濡れ場のタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:濡れ場

【エッチ漫画】AV鑑賞会で濡れ場を見せて興奮させ素人OLや人妻とそのまま乱交SEX

0139_20191117081900dce.jpg0140_20191117081902898.jpg0141_20191117081903ddf.jpg0142_201911170819054f1.jpg0143_20191117081906557.jpg0144_20191117081908c10.jpg0145_201911170819099bd.jpg0146_20191117081911746.jpg0147_20191117081912409.jpg0148_2019111708191409e.jpg0149_20191117081915198.jpg0150_20191117081917515.jpg0151_20191117081918f29.jpg0152_20191117081920823.jpg0153_20191117081921e27.jpg0154_20191117081923210.jpg
同僚といつしょにH見られていることで人に見せながらのSEX正直病みつきになりそうなオレだった
清楚系の女の子が乱交パーティに
かれこれもう数年、乱交パーティにハマっている。性欲を持てあました男女集団が理性のタガを外して乱痴気騒ぎ。一度味わえばやめつきになる究極の遊びだと思う。
アングラ掲示板「ナンネット」で見つけた都内開催の乱交パーティに出かけた。会場のシティホテルには、参加者が10人集まっていた。肝心の女は2人のみ。しかも共にけっこうな年増だ。こりゃあハズレのパーティに来ちゃったなぁと何気に落胆しつつオバサンたちと戯れていたときだ。主催者からこんなアナウンスが。
「今からもう一人女性が来るんですけど、お伝えしたいことがありまして。彼女は耳がまったく聞こえないんで、しゃべることが難しいんです」
マジかよ!?まもなく部屋のドアが開いた。入ってきたのは、すらっとした長身の美人だった。年齢は30前後くらいか。雰囲気は女子アナとかにいそうな清楚系だ。特に緊張した風もなく、彼女はバスローブに着替えると男たちの輪へ。ポーチからアイパッドを取り出し、画面を指でなぞる。『アイコです』手書きで文字が入力できるアプリだ。
『ゆっくりしゃべってもらえると、唇を読めます』
そうやって会話するのか!さっそく男たちがしゃべりかける。
「アイコさん、かわいいですね」
『ありがとう』
「こういう場所は、よく来るんですか?」
『そこそこ』もちろんスムーズな会話ではないが、コミュニケーション自体に問題はない。そのうち普通にシモネタへ。
『わたし、下の毛をそってるけど、どう?』
「ぜひ、お相手したい」
『じゃあ、チンコ見せて』
筆談でシモネタ。ハンディキャップをものともせずとはまさにこういうことだろうか。かくしていざセックスになると、アイコはかなり積極的だった。男を選ばずチンコをくわえまくり、嬉しそうに精子を飲み、そして挿入させていく。しかも驚いたのは、声だ。「もっど、しでぇ!バックからしでぇ!」
セックス中はさすがに筆談できないからだろう、ときおりこうしてしゃべるのである。本人は自分の声が聞こえていないので発声が難しいのだろう、調子の狂った異質の声なのだが、とにかくセックスを楽しみたいってことなのだろう。ならば、その気持ちに応えてあげなければ。頑張って仕事をしないと。そんなこんなでアイコとのプレイに没頭すること約5時間。我ながら今日のメンバーで一番頑張ったんじゃないかと満足しパーティを終えたとき、彼女がアイパッドを持って近寄ってきた。
『アナタ、楽しい。ライン教えて』本当に貪欲だねぇ。
以降、2カ月に1回ほど、アイコから連絡がくる。その都度、「今日、何回できる?」 と求めてくるのだからもはや笑ってしまう。一度、彼女の過去を聞いたことがある。耳が聞こえなくなったのは3才のころだ。小中高と聾学校に通い、10代半ばで初体験を済ませるが、学生時代はセックスの良さはまだよくわからなかった。どころかその後、大学を卒業してから二十代後半は自宅にひきこもっており、人と会うことがほとんどない生活を送る。社会に馴染めなかったようだ。セックスに目覚めた時期は、3年前の29才ごろらしい。具体的に話してもらってはないが、ネットで繋がった男がキッカケのようだ。その後、複数プレイの味を知り、今も都内の乱交パーティを中心に顔を出しているようだ。見かけたら声をかけてやってほしい。

ニューハーフ嬢の人工マンコと3Pシックスナイン(ダブルフェラ?)|風俗体験談

1_2020012222521622f.jpg2_20200122225217820.jpg3_20200122225218591.jpg4_20200122225220757.jpg
【概略・全文は上記記事をお読みください】
向かった先は、新宿のニューハ—フクラブ
ここは会話やショ—を楽しむところだそうで、お触りなどセクシ—なサ—ビスがあるわけではありません。
とりあえず慣らし運転にはちょうどいいんではないかと。
さっそくされた席に腰を下ろすと、ホステスさんが3人やってきました。キレイな人もいますがそう
じやない人もいてなんか緊張しちゃいます。ビ—ルをグビグビ煽るうちようやく肩の力が取れ舌の方もガゼン滑らかになってきました。
「キレイな顔だね。チュ—してよ」
「いいわよ—。チュッ」
「うひよひよひよ—」
嬉しい。頭じゃ女性じやないとわかってるのになんで興奮しちゃうんでしょうか。不思議な感覚、としか言い様がありません。その思いは、突如始まったステ—ジで最高潮に。きわどい衣装でお尻や胸をプルプル揺らす彼女らの悩ましいことと言ったらもう。
思わずむしやぶりつぎたくなっちやいます。
生殺し気分たっぷりで店を出るのラムラきたなら抜かなくてはしょ—がありません。
ネットやスポ—ツ誌であれこれニュ—ハ—フへルスのを検索したところ浮上してきたのがアバンチュ—ル従業員が美女揃いで、おまけに完全性転換したコまでとか。ほほう人エマンコ、ぜひとも味わったいですなぁ。しかしキャバクラから本番ってのもいきなり過ぎなんで、通常のヘルスプレイで小手調べといきましよう。
お相手してくれた涼ちやん(23才) は、サオ付きながら若かりし頃の秋野暢子ソックリの美人。優しく身体を洗ってもらい舌先で攻められればもうギンギンです。
痒いところに手が届くというか、男の急所を熟知してるというか、さすが元男。ボク白目むいちやいました。なもんで、涼ちやんのパンティから立派なチンポが出てきてもあまり違和感がなかったというか。
完全に見た目が女性だとチンポの有無が気にならないんです。さんざんシックスナイン(ダブルフェラというべきでしようか?)
で互いにチュ—チュ—ジュボジュボやった後涼ちやんのアナルに突っ込んでジエンド。ふう。
フナちゃん(22才) とはお店のVIPルームでご対面。顔をお見せできないのが残念ですが、アメリカ人とのハ—フということで、これまたどえらいベッピンさんです。まずは女の肺活量じゃとてもなバキュ—ムフェラでピンコ立ちにされた後、前立腺マッサ—ジを受けました。二—ナちゃんは指の他にもバイブを用いてボクのケツの穴を弄びます。ってなんでやねん。ワシにも責めさせんかい。と、突然八プニングが発生!背後から休憩中のヨーコちゃん(24才) がもの欲しそうな声で訴えてきました。
「いや—ん。なんか興奮してきたあ。私もしていい?」問答無用にグサツ。ヨ—コちゃんのチンポがボクのケツに突き刺ささります。なにすんのよ!
さらに調子に乗って今度はなんと二—ナちゃんの人工マンコに突っ込んでます。ワッ、気持ち良さそう。コラッ—。ワシも混ぜんかい!
入れたり入れられたり、哩えた哩えられたりと、実に錯倒した3Pがしばし続き、最後は改造費60万と
というニーナちゃんの人工マンコにイン。肉の吸盤が膣内に張り巡らされてるというマンコの味はどうだつたかといえば、これかもうチンポを吸う吸う。いや抜くときにでギユギユ—と引つ掛かる、というのが正解でしようか。とにかく、分と持たず爆死しちやいました。
Copyright © エロ漫画無料アダルト裏モノJAPAN All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます