性奴隷のタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:性奴隷

人妻をメス犬性奴隷ペットにしてわんわんプレイするドッグトレーナーの美人マダム調教カルテ

人妻をメス犬性奴隷ペットに人妻をメス犬性奴隷ペットに人妻をメス犬性奴隷ペットに人妻をメス犬性奴隷ペットに人妻をメス犬性奴隷ペットに人妻をメス犬性奴隷ペットに
【概略・全文は上記記事をお読みください】
欧米諸国では市民権を得ているが、日本では未だ認知されていない仕事に犬のトレーナーという職業がある。トイレに散歩、食事作法。文字どおりペットをイチから教育する調教師のことだが、犬の躾
は飼い主の義務。わざわざ金を払って、他人にお願いすることじゃないと思うのが一般的な感覚ではなかろうか。が、ドッグトレーニングは今や日本でも確実に根を下ろし始めている。
例えば兵庫県の芦屋や宝塚。ご存知、関西を代表する高級住宅街では、ペット教育のため、大金を平気で支払う家庭も少なくない。ここ数年のペットブームで犬が市場に大量流出し、自宅で訓練するカ
リキュラムが急速に広まったのだ。依頼主の大半は、ヒマを持て余し、ペットで寂しさを紛らわせようとする奥様方。そんなスキだらけの飼い主の元に、若い調教師が現れたらどうなるか。
ドッグトレーナーとなって2年。美人マダムたちの調教カルテを公開しよう。
単なるブータローだったオレが、大阪の『西日本ドッグスクール(仮名)』というペット専門学校の門を叩いたのはハタチになったばかりのころだ。実家は、犬が同居するプチムッゴロウ家で、オレも大の犬好きなのだが、正直、最初は乗り気じゃなかった.
「フラブラしてんなら、体験入学でもしてき」
口やかましいオフクロを納得させるためとはいえ、犬のトレーナーなんて、そんな誰も知らん仕事に就いてどないすんねん。それが本音だった。しかし、授業初日、教壇に現れた講師のことばを聞いた途端オレはその気になる。
「ここ数年、犬のトレーニングセンターが右肩上がりで急増しています。我が校で週1の授業を3年間受け、ライセンスを取得すれば、就職はいくらでもお世話できます」
講師はまだ認知されていない職業だからこそ先駆者には成功と報酬が約束されていると付け加えた。
授業料はバカ高いが、将来性は抜群.必死に親を説得し、金を工面してもらった。学校での授業は想像以上にハードだった。食事などの日常生活を教える服従訓練に始まり、首輪操作のリードトレーニング、障害物に慣れさせるアジリティトレーニングといった実地訓練と並行して、教室ではヨーロッパ仕込みの犬の心理学講義も行われる。こうした理論と実践を繰り返しながら一方でバイトに明け暮れること3年。オレが晴れて日本レスキュー協会認定の「家庭犬トレーニングインストラクター」免許を取得、専門学校をトップクラスの成績で卒業した。
就職先は、オファーを受けた数社から、地元のトレーニングセンターを選んだ。新人のオレに任された仕事は、トレセン内をペット特有の悪臭や騒音から守り、常に清潔に保つことだった。ただ餌付けと掃除をこなしていくだけの毎日。初級トレーニングすら任せてもらえない。早々と希望は打ち砕かれたかのように思われた。我慢の限界が頂点に達しようとしていた5月下旬.突然、センター長に呼び出された。
「おい、薮田、芦屋の吉野さんとこにトレーナーに行ってくれへんかな?佐藤のおやじさんが風邪で休んでしもたんや」
調教師が飼い主の自宅に直接出向く訪問トレーニングは、熟練担当者の役目である。オレみたいなぺーペーがなんで?
「みんな出払ってるんやから、しやあないやん。その代わり、変なことすなよ・あそこの奥さん、いい女やから」「はぁ?」何を言うとるんだ、このオッサン。出張ドッグトレーニングは、週3回で月に6万もする超VIPコースである。変なことをするも何も恥ずかしくない仕事ができるかどうか、キンチョーで心臓バクバクだ。予期せぬ初陣に足を震わせながら、地図を頼りに営業車で芦屋へ。大きな門の前で呼び鈴を探していたところ、駐車場の電動シャッターが開いた。最新型のベンツSクラスに、赤のアルファロメオ。外車2台の合間に軽自動車を停めるオレの手がわなわな震える。洋館の玄関をノックすると、中から黒木瞳似の若奥様が現れた。
「あれ、今日は佐藤さんじゃないんですか?」
艶やかなピンクのルージュが、ふっくらとした唇を際立たせる。
「え、ええ、風邪で休んでしまいまして、代わりに僕がやってきました。初仕事でいたらない部分があるかもしれないですけど、よろしくお願いします!」「フフ、かわいい」
さっと背中を向け、オレを玄関に招き入れる奥さん。そのときスカーフが胸元からハラリと落ちた。ヴィトンのスリッパを履き、リビングへ。室内を見渡すと、革張りソファに1匹のミニチュアダックスフンドが寝そべっている。
「ほら、キャンディ、先生ですよ。キャンディ、聞いてるの?」
飼い主が呼びかけてもツンと澄ましたまま。オレはため息をつきながら愛犬カルテを開いた。乗り物追いがないか、破壊衝動がないか。名前や性別、購入場所のほか犬の癖が詳細に記された報告書だ。
オテやスワレなどの訓練は二の次。まずは人の命令に従わせるにはどう対処すべきか。飼い主と共に教育せねばならない。
「じゃあ、奥さん、ちょっとキャンディちゃんをここに座らせてもらえますか」「・・・・」
「お、奥さん聞いてます?」「はぁ〜い」
な、なんで、笑いながらオレを見てるんだ。新人だからって、ナメているのか。
「忍耐が一番です。ダメなことは何十、何百回と注意して、相手が根負けするまで続けなければなりません」「…はい」
強い口調で諭したら、意外にも素直な態度でオレの指導に応じる若奥様。これじゃ犬に主導権を握られてもおかしくない。レッスンの後、マリアージュの紅茶をいただいた。向かいには奥さんが座っている。
「薮田くん、歳いくつなん?腕のいいトレーナーさんなのね。ガールフレンドはいてはるの?」
「い、いいえ…」
奥さんがオレの隣に席を替え、白いふとももをピタリと寄せてきた。な、なんや
「薮田くん、佐藤さんと担当代わってもらえへんかな?」
擦り寄り、耳元で咳く奥さん。ほんまに、これはヤバイ…。「し、失礼します」
オレは彼女の白い手を振り払い、慌てて玄関を飛び出した。吉野宅の訪問後、オレはトレセンで餌付けをしながら実に不安な毎日を過ごしていた。犬の躾を教科書どおりにこなし、センターへも時間キッチリに戻ってきた。が、逃げるように家を飛び出したのはさすがにマズかつたのではないか。しか
し…。1週間後、センター長から再び訪問トレーニングを申し付けられた。今度は宝塚の高橋宅らしい。「え、またですか」「なんや、いやなんか」
「いや、その、ボクみたいな新人でええんかなって」
「それがな、吉野さんから電話があって、来週はぜひオマエで頼むという指名が入っとんねん」
「え?」
「なんやかんやいうても、トレーナーを派遣するなら、若い方がええいうことやろ。これからはオマエに任せるから、よろしく頼むわ」「はあ…」
狐につままれたような気分だった。翌日、高橋家のマンションを訪問。御影石造りのエントランスをくぐり最上階へ上ると、チャイムを押す前にドアが開いた。またしても美人だった。加高島礼子似。やっぱ金持ちの奥さんは違う。部屋の中では、3匹のチワワが舌を出しながらオレを出迎えてくれた。ムダ咳み、飛びつき、拾い食い。ヤンチャだった性格はすでにベテラン調教師の手によって解消されている。今日は、外に連れ出し、散歩のチェックをするだけの楽勝仕事だ。さっそく高橋さんと愛犬を外に連れ出し、マニュアルどおりの散歩コースを歩かせた。ジーンズ姿の彼女と、おとなしく後ろをついていくチワワ。ペットの様子は万全だが、飼い主の高橋さんがドコかおかしい。
「薮田くん、ほんま楽しいわぁ」
何かにつけオレを持ち上げ、必要以上に肩や腰に触れてくるのだ。昔から年上の女性にはモテた方だが、先日の吉野さんといい、どないなっとんねん。チワワのトレーニングをしてから3日後。再び高橋家のマンションを訪れることになった。高い金を受け取っている手前、指名は断れない。部屋の中へ招かれると、奥さんがイタリア製ソファの上でワイングラスを掲げていた。
「薮田くんも呑まない?」「すんません。お酒は嫌いじゃないんですけど、仕事中やから」
「いいじゃないの。ね?」
「今日は最後のハンドリングトレーニングしますし、ご一緒にお願いしますよ、ほんまに」
「これも仕事やん…」
ブルガリの結婚指輪が奥さんの薬指から外れ、クリスタルの灰皿にカラン….同時に右手が
オレの股間に伸びてきた。「うわっ」アルコール依存症か、それとも極度の淫乱か。目が完全にイッている。それが慣れた手つきで、オレの如意棒を細い指先で弄び…。身をかわそうにも、緊張して動けなかった。いや、すでに理性はあらかたぶつ飛んでいた。
「ワイン、呑ませたげるわ」
高橋さんがワインを口に含みながらオレのジッパーをおろしそのまま上下にネットリと唇を動かす。唇の隙間からこぼれる赤い液体をジュルルルとすいこむ様が、エロイエ口すぎ。彼女を黄色いソファに押し倒し、スカートを副惣さとると、パンティの中は、びしょ濡れの濡れ弁天だった。たまらず、その脇から挿入だ。チワワがソファをグルグル回っている。締まりは抜群。ピンク色の乳首もツンと上を向いたまま。乳、犬、アソコ、乳、犬、アソコ…もうダメだ!
3分もしないうちに、オレは彼女の陰毛の上に白いキント雲をぶちまけた。それでも、全身をピンク色に上気させた彼女は、オレの如意棒を握ったまま離さない。
「お願い、もう一回、ベッドでして」「は、はい」
神戸の港を見下ろす寝室で1時間かけて2回戦を終え、しばらくボーつとしていたら、彼女が話し始めた。結婚したのは2年前。ダンナは関西で有名なIT企業の取締役らしい。が、ゴルフだ接待だと言っては、愛人の家に入り浸り、マンションには週に2,3度しか近寄らないそうだ。そんな日々の寂しさに耐え切れず、彼女がチワワを飼い始めたのが半年前のこと。同時に酒も覚え、バーでナンバされては欲求不満を解消する日々を送っていたという。
「これからはアヤコって呼んで」
そう言うと彼女はベッドに潜ってオレの愚息を丁寧に舐め、騎乗位のまま身体をガクガク震わせながらその日3回目の絶頂に達した。高橋さんとのことは、トレセンの誰にも打ち明けられなかった。調教師の大半は女性か年寄りである。歳が近い男もガチガチのカタブツのため、とても同じ体験があるとは思えない。もっとも、センター長だけは妙に勘が働き、ことあるごとに「うまくやれよ」と意味深なことばをかけ、訪問トレの仕事量を増やしてくれる。実際、オレのトレーニングは評判がよかったらしい。出張は、週に1回が2回、3回となり、入社半年後、掃除当番から解放されると、完全に専門のトレーナーとなった。
訪問先の人妻と肉体関係を持つことなどあり得ない。万が一、コトが公になったら身の破滅だし、仕事以外の時間にアヤコとヤリまくった分、性欲処理は十分に済んでいた。しかし訪問トレーニングの回数が増えるたび、意識が変わり始めた。依頼主である奥さん連中は、ペットそっちのけでオレの携帯番号を聞いてきたり、飲みに誘ってきたり、マジメに働いているのがアホらしくなってきたのだ。
しょせん、彼女らにとっては、ペットも男遊びも同じヒマつぶしなのである。だったら、オレも少しぐらい遊んでもええんちゃうか。例の吉野夫人の愛犬キャンディが、レッスン最終日を迎えた。
彼女とはあの日以来、妙な空気が流れ、付かず離れずのまま過ごしているが、今も好意をもたれていることはわかっていた。思い切っていつたるか。いつもと同じようにトレーニングを淡々とこなし、玄関でさよならを言うと同時に、オレはいきなり彼女を抱きしめた。
「離れたくないんや」
彼女が京都に本社を置く超有名企業社長の二号だという。大半の女性がペットにセックスを見られるのを極度に嫌っていた点だ。ペットは肉体関係があったことに気つくのだ。特に鋭いのが大型犬のゴールデンレトリバーで、普段は温厚なこの犬に咳みつかれたことは一度や二度じゃない。しかし、それもダンナにバレるよりはマシだろう。1年以上関係を続けていたアヤコのご主人から、突然電話があった。「直接、話したい用件があるんだ。ちょっと、来てくれないか」
淡々と落ち着いた、大人の男の口調。ことばの奥に並々ならぬ怒りを感じるのは、明らかに浮気の事実を突き止めたのだろう。観念するしかない。車のエンジンにスイッチを入れ、指定されたカフェに向うと、一番奥のテーブルに夫妻が座っていた。いかにも高級そうなスーツを身にまとっているその隣で、アヤコは完全に眼が泳いでいる。先に切り出したのは旦那の方だった。
「君はウチの妻だけじゃなくて、愛人にも手を出しているんだよ。わかっているのかね?」
「へ?」宝塚のマンションに、コーヒーカッブチワワと暮らす京子。本人はOLだと言ってたが、何とこのダンナの秘書兼愛人だったらしい。
「す、すいません」「もう二度と近づかないでくれ。じゃないとトレーニングセンターに連絡させてもらう」「はい、わかりました」
奥さんのいる前で愛人の名を出す無神経ぶりは理解しがたい。しかも同じ犬のトレセンを紹介していたなんて、ますます意味がわからない。が、言えた立場じゃない。オレは二度と彼女らと会わない確約害にサインをし、その場を離れた。
犬の心は飼い主と同じ。依頼者は、揃いも揃って病を抱えており、仕事量は今も日増しに増えている。セックスはクスリの一種と言えるだろう。読者のみなさん。奥さんがペットを飼い始めたら要注意でっせ。

【エロ漫画】愛人不倫オークションで有閑マダムに買われた僕・本当にあった性奴隷市場

0259_20191012085656cf5.jpg0260_201910120856574b0.jpg0261_201910120856597ac.jpg0262_20191012085700405.jpg0263_201910120857023a5.jpg0264_201910120857036e9.jpg0265_2019101208570581c.jpg0266_20191012085706208.jpg0267_2019101208570864f.jpg0268_2019101208570903e.jpg0269_20191012085711507.jpg0270_20191012085712523.jpg0271_20191012085714c02.jpg0272_20191012085715c3a.jpg0273_2019101208571736f.jpg0274_20191012085718667.jpg0275_20191012085720eac.jpg0276_20191012085721d10.jpg
不倫するなら素人の人妻より金を払ってプロを相手にしたほうが安全かつ安くつく

bb107.jpgc066.jpg63_2020041213315334f.jpg

やらない後悔なんてすぐ忘れるもんさ

バカみたいな話だけど、20年前だから40才くらいのときだね、テレクラで知り合った女に「生で入れていいよ」って言われて、ちょっと悩んだことがあったのね。ナマ挿入は嬉しい、ただ相手は誰とでも寝るテレクラ女、病気は大丈夫なのかって。
その時、ふと頭をかすめたのが「やって後悔するのとやらずに後悔するのとでは、やらずに後悔する方がいつまでたっても尾を引く」っていう言葉でさ。
でまあ、確かにその通りだなと思ってナマで入れたら、案の定、性病にかかったわけで
すよ。亀頭から膿なんか出ちゃって痛いのなんのだし、女房にはバレるしで、まったく酷い目にあって。だからね、当時の自分に言ってやりたいのは、やって後悔というのはもう取り返しがつかないけど、やらない後悔なんていずれ必ず忘れちゃうものだよってことね。だから、やるべきか否かで迷った時はやらない方を選ぶ。そうすれば火傷は絶対に回避できるの。
やらない後悔はすぐ忘れる、か。なんだか目からウロコだ。

40才のときだったかな、独身の若い女と不倫したことがあって、マズイことに嫁にバレちゃったことがあったのね。俺が一方的にフッたのも悪いんだけど、とにかく女が怒っちゃって、いきなり自宅に乗り込んできたのよ。わかるでしょ、もう修羅場よ。
嫁に必死に謝り倒してどうにか離婚を回避できたのは不幸中の幸いだった。でもすっかりトラウマになっちゃってさ。それ以来ずっーと浮気はやらなかったんだけど、2年前にたまたま入ったスナックで、ホステスと意気投合しちゃってさ、冗談半分で「小遣い10万で月3回愛人になってよ」って言ったら「本当に?なるなる!」とか言うわけ。
あーこれで良かったんだなって気づいたのよ。不倫するなら金を払ってプロを相手にしたほうが安全だったんだなって。だから結婚してるなら素人と不倫はしないほうがいいよ。それでも素人を抱きたいのが男の性。困ったものである。

→ここからはモテ男のエッチ体験談

農家のご婦人と野性的な不倫を楽しみたい

兵庫、京都との県境エリアともなると、田んほや畑一色で、道路には響ろとろ走るトラクターの姿も見受けられる。今日は急いで帰る必要もない。たまには田舎の景色を楽しむのもいいだろう。俺は車の窓を全開にして、ゆっくり走った。

途中、ー人で農作業している女性に出くわした。遠くてよくわからないが、30才過ぎといったところか。男かバアサンの仕事しいうイメージがあったが、意外にそうでもないらしい。俺は何気に車を止め、しばらく彼女の姿を眺めることにした。格好は、日よけの麦藁帽子に、長袖のシャツとジャージのパンツ。作物の手入れだろうか、黙々と働いているその様子は実に美しい。

と、突然、俺の中に、彼女と話をしてみたいという衝動が沸き起こってきた。ナンパではない。純粋に、もっと近くで彼女の姿を見てみたかったのだ。さっそく、あぜ道を歩いて彼女に接近。50メートルほどの距離になったとき、相手が俺の存在に気づいた。「あの、ちょっとすみません」

声をかけると、彼女は作業を止め、俺に近づいてきた。

「はい」

「あの、高速に乗りたいんですけど、この道を真っすぐでいいんでしょうかね」

「はい、10分位走られたら標識が出てますよ。1本道ですから…」

愛想がよく、物言いも丁寧だ。年齢はやはり30才くらいか。ちょっと素の女性の姿、包容力、けなげさ似ており、アカ抜けてはいないが、…。うまく表現できないが、彼女なかなか笑顔が可愛い。スッピンの少し日焼けした顔や首筋に汗が流れ、シャツはすでにぐつしょり。に都会の女にはない、何かが確実に存在した。

そして、もうーつ、俺のなかに野生的なセックスに対する願望が・・・ギラギラした本能むきだしのエッチとでもいおうか、こうした欲望があったことも否定できない。

「お仕事中、どうもありがとうございました。」「いえいえ」

彼女に礼を言い、再びあぜ道を歩いて車まで戻る。エアコンのきいた快適な環境では絶対味わえないに違いない。

しだいに想像もしていなかった映像が俺の頭のなかに浮かんできた。畑で彼女を押し倒し、泥にまみれながらセックスしている俺の姿だ。いつも俺がナンパしてる相手は、都会の学生、主婦、OL等々。化粧をし、服装もどちらかといえば派手目だ。普通、男はそういう女にそそられるわけだし、汚れたジャージ姿で汗だくの女に欲情するなんてことは考えられない。

じゃあ、なぜそんなことを夢想してしまうのか。もちろん田舎の景色の中では、彼女のジャージ姿も違和感はないが、それ以上に都会の女に慣れきった俺にとって、その土臭い姿がやけに新鮮に映ったのだろう。
俺ははっきり自分の願望を悟った。太陽が照りつけるなか、本能的に女とヤッてみたい。もちろん相手は土臭い農家の奥さんだ。つい今まで農作業をしていた女を、ひとけのない林の中や農機具をしまう小屋にでも連れ込んで激しくヤリまくるなんてのはどうだろう。想像しただけで興奮してくるじゃないかー
真っ昼間の炎天下では作業してる人もいない
実際に農婦にアプローチするには、田舎に行かねばならない。大阪府郊外には田んぽや畑が広がる地域はあちこちあるが、仕事の関係で立ち寄れそうな所は限られる。あの女性に声をかけた北摂の田舎には滅多に行かない。行く頻度からいえば、府南部の泉州エリアだろう。普段は幹線道路を通るだけなので実感はないが、少し中に入れば田園風景が広がっているに遅いない。

ある日、泉州方面に行く機会が訪れた。仕事r終えた帰り道、幹線道路から5分ほど中へ入ると案の定、景色は一変。田んぼや畑が広がるド田舎が現れた。もともと泉州は有数のタマネギの産地なのだ。さっそく、若い農婦の姿を捜すべく車を走らせる。これといった作戦はない。とりあえず道を聞くふりをして声をかけてみよう。

しかし、これがなかなか見つからない。というか、農作業をしている人自体が少なく、いてもオッサンがほとんど。数少ない女性も60過ぎのバーサンでは、どうしようもない。数日後、改めて出かけてみたもの、結果は同じ。北摂で見かけた女性は極めて希な存在だったのだろうか。車を止め、農作業中の男性に聞いてみる

「すいません、このあたりでは若い女性で農作業をしてる人っていないんですかね」「いや、いないことはないよ。忙しい日は家族総出だし」

わざわざあぜ道を歩いてそんなことを聞きにくるなんて、怪しいことこの上ないが、オジサンに不審がる様子はない。

「農作業してる人自体、少ないですね」

「そりゃ、日中に長いこと作業してたら暑って死んでまうで。朝とタ方にすることが多いんや」なるほどそういうことか。真っ昼間だから人が少ないのだ。朝やタ方なら若い女性も農作業してるかもしれない。時間が合っ日に出直した方がよさそうだ。
「恥ずかしいけど、畑仕事焼けやねん」再び泉州方面を訪れたのは、それから10日ほど後のことだ。が、残念ながら仕事はまたも昼間。畑に行っても恐らく無駄骨に終わるだろう。今日はおとなしく会社に戻るとするか。そう思いつつ、幹線道路を北上していると、突如、テレクラの看板を発見。全国展開している「R」だ。

…ん、待てよ。こんなド田舎のテレクラにかけてくるって女って、もしかして、士別中に作業をすませた若い農婦って可能性もあるんじゃないだろうか。いや、これは十分期待できる。寄ってみよう。店内には数人の先客がいた。取次ぎ制でコール数はまあまあ。10分に1回は回ってくる。当然、エンコー希望は多いが、その大半が主婦で、希望額も1万5千円と大阪市内よりかなり相場が低い。

が、いくら安かろうが俺には関係ない。援交するために来てるワケじゃないのだ。2時間いて援交以外のコールは4件。そのうち29才の人妻、タカコとアポがとれた。明るいキャラクラーでノリもいいが、いかんせん専業主婦。ターゲットとは異なるが、とりあえず俺はアポ場所の泉南市へ車を走らせた。待ち合わせ場所に立っていたのは、決して美人とは呼べない顔の大きな女性だった。ただし、スタイルはそこそこで、Tシャツにピンクのスカート、生足という格好が年齢より若く見せる。

特にソソる相手でもないし、少し話して帰るか。ひとまず近所の喫茶店へ彼女を誘い、テーブルを挟んで向かいうつ。間近で見ると、結構日焼けしており、腕も退しそうだ。「焼けてるけど、テニスでもやってるの」

「恥ずかしいけど、これ畑仕事焼けやねん」

「えっ、専業主婦ちゃうの?」

「畑仕事してるって、そんなん恥ずかしいもん」

それを早く言えよー聞けば、家は兼業農家で、週に2、3度は自分も畑に出ているらしい。よしよし、そういうことなら、ぜひアンタが畑仕事をした後、外でエッチさせてもらいたい。幸い彼女も俺のことを気に入ってくれてる様子。俺は後日改めて会う約東を交わした後、携帯の番号を交換し彼女と別れた。

この調子なら、次に会ったときは間違いなくェッチまで持ち込めるだろう。ただ、いきなり外で、というのも無理がある。ここは一度普通にホテルでヤってからお願いした方がよさそうだ。手続きを踏めば踏むほどテンションが下がるのは事実だが、目的達成のためには仕方ない。
会社が休みの翌週水曜、午後からタカコとムでっことになった。ただ、せっかく泉州までくり出すんだから午前中は畑めぐりに当てよう。朝のまだ涼しい間なら若い農婦に出会えるかもしれない。

現地へ到着、ターゲッツトを求めて車で走り回る。確かに日中と比べ、農作業をしている人の数は多い。若い女性(と言っても俺のなかでは40代までは対象にするつもりなのだが)の姿も時々見受けられる。が、とても声はかけられない。たいがい家族と一緒なのだ。それでもー時間近く探し、ようやく1人で作業している女性を発見。種か肥料のようなものを黙々とまいている。40代半ばはいってるだろう。見るからに田舎のオバハンといった感じだ。

当然、普通のシチュェーションなら問題外だが、今回の主旨には、ある意味、ぴったりなターゲットといえるかもしれない。

「暑いのに大変ですね。ちょっと、教えてほしいんですけど」

道を尋ねる俺に、おばちゃんは親切に応えてくれた。田舎はいい人ばかりだ。しかし、ダメだった。おばちゃんが今ひとつノってこないということもあるが、それ以上に俺がその気になれない。どう頑張ったところで、相手が話すたび口から金歯を見せられては、気持ちが華えていく。これじゃ女を捨ててると同じじゃないか。

やはり、今回はタカコ相手に目的を達成するのが正解かもしれない。午後1時。車でタカコを拾い、軽く昼食を取った後、ホテルへ。前回の雰囲気かり、特別ことばもいらない。キャラクター同様、ベッドの中でもノリがいい彼女とのセックスは実に濃い、満足のいく内容だった。積極的に楽しんでいるという感じだ。が、本来の目的を忘れてはいけない。
ベッドでくつろぎながら、俺はストレートに切り出した。

「俺、畑仕事なんかで汗だくで働いてる女の人、結構ソソられるねん。タカコが畑で仕事した後、外でヤラしてくれへん?」

「えっ、そんなん無理無理。でも、なんでそんなことしたいの?河内さん、変わってるね」

カッコつけても仕方がない。俺は正直に自分の願望を話した。

「で、ホンマに農作業してる人にも声かけてんけど、どうもうまいこといけへんねん」「ハハハハハ。河内さん、メチャメチャおもろいなあ。で声かけても絶対無理やで。田舎って、人の目をすごく気にするから絶対ひっかかれへんって。私かて、畑の近くでなんか、恐くて絶対ようェッチせんわ」

もっともな意見だ。「じゃあ、車で遠くまで行ってかからすんのは?」

「うーん…外でゆうても私、車の中でしかしたことないし。まあ絶対に誰にも見られへん所やったら、いいかなあ」よっしゃ、決まりや
どうせ、ヤルからには最も興奮するシチュェーションで挑みたい。俺は熟慮に執慮を重ね、タカコが畑仕事をする姿を見た後、汗と土だらけの彼女を車に乗せ、ひとけのない林の中でイッパツという結論にたどり着いた。

「・・というわけなんや。何とか仕事してるとこ、見せてくれへん?」

日を決める電話をかけた際、マジメにお願いしてみる。が、タカコは、それだけは絶対にできないと言う

「遠くから見るだけでええから」

「無理。しつこいこ言うんやったら、私、もう会いたないわ」

「あ、いや、ごめんごめん。見るのはあきらめるわ。けどせめて畑仕事したその日に、どこか別の場所で会われへんかな」

「それはいいけど」「作業着のままで来てほしいねんけんど」

「いいよ。でも、ほんま河内さんって変な趣味やなあ」
10日後のタ方5時。畑仕事ぜ終えたタカコが原チャリで待ち合わせ場所にやって来た。格好は長袖のシャツにだぶだぶのズボンという作業着姿。俺は、さっそく彼女を車に乗せ、ひとけのない林へ向かった。

車中、彼女が日焼けしないように着ていた長袖のシャツを脱ぎ、グリーンのTシャッ姿になった。汗でぐつしょり濡れ、ブラジャーの型が浮き出ている。

「ごめん。車のシートを汚してしまうわ」

「いや全然気にせんでいいから」

気にならないどころか、だんだん興奮してきた。正直、俺もカーセックスの経験はあるが、アオカンは一度もやったことがないのだ。5分ほど車を走らせ、あらかじめ目星をつけていた森に到着。2人して中へ入っていく。といっても、森は山の斜面にあり、加えて前日降った雨のせいで地面が柔らかく、かなり歩きづらい。30mも中に入ると、全く森の外が見えなくなった。ここなら絶対、気づかれないだろう。さあ、さっそく始めようか。
…いかん、尿意をもよおしてきた。緊張のせいか。とりあえず立ったまま木に小便をひっかけていると、タカコがその姿を嬉しそうに見ている。スケべな女だ。立ちションしたままの洗わない手をタカコの腰に回し引き寄せる。濡れたシャツの感触が変な感じだ。
互いの口に舌を入れまさぐり合っていると、タカコが突然しゃがみ、俺のズボンのチャックをおろした。中から出てくる、いきりたったムスコ。その、いま小便したばかりのムスコを、タカコは何の抵抗もなノ立夫味しそうにしゃぶる。さあ、どうやってヤルか。地面は濡れている。ならば、立ったままヤルしかあるまい。俺はタカコのズボンを脱がせた後、目の前にある木に手をつかせパンティの上から愛撫を始めた。彼女も左手で俺のムスコをしごいている。直接、アソコを触ってみると、ホテルでヤッたときより明らかに濡れ濡れだ。もう我慢できない。
バックでやったるぞー

両手を木につき、お尻を突き出したタカコにブチ込む。が、なかなかうまく入らない。入ってもすぐ抜けてしまう。前回も感じたのだが、彼女はかなり上ツキなのだ。初めてのアオカンであせりもあるのか、どうもうまくいかない。仕方ない。正常位でやってみよう。といっても、地面に寝ころんでやる訳にはいかない。さっきの木にタカコをもたれさせ、正面から挿入だ。と、今度はスムーズに入った。「あ、あーん」それまでずっと声を押し殺していた彼女が大きなアェギ。しかし、なかなかうまく動けない。くそー、気持ちはこんなに興奮してるっていうのに。

「ごめん、最後は口でやってもらっていい?」「うん」

再びタカコが俺の前にひざまずき、激しくムスコをしゃぶり始めた。彼女の顔に俺の汗がポタポタ滴り落ちる。それでも気にせず首を前後に振るタカコ。まもなく放出した精液を、彼女はそのまま出さずに飲み込んだ。

★「私はすごく興奮したけど、河内さん、ヤリにくそうやったね」帰りの車でタカコがいった。蚊にいっばい刺された腕がかゆい。夏にアオカンなんて、やるもんやないわ。

大親友の娘を緊縛、剃毛、ノーパンと性奴隷に・変態女の調教育成の仕方


0064_202001011353370e0.jpg0065_20200101135339bc2.jpg0066_20200101135340a97.jpg0067_20200101135342f24.jpg0068_20200101135343ea5.jpg0069_20200101135345325.jpg
ここから→中学以来の大親友の娘を性奴隷にしてしまった
SnapCrab_NoName_2019-7-29_21-48-30_No-00.png
「おじちゃんにチンポ入れられてますー」
東北の片田舎で生まれ育ったおれは、卒業後、都内の大学に入学した。今からもう30年も前のことだ。中学時代からの大親友ケンジも同じく進学のために上京し、共に知り合いのいない田舎モノ同士、毎日のように語り合ったものだった。
大学を出てそれぞれ都内の企業に就職すると、26才でケンジが結婚。まもなく娘ひとり、息子ひとりの父親となった。ヤツから遅れること4年、会社の後輩女性と入籍したおれもまた、その数年後に長男と長女を授かった。
親友同士とはいえ、普通、家庭を持てば疎遠になりがちだが、おれたちの場合は違った。気軽に互いの自宅に顔を出し合い、夏や冬には家族ぐるみで海や温泉にも出かける。自然、両家の子供たちはそれぞれの「父親の親友」によくなついた。おれにとってケンジの子供は、甥っ子や姪っ子同然だった。
なにせ産まれた日のことはもちろん、言葉を覚えたころや反抗期も含め、その成長の過程をすべて目にしてきたのだから。あれから幾年月、いつしかおれたちは40半ばのオヤジとなり、子供らはいっばしの大人へと育っていた。
昨年夏のとある週末。数力月ぶりにケンジの家を訪れたその日、おれはいつものようにヤツと昼酒を飲み、甲子園を観ていた。「おじちゃん、こんにちは」居間に、ケンジの長女・仁美がふらっと顔を出した。多分メイクのせいだろう。その年の春から都内の私大に通っている彼女は、以前会ったときよりずっと大人びて見えた。親父に似ず良かったとつくづく仁美の顔を眺めてると、彼女が思い出したように言う。
「そういえばアタシ、スナックでバイト始めたんだ。おじちゃん飲みに来てよ」
「は、スナック?お父さん、よく許したな」その声にケンジが撫然と反応する。
「しょうがねえだろ。やりたいってきかないんだから」
情けない父親だ。娘に言い負かされるなんて。
翌週の仕事帰り、さっそく教えられたスナックに足を運んだ。仕事ぶりを偵察がてら一杯ひっかけるのも悪くない。
「あ、おじちゃん、来てくれたんだ。うれしー」
満面の笑みを浮かべる仁美に、思わずドキリとしてしまった。ばっくりと背中の開いたドレスを着た彼女は、おれの知っている仁美とは別人だった。しなやかな手つきでお酌する姿には妙な色気さえ感じる。以来、おれは頻繁にスナックへ通うようになった。
仁美には「お前に変な虫がつかないか心配だから」と冗談半分に言っていたが、実際は、彼女と飲むのが単純に楽しかったのである。大親友の娘。姪っ子同然にかわいがってきた子供。だから恋愛感情のようなものは、やはりどうしても沸いてはこない。
しかし、まだ若い裏モノ読者にはわかりにくいかもしれないが、“性欲“は別である。いつしかおれは、彼女とヤリたいとはっきり自覚しはじめていた。
もちろん、それをやっちゃお終いだってのはわかっている。大切な親友に対して、これ以上の裏切り行為はない。しかし、理性というものは往々にして欲望に負けてしまう。
肌寒い秋の深夜、アフターで仁美としこたま飲んだ帰り道、おれはアルコールに満たされた頭で、彼女をホテルに連れ込む決意をした。拒まれたらどうする。ケンジにバレれたらどうする。そんな考えはまったくなかった。無言のままホテル街へと誘導するおれに、仁美は素直に付いてきた。
「お父さんには内緒だよ」「うん、わかってる」
仁美はドMだった。正常位でハメてる最中に、彼女の両手をバンザイの格好で押さえつけると、あえぎ声が一段と大きくなるのだ。試しにバックで挿入したまま、強く尻をぶってみる。
「あああーううーううっ」
今度は泣き叫ぶような声を上げ、悶えてイッた。マゾ女、仁美。あくまで想像だが、ホテルにのこのこ付いてきたのも「父親の親友にヤられる」というシチュエーションに興奮したからなのかもしれない。2人の関係をケンジが気づくことはなく、その後おれは仁美と密会するたび、彼女を調教して自分の中のサディズムを満たすようになった。緊縛、剃毛。他にもノーパンのまま街中を歩かせたり、リモコン口ーターを装着したまま満員電車に乗せたりもする。仁美は完全におれの性奴隷となった。しかし、2人がもっとも興奮するのは、何と言ってもことば責めだ。「いま誰に何されてる?」
「ハアハア、おじちゃんに入れられてる」「もっと正確に」
「お父さんの…あん親友のダイスケおじちゃんに・・チンポを入れられてます」
「お父さんの親友にチンポ入れられてるのにマンコびしよびしよじゃん」
「やだ。あっイクイクー」
彼女との密会が始まってからも、おれはこれまで通りケンジの自宅へ足を運び、変わらぬ態度でヤツに接した。そして2人の会話を何食わぬ顔で聞いている仁美は、その背徳感をプレイのスパイスにして、大きな声でアエぐのだった。
「仁美ちゃん、お父さんの前ではあんなに澄ました顔してるのにね」
「ダメ・ああ、言わないで、あっイクー」
彼女の目に、男の友情はどういうものとして映っているのだろう。かなり安っぽくとらえられてることは間違いなさそうだけど。
露出といえば夜の自販機前なんかが定番ですが、勇気ある者たちは有名観光地でも脱ぎます。なんのために?そう、これが勇者の証だからです!
胸チラをじっと凝視してると通報される恐れがありますが、棚のこっち側からならビビる必要はありません。だって気づかれてないんだもん。
セックス特集の記事『奴隷女の作り方』に、大いに共感した。何を隠そう、この私も、変態女作りにカを注ぎ込んできた男なのである。テーマは、ずばり露出だ。過去5年間で3人のノーマルな女を、公園での全裸散歩レベルまで調教した経験を持っている。今回は、その経験から編み出した、奴隷女創造テクを紹介したい。対象がMっ気の強い女であることは言わずもがな。まずは下地作りとして、週末の夜などのラブホ繁忙期に、車の中でいちゃつく。決して最後までヤッてはいけない。要するに、ホテルに入れない、挿入もできないストレス体験を味わわせるのだが、これを3回も繰り返せば、車を降り、ドアの陰でくわえさせることくらいは造作もなくヤレるようになる。次は、肝試し感覚のプチ露出だ。最初はブラ無しのトレーナーで買い物させ、頃合いを見てTシャツやキャミソールでチャレンジさせだんだん馴れてきたところで人気のないビーチに出向き、胸をさらけ出した日光浴にチャレンジしよう。刺激を愉しもうと促すよりも、自己表現の手段であると思わせる方がよい。洗脳法は「褒めて、おだてて」「愛し合う」が原則だ。こうして、ヤル前は必ず露出という公式を作れば、あとは、あなたの意のまま。真っ昼間の公園だろうが、居酒屋の個室だろうが、女は衣服を脱ぎ、それが快感と思うようになるはずだ。最後にーつ申し上げておこう。警察に露出が見つかれば、公衆で狸褒行為を働いたとして連行される。ために、大胆なプレイを行う際は、女に酒を飲ませておくべし。泥酔している風を装えば、たいてい口頭注意くらいです。覚えておこう。まんねりセックスに飽きたあなた、ぜひお試しあれ。
Copyright © エロ漫画無料アダルト裏モノJAPAN All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます