寝取りのタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:寝取り

【エロ漫画】DV引っ越しの人妻やストーカー夜逃げOLと寝取り凌辱SEX

0192_201911131326141d2.jpg0193_20191113132615587.jpg0194_20191113132616d4a.jpg0195_20191113132618c88.jpg0196_20191113132619b51.jpg0197_2019111313262199f.jpg0198_20191113132623f04.jpg0199_20191113132624981.jpg0200_20191113132625078.jpg0201_201911131326271b4.jpg0202_2019111313262896a.jpg0203_20191113132630cf0.jpg

電話に手紙の送り付け、待ち伏せ、尾行…。ストーカー事件がクローズアップされるようになって久しいが、中には殺人にまで発展するケースもあり《たかが追っかけ》で片憐けられないのが現実だ。

7年半にわたり美容部員(32才)につきまとっていた社員N(56才)が、ストーカー規制法違反容疑で警視庁に逮捕された。男は独身を貫いでいたが、ある日訪れたデパートで女性に一目惚れ。
一方的な恋心を抱き続けた上での犯行だった。

異動先を教えてもらえないなら自分で探せばいい!

「ホラ、また来てるわよ」

「あ、ホントだ。最近よく見かけるのよね」

「アンタ、惚れられでんじゃないの?」

「ヤだ。悪い冗談はやめてよ」

都内の某デパート内にある化粧品売り場。某メー力ーの販売員として働いていたA子さんの前に、見知らぬ中年男が頻繁に現れるようになった。タ方になると売り場に姿を見せ、時には化粧品を購入していく。A子さんの手が空いている時間を狙っで話しかけてくることもあったが、あくまで客として。個人的な会話を交わしたことなどない。

そんなある日、Nは帰宅途中のAさんを引きとめる。

「あのう、ボクのことは知ってますよね?」

調べに対しNは、

「一目惚れでした。何度、イヤと言われても好きな気持ちを抑えられなかったんです。でも、まさか逮捕されるとは思いませんでした」

と供述し、ガックリきているという。家庭を持たず、ある日、突然出会った女性に恋焦がれ身をやつした中年。昔なら、その一途さと純粋さが小説のテーマにでもなりそうなものだが、生まれた時代が悪かったようだ。ちなみに捜査関係者によると、A子さんは化粧栄えのするなかなかの美人だとか。彼女にとっては、Nが自宅を割り出して押しかけてくるほどの偏執狂ではなかったことがせめてもの救いだったど言えるかもしれない。

1回お茶を飲んだだけで婚姻届を送りつけた女

世論の後押しを受けるようにして施行されたストーカー規制法は、恋愛感情に基づくストーキング行為を対象としている。違反した者には6カ月以下の懲役または50万円以下の罰金が課せられ、また、被害者の申し出によって警察が警告や禁止命令を出すことも可能だ。

もし、悪質な禁止命令違反と判断ざれれば、1年以下の懲役または100万円以下の罰金となる。

「『恋愛感情』をどう解釈するか、どのような行為をもってストーキングと認定するのか、暖昧な部分の判断は捜査当局に一任されている」(司法関係者)との指摘はあるが、データを見ると、被害者にとって法がある程度は有効に機能している実態がうかがえる。

警察庁のまとめによると、施行されてから被害者からの告訴を受けて摘発されたストーカーは68人で、うち63人を逮舗。警察から警告された453人のうち、さらにストーキングを続けて命令を受けたのは18人で、命令も無視して逮捕されだのは3人だった。

同法に基づく警告が、その後の被害拡大防止に役立っていると言えそうだ。ただし、この時期に警察が取り扱ったストーカー事案は実に9142件にものぼり、根の深さがうかがえる。

被害者と行為者との関係は、「(元)交際相手」が最も多く「(元)配偶者」「職場関係者」と続く。と両者に面識のないは1割ほどだ。

被害者の9割は女性だが、中には男性が餌食になるケースもある

熊本県公欧委員会から禁止命令を出されたのは福岡県内臨住む40代の女性だった。同じビルに勤める30代のサラリーマンと知り合った彼女はA男性が熊本に転勤すると自宅や勤務先に押しかけ、合い鍵や婚姻届を送り付けるなどし始めたそうだ。男性が手を付けた結果かと思いきや、

「1回お茶を飲んだだけ」(地元記者)らしい。ジイさんが60才のバアさんにストーキングしたり、由緒ある神社の神主が交際女性の母親に300回も無言電話をがけるなど、事件化された例をかいつまんでみても登一場人物は多種多様だ。某県警の捜査員はいう。

「《ストーカー》なんて言ってみても、振り向いてくれない異性を追っかける事件なんて昔からあったわけよ。法律が出来たからって、おいそれと安易に適用するのば抵抗あるよな。単に自意識過剰だったり、被害妄想のケースも少なくない。中には男としてオマエの気持ちはよくわかるって加害者に同情しちゃうこともあるしさ。ま、いろんな人間模様が観察できて面しろいことだけは確かだな」

現場で、それなりの葛藤があるようだ。

【エロ漫画】元愛人が息子の嫁になった・義父の相姦寝取りSEXで興奮再燃

0028_20191111233857845.jpg0029_20191111233858f6a.jpg0030_20191111233900da9.jpg0031_20191111233901d6c.jpg0032_20191111233903264.jpg0033_2019111123390494f.jpg0034_20191111233906fef.jpg0035_201911112339079e1.jpg0036_2019111123390910d.jpg0037_20191111233910583.jpg0038_2019111123391203d.jpg0039_20191111233914da3.jpg0040_20191111233915efd.jpg0041_20191111233917fbb.jpg

ナンネット・寝取り寝取られ・モザイク禁止の変態系掲示板がセフレに出会えるぞ

0051_201712221258062ee_201910191034331ee.jpg0064_2017122015175966d_20191019103436534.jpg0065_20171220151754534_20191019103438f9c.jpg0069_20181221100621098_20191019103439b88.jpg201504084_20191019103441d5e.jpg0052_20180624231755043_201910191034350e8.jpg0044_20180821082551f10_20191019103430875.jpg
15_20191019151427c87.jpg0105_20180130104627883_20190811205003acf_2019101915242416e.jpg
1、いわゆる露出愛好家たちが集まるサイトだ。カップルが単独男性を募集していたりもするのだが、オレは露出好きな単独女をターゲットにしている。
 実際に1対1で会えてマンキツやスーパー銭湯などで会って相互オナニー、みたいな感じで楽しませてもらってるのでその手法を紹介しよう。
 まず、募集をかける。オレは自分の特技をアピールすることで、女性からのメールが来る確率を高めている。こんなふうに。
〈僕は鑑賞経験多数で、たくさんの単独女性のエッチな姿を見させてもらってきました。今でもたくさんの常連さんから引き合いをいただいてます。特に、撮影希望の方にはご好評です。ワタシは昔エロ系のカメラマンをしてたので、マンキツなどでの撮影なんかも慣れてると自負しています。単独女性様、良かったら一度ご相談くださいませ〉
 重要なのは、
①単独女性の露出鑑賞経験が多い
②撮影が得意
 の二点だ。単独女性はとにかく露出慣れした単独男性と会いたがっているし、オナニー姿の撮影が得意な男を喜ぶ傾向もある。単純にスマホで撮影してあげるだけなのでカメラマンどうこうは関係ないのだが、このウソ肩書きがあるだけで届くメール数は格段に変わってくる。
2、寝取られ願望のカップルや夫婦を長年相手にしてきた私が、自信を持ってオススメできるサイトだ。愛用者(寝取られたい側と寝取りたい側の両方)の多さ、多種多様な寝取られプレイに対応した各募集掲示板の豊富さなど、何を取っても日本一だと思うからだ。
 とりわけ、単独男性の立場から寝取られ願望カップルを募集できる掲示板「奥さん・彼女の寝取り希望」はマジで使える。
 ここで募集をかけると、年若い夫婦や美男美女のカップルから、
〈ぜひ妻(彼女)を抱いてください〉
とのメッセージがたびたび届くのだ。逆に単独男を募る夫婦やカップルには、くたびれた中年男女が目立つというのに。
 募集文は特に奇をてらったものを書く必要がない。あなたの大事な奥さん、彼女さんを寝取らせてほしいという主旨に、自分の簡単なプロフ、過去の寝取り体験(なければハッタリで可)を加えておくだけでも1、2通の応募は来るハズだ。
 が、もしより多くの応募がほしい場合は、以下の項目を実践してみてほしい。
●画像に自分の写メを貼り付ける。顔バレが怖いなら何となく雰囲気がわかるものでも良い。
●性病ナシのアピール。
●具体的なプレイの提案。たとえば女とプレイ中の写メや動画をダンナや彼氏に逐一メールするとか、アナル、露出などで調教するとか。
 皆さんのご健闘をお祈りします。
3、ナンネットは言わずと知れた変態が集まるSNSだ。男女共に会員は多く、みずからのエロ写真を載せていたり、実際に会ってセックス、なんてことも往々にしてある。
 だがいくらエロにオープンなサイトではあれど、いざ会える女を探そうとしてもなかなかうまくいかない。イケメンとか巨チンなどのアピールポイントを持ってるならまだしも、オレみたいなごく普通の兄ちゃんでは女も会ってくれないのだ。
 そこでこれらのスレッドが役に立つ。ナンネットで実際に会えた女のIDや名前などが晒されており、特に『誰でも会ってくれる』真性のヤリマン女の情報があるのが嬉しい。
〝小細工なしで『会おうよ』と言えばOK〟など、会えた手法が書いてあるのもありがたい。とりあえずオレはこのスレに載ってた女1人と会えました。
4、巨根オトコと巨根好きオンナがマッチングするという、ちょっとイカれた掲示板を発見した。この手のサイトは業者(他サイトに誘導する)による書き込みが大半だったりする。多分に漏れずココも業者書き込みが大半なのだが…。ものは試しと、オレもデカマラアピールをしてみることに。とはいえ実際のオレは巨根でもなんでもない。「手合せした子にはデカいデカいと驚かれます」と文章でアピールだ。いざ始めてみると、2日に1通ほどはメールが届いて驚いたが、ネット拾いの巨根写真を返信しても「すごいですね」と一言メールが届いて終わることがほとんど。ようやくメールのやりとりが続いたのは、「お顔も見せてください」と返信してきた30代後半の主婦だった。そうか、チンコ写真だけじゃなくて顔も必要だよな。いざ顔写メを送ってやると、どうやら許容範囲だったようで、とんとん拍子に会うことになった。キリっとした目元のぽっちゃり主婦さんだ。車の助手席に乗り込む彼女。ベラベラとしゃべっていることを要約すれば、ダンナはトラックドライバーをしていて週に2日は帰ってこないらしく、その間に出会い系サイトやナンネットなどの変態掲示板で遊んでいる浮気しまくり主婦さんだそうな。
「オチンチンおっきい人に会ってみたかったから、今日はルンルンなの。勝負下着で来たんだぁ」
巨チン好きってホントにいるのね。ていうかチンコすりすりしてるし。この人、だいぶ変態だ。車を近くの駐車場に停めてキスをかます。舌をネロネロと絡めてきたと思ったら、彼女はすぐに口を離し、オレの股間に頬をこすりつけてきた。そのままチャックを下して勃起チンコを眺めて…。やば、巨根じゃないとバレたか?
「思ったより大きくないけど美味しそうだねっ」
と、そのままパクリ。嫌われずにすんだようだ。喉の奥に当てるような激しいフェラで発射してしまったが、その後もホテルに入って一晩で3発キメることができた。
5、モザイク禁止掲示板
モザキンなる愛称で変態カップルなどに人気の投稿掲示板で、自らの痴態を披露したい連中の個人撮影セックス写真がずらっと並んでいる。オレのターゲットは、ここの女性投稿者だ。
『ユカです。エッチな私を見て下さい』
『せいこ。私のカラダどうですか? みなさん評価して下さい』
この類の見せたがり女にどうアプローチすればセックスまで持ち込めるのか。過去2回の成功体験から導き出した手法は以下のとおりだ。まずは女の投稿をチェックし、「サイト内メール」で連絡を取れる設定にしている人間を探す。ターゲットを発見したら(大半は30代後半以上)、いきなりメールで接触はせず、最初は掲示板に書き込む形で、
『最高に興奮しました。もっとたくさん見せて下さい。しごかせていただきます』
と適当な感想コメントを書いたあと、次の一文を付ける。
『よかったら、時限で顔をさらしてもらうことできませんか?』
ここの掲示板の連中はみな、顔のモロ出しまではしてないが、深夜などの時間限定で顔出し写真の投稿がよく行われている。それをお願いしてみるのだ。これに応じてくれたら、サイト内メールでお礼をする。
〈ありがとうございます。お綺麗な方で、本当にステキだと思いました。当然、男性パートナーさんがいるとは思いますが、今後、単独男を募ってプレイする機会などがあればお声かけ下さい。もしメールもらえたら、こちらの写真送ります〉
こちらの所在地と直メを付けて送ると、5人に1人くらいは直メでレスが来る。
〈メールありがとうございます。今のところ単独さんとかを募集したりはしてないですけど、もしそういう機会あればお願いします〉内容はこの程度でも、女の変態心が疼きはじめている。で、約束どおりこちらの写真を送る。以降、彼女がモザキンに写真を投稿するたび、直メに感想を送り、なんとか対面に持ち込んでセックスしたのが2回。間違ってはいないと思う。
6、セフレ探しの場としてよく知られている掲示板サイト「ナンネット」。このサイト内に隠れる引っ込み思案な変態人妻をいかにして掘り起こすのか。オレはその方法を知っている。いくらナンネットと言えど、彼女たちは毎日変態男からのメッセージに辟易している。こういう女には誠実に一人の女性として興味をもちました、という体で近づくのが一番だ。送るべきメッセージはこんなかんじだ。
「軽く食事しましょう。それだけで満足です。こちらは41歳会社員、仕事と家庭の連続で毎日がつまらないので、色んな人と会話したいのです。営業職なので平日の昼が都合いいです」
 もちろん、スーツ姿をプロフィール写真にし、信頼感を抱かせることも忘れない。メールが届いたらちょっと小ぎれいなカフェレストランみたいな場所でランチを済ませ、帰り際「一目惚れしてしまった。家庭を壊すつもりはないので一回きりで…」と半ば強引に関係を持ってしまおう。以降、連絡先は聞かずナンネット内メールでのやりとり(ダンナさんに迷惑かけたくないからと言って)に終始し、会うたびにセックス関係に持ち込めばよいのだ。
7、ナンネットは変態が集うSNSだ。ヤリチン、ヤリマン、露出カップル、オカマなどなんでもござれ。普通にメールをしただけでセフレくらい簡単にできそうなものだが、実際そうはいかない。なにしろ女性には同じ考えのオトコから膨大な数のお誘いメールがいってるわけで、返信なんて口クに来やしないのだ。以下に記すオレの爆撃メールは、そんな男どもと差別化を図るべく練りに練った大作だ。重要なのは、少年のような爽やかなエ口さを打ち出すこと。
(こちらは世田谷住みの30才、既婚です。久しぶりにナンネットを開いていろいろ眺めていたら●さんのブロフにたどりつきました(笑)良かったら仲良くしてください。こちらのプロフですが、まあなんてことのない、フリーのエディトリアルデザイナーです。(だからこんな時間にこういうサイトを見れてますw)結婚して子供が1人います。家庭はまあ円満なのですが、シコト、家では得られない人との繋がりが欲しくてたまにナンネットを眺めてます。仕事もテキトーにオシャレっぽいものを書いておく。こいつのおかげで女からの返信が断然増えるし、実際にはランチだけで済んだためしがない。
8、性癖やプレイ目的に応じた掲示板が豊富にあるナンネットにあって、こちらは総合掲示板とでもいうべき場だ。セフレ募集もあればスワップ募集あり、プレイの誘いあれば乱交パーティの招待もありと、雑多な書き込みで溢れている。それだけに他の掲示板より多くのユーザーが注目する場でもあるので、俺はいつもここでスケベ女を釣ることにしているわけだ。
 といっても、エロ募集一色の掲示板に「エッチ相手を探してます」なんて書くのは愚の骨頂。誰にも注目されず、スルーされるのがオチだ。だったら目立つ投稿を書くまで。エロとはまったく無関係の募集文を掲載するのだ。
〈今週末、友人2人と青木ヶ原樹海でキャンプします。興味ある人、ご一緒にどうですか?〉
 ここでの肝は「青木ヶ原樹海」というワードだ。自殺の名所や廃墟など、いわゆるトンがった場所に関心を示すヤツらと言えばサブカル女が典型だが、不思議なことにその性質はヤリマン(ナンネット女ユーザー)にも見られる特徴なのだ。案外、ヤリマンとサブカル女は根っこが同じ人種なのかもしれんが、とにかくそういう理由で、こちらの募集に食いついてくる女が結構いるのだ。書き込むタイミングによっては、4、5人からメールが届くほどに。いったんメールでつながってしまえばこちらのもの。キャンプ前に顔合わせしておこうとかなんとか言って女を呼び出し、そのままホテルへ連れこんでしまえばいい。なにしろ相手はナンネットユーザーだ。そのへんの空気はちゃんと読んでくれるので、拒まれることなど滅多にない。で、まんまと体をいただいた後は、キャンプの話もなかったことにするまでだ。

会社社長とセフレ関係のパパ活女子大生と寝取りSEX

0058_20190818122321321.jpg0059_201908181223220a4_202001241420102e0.jpg0060_20190818122324e61_20200124142049fe8.jpg0061_20190818122325d01_20200124142135a04.jpg0062_20190818122327807_20200124142216917.jpg0063_20190818122328d22.jpg
【概略・全文は上記記事をお読みください】
昨今、中年男性と付き合うオヤジ好きの若い女のコが増えているらしい。
もちろん大半の若い女性は若い男の方がいいんだろうが、
それでも40過ぎた俺としては実にありがたい傾向である。
オッサンがモテるようになってきたのはなぜか? どうやら若いヤツよりオッサンの方が金を持っているという単純な理由だけではなさそうだ。
先日、俺が知り合った大阪のドスケベOLは無類のオヤジ好きだった。彼女はいったいなぜ、年上のオッサンとのセックスに惹かれるのだろうか。
若者の合コンの中にオヤジが一人参加
8月、お盆休み前に取引先を訪ねた際、先方の女性担当者と話が盛り上がった。
入社2 年目23才の担当さんは、大学時代に付き合っていた彼と別れて一年以上、結構寂しい日々を過ごしているらしい。
「ここだけの話うちの会社、あまり対象になるよぅな人いなくって。河内さん、誰か紹介してくださいよお〜」
「じや、俺の会社の若いのと合コンでもする?」
「いいんですか?やった!私の友達にも彼がいないコ何人かいるので声かけます」
驚くほどの反応である。そんなに出会いがないのか。まあ、うちの課の若手にも彼女がいなくて寂しいは少なくない。ここは自分の損得ヌキで、寂しい若者たちのために合コンをセツティングしようじやないか。というわけで、« 俺の会社の若手社員»VS«高木さんの大学時代の同級生» の4対4の合コンがお盆明けに実現した。
全員20代のメンバーの中に40代が一人いてはお邪魔だろうと、当初参加する気はなかった。が、男性1人が仕事の都合で出席できなくなり、急遽メンバーに加わることに。何だか申し訳ない気分で、1 軒目での自己紹介のとき、俺は女性チ—ムにわびを入れた。
「ゴメンね、オッサンがひとり混じってしまって。みんな、怒ってない?」
「別にいいんですけど、多分話題が合わないですよねぇ…」
正面の女が、いきなりキツィ一言を飛ばした。
やっぱり来ん方がよかったかなあ。
「ぇ—、私はオジサマ大好きですょ〜」
少々へコみ気味の俺に、斜め前に座っていたメグミがうれしいことを言ってくれた。派手すぎず、カジュアルすぎない服装と大きく巻いた黒髪がお嬢様っぽぃ
「じや、河内さんはメグミちやんの前に移動!」 
他のメンバ—は、オッサンの相手が見つかったとばかりに、嬉々としている。おまえら、ちょっと露骨すぎるぞ。
縛られたり、野外でオモチヤ使ったり
終始和やかム—ドで進んだ一次会は10時過ぎにお開きとなり、女性1名を除いたメンバ—で2軒目のバ—に。にしても、誰1人口説こうとしない。
これじや、まるで茶話会やで。俺が20 代のころは、コンパのときは、女が好みかどうかは二ので、いかにお持ち帰りするかしか考えてなかったのに。かくいう俺は、しっかりエロモ—ドのスィッチを入れていた。夕—ゲットはもちろんオヤジ好きのメグミである。
お嬢様学校から有名大学に進み、今は商社勤務。名実ともにエエとこのお嬢さんといった感じだが、俺には、夏だというのにほとんど日焼けしていない白い肌から色気がムンムン漂ってくるよう感じる。エロい女だ。
間違いない!
他のメンバーがさわやかな話題に花を咲かせるなか、テーブルの隅にメグミと陣取った俺は徐々に話題をシモネタへ移行していく。彼女もエロ話に抵抗がないようだ。
そのうち、俺が裏モノでエロいレポートを書いているという話になった。と、メグミはピクッと反応し、小声でこう尋ねるのだ。
「河内さんも縛ったりとか、3 人でしたりとかするんですか?」
ん?質問の意図がようわからんぞ。
「まあそんなこともしたりすることもあるかな」
「やっぱり。私も、縛られたりとか、男の人2人としたりとか大好きなんです。あと、野外でおもちゃ使ったりとか…」
まさに衝撃の告白である。いくら周りに聞こえない小声だといっても合コンの席でそんなことカミングアウトするか?
いずれにせよ、俺の勘は正しかった。いや、メグミは想像をはるかに超えたドスケベ女である。では、さっそく口説きにかかろう。
と思いきや、残念ながらこの日はタィ厶アップ。メグミ含め全員が親と同居で、どうしても終電で帰らないといけないらしい。クソ—、もうヤル気満々なのに—
「じゃ、今度二人で遊ぼな」
テーブルの下でこそっと差し出した俺の手を、メグミは少し湿った手でぎゆっと握り返してきた。く—タマラン!
梅田駅で解散の途中、メグミからメールが入った。
また遊びに行きましょぅね
たったこれだけだが、別れてすぐにメールが来るとは好感触。なんとしても、もぅ一度会ってあのエロい白肌を堪能させてもらわねば!
翌週土曜、思いのほか早く仕事が終わり、ダメ元で、メグミにメールしてみた。
今日、昼から時間あるけど会えへん?一
5分もしないうちに返事がきた。
いいですね。あんまり遅くなれないですけど
じゃあ2 時に難波でどう?
は—い。楽しみにしてます
なんたるトントン拍子。この様子ならホテルにも楽勝で行けそうやぞ。
1時ちょうどに現れたメグミは今日も白いワンピースで清楚ないでたちだった。日傘を持っているところもお嬢様っぽい。
昼飯をとりながら、ぶっちゃけたところを聞いた。何でも彼女、高校とお嬢様学校に通っていた頃、エッチにすごく興味のある自分に気づいていたが、それを無理に抑えこんできたそうだ。異性と付き合うこともなく、もちろん処女のまま高校を卒業した。
ところが、大学に入って親元を離れ、モンモンとたまっていたモノが爆発。
18才で処女を失うと、堰を切ったようにセックスを楽しむようになったらしい。
「そのうち、だんだん自分は年上のオジサマがいいなあって思うようになって」
現在彼女はパパと呼んでいる神戸在住の40代の妻子ある会社社長と付き合っている。
パパといっても、お金をもらう『愛人』ではなく、どちらかというと『セックスフレンド』的な関係らしい。会うのは月1回程度。そのたびパパの友人等を交え、3PやSMプレイをハメ撮りしながら楽しんでるそうだ。親には、大学の友達と泊りで遊ぶということで了承を取ってるらしい。
「ハパに河内さんのこと話したら絶対会いたがると思うわ」
そうですか…。ところで、なんで若い男じゃなくてオヤジが?
「若い男は絶対にいや。だつて若いコは余裕がなくてガッツィてるしそれに早いし」
「早ぃ?」
「すぐにイツちやうでしよ」
ああ、そういうことね。でも、オッサンでも早漏はいるでしよ。
「そうかな。それに若いコは自分がィケば満足て感じで自己チューだし」
やってみたいこと、やりたくないことってある?
「犯されるみたいな怖いのは大好き。髮の毛つかまれたり。逆にやりたくないのは、スカ、レズ乱交。やっぱり他の女性にしてるとこ見られたくないし、女性とはありえない」
SMやハメ撮り、レ〇プもどきは〇でも乱交は〇 。この辺の基準はよくわからない
「あと、ロリ—夕のビデオとか見てみたい。小さいコが無理にされてるのを見ると、自分が子供の時に犯されることを想像して、怖くて興奮する」
う一ん、かなりキテルなあ。
こんなコ、俺が相手できるのか?
怒られたりして。
「で、河内さん、今からどこに行く?」
「そやなあどこ行こかJ
「あんまり外を歩きたくない。日に焼けるのいやだし」
さすがはお嬢さん、そんなに日焼けを気にするのかと思ったが
「だって白い肌の方がなんか艷かしくてエッチぽいでしよ」
もうここまできたら回りくどい口説きはいらんやろ。
「じゃ、ホテルでエッチしようゃ」
「そうですね、行きましよ」
話が早い!
カップル喫茶で騎乗位、バック
すぐホテルに入るのもいいが、せつかくの若くてドエロな女だ。久しぶりにカップル喫茶でも行つてみるのも面白いかも。メグミ、行つたことある?
「ないない。行つてみた一い—.見られるのは困るけど、人のは見てみた一い」
ならば、乱交スペ—スのあるようなとこじやなく、はっきりとブースに分かれている店がいいだろぅ。適当なのはA だな。あそこなら近くにSMル—ムのあるホテルもあるし。
「SMホテルつてB のことですか?久しぶりやわ」
さすが、よく知ってらつしやること…。
開店直後ということもあり、Aの客は我々が一組目。まもなく中年カップルがやってきて前隣の席に座った。少し話した後、カップルの女性がフェラを始めた。男は女性のパンティを下げて指でしている。その様子を、メグミはブ—スの仕切りに開けてある丸い覘き窓から必死に伺っている。
「人のエッチ、見るの初めて?」
「うん、ビデオでしかないから」
そのうち彼女からしなだれかかってきた。キスするとネットリと舌を絡ませてくる。そして、
「あ—ん、もう大きくなってるぅ」
ズボンの上から俺のムスコをさすりながら、メグミが悩ましげな声を出す。見るだけって言ってたのに、ヤル気満々やん。
じや、俺もお返しにとスカ—卜の中に手を入れ割れ目の当たりを触れば、パンティの上からでも湿ってるのがわかるくらいぐらに興奮ぶりだ。
股の間からするりと指を滑り込ませる。溢れ出た愛液がヌルヌルと俺の指に絡み付いてくる。
そのままクリトリスを刺激し…
…あれ、なんか変やぞ。もしや剃ってる?
「いや—ん、恥ずかし。でもその方がエッチでしよ」
ギンギン状態の厶スコを上目づかいでしゃぶり始めた。最初は舌でネットリと、その後、ジュボジュボ吸い付いてくる。気持ちイイー
そうこうしているうち、今度は20代の若いカップルが入店、我々の後隣の席につくや、あっという間にフェラとクンニを始めた。こちらの様子に刺激されたのだろう、すぐにでも挿入しそうな勢いだ。
俺も負けじと、メグミのパンティを下ろす。目の前に綺麗に剃られて剥き卵状態の性器が現れた。舌でクリを刺激しながら指を挿入。クチュクチュといやらしい音は、隣のブースにも聞こえているに違いない。
カップルがバックで挿入するのを見ると、メグミはスカートをはいたまま俺の上にまたがり、自分の手で俺のペニスを中に導いた。そして、かなり深く挿入した状態で激しく前後に腰を振った。

【エロ漫画】旅先で寝取りSEXするイケナイ添乗員・旅行会社ツアコン派遣女のエッチ話

0004_201911141637448ca.jpg0005_20191114163801014.jpg0006_20191114163802c3c.jpg0007_2019111416380647d.jpg0008_201911141638085e5.jpg0009_2019111416381233e.jpg0010_20191114163814bcb.jpg0011_201911141638183fa.jpg0012_20191114163821ea3.jpg0013_2019111416382246e.jpg0014_20191114163822673.jpg0015_201911141638243c6.jpg0016_20191114163824b74.jpg0017_2019111416382576b.jpg0018_20191114163825eca.jpg0019_20191114163826e4a.jpg0020_201911141638263f7.jpg0021_201911141638260c5.jpg
リモコンバイブ大浴場での行為は私の得意のパターンで、ツアーを仕切ることのできる添乗員の特権といえるでしょう
Copyright © エロ漫画無料アダルト裏モノJAPAN All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます