相互のタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:相互

【エロ漫画】全裸の見せたがりカップル御用達・自然と相互鑑賞できる露出プレイラブホテル

露出プレイラブホテル漫画露出プレイラブホテル漫画露出プレイラブホテル漫画露出プレイラブホテル漫画露出プレイラブホテル漫画露出プレイラブホテル漫画露出プレイラブホテル漫画g露出プレイラブホテル漫画露出プレイラブホテル漫画露出プレイラブホテル漫画露出プレイラブホテル漫画露出プレイラブホテル漫画露出ラブホ相互鑑賞ルーム露出ラブホ相互鑑賞ルーム見せたがりカップル御用達相互鑑賞ストリップ露出ラブホ相互鑑賞ルーム露出ラブホ相互鑑賞ルーム露出ラブホ相互鑑賞ルーム露出ラブホ相互鑑賞ルーム露出ラブホ相互鑑賞ルーム露出ラブホ相互鑑賞ルーム
ラブホテル、池袋のRである。知っている人は知っているが、このホテル、外から見上げるだけで中の様子を拝見できてしまう素晴らしいスポットだ。普通のラブホで窓を全開にすることなどまずないがここは線路のすぐ西側という人気のない口ケーションのせいで力ップルたちは油断し、裸体のまま夜景を眺めたり、ときには電車の乗客にでも見せるためかわざと露出気味に絡んでみたり。タダでいいものが拝めるならと、線路をはさんで東側の道路には、缶ビール片手に様子を眺めているオッサン連中もいて、一帯はすっかり池袋の名所と化している。見せたがりは西へ、見たがりは東へ。線路越しの露出プレイは今日も繰り広げられている。
以前から、ラブホテルで隣室のアエギ声を聞くのが好きだった。誰しも、薄い壁の向こうから聞こえてきたアハンウフンの声に、思わずパートナーの存在も忘れて興奮した経験はあるだろう。しかし1人でラブホにチェックインし、日中サービスタイムの5時間ほどずっと聞き耳を立てていたことのある男はそうそういないと思う(ただの暇人という説もあるが)。アへ声を求めて数千里。そのうち声だけでは飽き足らなくなり、セックスしてる姿そのものを見たくなってきたのは当然といえば当然の流れだった。どこかに部屋を覗けるラブホはないものか。とはいえそのためだけにラブホ通いするほど金はなく、たまに入ったときに注意深く観察するか、ネット情報を頼りに都内を歩き回るのが精一杯だった。結果、多くの出会いに恵まれた。渋谷ではバルコニーづたいに隣部屋の中にまで入れるラブホを見つけ(現在は駐車場)、上野では壁の穴から隣室が見えるホテルを探し出した(現在は改装済み)。過去の思い出を語ってもしょうがない。今回は、いま現在もばっちり覗けるラブホテルを紹介し、その楽しみ方を伝授しよう。
このラブホ「A」は新宿コマ劇場の奥、バッティンクセンター近くのラブホ街に建っている。古臭い名前のとおり、建物は古く、さらに部屋自体もビジネスホテルのような色気の無さだ。フロントには部屋を選ぶパネルがないので、本当にビジネスホテルのように思えるが、料金に休憩と宿泊の分類があるので一応はラブホだ。この「Aい」、ある部屋に限って、窓を開けるとすぐ目の前が隣のラブホの風呂の窓、というおかしなことになっている。つまり力ップルの入浴シーンがばっちり拝めてしまうのだ。俺が最初にこのラブホを訪れたのは「隣の声がよく聞こえる」と噂を聞いたからだった。実際、壁は薄く、部屋にいても廊下にいてもアへ声はよく響いてきた。ー人で何度も通ったものだ。しかしあるとき部屋の窓を開けて驚いた。すぐ前のホテルからチャプチャプとお湯の音が聞こえ、窓の隙間から男女の裸がはっきり見えたのである。風呂の窓はイラストのような形なので、中が覗けるのは上からか脇からかのどちらか。俺は部屋を真っ暗にして無人を装い、椅子に乗って上部から入浴シーンを眺め続けた。相手が気づく様子は一向になし。翌日もその翌日も、俺は同じ部屋に通った。隣のホテル「A」はいまどきのラブホなので回転率が良く、しかも若い力ップルが多いため、風呂場でおっ始める者も少なくなかった。暗闇でチンコを握り締め、何度オナニーしたことか。何度か通って気づいたことがある。隣のホテルは、仮にカップルが窓を閉めたとしても、清掃係が必ず窓を全開にして次の客に回す決まりになっているようなのだ。湿気のこもりを防ぐためだろう。まるでノゾキのためのような当システムは、もちろん今も健在である。入室は単独でも可。ただし先ほど書いたように、部屋を選ぶパネルがないので、チェックインの際は自分で部屋番号を指定する必要がある。
まずは新宿東口の繁華街にあるレンタルルームから。以前は本館と別館の2つが営業していたが、現在は本館のみ。しかも単独男性は強制的に1階に入れられるので、上階を自由に動き回るには力ップルで入室せねばならない。ここは都内のレンタルルームの中でも、露出趣昧の力ップルが頻繁に現れることで知られている。共有のシャワールームや個室ドアを開けっばなしにして他人に見られたがる力ップルが多いのだ。俺が相方の女とよく利用する金曜の夜で、チェックイン。ます2階から上の階をみてみる。洗面台やトイレが廊下にあるので、うろちょろしても怪しまれにくいのが利点だ。
露出力ップルばたいてい廊下でいちゃついたり部屋のドアをうかがってる、目が合えば「そばで見てもいいですか」と話しかけてみる。相手の警戒心を解くため、女に言わせるのも手だ。いちばん大胆だったのは、ドアを全開にしてセックスする力ッブル(しかも女はモデル並の美貌)で、彼らの部屋には10人ほどのギャラリーがわらわら集まっていた。西口の「Yングイン」にも露出力ップルが現れるが、こちらはむしろ声を楽しむ場所かもしれない。ドアスコープのついた部屋にチェックインし(単独可)、廊下をノゾキながら力ップルがどの部屋に入るかをチェック。部屋がわかれば廊下からこっそり音を聞くのが俺の楽しみ方だ。
このホテルは大昔の裏モノでも紹介された、相互鑑賞ホテルだ。「コ」の字型のホテルの向かいあった部屋同士で、窓を開け広げて痴態を見せ合うのがオーソドックスな利用法である。以前はなかった窓柵がいつのまにか取り付けられ、やや見にくくなったキライはあるが、まだ十分に使えるし、愛好者は多し。
7、8年前、最初にこのホテルを知ったころの俺はバートナーがおらず、単独で入室しては、窓を開けたまま励む力ップルの様子をおとなしく見させてもらっていた。当時はまだ「相互鑑賞」以外でも楽しめたのだ。ところがここ数年は、ギブアンドテイクが暗黙のルールとなったようで、力ップルで入室して、ある程度の痴態を見せてあげなければならないようだ。単独男は毛嫌いされる傾向にある。力ップル喫茶で晒しあうことも珍しくなくなった今では、わざわざ窓越しに見せ合うなんてさほど需要がなさそうなものだが、さにあらず。このホテル、仕組みを何も知らない女を連れて来て、ハプーーング的に窓を開けて女を辱める男性が結構多いのだ。最初は恥ずかしがって何度も窓を閉めていた女が、そのうち見られる行為に目覚めて大声をあげるに至った過程を、俺は何度も見たことがある。
8、相互鑑賞が可能に?ストリップでマナ板ショーがまだ公然と行われていた時代
今はなき、新宿西口のOS劇場で行われていたマナ板ショーの模様だ。じゃんけんに勝った者だけが衆人環視の中、ステージで踊り子と本番でき負けた者は奥の個室で別料金を払って一発ハメるという、完全に違法なシステムであった。今では一般人の間でもわりと浸透した感のある相互鑑賞ラブホも当時はまだまだ知る人ぞ知るマニアックな存在だった。ちなみにこのホテル(名称・ホテルM‐1)、噂によるとスワッピング趣味のあるオーナーの意向で、わざと相互鑑賞が可能な構造にしたんだそうな。
9、露出プレイ鑑賞会
池袋北口、線路沿いのあのラブホである。窓の様子がよく見えるのは、線路の反対側、ボウリング場の従業員用階段からで、当時は大きな望遠レンズをかまえたマニアも現れた。カップル盗撮のぞきが趣味のおっさんたち

新宿駅南口で森中さんの車に乗り込み、一路、高速道路を北に向かう。今回のツアー、単にのぞきが目的ではなく歴史的な実験も兼ねていた。これまでの赤外線カメラはモノクロ画像しか撮れなかったが、アルプスの社長がカラーカメラの試作品を完成したのである。
「あれに色が付いたとこ想像すると…ムフフフ」
森中さんがイヤらしく笑う。確かに盗撮ビデオは数々出てるが、私が見た限り、アルプス会のメンバーの映像はセルビデオの比じゃない。無修正で局部モロ見えなのはもちろん、妥協せず対象に寄る迫力はマニアならでは。確かにあれがカラーになったら衝撃的だ。もっとも赤外線カメラなど知らない人にとっては、真っ暗闇の中で撮影できることの方が驚きだろう。私も8年前、夜の代々木公園で赤外線カメラを覗いたときは度肝を抜かれた。裸眼じゃいくら目を凝らしても何も見えないのに、カメラのスイッチを入れた途端、まるでライトで照らしたかのように視界が明るくなり、あちらこちらにカップルが浮かび上がったのだ。それから私はのぞき担当になった。

『赤外線ビデオで水着がスケスケになるか』という企画では、赤外線フィルターを付けた家庭用ビデオを持ってカップル喫茶の盗撮を試みたこともあった。ただ、それらはあくまで実験。実際にプロの人たちが撮影する様子を目の前で見るのは初めてだ。
「本番やってるカップルを覗いたら1人で眠れなくなっちゃうよ」
そんなセクハラ爆発の車は、3時間余りで達人コンビの住む町に着いた。和尚&会長と呼ばれる達人2人に連絡を入れ、夕食後、撮影ポイントに集合することにした。私たちは、和尚が宿まで迎えに来てくれるそうだ。

宿のチェックインまで時間があるので、まずは、以前、福島で盗撮したことがある森中さんの案内で、撮影ポイントの偵察に出かける。ひとつは観光果樹園がある山中の公園だ。町並みを眼下に見下ろす眺めのいい場所で、日が暮れれば夜景を見ながらのデートに向いてそうなスポットである。
「ここがいいんだ」エッチ目的の車は人目を避けるように(この場合は石垣)の方へフロントを向けて止め、助手席を倒してコトに及ぶのがパターンなので、石垣の上の薮に姿を隠して見下ろせるこのポイントは盗撮にもってこいの場所。カップルの車さえあればどこでも覗けるのかと思ったら、そう簡単ではないようだ。当のカップルにバレるのもマズイが、周りの人たちに見つかっても騒がれる。そこで、のぞきのプロたちは、撮影に適した場所に腰を据え、カップルが飛び込んで来るのを根気よく待ち続けるのだという。次に向かったのは、スポーツ公園。体育館を中心に、野球場やテニスコートなどが整備され、その周りに駐車場が点在する一大レジャースポットだ。何か探すようにキョロキョロしながら運転する。「あ、あった」見れば、意味ありげに丸められたティッシュペーパーが2つ。「本番をやる場所ってのはある程度決まってるんだ。それを見分けるのがティッシュってわけ」

どこも同じ道端に思えるが、場所によって対向車のライトがまぶしかったり、生け垣の葉の茂り具合がイマイチだったりする。自然、カップルが選ぶポイントは絞られてくるというのだ。この前来たとき本番カップルがいたという第5駐車場の入り口脇に着くと、ひときわ大量のティッシュが。
「車1台分しか止めるスペースがないから周りを気にせずエッチできるんだよ。木立ちの方に回ってのぞけば全然気づかれないし」
午後3時。道端のティッシュに期待を膨らませながら、小さな宿にチェックイン。とにもかくにも温泉だと、お湯に浸かって部屋に戻ると、社長と森中さんが達人へのお土産ビデオを開いてた。

実はこの森中さん、「結合部が見えなくちゃダメ」という信念の下、怒涛の寄りで局部超ドアップ画面を撮り続け、アルプス会の中でも一目置かれる存在だ。その彼が今年の撮影分から濃いヤツだけをダビングしてきたというビデオなのだから、当然、正視するのも恥ずかしい映像のオンパレード。
「本気汁が出てるのわかるだる」「これは射精の瞬間だよ」
白濁色の愛液がまとわりついたオチンチンが女性器を出入りする様や、黒い画面を白い精液がピュンと飛ぶ様子は、もうお見事と言うしかない。
「けど、こうやって見ると男のナニも女のアソコもみんな違うんだよな。やってる最中にタマがダランと伸びたヤツもいれば見えないほど縮こまってるのもいるし。セックスの最中に自分のタマ見たことあるヤツなんかいないだろうけど、オレなんか常連はケツの穴を見ただけで誰かわかっちゃうよ。

ホント人間てのは1人1人別の生き物なんだよ」しみじみ咳く森中さん。人間、他人のシリの穴を見続けると哲学的になってしまうか。テーブルに乗り切らないほどの夕食を食べてると、和尚が迎えに来てくれた。
「あんたも来たか」という、強面で照れ屋の歓迎のことばをもらい、出動だ。この日のために買った迷醤の服を着て和尚のキャンピングカーに乗り込む。なんでもこの車、盗撮用に買ったそうだ。

以前はワザとどこかへ出かけたフリをして安心させ、エッチを始めたらそっと2階の寝室に戻りそこから盗撮していたが、最近は
「怪しいキャンピングカーが公園をウロウロしてる」と評判になり、その手は使えなくなったとか。
「今は山で撮ってるんだ」と和尚が向かったのは観光公園でもスポーツ公園でもなく、郊外の山の頂上に新しくできた自然公園だった。手慣れた運転で、車は細い道をグングン上っていく。
「来たカップルがお客さんなんだ」
スピードを落とし、左手の細長いスペースを指さしながら通り抜け、急カーブを曲がる。と、てっぺんの広場へ続く最後の道に進入禁止の車止めが置いてあった。ここに車を止めとくのかなあ、と思った瞬間、キャンピングカーは縁石を乗り越え頂上の駐車場に滑り込んだ。
「余計な車が入ってこないよう宿に行く前にオレが置いといたの」達人たちは邪魔が入らないよう車止めを置いて自分たちの活動スペースを確保してから、下の駐車場でイチャつくカップルを上から盗撮するのだという。
「ほら、わかる?街灯も配線盤を開けてオレたちで消したんだ」
そういえば、端っこのどうでもいいような場所の電気はついてるが、駐車場に面した部分の街灯は全部消えている。が、辺りは思ったより明く、暗闇にはほど遠い。原因は、曇っているのに顔を覗かせている星の光と、山の下に見える街の夜景だ。肉眼でみんなの顔が見分けつくほどなのに、こんなんで相手に気づかれずに、のぞけるのかな。
「ここは頂上で周りの光が入ってくるから明るいけど、下の駐車場は見通し利かないから暗闇だよ」
言われてみれば、ここに来るまでは暗かったような。そうか、ここから下を見てればカップルの車がどこに止まるか一目瞭然で、下からこっちの姿はそれほど見えないのか。ヘー、これほどのぞきにピッタリの場所はないかもね。話の途中で、下の道をサつとライトが走り、続けてガタゴト縁石を乗り上げる音がした。「ありや会長の車だな」
和尚は顔も上げず音だけ聞いて言う。キキーと派手な音をたて、左ハンドルのデヵイ車が止まる。ドアを開けて出てきたのは、長いロマンスグレーを後ろでしばり迷彩色のつなぎを着た会長だ。
「お久しぶり」
ニコヤカに、穏和な顔で会長が挨拶する。ちなみに一見対照的な和尚と会長の出会いは、他ならぬ盗撮現場。別々に赤外線カメラで盗撮していた2人が、互いのカメラに映る赤外線の光を見つけ、瞬時に同好の士であることを理解し声をかけあったそうだ。きっと日本中の公園で、そんな出会いが展開されているのだろう。のぞきのため福島の山上に集まったのは、会長の弟子を名乗るバンクさんを含めた迷彩服のつなぎを着た男5人に私、計6人だ。パンクさんというのは、カップルが気配を察して逃げてしまうことをパンクと言い、彼は撮影に集中するあまりたびたびそれをやらかし、この有り難くないあだ名がついたそうだ。
今日の撮影機材は、①スターライトスコープ、②赤外線カメラ、③ソニーのナイトショットの3点。
赤外線カメラは森中さんに任せ、私はお手軽なナイトショットでこっそりみんなの盗撮風景も撮影してしまうつもりだ。挨拶を済ませ、さっそく準備にとりかかる。といっても、ほとんどはすでに昼のうちに、達人たちが整えておいてくれたらしい。
下の駐車場は3台ずつ止められる場所が木立を挟んで2カ所あるのだが、1台しか入れないよう工事標識のようなものを設置してある。他の車を気にすることなくイチャついてもらうためだ。これを駐車場の真上にある生け垣からのぞくわけだが、よく見れば生け垣の下の方に人間が1人寝そくって撮影できるぐらいの穴が3つ開いている。
「ぽっかり穴があいてたら、透けて人影が見えちゃうから」
会長によると、のぞきでいちばん大切なのが、この〃透けない〃ことだと言う。夜空は意外に明るいため、木や建物などがバックにないと人型がクッキリ黒いシルエットで浮かび上がってしまう。逆を言えば、別に木の後ろに隠れなくても、木をバックにすれば
前に立っていても相手からは見えないということらしい。
ちょっとややこしいが、達人たちは「その石のとこまで行っても下のベンチにいるカップルからは見えない」「その街灯の前は体をかがめて通って」などと、実際に下から見ながらチェックしたそうだ。ここは達人の言う通り動けば間違いないだろう。「ほらこれ付けな」

半袖なんかで来てと、呆れながらも和尚が虫除けスプレーを貸してくれた。
肌色は光に反射しやすいので、長袖がのぞきの基本らしい。確かに山の上は風があって涼しい上に、蚊のブンブンする音が気になる。カップルが来るまで、和尚のキャンピングカーでも撮ろうとナイトショットの録画ボタンを押す。が、画面は真っ暗なまま。肉眼で薄ぼんやり見えるぐらいの光量はあるのに、ナイトショットは役に立たないらしい。
「あんたんとこの本でも、ナイトショットで盗撮できるなんて煽ってたけど、光量が足らないから街灯が点いてるような公園じゃないと使えないよ」
なんと、ここではナイトショットは役立たずのようだ。ガックリする私に会長がスターライトスコープを貸してくれた。ま、今は実際にこの目でカップルのエッチを見ることに専念しましょ。

広場中央にあるベンチで待つ。が、肝心のお客さん(カップル)が来ない。代わりに、ジャージ姿の若いおにいさんが1人、ブラブラとこっちへ近づいて来た。ジョギング途中と思いきや、ベンチの前で体操を始めた。あ-あ、あんなとこにいたら下の駐車場から丸見えだよ。カップルが近寄ってこないじゃないか。早く行っち
ゃわないかな。だが、走る気などなさそうに手足をブラブラさせてるだけ。
「のぞきだよ」
和尚はそう言うと、私の手を取りそいつの横のベンチへ。
「隙を見て、青カンしようぜ」
そわそわした感じでいったんどこかへ走り去ったものの、青カンを期待してか、またすぐに戻ってきた。ブオンとエンジン音がして下の駐車場に念願のカップルが来たような気配だが、男が何度も行ったり来たりしていて、うかつにカメラを出すわけにはいかない。我々が取り囲むようにして付けると、ようやくお呼びでないと気づいたらしく、そそくさと逃げ出した。
「ああやってカップルを追い出す素人さんがいちばんの敵なんだ。殴るまではしないけど、ひどいヤツは捕まえて追い返すね」
ああ、やっぱり。のぞくときはルールを守りましょう。最初のカップルが来たのは、9
時を回ったころ。下の駐車場の、正面に幕止め、すぐにヘッドライトを消した。
ドキドキしながら待つと、パタンとドアを開ける音。まだ20代らしき2人は、車を降りて道端のベンチに腰を下ろし語らい始めた。
「だから言ったじゃん」
高台にいるせいか、2人の声が風に乗って思わぬ大きさで聞こえてくる。なんか、全然色っぽい匂いがしない。女の子が一方的に男の子に意見してるようだ。肉眼ではうっすらとしか見えない2人が、スターライトスコープで覗くと、まるでピーカンの光の中にいるようにクッキリ見える。

声が小さくなるたびイチャつき始めたかと期待して覗くが、まった進展なし。結局、30分ほど話をして、チュつとキスだけして帰ってしまった。ガックリした私たちを気遣い、会長が我々を乗せ山を下る。と、そこいらじゅうが畑だ。
「ここはこの位置にお客さんが来ればあの木の裏から覗けるんだ」
6台も止まればいっぱいになる小さな駐車場で停車し、そう説明してくれる会長。木の裏ののぞき道を歩くときに音がしないよう、昼間、落ち葉を掃除したそうだ。こういう地道な努力があってこそ、達人と呼ばれるほどの傑作も生まれるのである。
ブーンと、奥に1台止まっていた赤い無人の軽の横に白のセダンが止まる。と、セダンから女性が降り、軽に乗り換えると慌てたように2台一緒に走り去る。
「待ち合わせだよ。別々の車で来てここで1台に乗り換え、どっかでやってきたんじゃないの。ああいうのは不倫カップルだ。」夜の公園では、昼の世界で見えない人間模様が展開していた。

オナニーを他人に見せる快感!相互に性器を見せつけるオナ見せにはまった私

オナ見せオナ見せオナ見せオナ見せオナ見せ見せ合い見せ合い
自分のオナニーを女性に見せる、そんなもんどこが嬉しいのやら。マスをかくのは自宅でのみ。オナクラなんぞに行くヤツの気がしれない——。
そんな岩のよぅに硬い心も、崩れ落ちるのはほんの一瞬だ。都内の某アロママッサ—ジ店に行った。
全身ぬるぬるマッサ—ジで、最後は手コキでフィニッシュ。ホームページの作りや料金から、そんなシステムだろぅと勝手に予想してのことだ。実際その手の店は最近とみに多いのだ。
指名したのはスラリとしたモデル体型の真由美。元エステテイシヤンで、まるで顔は常盤貴子のよぅだ。プレイル—ムは天井部分が空いた半個室で、清潔感にあふれていた。私はトランクス一丁になってベッドへ横たわった。真由美の柔らかな手が、まずは顔をなで始める。
「気持ちいいですかぁ?」
手の指から足の先までオイルを使った全身マッサージが続く。心地よすぎて眠ってしまいそうだ。残り時間も押し迫ったころ、太ももマッサ—ジをしていた彼女の手が、徐々に徐々に股間方面へと近づいてきた。やがて指はトランクスの隙間へ。全身の血行がよくなったせいか、こんなことでもペニスは完全勃起である。テントの先端にガマン汁が染み渡りそうな勢いだ。指はときおりタマタマにさ覚めた私。
エッチなお店じゃないんです。
すらりと触れそのたび体がピクピク反応する。もう駄目早く手コキしてくんちえ〜。声も絶え絶えに訴えかけたところ、なんと真由美ちゃん、しらっと言うのだった。
「はい、これで終了です」
なんですって? シコシコしてくれないの?
「そういうエッチなお店じゃないんですよぅ」
てことはあくまで健全なマッサージってことなんでしよか。タマタマ触っておいてサヨナラ?それで80分1万5千円もするの?このまま服を着るべきか、ダダをこねるべきか。勇者の行動は後者だった。
「もう駄目だ。自分でするよ」
私はおもむろにトランクスを脱ぎ血管の浮き出る息子を解放。右手を添えて動かし始めた。
「じやあ少し外に出てます」
うつむきながら部屋を出て行こうとする彼女を、私は制した。
「出なくていいよ、ここでちやんと見てなさい」
よくこんな台詞が出たものだと我ながら感心する。神様が言わせてくれたのだろうか。まあいい。ともかくこのとき私は気づき始めていた。オナ見せは、してはいけない場所で、見せてはならない相手の前でならば、比類なき興奮を生むことを。きびすを返した真由美は私の脚の間に座り、太もも付近
をさすりながら我が手の動きを赤面しつつ凝視する。シコシコシコ。そうだ、ちやんと見なさい。シコシ、コシコ。ほらこんなに充血してるでしょ。シコシコシコ。もうすぐ出るよ出るよ!
彼女の表情がまた良かった。脅えるでもなく、小バカにするでもなく。鳩が豆鉄砲を食らったような、という陳腐な表現は似合わない。初めての動物と対面した子供の、戸惑いと喜びの混じった顔とでも言おうか。エステに通っては、土壇場でオナニ—を見せる強攻策に打って出た。店の探し方はさほど難しくない。アロマエステ、リンパマッサージといったキーワードで検索し、電話をかけてヌキがあるかどうか尋ねるだけ。ヌキ有店は正直に答えてくれるものだ。むろん、普通に手コキされたい気分のときはヌキ有店へも足を運ぶが、オナ見せに目覚めた私が選ぶのはもっぱらヌキ無し店だ。ならば最初からオナクラに行けばいいじやないかというツツコミは、あまりに的を外していて笑ってしまう。先ほども書いたように、見せてはいけない女性の前だからこそ私は興奮するのだ。見ることが前提で働いているオナクラ嬢など相手にしてやるものか。どうせ表情なんかも作ってるんだろうし。
さてこのオナ見せ相手が相手だけに、顔をそむけてしまうコや距離を置いてしまうコもいるが、そんなとき私は決まって言う。
「ちゃんと見てなさい」なぜ先生言葉なのかはよくわからない。お願いすると断られそうで、命令口調も偉そうで。結果、自然とこうなったまでのことだ。最高だったのは渋谷の某エステ嬢だ。右手の動きがスピードアツプするにつれ、彼女までもが赤面しつつ息をはぁはぁさせるのだ。初めて目にしたんだろなぁ、男のオナニ—。ふふふ。見るぐらいなら彼女らも強い抵抗は見せない。これまで5人にトライして、拒否されたのは一人だけ(店長を呼びますよと怒られた) 。今後も清楚なオナゴたちに見せ続けるぞ〜。
風俗嬢や援交オンナではなくシロート女性にオナ見せしたい願望がある男

風俗嬢や援交オンナではなく、見知らぬシロート女性にオナ見せしたいとの願望がある。が、これがなかなか難しい。

変態の巣窟「ナンネット」や「したらば掲示板」などを覗けば、男のオナニーを見てやってもいいという女の書き込みがあるにはあるが、メールを送ってもまずスルーされてしまうものだ。

自分から相手を募集したところで結果はやはり同じである。そんなわけである日、ナンネットの「見たい女」掲示板で、苦し紛れの書き込みをしてみた。
「オナ見せ願望のある中年男ですが、これまで一度も相手をしてくれる女性に出会えたことがありません。だからせめて、他の男性のオナ見せ体験談を読めればと思ってます。どなたかいらっしゃいましたらよろしくお願いします」
これに対し、数々のアドバイスや小バカにした書き込みが続くなか、1件、想像もしなかったメッセージが紛れ込んでいた。
「何だか大変そうですね〜!僕の嫁でよかったらオナ見せしてみます?興味あればメールください」
な、何だって!?半信半疑で連絡を取ったところ、あれよあれよと話は進み、後日、私は願望をあっさりと果たすことに。30代のヤング夫婦とラブホに入り、ややポチャ巨乳妻の目の前で、思う存分、シコってやったのである。

かくして、正解は見つかった。オナ見せしたければ、卑屈でみじめなダメ男を演じればいいのである!変態カップルにとって、そんなどうしようもない男は、優越感を抱くに格好の相手であり、ただ見てやるくらいならと、上から目線でお付き合いしてくれるのだ。

俺の女が見てやるからせいぜいシコってくれよ、ダメ男くん!ってなもんか。この分析の正しさは、あっさり二度目の成功を収めたことで完全に証明された。オナ見せ相手がなかなか捕まらないというアナタ、真似してみてはどうだろう。

ひとつ、紹介させてもらいたいオナニー法がある。ビクンビクンオナニーというやつだ。やり方自体は簡単だ。肛門に力を入れると、勃起したチンコがビクンビクンと動くのは知っていると思うが、オカズ動画を観ながら、あの行為をとにかく何度も繰り返すのだ。手を一切使わずに。姿勢は、イスに座った状態がベストだろう。注意点としては、機械的にビクンビクンさせてるだけではいけない。ケツに力を入れつつ、チンコの根元を筋肉で締め付けるように意識を持っていくのだ。ちょっと感覚的な話になるが、ケツに入れた力をそのまま股間の方まで届ける感じだ。わかるだろうか。とにかくそうやっていると、ビクンビクンするたびにチンコの根元あたりがだんだんと気持ちよくなってきて、最終的には精子がドクドクと出るのだ。このビクンビクンオナニーの特徴は、手を使わず射精できることだけではない。通常のオナニーとは異なる射精感が味わえるのだ。快感がジワ〜っと体全身に行き渡り、何ともハッピーな気分に浸れるというか。ある程度の訓練は必要だが、マスターすれば確実にオナニーライフは充実する。
オナニー見せるの大好きな女
あるグラビア誌からカップル喫茶とスワップパーティの潜入取材を依頼された。なぜ俺に、と思ったが、スワップには年配のほうか有利でしょうと編集者はいう。謝礼は出すので女は調達してほしいとのことだ。困った。「テレクラ250人斬り日起なんて本を書いたのでセックスフレントの5人や10人はいるに違いないと誤解されるが、俺にそんな女はいない。テレクラ女とはあくまでー回主義だ。というと、いっぱしのナンパ師のセリフみたいで力ッコいいのだが、現実は違う。女と会ってホテルに入るまでは乎身低頭リップサーピスにこれ努めるが、行為が始まると「お尻の穴紙めてよ」とか
「もっと締まんないの」と要求だけは百人前。そのくせ女にはサービスしない。さらに中折れ3分発射でテポドン。こんな調子だから、また会ってね、という女は皆無に等しい。しょせん、俺は一時的に心のビョーキに陥った女の弱みにつけ込んでセックスを強要するだけのセクハラナンパ師なのだ。さて取材に同行する女はどうしようか。「行くだけでもイヤー」と一蹴され、年に数回会う人妻からは「犬や猫じゃないんだから」と断られた。なにいってんだ、ホテルに入れは盛りのついたメス猫まるだしだっていうのに。しかたなく、誰かはOKするだろうと、これまで携帯番号を教えてくれた11人の女に電話をかける。が、結果は無残。驚いたことにその大半が番号を変えており、唯一つながった30代半ばの女には、子供が生まれたばかりでそれどころじゃないと断られた。
俺はザッピングを思い出した。用語辞典では「テレビのチャンネルを次々に変えながら見ること。リモコン操作が生み出した行動様式」とあるがへごれはそのままテレクラ女の感覚に当てはまる。彼女らにとって、男はテレビ番組みたいなもの。気に入らなかったらガチャ切り、スッポカシはあたりまえ。携帯番号を変えたのも、それまでの番号でコミュニケーションをとっていた男たちとの時空を突然捨てたくなったのだろう。手軽にできる失腺、とでもいうべきか。結局、力ップル喫茶については、以前取材で知り合った若い女性に頼んでことなきを得た。
女はミスドの前に立っていた。身長150センチくらい。キュロットスカートに黒のカットソー・
丸顔のショートカットに真っ赤な口紅のプチブス女。どうみても場末のスナック女だ。が、大きい目と尻の張りが欲情させる。胸も使えそうだ。
「エミさんですか。さっき話していた人は私の友だちなんですへでも急用ができちゃって…それで来
たんです」女はだらけた笑いをした。
「ホントですかぁ。もしかして私嫌われたのかな」
考え込んでいる女。嘘はさらに続く。
「エミさんって私の好みなんですよ。つきあってください。お願いします」
彼氏は自動車修理工場の社長とか。ワンピースからのぞく足は関東イモ系だが、色が白くてグッド。黒のパンツのアソコもふっくらしていて気持ち良さそうだ。ホテルに入りパンティを脱がすと、毛が剃ってあった。
「あたしの家系って濃いの、水着になったらヤバいじゃん」
この女が江ノ島の海に浮かんでいたら、まるでタコ坊主かクラゲだ。クラゲ女はワンピースを脱ごうともせず、無毛の陰唇を開いて俺を挑発する。
「これいいなぁ。パイパンのあそこって見たの初めてなんだ。千円出すからエッチ撮らせてよ」
「あやしい」「ヘンなことしないって」「そんなにキレイ?」「うん、しゃぶりつきたいほど」
「しちゃおうか」女は部屋のミラーに裸身を写し
「子供みたい」とはしゃいでいる。「早いから、本番やる前に撮っていい?」
キス、フェラ、尻祇め、後背位、正常位、ひと通り撮ったあと女が聞いた。
「この写真どうするの?」「自分ですると気持ちいいから」
「自分でするのぉ?エッエッ見たいな」
俺は女が見ている前で客がオナニーする六本木のオナニーパブのことを話した。
「あたしもやってみたい」
お前みたいなタコ、断られるに決まってるだろ。
「見せるの大好き。海で寝そべってて、足拡げてるとみ凡な見るじゃない。すっごく感じる」
女は自分でクリトリスを触りカメラに笑いかける。俺も片手でペニスをしごき始めた。
相互・見せ合い・オナ見せのプチ援女は素人だ
出会い系サイトで『オナニーの見せ合いしませんか?』などという変化球なプチ援女をたまに見かける。なぜ手コキでもオナ見でもなく、相互オナニーなのか。
 エッチまではしたくないし、フェラもちょっとイヤ。でも小遣いを稼ぐには見るだけじゃ厳しい。やっぱり男の人に喜んでもらわないと。そうだ、オナニーを見せあいながらシコってもらうのはどう
かな?
少なくともオレが出会った相互オナ女神たちの多くは、こういった考えから募集をかけたと言っていた。ちなみにこれはオレの主観だが、このプレイを提案してくる子は、ワリキリ娘の中でもそこまでスレていない、限りなく素人に近い女子が多い。
 この相互オナニーは実際にやるとなかなか楽しい。こちらが触るのではなく、女の子が自分でアソ
コをイジるもんだから、感じている表情や声が妙にリアルなのだ。そいつを見ながらシコると、かな
り興奮できる。
 各種出会い系サイトで、『相互』『見せ合い』『オナ見せ』といったキーワードで検索すれば見つけられるはずだ。相場は、場所代別で5千円程度か。
Copyright © エロ漫画無料アダルト裏モノJAPAN All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます