女の子のタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:女の子

【エッチ漫画】ナンパで女性に自然に声をかける方法はお店を尋ねる(道を聞く)のが効果的

0028_201809271024465b4_20190819224651e68.jpg0029_201809271024474b3_20190819224653fd3.jpg0030_20180927102448c7f_20190819224654bcc.jpg0031_2018092710245093b_20190819224656b7d.jpg0032_20180927102451113_2019081922465758d.jpg0033_20180927102453862_20190819224659a8a.jpg0034_20180927102454a5c_2019081922470072c.jpg0035_201809271024564cc_20190819224702860.jpg0036_20180927102457a25_2019081922470352d.jpg0037_20180927102459629_2019081922470548a.jpg0038_201809271025001ee_20190819224706dcf.jpg0039_201809271025022e9_201908192247081af.jpg0040_2018092710250395c_20190819224709cec.jpg0041_20180927102505a8d_201908192247118d7.jpg

まず最初に、俺の街頭ナンパ経験についてだが、正直なところほとんどない。酔っ払った勢いで声をかけたことがある程度で、それも友人と一緒のふざけ半分だ。ナンパなんかしなくてもセックスする相手はいるんだと強がりを言うこともできるが、それは闘わない者のエクスキューズだろう。ヤレる相手は多いほうがいいに決まってるのだから。木曜日の夜、地元の高田馬場駅周辺でナンバを試みることにした。スタイルのいい学生風が目の前を横切った。しばらく追跡し、人通りが少なくなったところでアクション。「ちよい、ごめん」「はい」
「俺、今帰るとこなんやけどね」「はい」
無視されない。横に並びながら話を続ける。
「家に帰ったところで、何もすることがないんよね」「はは」
「だから君と一緒に飲んでから帰ろうかと思い立ったのよ」「明日、早いんで」
「俺も早いんや、偶然やね。偶然祝いに30分だけ飲むことにしよか」
「偶然祝いですか」
オモロイやないか俺。笑わせてるやん。人間ヤケクソになれば、これぐらいのことはしゃべれるもんなんだな。
「じゃあ1杯だけなら」
「オッケー。逆にあんまり飲まれると箸る金ないし」
こんなに早く食いついてくるとは。

早稲田の文学部に通う3年でそろそろ就職活動を始めようと考えている時期だという。
「どんな業界狙ってんの?」
「旅行関係とか」
「いいね、楽しそうやん」
ただ、すべてのやりとりは彼女の就職活動についてに費やされた。当人にとって深刻な話題というのは、時間を忘れさせるものなのか約束の30分はとっくに過ぎバーに入ってからあれよあれよと1時間も過ぎていた。
さんざんおごらされてパイバイー
定番パターンが頭をよぎり、俺はある行動に出た。
「場所変えて話す?もう一一軒知ってる店あるし」
外に出た瞬間に、自然と手をつないでみる。酔っていたからこそできたのだろう。
「たぶん、どこ受けても受か一るよ。しっかりしてるし」

正直、ナンバされた勢いでセックスをする年齢でもないだろうと、半分あきらめていた。いくら会話が盛り上がったところで、いざとなれば軽くかわす術くらいは持っているだろうと。ところが、これまたマイームに来ることになったのである。きっかけはドラマ「北の国から」だった。「俺この前、この年になってビデオで初めてみたのよ」

「最終回は観た?」「あれ見なきゃダメだよ。泣けるんだから」
「じゃあ借りてウチで一緒に見ようか」「うん」
まさかOKが出るとは思わなかったし、部屋に来てからもしばらくは様子見に徹したのだが、上下巻の2本目をセットするころには、2人とも全裸だった。

顔射NGの女の子も不慮の事故を装えば許してくれるのか|怒られぬようにぶっかける方法

0196_2018112419130753e_20191009041401425.jpg0197_20181124191308935_201910090414038fe.jpg0198_201811241913105cc_2019100904140450d.jpg0199_201811241913116d6_201910090414062d5.jpg
0111_201808012033319df.jpg0112_2018080120333296a.jpg0109_20180801203328134.jpg0110_20180801203329e5e.jpg
【概略・全文は上記記事をお読みください】
やはり、挑戦すべきは顔射NGのタカビーギャルだろう。すぐに「無理!」だの「ありえない!」だの「超キマジー」だのとうるさいギャルにぶつかけ:…・想像しただけで震えますなぁ。なわけで、1週間オナニーを我慢し、パンパンに張った玉袋をむにむにと握りしめ池袋へ・制服系のギャルが多い『M』というホテヘルに向かう。ここ、顔射オプションが3千円。平均的な値段である。「本日はこのようになってます」案内所のカウンターに着くと、すぐに女の子の写真が並んだ・お〜、なかなかツブ揃いじゃない?特に、この伊東美咲を金髪にしたようなギャルなんか、生意気そうでいいな〜。
可能オプションには顔射の欄に×印。よっしゃ(写真8枚中、顔射OKなのは1人しかいなかった)
「どんな性格?」「そうすね〜。お写真の印象どおりですね〜。実際もかわいいですよ?」
「いや、性格ですよ・ギャルっぽくてキッい感じ?」
「いや……まあ、そうですね。キッく、は、ないですよ・ノリが良くて、まあイマドキなコですね」
ふむふむ。言葉を濁すところをみると、かなりの《イマドキ》な生意気ギャルらしい。バッチリです。チャイムの音に扉を開けると、黄色のタンクトップにデニムのミニスカ、金髪にピンクのグラサンという、コレ以上ないほどのギャルが立っていた。
「この部屋でいいんだよね?」初手からタメロー.いいねえ〜・しかも、顔は写真どおり、かなりの伊東美咲似。スタイルも本家に負けず劣らずのナイスバディ。胸何カップ?E?いいねえ。思わず後ろから優しく抱きしめ、キスをしかける。が、
「あ、まずフロ入ってイソジンしてからね。消毒しないと」なんだよ、消毒って。ボクのお口が臭いとでも?客に向かって随分失礼じゃなくって?思ったとおりの生意気ギャルだよ。まあ、そのワガママつぶりが、顔射したときの快感を倍増させてくれるだろうから我慢しますか。シャワーを浴びて、そのままベッドに横たわると、Aちゃん、ボクの乳首をいきなりナメ始めた。え、キスは?聞いて、初めてチュっと軽く唇にふれた。「ウチ、ディープとか苦手なんだよね〜」
風俗嬢だよね、キミ。何だかなぁ。ティンコ、萎えそうだよ。
その後、彼女の舌は、左乳首←右乳首←へソ←ティンコヘとスピーディーに移動した。おざなり。どんどんヤル気が無くなっていく。そう思った瞬間、Aちゃんの口が股間にたどり着いた。ノド奥まで突っ込み、口の中でヌメヌメの舌がからみ付いてくる・ジュッポジュッポと唾液たっぷり、さっきまでの手ヌキなプレイとはうって変わって、献身的なディープスロートです。思わずカラダがヨジちやいます。「アハ。キモチいい〜?」感じまくりのボクを見て嬉しくなったのか、Aちゃんの攻撃はどんどんスピードアップ。ああ、ヤバ……ちょっと出そう。かも…。な、なんと、Aちゃん、発射の瞬間、危険を察知したのか、サッと手のひらで自分の目のあたりを隠した・でも、もう止められない。
1週間分の大量の精液がAちゃんの手の甲と鼻の下、口の回りに『ドビュビュッ』と(マンガだったら、確実にこんな効果音が出ただろう)降り注ぐ・くつそ〜〜、失敗だっ。
「ああ〜〜〜、やっぱ飛んだぁ〜。危ないと思ったんだよねえ〜〜」
ドロドロになった手を下ろすと、彼女の鼻の下から口のまわりはザーメンだらけ。ある意味成功?しかも全然怒ってない。「こめ〜ん。いきなり手を出したからビックリして狙いが狂っちゃったよ……ごめんね」「も〜AV男優じゃないんだから、口狙って出すなんてマジ難しいって・無理しないでいいよ…」顔を狙ったんだって。
「なんか、顔射みたいになっちゃって・でも超キモチかつた。Aちゃんは顔射されたことあんの?」
「1回だけ。前の彼氏にヤられて、マジ無理って思ったもん。やっぱやだね。気をつけてよ…」…それで終わり?ス、スゴくないか?一応鼻から下とはいえ、生意気ギャルに人生2回目の顔射をしたのに「気をつけてよ」で終了?結局、ボクはプラス料金を要求されることもなく、店を後にした。
怒られぬように顔射ぶっかけたければこの方法
フェラもクンニも、拒む理由は「恥ずかしいから」が一番なので、そいつを取り除いてやればいいだけだ。愛情の薄まりつつある女とのプレイでは、さっさとフェラだけで済ませてしまいたいもの。
しかしフェラ抜きを望むと「商売女じゃないんだから」と怒り出す女も多い。
なんとか発射するには、フェラの最中に「あ、ヤベーな」「めっちゃ気持ちイイ」と大げさに演技し、イキたいのは性欲処理のためでなく、あまりに感じすぎたせいだとアピールしよう。女も「しょうがないねぇ」と納得する。「すげーキモチイイ」
「うわ、すげー締まる」
「ちょ、これ名器じゃない?」
悪い気はしない。そして射精したらすぐにこの独り言を。
「いつもこんな早くないんだけどなぁ。キミが良すぎたからかな」
早漏の事実に変わりはなくとも、バカにされることはなかろう。
一般的に顔射はまだまだすんなり受け入れられるプレイにはなりきっていない。怒られぬように
ぶっかけたければマンガの方法で。
要するに、なぜそんなもんを持ってるかが説明できればいいだけである。
「あ、そういえば飲み会のビンゴで当たってさ」
買ったのではなくもらった形にしておくだけでOK。使う使わないはあえて口にせず、勝手にスイッチオンすりゃいい。女だって興味はあるのだから。中折れは、女にとって相当にショックなことらしい。ワタシの体じゃ満足してもらえないの? ってことなのだから。
「疲れてる」なんて言い訳もムダ。疲れに勝てない程度の魅力なの?ってことになる。なのでここは「イッたことにする」以外なかろう。膣の感覚だけでイッたかどうかなど女にはまずわかりっこない。

【エッチ漫画】イケメン外国人はセクハラOK!?日本人女子とノリでSEXしまくる

0028_2019010311063451a_201909020746580c3.jpg0029_20190103110635509_20190902074700ab1.jpg0030_201901031106367a0_20190902074701109.jpg0031_2019010311063827a_20190902074703edd.jpg0032_20190103110639c4f_20190902074704d22.jpg0033_2019010311064139d_20190902074706fbe.jpg0034_201901031106420c1_2019090207470727a.jpg0035_20190103110644d97_20190902074709431.jpg0036_201901031106454ec_2019090207471065b.jpg0037_20190103110647cd8_20190902074712eed.jpg0038_201901031106486f0_20190902074713b51.jpg0039_20190103110650f41_20190902074715aca.jpg0040_2019010311065109a_201909020747161b4.jpg0041_20190103110653e35_20190902074718f72.jpg

女の子の連れ出しが出来る東京・大阪の婚活バーシングルズバー|出会い攻略

0015_201809262012130ee_201909212136241ff.jpg0016_2018092620121598d_2019092121362690c.jpg0017_201809262012154fe_20190921213627872.jpg0018_201809262012164a5_201909212136290b6.jpg0019_20180926201218bf2_201909212136304c1.jpg0020_20180926201219d98_20190921213632b9a.jpg
マッチングアプリやパーティなど、様々な婚活イベントが登場する中、人気を誇っているのが婚活バーである。客層は、男性は20代半ばから40代前半、女性は20代前半から30代半ばが中心だ。会員制のため身元のはっきりした方が多いのも特徴だ。この『婚活バー』はいつも男より女の方が多く、年齢はほとんど推定30オーバー。そのガツガツ度合いといったら……押しの強さをかわしながら、好みの子をチョイスしましょう。何時間いても料金は変わりません。ただし、女性の飲食代はすべて男性客が負担しなければならない決まりです。
ロリっぽさを全面に打ち出したデリヘルで、在籍嬢は当然、幼い雰囲気の女のコばかり。スク水、ブルマ、メイドなど、それ系のコスチュームも完備されている。が、この店の最大のウリはそこじゃない。パイパン娘(天然じゃなく剃毛)が多数いるのだ。漫画のように思う存分ツルマンを楽しんでくれたまえ。
漫画ではわかりにくいかもしれませんが、この店にいる女性(全員日本人)は20代後半から30前半と、年齢がわりと高めです。ガールズバーのくせに。これは私の推測ですが、恐らく彼女たち、近隣のフーゾク店に在籍していて、待機を兼ねてこの店に出勤しているのではないでしょうか。ま、いずれにしろ、連れ出し料もなく、プレイ代も女のコとの交渉で決められるのは大きな魅力と言えます。相場はだいたい2万ですが、時には1万でいいってコもいますからね。
メイドリフレとしては非常に高い(30分1万1千円)部類に入る将軍コース。簡単に言えばメイド姿
の女子高3人が肩とか足をマッサージしてくれるのだが、カネを出すだけの価値は、間違いなくある。下の漫画のように、3人が他愛もないおしゃべりをしながら、それぞれ肩や足、腕などをサワサワと触ってくれる。これがなんとも言えない気持ちよさなのだ。女子高生のやわらかい手や指がサワサワと触れてくる心地よさはクチで説明しがたい感覚だ。
地元の沖縄女で、しかも黒髪、顔があどけなくて、おまけに背が低い子ばかりを揃えている。スタッフにロリ愛好家がいるとしか思えない。そんな子が下のマンガのように、演技なのか素なのかわからないが(素だと信じたい)、恥ずかしそうに手コキしてくるのだからたまらない。悪いことをしてる感、満載だ。
東京の婚活バー
ジャズラウンジ エンカウンター
オリエンタルラウンジEVE
ジーデイズ(G-Days)
銀座300BAR
バー 333
シュシュ
ロハス銀座
大阪の婚活バー
Cafe TIARA
ティアラカウンター
シングルスバーエデン
婚活Bar X-CROSS(クロス)

【エロ漫画】プチ風俗嬢の面接・講習現場突入!ソフトサービスまでの子とエッチする興奮

プチ風俗嬢の面接講習漫画プチ風俗嬢の面接講習漫画プチ風俗嬢の面接講習漫画プチ風俗嬢の面接講習漫画プチ風俗嬢の面接講習漫画プチ風俗嬢の面接講習漫画プチ風俗嬢の面接講習漫画プチ風俗嬢の面接講習漫画プチ風俗嬢の面接講習漫画プチ風俗嬢の面接講習漫画プチ風俗嬢の面接講習漫画プチ風俗嬢の面接講習漫画プチ風俗嬢の面接講習漫画プチ風俗嬢の面接講習漫画
プチ風俗嬢の面接講習漫画プチ風俗嬢の面接講習漫画プチ風俗嬢の面接講習漫画プチ風俗嬢の面接講習漫画プチ風俗嬢の面接講習漫画
【概略・全文は上記記事をお読みください】
都内某所でデリヘルを経営するN氏から連絡が届いた。
「よお。この前頼まれた件なんだけど、明日さ、入店希望の女の子が来るって。どうする?」
どうするもこうするも、行くに決まってるじゃありませんか。で、どんなコです?
間けばその女性、ミカちゃん(仮名)は、以前都心のヘルスで働いていたのだが、ある事情で退店。N氏の店の募集告知を見て、応募してきた。面接現場に私が立ち会ってよいか尋ねたところ、あっさりOKが出たとか。
経験者か。正直、風俗未経験者の方がありがたいんだけどなぁ。
だが、N氏によれば、風俗の入店希望者の7割は経験有りで、ピチピチのビギナーにはなかなかお目にかかれないらしい。ま、こちらとしても時間的な余裕はないし、賛沢を言える立場でもない。
ぜひ、お願いします。
「わかった。じゃそう伝えておくから、後よろしくな」
翌日、午後9時。教えられたマンションの一室を訪れると、本日の面接官、店長の小山氏(仮名)が出迎えてくれた。長身の甘いマスク。風俗店の店長らしからぬ風貌である。女の子のプライバシー情報は、店長である小山氏以外は知ることができない。彼女たちも、スタッフ、ドライバーにはもちろん、同僚にすら教えることは厳禁。トラブルの元なのだそうだ。
「はい、終わりました」「どうも。それで、源氏名だけど、何か希望ある?」
「いや、特に」「じゃ、ミホにしよっか」「はい」
「よし、一通りの手順を説明するね」
彼女から用紙を受け取ると、氏が脇からプレイマニュアルの書かれたファイルを取り出した。あっさり過ぎるほど、展開が早い。彼女に志望動機とか聞かないのか?聞かないらしい。そもそも風俗で働きたいと思う女性の大半が高給目当て。普通のバイトのごとく、いちいち応募理由を尋ねていては、ウザい店と思われ、他店へ逃げられることもある。まして風俗経験者であるミカちゃんなら、言わずもがな。うーん、期待してただけに、残念。小山氏が、店の料金表をミカちゃんに見せながら、説明を始める。撮影の許可はここから下りた。
「まずコース(1万5千円)の場合は8千円がキミのギャラ。店落ちは残りの7千円。2万円なら1万と1万。これで大丈夫?」「はい」
この店、デリヘルというのは建前で実は本番可能のホテトルだ。もし客がセックスを希望した場合は、各コースともプラス5千円。女の子には、その半額が別途懐に入るようだ。続いて、禁止事項の説明。大まかな内容は以下の通りだ。
○個人営業客にメアドやケータイを教え、直接営業をかけてはイケナイ
○クスリの乱用
○チップの受け取り客からチップをもらうのはもちろん、勝手にオプションを創作し、料金を取るのも禁止
○備品の持ち出し
○店内システムの漏洩客に、店のお金の流れ(女の.のギャラ等)を教えない。同僚の情報などもバツだ
○政治、宗教など個人の思想を持ち込む
○女の子自身の情報客に個人情報を教えない。前記のとおり、ドライバーやスタッフに対しても同様
○出勤時の服装化粧は特にする必要はないが、パジャマ、スエット類の格好は厳禁
「じゃちょっと横になって、足開いてもらえるかな」
素っ裸のミカちゃんを布団の上に寝かせ、小山氏が彼女の股に割って入った。フムフムと、アソコに顔を近づけ観察し、陰唇に軽く触れる。
「女のコも気を付けないとね。この辺に、米粒みたいのができたら、それはコンジロームだから。最近流行ってるし」
さすがの彼女も頬を赤らめ、気まずそうだ。ま、面接の場で「キミのクリトリスは包茎」なんて言われりや誰だって恥ずかしいわな。布団の上に寝転びつつ小山氏が言う。
「ウチは素人を売りにする店だから、技術的なことはそんなうるさくないから安心して。じゃまず、フェラから」
素直に氏のイチモツをバクつくミカちゃん。…上手い。亀頭はいうまでもなく、カリ、裏スジ、袋をネットリ舐めまくる様子は、さすが経験者というべきか。ワザとジュボジュボ音まで出しちゃって、気持ちよさそうじゃのぉ。一方、小山氏の仕事ぶりも立派。彼女の濃厚なフェラを受けつつも、
「お客さんの利き腕の反対に座りなさい。じゃないとアソコを強くいじられて痛いよ」
片時も指導を忘れちゃいない。いや〜感心

合コンをセッティングしてくれるサイトで同じ趣味の女をセフレする方法も効果的

同じ趣味の女をセフレする方法も効果的
0094_20180122123857fc8.jpg 0095_20180122123858d21.jpg0096_20180122123859e20.jpg 0097_20180122123901e67.jpg合コンをセッティングしてくれる業者サイトだ。使い方は、検索ページに「地域」や「年齢」を入力すると、女グループの情報がずらっと表示されるので、好みの相手を選んで合コンを打診。OK返事が戻って来たら開催決定という流れだ。いざ当日は、業者が店を押さえてくれていて、料金はセッティング料を込みで1人4、5千円。仮に女グループの代金を奢るなんて展開になったとしても、きっちりセックスの結果を出せれば悪くないシステムだろう。が、世に合コンの失敗談は多い。やってきた女3人組がしょーもない連中で、連絡先も交換せぬまま帰ってしまったみたいな話はザラだろう。そこで、このサイトを使うときのオレのコツを教えよう。30代以上の熟女グループをじーっくりチェックしてほしい。一部、幹事が顔写真を披露しているグループがいると思う。自分の年齢を考えずに大はしゃぎしているような雰囲気が何だか気にならないだろうか。オレが選ぶのは、彼女らだ。経験上、このタイプは間違いなくはっちゃける、お持ち帰りも全然ありうる連中だと思ってもらっていい。iroriは、同じ趣味同士の人間たちが集まって、飲み会などのイベントで交流するためのSNSアプリだ。基本的にはサエない男と、暇で年増な女が集まる(看護士など女性だけの職場が多い)ダルめな会合になることが多いが、グループによっては当たり女が来ることがある。
このサービスのポイントはひとつ。自分が幹事になって、有利にゲームをすすめることができる点だ。例えばバーベキューやボルタリング、単なる居酒屋での飲み会やカフェでのおしゃべりなどのイベントを幹事として自由に企画し、日時、予算、人数など決めてメンバーを募集する。いざ会場でイベントが始まったら、ほかの一般男性参加者たちと違い、女性参加者と気軽に話せて、自由に連絡先の交換もできるので、街コンにいくよりよっぽど有利にコトを運べる。しかもたとえ小さなイベントでも幹事という役職に一目置く女はいるものなので、擦り寄ってきたその手の女たちを頂戴することができるのだ。
日ごろ用いている手法は、まさにバカ女でないと通用しない強引なシロモノだ。順を追って説明しよう。スタートは出会い系のピュア掲示板への書き込みだ。が、まだここで気張る必要はない。募集文は気軽にメールのやり取りができる女性いませんか? 的なごく普通のもので十分だ。ちなみに、俺はたまたまハピメを使っているが、使用サイトは一般的な出会い系ならなんだっていい。
 ただし、プロフ写真は必ずイケメン写メを使用すること。できれば10人見れば10人が男前と思うような完璧なものが望ましい。こうすることでメッセージを送ってくる女は必ず現れるので、そうなったらすぐ彼女(ら)をラインへ誘導し、しばらく雑談に専念する。話題は仕事の話でもよし、恋バナでもよし。とにかく相手のプライベートに踏み込んで気持ちを開かせることが肝要だ。また時にはその存在を大いに認めてやる態度も忘れずに。
〈そんな大変だったんだ。よく頑張ったね〉
〈大丈夫、●●ちゃんならきっと上手くやれるよ〉
 といった具合に。これでガッチリと女の心を掴んだ。お次は体だ。適当なタイミングでチャットセックスに持ち込むのである。最初は気恥ずかしがるかもしれんが、すぐに従順になるはずだ。だって大好きな人の命令なのだから。
〈ほら、いまクリトリスを触ってるよ。どう気持ちいい?〉
〈うん、気持ちいいよ。あっ〉
〈いまからチンコ入れちゃうね〉〈あ、いや、だめ、気持ちいい〉
これをもってついに、彼女とご対面する準備が整った。待ち合わせ場所へは車で向かい、何食わぬ顔で女を招き入れる。「お待たせ。さあ乗って乗って」 ようやく愛しのイケメン君と会えるのかと思いきや、現れたのは頭髪のやや寂しくなった40男だ。
しかし、ここで怒りを露わにきびすを返す女は全体の半分ほどで、残り半分は呆然としつつも素直に乗車してくる。…まあ、いいっかてな表情で。身も心もトロトロに溶かされてしまい、今さら後戻りする気も失せるのだろう。女とはそういう生き物なのだ。
日本のオネーチャンもいいけど、たまには外人女ともセックスしてみたい。そう考える人には打ってつけの出会いツールだ。これ、イギリス発のスマホアプリで、日本においては在日外国人の間で広く浸透している。中でも中国人や韓国人留学生は男女ともに日本人異性との交流を目的に使っているケースが多く、こちらもアプリをダウンロードしておけば、彼女らとお近づきになるチャンスがグッと高まるのだ。使い方は簡単だ。「めぐり会い」ボタンを押すと、画面に登録女性の顔写真がランダムに出現し、そのつど○×ボタンで好き嫌いを選別する。そして互いが○ボタンを押した場合のみ、その相手とライン形式のチャットが可能になる仕組みだ。
で、実際に使い始めた俺の感想は「ベリーグー」だ。中韓の女は日本人男の写真判定に甘く、たいてい○を押すのでラクにチャットに進める。そのうえ、日本語も漢字かなを使い分けるほどペラペラな子ばかりなので意外と会話が盛り上がるのだ。たとえばこういう感じで。
〈あなた、日本人なのに全然シャイじゃないね〉
〈そうかなぁ。チンチン見られるとやっぱり恥ずかしいよ〉
〈あなた、超バカwww〉
ここからアポにこぎ着けられるのは、全体の半分ってところか。ただし、やはり中韓の女は日本人と比べて身持ちが堅い。たとえ2人きりで飲みに出かけても即マンなんてもってのほか、時にはマジ切れする子も珍しくないのだ。それでも今までアポった4人のうち、3人とは結局後日ヤレてるのだから率にして75%。決して悪い数字じゃない。中期決戦型の出会いツールとしてはむしろ合格だろう。

口内発射された女の子のザーメンゴックン精子飲み体験談|愛している男の精液なら口内発射したがる女たち

渋谷で見つけた女子大生の夏合宿ごっくん体験談
1_20200122215620f6c.jpg2_20200122215621eee.jpg3_20200122215623cc2.jpg4_20200122215624f59.jpg1_20200113114509bf3.jpg2_20200113114510595.jpg3_202001131145118dd.jpg4_2020011311451302e.jpg1_20191222145957d21.jpg2_20191222145958a02.jpg3_201912221459590ee.jpg
【漫画】ザーメンをごっくんさせるために精子がどれだけ美容に良いか伝える
1_20191120174248f9e.jpg2_20191120174250b1c.jpg3_20191120174251652.jpg4_201911201742535b4.jpg
0204_20191210141032e66_202002071123255d2.jpg0205_20191210141034807_202002071123275e2.jpg0206_201912101410357e3_2020020711232844c.jpg0207_20191210141037af3_20200207112330a1f.jpg0208_20191210141039e16_202002071123318d9.jpg0209_20191210141040f7f_20200207112333342.jpg
精子をおいしくする栄養補助食品で彼女にゴックンしてもらう
SnapCrab_NoName_2019-8-2_21-15-49_No-00.png
男なら誰しも、自分の精子を飲んでほしい(はず)。ヘルスに『ゴックン』なるオプションが存在し、3千円なり5千円なりを払わねばならないのも、《精子飲み》が実に貴重であることの証と言えよう。これまであの手この手しようとした。が、「無理」の一言で断られ、不意を突いて口内発射に及んでもチンチンごと吐き出される始末。
笑ってゴックンしてもらうなどAVのヤラセと諦めかけたとき、インターネットでナイスな商品を見つけた。精子をおいしくする美香精。パイナップルやバナナやイチゴなど自然な成分をパウダー状にしたものらしい。試す価値はありそうだ。
フタを開けると漢方薬のニオイが
商品は注文して3日で届いた。同封の使用法に沿って実験を進めていこう。寝るー時間くらい前(美香精を飲む前)にー回か2回射精しておきます
そりゃそうだ。溜まってる古い精子を絞り出してから、おいしい精子を作らないとな。ベッドに入り、お気に入りのグラビアで2度ほど手淫。これで精子はカラっぽのはずだ。
寝るちょっと前に美香精を開けスプーン2杯を400mlの水またはジュースに溶かして飲みます。フタを開ける。と、龍角散のような強い漢方薬臭が鼻を突く。少しブルーになる。これを1杯25グラムも入るデカスプーンですくい、グラスに。って、マドラーでかき混ぜても溶けないよ。仕方なく、鼻をつまみ1クチ…げげっ。マズっ。水で口直しをし、もう1クチー・・ううっ。舌に残った粒々の苦いのなんの。
こんな苦しい思いをする意味はあるのか?いやいや。これで止めてしまったら一生、精子を飲んでもらえないままだぞ。もはや一気しかない。右手に美香精入りグラス、左手に水のグラスを持ち、右、左と息をつかずに飲み干す。げふっ。わ、息がくせえよ。
前日より甘くなった気はするが…
「ってわけで、頼む。絶対、おいしいはずだから大丈夫だって」
翌日の夜、部屋にやってきた彼女にオレは必死で頭を下げた。当然、断られると思いきや、意外にも「味見してもいい」と言う。よつしゃー一緒にシャワーを浴び、ベッドイン。彼女がチンチンを口に
くわえると、なんたること、すぐに自分の腹に射精してしまった。よほど興奮していたらしい。
「どれどれ」彼女が舌を出し、ペロリと砥める。あっ、気持ちいい。って、肝心なのは味だ。
「全然、おいしくないよ」いわく、ドロっと酸っぱい
SnapCrab_NoName_2019-8-2_21-15-56_No-00.png
確かに説明書の続きには、「最短で12-24時間以内に精子の味を変えますが、繰り返すことをお勧めします」
とある。当然、ここまで来たらやるしかない。彼女の目の前で美香精を飲む。ペットボトルにパウダーを入れ、シェーカー代わりに振ると若干、飲みやすいようだ。残った美香精ドリンクを口に含んだ彼女によると、「あ、精子の味に似てるかも」
翌タ、自宅で再度チャレンジ。今度はなかなかイケず、30分ほどフエラしてもらい、ようやく口内発射した。精子はすべて彼女の口の中だ。どうだ?「…ん、だめ。ごめん」彼女はほどなく自い液体をテイッシュに吐き出した。昨日より甘くなってる気はするものの、飲み込むのは無理らしい。
インタビューの会話
すみませーん。アンケートお願いできませんか?
あ、はい。
都知事選って興味あります?
うーん、私、まだ選挙権がないんで。
ってことは
10代?
はい、
19です。大学2年なんですけど。
それじゃあ選挙なんかには興味ないかぁ。
…すみません。
いや、ぜんぜん大丈夫。でもさ、10代なりに不景気を感じたりはするのかな? たとえばお小遣いに余裕はある?
それはないです。
バイトはしてます?
考え中です。引っ越しがお給料イイっぽいんでいいかなぁと思ってるんですけど。私、高校のときソフトボール部だったんで体力には自信あるし。
なかなか渋いチョイスだね。でもさ、キミかわいいんだし、そのルックスを活かせばもっと簡単にお小遣いを稼ぐことはできると思うよ。
いやいや。
実はぼく、雑誌のカメラマンもやっているんだけど。今、モデルさんのバイトやってくれる人を探していて、条件はごにょごにょごにょ……。どう?
やりまーす!(挙手)
というわけでホテルへ。
カレシはいる?
いないんですよ。
いままで付き合った人数は?
……3人かな?
じゃあ経験人数は?
ん〜……4人。
計算が合わないね。初体験はカレシだったの?
まあ、それは、はい。
どんな流れでした?17才のとき、同級生のカレシの部屋でDVD観てたら、相手が体をサワサワ触ってきて。パンツ脱がされてアソコにちんちんを押しつけられて「ヤバっ!」みたいな感じで。
ふむ。じゃあ、カレシじゃなかった相手との体験を教えてください。
去年の夏、大学のサークルの合宿で、6人くらいで飲んでたときなんですけど。
いいシチュエーションだね。
とりあえず、みんな潰れちゃったんです。で、
ある男女が始めちゃって。
どうなったの?
私は「わ〜、ヤってるし!」ってびっくりし
てたんですけど、気づいたら横にいた男子にスカートの中に手をつっこまれて、アソコ触られて。
濡れてたでしょ?
はい。指3本くらい入れられましたし。
そのまま最後までヤッちゃったの?
いやでも、みんなと同じ部屋ではさすがにイヤだったんで、「口でしたげる」って言ってフェラで。でも、相手はたぶん童貞だったみたいでちょっと舐めたらすぐイっちゃって。ものすごい量を口に出されました。苦しかったけど、吐き出す場所もないから頑張って飲みましたよ。ノドが超気持ち悪かった〜。
ノリノリじゃん。
その後、もう一回舐めろって言われて、結局2回フェラで発射した後、男子トイレにこもってセックスしました。
うらやまし〜
インタビュー2人目
ねえねえ。
はい?
いまラーメン屋のメニューをずーっと見てたよね。
きゃー! 恥ずかしい……。ラーメン好きなの?
そうなんですよー。でもいま超貧乏だからあきらめたんです。
仕事してないとか?
はい。先月まで事務職やってたんだけど、2カ月給料未払いで…。
ひどいブラック企業だね。
いま就活中です。さっき居酒屋の面接に行ってきたところです。
受かるといいね。実は僕もモデルのバイトをやってくれる人を探してるんだけど、条件は…(彼女の耳元に雑誌名やギャラなどをごにょごにょと囁く)……どうですか?
彼氏いるんだけど、バレないですか?
彼氏が読んでなければバレっこないし、もし読者なら見つかっても許してくれると思うよ。
なんで?
好きな雑誌に彼女が出るなんてうれしいじゃん。ファン心理ってそういうもんだよ。
ん〜わかりました…。お願いします。
じゃあね、まずは上に着ているダブダブした服をまくってみてくれる?
こうですか?
はは〜。ロリ顔の割にはえらいダイナマイトボディですなー。
私、めっちゃ着やせするんですよ。もしやデブだと思ってます?
いやいやいや、違いますよ。殿方はこういうムチムチな体が好きなんですよ。
彼氏も同じようなこと言ってくれるんですよぉ。
でしょ〜。彼氏とはどんなSEXしてるの?
至って普通ですけど、今までの彼氏の中でいちばんエッチが上手です。
どんな風に?
手マンするとき、人差し指と中指をあそこの中にいれて、水泳のバタ足みたいに2本の指を動かすのがすごく気持ちいいです。
加藤鷹のヤリ方じゃんか!
誰ですかそれ?
人間国宝クラスのAV男優だよ。たぶん
AVいっぱい見て、
女のコの気持ちいい場所やテクニックを勉強してるんだね。
彼氏の家に行って掃除したりするけど、
AVなんて1本もないですよ。
見つからないようなところに隠してるだけだと思うよ。チンコのサイズはどうなの?たぶん大きいと思う。おちんちんが長くて奥まで当たるし、抜くときにアソコの肉がえぐれる感じがするのがたまんないの。カリ太なんだね。初めての相手はどうだったの?
高1のときに、同級生の男のコと付き合ってたんだけど、家に行ってお酒を飲んで泥酔して、
寝てるときにパンツ脱がされて無理矢理入れられました。
ありがちだねえ。
濡れてないのにゴムもつけてないから痛いだけ。その後は気まずくなっていつの間にか自然消滅って感じです。
その後の男性遍歴は?
いまの彼氏で25人目かな。
高1から
21才の6年間で
25人って、結構なヤリマンですよ。
私、最初のエッチで気持ちよくしてもらえないと、その人のことどうでもよくなって、すぐ別れちゃうんです。いまの彼氏に会うまではその連続。
てことは…。
彼、1回目のエッチで私をイカせてくれたんです。
ご馳走様。彼氏を大事にしてくださいな。
愛している男の精液なら中出しも口内発射ごっくんもしたがる女
薄いブルーのパンティ足と腰のくびれがなかなか素晴らしいイタズラされてのモデル体系。変わった経験はないらしい。
「今、彼氏はいないの?」
ヤッてくれていいんだけど。入れて入れて。お願いします
こんな娘が僕のファンだなんて…
あっけらかんと言ってのけるSちゃんは、高校1年の秋に処女を失う。
「いないです。束縛されるのが嫌なんですよ。でもセックスフレンドは2人ほどいるよ」
ふーん。彼氏はいないけどセフレはいる。しかも2人。いまどきの若いもん、この辺りが進んでるといぅかWW芯がない。
「こんな明るいから恥ずかしいですよ」
ムフフ、明るいからいいんじゃないの。胸はAカップとやや小ぶり。
「イヤ〜ん」
クリトリスを舌を這わせると漏れる喘ぎ声。熱いディープキスを交わしつつ、ベッドへと導いた。
どうするか、一発をお見舞いしてやろ、品ねぇ。スボツ。
「ああああああああああああ」
隣りが気になるほどの大きな声が中にこだる
「気持ちィィ〜ッ!」
おいおいマジかょ。まだ入れて1分もたつてないぜ。
「あああん、オチ〇チンしゃぶりたい」' む、ここまではつきり言
いぞ。ほら、そんなに欲しいなら、ほれほれ。
「うれしい〜!」
「気持ちいいですか?」
「ぅ、ぅん」
ジュポジュポと音を立て美味しそうにしやぶる優穂。
「ねぇ今中さん、気持ちよかったらワタシのロの中で出してくださいね、お願いだから」
「オッパィ見せてよ」
「えつ、はい…」
バックにしてジーンズを脱がし、続いてパンツも下ろしにかかる。
「えつ、イヤつ…こんなところで…」
バックでパンパン尻をたたく。気持ちいいなあ。
これが青カンってやつなのか
ワンワンスタイルにして、アナルを舐めあげていく。
「こんな力ッコゥ…」
「でも気持ちいいだろ」
ピンクがかった肛門から舌を這わせて、シメはヴァギナの中へ
「ウックッ…」
いつのまにかシックスナインへ
「あつうう…入ってる」
「何が入ってる?」
オチンチン
足を持ち上げ、陰茎をさらに膣の奥へ。
「あ〜もう、こっちがいくぞ」
「あ待って…飲みたいの…今中さんの」〆。それが望みなら、ドピュツ
「美味しいです、とても甘いかな」
糖尿かな、オレ。

彼氏がいるのに風俗やパパ活する女の子に罪悪感はあるのか会って聞いてみた|援助交際体験談

111.png
真っ白な太陽。窓の外を歩く人々は、苦しそうに顔をしかめる。テーブルの上のアイスティーの氷が、ゆっくりと溶けはじめている。
「……町田、外は暑そうやな」
「間違いないですね」 
冷房の効いた店内。高田馬場のルノアール。ボクらふたりは、ソファイスに沈むように座っています。まったくやる気がおきません。
「クーラーが効いてない店の外なんて、一歩も出る気にならんなぁ。さすがの町田もこんな日は、どんなカワイイコがアポれても、外に出ぇへんやろ?」
「……ですかねぇ。ちなみに、このコが池袋でアポれたら、どうします?」
そう言って、画像を見せる。スマホを受け取った瞬間、クワッと目を見開く編集長。
「え?ウソやん!めっちゃカワイイやんか! 今から池袋なんか?」
「行きますか?」
「コレは完全に〝2万円ちゃん〞やないか!もしかしたらニーゴーでもありかもわからんぞ!」
「行く気マンマンじゃないですか(笑)。すいません。この画像は以前、ギリギリまでアポれて
たのに、会う直前になって『やっぱり彼氏のこと裏切れない』って言って、連絡が途切れちゃったコなんですよ」
「……なんや、今アポってたんやないんかい!
まぁ、アレや。カワイイ子とアポれさえすれば、この灼熱の太陽に負けへん強い気持ちが芽生える、そういうことなんやな!」
そう言って、目を軽く閉じ、ウンウンと小さくうなずく編集長。
「でもアレやな、エンコーしようと思ってたのに、ギリギリで彼氏の顔が浮かんでブレーキを踏んだんやな。買う方からしたら残念やけど、話としてはエエ話なんとちゃう?」
「まぁ、そうなんですけどね……」
そう言って、ふたりは、アイスティーをズズズっと飲む。グラスの氷は溶け、薄い茶色のアイスティーが数センチ残っている。……数秒の沈黙。「……っていうか、その画像のコ、めっちゃカワイイやないか!」
「そーーなんですよ!すっごい悔しいんですよ!」
「彼氏なんて、そのコとセックスしたところで金を一銭も払わんクセに!めっちゃ羨ましいやないか!」「そーーなんです!彼氏なんか裏切れよって思いましたよ!言わなきゃバレないんだから!」
「そうや!今回のテーマは、『彼氏のいるエンコー女とセックスする!』っていうのはどうや!
彼氏のおるエンコー女に、町田が汚らしいセックスをヤリまくるんや!目にモノ見せてやるんや!」
「って、ボクのセックスは別に汚くないですよ!!」
まぁまぁ大きな声でしゃべくるオッサンふたり。ここはルノアール。社会のルールに守られた空間。周囲をチラリと見ると、こちらを見ているサラリーマンと目が合う。思わず咳払い。ソファーに座りなおします。
「……(小さな声で)とにかく、彼氏のいるコをアポるのはわかりました。で、それからどうするんですか?」
「だからアレやないか。彼氏がおるのに、簡単に金が稼げると思ってる女の根性を叩き直してやるんや。『彼氏を裏切ったバチが当たったんだわ……』って思わせるような、酷いセックスをすればエエのよ」 
……この人は何を言っているのだろう?
さっきまで「『彼氏のこと裏切れない』って言って逃げられたカワイイコがもったいなかった!」って話をしていたはずなのに。っていうか、そもそもそれって、この連載のテーマ、「噂の検証」になってないじゃないですか。「エンコー女に酷いことしようぜ」みたいになってますよ?
「細かいことはエエんや!そんなにテーマのことを気にするんやったら、『彼氏がいるのにエンコーする女の心境はどんなもんなんや?』でええやないか!とにかく俺は、町田が彼氏付きのエンコー女を成敗するところを見たいんや!」
そう言って、「お姉ちゃん、アイスティーもう一杯!」とあらたに注文する編集長。その顔は、どことなく満足感に満ちていました。ここまでいくと、ある意味、尊敬できる大人だなぁと思えてきました。
……そんなわけで今回は、「彼氏のいる女とのエンコー」です。
今回のテーマは、「彼氏のいる女のコとのエンコー」。編集長の命令通り、「彼氏がいるのにエンコーする女の心情を探る」わけでございます。
やっぱり彼氏がいながらエンコーするってことは、「彼氏とのセックスが物足りない」とか、「彼氏に悪いと思いながらも、お金の魔力に取り憑かれている」とか、「ママにものすごい借金があって、彼氏には言えない。だから私が身体で稼ぐの!私、ガンバ!」とか、いろいろな理由があるのでしょう。 でも、どんな理由があろうとも「彼氏を裏切っている」ことには違いありません。
そんな「裏切り」を吐かせて、その傷口をじくじくといじってやりましょう。編集長も読者のみなさんも、そういうのを期待してるんでしょ!?(カメラ目線で)で、どうやって彼氏がいるコを探すかってところですが……、コレはもうアポる時点で「彼氏はいる?」と聞くしかありません。
で、「いるよー」ってコをアポる。シンプルイズ・ベスト。さらにもうひとつの手としては、掲示板に書き込んでいるコにメールを送る「攻めの戦略」だけでなく、こちらが掲示板で「彼氏のいるコ、募集!」と書き込む「待ちの戦略」もアリです。わざわざそんな「彼氏いるコ、募集!」という怪しい書き込みに送ってくる女の心情。これはちょっと知りたいかも。
……と、いうことで今回使用するのは、まいどお馴染みの『H トークDX』です。そう、今、一番アツい出会い系のチャットアプリです。
この連載で取り上げてからというもの、あきらかに裏モノ読者の使用率が上がっております。まずは、掲示板に書き込む「待ちの戦略」から。
「彼氏のいるコ、募集。話、早いコ、いる?興味あるコいたら、詳細話すよ」掲示板にそう書き込む。どうでしょう。この4行の中に、すべて言いたいことが詰まっております。エンコーシーンでよく使われる「話、早い人」。
これは「いちいち説明しなくても、すぐにエンコーできる人」という意味です。これに似た言葉で「意味、わかる人」というのもあります。ここは、エンコー検定のテストで出ますからね。赤線を引いておきましょう。この書き方なら、「売春目的の書き込み」とは認識されません。バレると書き込みが消されたり、最悪なときはIDの使用が凍結されることもありますからね。ご注意ください。
さて続いては、「攻めの戦略」です。……とはいえ、一通目のメッセージから「彼氏いる?」というのは怪しすぎます。ここはスタンダードに、いつもの定型文をコピペしていきましょう。
「ストレートに言うねえ しない?興味あれば。新宿住みだよ?」
この連載を読み続けている人ならば説明は不要でしょうが、この『HトークDX』は、「援交」や「えん」、「サポ」「わりきり」「わり」など、援助交際を意味する言葉は、NGワードとなってしまい、すべて「***」という文字で消されてしまうのです。そこで、前述のように「え」の一文字を入れる。コレでも十分、女のコに気持ちは伝わるのです。エンコー女ってかしこいですね!
さて、この定型文を、よさげな女のコにコピペしていきます。ざっと50〜70件。多いと思いますか?
でもこのくらい投げて、戻ってくるのは1件か2件といったところなんです。そう、エンコー相手を探すのって思ったよりも大変なんですよ! ボクのようなカリスマ援交師になりたいと思っている人! このくらいのこと、努力でも何でもないですからね。心折れずに頑張ってくださいね!
書き込みから待つこと30分。ピロンと電子音が鳴りました。見てみると、22才の愛ちゃんから。
アイコンは、スターバックスのコーヒーです。なんだよ、顔を見せてよ!
「彼氏がいないといけないんですか?」
はいはい。コレは「待ちの戦略」に引っかかってきたコですね。さっそく返してみましょう。
「そんなこともないんだけど。ちなみに彼氏はいるの?」
すると数秒でピロンっと返事が。
「いません」……はい、終了。なんだよ!いないのになんでメッセージ送ってくるんだよ!
と思っていると、ピロンっとさらにメッセージ。
「すいません、なんで彼氏がいるコがいいのかを知りたかったので」
……まぁ、そうか。たしかに謎だもんね。さすがに「彼氏がいるのにエンコーする女の心の傷口を、じくじくといじってやりたい」とも言えませんので、
「彼氏がいるほうが、しっかり割・り・切ってくれるかなって思って」と、もっともらしいことを返しておきました。(ちなみに「割り切り」と言う言葉もN Gワードなので、間に「・」を入れたりして回避しています)
そんな愛ちゃんとの会話をスルーし、待つことさらに20分。あらたにピロンっと電子音がなりました。「ゴ、付きならいいですよー。いくら?」 
お、コレは「攻めの戦略」でメッセージをボクから送ったコですね。18才のミーナちゃんです。アイコンは設定なし。ちなみに「ゴ」とはゴムのこと。コンドームをつけてという意味です。
「どーも。一応、2って考えてるよ!新宿来れる?」
そう返すと、すぐに返信。
「値段はそれでいいけど遠い!錦糸町まで来れないですか?」
「うーん。ちょっと行けないかな。足代とかでプラス千円出すから来れない?」
顔がわからないこともあって強気で攻めます。……その結果、返事がなくなりました。まぁ、錦糸町くんだりから新宿まで行くって、18才のエンコー女からしたら面倒くさいもんね。わかるわかる。
……おっと、重要なことを聞くのを忘れてた。彼氏の有無を聞かなくちゃ!
「ところで、ミーナちゃんって彼氏いるの?」
そう送ると、さっきまでメッセージが止まっていたミーナちゃんからピロンっと返事が。
「いますよー」いるんだ! いいじゃないか!いるならいるって早く言いなよ!
それなら話は早いじゃないか!
「そっかー。じゃあ、新宿までの交通費込みで、全部で2万5千円とかならどう?」
顔も見てないのに、ニーゴーはちょっと高いですが、今回のテーマにピッタリならば話は別です。ピロン♪お、来た来た!
「ぜひお願いしたいです!」来ましたーー!ガッチリと捕まえました!
しかも「ぜひお願いしたいです!」と、かなり下手に出ています。完全にコッチがイニシアチブを取った状態です! ある程度の要求は素直に聞くと見ました!
「じゃあ、ここNGワードも多いから、きいろかみどりに移動しようか。あと写メあれば見せて?」
ここで言うところの「きいろ」「みどり」は……、エンコー大好きなみなさんなら説明する必要もないですよね?
「カカオトーク」と「LINE」のことです。それぞれのアイコンの色を示して、こういう隠語を使うのです。この『HトークDX』は「カカオ」も「ライン」もNGに指定されているのです。ピロン♪ 「じゃあ、みどりで!写メはこんな感じですね」
そこに送られてきた写真。なんと、茶髪の幼い顔をしたギャルでした。
……え?コレ、中学とか高校じゃないの?っていうか、パッチリ二重で、鼻先もすっと通ってて、めっちゃカワイイんだけど?コレ本当に本人??すぐにLINEに切り替えて連絡です。
「HトークDXから!っていうか何才?」すると、すぐに「既読」が付き、返信。
「18才です。今年の11月で19才」
「本当に?中学かと思った!」
「違いますよ!笑でも身長、149とか小さいし、胸もないから子供に見られますね」
低身長の合法ロリギャル!!これは相当な当たりじゃないですか!しかも彼氏付き!素晴らしい!
「いつ会えるかな?」
「3時間後とかなら、新宿行けますよ!」
「話が早い!優秀!!」
「ありがとうございます!笑 じゃあ今からシャワー浴びて、用意しますね!」
夏って素晴らしい。こういうハイスペックなエンコー少女がたくさん街にはあふれているんですね。窓を開ける。どこまでも青い空。遠くでミーンミーンと、心地良く鳴く蝉。あぁ、夏だ。ボクの大好きな夏がやってきたんだ!
JR新宿駅、東口改札前。15時半。待ち合わせの場所にやってきたのは、明る目な茶髪に黒と白のボーダーの上下(下はショートパンツ)を着た身長小さめなギャルちゃんでした。……正直、かなりカワイイ!ちっちゃくて、しかもめっちゃ細い!
「えっと、ミーナちゃん、だよね?」
スマホを見ている彼女にゆっくりと声をかけた。すると、顔がパァっと明るくなる。
「町田さん??すいません、ほぼすっぴんなんです!」
たしかに、眉毛と薄い色のリップしかしてない。でも、全然OK!むしろその若々しさが引き立っております。カワイイよ!
「大丈夫だよ。でも、メイク薄いからかな?やっぱり若く見えるね。本当に18才?年齢確認とかできる?」
「大丈夫ですよ!ここだとアレなんで、ホテル入ってからでいいですか?」
たしかに新宿駅の改札口で、オッサンと子供ギャルが保険証とか出しての年齢確認。その絵は、かなりデンジャラス!……っていうかこのコ、今の言動からして、かなりエンコー慣れしてると見た!
「ちなみに、今まで何人くらいとエンコーしたの?」
ホテル街に向かって歩きながら聞いてみます。
「10人はいってないと思います」
やっぱりヤリまくりでした。でもこれだけかわいかったら、
「また会いたい!」っていうリピーターも多そうだけどね。
「そうですね。あのアプリもけっこう怖いんで、何回か会った人の方がいいんですよ」
「怖いって?」
「実は昨日、私、補導されたんですよ」
……え?「あの『HトークDX』で昨日アポった人、警察で」
……えええええ???
「錦糸町の駅の裏側で待ち合わせだったんですけど、着いたらスーツの人がいて。いきなり警察手帳出されて、『わかってるよね?ちょっと署まできてもらえる?』って言われて。『援交は売春だからね?何年生?』って言われたから、保険証出して、『今年19才です』って言ったら、
『スマホ見せて。連絡取ってる人間のIDを控えさせてもらうから』って」……………。
「結局、高校生とかじゃなかったから、『厳重注意だからね。援交はやめなさい!』って言われて解放されたんです。話してる間に、他のスーツの人が2人くらい来て、すごく焦りましたよ!(笑)」
……脂汗が垂れてまいりました。ボクの楽しい狩り場であるHトークDXに警察が介入しているなんて!コレ、もし本当に高校生とかを間違って掴んじゃって、そのコが補導されたとしたら……完全にアウトじゃん!もう、HトークDXこと、ボクらのアイランドは潮時かもしれません……。こわーー!警察こわーーー! すっかりテンションが下がってしまったボクですが、ホテルに到着いたしました。ベッドにちょこんと座るミーナちゃんがかわいらしい。さて、それでは今回のテーマ、
「彼氏がいるのにエンコーする女の心情」を聞き出そうじゃありませんか!
「そういえばミーナちゃん、彼氏いるんだよね?」
「いますいます。付き合って1年くらい。年下なんですけどね」
「年下???え?何才?」
「17才です。高校3年の年齢ですね。まぁ、半年前に辞めちゃって、高校行ってないですけどね」
うわーー、なんかスゲー!17才の彼氏とセックスしてる18才ロリギャルと今からセックスするの??
なんか超〜夏休み感あるぅ〜!
「彼氏はどんな感じのコなの?」
「バカなんですよねー。しかも学校行ってないクセに働いてないんで。私がゴハンとか食べさせたり、服買ってあげたりしてるんですよね。それだけならまだしも、彼氏の友達も便乗してきて。その友達のぶんもゴハン食べさせたりしてます(笑)」
つまり年下の彼氏に貢いでるってことか。なーんか、錦糸町なんていう、治安の悪い地域に住んでいるギャルとか、その彼氏とか、クズばっかりですね。ちなみにミーナちゃんは、どうやって稼いでるのかしら。「実家なんで、親からもらったり。あとは援交ですね。普通のバイトはしてないです」
「援交だけ??じゃあ、さっき言ってた10人じゃ足りないでしょう?ぶっちゃけもっといるでしょ??」
そう言うと、ちょっとニヤっとして、恥ずかしそうに「……まぁ、でも50人とかはいってないですよ」と言いました。うわーー! 超・超・超ヤリまくりじゃーーん!
なにが「10人いってないくらいです」だよ!
ちょうど信じそうな数字を言いやがって!! しかし、そんなプロ感満点のミーナちゃんでも、彼氏を裏切ってることに違いはありません。そこの傷口をしっかりいじってあげましょう!
「でも、ミーナちゃんがエンコーしてること、彼氏は知らないわけでしょう?」
「知ってます」
「彼が、もしエンコーの事実を知ったら、絶対に悲しむ……今、なんて言ったの?」
「知ってます知ってます。むしろ『女はエンコーとかできて稼げるからいいよな』って言って、薦めてきます」マジかーー!!やっぱり墨田区なんていう、治安の悪い地域に住んでいるヤツらは、ほんまもんのクズばっかりや!
「じゃあ、彼氏はミーナちゃんが知らないオッサンのティンコを中に入れて稼いだ金で、メシを喰ったり、服を買ってもらってるってわかってるってことだよね?」
「わかってますわかってます。マジでバカなんですよね(笑)」
バカはお前だよ!!!……と言いたいのをグッと我慢します。だって、ここで怒らせたら、このカワイイ子供ギャルとセックスできなくなっちゃうもん!
正直、グッタリです。まさかこんな展開になるとは。エンコー女の心の傷口に指を突っ込んで、最終的には泣かせて、そのままあわよくば顔射とかしようと思ったんですけど、このコ、多分泣いたりしなそうです。頭が悪いのもあると思うんですけど、エンコーにまったく罪悪感を持っていません。それどころか、クズ彼氏とクズ友達のメシ代のためにセックスすることが良いことだと思ってそうです。怖い!墨田区、怖いよ!!
「っていうか、そろそろしませんか?ズボン脱がせますね?」
そう言って、ボクのベルトをカチャカチャしはじめます。うわー、なにこのあっけらかんなカンジ!
あっという間に、ズボンとパンツをずるんと脱がされました。
「わ……けっこうデカいですね……」
まだキスすらしてないのに、ティンコがそそり勃っております。目の前のギャルちゃんの下流っぷりに欲情したのか。ただ単に可愛さレベルの高いロリ少女に欲情したのか。いずれにせよ、あり得ないほどの勃起っぷりです。ガッティーーン!でも、ボクまだお風呂入ってません。さすがに真夏の午後。汗臭いですし、シャワー浴びてきた方が……いいよね?
そう考えてると、ミーナちゃん、ティンコを上下にコスコスとこすりながら言いました。「すいません、ちょっと……ガ汁苦手なんで、拭いてもいいですか?」出たー!ギャル用語!ギャルって、ガマン汁のこと、ガ汁って言うよねー!いいよいいよ、ティッシュとかで拭いちゃってくださいな!
「すいません、ガ汁の味が苦手なんですよ」 
そう言って、ティッシュでティンコの先からぷっくりと出ていた汁を拭き取ると、そのままパックリと咥える!え?咥えた!?ジュリュップジュリュップと唾液いっぱいの音が部屋に響きわたる。マジで??真夏の即尺ゴーーーッチ!!!さすが下流!即尺は当たり前なんですね!!クズのためにセックスしまくってるだけはある!キッチリとご奉仕してくるじゃないですか。もしかしてコレ、ハメ撮りとかもOKなんじゃない?ティンコをジュリュップされながら、ベッドの横に置いておいたスマホに手を伸ばす。カメラを立ち上げて構えます。
「ミーナちゃん。コッチ向きながら舐めてみて?」
目を閉じてジュリュップしていたミーナちゃんがパッチリと目を開ける。二重の大きな目がカワイイ!その瞬間にパシャー!
「えー、撮るんですか?やだー」
「え、いいじゃん?どこにも流したりしないよ?」
「やだー。撮るんだったら、もうちょっとお金欲しいです」
さすがクズを養う身。ハメ撮りも金を払えばOKなのか!まぁ、この1枚がクズ共のミルク代になるんなら頑張るよね。
「えー、じゃあ、プラス5千円」
「本当ですか?今、言いましたよね?じゃあOKです!(笑)」
しまった!今の感触、もっと安くイケた!3千円とか、もしかしたら1千円でもイケたくさいよ!!
失敗したー! えー、こちら、現場の町田足土です。ただいま、42才のティンコと18才のムァンコの結合部分が、スマホのデータに記録されております。現場からは以上でーす!
「気持ちいぃ……大きくて、気持ちぃい…」
そう言って、トローンとした顔でスマホのカメラを見るミーナちゃん。正常位の体勢で、指を一本口に突っ込むと、その指に舌を絡ませるようにベロンベロン舐めてきます。指を抜いて、ボクの舌先を硬くして顔を近づけると、今度はボクの舌にもベロンベロンと絡みついてくる。そのままフェラをするように、舌をジュリュップジュリュップ。舌から唾液を吸い尽くす勢いです。むっひょわーー。気持ちいぃぃい! 
チューチュー吸われる舌を抜くと、今度はボクの身体にガバっとくっついてきました。そのまま、ボクの右乳首をベロンベロンチューチュー吸っております。ガンガンに突かれながらの乳首チューチュー!
このプロっぷり!しかも見た目は中学ギャル。これは何回も会いたくなるわー!吸われ続ける乳首をチュポンと引き抜き、もう一度、ガンガンと突かれているミーナちゃんの顔を撮ります。せつなそうな表情がたまりません!
「ねぇ、ミーナ?今入ってるおちんちん、気持ちいい?」
「気持ちいい!もっと突いてください!」
「今まで入れたおちんちんの中で何番目に気持ちイイの?」
「あぁあ! ……わかんなぁい!わかんないです!」
「いつも入れてもらってる、彼氏のチンコとどっちが気持ちいいの?」
「……」
「言ってごらん?言わないとやめちゃうよ?」
「……こっち!町田さんの方が気持ちいいですー!!」
「じゃあ、言ってごらん?『彼氏よりも気持ちいいです』って」
「……彼氏、よりきもち……です」
「聞こえない!」
「……彼氏より! 気持ちいいの!!」
もう、せつなさと気持ちよすぎなトローンが混ざった、なんとも言えない表情になっております!
彼氏がいるのに、こんなことまで言っちゃうのね!それ、もうイッチョ!
「じゃあ、俺の言う通り言ってごらん?『ミーナのマンコに精子出して、妊娠させてください』って」
こうは言ってますが、もちろんゴムはしております。ゴムさえしておけば女は、「妊娠させてください」なんていう、背徳感100%なセリフも言っちゃうんですよね!これ、豆知識です!
「ミーナの……マンコに精子出して!妊娠したいの!!」
「じゃあ、彼氏と別れるのね?」
「……わか、れまずぅ……!もっと!もっとしてくださいぃ!」
すごい!ボクのティンコが、クズからの脱却を促そうとしています!これは援交ではない。
人助けなんじゃないかしら!!
「よーし、じゃあ、『彼氏と別れます。町田さんの精子、マンコに出して、妊娠させてください』って言ってごらん!!」
「……彼氏と別れるからぁ!!妊娠させてぇーー!!」
「OK!!」
ゴンゴンゴーーーン!!!!と最後の突きを喰らわした瞬間、ムァンコの中で精液がドババーーーッと、波のように決壊! 快感が腰から玉、ティンコへと流れ出していく。ミーナちゃんの舌をジュージュー吸いながら果てました。あーー。気持ちよかった!!ムァンコからティンコを引き抜き、だるんとまどろむ。ゆっくりと起き上がるミーナちゃんに言う。
「彼氏と別れてくれるんだよね?」
そう言うと、ニッコリ笑って言いました。
「なんか、すっごいイケナイこと言っちゃって、マジで興奮しました!ありがとうございます!」
「え?別れないの?」
「別れないですよ?今日、彼氏と友達、肉食いたいって言ってたんで。今日は、ありがとうございました!」 
プロでした。でも、また、会いたいと思いましたとさ。
パパ活女に感動動画を見せ家族を思い出させる
0176_20190327194330936_20191029224349af3.jpg0177_20190327194331cb2_20191029224351f18.jpg0178_201903271943334d7_201910292243529fa.jpg0179_20190327194334bb4_20191029224354037.jpg0180_20190327194336333_20191029224355ecb.jpg0181_20190327194337e5c_20191029224357bdc.jpg0134_201901062327246c5_20191029224347cc0.jpg0135_20190106232726b32_20191029224348179.jpg
ばったり再会援助交際相手が実の妹だった
過去の裏モノ読者ページで、幾度となく“ばったり再会シリーズ“を読んだ。
テレクラの相手が昔のクラスメイトだった、チャットの相手が奥さんだったと、その偶然に驚かされつつも所詮は他人事と思い込んでいたが、ついに先日、俺自身が究極のばったりに遭遇してしまった。なんとエンコーの約束をした相手が、実の妹だったのだ。
もう、恥ずかしいやら情けないやらで、今も顔を合わせられないほどだ。
3つ下の妹は派手でもなさそうだ俺は22才の会社員、妹の麻由美は18才。共に親のスネをかじりながらの実家生活だ。仲はいいのか悪いのか。小学時分はよく一緒に遊んでやった記憶もあるが、俺が中高と進むにつれ、どこの兄妹もそうであるように、自然と会話は減っていった。
一緒に住んでいるくせに、今では顔を見ない日すらある。2人とも行き帰りの時間がバラバラで、家ではいつも自室にこもりきりだ。仲が悪いというわけではない。喧嘩はしないし、連絡など取らないくせに互いのケータイ番号やメアドも知っている。
生活も、母親の口を通して情報が入っていた。部活には所属せず、成績は中の中。バイトはピザ屋ので、彼氏はいない。茶髪ミニス力とはいえ、たまに家に連れてくる友達を見た感じ、交友関係は派手でもなさそうだ。
俺の時代と似たようなものかが、自慢の妹かと問われれば答に詰まる。晶員目に一見ても力ワイイとは言えぬルックスは、肉親ですら哀れみを抱くぐらいだ。ま、その辺りも兄譲りなのかもしれん。
出会い系サイトを使ってエンコー相手を探していた。会社の同僚が飲み会に出かけたときのことだ。できればエンコーなどしたくないのだが、最近の出会い系の率の悪さにはほとほと嫌気が差す。月にー度は手っ取り早く工ンコーに走るのがここ半年の習慣だった。
〈ホ込みイチゴでOKな子〉
俺の住む茨城の田舎でも、この条件を飲んでくれる女は、そうそういない。30分ほど待っても、反応は35才のオバハンー人だけだ。
ホ別イチゴに変えようかと迷い始めたとき、そのメールは届いた。
〈ユ力一大学生です。ーゴム付、尺無しで一〉
大学生と聞いても、妹との関連などこれっぽっちも浮かばなかった。ただ、尺無しの条件が引っかかっただけだ。
〈尺無しなら1かな〉
しかもこれはホ込の値段だから、力ラオケでやっちまえばもっと値切れるぞ。
よっぽど金に困っているのか、ユ力はあっさり承諾した。
〈OK、着いたら連絡して。番号は090〉ちなみにこのとき俺は、出会い系用にと以前に購入した身元不明のプリケーを使っていた。エンコー然り、ドタキャン然り、身元がバレないほうが何かと便利だからだ。今回はこの用心深さがもっとも功を奏した場面かもしれない。もし本来のケータイだったらアドレスや番号が知られていたかと思うと、冷や汗が出る。
ユ力の提案を受け、俺は駅へと急いだ。
〈もう着いちゃったよ。待ってるね〉
早く着き過ぎたため、店内でコーヒーを飲みながら、ガラス越しに外の様子を眺める。この時間帯、制服の女子大学生はバ力みたいに多い。どいつだろ。くー、楽しみだなー
〈私も着きました〉
メール着信。そのとき、どこかで見たことのある黄色い力バンが目に入った。あれ、妹の麻由美だ。何してんだよこんなとこで。つーか、現場を見られたらヤバイぞ。まさかエンコーだとはバレやしないだろうが、いつも女っ気のない兄貴が女子大生と一緒にいるなんて怪し過ぎってもんだ。
俺はすかさずユ力にメールした。
〈待ち合わせ場所、変えてもいい?〉
場所変更のメールを送信すると同時に、ガラスの向こうで麻由美が手に持った携帯をパカッと開いた。え、まさか、嘘だろ。
あわててケータイ(プリケーじゃないほう)のメモリーから妹の名前を探し、アドレスを確認してみる。い、いい一緒だ。
変更場所を聞くためか、麻一由美がケータイを口元にあてーた。俺のプリケーがブルブルー震える。出れねーよ。
★急用ができたとメールを打ち、その場はかろうじて逃れた。いや、逃してやったと言うべきか。
一足先に自宅に戻り、妹の帰りをそわそわと待ち続ける。ー万でOKを出すほど切羽詰まっているならば、また別の誰かを探してホテルに行ったに違いない。
およそ3時間後の午後11時、麻由美が階段をドタバタ駆け上って自室に入る音が聞こえた。もちろん、俺は部屋から顔を出すことすらできなかった。
エンコー相手がまさかお兄ちゃんだなんて…

スナックでモテる服装と女の子との接し方・地方ではキャバクラよりスナックの方が面白い!?

0030_202006152116161be.jpg0031_202006152116175a3.jpg0032_202006152116191ae.jpg0033_20200615211620ce5.jpg0034_201810251048142dd_20190928140731821.jpg0035_20181025104816cff_201909281407325a5.jpg0036_201810251048174e1_20190928140733a6c.jpg0037_201810251048183bb_201909281407358d7.jpg0038_20181025104820475_20190928140736986.jpg0039_20181025104821df9_20190928140738f9b_20200108160429b64.jpgアパートを出ると満月が輝いていた。仕事を果たしたという満足感にしばし酔いたい自分と得体の知れないヤルせなさをごまかしたいとい気持ちが交錯し、とてもじゃないがまっすぐ宿に帰る気にはなれない。都合のいいことに、見渡せば、四方八方に飲み屋が軒を連ねている。しかし、まだ20代のオレには一見でオネーチャン付きのスナックに入れるほどの度胸はなく、フッウの居酒屋でチビチビ飲むのがせいぜいだ。そこで、ちょうど目に入った居酒屋「H」の暖簾をくぐってみた。ところがいざ入ってみると、ちょっと様子が違う。ママらしきオバサンと、ド派手なスーツを着たホステス風中年女が2人で手もみしながらお出迎えしてくれるではないか。しまった。居酒屋とは名ばかりで、中身は単なる田舎のスナックだったのだ。そのままUターンして出て行こうかと思ったが、さすがは観光地。半ば強引に席に着かされたオレは、一杯注文させられるハメになってしまった。
「ドコから来たのョ」ラーメン屋のママとはまたひと味違うアクセントのママは、台湾人。彼女以上にかしましいホステス軍団は、片方は台湾人、残りがタイ人らしい。どっちも個人的には酒だけの付き合いに留めておきたいキャラクターだが、温泉の夜がここまで国際化しているとは。しかしこのホステスたち、客商売のワリにはどこか奥歯に物が詰まったような話しかしてこない。「仕事はナニ?」「お金持ち?」と聞いてきたかと思えば、結婚しているなどとは一言も言っていない独身のオレに「奥さん、キレイな人?」とカマをかけてくる。その遠回しな話題の振り方にどこかさっきのラーメン屋のママに似た空気が感じられるのだ。1杯目を飲み干し、おかわりを頼むと、今度は台湾人ホステスが自分にも焼酎をおごってくれと言ってきた。キャバクラならその時点で即座に店を出るところだが、このまま消化不良で宿に戻るのも脈に落ちない。でも、コレで単なるボッタクリだったらシャレにもならんしな。そう考えていたときのこと。
「オニーサンね、ストリップに興味ある?」
なんと、またまたママが突然、割引券があるので行ってみるかと言い出したのだ、何の脈絡もなく。
まったく、全店挙げてのキャンペーンをやっているとでもいうのか。
「でも、見るだけ、おもしろくない。女の子は遊ぶのがいいね」アレ?どこかで聞いたセリフ…。
「オニーサン、遊ぶ?」どうやらスナックの正体は、女も食える居酒屋だったらしい。注文すれば、2万4千円。で、肝心の女の方はといえば…。「どっちか選んでョ。好きな方でいいから」
オレは、今度こそ迷わずその場を後にしたのだった。I温泉では、こうした飲食店ぐるみの売春行為はしょっちゅう行われているのだろうか。実は最後に入ったスナックで、勘定を払う際に尋ねてみたのだが、それは教えられないと冷たくあしらわれてしまった。ただ、ラーメン屋ですら女が買えてしまうこの事、実。温泉地の底力をあなどってはいけない。
スナックでモテる服装と女の子との接し方
女性のいる飲み屋はいくつになっても楽しいもの。ことスナックという場においては、シニア慣れしたホステスが多く、私たちが気持ちよく飲めるように気を遣ってくれたり、ちょっとした色事の真似なんかもあったり。だからスナック遊びはやめられない。そんなスナックを最大限に楽しみ、なおかつホステスからモテるうえに、お持ち帰りまでをも達成している「スナックの達人(60才、関西在住)」に、遊び方のコツやふるまいを学ぶとしよう。スナック遊びを始めてウン十年。若いころから様々な店に通っていることもあり、自分の中でなんとなく、ホステスにモテるためのイロハを確立できたと自負している。自分なりの経験をもとにした話なので万人にとって有益かどうかはわからないが、ちょっとでも参考になればありがたい。まず、スナックに行くときには服装に気をつかうことが重要だ。スナック通いをしている人ならわかるだろうが、客の多くは仕事帰りの作業着で来ていたり、パジャマかどうか区別のつかないヨレヨレのジャージ姿だったりする。これではいくら酒の飲み方がキレイで話が面白くても、ホステスたちが本心から「この人イイかも」と思ってくれるはずなどない。
まずはちょっとでも、男として見てもらえるような工夫が必要だ。そこでワタシは、『しまむら』『アベイル』といったファッションチェーンでコーディネートをする。ここなら無難で、かつ安価に、まあまあ見栄えの良い格好を調達できるのだ。
ポイントとしては、まずはハットから決めること。しまむらには中折れハットが2千円前後で売っており、一見すると安物には見えないクオリティだ。これをまずは決めて、それに合うようにシャツ、また黒かベージュのスリムパンツをそろえれば、他のスナック客とは一線を画す見た目に変身できる。上下そろえて5千円程度おさまるので、一式買っておけば良いだろう。
ホステスからの反応は明らかに違う。そもそもワタシも、最初はスウェット姿で店に通っていたのだが、あるときこれを着ていったら「オシャレやねえ、どこのデパートで買ったん?」と言われるほど。初めて行く店であれば、まるで紳士のような扱いをしてくれるので、クタクタな格好よりは100倍モテ要素がアップすると断言できる。ついでに、しまむらでは財布を買っておくのもオススメだ。ボッテガヴェネタ風の長財布(2千円ほど)をお会計のときに出すと、一様に興味を示してくれる。服装を変えることで、「ちょっと洒落た、小金を持ってそうなオジサン」を演出することが狙いだ。店内でのふるまいも、ワタシなりに決めたものがいくつかある。まずは酒の飲み方だ。1セット3千円などといった料金体系のスナックなので普通にそれで入店するのだが、女の子の飲み物は別料金となることが多い。そこで、ホステスが席にやってきたらすかさずこの一言だ。
「素敵な子で良かった。一杯だけごちそうさせてよ」嬢から要求される前に「一杯だけごちそうさせて」当たりまえのように思われるかもしれないが、思い返してみてほしい。皆さんは、女の子のほうから「一杯いただいてもいいですか?」と言われてから飲ませていないだろうか。
ワタシの経験からすれば、(店で知り合って付き合いが続いたホステスたちいわく)自分から女の子にお酒を飲ませるその姿勢に感動した、と言われることが多い。ケチケチした感じもなければ、女の子を気遣っている雰囲気が出せる、魔法の一言といえるだろう。
で、いざこれをやってみると、最初に「一杯だけ」と言っただけあって、嬢彼女らは二杯目以降、ハウスボトルを飲んでくれる場合が多い。意外と金もかからず、男の度量を見せられる言葉だと自画自賛している。
会話に関しては、無理に取りつくろう必要はないだろう。たとえば大企業の役員だとか、そのように自分を大きく見せるのはボロが出るうえ、疑いの目を向けられる可能性もある。素直に、年金暮らしだとか、貯金を切り崩して暮らしてるとか伝えるだけで良い。なんせ格好とそれまでの飲ませ方で、ホステスたちは勝手にこちらを気品のあるオジサンだと勘違いしてくれているのだから。
スナックと言えばカラオケだが、ワタシはここでも大多数の客を反面教師としたふるまいを心がけている。まず、一人で唄う曲は入れない。これ、他の客を観察していると良くわかるのだが、一人で音を外しながらカラオケしている客は、どうしても滑稽に映るものなのだ。よほど歌唱力に自信があるなら別だが、無様な姿を店全体にさらすのは得策とはいえない。そうなると女の子とデュエットをするという選択になるわけだが、ここでもコツがいる。歌唱力の低さが際立つようなバラードは選ばない方がよいだろう。
『愛が生まれた日』や『銀座の恋の物語』はさけておいたほうが吉だ。というわけでワタシ的オススメナンバーワンは、『ふたりの愛ランド』だ。石川優子とチャゲの明るい曲調は、ある程度ヘタな歌声でもごまかしがきく。ここでもうひとつ注意しておきたいのが、手を握ったり、肩を抱いたりするのもNGという点。その他大勢のセクハラ客とは、きっちり差別化をはかっておきたい。初めての店でこれまで紹介してきたような作戦を行いつつ、ホステスと連絡先交換をしておく。そして以降に通うときは、「行くたびお小遣い」を続けるのがワタシなりの好印象付けテクだ。小遣いといえど、その額は毎回1千円程度で構わない。金額の大小ではなく、「この人は来るたびに お小遣いをくれる人なんだ」と刷り込むことが重要だ。会うたびにお金をくれる優しいオジサンとはすなわち、彼女らにとっては会っても損がない人、つまり会うことでメリットがある人物と思われることを意味する。これを重ねていくことで、「今度は外でご飯でも食べようか」と誘うことのハードルが低くなる。外で会うことを続けられれば、お付き合いのような関係が続けられるのもすぐそこだ。こうして「ちょっと金を持っていそう」で、「オシャレにも気を遣っていて」、「エッチじゃない人」になりきることで男女関係が見えてくる。ワタシの場合、最悪はお小遣いをあげるから一晩付き合ってといった裏技を使うこともあるが、これも行くたび小遣いを徹底していることで、お金を受け取ることの抵抗感を軽くさせているから成功するのだろう。
Copyright © エロ漫画無料アダルト裏モノJAPAN All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます