究極のタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:究極

M男が集うナマ本番ありの女王様・爆乳で往復ビンタ|名古屋のハイレベル風俗体験談

1_20191117172607df4.jpg2_20191117172609635.jpg3_20191117172610ea1.jpg4_20191117172612d17.jpg5_20191117172613823.jpg6_201911171726155cc_2020011609104782e.jpg
1、彼女ほど愛想のいいフーゾク嬢はそうそういません。絶やさぬ笑顔、折り目正しい態度。彼女と接していると、なんだかとても晴れやかな気分になれます。なるほど、「お客様は神様」ってのは、こういうことなのかと。ですから、客が射精できそうにない場面では、漫画にも描かれてるように、あの手この手で抜いてくれようと努力します。コンドームつけてたらイケないって言う客に、「じゃナマでいいよ」なんて言ってくれるコ、他にいます? もう天使でしょ。
2、結局のところ、巨乳とは
1 上に向いていること
2 ウエストが細いこと
の2点が満たされていなければ意味がないのではないか。デブの垂れまくった巨乳なんぞは無価値、むしろ害悪だ。その点、私のオキニは、価値ある巨乳の条件を見事に抑えている。ツンと張りのあるFカップ。くびれまくったウエスト。かつてダンスで鍛えた完璧ボディは、もはや文句のつけどころがない。それでいて、性格もほんわかしてカワイイんだよなぁ。…ヤバイ。また彼女に抜いてもらいたくなった。
3、フーゾク嬢の中には、ドMを自称しながら実はドMでも何でもない普通のコが多いけれど、彼女は間違いなく本物です。店のオプションにないイマラチオを強制的にさせれば、涙目になってえづきつつも、咥えたチンコを離そうとしない。ケツをパチンパチンとスパンキングすれば体を震わせてあえぐ。首を絞めてもなすがまま。とまあ、とにかくドSな行為をことごとく受け入れ、またそれによって大いに感じまくるのです。さらにルックスだってメチャメチャいいんですよ(個人的には加藤あい似かと)
4、彼女は俺にとって究極のフーゾク嬢だ。香里奈似の美貌とモデル体型。これだけでも相当なハイクラスなのに、さらには、あり得ないくらい敏感なのだから。クリトリスを舐めれば瞬く間に昇天してしまうのは序の口、じっくりと耳元で言葉責めをしてやれば、みるみるアソコから愛液があふれ出し、やがてトンでもない現象が起きる。体に一切触れてないにもかわず、ドピューっと潮を噴射するのだ。「いやあ、出ちゃう」とか叫びながら。これ以上ステキなフーゾク嬢がいるならぜひ教えていただきたいものだ。
5、同店は、いま東海エリアでもっとも勢いのあるSMクラブだが、その中でもひときわハイレベルな女王様、それが彼女だ。モデルようなプロポーションにEカップはあろうかという巨乳。そのうえ、ルックスも女優のように美しい。素晴らしいのは見た目だけではない。責めのテクニックも一流だ。特にペニバンを用いての逆アナルセックスは最高で、プレイ後は腑抜けのようになってしまう。それを味わいたいがために、全国各地からファンが集まってくるほどだ。彼女を日本一の女王様と推す声はめちゃくちゃ多いが、かくいう私もその一人である。自分をM男だと自覚しているなら、一度は彼女に調教してもらうべきだろう。
6、彼女の最大のセールスポイントはとてつもなく大きな喘ぎ声だ。演技なのか本気なのか、責めるたびに「きゃー!」「ああああ!」と悲鳴のような声をあげるため、隣室でプレイしている客が、思わず相手の嬢に「隣のコ、スゲー声だね。誰?」と尋ね、次回、彼女を指名してしまうほどなのだ。俺も一回、ああやってヒイヒイ鳴かしてみたいと。ウソみたいな話だがマジだ。だって、俺もその口だし。実際に彼女と遊んで、あの喘ぎ声を目の当たりにすると、男としては興奮もするし、何より嬉しい。俺のテクも捨てたもんじゃないなと、ついつい思ってしまう。で、またぞろ彼女を指名するハメに。この一連の流れ、彼女が意図的に作り出しているならマジで大したものだ。
7、アクロバティックな舌ワザという点で、彼女に勝るコはおそらくいないのではないか。人の2倍はあると言っていいほどの長~い舌を駆使してアナルをツンツン。さらにはチンコの竿にくるりと巻きつけて、サイドをシュッシュッとこすられた日にゃもうね。ま、一度チャレンジしてみてください。あんな不思議な感覚、ちょっと味わえないですから。
8、Lカップのおっぱい。彼女の素晴らしさを説明するのに、これ以上の言葉は不要だろう。
アルファベットの序列において、LはAから数えて12番目だ。相当な巨乳と言えるGカップですら、7番目であることを考えれば、それがいかに異常なサイズなのかよく理解できると思う。彼女に比べれば、篠崎愛のバストなど、小4女子の膨らみかけたつぼみに過ぎない。
彼女と初めて対面したときの衝撃は、今だに鮮明だ。谷間をガッツリ露出したワンピースという出で
立ちでホテルにやって来たのだが、見た瞬間、服から別人のケツが飛び出しているかのような錯覚を覚えた。冗談ではなくマジで。第二の衝撃は、そのルックスだ。爆乳=百貫デブという偏見から、顔に脂肪が付きすぎた極端に目の細い容貌を想像していたところ、パッチリお目目でなかなかの美人さんではないか。体つきも、ややポッチャリしている程度で、デブ嫌いな俺でも余裕でごっつあんできるレベルだ。かくして、推定重量4キロの両乳で、往復パイビンタをしこたま食らったあの日から、俺は彼女の虜になったのであった。

露出狂の素人娘が大股開きで肛門まで見せオナ見せ!差恥プレイの究極店・公開オナニーバー

ローター、オナホール、エネマグラ・オナ見せ差恥プレイの公開オナニーバー
公開オナニーバー公開オナニーバー公開オナニーバー公開オナニーバー
肛門まで見せオナ見せ肛門まで見せオナ見せ肛門まで見せオナ見せ肛門まで見せオナ見せ肛門まで見せオナ見せ肛門まで見せオナ見せ

1、差恥プレイの究極店・公開オナニーバー

オレはAV、エロ本、妄想などを駆使し、ほぼ毎日のように大量の精子をティッシュの中に葬り去ってきた。射精にかける情熱は、生身の女体の味を知り、20代が終わりに近づいた現在でも、少しも衰えることはない。どころか、ますます活発になる一方だ。朝晩2回の毒抜きは欠かせぬ日課だし、町中でいいオンナを見かければ、自然、足はビデオボックスへ向く。マラソンやバレーのTV中継をオカズにするのも、大阪府知事の映像でパンツをズリ下げるのも、すべてひとえに《意外とオカズに使えちゃったりして》という探求心ゆえの行動である。熱心なのはズリネタ探しだけではない。高度な射精感を味わうべく、めぼしいオナニーグッズにも一通り手を出した。ローター、オナホール、エネマグラ…。最近では、既製品だけでは満足できず、水溶の片栗粉を使った自家製オナホールにハマリまくっている有様だ。あのヒヤヒヤ具合とピタピタ感、思い出すだけでカウパー液出まくりである。

とまあ、かように日々、最高の快楽を追い求めているオレなのだが、実はいま現在、新たに注目している自慰スタイルがある。
オナ見せ。裏モノ読者なら一度くらい耳にしたことがあるだろう。女の子に見られながらシコシコやっちゃおうという、差恥プレイの一種だ。何でもこれ、本来は人目を忍ぶべき行為をあえて晒すこ
とで、自虐的興奮が生まれ、射精時の快感を何倍にも増幅。得も言われぬ快楽を享受できるらしいのだ。嘘か誠か、人によっては、究極のオナニーと呼ぶ者さえいるという。巷にはオナ見せを楽しめる風俗店オナクラがたくさんあり、連日、大勢の客で賑わっていることは以前よりオレも知っていた。
それでもこれまで試してみなかったのは、オナ見せは、SM愛好家や本誌連載陣の末森健氏のような変態の方々だけにしか楽しめぬ、特別なプレイのような気がしていたからだ。マゾっ気のない者には
関係ない話だと、端から無視を決め込んでいたのである。だが、今にして思えば、それはトンでもない勘違いだったようだ。何事も、まずは低レベルな段階から始めた方がよい。まして、これまで誰にも己のシコる姿を見せたことがないのである。いきなりオナクラに出向いても、堂々と精子を放出できる可能性は低い。そこでオレは、秋葉原の手コキ付きビデオボックスへ向かうことにした。理由は2つ。一つは『オナニー観賞コース』が無料オプションで選べる点、もう一つはこの店、個室内がやたら狭いため、手コキ嬢と密着状態になれるからだ。相手との距離が近いほど、オナ見せの恥ずかしさも半減するに違いない。
「オナニーバーX」ネットで絶好の場所を見つけた。HPの説明によれば、ココは、見せたがりの輩が集い、裸のまま、店内を自由自在に闇歩できる店らしい。店の女の子を連れ、個室でじっくりシコるもよし、バースペースで酒をチビチビやりつつ、同志と語らうもよし。もちろん、その場でシコっても構わない。なんか、凄そう…。
「いらっしゃいませ。お客さま、ここは初めて?」
翌日、夕方。恐る恐るXのトビラを開けると、見るからに品のよいオバチャマがカウンターに座っていた。改めて店のシステムの説明を受け、料金の1万3千円(ドリンク飲み放題)を支払う。ああ、ドキドキするなぁ。
と、そのとき、カウンター近くのエロビデオコーナーの陰で、生白い尻が見えた。…尻?
「ああ、見つかったかあ」
呆然と仔むオレの前に、照れ笑いを浮かべた中年男性が現れた。全裸。しかも、股間は完全無欠のビンビン状態だ。え、誰?何者?
「サイトウさん、この人初めてなんだからおどかしちゃだめよ」
オバチャマは、ヤレヤレといった顔つきで男に手を振り、すぐこちらに振り向いた。
「ビックリした?あの人、うちの常連さんなのよ。たっぷりお遊びください」ひとまず、指定された個室へ移動。中で待っていた女のCちゃんに促され、服を脱ぎ捨てる。ちなみに、Xでは客1人につき、担当女性が1人付く。オナニーの際、店内を移動する際、常に行動をともにするらしい。もちろん、彼女たちが服を脱ぐことはない。あくまで、オナニーを見てもらうだけの存在である。
「どうします?一応、この中でオナニーしてもいいんだけど、バーで何か飲みます?」
Cちゃんがソファから立ち上がった。小顔にスラリとした手足。前回のオナクラといい、このXといい、オナ見せ業界の女のコはハイレベル揃いだのう。
「よっしや、バーに行ってみようか。オレ、ノド乾いちゃった」薄暗いバースペースには、客らしき男が3人、各自離れた席に腰掛けていた。2人は全裸、もう1人は下半身のみ裸。みなビール片手にシコっている。なんというか、実にイカ臭い光景である。見とれている場合ではない。手近の席を確保するや、オレも剥き出しの股間に手を伸ばし、目の前のCちゃんに神経を集中させた。もはや、他人の前で右手を動かすことに一寸のためらいもない。すでにチンコも半勃ちだ。が、興奮しているのかと問われれば、どうだろう。計4人の男が黙々とオナニーに耽っているこの現場はシュール。
うん、イマイチ。
いったんシコシコを中止し、ビールを煽っていたオレの耳に、聞き覚えのある声が飛び込んできた。振り向けば、先ほど入り口で見かけたサイトウである。ヤシは股間をさすりながら、隣の席に座った。「初めてなんだって、ここ?」
「ええ、まあ」
「M君なの?」
「自分じゃノーマルだと思ってんすけど、どうなんだろ。まあ、でもこうやってわざわざ人前でオナニーしに来てますからね」
「ははは」
ケツをポリポリかきながら、やっぱキミ、素質あるよとサイトウ。ちっともうれしくないが、このオッチャン、人はよさそうだ。
「んじゃ、オニーちゃんの新たな性癖の目覚めを祝して、みんなで囲んでやるつか」
「だから、ここにいる連中で見ててやつから、シコってみなって言ってんの。今日のベスト自慰二ストになっちゃえって。おい、みんな、ちょっと来てよ!」
「いや、あの、え?ちよ…」
まもなく、オレは男4人、女5人の人に囲まれ、たじろいでいた。好奇の色に輝いている。うう、エライことになってもうた。意地悪そうに、Cちゃんが時計を見せる。
「ほらぁ、早くしないと。時間になっちゃうよ」
だからなんだと言うんだ。いやしくもオレはイチ客である。別にここでオナニーせずとも何ら困ることはないし、悪ふざけに乗ってやる義理もない。バカバカしい。と思う一方、今回の目的を振り返れば、まったく別の考えが脳裏をかすめたりもする。
(この状況でオナ見せしたら、すんごいコトになるかも)
・・・やるか。「わあホントにやるんだぁ」
縮こまった肉茎に掌を添えると、女性陣の誰かが素っとんきょうな声を上げた。それが呼び水となり、次々とことば責めのセリフが飛び込んでくる。
やだエロい、すごい大きくなってきた、どこが気持ちいいの…。
2、露出狂の素人娘が大股開きで肛門までオナニーショー・オナ見せしてくれる変態店
オナ見せになど一銭の価値もない、どころかむしろ料金がかかるものなのに、女というだけでお小遣いをもらえるのだから世の中は不公平と言うしかありません。この彼女もどこでそんな商売を学んだのか、オナ見せでのワリキリを希望していました。5千円の約束でやってきたのは、ふわふわベレー帽をかぶったどことなくお洒落な、でも顔はホンコンのような女です。この付けまつ毛バッサーのホンコンさんのオナニーに金銭を支払う価値があるのかどうか一瞬迷いましたが、5千円程度ならとカラオケへ向かうことに。ドリンクが運ばれたあと、彼女はおもむろにスカートを脱ぎ、パンツの上からクリ部分に指をあてがいます。中指のこねこねとした動きはなかなかの味わいですが、生のアソコが見えないのはいかがなものでしょう。
「ちょっと、パンツも脱いでやってくれるかな」
「え、でも私、いつもこうなんで」
オナニーはいつもパンツ越しだと言い張るつもりのようです。しかも胸にはいっさい触らないのが流儀だとか。ホンコンの分際でそんな生ぬるいことをのたまうなんて、許してはおけません。このままなら2千円しか払わないぞとゴネたところで、ようやく彼女はパンツをするすると下ろしたのでした。直オナになってからも、クリをこねくり回すだけの地味なオナニーでしたが、1分ほどで急に大きな声が。
「ああ! イク!」
5千円のオナニーショーはこうして幕を閉じたのです。部屋を出ながら彼女がつぶやきます。
「直接触ったほうがキモチ良かったです。これからもやってみます」
この日が彼女のオナライフの分岐点になったのかと思うと、どこか嬉しい初春の昼下がりでした。
オナ見せしてくれる変態店
昼下がりの神田。サラリーマン向け安フーゾクが点在する駅前を抜けて歩くこと約5分。古めかしい雑居ビルの2階に目的の店はあった。外には「日本初!飛び出る立体画像3D」と色あせた原色看板が踊っている。どちらかというと遠慮したい雰囲気だ。通常のオナクラ同様個室でオナニーを見てもらうことも可能だし、メインフロアにてシコシコを披露することも可能だ(当然こちらがイチオシ)。女の子は最低1人、混んでいなければ2〜3人でじっくり眺めてくれるらしい。
おっさんは料金表を見せながら続ける。
「おすすめは放置プレイコース1万円かな。60分たっぷりだからゆっくり楽しめますよ」
他にも給湯室コース5千円だの、おむつプレイコース8千円だのクレイジーな内容が揃っている。オナクラでそんなプレイ見たことも聞いたこともないぞ。
俺はいわれるがまま放置プレイコースを選んだ。オナ見せのみで1万オーバーはやや高い気もするが、めったにできない経験だし、まいっか。
「じゃあ、いまはちょっと混み合ってるから少しビデオでも観て待っててください」
個室に入って古いビデオを再生する。一応チンコを出してはみたものの、半ダチがやっとだ。大人しく待ってることにすっか。隣室から声が聞こえたので耳を壁に当てると、いやらしいプレイ中の声が聞こえてきた。
「ギンギンになってますね」
「うん」
「高速ですね。出しちゃっていいですよ」
変態度のやや低い、個室オナ見せの客のようだ。女の子のクールなトーンのSっぽい声がイイ。実物は柴咲コウか中島美嘉あたりか。5分ほどして男が退室する音が聞こえた。そろそろ俺の番かとドキドキしていると、ノック音が。
「準備できましたので出てきてください」
わっ、やっぱりさっきのSっぽい声の女の子だ。ついに俺のチンコ見られるのか。
パンツを脱ぎ、でも身だしなみとしてタンクトップは着たまま、ドアノブに手をかけて外へ出る。
「よろしくお願いします。いつもそうやってオナニーしてるんですか?」
ですます調だけど、まったくもって優しい言い方ではく、言葉尻にSっ気が含まれている。なんとも差恥心をくすぐられる。気がつけば彼女の顔はチンコのセンチのところだ。それもマジマジと眺めてくれている。海綿体がゆっくりと充血していく。これ、イイかも。最低限の身だしなみであるタンク
トップを脱ぎ捨てた俺は、全裸でシコシコしながら店内をうろついてみた。後ろから梨乃ちゃんがついてくる。まずは立ちオナニー。それから次はビデオ棚の影に隠れてオナニー。まるで電柱の影から見せ付ける変態おじさんの気分だ。
「ハアハア、もっとよく見てください」
「なにやってるんですか?意味わからない」
小馬鹿にされることにも心地よさを覚えてきた。何をどう間違ってこんな店で働き出したのかナゾの清楚さ。俺の股間を見ても照れ笑いばかりしている。動作ひとつひとつもウブいし、これはこれでイイ。もう思いつくままにしたいことをすぐ口にしよう。キモイと思われようが知ったこっちゃない。
「ちょっと足の匂いかいでもいいですか」
「え一えつ」
新人・若菜ちゃんには断固拒否され、なんとか梨乃ちゃんの足に顔を近づけクンクン唄ぐ。ほんのりボデイソープと汗が混じった香りだ。ああ、最高だのう。
性感がだいぶ高まってきた。もう出したい。出してやる。
大股開きで寝転がり、2人に虹門まで眺められながら激しく手淫を続ける。ドSの梨乃ちゃんはサンダルで玉袋をツンッン刺激してくる。
「イキそうならイッていいよ◎このへんに出してね」
その言葉を最後まで聞く前に、受付前の床へ大量の白濁液を放出しちゃいました。
3、女の子にチンコを見られながらオナニーする変態店
昼下がりの神田。サラリーマン向け安フーゾクが点在する駅前を抜けて歩くこと約5分。古めかしい雑居ビルの2階に目的の店はあった。
外には「日本初!飛び出る立体画像3D」と色あせた原色看板が踊っている。どちらかというと遠慮したい雰囲気だ。何も知らなければマズ入ることはないだろう。若干の勇気とともにドアを開けると、いかにもフ—ゾクの客引きにいそうな年の頃50過ぎのおっさんが対応にでてきた。
「こ、こんにちは」「はい、いらっしゃい。お客さん初めて?」「そうです」「ここは店内でオナニ—を見せられるっていう店だけど大丈夫だよね」「はあ、そのつもりで来ました」
女の子のや女の子のカラダへのタッチはナシ。通常のオナクラ同様個室でオナニーを見てもらうことも可能だし、メインフロアにてシコシコを披露することも可能だ(当然こちらがイチオシ)。女の子は最低1人、混んでいなければ2〜3人でじっくり眺めてくれるらしい。
おっさんは料金表を見せながら続ける。
「おすすめは放置プレイコース1万円かな。たっぷりだからゆっくり楽しめますよ」
他にも給湯室コース5千円だの、おむつプレイコース8千円だのクレイジーな内容が揃っている。オナクラでそんなプレイ見たことも聞いたこともないぞ。
俺はいわれるがまま放置プレイコースを選んだ。オナ見せのみで1万オーバーはやや高い気もするが、めったにできない経験だし、まいっか。
「じゃあ、いまはちょっと混み合ってるから少しビデオでも観て待っててください」
個室に入って古いビデオを再生する。一応チンコを出してはみたものの、半ダチがやっとだ。大人しく待ってることにすっか。隣室から声が聞こえたので耳を壁に当てると、いやらしいプレイ中の声が聞こえてきた。
「ギンギンになってますね」「うん」「めっちゃ高速ですね。出しちゃっていいですよ」
変態度のやや低い、個室オナ見せの客のようだ。女の子のクールなトーンのSっぽい声がイイ。実物は柴咲コウか中島美嘉あたりか。5分ほどして男が退室する音が聞こえた。そろそろ俺の番かとドキドキしていると、ノック音が。
「準備できましたので出てきてください」
わっ、やっぱりさっきのSっぽい声の女の子だ。ついに俺のチンコ見られるのか。パンツを脱ぎ、でも身だしなみとしてタンクトップは着たまま、ドアノブに手をかけて外へ出る。
「よろしくお願いします・・」
「はい。こちらこそ。梨乃です」
松たか子を気持ち若くした感じのコだ。27才ってとこだろうか。想像とは少し違ってはいたが顔立ちといい、厶ッチリした太ももといい、割とタイプなんですけど。
2人してビデオの並ぶ才—プンスペ—スへ。梨乃ちゃんが冷静に言う。
「じゃあ始めてもらっていいですよ」
う〜、いきなりそんなこと言われても…。
意を決し、イスに腰掛けフニャチンを軽くいじってみる。梨乃ちゃんは2、3歩離れた位置に立って俺を眺めている。妙な感覚だが悪い気はしないぞ。
大股開きで肛門まで見える体勢で
梨乃ちゃんは普段アパレルの仕事をしていて、休みの日に時々出勤している程度だそうだ。
そんな普通のOLさんが身近にチンコを見てる…。こりやもっと俺自身の欲求のままに行動しないと損だという気になってきた。大股開きで肛門まで見える体勢でチンコをこする。
「いつもそうやってオナニーしてるんですか?」
ですます調だけど、まったくもって優しい言い方ではく、言葉尻にSっ気が含まれている。なんとも羞恥心をくすぐられる。気がつけば彼女の顔はチンコの前50センチのところだ。それもマジマジと眺めてくれている。充血していく。これ、イイかも!最低限の身だしなみであるタンクトップを捨てた俺は、全裸でシコシコしながら店内をうろついてみた。後ろから梨乃ちゃんがついてくる。
まずは立ちオナニ—。それから次はビデオ棚の影に隠れてオナニー。
まるで電柱の影から見せ付ける変態おじさんの気分だ。
「もっとよく見てくださぃ」「なにやってるんですか?わからない」
小馬鹿にされることにも心地よさを覚えてきた。
しかも彼女はご褒美とばかりに、ときおり背中や内腿に指先を這わせてくれる。「ゥッ」
間抜けな吐息が漏れてしまう。変態まっしぐら。もはやリミッタ—は不要だ。大胆に楽しんだ者勝ちな気がする。キモイと思われようが知ったこっちゃない梨乃ちゃんもテンション上がってきたのか、俺のチクビを強くつねり始めた。
「い、いたたた…」
梨乃ちゃんはニヤニヤしている。いまさらながらこの人は真性のドS だ。パッと手が離された。個室から客の男と女の子が出てきたのだ。
二—チヤンはチンコギンギンの俺を一瞥し足早に退店していった。ち、お前さんも変態なくせに—
「若菜ちゃん、後片付けはいいからこちらのお客さんについてあげて」「はい、わかりました」
店長の指示で、俺のもとに追加された女の子は20歳そこそこの学生風だ。何をどう間違ってこんな店で働き出したのかナゾの清楚さ。俺の股間を見ても照れ笑いばかりしている。
動作ひとつひとつもウブいし、これはこれでイイ。
もう思いつくままにしたいことをすぐ口にしよう。キモイと思われようが知ったこっちゃない。
「ちょっと足の匂いかいでもいいですか」「ええっ」
新人•若菜ちゃんには断固拒否され、なんとか梨乃ちゃんの足に顔を近づけクンクン嗅ぐ。ほんのりボデイソ—プと汗が混じった香りだ。ああぅ。
性感がだいぶ高まってきた。もう出したい。出してやる。
大股開きで、2 人に肛門まで眺められながら激しく手淫を続ける。ドS の梨乃ちゃんはサンダルで玉袋をツンツン刺激してくる。
「イキそうならイッていいよ。このへんに出してね」
その言葉を最後まで聞く前に、受付前の床へ大量の白濁液を放出しちゃいました。

【アダルトコミック】究極の淫乱旅行・イラマチオ、即アナル舐め、聖水ありの酒池肉林の宴

0009_201810060036129c4_20190820211724aac.jpg0010_20181006003613ab9_20190820211725830.jpg0011_20181006003615eaf_201908202117275fa.jpg0012_20181006003616735_20190820211729a6c.jpg0013_20181006003618598_201908202117303f0.jpg0014_201810060036194b0_201908202117322d6.jpg0015_201810060036219fd_20190820211733e5d.jpg0016_2018100600362211b_20190820211734d80.jpg0017_201810060036249e4_201908202117361cf.jpg0018_20181006003625c44_20190820211737168.jpg0020_201810060036283db_20190820211741c31.jpg0021_2018100600363089d_20190820211742f4f.jpg
ぜひとも全国の野外プレイ好きに知ってもらいたい温泉旅館だ。野外プレイをオプションにしている店は他にも多々あるが、せいぜい飛びっ子を装着して外を歩いたり、ホテルまでの移動中、車内でほんの軽くフェラする程度に過ぎない。だがこの店はレベルが違う。
まずプレイ可能な現場でいえば、公園、歩道橋、駐車場といった野外マニアが日常的に好む場所から、成人映画館、観覧車、雑居ビルの非常階段までと、もう攻める攻める。あまりに自由度が高すぎてこちらが怖くなるほどだ。
プレイが野外で完結可能な点も素晴らしい(客が望めばもちろんホテル移動も可)。野外マニアというのは、外で開放的に射精ができてはじめて満足するもの。そういった心理をちゃんと心得ているところからも、その他凡百の風俗店とは一線を画する。
他にもイラマチオや即アナル舐め、聖水といったプレイが野外で堪能できるなど、いちいちやることがトガリまくっている。とにかく、野外マニアが真に楽しめるのは、ここを除いてどこにもない。
Copyright © エロ漫画無料アダルト裏モノJAPAN All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます