興奮のタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:興奮

【エロ漫画】ヘルス嬢のプライベートを妄想すると興奮度が増加|風俗が楽しめる裏技

201510_000222.jpg201510_000223.jpg201510_000224.jpg201510_000225.jpg201510_000226.jpg201510_000227.jpg201510_000228.jpg201510_000229.jpg201510_000230.jpg201510_000231.jpg201510_000232.jpg201510_000233.jpg201510_000234.jpg201510_000235.jpg201510_000236.jpg201510_000237.jpg0093_201901291346034d6_20191106231453456.jpg0095_20190129144614f20_20191106231456499.jpg0094_2019012913460577f_201911062314547d3.jpg0092_20190129134602075_20191106231451c76.jpg0097_201901291446179e3_20191106231459735.jpg0096_20190129144616803_20191106231457045.jpg0101_20190201163355b6f_201909301837000f6.jpg0102_2019020116335684a_201909301837018af.jpg0103_20190201163358c56_20190930183703986.jpg0132_201811011048301b0_20190930183704920.jpg0133_20181101104832fa0_20190930183706f76.jpg0134_201811011048332f5_201909301837077a1.jpg
1店員のオススメ嬢を除外すればアタリ嬢が残るという矛盾
デリヘルに電話した際、店員にこんな質問をする人は多いハズだ。
「あの、すぐに遊べるコって誰ですか?」
対して店員は即座に名前を挙げてくる。Aちゃん、Bちゃん、Cちゃん、あとDちゃんもすぐご案内できますねってな感じで。では、この中でもっともアタリの嬢は誰なのか。そいつをあぶり出すとっておきの方法を教えよう。最初の一手はこれだ。
「その4人で一番オススメのコって誰ですか?」
 ここでもし店員が「Aちゃんです」と答えたなら、その子は一番のハズレだ。「その4人で一番オススメのコって誰ですか?」
ここでもし店員が「Aちゃんです」と答えたなら、その子は一番のハズレだ。パスすべし。
なぜなら店員はこういう場合、普段から指名の少ないコ、すなわち不人気嬢から優先的に客に回そうとするからだ。逆にたまたまその時間がヒマだっただけの人気嬢は、しばらく待てば指名が入る可能性もあるため、温存したがる。したがって以降の店員との会話はこのようになる。
「Aちゃん以外にオススメは?」「Bちゃんですね」
「なるほど。じゃ、CちゃんとDちゃんとでは、どっちがオススメですか?」
「Cちゃんです」
これで答えは出た。あなたが選ぶべきはDちゃんだ。
2貧乏確実な出稼ぎ嬢はちょっとの金で本番させる
出稼ぎ女を雇う店が珍しくない
金に困っているのは間違いない
そこで店に問い合わせ
出稼ぎ嬢を指名
これがよく効く
彼女らからすれば、もし店にバレても地元に戻ればいいという意識もあるのだろう
3性感帯が首すじや背中の嬢はマンコを触らせたがらない、の法則
フーゾク嬢のプロフィールほど当てにならないものはない。3サイズも、写真も、店長の紹介文さえも、いっそ気持ちがいいほどウソにまみれている。だがあの中でひとつだけ、役立つ情報が紛れていることは、実はあまり知られていない。性感帯だ。
【背中】や【首すじ】、もしくは指先などと書いている女は絶対に指名してはイケナイ。サービス地雷の可能性が限りなく100%に近いからだ。本来、性感帯といえばクリトリスや乳首くらいしかないはずなのに、あえて男の部位を書き込むのは、なるべくデリケートな部分を客に触れられたくないという気持ちが無意識に出てしまった結果なのだ。そんなプロ意識の欠けた女どもに献身的なプレイなど期待できるわけがない。逆にサービス優良嬢は先ほどの正統派、性感帯を素直に記入しているコで正解だが、クリ、首すじのように、正統派にプラスアルファで記入している場合は良い。
4芸能人似のフーゾク嬢、信じていいのは濃い顔だけ
5プライベートでフーゾク嬢と知りあう
ありきたりなフーゾク遊びを100倍楽しくする秘訣は意外とシンプルだ。まずフーゾク嬢とプライベートで知り合いになり、しかるのち店に出かけてプレイに臨めばいいのだ。知人とエロい関係になる、そのインモラルな状況がいかほどの興奮をもたらすかは容易に察しがつくだろう。
知り合うかだが、実は打ってつけの場所がある。
ゲイバーだ。この手の店はなぜか昔からフーゾク嬢に好まれており、特に最近は一層その傾向が高まっている。たとえば新宿2丁目のゲイバーなど、女性客の6割強がフーゾク嬢なのでは、と思えるほど。ゲイバーは下ネタで盛り上がる場だ。こういった店でフーゾク好きを公言するとフーゾク嬢たちも積極的にカミングアウトしてくるわけだ。
6星5つの評価をされれば星5つのサービスをしてしまうものだ
さらに風俗嬢のサービスをよくする裏技6つ
1友達とセクキャバによく行くのだがいつもこうだ
2チンコは触ってくれないものだ
3インポのフリが女の自尊心を満足させる
4オネエのフリで店外デートは余裕でOK
5大半の嬢がこんなウソをすんなり信じてしまうのは実際に童貞客との遭遇率が高いからだ
ソープ嬢にこんな演技をすると面白い展開になる
あの、実は俺…童貞なんだよね
えそうなんですか?
大半の嬢がこんなウソをすんなり信じてしまうのは実際に童貞客との遭遇率が高いからだ
この間も童貞のお客さんがいらっしゃったんですよ
童貞客が現れると彼女たちはこういつ心境になる
はじめての女の人が私だなんてプレッシャーだな
さらにはAVの見過ぎで乱暴なプレイとかしてきそう
したがってプレイの内容は…
こういうのもいいでしょ?
とまあ、エ口漫画のお姉さんのようにセックスを手ほどきしてくれるのだ
これがもうタマらなくコーフンするんです
そっ、イイ腰使いよあん、ヤバイ、感じちゃう
6ケンコバさんに紹介しておきますの威力
自分は五反田の風俗によく行っている。テレビで吉本芸人がそんな話をしてるのを聞いたのが発端だ。そこで少し試してみることにした。自分も吉本芸人だと偽ったら女の子のサービスが良くなるのでは?手コキつきのマッサージ店(この手の店はケンコバが好きだと公言している)で女の子がやってきてから切り出す。
「オレ吉本の芸人やってるんですよー」
「えースゴーイ。コンビ名とか聞いてもいいですか?」
「売れてないからそれは勘弁して」
適当に話を合わせてみたものの、特別なサービスなんてのはついてこない。やはり無名芸人(ウソだけど)では効果なしか。ならば、これはどうだろうか。
「スゴイ可愛いよね。ケンコバさんにゼヒ行ってくれってオススメしてもいい?」
「ケンコバさんですか? 私好きなんですよ! お願いします」
この言葉以降、彼女の態度が急変した。頼んでもないのにフェラしてくれたのだ。通常フェラはない店のはずなのに。こりゃいいやと以降も五反田の風俗で、ケンコバや山里(南海キャンディーズ)の名前を出してみたら、オナクラではタダでフェラされ、デリヘルでは本番もできている。
吉本のお膝元である大阪難波の風俗でもおそらく同じだろう。

沖縄のちょんの間に代わり連れ出しキャバクラのド興奮|泡盛飲み放題の地だから素人もプロも喰い放題

0020_201903101130073e2_201910022043031d0.jpg0021_201903101130084fe_20191002204305fd8.jpg0022_20190310113010927_20191002204306bff.jpg0023_20190310113011da9_20191002204307d3a.jpg0024_201903101130138c5_201910022043084e6.jpg0025_20190310113015226_2019100220431056f.jpg0026_20190310113017a50_20191002204311896.jpg0027_2019031011301980a_20191002204313a75.jpg
0128_20200614092741b73.jpg0129_20200614092743ea7.jpg4_20200322141700287.jpg7_202003221417052c3.jpg8_202003221417065bd.jpg9_20200322141708ba6.jpg
沖縄旅行に行った際、現地に住む友人からディスコに行かないかと誘いを受けた。何でも、そのディスコに来る女の客層が30半ばから40後半のオバハンばかりで、熟女好きの俺にはおあつらえ向きの場所らしい。さらには、「その店の女客って本当に男に積極的だから、簡単に喰えるぞ」
とも。そこまで聞いて行かぬわけにはいくまい。そのディスコは店名を「エイリー(EILLY)」といい、那覇市・国際通りの雑居ビル3階にあった。入口のトビラを開けると、大音量のディスコミュージックと熱気で店内はどえらいことになっていた。さほど広くもないフロアに大勢の男女がぎっしりとひしめいているのだ。パッと見、100人近くはいるだろうか。
さらっと女客に目を向ける。20代と思しき子もチラホラいるが、やはりメイン層は30 後半から40代で、友人が言ったとおりの状況だ。驚いたのは彼女たちのフレンドリーさだ。ちょっと目が合うだけで笑顔が返ってくるのは当たり前。こちらから軽く声をかければ、普通に会話がスタートするだけでなく、話してる最中に腕を回してきたり、体をぐいぐい密着させてくる。もはやフレンドリーというより色じかけだ。話す内容もストレートで、たとえば、なんでこの店に来たのなんて尋ねると、こんな答えがバンバン返ってくる。
「そりゃイイ男を捕まえるために決まってるでしょ」
「たまにはワンナイトラブもいいかなって。うふふ」
沖縄の女は性に奔放だと聞いたことはあるが、さすがにここまで開けっ広げなのはおかしいと思わないだろうか。そう、実はこれにはちゃんとした理由がある。このディスコ、入場料(2千円)さえ払えば、なんと追加料金いっさいナシで、泡盛が飲み放題なのだ。実際、店内に充満した酒の臭さったらない。このディスコへ誘ってくれた友人に、俺は心の底から感謝した。もともとエロに大らかな性格にくわえて、ベロベロに酔っぱらっている熟女があちこちに。ナンパ目的の男にしたらこれ以上のヘブンはないだろう。そんなわけで、誰を狙っても落とせそうな雰囲気のなか(沖縄の男客はシャイなのか、あからさまにナンパしている者がほとんどいない)、群を抜いてキレイな熟女2人組が目に留まった。すかさず友人を引き連れて襲撃する。
「こんばんは。この店、よく来るの?」
「ううん、結構久しぶり。昔はよく遊びにきてたけど」
受け応えはまだしっかりしているが、まぶたはちゃっかり重くなっている。ソートー酔ってますな。
「今日はなんでここに?」
「ちょっとはしゃぎたい気分だったから。こうやって知らない男の人と話すのって楽しいし」
「さてはイイ男がいないか物色しにきたな?でもオネーサン、既婚者でしょ?旦那にバレたらヤバくない?」
「既婚者も男遊びしたっていいでしょ。旦那には絶対バレないから平気なの」
ここまで話したところでふと隣を見ると、友人が片割れの熟女とすでにディープキスをしていた。思わず俺も目の前の彼女を引き寄せる。
「ねえ、お隣り、もうあんなことになってるよ。俺たちも仲良くなろうよ」
「え〜どうしようかな」
目が笑っているので、OKの意味とみなし、遠慮なく唇を奪ってやった。直後、まるで大トロのように甘い舌が、勢いよく俺の口に入ってくる。かと思えば、今度は舌をチュウチュウと吸い上げ、ズボンの上から股間をまさぐってくる熟女。大音量のディスコミュージックが響き渡る店内の片隅で、俺はただただ朦朧とした気分を味わうのだった。
以上、俺がエイリーで体験した一部始終だ。熟女を落とすイージーさは、マハラジャと比較にならないことがわかっていただけただろう。蛇足だが、ディスコを出たあと、俺と友人が2組に分かれてラブホへ直行したことも一応、つけ加えておく。
【概略・全文は上記記事をお読みください】
「なら一番流行ってそうな店に連れてってやろうか。よくその店から若い子が男と腕組んで出てくるのを見かけるしね」
ソープの前で客を引くオッサンや風俗案内所をすり抜け、タクシーは「C」なるさびれた看板の前で停まった。客引きのおばちゃんがひとりたたずむ。見ればラウンジとある。ん、ラウンジ?
「これが連れ出せる店ですか?」
「そう。ここらの店は大抵そうだよ」
「もっとキャバクラみたいな感じを想像してました」
「アハハ。中身はキャバクラよ・店の人に話してきてあげるから、ちょっと待っててな」
しばし客引きのおばちゃんと話していたオッサンが戻ってきた。
「ちょうど女のコもいっぱいいるみたいよ」
さびれ感を嫌い、「やっぱり周辺を見てからにする」と告げると、なぜか急にポン引きめいた口調で迫ってくる。
「え〜、もうママに話したから遊んでさあ」
「いやぁ・・・」「こうやって店を紹介すると、バックがもらえるんさ。な、飲むだけでもいいからお願い」
聞けばオレの飲み代5千円がまるまる紹介料として運ちゃんの懐に入ってくるそうだ。そりゃ必死になるはずだ。ここは折れてやるか。「どうぞ〜」
店員に促され店内へ。中は一般的なキャバクラの構造と同じ。
「お客さまどんな子がお好みですか?」
「うーん、若いコから順につけて」
「若いコですかぁ〜。ちょうどハタチの子が連れ出されたばかりで…。今日は若い子の出勤が少ないんですよね」とにかく誰かつけてくれと言うと、すぐにやってきたのは細身のミカだ。
「はいさ〜い、ミカです。よろしくね〜」
「どうも〜」
まさにキャバクラそのものだ。テキパキと水割りを作り、オレのタバコに火をつけてくる。
「お兄さん、観光ね?」
「まあね。ミカちゃんは何才?」
「28才よ。お兄さんはもっと若そうね」
独特のゆるりとしたイントネーションで会話が続く。郊外のキャバクラがこんな感じか。すでに外は暗い。まだ一人も連れ出さぬまま、オレはウマイと評判のおでん屋に入り、策を練っていた。UFOじゃない子はどこにいるんだろう。
…気になる。向こうの席のカップルがだ。印過ぎのオッサンとハタチそこそこのギャルがいちゃついている。このギャルのカワイさたるや。胸元には大きな谷間、顔は山田優を少し幼くした感じ。おっさんには不釣り合いもいいとこだ。2人が店を出たあと、おでん屋の女将にグチった。
「なんすかね、さっきのカップル」
「あら、オニイさんも遊び?一歩遅かったわね。あのコは近くの『M』で働いてる子よ」
そうか、やっぱオカシイと思ったんだよ。金で買われてたわけね。このおでん屋は連れ出し嬢たちの溜り場になっていて、時にはこうして客と飲みに来ることもあるのだと。
「若い子ならMさ。実際に女の子を見ている私が言うんだから」
オレはビールをイッキに飲み干した。急げ!Mは、前の2軒より明らかにオナゴが若かった。
最初に席に着いたのは細身で知念里奈似の色白アヤノ(21)だ。
少々金はかかったが、オレは十分満足だ。東京じゃありえない自由恋愛のチャンス。皆さんも、沖縄で遊ぶ際はゼヒ!
沖縄は射精寸前までマッサージしてくれるメンズエステが流行ってる
沖縄は県条例により店舗型でも派遣でもヘルスは禁止で、代わりに射精寸前までマッサージしてくれるメンズエステが流行ってる。一見、ごく普通の風俗案内所に見えるが・・・
沖縄のちょんの間街の新町真栄原社交街が元気だったころ
もっと手軽に素人ギャルをゲットしたければテレクラに行くべし。そのコストパフォーマンスの高さは目からウロコものだ。写真は那覇市内の自動車メーカーに勤務するOLのマヤ(23)Dカップに濃厚フェラ、おまけにあられもない姿まで見せてくれて、なんと1万円ポッキリ! ここ沖縄では.本土ではありえぬ価格破壊が起きている。横浜•黄金町、川崎•堀ノ内と並ぶ日本三大ちょんの間街の
ひとつ、真栄原(俗称•新町)沖縄を訪れたことのない人でも、その名前は一度ぐらい耳にしたことがあるだろう
閑静な住宅街の一角に並ぶ100軒あまりのスナック。その軒先で20代を中心としたギャルたちが、道行く男たちに色目を使う光景は、さながら「娼婦の大博覧会」といえなくもない。が、ここが有名なのは、その規模よりも、ギャルのクオリティの高さゆえだ。写真のまみ(18)はゴマキ顔負けの美少女。ウワサでは、モデル経験者もいるらしいから、ルックス命という人にはたまらないはずだ。真栄原と同様、住宅街にあるちょんの間街だが、こちらは目印もなくわかりずらいうえ、規模も小さい。那覇から遠いロケーションもあり、観光客よりもっぱら沖縄県人に愛されている穴場スポットだ。また、付近に東洋一のアメリカ軍基地•嘉手納ベースがあるのでGIらもペイデー(給料日)
にはごぞって訪れる。地元のちょんの間愛好家日く「新町よりレベルは劣るけど、スレてない娘が多い」。中には交渉次第で、ゴムなしもOKという豪快なギャルもいるという。なにがなんでも生でヤリたいという冒険野郎にオススメだ。

【エロ漫画】嫁の浮気を許す夫・他の男と不倫した妻を抱くことに喜びを覚える寝取られ性癖

0213_20191013070350aef.jpg0214_201910130703511ed.jpg0215_2019101307035335f.jpg0216_2019101307035516e.jpg0217_20191013070356c1a.jpg0218_20191013070357bde.jpg0219_20191013070359a98.jpg0220_20191013070401de1.jpg0221_201910130704026c5.jpg0222_20191013070404781.jpg0223_20191013070405169.jpg0224_20191013070407349.jpg0225_20191013070408955.jpg0226_20191013070410c90.jpg0227_20191013070411338.jpg0228_201910130704136ef.jpg0229_20191013070414376.jpg0230_20191013070416132.jpg0231_20191013070417725.jpg0232_20191013070419a48.jpg0233_201910130706568f3.jpg
私は彼女が何か隠し事をしてる気がしてならなかった
家事の息抜き程度と考えていたのだが、甘かった
ミノルとやらとの電話の会話をこっそり録音すると
つまり、こういっことだ。盗み見た妻のメール相手は「稔」。いま現在妻と話している相手は「実」。ややこしい話だが、ミノルは2人存在していたのだ。しかし問題は話からして、要がすでに「実」と会い、関係ができているらしいことだ。いったい実と妻は、どこで知り合ったのか。その答は2人の会話からほどなく判明する。なんと妻はインターネットを始める以前、私に隠れてツーショットにハマりしかも援助交際で男と会っていたらしい。実もまたそのー人だったのだが、そのうち本気の浮気へと発展していったようだ
どう説明していいのかわからない。このときの私は妻を殴らんばかりに怒り狂っていた
しかし被女を見た閣問奇妙な衝動が体を走り抜ける
自分でも信じられないがなぜか猛烈に妻の体が欲しくなってきたのだ
私は自分で自分に驚いていた
妻を叱りとばすつもりが、逆に妻を求めてしまった自分。しかも結婚以来初めてともいえるこの興奮。もしかして私は、他の男と寝た妻を改めて抱くことに無上の喜びを覚える人間なのではなかろうか。
妻が浮気相手と話す会話を盗み聴きした日と、それ以外の日では、同じ彼女を抱いてもまるで興奮度が違う。私は妻の浮気に嫉妬することで、異常なまでの興奮を覚えるヘンタイなのだ。
とはいえこのまま見過こしていけば家庭崩堰は確実。危険な遊びにはビリオドを打たねばならない
オレが何も知らんと思っとったんかいーオマエが他の男と寝たら今度こそ離婚やぞ
別れるつもりなど毛頭なかった。少し妻をこらしめてやればそれでよかった。
オレが浮気してもええんやな
こうしてヘンタイ遊びにノメリ込んでいった私は、次にさらに刺激的なシチュエーションを思いつく。他人の男に妻を抱かせ、それをこっそり覗くのだ。相手はメル友のミノル(稔)以外にない。実は妻はり実と別れた後も、稔とはメールのやり取りを続けていたのだ
こうして私と妻の立場は明らかになった。私の奴隷になってもいい。それは私を満足させるに十分な答だった。そして同時に考えた。今回の一件で妻は私に逆らえなくなった。一方、妻の不貞に屈折した興奮を覚える自分がいる。ならば、どうだろう。彼女をわざと他の男に抱かせてみては。そこで嫉妬に狂った後、妻を抱く。想像しただけで、下半身がうずくではないか。むろん妻はその申し出を断れない。私はすでにわかっていたのだ。彼女もまた快楽に貧欲な女。違った刺激を与えれば、喜んでそれを受け入れてくれるに違いない
力ップル喫茶スワップ
刺激への探求心はまだまだ止まらない。私の次なる計画は大胆だった。妻をフーゾクに体験入店(ー日だけ店に勤めること。水商売や風俗には大抵どこもこの制度がある)させ、男に奉仕させると同時に、自らも客として遊びに行くのだ。エスカレートし過ぎの感は否めないが、妻がフーゾク題として働くことを想像しただけで体が熱くなる
しかし、今回ばかりはさすがに彼女気にかかる。愛する妻を風俗に行かせる夫など、常識では考えられない。さすがに断られるだろう。と思いきや
あんたがええなら私はかまへん

地味な女が淫乱女に豹変するセックスほど興奮するものはない

0218_20190714094800671_20200122104929f0d.jpg0220_201907140948023a2_20200122104932c39.jpg0221_201907140948044eb_202001221049348d0.jpg0222_20190714094805256_2020012210493568c.jpg0223_2019071409480763a_20200122104937c6b.jpg0224_20190714094808813_202001221049383fb.jpg0225_2019071409481035a_20200122104940445.jpg
【概略・全文は上記記事をお読みください】
たやすく興奮度MAXに達する方法はあるか?
美女とのセックス。興奮するけど、たやすくはない。 
フーゾク。たやすいけど、予定調和なプレイにさほどの興奮はない。
結論、方法なし。
という思考の末、人は人生をあきらめてしまいがちだが、実は答えがひとつだけある。
地味な女とのセックスだ。合コンの数合わせで呼ばれた一重まぶたの女とか、工業高校卒業後に町外れの工務店に勤め、毎日わびしくお昼を食べてる女とか、とにかくそういう地味な女が、ベッドで淫乱に豹変するシーンを想像してほしい。
ルックス人並み以下で、性格は薄暗く、会話もつまらない。そんな女が、ベッドに入ると舌なめずりしてチンコをくわえ、激しく腰を振りまくる。なんて魅力的なシチュエーションだろう。
俺が思うに、彼女らの地味は先天的なものではない。その容姿ゆえ、幼いころから世間の蔑視にさらされつづけたことで、自分でも気づかぬうちに居心地のいい立ち位置をキープしてきた結果なのだと思う。私にはこんな服は似合わない、こんな髪型は冷笑される。そんなマイナス思考がよりマイナスな結果を生んだのだ。 
そんな彼女らでも、裸になればもはや世間は関係ない。本能のおもむくままストレスを発散させることだろう。
ワインのおかげも多々あるだろうが、ここまで変貌してくれるとは。携帯カメラを向けてもまったく嫌がらないし。
「撮られたら興奮する?」
「はっ、はぅ」(フェラしながら)
「ソファに寝転んで舐めて」
「んっ、んぅ」(チンコ離さず) 
好きなんだな、チンコが。お互い裸になり、乳首を口に含んでコロコロ転がしてやる。
「んんっ!」 
続いて今度はクリ舐めだ。ペロペロペロ〜。
「あ〜、ああ〜!」
「舐められるの好き?」
「好き〜!」
「どこを舐められるのが好き?」
「あぁっ」
「どこ? どこか言って」
「そこ、そこ!」「そこってどこ?」
「あぁ!」 
淫乱になっても卑猥なことばは口にできないようだ。残念。 
せっかくだからシンプルなセックスではつまらない。AVでよく見るアレをやらせてみようか。
「マサエちゃん、上に乗っかって。向こうむきで」
「え、こう?」
「そう、入れてごらん」
背中向けの騎乗位で、ズブズブとチンコが入っていく。
「あ〜!」
「入った?」
「入ってる〜入ってる〜」
そのままバックの体勢に移行し、ベッド脇で立ちバックの体勢になった。
「バック好き?」
「バック気持ちいい。気持ちいいっ!」 
おっと大事なモノを忘れていた。これまでいざというときのために、お見合いパーティ中もずっとカバンに入れておいたバイブだ。
「そうだ、いいもの持ってるんだった」 
カバンから取り出したピンクのバイブを目の前にかざしてみると、命じてもいないのに彼女は先端をペロペロ舐めてきた。わかってるね、キミ。
唾液で濡れたそいつを、股間にゆっくり押し込んでいく。
「あぁっ!大きいよ!」「ほら、自分で持ってみな」 
彼女は言われるまま右手でバイブを握り、感触を確かめるようにゆっくり動かし始めた。
過去の人生でも一二を争うほどの淫乱と狙いどおりに出会えたなんて、この作戦の正しさを証明したようなものだ。淫乱好きな男性のみなさん、地味な女とベッドインしてください。
Copyright © エロ漫画無料アダルト裏モノJAPAN All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます