女子大生のタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:女子大生

【エロ漫画】SNSやマッチングアプリのプロフィールが芸能人似・ロリ系・CA・読者モデル・実際出会ってみたら・・・

SNSやマッチングアプリエロ漫画 SNSやマッチングアプリエロ漫画 SNSやマッチングアプリエロ漫画 SNSやマッチングアプリエロ漫画 SNSやマッチングアプリエロ漫画 SNSやマッチングアプリエロ漫画 SNSやマッチングアプリエロ漫画 SNSやマッチングアプリエロ漫画 SNSやマッチングアプリエロ漫画 SNSやマッチングアプリエロ漫画 SNSやマッチングアプリエロ漫画 SNSやマッチングアプリエロ漫画 SNSやマッチングアプリエロ漫画 SNSやマッチングアプリエロ漫画
ミス、モデル、CA職業限定ねるとんのウソ八百

男性の参加資格を医者やエリートに限定したねるとんパーティはよくあるが、最近情報誌でこんなパターンを見つけた。「ミス経験者、モデル、タレント、スチュワーデス・・容姿特別美人限定」

いくら男性側の立場に立った広告とはいえ、ここまで露骨に“美人“を強調したパーティはそうそうない。「希少な出会いを」というキャッチフレーズにも説得力がある。男性1万5千円という参加費用はさすがに高く、相場の倍以上だ。が、めったにおめにかかれないモデルやスッチーと知り合えるなら多少の出費はやむを得ない。俺はすぐに申し込んだ。当日、会場に出かけると、会場の前で男たちが行列を作っている。その後ろからヒョイと覗くと、見えたのは20才前後の3人組。スチュワーデスには見えないが、かなりの美形だ。雑誌モデルと言われてもうなずける容姿である。パーティは、4人掛けのテーブルに男女2人ずつが座り、男が順番に各テーブルを回るシステムだった。オレは最初、30才の眼科医とペアを組んで着席。まだかまだかとウーロン茶をすすりながら待っていると、ようやく女が目の前の席に座ってきた。

「初めまして」うーむ、まあまあって感じか。大きな目、口ングの髪。聞けばこのコ、20才の字生で、友達と一緒に来たといつ。てことはスッチーじゃないな。身長が低いからモデルでもないとすればミス経験者か「どこのコンテストなの?」俺は当たり前のようにそう聞いてみた。ところが・・

「え」質問の意味がわからず、とぼけた顔の彼女。

「え、じゃあモデルさん?」「いえ、学生ですけど」「ハァ?」

顔を見合わせる俺と歯医者。ま、中にはちょっとカワイイからといっだけで参加資格を満たしたコもいるのかもしれんが、それじゃ1万5千も払った意味がない。俺は現役スッチーを口説きに来たのだ

「はーい、じゃあ席を交替して下さい」進行役の声に促され、別のテーブルに移った。ところが次に話したのは24才のOL2人組。出てくる女出てくる女OL学生ばかり、果てはフリーターまでいたりして、スッチーのスの字も出てこないのだ。ああ、なんたることよ。その後も片っぱしから聞いて回ったが、本命であるスッチーはおろか、タレントやミス経験者、モデルはー人も見つからない。

ルックス的には最初にチラッと見た3人組がいちばんマシだったが、彼女らも大学生、専門字校生、フリーターだもんな。「何がモデル、スチュワーデス限定だよ。ふざけやがって帰りの工レべータの中で一緒になった2人組の男がボソッと漏らした。彼らも俺と同じくブランドを求めてきていたに遅いない。

後日、話が違うじゃないかと業者に怒りの電話を入れると、男はイケシャーシャーとこう答えるではないか。

「あの日は可愛いコ多かったじゃないですか。ミス、モデルというのは、それぐらいのレベルの女性という意味なんです。スチュワーデスはフライトとかあって難しいんですよ」この男、どうやら自分の犯した間違いをまったく自覚していないらしい。ねるとんパーティの広告「スチュワーデス」の文字にコ口っとヤラれた俺がバカだったのか
「フライトとかあって難しい」なんて、いかにもインチキな言い分じゃないか。まあ冷静になって考えれば、医者限定のパーティでさえ、中身はサクラ男ばかりだったなんて話もあるくらいだ。ましてや女性の職業限定など口クなモノはないんだろうな。バーティもホテトルも。

【エッチ漫画】ティーンズラブTLレディコミ好き女性はやっぱりエロい!女子大生も人妻も出会って即セックスできる

TLレディコミ好き女性エッチ漫画TLレディコミ好き女性エッチ漫画TLレディコミ好き女性エッチ漫画TLレディコミ好き女性エッチ漫画TLレディコミ好き女性エッチ漫画TLレディコミ好き女性エッチ漫画TLレディコミ好き女性エッチ漫画TLレディコミ好き女性エッチ漫画TLレディコミ好き女性エッチ漫画TLレディコミ好き女性エッチ漫画TLレディコミ好き女性エッチ漫画TLレディコミ好き女性エッチ漫画TLレディコミ好き女性エッチ漫画TLレディコミ好き女性エッチ漫画TLレディコミ好き女性エッチ漫画TLレディコミ好き女性エッチ漫画

風俗でデリヘル嬢が本番させてくれる理由とパターン・余命半年と言って同情をひけば円盤でなく基盤できるか体験してみた

2_20191229143817120_20200801105037ebe.png
今月の『フーゾク噂の真相』でございますが、夏前ということでトロピカルなプレイとかしたいもんですね。太陽の下、水着のお姉ちゃんとプレイとかしてみたい! それ絡みの噂の検証とかしちゃいますか! だって、夏は、もうすぐそこだから!(画面切り替わって高田馬場のルノアール)
「でな、もうすぐ死ぬとか、そういうヤツって、同情を買うやない。単純に。で、そこにつけ込むんや。だから、『俺、実は半年の命やねん』みたいなことを言えば、本番ヤラせてくれたり、プレイも心のこもった内容になるんやないか? どや!」ルノアールのイスにどうかと思うくらい寄りかかりながら言う編集長。アイスティーをがぶがぶ飲んでおります。
 ……まぁ、「トロピカルな噂の検証」なんて言いながら、具体的なビジョンは何も無かったんで別にいいんですけど……なにそのテーマ? つまりボクに芝居をしろってことですか?
「そうや! がんばって死にそうな感じの演技して来るんやで! これ、うまくいかんかったら、町田の演技力が疑問視されることになるで?」ボクね、ライターですから。疑問視されてもいいですよ、別に。……そんなわけで、今回のテーマは、なんと演技力が求められるという、素敵な内容となってしまいました。コレ、うまくいくのかしら? ……っていうか、「この人、死ぬの? なんかキモ〜い。変な病気? 菌とかうつったらイヤなんですけど?」みたいに思われたりしないかしら?
さて、そんなわけで今回のテーマは、「『あと半年の命だ』とフーゾク嬢に言ったら、なんかいいことあるのかしら?」というもの。ま、いいことって言うのは、本番とかってことですよね。今回の検証は、半年の命なボクに同情してくれたフーゾク嬢が「じゃあ、おちんちん入れていいよ?良かったら中出しして赤ちゃん作る?あなたがこの世にいたという証として」みたいな展開になったら大成功なわけですけども、まぁ、そこまでは無理でしょう。本番できれば万々歳なんですけどもね。
で、お店選びとかよりも、今回は大事なことがあります。
まず、半年後に死ぬ病気を何にするかです。「何の病気?」と聞かれたときに、キッチリ答えられるようにしておかなければいけません。いちばんわかりやすいのは癌とかですけど、今、ステージがなんだーとか、治療法はこういうのがあってーとか、いろいろ設定が大変そうです。もしフーゾク嬢の親とかが癌で死んでた場合、かなり詳しかったりする可能性があります。ほら、癌ってポピュラーですからね。かといって、「原因不明で……」とか、「なんか病名を言われたんだけど、忘れちゃって……」みたいなあやふやな感じだと、説得力がなくなってしまいます。やっぱり人って死ぬかもってなったら、助かるためにいろいろと調べますからね。と、いうわけで、とりあえず死に至る病気についていろいろと調べることにしましょう。あ、もしかしたら「闘病日記」みたいなブログとかあれば参考になるかもしれません。そういうのってないかなー。
│ありました。│読みました。│落ち込みました。
……えーっと、何て言うんでしょうか。調べれば調べるほど、キツくなってきました。とくに闘病系のブログとかはせつなすぎます。いろいろな情報が手に入って、けっこう癌に関しては詳しくなりましたが、ブログを読んでいて、相当落ち込みました。だって、読み進めていったら、途中で終わって、最後に兄弟が「このブログを書いていた◯◯は、◯月◯日に永眠いたしました」とか出てくるんですよ?? なんか、こんな罰当たりな企画、本当にいいんでしょうか??
 不意に、頭の中に「ええんや!」と笑う編集長の顔が浮かんできました。いいのか? モラルよりもジャーナリズムなのか!?っていうか、この連載、ジャーナリズムなのか?とにかく、ありえないほどのローテンションになりながらも、癌についての知識を得ることができました。がん保険のこと。
病気の進行度合いのこと。治療は、ボクたちが信じている西洋医学としては、「手術で切り取る」か「放射線」しか方法がないこと。お灸とか、薬膳など、そういった東洋医学が効いた、という事例もあるということ。そういった代替治療にワラにもすがる思いで試している人もいるということ。
 そんな感じで、知識の方はバッチリと得ることができました。問題ありません。ただ、ひとつ心配なことが。余命半年というと、かなり症状は悪化していることになります。その割にはボク、太ってるし、肌ツヤもいいんですよね。なんというか……見た目に説得力がないんですよ。ここは、10キロくらいダイエットをしたり、奥歯を抜いて頬をこけさせたり、顔色を悪くするために醤油を飲んだりしたほうがいいんでしょうか? そのくらいのデ・ニーロ・アプローチをしなければ、フーゾク嬢をだまして本番なんてできないんじゃないでしょうか?と、いうわけで、10日間ほど、ダイエットをすることにしましょう。実は現在、ぶくぶく太りまくりで、人生でMAXの体重を記録しているのです。ロバート・デ・ニーロが役づくりのために行なったアプローチ(『アンタッチャブル』のために、頭
髪を半分以上抜いた)に比べれば、甘いくらいですよ!
 さて、10日が過ぎました。あれから、食事を一日一食にし、甘いモノはもちろん、ご飯やパン、うどん、パスタなどの糖質を一切ストップ。本気のダイエットにはげみました! 結果、なんと3キロ痩せました!!……うん、なんていうか、あんまり見た目に変わりはないです。これって意味はあったのでしょうか……?とにかくもう、このまま行くしかない。「闘病生活の上、あと半年の命」というわけではなく、「こないだ末期だと宣告された」みたいなスタンスにするしかありません。まぁ、
10日間ほど無駄にした気もしないではないですが、がんばって行ってみましょう!さて、お店選びです。まぁ、基本はどんな店でもOKなのですが、とはいえ、「余命半年」というフレーズに同情してくれそうなコっていうと、ものすごい黒ギャルとかはダメでしょうね。「えー、半年? ウケんね、それ」とか言われそうですもんね。ウケないよ!
 やっぱりここは、お人好しでマジメでピュアっぽいコが良いと思われます。そこで、「マジメ・ピュア・素人・ヘルス」などのキーワードで検索。すると「素人ピュア女子大生デリヘル」というコンセプトの「J」というお店を発見。在籍の女のコを見ると、……かなり良いカンジ!ボカシの上からでも、ピュアっぽい雰囲気がうかがい知れます。さっそくレッツお電話電話!
「はい〜、『J』でございます〜」
 声低めのオッサンの高いテンション。
「えーっと、今サイトを見て電話してるんですけど、すぐに行けて、ピュアで優しい感じのコっています?」
「ん〜〜、そうですねぇ。すぐ行けるコで言いますと、Aちゃん、Bちゃん、Cちゃん、Dちゃん。で、お客様のお好みを聞いていますとですね〜、Bちゃん(19歳)がよろしいんではないかと〜」
 サイトをチェックしてみると、黒髪&色白&小顔のコが写っております。ウン、スラーっとスレンダーっぽいのに、オッパイはCカップ。「特徴」という項目には、「萌え・大人しい・美脚・優しい・礼儀正しい」の文字。いいじゃない。コレ、いいじゃない!
「じゃあ、Bちゃんで。今から新宿のホテルに60分くらいで呼びたいんだけど」
「わっかりました〜。それでは、ホテルに入ってから、またご連絡下さい〜! 入会金2千円、指名料2千円、65分1万9千円になります〜。ホテル代別で、総額2万3千円、ご用意をお願いいたします〜」勢いよく電話を切り、そのまま新宿のホテル街に向う。さぁ〜、いつもテンション高いボクですが、これから「余命半年の男」を演じなければなりません。とりあえずボクの演技プランとし
ては、「1週間前に癌を宣告され、今はまわりの人間に誰にも言えていない。頭の中がパニックを起こしそうになりつつも、なんとか押さえ込んでいる」という感じを考えております。ですので、「もう3日もろくに寝ていないし、食事も喉を通らない」という感じです。それっぽく見えるように、無精ヒゲも良いカンジに伸ばしております。で、病気の設定は胃ガン。しかも
「いろんなところに転移していて、手術もできない状態。放射線治療をしてみても、進行が早いから、どんなにがんばっても半年。もしかしたら、もっと早いかもしれない」と医者に言われているのです。……なんか、だんだん良心がチクチクと痛んできました。世の中には、本当にそういう状況の人がいると言うのに、本番をヤルために、こんなことをしていて良いのでしょうか?ボクって、最低のクズ人間なんじゃないでしょうか……?ラブホでBちゃんの到着を待ちながら、そんなことを考え、本気でちょっとテンションが下がってまいりました。はぁ〜(ため息)コンコン。不意に部屋に響くノック音。来た! 来ました! 萌え萌えで大人しくて美脚で優しくて礼儀正しいBちゃんがやってまいりました!うっわーー! 緊張する!言っておきますが、ボク、演技とかお芝居とか、小学5年生のクラスでの出し物以来、やったことないんですからね! 『ピーターパン』の海賊Aだけですからね? セリフは、海に突き落とそうとする少年たちに対して言った、「水が飲みてぇ? 水
なら海でたっぷり飲めるでねぇか!?」だけですからね?
 そんなどうでもいい思い出が頭の中をグルグル回る。はーー(深呼吸)、落ちつけ。この扉を開けたら、演技スタートだ! 小刻みに震える手をドアノブに伸ばす。カチャ。「アクション!」頭の中で、監督らしき人の声がした。扉を開けると、そこには水色のブラウスに黒いスカート、黒髪&色白
&小顔のBちゃんが立っていました。え? 超カワイイじゃん! 山本美月の顔をちょっと丸くしたような感じです。うわー、なにこのレベル!しかし、ここでテンションを上げたらいけません。ボクの余命は半年なわけですから。ローテンション、ローテンション。
「こんにちは〜。町田さん、ですよね?」
「…………どうぞ」
できるだけBちゃんの顔を見ないようにして、部屋に招き入れます。
「お待たせしましたー、えっと……今日はお仕事お休みですか?」
「………………いや」
「あ〜、そうなんですねー……じゃあ、シャワー入りましょうね」
「…………」余命宣告のショックで、Bちゃんに対し、とことんリアクションを返せないという設定のボク。Bちゃんもやりにくそうです。シャワーに入り、身体を洗ってくれますが、空気を読んでいるのか、軽く無視してる感じの態度にムカついているのか、話しかけて来なくなりました。
 ……あれ? これ、このままだとBちゃん、全然話しかけてこないんじゃないの? そもそもは、Bちゃんがいろいろ話しかけてくるところに、ポツリポツリと、身の上話をしていくっていうプランだったんだけど。……話しかけてきてくれないと、いきなり「こないだ医者に行ったら癌宣告されてさー……」なんて言えないよ、コレ!シャワーが終わり、ベッドに移動する。ヤバい。このままだと、黙ったままプレイが始まってしまう! 考えろ! 町田! この流れを止める流れを考えろ!
 ピーーーン! ひらめいた!
「……Bちゃん、出身は?」
ベッドに座り、ぼそり、と言う。ここから出身地を聞いて、「実家に帰ってる? 親御さんは元気?」↓「身体だけは気をつけてあげてね」↓「親孝行、してる?」みたいな話に持っていって、「え、はい。お客さんは、ご両親に親孝行してます?」って返ってきたら「俺、これから一番の親不孝になっちゃうんだよ……」みたいな流れで告白! どう、コレ! 完璧な流れ!
「出身地は、秘密です〜」
 えーーーー???? なにそれ??フーゾク嬢だから? 自分の情報出したくないってやつ? なにそれ?そんなんいいじゃん! 千葉、とか静岡、とか、そのくらいいいじゃん。住所まで教えろって言ってるわけじゃないんだから!思わず、そう叫びたくなるのをグッとこらえる。マジか。そう来るとは思わなかった。
「そうなんだ……実家住み?」
「え〜、秘密ですよー」
「親御さんは元気?」
「なんで、そんなにいろいろ聞いてくるんですか?」
なにその秘密主義? スパイかなんかなの? 全然、話が進まないんですけど! プロフィールには「萌え萌えで大人しくて美脚で優しくて礼儀正しい」って書いてあったのに!全然優しくないよ!
ベッドの隣に座ったBちゃんは、いきなりボクの左乳首を舐めてきました。右乳首も指で同時に攻めて来ます。あ〜、はじまっちゃったよ。どうしよう。さらに頭をフル回転させる。
 ……よし、こうなったら、とりあえず攻めさせておいて、急に「……親には、ちゃんと親孝行しなよ。俺、そういうのできなくなっちゃうから……」と、泣きそうになりながら言う。これで行こう。かなり無理がある気がするけど、もう仕方ない。いろいろ頭の中で考えているうちに、思わず言ってしまった、みたいな感じでいこう。もうコレしかない!現在、Bちゃんは、ボクのカッチカチになったティンコをズロロロロ〜〜っと音を立てながら舐めております。こんなふうにティンコをガッチガチにさせながらの余命半年宣言はしたくありませんでした。だって、太ってるとか、肌ツヤが良いとかよりも、圧倒的に説得力ないですもんね。……とはいえ、もう仕方がありません。よし、行くぞ!
「……Bちゃんさ……親には、ちゃんと親孝行しなよ」
ズロロロオロ〜〜〜ズロロロロ〜〜。何も言わずに、フェラを続けるBちゃん。「面倒くさい説教?」みたいに思って無視してるのか? クソ!
「親孝行……俺、そういうのできなくなっちゃうからさ……」
ズロロロロロオ〜〜ジュプ。スロロロ〜。マジか。無視か! ここらへんで
さすがに返事が返ってくると思ってたよ! えーい、もう語るしかない!
「Bちゃん、そのままでいいから聞いてくれるかな……吐き出したいだけだから」
 ジュププ、ズロロロロロ〜〜。
「こないださ、胃がキリキリ痛くて仕方なかったから、近所の病院に行ったんだ。そしたら、大きい病院に行ってくれって紹介状を渡されて、大きな大学の病院に行ったんだよ」
 ジュプ、ジュプ、ズロロロロロロ〜。
「そしたらさ……胃ガンだって」
 ズロ……。止まった! 機械のようにフェラを遂行していたBちゃんのフェラが止まった! よし、ここだ! たたみかける!
「しかも、いろんな場所に転移していて、もう手術じゃどうしようもないんだって。放射線での治療は来週からすることになったんだけど、進行が早いらしくて……もって、半年なんだってさ……」
ゆっくりと、口からティンコを外し、こちらを見るBちゃん。なんて言えばいいかわからないって顔をしてます。でも、職業病でしょうか、右手に持ったティンコをコスコスと手コキするのはやめません。
「マジですかー……今も痛いんですか?」
「薬を飲んでるから、今は痛くないよ」
「親とか家族には言ったんですか?」
「いや……まだ言えなくてね。両親、もう70歳近いけど元気だし。息子が先に逝くなんてこと、言えないよ……」
できるだけ、低いトーンで話す。う〜〜ん、大丈夫か? ボク、ちゃんと演技できてるのかしら? なんか、嘘っぽくなってないか?
「……そっか。まぁ、元気出してよ」
 ズロロロロロオロオロオロ〜〜〜!なにそれ!??? 「ま、元気出してよ」??? 元気でないよ! だってボク、癌なんだよ? 半年以内に死ぬんだよ? 死なないけど!「っていうか、超カタいですよね。癌でも勃つんですね」パクッ。ジュロロロロロロロロ〜〜。お前、頭おかしいんじゃないのか??なんなの? 優しくもなければ礼儀も正しくないじゃん! カワイくて美脚だけど!
「……なんで、さ、Bちゃんは、親孝行、してあげて、ね……」
 ズロロロロロロ〜〜〜じゅっぽん。
「っていうか、私の母親って、私のこと愛してないんですよね。帝王切開で私を産んだからお腹を痛めてないんですよ。だから、愛情がないんで。親孝行とか、そういうのはお互いに求めてないんですよ」えええーーー??? なにこれ?面倒くさい女! なに? この話に付き合わなくちゃダメな感じ? ボク、ただ本番をさせてほしいだけなんだけど!
「まぁ、そうかもしれないけどさ……。もう、親孝行ができない俺のぶんまで、ちょっと歩み寄ってごらんよ」ズロロロロロ〜〜〜〜。「お互い、話してみたり、自分の思っていることを言ってみたら、気がつくこともあるかもしれないよ?」ジュプロロロロ〜〜ベロベロベロ〜〜。
「こうやって、何かの縁で会ったわけだからさ。俺の遺言だと思って、そうしてみなよ」
 ジュップ、ジュップ、ジュップ。
「人に、優しくされれば、誰だって嬉しいんだからさ」ズロロロオロロロロ〜〜〜〜。
「……ね?」ズロロロロロ〜〜。ズロッ! ズロッ!
「………………」ズロッ! ズロッ! ズロッ! ズロッ!
 本当に悲しくなってきました。正直、全然ボク死なないけど、惨めな気持ちになってきました。ボクの命が尽きると言うのに、フーゾク嬢に、こんなふうに無視されながらフェラされてる。こんな気持ちになるとは思いませんでした。なんか心が冷めてしまい、ティンコは硬いままですが、イク気配が感じられません。どうしたらいいのでしょう。ここは、ダメもとで「本番させて?」って聞いてみましょうか? ……イヤ、ダメだろう。こんなに凍り付いた関係性で、そんなこと言えるわけがない。しかも向こうからしたら、
「癌かどうかしらないけど、上から目線で親のこととやかく言ってくるヤツ」だもん。絶対に無理ですよ!
とはいえ、このままでは終われません。噂を検証しなくてはならないのがボクの使命! 勇気を出して言うのだ! さぁ!
「Bちゃん、ありがとう。もうフェラじゃイカないと思うんだよね」
ズロロロロ……じゅっぽん。
「だから、フェラはもういいや」
「え、イカなくて大丈夫なんですか?」
「うーん、イキたいけど……なんか、やっぱりショックみたいなんだよね。なんかイカないや」
「あーー……そうですか。じゃあ、シャワーいきますか」
そう言って、ベッドから立ち上がろうとする。待て待て! そんな簡単にあきらめるなよ!
「うーん、本番なら……すぐイケると思うんだけどね」
どうだ!もう、癌とか、余命半年とか、そういうのはどーでもいい、単なる本番を匂わせてるだけのトー
ク! どうだ! もう、これがボクの精一杯だ! 命をかけたパンチ!どうだーー!!!
「はは(笑)」
そう笑うと、そのままBちゃんは、シャワールームに入っていきましたとさ。

【エロ漫画】輪姦ヤリサー並みの恐怖・サークルの夏合宿に向かう途中山奥でレ〇プされかけた女子大生

女子大生レ〇プエロ漫画女子大生レ〇プエロ漫画女子大生レ〇プエロ漫画女子大生レ〇プエロ漫画女子大生レ〇プエロ漫画女子大生レ〇プエロ漫画女子大生レ〇プエロ漫画女子大生レ〇プエロ漫画女子大生レ〇プエロ漫画女子大生レ〇プエロ漫画女子大生レ〇プエロ漫画女子大生レ〇プエロ漫画女子大生レ〇プエロ漫画女子大生レ〇プエロ漫画女子大生レ〇プエロ漫画女子大生レ〇プエロ漫画

真面目な女子大生とはどこに出会いがある?リムジン女子会後のホロ酔いJDナンパは楽勝だった

0102_201910251320523b4.jpg0105_201910251321036a2.jpg0104_20191025132103021.jpg0106_20191025132104ec9.jpg0103_20191025132104445_2020081614222275c.jpg0107_201910251321058c4.jpg

続いてのお話はリムジン女子会後のホロ酔いJDナンパは楽勝だった

金曜の夜10時。仕事が終わり新宿駅に向かって歩いていたら、アルタ前に大きなリムジンがやってきて、すっと停まった。なんだなんだ! どこぞの海外VIPでも来たのかい。周囲も何事かと色めきたっている。しばらく経ってリムジンのドアが開いた。出てきたのはレディーガガでもジョニーデップでもなく、ゆるふわ系の格好をした女子数人だった。なんだコイツら。見たところ女子大生っぽいのになんでリムジンなんかに乗ってるわけ?
下りてきた集団は女子7〜8人。1人はすぐそばの路上に座り込み、数人はギャハハと笑ってどこかに歩いていった。おいおい、ずいぶん楽しそうに酔ってるじゃん。ていうか、一人置いていかれてるよ!こんなチャンスをみすみす逃すオレではない。即座に彼女のそばに座る。うわ、酒クサ〜。
「ねえねえ、大丈夫?」
「う〜ん」
「水でも飲む? ほら、腕かして」
彼女の手を肩に回して立ち上がる。酔っぱらってるけどちゃんと意識はあるみたいだ。
改めてお顔を拝見してみれば、ちょっと豚っぱなだけどぜんぜんイケる範囲だ。
自販機で水を買って手渡す。
「どう、多少はよくなるでしょ」
「うーん、オイシイ!」
「けっこう酔ってるねぇ。どっか行こうよ。オレ暇なんだよね」
「いいよ〜! オゴって〜」
うしし、オゴりますとも。こうなれば先へ進むのみだ。気持ち悪さが少し取れたのか、鼻歌交じりでついてくる女の子の手をとってラブホに入る。イヤとかダメなんてことは一切なく、鼻歌交じりのまんまだ。しかしなんとスムーズな流れか。ナンパでこんな順調にホテルまで来れたの初めてだよ。部屋に入り、一緒にお風呂へ。酒臭いのが気にかかるのでウガイをしっかりさせて、と。
「ほら、オレのちんちん洗って〜」
「イヤ〜、もう立ってるじゃん。笑えるし!」
そんなことを言いながらも泡をこすりつけて手コキしてくれる。ずいぶんノリがいいねぇ。ベッドでも楽しいエッチが出来た。騎乗位では「ちょ、ストップ、頭クラクラする!」と言いながらもガンガン腰を振ってくれるし、最後はちょっと小さめのおっぱいに掛けさせてくれるし。「帰るのめんどくさーい!泊まってってもいい?」
彼女がチンコを握りながら言った。いいとも、まだまだ今夜は楽しもうじゃないか。そんなときに思い出した。そういえばコイツ、リムジンから降りてきたんだったな。
「なんかスゴイ車から降りてきてたよね」
「そう〜。大学の子たちと女子会だったの〜」
「女子会?」
「リムジン女子会って知らない? テレビとかでもやってるじゃん」
なんだそのバブルの再来みたいな会は。さっぱり知らんぞ。いったいどんなもんなのか
聞けば、そのリムジン女子会ってのをやってる会社があって、いま都内の女の子たちの
間で軽く流行っているのだそうな。希望する場所に迎えにきて都内のスポットを2時間かけてめぐり、そのリムジン内で女子会、つまり飲み会を
するんだとか(今回は新宿発新宿解散)。
「なんか高そうだね」
「でも一人5千円とかだったよ。お酒も持ち込んでさぁ。すごい良かった〜」
シャンパン1本はついてくるものの、他の飲み物を頼むと追加料金がかかるので、チューハイやらワインやらをたんまり買って乗り込んだという。なるほど。彼女やその友人
たちがあれほどフラフラするまで酔ってたのは、車の中で飲んでたからなのかもな。東京タワーとか銀座みたいなオシャレスポットをリムジンで周る高揚感みたいなのも手伝って泥酔したのだろう。聞けばけっこう予約が殺到していて、いざ開催するまでけっこう期間がかかったらしい。
「なんか新宿とか銀座で乗ってそこに戻るグループが多いって、運転手さんが言ってた
よ」
「へえ、そうなんだ」
ふむ。これだけヘロヘロになった子たちが降りてくるのなら、そこをナンパの根城にするのもいいかもな。あとで調べてみれば、このリムジンは新宿ならアルタ前、渋谷ならマークシティ脇で降りることが多いそうだ。基本的に毎日女子会は行われており、夜の8時から10時くらいに終わって解散するパターンが多いらしい。
参加する女子のジャンルはキャバ嬢軍団や、OL、学生、30代のプチ同窓会などなど多
岐にわたる。ホームページに載ってる女子会中の写真では、皆さん顔を赤くして目もうつろなご様子だ。みなさんも運がよければ狙えるかもしれないですよ。

せっかく3万も出すのだからいきなりホテルに連れ込むなんてのはもったいない。
「21才って書いてあったよね?ってことは4学3年生?」
「色々あって1年生なんですよ」「色々」の内客は置いておく
大学生活1番楽しい時じゃん。あおいちゃん。名門大学の女子大生と出会いたければ出会いカフェが手っ取り早いが大事なのはその時間だ。
真面目な女子大生など夜遅くにいるわけもなく、土日の昼から17時の間がベストだ。
11_20200123170313374.jpg
19歳で経験人数70人のヤリマン女子大生
〇何してたのう
●UFOキャッチャー。友達と待ち合わせしてるから早くしてね。
〇はいはい。「裏モノJAPAN」て知ってる?
●知らない。
〇見て感想はう
●楽しそう。ちょっと読んでみたいんだけど。
〇ところで初体験はいつですかう
●え、14。
〇早いね。お相手は
●メル友。たしか18才。栃木からこっちまで会いに来てくれた。
〇その彼、どんな感じでした
●ぜんぜんキモイ。でもなんか、わざわざ来てくれたから悪いなて思うてやうちゃった。
0あらら。で、初エッチの感想は
●ぜんぜん痛い。もう早く終れって力ンジ。
〇そいつとは付き合ったの
●その日だけ。今まで付き合った人は全部でどれぐらい?
●5-6人。
〇経験人数は
●え、私ナニゲに多いよ。
〇で、何人
●60-70人ぐらい。
0結構スコイね。
●でも昔だよ。
0昔て
●中学とか高校とか。若かったからさ、あのときは。
〇キミ、去年までじゃん。エッチ好き?
●ぜんぜん。どうでもいい。
〇好きでもないのに、70人とやれるかね。
●あのときは流されるままうて力ンジで。
〇流されたね。今待ち合わせしてる人は?
●それは兄貴の友達。
〇その友達とはヤッちゃうた
●ぜんぜん。
〇相手はほとんどナンパですか。
●ナンパ多かったね。あと、サークルの飲み会とか。電話番号教えると速攻かかってくんじゃん。
〇最近は浮気してんの?
●結構してるよ。お金もらったたりして。
〇彼氏にはバレてないてない?
●そう。彼氏にはバレてない。
〇今の彼と無茶なことしてんの?
●ムチャ縛られたことしかないよ。
〇吊るされたりとかすんの?
●なんか亀甲縛りとかされたことある。
〇マニアだね。
●なかなか詳しいよ。
〇ローソクなんかも登場したりして
●それはない。でもお尻でやったことあるよ。
●ぜんぜん。でも相手は気持ちよさそうだうた。中で出すのがいいらしい。
〇そりゃあね。3Pやったことある?
●あー、男女2人ずつで飲んでたら、女友達が1人寝ちゃうて。
〇あるんだ。燃えた
●なんかそいつらヤル気まんまんで、精力剤飲んでたみたいだけど。
〇ー人エッチはしないの
●必要ないから。つーか気持ち悪いし。
〇いや、気持ちイイでしよ。
●ぜんぜん。あたしイッタ
〇何されてイッちゃうたの?
●え騎乗位で。
〇はいはい。自分で動いてノッたんでしょ
●そうそうそう。
〇てことは好きな体位は騎乗位なんだ。
●と、座位。向かい合えるし。
〇座ってするあれね。動きにくいでしょ。
●そうでもないよ。なんかしっくり。
〇では、最後に。
●もう時間ないんだけど。
〇はい、ありがとうこざいました。

【エロ漫画】現役女子大生、短大生とただでエッチするために援助交際・パパ活相手紹介の売春ビジネスを始めたおじいちゃん

女子大生短大生パパ活エロ漫画女子大生短大生パパ活エロ漫画女子大生短大生パパ活エロ漫画女子大生短大生パパ活エロ漫画女子大生短大生パパ活エロ漫画女子大生短大生パパ活エロ漫画女子大生短大生パパ活エロ漫画女子大生短大生パパ活エロ漫画女子大生短大生パパ活エロ漫画女子大生短大生パパ活エロ漫画女子大生短大生パパ活エロ漫画女子大生短大生パパ活エロ漫画女子大生短大生パパ活エロ漫画女子大生短大生パパ活エロ漫画女子大生短大生パパ活エロ漫画女子大生短大生パパ活エロ漫画女子大生短大生パパ活エロ漫画女子大生短大生パパ活エロ漫画
女子大生短大生パパ活エロ漫画女子大生短大生パパ活エロ漫画
援助交際にはこんな運命もあるようで・・・→
見覚えのない女から、携帯メ—ルが着信した。私のアドレスは電話番号のままだから、たまにこうしたメールが届く。けど、女からってのは珍しい。ま、消去するだけだけど。
<神奈川県の厚木からで〜す。ソッチは?>
げ、また送ってきやがった。そんなにメル友が欲しけりゃ、出会い掲示板を利用すればいいのに。私はれっきとした主婦。アナタが探しているのは男でしよ。
<すいませんがメル友ならヨソを探した方が早いですよ>
こんな相手に返信するのはムカつくけど、ウザったいことこの上ない。はい、コレでおしまいね。いいかげんにしろ、このバカ女!
<返事が遅れてゴメンね〜。相手が女の人でよかった〜。出会い系サイトはナンパばかりでウザいから、アナタに勝手に送りつけちやったの。これからも仲良くできたら嬉しいな〜>
頭がオカシイのか。それとも何か魂胆があるのか。アケミは私がメ—ルを返したその夜、信じられないほどノー天気な返事を寄越してきた。ナンパされてウザイから私に? これからも仲良く?フザけないでよ一ここで反応したら相手が喜ぶだけ。私は無視を決め込んだ。が、アケミは何も感じちゃぃなぃ。<ねぇねぇ、成人式の日、何してた?>
<アナタも結婚してるの〜?私さあ、最近、ダンナと全然うまくいってなくて…グスン>
<もしもし〜。返事をくれないけど体調悪いのかしら?あっ、妊娠しちやったとか?な〜んちやってね>もう我慢の限界。いいかげんにしろ、このバカ女!
<もうやめてください。あまりしつこいと、言いますよ>
<警察なんか行けるの?だってアンタ、援助交際してるでしよ>
あ、ああ、あんたいったい何を言ってるの。っていぅか、なんで知ってるのよ…。
実は私、去年の夏ごろから、世間に一歩遅れて出会い系にハマり8人の男性とベッドを供にしていた。援助交際をしたのもその流れ。エルメスの卜ートバック代が欲しくて、一度だけ厚木の男と2万で会った。それが忘れもしない1 月
日の成人式。もしかして…。
<そぅよ、ゥチのダンナよ!>ゥッソ〜!?
1月10日。アケミは横浜のビブレで買い物を済ませ、夜の7時に自宅へ戻った。と、ソフアの上ではダンナが爆睡。テーブルの上には携帯電話が投げ出されている。覗いてはいけないと思いつつ、メールフォルダのボタンを押せばさつきなる女性と交わした援助交際のヤリトリ。
でもそれがショックで流産したってマジ!?さらにダンナが首つり自殺したって…。あの日から2 週間もたってないじやない。どう考えてもおかしい。あんたのダンナ、本当はまだネットで遊んでるんじや。何の気なしに、以前、使ったエンコー掲示板を開いてみると、
<土曜日、大和か厚木近辺で会える人募集!当方、ネットベンチャ—を経営する35才です>
やっばり〜!私をひっかけたのと同じ内容。書き込んだのも2 日前の深夜だ。アケさん、ちょっとコレ、どういうことですか?しかし、彼女は自分のウソを認めるどころか、「慰謝料として2 万円持ってこい」と逆ギレする始末。もはや会って話さないことには収まりがつかなそうだが1人で面と向かうのも恐い。だからといってこんなこと主人にも友だちにも言えないし…。翌日、私は恥を承知で相談しに行った。援助交際は処罰の対象だが、現行犯じやない限り捕まらない。以前、読んだ本で知っていた。ス—ツ姿の若い刑事さんは言った。
「慰謝料は民事の話だけど、たしかに危険なようだしついて行きましよう」「本当ですか〜」
翌日曜日。約束の時間より30分早くデニ—ズに出向き、窓側の席に陳取った。刑事さんは私と背中合わせのテ—ブルにいる。20分後、見覚えのある男がポロシャツ姿でやってきた。隣にはワンピ—スの仙道敦子似。コイツがあのバカ女か。ううっ緊張してきた〜。
「お金はドコにあんのよ!早く2 万円返しなさい!この売春婦」
カチ〜ン!その売春婦とセックスして喜んでたのは、オマエの夫なんだよ。流産だの自殺だのウソばかりつきやがって!ほら、ダンナ、あんたの奥さんが、私に送ってきた脅迫メ—ルを見てみなよ!
怒り心頭、携帯の画面を差し出した途端ダンナの顔が見る見るうちに赤くなった。そして、
「アケミ!オレは浮気がバレただけで自殺するほど軟弱だっつ—のかよ!どういうことなんだよ、ぉぃ!」「うっさい!陰に隠れて金で女買っといて何開き直ってんのよ」
「それは指輪を買って許してくれたじやないか。この腹黒女め」
何なのアンタたち!?3力月後メ—ルが来た。<離婚しました>だからどうなの?

舐め犬くんのクンニご奉仕体験談|おまんこを舐められたい看護師・美人OL・セレブ人妻・女子大生

ドM男クンニ道具ドM男クンニ道具Sな美人イベコン嬢Sな美人イベコン嬢Sな美人イベコン嬢Sな美人イベコン嬢女子大生を一晩中クンニ奉仕女子大生を一晩中クンニ奉仕元モデル主婦様の奴隷クンニ元モデル主婦様の奴隷クンニ専門学生クンニ専門学生クンニ処女の性的欲求をクンニで開放処女の性的欲求をクンニで開放
美人OLクンニ美人OLクンニ美人OLクンニ美人OLクンニOLのアナルをクンニ奉仕OLのアナルをクンニ奉仕OLのアナルをクンニ奉仕OLのアナルをクンニ奉仕巨乳看護師クンニ巨乳看護師クンニクンニ奴隷クンニ奴隷
0126_20180725222954ceb_20190819235220eed.jpg0127_201807252229567ba_20190819235222984.jpg0128_201807121114047d5_201908192352231e4.jpg0129_20180712111405ddb_20190819235226e74.jpg0128_20180714181611613_201908192352250f4.jpg0129_20180714181612876_2019081923522827b.jpgクンニ大好きエロ美人クンニ大好きエロ美人クンニ大好きエロ美人クンニ大好きエロ美人クンニ大好きエロ美人クンニ大好きエロ美人クンニ大好きエロ美人クンニ大好きエロ美人クンニ大好きエロ美人クンニ大好きエロ美人
JDのおまんこダブルクンニ御奉仕
SnapCrab_NoName_2018-2-24_13-43-51_No-00.png
僕は舐め犬として女性に御奉仕するのが生きがいの男です。自己紹介はここまでにしまして、今回は10月頭にお会いした女子大生様への不思議でホットな御奉仕体験をつづらせていただきたいと思います。クンニ奉仕させていただく女性は、僕のブログ経由でご連絡いただくことがほとんどです。9月の半ば、一通のメールが届きました。送り主のJD(女子大生)様は就活中で、面接の予定で東京にいらっしゃるとのこと。もちろん御奉仕させてくださいと返信します。待ち合わせの日。東京駅にやってきたのは、リクルートスーツをお召しになった、黒髪の女性です。堂真理子アナウンサーに似た素敵なJD様です。今日は近くのビジネスホテルに宿泊しているとのことで、そちらに出向いて御奉仕させていただく運びとなっています。お部屋にお邪魔し、JD様が口を開きました。
「アナタを信用してないわけじゃないんですけど、万が一ってこともあるんで、状況を逐一親友に報告させてもらいますね」
 なんでも僕という見知らぬオトコと会うのに際して、不安を感じていらっしゃったとのこと。そのため、僕が御奉仕している最中、ラインを使って親友の女性に状況報告をすると仰るのです。何かあればその方が警察に駆け込む手はずだと。もちろん危害を加えるなんてことはありませんので無問題です。スカートと下着を脱いだJD様の股間に顔をうずめます。JD様は部屋のテレビを観ながら、ときおり「アンン」と可愛らしい声を出していらっしゃいます。就職活動でお疲れであろう股間に、少し酸味を帯びた愛液が流れ出てきます。途中でスマホをいじってらっしゃるのは、例のお友達に報告をしているのでしょう。およそ3時間ほどで「もう大丈夫です」の声がかかりました。 そのわずか2週間後、そのJD様から再びメールが届きました。
〈週末、東京に泊まります。親友と一緒なのですがまた会ってもらえますか?〉
ありがたいお誘いですが、気になるのはお友達の存在です。
〈もちろんお願いいたします。お友達は別のお部屋にお泊りになるんですよね?〉
〈はい。ですが、今回はその子もお願いしたいと言ってるんです。ダメでしょうか?〉なんと! 長年クンニ道具をやっている僕ですが、このような展開は初めてのことです。とにかく週末に、とのことですので当日、待ち合わせ場所へドキドキしながら伺ったところ、リクルートスーツ姿の女性二人がやってきました。JD様と、その親友様です。親友様は照れていらっしゃるようで下を向いたままです。ホテルに到着し、3人でJD様の部屋に入ります。
「あの、まずは私にお願いします。それで、頃合を見て、この子(親友様)の部屋に行ってもらって、みたいな感じでいいですか?」
なるほど。お二人の部屋へ交互に御奉仕させていただくということですね。親友様が部屋から出て、JD様がスカートと下着を脱ぎます。
「この前、実況中継してたら、あの子も『やってみたい』って言い出して。それで今日はこういうことになったんですよ」前回のご奉仕中のラインでは
『いま舐めてもらってる』
『まったりしてて気持ちいいよ』などと赤裸々なご報告をしていたそうです。最近の若い女性は大胆ですね。とにかく目の前の股間に集中していたところ、およそ1時間ほどで、声がかかりました。
「そろそろあの子の部屋行ってもらえますか?」なんだか妙な緊張感が漂うなか、教えられた部屋をノックします。すぐに親友様が顔を覗かせました。Tシャツに短パンとラフな格好に着替えていらっしゃいます。
「じゃあ脱ぐのでお願いします」
 ジュディアンドマリのユキに似ていらっしゃる可愛いお顔が、紅潮しています。ベッドに寝転がり、下着を脱いだ股間に顔を近づけます。ツンとアンモニアのかぐわしい香りが鼻をそよぎます。舌をピトっと這わせ…。「あああん、あんん!」
 驚きました。いきなり大きな声で反応されています。JD様のクールさとは正反対です。親友様は小陰唇をなぞるような動きがお好みのようで、とにかく大声を出していただけました。ふいに声が聞こえます。
「あの、私とあの子、どっちがオイシイとかあるんですか?」「どちらも素敵でございます」
「どっちかと言えば?」
困りました。僕は優劣をつけるなんて立場にはいません。小陰唇に力強く舌を押し付けてごまかしてしまいました。30分ほどで、親友様のラインが着信した音が聞こえました。
「あの、交代してほしいって」
「かしこまりました」
再びJD様の部屋へ。相変わらずテレビを観ながら、下半身ハダカでいらっしゃいます
「じゃあお願いします」
あたりまえのように舐め犬を要求するその様子に、胸がドキドキしてきます。
その後、もう一度の交代を経て計6時間のダブル御奉仕をさせていただきました。お二人の就活成功を心よりお祈りしています。
ご奉仕1人目シックスナインの体勢でフェラとクンニで愛し合う
『ブログみました。本当にドエムなんですね\(^o^) /素敵!』
それはドMな僕にご興味を持ってくださった方からのメールでした。静岡で看護師をしていらっしゃる25才だそうです。
『明日の3時から次の日の夕方くらいまで東京にいるのですが、いかがですか?』
ご丁寧な文面で積極的なクンニのご依頼メールを送ってくださる看護師様。急なお誘いですが、もちろん大歓迎です。迎えた当日。パンツルックにコートといった冬の装いで、お待ち合わせの駅に看護師様がご登場されました。お顔はAKBの柏木由紀さんに似ていて、まだあどけなさを残したとても可愛らしい女性です。加えて、厚着の下のバストの盛りあがり具合からして、かなりの巨乳様であらせられることもうかがい知れます。
「はじめまして、会いたかったです」
「今日はよろしくお願いします」
可愛らしいお声で、なんとも嬉しすぎるお言葉。こんなに素敵な女性からクンニ道具として使っていただけるなんて幸せすぎます。あらかじめ僕の自宅に来ることになっていたので、歩を進めます。
「私こんなことするの初めてなんです」
舐め犬はおろか、ネットで人と会うこと自体も初めてとおっしゃる看護師様。とはいえご職業柄、人と接することには慣れていらっしゃるのか、初対面の僕の部屋に着いても臆するご様子は微塵も感じられませんでした。「今日はシャワーとか浴びてきてないけど大丈夫?」
「はい」「汗かいちゃったからムレてるよ。舐めて綺麗にしてね」
僕が椅子にタオルを敷くと、看護師様は下半身だけお脱ぎになり、そのタオルの上に座られます。早速、看護師様の前に跪き、おみ足の間へと顔を潜らせ、クンニ奉仕を始めさせていただきます。
「あぁぁ。超きもちぃぃ」
シャワーを浴びてこなかったというのが納得できるほどの性臭が鼻を刺激します。「ちゃんと掃除してね」と命じられるまま、付着する白いカスも舌で丁寧にお掃除させていただきました。
「癒されるわこれ。ずっと舐めててね」
その間、看護師様は椅子の背もたれに寄りかかり、お茶やお菓子を摘み摘みテレビを観ながらくつろがれます。「はい、足も。一本一本綺麗にね」
そう言って僕の口元に足裏を向け、上から見下ろす看護師様。最初のメール時や、ご挨拶の時は敬語だった看護師様でしたが、早くも完全に目下の存在としてM男を扱ってくださいます。
「ドエムってすごく便利。家に持って帰ってほんと毎日舐めさせたい」
僕も看護師様の様な可愛くて魅力的な女性に毎日お仕えしたいです。クンニ奉仕が2時間ほど経過した頃、「出そう」と仰られました。舌の動きを止めて、唇をぴったりと看護師様のアソコへとくっつけると、「こぼしたらダメよ」と、僕の口へされました。暖かいお小水を余す事無く頂き、「ありがとうございました」と感謝を述べると、「これいいね、便利すぎる」と可愛すぎる笑顔でご満悦のご様子でした。
ご奉仕2人目看護師のクリ
〈まだ変態やってんの?〉
突然いただいたそのメールは、僕より二つ下の34歳になられる看護師様からでした。久しくお会いしていなく、ご連絡もかれこれ半年ぶりくらいになります。
〈今度の日曜空いてる?〉
彼女と知り合って5年くらいになりますが、たまに思いついたようにクンニのオファーをいただきま
す。5年間とは長いもので、途中に彼氏さんがいらっしゃったり、またいなかったり、ご転職されたりと、思い返すと看護師様なりのドラマが見られます。その時々にクンニ道具としてご愛顧いただいてきたわけですが、クンニ好きの僕にとってはまさに女神のような存在です。たまにこうして目を掛けてくださる看護師様にただただ感謝しかありません。
〈はい、大丈夫です〉
〈じゃあ土曜の夜から泊まりでいくわ〉
こうして今回も、唐突な思いつきのご依頼によってクンニのお約束をいただいたのでした。迎えた当日。お待ち合わせの駅では、ちょっぴり赤ら顔の可愛らしい看護師様がご登場されました。どうやら女子会の帰りでお酒をたしなまれたそうです。「久しぶりね! 電車の中でずっと舐められること考えてたから濡れてるわ」
「ありがとうございます」
「着いたらすぐしてもらおっと」
そんなポップな会話を繰り広げながら家路へとつきました。看護師様とお会いするのは久しぶりではありますが、これまでに累積回数だと数十回、時間にして数百時間はクンニさせていただいています。看護師様は愛らしくとてもおモテになる女性ですので、これまでも彼氏さんがころころ変わっていらっしゃいました。しかし、ことクンニに関しては僕が一番時間的なシェアを占めていますので、それは僕の誇りです。部屋に到着すると看護師様はこなれた動作で上着や荷物を置き、早々に下半身を露わになさいます。
「はぁ〜疲れた…」安堵のご様子で深くため息をつきながら椅子にドカッと腰かける看護師様。股を開き露わになった下半身を僕に向けて、言葉でなく空気感でクンニ奉仕の催促をなさいます。
「いただきます」
僕はすぐさまお足下に跪いてクンニ奉仕を始めました。ご奉仕中はほとんど会話などなく、僕はただひたすらに舐め続けるだけ。その間、看護師様は僕の存在をよそにテレビを観たり、スマホを弄ったりしてお寛ぎ遊ばれます。クンニ道具である僕にとってそれは眩しいほどに最高のひととき。そんな素敵な時間が、寝る直前の深夜にまでおよび、その翌日も朝から日が暮れるまで続いたのでした。
「変態ってほんと便利でいいわ(笑)」僕のような変態を肯定してくださる看護師様の優しさそして懐の深さに重ね重ね感謝しかありません。
ご奉仕3人目公務員の拭いてないアナルをクンニご奉仕
〈時々ブログを拝見しております、35歳の公務員です。独身ですが彼と住んでいます。いっぱい舐めてほしいな、と思ってメールしています。見た目はそんなに年くってはいないと思いますし、水商売もかつて経験しています。でも、ブログに出てる他のご主人様のように若くもなくそんなに美しくもないと思います。家は世田谷です。よければお返事くださいね☆〉
このようなメールを頂戴いたしました。
彼氏さんがいらっしゃるそうですが、クンニは別腹ということでしょうか。舐め犬サイドとしましては、そういった都会的な感覚ってとてもスタイリッシュだなと肯定的に思います。当然のことながら、快諾メールを送らせていただきました。
明日か明後日の夜なら空いてらっしゃるとのことで、積極的なお誘いに感謝しつつ、僕も早々に予定を立てさせていただき、メールをいただいた翌日にお会いする運びになりました。
場所は公務員様がご指定する都内のビジネスホテルです。ご指示に沿って、公務員様がご宿泊される部屋まで向かいました。ドアがガチャリと開き感動の初対面です。
「いらっしゃい」
「おじゃまします」
ホテルの浴衣姿でお出迎えくださったのは、胸もお尻もグラマラスでとてもセクシーな女性でした。
素っぴんの顔はとてもお若く見え、ぽってりとした唇もエロティックで、いかにも男性にモテそうなタイプのお方です。
「さっそく舐めて欲しいのだけども」
とベッドに腰掛ける公務員様。はらりとはだけた浴衣の下には何も着けておらず、既にスタンバイオーケーのご状態でした。すぐにお返事をし、公務員様の前にひざまづいてクンニ奉仕を始めさせていただきます。ドアを開けてから1分も経っていないかもしれません。たった今、初めてお会いしたば
かりの女性からクンニ道具として使っていただく。その事実を頭の中で反芻(はんすう)するだけで興奮してまいります。
「ああ、気持ちいい」
クンニ道具となって、女性のお役に立てることほど幸せなことはありません。日々なにかと大変であろう公務員様の癒しになるべく、丁寧に舌でご奉仕いたします。
「国田いいね。ずっと舐めてて」
いただいたご指示に従って延々と舐め続けます。
その間、公務員様は横になってクンニ奉仕を受けながら、本当にリラックスされていらっしゃるご様子です。クンニが小一時間ほど経過した頃、急に公務員様は体をビクッと硬直させました。
「ああっ…、寝てた」
ご奉仕に集中していたこともあって気づかなかったのですが、どうやら舐められながらお眠り遊ばれたようです。
「なんか、クンニしてもらってるときに寝られたら普通は怒ると思うんだけど平気なの?」
 間髪いれずに本音をお伝えします。
「その…むしろ嬉しいです」
「クンニされながら寝れるなんて最高だよね。寝てても気分がいいわ。気持ちいいし」
ご満悦の公務員様のお言葉に僕も嬉しくなります。これっていわゆるウィンウィンの関係ですね。
「お尻も舐めて」
そう向けられたお尻に舌を這わせようとしたところ、
「実はさっきちゃんと拭いてないから綺麗にしてね」
とのお言葉が。迷うことなく差し出されたお尻の穴の周りをペロペロと時間をかけてお舐めした後、奥まで舌を差し入れて綺麗にお掃除いたしました。そのお味はいうまでもなく、ほろ苦くて甘酸っぱいのでした。
「ウケる。お前ほんと便利ね。部屋に繋いで気が向いたら舐めさせてたい」
僕と同学年でいらっしゃる公務員様ですが、僕と同等であった瞬間など現世には存在しなかったのでしょう。そう心から思える程に僕を身分の低き存在としてご認識くださっているのがひしひしと伝わってきました。
ご奉仕4人目酒井若菜似美人OLのお尻も舐めいかせる
今回もありがたいことにブログ経由でメールをいただきました。
「興味があってメールしてみました。〝国田ペット〞欲しい♪ 奉仕して欲しいです〜。27歳、会社員、都内在住なんですが、どうですか?」
普段は会社の事務をされていらっしゃるという事務員様からです。国田ペットとは、言い得て妙、僕にピッタリの素敵な呼び名です。メールのやり取りで、週末に僕の家までお越しいただくこととなりました。その前日、事務員様から再びメールが届きました。
「泊まりでもいい?」「もちろん大丈夫です」「やった!ずーーっと舐めててね楽しみ 」
そんなに喜んでいただけるだなんて、嬉しいのは僕のほうです。迎かえたクンニ当日。
「こんにちは」と、待ち合わせの駅にクンニご依頼者の女性が現れました。黒髪ロングに健康的な白いお肌。メイクも服装も落ちついた雰囲気です。お顔は酒井若菜さんに似ていらっしゃる、とても可愛らしい御方です。事務員様が部屋の椅子に腰掛けるやいなや、僕はそのお足元に擦り寄って「舐めたいです」と募る想いを激白しました。「さっそくだね。いいよ」事務員様はそう言って笑いながら、パンストとパンティを脱いで秘部を露わにしてくださいます。
「はい、舐めて」脱ぎたてで芳しいオマンコ様をゆっくりと、丁寧に舐めさせていただきます。
「あぁぁぁ、いい。きもちぃ…。明日までずっと舐めててくれるの?問いかけに、僕は舐めながら頷きました。「ほんと最高。これハマるね」こうして一泊二日のクンニ奉仕が幕を明けたのです。ベッドに寝転んで雑誌をめくったり、テレビのバラエティ番組を観たり。また椅子に腰掛けては携帯をいじったり、パソコンでネットを見たり。もちろん僕はその間、片時もクンニ奴隷としての役割をおろそかにしません。事務員様はゆったりとした時間を、存分にリラックスしてお過ごし遊ばされています。「お尻も舐めて」ご要望どおりお尻の穴に舌を這わせます。清楚なお見かけと反対に、自らの快楽に積極的な方のようです。その後も、夜は寝付くまでお舐めし、朝はクンニ奉仕でお目覚めいただいたりと、とにかくご滞在中は僕の口が常にお股に吸い付いている状態が続きました。帰り際に事務員様がおっしゃいました。「ほんとに持って帰りたいよ。毎日使いたい」僕なんかの舌がお役に立つことができるだなんて、こんなに嬉しく幸せなことはありません。どうかこれからもご愛顧賜りますよう宜しくお願い申し上げます。
ご奉仕5人目フェザータッチとクンニで主婦をいかせる
「エッチに関して潤いのない生活を送っておリます。どうか淋しい人妻の願望を叶えてくださいませ」エロ本のような露骨なメールをくださったかなえさん、クンニのためにはるばる田舎から上京してくれました
ます30代「クンニ奴隷」として道具のように扱われることに快感を感じるなめ犬・最長18時なめ続けた経験を持つ僕を道具として使ってくださる、気高いお姿に興奮いたしました。量の多い愛液でボクの鼻がふやけたのもすごく嬉しかったです。
彼氏にはお願いする勇気のない貴女ぜひこの機会に欲求不満を解消してください。
ご奉仕6人目お上品なセレブご主人様クンニ奉仕
会社勤めをしている僕はその日、仕事を終えて自宅でテレビを観ながらくつろいでいました。すると深夜に一通のメールが届いたのです。
〈はじめまして。ブログ見ています。飼ってるM犬の都合が悪いので、こちらのマシンを使いたいのですが可能ですか?できれば今日。車で近くまで出向きますので、サクッと使って帰りたいです。
34歳世田谷在住♀〉
どうやらメールの送り主様には、特定の舐め犬さんがいらっしゃるようですが、ふとムラムラされたのでしょうか、急きょ面識のない僕にお声掛けくださったのです。突然のお誘いではありますが、大事なのはスピード感であると文面から察しました。
『使いたいときにすぐ使える』
その利便性こそ今の彼女が求めていることだと思い、すぐに了承のメールを返信しました。余計なやり取りは省き、端的に場所等をお伝えすると、
〈思っていたより近くで、利用しやすいですね。30分強で向かってもいいですか?〉
とのお返事が。当然オッケーに決まっています。
〈着予定1時30分頃。こちらから出向いてあげてるんだから、もちろん起きて待っててくれますよね?〉
そうしてとんとん拍子にアポが確定して、予定の時刻にご主人様がお車でご到着されました。近付いてご挨拶をすると「案内して」と仰ります。駐車場から僕の家までは暗がりなのでよくわかりませんでしたが、灯りのある部屋に到着するとご主人様の美貌を目の当たりにすることができました。身長は170cmくらい、バストは推定Eカップのダイナマイトボディの持ち主です。お顔立ちもお上品でお綺麗ですし、お車も高級車、加えて世田谷在住とのことですので、きっとセレブなお方なのでしょう。かなり品の良いオーラが全身から溢れておられました。
「さっそくしてもらおうかな」
ご主人様はそう言ってスカートとパンティを脱いで下半身を露わにし、椅子に腰かけて僕にクンニ奉仕を促しました。
「では失礼いたします」
ひざまずいてご主人様のアソコをペロペロと舐め始めます。ご主人様は目を閉じ、「ふう〜〜」と深いため息をつき、クンニの感触を味わっておられました。メールでは僕を〝マシン〞と表現してくださいましたが、まさに僕はクンニする為だけの道具でしかないという空気感がひしひしと伝わってき
ます。そのままの状態で1時間ほどお舐めした後、続けてソファーに移動して、ご主人様がお好きなクリ舐めを中心に、2時間ほど舐めさせていただきました。
「ありがと、スッキリした。また気が向いたら連絡するね」
セレブリティでお美しいご主人様の便利なクンニ道具として、今後もお役に立つことができる事を切に願うのでした。けったいな変態野郎である僕なんかを、これまで暖かく見守ってくださった皆様に、心より感謝申し上げます。クンニは永遠に不滅です!
ご奉仕7人目舐められ好き色白美脚お姉さん
僕はドMで、クンニ道具として扱われることに快感を覚える人間です。キスやフェラ、挿入など、世間一般の男子が好む一連のセックスには食指が動きません。この性癖に悩んでいた時期もありますが、いまは非常に快適なクンニライフを送っております。僕のやっているブログを見て『ワタシも舐めてほしい』との嬉しいご依頼を頂戴するからです。この新連載では、ブログ経由で舐めさせていただいた女性を、写真と文章で紹介していこうと考えています。
11月中旬、このようなメールが届きました。
『初めまして。舐めてもらうの好きなの。いっぱい舐めてほしい』送り主様は都内の会社で秘書をさ
れていらっしゃる26才。秘書様は僕がM男であることを大変気に入ってくださってるようで、メールのやりとりでも「早く舐めさせたい」「お前を奴隷にしたい」と未だ見ぬM男に対して高圧的な態度で接してくださいます。そんな彼女からいきなりのお呼び出しメールが届いたのは、とある平日の昼間でした。『仕事が早く終わって、いまお前の会社の近くにいるよ。ちょっと出てこれる?』
急なお誘いですが、クンニ奴隷としてはなんとか都合をつけるしかありません。適当な理由で職場を抜けだし、近くのカフェでおちあうことになりました。カフェ店内はお客さんであふれていました。事前にメールでお伺いしていた服装の女性を探します。…そこには圧倒的な美女が、目映い光を放ちながら座っておられました。キチンと揃えられた足と長い髪。コーヒーカップを傾けて窓の外に視線をやるそのお顔は、美しさと可愛いを併せ持つアイドル級のレベルです。まさに圧倒的。その衝撃は、今、この原稿を書いていても心臓の鼓動を早めます。
「はじめまして、国田です」
「あ、どうも。座って」最初から高飛車に接してくださるのは、僕のドMな人柄を十二分にご理解いただけているからでしょう。秘書様は薄い笑みをこぼしながら言葉をなげかけます。
「時間ある?」「はい。少しだけなら」「ちょっとどっかで舐めさせたいな」
仕事中ということもあり、ホテルにしけこむほどの時間の余裕はございません。検討の結果、近くのビルのトイレで舐めさせていただくことに決定しました。足早にカフェを後にし、高層ビルの上層階へ無言で向かいます。人の目を盗みつつ、水のように流れるムーヴで個室へなだれこみました。秘書様は臆する様子など微塵も無いご様子で便座に片足を乗せ、おもむろにパンティを脱がれました。
「はい、きれいにして」 これほどお美しく躊躇のない女性にクンニさせていただけるなんて、舐め犬としてこんなに幸せなことはありません。僕は秘書様のお足元に跪き、感謝の気持ちでクンニ奉仕を始めさせていただきました。外見のお綺麗な女性というのは、どうしてアソコも見目麗しく、かぐわしいのでしょうか。汗やお小水の匂いもほんのり香る秘書様の秘部を丁寧に舌でお掃除いたします。舌で円を描き、ときおり中に侵入させ、鼻をこすりつける僕。秘書様は声を出さず、ピチャピいう音だけが響きます。立ちクンニの状態でお舐めと、頭を手で押さえつけられ「ああ、ほんと最高だね。」
ご奉仕8人目セックスレス熟女クンニご奉仕で欲求不満解消
「できれば今月中になめてほしいんですけど」と電話をくれたみいこさん。
彼氏が出張で来月帰ってくるので、その前にねぶられたいそうです。
束縛がすごいわリに、クンニはおろか、 セックスだってほとんどしてくれない彼氏へのあてつけなん ですって。彼氏さん、見てますかー? 
お上品な毛の処理に育ちのよさがうかがえます。湿リ具合も申し分なくきめ細かいお肌と抜群のスタイルに興奮し、つい舌の動きが早くなってしまいました。
可愛らしいプリクラ添付で応募してくれた18才のキミ。まだ3年生なので駄目です。卒業してからまたメールください。というわけで今回は、アナウンサー生野陽子似のかほさん。 23才の登場です。彼氏と同棲して2年合計時間は20分にも満たないそうで。「なめられながら眠るのが夢」とのことですが、さてその願いは叶うのでしようか。 
ご奉仕9人目Sな美人イベコン嬢にペットにされてきた
〈25歳、イベントコンパニオンをしています。ブログ読みました^^  私も舐めて欲しいのですが、お願いできますか?〉
ある日のこと、そんなお誘いメールをいただきました。イベントコンパニオンをされていらっしゃるということは、きっと容姿端麗なお方であるはず。期待をめっちゃ膨らませながら『ぜひ使ってください』と返信します。返事はすぐにいただけました。
〈私はSなのですが、あなたをペットにしたい。飲んでほしいです〉
〈はい、僕もペットになりたいです。トイレとしてもご利用ください〉
〈あなたを道具扱いしながらずっと舐めさせていたい。いい?〉
〈はい、それが僕の存在理由なのですごく嬉しいです〉
〈上手に出来なかったら引っ叩くから〉
〈もし上手く出来たらご褒美に引っ叩かれたいです〉
〈いいというまで何時間でも舐めろよ?〉
〈いいと言われないように頑張ります!〉
 ……とまあ、お互いにはっきりしたSとMということで相性が良かったのかもしれません。メールでのやり取りはどんどん弾んでいき、文章も最初の敬語からタメ語へ、そして命令形へと自然な流れで移行していかれました。そして週末。お約束の日です。待ち合わせ場所にやってきたのは、さすがはイベントコンパニオンといった雰囲気の美人さんでした。
「こ、こんにちは。国田です」
「まずは飲みながら色々と聞きたいなぁ」
仰せのとおり、お酒を買って我が家に直行します。それにしても、ご容姿を武器にしたお仕事をされていらっしゃるだけあって、顔もスタイルも抜群の美人さんです。部屋に入り、僕の性癖について根
堀り葉堀り聞いたコンパニオン様は、ワインボトルが空いたことをきっかけに「じゃ舐めてもらおっかな」と切り出されました。ほろ酔いの美人コンパニオン様は、下半身だけお脱ぎになるとソファーベッドに寝っ転がって「はい、舐めて」と仰います。僕はシャワーを浴びていない香ばしいアソコに舌を這わせ、丁寧に丁寧にご奉仕をさせていただきます。しばらくクンニをご堪能されたあとは、「次お尻」と寝返るようにお尻を突き出し、アナル舐めのご催促をなさいました。
携帯を弄りながらくつろがれているコンパニオン様のお尻の穴も丁寧に舐めさせていただきます。
「したい……出すよ」
ご奉仕中おもむろにそう仰るので僕はすぐにコンパニオン様のアソコに口をあてがいました。すると間もなくしてコンパニオン様の暖かな液体が、僕の口の中に躊躇なく放たれました。こぼすことなく頂戴した後に「ご馳走様でした」とお伝えすると、コンパニオン様は「お前、良いわ。ほんとたまらん」と大変喜んでくださいました。
「毎日でも舐めさせたいし、全部飲ませたい。頭踏んずけるのもすごい楽しい。またこれからも来るからね」こんな嬉しいお言葉をいただきながら、朝まで御奉仕させていただきました。こうして僕は、美人コンパニオン様の下僕という、世界で最高峰の地位を獲得したのです。
クンニ道具として舐めさせたい
今月もありがたいクンニ希望メールをいただきました。
〈私は既婚者です。30代ですが、圏内でしょうか。いじめながら舐めさせるのがすきなのですが、そういうのも圏内でしょうか〉
ドMでクンニ好きな変態野郎なボクでもいっちょ前に憧れの女性像というものがあります。それはクンニがお好きで、なおかつSな女性です。
〝いじめながら舐めさせるのがすき〞との文から、メールの送り主様は圏内どころかドストライクであり、そのような理想の女性からお誘いを受けるというこの状況に、ただただ感謝の念しかございません。〈ぜひ使ってください〉と返信すると、すぐに日時の調整へと移り、翌週末にお会いする運びとなりました。 
そうして迎えた当日。
僕の部屋にご降臨されたS主婦様は、肉感的でスタイルが良く、綺麗なお顔立ちをされたお美しい女性です。聞けば以前はモデルをしていらしたそうで、その美貌にも納得です。さらに過去にはM男の奴隷を何匹も飼っていらしたらしく、S女様としてのご経験もかなり深いようです。しかし僕のような舐め奉仕するだけのタイプは初めてとのことで、今回は遠慮なくクンニ道具として舐めさせたいと仰ってくださいました。
S主婦様は事前に僕のクンニブログをご覧いただいたこともあってか、部屋に入ると躊躇なくパンツと下着をお脱ぎになり、その眩い下半身をあらわになされます。
「綺麗にして」椅子に腰かけ、目の前にひざまずく僕に冷淡な表情でそう指示してくださいました。先ほどお会いしたばかりのお美しい女性のアソコを舐めさせていただく。そんなステキ過ぎる眼前の出来事に僕は恍惚としてしまいます。
「失礼します」ご挨拶をして、すでに濡れていらっしゃるS主婦様のアソコを丁寧に舐めさせていただきます。 いざクンニ奉仕が始まると、S主婦様はボクの存在を無視するかのように持参された本を手に取って読みはじめました。僕はS主婦様の読書の邪魔にならないよう、できるかぎり心地良く柔らかなクンニを心掛けるのみです。そうして、まったりとしたステキな時間が1時間、2時間、そして3時間と過ぎたころ、「これ3時間じゃ足りないね。今度は1日あけといて」
と仰っていただきました。クンニ道具である僕にとって神の声に等しい有り難いお言葉です。帰り際にも嬉しいお言葉が。
「結婚早まったなぁ。一人暮らしなら家に置いて毎日使いたい」
神に等しいご主人様からお気に召していただけるとき、ほんとに生まれてきて良かったと心から思うのでした。
ご奉仕10人目M男くんが舐め友達の黒髪童顔女子大生を一晩中クンニ奉仕
〈はじめまして。19歳の大学生です。ブログ読んで使ってみたいなぁと思ったんですけど、いいですか?もし良ければメールください♪〉
それはうら若き女子大生からのメールでした。
当日、お待ち合わせの駅にご登場されたのは、見た目がまるで中生のような女の子でした。黒髪に童顔、ご友人からも中生にしか見えないなどとよく言われるそうです。
「はじめまして、国田です」
「どうも」
「ひと回り以上も年下の女の子に使っていただけるなんて、幸せです」
「私も年上の人をこき使えるなんてわくわくします」
移動中そんなことばを交わしつつ、僕の部屋であるクンニルームに到着いたしました。
「まず足のマッサージからしてもらおっかなぁ」
女子大生様に指示されるがまま、全身くまなくマッサージさせていただきます。
「じゃあそろそろ舐めてもらおうかな」女子大生様はそう言って、上半身は着衣のまま、おもむろにスカートとパンティを脱がれました。露わになった下半身を無言で僕に向けてクンニ奉仕を促されます。僕も間を置くことなく、すぐさま女子大生様のお股の間に舌を這わせます。
「あぁ、気持ちいい」「いいって言うまで舐めてて。まあ言うつもりはないけど」
僕のクンニのスタンスは〝イカせるクンニ〞ではなく〝心地いいクンニ〞です。
横になって携帯をイジりながらまったりとくつろがれる女子大生様。それを邪魔することなく、音を立てずに丁寧に舐めさせていただきます。
「今日は朝まで舐めてもらうから。口離すなよ」
素敵な命令です。柔らかいモノをお股にあてがった状態で何時間も心地よくお過ごしいただく。それが僕のクンニ道具としての存在理由なのです。「ほんとお前、使えるなー」
足の裏で僕の頭をなでながら、そのような有難いお言葉もくださいました。 
その日が初対面ではありましたが、泊まりでお越しくださった女子大生様は一晩中、欲望の赴くままに僕をクンニ道具として酷使してくださいました。
去り際に女子大生様は、あどけないお顔で、「よし、お前を家来にしてあげる」
と、僕をしびれさせてくれたのでした。
ご奉仕11人目元モデルの主婦様のM男の奴隷クンニ道具
今月もありがたいクンニ希望メールをいただきました。
〈私は既婚者です。30代ですが、圏内でしょうか。いじめながら舐めさせるのがすきなのですが、そういうのも圏内でしょうか〉
ドMでクンニ好きな変態野郎なボクでもいっちょ前に憧れの女性像というものがあります。それはクンニがお好きで、なおかつSな女性です。〝いじめながら舐めさせるのがすき〞との文から、メールの送り主様は圏内どころかドストライクであり、そのような理想の女性からお誘いを受けるというこの状況に、ただただ感謝の念しかございません。
〈ぜひ使ってください〉と返信すると、すぐに日時の調整へと移り、翌週末にお会いする運びとなりました。そうして迎えた当日。
僕の部屋にご降臨されたS主婦様は、肉感的でスタイルが良く、綺麗なお顔立ちをされたお美しい女性です。聞けば以前はモデルをしていらしたそうで、その美貌にも納得です。
さらに過去にはM男の奴隷を何匹も飼っていらしたらしく、S女様としてのご経験もかなり深いようです。しかし僕のような舐め奉仕するだけのタイプは初めてとのことで、今回は遠慮なくクンニ道具として舐めさせたいと仰ってくださいました。S主婦様は事前に僕のクンニブログをご覧いただいたこともあってか、部屋に入ると躊躇なくパンツと下着をお脱ぎになり、その眩い下半身をあらわになされます。
「綺麗にして」椅子に腰かけ、目の前にひざまずく僕に冷淡な表情でそう指示してくださいました。先ほどお会いしたばかりのお美しい女性のアソコを舐めさせていただく。そんなステキ過ぎる眼前の出来事に僕は恍惚としてしまいます。「失礼します」
ご挨拶をして、すでに濡れていらっしゃるS主婦様のアソコを丁寧に舐めさせていただきます。
いざクンニ奉仕が始まると、S主婦様はボクの存在を無視するかのように持参された本を手に取って読みはじめました。僕はS主婦様の読書の邪魔にならないよう、できるかぎり心地良く柔らかなクンニを心掛けるのみです。 そうして、まったりとしたステキな時間が1時間、2時間、そして3時間と過ぎたころ、「これ3時間じゃ足りないね。今度は1日あけといて」
と仰っていただきました。クンニ道具である僕にとって神の声に等しい有り難いお言葉です。帰り際にも嬉しいお言葉が。「結婚早まったなぁ。一人暮らしなら家に置いて毎日使いたい」
神に等しいご主人様からお気に召していただけるとき、ほんとに生まれてきて良かったと心から思うのでした。
ご奉仕12人目性欲処理(クンニ)に使わせて下さいと言ってきた専門学生様
『お久しぶりです。以前メッセージを送った者です。よかったら奉仕してほしいな』
昨年暮れにこのようなありがたいメールが届きました。前に連絡をとった方のようですが、なにぶん忘れっぽい性格のため、即座に思いだすことはできません。ですが、お返事をするうちにはっと気づいたのです。あっ、あのときの女性だ…。その御方から初コンタクトを頂いたのは1年ほど前のことでした。ブログに記載してある僕のミクシーを経由してメールをくれたのです。
『拝見しました☆もしよかったら、性欲処理に使わせて下さい♪ mixiはリア友がみてるので、できたらこちらにメールお願いします。』
送信者のミクシーページを覗いてびっくりしました。ご友人からの紹介文には「お洒落で可愛い」「アイドル的存在」「歌が上手い」と書かれてありました。そして、プロフィール写真には、吉高由里子さん似のめっちゃ可愛い女の子が載っています。とはいえ、僕も良識ある大人のつもりです。法に触れるわけにはいきませんので、『ご卒業後に改めて使ってください!』と断腸の想いで返信したのでした。そして昨年末。あの彼女が19才となり、再びクンニ要請をしてくださったというわけです。現在は専門学校に通われていらっしゃるようです。『私のあそこ舐める価値、他の人よりもあると思いますよ。結構敏感で、ピンク色です。上手になめないとおあずけですよー』その後お互いの休日に合わせ、僕の自宅でご奉仕させていただく運びとなりました。地元駅の改札前で待ち合わせ。パ
ラパラと人が通り過ぎるなか、立ち止まった女性が見えました。彼女はニコっと笑い、近づいてきます。「国田さんですよね? なんかイメージどおりだなぁ」学校でアイドル的存在というのもうなずけるほど可愛い女の子のご登場に、いい歳こいた僕も緊張の色を隠せません。
「国田です。よろしくお願いします」
「よろしくです。今日はずっと舐めててもらいますね」
敬語ながらも高圧的なご指示が可愛いお口から発せられました。ドMな僕はそれだけでも昇天しそうになります。部屋に入った彼女は持っていた大きなカバンからノートパソコンを取りだしました。
「それ、どうなさるんですか?」
「これ、ああ。わたしはネットしてるから、舐めてて」
まるでご自身の部屋かのようにリラックスされたご様子の専門学生様です。
「はい、昨日から洗ってないからお掃除して」
早くも完全に手なずけられた僕は「はい」とだけ返事をしてひざまづき、お口でご奉仕を始めます。「舌入れて」「胸なめて」そのたびに僕はリクエストにお応えする道具と化します。専門学生さまの反応は薄いですが、その気高いお姿に僕の興奮はますます高まっていきました。(僕は性処理道具なんだ)その日はお昼過ぎから終電近くまで、かれこれ8時間ほどのクンニ奉仕をさせていただきました。「また使うから休みは空けててね」これからも専門生様の性処理の道具として生きていけたらと切に願うばかりです。
ご奉仕13人目処女の抑圧された性的欲求をクンニで開放・恥ずかしそうにおまんこを舐められる
ブログ経由で長文メールが届きました。地方在住の方です。
『中国地方在住、30代前半の女性です。以前からずっとブログ読ませて頂いています。普段は遠距離の為、羨ましいと眺めているだけでしたが、3月16日の夜に東京で1泊することになりました! そこでぜひ一晩中舐めてもらいたいなと思い…(略)』なんとも心温まるメールです。お返事をいたしたところ、なんと送り主様が処女であることが判明しました。さらには抑圧された性的欲求をどうにかしたいとのこと、そしてこのような如何わしい形の出会いは初めてであることなどを教えていただきました。女性の性欲の矛先として、性処理のはけ口として使っていただくことは、クンニ道具である僕の生き甲斐そのもの。処女様のご上京の日程に合わせて、クンニ奉仕させていただくことになりました。お待ち合わせ当日。お泊り用のキャリーを引いて処女様がご登場されました。服の上からもわかる推定Fカップの豊乳と長い髪が印象的な処女様は、女子アナウンサーの中野美奈子さんに似ている美形な御方で、これまで処女でいらしたのが信じられないほどに魅力的です。
「国田さんですよね?恥ずかしいですけれど今日はよろしくお願いします」
「こちらこそよろしくお願いいたします」ぎこちない挨拶を済ませ、クンニルーム、もとい僕の自宅に歩をすすめます。それにしても隣を歩いてくださる処女様の気品の高さは相当なものです。その歩き方、笑うときに口元に手をやるしぐさ、髪をかきあげる指先すべてに高貴な雰囲気を漂わせておられます。部屋にあがってからの処女様はどこか落ちつかないご様子です。性的なこと全般において初体験とのことすので、僭越ながら私奴(わたくめ)が先導させていただくこととたしました。
「ではズボンと下着を脱いでいただますでしょうか」「は、はい」
そのお姿で椅子に座っていただきす。処女様は、恥ずかしそうというよりは、まるで待ちわびていたかように、一気にオ○○コ様を露わにされました。僕は早速、処女様の前に跪いて秘部に舌を這わせます。「はぁぁ、気持ちいい…」長旅でお疲れのオ○○コ様を舌で癒させていただきます。僕のつたない舌の動きと処女様の高貴なアソコおりなすピチャピチャという音だが部屋に響き、ゆっくりと時間がれていきました。そんな優雅なときですが、意外な開に向かうこととなります。当初1泊のご予定だった処女様ですが、延泊に次ぐ延泊で、最終的に4泊5日もご滞在いただいたのです。処女様はお仕事を退職なされたばかりでもろもろの制約がなかったのです。その数日といえば、寝ても覚めて
もクンニ、クンニ、クンニです。だんだんと慣れていただいたのか、処女様の発するお言葉は、
「舐めて」「もう…舐めてよ」「もう!休んじゃダメ」といった叱咤の類が多くなりました。
15時間のクンニ奉仕の後でも僕が睡魔に襲われると、「寝ちゃダメだって! 舐めて!」と起こされては強制クンニ。意識が朦朧とした中でも「飲んで」とおもむろに口の中にされたりと、僕は完全に処女様の性処理道具と化していたのです。「国田の変態なところが好き」
「次はウ○チも食べさせたい」「また来月も来るから」
処女様の威圧感に心底ビクビクしながら酷使された、あのユメのような数日が今も忘れられません。

出会い系やキャバクラで本物の1人暮らし女子大生を見極める方法・失敗しない可愛いパパ活娘の探し方

0084_201911091132375b8.jpg0085_20191109113239807_20200203102437aa6.jpg0086_20191109113240ac5_20200203102525e15.jpg0087_2019110911324212f.jpg0088_20191109113243deb_20200203102605218.jpg0089_20191109113245224_202002031026423e9.jpg
0096_20190124150751d92_201911051859409e0.jpg0097_20190124150753134_20191105185940881.jpg0098_20190124150754533_20191105185941e3b.jpg0099_2019012415075614e_201911051859424bd.jpg0100_20190124150757f39_20191105185942ca3.jpg0101_20190124150759aae_20191105185943ea4.jpg
1、上玉エンコー女を確実にいただくための秘策である。まずは携帯を2台用意する。あるいは友達と2人で遊んでもいい。携帯A、B共に出会い系サイトに登録したら、携帯Aで援交女たちに片っ端から〈ホ別5万でどうですか?〉と打診していこう。5万といえば相場の倍以上。返信は多い。そこからスクリーニング(ふるい落とし)作業に入る。
『ゴム有りホ別2が希望なんですけどいいですか?』など、噛み合わないものは業者なので排除。
『鶯谷にいるんですがいいですか』など、場所を指定してくるのも業者なので排除。こうしてふるいに残ったメールに、〈新宿の伊勢丹前まで来てもらえますか〉と具体的な場所まで来るよう頼んでみる。なにせ5万円を提示しているのだ、少々遠かろうが、頑張ってやってくるものだ。女たちを1カ所に集めたら、1人ずつ会っていき、ブサイクなら「タイプじゃない」と伝えて帰る。上玉がいても同じく「タイプじゃない」と伝えて立ち去る。男に断られた上玉女は、5万円に釣られて遠くまで足を伸ばしたにもかかわらず、一銭も稼げずに帰るハメになる。ここでようやく2台目の携帯Bの登場。上玉のIDに〈新宿にいます。ホ別2万でどうですか〉と送信だ。元々エンコー掲示板にいた子、普段はどうせ高くても2万程度でエンコーしているのだから、断るはずがない。 
2、出会い系の清楚さんは『黒髪』検索で一発

信じてください。出会い系で清楚系を引き当てるには『黒髪』でキーワード検索すれば一発。茶髪のギャルや、小汚い家出娘などはこれで排除できます。黒い髪だからって美女とは限らんぞ、もっさい黒髪のオバサンもいるぞ、と突っ込んだ方、その人はプロフに黒髪と書いてましたか?そうなんです、ファッションに気をつかわないタイプの黒髪さんは、わざわざプロフに髪の色のことなど記さないんです。もともと関心がないから。

3、たったの一言でテレクラの上玉エンコー娘を探す方法

テレクラで上玉素人をリスクなく引けるシンプルな方法をお教えします。電話口にエンコー娘が出たら、「値段は会ったときに交渉でもいいかな?」と言うだけ。女が「いいよ」と言えば上玉の可能性大です。こういうコたちってのは自分のルックスに自信を持っているため、電話越しで値段の即決を迫らないわけです。逆にブサちゃんたちは過去の苦い値切られ経験から、会う前にかっちり値段を決めたがるものです。待ち合わせて万が一ブスだったとしても、わざと交渉決裂すればよいだけなので、なんのリスクもありません。

4、『WEBMAX』の伝言ダイヤルに若いエンコー娘が集うのはいつ?

いまどき伝言ダイヤルだなんてとお思いでしょうが、ココは意外にユーザーが多いので、エンコーに関してはまだまだ使えます。けっこうおおっぴらに『ミナミですぐ会える人〜』みたいなメッセー
ジがあるので、それにこちらも応答すればいいのですが、上玉女を狙うには、けっこうなコツが必要です。まず、曜日です。僕の経験上、平日の昼間は主婦、しかも苦労が顔に出てるフケ顔だったり、出会い系だったら写真も載せられないようなデブが多いので、避けましょう。逆に土日の昼〜夜は若い子が圧倒的に増えてきます。狙うは週末ですね。さらにこちらの返答したメッセージに対する反応でも精査できます。たとえば『24才、難波で会える人探してます』みたいな内容には、『できれば心斎橋で会いたいんだけどどうかな?』と返します。これを拒否する子はエンコー常習者かブスの可能性が高いです。ブスはわざわざ移動してすっぽかされたら足代がムダになると考えるからです。ちなみに出会い系でもなく伝言ダイヤルで援交するのは、たまたま女性誌に載っていたからためしにやってみた、くらいの慣れてない子が多いのでオイシイです。

本物の1人暮らし女子大生を見極める方法
出会い系で女子大生とエッチがしたい時があっても、掲示板の内容だけでは騙されてしまうこともある。本物の上玉の女子大生を見分けるにはどうしたらいいのか知ってのとおり、大学生の夏と言えば合宿です。しかも体育会系のマジなやつじゃなくて、ぬるーくてどうしようもない合宿。男女揃ってテニスしてバーベキューして、隙あらば森の中でヤッちゃうぞみたいな、そういっやつです。でもやっぱそういっ合宿は、ちゃんとしたサークルに入ってないとなかなか行けないんですよね。幹事長とか会計とかが、宿の確保だバスの手配だと動き回ってくれないと。新歓コンパのためぐらいなら実態のないサークルも作れましたけど、さすがに合宿なんて面倒なことまではできません。
ただやっばりそれも寂しい。せっかく短大に入ったっていうのに夏休みに何もないってのはどうなんでしよう。と、そこで素晴らしい名案が浮かびまして。花火を見に行く合宿といつのはどうだろうと。僕の田舎って、毎年すこい大きな花火大会があるんですよ。この花火をエサに学校の連中を実家に呼び寄せようといつわけです。こんな短大、地方からわざわざ来てるヤツなんてほとんどいませんから、そういつのって旅行気分で結構ノッてきそうなものじゃないですか。
「ねえ、みんなで一緒に花火合宿行かないっ」「どこのっ」
「〇〇(実家の地名)」「どこそれっ」「オレの実家の方なんだけどさ」「ふーん」
「すげー楽しいよ。ウチ泊まってもいいしさ」
あちこち電話しまくり、結局2人だけ興味持ってくれて。ま、そいつら友達同士なんですけどね。よっぽど暇だったんでしょうね、行くとこなくて。それが大会当日、駅まで迎えに行ったら、来たのはー人だけ。後のー人は都合悪くなっちゃったとか言ってましたけど、どうなんだか。オレに気があるの見え見えなんですもん。だって普通ー人で来ませんよねえ、しかも浴衣着て。2人きりの夏合宿。いい思い出になりましたよ。ただ、ラブホ満杯で、ほんとに実家に連れて帰んなくちゃなんないのが難儀でしたけど。
親父なんか「あー彼女さん、息子をよろしく」とか言って。合宿だって説明しても、よくわかってなかったみたいです。当たり前でしょうけどね。
出会い系ワリキリ女子大生の当たり外れか景初の書き込みでわかる!
手っ取り早く女子大生とヤリたければ、出会い系サイトで割り切りの力キコミを探すのが近道だ。問題は、自称女子大生にはピンからキリまでいること。特にワリキリの世界は上玉が少なく、学生とは名ばかりのエンコー常習者みたいなヤツがのさばっている。どうすればA級のホンモノ女子大生を買えるのか?手がかりは、彼女らの募集文面にある。
朝キャバ知らない人多いみたい笑
注目すべきは『現役で女子大生』の部分だ。考えてもみてほしい。ホンモノの女子大生が自分を紹介するとき、普通は「女子」の冠はつけずに「学生です」と書くもの。つまりこれは女子大生というキーワードに世の男が色めきたつことを理解した人間の書きこみだと判断できる。
『現役』のワードも同じ理由で、他にも『上京したて』や『1人暮らし』なんかもよく使われる誘惑フレーズだ。まわりくどい長文、どうでもいい朝キャバの紹介から見ても、援デリ業者のおっさんによる書きこみと考えて間違いない。以上から、やってくる女は女子大生ですらない可能性が高いわけだか・・
会いたい旨のメールを送信したら、ー分と経たずに返事がきた。ホ別2で、池袋北口のゲオの前に来てもらえますか?指定された待ち合わせ場所は援デリ業者の定番スポットだ。とにかく行ってみますか。かくしてやってきたのが写真の女だった。顔はバレーボーイスの虎子そっくりで、ピンクと黒の派手な格好がいかにもエンコー女らしい。たとえホンモノの女子大生だとしても、カネを払ってまでヤリたい部類の女じゃありません
「ヒロシさんですかあっホテルあっちなんで行きましよう」
そそくさと歩きだす女について余計な会話もしたくきながらケータイを
「学校帰り?」「…あ、うん。そうですよ」
一瞬の間はなにか。言うまでもなく、「アタシってそういうプロフィール設定になってるんだ」と理解したのだ。
「大学でなんの勉強してんのっ」「別にいろいろ」
「何学部?」「えーそれはちょっと」
これ以上つきあう必要はなかろう
前の力キコミと違うのは、女子大生であることを極端にアピールしていない点だ。しかしそれだけで食いつくのは早い。
出会い系でデブが敬遠されることを知った証であろう。きっと大学生なのはウソじゃないと思う。だけど我々が期待するような上玉タイプでもない。出会い系でちょこちょこ客をとってるセミプ口ってところか。ちなみにホテル代別で1万5千円の希望
新宿に着き、再びメール。
待つこと数分、若い女がやってきて携帯をいじりはじめた。他にそれらしきヤツはいないし、やっぱり、コイツだよね。
「うーん。いろいろ買いたいモノもあるしい」「学校の友達もみんなやってるのっ」「知らなあい」「ちなみに学校はどこ?」「K栄大学ってとこ。知らないかあ」
謙遜のつもりかもしれんかたしかに知らない。まあ、こんな女が入れるくらいだから、レベルは推して知れるわな。買う価値なし。このあたりもスレたエンコー女とは一線を画す。見ず知らずの男といきなり本番なんてできないよ、普通はフェラもどうかと思うけとにかく、これこそが今回もっとも期待できる書きこみだ。カラオケボックス内フェラで7千円の約束をとりつけ、待ち合わせ場所の新宿に向かった。雨がパラつくタ方の西武新宿駅前。あらかじめ聞いていた茶色のPコートの女の子は…まだ見あたらない。と、メールが届いた。
「急停車しちゃって少し遅れそうです。すみません」
そしてついにそのときがきた。
「遅れてすいませんでした」
ミキちゃん(仮名)は本当に申し訳なさそうにペコベコしなからあらわれた。顔はキルピルのときの栗山千明にほんのり似ている。スラりと伸びた足が実にイイー言っておくが、割り切りでこのレベルの女子大生が来ることはまずありえない。
「いえいえ。じゃあカラオケ行きますか」
「今日は学校だったの?」「そうです」「新宿は近いんだっ」「半蔵門ってところに学校があるんで」「あのへんだと、何大学があるんだっけ」「0妻です」
彼女、0妻女子大学に通う2年生だそうだ。いいじゃんいいじゃん、共学じゃないし、見た目も。
カラオケに到着。ミキは上着を脱いで、所在なさげにテレビ画面を眺めている。
「隣に座っちゃおうかなあ」「あ、はい・・」近づいたら、彼女が少し姿勢を正した。緊張しているのだろうか。可愛らしい女子大生が、フェラって口にしましたよ。あー、たまらんーオレはおもむろにズボンを脱ぎ、彼女が座るほうに向けてチンコを投けだした。無言のままで手コキがはじまった。あれ、そういえばまだお金渡してないけと、いいのかな。ミキはときどきチンコに視線をやりつつゆっくりとシゴきはじめる。続いて仁王立ちになってようやくフェラの開始だ。このぎこちなさに(悪いコトしてる感)が漂って、すこくいい。さっきのナント力大学の女なら節操もなく最初からくわえてるだろうね。小さなおクチが、おそるおそるチンコを受け入れていく。お嬢様大学の女子大生がこんなオッサンのチンコを唖えてるだなんて、それだけで興奮度500倍ですよ。手コキもそうだったけど、ミキのフェラは非常にスローペースだ。
テクニック的な不満はあるけどこれはこれで素晴らしい。そんなことを考えつつ、なにけなく彼女の胸に手を伸ばした。んん?けっこう大きいぞー
「ごめんなさい、触るのはちょっと…」
あ、すいません。静かなカラオケにオレの「イクー」の声が響いたのはその10分後だった。可愛いお口の中に精子をぶちまけてやった。「んん・・」
だし、控え目に言う。「あ、お金もらっていいですか」ちゃんと覚えてたのね。払いますとも。こんな興奮するフェラだったらいくらでも(でも7千円しか渡さず)。

SEXの経験人数の少ないお姉さんのエッチ体験談|美乳おっぱいエロ画像付き

1_20200107131942fe0.jpg2_202001071319446d1.jpg3_20200107131945709.jpg4_202001071319473f7.jpg0003_201901102031216b3_20191009045014920_2020012821240927f.jpg0004_2019011020312378b_201910090450161a0_20200128212411c01.jpg0005_20190110203124311_2019100904501927c_20200128212412974.jpg5_20200107131948a96.jpg6_20200107131950839.jpg8_202001071319532fa.jpg7_20200107131951f2c.jpg写真撮影は顔を手で隠すことにしましょうか
ごめんイジワル言って。でもそういうこともあるから、モデルさんやってお小遣い増やすのも悪くないと思いますよ。何のモデルなんです?雑誌ですよ。何て雑誌です?裏モノJAPANっていう…。それ知ってる!なんだキミ、女性読者さん?違いますよ。カレシが前に読んでたから。そっち系か。じゃあ、写真撮影は顔を手で隠すことにしましょうか。いやいや、ちょっと待って。でもギャラは弾むよ。ゴニョゴニョ―。
ん〜ん〜(考え中)。どう?やります!というわけでホテルへ。そのカレシはどんな人?15 才上のサラリーマンです。出会いはいつ?18才のとき。新宿で声かけられて。つまり、33 才のナンパ男にホイホイ着いてったと。でも、そのときはまだ処女だったし、すぐにはヤラせなかったですよ。そうなの?最初のデート10回くらいは、まだヤッちゃダメって思って。カレシは襲って来なかったんで、我慢してくれてたんだと思う。ごめんイジワル言って。でもそういうこともあるから、モデルさんやってお小遣い増やすのも悪くないと思いますよ。何のモデルなんです?雑誌でよ。何て雑誌です?裏モノJAPANっていう…。それ知ってる!なんだキミ、女性読者さん?違いますよ。カレシが前に読んでたから。そっち系か。じゃあ、写真撮影は顔を手で隠すことにしましょうか。いやいや、ちょっと待って。でもギャラは弾むよ。ゴニョゴニョ―。ん〜ん〜(考え中)。どう?やります!というわけでホテルへ。そのカレシはどんな人?15 才上のサラリーマンです。出会いはいつ?18才のとき。新宿で声かけられて。
つまり、33 才のナンパ男にホイホイ着いていったと。
でも、そのときはまだ処女だったし、すぐにはヤラせなかったですよ。
そうなの?最初のデート10回くらいは、まだヤッちゃダメって思ってて。カレシは襲って来なかったんで、我慢してくれてたんだと思う。ごめんイジワル言って。でもそういうこともあるから、モデルさんやってお小遣い増やのも悪くないと思いますよ。何のモデルなんです?雑誌ですよ。何て雑誌です?
裏モノJAPANっていう…。
それ知ってる!なんだキミ、女性読者さん?違いますよ。カレシが前に読んでたから。そっち系か。じゃあ、写真撮影は顔を手で隠すことにしましょうか。
いやいや、ちょっと待って。でもギャラは弾むよ。ゴニョゴニョ―。ん〜ん〜(考え中)。どう?やります!というわけでホテルへ。そのカレシはどんな人?15 才上のサラリーマンです。
出会いはいつ?18才のとき。新宿で声かけられて。つまり、33 才のナンパ男にホイホイ着いていったと。でも、そのときはまだ処女だったし、すぐにはヤラせなかったですよ。そうなの?
最初のデート10回くらいは、まだヤッちゃダメって思ってて。カレシは襲って来なかったんで、我慢してくれてたんだと思う。ごめんイジワル言って。でもそういうこともあるから、モデルさんやってお小遣い増やすのも悪くないと思いますよ。何のモデルなんです?雑誌ですよ。何て雑誌です?裏モノJAPANっていう…。それ知ってる!なんだキミ、女性読者さん?
違いますよ。カレシが前に読んでたから。そっち系か。じゃあ、写真撮影は顔を手で隠すことにしましょうか。いやいや、ちょっと待って。でもギャラは弾むよ。ゴニョゴニョ―。ん〜ん〜(考え中)。どう?やります!というわけでホテルへ。そのカレシはどんな人?15 才上のサラリーマンです。出会いはいつ?18才のとき。新宿で声かけられて。つまり、33 才のナンパ男にホイホイ着いていったと。でも、そのときはまだ処女だったし、すぐにはヤラせなかったですよ。そうなの?
最初のデート10ゃダメって思ってて。カレシは襲って来なかったんで、我慢してくれてたんだと思う。じらして楽しんでた自覚あるでしょ?それもちょっとはあるかも。だけど、毎回、私もデートから家に帰ってくると、すごい濡れてたんですよ。青い果実は、本当はチョー熟れ熟れだったわけね。で、初エッチはどんな感じだったの?アソコを指でぐにょぐにょしたり舐められたりした後、そろそろ入れられるのかなぁって不安にしてたら、カレシが「ゼッタイ痛くしないから、その代わりに一つだけ言うこと聞いてくれない?」って。ほー。まあいいかってOKしたら、鞄からビデ
オカメラが出てきてハメ撮りされました。違う意味で痛すぎじゃん!でも、アソコは全く痛くなかったですよ。あとでカレシに聞いたら、フニャチン状態で入れて、中で少しづつ大きくさせる
と痛くないんだって。すごい裏ワザ持ってますね!ドヤ顔でしたよ。
その彼氏と、今はどんなセックスをしてるの?セックスレス気味ですよ。こんなナイスバディがほっとかれてるんだ?ほっとかれてるというか、カレシに言われました。「お前風俗やれ」って。えぇぇぇぇ!?
「そしたらオレは、ジェラシーでお前とエッチしたくなるから」って。ひどいねぇ。
フリーターと女子大生を全裸で手ぶらおっぱいさせてエッチ体験人数聞いてみた
今日は誰と来たの?
いっぱい。友達とかと。
ほっといて平気?
どうせ朝まで騒いでるし。
とりあえず、初体験から教えてください。
15才。中3。
お相手は?
年上の人。たぶん大学生だった気がする。
あ〜、違う。親の会社手伝ってるって言ってたから
20何才かな。あんま覚えてないよ。
付き合ってたんじゃないの?
いまいちよくわかんない(笑)。
なんでよ。
わかんないんだもん。友達の紹介で知り合ったんだけど。この人どう?って。
即日エッチしたの?
何回かみんなと遊んで、その後。
どうだった?
えー…。
どうしたの?
だって恥ずかしいじゃん。覚えてないし。
答えてください。感想は?
ふーんって感じ…。そんなしてないし。多分。
多分?
だってホントに覚えてないんだもん。なんかね、昔から物忘れが激しいの。
その次の男は覚えてる?
うーんとね女子高入って…バイト先の居酒屋で大学生の人だった。確か22才。それは覚えてるかな。
自分から?
うん、なんとなく。電話で付き合ってくれませんかって。
すぐエッチした?
しないよ。その人とは一度もしなかった。
チューまで。…3ヵ月で終わったし。
短いね。今までで一番長いのはどれくらい?
8ヵ月。すぐ飽きちゃうの。ていうか、なんか面倒くさくなってくる。それ先月別れた彼だよ。
今まで付き合った男って、全部で何人ぐらい?
ちょびっとのヤツも?
そう、全部。
1、2、3、…えーとね、覚えてる限りでは7人。多分ね。
じゃエッチした人数は?
えー?
20…人(笑)。
差が大きいね。
ハジケちゃった時期もあるんだよ。高校の時かなきっと。
ナンパに付いていったことは?
たまーにはあったかな。その時すっごい暇で、ナンパしてきた人がカッコよかったら、とりあえずお話みたいな。ゴハン食べさしてって感じで。
ホテル行くわけね。
の時もあった、かな。
何回ぐらい?
数回…フフ。
ホントはもっと体験人数多いんじゃない?
そんなことないよー、ないない(笑)。
エッチは好きですか?
嫌い…じゃないけど、今はしたくないの。
性欲がない。
なんでだろ?
なんか疲れた。あのね…なんだろう。先月に、別れた彼氏に、ヤダって言ったのに、なんかむりやりヤラれてー…。さらに嫌いになったかな、みたいな…。
そういうことか。
久しぶりに会ったのに、やることはそれしかないんですかって。
新しい彼氏欲しくない?
もういらない。なんか面倒くさい。
そっか。無茶なプレイとかしたことないの?
ないかなあ。車の中でしたぐらい。
アナルファックとかは?
お尻は…指だけ入れられたことある。ちょっと痛かった。
相手は誰?
誰だっけ…。覚えてない。
ホントに記憶ヤバイね。
SEX経験人数一人だけの美尻のお姉さんのエッチ体験談
他の人としたことないから比べられないんですけど、いい方だと思いますよ。独りよがりの感じで明け方に公園の女子トイレでしたことがありますょ(苦。
虫がいるんですけど、ドキドキして楽しかったです。
彼は普通のが好きですね。正常位私も正常位が好きですね。お互い顔を見ながらするのが〈苦。

入店したての現役の女子大生キャバ嬢を現金でセックス交渉|パパ活体験談

1_20200123095339bdf.jpg0_20200123095338dce.jpg2_202001230953405c1.jpg3_20200123095342289.jpg4_20200123095343bd8.jpg5_20200123095345422.jpg
友達の付き合いでホストに行って付き合いだしたキャバ嬢のエッチ体験談|素人娘インタビュー
3_20200302183736568.jpg4_20200302183737336.jpg5_20200302183734019.jpg
竹野内豊はいいっすね。何がそんなにいいんだ?
声がいい。いい声してるよ。あとヒゲも
現在彼氏は?います。
どこで知り合ったの?ホストクラブで
ホストにハマってんのか!付き合いで..友違が行ってたから… 
ホストクラブって楽しい?楽しかったよ一(笑)。その男のコが好きだったからってだけだけど。
彼の何がよかったのよ?一緒にいてくれる
【女子大生キャバ嬢とセックス交渉概略・全文は上記記事をお読みください】
本日は現役の女子大生とセックスする方法。入店したての女子大生キャバ嬢を狙い撃ちにした方法のお話です。
すぐに女の子がやってきた。目鼻立ちのハッキリした美人さんである。
「入ってどのくらい?」「えっと、2週間目くらいですか」
新人は新人だが懐具合はどうだろうと思ったらこんなことをいい出した。
「大学が女子大なんですけとまわりにお嬢さまがけっこう多いんですよ」
「まさかキミも?」「わたしはフツウだから。1人暮らしなんですけどお金ないんで自炊とか頑張ってるし」よろしい。金持ち連中とやっていくためには金がいるから、水商売に足を踏みいれたって感じか。」口ックオンだ。「ねえねえ・タイプなんでアフターしないかな?お小遣い出すから」「本当?」
「たとえば2万で抱かせてくれってのはどう?」相手の表情が強ばった。
「そういうのムリなんで」「2万だよ2万」「できないんで」応じる気配はゼ口だ。気取りやがって。次に着いたのは1カ月という女の子である。
純粋な女子大生も現金の力には勝てなかったようだ。ソファからベッドに移り仰向けに寝かせた女子大生の乳首を舐め、脚を舐め・・・
女子大生の若い肌は素晴らしい
Copyright © エロ漫画無料アダルト裏モノJAPAN All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます