先生のタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます



超大人気・美谷朱里・枢木あおいちゃんも
プレステージMGS動画もマジックミラー号も!
U-NEXTユーネクストR18
本ページの情報は2021年2月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

DMMのアダルトAV見放題はこちら
ただ今30日間無料お試し中!
DMM見放題chライト(R18)

タグ:先生

美容院やエステのプライベートサロン経営の女性・スクールレッスンの先生はお客や生徒になってあげればセフレにしやすい

スクールレッスンの先生セフレスクールレッスンの先生セフレスクールレッスンの先生セフレスクールレッスンの先生セフレスクールレッスンの先生セフレスクールレッスンの先生セフレg
化粧品のマルチ営業OL編
昼下がり、喫茶店でゆっくりしていたところ、隣の席で女性2人が会話していました。
「キレイになりましょう」「幸せになりましょう!」「夢を実現しましょう!」。そんな台詞を聞けば誰だって気づきます。そう、これは化粧品のマルチ営業の場面です。勧誘されていた女性が先に帰ったところで、すかさず話しかけました。
「お姉さん、さっき化粧水の話をしてましたよね? 最近肌が荒れちゃったのでなにかおすすめってありますか? 男なんですけど(笑)」化粧品マルチは、男性販売員の獲得にも躍起になっているので、彼女は水を得た魚のように話し始めました。「男性の方でも使われる化粧水があって・・・」から始まる20分強の説明を、とにかく興味深そうにうなずいて話に耳を傾けます。こうした態度をとっていると、必ずこう誘われます。
「もしよければなんですけど、このあと時間ってありますか?」連中は主要繁華街にいくつか「サロン」と呼ばれる拠点を持っており、ここにマルチの「師匠」が待っていて、さらに退屈な話
を聞かされることになります。というわけでサロンに移動して彼女の師匠、彼女、私の3人でマルチのビジネスモデルの説明を受けました。説明が終わり、会場を出たところでようやく彼女と2人に。この瞬間が一番の狙い目です。
「いっぱい聞いたけどまだよくわかんないかも。よかったらもう少しだけ話を聞かせてもらってもいい?」
ボクが興味を持っているのでムゲに扱うわけにはいかない。当然、相手は乗ってきます。そこでこの一言。
「ありがとう。でも、このあとアポがあるから○○(ホテル街)に行かなきゃいけないんです。移動してからそこで聞かせてもらってもいい?」
カモを逃したくない彼女はまんまとホテル街についてきました。自然に居酒屋に入ったところで、ここからは攻守交替。このマルチに入ったきっかけを聞きます。狙いは、過去の不幸話を引き出すことにあります。そもそも化粧品のマルチ女は「美容」と「幸せ」を志向しているので、過去はモテなく、そして不幸だったんです。だからこんな質問を投げます。
「前はどんな風に辛かったの?」
彼女はこれまでの辛さを話し始めました。元々イジメられっ子でどうのこうのと。
「・・・だから、がんばってキレイな女の子になって幸せになりたいんです!」
すっかり気が抜け、なんでも話してしまっているのは、師匠がその場にいないからに他なりません。そこにはむき出しの弱い女性が一人いるだけ。お酒も当然すすみますよね。一通り話を聞いたところで、自然とセックスに関する質問をします。
「じゃあぜんぜんドキドキするようなことしてないの?」
「うん、してない」
「いろいろ我慢してるんだね」
「そうかも…」
 ストレスをなんとかしたい、という方向に持っていったところで勝負の一言。
「じゃあ、このあとちょっと休んでこうか」
店を出てからホテルまでは一直線でした。
「ランニング講習」の先生編
ターゲットは「ランニング講習」の先生です。初回の無料体験講座で概要を聞き、軽くレッスンをし、そのまま契約という流れが一般的なので、先生は営業ウーマンでもあるわけです。無料体験を申し込んだところ、さっそく先生から連絡が入りました。
〈場所は都内でしたらどちらでも伺います〉
とのことなので、新宿のシティホテルっぽいラブホ(あそこです)にチェックインし、ホテル前まで
来てもらうことにしました。午後1時、現れたのは、吉岡美穂をより薄い顔にしたかんじの長身女性。年齢は25才だそうです。
「はじめまして。あれ? まだ着替えてないんですか?」
「着替えはここ(ホテル)の中にあるので」
「え? ホテルとってるんですか?」
戸惑いの表情を見せる先生にこう返します。
「走った後にシャワー浴びたいじゃないですか」
「あ、そうね」
第一関門を突破し、先生と一緒にホテルに入りました。
「じゃあ、着替えがすんだら教えてください」
事務的に連絡する先生を制止します。
「ちょっと待ってください、軽くごはん食べてからでもいいですか?」
「ええ、いいですけど食べ過ぎないでくださいね」
ランニング講習をうけるはずが、なぜかホテルの部屋で一緒にランチをしながら雑談する流れになり
ました。
「先生はなんでこの仕事を始めたんですか?」
定番の「自「私、体育大卒業するまでずっと陸上してたんです。でも社会人で陸上部に入れなくって。夢を諦めていまは教員採用試験に受かるために浪人中なんです」
「じゃあ色々と大変だ。ちゃんと癒してもらう彼氏はいますか?」
「うん、2年くらい付き合ってる彼氏がいるよ」
先生がタメ口に。少し気をゆるしている様子です。その後、周辺を一緒にランニングし、ホテルに戻
ってきました。共に汗を流したことで、文化祭を終えたクラスメイトのような気分です。
「じゃあ、僕が先にシャワー浴びちゃいますね」
「はーい」
サラリと先生もシャワーを浴びることに合意させました。先生が出てきたところでマッサージ作戦です。「ボク、整体をやってるんで足のマッサージだけさせてください」
「なに? いいのよ、そんなに気をつかわなくても」
「いいですよ、軽く5分くらいで終わりますから」
「下心ない?」
「大丈夫ですって、先生そのタオルでちゃんと身体隠してくださいね」
かくして足元から健全なマッサージを…するわけありません。
「先生、彼氏とぜんぜんエッチしてないでしょ?」
「なに聞いてんの?」
「内股の硬さでわかるんですよ」
「ウソみたいなこと言わないでよ、もう」
会話が途切れてきたところで、ゆっくりとタオルの中に手を入れます。抵抗はありません。
「あっ…」
漏れた吐息を聞き逃さずゆっくりとタオルを剥ぎます。腹から乳房付近にたっぷりベビーローションを垂らし、乳首を刺激。
「ううんっ…! うんっ!」
はい、陥落しました。レッスン系の営業さんは、仕事の動機を聞いて心を開かせたあとに、先生と生徒の関係を崩していくのが、やはり近道ですね。
脱毛サロンのエステティシャン編
ターゲットとなったのは脱毛サロンのエステティシャンです。彼女と知り合ったのは異業種交流会で
した。こういう場には、自分のビジネスにつなげようとガツガツ話しかけてくる女性が溢れています。名刺交換をした33才の彼女もその一人でした。
「去年独立して男性用の脱毛サロンを開いてるんです。いまは男性も脱毛するのが普通なんですよ」
「実は僕、けっこう毛深いんですよね」
 彼女が望むような回答をしてあげると、好反応を示しました。
「だったら一回体験してみません? 無料なので」
 無料体験をさせてそのまま自然な流れで半年ほどの契約を申し込ませるのが、彼女らエステティシ
ャンの特徴です。後日、彼女が開いているサロンに足を運ぶことに。ここで押さえておきたいのが、独立系エステティシャンは決して儲かっているわけではないということです。エステに使われる場所は雑居ビルのワンフロアで、機材もテナントもすべて時間単位でレンタルしているもの。また、売上の半分以上はフランチャイズ本部に納めなければならないので、ほとんどのエステティシャンは常に客不足に悩まされているのが現状です。この不安にうまく入り込んでいくのがポイントなのは言うまでもありません。軽い世間話をしながら施術が始まりました。彼女は現在3年続いている彼氏と同棲中だといいます。でも、ビビってはいけません。同棲している女性こそセックスレスなものですからね。下半身付近の脱毛をお願いしたところ、なかなかきわどい足の付け根まで彼女がレーザーを押し当ててきます。適度な振動につられ、下半身が自然と膨らんでしまいました。
「きわどいことするから大きくなっちゃったよ」
「ちょっと! やめてくださいって!」
笑いながらあしらう姿からして、エロいことに極端な嫌悪感はないようです。施術が終わったところで、彼女が自然な流れで次の施術スケジュールを提案してきました。これ、事実上の契約です。
「ちょっと待って。次のスケジュールの前に、もう一人脱毛してほしいっていう男友達を紹介してもいい? そのとき、僕も一緒に話を聞きたいんだけど」
「もちろん大丈夫ですよ!」
こうして、後日の夜アポを取り付けることができました。もちろん「友達」なんてのはウソ。迎えた当日。友達は急遽予定が入ったということにして2人で飲むことに。施術の話はそこそこに、経営の悩みを聞き出します。
「独立するって大変でしょ?」
「はい。お客さんがぜんぜん集まらなくって。でも社長さんと週一回ミーティングがあって、そのときに結果を報告しなきゃならないんですよ」
「大丈夫? 彼氏にちゃんとフォローしてもらってる?」
「ぜんぜん。一緒にいてもほとんど話さないし、孤独で・・・。ていうかすみません、こんな話」
恋愛の悩みまで吐露し始めています。こうなったらほぼ勝負は決まったもの。
「明日午前中、予約入ってないんだよね? じゃあ今日は特別にパーッと気分転換しましょうよ。カラオケとか最近行ってる?」
「ぜんぜん行ってない! 行きたいです!」
カラオケであっさりとキスを済ませ、1 時間後にはホテルにイン。プライベートサロンの女は、うまく悩みを聞き出せばすぐにセックスできる最高のカモなんですよ。

教え子の男子生徒にみだらな行為をした女教師・担任の先生に学校で手コキの淫行されたエッチ体験談

152_202008140033517b9.jpg153_202008140033525a2.jpg
クラスの副担任になった。名前はマチ子。ベテラン担任のサポー卜と、音楽の授業が彼女の受け持ちだ。当時24才で、見た目は、そのころセクシーアイドルで売り出していた岡本夏生似。実際、学校にボディコンを着てくるよぅな先生で、母親はイライラとし父親の方は「ヤリてえなあ」と、子供の
オレには意味のわからぬことを言ってたのを覚えている。そんな派手な外見もあって、マチコ先生はクラスでも人気者だった。性格も穏やかで、分け隔て無く誰にでも優しい。クラスの大半の男子が彼女に淡い恋心を抱いていたことは間違いない。
翌年、そのまま同じクラスで持ち上がり小6に。授業に性教育の時間が加わった。担当はマチ子先生である。ここで、オレは彼女から、思わぬ攻撃を受ける。
「山本君、子供の作り方はわかる?」「毛はもう生えてるかな?」
「精通はしてる?朝、起きたらズボンがベチョベチョになったことは?」
オレが集中的に狙われた理由は察しが付いた。特別、可愛らしい顔をしていたわじやない。他のクラスメ —卜に比ベ、体の発育がずば抜けていたのだ。当時すでに、170センチで70キロ。性に関しても、父親が持っていたエロ本を盗み見て、オナニーも覚えていた。
にしても、まだ小6のガキである。マチ子先生のことばは、あまりにストレー卜で、質問にもただ恥ずかしそうに下を向いてるしかなかった。
彼女はその後、オレを『ヒロ君』と呼び、廊下ですれ違ったとき意味なく体に触ってくるようにな
った。単にからかわれてるだけ。そう考えるのが自然だろう。が、実は違った。
オレが体育の授業で右腕を骨折してしまい、ギプス生活を強いられていたある日の放課後。学校のトイレでズボンを下ろせずに困っていると、偶然、そこにマチ子先生が通りかかった。
「あらやだ、どうしたの?」「…ぃゃっ」「ほら、私が手伝ってあげるから」
言うが早いか、マチ子先生はオレのズボンを下ろし、パンツも下ろしチンコを掴んでケツをさすりだした。頭が真っ白である。いったいなぜ??チンコを握ってくれてなくても、シッコはできるよ。先生、困ります…。混乱しつつも出しきったところで、驚くべきことが起きた。なんと、マチ子先生がオレのチンコをシゴキ始めたのだ。恐怖で声が出なかった。が、自分の意に反して、大きくなるチンコ。そしてあっという間に射精…。頭の中はグチャグチャである。茫然自失のオレを見つめながら彼女はニコリと笑った。
「あ—あ。いっぱい出しちゃった。恥ずかしいなあ」「このことは絶対に誰にも言っちゃダメよ」
言えるはずがない。
11才の子供にとっては雷を喰らったような出来事。これが誰かにバレるくらいなら死んだ方がマシだ。いや、バレて困るのはマチ子先生の方だろう。なんと彼女、この一件以来、定期的にオレを音楽準備室に呼び、チンコをシゴくようになったのだ。明らかな淫行。発覚すれば、新聞やテレビでも報道されるに違いない。そんな危険を冒してまでなぜ?
むろん、当時のオレはそこまで頭が回るはすもなく、ただされるがままだった。卒業後、マチ子先生のことは、意外にすぐに忘れた。傷が深かっただけに、記憶の奥底に封印してしまったのだろぅか。このまま会いたくないし、会うはずもないとも思っていた。
が、人生とは因果なもの。
昨年暮れ、今まで聞いたこともなかった小6の同窓会の案内が届いたのだ。30才になる前に、遭いましようということらしい。あれから実に17年。マチ子先生のことを思い出さないはずはない。ただ、すでに嫌悪も恨みもない。すでに、何の関心もない人にまで風化していた。オレは「参加」に〇を
付け投函した。
当日、30分ほど遅刻して会場につくと。懐かしい顔が並んでいた。根暗だった友が営業で活躍していたり、クラス1のブスがイイ女になっていたり。みんな変わったなぁと目を細めたその先に、マチ子先生の顔があった。彼女は、すっかりオバサンになっていた。岡本夏生似の面影はどこにも無く、まるで別人のよぅだ。オレはこんな女にイタズラされていたのか…
不意に、音楽準備室でいたぶられた日々が蘇ってきた。あんな破廉恥なことをして、同窓会にのこのこ顔出してんじやね—よ!自分でも驚くほどの怒りがこみ上げ、同時によからぬ企みが浮かんできた。オレを侵し続けてきたこの女を、今度はオレが犯してやる。現在の彼女に性欲など微塵も沸き起こらないが、無理矢理でも犯さないと過去が清算できない。いかにも飛躍した論理だが、思い出したくない過去を思い出してしまったのだから仕方ない。怒りが抑えられないのだから仕方ない。
2次会終了後、それまで意図的に近づかなかったマチ子先生に声をかけた。
「先生おひさしぶりです。山本です」
「ああ山本君!元気だった?」
山本君…。長い月日が呼び方を他人行儀に戻していた。彼女に戸惑いは特に感じられない。アンタには何の罪悪感もないのか。怒りを抱えたまま、居酒屋に誘った。さらに酔わせて、店のトイレで犯すつもりだった。文句は言わせない。しかし——。彼女は、すっかり所帯染みていた。家のローンがキツイ、ダンナが浮気してるらしい、子供が受験で大変云々。聞けば聞くほど、モチベーションが下がってきた。どうでもいいじゃねえか、こんな女。オレは、昔のオレをいたぶったあのときのままの彼女を犯したいんだ。こんなオバサンを今更どうにかして何になる?止め止め、計画中止。
ただ、どうしても聞いておきたいことがある。先生、あのときのこと、どう思ってるんです?何も言わなかったけどオレはオレで苦しんだんですよ。ベラベラ話すマチ子先生のロを遮ろうしたとき、彼女の方からうつむきがちに切り出してぎた。
「山本くん…ごめんね。あのころの先生、どうかしてたんだと思う。本当にごめんなさい。許してね」殊勝に頭を下げる彼女を見て、何も言えなくなった。先生、もういいよ。納得はできないけど、もういい。さようならマチ子先生。
★★★空前絶後の出会い時代到来★★★
一つの出会いで世界が変わる
おすすめの厳選出会い2選。18禁。
≪会員数1000万人突破≫≪フリーメール・匿名での登録OK≫
PCマックス

≪女性誌等への掲載多数、女性登録者多し≫
ワクワクメール

不況でパパ活に激美人が急増中の噂
日本で唯一全国展開している交際クラブユニバース倶楽部をのぞいてみよう!
40代~60代のための愛人マッチング【ユニバース倶楽部】

二次元の彼女のエロシーンやボイスに病みつき
【にじげんカノジョ】

★★★女性が喜ぶ最強のペニスを作る★★★
☆☆自信の増大アップサプリ☆☆
【サイズアップXL】

☆☆三冠達成!ペニス増大サプリ・ヴィトックス☆☆
今がチャンス!赤字覚悟の還元プレゼント中!
【ヴィトックス】

☆☆早漏対策なら☆☆専門医推奨!TENGAのトレーニングツール


☆☆遅漏対策なら☆☆TENGAの遅漏改善トレーニングツール☆☆
⇒遅漏改善用TENGA

☆☆TENGAの男の活力サプリメント☆☆
⇒TENGA活力支援サプリ

☆☆包茎対策なら☆☆ ⇒自宅で自分で治す包茎グッズ
包茎グッズ【キトー君】