熟女のタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます



超大人気・美谷朱里・枢木あおいちゃんも
プレステージMGS動画もマジックミラー号も!
U-NEXTユーネクストR18
U−NEXT月額利用料金2,189円(税込)
本ページの情報は2021年2月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

DMMのアダルトAV見放題はこちら
ただ今30日間無料お試し中!
月額利用料金550円(税込)
DMM見放題chライト(R18)

タグ:熟女

【エロ漫画】未亡人の奥様マダムと喪服でエッチを楽しむ・葬儀で不貞人妻と乱れる着衣セックス

官能漫画未亡人の奥様マダムと喪服セックス官能漫画未亡人の奥様マダムと喪服セックス官能漫画未亡人の奥様マダムと喪服セックス官能漫画未亡人の奥様マダムと喪服セックス官能漫画未亡人の奥様マダムと喪服セックス官能漫画未亡人の奥様マダムと喪服セックス官能漫画未亡人の奥様マダムと喪服セックス官能漫画未亡人の奥様マダムと喪服セックス官能漫画未亡人の奥様マダムと喪服セックス官能漫画未亡人の奥様マダムと喪服セックス官能漫画未亡人の奥様マダムと喪服セックス官能漫画未亡人の奥様マダムと喪服セックス官能漫画未亡人の奥様マダムと喪服セックス官能漫画未亡人の奥様マダムと喪服セックス官能漫画未亡人の奥様マダムと喪服セックス官能漫画未亡人の奥様マダムと喪服セックス喪服美女や未亡人に興奮喪服美女や未亡人に興奮喪服美女や未亡人に興奮喪服美女や未亡人に興奮喪服美女や未亡人に興奮喪服美女や未亡人に興奮

不謹慎だが喪服美女や未亡人に興奮するという事実・葬式帰りの人妻とSEXしてみたい

取引先関係の葬式に上司の代理で参列した。故人と面識はないが、葬儀屋独特の節回しのアナウンスを聞いていると、さすがにしんみりなった。親族からすすり泣きの声が聞こえる。遺影の前で焼香。まだ60過ぎぐらいか。死ぬには少し早い。遺族に礼をしたとき、30すぎのー人の女性に目がいった。娘だろうか。少しやつれた感じで、目は泣きはらしている。決して美人ではない。が、何かがオレを惹き付ける。何だろう。同情?まさか。焼香が終わっても気になり目で追いかける。と、だんだんわかっできた。ソソられているのだ。彼女に欲情しているのだ。こんな場でそんな不謹慎な、とは思うが、欲望はいつ頭をもたげてくるかわからない。俺は、あの女性とヤル絵を思い浮かべ秘かに勃起した。

なぜ、俺はあんなに欲情したのだろうか。ルックスがめちゃめちゃいいわげでもないし、どちらかといえば地味ならば、身内の不幸に悲しんでいる憂いのある表情にソソられたのか。確かにそれもある。が、やはり喪服の存在が大きい。彼女が普通の格好をしてたら、恐らくヤリたいと思わなかったはず。全身黒といっ地味で禁欲的な姿が、逆にインモラルな欲望をかきたてたのだ。

AV、特にSMモノでも喪服、未亡人といったシチュエーションは定番中の定番。やはり喪服には男の共アィスティックな性欲を刺激する何かがあるのだろ!喪服姿の女性とヤリたいという強い願望が初めて俺に芽生えた。もちろん、ただ喪服を着ていればいいというわけじゃない。葬式に参列したばかりの、まだ線香の臭いが喪服に付いたままの女じゃないと意味がない。それこそ、若くして夫に先立たれた未亡人などとエッチできたらっ。バチあたりな願望であることはわかっちゃいるが、そのぶん挑み甲斐は十分ある。

喪服の女は葬儀場や寺などに行けば、簡単に見つかるだろう。が、問題はその後だ。仮に自然な形で声をかけられたとして、それに乗ってくる女がいるだろうか。なんせ、葬式帰りだ。とてもナンパに応じる気分ではないのではないか。いかんいかん。そんなことは最初からわかってる。そこをどう口説き落とすかが今回自分に課せられたテーマなのだ。どうアプローチするかはさておき、とりあえず行動の手順を考えてみよう。

まず、いつどこで葬式があるかだが、時間が取れそうな日の前日やその日の朝に、立ち寄り可能な場所にある葬儀場に電話してみる方法。試しに、ある葬儀場に電話をかけると、

「あの、今日ってそちらの会場で葬儀入ってます?」
「今日はお通夜のみ1件入っております。ですから葬儀は明日12時からになりますが」電話に出た女性が何の疑間も持たず答える。これは使えそうだ。もうーつは作戦でも何でもなく、時間に余裕があるときに葬式を見つけたら、迷わず突撃してみようという戦法である。というのも、俺が仕事でよく通る大阪市の谷町筋、上町筋のあたりはお寺が密集しており(100件以上あるらしい)、葬式にでくわす可能性が高いのだ。

実際、意識して通っていると1週間に354件は遭遇。普段は見過ごしていたが、これはかなりの数だ。昼前に車で上町筋を走っている途中で発見したお寺もそんな中のーつだ。近づいてみると葬儀は11時からとなっている。俺はひとまずコンビ二でパンを買い、車の中で待機することにした。12時半頃、寺院を出発、一般の参列者がぞろぞろと外へ出てきた。寺から駅まで歩くと20分。タクシーや自分の車で帰る人もいるが、ほとんどは歩きで駅まで行くようだ。

さあ行動開始といくか。車を出て、帰途につく参列者たちに近づく。しかし、大半は男で、女性がいてもオバハンがほとんど。なかなか俺のターゲットになるような喪服美人はいない。
しばらく待っていると、30代後半と思われる1人の女性が出てきた。ルックスはまあまあ。行ってみるか。

「すいません」「はあ」「上本町の駅まで行かれるんですよね?」「はい」

「よかったら、車乗っていきませんか?」「いえ、積構です」

「駅までだと結構遠いでしよう。ボク、通り道ですし」「…」目もあわせず無言で歩いていく彼女。とりつくしまもない、とはこのことだ。それでも次のターゲッドを待って粘ってはみだが、対象となりそう女性は1人も現れない。見事なまでに完敗である。

想像していたが怪しさ100%。まったく相手にされない。仮にあの後対象となる女性がいたとしても結果は同じだったろう。じゃあ、いつたいどうすれば怪しまれずに声をかけられるのか。あれこれ考えた末、俺はーつの結論に達した。

不審がられる一番の原因は、葬式帰りの女性に、まったく関係ない男がわざわざ声をかけるところだ。ならば、俺も参列者になってはどうか。もちろん参列するワケじゃないが、黒いネクタイを締め、自分も参列者だという顔をすれば、相手の警戒も弱まるのではなかろうか。以後の俺が、常にカバンの中に黒いネクタイをしのばせるようになったのは言うまでもない。

東大阪方面に仕事で行くことになった。この日なら午後から時間がとれる。俺はさっそく、タウンページで東大阪方面の葬儀場を調べ、前日、3社に電話をかけてみた。ラッキーなことに、その内のーつの会場で2件の葬儀が行われるとのこと。

ー件目は11時、2件目は1時開始らしい。これなら、何とかー件目の出棺の時刻までには到着できそうだ。当日は、雨が降ったりやんだりの天気だっだ。普段ならうっとうしいと思うところだが、この日ばかりは逆にうれしくなってくる。雨が降れば、車で送って欲しいという気持ちが強くなるからだ。

会場に12時に着いた。弱まったものの、雨はまだ降り続けている。駅まで歩いて15分。口ケーションはバッチリだ。ネクタイを黒に換え、車で会場へ。関係者ではないのでさすがに緊張する。誘導のためだろう。駐車場の入口にー人、建物の入口にー人と立派な制服を着た警備員が立っていた。マズイ。目をつけられ質間でもされれば、関係者じゃないのはバレバレ。へたすりゃ香典泥棒に聞尋えられるかもしれない。ここは慎重に行動しよう。車の中から様子をうかがうと、すでに霊枢車がスタンバっており、そろそろ出棺という状況だ。

行動を開始するのは、出棺が終り一般参列者が帰り始めてから。それまでは車で待機だ。10分ほどたって身内を乗せたマイクロバスが葬儀場を後にし、斎場に向かった。参列者が帰り始める。よし、女性も結構いるみたいだ。ワクワクしながらターゲットになる女性を物色。と、いましたいました、喪服美人。30前後くらいだろうか。喪服の上から黒いコートを着て、すらっと背が高い。俺はあわてて車から降り、彼女に近ついた。「雨で大変でしょ。僕、車なんでよかったら駅まで乗っていかれませんか」

「ありがとうざいます。でも家はすぐ近所なんで結構です」そう言って、彼女は次の角を曲がり、駅とは違う方向に帰っていった。感触がよかっただけに残念。次の女性を待つとしよう。この後、オレは2人の女性に声をかけた。が、前の女性同様、彼女らも近いので歩いて帰りますからと断られる。どうやら、故人がお婆さんだったためか、参列者はほとんど身内とご近所だったようだ。

こうしてー件目は無残な結果に終ったが、黒ネクタイ作戦が効を奏したか、女性たちの反応は悪くない。こうなりゃ1時からの2件目の葬式で勝負だっこちらは故人が男性。仕事関係の参列者も多いだろう。
昼食を済ませ、出棺に間にあうように葬儀場に戻る。今回は参列者が多く、焼香に時間がかかってるようだ。警備員がいないので、思い切って中に入ってみた。口ビーに、雑談したり煙草を吸っている人が多数。両側には取引関係と思われる会社からの献花がたくさん供えてある。これなら、紛れ込んでも全然不自然じゃないし、聞かれても仕事関係の者だといえば怪しまれないだろう。

さすがに会場の中で声をかけるのはマズイだろうと、外の車で待つこと10分。出棺が終り参列者と車が会場から出てきた。雨脚が強まり、傘でなかなか顔が見えない。すぐに行動開始だ。ぞろぞろと帰る人の列が続いた後、ぽつんと流れが途切れた。と、そのとき実にいいタイミングでー人の若い女性が出てきた。まだ20代か。迷わず声をかけた。「雨、強くなりましたね。よかったら駅まで真乗っていきません」

「いいんですか。助かります」

うまくいくときはこんなもんだ。彼女を助手席に乗せ車を出す。小柄で童顔、なかなかかわいい。これは何とがモノにしなければ。

「ほんとにすいませんね。ご迷惑じゃないですか」

「いや、どうせ帰り道なんで。どの辺まで帰るんですか」

「豊中なんですけど」「今から梅田まで帰るんですですよ。梅田まで送りましょ」

ここから梅田までなら50分はある。この間にどれだけ仲良くなれるかが勝負だ。

「故人とはどんな関係ですか」「私の友達のお父さんなんです。お会いしたことはなかったんですけど。そちらは?」

「会社関係です。僕もお会いしたことはないんですけど。わざわざ大変ですね」

友達の親の葬式に出たというにあまり悲しそうな感じはない。むろんその方が口説きやすくはあるが、逆に背徳感が少々弱まってしまうのも事実。難しいところだ。とりあえす、話ははずんだ。彼女の名はショーコ。意外にも34才で主婦らしい。歳より5つは若く見える。話すときにちょっと上目づかいで俺の顔を見る大きな瞳がなかなか魅力的だ。

「ショーコさんはおひるご飯たべました?」

「いえ、まだですけど、河内さんは?」

「僕もまだなんです。よかったら食べにいきません?」

すでに軽い昼食をとっていたが、このまま帰すわけにはいかない。余分に一食してでも、何とか口説き落とさねば。

ファミレスで昼のランチを食べ終わるころには、シモネタができるくらいに仲良くなっていた。俺がこんなエッチをしたことがある、あんなことをしてみたいと言うと、彼女も律儀に自分の経験を話してくれる。これまで、何度か浮気したこともあるらしい。「お酒が入るとエッチな気分になってしまうの」

さすがに昼間から酒を飲ませるわけにもいかない。ここは会話だけでどうにかエッチに持っていくしかない。

「ショーコさんの喪服姿、いいなあ。艶っぼく見えるよ」

「でも、これかなり古いヤツだし、ださくてイヤ」

「そんなことないって。ホントめちゃめちゃソソるで。いっぺん喪服着たショーコさんとヤッてみたいねえ、また機会があったらね、フフフ」

会話の上では一応かわされているが、まんざらでもなさそう。こりゃいけるんちゃうか?ファミレスを出て、再度車を走らせると、俺はおもむろにショーコの膝の上に手に重ねた。いやがる素振りはない。ならばと、ぎゆっと手をにぎる。かなりオヤジくさい戦法だが、ある程度イケると思われる女性にはこれが効く。実際、そのときショーコも手を握り返してきて、俺はその瞬間、彼女が落ちたことを確信した。
車で桜宮のラブホテルに入り、翌彼女を抱きしめキスをする。すでに興奮しきってる彼女から、化粧の香りに混じって線香のような臭いが伝わってきた。コレや。この臭いが俺を興奮させるんや。

「しわになるから脱ぐね」ショーコが喪服を脱ぎはじめた。黒い喪服の身は下着も黒。彼女の肌がいっそう白く見える。もっ、たまらん。俺はそのまま彼女に襲いかかつた。「お風呂入ってないからいや。ショーコは少し抵抗してみせたが、言うとおり風呂に入らせるワケにはいかない。シャワーを浴びると、葬式後の喪服の女とヤッてるといっイケナィ零囲気まで洗い流ざれてしまう。ィヤアァ」

陰部を舌でナメると、ショーコの体から力が抜けていく。すでにクリトリスもこりこりに固い。正常位で挿入し、興奮のあまり3分も持たずに射精お風呂に入った後、ゆっくりと2回戦を楽しんだ。

意外な場所で運命的な出会いが!合コンや飲み会は知り合いのいない見ず知らずの他人の会に行くに限る

0232_201807021922443da_20190818102110128.jpg0233_2018070219224698c_20190818102112b31.jpg0234_20180702192247fb4_20190818102114172.jpg0235_20180702192248648_20190818102115cd5.jpg0236_201807021922501fc_20190818102116e48.jpg0237_20180702192251749_20190818102118da4.jpg0238_201807021922537fe_20190818102119714.jpg0239_201807021922545a3_20190818102121d33.jpg0005_201801292009207d1_20190811204957057_201910191553000b3.jpg0047_20180623172400507_201910191553018fd_20200823062631875.jpg0085_20181230171718a8f_2019101918453232a_20200823062634a6f.jpg201504088_20191019155304f30_20200823062635b5e.jpg0048_20180623172913afc_201910191553039e8_20200823062632808.jpg
1、35才以上の合コンは初っ端からエロ全開
人妻や熟女を食う方法はいろいろだが、断然オススメしたい。今年だけでも新規を3人ゲットした俺が言うのだから間違いない。書き込みを見てのとおりアグレッシブな女が多いのだ。
2、モテない男女が集まるSNSで、僕のようなフツメンナンパ好きが女をラクに喰うには一番熱いツールです。狙いはオフ会に絞られます。オフ会専用ページを開けば、事前に何人ぐらい女が来るかなどを確認可能なので、出来るだけ女の子の割合が多い会合を選ぶのが正解です。実際、会場に来る女の子は男慣れしていない地味な子ばかりです。だからと言ってブスばかりではありません。ちょいカワ系のサブカル女子や隠れ巨乳といった、宝の持ち腐れの子たちも結構な確率で紛れ込んでいるのです。ここは非モテのオフ会。男たちは女の子に話かけようともしないので、たった一度声をかけてあげるだけで女の子は『あ、この人私に話しかけてくれた人だ』と、好感を持ってくれます。ただし、あまり積極的に話しかける社交的な男は『チャライ人』だと思われ、毛嫌いされてしまいます。たった一度だけ話しかける。この程度の印象付けが彼女たち地味っ子には丁度いいんです。一度会話を交わしたら、あとは恥ずかしそうにして、壁際で1人酒を飲み続けましょう。勝負はオフ会終了直後。解散する流れになったころ、目当ての女の子に近づき「連絡先を教えてくれませんか」と一言伝えましょう。あとは後日に2人でご飯の約束でも取り付けるだけ。2人っきりになった時に肉食系全開で口説き落とします。

おデブなぽっちゃり熟女はやはりドMなのか・豊満おばさんはマニアックなハードプレイは経験済みだった

おデブなぽっちゃり熟女はやはりドMおデブなぽっちゃり熟女はやはりドMおデブなぽっちゃり熟女はやはりドMおデブなぽっちゃり熟女はやはりドMおデブなぽっちゃり熟女はやはりドMおデブなぽっちゃり熟女はやはりドMおデブなぽっちゃり熟女はやはりドMおデブなぽっちゃり熟女はやはりドM
近ごろ、チンコに元気がない。オナニー時も一応、射精はできるのだが、歳のせいだけとは思えないレベルでフニャフニャのヘロヘロなのだ。原因はこの連載以外に考えられない。化け物との死闘を長らく繰り返しているうちに身も心もやつれ、その挙げ句、下半身にもダメージが及んだのではないか。つまりトラウマだ。これってマジでヤバい状況なのでは…。
そうやって悩んでいるうちに、またテレクラデイが巡ってきた。舞台は東京・竹の塚だ。今回の死闘が終わったころ、俺のフニャチン症はまたさらに悪化していることだろう。鬱すぎてハゲそうだ。
「中出しとスカはお断りしています」
入室から30分、待望のコールが鳴った。
「はい、もしもし?」「こんにちは。オニーサン、声が若いですね。私、47才なんだけど大丈夫ですか?」「はい、大丈夫ですよ」「年上が好きなんですか?」
「ええ、まあ」「うふふ、よかった」
まだほんの少ししかしゃべってないが、好感が持てた。何というか、話し方や声にナチュラルな素直さがにじみ出ているように思えたのだ。
「あ、私、ナルミといいます」「和田です。で、ナルミさん、ご結婚は…?」「はい、してます」
週に何日かパートをやっている主婦だそうで、大学生の子供が2人いるという。
「私、ワリキリで会える人探してるんですけど」「僕も同じです」
「あら、よかった。もしよければ家の近くまで来てほしいんですけど、どうですかね」
「どちらですか?」「○○○駅なんですけど」
埼玉県南部の駅だ。乗り換えも必要だし、なんだかんだ片道30分コースってところか。
「うーん、ちょっと遠いですね」
「やっぱそうですよね…」ナルミさんの声が沈む。
「本当はそちらの方に行ければいいんですけど、今日はちょっと用事があって、地元から出られないんです…。ふう」
いつもなら電話を切るところだが、この善良そうなキャラは捨てがたい。パスするのはもう少し彼女のことを知ってからでも遅くないだろう。
「とりあえず、ナルミさんの身長と体型教えてもらえます?」
「170センチでちょっと太っています」
かなり大柄だ。おそらく女子レスラー体型だろう。
「体、大きいんですね」「はい。でも見た目はあんまり悪く言われないですよ。女優の松下由樹に似てるって言われたこともありますし」「なるほど。で、希望額は?」
「できたら1万円いただけると助かります」
松下由樹はさすがに信じられないとしても、やはり彼女の言葉にはどこか誠実さを感じる。もちろんとんでもないブスかもしれんが、少なくとも異常キャラの女に振り回され、精神的ダメージを負わされる心配はなさそうだ。よし、会ってみるか。
「じゃあ、これからそちらへ行きますよ」「ありがとうございます」
一拍、間を空けてから彼女が続ける。
「あの、前もってNG項目をお伝えしたいんですけど」「はいはい。何です?」
「中出しとビデオ撮影は無理です。あとSMプレイとかスカみたいなのもお断りしています。大丈夫ですか?」
なぜにこんなマニアックなハードプレイを次々と挙げるんだ? 過去に強要された経験でもあんのかな?
知り合いに見られたらヤバいんじゃねえの?
待ち合わせ場所のコンビニへ足を運ぶと、店内のイートインコーナーでそれらしい女を見つけた。縦にも横にもボリューミーな体格に貫録を感じる。
「ナルミさんですか?」
「あ、和田さん? わざわざ来てくれてありがとうございます」
くるりとこちらに向いた顔は、松下由樹というよりは森三中の黒沢といった感じだが、想像したほどのブスでもない。30キロほどぜい肉を落とせばまあまあ見られる。そんなレベルだ。
「私で大丈夫ですか?」「ええ、もちろんです」
「よかった。じゃあ、行きましょうか」
ローソンを出た彼女は、店の軒先に停めてあった自転車を押して歩きはじめた。どうやら本当に地元らしいが、いったいどういう了見なんだろう。知り合いに見られたらヤバいんじゃないの?
「既婚者なんですよね? 自宅の近所で男の人と会って大丈夫なんですか?」
 柔和な笑顔が返ってきた。
「私の家はどっちかっていうと隣駅のほうが近いから平気です」
「じゃ、家族や知り合いと鉢合わせになる危険はないんですね?」
「はい、たぶん。…いや、わかんない、どうなんでしょ」
ゆる〜っ。こんな大事なことを運任せにしていいのか?やがて行く手にホテルらしき建物が見えてきた。
「あ、あれです。あのホテルがこの辺で一番キレイなんですよ。料金も高くないしオススメです」
「この辺のラブホ事情、詳しそうですね」
「はい。元カレとよくこの辺で遊んでたので」
「元カレ?それは結婚後に付き合ってた男性ですか?」
「ええ。半年前に別れたばかりですけど」
「へえ、どれくらい付き合ってたんです?」
「2年以上ですかね。もう会うことはないと思いますけど、正直、元カレには人生観を変えられちゃったって感じです」 
20才で結婚して以来、ずっとマジメに暮らしてきた彼女は、元カレと知り合ったことで性の喜びに目覚めたのだという。
「とにかく初めて尽くしだったんですよ。潮を吹かされるとか、お尻にバイブを入れられるとか」
「なるほど」
「あと電マっていうんですか?あれをアソコの奥に入れられたときはイキッ放しで頭の中に電気が走りましたもん。あれは本当に感動しました」
「そんな楽しかったのに何で別れちゃったんですか?」
彼女の顔にスッと寂しげな表情が浮かぶ。
「それがよくわからないんです。急に『僕に君みたいな女の人はもったいない』とか言い出して、連絡が取れなくなったから」
ま、そんだけやりたい放題に遊んでりゃ、彼氏も飽きるわな。
「じゃナルミさんがテレクラにかけるようになったのは彼氏と別れてから?」
「はい。できれば新しい彼氏が見つかるといいなって」
ここでふと、気になっていたことを思い出した。
「そういえば電話でNG項目のこと言ってたじゃないですか。あれは何でなんです?」
「ああ、中出しとビデオ撮影、あとSMプレイとスカのことですよね。あれは前にテレクラで会った男の人にやらされたんです。全部違う人にですけど」
「え、中出しもスカも実際にやったんですか!?」
「はい、これも勉強かなと思って。でもすごくイヤな気持ちになったので懲りたんです」
こうなると素直なキャラってのも考えものだな。元々マジメなフツーの主婦がここまで堕ちてしまうんだから。いや、単なるバカ?
「スケベマンコも、もうヌルヌルよぉぉぉ〜」
ホテルに入った。ベッドにデカい尻を沈め、たばこを一服したところで、ナルミさんがゆっくりと近寄ってくる。なぜか妙に目がトロンとなっているのが不審だ。
「和田ち〜ん」わ、和田ちん? なんだ急に、何が起こったんだ!?突然の豹変に呆然としていると、今度は体を力強く抱きしめられた。耳元に流れ込んでくるのは気色の悪いささやきだ。
「あーん、イチャイチャしたかった〜ん。たくさん気持ちいいことしようね〜ん」
「ど、どうしたんですか、いきなり」「え〜、どうって何がぁ? うふふふ」
そう言うと彼女はぺろりと俺の耳を舐めてから風呂場へ。どうやら湯を張りにいったようで、またすぐに戻ってきた。こちらにジーっと熱い視線を送りつつ、彼女が服を脱いでいく。乳にだけ注目すれば大そう立派だが、全体的な構図はモンゴル人力士・逸ノ城のヌードを見せつけられているような案配だ。思わず女体から目を背けて、聞いてみる。
「ホテルに入ると、いつもこんな感じに?」
「ん〜ふふふ、そうよ。だって自分をさらけ出すとどんなに気持ちいいか知っちゃったんだもん」
たしかにそうなのかも知れんが、とりあえずこのさらけ出し方は間違ってるような。
「もしかしてそれも例の元カレに仕込まれたんですか?」「そう、正解」
元カレの言葉責めを受けて、しつこく淫語を言わされ続けるうちに、この性癖が開花したと誇らしげに言う。改めて俺は、元カレの罪深さに思いを馳せた。風呂に入ると、やはりと言うべきか、淫獣が文字どおり舌なめずりしてにじり寄ってきた。浴槽の水面にチンコが顔を出すように仕向け、パクっと先っぽを咥える。
「ああ、このチンポ、美っ味しいぃぃ〜。スケベマンコも、もうヌルヌルよぉぉぉ〜」
「あ、あの、ちょっと…」
手でフェラを制そうとしても、顔の上下運動を止めない。浴室には下品な鼻息が響きわたるばかりだ。「んふ〜、んふ〜、んふ〜」「舐める?それとも噛む?」
フゴフゴと豚のようにフェラする女をどうにかなだめ、急いで体を洗い部屋に戻った。淫獣はすでにベッドにスタンバイし、妖しいほほ笑みを浮かべている。しかしその光景はセイウチの日光浴と変わらない。恐る恐るベッドに上がると、さっそく抱きしめられた。
「どうする、和田ちんが攻める? それとも私から攻めようか?」
「じ、じゃ攻めてもらえますか?」「和田ちんのチンポを?」「はい」
「どう料理されたい? 舐める? それとも噛む?」
一瞬、「噛む」に興味を覚えたものの、すぐさま思い直した。こんな予測不能の女に軽はずみなチャレンジをしては事故の元だ。
「…な、舐めるでお願いします」「んふふ、じゃいただきます」
やはりフェラのテクは悪くない。圧力強めに亀頭周りに舌を這わす技術はむしろ上級の部類に入るだろう。さらに四つん這いにさせられ、手コキとアナル舐めの同時攻撃を受けたとき、ここ最近フニャ
フニャ状態だったチンコが、カチンコチンに。なんというテクニシャンだ!
勃起をすると興奮さえ覚えてきた。よーし、このままブチ込むぞ。しかし、いざ正常位の態勢を取りかけたとき、女から「待った」の声が。
「和田ち〜ん、私の前戯がまだだよぉ〜。そのいやらしい指をマンコに入れてぇ」「あ、はい」
デブの肉汁つきマンコにクンニするなどマジで勘弁だが、手マンくらいならやってもいいだろう。愛液でベトベトの膣に指を入れた途端、女が腰を浮かした。
「ホーッ、ホーッ、いい、マンコいいっ!」
Gスポを刺激することで、下品な喘ぎ声は一層高まった。
「あーマンコ! マンコ! 和田ちーん、マンコ気持ちいい!気っ持っち〜〜〜!」
太ももが小刻みに震えている。イッたようだ。1分ほどインターバルを置いたのち、もう一度フェラで勃たせてもらってから、今度こそ挿入だ。ブスリ。直後に女が絶叫する。
「セックス! このセックス!ああ、このセックスいい〜〜!セックス!」
腰を振るたびにチンコが軟化していくのがわかった。
「セックス! ああセックス!」
はあ、どうしよう。こんなオカシな女たちと交流し続けていると、いずれ本物のインポになっちゃうかも。

【エロ漫画】ザーメンシャワーを顔に浴びるのが大好きな美魔女熟女・精子たっぷり精液をぶっかけ顔射する快感

美魔女熟女ぶっかけ顔射エロ漫画美魔女熟女ぶっかけ顔射エロ漫画美魔女熟女ぶっかけ顔射エロ漫画美魔女熟女ぶっかけ顔射エロ漫画美魔女熟女ぶっかけ顔射エロ漫画美魔女熟女ぶっかけ顔射エロ漫画美魔女熟女ぶっかけ顔射エロ漫画美魔女熟女ぶっかけ顔射エロ漫画美魔女熟女ぶっかけ顔射エロ漫画美魔女熟女ぶっかけ顔射エロ漫画美魔女熟女ぶっかけ顔射エロ漫画美魔女熟女ぶっかけ顔射エロ漫画美魔女熟女ぶっかけ顔射エロ漫画美魔女熟女ぶっかけ顔射エロ漫画美魔女熟女ぶっかけ顔射エロ漫画美魔女熟女ぶっかけ顔射エロ漫画
援助交際のセックスで顔射の交渉してみた
「やっぱり年末年始となればアレやろ。年始を迎える瞬間にエンコー。コレやな!」
「はぁ……。でもそれって、裏モノが毎年やっている『年越しテレクラ』そのまんまじゃないですか。バリバリにカブりますよ」
「そうか……ホンマや」
ふたたび、窓の外をぼんやりと眺めるボクたち。外を歩く女子大生たちが寒そうに歪んだ顔で通り過ぎていく。
「……寒そうやな。冷たい風をいやがってる顔やで」
「ですね。無理矢理顔射されたみたいな顔してますね」
「町田は、ホンマに顔射が好きやなぁ……」
そう言いながら笑う編集長の顔が、ピタリと止まる。ゴゴゴゴゴーっと、地響きが鳴る(※演出です)。いつもの来た! 
編集長に企画が降りてきた! この直後、とんでもない企画を発表するのだ!
「これはどうや!年始を迎える瞬間にエンコーで顔射をする!年を迎えた瞬間、女の顔にぶっかけるんや!」 
……今回降りてきた企画は、かなりの勢いで、勢いだけでした。なんですか、その右脳だけで考えたような企画は!
「町田といえばエンコーのカリスマ。そして顔射のスペシャリストでもあるやないか。コレ以上のテーマはないで!」
そう言って満足そうにタバコをくゆらす編集長。
「今年の仕事、締めたったー」みたいな顔です。 
……と、いうことで、ボクの年越しは決まってしまいました。顔射をして過ごすそうです! 
あと8カ月で43歳!! 
そんなわけで今回は、「年越しカウントダウン顔射」です。みなさん、はじめて聞く単語でしょ?
ボクもライターをはじめて20年近く経ちますが、今の瞬間、はじめて書きました。
まず、年越しカウントダウン顔射を成功させるには、いくつかのハードルがあります。
【その1】年越しの瞬間に一緒にすごしてくれる子とアポがとれるのか?そもそも年末に、エンコーしたいと思う女が居るのか?そして、深夜の0時。つまり泊まり同然です。エンコー女なんてものはサクっと会って、サクっとセックスをして帰りたいもの。見ず知らずのオッサンと一緒に年を迎えたいと思うのでしょうか?
【その2】12月31日にラブホが空いているのか? ただでさえ、週末の土曜の夜はラブホが完全に埋まります。さらに大晦日。アポったところでホテルに入れないのは明白です。ジプシーのように、年末のホテル街を歩き回ることになるでしょう。
【その3】そもそも顔射させてくれる子がアポれるのか? ボクも編集長に「エンコーのカリスマ」と呼ばれるくらいには(※編集長しか呼んでいません)、エンコーを繰り返してまいりました。しかしアポの段階で「顔射させて!」というお願いに「いいともー」とこたえてくれる女子は皆無なのです。顔射OKな子を探すこと自体、かなり難しいことなんですよね。
【その4】顔射の瞬間を、年越しタイミングに合わせることはできるのか?
いくら顔射のスペシャリストと呼ばれているボクでも(※編集長しか呼んでいません)、キッカリ2017年になった瞬間、射精できるのか? そんなに自由自在なのか? 
……と、軽くあげてみただけで、これだけの問題点があるのです。いやー……コレってかなり難しいミッションなんじゃないの?? 
この中で唯一なんとかなりそうなのは、【その2】のホテル問題。これは、アポれたあとにラブホを探すんじゃなくて、あらかじめビジネスホテルかなんかを予約しておけば解決です。
……と、いうことで新宿西口にあるビジネスホテルを予約しました。大晦日値段だからなのか、1万2000円と割高! それにしても、若いときは大晦日の夜0時の瞬間にジャンプして「年越しの瞬間、俺は地球上にいなかったのだぜ!」と得意顔で言ったりしたものです。しかし、2017年の8月で43歳になるボクとしては、かなりハードルの高い年越しです。
「一年の計は元旦にあり」とよく言いますが、そんな元旦を迎えたところで、ボクの2017年は上がり目があるのでしょうか?
まさか12月31日の当日から探し出すのも危険ということで、数日前からアポを開始。……しかし、まったくアポれません! 「今日なら会えるけど、年末は無理」
「大晦日は実家に帰ってしまうので……」
「一緒に泊まるってこと? いつ? 大晦日? 無理でしょ!(笑)」 
……まぁ、そうだよね。せっかくの年越しを、援交男と過ごそうとは思わないよね。
当初は18歳〜20代前半までで探していたのですが、まったく相手にされません。年増は本当にイヤですが、20代半ばから30歳まで年齢層を広げてみます。どうだ!
「今日なら会えるけど、年末は無理」
「大晦日は実家に帰ってしまうので……」
「一緒に泊まるってこと? いつ?大晦日? 無理でしょ!(笑)」
あれ? デジャヴ??全然ダメです。やっぱり援交女も、数日前から大晦日を援交で過ごす踏ん切りはつかないのでしょう。まだ31日まで日にちもあるし、「もっと有意義な過ごし方があるんじゃないかしら?」とギリギリまで粘りたいんでしょう。わかるわかる。 
と、なると本当に危険ですが、31日にチャンスをかけるしかありません。大晦日の夜になって、
「あー、実家に帰ろうかなとも思ったし、友達とカウントダウンしようとも思ったけど、結局ひとりだわー。こうなったら援交相手でも探そう。出会い系アプリにタッチ!」という子も出てくることでしょう。 
││そして、結局1本もアポが取れずに12月31日を迎えてしまいました。
朝からずっとアポ取りを繰り返していますが、「昼から会いたいです」「19時過ぎに新宿で会える人いませんか?」と、早い時間の募集はあるものの、さすがに泊まりや年越し時間を求める女はいません。
……ハァ〜〜、コレはどうしたもんだろう 
15時にビジネスホテルにチェックイン。ベッドに寝転びながら、ひたすらアポ取り。しかし結果がなかなか出ません。 
見るともなく、つけっぱなしだったテレビが急に賑やかになる。あれ……?? 
紅白歌合戦、始まっちゃったよ!!
華やかにスタートした紅白をぼんやりと見ながら、窓の外に視線を移す。窓の外は、寒そうな暗闇の空。……今回のテーマ、本当に大丈夫なのかしら。 
テレビの中では、AKB48が歌っていた。国民投票の選抜選挙で、人気投票が行なわれ、1位となった山本彩が涙を浮かべながら歌っている。 
……泣きたいのは、こっちの方だよ。全然アポれません。今回のテーマ、本当に難しいわ! 
ほぼ諦めムードで紅白を観ていると、突然スマホから「ピロン♪」と電子音が鳴る。
「これから会えませんか? 新宿にいます」
はいはい。またコレね。これに対して「じゃあ、年越しまで一緒に居れる?」とか「顔射させてくれる?」って返すと「無理」とか「アホ」とか「死ね」って返ってくるんだよね。知ってる知っる。 
……まてよ。ベッドの横に付いているデジタル時計を確認する。時間は22時10分。年越しまで2時間ないじゃないか! 
これから待ち合わせの場所まで行って、再びこのビジネスホテルに連れて戻ってくる。それだけで30分はかかる。で、プレイ時間を1時間半と考えると、ちょうど射精の時間は0時になるじゃないか!!コレは行くしかない!!! 
ここでこの女を逃したら、もう機会はないかもしれない。言うなればラストチャンス!慎重にメッセージを返します。
「2万円で会いたいんですけど、時間は大丈夫ですか?今から会うと、終わるの0時とかになっちゃうかもしれないですけど」 
恐る恐る敬語で返す。すると1分もせずに返事が戻ってきました。
「まぁ、大丈夫です。今日は、夜中も電車走ってますから」
来た!!大晦日は夜中の間、ずっと電車が走っています! 
JRに乾杯!! 相手は、25歳のあずささん。
ここでは、あえて顔射については言わず、まずは待ち合わせの場所を決めます。元、コマ劇場であるTOHOビルの前に決定です。 
光りの速さで支度をして、歌舞伎町に向いました。
外は、寒々とした風と、なんとなく楽しそうな人たち。TOHOビル前に着く。あらかじめ聞いていたベージュのコートに黒の細身のジーンズという、あずささんを探します。どれどれ。
……いました。あれに間違いありません。肩くらいまでの茶髪。ベージュのコート。「細身の黒いジーンズ」と言っていたのでスレンダー体型かしらと思っていましたが、思っていたよりもぽっちゃりです。細身のジーンズがぱっつんぱっつんです。 
顔は、バブル芸人みたいな顔してます。完全にハズレです。うわーー、コレはキツい! 
この女と年越ししなきゃいけないのかよ! 
ガックリと肩を落としながら、平野ノラことあずささんに近づきます。ハァ〜〜。
「すいません、あずささんですか?」
「はい。そうです。町田さん?」
「そうそう。で、あのさ。今日、そこいらのホテル、めっちゃ混んでるんだよね。なんで、俺の泊まってるビジネスホテルでもいい?」
そう言うと、眉をひそめるノラ。
「……え? それはちょっと心配だなー。別に、ホテルじゃなくても、そこらへんにあるレンタルスペースでもよくないですか?そういうところだったら空いてますよ?」
「心配って? 大丈夫だよ(笑)」
「だって、ホテルに入ったら、他の男の人がいたりしたら怖いんですけど」
「いないいない(笑)」
「いるのに、『そう、他の男がいるんだ』って正直に言うヤカラはいないですよ。それは、無理です。歌舞伎町で、こういうことをするっていうのは、それなりにリスクヘッジを心がけていないと、生きていくことは出来ないんですよ?」
……何コイツ??すっげーめんどくさいんですけど!っていうか、芝居がかった感じが、ちょっとアレな感じです。怖いしキモい!
「とにかく、レンタルスペースじゃなきゃ、アタシはあなたとそういうコトはできないですね。どうする?イエス?ノー?」
「う〜〜ん。レンタルスペースって苦手なんだよね。最低でも1時間半はエッチするわけじゃん?
そうなったらホテルのほうがゆっくりできるじゃん?」
「ゆっくりする必要は、ないでしょ? エッチだって、1時間以内に終わらせてほしいんだけど。アタシも忙しいから」
「え? さっきやりとりしてたときは、0時すぎても大丈夫って言ってなかった?」
「大丈夫、というのは、あくまでも〝可能〞ってこと。可能と希望は別じゃない?」
なんなんだよ!体型はデブだし、しゃべり方はキモいし!
良いところなんてイッコもないじゃん!
こんなクソみたいな女を抱くのに、なんでボクは必死に交渉してるんだ!
最悪な大晦日だよ!
時計を見ると、22時30分。
あと1時間半で新年です。このクソ女を逃したら、間違いなくチェックメイト。完全に失敗です。クソ! もう背に腹は代えられん!
「……わかったよ。じゃあ、レンタルスペースでいいよ。でも、オレってイクの遅いから1時間半はかかると思うよ? 
新年迎えちゃうけどかまわないよね?」
「私、めっちゃウマいから、すぐにイカせるから大丈夫だよ!」
ニヤリと笑うノラ。もう、完全なホラーです。もうやだ。2016年の締めがコレかよ!
はあぁ、ロクな年じゃなかったわ……。
歌舞伎町の東通りにあるレンタルスペースに入る。90分2000円の部屋を借り、狭い廊下を進む。ボクら以外にも客はいるらしく、壁の向こうから、ぼそぼそと話す声が微かに聞こえる。
部屋に入ると、シャワーボックスと小さなベッド。しかも掛け布団も敷き布団もないベッドです。その様子はまるで、一昔前のハコ型のヘルスのよう。昔はここ、本当にヘルスだったかもしれません。
「じゃあ、服を脱いでベッドに横になって」
ええ???なにそれ!一昔前のハコ型のヘルスにいるヘルス嬢のセリフだよ、それ。「ちょ、ちょっと待ってよ。普通にセックスしようよ」
「私にとっては、それが普通なんだけど」
「普通はキスしたり、服を脱がせあったりするじゃん!そんな、裸になって寝ろだなんて、フーゾクみたいじゃん!」
「私、元、フーゾクやってたよ?」
はーーい!出ました!はい、出ました!
たまにいるムカつくフーゾク嬢。それでした! マジかよ !!素人とのセックスがエンコーの醍醐味だというのに。これじゃあ、ただの本番店に来ただけじゃん!最悪ですよ!!
「フーゾク噂の真相」が「エンコー噂の真相」になってしまうんじゃないかってくらい、エンコーにこだわってやってきたのに、最後の最後でフーゾク嬢かよ!チクショーー!
時計を見ると、22時45分。新年まであと75分。フーゾク嬢のテクに75分間耐えなければいけません。
「私、めっちゃウマいから!」と自信満々のノラにイカされないように耐えることは出来るのでしょうか??とりあえず服を脱ぎ、言われた通りベッドに横になる。すると、ノラも服を脱ぎ下着姿に。お腹がぽっこり出ていて、地獄の餓鬼みたいな体型です。ヒーーッ!
ボクの上に覆い被さってきたと思ったら、左右の乳首を10秒ずつ高速で舐め、そのまま下に降りてフェラをはじめました。完全におざなりなフーゾク嬢のそれです。唾液で濡れた両乳首が冷たい。
ジュポッ、ジュポッ、ジュポッ。 
フェラ音が、暗いレンタルルームの中にこだまする。全然、気持ちよくありません。さすがに勃ちはするけど、全然ウマくないじゃんか!コレでよく「めっちゃウマい」とか言えたな、オイ!
「じゃあ、入れて」 
えええ?? 待って待って、服を脱いでベッドに横になってから5分くらいしか経ってないよ!
枕元に置いておいたスマホを見ると、22時49分。リアルに5分すら経ってないじゃん!!
「いや……もうちょっとヤってよ。オレ、イクの遅いから、フェラで気持ちよくしてもらわないと、1時間くらいイケないと思うよ」
「それは無理でしょ。アゴ痛いし」
「……じゃあ、こっちから攻めさせてよ」
「私、触られるのあんまり好きじゃないんだよね」
いやーー、ボクも2016年の最後に、エラいもんを引いたな!!ここまでのクソ、エンコーでもフーゾクでも、なかなかお目にかかれないよ!っていうか、顔射の交渉ってイッコもしてないけど、コレは無理なんじゃないかな……。本当は、セックスしてイク瞬間に「顔にかけさせて」と、土壇場で交渉しようと思っていたんです。で、イヤがったら「プラスで払うから!」と金をチラつかせる。最高でも1万円出せば、どんな女でもオチますから。……でもこの女の場合、それも心配です。一応、先に交渉してみましょう。
「えっと、あのさ。最後、イクときなんだけど、顔にかけさせてほしいんだよね」
「無理」 
間髪入れず即答です。まぁ、そうだよね。でも、ここまでは想定範囲内ですよ。「そこをお願い。プラスで払うから」
「無理」
「プラス5千円は?」
「無理」
「えーー、じゃあ8千円」
「無理」
「お願い。わかった、じゃあ1万円だすよ」
「無理」 
ええーー?? なんで?どうして??全然心動かないんですけど !?意味わかんない!!
「っていうか、アポイントを取るときにそんなこと言ってなかったじゃない?そういうのって無理なんだけど。それにそもそも顔射なんて最低な行為、絶対無理」
「そうだよね。わかる。でも、そこをお願いできないかな」
「できない」 
今、「ピシャリ」と音がしたよ! 
こうなったら、こちらの思惑を全部言ったほうがよさそうだ。もしダメなら諦めるしかない!
え〜い、ままよ!!
「っていうかさ、実は2016年から、2017年にかけて、年越しの瞬間、顔射をしながら迎えたいんだよ。カウントダウンで顔射って感じで。もしやらせてくれるなら、ここのレンタルスペース代とは別で、3万5千円までだすから!」
「無理」
……終わったーー!最悪だ! チェックメイトォーーー!!そうなったら、もうこんな女と1秒だって一緒に居たくない! さっさと逃げ出してやる!
「……そっか。もう、そうなったら無理だわ。悪いんだけど、やめるわ」
そう言って、服を着るボク。
「はぁ?別にいいけど。でも2万円はもらうから」
「いやいやいや。それは無理でしょ?セックスしてないわけだし」
「だって、セックスしないのはそっちの都合じゃない?こっちはフェラまでしてんだから。ちゃんと金払ってよ。払わないんだったら、店の人呼ぶよ?」
「……店?」
「あ、コレ、援デリだから。このレンタルルームの外に、店の人待機してるからね」
目の前が真っ暗になりました。時計は、23時25分。もうすぐ、
新年がやってこようとしていました。 
タクシーでビジネスホテルに戻り、ベッドにごろんと横になる。 
結局、2万円を1万8千円に値切り(ホテル代込みの2万円にしてもらいました)、逃げるように帰ってきました。完敗です。
テレビを付けると、紅白はすでに終わり、『ゆく年くる年』が始まっていました。チャンネルを変えると、『ダウンタウンの笑ってはいけない24時』がやっていました。ぼんやりとそれを眺める。笑うわけでもなく、ただぼんやりと。 
……終わった。もう今年も残り20分。今から援交募集の女を探すのは不可能です。顔射のオプションOKのフーゾク嬢を呼ぶことすら時間がありません。せめてもの抵抗で、顔射は出来なかったけど、オナニーして、年越しの瞬間に射精だけでもしようかしら。
……いや、それもせつないな。
っていうか、その年の迎え方。21歳のときの年越しにやったな。あれから約20年。ボクは何も成長していない……。こんな気持ちで新年を迎えるとは思わなかったよ。
テレビの中では、ダウンタウンとココリコと月亭方正が、肝試しっぽいことをやっている。この人たちも、毎年毎年、大変だなぁ。 
ふと、スマホを見る。
0時14分。 
……いつの間にか新年がやってきていた。なんの抵抗も出来ず、新年を迎えてしまいました。
今回のテーマ、本当に難しすぎました。編集長と読者のみなさんには申し訳ありませんが、これが現実です。2017年、町田足土は、このようなスタートです。
ベッドでゴロゴロしながらテレビを眺めていると、いつの間にやら寝てしまいました。そして目が覚めると、朝の10時。2017年1月1日の朝です。
なんとなくスマホの画面を見る。すると「新しいメッセージが届いています」の文字。
昨日、盛大にバラまいた募集のメッセージに今さら喰い付いてきたコがいたようです。どれどれ。
「できたら、今日の午前中11時からとか会えますか?新宿です」
年齢は19歳のゆきちゃん。アイコンの写真を見ると、パッチリした目に茶髪。けっこうカワイイ。いいじゃない。年越しカウントダウン顔射はできなかったけど、新年あけまして顔射はできるんじゃない? 
しかしもったいないのは11時!このホテル、10時半にチェックアウトなのです。ラブホジプシーにならないために借りたこのホテルも、結局、紅白とダウンタウンを見るためにだけに使ってしまいました。
「ぜひ会いたいな。待ち合わせ場所はどこにする?」
「職安通りのドンキはどうですか?」
「了解!」 
速攻アポが取れました。昨日、アレだけ苦労したのはなんだったのでしょう。
待ち合わせたゆきちゃんを見て、驚きました。パッチリの目。そこに黒ブチのメガネ。服の上からでもわかる巨乳っぷり! 
しかも体型も太っていません。顔も、乃木坂46の生田絵梨花ちゃんに似た、けっこうな可愛さです。かなりのアタリですよ、コレ!!
「っていうか超可愛いね!」
ホテルの部屋に入り、ベッドに座る。
「いや、そんなことないですよ!本当に。メガネだし」
「いや、メガネも可愛いよ。なんかエンコーとかしなさそう。芸能人でいうと、誰に似てるって言われる?」
「あー、私はよくわからないんですけど、乃木坂46の生田絵梨花ちゃんって子に似てるってすごく言われます」
「ウン、マジで似てるよ。っていうか、また会いたいくらいだよ」
「本当ですか? 全然、会ってほしいです。サイト以外でも連絡取れますか? あとでライン交換しましょうよ」 
いいじゃない。こんなに可愛いのに援交に前のめり。悪くないじゃない。
「ちなみに、ハメ撮りってしたことある?」
「えーー。ないですよ!(笑)」
「してもいいかな?」
「え……。それはちょっと……。流されると困るので……」
「いやいや、大丈夫だよ。個人的に楽しむだけだから。っていうか、今、ネットとかにアップしたら、完全に犯罪だから。今、アップした人たち、すごい数が逮捕されてるからね。知ってるでしょ?」
そんなことはないけど、そう言ってみる。
「あ、はい。聞いたことあります」
聞いたことあるんだ!
「オレも逮捕なんてされたくないからさ、大丈夫だから撮らせてよ。まぁ、趣味なんで」
「あー……じゃあ、はい」
キターーー !!
新年一発目のセックス、ハメ撮り交渉成功です!厄は〜外!
まずは優しく髪をナデながら、キス。舌を絡めると、ゆきちゃんもゆっくりとそれに応える。ぬろんとした舌が美味しい! キスしている舌のアップをインカメラで撮影する。じゅるるっという音がスマホに収録されていきます。いいねぇ。
続いて、オッパイを舐めながら、指マン。にゅぷにゅぷと柔らかい肉穴が心地良い。もちろん撮影も忘れません。そのカメラをぼうっとした表情で見つめるゆきちゃん。
「ハメ撮りは、はじめて?」
「あ……、はい。なんか撮影って、カメラをその辺に立てかけて固定で撮るのかと思ってました。スマホを持ったまま撮るんですね」
「そうだね。やっぱりダイナミックかつ、臨場感を大事にしてるんだよね」
そう言いながら、高速で指マンをしていると、「……んーっ!!」
と声が出ました。おや、いいじゃないか。お正月だしね。パァーっと声出していこうよ。
さらに中指に力を入れて高速で動かす。ゆきちゃん、目を閉じて「あああーーー!」と大声をあげます。いいぞいいぞ!
「ゆきちゃん? マンコ気持ちイイの?」
「……気持ちいい! 気持ちいいです!」
「潮とか噴いちゃうタイプ?」 
そう聞くと、メガネごしにチラッとボクの目を見て、コクッと小さく頷く。そして再びギュっと目を閉じる。 
うっわーー! ナニ今の!超可愛いんですけど! その反応、自分で考えたの?
こうなったら、一発潮を噴かせてあげようじゃありませんか!お正月ですもん!
指先を軽く曲げ、中指の腹を子宮の入口の上あたり当てる。そしてそのまま軽く引っ掻くように高速指マン!!
「ああああああああ! すご……ああああああああ!!!!」
部屋中に声が響きわたる。スマホカメラに収録される。いいぞいいぞ!イッチャって!
お潮噴いちゃって!♪も〜、い〜くつ寝る〜と〜、お潮噴き〜〜♪
「やだ! でる! でちゃあああああ!!」
次の瞬間、右手に温かいものが! 
指をサッと抜くと、ゆきちゃんのムァンコから水が!おめでとうございまぁ〜〜す! 
ぐったりとしているゆきちゃんに、そのままティンコを挿入。生ですけどイヤがる素振りは見せません。ある意味、お年玉のようなものです。
「ああぁぁぁ……ダメぇ……気持ち…いい」 
ぐったりとした表情。メガネの奥のトローンとした瞳。そのすべてを撮影しております。潮でビッチャビチャになったムァンコにボクの生ティンコがスムーズに吸い込まれていきます。あぁ、気持ちいい! こいつは春から、縁起がいいわぁ! 
絶頂は、すぐにやってきました。……っていうか、さっきから何度か、ちょびちょびとムァンコの中に小分けで出ています。でも次に来るのは、完全な大物の射精です。コイツを顔にぶっかけなくては! 
新年あけまして顔射です! 
「ゆきちゃん、そろそろイクよ?」
「ん……あ、はい……外に……」
「うん。大丈夫!外に出すからね!(ちょびちょび、中に出ちゃってはいるけど)」
ハメ撮りをOKしてくれたゆきちゃんなら、顔射の交渉もうまくいくかもしれませんが、ここは安全を取って、何も言わずに顔射してしまいましょう。
腰を深く突き刺す。子宮の入口にガンガンガン 
っとブチ当てると、腰から玉、そしてサオに快感が走る!!!イクぞ!!
じゅっぽんとティンコを引き抜き、ヒザを立て、顔に一歩近づく。ティンコをゆきちゃんの顔にセットした瞬間、快感とともにティンコから白い液が!
「ああー。やだぁーー……」 
力なく声をあげるゆきちゃんの鼻のあたりとメガネに、ビシャッと精液が叩き付けられる。さらにティンコをこすると、第2弾がほっぺたにピッシャリとかかる。すごい! 
昨日から溜まりに溜まった精液! 白〜い。あぁ〜〜、気持ちよがったぁ〜〜。
メガネごとドロドロになったゆきちゃん。ピクリとも動きません。生きてる? 
ティッシュで顔を拭いてあげると、なんか
表情が暗い。あれ?怒ってる?
「……メガネに精子は……引きました」 
結局、別れるときに「あ、ラインの交換、するんだよね?」と聞くと、「……やっぱりいいです」と断られましたとさ。

家出し漫画喫茶ネットカフェで売春する人妻熟女の実態・寝取られ他人棒にも抵抗なし

10_20200929144557271.jpg11_202009291445561bf.jpg69_202005231023063ba.jpg201506220.jpg 201506221_202007210909057c0.jpg201506222.jpg201506223.jpg201506224.jpg201506225.jpg201506226.jpg201506227.jpg201506228.jpg201506229.jpg0044_201812101758140c2_201910142008372d7.jpg0045_201812101758150bb_20191014200839541.jpg0046_20181210175817126_2019101420084053a.jpg0047_20181210175818840_20191014200841366.jpg0048_20181210175820ee1_201910142008437b4.jpg0049_20181210175821b47_20191014200844eef.jpg0050_20181210175823494_201910142008462b9.jpg0051_201812101758246ca_2019101420084791e.jpg

中年の家出おばちゃんばかりが寝泊まりしているネットカフェに潜入し、その生態を調査した。出所したばかりとか生活保護の受給者がいたのはわかるが、ツーショットのサクラを生業にしているオバサンがやたらと多かったのは謎だ。つい弱みにつけ込んで3千円で手コキをお願いしてしまったのは反省している。
家出の人妻熟女の集まる漫画喫茶
平日の朝、吉祥寺駅から徒歩3分のネットカフェ「M」に到着した。複数の飲食店や携帯ショップ、パチスロ店などが入った雑居ビル内のワンフロアだ。表の看板には「レディス限定100円、ビューティアイテム無料」など女性向けの宣伝文句が目立つ。店の方針として女性をターゲットに選んでいるのかもしれない。エントランスのカウンターで入会手続きを済ませ、24時間2700円のパックコースを選択する。ちなみに女性料金は同じ24時間パックで1800円だ。他の店舗だと、同じMでも歌舞伎町店は4千円。吉祥寺の別会社のネカフェなら4千円を超える。この吉祥寺Mがいかに女性を優遇しているかがわかる。個室の数はおよそ150。共用のシャワーのほかにパウダールーム(女性用化粧室)まであり、プラス300円程払えばレンタルのバスタオルや、石けんなどのセットも購入できるらしい。至れり尽せりだ。案内された個室に入り、マットの上に寝そべってみた。身長165センチ程度の俺が対角線上に寝て、なんとか足を伸ばせるほどの広さしかない。女性ならギリギリ足を伸ばして寝れるかどうかってとこか。出入り口付近にある雑誌の新刊コーナーで、それらしき女性を発見した。花粉症マスクをしてるので顔はよくわからないが、推定年齢40〜50才。だらしないぽってり体型で、上下ヨレヨレのスウェットにクロックスのサンダルを素足にひっかけている。寝泊まりしてる可能性は高い。
「こんにちは。雑誌社の者なんですが、いまこちらで寝泊まりしてる方のお話をうかがってまして。そういう経験ってあります?」
「あ〜、もう半年ぐらいここで暮らしてますよ」
「長いですね。少しお話聞かせてもらえませんか?」
「え〜と…」
「すぐ終わります。謝礼も2千円ほどお支払いします」
「え〜、ホントですか? いいんですか?」
謝礼の話をしたら急に笑顔になった。やはりお金に困ってるんだろうか。
 店内のフリースペースに移動して話を聞いた。
 彼女Aさん、年齢は「30ウン才です」とのこと。中年女性と言って差し支えないだろう。
「なんでまたネカフェで暮らすことになったんですか?」
「ああ、部屋借りてても意味ないなと思って、住んでたアパート解約したんです」「意味がない?」
「あの、仕事が…テレアポっていうか、そういう仕事してて、そこにそのまま泊まれたりするので」
 突然小声になって言い淀むAさん。どうしたんだ?
「あの〜、ツーショットダイヤルってわかります?」
「わかりますよ。ひょっとして、お仕事ってツーショットのサクラですか?」
「アハハ、そうですそうです! 普段は個室でインカムつけて男の人と話すだけなんだけど、そのまま個室に泊まったりするんで。帰らないことが多いと家賃もったいないじゃないですか」この人、そんな軽い動機でホームレスになったのか。随分思い切ったことをするもんだ。当然、現在は結婚もしてなければ彼氏もいない。ツーショットの男とエロ話をしながら日銭を稼ぐ日々を続けているらしい。
「ツーショットの男性と会ったりしないんですか?」
「ないですねえ」
「援助交際とかは?」
「ないですないです」
「でもツーショットやってたらそういう話になるでしょう?」
「でも会話を全部会社の人に聞かれてるんで。そもそも毎日そういうエロい話ばっかりしてると男の人とどうこうしたいって気持ちもなくなりますよ」
 物欲もなければ性欲もないと言い切る彼女。なのでここでネット動画やテレビを観ながらのんびり過ごす生活が気楽で楽しいんだそうだ。今使っている個室の中を見せてもらったが、半年も暮らしているとは思えないほど荷物が少なかった。というか小さなバッグ1つしかない。
「荷物それだけですか?」
「着替えとかの荷物は会社(ツーショット)の部屋に置けるので、いつも財布だけ持ってここに来てるんですよ」
オフィスは恵比寿にあるらしい。ならばどうしてわざわざここのネットカフェを選んだのだろうか。
「ここってとにかく女性が安いんですよ。24時間いても1800円でしょ。歌舞伎町とかだと倍しますからね。あとシャンプーもタダで使えるし」
「料金が決め手なんですか」
「そうですねえ。色々調べたけど、都内で一番安いんじゃないかな」
たとえ職場から遠かろうと、都内一の安さは捨てがたいわけか。ならばやはりどうしても気になるのが、お金への執着心だが。
「もし3千円お支払いすれば、手でしてもらったりできませんか?」
「え? アハハハ! 本気ですか? 今?ここで?」
「僕の部屋でいいですよ」
「ああ、それじゃあ」
 やっぱりしてくれるんだ。お昼を過ぎたころから、場内でポツリポツリとそれっぽい女性を見かけるようになった。皆さん一様にボサボサ髪で化粧ッ気がなく、ヨレた部屋着姿で歩いている。中年というより初老に近い女性までいるようだ。が、話しかけた瞬間、「イヤイヤ…」と小走りで去られたり、うつむいたまま個室に逃げ込まれたりと、なかなか話を聞かせてくれる人がいない。黒いロングTシャツにジャージパンツの、細身の短髪女性を発見した。男性誌コーナーで新聞やSAPIOなどを手にしていたので、最初は男かと思ったが、近づいてみるとどうやら女だ。ぱっと見、歳は30代半ばぐらいに見える。
「すみません、実はいまネカフェで暮らしてる方のお話を伺ってまして…」
「そうなんですか。私、いまそういう状況ですけど」
ハキハキ答えてくれた彼女は、ネカフェ暮らしを始めてまだ3週間というBさんだ。歳は42才。彼女が案内してくれたわずか1畳半程度の個室には、大量の荷物が運び込まれていた。テーブルに飲みかけのペットボトルや化粧道具が並び、長い期間ここで生活していたことがわかる。
「なんでまたここで暮らすことになったんですか?」
「わたし、刑務所から出てきたばかりなんですよ。で、部屋が借りられないのでここに」
 刑務所に入った理由は窃盗の累犯らしい。
「累犯ってことは何度か入ってるんですか?」
「そうですね。今回で3回目です。3年満期で出所して。先月の頭に出て来たばかりなんで、まだ部屋も借りられないから、ひとまず生活保護を受けてる状況です」
「なんでそんなに盗みを繰り返したんですかね」
「うーん、まあ、お金がないってのもありますけど、どうしても我慢できなくてって感じでしたね」
Bさんには母親と親戚の叔母、2人の身内がいるそうだが、母親が重い病気になり、その看病を叔母が1人で引き受けてくれている。そんな状況で何度も万引きを繰り返し刑務所にまで入ってしまっただけに、これ以上頼ることはできないそうだ。頼れる身内がいないうえ、住所も携帯もないので仕事
が見つからない。もちろん部屋も貸してもらえない。結局、ネカフェ暮らしするしかないという結論に達したらしい。生活保護でもらえる現金約12万円のうち、5万4千円がネカフェ代として消えるが、食事はスーパーのタイムセールで弁当や総菜を買って食べて、なんとかまともな生活は送っているそうだ。
「ここにいると時間の感覚がおかしくなるので、日中は外に出るようにして図書館に行ったり、フリマで買い物したりしてます。今日はたまたま早くて、さっき図書館から帰って来たところです」
「ここの店を選んだのは安いからですか?」
「そうですね。ここ、女性がすっごく安いんですよ」
「生活するうえで不満はないですか?」
「まあ、言えばキリがないので。とりあえず暖かいところで寝られますから」
では、そろそろここで、例のお願いもしてみよう。
「3千円お支払いするので、ちょっと手でしてもらえないかって言われたらどうします?」
「えっと…。どういうことですか?」
「ですから、手でココを…」
「あ〜〜。はいはい。いいですよ」
「いいんですか?」
「はい」
女性が貧困に陥ると、やはりこういうことになるようだ。パチスロがあるからなかなか出られない雑誌コーナーで館内用のスリッパを履いた170センチ近い巨漢の中年女性を見つけた。いかにも難民ぽい。
「すみません、ちょっとお話よろしいでしょうか」
「はい?」
 取材に応じてくれたのは、年齢ヒミツ(見た感じは40代半ば)のCさんだ。
「そういう話なら、もう1人、知り合いもここにいるので、その子も呼びましょうか?」
とのことなので、急きょ、2人の女性から話を伺うことになった。現れたのは、かぎりなくCさんに似た体型のDさん(同じく40 代半ば)だ。
「2人ともこちらで暮らしてるんですよね」
「そうですね」
「お2人はどういうご関係なんですか?」
「職場で知り合ったお友達です」
「ちなみに、何系のお仕事なんですか?」
「え〜と、アハハ。ツーショットダイヤルってわかります?」
「えっ!?さっきお話した別の方もツーショットのサクラやってるって言ってましたよ。恵比寿に会社があるって」
「え〜っ、ホントですか? 私達は新宿の会社ですけど」
なんと、またしてもツーショットのサクラ女だった。しかも2人組。何なんだこのネカフェは。2人が出会ったのは2年前に遡る。Cさんは元々東京郊外のアパートに男と一緒に住んでいたらしい。
「男っていうかヒモみたいな感じですよ、働いてなかったし。その人が色々とイヤになって、田舎で暮らそうと思って。家も出て東京も出て、しばらくやってたんだけど、なかなか田舎だと仕事もないので、結局こっちに戻ってきたって感じです」彼女は、都内に戻ると同時にツーショットで仕事を見つけ、そのまま会社の個室に泊まり続けていたが、そこで知り合ったDさんの勧めで、このネカフェにねぐらを変更したらしい。一方のDさんは、今も契約している賃貸アパートがあるにもかかわらず、そこを他人に又貸ししているそうな。どういうことだ?
「私、ツーショットの前は闇金で働いてたんですよ。そこで知り合った女友達と一緒に住んでたんだけど、今は彼女が1人で住んでるんです。家賃はその子が払ってる」
「なんで一緒に住まないんですか?」
「遠いしね。私パチスロが好きで、ここのビルって地下にパチスロがあるでしょ?」
「え? 下にパチスロがあるからここに住んでるんですか?」
「まあ、安いってのもあるけど、パチスロがあるからなかなか出られない」
へぇ、そんな理由でネカフェ暮らしを始めちゃうんだ。パチスロはCさんもお好きなようで、昼間2人でツーショットの仕事に行き、それが終わると一緒にパチスロを打ちにここへ来て、夜は上の階のネカフェで寝るという生活を繰り返してるらしい。
「さっきまで2人で行ってたんですよ。今日はちょっと負けちゃったかな」
「フフ。私は少し勝った勝った」
お2人とも、なんだか楽しそうですね。ちなみに手コキは「ムリ」の一言で断られました。トイレで男性店員さんと連れションする形になったので話を聞いてみた。
「ここ寝泊まりしてる女性が多いって聞いたんですけど、実際は何人ぐらいいるんですか?」「ああそうですね、正確に数えたことはないんですけども、15人近くはいると思いますよ」
席数150程度の規模で15人もいればかなりのものだ。この時間を過ぎると店内を歩く中年女性たちの姿は完全に消え失せ、若い学生風やカップルなどがチラホラと往来するようになった。年配者は寝る時間も早いのかも。白髪交じりの50代と思しきおばさんが、ドリンクコーナーでお茶を入れていた。
「こんばんは。こちらで寝泊まりしてる方のお話をうかがってまして。そういう経験って…」
「寝泊まりしてますよ」
一切目を合わせずに答えてくれた。なんか恐いんですけど。
「どうしてここで暮らすことになったのか、よかったら教えてもらえませんか?」
「どうしてって…、ここしか住めるところがないから」
「お部屋を借りたりとかは?」
「だって、まとまったアレが必要でしょ?」
要するに、お金の問題でここで暮らさざるを得なくなったんだろう。
「ここはいつぐらいから寝泊まりされてるんですか?」
「半年ぐらい前じゃないかな」
彼女、Dさんのお歳は55才。ここに至るまでの経緯を尋ねてみたが、どうにも要領を得ない答えばかりが返ってくる。
「アタシはほら、若いころはサロンで働いてたんだけどもさ。今はそんなとこで稼げないもんだから」
サロンって何だろう? ひょっとしてピンサロのことかな。
「あの、サロンというのは、ピンクサロンのことですか?」
「……サロンですよ」
「あの男性の横に付いて色々と…」
「そうですよ。もうこの歳だと働けるとこないですから」
彼女は結婚はしておらず、彼氏のような男もいない。両親や兄妹は何年も前に亡くしているそうだ。
「それで、今の収入は、お仕事は何もされてないんですか」
「何もしてないこともないんだろうけども…。あのちょっと、すみません」
 話の途中でくるりと横を向いてスタスタ歩き出し、自分の部屋へ入ってしまった。寒さで目が冷めた。あやうく風邪を引きそうになったので、フロントからタオルを借りてシャワーを浴びる。まったく疲れが取れてない。いくら料金が安いとはいえ、毎日おっさん客のイビキが響き渡るあんな狭い個室で寝泊まりしていたら、すぐに身体の調子がおかしくなりそうだ。まだ若ければいい。人生やり直しもできるだろう。でも中年になったあのおばちゃんたちに、未来はあるのだろうか。
深夜なのに今から会える女は援助交際希望なのか
出会い系サイトに『今から会えませんか』と即会いを希望する女はいるがなぜ深夜でもそんなに焦ってるのだろうのか?一日中ウリをやってるプロ売春婦や援デリ業者ならわかるけど、素人もいるのだ。シロートが深夜に売春しなけりゃなんない理由っていったい何だろう?

どの出会い系サイトにも必ずいるのが『今から会えませんか』と即会いを希望する女のカキコミだ。なんでそんなに焦ってんのか?言うまでもない、エンコー希望だからだ。希望額さえくれるなら誰だっていいから、面倒なやりとりをせずさっさと会いたいだけのことだ。ところがこの〝今から〞女、なぜか深夜の1時2時にもひんぱんに書き込んでいるのが不思議でならない。

一日中ウリをやってるプロ売春婦や援デリ業者ならわかるけど、素人くさい書きこみもチラホラあるのだ。シロートが深夜に売春しなけりゃなんない理由って、いったい何だろう? 全員がプロなのか?池袋の漫画喫茶に入り、出会い系サイトにアクセスする。今日はここで一晩中「今から」女を探すのだ。さっそく『すぐ会いたい』掲示板をチェック。ハイ、発見しました。28の〝自称〞販売業の女性だ。

どこに住んでるか知らんが、この時間からセックスすれば終電を逃しそうなもんだが。オレが女なら「ダルイから明日にしよう」と考えるけど。会いたい旨をメールすると、ものの1分もしないうちに『ホ別2万』と返事がきた。この早さ、ずっとサイトにはりついてるようだ。女が急かす。「じゃあホテルあっちなんで、行きましょう」「えっと、まずお茶でもしようよ。ノド渇いちゃって」「えー、でも時間ないから」先を歩きはじめた女を制すると、ふてくされたような顔で植えこみに腰かけた。「なんでこんな時間からサイトで募集してるの?」女の表情が暗くなった。「しょうがないでしょ! 明日が支払いの期限なんだから!」
ひえー!!めっちゃ怒ってる。なにか逆鱗に触れてしまったか。「支払いって?」「ケータイよ、ケータイ。冷やかしだったら帰るから」女は来た道をスタスタと戻っていく。メール返信の早さや歩くスピードも、すべてはケータイを止められないためだったようだ。計画的に生きようよ。

次は30代家事手伝い、こんな時間に外を出歩く家事手伝いってどうなんだ。メールでワリキリだとは確認したが、具体的な金額が出てこないので、とりあえず待ちあわせの新宿に移動する。交番の近くで彼女を発見。あら、意外にキレイな感じじゃない?「ヒロシさん? 初めまして」「どうもどうも。どうします?」「ちょっと歩きましょうか」
道すがら、彼女は自分のことを語りだした。35才のOLで独身。今日は友達と食事をした後なのだと。家事手伝いじゃないのね。
「ここ寄っていきません?」深夜営業の喫茶店に誘われた。ずいぶん余裕じゃん。入りますとも。コーヒーを注文した直後、彼女が口を開いた。
「ところでヒロシさんは彼女とかいらっしゃるんですか?」「え? まぁ、いちおう」「暴力ふるったりしてない?」「してないですけど…」
徐々に話がオカシな方向に進んでいった。彼女にも付きあってる男がいて、毎日のように殴られているらしい。最近は仕事もせず、彼女の給料でパチンコばかりしているんですと。
「だから、お金が足りないんです。3万5千円とか、4万円もらえるといいんですけど…」なーるほど。喫茶店に入ったのは、同情させてから高めの金額で交渉する算段だったのか。
「ちょっと難しいかなぁ」「ですよねぇ。他の人もみんな同じこと言いますし」なんと今日はオレで4人目なのだそうだ。交渉がまとまらずにズルズル深夜まできたんだな。会えますメールへの返事には「ゴム有1・5」に加え、不思議な提案が書かれていた。〈よかったら私の泊まってるホテルでしません?〉歌舞伎町のビジネスホテルに
泊まっているそうだ。えー、なんか怖いんですけど。イカツイ兄ちゃんが出てくるパターン?とりあえずホテルの前で待ちあわせることにし、到着後すぐにメールを送る。自動ドアが開いて、バタバタ足音をたてながら女がやってきた。「お待たせ~」「やっぱりラブホにしません?」「えー、でもお金もったいないやん。アタシいつもやってるけど怒られたことないよ?」
…いつもやってるんだ。つーか関西弁? 「関西の人なんですか?」「そう、大阪。会社の出張で毎月ここに泊まってんのよ」月イチで歌舞伎町に泊まっては、いつも自分の部屋でエンコーしてるって、それ、会社の金で出稼ぎしてるんじゃん。「どんな仕事なんですか?」「まぁ、営業みたいなもんやね」「大阪ではこういうことしないんですか?」
「んーーー、せーへんね」いまの間、怪しいな。ま、いいや。明日の新幹線まで他の客を探してください。

希望条件を送れって言われてもなぁ。ホ込み1万とか言ったらキレるだろうし。『会ってから決めましょう』と送信し、すでに新宿駅東口にいるという彼女のもとに向かう。ポチャ、ポチャ…っと。ん?植えこみに座ってチャラいスーツ男たちと楽しそうに話す女がいる。ポチャっていったらあれしかいないよな? ポチャどころか、日馬富士クラスの重量級だけど。「イチゴーでいいからぁ!」だから大きい声だすなって!道中、まるで恋人のように「早くエッチしたいなぁ」などとつぶやいている。ワリキリのくせに何をアピールしてるんだか。
「なんで夜中に募集してるの?」「だって朝になったらホストクラブに行かなきゃなんないんだもん。カケ払わないとコウ君に怒られちゃう」コウ君とやら、こんなやつをツケで飲ましちゃいかんよ。絶対回収できないって。「でもそんなことより、私のテクニックすごいんだから。コウ君はいつも『チョー気持ちいい』って言うし」コウ君、枕営業までしてんのかよ! つーかさっき楽しそうに話してた中にいたりして。むしろカケを返すために働かせてたりして。「立ちションしてくる」と伝えて路地に入ったオレは、後ろを振りかえることなく猛ダッシュした。

前4人の書きこみはすべて掲示板の「アダルト」コーナーに書かれたものだった。それに対してこいつは「ピュア」コーナー。つまりエロいことはしない前提で募集をかけている。その時点でプロや業者の可能性はかなり低いはずだ。〈オレも池袋にいるよ! 暇つぶし手伝います〉〈まぢで? ラッキー♪ 東口にいるんで来てもらえるとありがたいです〉
怖いくらいのとんとん拍子でアポ成立。こういうのこそ、どんな女なのか知りたかったんだよ。真っ暗になった東口。少しだけ明かりがこぼれるシャッターの前に彼女は座っていた。
「メールしたヒロシです」「こんばんは。あれ? おはようのほうがいいのかな? ハハハ」 …なんかいいよ! ピュアな感じしますよ! 女子大生っぽいし、顔もまあまあタイプです。「ハハ。終電逃しちゃったの?」「そうなんですよー」「じゃあヒマつぶししようか。どこ行きたい?」
「うーん、お腹ペコペコなんですよー。奢って」首を傾げて微笑まれたら、ねぇ。ボクも大人ですから。メシくらいいくらでも奢るよ。
「やったぁ! その後カラオケ行きたくない?」カラオケ? いいじゃんいいじゃん。個室に入ってしまえばコッチのもんだよ…って、こいつ本当にヒマつぶししたいだけなんじゃねーの? しかもカネを出させるだけ出させて帰るタイプじゃね?そう考えると途端にイライラしてきた。
「カラオケは割り勘でもいいよね?」「えー、超ケチくさーい」「……じゃあエロいことしてくれるんなら払ってもいいけど」
女子大生の細いおめめがカッと大きく見開いた。「…もういい。あたしそういうのはやらないって決めてるから」彼女は純粋な終電逃し系か。そういうのもいるんだな。

いよいよ夜も深くなってきた。再びアダルトコーナーの書きこみだ。大塚で待ち合わせだなんて、店がハネたピンサロ嬢だったりするのだろうか。写真を見る限り、容姿は今までに比べてマシだ。メールでホ別2万の交渉を経て、アポをとる。〈駅のすぐ近くの本屋にいるから着いたら声をかけて〉本屋に到着するとよほどキャンキャンが面白いのか、開いているページを読み終えるまで約2分も待たされた。見た目は飯島直子に似てセクシーな感じだ。「このへんに住んでるの?」「うん」「なんでこんな時間から募集してるの?」「待機してたらお店の人が行けっていうから」あっさり認めるもんだなぁ。正真正銘のプロじゃん。「やっぱタイプじゃないから帰るね」「なにそれ! わざわざ待ったんだからお金はもらうよ!」
「なんにもしてないんだから払う必要ないでしょ」無視して歩いていくと後ろから声が聞こえた。「ふざけんなよ、クズ」

深夜を通りこした早朝の書きこみだ。「パイパンでぶ」なんてジャンルは初耳だ。ま、文字どおりの意味なんだろうけど。ホ別1で話がつき、池袋北口の喫煙所に向かう。灰皿の横に巨体がたたずんでいた。どうも深夜は角界の方が暗躍しているようだ。パイパンでぶがニッコリ笑って、近づいてきた。
「ヒロシさーん! 私だよ〜!」うわっ! 大きな体を揺らしながら手を振らないでくれ!「やっぱダメ? 私じゃダメ?」なんだよいきなり! まだなにも言ってないじゃん。「あ、その…」「いいのいいの、わかってるんだから! ワタシだって自分の見た目くらいわかってるから!」だったらなぜ募集するんだって話だ。それにしてもコイツ、酒クサッ!
「酔ってるの?」「そうだよ!夜の9時から飲んでたから」「一人で?」「ひとりひとり。誰も飲んでくれないもんね〜。でも飲みすぎてお金なくなっちゃったもんね〜」酔っぱらって寂しくなって、カネもないし募集したってことね。よくわかりました。

マンガ喫茶によくいる貧乏そうな訳アリ女たちを食いまくってます。
まずは週末の夕方ぐらいにマンガ喫茶に行き、出入り口で女性客の荷物をチェックします。キャリーケースや大き目の荷物の子がいたら、「漫喫泊まるの?よかったら、おごるから何か食べ行こうよ」と夕飯に誘うと、話を聞いてくれた子は、ほぼ100パーセントの確率で付き合ってくれる
(もちろん未成年はこの時点でパス)。
旅行やライブなどで地方から来た子や、家には帰りたくない子など、お金をかけたくないので、マンガ喫茶に泊まるつもりでいる貧乏な子ばかり。
「ちゃんとしたとこで寝た方がいいと思うよ。よかったらウチ来れば?布団一個余ってるし」
こうストレートに誘うと、半分ぐらいがOKしてくれます。警戒して断る子もいるけど、
「俺はソファに寝るから安心して」と言えば、ウンと言う子もいる。特に寒い時期にはお風呂にお湯ためる、と言えば反応がいいように思います。本来、若い女の子なら、男に頼めば簡単に宿など見つかるはずなのに、ソレをしないでマンガ喫茶を選んでいる。つまりこの手のタイプは気が弱い子が多いんです。だからか、素直にこちらの話を聞いてくれるし、ガラガラを押してるような子は大変なので、高確率で部屋に呼べます。ソファで寝ると伝えていても、メシ、風呂、寝床を用意してもらった負い目からか、暗黙の了解で身体を提供してくれる。まあ、部屋まで来て断る子なんて普通いませんよね。
知り合いの女をセックスのターゲットとする際、最大のメリットは、何といっても飲みに誘いやすいことだ。2人で居酒屋に行くなんて、出会い系やナンパなら5段階中3番目あたりのステージなのだから、いかにラクチンかはいまさら言うまでもない。しかし実際のところ、そこから先へ進むのは意外と難しかったりする。異性として見てなかっただの何だの、土壇場にきてショーモナイグダを平気でまきやがるのが女という生き物だ。そんなツマらん展開を避けるには、酒の力で理性のタガを吹っ飛ばしてしまうのが一番。というわけで、俺が何人もの女をコロリと落としてきた必殺カクテルを紹介しよう。用意するものは日本酒とレモンティーだけ。居酒屋によってはレモンティーを用意してないところもあるが、その場合は生レモンハイに付いてくる生レモンのしぼり汁でも代用可能だ。
で、これらの材料を、日本酒8、レモンティー(レモン汁)2の割合でコップに注ぐと、劇的な変化が起きる。日本酒の独特の味やアルコ̶ルの刺激がウソのようになくなり、レモンティーの味しかしなくなるのだ(レモン汁を入れた場合は、酸味の効いた、甘いジュースのような味になる)。
あとはターゲットに警戒されぬよう、このカクテルをすすめるまで。ちなみに俺の場合はいつもこんな感じのセリフを使っている。
「これ、友だちに教えてもらった日本酒の面白い飲み方なんだけど、ダマされたと思って試してみ?日本酒が苦手な人でもマジで飲みやすいから」
実際、酒の弱い女でもぐいぐいと飲めてしまうというのに、そこそこアルコールに強い女でもわずか3、4杯でつぶしてしまうのだから、おそろしい威力というほかない。

【エロ漫画】人妻の癒しが魅力!主婦が熟れた熟女ソープ嬢になって愛と真心のご奉仕SEXで老け専客相手に大人気

主婦が熟女ソープ嬢にエロ漫画主婦が熟女ソープ嬢にエロ漫画主婦が熟女ソープ嬢にエロ漫画主婦が熟女ソープ嬢にエロ漫画主婦が熟女ソープ嬢にエロ漫画主婦が熟女ソープ嬢にエロ漫画主婦が熟女ソープ嬢にエロ漫画主婦が熟女ソープ嬢にエロ漫画主婦が熟女ソープ嬢にエロ漫画主婦が熟女ソープ嬢にエロ漫画主婦が熟女ソープ嬢にエロ漫画主婦が熟女ソープ嬢にエロ漫画主婦が熟女ソープ嬢にエロ漫画主婦が熟女ソープ嬢にエロ漫画主婦が熟女ソープ嬢にエロ漫画主婦が熟女ソープ嬢にエロ漫画熟女ソープ嬢は愛と真心のご奉仕SEXでほぼ全員をリピーターにしてしまう凄腕もいます。熟女ならではの濃密サービスだけでなく、老け専客や年配のお客様には会話も魅力となってます。

人妻ヘルスや熟女デリヘルで働く風俗嬢に夫や子供に罪悪感はないか・仕事は秘密でバレていないのか聞いてみた

111_20200730133622a54.png
北風も寒くなりはじめた某日。今月も高田馬場のルノアールで、編集長と打ち合わせ中。
「で、今月なんやけどな」
 初手からニヤリと笑う編集長。どうしたんですか?
「今月は、もうテーマが決まっとるのよ」
「え? だったらなんで打ち合わせしてるんですか? 電話でいいじゃないですか?」
「まぁ、ええやないか。前に、フーゾク嬢に感動動画を見せたあとでプレイをするっていう回があったやろ?」
 はいはい。『感動動画を見たフーゾク嬢は、ピュアなコになるのか?』でそんなテーマをやりま
した。「ティンコを舐めすぎて、スレきってしまったフーゾク嬢に、お父さんと娘の感動動画を見せて、ピュアな涙を流した後でプレイをすれば、ピュアな感じのプレイができるんじゃないか?」っていうあの検証ですね。
「そうや! アレが思いのほか好評やったんや! そこで感動の動画シリーズ第2弾!『人妻ヘルス嬢に、母と息子の感動動画を見せたらどうなるんや!』ってのはどうや!」
「あ〜〜〜、なるほど!それは良い企画ですね。旦那以外のティンコだって無躊躇で舐めるアバズレを、〝母親〞に戻してプレイするわけですね」
「そうや!息子のピュアな感動動画を見せて、純粋な母親にしたところでいただく。それはそれは罪悪感にさいなまれたプレイになるんやろうなぁ」
 そう言ってニヤニヤが止まらない編集長。
「良いと思うんですけど……でもアレ、動画を探すのが大変なんですよね」
ニンヤリ。さらに編集長が笑う。
「実はもう、動画を見つけてあるんや。ちょっとここで見てみい!」そう言って、スマホを渡してくる編集長。なんと準備のいいことか!さっそく動画を再生してみます。
「………………(動画を見てます)」
「どうや?」
「……はい。見終わりました」
「……なんや! 泣いてへんのかい!」
「え……まぁ。ちょっとグッと来ましたけど、泣くほどではないですね」
「なんやねん! おもんないな!せっかく町田が泣くところが見れると思って、わざわざ会って打ち合わせしとるのに!」
 ……なんか、編集長はお気に召さなかったようですが、だってボク男だし、息子とかもいないもん。「オレのまわりの子供のいる女に見せたら、けっこう泣いてたんやで!コレは絶対にイケるから!」と、完全にヘソを曲げた編集長。じゃあ、とりあえずこの動画を見せて、アバズレを母親に戻してプレイしてきまーす。と、いうわけでございまして、まずは読者のみなさんに、編集長のオススメ動画について解説をさせていただきます。
 編集長が見せてくれたのは2本の動画。まず1本目は、コレ! ババン!
『泣ける話 長男の一言』(2分)泣けそうな音楽に乗せて、手書きのマンガが1枚1枚映し出される「紙芝居動画」です。2人目の子供ができて寝不足だったママ主人公。休日、旦那さんが家にいるときに「子供たちの面倒は見てるから、ゆっくり寝て」と言われた。寝室でしばらくウトウトしてると、長男がそっとやってきて主人公の顔を覗き込む。なんとなく寝たフリをしていると、長男(推定3歳)が主人公の頭をそっと撫でて言った。
「お母さん、いつもお疲れさま。いつも頑張ってるもんね。ゆっくり休んで。おやすみ」
 長男が部屋を出て行く。涙が止まらない主人公。
「知らない間に、優しくてしっかりした男の子に成長してくれてたんだなぁ。今日からまた、お母さん頑張るからね」
 長男の言葉があったからこそ、乗り越えられたと感じる主人公だった。いやー、なんていうかボクって子供とかいないから、あんまり泣けなかったんですよ。っていうか、「泣ける話 長男の一言」っていうもんだから、長男、もっと気の利いたことを言ってくれるかと思ったら、ありえないほどに凡庸で驚きました。こんなん、若手放送作家だったら、頭からアイスコーヒーかけられますよ!3歳だからかけないけど。でも編集長のまわりの女はみんな泣いたそうですよ。それって、自分の息子が同じくらいの3歳とかで、
「自分の息子にこんなこと言われたら……」って想像しちゃうんでしょうか? それとも、編集長のまわりの女子はみんな、ラッスンゴレライとかで大爆笑しちゃうくらいに、感情のヒダがガバガバなのかしら。いずれにしても、ちっとも泣けませんでしたが、まぁ、いいとしましょう。
 続いてはこちら! ディディン!
『東京ガスCM「家族の絆・お弁当メール」篇』(1分半)
 こちらの主人公のママさんは、息子(多分高校生)に3年間、ずっとお弁当を作っています。息子との会話が少なくなる分、お弁当を作りはじめた。それは母と息子の間で交わされるメールみたいなモノだった。最初に作ったのは、息子が好きなおかずトップ3が入ったお弁当。「これが毎日続くと思うなよ〜」と、嬉しそうに作るママさん。毎回「リラックス、リラックス」「野菜も食べなさい」「元気出せ〜」。そんな思いをこめて作った。息子が彼女らしい女のコと歩いているのを見かけた次の日は、ハートマークのお弁当を作った。
息子からの返信はなかったけど、毎日空っぽの弁当箱が戻ってきていたから、それで満足だった。話す機会も相変わらず少なかったけども。そして3年。最後の日のお弁当は、一番最初に作った息子の好物、トップ3。「このお弁当、覚えてる?」という気持ちを込めた。その日の夜。いつものようにテーブルに置かれた弁当箱。開けるとそこには、1枚の紙切れが。
「ありがとう、ってずっと言えなくて、ごめんなさい」
 返信はなかったけど、ずっとメールは息子に届いていたんだ。思わず、涙が止まらないママさんだった。……いやー、コレはちょっとキました! なんていうか、目線は母親からですけど、この息子に自分の若いころを重ねてしまって……。学生のころって、母親に対して素直になれないことってあるんですよねー。しかもこの動画、どこにも説明はないけど母子家庭っぽいんですよね。で、ママさんは保険の外交員かなんかしてそうなんです。
 女手一つで息子を育ててるカンジ。これ、良いんじゃないでしょうか。人妻フーゾクの女なんて、旦那が稼いでいれば働く必要はないんですから。絶対にまともな家じゃないです!母子家庭に決まってます!1本目はちょっと不安が残りますが、2本目はかなり泣けるに違いありません! ボクは泣けなかったけど、母子家庭で息子を育てるフーゾク女なら、涙でビッショビショですよ! 間違いない!わー、なんか楽しみになってまいりましたよ!
 さて、それではさっそく、今回のお店を選びましょう。
 今回の条件は、人妻。……というか、子持ちの女です。しかも子供は〝息子〞。
 これ、実は探すのめっちゃ難しい。人妻ヘルスや熟女デリヘルを片っ端から探してみたのですが、プロフィールに「子供を2人生んだとは思えないほど」みたいに書いてある子はかろうじています。でも、「息子」とか「娘」とか、そういう情報は書いてないんです。まぁ、そりゃあそうだよね。
 たまに「息子」と書いてあったとしても、「アナタの息子を見事なヒップに押し付けてやって下さい」みたいな息子違い。どうしようもありません。で、仕方ないので、何軒か電話をして店員に直接聞いてみたりもしました。「このコって、子供います?」という質問には「あ、いるみたいですよ」とか、「いるって聞いてます」とか答えてくれるんですが、さすがに子供が男か女かまではダメでした。「そこまではわかんないですね」とか「それ聞いてどうするつもり?」とか「女のコの個人情報なんで教えられません」と、ねぶたいことばかり言ってきます。もー、融通きかないんだから!
 半ば諦めながら、端から端までサイトを見続ける。最近は、店が女のコに個人ブログを書かせる店もあるので、そういう細かいところもチェック。「ウチのユースケ君で〜す」みたいに、自分の息子の写メを載せてる脇の甘い母親がいることを願いながら。
そんなネット探索を続けること3時間。
 画面を見ながら「ぃやったーーー!!! 」と大声で叫ぶボク。
 なんと、個人ブログに「今日は、服を買いにいった〜。子供用の洋服も一緒に買ったよ!」と書いている女が居たのです。息子とは書かれていないものの、アップされた写メに写っていたのは、紺のTシャツと緑の半ズボン。あきらかに男の子の服!しかも3歳くらいの! とうとう見つけたぞ!!
「いや、待て……まだ、焦るんじゃねぇ……」
 長年、迷宮入り事件の犯人の足取りを追っていた鬼警部のようなセリフをつぶやくボク。
 そのブログを書いていた女は巣鴨発の人妻ヘルス『A』所属。名前はFちゃん(32歳)。顔の下半分にモザイクがかかっていますが、あの愛人顔の橋本マナミを老けさせたような感じです。絶対に32歳じゃありません。30代後半は、確実な印象です。いつもは、年増とか熟女とか人妻とか、全然スルーなのですが、今回は仕方ありません。でもFちゃん、オッパイが大きいところは、まぁ、評価してあげてもいいかも。と、いうわけでお店に電話してみます。ちょうど今日、出勤してるみたいですよ!
「……もしもし」
 ものすごく低くて聞きにくい声!あのー、Fちゃんってどんな感じですか?
「…あぁ。22 時から行けますよ。お時間は、何分コーもしゃもしゃ…」
 え? 何? 聞こえなかった!! 何分コースって言ったの?
「じゃあ、70分で」
「指名料合わせて2万3000円です。では、22時10分前にもう一度、巣鴨の駅前からお電話もしゃもしゃもしゃ……」ガチャ。
 うわ! 何?? 何て言ったのかわかんない上に一方的に電話切られた! 態度悪すぎだろ! こんな店、誰が行くかバカ!……とは、ならなーい。なりません。この迷宮入り事件の重要参考人と会うことができる一歩手前だ。ムカつく店員にも我慢ですよ。いつもだったら、絶対切れてますよ!
 さて、時間どおり、巣鴨の駅前から電話をし、店の指定したホテルに入りました。到着を待ちます。そして、動画の見せ方ですが、前回と同じく、ノートパソコンを用意いたしました。編集長が見せてくれたようにスマホを使う手ももちろんあるんですが、やっぱり小さい画面だと弱いんです。大画面の方が感動が高まるのです。
 そして、いきなり「この動画見てよ」と言うのは不自然。そこで「今、ちょっと仕事してたんだ作戦」です。ノートパソコンで何か作業をしているフリをして、プレイ前に「ごめん、ちょっと一瞬、メールだけ返していい?」といって、プレイをストップ。パソコンでカタカタとやりながら言うのです。「あ、そういえば、今日、仕事しながらYouTube見てたら、良いカンジの動画を見つけたんだよね。ちょっと見てみる?」
 コレです。
 前回もコレが完璧にハマり、いつもは人間をバカにしているであろうギャルギャルなフーゾク嬢が涙をこぼしたのです。この手順を踏めば、失敗はないのです!ピーーンポーーーン!チャイム音! Fちゃんが来ましたー!
 橋本マナミ似のオッパイなママさん。多分32歳は嘘だろうけど。もしかしたら、41歳のボクより年上かもしれないけど。さぁ、カモーーン!!
「こんばんは〜」
 あれ? 綺麗じゃん! 見た瞬間、そう思いました。白地に紺の花柄のワンピースに、紺のカーディガン。スラーっと背が高くて、オッパイが山のように主張しています。でも、谷間とかは見せないデザインの丸襟。顔もちょっと頬骨は出てるけど、けっこう綺麗系の美人さんですよ、コレ!!!
「町田さんですよね? よろしくお願いします。お店に電話しちゃいますね」
 そう言って、電話をかけるFちゃん。「Fでーす。お部屋は入りました」と言った後、ボクにガラケーを渡してくる。
「もしもし。町田さんもしゃもしゃ…」
 またお前か!!相変わらず聞き取れん!
「女のコへの本番行もしゃもしゃ…店外デートへのもしゃもしゃ……女のコのイヤがる……もしゃもしゃ……」
 もう聞き取れないから、勘で「はい」「はい」と答えていると、「では、電話を女のコにもしゃもしゃ…」と言うので、Fちゃんに返す。
「了解です。よろしくおねがいしまーす」
 そう言って、電話を切るFちゃん。その瞬間、ガラケーの待ち受け画像が見えました。3歳くらいの男のコが、仮面ライダーのカードみたいなのを持ってピースしている写真!
「息子さん? かわいいね!」
 軽めにそう言うと、パッとボクの顔を見て、ニッコリと笑う。
「うん。下の子。3歳です」
「へー。上の子も男のコ?」
「……うん。小学校3年生」
「そうなんだ。兄弟一緒に撮った写真を待ち受けにすればいいのに」
「あーー……上の子、今、入院してるんですよね。山梨の病院に」
 ……おや? なんかいきなり雲行きがあやしくなってまいりましたよ?
「入院、どこか悪いの?」
「あー、うん。ちょっと呼吸器と半身麻痺」
 ああーー! 重いやつじゃん! コレ、激重なヤツだよ!!
「……そうなんだー。あー。病気なの?」
「医療ミスなんですよね。今、裁判中で。けっこうかかるんですよ、お金(笑)」
「旦那さんは?」
「別れちゃいましたね。DVで。しかも長男がそういう身体になっちゃった後は、私だけじゃなくて長男にも暴力をふるいだして……。だから昼間は保険やってて、夜はフーゾクなんですよ」
 ……これ、マジでどうしよう。今まで何百回とフーゾクに行ったけど、こんな不幸な女に当たったことないよ! 編集長〜。帰ってもいいですか〜??
 心はぐらんぐらん揺れております。一応、シャワーを浴びながら、ティンコを洗われておりますが、悩み中です。オッパイがボイ〜ンと大きいし、乳輪もそこまで大きくない。ものすごく良いカンジの身体です。しかも年齢は本当に32歳(名前だけ隠して免許証を見せてもらいました)。
いやー、超興奮するんですよ。普段ならば!しかし、あんな話を聞かされてからだと、イマイチ勃ちもよくありません。
「えーっと、Fちゃんは、フーゾクはじめてどのくらい? 慣れた?」
「3カ月くらいですね。全然慣れないです。やっぱり抵抗あるし……子供たちのことを考えちゃうと、頑張んなきゃとは思います」
 あぁ〜、どうしよう。この人、感動の動画を見せなくても、しっかりと母親ですよ。
 身体を洗われて、バスルームから出ます。もうこのタイミングで動画を見せないと!
 ……………ええい! とりあえずここまで来たらやるしかない! 
「ゴメン。一通、メールを送っていい?」
「あ、はい。お仕事してたんですね」
 ベッドに腰掛けるFちゃん。対してソファーに座り、パソコンをイジる。YouTubeを開き、動画をセット! ええーい!
「……今日ずっと昼から作業してたんだけど、集中できなくてさ。ずっとYouTube見ちゃってたんだよ」
「あ〜。私も家にパソコンがあったときには、そういうことよくありました。別れたときに旦那がパソコン持ってっちゃったんで、今は見れないんですけど。スマホじゃないし」
 なんでこの人は、こうチョイチョイ不幸話をにじみ出せるんだよ!!プロか!
「……そしたら、なんかすごく良いカンジの動画を見つけちゃってさ。そのノリで、関連動画を漁っちゃって。1時間くらい持ってかれたよ」
ウンウンと笑顔でうなずくFちゃん。……よし、行こう!!!
「そのとき見つけた動画、見てみる?」
 一瞬の間。どうだ!
「え、見たいです」
 来た……。ゴクリ。引っかかった。引っかかってしまった!!……もうダメだ。覚悟を決めよう。最初は、鉄板で泣けそうな東京ガスCM『家族の絆・お弁当メール篇』を見せようと思いましたが……ここは、そこまで泣けない方、『長男の一言』の方にしましょう。もしかしたら、3歳という年齢がハマりすぎて大泣きしてしまうかもしれないけど、でもねー。アイスコーヒーを頭からかけるレベルのセリフですから。大丈夫でしょう!ドキドキしながらスタートをクリーック!
 腰と胸にバスタオルを巻いたボクたち。ソファに並んで座り、動画を見ています。
 寝ている主人公のいる寝室に息子が入ってきて、ママの顔をのぞき込んでいます。そして、次の場面。息子が手をそっとママの頭に乗せました。
「グッ……!!!」その瞬間、横にいたFちゃんから変な音が。え? 何今の?モニターには、息子のセリフ。「お母さん、いつもお疲れさま。いつも頑張ってるもんね。ゆっくり休んで。おやすみ」
パっと、Fちゃんの顔を見る。
「ヴァ……ウウウ…っはぁ……ウヴぁ〜〜」
なんと、Fちゃんの両目からボロボロと涙。しかも口を開けて、嗚咽しております!!うぁ〜〜〜、本気泣きじゃないか!!!!
「アァ〜〜! ヴヴぁ〜〜…グァ〜〜〜」
 モニターには、「涙が止まらなかった」と言う文字と、ポロポロと泣く主人公。そんなもんじゃない。今Fちゃんは、子供が死んだんじゃないかってくらいに号泣してます! どうしょう! これ、どうしょう!!2分の動画で、人はこんなに泣くものだろうか? ちょっと引くわー。動画が終わっても、声を出して泣き続けるFちゃん。どうしよう。マジどうしよう。
「……ごめん、息子さんのこと、思い出しちゃったよね?」
「ヴヴ〜〜〜、ウウ〜〜」
 コクコクと、小さく頷きながら泣き続ける。
「もし息子さんが元気だったら、きっとFさんに、こういう言葉を言ってくれるよ。次男のコも、きっと同じ気持ちだと思うよ」
「ヴヴぁぁぁ〜〜〜、ああぁ〜〜」
「お母さん、頑張ってるよね。わかるよ」
「あああぁぁ〜〜〜、ヒックヒック」
 ……で、このままプレイするんだよなぁ。マジかよ。ボク、そこまで鬼じゃないよ。サ●キューヘルスのバケモンみたいなブサイク女なら、このあと顔にぶっかけられるけど、Fちゃん、まともな人だし、そこそこ美人だし、フーゾクを好きでやってるわけじゃないもん。もう、このまま温かいスープを飲ませておうちに帰してあげたい。
「ヴヴぁぁぁ〜〜〜、ああぁ〜〜」
 ヒックヒックとしゃくりあげる声と、泣き声だけが部屋の中にこだましています。
「Fちゃん」
「……ヴヴ……はい……」
「ごめんね。申し訳ないんだけど、おちんちんしゃぶってもらっていいかな?」
「……ヴヴぁぁ〜、ああぁ〜……無理ですぅ〜〜……ごめんな、さぁい〜〜〜」
 そう言って、さらに泣き出す。…………えっと、ちょっと待とう。
たしかにボクは、Fちゃんの心をエグるような行為をした。でも、それって職務放棄だよね? 曲がりなりにもフーゾク嬢をやってるわけだから、それはありえなくないかな?
「あのさ、気持ちはわからなくはないけど、仕事だよ? やんなきゃ?」
「……………ウヴ…」「息子さん、ふたりのために、フーゾクをやることを選んだんでしょ?
やんなきゃ! そうやって投げ出すのは最低な行為だよ? 君らに暴力をふるった元旦那よりも最低だよ?そうは思わない??」
「……………」
「ほら、おちんちんから出た精液が、息子さんの薬代になるんでしょ? だったら、シボリ取りなよ。おくすりだからさ、コレは!」
強い口調で言う。すると、泣きながら、ボクのバスタオルを外す。バンイイーーーーン!!
 ……なんと先ほどまでヤル気のなかったボクのティンコがガッチガチに硬くなってるじゃありませんか!!!ヒューー!ティンコがFちゃんの口の中に飲み込まれていく。
「ほら、舌を使って?」
 フェラ音が部屋に響きわたる。ジュッパジュッパと、唾液音がイヤらしい。ソファに四つんばいの体勢でのフェラ。いいじゃない! 手の平でオッパイをワシ掴む。大きいじゃなーい! いいじゃなーーい!
「ゴホっ!!ゴホホ………ヴヴ〜〜〜」
 咳き込んだかと思えば、身体を震わせながら、また泣き出すFちゃん。ダメでしょ。そんなんじゃ? そんなふうに震えて! お母さんがしっかりフェラしないと、息子さんの震えもおさまらないんでしょ??頭を抑えて、ティンコを口にあてがい、再びフェラを再開させます。
「頑張って。ママ。息子さんたちも、きっとママに頑張ってって言ってるよ。『お母さん、いつもお疲れさま。いつも頑張ってるもんね。もっと頑張ってフェラして!』って」
そう言うと、再び、「ヴッヴウ〜〜」と泣き出します。あ〜、なんかまるでボクが悪いことをしてるようじゃないか。
「……あのさ、フェラできないんなら、本番でもいいよ? そっちのほうが早く終わると思うし」
「…………」黙り込むFちゃん。
「こっちは親切心で言ってるんだけど。どうする? ゴムはするから」
「……はい。…………すいません。それで……お願いします…………」
 わーーー!!!
 OK出ちゃった。息子くんたちー! ママ、セックスOKだって! 悲しくて震える!
「OK。でも最後は、口の中で出すからね。フェラをしてたなら、当然最後は口内なわけだから」
「…………はい」
 ゴムを装着したティンコをヌヌヌと挿入れる。「ヴヴ…」と小さなうめき声。ムァンコ、ガバガバです。さすが2人も産んだだけはあります。
「ママ、セックスまでして頑張ってるね。ダメだよ、さっきみたいに仕事を投げ出そうとしちゃ? わかった」「ヴヴ……はいーー……ごめんなざい……」
「ママがそんなんだったら、息子たちは、すぐに諦める子供に育っちゃうからね!」
「………………」
 もう返事はなかった。絶頂がやってきた。ティンコに快感が走る。じゅっぽん。パッチ〜〜ン!!ティンコを抜き、コンドームを外す。そのまま、Fちゃんの顔までティンコを持っていく。口をパカっと開けるFちゃん。その口から逃れるように、顔にビシャっと顔射!!!ビシャ! ビシャ!
「……………………うっヴヴヴウ……うええええ…………うえええ〜〜……」
 部屋の中には、Fちゃんの嗚咽が響きわたっていました。彼女の一家に、幸せは注がれるのでしょうか。雪のように降り注いだ精液を見ながら、そう思いました。
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★


★★★空前絶後の出会い時代到来。18禁★★★
運命を変える奇跡の出会いは令和でもきっとある
PCマックス

春の季節だけはあなたに合った相手がドンドン見つかる
ワクワクメール

不況でパパ活に激美人が急増中の噂
芸能人もいるという交際クラブユニバース倶楽部にはどんな女性が!
40代~60代のための愛人マッチング【ユニバース倶楽部】

俺はやっぱり生身が良いが二次元の彼女の良さは何?
【にじげんカノジョ】

★★★最強のペニスを作る★★★
☆☆三冠達成!ペニス増大サプリ・ヴィトックス☆☆
グングン伸びたら彼女はきっと離れない
【ヴィトックス】
vitox[1箱+1箱無料]:13,824円(税込)

☆☆早漏はあきらめる必要はありません☆☆
しかもオナニーしながら治っちゃう!

1カップ1100円(税込)

☆☆遅漏もあきらめる必要はありません☆☆
しかもオナニーしながら治っちゃう!
⇒遅漏改善用TENGA
1カップ1100円(税込)

☆☆元気が欲しけりゃこのサプリメント☆☆
⇒TENGA活力支援サプリ
初回999円(税込)

☆☆包茎はこっそり自分で治せ☆☆
⇒自宅で自分で治す包茎グッズ
包茎グッズ【キトー君】