので、露骨には近づきにくい。後ろ向きになり、尻で歩くようにしてゆっくり接近を試みる。

じわじわじわ。ぱっと振り向くと、距離は推定5メートル。明るいことだし、ここまで来れば小さな乳輪であろうと見逃すまい。巨乳さんが両腕を岩場にあげて、目をつむっている。朝陽を受けたキレイなワキがまぶしい。胸は谷間こそ丸出しだが、乳輪にはまだ遠いか。タオルよ落ちろと念を送る。力及ばず、2人はしばらくすると、身を屈めたまま出て行ってしまった。

全国各地の混浴温泉で並ん立ちバック
イベントの様子は漫画のとおりだ。遊ぶためには、管理人に参加したい旨のメールを送るのだが、とにかく混浴、乱交に関する熱い思いをぶつけるのが大事だ。女性を同伴できるとアピール(ウソでかまわない)をすれば入会の許可がおりやすい。常連には毎回3人の女性を連れてくる猛者もいて、いつ参加しても刺激的だ
混浴温泉で女を他人に見せつけて湯上りプレイを楽しもう
交通費を払えば混浴温泉まで来てくれる業者がある
湯上りプレイを楽しもう

乱交、変態セックス愛好家が集うサイト混浴お誘い生見せカップル掲示板・露出狂の隠れ家

201310064.jpg 201310065.jpg201310062.jpg 201310063.jpg0069_201801221855132b3.jpg0070_201801221855146a6.jpg0064_20180404150926a76.jpg0065_201804041509282ef.jpg
1、露出狂の隠れ家下着を置く女 街中に隠されたパンツを見つけ出す宝探しゲームが楽しめるサイトだ。 街のどこかにパンツを置いた女が場所のヒントを書き込めばゲーム開始。実際にやってみると、他の参加者たちと競争意識が生まれ、いつのまにか夢中になる。 川崎市と名古屋市に店を構える出会いカフェのホームページに、ほかの店ではみられないシステムが導入されている。
女の子の待機所にビデオカメラを設置し、その映像をそのままネットで視聴できるようにしてあるのだ。援交女も紛れている出会いカフェの女の子を顔モザなしで確認できること自体がすごいことだが、設置されたライブカメラの性能が高く、かなりの高頻度でミニスカートから伸びたナマ脚や、運がよければ胸チラやパンチラまでもが一切の加工なしで観れてしまう。もはやお店に行かずとも、このライブカメラの映像だけでズリネタになってしまうほどハイクオリティなのだ。 
もちろん俺は近場在住なので、映像を見て気に入った子がいればすぐに店にすっ飛んでいく。
さっきまで画面で見ていた女の子とわずか30センチの距離で話ができ、交渉しだいでセックスもできるんだから、まったく便利な世の中になったとしか言いようがない。全国各地の混浴での待ち合わせに利用する掲示板だ。書き込んでいるのはカップルがほとんど。
2、混浴カップルの“ハプ”に期待せよ
混浴お誘い掲示板サイト
「どこどこの温泉に○日に行くので見に来る人を募集します」などとあるので、オレみたいな単独男がメールを送って待ち合わせ、ってな流れだ。
そしていざ温泉へ。正直に言えば、超楽しいときと、そうでもないときが半々くらいか。
楽しい日は、カップルが温泉の中でセックスをしたり、単独男のチンコをシゴいてくれたりする。そうでもない日は、目の前でカップルがチチクリあってるのを見て、その光景を脳に焼き付けるのが精一杯だ。
どっちに転ぶかは時の運。でもせっかくならば書きこみに“ハプ(=ハプニング。触らせたり触ってくれること)あります”の一文が入ってるやつを選んだほうがいい。
露カラ(露出カラオケの略。エロカラとも)にハマってる。この掲示板で物好きなカップルがしょっちゅう募集しており、オレみたいな単独男性数名とおちあってカラオケに行くのが一般的な流れだ。
現場でどうなるかはマンガのとおり。なかには単独男に触らせないような高慢女もいるにはいるけど、たいていは楽しめる会になる。
3、激ヤバな本物の動画を販売するサイトがネット上に複数存在する。中でも最も有名なのが『のぞき本舗中●屋』で、直接買い付けた動画や、他のサイトで廃盤になった作品などが大量にアップされている。女子高生による作品「鬼姫シリーズ」や、予備校のトイレを撮影した「テクノさんシリーズ」、夏休みのプール更衣室を撮った「和歌山アクションクラブ(WAC)夏脱衣所シリーズ」、チカンしながらパンチラ「龍虎・KARAS系」などなど、撮影者が逮捕されたことで、逆に知名度が増してしまった危ない作品まで揃う。また最近では、入浴シーンを盗撮した「S級C級けしからんシリーズ」を配信するサイト『ピーピング●ールズ』も、マニアの間で話題になっているようだ。撮影者が逮捕されても、被害者の動画は無修正で流通し続けているこの現状、いったいどうしたものか。 女子高校生の8割以上がスマホを持つ時代。そんな今、 彼女たちの学校でなにが起きているかご存知だろうか。平日日中、彼女たちはスマホをいじりながら学校の授業を受ける。これだけならかわいいものなのだが、なかには「ツイキャという動画の生配信サービスを使って学校から勝手にネット中継をはじめる者がいるのだ。スマホ片手に視聴者に向かって「いま体育のじか~ん!」などと授業風景を勝手に撮影。それに対して「ジャージたまらんねwww」などとコメントする視聴者たち。視聴者は、生々しい学校の風景を見たいがために彼女たちに様々な場所にカメラを向けるよう要求する。するとときに思わぬシーンに遭遇してしまう可能性もある。休み時間の風景はもちろん、下校シーンまで。これらが世界中にバラまかれていることなど他の生徒や教師は知る由もない。
露出、乱交、変態セックス愛好家が集うサイト
露出、乱交。変態セックス愛好家が集うサイトと言えば、やはり『露出狂の隠れ家』だろう。この中の『生で見せたいカップル』掲示板ほど、怪しい募集が並んでいる場所もない。
〈淫乱妻と遊んでくれる単独男性さんいませんか?チカンしたりシコシコ見せつけてやって下さい〉
〈今夜10時頃、ラブホの窓から露出します。ちょいぽちゃアラフォーですが見たい方いませんか?〉
〈今から高崎駅前の、カラオケボックスで遊べる単独男性さんを募集します〉
知らない人が見たら、信じられないかもしれない。こんなブッ飛んだ募集が毎日のように書き込まれているなんて本当なのかと。でもこれ、本当にガチなのだ。これらの投稿者は、基本的に男で、自分のヨメやカノジョを自慢したがっている傾向がある。メッセージを送るときは、プロフィールをチェック。「彼女さん、きれいな足ですね! 羨ましい!」といったふうに、ベタ褒めするのが鉄則だ。
“乱交サークル”と聞くと、学校の部活みたいなノリで変態セックスを楽しんでいるような集いを想像するでしょう。しかし実際のところ、ネットで“乱交サークル”と検索し、すぐにヒットするようなサークルの大半が営利目的の集まりで、男性メンバーから高額なプレイ代金を徴収する、ハプニングバーみたいな内容です。営利目的ではなく(入会金とホテル代程度はかかるが)運営しているサークルは、東京だと「CROSS BLUE」、東海地方だと「RIFURAN」と覚えておきましょう。ネット検索してください。
“チン凸”なる遊びをご存知だろうか。テレビ電話やスカイプなどの動画通話中に、相手の女の子にいきなりチンコを見せ、その反応を楽しむものだ。現在チン凸にもっとも使われてるアプリが『斉藤さ
ん』。これはランダムに相手と繋がる仕様になっていて、女子の顔が映った瞬間にチンコを見せることができる。ユーザーが多く、顔出ししてる女の子もけっこういるので、まさにこの遊びのためにあるようなアプリだ。

【エロ漫画】露出狂や相互観賞マニアが集まって乱交パーティーでイカセさせあうラブホテル

aba2246_20190815204636822.jpgaba2247_2019081520463734c.jpgaba2248_2019081520463925a.jpgaba2249_201908152046406be.jpgaba2250_20190815204641695.jpgaba2251_20190815204643ac4.jpgaba2252_2019081520464496a.jpgaba2253_20190815204646a17.jpgaba2254_20190815204647de2.jpgaba2255_20190815204649fb4.jpgaba2256_20190815204650ebe.jpgaba2257_20190815204652cab.jpg露出狂が集まって乱交パーティー・・・
まるでAVのようですがそんなラブホテルが実在するのです
スワップングに乱交パーティー・・・見られてのセックスの方が興奮するのでしょうか
露出狂や相互観賞マニアの噌好にピッタリの噂のラブホテルに入ってみた
1_20191126231855288.jpg2_2019112623185640f.jpg3_2019112623185855d.jpg4_20191126231859a95.jpg5_2019112623190192e.jpg新大久保。新宿・歌舞伎町の目と鼻の先にあるこの街は、アジア系外国人が密集するエスニッタウンであるとともに、ラブホテル街としも有名だ。
その中のひとつ、「A」ホテルの存在を知ったのは、あるホームページの掲示板がきっかけだった。力ップル喫茶やスワッピング関連の情報が並んだ中に、妙な書き込みを発見したのだ。
「9月×日、新大久保の『A』ホテルに午後1時17時までいます。窓あけてまってます」
通常、この掲示板では「関西在住の方、一緒にスワップしませんか」といった、力ップル同士のいわゆる、お誘い系メッセージが多くを占めている。むろん、件の書き込みもその一種には違いない。しかし、ラブホで窓を開けていったいどうするんだろう・アエギ声を拝聴させてくれるとでもいうのか。さっそく本人にメールで問い合わせてみると、なんでもこの「A」ホテル、隣あった部屋同士の窓を開けると、互いが丸見えになるらしい。つまり、彼らは相互観賞プレイの相手を探していたのだ。ただ、そうした部屋は限られており、ー階は105と108、2階なら205のいずれかに入る必要があるという。栗たしてそんな都合のいいホテルがあるんだろうか。窓を開けると、互いが丸見え。ウレム、そんなとこあるかあ?まあ、せっかくのお誘いである。これは力ノジョを誘ってでも覗いてみるしかないだろう。
当日の午後2時、パートナーを連れて山手線の新大久保で下車し、そこから歩くこと約3分。「A」ホテルはスグに見つかった。外観を見る限り、今ドキの力ップルが好き好んで入るような雰囲気じゃない。「いらっしゃいませー」中に入ると、フロントからオバチャンの声がした。「好きなお部屋、選んでね」オバチャンに促され、空き状況を示すパネルに目をやる。ほとんどの部屋に明かりがついている中、相互観賞部屋らしき211号室は消えていた。客が入っているのだ。すかさず、211と対面している205号室のボタンをプッシュ。サービスタイムの料金4千円を払い、力ギを手に2階へ。
205号室は、これまた何の変哲もない部屋だった。隣が丸見えだと?ありゃたぶんウソだな。半ばあきらめかけて、正面の障子と窓を同時に開けたそのとき。そこには、待ってましたと言わんばかりに濃厚なディープキスを交わすカップルの姿が。相互観賞OKのホテルは本当に存在したのだ。「あっ、メールくれた人?」「そ、そうですけど」「こっちはテキトーにやってるからさ」慣れているのか、男女とも別段恥ずかしがる様子もなく、キスからペッティング、やがてフェラチオ、シックスナインへと移行していく。もうホレボレするほどの見せっぶりなんすよ、これが。
状況がよくわからない人のために、もう一度脱明しよう・前ページに掲載した部屋の見取り図を見てもわかるように、この「A」ホテルは一種の、コの字形になっており、互いの棟の距離が非常に近い・したがって正面で向かい合った部屋(2階なら205と211)の窓を開ければ双方が丸見えになるのは、必然的なのだ。単なる設計ミスか、それとも故意なのか。いずれにせよ、この奇妙構造が、露出狂や相互観賞マニアの噌好にピッタリきていることは間違いない。しからば、他にもこのホテルを利用している力ップルだっているはずだ。さっそくスワップ&乱交系のホームページに、片っ端から「Aホテルでお会いしませんか」とのメッセージを入れてみた・すると、翌日にはこんなメールが。「男50才、女22才のカップルです。新大久保のAはよく利用してますが、あそこはみんなヘンに窓を閉めちゃうんですよ」ヘンなのはどっちなんだという話はさておき、携帯番号を交換、アポを取った。当日、約束の午後2時に先方へ電話を折れると「もう入っちゃいましたよ、211に」とのこと。急いで205号室に駆け込み、窓を開けてみると…。「ちいーっす」男が腰を振りながら、こちらに軽く会釈を送ってきた。女の方は「アッアッ」とすでに上気している。
ちゃんと見てあげないと怒られるんじやないか・そんなこっちの心配をよそに、窓越しの2人は次々と体位を変え、黙々とエッチを続けている。「2人でこっちに来ない?」一息ついたところで、男が誘ってきた・確かに、窓から窓へひょいと渡れるほどの距離だ・当然ここはイクしかないっしょと力ノジョを説得してみたがゴーサインが出ず、結局はここでお開き。
せっかくだからスワップしたかったようなヤラなくて正解だったような
Copyright © エロ漫画無料アダルト裏モノJAPAN All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます