手コキのタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:手コキ

援交慣れしてないピュアな普通の女子に格安でセンズリ鑑賞や手コキをさせる方法

1_20191004052558b34.jpg2_201910040525592b5.jpg3_2019100405260072c.jpg4_20191004052602dfb.jpg5_201910040526037df.jpg6_20181112024842f61_201910040526055c5.jpg7_2018111202484408a_20191004052607bd4.jpg8_20191004052608dff.jpg
55_20200520080135df8.jpg【概略・全文は上記記事をお読みください】
おっぱいタッチや手コキまでなら普通の可愛い子が!さらにどこまでやってくれるのか検証
おっぱいタッチや手コキくらいなら風俗じゃないと言う認識なのだろうか普通の可愛い子がやってくるという。出会い系では滅多にお目にかかれない援交慣れしてないピュアっ子にその後も小刻みにお小遣いをあげたらどこまでやってくれるのか検証しました。

ある日の会話で、ずいぶんとお得な遊び方を教わった。
手順はこうだ。
①出会い系で『千円で服の上から胸を触らせてくれる子』を募集する。
②最初は約束どおり服の上から触る。
③ナマ乳を目指して手を動かす。
④拒まれたら追加で500円を渡す。
以降も徐々に要求をエスカレートさせて、拒まれるたびに500円刻みで小遣いを渡せば、フェラ程度までなら3千円以内でなんとかなるというのだ。驚きだ。千円スタートだなんて格安だし、わずか500円単位で要求を通してしまうあたりも新鮮すぎる。今の女の子ってそこまで切羽詰まってるのか?
実際にやってみましょう。

早速、出会い系サイトのアダルト掲示板にメッセージを載せてみた。
『オッパイを服の上から揉ませてくれる人いませんか?都内ならどこでも行きます!カラオケボックスで5分だけ。お礼の中身はメールで伝えます!』
サイトに金額を載せるとメッセージを削除されてしまうので、詳細は後のメールのやり取りで伝えることにした。
メッセージを載せた直後、『いまから新宿でお願いします』とのメールをくれたのは、19才のあさみちゃんだ。
『ありがとうございます! お礼は千円でも大丈夫ですか?短い時間でいいのでお願いします』
さて、どうだ?『いいですよ、すぐおわるなら!』千円で了承する子がホントにいるなんて。
待ち合わせ場所には、グレーのワンピースにニット姿の女の子がいた。予想以上に可愛いくて若い。出会い系では滅多にお目にかかれないタイプだ。
「ずいぶん若く見えるけど、ホントに19 才?」
「19ですよ。色んな人に若く見られるんですよね」
「援交とかしたことあるの?」
「それはないです。ただ、ご飯食べるだけとかはあります」さすが19才。それだけでお小遣いがもらえるんだな。
カラオケボックスに入り、約束の千円を渡す。
「ありがとうございます。これで何か食べます」
では、おっぱいを揉ませていただきましょうか。
「胸、大きそうだね」
「そう、でもないですよ…」
「Dくらいかな?」
「そう…ですね」
自分の胸を押さえながら照れる仕草が可愛い。
「どうしたらいいですか?」
「じゃこっち向いて」
彼女は観念したように下を向き、手をおろした。
服の上からオッパイを揉む。うむ、ずっしりと重い。モミモミ…
モミモミモミ…。ゆっくりと揉みながら、乳首のあたりを少し指先でひっかいてみる。
「んはぁ…」声が漏れた。感じるみたいだ。
ブラごと摘んでみるか。
「はあっ…はぁ…」
息が荒くなってきたぞ。これは
チャンスでしょう。
「ねえ、ちょっと、見たいな」
「ええ? …どうすればいいですか?」
「肩のとこを、こうやって下ろせば、ほら…ブラもはずしてみて」
と言いながらワンピースとブラ紐をズリ下げると、彼女は自分でブラのホックをはずしてくれた。生オッパイの出現だ。
「すごい、けっこうデカイね」
「そう…ですか?」
ぷっくりした乳輪と小さめの乳首がおいしそうだ。
両手を優しく胸の上におく。うん、柔らかい。追加料金ナシでここまで行けましたよ。乳首に指先が触れた瞬間、彼女の体がビクッと震えた。
「気持ちいいの?」
「気持ちいい…」
あれ?なんかトロンとしてエロい顔になってる! これチャンスでしょう!
「ちょっと舐めさせて」
返事を待たずに乳首を口に含んでレロレロすると、喘ぎ声が一層大きくなった。もう片方の胸も揉みながら両方の乳首を交互に舐める。千円でここまでできればオッパブなんか不要だ。
ではもうすこし崩してみようか。
「興奮して勃っちゃった。ちょっと触ってみて」
「あ…ごめんなさい。これ以上はやらないって決めてるんです…」
「追加でお金払うよ。500円、いや千円でもいいし」
「ごめんなさい…」
ここまでキッパリ断られたらさすがに厳しいか。
2人目は添付写真付きのメールをくれたマミちゃんだ。
『池袋とかで会えませんか?』写真にはヤケに可愛いくて若い女の子が写っている。詐欺業者かもしれない。
『ありがとうございます!お礼ですが千円でも大丈夫ですか? 短い時間でいいのでなんとかお願いします』
『千円で大丈夫ですが、8時ぐらいになってしまいます』
千円でOKしてくれる業者なんているわけない。素人確定だ。 待ち合わせ場所に現れた女の子 は、ツインテールにワンピース姿の可愛らしい女の子だった。胸揉まれっ子はレベルが高いのか。 近くのカラオケにイン。さっそく揉ませてもらおう。
「じゃ、胸触ってもいいかな?」
「あ、どうぞ!」
体が細いわりに結構な巨乳ちゃんではないか。エロいぞ。では、モミモミ、モミモミモミ…。
揉んでる途中で彼女は携帯を持ちメールのチェックを始めた。なんかやる気ないな…。
「ねえ、直に触ってもいい?」
「うーん、いいけど…」
いいんだ。『服の上から』なんて約束は簡単に反故にできるんだな。ワンピースをズリ下げると、張りのある美乳が飛び出した。
モミモミ、モミモミモミ…。
「舐めてもいい?」
「あ、口はダメです。私、彼氏以外の人には絶対舐めさせません」
「ちょっとだけだから。じゃ500円追加で払うよ」
「ダメです。わたし体験人数元カレ1人だけなんですよ」
かたくなに拒否してるし、舐めるのは無理かも。
「じゃあさ、500円追加で手でやってもらえない?」
「え、うーん…。まあ、いいですよ」はい、1500円で手コキゲットです!
手コキはスコスコと実にそっけ ない触り方だったが、これも経験の少なさの表れかと思えば興奮度大だ。胸を揉ませてもらいながら、彼女の手に勢いよく発射!
細身体型と書かれたミナコという女性から『詳しく教えてもらえますか?』
とのメッセージが届いた。謝礼の金額を伝えてお願いすると、すぐに返信が。
『どんな場所で見ますか? 何時にどこで待ち合わせですか?』見るプレイだと勘違いしているようだ。こちらは揉みたいんですけど。
『見るというか、胸を触らせてほしいんですけど大丈夫ですか?どこでも向かいますよ』
『わかりました。では新宿でしたら6時頃には行けると思うので。また詳しい待ち合わせ場所が決まりましたら連絡してください』 丁寧なメールの文体から、落ち着いた雰囲気の三十路女性のイメージが頭に浮かぶ。育ちが良さそうに思えるのだがどうだろう。約束の時間キッカリに待ち合わせ場所に現れたのは、若かりしころの市毛良枝を彷彿とさせるちょっぴり地味目なお姉さんだ。ぜんぜん悪くない。物腰も柔らかくて、正座を崩さないあたり、育ちの良さがうかがえる。とても出会い系をやるような人には見えない。カラオケボックスへ移動しながら話を聞いてみよう。
「こういうこと、ほかにもやったことあるんですか?」
「2回ほど…」
「ほう、それはどんな内容でした?」 「あの…レンタルルームっていうところで…、裸を見たいって言われて…」
「見せただけですか?」
「あ、はい…。それ以上はちょっと無理なんで…」
それ以上は無理?まだ勘違いしてないか?
カラオケボックスが2ヶ所連続で満室だったので、彼女が知ってるレンタルルームに入った。
とりあえず一服タイムだ。
「ところで、どうして出会い系サイトなんて見るようになったんですか?」
「いや、あの、きっかけは暇なときに…お小遣いでもって思っただけなんですけど…、ほとんど私ができない内容ばっかりなので…」
「頑張ればできることってあります?」
「手だけなら…それが限度です…。ほんとに慣れてないので…すみま せん」
いやー、出会い系にもこんな人がいるんだな。
ではそろそろ胸を触らせていただこうか。約束の千円を渡し、ベッドの上に移動してもらう。
「触りますね」
「はい…」
セーフ。ここまでは納得済みだったみたいだ。
服の上からモミモミ開始。うん、 柔らかくてナイスな揉み心地だ。
「直接触ってもいいですか?」
「あ、はい、ちょっと汗ばんでるかも…」あっさり直揉みのOKが出た。
モジモジしながら背を向けサマーニットとキャミソールを脱ぐミナコさん。ブラの下に適度なムッチリ加減の胸がのぞく。たまらん。代の色気がムンムンだ。正座して服を畳む仕草もいいです。
ブラの中からちょうどいい大きさのオッパイが現れた。しばらくモジモジする様子を観察してから、
いざおっぱいタッチへ。モミモミ…モミモミモミ…。
とっても柔らかい。陥没乳首を勃起させるべく、ぷっくり膨らんだ乳輪を軽く摘んでみたが、なかなか顔を出してくれない。ここは舐めて勃たせるべきだろう。
「舐めていいですか?」
「え?ダメです…。触るだけって…」
「じゃ、追加で500円払いますよ」
「ちょっと、しつこいです…」ダメか。仕方ない。
「じゃ、あと千円払うんで手でしてもらえます?」
「あの…、前にしたときは5千円頂いたんですけど…」
5千円って。ルーム代も払ってるし、それは高すぎる。
「じゃ、自分でするので見ててくれますか?」
「はい…」
千円でナマ乳さわってオナ見せ。十分でしょう。
次にメールをくれたのが20代前半のまろんちゃんだ。
『興味あります。明日会えますか?』翌日の予約を入れてくるとは積極的だ。さっそく返信をする。
『メッセージありがとうございます! 明日で大丈夫です。お礼は千円でお願いできませんか? すぐ終わるのでなんとかお願いします…』
『すぐとは何分くらいですか?』
『 10 分15 分で大丈夫ですよ。すぐでしょ?』
『そうだね!揉むなら何処で?』
『揉むならカラオケで!』
『わかりました』
翌日、現れたまろんちゃんは、少々ガッチリ体型だが、学生風のごく普通の女の子といった雰囲気だった。
カラオケは満室だったので、近くの漫画喫茶に変更した。ペアシートに入り、一服したところでおっぱいタイムだ。
「じゃ、こっち向いて」
「はい」
まずは服の上からモミモミ、モミモミ…。
「直接触っていい?」
「いいですよ。どうすればいいですか?」
もはやナマ乳モミモミは無料でも突破できるハードルのようだ。
「じゃ、服をブラの上までまくってみて」
大きな胸が出てきた。指先で乳首を擦ると「ヒャヒャヒャ!」と 声を出すまろんちゃん。ちょっと、隣りに聞こえるから静かにしてく れよ。
「だって、くすぐったい!」
「これじゃ触れないじゃん。舐めさせてよ」
「え〜!」
隙をみて、一気に顔を近づけ口に含んだ。レロレロ、レロレロレロ〜。
「うふぅ〜! アハハハ! やっぱりくすぐったい!」
マン喫だけに、あまりうるさくされると困る。攻め手を変えてみよう。
「ねえ、あと500円払うから手でやってくんない?」
「え、あ、ここで?」「うん。大丈夫、ティッシュもあるし」
立ち膝状態でベルトを緩め、素早くチンコをだす。
「ほら、触ってみて」
彼女は実に素直にチンコをムニムニと触り、勃起したチンコを上手にシコりだした。1500円で手コキゲットです!「ちょっと先っぽ舐めてみて」
「いや、それはちょっと」
「あと千円払うよ」
「無理ですよ。信用してないわけじゃないですけど、病気とか怖いじゃないですか」
信用してないじゃん!
続いて届いたメッセージがこちら。
『こんばんは(*^^*) よかったらお会い出来ませんか?(*^^*) 』25才のまりもちゃんだ。
『メッセージありがとうございます!千円でお願い聞いてもらえませんか?すぐ終りますのでお願いします!』
『大丈夫ですよ(o^^o)』
あっさりOKがでた。彼女のリクエスト、池袋で待ち合わせすることに。
現れたのは、ルックス80点オーバーの、キャバ嬢っぽい女だった。
「なんか日本人離れした顔してるよね。ハーフなの?」
「あ、ペルーのクォーターなんですよ。お爺ちゃんがペルー出身なで」
「なるほど」
「でも初対面の人には沖縄っぽいって言われます」
彼女は2年ほど前に仕事を探しに地方から出てきたらしく、現在はエステのバイトで食いつないでいるそうな。
近くの漫画喫茶に入り、約束の千円を渡すと、「ありがとうございます!」と笑顔で受け取った。
「じゃ、早速だけど、揉ませてもらうね」
「あ、はい…」
「ちなみに何カップなの?」
「F…ですね」
まずは服の上から重さを確かめるように持ち上げてみる。重い。ズッシリと身が詰まっている。しばらく肉塊の弾力を楽しんだところで、服の上から乳首のあたりを指で挟んでみた。「アハッ…、あの、乳首弱いんで…」
「え? 弱いってどういうこと?」
さらに摘んでいくと、「ふははっ」 と笑いながらも体をくねらせる。
気持ちいいみたいだ。
「ちょっと見せてみて」
「え、恥ずかしいですよ」
「大丈夫だって」
ブラからこぼれ落ちそうなオッパイが現れた。
「どれどれ」
ゆっくりブラをズリ下げたとき、布が乳首に擦れたらしく「ふあっ!」 と声を上げて体をくねらせる。どうやらかなり乳首が敏感みたいだ。
「ねえ、乳首感じやすいの?」
「はい、すごい弱いんですよ…」 「なるほど」
と言いながら胸を揉みしだき、そのまま顔を近づけ乳首を口に含んだ。いかがだろう、このスムーズな流れ。
「ああっ…ああっ」
「興奮して勃っちゃったよ。ちょっと触ってみて」「え…」
「ちょっとだけでいいから」 返事を待たずに立ち膝になり、一瞬でズボンをズリ下げ勃起チンコを露出させる。

「もう少し、お金くれる?」
「いいよ。500円」
「え〜」
「じゃ千円」
「うーん…」
「ほら、触ってみて」 勃起チンコをつきだす。
「こう?」
はい、2千円で手コキいただきました〜!
「ああ〜ヤバイ…、すごい、気持ちいいよ…」
スコスコ手コキする彼女の乳首もクリクリしてやると、またもや体をくねらせて「はああん」と色っぽいため息が。
「ちょっとだけでいいから、舐めてみて」
「…」
パクッ…レロレロ…。フェラチオさん、頂きましたー!
と彼女がすぐに口を離して耳打ちしてきた。
「わたし、いつもすごい音たててするから、ちょっと緊張するー」
そっか。でもピチャピチャさせるとお隣さんから苦情きちゃうから気を付けてね。再び咥えてモグモグペロペロ。
なかなか筋がいいねキミ。
「フェラ好きなの?」「うん好きー。攻められるより、自分でする方が好き」
「じゃここでエッチしちゃおうか」
「え〜それはダメ」どさくさでいけるかと思ったが、 さすがに無理だった。
結局、10分以上立ち膝フェラを続けてもらい、お口の中に放出しましたとさ。
正直、今回の検証は、予想以上に高いコストパフォーマンスを叩き出してくれたと思う。
援交慣れしてないピュアっ子に、わずか2千円でフェラをしてもらえるなんて、もう激安ピンサロなんて行ってる場合じゃないですよ。

セックスのためにあるような柔らかい女体

クネクネと体がしなり、かなり抱き心地の良さそうな女優である。お願いは何でも聞く「言いなり」っぷりも自然で、すべての動作で女体の柔らかさが伝わってくる。男優のうるささが気になるが、そこは大目に見よう。

センズリ鑑賞の第一人者「岩井さん」の照れ

「岩井さん」の名前で出演するこの彼女、Gジャン姿のままセンズリ鑑賞するわけだが、その際の照れ方があまりにもリアルで、一時は、オナ見モノといえば岩井さんと言われるほど有名となった。しっかりフェラしてくれる点もポイントが高い。

エッチは無理でも手コキならOKという処女・真面目な女子大生OLをパパ活で見つける方法

パパ活OL女子大生の見つけ方パパ活OL女子大生の見つけ方パパ活OL女子大生の見つけ方パパ活OL女子大生の見つけ方パパ活OL女子大生の見つけ方パパ活OL女子大生の見つけ方パパ活OL女子大生の見つけ方パパ活OL女子大生の見つけ方
キス手コキまでならOKな処女キス手コキまでならOKな処女キス手コキまでならOKな処女キス手コキまでならOKな処女キス手コキまでならOKな処女gキス手コキまでならOKな処女
1、援交の相場も知らない普通の子に無料で手コキさせる裏技発見
援交の相場も知らない普通の女子
個人間融資サイトなるものを発見したのは去年のことだ。お金を借りたい人と、貸してあげたい人を掲示板を介して仲介する仕組みで、男女大勢の書き込みで賑わっていた。何気なくサイトの「借ります板」を眺めていると、近くの地域に住んでる女の子のメッセージがあった。
『3万円がどうしても必要なんです。どなたか借していただけませんか? 21才 アキ』
 試しに貸してみようか。どんな女の子が来るのか見てみたいし。
 サイトを介してメールを送るとすぐに返事が届いた。
『ありがとうございます! 本当に助かります! よろしくお願いいたしますm(_ _)m』
 近所だったこともあり、何回かのメールのやり取りを交わして、直接会うことになった。
 待ち合わせの駅前に現れたのは茶髪で細身のギャルだった。さっそく車の助手席に乗ってもらい詳しい話を聞く。
「私キャバクラで働いてるんですけど、先月風邪引いちゃって、何日か休んでしまって…。遅刻の違反金もあって。携帯が止まると本当にピンチなんです」
雰囲気はギャルっぽいけど、会話は普通にできるし悪い子じゃなさそうだ。よし、貸してあげよう。念のため、簡単な借用書を書いてもらい、本人の免許証を写メで撮影して、現金3万円を手渡した。
「本当にありがとうございます! 絶対にお返しします。お礼も何パーセントか上乗せしてお支払いしますので」
利子は1カ月で1割。来月には3万3千円を返すという約束だ。結局、1カ月経ってもアキからの連絡はなかった。絶対返すって言ったのに。まったく、これだからギャルは…。
「もしもし? アキさん? 貸したお金のことなんだけど」
「すみません! 返したいんですけど、いま本当にお金がなくて…」
「とりあえず会いましょうか」
 待ち合わせ場所に申し訳なさそうな顔をした彼女が立っていた。
「本当にすみません…」
「お金がないのはわかるけど、せめて利子だけでも払うとか、返す気持ちを見せてくれないと、信用できないよ」
「あの、例えば、何か軽くサービスするっていうか…、そういうので返済するのって、ダメですか?」「え?」
一瞬何を言ってるのかわからなかったが、どうやらエッチ系のサービスのことを言ってるみたいだ。
「セックスさせてくれるの?」
「あ…、それはちょっと。利子のぶんだけ手でするのはダメですか?」
 3千円で手コキか…。うん、それいいかもね。
「仕方ないな。いいよ、それで」
 さっそく、車を人影のない駐車場に移動させる。
「じゃこの辺で」
 ズボンのベルトを緩め、チンコを取り出すと、彼女がゆっくりと扱きだした。
「ああっ出るよ、出るよ! ティッシュお願い!」「はいっ!」
 大量の精子を放出し、スッキリしたところで彼女を駅まで送った。
「じゃ、今月の利子はこれでチャラにするね。来月は返せるよね?」
「はい。頑張ります…」
 と明言したが、その翌月も、彼女は利息分のために手コキをするハメに。あれ? ひょっとして、俺ものすごく素晴らしい発見をしてしまったんじゃないか?
お金を貸して、利子を手コキで返してもらうこの手法。女の子がお金を用意できなければ、永遠に、月1の手コキがゲットできるではないか。おれは新たなターゲット探しに夢中になった。
 借ります板でなるべく近くに住む女の子にコンタクトを取っていく。
『最高でも3万までしか貸せませんが、それでもよければ』
 お金が必要な子は本当に切羽詰まっているので、すぐに返信がくる。2人目の子は、ショップ店員の24才だった。美人ではないけど、色白で細身なオシャレっ子だけに、十分満足できそうだ。
「本当にありがとうございます。来月には絶対に返しますんで!」
 と言っていた彼女も、やはり1カ月後の期日には間に合わなかった。
「本当にすみません! 返すつもりだったんですけど、まだ用意できてなくて…」
「とりあえず会おうか」
 申し訳なさそうな様子で車の助手席に乗り込んできた彼女に、今度はこちらから持ちかける。
「せめて利子だけでも返してもらいたいけど、もし無理なら、別のサービスで返すってのはどう?」
「えっと…どういうことですか?」
「いまココで手でしてくれたら、利子の分はチャラにしてあげる」
「あ〜…。ホントにそれでいいんですか?」
彼女たちは援交の相場も知らないような普通の子たちなので、3千円の手コキが安いとは思わないようだ。その後も、下は19才、上は30才までの女の子たちにお金を貸していった。貸すときに、借用書と免許証のコピーのほかに、両親と勤務先の住所と電話番号も押さえ、彼女たちの目の前で「もしもし、○○保険の近藤と申しますが、○○さんいらっしゃいますか?」と、保険会社のフリをして在籍確認の電話を入れる。このおかげかバックレたりする子はいなかった。そんな調子でお金を貸しまくった結果、毎月一回手コキしてくれる女の子が6人にまで増えた。誰からも元金は戻ってきていないので、現段階で手放しで喜んでいいのものかわからないが。
2、若い女の子に安く手コキさせる方法
若い女の子に手コキさせる方法
ラインの出会い系アプリってのがいろいろあって、若い女の子と会えるらしい。そう聞いてすかさず手を出したが、なかなか上手くいかない。まあこんな薄らハゲのオッサンには興味ないのだろう。どうにかして会いたい。そこでオレはピンサロ店長を装い、女の子を募集してますとメッセージを送ることにした。面接と称して呼び出し、そのまま講習ってな流れでイイコトができたりしないものかと考えたわけだ。
 だが、これも食いつきが悪い。さすがに風俗はハードルが高いようだ。ならば次はマッサージ屋だアロマとかオイルとかいろいろあるけど、ちょっと時給を高めに言っておけば女の子も食いつくんじゃないか?マッサージ屋だって講習はありそうだし、多少の肌の触れ合いでもできれば万々歳だ。
︿うちの出張マッサージ店で働きませんか? ちょっとした講習はありますが、時給は奮発させていただきます☆﹀
 ついでにネットで拾ったマッサージ屋のホームページ画像を添付する。信憑性を高める一手だ。
 しばらくして返事が届いた。
︿興味あります。詳しく教えてもらえますか?﹀
 それきた!他にも数人とやりとりをするうち、20才のフリーターの面接と講習を行うことになった。時給2千円と伝えたところ、すぐにでもやりたいそうだ。待ち合わせ場所にやってきたのは、浅黒い肌の金髪の女子だ。こんな若い子に全身を触ってもらえるだなんて今から股間が膨らんでくる。喫茶店に入り、面接と仕事の説明をする。お客さんが入ったらホテルなんかに行ってオイルマッサージをするだけ、みたいな風に。彼女は実家暮らしの学生で、スーパーのアルバイトをしているそうだ。さて、いよいよ講習だ。ビジネスホテルに入り、用意していたオイルと紙パンツ(どっちもネットで買えた)を取り出す。
「アタシはどんな格好でやればいいんですか?」
「うちは制服は用意してないから、そうだな、そのTシャツのままでいいよ」
 オレはそそくさと紙パンツ一丁に着替え、ベッドにうつぶせに。
「オイルをかけて、肩とか背中をマッサージしてみて」
 言われるがままモミモミモミとやってくれるけど、たいして気持ちよくはない。でも若い子の指がオレのカラダを触ってるだけで、なんとも言えない気持ちになる。あーだこーだ言いながら、仰向けに。…あれ、チンコが軽く勃起してるよ。恥ずかしいなぁ。だが彼女は気にもとめてない様子だ。
「じゃあ次は胸と足をマッサージしてみようか」
「…こうですか?」
 おっ、太ももの触り方がぎこちなくてイイじゃないの。ますます固くなってきたぞ。
「うん、いいよ。お客さんは素人さんのマッサージを楽しみに来てるから、そんな感じでオッケー」
「はい」
口では平静を装ってみたものの、このチンコをスッキリさせたい欲求がむくむくとわいてきた。ちょっとだけ触ってくれないかな。手でシゴいてくれるだけで全然いいんだけど…。うん、手コキしてもらおう。いちおう講習だから、そうだ、この方法だ!
「でさ、これ見て」
 もっこりしたパンツを指差す。
「お客さんの中にはこうなっちゃう人も多いのよ」
「……」「そこから先、どうするかはキミ次第だよ。中にはお小遣いをくれる人もいるみたいだけど、そこはキミの自由だからね」
 マッサージ店でよくある
「ウチの店は女の子によってはエッチなサービスもやってる」っていうアレだ。多少触ってあげるだけでお小遣いをもらえるなら、と考えてくれればいいんだけど…。
 少し間をおいて彼女が「へえ」と短い返事をした。
「いちおうそっちの講習もやってみようか。ほら、こうやってお小遣いを渡されるからね」
財布から千円札3枚を出して手渡し、パンツからチンコを出し、彼女の手で握らせる。拒否は…ない。やった!無愛想な表情のまま、チンコに視線をやることなくスコスコ続けている。こんな味気ない雰囲気でも若い子にシゴいてもらってる状況に興奮しまくり、ものの3分と経たずに射精した。ふぅ〜。
この手法、とにかく女の食いつきがよく、今までに5人と会え、全員に手コキしてもらった。ちなみに返信をくれるのはエンコー希望カキコミをしてる子が多い。3千円程度で素人にヌイてもらいたい方はぜひ。
3、上玉の手コキ美女とも本番できた魔法の言葉
手コキ美女と本番できた方法
「今日、誕生日なんだ」と言ったら、本番をプレゼントしてもらえるのか?以前成功した本番プレゼント作戦の第二弾。
第1弾は素晴らしいすべり出しです。……しかし、プレイ後に町田、考えました。あのAちゃん、店員が「性格がMで、リピーターもガッチリ付いてますから!」と言っていました。そう、彼女はMなのです。「本番したこと二回目」なんて言ってましたが、Mってことは頼まれたら断れない可能性があります。そして「頼めば本番ヤラせてくれるから、リピーターガッチリ」ってことも大いに考えられるのです!
……ってことは、Aちゃんはかなりハードルが低かった可能性があります。本番なんて、ティッシュ配り感覚だったかもしれません。こうなったら次は、もっとハードルが高い嬢を攻めましょう!向ったのは、池袋の『P』という店です。ここには、「Hな小悪魔濃厚コース」というものがありまして、基本コッチは受け身で、お姉さまが責めてくるというもの。こちらからは、キスと軽いタッチはできるのですが、指入れとかはNG。1軒目のようにコッチがイニシアチブを取るのは難しそうです。でも、だからこそ、この店のお姉さまに「誕生日本番プレゼント」をもらえたら……これは完全勝利と言っていいのではないでしょうか??
池袋駅東口から徒歩5分。案内所で女のコを選びます。おぉ!この満島ひかり似のショートカットのBちゃん(21歳)!気が強そうな美人じゃないの!どうなのこのコ?
「彼女は、かなりのSっぽい性格ですね。しかもエロいので、受け身が好きな男性ならば楽しめますよ!」
エロくてS。検証するにはピッタリじゃない! このコに決定!60分1万7千円(ホテル代別3000円)を支払い、指定のビジネスホテルへと向いました。さぁ、誕生日作戦は、S女にも効くのでしょうか?
「へ〜、21歳なんだ。じゃあ、俺と19歳も離れてるんだね。俺、今日で40歳になったんだよね」
はい、と、いうわけでBちゃんとのプレイに入っております。今まさに、先ほども使ったテクニックで、誕生日をサラっとアピールしたところです。現場の町田足土です(カメラ目線で)。
「へ〜、そうなんだ。よくフーゾクには来るんですか?」
「ううん、ほぼ来ないんだけど……なんか今日ももうすぐ終わっちゃうし(このセリフを言うために、夜の10時に来店しております)、なんにもないのは寂しいなって思ってね」
「あ〜、そうですよね〜」 
Bちゃん、Sな性格にも関わらず、敬語まじりの言葉遣いです。あきらかに「誕生日なのにひとり」というボクに同情しています。
「そっかー。じゃあ、楽しみましょうね。とりあえず、ひとりでシャワー浴びてきてもらえますか?」
「あ、一緒に入るんじゃ……ないの?」
「あ、はい。すいません、そうなんですよー……」
謝った! S女が申し訳なさそうな顔しました!
あきらかに「この人は、ひとりぼっちの誕生日で人肌に触れたいって思ってるのに、なんか申し訳ないなぁ……」って顔してました!なんだか…テンションが上がってまいりました!光りの速さでシャワーを浴びて部屋に戻ると、黒の下着上下に黒いストッキングの姿に着替えたBちゃんがもじもじと立っていました。やばい!Dカップはありそうなオッパイに目が釘付けです!
「じゃあ、ベッドに寝てもらえますか?」
言われた通りにベッドに横になると、ボクのオナカの上に股がり、乳首をつめ先でチロチロといじってきます。くわ〜〜、気持ちいい〜〜!!
「ん…〜〜気持ちいい……」
「あ、気持ちいい?乳首弱いの?」
「うん、乳首、舐めて?」
「あ、ウン。いいよぉ…」
先っちょが硬くなった舌で、右の乳首を刺激したり、チューチュー吸ってくるBちゃん。いいじゃないか。それならばこちらは、両手を伸ばして、Bちゃんのお尻をモミモミと揉みまくります。
「あぁ〜、やだぁ〜。ダメ、触っちゃ……」  そんな声などおかまいなしに両方の中指を、ムァンコのあたりにあてがいます。グイっと押すと、ムニュっと柔らかい肉の弾力が指に当たる。心地良い〜。
「もぉ〜、そういうのダメ。私が攻めるんだからぁ……」
Bちゃんの顔が薄ピンク色です。キリっとした目が、トロ〜ンとしてます。ここは攻めるしかない!右の中指を、スッとパンツの横からすべり込ませ、そのままムァンコに挿入します!あらら!ヌルルっと、奥まで入っていくじゃありませんか!!
「あ〜〜〜、あ。ダメ……!このコースは……指入れしちゃ……ダ……メ……」
「…だってBちゃん、マジでカワイイからさ……気持ち良さそうにしてる顔、もっと見たいんだもん。もうちょっとだけ入れさせておいてよ?お願い!」
真剣な目で見る。まぶたが落ちた目でしばらく無言のBちゃん。これは……どうだ??
「じゃあ、あんまり……激しくうごかさないでね?」
来ました来ました!指入れNGの店なのにOK出ちゃいました! これはもう動かすしかありません。ゆっくりゆっくりと、ハチミツを混ぜるように指をかきまぜます。10分間、丁寧にかきまぜ続けます。「ハァハァ」と耳元でアエぐBちゃん。もうムァンコはパンツまでビチャビチャになるほどに大洪水状態。……あのーー……これ、またしてもイケちゃうんっじゃないの?
「ねぇ……Bちゃん。入れたい」
「…ん……え?」
「おちんちん入れたい」
「……ダメ、だよぉ……」
しぶとい!顔の表情もイヤがってないし、むしろ感じまくっているのに!これはもう、必殺のストレートを撃つしかない!
「お願い。……今日、誕生日だし。プレゼント、ちょうだい?」どうだ!
これ以上のストレートはない!どうだ!!
「……………………」
「………………」
「……………………じゃあ、特別ね」
キッターーーー!(心の中でプラトーンのポーズ)指入れ無しの店で本番成功!?これ、間違いなくフーゾク界の革命じゃないですか??やったーーーー!!(万歳)さぁ、それではさっそく挿入を……と思った瞬間、気付いてしまいました。そう、今回、店から指定されたホテルは「ビジネスホテル」。なんと、コンドームが置いていないのです。
「…どうしよう…。ここ、ゴムないかも。Bちゃん持ってる?」
「え?……持ってないよ。だって必要ないから、……」
Bちゃん、ゴム持ってないってことは、本当に普段は本番しないってことの証明ですよ。これはリアルです!リア…
「じゃあ、イキそうになったら、外に出してよね?」 
……ルぇぇぇええーー?
生本番いいの?マジで?すっげープレゼントなんですけど???Bちゃんは手首を返して、ボクのティンコをつかみ、パンツの横からグニグニとムァンコに入れだしました!うわーーー!!スゲーーー!!!
「ああ〜〜、本当に、本当に、外に出してよ…ガマン汁も出さないでよぉ〜〜」
そう言いながら、ズッパンズッパンとティンコの上で上下するBちゃんの身体。生のヌメり感がティンコのカリ部分からサオ、根元まで絡み付いてきます。
「気持ちいい!Bちゃんの身体、マジで気持ちいい!!」
「良かったぁ!私も気持ちいいよ!」
「エッチ、いつぶり?」
「ん〜〜〜……半年前…。本当に仕事でエッチしちゃうの初めてだから……ね?あっぁ!!」
Dカップのオッパイを揉みしだきながら、奥まで生ティンコを突き刺す!突き刺す!快感の波がバンッバン訪れます。正直、5分ともたず、絶頂がやってまいりました!もう限界!!  最後の最後、根元までグググっと差し込み、そのままティンコを引き抜く!
 「いやあああああああ!」と叫ぶBちゃんのオナカに白い液をこそぎ出しました。ビューーーっと飛び散る精液。快感が引っこ抜かれていきます。あああ…、気持ちいい!!
「………………お誕生日、おめでとう」
数億の子種が死んでいく姿を見ながら、Bちゃんはそう言ってニッコリと笑った。いや、これはフーゾク界の革命、来ちゃったんじゃないでしょうか?
実は3軒目。手コキのみの「回春マッサージ」の店でも試したんですが、本番はできなかったものの、ディープキスとオッパイ舐めと、手マンとフェラまでは行けました。もしかしたら、その店はそこまではOKの店だったかもしれませんが。とにかく、「誕生日なんだ」は最強の魔法の言葉なのは間違いありません!
4、手コキくらいならできる上玉素人娘の見つけ方
今の若い女性の貞操観念からして、2万円で本番できる子は全体の数%かもしれないが、1万円で手コキできる子なら50%は越えるように思える。脱がずとも良く、病気や妊娠の心配もなく、ただお手々でシコシコするだけで1万円。まぁ、やるでしょう。相場なら5千円でももらいすぎなほどの軽〜いプレイなのだから。だが女心は難しい。道端でいきなり「1万で手コキしてくれる?」と交渉しても、まず彼女らは逃げてしまう。心の中ではやぶさかじゃないにしても。持っていき方が悪いのだ。やんわり手コキ可かどうか確認したうえで交渉に入れば、なんら問題は生じないのに。さてそこで上のチャートを見てもらいたい。一見ただのYESかNOを選んで進めていくアレだが、実はこのチャートには素晴らしいトラップが仕掛けられている。真ん中らへんにある文字に注目してほしい。
1万円もらえるなら手コキくらいできる説明しよう。このチャート、どこをどうたどっても必ずこの質問を経由する仕掛けになっていて、なおかつここで「YES」を選んだ場合のみ最終的にCタイプに、「NO」を選べば残りのABDへ進むようできているのだ。つまり、道行く女性にこのチャート診断をやってもらい、「Cタイプです」と答えた子にのみ1万円をちらつかせれば、いとも容易に素人の手コキを味わえるのである。まさに天才の所業と言うしかないですな。
質問を追う指が手コキの質問で止まった。
「あの、手コキってなんですか?」
「その~、手で男性のアレを…」
「え? じゃあムリだぁ」
結果はB。手コキも知らないなんて、ひょっとして処女か?
「C…ですかね」
Cキター! 本日最初のCが来ましたよ! 彼女、お金と引き換えに手コキする女子ですよ!さて、いよいよ真の目的を明かすわけだ。ああ、緊張する。でもどうしてもここは切り出さなきゃいけない。
「なるほど、Cですか。Cですね」「はい」
「えーっと…実はですね、ボク個人的にお願いがありまして」
「お願いですか?」
「その、手コキを、今からしてくれないかと」
キョトンとしている。なんだよ、手コキできるって答えたじゃん。
「どうでしょう」
「いや、ムリですから」
「え? でもCを選んだでしょ?」
「選びましたけど」
「それってつまり『手コキできる』でYESだったんですよね?」
サッと後ろを向いて小走りで逃げていく彼女。意味わかんないんですけどー。
「えっと、Cかな」
よし。でもまだ油断はできない。
「Cでいいですか?」
「はい」
「えっとですね。ここからは個人的な話なんですが、今、さくっと手コキしてもらえないでしょうか。いや、そこのカラオケで…もちろんお金はちゃんと払いますから」
「マジで言ってんの? いま?」
「マジ。お願いします!」
「えー。ティッシュとか持ってないよ」
ついに建設的な意見が出ました。ティッシュくらいオレがいくらでも持ってます。さあ、行きましょう! 彼女は25才で居酒屋勤務、今日はブラブラしてから仕事に行く予定だったらしい。カラオケに入ってコートを脱ぐと…けっこうなデカパイじゃないですか。
「エンコーとかしたことあるの?」
「うーん。結果的にそういう感じだったのはあるよ」
昔付き合っていた男の先輩にせまられ、ヤッた後に2万円渡されたことがあるとか。それは口止め料ってヤツじゃないか?
「さっそくお願いしていいかな」「ああー、いきなりだね」
パンツを脱いで息子を出す。やべ、このシチュエーション興奮するわ。もう半立ちだし。彼女の暖かい指がサオを握った。あー、キモチイー。
「もっと激しくしちゃっていいよ。ガマン汁をサオに塗ってごらん」
恥ずかしいのか、彼女はチンコではなくカラオケのモニターのほうを見ている。うーん、もうちょっと心を込めてほしいなぁ。あ、でもイキそっ!「イキそう。見てて」「え、うわっ!」
大量に放出された精子が、ティッシュに収まりきらずシートに垂れてしまった。満足!
「ハイ。終わりました。Cで」
来ました! Cです! やっほぅ!!
「ありがとうございます。Cですね」
「はい。これ、なんか謝礼とかもらえるんですか?」
「いや、用意してないですけど、手コキがOKということなら個人的に1万円渡せます」
「手コキってなんですか?」
「…は? そこの質問YESだったでしょ…」
「よくわからないけど、適当に進んでみただけです」
なんだよ、それ。期待させんなよ。手コキの意味を丁寧に教えてあげたところ、「そういうのムリなんで」と立ち去られてしまった。
「Cタイプです」
ええええー! そんな清楚な雰囲気でC選んじゃうんだ。やたらニコニコしてるけど、ずいぶんなカミングアウトをしてることに気づいてないのか?
「ありがとうございます。そしたら、ぜひコレ、手コキをお願いしたいんですけど」「え?」
「いや、YESを選んだからCになったはずなので…」笑顔のまま固まってしまった。
「ボク早いんですぐ終わりますから」「あー、えーっと、ごめんなさい」
表情を変えぬままスタスタと去っていった。「Cでお願いします」うわうわうわ。嘘でしょ。そんなデキる女風なのに、手コキOKなんですか。仕事だけじゃなく、手コキもできる女なんですか。
「えっと、Cを選んだ方にお願いしてるんですけど、これから手コキしてもらえますか」
「はい?」「だから、手コキを…」「みんなしてるんですか?」「はい、してくれてます」
「私はダメです。失礼します」ずいぶんはっきりしてますなぁ。「Cタイプでした。ていうか、こ
の質問おかしくないですか?」手コキの部分を指さしている。
「そうなんですよ。でもCですよね?」
「はい、一応」「おいくつなんですか?」「27です」「お仕事はなにしてるんですか?」「派遣です」「この後、予定は?」「家に帰ります」
「なるほど。で。お願いなんですが良かったら手コキしてもらってもいいですか? いや、個人的に
してほしいだけです。だってYESにしたでしょ」
「見てたんですか?」見てたんじゃなくて、Cの人は自動的にそうなるの。1万円で手コキしちゃう子なの。飲み屋が集まる一角でトボトボ歩く女性を発見した。いい女じゃん
「1万円ですか…。もうちょっともらえれば嬉しいんだけど…」
…さて、どうするべきか。金はあるけど、手コキだけだもんなぁ。つーか1万でいいって自分で選ん
だのに。仕方ない。ちょっとプラスしよう。
「1万2千円でどうですか? 手持ちがあんまりないもんで」
「うーん、どこでですか?」はい、こういう建設的な質問が出たということはもうOKですよ。
本日2度目のカラオケへ。
「はい、じゃあこれ。派遣社員ってあんまり稼げないの?」
「そうですねー。今のところは、まあまあもらってますけどね」
ふーん、でも+2千円要求してくるってどうなのよ。
「じゃあお願いします」「恥ずかしいなぁ」
冷たい手が一気にサオを包み、のっけから激しい手コキがはじまった。
「出すとき言ってくださいよ」「もうちょい優しくして」
「えー、できないできない。早く出してください」
そんな事務的にならないでくれよ。そんなんじゃイケな……くもなかった。ふぃー。
5、ミスレベルの女子大生のオマンコが見たいなら手コキやオナクラへ行け
上玉な女子大生とエッチが出来る穴場だ
このレベルの女子大生のオマンコが見れるなら手コキ店で十分!?
一発10万の高級ソーブや高級デリ、学生専門をうたうピンサロに行っても、本物の女子大生、それもミスキャンバス候補クラスの超ハイレペルな女子大生は絶対に現れない。
憧れの女子大生とエ口いことがしたいとき、我々男たちはいったいどこに行けばいいのか。答えはただ1つ、オナクラしかない。
女子大生だらけのオナクラがある。マニアたちの間でも東京で一番のレベルを誇る名店とうたわれ、写真指名なしで入っても絶対にハズれを引くことがないオナクラとして伝説になっている。その代わり、料金も手コキ店としては最高水準だ。30分のコースで入会金とホテル代も合わせると1万円超。フェラもないのにこの値段、だからこそS級女子が集まるのだ。
ホームベージを覗いてみると、本日出勤している15人ほどの女の子の写真が載っていた。半分はア
バレルや店員などの社会人で、残りの半分が学生だ。どの女の子も顔にモサイクがかかっているが、服装やスタイルなとの雰囲気は上品そのもの。期待が高まる。とりあえず直接お店に行って、モザイク無しの写真を見ないと。電話に出た愛想のいい店員によると、常時5人以上は動ける状態なのでいつ来てもいいとのこと。さっそく電話の誘導で受け付け場所に向かった。
「いらっしゃいませー。上野さまですね。こちらへどうぞ」
店員に促されるまま、受付のスペースに移動すると、横の壁一面に、100枚近くの女の子の写真バネルが貼リ付けてあった。本当にぷったまげた。どれもこれも細身で色白の超美形ばかりで、モデル事務所の写真を見せられてるようだ。ざつと見た感じ、ハズレがたったの1人もいないりこんな奇跡のような場所があるなんて。
「はい、ではコチラが本日出勤してる子になリます」
店員から数枚の写真を手渡された。普通ならこの時点で瞬間的にハズレを除くものだが、可愛い。とりあえず店員に女子大生の子だけをビックアップしてもらうと、2人の候補が上がった。
ー人は竹内由恵アナ激似の子で一番タイプだが、60分待ちとのこと
隣りの米倉涼子を柔らくした感じのAちゃんなら5分で入れるらしい。彼女に決定だ
近くのレンタルルームに移動した。3畳程度のレンタルルームに入り、待つこと10分。ついに女の子が現れた。
「こんばんはー、どーもー」
笑顔で登場したAちゃん、思わず絶句してしまうほどの美少女たった。バッチリしたニ重に真っ白でツヤツヤの肌笑ったときに覗く歯並びもよい。米倉似のバネル写真も相当可愛かったけと、実物の方が可愛いなんて経験は初めてだ
こんな美人の半径1メートル以内に立ち入ったことすらないのに彼女にチンコをしごいてもらうと思っただけで倒れそうになる。思わず立ち尽くしていると、挨拶を終えたAちゃんがマゴマゴしている。まだブレイの流れを理解してないのかも。
「どうすればいいかなっ」
「えーと、じゃ、とりあえず服を脱いでもらえますかっ」
いわれるまま全裸になって、ベッドに座ると、Aちゃんが横に座った。なんだか緊張するないきなりチンコをしごかれるのも味気ないので、少し学校の探りでも入れてみよ
「学生って書いてあったけど、女子大行ってるのっ」
「いえ、共学ですよ」「短大っ」「いえ、4年制です」
「そうなんだ。キャンパスは新宿なのっ」「いえ、お茶の水ですね」
4年制の共学でお茶の水にキャンパスとくればN大かM大か。
「雰囲気、文系っぼいよね」「ホントですか文学部ですよ」
確かN大は理工学部のキャンバスだったはずだ。てことはM大で決定か。彼女のレベルならミスキャンバス間違いナシですよ、ホント
「それにしても、Aちゃん可愛いよね」
「そんなことないですよ」
「でもみんなにいわれるでしょ」
「いえいえ。ここにいる子たちみんなすっごい可愛いんですよ。最初に待機室入ったときビックリしましたもん。ホントにモデルさんとか芸能人みたいな子ばっかりで」「そんなにっ」
「うん。ほかの子も気になったでしょ」
確かにバネル写真の子たち、みんな可愛かったもんな
学校もわかったことだし、そろそろシコシコしてもらおうか
「じゃ始めてもらっていいかな」「あ、はい。じゃ触リますよっ」
Aちゃんの温かい指先が半勃起状熊の愚息に触れた。慣れてないのか動かし方がぎこちないしかしそのつたなさが素人っぼさを強調し、彼女がごく普通の女子大生たということを思い出させてくれる。そのたとたどしい触り方、オジサンたまらないです。
でも渇いた指でイジられ続けてもイマイチなので、口ーションブレイをお願いしてみよう。
「わかりました。じゃ口ーション付けちゃいますね」
口ーションでヌルヌルになった手がチンコを包み込むと、勃起の勢いが少し増してきた。よし、ここらで目をつぶって妄想してみるか。M大学のミスキャンパスの表彰台でインタビューを受けてる彼女、客席からは「可受いー」とか「俺と付き合ってー」などとファンたちから声援が飛んでいるその声に照れながら右手を小刻みに振って答えるAちゃん。
その右手が俺のチンコを握っでいる。おお、チンコが硬度を増してきたぞ
「ところでAちゃん、授業は出てるの」「出てますよ」
「学校のみんなは、このパイト知ってるのかなっ」
「もちろん内緒ですよ」と、その瞬問、彼女の顔が少し赤らんだ、おお、可愛いと同時にヌルヌルのチンコを握る手に徴妙な変化が。ヤバい、早くもイキそうになってきた。しかし、まだ射精するわけにはいかない。時問はもう少し残ってるみたいだし。
「へえ、学校では真面目で通ってるんだっ」「そうでもないですよ」
「この子がオチンチンいっばい触ってるなんて、教授は知らないよね」
イタズラな言葉攻めを開始したが、その点は向こうの方か一枚上手だった。
「出そうでしたよ」
「うん、もう出そう」
「えー、ダメですよ、まだ時間いっばい残ってるし」
Aちゃん、こちらがイキそうだと分かった途端にイタズラっぽく笑い、口ーションにまみれた手の動きを一段と早<する。
「気持ちいいのっ」「ウン」「じゃ、私の顔見ながら出してくれるっ」「ウン」
さすがはハイクラス女子大生、緩急をつけた攻撃にもソツがない。もはゃ素直に従うしかない。
「あー、オチンチン張リ裂けそうになってきたよ」「あ、もう、出ます」
最後はチンコの様子を実況されながら、彼女の手の中にドクドクと放出したのだった。ミスキャンクラスの子の手を汚しまくり、その脳裏に力ッチカチのペニスを印象づけられる
ー万円越えでも納得のプライスだ。

風俗未経験のオナクラ店手コキ店のハイレベル新人嬢は脇が甘くフェラや本番も出来る!?

0212_20190411152331beb_20191105173420b0d.jpg0213_201904111523327e2_20191105173421899.jpg0214_201904111523348e9_2019110517342267f.jpg0215_20190411152335b2c_201911051734245b6.jpg0216_20190411152337964_20191105173425539.jpg0217_201904111523383c0_20191105173427178.jpg0218_20190411152340643_20191105173428610.jpg0219_20190411152341e7c_201911051734309f8.jpg0220_201904111523435ed_20191105173432467.jpg0221_20190411152344330_201911051734337b3.jpg0086_20190123134118be9_20191105173418def_20200116101819317.jpg

卒業や転勤などで、人間の流れが大きくうねる時期だ。当然のように、フーゾクにも新人が入ってくる。そんな春先に、業界未経験のまっさらシロートちゃんが真っ先に飛び込むのはどこか? 
素直に考えればオナクラだろう。いきなり生尺連発のピンサロや、本番可能性大のデリヘルに入れるのは、よっぽど私生活のスレた女だ。まともな子ならば、まずはオナニーを見て手コキするだけのオナクラに目が向くはずだ。
となると悪い考えが頭をよぎる。
(4月オナクラの新人嬢は何も知らないウブ娘だから、そのスキに付け込んで全裸にさせたり、フェラさせたり、あわよくば本番もできたりして!)
この推理、的外れとは思えない。ま、4月に限定する必要はないかもしれないが、この時期だからこそ新生活に不慣れな、だから新しいバイト先でも隙だらけな、そん
な嬢が多いのではないか。3月のうちから都心のオナクラ店のいくつかのメルマガに登録し、新人入店のお知らせを待ったところ、「脱がない・舐めない」をコンセプトにしている大手オナクラから体験入店メールが届いた。脱ぎオプションやゴムフェラなどもない、サービスのマックスが手コキの店だ。 
りさちゃん。20才のフリーターで、完全業界未経験とある。 
この手の「業界未経験」フレーズはにわかに信じがたいものだが、オプション欄のキスに×印がついているあたりが、いかにも本物の匂いを醸し出している。すぐに指名しよう。初出勤は本日14時。しかしすでに「クチアケ」は他の男に取られたようで、予約が取れたのは17時からだった。数人の客を相手にしたあとでも、りさちゃんはまだウブなままでいてくれるだろうか。夕方5時。ホテルで待つこと十数分、部屋のインターホンが鳴った。ドアを開ける。
「あ、どうもはじめまして…」 
力ない声で現れたりさちゃんは、アパレルの店員といった感じの美少女だった。周囲をキョロキョロとうかがう様子は、いかにも新人。タイマーを押す手つきもぎこちない。
「おにーさん若いですね」
「そうかな?前のお客さんとかどんな感じだったの?」
「うーん、2人ともお父さんくらいの歳だったかな…」
「へえ」
「だから若い人で良かったーって」
「そうかな?俺も体力的にはオヤジ世代に負けてるかもしれないけどね…」
「アハハハ!ウケる、超弱気なんだけど!」
「じゃあとりあえず手でしてもらえるかな」
ズボンとパンツを脱ぎ、フニャチンを差し出すと、りさちゃんがおずおずと右手で撫で始めた。力が弱すぎる。これは本物の未経験と見ていいだろう。プライベートでもシゴいたことがなさそうな手つきだ。ではそろそろ、ワキの甘さをチェックしよう。まずは軽めにいっとくか。上も脱いで全裸になった俺は、ごく当たり前のように要求した。
「乳首舐めてくれないかな」
「え…」
「俺、乳首好きなんだよね。少し舐めて」
仕方ないな、という表情になった彼女が乳首を口に含んで、舌をレロレロ動かした。ほう、これくらいは抵抗なくやるんだな。どのくらいまで行けるんだろうか。とりあえず攻めてみよう。「俺も脱いだし、りさちゃんも脱いでほしいな」
「えっ、それは…」
「でもオナクラってお客さんのオナニーを手伝うお店でしょ?りさちゃんが脱いでくれたら気持ちよくオナニーできそうなんだけどなぁ」
「男のひとって、そういうものなんですか?」
「そうだって、当たり前じゃん!
りさちゃんみたいな可愛い子の裸見て喜ばない男なんていないって!」
「そうなんですか…」
「それが男なんだって!だからお願い、俺を助けると思って!」
「わかりました、じゃあ…」 
我ながらバカみたいな頼み方だが、なんとかなったようだ。りさちゃんはワンピースを脱いで、下着姿に。しかし下着まで脱ぐのは抵抗があるのか、モジモジしている。
「早く下着も脱いでよ」
「えっ、下着もですか?」
「当たり前じゃん。脱ぐって言ったら全裸なのは風俗じゃ当たり前だから」
「そうなんですか、わかりました…」手を背中に回してブラを外すりさちゃん。小ぶりな乳房が出てきた。これ、デリヘルなら当たり前だけど、彼女はオナクラ嬢。本来なら脱がないはずの子なのだからありがたみもひとしおだ。おもむろに乳首を吸ってみた。特に声は漏れてこないが、ときどき腰のあたりがピクッとするのがタマらない。
「前のお客さんとは、こんなことしなかったの?」
「はい…」
「どうして?」
「え、言われなかったし…」
言われたらやる子なんだな。素直でよろしい。じゃあ次は下も触りましょう。なにも言わずに手をりさちゃんの股間へ。と、ここでストップがかかった。
「そこはダメです…」
「え、なんで?」
「ダメなんです。すみません」 
理由になってないが、そもそも彼女の立場にすれば理由なんて必要ないわけで。
「じゃあフェラできる?」
「無理です。すみません」 
ま、ここまでできれば上等か。なにせ、しつこいようだけど、彼女は本来、脱がないはずのオナクラ嬢なのだから。残り時間はローション手コキに費やし、無事に発射した。りさちゃん、手マンやフェラを拒んですみませんと謝ってるようじゃ、いずれ他の客にヤラれちゃうだろうな。 
翌日もメルマガ専用のメアドを開き、ターゲットを待ち受ける。
…来た来た。1日3件は未経験者の案内が来るあたり、やはり4月のオナクラは熱い。
2人目のターゲットはコスプレ系オナクラのみゆきちゃん19才に決定した。完全未経験で、キスもNG。期待が持てる。 今回も初回の枠が取れなかったので、クチアケ2時間後の15時に予約し、レンタルルームで待つことに。コンコン。ドアがノックされた。
「こんにちは!」 
元気な声で入ってきたのは、セーラー服コスプレの黒髪ちゃんだ。やたらハキハキしてるのは緊張の裏返しか。
とりあえず全裸になり、手コキをしてもらおう。向かい合ってシコシコシコ。
ビジュアルのおかげで立つことは立ったが、どうにも下手で気持ちよくない。この子もホンモノ新人か。では崩しに入ろう。まずはセーラー服の下に手を……。あっさりガー
ドされてしまった。しっかりしてんな。胸すら触らせないとなると手ごわいぞ。 
お互い沈黙し微妙な時間が流れ、しばらくしてみゆきちゃんがもらした。
「あの、すいません。私慣れてなくて…気持ちよくないですよね」「うん、仕方ないけど、ちょっとこれだとイケなさそうかなぁ」
「えっと、じゃあ私、どうしたらいいでしょうか?」
「んーじゃあ、胸だけ見せてもらっていいかな?」
「見るだけですか?」
「うん、見るだけ」
「じゃあ、見るだけですよ?」  しつこく確認してから、みゆきちゃんはセーラー服を脱いだ。が、ブラは外そうとしない。それじゃ胸、見えないんですけど。
半ば強引にブラのホックに手をかけ、一気にはがしとる。Cカップほどの乳房があらわれた。 こうなるとタッチまで行きたいところだ。「ちょっとだけ触ってもいいよね?」
「ごめんなさい、それはやっぱり…」
けっこうキツめに拒否されている。
「絶対痛くしないし、やめてって言われたらすぐやめるから、ダメ?」
「うーん、それでもちょっと、ごめんなさい…」
そのときタイマーが鳴ってしまった。残り10分だ。
「えっ、ごめんなさい! まだイケなさそうですか…?」
「うーん、君が悪いわけじゃないんだけど。やっぱダメだわ。ごめんね」
「あの、どうすればイケそうですか…?」
おっと、これはチャンスなんじゃないか?
「じゃあ、おっぱい舐めさせてくれないかな?」
「うーん、そういうのはやっぱり…」
「ここまでしといてこのまま帰るなんて、辛くて耐えられないよ」
「そんなに辛いんですか、男の人って」
「うん、もうメチャクチャしんどい。だからお願い、それ以上は絶対しないし、そうしたら絶対イケるから!」
「他の人に言いません?」
ついにOKが出た。やはり新人、イカせなければ自分のせいだと思っちゃうものなのか。完全に客の責任なのに。遠慮なく乳首を口に含むと、
「ん…」
と控えめな声が漏れた。いやー、この素人乳首オイシイわ。 最後はおっぱいをチューチュー吸いながらの手コキでフィニッシュ!ごちそうさま!
そしてまた翌日。再びメールボックスに張り付く。3日目ともなると慣れたもので、すぐにターゲットは見つかった。 
体験入店、まりなちゃん。プロフィールには20才とある。 
ちなみにここ、入店3日目までは手コキすらついてない、ただ見るだけのコースしか選べないという厳格な店だ。 
そして今回はメルマガ受信がドンピシャのタイミングだったので、クチアケで予約が取れた。 ホテルに入って待つ。コンコン。
ドアがノックされ、まりなちゃんと対面。おっ!
今回はみんな美人ばかりだったけど、その中でもこの子が一番のルックスだ。しかもハッキリとくびれが確認できる細身。胸はAっぽいけども。それはそれでアリだろう。
「あー良かった…こんな可愛い子が来てくれて」
「あはは、そんなことないですよ〜」
かなり緊張した様子だ。
「最初は緊張しちゃうよね。こういう仕事だと特にそうだよね」
「そうなんですよ〜。だから優しそうな人でよかったって」  彼女は大学3年生で、お小遣い稼ぎにオナクラで働こうと思ったとのこと。
「俺もちょっと前まで大学生だったけどさ、女の子にだけ甘い教授とかいたよね」
「あっ、それわかります! 単位ねだるときだけミニスカ履いてましたもん、私」共感を呼びそうなトークで場をあたためておく。なにせ初日の初の客だ、緊張しっぱなしではガードも緩くならないだろう。
「じゃあ、そろそろお願いしようかな」
「はい、よろしくお願いします」 
まずはコースどおり、俺だけ全裸になり、彼女には服を着たままオナニーを見てもらう。 シコシコシコシコ…
「あのさ、ちょっとだけ手でしてもらえないかな?」
「ん〜見るだけって言われたんですけど…ま、いっか」
あっさりと快諾してくれた。ずいぶん楽チンだな。仁王立ちになり、なかなか上手い手コキを味わいつつ、さらにリクエストを。
「ちょっとだけ乳首いじってもらっていい?」
「え〜乳首好きなんですかぁ?」 
そう言って、ニヤつきながら乳首をいじる彼女。ふむふむ、ここもすんなりクリアか。この勢いでグイグイいっとくか。いったんベッドにゴロ寝し、まずは腰のあたりをボディタッチ。そのまま尻に手を回し、スカートの上から撫でまわす。これまたクリアだ。
では胸にタッチ。「あっ…」
「ん、ダメ?」
「あの、いっつもこうしてるんですか?」
「いや、そんなことないよ」「本当ですか?」
「いつもならオナニーして帰るだけなんだよね。だけど今日はまりなちゃんが可愛かったから」
「そうなんだ…これってお店にバレないですかね?」 
おっ、聞き捨てならないセリフが出てきたぞ!
「ラブホなんだし、お互い黙ってればバレるわけないじゃん」
「そうですよね」
「だからさ、お願い、絶対内緒にするから!」すると彼女はベッドに横になり
「小さいから恥ずかしいんですけど…」
うわ、めちゃワキ甘い!遠慮なく、服の上から胸を触る。本来なら見てもらうだけなのに、ここまでできている事実に興奮してくる。
「直接さわりたいんだけど…」
「そんなに興奮しちゃったんですか?」
「うん、これ触ってみて…」 
ガマン汁で濡れたチンコを握らせる。
「うわっ、すごいおっきくなってますね」「ね?いますごい興奮してるんだ。お店には絶対内緒にするから」
「絶対ですよ…」
なんとワンピースを脱いでブラを外してくれた。小さな胸に似合わない大きめ乳首の登場だ。思わずしゃぶりついた。と同時に、まりなちゃんが俺の頭に手を回してくる。完全な舐められポーズじゃん。
「あ…」
「気持ちいいの?」
「気持ちいいです」 
ここまで来たらいちいちお伺いを立てるほうがヤボってもんだ。黙ってパンツに指をかけ、下までズラす。これですっかりすっぽんぽんだ。あんた、見るだけの仕事でどうして全裸なのよ。でも手マンは拒否された。あまり気持ちよくないから、というのがその理由だそうだが、ほんとかどうか。
「じゃさ、お願いだから口でしてくれない?」
「えー、そこまでは…」
「本当にお願い!このままじゃイケそうにないし」「えー、じゃあ少しだけ」
出た!そのセリフを聞くや、仁王立ちになって、彼女の口元へチンコを押し当てる。と、なんと裏スジから攻める中等テクニックで亀頭を舐めまわしてくれた。いわゆるズボズボフェラじゃなく、レロレロフェラだ。
「頬張ってみて」
その要請に首を振るまりなちゃん。オエッとなる体質なのかな。でも、ま、見るだけ嬢がフェラしてるだけでも喜ばないと。 結局、レロレロチロチロの繰り返しでは刺激が弱いため、フィニッシュは手コキだったが満足マンゾク。
やはり4月のオナクラ新人は相当にワキが甘いんじゃないでしょうか。

デリヘルの新人嬢ってフーゾク未経験じゃなく単にその店の新人って意味じゃねーの?風俗未経験であると推測できるポイント
デリヘルのホームページには、新人とかニユーフェイスとかうたわれてる子がいます。でも新人といってもフーゾク未経験なのか、単にその店の新人なのかわかりません。こっちとしては前者のほうが断然嬉しいのですが。というわけでワタシの経験上、これさえ押さえておけば風俗未経験であると推測できるポイントを紹介しましょう。
1店への電話で名前を先に言わない
ベテランの風俗嬢はこんな感じです。『ユウカです。いま入りました』対して風俗新人の場合はこう『あ、入りました。はい、アケミです』違いは歴然ですね。ベテランは、店員が何本もの電話をこなしていることを知っているため、まず名前から告げて業務をスムーズに進めますが、新人はそこんとこをわかってないわけです。
2シャワーでびしゃびしゃ
2人でシャワーを浴びるとき、客のカラダにはバシャバシャとお湯をかけるくせに、自分には全然かけないのがベテランの知恵。彼女らは一日に何度もシャワーを浴びるため、乾燥肌でガサガサになってしまいます。それを回避するため、なるべく自分には水をかけまいとしているのです。よって、そんなことお構いなしにシャワーを浴びる子は新人の可能性が大です。
3お湯の後にイソジンを入れる
コップにイソジンとお湯を入れるときのことをよーく思いだしてみてください。これも新人とベテランでは手順が変わってきます。慣れてる子なら間違いなく、先にイソジンです。なぜならその手順のほうが混ざりやすいことを矢ロってるから。新人は先にお湯を入れてからイソジンを垂らす子が多いのです。

たった千円のチップでもプレイは段違いに良くなるものだ

1_20200103162601802.jpg2_20200103162602ddc.jpg3_20200103162604e21.jpg4_202001031626057eb.jpg0068_20200103162607319.jpg0069_20200103162608660.jpg0070_20200103162610edc.jpg0071_20200103162611e08.jpg0072_202001031626137cc.jpg0073_202001031626142ed.jpg
手コキ嬢が顔面騎乗OKならもらったも同然
「ラインはすぐに返さなきゃいけないもの」の心理を突いて撮影を
ワリキリおばさんは「Sキャラ→実は優しい」でセフレになる
たった千円でもプレイは段違いに良くなるものだ
「SMとかだけはダメ」言いながら女が服を脱ぐ。と想像もできないほど歳にしてはダラけた肉体が現れた。突起のないボディに薄い陰毛にふやけた尻肉。赤い陰唇だけがフレッシュでどうにか発情で きる程度だが田舎の女はこんなものと思い直せば喰えないことはない。トイレに行こうとする女に「俺つてシッコしているとこを見るとすごく興奮してすぐ出 しちゃうから」と声をかけバスル—厶に連れ 込んだ。しゃがんだ女の下半身にカメラ。女はタラ—ンとした目つきのまま勢いよく流した。このまま時間が経つと興奮が冷める。ベッドに戻つてナマフェラさせさらに尻も舐めさせた後で正常位で挿入「もっといろんなことして遊ばないの」と言う女を無視してイッキに射精した。
ここは投稿写真誌にあるようなナマ入れ、腹出しでもやってみるか。
「俺ってゴ厶かぶせるとダメになっちゃって。…で、ナマで入れていい?出すときは外にするから」「そういう人って多いですよね。いいですよ」女の快諾に、まずは後背位で挿入を試みる。が、尻全体が冷たい上に肛門のシワが多く、それを見ているだけでペニスが落ち込んでいく。
「あたしだとダメなんですか。やっぱり」気配を感じた女が言う。「そうじゃないけど、いろいろ舐めてくれるとかしてくれる?」「どこですか?」「お尻の穴を吸ってよ」「それくらいだったら」初めて不気味な薄笑いをするユリ。もう少しの辛抱だ。俺は女に向かって大きく尻を開いて待った。もっと早くしてくれたら気持ちよかったのに、と思えるほどその舌技は見事だった。唾液を塗り、舌全体で肛門の周囲を舐め上げてから、中心に舌を入れ「ズ、ズーツ」と吸われると、快感が脳天に走る。そのまま出したいのを必死に我慢し、正常位の姿勢で膣に入れる。それでも女は無表情だ。俺は気にせず、射精の瞬間ペニスを抜いて女の乳房に精液を垂らした。

手コキ風俗オナクラで仕事に慣れてない素人嬢に裏オプション(フェラ本番エッチ)交渉

手コキ風俗オナクラ手コキ風俗オナクラで裏オプション交渉手コキ風俗オナクラで裏オプション交渉手コキ風俗オナクラで裏オプション交渉手コキ風俗オナクラで裏オプション交渉手コキ風俗手コキ風俗手コキ風俗手コキ風俗
オナクラで裏オプションに挑戦オナクラで裏オプションに挑戦オナクラで裏オプションに挑戦オナクラで裏オプションに挑戦
1、オナクラで裏オプションに挑戦してみる
仕事やプライベートを合わせれば、確実週一以上のサイクルでフーゾクへと通う。当然のことながら金が矢のように無くなっていきます。しかも、大金出して女のコか可愛ければむくわれますか、写真指名にもかかわらず、「えこんな顔だった」と、最近の写真修正技術を目の当たりにすることもしばしば。どこかに安くて可愛いコばかりのフーゾクはないかしらと、そこで思いつくのが、ビデオボックスオナクラでおなじみの『手コキフーゾク』。
「フェラなし・脱ぎなし・タッチなし」という内容から、「女のコ高レベル・低料金」という夢のような条件を一現したフーゾク界の新大陸でハイレベルのギャルに射精のお手伝いしてもらえるのです。なんて素敵なしかし、だからこそ、疑問に思うのです。女たち、いったい幾らもらってるんだ
8千円が店と折半だとしても4千円、いくら何でも安すぎじゃんーそこで、ボクは考える。彼女たちには、実は手コキ以外に秘密のオプションがあるのではないか。店員に気づかれないよう、タッチやフェラ、もしかしたら本番だってヤッてるのではないか。
「●●ちゃん、手コキもいいけど、あと5干円出すからフェラしてよ」
「+イチゴーで本番ヤラせてくんない」
彼女たち、ノッてくるんじゃないでしょうか。ボクは、絶対ノってくると思います。というか、オプション付きが大前提とさえ考えてます。でもなけりゃ、可愛い娘さんが、知らないオッサンのティンコから精液シボり取って4千円なんて、効率の悪い仕事をするわけないじゃありませんか
それにしてもレベルが高すぎ
ネットで店を探してみると、現在、都内の手コキスト(手コキフーゾク愛好者)たちの間では、池袋にあるオナクラが「女の子のレベルがピカイチ!」と評価されていることがわかった。軽く手を握られ、プレイルームに通された。大きなソファ、壁には100種類近くはありそうな、コスプレの衣装がレールにかかっています。
「す、すごい数だねえ…」
「うん・でもお客さんのリクエストはだいたい女子の制服が多いんですけどね。ここでもオーダーできますよ。コスプレしてほしい?」
確かに制服が似合いそうなルックス。今着てるローライズのジーンズもイマドキでいい感じだけど……。どうする?ここで1千円プラスして着替えてもらうより、2万円で本番交渉した方がいいんじゃないか?でも、制服似合いそうだよなぁ。ん、いっちゃえ!
「じゃあ、あのセーラー服着てもらおうかな」「やった〜。じゃあ千円です」
Aちゃん、「うれしい〜」と言いながら、セーラー服をレールから外すと、スケスケな力ーテンの中で生着替えを始めた。ソファでボクの横に座り、ジーンズの上から股間をサワサワと触ってくる彼女。アッという間にガッチガチになるティンコ。作戦を立て直し、翌日再び。昨日と同じアンちゃんに写真を見せられ安倍なつみを超ギャルにしたようなBちゃんをチョイスした。金髪で日焼けしてつけど、顔は美少女。ん〜、この店、ホントレベル高いわ・ちなみに、今回はオプションを一切付けずに嶋分を選択した。どうせなら、女に直接払い、交渉を有利に進めたい。昨日と同じように、まずは制服コスプレのオプションを頼むと、「マジ嬉しい〜」と上機嫌のBちゃん。
うんうん、いいムードじゃないの。んじゃ、さっそく本題に入るよ。
「なんか前に来たとき他のコから聞いたよ。この店全然稼げないらしいじゃん?オプションも500円なんでしよ?」
「え〜、よく知ってるね〜・そう、マジありえないんだよねえ〜」
「で、そのコが言うには、店には内緒で、フェラとかエッチとか別料金でやってる子がいるって聞いたんだよね(聞いてないけど)
「あ〜〜、でもいてもおかしくないよね。ウチはやんないけど、そういう子はいると思うよ〜」
ええ〜〜?続けて翌日もチャレンジしたが、またも「他のコはやってるかも」との答。キスもできないまま、経費が減っていく。
コレじゃあボク、ただの常連客だよlあのアンちゃんにも「アイッ、明日も来るかな」
と笑われてるに違いありませんよキー!
「あのさーオレ、もっとcちゃんとエッチなことしたいんだけど」cちゃんは目を細めながら答える。「えー、何したいのお(微笑)」「エッチしたいなあー」「エッチは無理いーー」
いや、現実的な値段を提示すれば心が動くかもしれない。ここは、赤字覚悟で2万円でどうだ
「ごめん、エッチはホントに無理なのcは、今までフーゾクも援交もしたことないから…」
「じゃあ、何ならできるの」
「んー、おさわりとか、チューとか、ゴムしてくれるんだったらフェラとか大丈夫だよお。でもそこまでね」
そこまでOKなら、フーゾク嬢まであと一歩だよ。生フェラは?
「無理い。ゴムフェラー万円ね」「いやそりゃコッチが無理だよ。生フェラでもー万は高い」
「んー、じゃあ5千円でいいよ一」いきなり半額かよ。
じゃあさっそくお願いしまーす。が、問題発生。Cちゃん、ゴムを持ってないらしい。ボクだってそんなの持ち歩いてないよ。なんとか生フェラしてよ。ね、
お願い。必死の頼んだものの、そこは頑なに拒否されてしまった。結局、ディープキス+オッバイなめ+顔面騎乗6千円で交渉成立
力を入れると折れそうな細ウエストから、オッパイにかけてをナメまくり、ヌメヌメと動きまくるCちゃんの舌から出る唾液を飲みこむ。んんー美味しい
最後は、パンツ越しのムァンコに舌をはわせながら手コキでフィニッシュ。帰り際、写真に載せた名刺をもらいましたとさ。
手コキフーゾクは、噂通り軽めなオプションならやってるコは多そうだが、本番オプションをやってるコは最後まで発見できなかった。やっばり本番までヤレるコは、フーゾクやエンコーに行くってことですか。
2、次は別の店で手コキエステにロングコースで入って本番にチャレンジ
「オレ思うんやけど、手コキ嬢も人の子、指名してくれたりお金を落としてくれる客はスキだし、気に入られたいんと違うかな?」
「なるほど。たしかに」
「そこで、思いつきり長い時間のコースに入つてみるのはどうや? 女のコも、こんなイイ客は逃したくないてことになつて、フェラしてくれたり、本番もオッケーしてくれるんとちゃうかな?」
なるほど。ヘルス嬢よりはスレていないとは言え手コキまではやっちゃう訳ですもんね。そういう裏のプレイがある可能性は十二分にあるハズ。
それでは、思いつきり時間をかけて、思いっきりお金を落とす手コキに行って参ります。ウマく行ったら、もうちょっとだけ生きていようと思います。
やっぱり手コキ系の売りは、あくまでも手軽さとリーズナブル。
長い時間を設定している店自体が少ないようです。う〜ん、最低でも120分とか入らないと、「このお客さん、長い時間入ってくれて嬉しい 」なんて思ってくれませんよ
そんな感じで探すこと数十分
見つけました
新宿歌舞伎町にあるMなんとここは充実のコスプレが数十種類揃った店で、ロングコースは、なんと1
20分/ 値段は驚きの2万4千円(ホテル代別) です
フェラすらしてもらえないのに2万4千円
なんなんだその世界??普通のまともな人間ならゼッタイに行きませんよ
しかし、そんなベラボ—な値段だからこそ、女のコも良い客と思ってくれる訳です。もったいない気もしますが、ココロを鬼にして検証して来ましょう新宿歌舞伎町、某ビルの地下に案内所はありました。「すいませ〜ん」と声をかけると、見栄晴を太らせたようなス—ツの男が奥から出て来ます。エーット、今、行けるコいます?
「そうですね。すぐですと…この3 人になりますね」
そう言って、透明のプラスチックのカバ—で包まれた写真を出してくる
1人目は、金髪のギャルっぽいAちゃん(22歳) 。目のつり上がった気の強そうなタイプ。う〜んなんかS っぽい感じです。こういう女は、男に触られたり、攻められたりするのがイヤなタイプなんだよなぁ。きっと、長いコ—スで付いても、上から目線だからイニシアチブを取るのは難しいかも…。S は鬼門ですからね。
二人目はオッパイがF カッブ。前髪パッツンの二代目引田天功似のBちゃん(24歳) 。
うわ—、なんかメンへラ顔というか、不思議ちゃん系ですよ。
手首に切り傷とかいっぱいありそう。しかも(24歳) って書いてあるけど、絶対にもっと年いってそうです。F カップのオツパイはプラス材料だけど、あきらかに赤字になりますよコレは。
そして3 人目は…身長147センチ、体重35キロ の黒髮Cちゃん(18歳) 。
バスト75 と言う、驚きのロリな素材です。
顔はかなり純粋そう。しかもM つぽい感じで、イニシアチブを簡単に取らせてくれちゃいそうです。
今回の企画に合つているのは、C ちゃんでしょう。かなり言うこと聞いてくれちゃいそうです。「お願い、入れさせて!」つて押せば、「え?、一瞬だけですよぉ?」なんて、簡単に股を開いて
くれちゃいそうです(イメ—ジ)まぁ、もうちよとオッパイがあつたら、もつと楽しめたかもしれませんけども。
「じゃあC ちゃんで。120分」
「あ、はい。ありがとうございます!」いきなりの120分指名に、あきらかに驚く見栄晴。
「では、こちらがオプション表になります。お好きな項目にチエックを入れていただけますでしょうか?」
見栄晴が渡して来た紙にはオプション項目がズラっと並んでいました。その種類は無料から3千円まで50種類以上。
「え—店は手コキのみのお店です。これらのオプションを付けない場合、お客様は女のコには触ることができません。性器や乳首などを女のコが一方的に触つたり、言葉責めなどをして、最後はハンドでのフイニッシュになります」
こつちからは触れずに、手コキでイカされる。バリバリのM男ならばニッコニコのシステムかもしれませんが、ボクはそこまで修行ができていません。それに重ねて言いますが、女のコに「上客」と思わせなければならないので、しっかりとオプションも付けますよと、いうわけで、無料オプションから「コスプレ」( 高校の制服をチョイス) と「匂い嗅ぎ」。有料オプションから「女の子からのキス」( 千円) 「乳首ナメ」2 千円) 「ハードタッチ」(3千円) などをチョイス。
本当は「全裸でプレイ」もヤリたかったんですが、C ちゃんは全裸オプションNGに設定していたので、仕方なく「下着でプレイ」2千でガマンすることに。
結局、総額で3万2千円/手コキのためにこんな大金セレブすぎますよ
世の中には飢えに苦しんでいるカンボジア難民の子供たちとかがいるといぅのに、ボクはナニをやっているんでしょぅ。すぐに手コキギャルをカンボジアに派遣すべきですね。
お金を支払い、しばらく待合室で待っていると、見栄晴に「町田さま、C ちゃん到着です」と抑揚のない声で呼ばれる。
「外にC ちゃんが到着しました。このオプション表は女のコに渡して下さい。それでは、いってらっしゃいませ」地下の階段を上り1階まで昇ると黒髪にピンクのメガネチックのスカー卜に水色のTシャツという、ものすごく幼いカッコでCちゃんが立っていました。
「あ、町田さんですか?、よろしくおねがいします」
あれ? 想像では弱々しいイニシアチブ取られ子ちゃんだと思っていたのに、なんだかサバサバした感じです。オプション表が入った封筒をニコニコしながら受け取りCちゃんは言います。
「えと、町田さんて私、はじめてですよね?」
「うん、そうだね」
「なんか、常連の人が120分を入れてくれたことはあったけど…新規の人でいきなり120分て…勇気ありますね—。もし、写真とイメ—ジが違つたり性格が合わなかったら、2時間いるのって苦痛じゃないですか?」
まあ、たしかにその通り。でもそこは「まあね。でも写真を見て気に入ったからさ」と言うと「ありがとうございます。嬉しい」とさらにニコニコ。サバサバしてるけど、なかなか良いコぽいです。
近くのラブホへと移動し、さつそく部屋に入ります。さあ、ここから2 時間、セレブな手コキの始まりですよ
「じゃあまずコスプレに着替えるんですけど…このまま着替えちゃうね」
そう言って、なんと目の前で制服に着替えだす。たしか「目の前で着替え」つて、千円のオプションじゃ?…つてことはコレつてサ—ビス? いいじゃないいいじゃない
サクサクと黒の上下の下着姿になるCちゃん。多分Aカップもないペタンコの胸。まぁ、あんまり見れ
ても婿しくない下着姿だけど。そのまま制服姿になったC ちゃん、ベッドの中央に座ってたボクの目の前に座ったかと思うと、ボクの両方のほっベを、両手でキュっと挟むと、おもむろに唇にチュ—え?キスってほっべとかじゃなかったっけ?これはあきらかに120分へのサービス/上客と認められたと思っていいんですよね??
よ〜し、ここから120分間、たっぷりと規格外のサ—ビスをしてもらっちゃおうじゃないですか
「ダメだよ?ルールは守ってね?」
スルスルと服を脱がされていき、アッという間に全裸にされるボク。ベッドに横になると、すでにティンコはギンギンになっています。
Cちゃんがボクの左側に座りメガネごしにマジマジとティンコを見る。
「あなんか…太いですね—」
「そう( 笑) 。太いちんちん好き?」
「え(笑) 。どうだろう。っていうか、エッチ自体、あんまり好きじゃないんですよね」
「そうなんだ。で、S とMでいうとどっち?」
「ん—。どうですかね?Mでないことだけは確かかな—」
なにそれ? そんなビジュアルしながらSなの??鬼門ですよ
続いてC ちゃん、おもむろにテインコを握り、シコシコと上下にピストンを始めました。しかも同時にボクの左乳首をペロペロと舐めだします。
「ん??、乳首しよつば〜い。汗だらけ」
そう言いながらも更にチュチュ乳首を吸いながらコキコキを続けるCちゃん。ボクの顔を見ながらの乳首ナメは…なかなかイイ感じですよ
さて、もう前に出ましよう。
「ハ—ドタッチ」のオプションを付けているので、オッパイやお尻への下着の上からのタッチは0K
ですが、もちろん下着の中に手を入れての直接タッチや厶ァンコへの指入れはNG。
ここは、そのNGに挑戦してみましょう。
サクッとOKしてくれるかも。
チュ—チュ—コキコキの真つ最中のCちゃんのお尻に左手を伸ばす。小さくてまあるいお尻をモミモミと揉みしだく。そのままの流れでパンツの横から指を差し込みます。
指は進み厶ァンコの横のビラビラした部分に触れる。チューコキをしながら、ボクの顔を見るCちゃん。イケるか…??ゆっくりと指を伸ばすと、ムアンコの入口に指先が触れた。
そういうことするとお店の怖い人に怒られちゃうよ
その瞬間、ボクの手を掴み、ムアンコから指を引き抜く。ああ/失敗/
しかし、こんなところで引けるか
ここは押すのみ
「え? いいじゃん。C ちゃんがどんな感じになってるのか確かめたいんだよ?濡れてるんじゃない?」
「濡れてないし(笑) 」
そう言いながら、腰の角度を変え、ボクの手が下半身に届かないように逃げるC ちゃん。
「じゃあ、攻守交代しよう。C ちゃん、寝て?」
「いやいやいや、このお店は攻守交代とか無いですから( 笑) 。ダメだよ?ルールは守ってね?」
ル—ルって何かね??
最初に"生着替え" や"唇チュ—" をしてきたのはそっちじゃん
じゃあ唇チュ—とかはいいのかよ??
「じゃあ…チュ—してよ?」
ふてくされたようにそう言うと、寝っ転がってるボクのほっベたを先ほどと同じように両手で挟んで、唇にチュッとしてくれます。コレはいいみたいです。
よしここでディ—プキスに挑戦
そのまま頭を優しく抑え、唇の中に舌をすべり込ませる。すると、唇がスッと開く。
来た ディープキスゴチッ
…と思った瞬間、舌にものすごい痛みガなんとCちゃん、ボクの舌をちぎらんばかりに、カー杯嚙みついてきたのです
「いたたあ」
「ダ——メ」
……っと、叫びたい衝動を喉元で飲み込みます。まぁ、そもそも手コキの店だから、当たり前といえば当たり前なんですが、全然納得できません
3、専門学校に通うイメクラ嬢にスクール水着で手コキしてもらう・ぴゅあで本番交渉できず
都内某所の喫茶店で佐藤編集長と年末最後の打ち合わせを行っていました。
「次回で101回目やな」
「そうですね。一発目です。どんな噂を検証しますかね」
「そうやなぁ。正月やしな。おめでたいのがええなぁ」
「おめでたい…どんな感じですかね。『お年玉をあげたら、本番させてくれるか?』みたいな感じですか?」
「それ大概ヤラせてくれるで。『金払うから本番させて』って言うのと変わらんし」
「ですよねー…」
 うーん。ふたりして黙ってしまう。1年の始まりにふさわしい噂の検証…って、なんだろう。ちょっとにぎやかな店内をぼんやりと眺める。
「あぁ、そうだ。全然、関係ない話ですけど、ボク来年の目標があって。貯金しようと思ってるんですよね。もうアラフォーなのにも関わらず、全然貯金ないんで。佐藤さんって来年、目標ってあります?」
煮詰まった空気を変えようと、なんとなく口を開く。すると、編集長がパッと目を見開いた。
「それや!来年の目標や!」
「はい?」
「フーゾク嬢に来年の目標を聞いて、年明けにその目標が守れてるかを再び聞くっていうのはどうや?」
「はぁ…」
「題して、『はたしてフーゾク嬢は、去年までの自分を変えられるのか?』や!どう変わったのか、変われたのか? そんな人間模様を調べてくるっていうのはどうや?」
ほう。なんかこれまでの噂の検証と方向性が違うけど、それはちょっと面白そうです。マヤ歴かなんかで「世界が終わるやも」なんてことが言われています。世界が終わるかもしれない最後の年に、自分が掲げた目標を、どれだけ守れるのか。…とは言っても、所詮はフーゾク嬢ですからね。自分に甘くて、ダラダラと何も守れないコたちバッカリなのかもしれませんけどもね。
…そんなわけで、今回はお店を吟味する必要はありません。目標を聞いて、年明けにそれを確認しに行けばいいだけですから。今年最後のフーゾク選び。さぁ、ボクの趣味全開のお店を探しますよ〜〜。やっぱりボクが好きなプレイと言えば、ロリな美少女&制服。もしくはスクール水着、それに顔射も忘れちゃいけません。そういったプレイができるお店にしましょう。こうやって日本全国に、自分の趣味を発表する仕事にボクは就いております。ネットで調べていると、『H』というお店を見つけました。トップページには「新宿の素人専門! 本格学園イメクラ〝H〞。色白・黒髪・おっとりさん学園」という文字。いや〜〜、「おっとりさん」とは、なんと胸に響くフレーズでしょうか。今年のフーゾクキャッチコピー大賞をあげたいくらいです! そんな賞、あるのか知らないけど。
「出席簿」と書かれた、出勤表を確認すると、モザイクごしにも、おっとりさんっぷりが伺えます。う〜ん、いいじゃない! とりあえずこの店に行ってみよう。店に行けば、モザイクなしの写真も見れるだろうし。年末の寒い風が吹き荒れる中、新宿へ移動。歌舞伎町の真ん中にある受付所へと向かいます。
「すいませーん」雑居ビル2階。〝H〞の看板のあるスペースに声をかける。「いらっしゃいませ〜〜」と、鼻にかかった声のメガネ店員が奥から出てきます。
「えーっと、予約とかないですけど、今から行けるコいます?」
「おりますよ。当店、年末年始、バリバリ営業中でございます」
 なんか、カンにさわるしゃべり方をする店員です。
「…今だと、この3人ですね」
 そう言って、写真を3枚出してくる。どれどれ…おぉぉ! みんななかなかレベルが高いじゃない。ちょっと茶髪っぽいコもいるけど、他のふたりは黒髪。とくに、このAちゃんは、佐々木希をちょっと丸くさせたような美人系。オプションを見ると…残念! 顔射はNGかー。
「あと夕方からだと、このコたちも出勤致します」
そう言って、さらに数枚写真を出してきます。……ええ〜〜 マジで〜〜なんと、AKB48の前田敦子を、かなり純粋にさせたようなショートカットのコがいますよ! このコめっちゃかわいい! 写真と実物の違いはあるかもしれませんが、それにしてもレベル高い! しかもオプションは…ビンゴ! 顔射OKです!これは悩みます! 佐々木希似で顔射NG、今すぐイケるAちゃん(20歳)か。それとも前田敦子似で顔射OK、夕方から出勤のBちゃん(19歳)か。どっちを選んだらいいのでしょう……悩む! 今年最大の悩みですよ、コレは!
……いや、待てよ。両方行けばいいんじゃない?だって今回は、「フーゾク嬢に来年の目標を聞いて、守れるかどうか検証する」っていうのが目的なわけだから、いろんなケースが必要なのではないでしょうか?そう、ひとりだけプレイしたところで、真実に近づくわけがありません。ここはふたり
のケースを調べなくてはいけないのではないでしょうか、むしろ。
「えーっと、じゃあとりあえず、Aちゃんをお願いしようかな」
「はい! Aちゃんですね!」
「それと夕方になったら、このBちゃんってコが出勤するんだよね。そしたら、Bちゃんにも行くよ」「…えっと、それは続けて2人とプレイするってことでしょうか?」
鼻にかかった声でボクを見る店員。怪しんでるのがよ〜くわかります。
「そうそう。2人ともカワイイからさ、選べないなって思って」
「わかります! この2人とも、人気のあるコですから!」
 と、いうことでAちゃんにはスクール水着のコスプレを、Bちゃんには紺色のブレザーに赤いスカートの制服をチョイス(制服は、スカートやリボン、ベストやカーディガンなど、ひとつずつ選べるシステムでした)。もちろんBちゃんには願射のオプション(しかも2千円という激安さ!)も忘れません。さぁ、2人ぶんの料金(60分・1万6000円×2)も支払ったし、まずは一回戦、Aちゃんとのプレイを満喫して…じゃなかった、Aちゃんの来年の目標を調査してきま〜す!(まっすぐな瞳で)〜〜コンコン。
受付のあるビルから徒歩1分のレンタルルームで待つこと10分。ノック音が。ドキドキしながら扉を開けます。カモン!佐々木希!
「こんにちは〜〜」
扉が開くと、そこには先ほどの写真よりも若干丸い体型のAちゃんが。っていうか、佐々木希にあんまり似てないよ! 似てないどころか、あんまり可愛くないよ!「寒いね〜」
そう言って、ベージュのコートを脱ぐと、ムチムチっとした太ももが黒いミニスカートから伸びています。オッパイもまぁまぁ(推定Dカップ)。……身体は悪くないかもね、ウン。
「今年は今日で仕事納め?」
「ううん、明日も出るよ」
「実家とかは帰らないの?」
「だって〜住んでるの実家だもん」
なんとAちゃん、専門学校に入ったものの、なんとなく中退してダラダラとニートを続けているそうだ。で、1年前からフーゾクを始め、週1くらいの出勤で、グダグダやってるそうです。そんな話をしながら、まずはシャワー。ここは男ひとりでシャワーに入り、その間に女のコがコスプレに着替えてる、というシステム。ウキウキしながらティンコを洗います。光りの速さで身体を拭きながらシャワールームから出てくると、ベッドには紺色のスク水を着て、恥ずかしそうに下を向くAちゃんの姿が。暗い室内。カーテンから差し込む午後の光がベッドに落ちています。
「ベッドの上に立ってみて?」
そう言って、ベッドの上に立たせる。スク水のツルツルした質感を確かめながら、ムチムチの身体をなぞる。エロいっていうか、大きなお尻やムッチムチの胸に水着が食い込んでて、滑稽な感じがグッドよ!
「え…なんか、恥ずかしいし…」そのマヌケな姿を見られて羞恥に晒される。いいじゃない!スク水の股の部分、脇から指を入れるとヌチャっとした音。うわー、もうすでにビッショビショじゃい! Mか! Mなのか!!中指を奥まで入れてかきまぜる。「ん〜〜」と、ボクの腕をつかんできます。悪くない。悪くないぞ!そのままぐるんぐるんと指を回転していると、限界を迎えたのか腰を下ろしてきます。「…舐めていい?」
顔を上げて、そう言ってくるAちゃん。うーーん、でもボクってホラ、6月に病気してから粘膜非接触プレイしてるんで。申し訳ないけど、手コキでおねがいします。最終的には、スク水姿でディープキス。半目で舌を伸ばすAちゃんの顔を見ながらフィニッシュしました。ふぃーー、気持ちよかったー。「あのさ、来年の目標とかある?」
ボクのお腹にたっぷり出た精液を拭くAちゃんに聞く。さっそく調査開始です。
「…実は、もう一回ね、専門学校に入りなおしたいんだよね。中途半端に辞めちゃったし。ダラダラやってちゃいけないなって思うんだよね」
「なるほど。じゃあ専門学校に行くためのお金を、フーゾクでためるって感じなんだ?」
「いやー、フーゾクはなんとなくやってる感じだよ。別にもう一回専門学校に行くんだったら、親もお金出してくれるって言ってるし」
実はめぐまれた家のコなの? っていうか、だったら行けばいいじゃない? 目標っていうか、別に努力しなくても行けるでしょ?「うーん。でも、こうやってたまに出勤する、みたいにダラダラとフーゾクとかやってれば楽だからさ。ちゃんと働いたり、学校行くのって…めんどくさくなっちゃうじゃん? だから、来年はキチンとした生活をして、学校へ行こうって思うんだ」
「『来年から変わる!』って?」
「そうだね。変わろうかな、って」
そう言って、まっすぐな瞳でボクを見るAちゃん。じゃあ来年、変わった姿で会いましょうね。こんにちわー」
Aちゃんに手コキをしてもらってから2時間後。再び、レンタルルームの扉を開く。正直驚きました。これは…かなりの逸材ですよ! 見た目はたしかに前田敦子ちゃんにも似てますが、それ以上に田舎っぽいピュアっぽさがムンムンですよ! しかもコートを脱いだら、グレイのタートルネックに小豆色のカーディガンとジーンズ。超地味! ヤバい! この地味さ、ホレる!
「えっと…はじめまし、て…!」
思わず、部屋に入った瞬簡にディープキスをかます! 「んー…」と、身体を縮こませ
ながらも舌は反応してきます。うわー…なにこれ。最後の最後にすごく良いコを引いちゃいましたよ!!キスをしながらジーンズを脱がすと、これまたグレイの地味目な綿のパンツ。しかも股のあたりのグレイが濃いシミになっています。ヤバい! カワイイ! ティンコはジーンズの上から見てもガッチガチです。
「……すごい…」
そう言って、ボクのジーンズのチャックを下ろすBちゃん。バイーーン! と勢い良くティンコが飛び出てきます。さっき精液を出したばっかりとは思えない硬度です。そのまま無言で、Bちゃんが床にひざまづきます。え……即尺? あ、でもさっきシャワーに入ったばかりだから大丈夫か。
 ……いやいやいや! ダメダメ!ボク病気が怖いから、半年間ずっと粘膜非接触を貫いてきたわけですよ! だから手コキでお願いします。
 …そう言おうと思った。でも、こんなにカワイイ前田敦子似がひざまずいて、ボクのティンコを握っているわけですよ? このチャンスを逃していいのでしょうか? おぉ!神よ! どうすればいいのですか?
「あの…舐めていいですか?」
Bちゃんはボクに問うた。ボクは神に問うた。しかし神は答えなかった。……いや、答えたのは、ボクの中のエロスだった。
「…いいよ…たっぷり舐めて」
 潤んだ瞳でこっちを見ながら、そのぷっくりな唇に、ティンコが吸い込まれて行く。約半年ぶりのフェラ。生あたたかな粘膜がティンコをぬっとりと包む。うわあああああ!! 戒律を破った! しかし、戒律を破るのって! 気持ちイイッ!!じゆっぽじゅっぽと、部屋中にエロい音が響き渡る。どんどんと硬度が上がって行く。神様!  超チン硬度10 ! ダイヤモンドレベルです!
「あの…ゴムして、入れて下さい」
えええーー〜〜 なにそれ? もう、制服とか着る感じじゃないの?入れちゃっていいの〜〜なんて良いコなの君は〜〜もう止まりませんでした。0・1秒でゴムを装着。グレイのパンツ
の脇からグググっと挿入! ゴチッ!!
「あああ、あーー!」
小さな腕を一生懸命、ボクの首に回してきます。あっという間に奥まで突き刺さる。ガンガン腰をちゃんのお尻にぶつけるように当てるたびに、じゅわじゅわとムァンコから液が出てきます。神サマー!これは相当なエロ娘ですよー!
本日2回目なはずなのに、アッと言う間に絶頂がやってきた。最後の一回、思いっきり突き刺した後、抜いたティンコからゴムを外して、Bちゃんの顔にたっぷりと精液をシゴき出す。「あぁ。すご…」と、小さな声を出しながら、真っ白に染まるBちゃん。あぁ、気持ちよかったーー。
〜〜さて、本番をし終わってから言うのもなんだけど、本当の本番はここからです。Bちゃんの顔を拭いてあげながら、さっそく聞いてみる。
「Bちゃんの来年の目標って何?」
まつげに付いた精液をティッシュでグイッと拭き取り、カピカピな目を開けてボクの顔を見るBちゃん。
「あの…、実は、年内でもうフーゾクは辞めようかなって思ってて」
「え〜〜〜 なんで?」
「なんか始めて半年くらいなんですけど、どうなのかなって。やっぱりフーゾクって良くないことだし…今まで、お金のこともあって、辞められなかったんですけど、来年からは普通のバイトしながら学校に通うようにしようと思って…」
マジか? もしBちゃんが実際に来年から変わってしまったら…もう会えなくなっちゃうってこと?普通に常連になろうと思ってたのに! そんなのヤダ!
「プライベートで会おうよ、アドレス交換しよう?」という申し出もやんわりと断られ、結局お別れとなりました。あぁ、Bちゃん!ダメだよ変わらないで! 2012年も、ダラダラとフーゾクを続けてよ。Hの出勤表にAちゃんの名前が表示されていたので、さっそく予約。さて、どう変わったのか、検証に行きましょう。ちなみにBちゃんの予定は入っていません。前回と同じように、スク水をチョイスして、レンタルルームで待つこと10分。コンコンと、ノックの音。
「こんにち…あ〜〜!」
そう言いながら、小さく手を振るAちゃん。年末から、見た目は変わってません…って、そりゃあそうか。まだ10日も経ってないもんね。さっそくシャワーを浴びて部屋に戻ると、スクール水着姿でベッドに座っているAちゃん。暗い室内にカーテンから漏れる光。数日前に見たよ、この光景!前回と同じようにベッドに立たせ、手マンしてみる。膝をガクガクさせながら、スクール水着を身体に食い込ませるAちゃんを見てると、なにやら笑いが込み上げてきました。ふふふ。
「…え、どうしたの? なんで…笑ってるの?」
「いや、ほら、昨年『来年から変わる』って言ってたじゃん?なんか一緒じゃん、って思って…」
「え……でも、そんなことないよ」
「もうダラダラしてないの?」
「え?、まぁ、お正月はダラダラしてたけど、でもそれはそれで…。変わるから、専門学校行くし…」
「なんか、昨年とまったく同じだよね。こんな恥ずかしい格好して…全然変わってないね」
「え…、そんなこと…」
Aちゃんの顔があきらかに曇る。中指を奥まで入れて、ぐるんぐるんとかきまぜる。「ん〜〜」と、ボクの腕をつかんできます。知ってる!やっぱり変わってないじゃん!(笑)結局最後は、スク水姿でディープキス。半目で舌を伸ばすAちゃんの顔を見ながら手コキでフィニッシュしました。

SM女王様の手コキ個室カウンセリング・温泉旅館の焦らし寸止めまでの生き地獄サービス

0006_20181225173847387_20191021195911323_20200130194647325.jpg0007_201812251738485bf_2019102119591273e.jpg
寸止め温泉・手コキはOKで発射はダメって・・・
0034_20190608084925fa9_20191021195914a23.jpg0035_201906080849268e1_20191021195915ef0_202001301947347b1.jpg0036_20190608084928016_201910211959173c1.jpg0037_20190608084930f43_20191021195918c1c.jpg0038_20190608084931a59_201910211959204b2.jpg0039_2019060808493290d_20191021195921fd1.jpg0040_20190608084934e7d_2019102119592362b.jpg0041_201906080849363ab_20191021195924baf.jpg
【概略・全文は上記記事をお読みください】
「それでは力ウンセリングは別室にて行いますので、服を着て順番に8階の〇〇号室へとおいでください。終わったらそのままお帰りいただいて結構です」
ひととおりのショーが終わり、女王様が言った。こんむ緊迫したSMプレイを見せられた後に、ナ二をカウンセリングするというのだろう。しかも、場所は同じマンション内の別室。まさか今度は自分がイジメられるんじゃ。そんな恐怖にかられつつ服を着直し、順番を待つ。ー人、2人と消えていく。いったい別室で何が
この感触、初めて小学校のときに心電図を取ったときのドキドキ感にも似ているが、こんなシチュエーションだけによからぬ期待も湧いてこないではない。待つこと約30分、受付のオバチャンのゴーザインが出て、やっと最後であるオレの番が巡ってきた。ピンポーン。部屋のベルを鳴らすと、出たのはさっきの女王様。プレイ中とは打って変わって穏やかな表情に変わっている。
「お待ちしてました。じゃとりあえず、服を脱いでバスルームへ入りましよう」
なんだ、なんだ。
「さっきのはどうだった?ここではアナタのココに溜まったイケナイ液体を出して帰りなさい」
女王様はそうささやくと、ローションを塗りたくった手でムスコを優しくシゴキ始めるじゃないか。またその手つきが実にツボを心得ていて、サオを中心にときおりタマ部分や乳首をネチネチ刺激してくる。
「あら、わるいコね。もうウレシクなっちゃったのかしら」
そう言われても、こちとらMっ気の自覚がないから、思わず彼女の体に手が伸びるのもムリはない。と、白いスリップを脱がせば、そこには乳房が。
「どうぞ。召し上がってもいいわよ」SMショーを見せるだけの業者は結構ある。
さっきまで鬼の形相だった女王様が、今度は仏の顔でイてくれるんだから、張感もほぐれるってもんだ。ま、SMショーだけを楽しむ余裕がないのも、すべてはこのイケナイ液体のせいなんスどね。

メンズエステマッサージ・オナクラ・手コキのライト風俗は姫のレベルが高くサービス内容も最高!

激安メンズエステマッサージ体験談激安メンズエステマッサージ体験談激安メンズエステマッサージ体験談激安メンズエステマッサージ体験談マッサージコースに手コキありマッサージコースに手コキありマッサージコースに手コキありライト風俗は姫のレベルが高いライト風俗は姫のレベルが高いライト風俗は姫のレベルが高いライト風俗は姫のレベルが高いオナクラのサービス内容オナクラのサービス内容オナクラのサービス内容手コキのサービス内容手コキのサービス内容手コキのサービス内容手コキのサービス内容手コキのサービス内容メンズエステマッサージの姫のレベルメンズエステマッサージの姫のレベルメンズエステマッサージの姫のレベルメンズエステマッサージの姫のレベル
1、空前の手コキブーム
風俗業界を中心に、空前の手コキブームが到来している。念のためにいっておくと、手コキとは、フェラや素股を使わず、フーゾク嬢の手の摩擦のみでイ力せてもらうブレイだ。そう聞いて、いかにも味気ないイメージを抱かれたアナタ、ちょっと待ってほしい。今日の手コキブームは、そんな右手原理主義の台頭だけで説明がつくものではない。少なくとも要素は3つある。
第一は安の質の高さだ。断言してもいいが、数ある風俗の中でも、手コキ嬢のルックスはピカイチだ。ヘルスなら、すぐにでもナンバ-1を張れるレベルがゴロコロいる。他のフーゾクと比べ、フェラナシ、脱ぎナシ、タッチナシとサービス内容が超ソフトなため就労希望者が後を絶たず、結果、経営者側の容姿を重視した採用が可能になったからだ。
第二の要素は料金設定の安さだろう。手コキにかかる金額は、店によって多少のバラつきがあるも、およそ3千円程度。毎月数万の小遣いでやり繰りしているオトーサンズでも気軽に遊べてしまう。
最後は安全性だ。風俗遊びにおいて、性病を伝染されることほど腹立たしいことはない。自分のチンチンから膿が出てくるだけでもブルーなところへ、さらに妻や彼女に2次感染させてしまったとなればトラブルだ。粘膜同士の接触が一切ない手コキプレイなら心配無用。思いっきり放出していただきたい。さて、手コキは、あくまでプレイの名称であり、サービスを受けられる場所は多岐にわたる。筆頭は、なんと言ってもピデオBOXだろう。もともとはAV観賞できるだけのスペースだったのだが、数年前より手コキ嬢をオプションにつける店舗が続出
料金は、個室の使用料+ビデオ代+手コキ(10分)で、3千円が相場。その他、オプションとして、【服の上からボディタッチ+ー千円】【生乳タッチ+2千円】【ゴムフェラ+3千円】がつき、足コキ、コスプレ、オナニー観賞などを無料で追加してくれる店もある。
だが、ビデオBOXにおいて、の楽しみ方は、手コキ嬢への責めである。質問にも素直に顔を赤らめてくれるコが多い。その恥じらいの表情がオカズになるのだ。行けば、必ず好みのコが見つかるだろう。ここ最近市民権を得てきたオナクラも、手コキを楽しめるニューフーゾクだ。基本は客が女のコにオナニーを見せつけるプレイだが、大半の店で、手コキも可能(別にオプション料金が必要)。
華やかなフーゾク業界において、つい見落としがちだが、手コキフーゾクの元祖のぞき部屋も押さえておきたい。入場料1千500円+手コキ代3千円と安い上、踊り子のルックスはどれもハズレなし。狭い個室でのサービスは、何か良からぬことをやってるようで、興奮指数はソートー高い。ポイントは、手コキサービス(5千円でゴムフェラも可)を受けるタイミングだろう。のぞき部屋のシステムには、ショーの後、踊り子に直接サービスを申し出る場合と、ショーの最中に控えの踊り子(次回出演)にやっていただくパターンがある。当然、エロい踊りをたっぷり堪能した後にシコシコといっのが理想だが、店が混んでいると1時間近く待ちぼうけを食らうことも珍しくない。できるなら後者の店を選びたい(歌舞伎町『マドンナ』、同じく『Hポイント』の2店がそれに当たる)。
オナ見せだの、余計なモノは要らん。とにかく手コキだけを楽しみたいんじゃ、という方には手コキ専門店がオススメだ。ただ、オレが知る限り、純粋に専門店と呼べるモノは日本で唯二渋谷の『ラ・テコキーユ』だけ。料金も40分ー万円(初回料金+3千円)と、少し高めだが、内容は並のヘルスより確実に上だ。パウダーを金タマに振りかけてのマッサージ、尿道をくすぐり、ときに力リを優しくいじる指使い。肝心のシコシコテクも、単にローションを塗って上下運動するのではなく、捻ったり、絞ったり、操んだりと実に飽きさせない。手コキー点に集中した王道プレイ、一度は体験しておくべし。
2、手コキの裏サービスのあるストリップ劇場もある
回転するステージを備えた老舗のストリップ劇場だ。ここ、劇場内にあるラウンジで踊り子さんたちと会話ができるサービスがあったり、ショーの合間にちょっとしたエロイベントが行われたりと少し変わった雰囲気がある。特にミニイベントの中身が面白い。巨大な虫眼鏡で踊り子さんの股間を見せてもらえたり、ステージの上でお触りさせてもらえたり。盛り上がってくると漫画のようなことも起きたりする。自宅でエロ動画も悪くないが、たまには生のライブもいいものだ。
3、メンズエステはパンツチョキチョキ系ならキワのキワまでヌルリ
『メンズエステ』では、紙パンツを履いてサービスを受けるのが一般的これがチョキチョキスタイルだ。アロママッサージという風俗は、ジラしに重きを置く。背中や腰のマッサージによって体の緊張をほぐしたあとは、太ももの付け根やアナル周辺をひたすら撫で回すが、決してサオには触れることなく、股間周辺を刺激。まさに辛抱たまらん段階までジラしたところで、フィニッシュの手コキに進むってのが一般的な流れだ。けどもしこの最後が、単に手コキではなく、ヘルスプレイが始まるとしたらどうだろう。想像してみてほしい、我慢を強いられまくったチンコがフェラや素マタで愛撫される快感を。最近、そのようにアロママッサージとヘルスを合体させた風俗が出現している。「ハイブリットエステ」というジャンルだ。マッサージ好きのオレは、抜きに比重をおかないからこそ癒されるんだなんてツウぶっていたが、一度この新風俗を体験すると、やっぱ抜きだよと思い知らされた。マジでハマっちゃってます。
4、健全系と呼ばれるメンズエステでも過激なサービス
ここは、いわゆる健全系と呼ばれるメンズエステで、客が紙パンツ一丁姿でセクシーな女の子にヌルヌルオイルマッサージを受けるヌキ無し店だが、数十店のマッサージ店を制覇してきたエステマニアの俺を唸らせるだけのポテンシャルを秘めている。
まず、絶対にチョイスすべきなのがオプションの「下着姿施術」だ。これはホームページに書かれていないので、事前に確認しておくといいだろう。マンションタイプの個室に引かれたマットに横になり、ブラとパンティ姿のエステ嬢(皆さんレベルが高い)から、大量のマッサージオイルを掛けてもらってマッサージ開始。ナイスバディな巨乳お姉さまに、全身をヌルヌル気持ち良くしてもらって、紙パンツの脇からビンビンの股間がはみ出してくるころ、いよいよ鼠径部のマッサージが始まるのだがそのキワキワ感たるや半端ない。
ヌルヌルの指先がチンコの周りを行ったり来たりして、その手がチンコに当たりまくるのだ。明らかに狙ってるのは間違いない。あとは「我慢できないよ」などと言いつつ、自家発電で抜くだけだ。
5、あのメンズエステではマッサージコースに手コキあり
最近の若い男は、髪を茶色くしたり眉を細くしたりと、どいつもこいつも女々しい限り。ついにはメンズエステなる代物まで登場し、脱毛や毛穴の掃除にうつつを抜かすあんちゃんが現れる。おかしなもので、僕の住む田舎にも、ちゃっかり大手のエステ業者は進出してきている。こんな町で毛穴を掃除してどこへ行くってんだろ~
ところでつい先日、エステのに関して、友人がとっておきの情報を教えてくれた。それは「あの大手エステでは、全身マッサージコースの途中でお願いすると手コキしてもらえる」というもの。彼自身が実際に体験したのだと。とても信じられない、韓国エステの間違いじゃないかと何度も問い正したのだが、友人はCMでも有名なあそこだと。そんな話を聞いては放っておけない。物は試しと、教えられたエステに行ってみた。もしこれが事実なら大スクープである。が、足を運んでみてガックリ。受付の女性日く、この店は女性専用なので男性客はお断りしているのだそうだ。男を受け付けているのは、全国に数ある店舗の中でも一部のみ。しかもそのメンズエステにも全身マッサージなんてコースは存在しないりしい。話が違う。手コキどころか、受け付けてさえくれないとはどういつことだ。当然のごとく僕は友人に抗議した。と、彼は言う。オレも最初は男性だからと断られた。しかし、エステというのは、ワンセット10万円ほどのチケットを前売りしてナンボの商売だかり、チケットの購入をほのめかしさえすれば、男であろうとお試しコースで受け付けてくれる。それを早よ言わんかい。僕はすかさず後戻りして、再び受付嬢との交渉を始めた。
「ですので、こちら女性専用となっておりまして」「あの、そこをなんとか」
「しかしですね・・」敵もさるもの、なかなかウンとは言ってくれない。
「ちなみにここっていくらなんですか」「コースによって変わってきますが」「ふーん、10万ぐらいなら?」
ウダウダ粘る僕の相手に困った受付嬢は奥へ消え、中かり店長らしいオバチャンを呼んできた。
「お客様が、エステご希望の方でしょうか」「はい」「では、こちらへどうぞ」ウッヒョー、やったぜ。通されたエステルームには、白衣姿の若い女性が。歯グキの出たところが気になるが、全身から漂う清潔感がその欠点を力バーしている。たとえ手コキでも、彼女がヌイてくれるなら文句はない。パンツー丁になった僕は、ベッド上で、顔、腕、脚とマッサージを受ける。いわゆる按摩と違って、指先でさわさわと撫でられるだけだから、その気持ち良さたるや格別だ。太股なんぞを触られた日にゃ、口元ニヤニヤ、息子はモゾモソ。完全勃起ではないが、すでにパンツの中で半勃ち状能だ。早くその柔らかい指でシゴいてやってくれ。しかし悲しきかな、マッサージはここまで。待てと暮らせど、突起物に彼女の指が触れられることはなかった。ヘルスに行ってればスッキリできたろうに。
6、チクビや玉、アナルの攻撃は抜かりないエステ
もちろん両手も遊んでおらず、チクビや玉、アナルの攻撃は抜かりない。このフェラ技はもともとN嬢かち始まったらしく、それぞれ好みによって選べばいいだろう。
Mちゃん(20)は、このマンモス級ホテヘルにおいて、疑う余地なしのトッブテクニックを持つ。アイドル並のルックスを兼ね備えた上に、昔ながらの風俗嬢らしいサービスをこなす女の子だ。90分コースでお風呂まで指定すれば、シャワーでパックン、湯船でパックン、さらにベッドでパックン、69でパックンと計4度も紙めてくれる超奉仕型。まずはシャワーと潜望鏡でウォームアッブ。ベツドではバキュームやディーブスロートを織り交ぜ、本格的なテクニックを披露する。上目遣いを基本にチラチラと視線を合わせながら「オイシイ」「おチ〇チンがビンビン」など卑狼な言葉も投げかける。オリジナルサービスの、足の指先まで紙める全身リッブ攻撃は、ソーブのようなめくるめく快感だ。
7、業界未経験嬢が多いのも特徴
手コキ店は、プレイが穏やかなだけに若くて美人な子が集まりがちだが、にしてもこの店のレベルには度肝を抜かれる。試しに写真だけでも見に行ってみればいい。街で見かけたいちばん力ワイイ子クラスがずらつと並んでいることがわかるだろう。あの子もこの子もと欲張ってリピーターとなる者は後を絶たず、正直なところ私も小遣いのほとんどを散財中だ。厳密にはオナクラのため手コキオブション不可の子もわずかにいるのでご注意を。試してほしいのがここ。チンコを見ただけでドギマギするような子が多数在籍している。ブレイ前に自前の私服から時折のぞくパンチラ、ぎこちない接客態度、およそ歌舞伎町に似つかわしくないコがもじもじしながらチャックを下ろす光景になんとも言えぬ背徳感を覚える。あえて技術指導をしていないのか、ここまで素人感を重視した店は他にない。人気のAさんは平成生まれの業界未経験嬢だ。
8、もちろん手コキになると豹変する隠れ職人も
エステ業界も隠れ職人が多い。アロマエステ&性感マッサージをうたうこの店には、大人しそうに見えて手コキになると豹変する人気嬢がいる。23才の口リ系巨乳Rちゃんは、業界未経験の新人ながらもリピート率8割超だ。顔を赤らめ瞳をうるうるさせながら、キャミに網タイツのコスチュームで登場すると、まずは指圧とアロママッサージ。最後に手コキが待っている。さつきまで男の裸を見るだけでテレていた彼女が口ーションでヌルヌルになったチンコを握るや、「硬いね」「熱くなってる」と息遣いを激しくさせながらのチンコ寸評を織り交ぜ、まったりと柔らかく、ときは素早いピストンで絶頂に導てくれる。
9、アロマ系性感マッサージも捨てたもんじゃない
アロマ系とは、全身マッサージ+手コキの組み合わさった風俗のことで、地方ではさほど見かけないが、都市部ではここ数年、着実に顧客を増やしている急成長のジャンルである。そんなもんのどこが工工のかっ手コキなんぞ、何が楽しいのか?ヘルスやソープの愛好者にしてみれば、クエスチョンマークが膨らむ一方だろう。風俗なんてオメコいたぶってナンボやろ。そんな声も聞こえてきそうだ。彼らの頭の中には、本番フェラ手コキ、というヒエラルキーが存在。
本番やフェラが気持ちいいのと同様、アロマにもアロマにしかない快楽が確実に存在したのである。
心地よいリラックスタイム最後は手で…などの表現があれば、それと見てよかろう。料金はおよそー時間のコースで1万数干円から2万円。高級店ともなると5万近くもある。経験上、金の差はアロマ嬢のレベルによるもので、サービスにはさほど違いはない。2万程度の店で十分満足できるはずだ。
アロマの魅力を「駅前ピンサ口では味わえぬ」と書いたが、その第一の理由は、彼女らのレベルの高さにある。揃いも揃ってシロートっぽく、美女率も高いのだ。一般企業のOL風情、女子学生風情とでも言おうか。現に、昼間はOLで夜はバイトというコの割合も高い。
客層も比較的いいため(料金が高いと客層がよくなるのは自然の摂理)ハイレベルの選別が行われる。私自身、デパート受付嬢やエレベータガールに遭遇した。
シャワーをー人で浴び、部屋に戻れば、全裸でベッドに横たわる。個室内は清潔で薄暗く、アロマオイルやお香の匂いに包まれている。バックミュージックは眠気を誘う。優雅で高級感漂うヌキ。アロマにしかない悦びだ。お遊びは前半後半に分がれている。前半はオイルマッサージ、後半が手コキ。配分は50分コースなら35分15分、70分コースなら45分25分と、悲しきかな若干前半部が長い。前半部のマッサージは、どの店お大抵同じだ。顔面や指先、背中から太股を、オイルを使って優しく撫でられる。もし手コキを長く味わいたければ「顔や手のマッサージはいらないよ」と言ってみるのも手だ。自然と後半に時間を割いてもらえる。
アロマ嬢がトップレスになる店と、ならない店だ。先ほど私は脱がないと書いたが、ライバル店の出現により、この段階から乳見せを敢行するところがチラホラ現れ始めている。個人的な見解を述べるならば、脱ぎアリの店は脱ぎナシに比べ、どうしてもアロマ嬢のスレた印象が目に付くし、たっぷりマッサージされた後では能動的になりにくいこともあって、乳操みどころではない。身を委ねることこそがアロマの本質である以上、脱ぎナシの店を推しだいところだ。
では後半部のシステムを。オイルマッサージで太股付近をさわさわ操まれることで、客のペニスは程よい硬さになっている。後半は、暖かいローション(アロマオイルではない)がたらりと垂らされる。優しく操み上げられればすぐにギンギンだ。軽いシコシコの後、例外なく、四つんばいの姿勢を求められる。私の知人には「顔まで飛んだ」と感激する者もいるほどだ。
10、双子の3P添い寝手コキマッサージが熱い
「ほら、ザーメン出して」まるですぐそばで囁かれているような双子の女にエッチなことをされたい。一度はそんな妄想をしたことはないだろうか。よくあるアニメや漫画の設定として、双子の可愛いヒロインに翻弄される的な話があるのも、その手の願望がポピユラーだからだろう。さて、出張で新潟に行ったときのことだ。商談が終わりホテルですることもなかったので何気なくスマホで風俗サイトを見ていると、なんと双子3Pができるオナクラが見つかった。もちろん即指名だ。2人が部屋に入ってきたときの衝撃は忘れられない。髪型が違ったせいか雰囲気は少し変わるものの、顔はよく似ている。この娘たちに今から責められるのかと思っただけでチンコはビンビンに。プレイ自体はよくあるオナクラのサービスなのだが、同じ顔をした2人に乳首砥め手コキをされ、こちらを見つめられるなんて、かつてない感覚だった。今でもあの光景を思い出して毎日ヌイています。
11、会いに行けるアイドルが耳かきや腕枕
彼女らをより身近に感じられるようになったものだ。しかし、会えるとはいえやれることといえば握手や一緒に写真を撮ることくらい。あとは数秒の会話か。ちょっとこれじゃ物足りなくないですか。そこで朗報。秋葉原に「BLACKPiNK」という芸能プロダクション経営の添い寝屋があり、所属の無名アイドルが添い寝をしてくれるのだ。地下アイドルレベルなのでめちゃくちゃ可愛いが、普段アイドル活動をしている娘が隣に寝ているという状況だけで興奮ものだ。キモヲタたちはグッズを買ったり撮影会に参加したりして少しでも好かれようとアピールしてるのに、自分は添い寝。どうでしよう、この優越感。オプションで耳かきや腕枕などもできるので、アイドル好きはぜひ一度足を運んでほしい。
12、手コキ風俗は激安店でも大満足
手コキ風俗の価格破壊が著しい。30分5千円なんてのはザラで、20分2千円という激安店の存在さえ、もはや珍しいものではなくなった。そこで気になるのが満足度だ。本来、他のフーゾクと比べ、女のコのレベルが高いといわれてきた手コキ業界だが、果たしてその法則は激安店においても健在なのか。都内でもっとも安い店を2つチョイスし(ともにフリーで20分2千円。ルーム代は別)実態を探ってみるとしよう。
まずはA店から参ろう。レンタルルームに入り、業者に部屋番号を伝えて5分後、はやくもトビラをノックする音が。はい、どうぞー。「失礼しまーす」現れた嬢を見て、思わず拳をグッと握りしめてしまった。黒髪ロングに切れ長の目が特徴的なクールビューティ。そして水玉ワンピの上からでもわかる肉感的なボディはムラムラするほどセクシーだ。当たりと言っていいだろう。
「どうも、ジュンナ(仮名)です。よろしくお願いしまーす」
学生?かなり若いよね?一
「はい、大学3年です」普段は看護学科に通う21才で、手コキ風俗とは別に歯科衛生士のバイトもしているとい21才の看護師のタマゴ。魅惑的な付加価値がどんどん追加され、何だか心臓がドキドキしてきた。しかも、である。
「実はこのお仕事、今日でまだ3日目なんですよ。あんまり慣れてないんで、もし下手っぴだったらすいません」念のため繰りかえしますが、この子、フリーでついた子ですよ
なんて賛沢なんだーとはいえ、プレイ時間を考えるとあまりのんびり会話を楽しんでもいられない。すばやくスッポンポンになって横になると、ジュンナちゃんがすでに甘勃起した股間を手で優しく包み込んだ。髪かり、ふんわりと良い匂いが漂ってくる。
「どうですか?こんな感じで大丈夫ですか?」「ああ、いいっす。き、気持ちいいー」
思わずタメ息をもらすと、彼女がクスリと笑う。
「かわいいー。私、男の人の気持ちよさそうな顔見ると興奮するんです。多分、Sなんですよ」
そう言ってジッとおれの目を見つめながら、シコリングのスピードを上けていく彼女。こみ上げる毒恥を我慢し、視線をそらさないでいると、興に乗ってきたのだろう、彼女が言葉責めを始める。
「女の子にこういうことされるの好きなんだ?」「うん、好き」
「あ、チンポすっごく固くなった。いやらしいーー。ね、もっとシコシコしてって言って?」
「…もっと、シコシコしてください」「もう1回」「シ、シコシコしてくださいー」「うふ、いいコね、もっとエ口くなってー」
間もなく下腹部にぞわぞわと射精感が訪れ、空中に放り投けられたヘビのような精液がピュルっと放出された。・・ふ~
トンでもないエロ娘である。業界入り3日目のくせに、まさかこんな痴女プレイを繰りだしてこようとは。ったく、イイ意味で予想を裏切られちまったぜ。
休憩を挟み、お次はB店に連俺指定のレンタルルームへ移動して待つことしばし、女のコが部屋にやってきた。「あ、失礼します」その姿を見た瞬間、顔の筋肉が緩みまくった。均整の取れた長身ボディにエキゾチックな美人顔。加えて、清楚で落ち着いた雰囲気までも醸し出しているなんて、ちょっと出来過ぎじゃないの
とりあえずベッドに腰かけるよう促すと、彼女は「はい」と小さく答えて従った。なぜだか表情は硬い。
「もしかして緊張してる?」「あ、はい、少し。私、今日が初日なんです」「え、マジ?」彼女、翻子ちゃん(仮名19才)は法学部の女子大生で、本日、手コキ嬢としてデビューしたばかりだという。ついた客はおれで3人目だが、いまだ緊張が解けず、力チカチになっているらしい。超ラッキーだ。初々しいコを引き当てるなんて。
「いえいえ、全然。男の人と付き合ったことないんですよ」
とは、まさか処女?
「恥ずかしながら、・・」クラクラしてきた。処女の法学部生コキバイト?日本っていつからこんな国になったの?
将来は弁護士になりたいので、司法対策にダブルスクールに通おうと思っんです。だから今は塾講師のアルバイトのお仕事で学費を貯めてるところ
こぼれ落ちるほどの興奮材料をたところで、いよいよプレイへ突入だ。前菜から頂こう。
「ちょっとパンツ見せてくれる?」「あ、はい。こんな感じでいいですか」
正面に座った彼女が両足をほんの少し開く。「もうちょっとガバっと開いて。M字開脚ってわかる」「あ、はい」露わになった翻子ちゃんの股間を凝視し、見せつけるようにシコってみた。が、直視できないのか、彼女は視線を右往左往させている。
「生チンコ見たのこれで3本目ってことだよね」「ええ、そうなりますね…。やだ、なんか不思議な気分です」
恥じらいと好奇心が混じり合った複雑な表情。おれはすでにフルボッキだ。
「じゃ、そろそろ手コキお願い」「あ、はい」予想通り、そのストロークは何ともぎこちないものではあったが、むしろそのぎこちなさに処女のけなけな半生が透けて見えたような気がして大興奮、開始から30秒も経たず射精に至った。まさに夢のような時間。手コキ風俗、ヤバすぎです。

足舐め手コキ同時攻め・フェラの勉強を女の子にさせるならホモビデオを見せろ|エッチテク

1_20200127113324ed1.jpg2_202001271133268c0.jpg3_20200127113327370.jpg4_20200127113329737.jpgエロ動画でフェラ予習させるならホモビデオ
男のツボを押さえているという点では、やはりホモ作品が光るものがある
同時攻めの新アイデア足舐め&手コキを試してみよう
金玉にヘアトニックをぶっかけておくとスースー挿入で精子からっぽ!
挿入時の金玉スースーがまた効くの何の精子が絞り出されるような快感です
ティッシュ&ローションが説明不能なグニャザラ感触を生む
男のフェラなんかと言うノンケ素人がゲイのフェラ体験するとすぐにいってしまう。ゲイはトレーニングで舌や唇の柔軟性を手に入れ唇で咥える、舌で舐める練習方法をしているのだ。フェラチオはしてあげるものって考える女性が多い。女性という立場に胡坐をかいているがゲイは、女性よりもすばらしくないといけないって考えるから、必死に努力するのだ。フェラの練習はゲイに聞くのが一番である。M男に足舐めさせながら手コキというビデオは良くあるが女の子に足舐めさせながら手コキしてもらうと気持ち良さが倍増だ。足舐め手コキで射精管理一度味わってみればやみつきである。

漫画喫茶で寝泊りをしているフィリピンパブのお姉さんが手コキアルバイト

SnapCrab_NoName_2019-8-29_21-13-17_No-00.png
友人の結婚式で酔っぱらい、電車を逃してしまった。総武線「平井」駅での出来事だ。翌日の仕事が早いので、家に帰るよりはどこかで寝るほうが賢明だろう。
駅の南口から少し歩いたところに漫画喫茶の看板を発見した。ナイトパックが12時間で1200円?ずいぶん安い。
店は2フロアを使ったなかなかの広さで、1 階フロアの端、ソファやテレビのあるスペ—スで何人かがぺちゃくちゃしゃべっている。ほとんど外人女性だ。チラっと聞こえた言葉はよくわからないが、東南アジア系だろうか。部屋に入り眠ろうとしたが、さっきのアジア系女がさらに増えたのか、うるさいのなんの。お前ら、おしゃべりしに来てんのかよ。
時間は深夜1時を過ぎている。ドリンクでも取りに行くついでにウルサイ女どもに睨みをきかせてやろうか。アジア系の女は5人ほどでくっちゃべっていた。一斉にこちらを向いたのでキッと睨んでやる。静かにしろっての。ここはお前らの家じやね—んだよ。しかし女たちはニタニタした顔で言う。
「お兄さん、手でしてアゲマショウカ?」
「5千円でイイヨ」
「ワタシたちから選んデ」
一斉に話しかけるもんだからパニックになってしまった。手で5千円?なんのこっちゃ!?
「どういうこと?」
「手でヌキです。ワタシたちの誰かを選んでクダサイ」
手コキってことだよな…。なんでまたこんなところで営業してるんだよ!
「店の人にバレナイように、すぐオワルヨ」
そう言ったのは宮崎あおいをそのまま東南アジア人にした雰囲気の子だ。カワイイ…。
すっかり怒りも消え失せた俺は迷わずあおいを指名した。
「部屋イキマショウ。急いでクダサイ」あおいに手を引かれて彼女の個室へ。彼女はそそくさとキャミソ—ルを脱ぎ、自分の胸にオレの手をもっていく。
さらに流れるようにオレのズボンを脱がし、息子にツバを垂らして手コキスタ—卜だ。なんかせわしないなぁ…。「あ、お金オネガイシマス」
慣れてんだか、慣れてないんだか…。
店からもらえるのはf1泊500円だからかハイスピ—ドすぎる手コキでも、D カップはあろう胸を堪能していればだんだん気分は盛り上がる。部屋が狭いので寝転がれないのが残念だけど
「オニイサン、すごくカタクなってる」
少しわざとらしいエロ声だけど、もうたまらん。だが自慢じやないがオレは手コキじゃなかなかイケない。
「あの、追加で払うから、挿れてもいい?」
「イレル?ダメヨ〜」
「え、じやあせめて口で…」
「ダメヨ。ほら、お兄さん集中シテ」
どれだけお願いしても本番はおろかフェラさえもNGだそうだ。しかし不思議な気持ちだ。なんでこの子たちは漫画喫茶なんかで客をとってるんだ。なんとか射精したあとで、彼女に聞いてみた。
「いつもここでやってるの?」
「ソウヨ。お店終わってからミンナで来てる」
どうやら彼女たちは近くのフィリピンパブで働いており店がはけた後にこの漫画喫茶で寝泊りをしているらしい。
「前は寮があったケド、オーナ—が変わってナクナッタ。ダカラ店長がココで泊まれって。店からは一日500エンしかもらえない」
ここで1泊するには1200円かかるから、足りない分を稼いでるってわけだ。出稼ぎってのも大変なんだなぁ。店は平井駅南口から徒歩5分の「ホッ卜」。大通りを進めば看板が出ているのですぐに発見できるはずだ。
Copyright © エロ漫画無料アダルト裏モノJAPAN All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます