寸止めのタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:寸止め

  • 2020/08/01奴隷ちゃん調教

    「ビブラルミクロ」というローターがある。これ、本当に優れモノなのでこの場を借りて紹介したい。一番の特徴はなんといってもその小ささ。名前にミクロとあるように超ちっちゃい。振動部分は小指の第一関節ほどの大きさしかないのだ。全長は5センチほどで、単に小さいだけでなくマンコの中に挿入しやすくなっている。さて、ここまでつらつらと商品説明を続けてきたが、俺の使用方法は一味変わっている。このローターを風俗嬢のマ...

    記事を読む

  • 2020/05/25突撃リポート

    「…今回のテーマは…どないしようか……」「う〜〜ん、どうしましょうかね」「まったく思いつかんな。だんだんイライラしてきたで」 本日何杯目かの紅茶をグイッと空にする編集長。「イライラした……といえば、町田は最近、イライラしたことはないんか?」「んー、そうですねぇ。あ、先日、iPhoneが壊れたんですよ。画面が全然映らなくなって、真っ暗になってしまって」「ほう」「で、ソフトバンクに行って修理しようと思ったんですけ...

    記事を読む

  • 2019/10/21男の遊び場体験談

    寸止め温泉・手コキはOKで発射はダメって・・・【概略・全文は上記記事をお読みください】「それでは力ウンセリングは別室にて行いますので、服を着て順番に8階の〇〇号室へとおいでください。終わったらそのままお帰りいただいて結構です」ひととおりのショーが終わり、女王様が言った。こんむ緊迫したSMプレイを見せられた後に、ナ二をカウンセリングするというのだろう。しかも、場所は同じマンション内の別室。まさか今度は自...

    記事を読む

  • 2019/08/07裏風俗・風俗体験談

    男の潮吹きをウリにするフーゾク店が存在する。文字通りオトコに潮を吹かせる秘技なのだとか。女ならまだしも、男が吹くだなんてどついうメカニズムなのか。ていうか、本当か?しかしこれ、流行ってるのはま違いなさそうなのだ。なんだか少し怖いけどいざ、吹いてきまーす。東京鴬谷のラブホテル。事前に調べておいた男の潮吹き専門店に電話を入れる。「お願いしたいのですが」「お客様、初めてですか」「初めてです」「では水をた...

    記事を読む

  • 2018/03/21その他

    射精直前のあのカンジを何度も味わうには、寸止めしかない。誰もがやったことがあると思うが、寸止めは直前で手を離すだけではダメ。勢いのついた精液が先端から漏れ、もったいないことになってしまう。やはり大事なのは、根元を強く握ることと、チンコを前に倒すこと。これにより精液の通り道は寸断される。寸止めを続ければ続けるほど「しごく↓イキそう」のスパンが短くなるので、タイムラグをしっかり空けるように。ボクは床オ...

    記事を読む

電マ・ローターでおまんこをせめていきそうになったら止めてまたせめる寸止めじらしせめ

電マ寸止めじらしせめ電マ寸止めじらしせめ電マ寸止めじらしせめ電マ寸止めじらしせめ電マ寸止めじらしせめ
「ビブラルミクロ」というローターがある。これ、本当に優れモノなのでこの場を借りて紹介したい。一番の特徴はなんといってもその小ささ。名前にミクロとあるように超ちっちゃい。振動部分は小指の第一関節ほどの大きさしかないのだ。全長は5センチほどで、単に小さいだけでなくマンコの中に挿入しやすくなっている。さて、ここまでつらつらと商品説明を続けてきたが、俺の使用方法は一味変わっている。このローターを風俗嬢のマンコにブチ込んでやるのだ。
ヘルスで手マンする際。持参したローターを嬢に見せてこう言う。
「このローター知ってる? 超小さいんだよね。手マンする代わりに使ってもいい?」
小指ほどの大きさなので手マンされるよりも楽だと考える嬢が多く、断られることはまずない。油断して簡単に了承してくれるのだ。こうなったらしめたものだ。スイッチをオンにして、ローターをマンコに挿入。Gスポットのあたりを丁寧に刺激してやれば、たとえ風俗嬢でもカンタンにイカせることができる。このローターを使い始めてからというもの、ヘルスでの本番率がグーンと上がった。なんと先日は初めてピンサロでセックスすることにも成功してしまった。ビブラムミクロ恐るべし。世の男子必携のアイテムだ。

【エッチな実験】電マの絶頂寸止めクリトリス攻めで女性はどこまで淫乱になるか

電マの絶頂寸止めクリトリス攻め
「…今回のテーマは…どないしようか……」
「う〜〜ん、どうしましょうかね」
「まったく思いつかんな。だんだんイライラしてきたで」
 本日何杯目かの紅茶をグイッと空にする編集長。
「イライラした……といえば、町田は最近、イライラしたことはないんか?」
「んー、そうですねぇ。あ、先日、iPhoneが壊れたんですよ。画面が全然映らなくなって、真っ暗になってしまって」
「ほう」
「で、ソフトバンクに行って修理しようと思ったんですけど、ものすごく時間がかかるんですよ、これが! まず人が多くて待たされるし、順番が来ても、本人確認とかが面倒くさいし、なによりソフトバンクの女店員の態度がムカついたんです。『専門の修理ショップに行かれるしかないですね。そこで症状を確認して……』『急いでるんだけど、代替え機とか出してもらえないんですか?』『無理ですね〜』『最速で直してもらうにはどうすれば……』『わかりかねます』みたいな!」
「おぉ、なんかやたら怒ってるな(笑)」
「アイツら、自分が一流会社の社員かなんかと勘違いしてるんですよ! ただの電話屋のクセに! サービス業としての自覚がない!」
 しゃべりながら思わず興奮してしまう。それほどまでに腹が立ったのです。正直、できれば一番行きたくない場所なんですよね。ケータイショップって。
「ちなみにボク、ケータイ3台持ちなんですけど、他のケータイ会社も同じです。マジで許せませんよ」
 そんなふうにまくし立てていると、編集長がニヤリと笑った。
「ええやないか! その腹立つケータイショップの女をヒーヒーいわしたったらええんや! テーマは『腹立つ職業のケータイショップの女を成敗したら、どれだけ胸がスッとするんやろう?』で、どうや??」
 なにそれ? そんなテーマある?? っていうか、そもそもケータイショップの女は、あくまでもケータイショップで働いてるんですから、風俗では働いてないでしょ。
「いや、昼はドコモで働いて、夜はフーゾクってこともありえるで? もしくは、前職がケータイショップっていうコもおるやろ。そういう女を探してメッチャクチャにしてきたらええんや!」
 ニッコリと笑う編集長。
「いや……そんな前職がケータイショップって、どうやって探すんですか?」
「それはまかせるわ。とにかく、それでいこう! あ、そろそろ時間やから行くで!」
 なんというムチャぶりでしょうか。たしかにケータイショップの女をメッチャクチャにするのは、胸がスッとしそうですが、いったいどうやって見つければいいのでしょう? ヤバい……過去最大のピンチかもしれません……。
 さて、打ち合わせから2週間ほどが経ちました。知り合いのフーゾクライターに「前職、ケータイショップで働いていたフーゾクのコっていない?」と聞いて回ったり、お店に電話して「前職、現職でケータイショップ勤務のコっていないっすかね?」と聞いてみたり。……まぁ、まったく見つかりません。予想はしていたものの、いったいどうすればいいのでしょう。
 ん? こういうのはどうだろう?
 お店のフーゾク嬢のプロフページには、そのコの「出身」が書かれていて、同じように「前職」が書かれてたりもします。そのページをダイレクトで見つければいいのです!
 そのプロフページを探すには、「可能オプション」に入ってそうなキーワード……つまり、「顔射」「口内発射」「AF」などと一緒に、「ケータイショップ」と入れればヒットするのではないでしょうか??
 胸の高鳴りをおさえつつ、Google検索を開きます。
 ボックスに【前職】【ケータイショップ】【顔射】【口内発射】【AF】といったキーワードを入れて……検索!
 ……おぉぉ!! なんとそこには、いくつかの女のコのプロフページが並んでいました。見てみると、「前職・ケータイショップ」やった!成功だ! 読みは間違ってなかった!!(プラトーンのポーズで)
 しかし……ここでひとつ問題があります。
 ここに出ている「前職・ケータイショップ」の文字。
 このケータイショップというのがクセ者です。もしかしたらこれ、ドコモやソフトバンク、auといったキャリアの会社じゃなくて、これらのキャリアすべてを取り扱ってる、街のHITショップみたいな店の店員という可能性もあるからです。
 そもそも、HITショップ系のとこって、キャリアの会社と違って、ものすごく対応がラフで、いろいろとワガママをきいてくれる素敵なお店。ここはやっぱりキャリアのムカつく女とプレイしなくてはなりません。
 では、「ケータイショップ」のかわりに、「ドコモ」って入れてみてはどうか? …うまくヒットしません。う〜〜ん、どうしよう。さらに頭を悩ませる。入れたてのコーヒーを飲み干しながら脳をフル回転させる。こんなに悩むなんて、普通ないよ! 
 そんな瞬間、ひらめきました。
 そもそも「前職・ドコモ」なんて書くわけない。もしドコモから文句が来たら怖いし。
ここは伏せ字にするんじゃないでしょうか?
 そこで、「ドコモ」のかわりに「ド◯モ」にしてみます。どうだ??? 検索!
 ………キターーーー!! そこには、「前職・ド◯モ」と書かれた、フーゾク嬢のプロフィ
ールページが表示されていました! やった! やったよボク! なんか一流のスーパープログラマーみたいだったよ!さて、検索に引っかかった中から選んだのは大久保の「K」という店のAちゃん。茶髪でちょっと田舎のヤンキーっぽい感じの21歳。顔はボカしが入っているので、よくわかりませんが……そんなに可愛くありません。でも、前職の欄には、しっかりと「ド○モショップ店員」の文字。ウン。さっそく「K」にお電話してみましょう!
「あ、もしもし、サイトを見て電話してますー」
「あっりがとうございますぅ〜〜!」
 テンション高めの店員です。
「Aちゃんはどうでしょう?」
「2時間後に行けますよ! 時間に近くなりましたら、大久保駅からお電話ください! ホテルに入っていただいて、そこに派遣しますので〜」
「なるほど。ちなみにAちゃんはプロフページを見ると、『ド◯モ店員』って書いてあるけど、本当なの?」
「そう聞いてます! 仕事をしてたところの写真を見たわけじゃないんですけどねぇ(笑)」
 よしよし。いいじゃないか。期待が持てそうです。本当は、スーツを着せて、ドコモっぽいスカーフを首に巻かせたかったんだけど、このお店、コスプレコースがないようです。さすがに女用のスーツを買うわけにもいかないので、ここは普通にプレイするだけで手を打ちましょう。
 ちなみに値段は、入会金1000円、70分1万7000円。顔射は3000円ですが、Aちゃんは顔射NGでした。残念! そのかわり、おしおきということで、電マ(3000円オプション)を付けてみました。
 予約をして、約2時間ぐっと我慢の子で待ちます。約束の時間の10 分前に大久保駅に到着。再び電話をすると、指定のホテルを紹介されました。
 ホテルに入り、まずはイメージトレーニングです。Aちゃんは、どんな感じの性格なのでしょうか? プロフィールには「おっとり」「性格が良い」なんて書いてありましたが、ドコモショップの
女が性格が良いわけありません。「私、一流会社!」みたいなイヤな女に決まってます!
 とりあえず話してみて、Aちゃんの汚らしい一面を露呈させ、
そのまま電マでおしおきしちゃうのがいいでしょう。「いつもやってるみたいに、対応してごらん?」「え〜、この商品はぁぁぁあぁ〜〜」みたいな感じも楽しいかもしれないなぁ。
 コンコン……。
 小さく二回、ドアをノックする音が。来ました! Aちゃん来ましたよ!
 さぁ〜、ボクの長年のイライラを解消させてもらおうじゃありませんか! なんかエラそうでムカつく、ドコモショップの店員を成敗してくれます!
「こん…ばんわ〜〜あはは」
 ガチャっと扉を開けると、そこにはストレートの茶髪なAちゃんが立っていました。ニットのセーターに膝丈のスカート。サイトの写真よりは悪くない感じです。
「えっと、Aちゃん」
「はい、そうです」
「前職は、ドコモなんだって?」
「あ〜〜、いきなりですか(笑)。そうですね。シャワー浴びましょうか?」
 おいおい、なんか事務的だな。そういうところがケータイショップの女のイヤなところなんだよ!
「まぁ、いいじゃん。ちょっと話そうよ。座って」
「あ、はい」
 そう言って、ベッドに腰掛けるAちゃん。なんか不思議そうな顔してます。とりあえず、本物の元ドコモショップ店員かどうかを調べるため、フリートークをば。
「いつまでドコモやってたの?」
「あ〜、半年くらい前までですかね」
「なんで辞めちゃったの? ドコモっていったらNTTでしょ? 給料も良かったんじゃないの?」
「そうでもないですよ。ドコモショップのスタッフって、大体、ドコモの子会社がやってたりするんですけど、あそこで働いてる人は派遣が多いんですよね。私も派遣だったんで」
「それは、ドコモ専用の派遣会社かなんかなの?」
「ん〜〜そうですね。私はネットで見つけて応募したんですけど」
「給料っていくらくらいなの? 高いイメージだったけど」
「いやー……残業手当とか入れても、月給20万円くらいですよ。でも、新機種とか、操作方法とか、いろんな確認の手順とか、覚えなくちゃいけないこともあるし……安いと思うけど」
 ふ〜ん、そういう世界なんだ。Aちゃんは短大卒らしいけど、20代前半の何もできない女が、週5日で朝から夜7時まで働いて20万なら別にいいんじゃないの? ……っていうか、これは本物だ。この話のリアルさ、間違いなく本物の元ドコモ店員ですよ!
「……っていうかオレ、ケータイショップの女スタッフって、なんかイライラすることが多いんだよね。すっげー待たされるし、なんか慇懃無礼だし」
「いんぎん……?」
「言葉遣いは丁寧だけど、無礼な感じってこと。上から目線で話すじゃん?」
「そんなことないですよ」
「なんか『わかりかねます』とか『規則ですので』とか、ピシャリ! って言うじゃん。すっげー待たせるし」
「それは、丁寧な言葉遣いをしろって言われるんですよ。あと、わかんないことはわかんないし、規則は規則じゃないですか? うるさいんですよ、本人確認とか。それに……」
 出ました! うっわー、ムカつきます!なにそれ!?
 「規則は規則じゃないですか?」とか、もっと言い方とかあるじゃない?
マジでムカつくわ!もうこれ以上しゃべらせるわけにはいきません。しゃべってるAちゃんの横に座り、無言でスカートに手を突っ込む。ツルっとした生地のパンツをサッと横にズラし、ムァンコに指を入れます。
「あ、ちょっと…、シャワー、痛い!」
 そんな声なんて聞いてられません。まだ濡れてないムァンコにズブブブっと中指を進入させ、グリグリかきまぜます。
「痛い痛い! 待って!」
 待ちませんよ? お前らだって、ボクが何を言っても「規則ですので」って聞いてくれなかっただろ? これもボクルールの規則なんだよ!「ムカつく女の言うことには耳を貸さない」っていう規則ですので。
「あー……ん、もっと、ゆっくりで…痛いから…」
 そうなったら、もっと痛くするのが規則ですので、中指に続いて薬指も挿入!
「ん〜〜!!! ん! イッ…!」
 なんかデカい声で「イッ!」って言った! 顔を見ると歯を食いしばってます! 
 指の動きを止めずに、わざと乱暴にグリグリを続けていると、だんだんとムァンコが濡れてきました。Aちゃんもぐったりしながら、目を閉じてます。なんかつまんないなぁ。
 ふとAちゃんが持って来た手下げ袋を見ると、グレイの丸いモノが頭を出しています。おもむろにその頭をエクスカリバーのように引き抜く。電マです。
 サッと一度指を抜き、ベッドの枕元にある電源にコンセントをつなぐ。
 ……ビィィイィィィン!
 突然の振動音に目を開けるAちゃん。
「あの…、オプションOKにしてたけど、電マってやったことなんですよー。あと、シャワーに入っ」
 ヴぃぃイィイイーーーーー!
「あーー!」
 震度最大値の電マをパンツの上から、クリに当ててやると、いきなり叫ぶAちゃん。金切り声がうるさい!
 先ほどと同じように、ムァンコに中指と薬指を入れ、乱暴にかきまぜます。プラス電マ! ムァンコをぶっこわす勢いです。電マも、クリに軽く押し付けるのではなく、ドスを深く刺すようにグググッと力いっぱい押しています。
「やぁやっやっやーーー!」
「お客さんが、そんなふうにイヤがってても、ドコモショップの店員は、本人確認がなかったら、取り合ってもくれないもんね?」
「え? っっなに? え?」
「自業自得だよね?」
「え? どうして? え??」
 さらに、人指し指も挿入。
「いやーーーー!!!!」
 どんどんパンツがビッチョビチョになっていきます。ドコモっていったところで、ざまあないですね。執拗なムァンコ&クリトリス攻めを繰り返すこと30分が経過。振動に慣れすぎたのか、「ふぅーーーふぅーーー」と、深い呼吸をするだけで、声が出なくなりました。一度、電マのスイッチを切ります。
「どう? ちょっとは反省した?」
「………………え?………」
「ドコモ時代、お客様に対して、偉そうな態度とってたことを、反省しましたか?」
「そんな態度………とって、ないです」
「反省してないってことね? この電マ、マンコの中にガンガンに突っ込んだらどうなるかね?」
「……やだ! ダメ!」泣きそうな表情です。いやー、なんていうかボクってこんなにドSだったんですね! まだティンコ舐めてもらってすらないのに、すっごい楽しいです!
「………だって、本人確認しないで作業するとペナルティとかあったんですよ………しょうがなくないですか?」
「しょうがないかもしれないけど、もっと態度があると思うんだよね。あと、あんなに人が並んでるのに、全然急いで仕事してるように見えないのもムカつくよね。移動も小走りとかにしてくんない? 努力してるように見えないから!」
「でも、私、もうドコモ辞めたんで………」
 まぁ、そうだよね。知ってる知ってる。でも、しっかり謝ってもらわなくちゃ、ボクもこのままじゃ引けないんだよね。「ナマイキで失礼な態度でごめんなさい」って言ってごらん?
「……ナマイキで失礼な態度でごめんなさい」
「いいね。全国の人に向って、『私のマンコは
ドコモよりも従順です』って言ってごらん」
「プッ(笑)……なんですかそれ!」
 思わず笑みがこぼれる。ムカッ! 再び電マのスイッチオン!「ああああーーー!! ごめんなさい! ドコモよりも従順でぇぇぇーー」
「『マンコもクリもいっしょ割です』」
「マンコもクリもいっしょ割でぇぇすぅーーー!!!」
 そんなふうに、時間いっぱいまでおしおきをして、最後は喉奥に射精した次第です。あ〜〜、スッとした。
50代の清楚系の人妻のバイブモニター会
カラオケ点数が低いと口ーター30秒。美容室のおばちゃん客を集めて大人のおもちゃモニター会を開いてます
私が関東の片田舎で美容室を営み始めてかれこれ10年になる。自分ー人でやっているこじんまりした店だ。客は、40代50代のオバチャンがメインである。若い女性向けの美容室ではなく、さりとて男向けの理容室でもないので、年のイッた女性には通いやすいのかもしれない。
彼女らは店で私と2人になると、やたら下ネタをフッてくる。ダンナに触られることもなくなったであろう妙齢の方々。きっと欲求不満なのだ。しかしあいにく私にオバチャン趣味はなし。テキトーに話だけを合わせて、お茶を濁しているだけだった。
今年の初め、悪友の男(40代)と居酒屋で飲んでいたときのこと。オバチャン客がいかにイヤらしいかを力説していたところ、ヤツがやたらと食いついてきた。何でもコヤツ、若い女よりも熟女の方が燃えるらしく、私にオバチャン客を紹介してほしいというのだ。
「そんだけタマってんなら、話は早そうだろ。スグにヤラせてくれるんじゃねえっな、たのむよ」「んなこと言ったって、いちおう客だしなー」
私だって客は失いたくない。大々的に不倫を薦めるのは今後の仕事に影響ありありだ。と、名案が浮かんだとばかりに悪友くんが言う。
「アダルトグッズの新製品のモニター募集ってことで、オバチャンを誘ったらどうだ」
アダルトグッズ。確かに髪を切ってる最中にその種の話題が出ることもある。振れない内容ではない。
「俺がアダルトグッズの制作者会社の人間ということにしてさ。使い方を教えてあげるとか言ってさ」
そんなウマクいくかよと思いながらも、店で何人かの女性客に話をしたところ、40代の主婦が食いついてきた。
「へー、そんなお仕事ってあるのねえ」
彼女は、居酒屋を経営するこ主人がいるものの、ここ最近、まるで夜の営みはないと始終こぼしているエロオバチャンだ。
「なんだか力ラオケボックスでモニターを行うそうですよ。ボクも現場に行きますので安心だと思いますよ」「・」
あらま、目をキラキラ輝かせてるよ。まったく、これだからおばちゃんってヤツは。
3日後の昼間。待ち合わせ場所の力ラオケにヤツと2人して向かったところ、おばちゃんはお友達3人を連れていた。ー人だと不安だったのだろう。もちろんみな40代のオバチャンだ。悪友が持参したバソコンを力ラオケのモ二タにセッティングし、エロDVDを流しながら、力バンからバイブや口ーターを取り出した。
「今日はこ協力ありがとうこざいます。みなさんには当社の製品を手にとっていただきながら、忌憚のないこ意見を伺わせていただきたいと思ってまして・・」
こうして始まった偽モニターは、彼女らが勝手に酒を注文し出したあたりから、雰囲気が怪しくなっていった。
「すごいねえ、こんなの使う人いるのねえ」
茶髪の40代がピンクローター片手に、50代のポチャの膝を叩く。
「私のダンナなんて買ってきたことないわよお」「ウチもお」
ポチャから口ーターを受け取り、しげしげしげと見つめる40代の色黒。どいつもこいつも興味津々だ。そこで、悪友が仕掛けた。
「じゃあ、ちょっと使ってみましょうか。服の上からだけでも」
ヤツがバイブのスイッチをいれ、色黒の乳房にあてがう。多少の抵抗は見せるも、いやではなさそうな様子だ。それを見ていた残り3人のオバチャンたちが、「うわー」「すこいー」「どれどれ、私も」その後はもうエスカレートする一方だった。
彼女たちに力ラオケを歌わせ、点数が低かったからバツゲームと称して、股間に口ーターを30秒当てたり、電マを最強レベルでヤラせてみたり。周りの友達の目があるせいか、さすがに乱交になるようなことはなかったが、ヤツは大満足。私は彼女らの性欲にただ呆れるばかりだった。
★以降も私はおばちゃん客に声を掛け、バイブモニター会にお招きした。なんだか私も楽しくなってきたのだ。よほどおもちゃが気に入ったのか、勝手にローターを持って行ってしまった40代のバツイチや、いざバイブを手にするや赤面してモジモジしだす50代の清楚系の人妻。反応はそれぞれだ。後日、店で顔を合わせるときの気まずさったらないが、彼女らはひょうひょうとしている。使用報告してくる人もいるほどだ。
ちなみにヤツは、彼女らと携帯番号を交換してはいるものの、男と女の関係にまで持ち込んだことはないらしい。モニターはあくまで遊びと割り切ってるのか。いざ本気で浮気となると、急に怖くなるのか。ま、田舎のおばちゃん連中なんてそんなもんなのかもしれない。
電マ好きお嬢さんお姉さんの初ヌード|素人娘インタビュー
030_20200208090430790.jpg040_202002080904313a1.jpg050_2020020809043314c.jpg
GWはどこかお出かけの予定はあります?
特にないです。
ずっと家にいっぱなしってことはないでしょ?
ライブ行くくらいかな。
TOKIOとかですか? 
うふ、山口メンバー(笑)。けっこう好きだったんですけどねー。
なんのライブに行くの?
地下アイドルとか好きなんですよ。へー。特定の推しの子がいるんですか?
部屋をシェアして一緒に住んでて、その子のライブがあるときは応援しに行ったりするんです。
グッズを買ったりするの?
そうそう。ツーショットのチェキとか。
一緒に住んでるなら、そんなのタダで撮らせてもらえばいいじゃん。
他のファンの人もいるから、そこはちゃんとケジメをつけないとダメだと思うんです。
マジメなんですね。ところで、僕はカメラマンをやってて、モデルさんを探してるんですよ。次のライブに向けて、ちょっとバイトしてみません? 条件はごにょごにょ……。
そうですか……はい、じゃあ。
というわけでホテルへ
まあささんの初体験は何才のときですか?
18才。高3のゴールデンウィークですよ。相手は同級生の彼氏です。
場所はどこですか?
学校休みだから酒飲もうよって言われて、彼氏の家に行きました。
いきなりベッドに押し倒された感じですか?
一緒にお風呂に入ろうって言われたんです。あ、たぶんこの後セックスするんだなとは感じてたんで、ちゃんとお風呂できれいにしておかなきゃなという気持ちでいました。
セックス前にシャワーを浴びるのは大人のエチケットですからね。
でも結局シャワーをほとんど浴びさせてもらえなくて、いきなりおっぱいを揉まれて手マンされて、そのままバックで入れられちゃったんです。
気が早いなー! 
そのときどんな気持ちでいました?
初めて見るおちんちんにびっくりして脳みそが止まってました。今から考えると、男らしい人だなって思います。
そういうのは男らしいって言わないですよ。その彼氏と初体験を済ませた後は、いろんなプレイにトライしてみたんですか?
次に会ったときに、彼が電マを持ってきたんです。「なにそれ?」って聞いても、「使ったらわかる」としか教えてもらえなくて、で、使ったらほんとにやばくて。
めちゃんこ気持ちよかったんですか?
すごかったー。私、電マと相性がいいんだと思うんです。彼とセックスするときは、毎回電マ使ってました。おちんちんを入れながら、電マをクリにあててもらうのがすごく好きなんです。
おとなしそうな顔して実は陰毛はボーボーだし、まあささんのドスケベぶりは底なしなんですね。

だいしゅきホールドでの焦らし手コキ!寸止めまで射精なしの生き地獄サービス

0006_20181225173847387_20191021195911323_20200130194647325.jpg0007_201812251738485bf_2019102119591273e.jpg
寸止め温泉・手コキはOKで発射はダメって・・・
0034_20190608084925fa9_20191021195914a23.jpg0035_201906080849268e1_20191021195915ef0_202001301947347b1.jpg0036_20190608084928016_201910211959173c1.jpg0037_20190608084930f43_20191021195918c1c.jpg0038_20190608084931a59_201910211959204b2.jpg0039_2019060808493290d_20191021195921fd1.jpg0040_20190608084934e7d_2019102119592362b.jpg0041_201906080849363ab_20191021195924baf.jpg
【概略・全文は上記記事をお読みください】
「それでは力ウンセリングは別室にて行いますので、服を着て順番に8階の〇〇号室へとおいでください。終わったらそのままお帰りいただいて結構です」
ひととおりのショーが終わり、女王様が言った。こんむ緊迫したSMプレイを見せられた後に、ナ二をカウンセリングするというのだろう。しかも、場所は同じマンション内の別室。まさか今度は自分がイジメられるんじゃ。そんな恐怖にかられつつ服を着直し、順番を待つ。ー人、2人と消えていく。いったい別室で何が
この感触、初めて小学校のときに心電図を取ったときのドキドキ感にも似ているが、こんなシチュエーションだけによからぬ期待も湧いてこないではない。待つこと約30分、受付のオバチャンのゴーザインが出て、やっと最後であるオレの番が巡ってきた。ピンポーン。部屋のベルを鳴らすと、出たのはさっきの女王様。プレイ中とは打って変わって穏やかな表情に変わっている。
「お待ちしてました。じゃとりあえず、服を脱いでバスルームへ入りましよう」
なんだ、なんだ。
「さっきのはどうだった?ここではアナタのココに溜まったイケナイ液体を出して帰りなさい」
女王様はそうささやくと、ローションを塗りたくった手でムスコを優しくシゴキ始めるじゃないか。またその手つきが実にツボを心得ていて、サオを中心にときおりタマ部分や乳首をネチネチ刺激してくる。
「あら、わるいコね。もうウレシクなっちゃったのかしら」
そう言われても、こちとらMっ気の自覚がないから、思わず彼女の体に手が伸びるのもムリはない。と、白いスリップを脱がせば、そこには乳房が。
「どうぞ。召し上がってもいいわよ」SMショーを見せるだけの業者は結構ある。
さっきまで鬼の形相だった女王様が、今度は仏の顔でイてくれるんだから、張感もほぐれるってもんだ。ま、SMショーだけを楽しむ余裕がないのも、すべてはこのイケナイ液体のせいなんスどね。

手コキ&寸止めの繰り返しで男の潮吹き初体験

2015072.jpg2015073.jpg2015074.jpg
2015075.jpg
0234_20190831145544e33.jpg0235_201908311455456af.jpg0236_2019083114554627a.jpg0237_201908311455488e9.jpg0238_20190831145549558.jpg0239_20190831145551c86.jpg0240_2019083114555298a.jpg0241_20190831145554181.jpg
0073_20190522174504852_201908101956059c9.jpg0074_20190522174505c5b_201908101956065f4.jpg0075_201905221745073ba_201908101956081ac.jpg男の潮吹きをウリにするフーゾク店が存在する。文字通りオトコに潮を吹かせる秘技なのだとか。女ならまだしも、男が吹くだなんてどついうメカニズムなのか。ていうか、本当か?
しかしこれ、流行ってるのはま違いなさそうなのだ。なんだか少し怖いけどいざ、吹いてきまーす。
東京鴬谷のラブホテル。事前に調べておいた男の潮吹き専門店に電話を入れる。
「お願いしたいのですが」「お客様、初めてですか」
「初めてです」「では水をたくさん飲んでおいてくださいね。10分後に女の子行きますので」
60分1万5千円のコース、出勤嬢の中で一番のベテランを向かわせると言い、電話は切れた。つーか水をたくさん飲めってなに?潮ってやっぱりシッコなの?
時間ぴったりにドアがノックされた。
「こんにちわ〜。今日寒いですねぇ」
やってきたのは壇蜜似のAちゃんだ。キレイな人だなぁ。
「まず、お風呂でカラダを暖めてもらいますね。それでマッサージをして、そのあと潮きチャレンジです。んふふ」
「ボク初めてなんですけど、大丈夫ですかね?」
「どうかなぁ。ウチの手コキって慣れるまではむずがゆくて耐えられないんですよ。それが快感に変わらないと潮吹きは難しいんですよね。まあやってみましょう。んふふ」
Aちゃんへのタッチは禁止らしい。それにしてもしっとりした口調がいやらしいお方だ。そのむずがゆい手コキ、なんとか耐えてみせます!
 仰せのとおり湯船に5分ほど浸かり、カラダを軽く洗ってもらってベッドへ。まずはマッサージだっけ。Aちゃんはミニスカ白衣にお着替えしている。うつぶせに寝て肩からつま先まで全身を揉まれる。
「けっこうこってるね」「ああ、歩き仕事なので」 「ふーん。そうだなぁ、うう」
B型でしょ。マッサージでわかるの?なんだ?
たしかにオレはB型だけど
「やっぱり。この仕事続けるとコリでわかっちゃうんだよね」 
「すごいっすね?どういう見分け方なの」 「んふふ、ナイショ」 
そう言ってアナルをヌルっと触るAちゃん。 
「じゃあ手で始めるね。とにかく、快楽を受け入れてくださいね」
ローションを塗り、Aちゃんは手を絡めていく。手のひらや指をチンコ全体に繊細なタッチだ。1本ときおり微笑んでくる眼を見つめゾクゾクしてしまう。手の動きは次第に激しくなっていく。亀頭を包むようにひねったり、サオの根元から先端までをトコトコ指ではじいたり。くー、とろけそ〜。
と、動きが急変した。いきなりマックスの上下運動だ。あ、ヤバイ、気持ちいい、イク、イキそー!
その瞬間にAちゃんの手がビタっと止まった。右手で根元をギュっと掴んで左手でカリを握る。ふー、危なかった。
「んふふ。もっと気持ちよくなってぇ」
不敵な笑みを浮かべたと思ったらまたもや高速手コキだ。やば、やばいって!暴発しそうになったところで再び根元をぎゅっ。なにこの人、オレの射精タイミングを完璧に理解してる! 怖い!
「気持ちよくなっちゃったのぉ? ねえ、イッてもいいよ」
いいの? もうヤバイよ。高速手コキだ。イク、本当にもうイク〜〜〜〜〜!!
ギュッ。…あれ、イケない?
「こうしてると絶対イケないから。もっともっと気持ちよくなり続けてねぇ。んふふ」
さっきイッていいって言ったじゃんか
いじわる!
手コキ&寸止めの繰り返しは何この高速。いつの間にか腰がガクガクして、Aちゃん小悪魔的な表情で楽しそうだ。
「本気出しますよ。んふふ」「まだ本気気じゃなかったんかい! 」
「気持ちよくなってね」
チンコに唾をたらされて優しい上下運動がスタート。チンコが見たこともないような勃起度になっている。色もいつもより黒黒してるような…。
そのまま乳首舐め攻撃だ。ああ、ヤイバ本当に出そう…。
「Aちゃん、マジで出すよ?」
「うん、イッて、ねえイッて?」
いいんだな、出しちゃうよ、ああ〜。
…イッた。いや、正確には射精感はあるけど精子が外に出てないというか。根元とカリを思いきり握られているからだろうか。チンコはドクドク波打ってるのに…。
「ザーメンは出てないよ。どう?」
「すごい気持ちいいけど、なんか不思議な感覚ですね」
「じゃあ準備完了です。さあ、ワタシに身をまかせて!」
なにやら気合が入った様子のAちゃん、またもやチンコを高速でシゴきはじめる。ギンギンのままなので、すぐにまた射精感がやってくる。
「またイキそう!」
「イッて!」
ピュッ。ピュピュッ。Aちゃんの手の中にようやくザーメンが発射された。ふいー。
「じゃあこのまま続けるから、身をまかせて」
え、続けるってなに?親指と人差し指でワッ力を作って亀頭をグリグリやりつつ、もう一方の手で一局速手コキを続けている。くすぐったい、でもイヤじゃない。初めての感覚だ。シッコが出そうな感じに似てるけど少し違う、もっとムズムスするというか。その瞬間はいきなり訪れた。尿道の出口がビリビリしはじめ、そこかりドロッと何かが出たのがはっきりわかった。これが潮吹き?
「出た、いま出たでしょ」「たぶんなんか出ましたー」「それだよ。良かったー」自分のことのように喜ぶAちゃん。それを見てこっちもホッとしてしまった。
感覚自体は、たしかに気持ちいいけど、そこまで射精と差はないように感じた。だけどそこにいたるまでの焦らしはサイコー
くすぐったさ無しに男の潮吹きをかなえるテクニシャンたち
男の潮吹き、ドライオーガズム、トコロテンの仕組みマスターの仕方と可能な風俗店
目をつむって責められると感覚がめっちゃ敏感になって本気で喘いでしまう
風俗遊びに飽きた殿方にオススメなのが、目隠し系風俗です。
自分でアイマスクを付けて、手錠を自分ではめて待機してると、部屋に女の子が入ってきてヘルスプレイをする流れ。これ、実際に視覚を奪われた状態でプレイを受けてみると、体中の感覚が鋭敏になって本当に快感が倍増するんですよ。普通のヘルスだと女の子の顔がブスだの乳首がデカいだのが気になって萎えたりするものだけど、何にも見えないからそういう問題がキレイに解決されて、本当
に自分の感覚だけ、快感だけに身を委ねられる。一度試してみてください。
 ホテルで目隠し待機していると、女の子が登場して、パウダーマッサージから、四つん這いのアナル責めへ。ここまでは目隠しされる以外、普通のM性感と変わらないシステムなんですが、この店の真骨頂は、途中からもう一人の歯科衛生士さんが乱入してきて3P状態になるってところ。
「あら、あなたも来たの?」
「暇だから来ちゃった。へー、やらしいことしてるじゃないの」
 女の子同士でこんな感じの小芝居をかましつつ、2人で責めてくれるんです。一人がアナル、もう一人が乳首。一人が乳首、もう一人が手コキ、みたいな感じで。アイマスクで見えないだけに本当に予測不能で、身体をビクビクさせながら大声で喘いでしまいます。マジでたまりませんよ。
手コキの名店はのっけからチンコを責めたりはしないたっぷりジラされたらいよいよ本丸へ
まずはローションをたっぷり吸わせたストッキングで…亀頭磨き!
休止再開これを繰り返すと…
マジで失神する客もいるという
強烈な快感を味わえる
男の潮吹きだが誰もがみな体験できる代物ではない
店によっては高級ガーゼや
しかし嬢に正しい潮吹きテクを教育している店なら話は別だ
電マを用意しているところもある
この快感は言葉では語りつくせない
もうダメくすぐったくて我慢できない
苦しいだけだよ
うーんなかなか潮吹かないねこれで
よしっとひょえーこれじゃ逃げ出せないよ!
脚も痙攣してきたっ
ヤバッ気持ちいい!あれ、なんか出そうで出ない変な感覚になってきたぞ
あああっ出るぅぅっ
挿入して抜いてフェラ。しゃぶられてまた挿入。こんな夢のプレイが可能です
ソープランドでしか体験できないド興奮の遊びがある
二輪車は「3P」NSは「生挿入」を意味する
お楽しみはここからだ
再びバックで挿入
つまりフェラ専用嬢とナマ挿入専用嬢を交互に楽しむ贅沢な遊びなのだ
殿様気分とはまさにこのことだろう
風俗遊びに飽きた殿方にオススメなのが、目隠し系風俗です。自分でアイマスクを付けて、手錠を自分ではめて待機してると、部屋に女の子が入ってきてヘルスプレイをする流れ。これ、実際に視覚を奪われた状態でプレイを受けてみると、体中の感覚が鋭敏になって本当に快感が倍増するんですよ。普通のヘルスだと女の子の顔がブスだの乳首がデカいだのが気になって萎えたリするものだけど、何にも見えないからそういっ問題がキレイに解決されて、本当に自分の感覚だけ、快感だけに身を委ねられる。一度試してみてください。
いけない歯科衛生士
東京・渋谷、錦糸町
ホテルで目隠し待機していると、女の子が登場して、パウダーマッサージから、四つんばいのアナル責めへ。ここまでは目隠しされる以外、普通のM性感と変わらないシステムなんですが、この店の真骨頂は、途中からもう一人の歯科衛生士さんが乱入してきて3P状態になるってところ。
「あら、あなたも来たの?」「暇だから来ちゃった。へー、やらしいことしてるじゃないの」
女の子同士でこんな感じの小芝居をかましつつ、2人で責めてくれるんです。一人がアナル、もう一人が乳首。一人が乳首、もう一人が手コキ、みたいな感じで。アイマスクで見えないだけに本当に予測不能で、身体をピクピクさせながら大声で瑞いでしまいます。マジでたまリませんよ。
男の潮ふき界の神様
恥骨回春ケアサロンクリニック
この店には「男の潮吹き堪能コース」なるものがあり、セラピストすべてがその技術を会得している。その中でこのM嬢は「男の潮吹き界の神様」と呼ばれている。潮をふくには、射精をしたチンボをそのまま手コキし続けるのがボイントなのだが、想像してもわかるとおり、普通はむずがゆく、痛みもあるものだ。彼女はそれを感じさせないほどソフトな動きで、慣れてきたころにようやく激しい手コキで潮ふきへと導いてくれる。これぞテクニックの賜物だ。
接客中にチンコをイタズラしていたらいつの間にか潮をふかせていたという「男の潮吹きの申し子」だ。そこから自己流でテクニックを磨いていったそうだ。当然、オブションなどではなく頼めば無料でやってくれる。ネットリフェラの後の激しい潮ふきにハマるリピーターが非常に多い。
ドライオーガズムをマスターして何度も射精する
もっとも不要なものとは何か。
この問いかけにオレは迷わず答える。
射精後に訪れるモーレツな虚脱感
それまで雄々しい獅子のごとく猛り狂っていた性欲が、突如、しょほぐれた仔羊のように沈黙するあの状態。近ごろでは、その無我無欲つぶりが聖人の達する境地に似ていることから、『賢者タイム』とも呼ばれているそうな。
俺は声を大にして言いたい。だから言う。賢者タイムまじ要らなくね?ジャマじゃね?ツタヤでDVDを5枚も借りて、結局は一番のヌキどころで1回しかヌカない愚者も、花びら3回転のピンサロの1回転目でイッてしまって、後はおしゃべりで時間をつぶす愚者も、すべては賢者タイムのせいである。
賢者タイムのために愚者になるというこの矛盾、どうにかならんものか。我々が到達すべきは賢者などではなく、サルである。一晚中、我を忘れてコキまくるサルである。あんな赤くただれたケツを放り出してるエテ公にできて、霊長類の長たる人間にできんことはない。打倒賢者タイ厶!
ドライオーガズムをご存じだろうか。肛門内部にある前立腺を刺激することによって得られる、射精をともなわない絶頂感のことだ。その際の快感は通常の射精の何倍も凄まじく、しかも長時間何度でもイキまくれるのだという。
想像するだに身もだえする。コンマ数秒しか味わえなかったあの快感をいつまでもいつでも味わえるだなんて。
これぞまさに、俺が探し求めていた究極のおサルさんタイムじやないか。
ドライオーガズムに達するため、今回は(次回予定はないけど) アナルバイブを用いる。まずはローションを塗った指で肛門周辺をもみほぐしてから、バイブを入り口にあてがう。
怖い。すげ—怖い。考えてみれば、ケツの穴に座薬以外のものを挿入するのはじめて。そんなウブい俺のアナルさんに、こんなボコボコとした禍々しいもん突っ込んで大丈夫なんでしょうか。
不安を押し殺しながら、ゆっくりとバイブを押し込んでいく
ズブズブズブ。痛みはほとんどないが、腹の内側に圧迫感を覚える。ミヨ—に下腹がひくひくする感じとでも言うか。
根本まで入りきつたところでワンワンスタイルとなり、バイブが押し出されないよう固定するかたちで先端を壁に押しつける。他人に見られたら躊躇なく切腹すべき格好である。
「ふう、ふう、はあ、はあ」
深呼吸をくり返し、気持ちが落ち着くのを待つてからバイブのスイツチをオン。
ブインブインブイン。
直腸の中でバイブがうねうね動いてるのがわかる。嫌な感じではないが、気持ちいいのかと問われればノーと言わざるを得ない。くすぐったいだけである
ネットのマニュアルには「前立腺への刺激を続けながらドライの到来を待つ」とある。だから待った。じっと待った。バイブを壁で固定しながら。待ち人は来るのか。
バイブが腸のどこかに触れると、思わず体の力が抜け、ふっと頭の中が真っ白になる瞬間が何度かある。猛烈な睡魔にこらえきれず、意識を失ってしまう感覚に近い。でもこやつは待ち人とは違うようだ。だって気持ち良くないし。

チンポの麻痺させる魔性の自慰・寸止めオナニー床オナのやり方・快感

0056_20180321113732571_2019081223230511e.jpg0057_2018032111373346f_20190812232306930.jpg0058_20180321113734fbd_2019081223230833c.jpg0059_20180321113736b92_2019081223230954d.jpg
射精直前のあのカンジを何度も味わうには、寸止めしかない。
誰もがやったことがあると思うが、寸止めは直前で手を離すだけではダメ。勢いのついた精液が先端から漏れ、もったいないことになってしまう。やはり大事なのは、根元を強く握ることと、チンコを前に倒すこと。これにより精液の通り道は寸断される。寸止めを続ければ続けるほど「しごく↓イキそう」のスパンが短くなるので、タイムラグをしっかり空けるように。
ボクは床オナを中学のときからやっています。パンツを脱いで、布団にチンチンをこすりつけることからヒントを得て、応用するようになりました。さして難しいことはないのですが、いくつかポイントがありますので紹介しておきましょう。
●パンツをはいたままうつぶせになる
●チンチンを上に(へそのほうに)向けてスタンバイ
●前後、左右に動いてチンチンと床をこすりつける
●ボッキしてきたらパンツにサラダオイルを少量(ローションでも可)流しこみ、さらにこすりつける
●パンツをはいたまま射精
ボクは普通の、手でシコシコするオナニーもしたことがありますが、やっぱり床オナのほうがいいですね。体勢がいかにも挿入してるって感じで、すごく興奮するんですよ。ちなみに、床は畳よりもフローリングのほうがだんぜんいいです。畳だと動かすときにひっかかってしまうので。本当ならサラダオイルを床にまいて思いきりやりたいところですが、片付けが面倒なのでガマンしています。本当かどうかわかりませんが、床オナは「膣内射精障害」になるデメリットを抱えているそうで、女性と枕を交わした際、うまく膣内で射精できなくなる、なんてことも言われています。
掃除機に亀頭を突っ込めばいいワケだけど、ひとつだけ注意をしておきたい。絶対に強さは「弱」を選ぶことだ。特に日立製の人は、より注意してもらいたい。日立の掃除機はオレの経験上、他メーカーに比べて吸引力が強すぎて、気持ちよさよりも痛みが勝ってしまう。 
また逆に、ダイソンなどのサイクロン式は吸引力が相対的に弱いので適さない。ご注意を。
オナホにローションを垂らし、ブランデー(経験上、40度以上のものがいい)を少量加えてかきまぜる。そこにチンポをつっこむわけだが、入れてすぐシコシコ始めてはならない。チンポを挿しこんだまま3分は待とう。動かさず、ただひたすらに待つ。シコり開始は、じんわりと熱をおびてきてからだ。待つ理由は、チンポの根元までアルコールで浸せるためだ。挿入してすぐは亀頭〜サオの半分くらいまでしかアルコールが浸透しない。これではこのオナニーの醍醐味「チンポの麻痺」が半減してしまう。麻痺すると鈍感になると思う人もいるだろうが、それは違う。チンポをバカにしたほうが、オナホのザラザラした感じがなめらかになって心地よいのだ。
Copyright © エロ漫画無料アダルト裏モノJAPAN All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます