口内発射のタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:口内発射

精子・精液を食べる変態プレイ!口内発射ザーメンごっくんマニアの食ザープレイ体験談

食ザー食ザー食ザー食ザー食ザーザーメンが好きな淫乱です。だって口内発射したザー汁を口の中で転がして味わいつつ飲み込んだり、チンポについた残り汁を執拗に舐めとったり、演じてるのか素なのかわからないほどの痴女っぷりなんです。自慢のEカップ巨乳でパイズリ発射したあとも、ザーメンを指ですくい取って口に入れたりするし。頼んでないのにお掃除フェラまでしてくれるエロ女なんて、AV以外では初めて見ました。
食ザープレイ体験談
この不肖・町田読者のみなさんの中で気づいている人がいるかとうかは知りませんが、ある性癖を持っています?それは顔射です。上ってくる射精感思いを精液に込めて、よその娘さんの顔にぶっかける。それが顔射。昔は変態と呼ばれていたこの行為も、ここ数年のAVジャンルの多様化でボビュラーな存在になってきました顔射が大好きなボクとしては嬉しいかきり、ある日、そんなボクに尾形編集長から電話がありました。「おお、今回のフーゾク噂の真相な、テーマを思いついたよ」いつもテーマについて提案してくることなんかなかった尾形さんなんだか悪い予感かするなあ。どんなテーマなんです?
「なんか、最近、食ザーていうオプションをやってる店があるらしいんだよ。わかるかフ食ザーって」食ザーぶっかけAVが好きな人にとっては常識だが、わからない人のために脱明しよう。食ザーとは「食ザーメン」の略。つまり、出した精液を食べ物にかけて、女のコに食べさせるという鬼畜ブレイのことだ。「もちろん知ってますけど・・」に「オレは全然そういう趣味ないし、気持ち悪いだけなんだけど、町田って顔射したり飲ませたりとか好きだろ?どれくらい興奮するのかを検証して来いよー。ガッハッハッハー」
そう笑って電話を切る尾形さん。いや確かに顔射は大好きなんだけと、食ザーはどうだろうか?AVの世界では、プレイのひとつとして認識してるけど、実際にやってみて興奮を得られるものなのか?顔射は絶頂とともに女のコを汚せるけと、絶頂か過きて、ティンコがシポんでるときに、精液のかかった食べ物を食わせても・・尾形さんじゃなくても気持ち悪いだけなのでは…今回は正直、気が乗りませんが、とにかく検証してきまーす(ダラダラしたテンションで)
2万5千円は高くないか?
【食ザー・オプション】などのキーワードで採してみると、数件がヒット。その中でも目を引いたのがMという店だ。M・K監督といえは、顔射業界で知らない人はいないと言われる、顔射AVのトップアスリート。そのカリスマ監督が完全ブロデュースというならば、試してみるしかないだろう。このMはなんと顔射や服射が無料。しかも、5千円で食ザーも可能(食べ物は客のほうで用意生モノNG)だという心この店は基本、デリヘルの形を採っているが、歌舞伎町内のホテルへ呼びつければ、足代は無料さっそく新宿へと足を蓮んだ。
「もしもし、今、歌舞伎町にいるんですが女のコはどんな感じです?」
「えー、ウチの女のコたちは、サーピスやルックスで(上級)と(監督推薦)に分かれています。上級はー時間ー万5千円推薦はー時IuJ1万8千円なんてすね」つまり、今は推薦枠しかなくて、ー万8千円。プラス食ザーで5千円。プラスホテル代がかかるってことか。2千円のホテルでも2万5千円かかるという。高いなあ。とりあえす試すしかない。ケータイで監督お墨付きの指名打者Aちゃんをチェックすると、細身で目パチの美人だ。キャパ嬢っぽいなあ。キャバ嬢だとしたら、ナンバー3までには入りそうなルックス。キャバに行って、出てきたナンバー3に、自分の精液ぶっかけた食物を食べさせられるって考えたら高くはないか。店にAちゃんでイクことを伝え、指定されたホテルへ。
おっと、その前に、食サー用の食べ物を買わなくては。うーん、いったいナニを食べさせたらいいんでしょう。ナ二を食べさせたら興奮するのかしら?やっばりビジュアル的に映スるモンがいいよなあ。コーヒーゼリーとか白い精液がミルクっぼくなってオシャレかもコンビニのコーヒーゼリーに手を伸はしかけて、手が止まる。
いや、でもそれって絶対に不味いよなあ、それよりも「ああ美味しいー」って、淫乱っぼく食べてもらったほうか興奮するかも。よし、ここはザーメンの味がよくわからなくなるよう、味の濃いモノにしよう。結局、コーヒーゼリーの横においてあったマンゴープリンを買うことにしたこれなら美味しそうに「マンコに精子かけて食べさせて」と言ってもらえるし何だか、ちょっとだけ興奮してきたぞ。ホテルへ入り、待つこと30分。コンコンとドアをノックする音が聞こえた
顔射され過ぎで目が真っ赤
扉を開けたボクは、凍リつきました。夏なのに。目の前に立っていたAちゃん、細身で色白で美人目もバッチリなんだけど目が真っ赤でした。いゃ、読者のみなさんが想像しているより全然です白目が全部赤いんです異常なくらいに。その赤さも「充血してる」なんてレベルじゃありません。郵便ボストくらいの赤さなんです。もう絶句「…どうしたのその目」「え何がですか?」「いや、何がじゃないでしょ?赤すきるでしょ?ヤバすぎるって、眼科には行った?」「そんなに赤くないですよー」
え何言ってんの?おかしいだろーどう考えたって失明一歩手前ですよ、それ。
「いや・・自分でも異常だと思うでしょ。大丈夫だよ、店にチェンジするとか言わないから」
「あーそうですよね最近、ずっと目が赤くて、目薬してるんですけど効かなくて」
「いつかり目か痛くなったの」「顔射されたときに目に入って」
はい職業病でした。顔射店の宿命でしょうか。しかし、その真っ赤な目正直、エ口い気分なんか吹っ飛びました。
そんなエ口心マイナス5億のボクを尻目に、Aちゃんは「バンツの上からフェラしてほしい?」「出した精液はどうしてほしい?」と質間してきます。で、仕方ないから、男らしく堂々と要求しました。「じゃあ、最後は顔にぶっかけて、それを指でかき集めて口に入れて、そのままマンゴープリンの上に垂らして、最後は食ザーのオプションで」
「あー、食ザーですかー。マンゴープリン大好きだから」そう言って再びスマイル。
すごい量ーいただきまーす
シャワーから出ると、Aちゃんの真っ赤な瞳の色が認識できないくらいに部屋を暗くした。まずはAちゃん、ボクの顔をナメまわすようなキス攻撃です。いつもなり興奮するんだけと、この暗さの向こうに赤い目があると思うと、ティンコの反応もイマイチです。
集中すること30分妖怪とは言いつつも、さすがは監督推薦、喉奥まで突っ込み、口内で舌を踊らすようなフェラに、ティンコはガッチガチです。じゆるっぼん、じゆるっぼん。ヤらしい音が部屋中に響き渡ります・玉裏から精液が上がってくる感覚そろそろイキそうかもー
「顔かけてえー」ティンコから口をはなさずにオネダリするAちゃんーよおーし、イクぞ
口からティンコをすっぼーんと抜き、目を閉じるAちゃんの顔に精液をシゴき出す。ほっべたから、ロ元、おでこにいたるまで、精液がシュバシュバっとかかる。ふいーそのまま、指と、プリンを食べる用のブラスティックスプーンで、おでこやら、ほっぺたやらの精液をかき集め、Aちゃんの口に入れる。うわ、なんだか、スゲーことしてるよ、ボク。キレイに精液を集めた後、バ力っと口を開ける。Aちゃんの舌が浸るほどの量の精液をそのままフタを剥いたマンゴープリンにト口ーっと垂らす。「すごい量ー、いただきまーす」プラスティックスプーンで、精液いっばいになったマンゴープリンをすくい口の中へにっこり笑いながら、味わうように飲み込むうっひゃー、本当に食べたよー味は?
「んーちょっとしょっばいけど、美味しいよ、マンゴープリンって感じ」
美味しそうに食べるAちゃんを見ていて思いました。なんだか興奮しませんわ、コレどころか、Aちゃんが嬉しそうに食べれば食べるほと、むしろ気持ち悪いよ。もしかしたら食ザーの醍醐味って、女のコがイヤがって、無理やり食べさせられてる方が興奮するんじゃないかしら?それに、Aちゃんの赤い目にも原因があるような気がしてなりません。こりゃあ、もう一度、違うコと違う食材で試してみなくては
翌日、再び歌舞伎町今度は、当初考えていたコーヒーセリーで挑戦してみた。
今回のBちゃんは、目は赤くなかったものの、積液をかける前に、勝手にコーヒーゼリーにガムシロをたっぶリ入れやがりました。2日問続けての発射に精液が少なかったこともあってか、「うん、美味しい」と、平気でニコニコ笑う彼女。くっそ、興奮できねーよ。やっば気持ち悪いだけだよー
精液豆腐を食べてもらおう
さて、次が最後のチャレンジだ。ここは店を変えてみようボクが信用するザーメン専門店だ。今までも即尺ヘルスはとんなベニスでもくわえられるのか、動画撮影のオプションで自分好みのAVがとれるのか」と、何度か本誌にも登場したカリスマ店だが、調へてみると、ちゃんと食ザーのオブションがあるではないか。しかもオプション料は4千円とMより安いし。ー週間後。受付の扉を叩き、いつもニコヤカな店員に「食ザー」を注文。女のコは、ギャルっぼくて、「サーメン大好き」を自称するというcちゃんを指名した。いいねス、こういう女のコに、嫌がらせのように精液を食わすのが快感なのよきっと。
精液の素材の良さを引き出し、味がよくわかる食材・・それは、かつお節も醤油も一切乗せす、精液を直にかけた絹こし豆腐。どうだ?このとこにも逃けられない味。もう考えただけで泣きそうになるだろう。ザーメン好きをきどっていても、さすがに精液豆腐はイヤだろう。泣きながら食べる姿。S心がくすぐられるのう。ニヤニヤしながら待っているところに、cちゃんが到着。
「こんばんにゃー」と、ノリもいいけど、アタマも悪そうなギャルだ。
「えーっと、今日は食ザーなんだよね?私、食ザーオプション初めてだからウキウキするよお。で、ナニにザーメンかけるのお」
おいおい、初食ザーのクセに「自称・ザーメン好き」ですか?ポクのジーンズを脱がし、バックリと即尺してくるcちゃん亀頭部分から玉まで優しくナメ上げ、ちょっとだけ歯を立てながらの深々としたディープスロート。ヤバすきるフェラテク。早く、ザーメン食させてくだしゃいい。玉をコロコ口転がしながら、上目使いで亀頭をナメながら言う。くっそおー、どんなにイヤがっても全部食べさせてやるからなあ。
やがてくる絶頂感。玉の奥から溜めた精液がcちゃんの口の中に打ち込まれた。2度3度、大砲が轟く。そのたびに「ううんー」と、声をあげる彼女。一滴残らず吸い尽くした後、cちゃんか口からティンコを吐き出す、そして、ボクの顔を見ながら黒いプラスティックのめんつゆ入れに精液を垂らす。
悲しそうな顔をして口を開ける。口の中には、真っ白く泡立ったそばの塊が糸を引いて粉々になっていた。おおおええええ、気もち悪いいーやっばり女のコが美味しそうであろうと、不味そうであろうと気持ち悪いよ。結局、ポクとcちゃんのテンンョンは下がりまくり。でも彼女は、最後まで全部おそばを食べましたとさ。
食ザー。確かに精液を飲ませたいごっくんマニアからすると夢のようなオプションだ。ボクもそういつの嫌いじゃないと思ってたんですが正直気持ちが悪くなりました。でも、世の中には、ポク以上にマニアックな人がいると思うので、興味ある方はぜひ。精液ト口ロそば以上の食材を試したい人は、ソーメンで試してはいかがでしょうか?正直、ポクはもう食ザーはこりごりです。

過去の変態客に新しい快楽を教えてもらう!風俗の裏ワザ

0064_20180909222535e79_20190917161212e60.jpg0065_2018090922253646b_20190917161213a5c.jpg0067_20180909222539f8b_201909171612162a5.jpg
プレイが始まったらこうお願いしてみましょう
過去のヘンタイ客に新しい快楽を教えてもらう
デリヘル遊びは楽しいものだが、それでもいつか必ずマンネリはやってくる。とはいえ、いくら小手先でプレイ内容を変えてみても、自分の性癖の殻を破れぬ以上、発想が似たり寄ったりになるのは避けられない。そんなときは嬢に、こう言ってみるのも手だ。
「いままで客から要求されたプレイで一番ヘンタイだなって思ったやつを俺にもやってくんない?」
どんな風俗嬢であれ、どえらいヘンタイ客に当たった経験は必ず1、2回あるものだ。そして、そんな連中の思いもよらないアイディアが、意外とハマったりもするわけで。まさに未知の快感との遭遇ってやつだ。ちなみに俺の場合、それに該当するのは、嬢が顔面騎乗した状態からのプレイ、口内発射後の精液を嬢とすすり合うプレイなどがあるが、いずれも脳ミソがキーンとしびれたのは言うまでもない。
ピンサロが大好きで、月に2回は花びら3回転の店に突撃しております。目標はもちろん射精3回。そのためには1分すらムダにはできません。素人さんは席に座ってからNG項目の貼り紙なんかを眺めつつのんびりと嬢の到着を待つものですが、私は違います。すぐにズボンとパンツはもちろん、靴下もシャツもすべて脱いでスッポンポンになります。そして嬢が来たら会話もなくすぐさまフェラ開始!これだけでもずいぶん時間ロスは減らせるものです。なにせ素人さんがしよーもない会話を経て、ベルトを力チャカチャはずされ、パンツを下げているような時間帯に、私はすでにがっつり喉奥までくわえられているんですから。早くヌイたところで、次の嬢の持ち時間が長くなるわけではありませんが、なんといっても回復時間を稼げるのはありがたい。とにかく回転ピンサロでは、会話してからヌクんじゃなくて、まずヌイてから、回復タイムを利用して会話をかわしてりゃいいんです。

口内発射もセックス後のお掃除フェラも情に訴えてさせろ|エッチテク

0186_2019082219542718d.jpg0187_20190822195428ef7.jpg0188_201908221954296c1.jpg0189_20190822195431692.jpg
口内発射を嫌う女に無理強いは逆効果だ
そんなに拒否されると俺の体液が汚いって思われてるみたいで悲しいな…
女は情に訴えられると途端に優しくなる生き物なのだ
やがてセックス後のお掃除フェラまでこなすナメナメ娘に生まれ変わります
女のフェラ技術を上げる一番の近道は、おしゃぶり好きにさせるに限る。「好きこそモノの上手なれ」という言葉もあるように、人間とは自分の好きなことになら苦労を苦労と思わず、ひたすら研究に没頭するものだ。
では、どうやってその流れに持っていくかというと、日ごろから女のフェラを誉めまくってやれば
いい。他人に絶賛された自分の技術に誇りを感じ、愛着を抱いてしまうのもまた、人間の根源的な習性だ。とはいえ単に「フラ上手いね」「気持ちいいよ」と誉めるだけでは全然もの足りない。その
くらいのお世辞など過去の男たちから散々言われてきたはずなので、いまさら心に刺さらないのだ。
 フェラが始まったらまず「ああ、ああ」とやや大げさに喘ぎ声を出し続け、一区切りついたところで、呆然とした表情で女を見つめる。そして、ちょっと信じられないといった仕草で首を左右に振りながら、こうつぶやくのだ。
「何コレ? 気持ち良すぎで白目むいちゃったよ。今までフェラは好きでも嫌いでもなかったけど、●●ちゃんのおかげでドハマリしそう」
 その後も2、3回、フェラされるたびに悶えまくり、ドハマリした様子を見せつけてやれば、もうこちらのもの。自信をつけた女はさらに技術を向上させるべく、ひとりでに走り出す。

口内発射した精液をごっくん食ザー・アナルや乳首を舐めまくり・即イラマ|東京のマニアックな風俗店体験談

0064_20181229174243012_20191022082824581.jpg
0067_20181229174248961_201910220847248b2.jpg0065_201812291742451b2_20191022084721cb1.jpg0066_20181229174246a09_20191022084723eef.jpg0060_201812272149129d9_2019102208282249a.jpg0058_2018122721490909e_20191022082819923.jpg
1、ガマン汁が洞れるほど!一度に10種類以上の手コキが味わえます
手コキマニアに人気の店である。ホテルの一室で嬢が睾丸と亀頭を責めまくってくれるのだが、とにかくワザのバリエーションが豊富で、一度に10種類以上も味わえるのだ。
一例をあげよう。先日は竿をしっかりと右手でシコシコしながら、同時に左手で亀頭をナデナデしてもらった。いわゆる二点同時責めながら、強くもなく弱くもない指の力が絶妙だ。さらに、親指と人差し指でカリを掴んで、くりくりとヒネリを加えたり。両方の手の平ですっぽりと亀頭を包み、二つの親指で亀頭の裏側を刺激したり。ガマン汁が;固れるほどガッチガチだ。あとは、寸止めさせられたまま、時間ぎりぎりまでさ引こ数種類のテコキ(中にはノくンストでコくヤリ方もある)を味わって、最後に発射させられると。あまりの快感にマジで腰砕けになりまっせ。
2、いいと言うまでねぶってくれます
乳首が性感帯のボクはこの店をひいきにしています。いいというまで、ずっとなめ続けてくれるんですよ。まずはソフアに座りながら、両方の乳首を出し、女にちゆぱ。続けて~ベッドに移動し、今度は大の字に寝転びながら、さらに乳首をなめさせます。舌の動きを変えさせたり、乳首を甘噛みさせたりと指示を出しつつ。で~制限時間ギリギリまで乳首なめを堪能したら、最後は指で乳首をいじってもらいながら、仁王立ちフェラでフィニッシュ。吐息が漏れてしまうほどのキモチ良さです。
3、ノンケだからこその空気?最後は3Pでヌイてくれるレズプレイ鑑賞コース
本物のレズではなく、ノンケの風俗嬢だろうとは思います。それでも、妙齢の女(20代後半から30代がメイン)がからむ姿を見るだけでもかなり興奮するのです。いや、ノンケの女だからこそ、本物レズ鑑賞に勝るとも劣らないほど楽しめるから不思議です。最後は仲間に入れてもらいましょう。
4、渋谷アナルなめ超攻撃型ヘルス性龍門ケツ穴がふやけるまで延々とぺ口ぺ口ぺ口
私は女にアナルなめさせるのが大好きです。肛門に走るゾクっとするような快感、相手に汚いところを見られてる恥辱感。もうガマン汁出まくりです。しかし~大抵の女のコはそう長くはなめてくれません。ちょろちょろと舌でそれで終わりです。にっちはずっとやってもらいたいのに。そんな私のお薦めはこのデリヘルです。客の望むだけお尻の穴をぺ口ぺ口やってくれる「口ングアナル紙めコース」があるんですよね。私はまず、60分のコースを頼み、最初の10分ほどでシャワーなどをすませると、すぐに女にケツを紙めさせます。体勢はまあ~何でもいいでしょう。その後は手をかえ品をかえずっとなめさせるのみ。平均すると、30分はやらせるでしょうか。それこそ菊の門がふやけてしまうほどです。
「ケツの穴の味はどう?オイシイ?」
「こんな汚いところをなめて、オマ工は本当にヤラシイ女だなあ」
ちょい演技臭いですが、女もどう反応していいのかわからないのか微妙な表情を浮かべますにれを見るのがまた楽しいんですね。そして最後は、ケツの穴を指でコリコリしてもらいながら、フェラでフイニッシュ。アナリストの方はぜひお試しを。
5、コートの下は真っ裸!ピンボーンから数秒ですぐブチ込め全裸プレミアム東京池袋
ボクはこのホテヘルをよく使ってます。女のレベルが高いのもさることながら、ハマってる理由は別にあります。プレイの流れをご説明いたしましょう。まず客が指定のホテルで待っていると、「ピンポーン」と呼び鈴が鳴ります。慌ててドアを開ければ、扉の向こうで立つのは、アイマスクをしたコート姿の女です。続けて、女が自らコートを脱ぎだすのですが、なんとその下は全裸。よくAVにある「突然、裸の女が部屋に入ってきた」的なシチュエーションを楽しむことができるんですよね。
あとはディープキスをかましてから、自分も全裸になって、口にイチモツをぶち込むのみ。感党を楽しむため、シャワーや会話はせずに、いきなりプレイに入るのがよろしいかと。
6、口内発射した精液をスプーンにタラ~リしてからまた食わせる
エンジェル×エンジェルホテヘル18,000円//60分東京23区
女にザーメンを食べさせる、食ザー。かなりハードルが高いプレイだが、このAV女優専門デリヘルなら5000円のオプション料金を支払えば楽しむことが可能だ。自宅やラブホに女を呼んだら、まずはフェラで口内発射。このとき、精液をはき出させてはいけない。オクチの中にためた精子を、あらかじめ用意しておいたスプーンに垂らさせるのだ。スプーンの底に白いモノがたまったら、一気に飲むのではなく、ちょびりちょびりと、紙めるように再び食わせる。あんなに臭くて汚いものを食うなんて・・他にも、カクテルグラスやじょうご、手の平から飲ませるなど、バリエーションは豊富。ただし、中には食ザーができないコもいるので、事前に出勤確認を取った方がいいだろう。
7、在籍嬢が黒髪オンリーの店だ。茶髪のすれっからしではなく、黒髪の清楚っぽいコが好きな僕にはどストライクなのです(みなさんもそうですよね?)。通常のヘルスプレイを楽しむことももちろんできます。私のお薦めは特殊プレイの「髪コキ」です。あくまで口ングヘアーのコに限るんですが、ギンギンのチンポに、髪の毛を絡ませて、シコシコしてくれるんですよね。そして最後は黒髪に白い液体をぶちまけると、まるでまっさらなモノを自分の精液で汚したような快感があるのです。プレイ後、女がシャワーで髪を洗ってる姿を見るのもソソります。
8、肉食系ホテへル嬢のマンコを強制的にぺ口ぺ口させられる
クンニマニアの私をとことんまで満足させてくれる店がこちら。Sキャラのホテヘル嬢のマンコを、
客が強制的にぺ口ぺ口紙めさせられるコースがウリなのだ。ホテルに入り、プレイが始まると、女は洋服を着たまま、ベッドに着席。パンティだけをずりを下ろして大開脚するや、男性客を足元にひざまずかせる。「なめなさい!」「はい」命令されるまま、ビラビラをべろべろ、クリをチロチ口。その後も、言葉責めを織り交ぜられながらご奉仕を続けるうちに、チンポはもうカッチンカチンだ。もちろんテコキやゴムフェラで抜いてもらうことも可能だが、私にとってそれは邪道。自宅に帰って思い出しオナ二ーするのが最高の楽しみ方だ。
9、ウブなコのおっばいが揉める、みつばちマーヤいちゃキャバ
このいちゃキャバは、新人嬢が入店して3カ月が過ぎると強制退店させられるシステムを取っています。つまり、入りたてのウブなコの胸を操んだりキスしたりできますよ、ってワケです。裏モノ読者ならば突っ込んでくることでしょう。3カ月で退店するにしたって、もともと女たちはどこで働いてたかもわからない。以前は風俗やお水にいたコたちなんじゃないか、と。違います。私の経験に照らせば、彼女たちは、恥ずかしがったり、逆にブスっとしていたりと、素人同然の反応を見せるので
す。とても演技をしているとは思えません。嬢に聞いた話では、もともと長くは勤められないシステムのため、バイト感覚の足掛けの女のコが多く、自然と素人率が高まるんだとか。私はコレにハマり、今やすっかり常連です。
10、ぬまま喉の奥深チンコをねじ込め!イラマ本舗東京池袋
Sっけのある私は、このデリヘルを気に入ってます。プレイ料金は60分27,000円と少々お高めながら、即イラマチオが楽しめるんです。女が部屋に来たら、口クな会話もしないまま、汚いチンコを街えさせます。丁寧にねっとり竿やカリをなめさせればすぐにボッキ状態になります。で、女の頭を抱えて、喉の奥まで、深く深くチンコをねじ込みます。女はウエッとえずきますが、そんなことはおかまいなし。あとはガンガン腰を振り、喉を突きまくればいいのです。最後は涙目になっている女の口の中に、大量の精液をぶちまけるのみ。征服欲が満たされるというのか、その快感は一般のフェラの比ではありません。同じ性癖をお持ちの方はぜひお試しを。

【エロ漫画】カップルがカーセックスで大胆に四つん這いクンニ!カーナンパを覗き見する方法

カーセックス漫画 カーセックス漫画 カーセックス漫画 カーセックス漫画 カーセックス漫画 カーセックス漫画 カーセックス漫画 カーセックス漫画 カーセックス漫画 カーセックス漫画 カーセックス漫画 カーセックス漫画 カーセックス漫画 カーセックス漫画0013_201812151109202b2_2019101716434829b_202001101613452de.jpg0012_201812151109182fd_20191017164354ee4_20200110161432fb9.jpg
日本一のカーナンパスポットの熱い夜
201507207.jpg201507206.jpg201507208.jpg201507209.jpg201507210.jpg201507211.jpg201507212.jpg201507213.jpg201507214.jpg201507215.jpg
【概略・全文は上記記事をお読みください】
日本全国どこにでも、カーナンパスポットなるものがあった。駅前ロータリーや海沿いの埠頭などに、男女それぞれの乗った車が集い、そこかしこでナンパが繰り広げられる場所だ。21世紀の今となってはそんな昭和チックなスポットなど、よっぽどの田舎ですら存在しないと思っていたのだが、『茨城県・大洗』には、まだあるらしい。毎日のように出会いを求める男女でごったがえすカーナンパエリアが。噂では、海岸沿いの巨大な駐車場に、深夜を過ぎたころから続々とヤンチャな車が集まりだし、場内をグルグル周りながら車の窓越しに声をかけまくる、地元でも有名なカーナンパのメッカらしい。それはぜひとも一度お邪魔してみたい。というわけで、埼玉で旧車会のリーダーを務める、裏モノ読者のTさん(35才)に協力いただき、ローダウン&フルスモークの悪そうな車(日産グロリア)の助手席に乗せてもらうことにした。いざ、茨城へ!
土曜日の深夜11時、Tさんの運転するグロリアで高速道路を2時間ほどかっ飛ばし、大洗サンビーチ駐車場に到着した。現場は真っ暗なだだっ広い未舗装の駐車場で、複数の車のライトがうごめいている。ざっと見ても、すでに20台以上はいるか。
 駐車場の中へゆっくりと進んでいく。土ぼこりを上げながら駐車場をグルグル回りつづける車もいれば、ランダムに中央付近を突っ切っては突然停車する車や、端の方でライトを消して停めている車も何台かいる。奧の方からブーンブンブンブブンブンブン!と、直管マフラーのコール(注・バイクのエンジンを吹かしてリズムを刻む技)が聞こえてきた。暴走族の集会から抜けだしてきたような3段シートのバイクが数台集まっている。乗ってるのはノーヘルのヤンキー高校生みたいな連中だ。
 パパパーーン! パッパーン!ときおり駐車場のあちこちからヤンキー車が鳴らすクラクションが響き、また別の方からは、爆音のダンスミュージックも聞こえてくる。要するに、ガラの悪い連中が集まって、自由きままに動き回っているのだろう。で、肝心の女の子だが、数台の軽自動車がどうやらソレらしい。どれも2人ないしは3人で乗っているようだ。
ひとまず駐車場の中央付近まで、ゆっくりと車を進めていこう。未舗装のボコボコの地面のせいで、穴を避けて走らないとローダウンしたグロリアの腹が地面に擦れてゴリゴリッ! ガリガリッ! と大きな音がする。混沌とした場内だが、一応はルールらしきものがあるようで、時計回りに走る車が多い。我々も流れに沿って動いてみることにした。黒のミニバンが目の前を通りすぎた。運転席をハイビームで照らしてみる。2人組の女の子だ。
「追いかけて捕まえましょっか」
と思った次の瞬間、後ろから黒のRV車が猛スピードで接近してミニバンの前に回り込み、強引に停車させてしまった。お互いに窓を開けて、何やら楽しそうに会話を始めている。なるほど、これはうかうかしてる場合じゃないな。場内を観察しながらグルグル回っているうち、シルバーの軽を発見した。乗ってるのは女の子だ。すぐに前に割り込むように車を移動させると、女の子たちも車を停めた。運転席には髪の長い細い目の女、助手席には夜サングラスのポッチャリ。どちらも40点クラスのヤンキー2人組だ。助手席を降りて、ナンパに向かう。
「どうもー!誰かとしゃべった?」「グルグルしてただけー」
「ここってなんか決まりとかあるの?みんな時計回りでグルグルしてるけど」
「そんなのないない!ヘルメットかぶりましょうぐらい」
ブスだけどノリはいい。2人ともここの常連らしく、ほぼ毎日のように車で遊びに来てるんだそうな。彼女らによると、この時期の週末は平均30台近く、平日でも10台前後の車が集まってくるらしい。「どっか遊びに行こうよ」
「ダメダメ。いまパトロール中だから」
パトロールってなんだよ。イイ男の物色か。
「じゃ、なんか食べに行こう」「えーさっき食べた!ケバブ」
「ケバブかよ。ここグルグルしてたってつまんないでしょ?このへんよくわかんないから案内してよ」「えーこのへんホント何にもないよ」「じゃ普段は何してんの?セックス?」
「しねえし!このへんだとカラオケとかボーリングぐらいしかないよね」
「じゃカラオケ行くか!」
「行かない行かない。ウチらのほかに構ってチャンたちいっぱいいるから、そっちに行った方がいいって」「2人は構ってちゃんじゃないの?」
「とりあえず回ってちゃんだからパトロール忙しいの。まあ頑張って!じゃあねー」
ヤンキー女たちは去っていった。仕方ない。しばらくグルグル動き回ってみたが、なかなかフリーな女の子がいないので、車を停めて「待ち」の作戦に出てみた。どうやら、停車中のクルマには、ライトをあてて顔を確認するのが、男女問わずここの品定め法らしく、もし我らのルックスが気に入られれば、そのまま逆ナンの展開もありえるわけだ。軽自動車が前で止まった。ヘッドライトがこちらに向く。「Tさん、キリっとした顔にしましょう」
「はい」思いっきり顔を作ったが、見事にスルーされた。こんなおっさんコンビではヤンキー嬢も気に入ってくれないのか。深夜0時を回った。気を取り直し、再び場内をグルグル移動しているうちにいつしか赤色灯を回しながらパトカーがやってきた。エンジンを吹かしまくってるバイクのヤンキーたちを捕まえにきたのかと思いきや、警官は駐車場の端っこの車内にいた女コンビと話しはじめた。
どうやら小さい子供を連れたバカ女コンビだったらしく、彼女らを指導しにきたみたいだ。誰かが通報したのだろう。警官たちは暴走族グループとも一言二言会話を交わし、すぐにいなくなってしまった。その後、珍らしく大型RVに乗った若い女の子2人組が前を横切ったので、すぐに横付けしてナンパ開始だ。
「ねえ、4人でどっか遊びに行こうか!」「いや、いま来たばかりなんで」「えー、逆ナンしにきたんじゃないの?」「フフフ」
2人とも黒髪のOL風で、話し方も普通っぽい。ヤンキーじゃない子もくるんだな。
「俺らここ初めてだからさ、色々案内して欲しいのよ」「何にもないですよ。ファミレスぐらい」
「あーファミレス行きたかったんだよねー。連れてって」「フフフ、行かないですよー」
どうにもノリが悪い。別に当たろう。と、すぐ横で、黒のコンパクトカーの女の子たちを挟んで、白ワゴンと黒シャコタンセダンが揉めだした。
「ふっざけんなって! ○△○…」「おめえらが○△○…」
北関東訛りで罵り合っている。何を言ってるのかわからないが、女の子とのトーク中に反対側からちょっかいを出したのがきっかけで揉め出したようだ。普通はこの手のカーナンパスポットでは、女の子と話す車は一台だけという暗黙のルールが存在するはずだが、ここは横入りして反対サイドから話しかけてる連中がちょいちょいいる。これじゃ揉めるのも仕方ないだろう。
深夜1時を過ぎたころ、車は30台以上に増えていた。男はヤンキー以外にも普通の会社員風情の姿も目立ってきて、女の子の車の横で立ち話する男もチラホラでてきた。新規の女性も少し増えた気がする。真っ暗な駐車場が30台以上の車のライトに照らされ、うっすらと明るくなるほどだ。バイクのコールやクラクションが響き、男女の笑い声があちこちから飛び交う。中には着ぐるみを着てナンパしてる男性グループもいたりしてちょっとしたお祭り状態だ。屋台でも出せば結構儲かるんじゃないか。こんな田舎町の深夜の駐車場に、これだけ沢山の車が集まるなんて不思議な光景だ。
その後、1時間ほどかけて場内のほとんどの女の子と話してみたものの、なかなかいい反応をしてくれる子が現れない。うーん、困ったぞ。深夜2時になると、車の数は20 台ほどに減ってしまった。そろそろ誰か連れ出さないと成果のないまま終わってしまう。
とそのとき、駐車場の端の方に黒のミニバンがポツンと停まってるのが見えた。確かさっきまで別の男たちと話していた女の子たちだ。よしチャンス。
「おーい!ちょっと窓開けてよ!」
車を横付けして助手席の女の子に話かけると、運転席の女の子と一言二言言葉を交わし、窓を開いてくれた。少しケバ目なヤンキー娘って感じだが、2人ともそこそこ可愛い。
「ここ来たの初めてなんだよ。ちょっと案内してよ」
「え〜どっから来たの?」「俺は東京。彼は埼玉」「お兄さん何やってる人?」「AV男優」
「えーマジ!?キャハハ、ウソくさ〜。え、ホント?」「ホントホント。巨根だよ?」「それは信じない」なんだよ。実際ウソだけど。
「お兄さんは何してる人」「オレはバイク屋だよ」「えーバイク何乗ってんの?」
ヤンキー娘がTさんに興味を持ったようだ。
「GSじゃん? ケッチじゃん? CBXじゃん? 色々乗ってるよ」
「え〜じゃコール切ってみて!口でやってみて〜」
「は?」「え〜やってよ!」
「俺らは関東のコールだから、パァーンツッパンパン、ツッパンパンとかってリズムだよ」
「えーパンツ? キャハハ」「そうそう、パンツパンツ」
なんだかよくわからないけど、暴走族トークがウケてるみたいだ。やっぱりこういう場所はワルがモテるんだな。助手席の子がTさんと絡んでるすきに、俺は車を降りて反対側へまわり、運転席の茶髪ヤンキー娘に攻撃を仕掛ける。
「今日は色んな男としゃべってみた?」「えー、そんなでもないよ。3人ぐらい」
「そろそろ俺らに決めて遊びに行ってもいいんじゃないの?」
「私、明日仕事だし」「何時から?」「え?9時」
「じゃ8時まで一緒にいれるじゃん」「ハハハ、ムリー!」
なんとか説得を試みたが、運転手の意志は固い。なんでも助手席の子は水商売だが、運転席の彼女は普通の会社員らしい。こんな組み合わせもいるんだな。ならば、助手席のヤンキー娘だけ連れだすしかあるまい。
「ねえねえ、じゃキミだけこっちの車乗りなよ。帰り送ってあげるから」「え〜?」
運転手の子は帰して、助手席の子だけ連れていく作戦。ちょっと無理があるか?女の子2人でゴニョゴニョ話をはじめた。検討の余地ありってことのようだ。ヤンキーがこっちを向いた。
「じゃ行っちゃおうかな!」ホントかよ!「よし、じゃ決定ね!」
助手席の子1人をこちらの車に乗せ、カラオケに行くことになった。田舎のヤンキーってこんなノリなんだね。ヤンキーちゃんの名前はチサトちゃん。近隣のキャバみたいな店(たぶんスナック)で働いてる20才の娘さんで、やたらとノリがいい。仕事帰りでもう酔っぱらってるのかもな。
「チサトちゃん、カラオケの場所知ってんの?」
「知ってるー。とりあえずこのまま真っ直ぐ」「もうカラオケのあるホテル行こうよ」「えー!」
「カラオケ歌えるし、疲れたらすぐ寝れた方が便利でしょ? どっか知ってるラブホ知らない?」
「知ってるかも」うわー、ノリがいい子で良かった。
「わー!ホントにホテル来ちゃった!どうしよ〜!」
ホテルに入ったチサトちゃんが笑顔ではしゃぐ。エロいなこの子。一応カラオケを歌ってはみたものの、音量が小さすぎるとの理由ですぐに終了。順番にシャワーを浴びて、ベッドの上に3人で転がり込んだ。では、販売機でローターを買って攻撃だ。「アアアン〜! ア〜!」
いい声で鳴き始めるチサトちゃんを四つん這いにさせ、バックから挿入。キツマンが迎え入れてくれた。いやー気持ちいいっす。その後も騎乗位&仁王立ちフェラ、バック&立ち膝フェラと、3Pの王道プレイをチェックアウト時間ぎりぎりまで楽しませてもらったのだった。
カーセックス中にどっきり隠し撮りされたらどんな顔になる?|エロ画像
本来、隠し撮りの楽しさとは、他人のプライバシーをのぞき見ることにある。が、世の中にはそんな王道とは別に、明かなお笑い路線を意識した隠し撮りも存在する。
3月号でお伝えしたどっきりカーセックスだ。夜な夜なイングリモングリやらかすカップルに向け、いきなり強烈なライトを照射。その驚く様をバッチリ収めた写真は、瞬く間にネットに出回り、今現在も多くの人々の笑いを誘い、同時に同情もかっている。ここに掲載した写真は、前回の掲載時点ではまだネットに流通していなかったり、流通はしているものの出現頻度がレアな作品を中心に集めたものだ(写真中の車検シールなどを見る限り、どれも撮影時期はバラバラ。新作というワケではないらしい)。勃起したまま怒ってるオニーちゃん、悲鳴を上げ取り乱すOL風、ライトに気づかずまだヘコヘコ腰を動かし続けているカップル等々。
Copyright © エロ漫画無料アダルト裏モノJAPAN All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます