0086_201803060904243f1.jpg 0087_2018030609042562e.jpg0088_2018030609042746e.jpg 0089_2018030609042876d.jpg明治大学のサークル主催の飲み会に参加した女子大生らが歌舞伎町で倒れた。大学側はコトの原因を過度の飲酒と公表しているが、一説によると、サークル幹部が女子大生にスピリタスカプセル(以下SP)を飲ませた可能性があるという。SPは、アルコール純度95%の酒スピリタスをカプセル状にしたもので、飲酒時に服用すると胃で溶けて急激に酔いが加速する。使い方によっては急性アルコール中毒を引き起こしかねない物騒なシロモノだ。本来、SPは手作りするものだが、なんと居酒屋チェーン「ザ・ロッ●アップ」では、時限爆弾の名称で完成品のSPが堂々と販売されている(1粒100円)。明大サークル事件の後だけになおさら、悪用者が現れないか心配だ。
いつの世にもまっとうな商品を悪用したがるヤツらがいる。市販薬を過剰摂取して“飛び”を楽しむ輩もその一つだ。不届きな愛好家たちはどの市販薬が飛べる、この組み合わリるなどとあーだこーだ言い合っている。ヤツらの中で良しとされているクスリは以下だ。製薬会社が使用法に反した飲み方は人体に多大な悪影響を与える場合もあるので、絶対にマネしてはいけない。
レ●タミンコーワ嬢10錠
一気飲みすると頭の中がぐるぐる回る感覚に陥り、フラフラして立っていられない。幻覚、幻聴を起こす場合もある。この睡眠導入剤、成分は『ドリエル』とほぼ同じで、こちらのほうが断然安いので人気がある。
エス●ロンモカ10錠+パ●ロンS20錠
エス●ロンに含まれるカフェインとパ●ロンに含まれるコデインを同時に大量摂取することで、ハイになりつつも頭の中はクリアな状態になる。いわゆる多幸感というヤツが得られ、楽しい時間が続くわけだ。セックス用にも使われる。スト●リニS3錠+ウイスキー腰が砕けるようにフラフラし、まさにラリってると言った状態になる。スト●リニ(鼻炎薬)に含まれるダツラエキスの過剰摂取の効果だ。リポドリンと呼ばれるアメリカ製のダイエットサプリがある。
これ、輸入代行を使えば簡単に入手できるのだが、強烈な食退欲減効果があり、一部の熱心なダイエッターの間では、ほんのな服用期間で体重が5キロも10キロも落ちてしまうと有名だ。
 それもそのはず。このサプリの主要成分はエフェドリンでシャブ原料ともなる物質なのだ。リポドリンの副作用である発汗や動悸、集中力の増加、あるいは幻覚を見たり躁になる症状などは、まさにシャブと同じである。1日の用量(4錠以下)を守らず乱用すれば、それこそ本物に劣らぬドラッグにもなり得るわけだ。にもかかわらず、いっさい規制がされていないこの現状。いずれ深刻な事故が起きなければいいのだが。
未成年はタバコを吸っちゃダメ。なのは常識だが、電子タバコはどうか。まずニコチンが入っていない電子タバコであれば、国内の業者から老若男女誰でも自由に買って吸うことができる。ならば薬事法で禁止されているニコチン電子タバコは? こちらは国内での製造と販売が禁止されているが、それはあくまで製造・販売の話。ニコチン自体の摂取や所持は規制されていないので、海外からの個人輸入であれば、誰でも合法的に手にいれることができてしまう。
 さらに日本の法律では子供の喫煙は禁止されているはずだが、「タバコ属の植物」のみがタバコに指定されていて、電子タバコはあくまで「タバコのようなもの」扱い。子供が吸っても、規制の対象にはならないのだ。ギャンブル好きな人間はお金を賭けなければ面白くないと口をそろえる。特に麻雀愛好家は金を賭けてこそやる気が出るものだという。しかし、金を賭けるにはわざわざ雀荘などに出向かなければけないし、そもそも日本では賭け麻雀は禁止されている。しかし、法を逃れ、高額な現金を賭けて打てるオンライン麻雀サイトが存在する。それが『DORA麻雀』だ。オンライン麻雀のサイトはいくつかあるものの、国内で実際にお金を賭けられるのはこのサイトのみ。仕組みは基本的なオンライン麻雀と同じで、パソコンを通して世界中の麻雀ユーザーと対戦するというもの。お金の入金は手持ちのクレジットカードで行い、ゲームに勝てばすぐに口座に入金される。このサイトを使って麻雀を打ちながら生活費を稼ぐ者までいるらしい。では、なぜこのサイトは金を賭けても違法にならないのか。実はこのサイト、運営会社が日本ではなく、ギャンブルが合法な国にあることになっている。海外の賭博サイトなら、旅行先でカジノをしたのと同じ扱いになるという理屈だ。法的にはグレーな状態で運営されているのだろう。
※この記事は知的好奇心を満たすためにお読みください。実行されると罰せられるものもあります。