全国ヤリマン伝説のタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:全国ヤリマン伝説

常連客全員が穴兄弟の美人ママ・チンコを触ってくる看護師ナース|全国ヤリマン淫乱痴女伝説

全国ヤリマン淫乱痴女伝説全国ヤリマン淫乱痴女伝説全国ヤリマン淫乱痴女伝説全国ヤリマン淫乱痴女伝説全国ヤリマン淫乱痴女伝説全国ヤリマン淫乱痴女伝説
1、会員制ラウンジで、今まではお高くとまっていたママ(40代)もここ数年で態度が軟化。店のドア前で客たちとイチャつくようになり、不況で減っていく客足を繋ぎ止めるためか、今では常連客ほぼ全員と寝ているようだ。店に通い詰め、ママとアフターに行けるようになれば、ホテルでの濃厚なセックスサービスがついてくる。男好きする体の持ち主なので、セックスは楽しい。私のように毎週飲みにいくオールドカマーたちは、自嘲気味に自分たちのことを「穴兄弟」と呼びあっている。ただし、金がないお客に関しては非常に冷たいので、痴情のもつれは日常茶飯事。「あれだけ俺と楽しんでたやないか!」
と怒鳴りだす親父も見かけたことがる。
2、在籍歴の長い三十路のピンサロ嬢で、日によってハイテンションとローテンションの差が激しく、体からポン中ならではの酸っぱい臭いがしている。常用してる証拠だ。顔にもポンカス(シャブによる吹き出物)が出ているので、使用歴はかなり長いと思われる。プレイ中に店内に流れるユーロビートに合わせて歌いだしたり、いきなりトイレに入ってしまい、しばらく待たされたこともある。中で何をやっているのかはわからない。シャブを足してるとか? 年齢のせいで客の人気はそれほど高くないが、彼女がハイテンションなときのフェラテクはかなりのもので、その味を知った客が常連になってるようだ。言うまでもなく俺もそのクチだ。一度、彼女がキマってると思われるときに本番をお願いしてみたがさすがに断られてしまった。そこまで理性は失っていないらしい。
3、アムザ前は終電を逃した女や家出娘の立ちんぼ場所として有名だが、他の女とは明らかに違う可愛さなのが、エンコー娘・ち●(22才)だ。NMB48のメンバーにいてもおかしくないロリ系の佇まいだが、どんなむさいリーマン親父にでも、笑顔で援助交際に応じる。要求額は3万円と高めだが、一緒に風呂に入ったり全身リップに近いフェラプレイなど、金額に見合ったプレイは楽しめる。いつもいじってるスマホのデコレーションがやたら派手なので、見れば一発でわかるだろう(というか顔の可愛さですぐわかるはず)。本人は神戸の大学生だと言ってたが、別れ際にまったく逆方向の電車へ向かったので実際は違うかもしれない。
4、友人の部屋に遊びに行った帰りぎわに、階段の踊り場で不審な男性を数人見かけた。何度も同じ場所を行ったり来たりしていてマンションの住民には見えない。その後も何度か同じ場所で見かけるので気になっていたのだが、ようやくその謎が解けた。階段の踊り場から見える向かいのマンションの一室で、若い女の子がパンツ一丁で室内をウロついていたのだ。なるほど、あいつらはコレを見に来ていたのか。以来、俺もしょっちゅうお邪魔するようになった。彼女は休日は朝から晩までだいたい裸で過ごし、料理、食事、掃除と、ずっと裸のままで過ごしている。完全に裸族だ。平日に彼氏を連れ込んだときでも1人だけ裸。そのままイチャつき、セックスに展開することもある。
5、図書館に勤めている三十路女が、夜な夜な駅前のバーに通い詰め、自分の孤独感をマスターにブチまけている─。そんな噂を聞いた俺は、図書館が閉まったあとの職員用通路で待ち伏せし、仕事上がりの彼女を発見。「本を返したい」と声をかけた。返却ポストの場所に連れて行ってくれたので、すかさず飲みに誘ってみると、待っていたかのように快諾。居酒屋やバーなど数軒ハシゴしていくと、溜まっていた愚痴が出るわ、出るわ。黙ってうんうんと話を聞いてあげると、その日のうちにホテルに連れ込むことができた。堅い女だと思っていたのにタバコを吹かしながらのピロートークで飛び出したのは、上司やバーの客、メアドを渡してきた図書館の利用客とのセックス話。予想を裏切るヤリマンぶりに正直驚いた。
6、掲示板の書き込みに「ちょっと障害があるけど…」との見出しがあったので割り切りの条件でメールを送ってみると、すぐにアポにこぎ着けた。いざ会ってみると、顔は多部未華子似でブスではないが美人でもないというレベル。どんな障害かと尋ねると、初めは「足の軽い奇形の部類に入る」としか教えてくれずホテルに入り、シャワーから出ても、すぐに短い黒タイツを履いてしまった。結局、そのままの格好でセックスに。プレイはごく普通だった。終わってから改めて見せてと頼むとストッキングを脱いでくれた。6本の指を見た瞬間は驚いたが、それほどの障害ではない。でも本人にとってはコンプレックスで、男とちゃんと付き合ったことがないそうだ。
7、前ページの「泰子ちゃん」と同じエリアには、もう1人、有名な立ちんぼさんがいます。彼女の名は愛カップちゃん。Iカップの爆乳を持つことからそう呼ばれるようになったのです。まあ、個人的にはIカップどころかKカップぐらいあってもおかしくないように思えますが。とにかくギネス級のバストサイズであることは間違いありません。体型はややポチャ。年齢も明らかに30オーバーのくせに、自称25才でメイクはギャル風。しかしあのデカ乳を前にすれば、そんな難点などかすみます。たとえば俺のお気に入りである、もみ洗いパイズリ。ローションを塗りたくった乳で、チンポを左右からもみ洗うように擦りつける爆乳ならではのワザなんですが、これがもう死ぬほど気持ちいい。
こころよくナマ挿入させてくれるサービス精神も高ポイントです。病気の心配もなくはないけど、ゴム付では彼女のアソコの具合を100%堪能することはできませんからね。そう、愛カップちゃんはまれに見る名器の持ち主でもあるんです。もう最高でしょ? 
8、JR三河一宮駅。来春から無人化が決定となったこのモノ寂しい駅前に、今年の春あたりから、おかしな女が現われた。歳のころは30ちょいの地味な女で、一見フツーの主婦にも思えるが、実は彼女、男性が目の前を横切るたびに、チラッとスカートをめくって中身を見せつけてくるのだ。ノーパンで、マン毛ボーボーの股間を。ニヤニヤと笑いながら。自分自身も何度か彼女を目撃しており、いちど気になって声をかけたことがある。「ねえ何してるの? いくらで遊べる?」
まさかこんな田舎の駅前で立ちんぼがいるとも思えないが、わざわざ通行人にマンコを見せびらかす理由が他に浮かばなかったのだ。しかし彼女は何も答えず、怯えた様子でそそくさと立ち去ってしまった。なんだありゃ?今も彼女は相変わらず通行人に股間をさらし、寒風にボーボーマン毛をそよがせている。そんなことしていったい何が楽しいのか。カゼをひかなきゃいいけど。
9、俺の地元・新城市の名物といえば、五平餅が有名だが、もう一つ、裏の名物として湯谷温泉がある。ここは愛知県唯一の混浴温泉で、週末はワニども(女性客の裸が目的の男)がわんさか集まることで悪名高い。何を隠そう、俺もワニの1人だ。そんなマニア連中の間で、最近、もっぱら話題なのがハートちゃんと呼ばれる女だ。首の裏にハート型の小さなイレズミがあるためそう呼ばれている。毎回ナゼか違う男と混浴にやってくる彼女は、ワニどもを集めていつも同じ台詞を口にする。
「イク瞬間の私の顔を見つめてくださいね」
湯船の中で連れの男に手マンされ、絶頂をむかえる表情を視姦してくれと言うのだ。どうしようもない変態だがイく瞬間、胸元から上をピンク色に染め、ガクガク体を震わせる様はこの上なくエロい。何度このシーンをオカズにさせてもらったことか(ちなみに、ワニ側は一切ハートちゃんに触れられない)。皆さんもどうです? 名湯で温まりながら、一緒に彼女を囲みませんか?混浴露出オンナ湯谷温泉「ゆかわ」の混浴露天風呂。月イチペースで週末の午後に出没
10、この出会い喫茶によく現れるのは、ギャル風の超美形である。しかも、推定Kカップの爆乳にもかかわらず、熊田曜子バリに腰がキュッとくびれている。正真正銘の大当たりだ。客との過当競争を制して、彼女をトークルームに連れ込んだことがある。が、いくら頼んでも、エンコーはおろかお茶もNG。単なる冷やかしかと思いきや、こんなことを言い出した。
「10 分間のおっぱい揉み放題、5万円でどう?」
ありえん。胸を揉むだけで5万円って高すぎるでしょ。突っ込むオレだが、彼女はいつもこれでお願いしてオーケーをもらってるという。ほんまかいな。外出するところは見たことがないし、なのにしょっちゅう通ってるし。ということは本当に5万払ってモミモミしてるオッサンがいるのかもしれない。
11、その病院に俺が入院することになったのは、今年2月。バイク事故で両手と左足を骨折し、全治2カ月の大ケガをしたからだ。4人部屋の病室で、担当のナースからコマゴマとした説明を受けると、彼女が去ってから、隣のベッドのニーチャンが馴れ馴れしく話しかけてきた。
「大当たりやん。ツイとるなぁ」 意味がわからず尋ねたところ、俺の担当ナースは評判のエロナースだという。といっても、口で抜いてくれるとか、空き室でハメハメさせてくれるとか、そういうエロ漫画的なものではないらしい。どういうこっちゃ? やがて、ニーチャンの言っていた「エロ」の意味がわかった。彼女、入浴やトイレの際、ことさらチンコに触れてくるのだ。ちょろちょろと、何気ない風を装って。かと思えば、ときにはストレートにからかってくることも。
「なかなか立派な亀頭やね」
ニヤニヤしながら、傘の周りをツーッと撫でるのだ。ああ、そんな! が、非情にも、彼女はいつも勃起したチンコを満足気に眺めるだけ。たまらず「抜いて」と懇願してもアホのひと言で終わりだ。きっと彼女、そうやって悶々とする患者を見て楽しんでるんだろう。ふざけたドSナースだったが、元AV女優みひろにそっくりな彼女の顔を思い出すたび、チンコをコスっている自分が情けない。

自動車教習所の教官は男性も女性も生徒を食いまくる|教習指導員の役得エッチ体験談

0089_20190106114800723_2019102919354227c.jpg0090_20190106114801233_20191029193543019.jpg0088_20190106114759ff0_20191029193541d11.jpg
好みの女のコを自分の車に逆指名・自動車教習所の教官は女性の生徒にモテるのか
SnapCrab_NoName_2020-1-19_10-26-4_No-00.png
自動車教習所の教官はおいしいという噂をよく耳にする。
教習の際、女の子と2人きりで車に乗って…なんていかにもな話だが、実はコレ、事実である。本モノの教官であるボクが言うのだから間違いない。冷静に自己採点しても中の下ランクのボクは、教習所で働き初めてこの3年、女に不自由したことがない。どころか、下は18から上は40過ぎの人妻まで、喰って喰って喰いまくっている。しかも、こちらから声をかけなくとも、女の方からホイホイ付いてくるラクショーぶりだ。
考えるに、20代の教官がボクー人という職場環境にも原因はあるだろう。他が高圧的な中年教官ばかりじゃ、黙ってても株は上がる。いわば生徒たちは初めから好印象を抱いてボクの車に乗ってくるわけで、狭い車内で丸々ー時間も過こせば勝手に親近感を持つのも当然と言えば当然。結果、女が5人いればそのうちー人は、いや4人にー人ぐらいの割合で「センセ、今度、飲みに行きましょうよ」などと渡してくるのだ。ただ、ここですぐに「んじゃ、ごちそうさま」といただくのは御法度。仮に肉体関係を武器にハンコを要求でもされればトラブルになりかねない。最悪、教習所に泣きつかれ、クビが飛ぶこともあるだろう。よって、ボクなりに薮習期間中は手を出さないことを鉄則として課している。
あせらずとも仮免合格となったところで「卒業祝いをしようか」と誘えばイチコ口なのである。思い起こせば下は高校を出たばかりのティーンエージャーから、女子大生、OL、人妻と、様々な女性たちがいた。中には処女の専門学校生もいて、まったくナ二を教えてるんだか。唯一にして最大のネックは、誘ってくる女が必ずしも自分のタイプではないことだったが、それもボクの編み出した、’逆指名制度“の導入で解消された。普通、実地研修の配車はコンピュータで管理され、ボクの車に誰が乗るかは偶然に決まる。が、そのコンピュータを操作するのは総務の人間そこで、「合コンをセッティングすっから、ちょっと協力してくれよ」と担当者を丸め込み、予めチェックした好みのコを配してもらうのだ。もちろん、ー度乗車したからといって簡単にウマクいくわけじゃない。が、ー度が2度、3度と教習が重なれば、自然、親密度は増す。ちなみにボクは、人のよさそうなキャラを生かし、ひたすら相手の話を聞いて安心感を引き出すのがいつもの手。
春休みは教習所がいちばん忙しい時期。どんなコが食べられるかと毎日ワクワクのボクだ。
1、彼女、僕が通っていた自動車教習所の女教官で、酒井彩名のスタイルを悪くしたようなケバブスで身長160センチくらいです。僕の経験を話すと、入校直後、まだ第一段階の時点で「生徒たちとの親睦会を開きます」と飲みに誘われ、待ち合わせ場所に向かうと彼女1人が待っていた、というベタな方法でサシ飲みになり、そのままホテルでハメることになりました。地元の先輩に聞いたところ、どうやら何人もの卒業生たちともハメまくってるようで、おそらく俺のときと同じ方法で、好みの生徒たちを落としていると推測されます。噂では草食系、肉食系どちらもOKで、これというタイプはないようです。おおらかで社交的な性格だし、学校に行けば何もなかったかのように接してくれるので問題ありませんが、運転でミスると、鬼みたいな顔になるときがあり、かなり怖いです。
2、四条通りに面したデパ地下の女性店員さんの中に、1人だけノーブラの子がいます。僕の見立てではせいぜいCカップ程度ですが、清潔な白いシャツの上から綺麗な形の胸が透けているのです。日によっては乳首が立っていることもあるのでたまりません。
本人は前掛けをしてるので見えないだろうと油断しているようですが、試食をすすめてくれる瞬間に胸元に視線を移すとナマ乳首もかすかに見えてしまいます。他のなじみ客たちも彼女がノーブラだと気づいているのか、何度も店の前を通るお父さんの姿もチラホラ。すでにマニアの間では有名な存在なのかもしれません。ただしノーブラの時期は夏季がメインなので、冬場はなかなか見られません。悪しからず。
3、この三十路女の逆ナンぶりはすごい。近隣のオフィス街で働いているらしく、週末の夜になるとよく店に現れるのだが、タイプの男をみつけると積極的に話しかけてくる。見た目は食えないほどじゃないので、すぐにお持ち帰りされる男性が多いようだ。ボクの場合は、即セックスの翌日から恋人気取りの電話攻撃がくるようになった。過去に何度か婚活に失敗しているらしく、「カッコよく写っている写メ送って」、「裏切ったら許さない」などの怖いメールも届くようになった。面倒な女が嫌いなら手を出さない方が無難かも。
4、女体にタトウーを入れる彫師に陶芸教室を開くエ口職人、家庭に出向くドッグトレーナー等、これまで裏モノにはモテ組職業が度々紹介されたが、かくいうオレも超変化球な資格で奥様連中をパクパクしている。報告しよう。
昨今のスローフードブームでにわかに注目を浴びている野菜のソムリ工ことベジタブルマイスターをご存知だろうか。石田純一の元恋人、長谷川理恵が取得したことで全国のオシャレ奥様に注目され、今やJALの趣味講座などでも教室を開設されるほどブームを呼ぶ、民間の資格である。
オレの場合は、まだ野菜ソムリ工なんてことばもなかった5年前、勤務先の青果卸商社の上司に勧められたのがきっかけだった。通うことになった学校では、栽培、保存、栄養、調理法など野菜の専門的な教養を習得した。もちろん、後々、いろんなベジタリアンスタイルを企画し、一儲けしようという魂胆である。
卒業が近づいたある日、学長から思ってもいない話を持ちかけられた。なんでも、開講間もない講座のため人手不足がひどく、成績トップだったオレを講師として雇いたいという。給料は毎月20万。悩んだ末、引き受けることにした。それから3年、テレビや雑誌で紹介されたこともあって、我が校だけでも1干人以上の生徒が集まり、ヒマな奥さん連中が大金を落としていくようになった。
野菜などの魅力や感動を知って、自ら楽しむジュニアマイスターが13万円、さらに詳しく野菜の魅力を商業的に伝える「マイスター」が16万円、仕事としてプ口の野菜ソムリ工を目指すシニアマイスターが74万円。むろん、大半の生徒が初級コースを選ぶ。中には資格を活かして稼こうって気合いの奥さんもいたが、現実はスーパーや青果問屋のアドバイザー程度しか働き口はない。要は、大半がヒマ潰しなのである。
生徒倍増でギャラも倍。おまけに芦屋や宝塚の奥様がやって来るとあっては、気合いが入らないわけがない。むろん、下心もあった。
「先生、今日飲み会やるんですけど来ませんかっみんなもっとEBN(栄養学)の話を聞きたがってるんですよー」
昨年11月、秋本奈緒美似、ベンチャー企業社長夫人のいづみ(34才)かり声をかけられた。生徒の中でも、特に目をつけていた美人である。
「飲み会ですかっ私が参加して邪魔にならへんかなあ」
オレは内心、股を膨らませながら、気乗りしない顔つきで答えた。と、彼女が腕を組み、愛車のBMWへ誘うではないか。連れて行かれたのは高級イタリアンだった、が、誰一人として生徒の顔がない。会場、間違えたんと違うか。
「あはははは。先生、今日は私以外、誰も来ーへんよ」「え」「2人で野菜の話しよー」
途端に心臓がバクバクし始めた。いかにも物欲しそうな身体つきに、スケべな唇。恥ずかしながら、相手の目もマトモに見られない。
「先生は、結婚してへんもんね。彼女とかおらへんの」
「週末、ずっと講師しとった車から、デートのヒマもなかったわ。それに元々そんなにモテへんしなあ」「えー、結構、意外やわあ」
そう言いながら、彼女がテーブルの下で長い脚をオレの太腿にからめてきた。シャンパンのせいで、すでに目はトローンとしている。な、なんちゆう大胆さ。
「でも、合コンとかで遊んでるやろっ女の子いっばいおるんやし」「い、いやあ」
目線は泳ぐばかり。あかんもう、我慢でけん「そろそろ、いこかっ」今度はオレがBMWのハンドルを握り、ラブホへ直行。下着を剥ぎ取り、シャワーも浴びずに腰を振る。「ああーイク、イクーー・」「うおおおおりゃー」瞬く間に濃い液体を発射。一服して2回戦に突入しようとしたそのとき、彼女が下着を着け始めた。どしたん?「ワタシ、結構淡白やから」そ、そんなあーー
ホロ苦い思い出に終わったが、これでタガが外れたオレは、以来、美人生徒を喰いまくる。クリトリスが大豆並の裕美、アソコが熟れたトマトのような美由紀)、丸茄子の如く黒光りした乳首の洋子など、半年で12人ほどいただいたか。が、どうにもふに落ちない。どの女も一回ポッキリしかさせてくれないのだ。もしかしてエッチが下手すぎなのか?悩むオレに、ある日、ベジフルサイエンス(体に対する野菜・果物の効能学)に詳しい先輩講師繊意外な話を教えてくれた。女は肉食ガッツリ系の女は性欲が激しく、草食系は淡白になりがち。逆に、男は飢餓感の中に種を残す性欲のため、野菜好きの方がドスケべ頭になりやすい。よって野菜好きの男女がくっつけば、男が不満足になって当然である。なんてこったーどおりで一回ポッキリで終わってしまうわけだ。彼女ら、身体を持て余しているというより、単にスリルを楽しみたかっただけだったのか。
自分はH下手じゃなかったことに少し安心しつつ、今日も教室で女体刈りに精を出すオレだ。
Copyright © エロ漫画無料アダルト裏モノJAPAN All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます