口説きのタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:口説き

一人暮らしの女性は口説きやすい・閉店後のデパートがナンパに結構使えるぞ|出会い攻略

0108_20190623185910c90_201910261242565de_2020011115495090e.jpg0109_20190623185909b21_20191026124258d5e_20200111154952ce2.jpg0062_2019010118104668d_20191026124243368.jpg0063_2019010118104824c_2019102612424431e.jpg0064_2019010118104991b_20191026124246ab0_20200111155036292.jpg0065_2019010118105036d_20191026124249a72.jpg0066_20190101181052489_20191026124251d1d_20200111155132075.jpg0067_2019010118105464d_2019102612425433a.jpg
【概略・全文は上記記事をお読みください】
閉店後のデパートが結構使えるって知ってました?
ほら、店が閉まった後、入り口に立入禁止のローブが張られる、デパートってあるじゃないですか。若者たちがたむろってる光景って見たことないですか
ヤツらにとっちゃ格好のたまり場なんでしょうけど、中にはナンパ待ちしでる女もいるんですよね。中でも狙いは、ズバリ、赤いカードの丸井です。特別オシャレなイメージでもないんだけど、なぜかいちばん若いコが集まってるんですよね

セックスで女をオトす枕ホストの色恋テクニック・疑似恋愛術|ナンパテク

0225_20181120173928057_201910062113175ac.jpg0226_20181120173930353_2019100621131894c_2020011000471496d.jpg0227_2018112017393196a_2019100621132075c_20200110004841260.jpg0228_20181120173933f1a_20191006211321655_2020011000484259c.jpg0229_20181120173934bcd_2019100621132365c.jpg
ホストクラブで飲めるというのは、体育会系の飲み方を、毎晩できるということ。セックスの旨味も使い切ってる枕ホストの色恋疑似恋愛術はどのようなものだろうか、突撃取材してみました。

俺は歌舞伎町セントラルロード入口で1人の男を待っていた。相手は枕ホストを生業とする人物。紹介者によると、枕(セックス)で女を色恋にオトし、金を自在に引っ張りまくるジゴロで、喰った女は千人以上、年間6千万を売り上げるらしい。加えて聞き捨てならんのが、歳はオレと同じ27才と聞く。ったく、いったいどんなヤツなんだ。俺なんて、経験人数8名、月収20万だぞ。ナンだ、この格差。うらやましすぎるじゃねーか。どうせ、めっちやカッコマンなんでしよ。デ力ちんマンなんでしよ。神様の不平等を、痛感させてくれるんでしょ。
「ちわっす、ユウキです」
男は10分遅れで現れた。これといって特徴もない、フツーの若者である。ビジュアルレベルも俺とさして変わらない。ホン卜にそんなオイシイ生活送ってんのか?信じられん。信じたくないぞ。
「っていうか、枕ホストが仕事だからさ。それまでは、経験人数5人くらいだったし、ちんこもフツーだよ」ってことは何か。枕ホストって職業自体が、そんなにハメハメできて、金もガッッリの旨味のある商売なのか。もしや俺にだってできるのか。話、きっちり聞かせてくれ!

5年前、大学出て、貿易系の営業マンになったんだよね。で、入社1年目の秋かな、キャバクラにハマって、あっという間に生活がアップアップしだしたんだ。それでも止められないんだよな。なんて話をホストやってる友達のタツヤに話したら、オマエもオレの店で稼げばって。笑っちゃったよ。実力次第だと思うけど、んなもん今のご時世、おいしい商売だなんて誰も考えないじゃん。でも、ヤツは結構マジに言うのよ「オマエ水商売経験あるし、割と向いてると思うんだよね」実は大学時代、2年ほど歌舞伎町のショットバーでバイトをしてたんだ。カウンターのみの8席で、深夜から朝方にかけて、ホストやキャバ嬢がグチをこぼしに来る。僕はそれを聞きながら、酒を出してやる。そこで、タツヤとも知り合ったんだ。
「オマエ、キャバ嬢に評判良かったじゃん。小遣いくらいなら、すぐに稼げそうな気がすんだよね」
タツヤが真剣に勧めてくれるもんだから、その気になったってのが正直なとこだろうな。とりあえず会話には自信あったし、うまくすりゃ、イイ金だって手に入る。まあちょっとやってみるのもいいのかって。昼の仕事?もちろん、そのまま続けるつもりでいたよ。入店初日に、30過ぎの幹部ホスト・ヤマザキに、怒られたことは今でもよく覚えてる。先輩のシンヤが席を外している間、客の相手してたんだけど、そこで下手を打ったらしいんだ。ヤマザキに呼び出されて店の裏口から非常階段に出たら、スゲー顔が待ってた。
「さっき女の子に、職業を聞いてたな?シンヤが言ってたぞ」みぞおちを思いっきり殴られウズくまったら、アタマの上から怒声が飛んできてさ。
「最初に言っただろう年齢・職業はタブーだって。女の子がムカついて、店に来なくなったら、どう責任とんだ。コラ」体で覚えさせるっ-の?これは効いたよね。もっとも、それ以来、殴られたことはないけど、トロい連中はよくやられてたよ。灰皿の交換が遅くて1発。客への口の聞き方がなってないと1発。

キープボトルの扱いが悪くて1発。とにかく、ホストは体育会系なんだ。ちなみに殴られるのはすべて腹ね。一応、顔はホストの商売道具だからさ。ホストは指名客を作らないと、いつまでたっても売り上げ《0》。厳しい店だと給料も《0》なんだ。けど、フラっと来店した一見の客が、新人ホストを指名することなんてあり得ないから、《キャッチ》で客を見付けてこなきゃいけない。《キャッチ》ってのは、路上で女の子に声をかけ、店に遊びに来てもらう営業なんだけど、コレが曲者なのよ。「久しぶりじゃんドコ行くの?」斜め前から女の子の正面に入り、親しげに話しかける。もちろん初対面だし、相手はキョトンとするけど、続けざまに言うんだ。
「あらら人違いだった。ごめん。けど、どっか遊び行こうよ」
フックしたら、女の子と飯を食ったりカラオケに行ったりして、指名の確約を得てから、店に連れ込むんだ。言っとくけど、そこでかかる金は、ぜんぶ自前ね。キツイぜぇ。でも、このプロセスを省いたら、来店率はグンと下がるし、かろうじて来てくれても、他のホストを指名されたりするから。僕の場合、昼間の仕事もしてたからまだ余裕があったけど、他の新人なんかこの時期にどんどん辞めてったから。あと、ビビったのが酒だよな。ホストクラブじゃ、《飲めないと話にならない》ってことくらいは、新人も理解してやって来るんだけど、大半がその量を甘く見てるよね。もち、体育会系だから。ホストクラブで《飲める》というのは、体育会系の飲み方を、毎晩できるということ。「はい、またユウキの負け。テキーラ一気」
これが、ずーっと続くんだぜ。ショットバー時代に鍛えてなかったら、完全にツブれたよ。ユウキと同じ月に「A」に入店したホストは12名。3カ月後、残っていたのは彼だけだったという。ショットバー時代の経験のみならず、ホストとしての資質があったのだろう。その後ユウキは、徐々に売り上げを増加し、入店4カ月目で昼の仕事の2倍の給料を稼ぐまでになる。その額、約50万。
本業に変わろうとしていたそのころ、彼にホストとしての転機がやってくる。初めて客とセックスしたのは、入店5カ月目ぐらいかな。閉店までいた指名客のミカに、酔った勢いで、つい「休んで帰ろうよ」ってね。もちろん付いて来たよ。別に不思議なことじゃない。キャバ嬢からセックスを誘われて、断る男はいないだろ。

それと同じ。女も性欲あるわけだし、《お気に》のホストとヤリたいんだよ。マンガみたいなアプローチしてくる女の子も多いね。店終わった後、2人でショットバーに腰を降ろしたら「酔っちゃった〜」って。ベタベタじゃん。けど、それでも手を出さなかった。ヤマザキの教えがアタマにあったんだよな。「客とはセックスするな。いかにヤらずに、女を引っ張れるかだ」

人間の欲望にはキリがないだろ。一つの段階を上ると、また次の段階を求め出す。お客のホストに対する気持ちだってそう。自分への興味が少しずつ高まっていると思うから、店に何度も通い詰める。もしも簡単にセックスまで行き着いてしまうと、もうその先の欲望がほとんどない。だから、店に来なくなる確率が高い。正論だよ。とにかく、初めの頃はせっかく捕まえてきた指名客が来なくなることが一番恐かった。だからきっちりセオリーを守ってたんだけど、ミカで枕貞操を犯した意義は、それなりに大きかったと思う。

彼女、毎日のように営業メールを送らないと、気持ちをつなげておけないタイプなのよ。それが、3日に1度のメールでよくなった。疑似恋愛にハマつたっていうの?この手は使えると思うじゃん。つっても、どんな客とでもすぐに寝るのはバカだな。まずは、女の子たちにガツンと恋愛かまして惚れさせ、こっちへの気持ちを調教したところで初めて抱く。その結果、「女の子が片思い全開」みたいな状態を、うまく生み出せるのよ。あくまで、こ
っちが優位に立つのが基本ね。そういう意味では、女の子が、今どれくらいまで盛り上がってるのかを、しっかり読みとれる力を持ってないとダメだよね。見誤ると、1回のセックスで、去ってっちゃう。長い目で見ると、これはぜんぜんおいしくないよ。女の子のレベルを計る方法を一つ話そうか。うちのホストクラブ、トランスがガンガン流れてて、顔を寄せないと話せないの。で、何げに、極端に顔をよせてみてる。そんときの相手の顔で、だいたいわかるね。完全にオチた女の子たちは、言うがままで、胡散臭い言葉が面白いほど効くから笑っちゃう。
「もっと売り上げに協力してよ」「オマエは特別だからわかってくれよ。あんまかまってあげられなくてゴメン」
昼間の仕事は辞めたよ。馬鹿らしい、つ-か、とにかく忙しいのなんの。店が終わった後、客と1発目。その足で、別の客の家で2発目。夜、同伴出勤前に3発目。こんな生活が2年半くらい続いてるかな。セックスはかなりうまくなったよ。うらやましい?そんなことないって。1日3人が毎日続くんだぜ。きついきつい。それに、客とのセックスは、遊びじゃないじゃん。あくまで先にある金を引っ張るためだから、疲れたときでも、こまめに足を運ばなきゃいけないの。正直、ヤリたくないよ、セックスなんか。でも、会社辞めてまで選んだ道だしさ。割り切ってエッチするしかねーよ。とにかく、今はもう「女=金」としか思えないな。

悪どい手口もいっぱい覚えたし。例えばさ、指名客がみな金回りがいいとは限らないよね。水商売客ならいいけど中にはOLさんもいる。そんな子は、じきに財布がおいつかなくなるでしよ。すると「もうちょっと、頑張りたいんだ」、なんて相談されるんだ。「頑張りたい」ってのは稼げるお仕事をしたい、風俗だよね。もちろん、強制はしないよ。あくまで相談にのってやるだけ。その場でスカウトを呼び、彼女を紹介してあげる。それ以上、何もしないし、スカウトも何もしない。決めるのは彼女だから。けど、そうやって沈んでいく女の子たちは、とてもアツイよ。

今まで、月に5,6万しか使えなかったのが、急に自由な金が100万もある。金銭感覚が狂うだろう。狂った瞬間の人間ってのは、一番お金を使ってくれるんだよ。いい金ヅルだよ。店にやってきた女の子に対しては、めいいっぱい頑張るけど、ずっと引き続けれるかっていうと、それはムリだ。いくら《ホの字》にさせてるからって、セックスも、数をこなせば飽きるだろう。どんな客でも、いつかは店に来なくなる。もう、それはしょうがない。けど、その金ヅルが太いと判断したときはなかなか離さない。《裏っ引き》って方法で、引けるところまで引くから。

《裏っ引き》ってのは、店の外で客と会い、モノや金をもらうこと。女の子が店に足を運んでくれてるうちにやりすぎると、店に行かなくてもホストに会えると思われるから問題だけど、フェイドアウトした客なら、もう関係ない。セックスの旨味も使い切ってるから、さらに上の関係、恋人になり、金を引っ張りつくすよ。愛がわからないんだ。

ヤフー知恵袋のアダルトコーナーは出会いにつながるぞ|口説き体験談

0078_2018122813325947f_201910221641069a8.jpg0034_20180819094713bbf_20191022164104482.jpg1、初体験のセックスがトラウマでセカンドバージンの女の攻略法
「ヤフー知恵袋」にこんな相談が寄せられているのを見つけた。SnapCrab_NoName_2019-7-28_17-13-30_No-00.png
「彼氏ができても、怖くてエッチできません。もう何年もセカンドバージンです」
セカンドバージン。初体験のときなどにトラウマを抱え、その後セックスができなくなってしまった状態のことだ。AVの影響で乱暴に扱う男が増えたせいか、最近はこういう女性も多いと聞く。どこか心がざわついた。本物の処女にはかなうまいが、セカンドバージンってのもかなりのウブっ子に違いない。優しく開発してやれば肉欲のトリコになっちゃうのでは。
ヤフー知恵袋では、ヤフーのメアドをそのままハンドルネームにしている初心者が多い。試しに直メを送ってみるか
〈前の彼女も同じセカンドバージンでした。勝手ですがユミさんのご相談にも乗れると思います〉
やってみるものである。これがまんまと届いてしまったのだ。
〈メールありがとうこざいます。文面からアツシさんの人柄が想像できて、嬉しかったです〉
そこからはー日ー通ほど、他愛のない雑談をくりかえした。彼女はユミ、21才。セカンドバージンになったのは、中2のときの初体験があまりに痛かったからだとか。
バカモン、最初は誰だって痛いんだよ。
こうしてメールは続いたが、なかなか会うには至らなかった。なにせ俺は東京、彼女は静岡在住なのだ。なにより、会う理由もないわけだし。地味なメール関係は半年も続いた。その間、ユミは新しい彼氏を作ってはエッチできずに別れることを繰り返しているようだった。
のんびりしてられん。このままじゃそのうち誰かにセカンドバージンを奪われてしまう。
さすがにシビレを切らしてウソをついた。
〈今度、仕事で静岡に行くので、お茶でもしましょうか〉
なぜ顔も知らない女のためにここまでの労力を使うのか。我ながらあっぱれな性欲と言うしかない。〈本当っなんか恥ずかしいけど、待ってます〉
待ち合わせの駅前にユミはやってきた。常盤貴子を崩しに崩したような女だ。薄幸そうな表情が、いかにも性の悦びを知らぬ女っぽい。だからこそソソる。しかし喫茶店ではメールの延長のような会話しか交わせなかった。共に緊張し、小一時間でさよならとなってしまったのだ。
結果的にはこれでよかったのかもしれない。一度の対面は2人の関係を変え、以降のメールや電話でのやりとりがすごくスケべになった。
「二人エッチできないなら一人エッチしなくちゃね(笑)」
「そうですね」
「今ちょっと触ってこらん」
「はい・・」
痛みを恐れるセカンドバージンでもさすがにクリちゃんは感じるようで、テレフォンセックスで「たっぷりツバをつけて撫でてこらん」と誘導すれば、ユミは悶えながら従った。こうなれば、後の展開のため、セックスそのものの恐怖心も取り除いてやりたいところだ。といっても電話上の話だが。「じゃあ今日は俺のチンチンを触ってみようか」「はい・・」
「どうっどんな感じ?」「大きいです」
「じゃあ脚を開いて。入れるよ?痛くないからね」「はい」
「ほら入ったよ。痛いっ」「ううん、大丈夫です」
当たり前だ。テレフォンセックスなのだから。
何年もヤッていないと、処女と同じ感覚
前回からひと月も置かずに、また俺は静岡へ向かった。電話でのエッチを繰り返した後で、「男の力ラダに慣れる練習をしよう」と提案すると、ユミはあっさり受け入れてくれたのだ。ラブホテルに入り、隣に座って肩に触れる。
「大丈夫?」「うん。ちょっと恥ずかしい」
しばらく撫でた後、今度は二の腕に。
「ココはっ」「大丈夫・・」
さらに首に手を伸ばし、だんだんと胸に手を。
「ちょっと怖いかも」「少しだけガマンしてみよう」
ボリュームのない胸に優しく触れ、30分ほどその状態をキープ。だいぶ慣れてきたところで、勃起したチンコを見せる。
「ちょっとだけタッチできるかな?」
無言でチンコに手を伸ばし、一瞬触れてすぐに離した。今日を逃したら後はない。オレは思い切ってパンティの中に手を入れた。少しだけ濡れているのが確認できる。
「お願い、ゆっくり、ゆつくりしてね」
お望み通りゆっくりとクリトリスを触る。どんどん濡れてきた。
「挿れるね」「痛くしないでね」亀頭をマンコに沿わせ、数ミリずつ侵入していく。なかなか入っていかない。これがセカンドバージンか。なんとか亀頭まで入れてわずかに動かす。ユミは声も出さず、顔を手で覆っている。
「痛い?」「ちょっと。でも大丈夫」
マンコはちゃんと濡れているのにキツくしまっている。やはり何年もヤッていないと、処女と同じような感覚になるんだな。結局、感じているような素振りを一度も見ないまま、俺は勝手にユミの腹にザーメン搾り出した。
★これで俺に溺れてくれるのでは、との目論見は当たらなかった。その後もユミは連絡こそしてくるが、求めるのはいつもテレフォンセックスなのだ。いらんこと教えてしまったか
2、ヤフー知恵袋でこんな質問を見つけた。
〈投稿者ID:○○○/旦那とのセックスが無くなってもう8年以上経ちます。完全なレスに、どうしたものかと悩む日々。何か気を紛らわせる趣味を持ちたいと思うのですが、お勧めを教えてもらえ
ないでしょうか?〉
んなもん、不倫に決まってるじゃん…。ひとまず、挑発するような回答をしてみる。
〈諦めたらそこで終わりだと思います。できる努力は全てしましたか?〉
 投稿者から返信が。
〈ご指摘、ありがとうございます。ただ、旦那に対して自分自身、もうそういう気分になれないというのも本音で〉
旦那に飽きたレス女。狙わぬ手はない。そこで目を付けたのが、投稿者IDだ。デフォルト設定のままなら、@マークの前にIDを入れれば、本人のヤフーメール
(○○○@yahoo.co.jp)になる。ダメ元でメールを送ってみることに。
〈ヤフー知恵袋に回答させていただいた、山村と申します。不特定多数に見られる場では言いにくい気持ちもあると思います。よかったらメールで相談に乗らせて下さい〉
〈初めまして。メールありがとうございます。旦那に対して愛情はあるんですが、話せば長くなりまして〉
面白くなってきたぞ!彼女はノリコさん、静岡在住で現在42才。8年前、2人目の子供の出産と同時に、3人目はもう作らないと決めて避妊手術をしたのだが、その直後より旦那とのセックスがなくなったそうだ。つまり、彼女の悩みの元には、せっかく中出しオッケーな体を作ったのに…ってのがあるわけだ。そのあたりをやんわりと掘り下げて聞いていくと、核心にたどり着いたのか、彼女からこんな告白が。
〈実はこの8年で、10人以上の男性と不倫しました。その全員の精子を中で受け止めました〉
これ、心の堰が切れたと見ていいのでは。もっとしゃべりたくなっているのでは。このタイミングを逃す手はない。
〈こうやっていろいろ話を聞いているうちに、ノリコさんにお会いしてみたくなってきました。こちらから静岡まで向かいます。一度、ご飯でもどうでしょうか?〉
これが、私の不倫体験のアポまでの流れだ。本人は、どこにでもいるような生活にくたびれた感じの四十女だった。食事が終わって「私の泊まるホテルへ来ませんか」と誘ってやると、かなり照れ臭そうにしていた。が、いざセックスでは、貯め込んだ性欲をむき出しにして、積極的にモノを受け入れてくれる。もちろん中でたっぷり発射させてもらった。
3、ヤフー知恵袋にアダルトカテゴリがあることはあまり知られてない。ここでは男女入り乱れて様々なエロ質問をしている。
『男性がオナニーするときって何を考えてやってるの?』
『ワタシの胸、評価してください。自信はないのですが…(おっぱい写真添付あり)』
まあネタとして投稿してる女も多いのだが、実はオレ、ここで質問していた女2人とリアルに会ってセックスをしたことがある。流れは以下のとおりだ。先ほどの〝ワタシの胸…〞の投稿は結構多い。それに対してこうコメントする。〝素敵です。小さいとおっしゃいますが、男性にとってちょうどいい、形のキレイなお胸ですよ〞褒め殺しってヤツだ。そのコメントを入れたあと、すかさず質問者の女性宛にメールを送る。『僕は痩せててひょろっとしてるのがコンプレックスです。こんな体型ってやっぱりヒキます?(上半身の写メを添付)』知恵袋の投稿者IDは、そのままヤフーのアドレスと同様のことが多い。投稿者IDが「●△×」だったら、メアドは「●△×@yahoo.co.jp」ってな具合だ。添付した写真は自分の上半身で、多少腹筋が割れてるのがわかる程度のものだ。これに結構食いついてくる女が多い。『ぜんぜんいいよ☆てか細マッチョじゃん』とかなんとか返ってくるのだ。聞けば、他の男はチンコとかブサイクな顔の写メを送ってくるのが多いそうで、そんなのはそのままゴミ箱に入れてしまうのだとか。しばらくお互いの性体験(おっぱいが小さいとバカにされた話や、ひょろっとした男はキライと言われたなど)メールをやりとりし、住まいが近ければ『遊びに行こうよ』と誘い、遠い場合はエロ写メ交換やテレホンセックス相手になっていく。遊びに誘う場合は、すでにメールの段階で下ネタに走ってるので、『酒が入ったら襲っちゃうかも(笑)』くらいのことを言っても問題ないし、その誘いでのこのこ出てくる女は楽勝でヤレてしまう。

【漫画】個室で2人きりになれば口説き落としたも同然よ

1_201908162043408e6.jpg2_201908162043411e5.jpg3_20190816204342314.jpg4_20190816204344876.jpg5_201908162043457c0.jpg6_201908162043476c2.jpg0168_20180602110201976_20190816204348709.jpg0169_20180602110202ac5_201908162043504bf.jpg0170_20180602110203e8d_201908162043522e5.jpg0171_20180602110205935_20190816204353768.jpg0172_20180602110206f44_201908162043554e1.jpg0173_20180602110208df0_20190816204356ca2.jpg

【漫画】女は直球の口説きの方が効果的!恋愛駆け引きの極意簡単テクニック

201503026.jpg 201503027.jpg 201503028.jpg 201503029.jpg 201503030.jpg 201503031.jpg 201503032.jpg 201503033.jpg 201503034.jpg 201503035.jpg

プライベートサロンの女・レッスンの先生・営業OLをナンパ|口説き体験談

201506123.jpg 201506122.jpg201509123.jpg201509122.jpg
201504123_20200101194927d2b.jpg201504122_20200101194925d20.jpg
化粧品のマルチ営業OL編
昼下がり、喫茶店でゆっくりしていたところ、隣の席で女性2人が会話していました。
「キレイになりましょう」「幸せになりましょう!」「夢を実現しましょう!」。そんな台詞を聞けば誰だって気づきます。そう、これは化粧品のマルチ営業の場面です。勧誘されていた女性が先に帰ったところで、すかさず話しかけました。
「お姉さん、さっき化粧水の話をしてましたよね? 最近肌が荒れちゃったのでなにかおすすめってありますか? 男なんですけど(笑)」化粧品マルチは、男性販売員の獲得にも躍起になっているので、彼女は水を得た魚のように話し始めました。「男性の方でも使われる化粧水があって・・・」から始まる20分強の説明を、とにかく興味深そうにうなずいて話に耳を傾けます。こうした態度をとっていると、必ずこう誘われます。
「もしよければなんですけど、このあと時間ってありますか?」連中は主要繁華街にいくつか「サロン」と呼ばれる拠点を持っており、ここにマルチの「師匠」が待っていて、さらに退屈な話
を聞かされることになります。というわけでサロンに移動して彼女の師匠、彼女、私の3人でマルチのビジネスモデルの説明を受けました。説明が終わり、会場を出たところでようやく彼女と2人に。この瞬間が一番の狙い目です。
「いっぱい聞いたけどまだよくわかんないかも。よかったらもう少しだけ話を聞かせてもらってもいい?」
ボクが興味を持っているのでムゲに扱うわけにはいかない。当然、相手は乗ってきます。そこでこの一言。
「ありがとう。でも、このあとアポがあるから○○(ホテル街)に行かなきゃいけないんです。移動してからそこで聞かせてもらってもいい?」
カモを逃したくない彼女はまんまとホテル街についてきました。自然に居酒屋に入ったところで、ここからは攻守交替。このマルチに入ったきっかけを聞きます。狙いは、過去の不幸話を引き出すことにあります。そもそも化粧品のマルチ女は「美容」と「幸せ」を志向しているので、過去はモテなく、そして不幸だったんです。だからこんな質問を投げます。
「前はどんな風に辛かったの?」
彼女はこれまでの辛さを話し始めました。元々イジメられっ子でどうのこうのと。
「・・・だから、がんばってキレイな女の子になって幸せになりたいんです!」
すっかり気が抜け、なんでも話してしまっているのは、師匠がその場にいないからに他なりません。そこにはむき出しの弱い女性が一人いるだけ。お酒も当然すすみますよね。一通り話を聞いたところで、自然とセックスに関する質問をします。
「じゃあぜんぜんドキドキするようなことしてないの?」
「うん、してない」
「いろいろ我慢してるんだね」
「そうかも…」
 ストレスをなんとかしたい、という方向に持っていったところで勝負の一言。
「じゃあ、このあとちょっと休んでこうか」
店を出てからホテルまでは一直線でした。
「ランニング講習」の先生編
ターゲットは「ランニング講習」の先生です。初回の無料体験講座で概要を聞き、軽くレッスンをし、そのまま契約という流れが一般的なので、先生は営業ウーマンでもあるわけです。無料体験を申し込んだところ、さっそく先生から連絡が入りました。
〈場所は都内でしたらどちらでも伺います〉
とのことなので、新宿のシティホテルっぽいラブホ(あそこです)にチェックインし、ホテル前まで
来てもらうことにしました。午後1時、現れたのは、吉岡美穂をより薄い顔にしたかんじの長身女性。年齢は25才だそうです。
「はじめまして。あれ? まだ着替えてないんですか?」
「着替えはここ(ホテル)の中にあるので」
「え? ホテルとってるんですか?」
戸惑いの表情を見せる先生にこう返します。
「走った後にシャワー浴びたいじゃないですか」
「あ、そうね」
第一関門を突破し、先生と一緒にホテルに入りました。
「じゃあ、着替えがすんだら教えてください」
事務的に連絡する先生を制止します。
「ちょっと待ってください、軽くごはん食べてからでもいいですか?」
「ええ、いいですけど食べ過ぎないでくださいね」
ランニング講習をうけるはずが、なぜかホテルの部屋で一緒にランチをしながら雑談する流れになり
ました。
「先生はなんでこの仕事を始めたんですか?」
定番の「自「私、体育大卒業するまでずっと陸上してたんです。でも社会人で陸上部に入れなくって。夢を諦めていまは教員採用試験に受かるために浪人中なんです」
「じゃあ色々と大変だ。ちゃんと癒してもらう彼氏はいますか?」
「うん、2年くらい付き合ってる彼氏がいるよ」
先生がタメ口に。少し気をゆるしている様子です。その後、周辺を一緒にランニングし、ホテルに戻
ってきました。共に汗を流したことで、文化祭を終えたクラスメイトのような気分です。
「じゃあ、僕が先にシャワー浴びちゃいますね」
「はーい」
サラリと先生もシャワーを浴びることに合意させました。先生が出てきたところでマッサージ作戦です。「ボク、整体をやってるんで足のマッサージだけさせてください」
「なに? いいのよ、そんなに気をつかわなくても」
「いいですよ、軽く5分くらいで終わりますから」
「下心ない?」
「大丈夫ですって、先生そのタオルでちゃんと身体隠してくださいね」
かくして足元から健全なマッサージを…するわけありません。
「先生、彼氏とぜんぜんエッチしてないでしょ?」
「なに聞いてんの?」
「内股の硬さでわかるんですよ」
「ウソみたいなこと言わないでよ、もう」
会話が途切れてきたところで、ゆっくりとタオルの中に手を入れます。抵抗はありません。
「あっ…」
漏れた吐息を聞き逃さずゆっくりとタオルを剥ぎます。腹から乳房付近にたっぷりベビーローションを垂らし、乳首を刺激。
「ううんっ…! うんっ!」
はい、陥落しました。レッスン系の営業さんは、仕事の動機を聞いて心を開かせたあとに、先生と生徒の関係を崩していくのが、やはり近道ですね。
脱毛サロンのエステティシャン編
ターゲットとなったのは脱毛サロンのエステティシャンです。彼女と知り合ったのは異業種交流会で
した。こういう場には、自分のビジネスにつなげようとガツガツ話しかけてくる女性が溢れています。名刺交換をした33才の彼女もその一人でした。
「去年独立して男性用の脱毛サロンを開いてるんです。いまは男性も脱毛するのが普通なんですよ」
「実は僕、けっこう毛深いんですよね」
 彼女が望むような回答をしてあげると、好反応を示しました。
「だったら一回体験してみません? 無料なので」
 無料体験をさせてそのまま自然な流れで半年ほどの契約を申し込ませるのが、彼女らエステティシ
ャンの特徴です。後日、彼女が開いているサロンに足を運ぶことに。ここで押さえておきたいのが、独立系エステティシャンは決して儲かっているわけではないということです。エステに使われる場所は雑居ビルのワンフロアで、機材もテナントもすべて時間単位でレンタルしているもの。また、売上の半分以上はフランチャイズ本部に納めなければならないので、ほとんどのエステティシャンは常に客不足に悩まされているのが現状です。この不安にうまく入り込んでいくのがポイントなのは言うまでもありません。軽い世間話をしながら施術が始まりました。彼女は現在3年続いている彼氏と同棲中だといいます。でも、ビビってはいけません。同棲している女性こそセックスレスなものですからね。下半身付近の脱毛をお願いしたところ、なかなかきわどい足の付け根まで彼女がレーザーを押し当ててきます。適度な振動につられ、下半身が自然と膨らんでしまいました。
「きわどいことするから大きくなっちゃったよ」
「ちょっと! やめてくださいって!」
笑いながらあしらう姿からして、エロいことに極端な嫌悪感はないようです。施術が終わったところで、彼女が自然な流れで次の施術スケジュールを提案してきました。これ、事実上の契約です。
「ちょっと待って。次のスケジュールの前に、もう一人脱毛してほしいっていう男友達を紹介してもいい? そのとき、僕も一緒に話を聞きたいんだけど」
「もちろん大丈夫ですよ!」
こうして、後日の夜アポを取り付けることができました。もちろん「友達」なんてのはウソ。迎えた当日。友達は急遽予定が入ったということにして2人で飲むことに。施術の話はそこそこに、経営の悩みを聞き出します。
「独立するって大変でしょ?」
「はい。お客さんがぜんぜん集まらなくって。でも社長さんと週一回ミーティングがあって、そのときに結果を報告しなきゃならないんですよ」
「大丈夫? 彼氏にちゃんとフォローしてもらってる?」
「ぜんぜん。一緒にいてもほとんど話さないし、孤独で・・・。ていうかすみません、こんな話」
恋愛の悩みまで吐露し始めています。こうなったらほぼ勝負は決まったもの。
「明日午前中、予約入ってないんだよね? じゃあ今日は特別にパーッと気分転換しましょうよ。カラオケとか最近行ってる?」
「ぜんぜん行ってない! 行きたいです!」
カラオケであっさりとキスを済ませ、1 時間後にはホテルにイン。プライベートサロンの女は、うまく悩みを聞き出せばすぐにセックスできる最高のカモなんですよ。

イエスを引き出す交渉術イエスセット話法でナンパ即セックスに挑んでみた

営業マンをやっている友達が会話のテクニックを教えてくれた。
「今日はいい天気ですね?」
「そうですね」
「こんな日はドライブでも行きたくなりますね?」
「そうですね」
「ドライブではやっぱり音楽を聞きたいですよね?」
「そうですね」
こんなふうに同意を引き出す会話を繰り返しておくと、相手は無理めの要求も断りづらくなり、商品を売りつけやすいらしい。「イエス話法」というテクニックなんだと。
ふーん。女を口説くのにも使えそうじゃん!
そんなわけでやって来たのは、新宿のお見合いパーティである。オレの十八番のナンパ場だ。
まずはサクっとカップルになって…と思ったが、残念ながら結果は不成立に。すぐさまいつもの出待ち作戦に切り替えた。パーティ終了後、会場前で張っていると、不成立の女たちがトボトボ出てきた。どの子を狙おうかな。
紺色スーツのコに声をかける。
「お疲れさま。えーと、田中さんでしたよね?」
「あ、どうも」
「フルートの先生をやっている方で」
「覚えてるんだ」
 改めて自己紹介をしながら、駅に向かって歩く。雰囲気は悪くない。
そろそろイエス話法を織り交ぜてみるか。
「フルートの先生なんて素敵な方がほっとかれるなんて、今日のパーティはおかしいですよね」
「ははっ」
「そもそも、あんな短い時間でパートナーを決めろってのもちょっと無理がある話とは思うけど」
「たしかに」
「だけど、短時間でも不思議とピンとくる人ってのはいますよね?」
「そうですね」
「巡り合わせってやつなんでしょうね?」
「そうですね」
こんな感じでいいのかな。いいんだよね。まもなく駅前までやってきた。
「帰りが一緒になったのも何かの縁って感じですよね?」
「そうですね」
「せっかくだし、そのへんでゴハンでも食べたくなりますよね」
「そうしましょうか」 上手くいったじゃん!
駅前の居酒屋に入り、それぞれ生ビールを頼んだ。
「かんぱーい」
上手く飲み屋に連れ込んだが、ここまでは普段でもまあ割と成功している。勝負はこれからだ。
「家は西荻なんだ?」
「もう3年住んでますよ」
「いい町でしょ?駅前の商店街がまたいい感じだし」
「そうなんですよ」
イエス話法を意識しながら会話していく。と、彼女のグラスが空になった。
「いい飲みっぷりだね」
「そうですか」
「次は日本酒とかいっちゃう感じですよね?」
「ふふっ、じゃあ頂きます」わーお!もう完全に主導権握れてるのかな。
2人で日本酒をちびちびやりながら語り合う。互いの仕事の話やなんかをした後、彼女の恋愛関係へ。
「前の彼氏はピアニストだったんですけど」
「同業種だと色々理解しあえそうだし良さそうだよね?」
「だけどまあ別れたし…」
「じゃあ、今日はそのあたりの話をいろいろ語ってくれるでしょ?」
「聞きますか?ま、ひとことで言うと、相手がウツ病になっちゃったんですよ」
彼氏が仕事のプレッシャーで狂ってしまい、それに彼女が愛想をつかしたという流れらしい。
チャンスだぞ。彼女に味方して喋れば、いくらでも同意を引き出せそうだぞ。
「田中さんが別れの決断を出したのは悪く無いと思うよ。やっぱり自分の人生が大切だもんね」
「ですよね」
「縁がなかったんだと結論付けた感じでしょ?」
「そうなんです」
がっつりYESを稼がせてもらいまっせー。
恋愛話の途中、何気に聞いてみた。
「今日はオレ、田中さんちまでタクシーで送ろうかな。せっかくだし、終電忘れてがっつり飲んだほうが楽しそうじゃん?」
「そうですね」
効いてる効いてる!
夜2時。居酒屋を出て、一緒にタクシーに乗った。
カップルになってもいない相手とこんな時間ま飲めただけでもちょっとした成功だが、オレの狙いはもちろんセックスだ。
タクシーは一軒のアパート前までやってきた。ささっと金を払って一緒に降りる。
「セントウ君も降りるの?」
「だってさ、このまま別れるのって何となく寂しいでしょ?」
「まあそうだけど」
今までの同意とちょっとテンションが違う。さすがにこの状況のハードルは高いか。
「もうちょっと一緒にいたほうが楽しいでしょ?」
「 じゃあどこか飲みにいく?」
「いや、田中さんちのほうがいいんじゃないかな。そのほうが楽しいと思うでしょ?」
「えーそれはぁ…」
彼女は苦笑いしているが、完全に否定はしない。効いてるぞ!
ここはもう押しまくるのが正解だろうと、ぐっと彼女に抱きついた。
大成功だ!
こちらは美人バーテンダーを同情を誘う作戦で口説く
0154_20190514093049c3f_20190810212547479.jpg0155_20190514093050c16_20190810212549128.jpg0156_201905140930513cd_20190810212550f4e.jpg0157_20190514093053160_2019081021255245a.jpg

ネットにはびこる有料モテマニュアルは効果があるのか

0242_20190111110422a5d_2019081021255344f.jpg0243_201901111104233c5_20190810212555e3c.jpg0244_20190111110425bdf_20190810212556bda.jpg0245_20190111110426f49_20190810212558183.jpg0246_20190111110428223_20190810212559f65.jpg0247_20190111110429b7c_20190810212601c81.jpg
Copyright © エロ漫画無料アダルト裏モノJAPAN All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます