201310084.jpg201310085.jpg201310082.jpg201310083.jpg201310073.jpg201310070.jpg201310071.jpg素人の生々しいエロ写真が集まる投稿サイトだ。オフィスのトイレで撮られたであろうOLの自撮りエロ写メや、自分のセックスパートナーの写真を勝手に載っける男など、投稿者はとにかくやりたい放題だ。これらの写真だけでも十分オカズとして楽しめるのだが、このサイトの楽しみ方はそれだけじゃない。
 投稿写真の女を特定するストーキング遊びができるのだ。
 写真投稿掲示板はエリア別に細かく別れている。たとえば「山口県のエロ女」のように。さらに女の所在地もかなり具体的に書かれていたりする。「●●イオンのスーパーで勤務してる34才の淫乱女」など。
エロ投稿写真に、女の所在地まで明記!ストーキングにもってこいではないか
しかも写真にはモザイクのかかっていないものが多いため、書き込みと顔写真を頼りに、実物を見に行けるのだ。
 この手の情報は都市部に偏りがちなものだが、この掲示板だけは山口に住む私でもかなり楽しめるのでありがたい。
 フーゾク遊びの前に、口コミをチェックするのはもはや当たり前の行動ですが、数ある風俗口コミサイトの中で、最も信頼がおけるのがここだと思われます。
 ピンサロのみならず、性感エステからソープまで、全国あらゆるジャンルの風俗店がレポートされ、女の子のルックス、スタイル、お店のサービスなどまでが事細かくわかります。
 凡百のレビューサイトは、たとえば店に媚びていたり、たとえばハナから批判的だったりと、投稿者のスタンスにどこか疑問符がつきがちですが、ここ"ピン研"だけは皆おしなべて公正で、フーゾク遊びの楽しさも愚かさもわかったうえでの真っ当な評価がなされています。
 仮にピンサロでブサイクちゃんがついたとしても、この料金ならよく出会いがちなタイプだからと批判には重きを置かず、でもフェラが手抜きならばそこは徹底的に言及するような、そ
んな公正さと言えばいいでしょうか。フーゾクなんてそんなもんである、しかし譲れない部分もある、という価値観を投稿者たちが共有しているんだと思います。抜く前のマストサイトです。
検索窓にどんな言葉を入力しても、そのキーワードに関連するエロ画像がズラリと表示されるサイトだ。こいつを使えば、自分が見たいマニアックなイメージを一度に大量に見ることができる。
 グーグルでもある程度の画像検索はできるが、森羅万象を扱っているため、かえって目当ての画像は見つけ出しにくい。
 しかしこのサイトは「デカ乳輪」「剛毛」「たれ乳」などのマニアックなキーワードでも、まさに望みどおりの画像が数多くヒットする。さらにはエロとは無関係の「イチゴ」などで検索をかけても、イチゴのパンティを履いた女の尻や、イチゴのようにプリっとした乳首の画像が出てきたりと、すべての言葉をエロと関連づける徹底ぶりだ。
エロ画像を投稿する人、それを見てオカズにする人が集まる掲示板だ。その名のとおりモザイク無しの画像をアップするのがルールである(中にはモザ有りもあるにはあるが)。
投稿者に多いのは彼女や奥さんのエロ写真をアップする人だ。まあそれはそれでオイシイのだが、オレは女投稿者を褒めちぎって、どんどんエロい写真をあげてもらう遊びを楽しんでいる。
ここにやってくる女投稿者の多くは、顔を映さない胸の谷間画像みたいなのを貼っていく。そういうのを見つけたらすかさずコメントだ。
〈おっ、形の良さそうなおっぱいですな。シコってもいいですか?〉
似たようなコメントがいくつかつく。彼女らは、こうやって他人のオカズになることに喜びを感じるものだ。投稿者が「ありがとうございます」などと書いたら、さらに煽る。
〈キレイなおっぱいもいいけど、乳首まで見えたらもっと興奮しちゃうな〉
 こんな感じで褒めつつ、さらに過激な写真を要求するわけだ。乳首画像を貼ってくれたら次は股間、全裸などとステップを踏んでいく。他の男連中と協力して牙城を崩していくのはさながらゲーム感覚というか、非常にドキドキする遊びだ。レズが集まってるサイトで、男性は書きこみ厳禁らしい。雑談やパートナー募集、オフ会など様々な話題で盛りあがってるが、オレはここで女のフリをしてレズ同士のカラミ画像などをもらって楽しんでる。ネットなんかではなかなか拾えないリアルなレズセックス写真は、それはもう、最上級のオナネタだ。トップページから出会い掲示板に行き、『画像交換しよう』などのスレへ。ここで普通に『よろしくね』などと書き込むわけだが「、交換」と書いてある限り、こちらもなんらかのレズ画像を用意しなければならない。当然そんな写真は手元にないわけで…。さきほども言ったように素人レズ写真はネット上にもなかなか落ちていない。だからオレはこれをはじめたころ、レズAVの動画をキャプチャして、それっぽいものを送った。
おかげで交換は成立。初めてペニバンで繋がったレズ写真をもらったときは何度シコったことか。
これを続けていると、自然とレズ写真のストックができる。今度はこのストックを交換写真として使えば、永久に新規の写真が増えるというわけだ。
読んで字のごとく、自分が所有するハメ撮り画像(動画)を他のユーザーと交換しあう場だ。
といっても、ここでやり取りされているのは、ネットで拾ってきたようなありふれた画像ではない。すべて自分で撮ったオリジナル。しかも交換時には、たいてい画像に写っている女性の詳細なプロフィールや性癖なども教えてもらえるため、オカズとしての質がハンパなく高いのだ。
たとえば、30手前の地味な女性がSM調教されていたり、野外露出している画像とともに、こんな説明書きが添えてあったらどうだろう。
「淫乱なセフレですが、普段は高校の音楽教師で、強豪で知られる吹奏楽部の顧問もやっています」
俺だったらとりあず数カ月は、その画像だけでシコシコライフを送れる自信がある。では、他人と交換すべきオリジナル画像がない人はどうやって楽しめばいいのか(ちなみに、ネットの拾い画をオリジナルと偽る手口はすぐに見破られる。彼らといい付き合いがしたいなら止めた方がいい)。
心配はない。実はこの掲示板には、画像交換をとくに望まず、一方的に自分の妻や彼女の写真を配布してくれる神のような連中も少なくないのだ。こんな具合に。
「ヘンタイ彼女の写真をあなたの精子で汚してください。画像が欲しい人はメールくださいね」
「妻21才のエロ画像が豊富にあります。正直な感想をください。罵倒してくれても構いません」
掲示板に1日中へばりついていても飽きない理由がわかっていただけたと思う。写真袋は、スマホで撮った写真をネット上に保存できるアプリだ。これ、他人が保存した写真も簡単に覗き見できてしまうと話題になっている。このアプリ、写真を保存・閲覧したいときは「合言葉」という数文字のパスワードを入力するだけ。
「IDとパスワード」ではなくパスワードだけだ。
そしてそのパスワードがいくつも、2ちゃんねるiphon板の某スレッドでバラされているのだ。
『合言葉「●●●●●」で大学生風カップルのラブホの写真見れるよ』などと。一般には公開するつもりのないはずの秘蔵写真が見れてしまうのだから、ハマる人が多いのもうなずける。
人気の投稿掲示板で出会いを増やす

モザキンなる愛称で変態カップルなどに人気の投稿掲示板で、自らの痴態を披露したい連中の個人撮影セックス写真がずらっと並んでいる。
 オレのターゲットは、ここの女性投稿者だ。
『ユカです。エッチな私を見て下さい』
『せいこ。私のカラダどうですか? みなさん評価して下さい』
 この類の見せたがり女にどうアプローチすればセックスまで持ち込めるのか。過去2回の成功体験から導き出した手法は以下のとおりだ。
 まずは女の投稿をチェックし、「サイト内メール」で連絡を取れる設定にしている人間を探す。ターゲットを発見したら(大半は30代後半以上)、いきなりメールで接触はせず、最初は掲示板に書き込む形で、
『最高に興奮しました。もっとたくさん見せて下さい。しごかせていただきます』
 と適当な感想コメントを書いたあと、次の一文を付ける。
『よかったら、時限で顔をさらしてもらうことできませんか?』
 ここの掲示板の連中はみな、顔のモロ出しまではしてないが、深夜などの時間限定で顔出し写真の投稿がよく行われている。それをお願いしてみるのだ。
 これに応じてくれたら、サイト内メールでお礼をする。
〈ありがとうございます。お綺麗な方で、本当にステキだと思いました。
当然、男性パートナーさんがいるとは思いますが、今後、単独男を募ってプレイする機会などがあればお声かけ下さい。もしメールもらえたら、こちらの写真送ります〉

こちらの所在地と直メを付けて送ると、5人に1人くらいは直メでレスが来る。
〈メールありがとうございます。今のところ単独さんとかを募集したりはしてないですけど、もしそういう機会あればお願いします〉
内容はこの程度でも、女の変態心が疼きはじめている。で、約束どおりこちらの写真を送る。以降、彼女がモザキンに写真を投稿するたび、直メに感想を送り、なんとか対面に持ち込んでセックスしたのが2回。間違ってはいないと思う。GPSで近くにいる子とチャットのやり取りができるアプリだ。名前そのまんま、女性ユーザーの多くがギャルなので、ギャル好きにとってはまさに天国のようなツールと言える。ギャルが相手な以上、1にも2にも軽いノリが必要だ。真面目に装っても引かれるだけなので、メッセージもチャラければチャラい方がいい。僕がいつも使ってる最初のメッセは「今、気づいたら小指立ってた(笑)なんでか分かる?」や「一目惚れって信じる?」といった感じ。この文章をコピペして、出来るだけ多くの女の子に送りまくる。確率としては10人に送って1人から返事があればラッキーかな、くらい。ただ、このアプリの一番の特徴は返信をくれた子が近くにいるってこと。「じゃそこで待ち合わせしようよ」
とわずか3分後に会えたりもする。「おごるからご飯でも行こう」とでも言えばアポ率は一気にアップだ。ちなみに以上は、東京や大阪などの大都市で、かつ街中での使い方。田舎や郊外で立ち上げると、いつも同じメンバーしか表示されないので、すぐに一巡してしまう。
「斉藤さんと話す」ボタンを押すだけで、全国のどこかで同じボタンを押した誰かとランダムにマッチングされ、会話がスタートする。マッチングには男女の区別すらなく利用者の地域もバラバラ。しかも一度繋がった相手とは2度と会話することができない仕組みだけに、出会いツールとしてはかなり非効率的だ。なのでもう、数を打つしかない。プロフ欄に「男」と性別だけを載せて、何度もボタンを押しまくる。相手が男なら即切りだ。というか、向こうから切ってくる。いざ女の子と会話が繋がったら、第一声で自分の地域を宣言してしまう。
「こんにちは。こっちは広島だよ。どこからかけてるの?」
答えない、あるいは遠方ならまたも即切り。会いに行ける距離なら、ようやく本腰を入れてトーク開始だ。といっても「会いたい」だの「遊びたい」だのは禁句。「ライン教えて」「番号は?」も禁句。斉藤さんはそんな男ばかりなのでウザがられてしまう。ここは他愛のない会話で、オモシロおかしく喋る人であり続けるしかない。そして、そろそろ切ろうかという段になって初めて、「いま切ったら2度と繋がらなくなるし、このままバイバイするの寂しいから、ラインID交換しようよ」と切り出す。つまり中盤の他愛のないトークは、盛り上がったから明日以降もしゃべりたい、という大義名分のためにすぎない。いざラインに移ってからは、いつでもつながるのだから焦る必要はない。じっくり落としていこう。