街コンのタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:街コン

街コン必勝法|相方にはイケメンを・お酒を飲む女性を狙う・年配は誉めて口説け・ブスを狙え

1_20200122094521500.jpg2_20200122094523279.jpg3_2020012209452419c.jpg4_20200122094525967.jpg5_202001220945278fa.jpg6_20200122094528925.jpg7_20200122094530e69.jpg8_20200122094531b77.jpg
キャリア志向の女と近づくにはフェイスブック街コンで
20190921212757.png

一見やけに盛り上がってるようなフェイスブックですが、こと見知らぬ女との出会いとなると、非常に使い勝手が悪いのが現実です。実名登録が前提だし、エロコミュみたいなのもないし。おまけにリアルでの知り合い以外は「友だち」にならないのがスタンダードなので、ネットナンパにも適していません。でも『フェイスブック街コン』はなかなか使えます。街コンとはいえ、集まるのは多くて30人ほど。大規模な合コンのようなものです。検索バーに『街コン』と入力して探しましょう。まだ都心部でしか開催されていないこの街コン、勝間和代を自らのロールモデルとし、MacbookAirを広げてスタバで仕事しているような女性ばかりがやってきます。仕事ができる私ってカッコイイでしょタイプというか。

はっきり言うと、彼女たち、コンパの席での攻略は難しいです。酔って男に身をまかすようなタイプではありません。名刺交換だけにとどめておきましょう。攻略は後日です。
〈●●さんのお仕事に興味を持ってます。またお会いして話を聞きたいのですが〉
あくまで興味は、仕事8割、人物2割ぐらいのニュアンスがいいでしょう。コンパのときは肩ヒジ張っている彼女らも、二人きりになると女性的な側面を見せてきます。やっぱり女は女、誰かに甘えたがってるものなのです。フェイスブック街コンは、普段はなかなか出会えないキャリア志向の女と近づくいいチャンスだと思いますよ。

『ソーシャルランチ』は15時以降の提案で飲み会に持ち込む

昼メシを一緒に食べる相手を探す、フェイスブックのサービスだ。まず設定。初めにフェイスブック上の友達を誘って男2人のペアを作る。次にメシを食いたい地域を設定する。例えば渋谷や新宿など。設定さえしておけば毎朝、画面上にペアが1組だけ表示される。この人たちとランチしますか?と勝手にマッチングされた相手だ。男2人組や男女ペアなどはスルーして、女子2人組が出てくるまで毎日ひたすら待ちだ。

やっとこさ女子2人が出てきたら日時を提案する。ここがポイントで、『金曜の15時以降〜』みたいに、ランチよりいくぶん遅めを指定しよう。できれば軽くランチがいいけど正午前後は忙しい風を装って。結果的にランチではなく仕事終わりの飲み会にしてしまう作戦だ。やってくる女性たちは20代後半のキャリアウーマン風が多い。会の冒頭はまるで異業種交流会のようで色気もあったもんじゃないが、仕事の話をテキトーに聞き流し、酒をすすめていけば後は普通の合コン同然だ。201502086.jpg201502087.jpg201502082.jpg201502083.jpg0131_20191226180004a63.jpg

かれこれ2年ほど、あらゆる出会いの手段を講じ、それなりの経験を積んできた。女の行動や心理などの分析は、そこらのニイちゃんに負けないと自負している。
そろそろここらで、オレの能力すべてをぶつけた真っ向勝負に挑んでみたい。
舞台は流行りの街コンだ。
普段の合コンなら飲ませるところだが 土曜の午後、オレは都内某駅で、今回の街コン参加コンビの相方、A君(31才)と合流した。
彼、そこそこの男前である。自分より劣る男でなくイケメンと一緒のほうが結果的におこぼれにあずかるチャンスが増えるものだ。
本日の街コン(昼2時半〜夕5時)は、某所の約20ヵ所の飲食店がコンパ会場になっており、参加者は800人とある。ハイソなイメージの土地だけに、いい女との出会いを期待したい。
受付場所でリストバンドと会場マップをもらい、スタート場所の店に向かった(1軒目は決められている)。
到着した店では、すでにあちこちのテーブル席で、男2女2グループがわいわいやっていた。案内スタッフが、端っこの女2人組テーブルを指さす。
「あちらでお願いします」
ふーん、セッティングは強制的なのか。かなり運に左右されるゲームだな。
2人組の年齢は三十前後くらいだった。マシなほうの白ブラウスの横にオレが、残りの横にA君が座った。
「こんにちは。ぼくたち、街コン初めてなんですよ。ちょっと緊張します」
白ブラウスがうんうんと大げさにうなずく。
「私たちも初めてなんで、勝手わかんないし、ずーと待たされちゃうし。心折れかけてもう帰ろうかと思ってて」「待たせちゃってすみません」
軽く挨拶をかわし、ドリンクを注文する。
「あ、私ウーロン茶で」「私も同じで」 
はぁ? 三十路のくせになにカワイコぶってんの?
これって合コンなんですけど。
普段の合コンなら無理矢理にでも飲ませるところだが、今日はまだ他に何組もいるのだ。こいつらはスルーする方向で行こう。
およそ30分、出身地や職業、旅行などの当たり障りのない話をし、メアドだけ交換してさっさと別れることにした。
「男の人はいいんじゃ 2軒目、マップを見ながら適当な店へ向かってみる。到着したのはクラブだった。音楽のうるさいフロアに、参加者たちがパラパラいる。自由に動き回って声をかけていいようだ。コンパというよりナンパっぽいな。お、2人組が歩いてるぞ。
「ちょっと、お嬢さんたち」
「私たちもう出るんで。ここ、食べ物ないしお腹すいちゃったし」
手をヒラヒラさせて行ってしまった。そりゃメシがないと人は定着しないって。主催者、アホなのか。3軒目は、フレンチの店へ。どうぞどうぞと歓迎してくた。
「女性が多いんで、男性の方はすぐ入れます」
案内されたテーブルには、40に手が届いてそうな熟女が2人座っていた。おいおい、勘弁してくれよ。待っている最中にぱかぱか飲んだのだろうか、空いたワイングラスが3つも置いてある。酔ってるなら、これはこれでアリかもしんない。じっくり行くか。
「よろしくお願いしまーす」この2人、仲間内の飲み会で知り合い、お互いいい歳こいた独身同士ということで仲良くなったとか。2人で合コンによく行ってるそうだ。
「合コンにも若い子とか来ませんか?」
「若い子もけっこうあるかな。でも、若い子ってマナーがなってないよね。合コンでメアドを聞いてこないわけ。メアド交換ってマナーだと思わない?」
表情がマジだ。そりゃ若い男にすれば、こんな人たちにメール聞こうとは思わないって。
「じゃあ、ぼくらは女性に積極的にメールを聞いたほうがいいわけですね?」
「もちろん」「合コンの後、メールで積極的に誘ったりするのはアリ?」
「もちろん」「へえ、こんなキレイな人だったら絶対誘いますよ」
「あら、上手いわね」
喜んでる。トウの立った女は誉めるに限るだ。こうなると、ラストまでこの2人組にがっつり張り付くのもいいかもしれない。
でも、時間はまだ5時前だ。終了まで20分ほどある。次の店でイイ女がいる可能性だってあるんだし、ここはメアドを聞いて、いったんリリースしておくか。
「それじゃ後でメールしますんで」 
急いで次の店へ走り、女のテーブルに着こうとしたそのとき、その2人が立ち上がった。
「すみません、もう出るんで」 
これにてタイムオーバー。しょうがなく、さっきの熟女にメールしてみたが返事はなかった。マナーがなってないよ!

翌日曜日。昼2時半。
本日も別の場所で街コン(昼3時〜夕6時)である。A君と合流後、受付を済ませてスタート店へ向かう。
一組目は、職場が一緒だという女2人組だった。街コン参加は2回目らしい。
「職場で出会い?ないですよ。うちらの会社、オヤジばっかりですし」「へえ」
「でも、うちらオヤジに好かれるんですよ。ゴハンとかよく連れていってもらえるし」
話は弾む。適当に盛り上がりもした。しかし、やはり30分程度では深いトークはできないまま、メアド交換してバイバイという流れにしかならない。こんなこと繰り返しても意味ないのでは? 
店を出ると、路上にマップを見ている女の子2人組いいこと考えた!近寄って声をかける。
「街コンの方ですよね?」「そうですよ」
おかめ顔のほうのコが返事をした。こちらもリストバンドを着けているおかげで警戒はされてない。
「どこかいい店あったら教えてくれませんか?」
「私たち、まだ1軒しか行ってないんで」
「あの、もしよかったら、次の店に一緒に行きませんか?」
「…あ、それは」
おかめ顔がツレの顔を見る。
「2人でどこ行くかもうちょっと考えたいんで、すみません」
2人は向こうに行ってしまった。残念。一緒に店に入れば、コンパの印象も変わってくると思ったんだけど。気を取り直して、次はイタリアンの店へ。コンパ相手となったの
は、くりっとした瞳がかわいいモノマネ福田彩乃似と、どこか陰のありそうな年増女のペアだ。以前の会社が一緒だったそうな。
4人でダラダラ喋っても、1軒目と同じ流れになりかねない。A君、キミは年増のほうを頼む。 意図を察したA君が年増に熱心に語りかけ、聞きたくもない恋バナを振っている。よし、福田ちゃんはオレがもらったぞ。
「職場では出会いとかないの?」
「ぜんぜんないですよ。そっちはどんな仕事してるんですか?」
「ぼくはまあ、雑誌作ってるよ」
「すごーい。雑誌っていうと、取材するんですか、芸能人とか」
うーん、ここは正直に言うわけにもいかないし、どうしたものか。そのとき、年増女がこちらに身を乗り出してきた。
「記者さんなんですね。セントウさんって、どんな字を書くんですか?」
「仙台の仙に、頭」
「下の名前は」
「正教。正しいに教える」 
なんだよこの年増、オレに興味ありなのかよ。困るんですけど。ん?ケイタイで何かやってるけど…。彼女が首をかしげる。
「裏モノジャパンっていうのが出てきたんですけど」
何でネット検索してんだよ、それはまずいって!
「年末年始はハプバー通いの仙頭正教とかいう記事があるけど、これは何ですか?」
おいおい、誰がそんな記事アップしてんだ。
「年末年始はハプバー通いなんですか?」
「…そんなわけないじゃないですか。同姓同名の他人ですよ。びっくりしたわあ」
もちろん信用してもらえず、まもなく2人は席を去ってしまった。メアド交換もせずに。
「これからお疲れさま会でも開きませんか?」
その後はどこの店も男は待ちの状態ばかりで、そのうち終了時間の6時がやってきた。街コン、ぜんぜんダメじゃん。2日も費やしてこのまま帰るのはあんまりだ。かくなるうえは、力技でいくしかない。 
駅前に、リストバンドの女2人組がいた。地味を絵に描いたようなポチャとヤセのコンビである。トボトボ歩いてるあたり、男に誘われなかったためしょげてるものと見た。
声をかける。
「街コンの人ですよね?」
「そうですけど」
「これからお疲れさま会でも開きませんか?」
2人は、互いに顔を見合わせちょっと間を置き、そしてこちらを向いた。
「私はいいですよ」「じゃあ、私も」よしよし。居酒屋に入り、ビールと酎ハイで乾杯。この子らも昼から飲んでいるだろうから、酔いは回ってきてると思う。さあ、あと何杯飲ませればオチるかな。 
…………結局、2時間ほども、地味な彼女らの地味な恋バナを聞かされただけで終わってしまった。うぃ、飲み過ぎたかも、おえっ。 
夜9時。A君と別れ、駅前をトボトボ歩く。散々な結果だ。気分転換にソープでも寄って帰ろうかな。そのとき目の前に、見覚えのある女の姿が。今日の昼、路上で声をかけたコンビの一人、おかめ顔だ。
こんな時間までいるってことは、他の男グループと飲んでいたのだろう。でも、ツレらしきやつはいない。完全に一人だ。しかも、フラフラしてるし。
最後の最後にこんな場面に出くわすなんて。おかめ顔、ぜんぜんオッケーです。

「おつかれーす」
「えっ、あ、おつかれれーす」 
ロレツが怪しい。「ぼくのこと覚えてる?街コンであったでしょ?」
「うーん、あったっけー?」 
完全に出来上がっている。ツイてるわ、オレ。
「街コンのお疲れ会しようよ」  
彼女の名前はナオコ、25才。こんなに酔ってるのに、さらに泡盛をぐびぐびあおりだす。
「今日は街コンどうだったの?」
「うーん、まあ、こんなもんかなって感じ。前回と一緒」
「ツレの子はどうしたの?」
「さっきまで飲んでいた男の人たちと、どっかに行っちゃって」 
なるほどね。あっちは上手くいっちゃったのに、自分は置いてけぼりをくらったんだ。まったくもう、オレにとってはなんてオイシイ話
「軽くもう一杯いかない?」
「えー」
「軽く一杯だけだから」
「じゃあいいよー」
沖縄料理屋に移動。
「ナオコちゃんちってどこ?」

「調布だよ」わお、オレんちの隣町じゃん!もう飲み屋でダラダラやってる場合じゃないぞ。
駅に向かう途中、手をつないでみると、ナオコはいやがるどころか、指を絡ませ、親指の腹でぐりぐりと触ってきた。 しかも駅のホームでは、だらーんと抱きついてくる始末。顔を近づけると、彼女のほうからキスをしてきた。周りに人がめちゃくちゃいるのに。ごくごく自然に、彼女はオレんちまでやってきた。優しいフリでジャージを渡す。
「服、しわになるでしょ?着替えなよ」
「そうだね」目の前で普通に着替えはじめる彼女。おおっ、おっぱいけっこう大きそうだな。
「おっきいね、何カップ?」
「Fだけど。ちょっと見ないで」
「わかった、見ない。だから、触らせてよ」
「もうー」 
ムギュムギュ。わーお、でけーな。こりゃあたまらん。
「ちょっと、何もしないって言ったのに」
「そんなおっぱい見たら、もう我慢できないって」 
ブラジャーをはぎ取ると、メロンみたいなシロモノがぼろんと飛び出した。ちょっと、味見させてもらいます。ペロペロ。
「ああん、ああっ」 
一気にズボンとパンツもはぎ取り、ムッチリした肉体にしゃぶりつく。アソコに手を伸ばせば、あらあらスゴイ濡れようだ。ほれほれ、ぐりぐり。
「あんあん、あああん。もうお願い、入れて」
よしよし、お願いするならしょうがないな。おりゃ。
「ああ、気持ちいい!やっと一つになれたね!」こんなセリフ、生まれて初めて聞いた。どの段階から一つになりたかったんだよ!

街コンでブス狙い

ラインなどで「俺、けっこうSって言われるんだよね〜」と伝えておく。この段階でじゃあイヤだってなことにはならないのでご安心を。
次第に『朝起きたらギンギンだった!』とか『オナるからエロ写真プリーズw』などと下の話に移っていき、じゃあメシでも、と誘う。ここまで1週間ぐらいか。ここからが重要だ。約束が決まった段
階で、声を聞いておきたいからとライン通話を持ちかける。繋がったらテレセだ。
「やべえ、声聞いたら興奮してきちゃった。●●のこと電話で犯しちゃっていい?」
拒否するヤツも当然いるが、イヤがらなければ徐々にSMチックなテレセに持っていく。実際によくやる会話を挙げよう。
「手錠かけてやるよ、ほら」「えー、はい」
「ほら、口だけでしゃぶれよ」「こう? あむあむ」
「もっと激しく頭を動かせよ」「はい。あむあむあむ…」
「イイ子だ。じゃあ洗濯ばさみあるだろ?」「…はい」
「乳首をはさめ。その状態でしゃぶれよ」
あくまで電話だからこそ言えるセリフだが、ここまで来ればOK。文字で打つよりは実際に会話するほうが効果的のように思う。いざ会うとき、ブサ子ちゃんは間違いなくこれを期待してやってくる。というかブサじゃなければこんな非常識な人間に会いにこない、とも言える。
できる人は思いつくかぎりの陵辱プレイをやれば奴隷のできあがりだが、オレみたいなノーマル人間だったら、とりあえず洗濯ばさみを持っていけばいいだろう。
写メ交換をせずにアポったとき、予想してた以上のブスがやってくることは多い。出会い系ってのはそういうものだ。そんなとき、いいから帰れと捨ててしまうのはもったいない。ブスにはブスなりの利用価値があるわけで。オレみたいな地方在住の人間はクルマで待ち合わせることが多い。そのまま助手席に乗せてドライブ開始。まったく気乗りしないだろうが、とりあえず適当に会話をしておく。目的はカーセックスだ。だが、俺は人ない山奥なんかにはいかない。あえ気て人目に触れる危険のある場所にクルマを停める。たとえばボーリング場の駐車場や、国道沿いに路駐したりだ。そこでガバっと襲いかかる。当然オンナは言う。「ちょっと、見られちゃうよぉ」と。だがそこで止めてはいけない。恥ずかしいかもしれないが、おっぱじめてしまうのだ。名づけて人前カーセックスである。なぜこんなことをするかといえば、コレをなんだかんだで受け入れるブスってのは、明らかにドMで従順なメスブタだからだ。これにて何でも言うことを聞く便利オンナの完成だ。
『アダコミ』というネット掲示板がある。乱交マニアや露出カップルなど、変態連中のセックス相手募集がずらっと並んでいる場所だ。
『今日、暇な人』『明日明後日、暇な人』コーナーあたりには、独女の書き込みも多い。
「150センチ50キロのぽちゃですが…。今日夕方まで空いてます」
「エッチなことしたいな。かわいがってほしいな」
「クンニ好き。トロけるほど食べられたい」
変態掲示板にやってきている女たちは、言うまでもなく、ノーマルではない。大半がブスやデブであり、過去に変態オヤジと付き合っていて複数プレイをやらされていたような、調教経験者も少なくな
く、奴隷のターゲットには持ってこいだ。では、どうアプローチすればいいか。オレが過去に実際にアポったときに聞いたところ、女には男からメールが殺到しているが、ほどんどが短文らしい。
「35才男です。よろしくです」
「今日の夕方なら空いてます。一緒に楽しみましょう」
男たちは皆、どうせブスだしと手を抜いているようだ。そこでオレの場合、ファーストメールは、かなりしっかり作っている。意識するのは以下5点。
・プロフィール(年齢、身長、体重、写メ)。
・ホテル代を払う旨。
・相手のいる場所に到着できる時間。
・希望プレイに対して具体的にどう応えるか(例:クンニの仕方は、くちびるをヒダにぴたっと押し当て、舌でクリトリスを転がし続けます)。
面倒だが、こうして作ったメールを10人ほどに送れば、1人は必ず会えるだろう。いざ会ってから奴隷化までは難しくはない。相手は性欲を持てあました好きモノブス、変態プレイほど興奮するし、調教に持ち込むのはたやすい。街コンの女性コンビ一方が必ずブスだ。片方は容姿レベル70点以上、片方は地味&小太り、ってのが典型的な組み合わせだろうか。あれ、美人のほうはブスに誘われて付き合いでやって来ている場合がほとんどだ。だから美人を狙っても意味がない。もし好き放題セックスが目的ならば、あえてブスを狙うことをオススメしたい。
何組もの男たちと会話する、ブスは気づく。みんな友達のほう向いて私に関心ないじゃない。ライン交換は一応するけど、いまいち私に食いついてる雰囲気でもないし…。だからこそ、ガツガツと彼女に食らいつく姿勢を見せるだけで、展開はスムーズだ。美人友達のほうには目もくれず、次の約束を取り付け、「付き合う」設定でホテルに入ってイラマチオ。ざっくり書くとこんな流れか。まあとにかく、街コンでブス狙いを徹底すればセックス率は5割を超える。
プロフィール欄で「可愛さ」や「優しさ」「清潔度」などを★の数で表せる出会い
系サイトが多い。
よく見るのはすべての項目が★3の女で、これは何もいじっていないことを意味する。
次にどの項目も★4〜5になっている女も目立つ。自己評価が甘いのだろう。
そんなイイ女が出会い系に大勢いるはずがない。
ではこういうのはどうだろう。
愛さ★1
可優しさ★4
オール★3にしておけばいいのに、あえて可愛さを1に、そして優しさを4にするという、この精神はどう理解すればいいのか。謙虚なブス、内面を見て欲しいブス、と考えて差し支えないだろう。送るべきメールはこれだ。
〈はじめまして。僕は人間的に可愛らしい人と出会いたいなって思ってます。●●さんのプロフを見させてもらって、そういう溢れ出る可愛らしさみたいなのを勝手に感じてメールしちゃいました。良かったら仲良くなりましょ!〉人間的に可愛らしい。オレが編み出した素晴らしい文言だと思う。
返事が来たら適当にメールのやりとりをし、食事に誘い出す。こういう連中は即日会うってのは拒否りがちなので、まあ1週間以内にアポを狙えばいい。当日は食事、酒、ホテルと普通に進めて行く。エッチの最中や後などに「ホントに人として好きだなぁ」など言っておけば切れずに何度もヤリまくれるオススメ物件だ。
泥酔した女の子を狙う
オーソドックスな手法だが、あのテクニック、普通に寝てる子と酔っばらってダウンしてる子の選別が難しかったりする。そこで今回、オレが紹介したいのは、ターゲットが一目瞭然でわかる場所。何を隠そう、ハンバーガーショップのMが泥酔娘ナンパに最適なのだ。
★ある日の深夜。飲み会シーズンだけに、3階の喫煙席は大勢の若者が始発を待っている。そんな中で、シコシコ原稿を書いていた深夜ー時のこと。突然、フロアに店員が現れ、客たちに呼びかけた。「今からこちらの階の清掃に入りますので、お客様、恐れいりますが下の階へ移動していただけますか」致し方なく重い腰を上げ、周囲を見渡したところで、体に電流が走りた。意識のはっきりしてる人間は、2階の良い席を押さえようと階下に急ぎ、周りは、泥酔者ばかり。中にはへロへロなねーちゃんも沢山いる。何だこの美しいシチュエーションは。思わず、階段の入り口で座り込んでいた宇多田似に、駆け寄った。「大丈夫?」大丈夫じゃないみたいね。「友達いる?」いないみたいね。ここまでの確認に5秒。でもって、女を担ぎ上げ、タクシーに乗せ、5分後には濃厚な酒臭い舌を味わい、30分後には正常位でハメていた。いやー簡単簡単。後日、知人を介してMの清掃時間を調べたとろ、高田馬場店では深夜1時、池袋某店では深夜3時と判明。これまでに、5回チャレンジして2勝3敗とまずまずの成績を上げている。興味のある方は、ぜひとも近所の『M』(ターミナル駅近くで営業する複数階の大型店が狙い目)の清掃時間をチェックしてほしい。これから始まる大学の新歓コンパシーズンには、打って付けの方法ですよ。

PitapatのカップリングはFacebookがらみだから会いやすい

20190921212804.png

フェイスブックで友達のページを見ているとき、彼らの友達の女の子たちが気になることってないだろうか。何とかして繋がりたいな、みたいな。そこでボクが利用しているのは、スマホアプリ「Pitapat」。フェイスブックを利用して〝カップリングゲーム〞ができるというシロモノだ。

インストールすると、〝自分の友達の友達〞までの範囲の人間で、Pitapatをインストールしている異性が表示される。その中から気になる相手にチェックを入れ、相手も自分にチェックを入れてくれると、〝マッチング成立〞という流れだ。ぼくはこのアプリを使い始めて以降、職場の人間や飲み仲間など、いろんな知り合いに積極的に友達申請し、Pitapatのターゲット数を増やし、カップリングゲームを楽しんでいる。

その際のコツは、自分のフェイスブックページに写りの良い写真を載せておく程度で、あとは数を打つだけだが、マッチング成績は悪くない。流行のフェイスブック絡みのアプリだから興味心をそそられるのだろう、出会いに前向きな女の子が多いのだ。マッチング成立後は、とりあえずフェイスブック上で何度かメールをしてから、〈今度メシでも食いませんか?〉でだいたい会うことができる。このあたり、実名性が重視されているフェイスブックの性格上、出会いに対する女の子のハードルが低いのではとボクは思っている。

チャイニーズ狙いなら中国版フェイスブック『QQ』で

日本に住んでいる中国人と知り合えるいいアプリがある。中国で大人気のSNS「QQ」の日本国内版だ。アプリを起動し、自分の近くにいるユーザーを検索する機能を使ってみてほしい。中国人たちの写真付きプロフがずらっと並ぶだろうが、かわいい女の子がいっぱいいることに驚くはずだ。

狙うべきは、プロフィールを日本語で書いている人間である。彼女らは日本人と仲良くなりたがっているコだ。日本語でメールを送ろう。〝こんにちわ。日本人のタカシです。よかったらメールしましょう〞3人に1人は返事がくる。〝よろしく〞〝いいですよ〞など文面は単語だ。

こちらのメールもわかりやすく簡潔に返してあげよう。そしてポイントは、気持ちをオーバーに表現することだ。〝メッセージありがとう。私は幸せものです〞一度メールが始まったら、普通にやりとりは続く。

向こうの人間には、ネットでの出会い=コワイみたいな印象はないので、2日ほどやりとりした後、〝ごはん食べに行きませんか?〞と誘えば普通にオーケーが出る。ただし、会ってからセックスまでのハードルは高い。酔った勢いでヤルなんてのはまず無理だ。ぼくの場合は、とにかく大げさに愛情を伝える。「あなたの大きな瞳が、とても好きだよ」とか何とか。3回くらい会ってデキれば満足すべし。

カテゴリ

【エロ漫画】街コンは婚期を逃したおばさんが多いが女の子1人参加の合コン・街コンは狙い目だ

0204_201909131753112dc.jpg0205_201909131753120c6.jpg0206_201909131753141d6.jpg0207_2019091317531688b.jpg0208_20190913175317806.jpg0209_20190913175318a9d.jpg0210_20190913175320f31.jpg0211_20190913175323ba1.jpg0212_20190913175323266.jpg0213_20190913175325176.jpg0214_2019091317532672e.jpg0215_20190913175327164.jpg0216_20190913175332a96.jpg0217_20190913175332c9d.jpg
友達の目を気にしないから・・・
SnapCrab_NoName_2017-9-5_18-49-40_No-00.png
ネットで、金曜日夜8時からの新宿開催に申し込むと、業者から店の地図と参加人数のメールが届いた。男性9人に女性8人。いいバランスだ。当日、10分前に会場の居酒屋についた。細長いテーブル席がひとつあり、参加者17人が男女関係なく自由に座る形式らしい。まだ誰も来てないので、とりあえず端から2番目の席に着く。
開始時刻が近づくにつれ、続々と参加者がやってきて、俺の周囲もじょじょに埋まっていった。両隣は、藤木直人風の若者と、代半ばのハゲのおっさん。そして我ら3人の向かいに座る女性陣は、堂真理子アナ似(20代)、ガリガリさん(20代)、一青窈似(30代)の3人。自然とこの6人のメンバーで、テーブル隅っこ部門の合コンがスタートした。どことなく軽いノリの藤木が、会話をリードしていく。「みんな今回はどういうきっかけで参加したの〜?」俺もそれはちょっと知りたかった。男はともかく、女はどうしてディフェンダーのいないこんな危険な合コンなんぞにやってきたのか。最初に口を開いた堂真理子ちゃんは、休日は家にいるばかりだったので飲み相手が欲しく、今回1人で参加したとのこと。
続く2人も、まあ同じような理由だった。この東京には友達のいない女性がわりといるようだ。
たいして盛り上がらない6人での会話はすぐにほころび、それぞれ1対1でのトークへと移行した。元々、全員、知り合いが誰もいないのだからこうなるのは必然だ。口説く側としてはありがたい。 俺の狙いはやはり堂真理子ちゃんだ(便宜上、以降は真理子ちゃんと呼ぶ)。
「真理子ちゃん、モテるでしょ。男女問わず」
「えー全然!なんでそう思ったんですか?」
「そんなのスタイルいいし声かわいいからに決まってんじゃん」そこに、ハゲオヤジと話が噛み合わないのか、ガリガリさんが割り込んできた。
「うん、絶対モテそう〜!」あんたはいらないの!
普通の合コンならば調和を合わせて3人の会話にせざるをえないが、ここは無視して真理子ちゃんに集中する。
「真理子ちゃんって絶対2人で飲みに行ったら楽しいタイプだよね」
「そうそう!    私会社帰りとか飲みたいんけど全然飲めてないんですよ〜!    職場の飲み会、年に2回しかないし」
よしよし、真理子ちゃんもガリガリさんを無視してるぞ。一人参加はやっぱりいいなぁ。
会の終盤では我ら6人だけでな く、他のメンバーたちもみんな1 対1の会話に移行していた。合コ ンにありがちな1対2、2対2の ような組み合わせはどこにもない。
そろそろテレクラで鍛えたトークを武器に、本格的な口説きに入ろう。
真理子ちゃんがトイレに立ったのをすかさず追いかける。
「おっ、飲んでる〜?」
「うん、飲んでる飲んでる〜!」
「だよね〜ビールぐびぐびいってるもんね〜!」
肩をポンと叩いたついでに一歩近づく。口からかすかにアルコールの香りが漂う。
「今日は真理子ちゃんと出会えて良かったよ」「どういうことですか?」
「かわいいからに決まってんじゃん」
「またまた〜」
そのとき目の前を、あのハゲオッサンが通った。一瞬、こちらをチラ見して、無言で通り過ぎていく。
これまた一人合コンならではのシーンだ。普通だったら、「お前らなにしてんだよ〜」的なジャマが入る場面なのに。ありがたや。
「このあと2人で飲み直そうよ。もっと話したいからさ」
「じゃあその時の流れで〜!」うん、好反応だ。
会はいよいよ終了時刻となり、ドリンクのラストオーダーが終わったあたりでメンバーがポツポツと帰り出した。終わりの挨拶も一本締めもなく、いつ抜け出してもO Kなわけだ。そしたら真理子ちゃん、オレらも2人で飲み直しますかね。
「そろそろ出よっか」
「うん。あっ、コート取ってください」
その様子を見ていたガリガリさ んは、挨拶もせずに消えていった。しつこいようだが、これも1人合 コンならではだ。
普通の合コンでは、たいていブスリーダーが、
「ちょっと〜。このコは今日は私と帰るんだからね〜」
とか言って引っ張っていくものだけど、ガリガリさん、あなた他人だもんね、止めるわけがないよね。
真理子ちゃんと手を握り、洋風居酒屋に入った。席は隣り合わせだ。
「いやーホントに今日参加してよかったよ」
「うん、楽しかった〜」
テーブルの下で、すっと太もも を密着させる。…足が逃げない。 ならばそのまま腰に手を回して…。
「…」
彼女が黙った。展開が早い。うん、いけるシグナルだ。身体を引き寄  せてグラスを持ったままキスをす  る。あら、これも拒否らないし。
しばらくイチャイチャし、店員さんに写真なんぞを撮ってもらいながら、恋人気分で30分。ではペッティングも済んだことだしそろそろ行こうか。
「じゃあ出ようか」
「え、もう出るの?」
出ますとも。そして入れますとも。たまにはテレクラ嬢じゃない子とエッチしたいんだもん。
手をつなぎ、駅とは逆の方向のホテル街へ歩き出すと、真理子ちゃんが立ち止まった。
「えっどこ行くの?」
「うーん、ホテルとか」
「えーやだやだ!    帰るし」
「いや、大丈夫大丈夫」
「違う違う、明日早いんだって!」
「大丈夫だよ」
その場で5分ほど大丈夫攻撃を繰り出してみたが、彼女の強い意志は崩れなかった。
今回の一人合コン、結果だけ見れば失敗だけれど、システムは非常にオイシイと言えると思う。コミュニケーション能力に自信のある人はぜひ参加を。
SnapCrab_NoName_2017-9-6_22-58-45_No-00.png
日を改め、続いて参加したのは1人参加限定の街コンだ。街コンは本来2人組で参加するのが基本なので、必ず最後の最後で、女を一人に「引きはがす」必要が生じる。しかしここは全員が最初から一人きり。ありがたいシステムだ。なお今回の街コン、開催店舗は一店のみ。スタートから終わりまで店内をぐるぐるして女と絡む流れになるだろう。会場である青山の瀟洒なイタリアンレストランでは、60人以上の男女がひしめき合っていた。年齢層は20代前半から40代越えのオバサンまで幅広い。司会者によって今日のシステムが説明された。最初は話す相手が決まっているが、一定の時間経過後は自由にそれぞれ話しかけて飲み食いしてくださいという流れだそうな。
「それでは、まずは向かい合った方同士でカンパイして下さい! それではカンパーイ!」
俺の向かいは、ロングの黒髪に少し地味目な茶色のカーディガン。背が小さいところも含めて全体的に好みの女性だ。図書館司書のようなカンジというか。
 「どうもこんにちは、鈴木です」
「あ、渡辺です」
「今日はどちらから?」
「大田区のほうです」
なんだろうこのカンジ、どっかで経験があるぞ。なんだっけ。そうだ、これってお見合いパーティと同じだ。街コンっていうより、アルコール付きのお見合いパーティみたいなもんか。
「街コンって参加したことあるの?」
「いや、興味はあるんですけど、一緒に行けるコがあんまり見つからなくて」
だから一人で来てみたと。街コンならテレビでもよくやってるしお気軽だろうと。でも実態はお見合いパーティ(のようなもの)だったと。
彼女、ぼんやりしてるし危なそうだなぁ。
再度司会者の声が聞こえてきた。
「それでは、これより移動タイムとなりますので、男性の方はご移動ねがいます」
お見合いパーティのフリータイムみたいにどんどんアタックしていけばいいわけだ。そういうことならお任せあれ。移動を開始してすぐに、明るめの服装をしたギャル風2人とおっさん1人が話す姿が目に入った。
「あれ?お2人さん友達?」
背の大きい方が答える。
「いや、いま友達になったんですよ〜」
「そうそう、ウチらたまたま住んでるとこが同じで〜」
背が小さい方が同意する。「こんな偶然あるの〜」みたいなカンジで。
ふーん、友達ね。そんなもの、 さっさと引きはがそうか。数分前 まであなたら他人だったわけだし。大きいギャルをおっさんに押しつけ、小さい方の袖を引っ張る。
「いま飲んでるの、どんなお酒?」
「これシャンディガフです」
「奇遇だね!同じの飲んでるじゃん!」
「え、それさっきビールって言ってませんでした?」
「違うよ、ほら。飲んでみな」ぐびぐび。
「ウソ!    これビールじゃん!」
「友達」のことなど気にもかけず、小さいギャルがオレと盛り上がる。引きはがしなんて楽勝中の楽勝だ。
何人もの女性とラインの交換を 繰り返すうちに、終了時間になっ てしまった。せっかくのアルコール入りお見合いパーティで、収穫が ラインだけではさみしすぎる。ど こかに酔った女はいないものか…。いたぞ。小柳ゆき似のあの子、 けっこう酔っ払ってるし。なのに 男たちは遠巻きに見てるだけだし。レッツゴー!
ゆきちゃんの腰に手をまわし、先ほどヤフーニュースで得た情報を元に提案する。
「一緒に楽天優勝のお祝いしようよ!」
「いいね〜!」
今日初めて話すのに反応良好!秒速でタクシーを止め、そのまま渋谷を目指す。
「いやー祝勝会だね〜!」
「うん、今日めっちゃ楽し〜!」手をつなぎながら入ったホテル街ど真ん中のダイニングバーでも、
彼女は終始ご機嫌で、オレの腰に手を回したまま赤ワインを2杯飲み干した。では、そろそろラブホで優勝パーティを始めますか!
店を出て、手をつないでホテルに向かう。
「言っとくけど、ラブホは行かないからね」
「まぁまぁ」
「えー行かないって」
「え、だって今日めっちゃ楽しくて一緒にいたいと思ってるんだけど、それっておかしい考え?」
「そんなことないけど…」
無言になった一瞬をとらえ、身体を引き寄せて、耳をペロペロと舐めあげる。ついでにセーターの中に手を入れて乳の感触も確認しておく。コリコリ。はい、おとなしくなりました。
ゆきちゃんの下着は、上下お揃いの派手ハデ水色だった。1人参加の街コンだけど、帰りは2人になるって覚悟してたのね。

合コンをセッティングしてくれるサイトで同じ趣味の女をセフレする方法も効果的

同じ趣味の女をセフレする方法も効果的
0094_20180122123857fc8.jpg 0095_20180122123858d21.jpg0096_20180122123859e20.jpg 0097_20180122123901e67.jpg合コンをセッティングしてくれる業者サイトだ。使い方は、検索ページに「地域」や「年齢」を入力すると、女グループの情報がずらっと表示されるので、好みの相手を選んで合コンを打診。OK返事が戻って来たら開催決定という流れだ。いざ当日は、業者が店を押さえてくれていて、料金はセッティング料を込みで1人4、5千円。仮に女グループの代金を奢るなんて展開になったとしても、きっちりセックスの結果を出せれば悪くないシステムだろう。が、世に合コンの失敗談は多い。やってきた女3人組がしょーもない連中で、連絡先も交換せぬまま帰ってしまったみたいな話はザラだろう。そこで、このサイトを使うときのオレのコツを教えよう。30代以上の熟女グループをじーっくりチェックしてほしい。一部、幹事が顔写真を披露しているグループがいると思う。自分の年齢を考えずに大はしゃぎしているような雰囲気が何だか気にならないだろうか。オレが選ぶのは、彼女らだ。経験上、このタイプは間違いなくはっちゃける、お持ち帰りも全然ありうる連中だと思ってもらっていい。iroriは、同じ趣味同士の人間たちが集まって、飲み会などのイベントで交流するためのSNSアプリだ。基本的にはサエない男と、暇で年増な女が集まる(看護士など女性だけの職場が多い)ダルめな会合になることが多いが、グループによっては当たり女が来ることがある。
このサービスのポイントはひとつ。自分が幹事になって、有利にゲームをすすめることができる点だ。例えばバーベキューやボルタリング、単なる居酒屋での飲み会やカフェでのおしゃべりなどのイベントを幹事として自由に企画し、日時、予算、人数など決めてメンバーを募集する。いざ会場でイベントが始まったら、ほかの一般男性参加者たちと違い、女性参加者と気軽に話せて、自由に連絡先の交換もできるので、街コンにいくよりよっぽど有利にコトを運べる。しかもたとえ小さなイベントでも幹事という役職に一目置く女はいるものなので、擦り寄ってきたその手の女たちを頂戴することができるのだ。
日ごろ用いている手法は、まさにバカ女でないと通用しない強引なシロモノだ。順を追って説明しよう。スタートは出会い系のピュア掲示板への書き込みだ。が、まだここで気張る必要はない。募集文は気軽にメールのやり取りができる女性いませんか? 的なごく普通のもので十分だ。ちなみに、俺はたまたまハピメを使っているが、使用サイトは一般的な出会い系ならなんだっていい。
 ただし、プロフ写真は必ずイケメン写メを使用すること。できれば10人見れば10人が男前と思うような完璧なものが望ましい。こうすることでメッセージを送ってくる女は必ず現れるので、そうなったらすぐ彼女(ら)をラインへ誘導し、しばらく雑談に専念する。話題は仕事の話でもよし、恋バナでもよし。とにかく相手のプライベートに踏み込んで気持ちを開かせることが肝要だ。また時にはその存在を大いに認めてやる態度も忘れずに。
〈そんな大変だったんだ。よく頑張ったね〉
〈大丈夫、●●ちゃんならきっと上手くやれるよ〉
 といった具合に。これでガッチリと女の心を掴んだ。お次は体だ。適当なタイミングでチャットセックスに持ち込むのである。最初は気恥ずかしがるかもしれんが、すぐに従順になるはずだ。だって大好きな人の命令なのだから。
〈ほら、いまクリトリスを触ってるよ。どう気持ちいい?〉
〈うん、気持ちいいよ。あっ〉
〈いまからチンコ入れちゃうね〉〈あ、いや、だめ、気持ちいい〉
これをもってついに、彼女とご対面する準備が整った。待ち合わせ場所へは車で向かい、何食わぬ顔で女を招き入れる。「お待たせ。さあ乗って乗って」 ようやく愛しのイケメン君と会えるのかと思いきや、現れたのは頭髪のやや寂しくなった40男だ。
しかし、ここで怒りを露わにきびすを返す女は全体の半分ほどで、残り半分は呆然としつつも素直に乗車してくる。…まあ、いいっかてな表情で。身も心もトロトロに溶かされてしまい、今さら後戻りする気も失せるのだろう。女とはそういう生き物なのだ。
日本のオネーチャンもいいけど、たまには外人女ともセックスしてみたい。そう考える人には打ってつけの出会いツールだ。これ、イギリス発のスマホアプリで、日本においては在日外国人の間で広く浸透している。中でも中国人や韓国人留学生は男女ともに日本人異性との交流を目的に使っているケースが多く、こちらもアプリをダウンロードしておけば、彼女らとお近づきになるチャンスがグッと高まるのだ。使い方は簡単だ。「めぐり会い」ボタンを押すと、画面に登録女性の顔写真がランダムに出現し、そのつど○×ボタンで好き嫌いを選別する。そして互いが○ボタンを押した場合のみ、その相手とライン形式のチャットが可能になる仕組みだ。
で、実際に使い始めた俺の感想は「ベリーグー」だ。中韓の女は日本人男の写真判定に甘く、たいてい○を押すのでラクにチャットに進める。そのうえ、日本語も漢字かなを使い分けるほどペラペラな子ばかりなので意外と会話が盛り上がるのだ。たとえばこういう感じで。
〈あなた、日本人なのに全然シャイじゃないね〉
〈そうかなぁ。チンチン見られるとやっぱり恥ずかしいよ〉
〈あなた、超バカwww〉
ここからアポにこぎ着けられるのは、全体の半分ってところか。ただし、やはり中韓の女は日本人と比べて身持ちが堅い。たとえ2人きりで飲みに出かけても即マンなんてもってのほか、時にはマジ切れする子も珍しくないのだ。それでも今までアポった4人のうち、3人とは結局後日ヤレてるのだから率にして75%。決して悪い数字じゃない。中期決戦型の出会いツールとしてはむしろ合格だろう。
Copyright © エロ漫画無料アダルト裏モノJAPAN All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます