盗撮のタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます





タグ:盗撮

わいせつ投稿盗撮青空ソフトAVの犯罪臭がえぐい・無料動画

  • 投稿 2022/11/18
  • AV
11_20221021073940beb.png








顔もかわいく態度も反抗的で悪態をつきながら抵抗、意思は強そうだけれど実はかなりのドMちゃん。けっこう激しく抵抗しつつも徹底的に凌辱されます。かなりの美人で最後には感じすぎるがやりとりはあまりにリアルで過激で、やらせ、演技とは思えなく本当に感じているときだけ漏れる喘ぎ声が興奮する。作品でいたずらする医者の変態性はなかなかです。

ご近所の隣人の新妻のお風呂や着替えを盗撮し続けた狂気の性愛

ご近所の隣人の新妻のお風呂や着替えを盗撮男は右手でイチモツを握り、激しくこすり始めた。
はぁはあと次第に声を大きくし、最後は大量の精液を左手のティッシュに飛び散らせる。
全身が痺れつく快感に、体を震わせる男。それは他ならぬ、この私だ。
隣家の長男の嫁に来た23才の新妻
実家に隣接する酒井家(仮名)の長男の元に、恵子(仮名)が嫁いできた。当時流行りの聖子ちゃんヵットの似合う可愛いらしい子で、童貞だった私には、ただ眩しい高嶺の花でしかなかつた。
初めて恵子をセックスの対象として意識したのは、ゴミ捨て場に荷物を運ぶのを手伝ったときのことだ。戻りしな「ありがとう」と肩をポンと叩かれた瞬間、シャツの脇から覗いた黄色いブラジャーを私は見逃さなかった。思ったよりふくよかな胸だつた。乳首は何色なんだろう。旦那に吸われているのだろうか。唾を飲み込むと、鼻の奥に甘酸つぱい香りが広がる。股間が膨らんだ。
「今度、ぜひ家に遊びにいらっしゃい」
私の異変に気づくことなく無邪気に声をかけ、そのまま玄関へ消えていく恵子。
1人残された私はそのままボーッと立ち尽すしかなかった。恵子の乳房を弄ぶ自分の姿を想像しながらペニスをしごいたその夜から、私は彼女の虜になった。買い物、ゴミ捨て、井戸端会議。
近所で姿を見かけるたび、さりげなく近寄つて全身を吟味した。パンツの線が見えたらその晩は尻を責め、色つきのブラがシャツに浮かべば乳を後ろから揉みしだく。恵子は人妻だから初めはするだろう。
しかし、イジられる内に禁断の快感を知り、最後は必ず私の言うことを聞く。まだ見ぬ肉体に思いを馳せながら、私は若い妄想を限りなく膨らませていた。階の着替え部屋で白くたわわな乳房をその年の秋のことだったと記憶している。
夕方、学校から帰ってきた私は、何気に酒井宅を眺めていた。
恵子が現れた。心臓がバクバクと高鳴り、大量のヨダレが口元から流れ始めた。恵子がバスタオルを剥ぎ取る
ポロンツ白くたわわな乳房が現れた。肩から鎖骨にかけて薄く白い肌が、急なカーブを描いて膨らみ、その先には眩しいばかりの乳頭がツンと上をいている。ぁぁ恵子
畳の上に放たれる大量のそれでもペニスはエレクトを止めない。しかも、恵子は私に見せつけるように尻を向け、バンティをはきだしたではなぃか。
今、彼女の家を訪ねたらどうなるのだろう。
台所の勝手口から忍び込み、後ろから羽交い締めにして、あの肉体を舐め回す。
再び窓に目をやる。恵子はすでにいなかった。恵子を見張る生活が始まった。私が学校から戻るのが午後3時。恵子が旦那の焼肉屋へ手伝いに出かけるのが5時。猶予はたったの2時間だ。この時間だけ私は、カーテンのスキ間から目を上下左右に光らせる。パンティ1枚のまま鏡の前でハミ毛をチェックする恵子。ブラのホックが、うまくハマらずイライラする恵子。私は叫びたかった。なぜ呼んでくれないんだ。呼べば、いくらでも手伝ってあげるのに
精液を放出し、私は恵子に謝る。ごめんなさい。本当は汚すつもりなどなかったんだ。ただ恵子が好きなだけなんだ。けど、恵子は振いてくれない。なぜ?私にはわからない。ほら、フザけるのも、たいがいにしろ。オラ。
何考えてんだよ。テメー、マジで犯しちまつぞ
オラア旦那さんと性器をナメまくったの?
高校を卒業し、地元の会社に就職した。童貞も捨てた。好きだと言ってくれる女も現れた
しかし、恵子への思いは変わらない。愛してるのはオマエだけだよ、恵子。ある日曜日のことだ。いつものように隣家を監視していると、ふいに恵子と旦那がジャレる姿が目にび込んできた。
純白のパンティで現れ、乳房と同色のブラを装着、パンストに足を通そうとする恵子。そうはさせまいと、右手で乳を揉みながら、左手でストッキングをスルスル脱がせていく且那。おまえ、ナニしてんだ、私の恵…ゴメン、恵子、大きな声を出して。
君が人の妻であることはよくわかっている。誰も、恵子の肉体を本気で奪おうなんて思っちゃぃなぃょ。窓の向こぅでは相変わらず人がジャレ合っていた。私は、あらかじめ購入しておいた白のバンティを恵子の下着に見立ててペニスと玉に卷き付ける
目をつぶり首を後ろに反らしてシシシシ
ぐえ、キモチい決めたよ、恵子。八日から私は下着やパンストを君と思い、自分で慰める。そこでひとつ提案があるんだ。私が仕事に行ってる昼間、キミの姿をビデオで撮らせてもらえないかな。それなら人とも誰かに気を遣っ必要はないし、毎日一緒にいられるだろ。そりや、汚れたパンツを目の前で脱いで欲しいけど、旦那に変に勘ぐられたら元も子もないからね。ふふふ
こぅして私は、まもなくビデオカメラと三脚のセットを購入する。カーテンの隙間から着替え室にレンズをセット。ビデオデッキに接続したら録画で撮影できる。仕事の途中、家に立ち寄り、テープを交換すれば時間の記録が可能だ。ビデオを再生して時間が過ぎた。テレビの画面は隣家の階を映しているだけ。何の変化も起きない。午前、ようやく恵子が現れる。ネグリジェじやなく、ピンク色のパジャマ。それも可愛いね。恵子が、パジャマを脱ぎ去りノーブラのままシヤッに着替え始めた。
パンッは黒のスキャンティだ…。もしかして、昨晩旦那と性器を舐めまくったのアソコにチンコ入されたの?気持よかった?
着替えを終えた恵子が朝食をこしらえる。30分後に起きてきた旦那が、それを平らげ焼肉屋へダッシュする。残された恵子が洗濯に取りかかり、メロドラマを見てからソファで昼寝する。
夕方シャワーを浴び、午後、夫の焼肉屋へ出かける。恵子の日は実に平凡だつた。
録画テープを再生し、思わず背筋が凍りついた。恵子が執拗にレンズを睨みつけてくるのだ。恵子、ナニをそんなに怒ってるんだい?私が昨晩風俗で遊んだことに嫉妬しているの?それとも明日のデートが気に入らないの?女はヒステリを起こすと見境なくなるから恐いんだよな。恵子、頼むから警察になんか訴えないでおくれよ。が、恵子はちゃんと言うことを聞いてくれた。ゴミ集積所で顔を合わせても「おはようございます」と、いつもの笑顔で挨拶してくれる。いい子だ。いい子だよ、恵子。もしかしてこういうことかな?
カメラを睨みつけてたのは私に対する愛情表現だったのかな。アナタが好きです。だからもうこれ以上焦らさないで。早く2人で会いましよう。
と、こういうことかな。なんだ。それならそれで、ゴミ置き場で会ったときに言えばいいのに。恥ずかしがり屋さんなんだね。でも、いきなりセックスはまずいんじやないかな。モノには順序ってものがあるし。で、昨日、手紙を書いたんだ。照れるけど読んでくれないかな。
『突然のお手紙で恐縮です。以前から女に好意を寄せている男性です。理不尽なお願いと知りながら筆をとりました。率直に申します。貴女のパンティもしくはパンストをいただけないでしょうか?よろしくお願い申し上げます。もし、了解して頂けるのであれば公園のベンチに放置しておいて下さい。あなた様を慕う男より』
付近一帯を警官がウロつき始めたのは、ポストに手紙を投げ込んだ翌日のことだった。
「ちょっとアンタ。お隣さん、変質者に狙われているみたいょ」
母親が好奇心満々の表情で私に言う。
「パンツをよこさないととかいう手紙が送られてきたらしいの。怖いわねぇ〜」
ハハハ、恵子さん、これどういうことか
恵子がアプローチしてきたから、それに応えただけだろ。最初に好きだと言ってきたのは恵子の方じやないか。なのに警呼ぶだなんて、頭がおかしくなったとしか思えないよ。これ以上、恵子と関わっていたら、こっちが破滅しそぅだな。もう恵子の裸を見てオナニーしてあげない。それでもいいの?わかったよ笑。そんなに泣くなよ。だったら最後にもう一度チヤンスをあげよう
1週間後にビデオを設置そのときは必ず裸になるんだよ。お尻を舐め舐めしてあげる代わりに、私のペニスを可愛がるんだょ。
恵子に待望の赤ん坊が生まれた。母子手帳片手に出向いた定期検診。
初めて制服を着せた幼稚園の入園式。漏らして泣き崩れる息子を優しく迎えた笑顔。本当に恵子は幸せそぅだった。でも、失礼だけど、30才を超えてから急にオバサンになったよね。スウェッ卜の中に手を突っ込んでアソコをボリボリ搔いたり、窓の外に尻を向けて爪先でつまんだり。
もちろん、それで嫌いになったりなんかするもんか。たとえ昔のよぅに張りのある乳房でなくても、下着が汚れていても、私の気持ちは変わらない。安心していいよ。なのに、恵子は私を裏切ったんだ。息子さんが中学に入学して、国道沿いのファミレスで働き始めたよね。そのころ私は見ちゃいけないものを見ちやったんだよ。
東北に初雪が降った日の夕方のことを覚えてる?
私は愛犬と河川敷へ散歩に出かけて、向こ、序の駐車スペースに恵子の愛車を見つけたんだ。夕日を浴びてボディが反射する眩しいシートの中に、君はめかしこんで座っていたよね。てっきり私のことを待っているんだって思ったよ。ここが愛犬の散歩コースだつてことは知ってるもんね。
あぁ、バンストを渡すために私を待ち続けてるんだって、本当にそう思ってたよ。でも、恵子は、その後やって来た高級車の助手席に乗つたよね。運転席の男、あれは誰?あの後どこに行ったの?
数日間悩みに悩んだ挙句、私は最終計画に乗りだした。恵子を盗撮したビデオを見ながら、オナニーに励む私のィチモツを自分で撮影する。そして、そのテープを送り付ける。果たして恵子はどんな反応を示すのか。それを隠し撮って、もう一度自慰に耽ってやる。警察に訴えたければ訴えればいい。しかしそんなことができるかな。恵子は私が少し放っておいただけで不倫に走る欲求女だろ。私のナニを拝んだ瞬間、がしたくなる女だろ。このメスブタが!
子供を学校に送り出し、洗濯を済ませる
旦那が出ていく。それからしばらく姿をくらまし、居間に戻ってきたのが正午。そこで私ははっきりと見た。恵子の右手にビデオが握られている。あれは確かに私が送り届けたもの。さぁ見ろ。見て、思いきり興奮しやがれ。デッキにテープが差し込まれる。画面に私のィチモツが映しだされる。恵子がそれを食い入るょうに見つめだす。恵子、教えてやろう。私はチンポをこうやつてシゴくんだ。ほ〜ら、大きくなっていくだろう。ダメだょ。欲しくなっても、もう挿れてやらないから。他の男をくわえこんだ罰。せいぜい自分の指で慰めなさい。いいね。
あれ?どうしたの?急に立ち上がってカメラの方を向いちやって。そぅ、隣の家だよ。今さら何をびっくりしたような顔をしてるんだい。私が盗撮してるなんてこと、とっくの前から気づいてんだろ。それが嬉しくてたまらなかったんだろ。なのにそんなに驚いた顔して。変なだなぁ、恵子は笑。
そして恵子は家を出ていった
貴女浮気をしてますね。私はすべて知っております。誰にも知られたくなければ、女の使用済みの下着を下さい。受け渡し場所はスーパ—〇の駐車場。ご内密に…。あなた様を慕う男より
最後の仕上げに、私は再び筆をとった。今や恵子は私に完璧にひれ伏している。秘密も握っている。恵子は絶対断らないぞ。手紙を渡して4日。そのころ実家を離れたアパートで1人暮らしをしていた私に、オフクロが電話をかけてきた。
ご近所の隣人の新妻のお風呂や着替えを盗撮
「お隣の奥さん!」「な、なに?」「あの人、お子さんと旦那さん置いて出て行ったそのよ〜」「えつ!」「なんでも駆け落ちらしいわ。一昨日のことだって」
一昨日と言えば手紙を出した翌日ではないか。あはは、そんなバカな。私に頼りっきりの恵子が、どこの馬の骨ともわからん不倫野郎と逃げるなんてありえない。オフクロの間違いだって。念のため実家へ走らせ、勉強机の上から彼女の家の様子をうかがってみると…
確かに人の気配はない。急いで旦那の焼肉屋へ出向いてみても、玄関に『都合によりお休みをいただいております』といった貼り紙が一枚だけだ。ウソだろ、恵子。ちょっとした気の迷いだろ。それとも何か。旦那が不甲斐ないからココへは来たくないってか。よし、わかった。私のケータィを鳴らしておくれ。恥ずかしがることはない。

最新カメラの進歩の悪用にご注意!スマホでカップルのセックスを盗撮・ハメ撮りを隠し撮り・パンツ盗撮広角レンズ

最新更新日・2021年4月7日パンツ盗撮広角レンズを追記しました0059_2019042209551102a_20191005094855afd.jpg0060_2019042209551296d_20191005094857ae3.jpg0061_20190501184715674_2019100509485822a.jpg0062_20190501184717d00_20191005094900e12.jpg0063_2019050118471856b_201910050949016c2.jpg0063_2019050118471856b_201910050949016c2.jpg0064_20190501184720783_20191005094903fad.jpg
0215_201901012301036c6_20191027074821515.jpg0216_2019010123010455c_20191027074822cd4.jpg0217_20190101230106402_20191027074825216.jpg0218_20190101230107f4a_20191027074826ed9.jpg0219_20190101230109809_20191027074828c06.jpg0220_201901012301102ed_20191027074830ef3.jpg0221_20190101230112077_20191027074831aa5.jpg
kk059_20200430084159c72.jpgkk060_20200430084200b6b.jpgkk061_20200430084202959.jpg
83_20210407140505073.jpg
1、ブックオフが普通の本屋と異なるところは、棚と棚の間がやけに狭い点だろう。立ち読みしてると、すぐに後ろの立ち読み客にヒジがぶつかってしまう。
もうひとつ、マンガの立ち読みが自由ってのも一般書店と違う点だ。そのせいでどの店も、いつも暇つぶし連中がたむろしている。あるときブックオフで盗撮現場らしきシーンを見たことがある。漫画コーナーで立ち読みする女のすぐ真後ろで、一人のおっさんが立ち読みしていたのだが、そのおっさん、いきなり少ししやがんだかと思えば、ケータイを後ろ手に持ち、背後の女のスカート下に伸ばしたのだ。ブックオフならではと言うしかない。狭い通路に、大勢の立ち読み客。おっさんにすれば狙い放題なんだろう。現にネットにあふれるこの手の盗撮写真の舞台は大半がブックオフだ。
2、海水浴場で、女は更衣室というクソみたいな箱に隠れて水着に着替える。
しかしそれも一時期の話。ほとんどの海水浴場では更衣室(海の家)の撤去が8月31日と決まっており、9月に入ると利用できなくなる。脱き場をなくした彼女たちがどこで着替えるのかといえば、車の周辺だ。
9月第一週の土日なんてのは、まだまだ暑いので海にたくさん人が押し寄せる。この時期、駐車場に陣取って車を見回るとお宝がわんさかだ。
3、隠し撮りが趣味の友人がいる。穴を開けたバッグにカメうを仕込んであれこれ撮影しているそうだが、ある日、やつがカメうのレンズをストッキングで覆っていた。何やってんだ?
「いくら小さなレンズでも光りが当たって反射すると怪しいだろ。だからその対策をしてんだよ」
ストッキングを被せればレンズは反射せす、しかも映像は暗くならすにちゃんと撮れるんだそうだ。まったくもって困った男である。
4、デリヘルでも出会い系でもいいが、ベッド上の行為を撮影したいなって思うことがたびたびある。一番簡単なのはスマホ(俺のはアイフォン)撮影だけど、どこかに置いてこっそり撮ろうにもテーブルや枕元に立て掛けたりするのは怪しすぎるし、うまい角度で撮るのはなかなか難しい。
そこでオレが使っているのが2つの神アイテムだ。ますはアイフォンシンプルスタンド。昔のガラケーについていたようなコンセントに差す充電スタンドで、しかも挿しこんだときに画面(カメラレンズ) が正面を向くようになっている。ベッドの方向に向けたままテーブルなどに置くだけで準備完了だ。さらに無音撮影アプリ『シークレットビデオ』を使えば完壁なカモフうージュができる。動画撮影中の画面を任意に設定できるので、ヤフーのトップなどにしておけば、女は「ヤフーを開いてるのね」としか思わない。
5、彼女とエッチしてる姿を撮影したいけど、なかなか了承してくれない。こっそり撮ろうにも手にスマホを持ってるわけにはいかないし。悩むこと半年、ようやく編み出したテクニックがある。流れを説明しよう。ますは枕元にスマホを置いてエッチを開始。これはなんら不自然ではない。適当なところで目隠しプレイに移行する。タオルでしばる程度でいいだろう。この程度なら拒まれないはすだ。次にピンクローターでクリ愛撫をし、そのまま女の手にローターを握らせる。つまりオナニーだ。目隠しで羞恥心が薄れているぶん、ここもクリアできる。で、ここでいよいよスマホを… いやいや、まだ早い。男が身体から離れてしまうと、放置プレイが不安になった女が目隠しをはすしてしまうかもしれないからだ。なのでお次は顔面騎乗でフェラをさせ、あくまでまだ仲良くプレイしてまっせという態度を崩さないように。そして空いた手でスマホを取り、チンコを口から抜いて(次のプレイに移るかのように) 身を反転させながらバシャリ。これで完成だ。彼女とマンガ喫茶のカップルシートに入ったとき、思わぬ場所にハンガーフックを見つけた。バソコン台の下だ。こんな場所に上着を引っかけるヤツなどいないのに。そのナソは後日解けた。あれはハンガーフック型のカメラだったのでは?
考えてみれば、マンガ喫茶での男女のスケベ行為はすべてフラットシートの低い位置で行われるわけだから、あそこにカメうを仕掛ければ、すべてを記録できることになる。しかもフック型ならまさかカメうとは思われないし。
まった<考えたものだ。オレたちカップルのあれやこれやもしっかり撮られてたのかも。
6、女の LINEの ID を twitter で検索すると、けっこうな確率でひっかかるのである。こうなれば女の日常を覗き見し放題だ。なんせ twitter は日常をダうダうと蓄戒心なくダダ漏れするメディアだ。どこで何を食った、今日は誰とカラオケに行っただのに加えて女の自画撮りもばんばんアップされる。キャバクラ好きの私は、よくキャバ嬢の LINE の ID で検索をかけて彼女たちの日常を覗いている。女と LINE を交換したら、すぐにtwitter で検索。これで毎日のストーカーライフに新たな彩りが加わるだろう。
7、女がバカなのは、男がカラオケで唄う曲を、自分への気持ちを伝えてくれているメッセージと勘違いするところだ。こっちは知ってる曲をめっちゃテキトー選んでるだけなのに。みなさんも出会ったことはないだろうか。「こんなの歌われたらグッときちゃうよ」とか言ってる女を。
なわけで、我々が知っておくべき曲は、クサい歌詞がオンバレードのラブソングだ。「00ちゃんに贈ります」とかなんとか付け加えればなおよろしいかと。居酒屋やファミレスで接客された店員さんがかわいいとき、私は、彼女らの胸についたネームプレー卜に注目する。その名前をfacebookで検索するのだ。すると…あらら。友人との旅行写真や、あわよくば水着写真まで、わんさか出てくるじやありませんか。
お楽しみはここまでだが、このこっそりプライベー卜を覗き見るソクソク感は。
名札が名字だけの場合でも諦めない。精算時のレシートには大抵担当者のフルネームが書かれているので、検索すればOKだ。また、家電量販店でかわいい店員を見つけた際は「お姉さん、名刺ちょうだい」と一言告げるだけでフルネームが手に入る。
8、サッカー日本代表戦などで得点が入ったときは、サポーター同士が抱き合うのが常だ。見す知らすの女とハグできる場なので、オレはスポーツバーに必す繰り出している。だがいさやってみると、抱き合うところまでは誰でもできるが、いかんせん時間が短い。せいぜい2秒か。
この幸せタイムを延長するには歌いながら抱きつけばいい。
「オー、ニーポーン、ニーッポン、ニーッポン、ニーポン、オイ、オイオイオイオイ!」
歌いながら一緒に飛び跳ねる間は、ハグしっぱなしでも違和感ゼロ。30秒は密着を楽しめる。女の子が段ボールみたいな大きいものを胸に抱えてるときに使える胸タッチ技だ。やり方は簡単。
「持つてあげるよ」と声を掛け、左手でダンボールの手前下側を持ち、右手を彼女の胸側からすべりこませる。写真のような格好だ(左右は逆でもOK)。
自然と右手の甲が胸にヌルりと触れるわけだが、女の子からしても親切ゆえの不可抗カタッチなので文句は言えない。
ご注意!最新スマホ隠し撮りカメラの進歩・プールの中の水着姿はこうやって撮られている
1、女性のみなさん、「部屋を暗くして…」では安心できませんぞ
2、大きな望遠レンズなしでも、遠方のパンチラは狙われる
ベッドを見渡せる位置にさりげなくスマホを立てかけ、動画ボタンをオン。
これ、ハメ撮り盗撮の手口としては最もオーソドックスなものだが、反面、盗撮される側からすれば、すぐに見抜ける手法だ。そりゃそうだろう。壁やカバンなどに立てかけられたスマホレンズが、あからさまに自分に向けられていたら、まず盗撮を疑うのは自然なことだ。なのでズル賢い連中は、そんなバレバレなことはしない。実はいま、手帳型スマホケースの両面に、マジックミラー状のフ
ィルムを全面貼りし、レンズの存在を隠蔽する手法が横行しているのだ(マジックミラーフィルムはカー用品店などで販売されている。カラーも各種アリ)。これをやられると撮られる側からレンズは見えないのに、レンズ側からはフィルムの向こうが透けるため、撮影は可能という状況に。そのうえ、このレンズ隠蔽法は、表面がミラー状になったスマホケースが多く市場に出回っているだけに、不自然さもほとんどない。かりにそんな状態のスマホが壁に立てかけてあっても、被害者は「あ、表面(カメラが付いてない側)が向いてるんだな」と思い込む可能性が高く、そもそもレンズが見えないという一点で人は安心するものだ。厄介な悪知恵と言わざるを得ない。
3、スマホ盗し撮りを得意とする連中たちの間で、定番アイテムと言われているのが、このiXpandだ。アイフォンは、SDカードなどの記憶媒体が追加できないので、現場で容量不足になってしまうとそれ以上の撮影が不可能になってしまう。
16ギガのアイフォンユーザーなどが、この問題にぶつかりやすい。このiXpandは、前もって専用アプリを入れておけば、スマホが容量一杯になったとき、ライトニング端子に繋げるだけで、1時間程度の動画データでも数分で転送できてしまう。転送し終えたデータをスマホから消去すれば、また動画撮影に十分な容量が復活するわけだ。
例えば夜、こっそりハメ撮りをして容量が一杯になってしまったが、朝の一発も撮りたい、なんて場面で悪用されているのだろうか。
4、そりゃそうだろう。壁やカバンなどに立てかけられたスマホレンズが、あからさまに自分に向けられていたら、まず疑うのは自然なことだ。
5、電車内でミニスカの女が向かいに座っていると、つい撮影を考える輩がいる。
が、パンツを撮るためには、自分のヘソの下あたりにスマホを持っていかなければならない。そんなバレバレの動きをしたら間違いなく捕まるはずだ。そこで犯たちは、スマホ用のネックストラップを使って座りミニスカを撮影している。長めのネックストラップを使い、ヘソの下あたりにスマホが来るようセッティング。この状態で動画を回しながら、ミニスカ女の向かいに座れば、カメラはちょうどパンツを捉えることになる。
万が一スマホが裏返った場合に備えて「ブラックビデオ」などの画面が真っ暗な状態で撮影できるアプリが併せて使われているようだ。
「すぐ消すから裸を撮らせて」そんなセリフ裏があるに決まってます
6、たとえば目の前に全裸の女がいるとする。堂々とスマホを取り出せば当然、撮影を警戒される。
ラインの着信音がピロンピロンと連続で鳴っていればどうか?
「なんだよ、こいつら。しつこいな」
指を動かしていれば、ラインのやり取りをしているとしか思えないだろう。
という通知音は「シンプルベル」という名前がついており、YouTubeなどにも音源が上がっている。このシンプルベルをiPhoneなら「アンズチューブ」、Androidなら「PVSTAR」等のバックグラウンド再生ができるアプリで、ループ再生しながら動画を撮影するわけだ。
動画撮影時は標準のカメラを使うと音が止まってしまうため、無音アプリが用いられている。
7、スマホに挟んでくっつけるタイプの広角レンズが100均に売っている。用途はいまいちよくわからない。スマホで広角に撮影したいシーンなんてあるだろうか?と思っていたら、やはりというか、これを使ってパンツ盗撮をするヤツがいるとのこと。エスカレータなどで、後ろからスマホを下に突っ込むあれだ。広角だから全体を撮れるってことなのか、対象を確実に押さえられるってことなのか。まったくヤツらの欲望にはあきれるしかない。
※この記事は防犯、防衛のための知識としてお読みください。実行されると罰せられるものもあります。

電車撮り・貧乳店員の胸チラ乳首に女風呂の浴槽の中まで・最近の盗撮エロ動画は過激すぎる

  • 投稿 2021/01/28
  • AV
87_20210127194031cd0.jpg88_20210127194033eca.jpg89_20210127194034121.jpg
電車の対面に座ったミニスカ女子を舐めまわすように撮影している。
目からの視点、つまり通常見える絵面よりもやや低めから撮られた構図が多いのは、やはりパンチラを狙ってのことか。いったいぜんたいどういう手法での撮影なのかよくわからないが、おそらくや小型カメラを膝元あたりに設置しているのだろう。
女性店員の胸元を、上から執拗に撮影し、ときに乳首までゲットしてしまうとんでもない動画だ。話しかけてしゃがませるよう誘導したり、相手の背後に回って一瞬のチャンスを狙ったりと、その執念には驚かされる。巨乳だけを狙うのではなく、あえて貧乳系に接近するのは、ブラが浮いて乳首が露出する可能性が高いからだろう。
女風呂の入浴シーンや脱衣所の盗撮はありがちだが、浴槽の中、つまり水中でカメラを回した作品は
珍しい。必然的に撮影者は女ということになる。同性すら疑わなければならないなんて、女性にとっては入浴すら落ち着けない時間帯なのかと愕然とする。

【エロ漫画】露出狂のカップルの集まる公園でハプニング!素人の生々しいカーセックス盗撮

カーセックス盗撮漫画カーセックス盗撮漫画カーセックス盗撮漫画カーセックス盗撮漫画カーセックス盗撮漫画カーセックス盗撮漫画カーセックス盗撮漫画カーセックス盗撮漫画カーセックス盗撮漫画カーセックス盗撮漫画カーセックス盗撮漫画カーセックス盗撮漫画カーセックス盗撮漫画カーセックス盗撮漫画
ノゾキの達人と行くカーセックス見学ツアー|大人の夜遊び体験ルポ
カーセックス盗撮漫画カーセックス盗撮漫画カーセックス盗撮漫画カーセックス盗撮漫画カーセックス盗撮漫画カーセックス盗撮漫画カーセックス盗撮漫画カーセックス盗撮漫画
【概略・全文は上記記事をお読みください】
東海地方のある都市に1人の裏モノ読者がいる。名前をAさんとしておこう。彼はノゾキを趣味にしている人物で、主なターゲットはカーセックスだ。「地元にカーセックスが見えるポイントがたくさんあるんですが、興味あります?」
点在する数十に及ぶノゾキスポットを把握しているので、見たいときにいつでも案内してくれるというのだ。
新幹線を降りると、作業着姿のAさんが出迎えてくれた。
「こんにちは。遠くまでお疲れさまでした」
ごく普通の中年男性としかいいようのない雰囲気である。彼は会社の経営者だが、ほとんどの業務を人に任せているため時間と収入に余裕があり、夜になると毎日のように車で外に出て趣味に時間を費やしているんだそうな。大層など身分である。さっそく、Aさんの運転する車に乗りこみ、カーセックスが見られるポイントを昼間のうちに下見することになった。ハンドルを切りながら彼が言う。
「基本的には、車が入れて暗くて人が来ないとこならどこでもスポットにはなるんだけど、やっばり明るいときに遺留品を探すと効率がいいんです」
「遺留品というと?」
「使い終わったティッシュですね」
カーセックスをしたカップルたちは、車の中にイカ臭いティッシュを置きたくないため外に捨てるのが通常で、そのティッシュがあるかないかを大きな判断基準にしているのだ。
しかもAさん、地面に落ちたティッシュを見れば、口をふいたのか鼻をかんだのか、精子をぬぐったのかもおおよそわかるという。
「オマンコやチンポを拭いたティッシュは粘度が高いので加減が独特なんです。特にオマンコを拭いた後はグリグリと握って小さくする。女の子は絶対小さくして捨てるんです。パッと見、どっちかわからないときは、拾って開いて確認しますからね」
凄まじい執念だ。会社の経営者として成功したのもうなずける。いや、関係ないか。日中ドライブで案内されたポイントは、大きく以下5つのジャンルに分かれていた。
1…近くに発光体がある駐車場カーセックスは車内灯を消して行われるので、遠くからその様子はわかりにくい。しかし近くにビルや看板など夜に光るものがあれば見えやすいとい8う理屈だ。たしかにそうだおろうが疑問が・・・。ちなみにここはティッシュのかたまりが散乱していた。
2…遮蔽物のある駐車場
遮蔽物とは要するに、車を寄せられるカベのことだ。マンションやビルなど、高さのあるものなら何だっていいそうだ。今回は、マイクロバスもその遮蔽物に含まれている。
3…行き止まりの農道
人気のない農道でカーセックスしたくなるのは当たり前である。ただし覗く側から言わせれば、行き止まりになっていることが重要だという。なぜだろう?地面には女ものの下着が散乱していた。
「汚れて捨てていくんですよ」
4…林に面した駐車場
地方にならどこにでもある、小山を切り開いて作られた森林公園系のパーキングだ。駐車スペースの横はうっそうとした林が茂っている。ここがポイントとなっている理由はわかる気がする。
5……防波堤そばの空き地
海の近くという意味では、砂浜に下りられるムーディーなスペースもいっぱいあるのだが、A氏が強く推すのは、雰囲気もクソもないアスファルトの防波堤そばだ。はて…?。
「もう少し待ってもいいですね。男がズボンを脱ぐまで待ちましょ」
Aさんはのんびり言うが、なかなか男は脱ごうとしない、どちらかといえば攻め一辺倒だ。
「あ、もう大丈夫ですよ。後部座席に移動しました。しゃがみながら近づいてください」
まずはターゲット車のフロントへ。さきほどの学習を生かし、男の背中がどちらなのかを確認
する.背中は右、つまりバス側だ。せまいスペースに入り込み、そっと中を見る。なんと、クンニの真っ最中だ。長いクンニが続く。早く次に進めよ。ったく、あっ、ヤバイ!
いきなり男がこっち見やがった。いつのまにか車体に触れてしまっていたのだろう。反射的に草むらにダッシュして身をかがめると、1分ほどで車は駐車場から出ていってしまった。ああ、俺のせいでクンニ止まりか。2人とも欲求不満だろな。
「こういう真っ暗で誰も来ないとこは、プレイが激しいんですよ。パイプ使ったり、外に出て立ちバックしたり。そういうのが見たい人は、こういう場所で何時間でも待つんです」
第4ジャンル、林に面した駐車場でAさんが言う。激しいの、ボクもぜひ見たいです。
「そうですか。でも私たちが中に停めるとカップルが来ないから、もっと遠くに行きますね」
まったく別の駐車場に車を置き、そこからは徒歩…いや、正確には山歩きだった。山道を突っ切って、さきほどの駐車場に向かうというのだ。携帯電話の光をライト代わりにしながら、背の高さほどの草むらを掻きわけて進むと、土手の上に出た。
「あ、一台停まってますよ。ほら」
「ホントだ」
眼下にボンャリ小さい車が見える。とはいえストレートに接近はできないので、林に沿って大きく迂回する。真っ暗な森の中を突き進む。トゲやら枝やらがぶつかって生傷だらけだ。真上から見たターゲット車にはエンジンが付いていて、計器のランプが車内を薄っすらと照らしていた。
「こっち向きに停まってるので、ギリギリまで近付いて運転席の人間を確認しましょう」
木につかまりながら土手を降り、かなりの近さまで到達した。カップルのシルエットが見える。
「まだ始めてないですね。ちょうどいいタイミングかも」
Aさんの読みどおり、それから5分も経たないうちに、男が助手席に覆いかぶさった。もう近付いても大丈夫だろう。土手をゆっくり降りて、ボンネットの前に出た。中はまだ前戯の最中で、男が乳首を吸っている。
「そのうち本番しちゃうでしよ」
「ですよね」
がっっんがっつんが始まったのは、その30分後だった。
いいもの見せてもらいました。
一般的に海沿いにカップル車が集まりやすいのはわかる。しかしなぜ防波堤が重要なのか。
「ヤシらは車があるところにはやってこないから、私たちは離れた場所で待たなきゃいけない。となると歩いて近づくのが厄介でしよ。その点、防波堤は何百メートルでも歩けるし」
なるほど、防波堤は獲物に近づくための整備道路の役割を果たしているのか。
「ただ海に落ちたらシャレにならないんで気をつけてくださいね」
スポットから100メートルほど離れた小道に車を停めて、カップルの到着を待つ。周囲は真っ暗なのでほかの車が来ればライトの光ですぐにわかる。ターゲットが現れたのは深夜0時過ぎだ。
「来ましたよ!ほら、あそこに入っていきましたね」
しばらく待った後、Aさんに付いて防波堤の上を目的地に向かう。林の中の行軍にくらくりや楽チンもいいとこだ。停まっていたのは小さな車だった。車までの距離はおよそ20メートル。かなり近い距離だが、中の様子はわからない。ゆっくり前進してどうにか車のフロントに出た。女の後姿が見える。これは、おっパブ体勢か。
「騎乗位ですね」
Aさんが苦い顔をする。いいじゃないか女の動きがイヤらしくて。
「あつあっ」と女の声がかすかに聞こえてくるのも、なんともエロい。しかし10秒ほどでAさんは引き返した。
「あの体勢は男がすぐに頭を上げるからバレやすいんですよ」
騎乗位のときは粘らない。最後まで勉強になった。

【エロ漫画】みんな穴・竿兄弟!男女共同混合シェアハウスは乱れたルームメイトセックスの温床

男女共同混合シェアハウスエロ漫画男女共同混合シェアハウスエロ漫画 男女共同混合シェアハウスエロ漫画 男女共同混合シェアハウスエロ漫画 男女共同混合シェアハウスエロ漫画 男女共同混合シェアハウスエロ漫画 男女共同混合シェアハウスエロ漫画 男女共同混合シェアハウスエロ漫画 男女共同混合シェアハウスエロ漫画 男女共同混合シェアハウスエロ漫画 男女共同混合シェアハウスエロ漫画 男女共同混合シェアハウスエロ漫画 男女共同混合シェアハウスエロ漫画 男女共同混合シェアハウスエロ漫画
何年も遊び歩くうち、近隣の店は、ほぼ制覇した。4年ほど前、沖縄市に新店ができたと聞き、さっそく、なじみのホステスと出向くことにした。その店『R』は沖縄市の外れ、とある雑居ビルの一室にあった。「いらっしゃ〜い。身分証を見せてくれるかねぇ?」
マスターは中肉中背で、オレより少し年上だろうか。地元民のオレが言うのもなんだが、いかにもな沖縄男の顔だ。「初めてなんですよ」
「そうだねえ、今後ともごひいきにしてよ」
他に客もいなかったので、酒を入れつつ、マスターとの会話に花が咲いた。彼は沖縄生まれで、昨年まで本土で働いていたが、ハプバー好きが高じてこの店を出したそうだ。
地元から近いこともあり、すぐ常連になった。週に1度は顔を出したろうか。そうして3カ月ほどが過ぎたころに、Rで知り合ったある常連仲間から、「ちょっと話がある」と呼びだされた。真昼間から電話してくるなんてナニゴトか。喫茶店で待っていると、ヤツは神妙な顔でビニール袋を渡してきた。中には付箋のついた雑誌が入っている。
「それのさ、そう、そのページなんだけどね…」
「ええっと…投稿写真?」
付箋のついたページは、エロ本の投稿コーナーだった。素人が撮影したものを載せるアレだ。そこになにやら見覚えのある写真が。このソファ、毛布、壁…バックでハメてるのは…えっ、オレ!?犯人はマスターに決まってる
「絶対Rだよね?これ盗撮でしょ」 
いちおうモザイクはかかっているが、間違いなくオレとホステスのセックスシーンだ。
Rの店内で誰かに盗撮されたってことか?でもあそこはカメラを持ち込むの禁止だからなぁ。ん、ちょっと待てよ?盗撮犯の予想はすぐについた。マスターだ。カメラのアングルはすべてマスターしか入れない厨房内(食器を洗うシンクの端が写っていた)からなのだ。怒りを押し殺して夜を待ち、一人で店に行った。ヤツはのんきに酒をひっかけている。
「いらっしゃい。まだ今日は静かだよ」「これ、なんだよ」
雑誌を投げつけると、マスターの表情がみるみる曇っていく。「アンタが撮ったんだな?」
「いやあ、その…」「正直に言え!!」 
無言で下を向くマスター。観念したようだ。
「なんでこんなコトするんだよ。嫁さんにバレたらどう責任とるつもりだ」
「ごめんねぇ…ちょっとお金が足りなくて…すいません」
投稿の謝礼5万円欲しさに、店内に隠しカメラを設置したなんて言われても、到底納得はできない。
「なんか問題が起きたらアンタに責任をとってもらう」
マスターは慰謝料として、20万円払うと言ってきた。そんなことで気持ちは収まらな
いが、場所が場所だし、警察ザタなんかにできないからしかたない。
「手持ちがないからカネができたら連絡する」 
マスターはそう言ってただただ土下座し続けた。ところが待てど暮らせど連絡がない。業を煮やし、こちらから電話をすれば「来月の頭に店に来てくれればそのときに渡す」とぬかす。しかし期日の前に、怖れていた知らせが入った。Rの常連からだ。
「店が開いてないんだ。トンズラしたみたいだよ」
マジかよ…どうしようもないオッサンだ。嫁にはバレてないから良いものの、これじゃあ泣き寝入りした形だ。はぁ。もう忘れよう。思い出しても腹が立つだけだし。ハプバーは他にもある。ウサ晴らしも兼ねて遊びまくったオレは、盗撮されたことなどいつの間にか忘れていた。半年ほどが経ち、那覇に新しい店「W」ができたと聞いて足を運んだ。30代後半のなママがやっている店だ。
「おう、久しぶり〜」「あれ、ここに来てたんだ」 
店内には顔見知りのカップルがいた。沖縄は狭いので、どのハプバーに行ってもたいてい知り合いがいたりする。
「ここのママさ、美人だろ?ちょっと無愛想だけどね」
ママのおかげでずいぶん繁盛しているらしい。へー。景気いいんだ。あの一件以来、オレは例の投稿雑誌をときどき読んでいたのだが、あるとき目を丸くした。そこに信じられない写真が載っていたのだ。どう見てもWの店内でカップル同士がセックスをしている写真で、アングルはやはりバーカウンターの内側から。これってまさか…。オレは常連とともにWに乗りこんだ。
「ママさ、マスターどこにいんの?」「え?知らないけど」
「とぼけんな!ここの責任者だよ」「…オーナーは忙しいから」
「この写真、盗撮だろ?」「……知りませんよ」
「いいからマスター出せよ」「知りません」
この店、どうやら元Rのマスターが立ち上げたもので、また性懲りもなく隠しカメラを設置していたのだろう。何度たずねてもママは取り合わず、オレたちは入店禁止になったが、ウワサが広がったのか、Wはすぐに閉店した。また1年後、那覇に新店ができ、そしてまたまた例の雑誌にハプバー盗撮写真が載った。表に顔は出していないが、そこもあのマスターの店だったのだ。どうにも病気が治らないらしい。これじゃまるで盗撮&投稿のためにハプバーをオープンしてるようなもんだ。マスターの息がかかったと見られる店が最後につぶれたのは1年ほど前のコザでのこと。もちろん理由は盗撮バレだ。次にまた沖縄でハプバーが出来れば、また被害者が生まれることだろう。いや、あるいはあのオッサン、本土で同じことをやってるかも…。

AVのVRでオススメの新感覚シチュエーションはレズから自分が乱入する3Pと女子トイレ盗撮モノのリアルさ

  • 投稿 2021/01/02
  • AV
AVのVRでオススメAVのVRでオススメ
圧倒的な没入感が味わえるVRエロ動画。ヘッドセットを装着すれば、目の前には仮想現実が広がり、まるで目の前にいるかのような女をオカズに濃厚なオナニーを体験できます。最近では郊外のビデボにもVR対応の部屋が新設され、急速な広がりを見せています。
今回はVR動画を見まくっている僕が、オススメの新感覚作品を紹介したいと思います。
現在、VR作品群の中で一大潮流となっているジャンルがレズモノです。僕は普段のオナニーでレズモ
ノを視聴することはありませんが、VRとなると話は別です。
一般的なVRは寝そべった男優に疑似体験するのですが、この作品で体験するのは女の身体なのです。
これがスゴイ。本当に自分の身体が女体化したような錯覚に陥ってしまいます。シナリオはいたって単純。私を含めた3人で女子会をしている最中に、エッチな雰囲気になってプレイが開始。二人の女優に責められます。不思議なことに普段なら感じないはずの乳首が超敏感になったり、マンコに電マを当てられて声を出してしまったり、女のような反応をしてしまいます。
これぞ新感覚。普通のオナニーじゃ満足できないです。この作品で疑似体験するのは人間ではありません。クマのヌイグルミです。VRならばこんなトンデモ作品でも通用してしまうから不思議なもんです。クマの人形の股間に、なぜか巨大なディルドが生えてきたという設定で、女優が人形(僕)にまたがってオナニーを始めます。
おそらく女優にとっては愛用の人形なのでしょう。満面の笑みで抱き着いたり、顔をうずめてきたりと、僕って愛されてるんだなぁと実感できます。
股間のディルドを使ってのオナニーシーンでは、人形の僕からすればセックスです。僕の生霊が人形に乗り移ったような感覚で、女優のことを無性に愛らしく思えてきます。
新しいジャンルのパイオニア的作品といえるでしょう。盗撮風AVって臨場感に欠けていてイマイチ興奮できなかったのですが、この作品はハンパじゃないです。
いわゆる女子トイレ盗撮モノで、自分は便器の底から見上げる姿勢になっています。つまり女性の放にょうシーンを眺めるマニアックな作品ってわけです。
総勢16人の女が次々と至近距離でパンツを脱いで、マンコからシッコを出して、トイレットペーパーで拭くだけのシンプルな内容ですが。この臨場感たるや、自分の顔面にシッコをかけられている感覚を味わえます。
僕も本当にシッコが顔に掛かっているのでは?と疑ってしまうほどでした。水しぶきを顔面に感じるような仕上がりになっているのです。
ただセックスをするだけのVRに飽きた人にこそオススメしたい作品です。
女のスカートの中に入ることができたら…。そんな男の卑猥な妄想もVRは叶えてくれます。
突然、自分が小さな妖精になるというおバカな設定ですが、VRだと没入できてしまいます。バレないように女優の制服やスカートの中に侵入するのは超ドキドキで、服の中の密閉感がイイです。
自分の身体が小さくなっているのでオッパイやマンコが大迫力。目の前いっぱいに女の身体が広がっているのです。感動を味わえますよ。まさにVRならではの演出で、これぞ醍醐味といえるでしょう。
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★