愛人のタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます



超大人気・美谷朱里・枢木あおいちゃんも
プレステージMGS動画もマジックミラー号も!
U-NEXTユーネクストR18
U−NEXT月額利用料金2,189円(税込)
本ページの情報は2021年2月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

DMMのアダルトAV見放題はこちら
ただ今30日間無料お試し中!
月額利用料金550円(税込)
DMM見放題chライト(R18)

タグ:愛人

【エロ漫画】セフレにキープ・都合のいい愛人と思ってたら痛い目に!安くセックスを済ませようとしたらしっぺ返し

安くセックスを済ませようとしたらしっぺ返しエロ漫画安くセックスを済ませようとしたらしっぺ返しエロ漫画安くセックスを済ませようとしたらしっぺ返しエロ漫画安くセックスを済ませようとしたらしっぺ返しエロ漫画安くセックスを済ませようとしたらしっぺ返しエロ漫画安くセックスを済ませようとしたらしっぺ返しエロ漫画安くセックスを済ませようとしたらしっぺ返しエロ漫画安くセックスを済ませようとしたらしっぺ返しエロ漫画安くセックスを済ませようとしたらしっぺ返しエロ漫画安くセックスを済ませようとしたらしっぺ返しエロ漫画安くセックスを済ませようとしたらしっぺ返しエロ漫画安くセックスを済ませようとしたらしっぺ返しエロ漫画
つい先日の仕事帰り、ひさしぶりにセフレOLちゃんと遊ぶことに。居酒屋でくだらない下ネタトークを交わしながら、そろそろホテルにシケ込もうかと考え始めた矢先、ふと彼女が思い出したように言った。「そういえばさっき待ち合わせの前に、駅でこんなの渡されたんだよねえ」
ちょいとドヤ顔を浮かべつつ、彼女がポケットから一枚の紙きれを取り出す。誰もが知る一流企業の名刺で、裏側にはラインのIDが手書きされている。
「へえ、スゴイじゃん。どんな感じの男?」
「歳は30前で、なんかナヨっとした人だったよ」
「ふうん、ナヨっとねえ」
話を聞きながら、テーブルの上に視線を落とした。そこには散々食い散らかした料理皿と酒のグラスが。…そのナンパ男クン、どうせまだそのへんで名刺配りの最中だろう。ちょいと利用させてもらおうかしら。思いついたアイディアを伝えてから、セフレちゃんにラインを送らせた。
〈こんにちは。先ほど名刺を頂いた者です。実はあの後、変な男の人にナンパされちゃって、いま●●っていう居酒屋にいるんです…。もしまだ近くにいるなら助けてくれませんか?もう色々としつこくて〉
5分も経たず返信が来た。どれどれ? 〈マジっすか!向かいますよ〉
うはっ、あっさり釣られてやがんの。いいぞいいぞ。それからしばらく、首を長くしてナンパ男クンの到着を待ち構えていたところ、セフレちゃんが小さく声を発した。
「来た来た!店に入ってきたよ」
彼女の合図を受け、俺はわざと大きな声を上げて席を立った。
「ざけんな、ブス。そんなにイヤならもういいよ。ここの代金、払っておけよな」
「え〜、何よソレ。ちょっとヒドくない?」
「うるせえバカ」捨て台詞を吐き、足早に店を出た。その際、チラッと目を向ければ、ナンパ男クンが目をパチクリとさせながら立ち尽くしている。よし、上出来だ。それから15分ほど経ったころだろうか。居酒屋から少し離れた公園でタバコを吸っていると、向こうからセフレちゃんが小走りで近づいてきた。あの笑顔を見る限り、作戦は成功したらしい。
「お疲れ。どうだった?」
「えへへ、バッチリ!」ここから先の描写は彼女の説明によるものだ。俺が店を去った後、半ベソをかく彼女に(むろん演技)、ナンパ男クンが正義漢ヅラして宣ったそうな。「もしかしてアイツ、キミに会計を押しつけて帰っちゃったの?最低な野郎だねえ」すると彼女、待ってましたとばかりに畳みかけた。
「本当ですよ。普通、女の子にこんなことします?ちょっとあり得ないですよね」
この状況、このタイミングで、女性に救いの手を差し伸べない男などいるだろうか。むしろ湧き起こる下心に突き動かされ、ヒーローを気取りたがるのが男という悲しい生き物である。かくして彼は言ったそうな。
「会計っていくらなの?7千円?じゃあ俺が5千円出してあげるよ」
予定通りにコトが運べば、あとはナンパ男クンを振り切るだけ。店を出たところで彼女が頭を下げる。「本当にありがとうございました。今日はもう帰りますけど、今度ぜひゴハンでも誘ってください」対して、彼はさわやかに手を振って見送ってくれたそうな。

まるで温泉旅行専用の1日愛人、マンツーマンVIPピンクコンパニオンとは何ができる?

50_20200803143418597.jpg51_202008031442577ad.jpg52_20200803143421195.jpg53_2020080314342292f.jpg54_20200803143424cc5.jpg55_20200803143426df3.jpg
【概略・全文は上記記事をお読みください】
今や、松本さとしという名を聞くだけで硫黄の香りが鼻腔を突く方もいらっしゃるそうで、私と温泉の結びつきも随分深くなったものと感慨を覚える次第である。過去も現在も、常に私は温泉遊びの究極の形を追い求め続けているわけだが、今冬は極めて特殊なスタィルのコンパニオンと戯れてみたいと思う。なんとこの業者、1人旅の男客しか受け付けないのである。
1人の男に1人の女をあてがうのである。これが温泉コンパニオン界においてどれほど特殊なことか、順を追って説明しよう。
ほんの5年ほど前まで、1人客にコンパニオンを派遣する業者なんてものは存在しなかった。客2〜3人につきコンパニオン1人、しかも最低4人以上の団体しか受け付けない、といったところばかりだったのだ。後年、1対1コースを新設するところも塯えてはきたが、受け付けは客2人以上から。どうしても1人でとゴリ押ししたところで、2人はコンパニオンをつけられてしまう。酔客と2人きりにしてしまうのはあまりに危険だからだろう。そのため、私はコンパニオンを2人、3人と招き、複数プレイに勤しんできたのである。賑やかで良さそうにみえたかも知れぬが、あれは自ら望んでのことではなく都合に合わせた結果だったのだ。1対2、1対3のほうが1対1よりいいじゃないか。と、単純に数の論理で物半を考えてしまう方は、の業者のHPを少し見てほしい。
『飲んで騒いでエッチなことをするだけのコンパニオンではありません』
『お勤めをしている30代前半の女性が中心です』
『出産経験がある、下腹ボッコリ等の女性はお断りしています』
過激さばかりをウリにしているのに比べ、これらフレーズの落ちつき払ったのはどうだろう。つまり1人客のみの受け付けとは、単に2人きりになれるという意味だけでなく、大人同士のしっぽりしたゆ
とりある時間を過ごしてもらぅためのシステムなのだと理解できよう。脱がせ、しゃぶらせの消防団的宴会ではない、大人の男女の静かな夜。温泉情緒を味わうにはもってこいのシチュエーションである。いわば、温泉旅行用の1日愛人とでも呼ぼうか。
派遣先は伊豆半島一帯。旅館が手配してくれるのではなく、あくまで一緒に温泉に遊びに行くというスタイルのため、宿は客が自由に選べばよい。
気になる料金は30分6千円。最短5時間からなので最低でも6万円の出費だ。髙い気はするが仕方あるまい。私は伊豆. 修善寺の混浴温泉ホテルに単身乗り込んだ。相手の女性とは部屋で落ち合う予定である。このホテルを選んだのは、言うまでもなく混浴があるからだ。擬似愛人なのだから一緒に風呂に入るのは当然のこと。しかも貸し切り風呂ではなく、他の客と一緒に入る方が楽しそうではないか。
ピンポーン夜7時、部屋の呼び出し音が鳴った。ドアを開けると、そこには女優の室井滋に似た女性が一人。「どうも、お待たせしました」
「ああ、はいはい、どうぞ」
脚は細い。スタィルも悪くない。が、顔は40近くにしか見えん。確か全員30代前半のはずだったのに、何かの手違いか。アケミ(仮名) と名乗る彼女は言った。
「34になったばかりなんです」
ここは信じておこう。信じなければ先に進まぬ。先払いで6万円を手渡し、体を抱き寄せ唇を奪う。しかもディープに。普通のコンパニオンだと、ちよつとした手順を踏まえてからエロモードへ突入すべきという暗黙の了解があるが、今回はそんな面倒は抜きだ。
「じゃあ着替えてメシ食おうか」
お楽しみは後にして、まずはメシとしよう。浴衣に着替えるよう促すと、アケミは恥じることもなく衣服をはだけていった。裸になっても、なるほど出産経験アリのぶよぶよ腹と違い、均整がとれている。体だけなら20代でも通用しそうだ。食堂(部屋食じゃなかったため) では、私が食べアケミが酌をするという関係ではなく、2人共に一般客として着席し、料理に舌鼓を打った。ホテル側は彼女がコンパニオンだと知らないのだから当然である。なべや剌身をロに運びながら、アケミは言う。
「ウチは50代60代のお客さんが多いわね。わざわざ大阪から来る人もいるぐらいよ」
金さえ積めば泊まりもOKのしっぽりシステムは、バカ騒ぎするには老い過ぎた、しかしまだ女遊びは止められぬ中年男性に重宝されるのだろう。
さあ、では風呂に参ろうか。混浴にてこの浴衣の下の肉体をたっぷり愛でさせていただこう。
スリッパの音をヒタヒタ響かせながら、2人は温泉に続く廊下を歩いた。温泉の隔世感はこういう部分にこそあったりするものだが、こんなことすら普通のコンパニオン相手ではかなわない。彼女らは極力他の客と顔を合わせぬよう行動するからだ。勇んで向かった広い浴室には、客が1人もいなかった。アケミはタオルで胸を隠すこともなく堂々と湯船に浸かり、白い脚を伸ばす。
「気持ちィィね」「うんうん」
まるで貸し切り状態。おもむろに彼女の乳首をつまみ、そのまま吸いつく。
「あん、ヤダー。誰か来るかも」「来ない来ない」
乳吸いに飽きた私が立ち上がると、命ぜられるまでもなくアケミは半勃ちのペニスをロに含む。
ジュルジュル。淫靡な音が岩風呂に響く。狭い内風呂ならまだしも、いつ誰が入ってくるとも知れぬ混浴でのフェラは、なんとも形容し難い興奮をもたらすものだ。
「あっ、誰か来た」
脱衣場で物音が聞こえ、アケミがさっと身を翻す。同時に、団体旅行らしきオッサン連中が5人ほどどやどや入ってきた。みんな酔っ払っているようだ。
「ん?混浴かぁ?」1人がアケミの裸体を見て素っ頓狂な声を上げた。仲間たちもニヤニヤと好奇の目を向けてくる。タオルで隠していないのだから、そりや見たくもなるだろう。湯煙越しに、妙な間が生まれた。パートナーである私への遠慮もあってか、オッサンらはさりげなくアケミの胸や股間に視線をよこし、うれしそうに湯で顔を洗う。この気分は優越感に分類されるのだろうか。ほとんど男湯状態の中にあって、私の隣にだけ女体。私の隣にだけふくよかな乳房。ほれ、こんなふうに触ったりできるのだよ。どうだ、うらやましいか。しばし後、オッサン連中と少し離れ、湯船の中で向かい合って座った私たちは、白いもやに隠れているのをいいことに、ますます密着の度合いを強めていった。「あ、ヌルヌルしてる」「ヤダ…」
チンチンを膣口にあてがうと、ヌメリが湯の中に拡散する。このエロ女め。間が持たなくなればフェラ、そして指マンいくら「しっぽり」なんて関係を求めてはいても、男女が同室にいればヤルことは一つしかない。風呂上りの我々も、さっそく部屋でフェラチオの続きを再開した。
ジュボジュボと音を立てながら吸いまくるアケミ。公共の場でないと、ますますテクを増す舌使いである。「あ一もうィってもいい?」「駄目よ、そんなにあせらなくていいでしよ」
唇からツーッと糸を引かせながら、アケミがロを離す。確かにまだ時間は3時間も余っている。あわてて抜く必要もないか。その後2人は浴衣姿のまま雑談をかわし、間が持たなくなればフェラ、さらに間が持たなくなれば指マンという、ゆったりした時間を過ごした。宴会芸が始まるわけでもなければ、カラオケに繰り出すでもない、騒々しさとは無縁の世界。愛人との温泉旅行とはこういうものなんだろうか。
「あ、萎んできちゃったね。舐めてあげよっかな」
「またお風呂でしようよ」「うん、いいよ」
提案にはすべてうなずくアケミ。若いだけの生意気なコンパニオンとはやはり違いますな。かくして、しつこくまた混浴へ。今度は無人の湯船で、股間を密着させる。
「入っちゃうよ」「え…」「入れよっか」「だめ、本番は別よ」
別というフレーズが引っかかった。別料金ってことなのか。6万円もブン取っておきながら、さに…そりゃないよな。後でも、ペニスは硬直したままだった。自らも興甯したのか、部屋に入るやアケミは私の浴衣をめくり上げ、睾丸を優しく撫でる。そしてまたパクリ。もぅこのままィつてしまぅか。
が、都合
30分は経過した部屋フェラの途中で、アケミが言つた。
「私、ロでィヵれるのはちょつと…」ここで先ほどの「本番は別」が頭をもたげてくる。やはり小遣いが欲しいのか。「エッチするにはいくらか払えばいいの」
「うん、2かな」
これで支出は計8 万。2 人分の宿代も入れれば10万オーバー。ドエライこっちゃである。しかしこのままではどうにも収拾がつかんしな…。わかった、払います。全裸になったアケミは、まだ愛撫を受けずただしゃぶっているだけだったくせに、股間をヌルヌルした液体にまみれさせていた。指を入れると、獣のようなアエギ声が漏れる。
「あうっ、あうっ」
昼間はOLでもあるという彼女、まさか夜毎に伊豆の温泉宿で痴態をさらしているとは誰も思うまい。正常位では脚を痙攀させながら腰に卷きつけ、騎乘位では前後上下に動き回る。バックから触れた白く丸い尻は、まだ温泉の温もりをたたえて「あうっ、イイ、イク」
あまりに長過ぎた前戯のせいか、ものの10分ほどで私は倒れるように果てた。浴衣の帯を直しながら、アケミがロを開く。
「奥まで当たってすごく気持ちよかった」
いかにも男根への自信を失いかけた中年オヤジを喜ばせそうな台詞である。使い慣れてるな。残り時間は9 0分。さあこれから何をしよう。風呂は飽きたいエロは終わったし…。やはり3 0代前半の男にとって5時間もしっぽりするのはチト辛いか。
★アケミによれば、リピーターの中年客たちは、セックスのみならず、館内の土産屋を一緒に見て回つたり、近所を散歩したりといつたことをも楽しみにしているのだという。愛人を囲う金はなくとも、その気分だけは味わえるコンパニオン。これはこれでアリだと私は思う。にしても最後までみつちり楽しもうと思えば、早めに抜いちゃィカンな。ラスト90分、間の持たなかったことといったら、そりゃもう。

【エロ漫画】タレントや芸能人モデルの卵がパトロンやスポンサーを探す高級パパ活ラウンジでセフレや愛人をゲット

芸能人高級パパ活エロ漫画芸能人高級パパ活エロ漫画芸能人高級パパ活エロ漫画芸能人高級パパ活エロ漫画芸能人高級パパ活エロ漫画芸能人高級パパ活エロ漫画芸能人高級パパ活エロ漫画芸能人高級パパ活エロ漫画芸能人高級パパ活エロ漫画芸能人高級パパ活エロ漫画芸能人高級パパ活エロ漫画芸能人高級パパ活エロ漫画芸能人高級パパ活エロ漫画芸能人高級パパ活エロ漫画芸能人高級パパ活エロ漫画芸能人高級パパ活エロ漫画
タレント志望の美少女ユリに接近。まんまと彼女の肉体をいただいたのだ.とまあ、ここまでが先月号でお伝えしだ部分なのだが、実はその後、私ばあることで頭を悩ませていた。コンテストで準グランプリの座を射止めてからというもの、ユリがこちらの誘いにまったく応じなくなったのだ。
確かに、セックスはあの日1回限りという約束。コンテストが終わった今、彼女にとって、もはや私に何の利用価値がないというのもわかる。何しろ本職は印刷屋のおっさんなのだ。しかし、それにしてもあからさま過ぎやしないか。せっかくのセフレができたと大喜びしていだのに、もうやらせちゃくれないなんて。とはいえ、まったく策がな
いワケでもなかった。〈またホテルに行こうよ〉というメールには〈そういうのは嫌です〉とにべもないユリだが、自分の進路のことになると、毎日のように相談を寄こしてくるのだ。
〈▲▲っていう芸能事務所に履歴書を送ろうと思ってるんだけど、自己PRにはどんなこと書けばいい?〉
〈女優になる前に、まずはネットアイドルになって実績を積むのはどうかな?〉
以前、ただただユリと一発やりたいがために、ラジオ局や俳優に知り合いがいるなどと、大風呂敷を広げたせいだろう。私を芸能界通か何かと勘違いしているのだ。となれば、その線で攻めるしかあるまい。幸い、知り合いのキャバ嬢に、キャンギャルやイベントコンパニオンを掛け持ちしている子が何人かいる。私は彼女たちから業界事情や芸能事務所の情報を聞き出し、それをさも自分の知識であるようユリに吹聴した。演出すると同時に、実際にユリを呼び出す口実も考えた。
事務所から連絡は来た?
〈全然。ヌード系のところばかっりで、ちゃんとした事務所からはーつも連絡ないの〉
〈何なら俺がキレイに撮ってやろうか、こう見えても力メラは10年以上やってるし〉
〈うん、撮って撮って〉
当日、ひとしきり撮影を終えた私は、スッとユリに近寄った。と、彼女が途端に眉をしかめる。
「ちょっと崎野さん。セックスはしないよ。止めて、絶対にやらないからね」
バ力め、そんな反応は先刻お見通しだ。いま活躍している芸能人はみな、肉弾接待で現在の地位をもぎ取った。これからタレントになるお前も、当然ヤリまくっていかなきゃいけない。だからその、邪魔っけな布をお取りなさい。「でもアタシ、まだ芸能人じゃないんだけど」
「芸能界への道はもうここから始まってんの。肉弾しろよ肉弾。じゃなきゃもう協力しねーぞ」
言うと、ユリは静かにうなずき、私の股間を吸い始めた。素直な子だ。
★以来私が求めるまま、週ーペースでお股をパックリ開いている。そのうち伊東美咲のような人気女優になれることを信じて。そんなことは地球がひっくり返っても無理だろうが、ま、せいぜい夢を追いかけてほしい。

【エッチ漫画】旦那の出世は嫁の膣内射精不倫のおかげ・人妻の愛人は主人の職場会社の社長だった

不倫大好き専業主婦エッチ漫画不倫大好き専業主婦エッチ漫画不倫大好き専業主婦エッチ漫画不倫大好き専業主婦エッチ漫画不倫大好き専業主婦エッチ漫画不倫大好き専業主婦エッチ漫画不倫大好き専業主婦エッチ漫画不倫大好き専業主婦エッチ漫画不倫大好き専業主婦エッチ漫画不倫大好き専業主婦エッチ漫画不倫大好き専業主婦エッチ漫画不倫大好き専業主婦エッチ漫画不倫大好き専業主婦エッチ漫画不倫大好き専業主婦エッチ漫画不倫大好き専業主婦エッチ漫画不倫大好き専業主婦エッチ漫画不倫大好き専業主婦エッチ漫画不倫大好き専業主婦エッチ漫画
不倫に遊びでのSEX女を都合よく扱って手痛いしっぺ返し|わしの人生のしくじり
不倫大好き専業主婦エッチ漫画不倫大好き専業主婦エッチ漫画不倫大好き専業主婦エッチ漫画不倫大好き専業主婦エッチ漫画不倫大好き専業主婦エッチ漫画不倫大好き専業主婦エッチ漫画不倫大好き専業主婦エッチ漫画不倫大好き専業主婦エッチ漫画不倫大好き専業主婦エッチ漫画不倫大好き専業主婦エッチ漫画
33才のとき、5つ年上の女性と結婚しまして。結婚前はとても気立ての良い、穏やかな性格だったんですが、夫婦になって間もなく本性があらわになってくるんです。 カネ遣いの荒さがもうめちゃくちゃで。毎月、こっちが必死に稼いできた給料を友人との食事だ買い物だと湯水のように使いまくるんです。私にはビタ一文、小遣いを渡さずにですよ。 おまけにそれをとがめようもんなら、10倍の罵倒で返してくる。本来は気性の激しい女なんですよ。 そのうち貯金も尽きてこれじゃやってられないってことになって、38のときに離婚しました。
で、その3年後、今度は4才年下の女性と再婚するんですが、この女の場合も結婚後、隠れていた問題が表面化するんです。 男性への依存心が異常なくらい強いというか、とにかく私が片時でもそばにいないとヒステリーを起こすようになるんですね。 だから毎日、彼女をなだめすかして出社するのが日課になったんです。それだけで結構ツラかったんですが、あるとき彼女が大変なことをしでかしちゃって。自宅で自殺未遂騒ぎを起こしたんですよ。今から思えば、何らかの精神病だったんでしょうね。それで彼女と一緒にいる時間を増やそうとして、年収ダウンも覚悟で転職したんですけど、やっぱりその後もいろいろとゴタゴタが続いちゃって。結局、その後、離婚しました。
そっからはずっと独身を貫いてますが、この2度の結婚で完全に人生が狂ってしまったと本当に悔やんでます。できることなら歴史を書き換えたいくらいですよ。
★結婚は博打と同じで運が悪ければトコトン打ちのめされる。結婚イコール幸せというのは幻想にすぎないようで。
21、22才のころ、当時よく出入りしていた飲み屋で女のコと知り合って、そのコとちょくちょく遊ぶようになったんだよ。 俺はそんなに気に入っていたわけじゃないんだけど、向こうはこっちにお熱って感じで。だから、まあ、ハッキリ言いえば、都合のイイ女ってのかな、性欲解消の相手になってもらってたわけさ。言葉は悪いけど。 で、しばらくそんな感じで関係を続けていたんだけど、ある時、ふとアナルセックスなるものを試したくなってさ。 そのころちょうどマーロンブランド主演の「ラストタンゴ・イン・パリ」って映画が上演されてて、そのなかのアナルセックスの描写がけっこう話題になってたのよ。映画史上初だとかって。 そんなこと聞いたら、試してみたくなるじゃん。こっちはヤリたい盛りのガキだし、ゾンザイに扱える手頃な女もいることだし。 
思ったとおり、彼女にアナルしたいって頼んでみたら「いいよ」って言うんで実際にやったよ。
そしたら想像したより簡単に挿入できたんだけど、彼女がむちゃくちゃ痛がってさ。ピストン中に抜けたチンチンをもう一回挿入しようとしたとき、肛門をきゅっと締められたんだよね。その瞬間、激痛が走って、チンチンを見たら変な風に曲がって内出血してんのよ。肛門にぶつかってチンチンが折れちゃったんだね。病院に行ったら陰茎折症って言われてすぐ手術。サオの部分を切って、中の破裂した組織を縫い合わせるんだよ。 結局、完治するのに1カ月近くかかったんだけど、後遺症が残ってさ。いまだに勃起すると根元がズキズキ痛むんだから。まあ、好き勝手やったバチだよね。
★女を都合よく扱うと、ときに手痛いしっぺ返しがくるもんだが、まさかチンコが骨折する憂き目に遭うだなんて…。イヤ過ぎる!
40ぐらいのときだったかな、ある女との不倫がうっかり女房にバレちゃったことがあってさ。不倫相手と手をつないで歩いてるところを、運悪く、女房の友人に目撃されたんだよ。当然、嫁はカンカンで、ソク離婚だっつってヒス起こしちゃって。 もう参ったよぉ〜。別にノロケるわけじゃないけど、俺ぁ女房がいないとダメな男なの。夜の夫婦生活はとっくになくなってるけど、別れたいと思ったことは一度もない。てか、女房と別れるなんてあり得なかったから。 
だから土下座して謝って、二度と浮気はしませんって誓約書まで書いて、どうにかこうにか許しを取りつけたわけ。もちろん、心から後悔もしたよ。危うく女房を失うとこだった、俺はなんてバカな男だろうってね。こんなことは二度とやるまいと固く誓いも立てたし。その2年後だったかな、また浮
気がバレちゃってさ。そんときの相手は職場に出入りしてたパートさんだったんだけど、とにかくそ
こでジ・エンド。今度こそ本当に離婚になっちゃった。 だから俺の後悔っつーのはさ、最初の浮気バレのとき、なんで心の底から本当の本当に反省しなかったんだってこと。結局、のど元過ぎたら浮気したくなる、その程度の後悔だったってことなんだよ。
★同じ過ちを二度繰り返すのは真剣に後悔してないからか。身につまされた人もかなり多いのでは?

【エロ漫画】愛人不倫オークションで有閑マダムに買われた僕・本当にあった人身売買性奴隷市場

性奴隷市場エロ漫画性奴隷市場エロ漫画性奴隷市場エロ漫画性奴隷市場エロ漫画性奴隷市場エロ漫画性奴隷市場エロ漫画性奴隷市場エロ漫画性奴隷市場エロ漫画性奴隷市場エロ漫画性奴隷市場エロ漫画性奴隷市場エロ漫画性奴隷市場エロ漫画性奴隷市場エロ漫画性奴隷市場エロ漫画性奴隷市場エロ漫画性奴隷市場エロ漫画性奴隷市場エロ漫画性奴隷市場エロ漫画
不倫するなら素人の人妻より金を払ってプロを相手にしたほうが安全かつ安くつく

性奴隷市場エロ漫画性奴隷市場エロ漫画性奴隷市場エロ漫画

やらない後悔なんてすぐ忘れるもんさ

バカみたいな話だけど、20年前だから40才くらいのときだね、テレクラで知り合った女に「生で入れていいよ」って言われて、ちょっと悩んだことがあったのね。ナマ挿入は嬉しい、ただ相手は誰とでも寝るテレクラ女、病気は大丈夫なのかって。
その時、ふと頭をかすめたのが「やって後悔するのとやらずに後悔するのとでは、やらずに後悔する方がいつまでたっても尾を引く」っていう言葉でさ。
でまあ、確かにその通りだなと思ってナマで入れたら、案の定、性病にかかったわけで
すよ。亀頭から膿なんか出ちゃって痛いのなんのだし、女房にはバレるしで、まったく酷い目にあって。だからね、当時の自分に言ってやりたいのは、やって後悔というのはもう取り返しがつかないけど、やらない後悔なんていずれ必ず忘れちゃうものだよってことね。だから、やるべきか否かで迷った時はやらない方を選ぶ。そうすれば火傷は絶対に回避できるの。
やらない後悔はすぐ忘れる、か。なんだか目からウロコだ。

40才のときだったかな、独身の若い女と不倫したことがあって、マズイことに嫁にバレちゃったことがあったのね。俺が一方的にフッたのも悪いんだけど、とにかく女が怒っちゃって、いきなり自宅に乗り込んできたのよ。わかるでしょ、もう修羅場よ。
嫁に必死に謝り倒してどうにか離婚を回避できたのは不幸中の幸いだった。でもすっかりトラウマになっちゃってさ。それ以来ずっーと浮気はやらなかったんだけど、2年前にたまたま入ったスナックで、ホステスと意気投合しちゃってさ、冗談半分で「小遣い10万で月3回愛人になってよ」って言ったら「本当に?なるなる!」とか言うわけ。
あーこれで良かったんだなって気づいたのよ。不倫するなら金を払ってプロを相手にしたほうが安全だったんだなって。だから結婚してるなら素人と不倫はしないほうがいいよ。それでも素人を抱きたいのが男の性。困ったものである。

→ここからはモテ男のエッチ体験談

農家のご婦人と野性的な不倫を楽しみたい

兵庫、京都との県境エリアともなると、田んほや畑一色で、道路には響ろとろ走るトラクターの姿も見受けられる。今日は急いで帰る必要もない。たまには田舎の景色を楽しむのもいいだろう。俺は車の窓を全開にして、ゆっくり走った。

途中、ー人で農作業している女性に出くわした。遠くてよくわからないが、30才過ぎといったところか。男かバアサンの仕事しいうイメージがあったが、意外にそうでもないらしい。俺は何気に車を止め、しばらく彼女の姿を眺めることにした。格好は、日よけの麦藁帽子に、長袖のシャツとジャージのパンツ。作物の手入れだろうか、黙々と働いているその様子は実に美しい。

と、突然、俺の中に、彼女と話をしてみたいという衝動が沸き起こってきた。ナンパではない。純粋に、もっと近くで彼女の姿を見てみたかったのだ。さっそく、あぜ道を歩いて彼女に接近。50メートルほどの距離になったとき、相手が俺の存在に気づいた。「あの、ちょっとすみません」

声をかけると、彼女は作業を止め、俺に近づいてきた。

「はい」

「あの、高速に乗りたいんですけど、この道を真っすぐでいいんでしょうかね」

「はい、10分位走られたら標識が出てますよ。1本道ですから…」

愛想がよく、物言いも丁寧だ。年齢はやはり30才くらいか。ちょっと素の女性の姿、包容力、けなげさ似ており、アカ抜けてはいないが、…。うまく表現できないが、彼女なかなか笑顔が可愛い。スッピンの少し日焼けした顔や首筋に汗が流れ、シャツはすでにぐつしょり。に都会の女にはない、何かが確実に存在した。

そして、もうーつ、俺のなかに野生的なセックスに対する願望が・・・ギラギラした本能むきだしのエッチとでもいおうか、こうした欲望があったことも否定できない。

「お仕事中、どうもありがとうございました。」「いえいえ」

彼女に礼を言い、再びあぜ道を歩いて車まで戻る。エアコンのきいた快適な環境では絶対味わえないに違いない。

しだいに想像もしていなかった映像が俺の頭のなかに浮かんできた。畑で彼女を押し倒し、泥にまみれながらセックスしている俺の姿だ。いつも俺がナンパしてる相手は、都会の学生、主婦、OL等々。化粧をし、服装もどちらかといえば派手目だ。普通、男はそういう女にそそられるわけだし、汚れたジャージ姿で汗だくの女に欲情するなんてことは考えられない。

じゃあ、なぜそんなことを夢想してしまうのか。もちろん田舎の景色の中では、彼女のジャージ姿も違和感はないが、それ以上に都会の女に慣れきった俺にとって、その土臭い姿がやけに新鮮に映ったのだろう。
俺ははっきり自分の願望を悟った。太陽が照りつけるなか、本能的に女とヤッてみたい。もちろん相手は土臭い農家の奥さんだ。つい今まで農作業をしていた女を、ひとけのない林の中や農機具をしまう小屋にでも連れ込んで激しくヤリまくるなんてのはどうだろう。想像しただけで興奮してくるじゃないかー
真っ昼間の炎天下では作業してる人もいない
実際に農婦にアプローチするには、田舎に行かねばならない。大阪府郊外には田んぽや畑が広がる地域はあちこちあるが、仕事の関係で立ち寄れそうな所は限られる。あの女性に声をかけた北摂の田舎には滅多に行かない。行く頻度からいえば、府南部の泉州エリアだろう。普段は幹線道路を通るだけなので実感はないが、少し中に入れば田園風景が広がっているに遅いない。

ある日、泉州方面に行く機会が訪れた。仕事r終えた帰り道、幹線道路から5分ほど中へ入ると案の定、景色は一変。田んぼや畑が広がるド田舎が現れた。もともと泉州は有数のタマネギの産地なのだ。さっそく、若い農婦の姿を捜すべく車を走らせる。これといった作戦はない。とりあえず道を聞くふりをして声をかけてみよう。

しかし、これがなかなか見つからない。というか、農作業をしている人自体が少なく、いてもオッサンがほとんど。数少ない女性も60過ぎのバーサンでは、どうしようもない。数日後、改めて出かけてみたもの、結果は同じ。北摂で見かけた女性は極めて希な存在だったのだろうか。車を止め、農作業中の男性に聞いてみる

「すいません、このあたりでは若い女性で農作業をしてる人っていないんですかね」「いや、いないことはないよ。忙しい日は家族総出だし」

わざわざあぜ道を歩いてそんなことを聞きにくるなんて、怪しいことこの上ないが、オジサンに不審がる様子はない。

「農作業してる人自体、少ないですね」

「そりゃ、日中に長いこと作業してたら暑って死んでまうで。朝とタ方にすることが多いんや」なるほどそういうことか。真っ昼間だから人が少ないのだ。朝やタ方なら若い女性も農作業してるかもしれない。時間が合っ日に出直した方がよさそうだ。
「恥ずかしいけど、畑仕事焼けやねん」再び泉州方面を訪れたのは、それから10日ほど後のことだ。が、残念ながら仕事はまたも昼間。畑に行っても恐らく無駄骨に終わるだろう。今日はおとなしく会社に戻るとするか。そう思いつつ、幹線道路を北上していると、突如、テレクラの看板を発見。全国展開している「R」だ。

…ん、待てよ。こんなド田舎のテレクラにかけてくるって女って、もしかして、士別中に作業をすませた若い農婦って可能性もあるんじゃないだろうか。いや、これは十分期待できる。寄ってみよう。店内には数人の先客がいた。取次ぎ制でコール数はまあまあ。10分に1回は回ってくる。当然、エンコー希望は多いが、その大半が主婦で、希望額も1万5千円と大阪市内よりかなり相場が低い。

が、いくら安かろうが俺には関係ない。援交するために来てるワケじゃないのだ。2時間いて援交以外のコールは4件。そのうち29才の人妻、タカコとアポがとれた。明るいキャラクラーでノリもいいが、いかんせん専業主婦。ターゲットとは異なるが、とりあえず俺はアポ場所の泉南市へ車を走らせた。待ち合わせ場所に立っていたのは、決して美人とは呼べない顔の大きな女性だった。ただし、スタイルはそこそこで、Tシャツにピンクのスカート、生足という格好が年齢より若く見せる。

特にソソる相手でもないし、少し話して帰るか。ひとまず近所の喫茶店へ彼女を誘い、テーブルを挟んで向かいうつ。間近で見ると、結構日焼けしており、腕も退しそうだ。「焼けてるけど、テニスでもやってるの」

「恥ずかしいけど、これ畑仕事焼けやねん」

「えっ、専業主婦ちゃうの?」

「畑仕事してるって、そんなん恥ずかしいもん」

それを早く言えよー聞けば、家は兼業農家で、週に2、3度は自分も畑に出ているらしい。よしよし、そういうことなら、ぜひアンタが畑仕事をした後、外でエッチさせてもらいたい。幸い彼女も俺のことを気に入ってくれてる様子。俺は後日改めて会う約東を交わした後、携帯の番号を交換し彼女と別れた。

この調子なら、次に会ったときは間違いなくェッチまで持ち込めるだろう。ただ、いきなり外で、というのも無理がある。ここは一度普通にホテルでヤってからお願いした方がよさそうだ。手続きを踏めば踏むほどテンションが下がるのは事実だが、目的達成のためには仕方ない。
会社が休みの翌週水曜、午後からタカコとムでっことになった。ただ、せっかく泉州までくり出すんだから午前中は畑めぐりに当てよう。朝のまだ涼しい間なら若い農婦に出会えるかもしれない。

現地へ到着、ターゲッツトを求めて車で走り回る。確かに日中と比べ、農作業をしている人の数は多い。若い女性(と言っても俺のなかでは40代までは対象にするつもりなのだが)の姿も時々見受けられる。が、とても声はかけられない。たいがい家族と一緒なのだ。それでもー時間近く探し、ようやく1人で作業している女性を発見。種か肥料のようなものを黙々とまいている。40代半ばはいってるだろう。見るからに田舎のオバハンといった感じだ。

当然、普通のシチュェーションなら問題外だが、今回の主旨には、ある意味、ぴったりなターゲットといえるかもしれない。

「暑いのに大変ですね。ちょっと、教えてほしいんですけど」

道を尋ねる俺に、おばちゃんは親切に応えてくれた。田舎はいい人ばかりだ。しかし、ダメだった。おばちゃんが今ひとつノってこないということもあるが、それ以上に俺がその気になれない。どう頑張ったところで、相手が話すたび口から金歯を見せられては、気持ちが華えていく。これじゃ女を捨ててると同じじゃないか。

やはり、今回はタカコ相手に目的を達成するのが正解かもしれない。午後1時。車でタカコを拾い、軽く昼食を取った後、ホテルへ。前回の雰囲気かり、特別ことばもいらない。キャラクター同様、ベッドの中でもノリがいい彼女とのセックスは実に濃い、満足のいく内容だった。積極的に楽しんでいるという感じだ。が、本来の目的を忘れてはいけない。
ベッドでくつろぎながら、俺はストレートに切り出した。

「俺、畑仕事なんかで汗だくで働いてる女の人、結構ソソられるねん。タカコが畑で仕事した後、外でヤラしてくれへん?」

「えっ、そんなん無理無理。でも、なんでそんなことしたいの?河内さん、変わってるね」

カッコつけても仕方がない。俺は正直に自分の願望を話した。

「で、ホンマに農作業してる人にも声かけてんけど、どうもうまいこといけへんねん」「ハハハハハ。河内さん、メチャメチャおもろいなあ。で声かけても絶対無理やで。田舎って、人の目をすごく気にするから絶対ひっかかれへんって。私かて、畑の近くでなんか、恐くて絶対ようェッチせんわ」

もっともな意見だ。「じゃあ、車で遠くまで行ってかからすんのは?」

「うーん…外でゆうても私、車の中でしかしたことないし。まあ絶対に誰にも見られへん所やったら、いいかなあ」よっしゃ、決まりや
どうせ、ヤルからには最も興奮するシチュェーションで挑みたい。俺は熟慮に執慮を重ね、タカコが畑仕事をする姿を見た後、汗と土だらけの彼女を車に乗せ、ひとけのない林の中でイッパツという結論にたどり着いた。

「・・というわけなんや。何とか仕事してるとこ、見せてくれへん?」

日を決める電話をかけた際、マジメにお願いしてみる。が、タカコは、それだけは絶対にできないと言う

「遠くから見るだけでええから」

「無理。しつこいこ言うんやったら、私、もう会いたないわ」

「あ、いや、ごめんごめん。見るのはあきらめるわ。けどせめて畑仕事したその日に、どこか別の場所で会われへんかな」

「それはいいけど」「作業着のままで来てほしいねんけんど」

「いいよ。でも、ほんま河内さんって変な趣味やなあ」
10日後のタ方5時。畑仕事ぜ終えたタカコが原チャリで待ち合わせ場所にやって来た。格好は長袖のシャツにだぶだぶのズボンという作業着姿。俺は、さっそく彼女を車に乗せ、ひとけのない林へ向かった。

車中、彼女が日焼けしないように着ていた長袖のシャツを脱ぎ、グリーンのTシャッ姿になった。汗でぐつしょり濡れ、ブラジャーの型が浮き出ている。

「ごめん。車のシートを汚してしまうわ」

「いや全然気にせんでいいから」

気にならないどころか、だんだん興奮してきた。正直、俺もカーセックスの経験はあるが、アオカンは一度もやったことがないのだ。5分ほど車を走らせ、あらかじめ目星をつけていた森に到着。2人して中へ入っていく。といっても、森は山の斜面にあり、加えて前日降った雨のせいで地面が柔らかく、かなり歩きづらい。30mも中に入ると、全く森の外が見えなくなった。ここなら絶対、気づかれないだろう。さあ、さっそく始めようか。
…いかん、尿意をもよおしてきた。緊張のせいか。とりあえず立ったまま木に小便をひっかけていると、タカコがその姿を嬉しそうに見ている。スケべな女だ。立ちションしたままの洗わない手をタカコの腰に回し引き寄せる。濡れたシャツの感触が変な感じだ。
互いの口に舌を入れまさぐり合っていると、タカコが突然しゃがみ、俺のズボンのチャックをおろした。中から出てくる、いきりたったムスコ。その、いま小便したばかりのムスコを、タカコは何の抵抗もなノ立夫味しそうにしゃぶる。さあ、どうやってヤルか。地面は濡れている。ならば、立ったままヤルしかあるまい。俺はタカコのズボンを脱がせた後、目の前にある木に手をつかせパンティの上から愛撫を始めた。彼女も左手で俺のムスコをしごいている。直接、アソコを触ってみると、ホテルでヤッたときより明らかに濡れ濡れだ。もう我慢できない。
バックでやったるぞー

両手を木につき、お尻を突き出したタカコにブチ込む。が、なかなかうまく入らない。入ってもすぐ抜けてしまう。前回も感じたのだが、彼女はかなり上ツキなのだ。初めてのアオカンであせりもあるのか、どうもうまくいかない。仕方ない。正常位でやってみよう。といっても、地面に寝ころんでやる訳にはいかない。さっきの木にタカコをもたれさせ、正面から挿入だ。と、今度はスムーズに入った。「あ、あーん」それまでずっと声を押し殺していた彼女が大きなアェギ。しかし、なかなかうまく動けない。くそー、気持ちはこんなに興奮してるっていうのに。

「ごめん、最後は口でやってもらっていい?」「うん」

再びタカコが俺の前にひざまずき、激しくムスコをしゃぶり始めた。彼女の顔に俺の汗がポタポタ滴り落ちる。それでも気にせず首を前後に振るタカコ。まもなく放出した精液を、彼女はそのまま出さずに飲み込んだ。

★「私はすごく興奮したけど、河内さん、ヤリにくそうやったね」帰りの車でタカコがいった。蚊にいっばい刺された腕がかゆい。夏にアオカンなんて、やるもんやないわ。

★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★


★★★空前絶後の出会い時代到来。18禁★★★
運命を変える奇跡の出会いは令和でもきっとある
PCマックス

春の季節だけはあなたに合った相手がドンドン見つかる
ワクワクメール

不況でパパ活に激美人が急増中の噂
芸能人もいるという交際クラブユニバース倶楽部にはどんな女性が!
40代~60代のための愛人マッチング【ユニバース倶楽部】

俺はやっぱり生身が良いが二次元の彼女の良さは何?
【にじげんカノジョ】

★★★最強のペニスを作る★★★
☆☆三冠達成!ペニス増大サプリ・ヴィトックス☆☆
グングン伸びたら彼女はきっと離れない
【ヴィトックス】
vitox[1箱+1箱無料]:13,824円(税込)

☆☆早漏はあきらめる必要はありません☆☆
しかもオナニーしながら治っちゃう!

1カップ1100円(税込)

☆☆遅漏もあきらめる必要はありません☆☆
しかもオナニーしながら治っちゃう!
⇒遅漏改善用TENGA
1カップ1100円(税込)

☆☆元気が欲しけりゃこのサプリメント☆☆
⇒TENGA活力支援サプリ
初回999円(税込)

☆☆包茎はこっそり自分で治せ☆☆
⇒自宅で自分で治す包茎グッズ
包茎グッズ【キトー君】