先生のタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます




超大人気・美谷朱里・枢木あおいちゃんも
プレステージMGS動画もマジックミラー号も!
U-NEXTユーネクストR18
U?NEXT月額利用料金2,189円(税込)
本ページの情報は2021年2月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

DMMのアダルトAV見放題はこちら
ただ今30日間無料お試し中!
月額利用料金550円(税込)
DMM見放題chライト(R18)

タグ:先生

【エロ漫画】高校女教師の元担任の先生が人妻ヘルスで裏アルバイトしててばったり再会

担任の先生が人妻ヘルスエロ漫画担任の先生が人妻ヘルスエロ漫画担任の先生が人妻ヘルスエロ漫画担任の先生が人妻ヘルスエロ漫画担任の先生が人妻ヘルスエロ漫画担任の先生が人妻ヘルスエロ漫画担任の先生が人妻ヘルスエロ漫画担任の先生が人妻ヘルスエロ漫画担任の先生が人妻ヘルスエロ漫画担任の先生が人妻ヘルスエロ漫画担任の先生が人妻ヘルスエロ漫画担任の先生が人妻ヘルスエロ漫画担任の先生が人妻ヘルスエロ漫画担任の先生が人妻ヘルスエロ漫画担任の先生が人妻ヘルスエロ漫画担任の先生が人妻ヘルスエロ漫画
内気だったオレはオナニーのオカズにするのがせいぜいだった
まさかこんなところで先生と再会を果たすなんて
オチンチンから汁が出ちゃつてるよぉ―
ほんとはしちゃいけないんだけど
3年前先生は埼玉でレストランを経営するダンナと結婚と同時に妊娠それを機に教職を辞めたらしい
しばらくは専業主婦をやっていくつもりだったが――
昨年あたりから家計が赤字続きでね…
悩んだ末に思い切って風俗でガッポリ稼ごうかなって
ダンナさんには?
もちろん内緒。派遣でOLやってることになってるの
まさかあの谷口先生が風俗嬢にねえ
それにしても先生はエロかった
先生はSの素質もあるようで…
ア、アナルに先生の指が入ってる…
そうよアナタこんなことされて恥ずかしくないの?
…恥ずかしいです
他にも俺たちはおよそ考えられるありとあらゆるプレイを楽しんだ

美容院やエステのプライベートサロン経営の女性・スクールレッスンの先生はお客や生徒になってあげればセフレにしやすい

スクールレッスンの先生セフレスクールレッスンの先生セフレスクールレッスンの先生セフレスクールレッスンの先生セフレスクールレッスンの先生セフレスクールレッスンの先生セフレg
化粧品のマルチ営業OL編
昼下がり、喫茶店でゆっくりしていたところ、隣の席で女性2人が会話していました。
「キレイになりましょう」「幸せになりましょう!」「夢を実現しましょう!」。そんな台詞を聞けば誰だって気づきます。そう、これは化粧品のマルチ営業の場面です。勧誘されていた女性が先に帰ったところで、すかさず話しかけました。
「お姉さん、さっき化粧水の話をしてましたよね? 最近肌が荒れちゃったのでなにかおすすめってありますか? 男なんですけど(笑)」化粧品マルチは、男性販売員の獲得にも躍起になっているので、彼女は水を得た魚のように話し始めました。「男性の方でも使われる化粧水があって・・・」から始まる20分強の説明を、とにかく興味深そうにうなずいて話に耳を傾けます。こうした態度をとっていると、必ずこう誘われます。
「もしよければなんですけど、このあと時間ってありますか?」連中は主要繁華街にいくつか「サロン」と呼ばれる拠点を持っており、ここにマルチの「師匠」が待っていて、さらに退屈な話
を聞かされることになります。というわけでサロンに移動して彼女の師匠、彼女、私の3人でマルチのビジネスモデルの説明を受けました。説明が終わり、会場を出たところでようやく彼女と2人に。この瞬間が一番の狙い目です。
「いっぱい聞いたけどまだよくわかんないかも。よかったらもう少しだけ話を聞かせてもらってもいい?」
ボクが興味を持っているのでムゲに扱うわけにはいかない。当然、相手は乗ってきます。そこでこの一言。
「ありがとう。でも、このあとアポがあるから○○(ホテル街)に行かなきゃいけないんです。移動してからそこで聞かせてもらってもいい?」
カモを逃したくない彼女はまんまとホテル街についてきました。自然に居酒屋に入ったところで、ここからは攻守交替。このマルチに入ったきっかけを聞きます。狙いは、過去の不幸話を引き出すことにあります。そもそも化粧品のマルチ女は「美容」と「幸せ」を志向しているので、過去はモテなく、そして不幸だったんです。だからこんな質問を投げます。
「前はどんな風に辛かったの?」
彼女はこれまでの辛さを話し始めました。元々イジメられっ子でどうのこうのと。
「・・・だから、がんばってキレイな女の子になって幸せになりたいんです!」
すっかり気が抜け、なんでも話してしまっているのは、師匠がその場にいないからに他なりません。そこにはむき出しの弱い女性が一人いるだけ。お酒も当然すすみますよね。一通り話を聞いたところで、自然とセックスに関する質問をします。
「じゃあぜんぜんドキドキするようなことしてないの?」
「うん、してない」
「いろいろ我慢してるんだね」
「そうかも…」
 ストレスをなんとかしたい、という方向に持っていったところで勝負の一言。
「じゃあ、このあとちょっと休んでこうか」
店を出てからホテルまでは一直線でした。
「ランニング講習」の先生編
ターゲットは「ランニング講習」の先生です。初回の無料体験講座で概要を聞き、軽くレッスンをし、そのまま契約という流れが一般的なので、先生は営業ウーマンでもあるわけです。無料体験を申し込んだところ、さっそく先生から連絡が入りました。
〈場所は都内でしたらどちらでも伺います〉
とのことなので、新宿のシティホテルっぽいラブホ(あそこです)にチェックインし、ホテル前まで
来てもらうことにしました。午後1時、現れたのは、吉岡美穂をより薄い顔にしたかんじの長身女性。年齢は25才だそうです。
「はじめまして。あれ? まだ着替えてないんですか?」
「着替えはここ(ホテル)の中にあるので」
「え? ホテルとってるんですか?」
戸惑いの表情を見せる先生にこう返します。
「走った後にシャワー浴びたいじゃないですか」
「あ、そうね」
第一関門を突破し、先生と一緒にホテルに入りました。
「じゃあ、着替えがすんだら教えてください」
事務的に連絡する先生を制止します。
「ちょっと待ってください、軽くごはん食べてからでもいいですか?」
「ええ、いいですけど食べ過ぎないでくださいね」
ランニング講習をうけるはずが、なぜかホテルの部屋で一緒にランチをしながら雑談する流れになり
ました。
「先生はなんでこの仕事を始めたんですか?」
定番の「自「私、体育大卒業するまでずっと陸上してたんです。でも社会人で陸上部に入れなくって。夢を諦めていまは教員採用試験に受かるために浪人中なんです」
「じゃあ色々と大変だ。ちゃんと癒してもらう彼氏はいますか?」
「うん、2年くらい付き合ってる彼氏がいるよ」
先生がタメ口に。少し気をゆるしている様子です。その後、周辺を一緒にランニングし、ホテルに戻
ってきました。共に汗を流したことで、文化祭を終えたクラスメイトのような気分です。
「じゃあ、僕が先にシャワー浴びちゃいますね」
「はーい」
サラリと先生もシャワーを浴びることに合意させました。先生が出てきたところでマッサージ作戦です。「ボク、整体をやってるんで足のマッサージだけさせてください」
「なに? いいのよ、そんなに気をつかわなくても」
「いいですよ、軽く5分くらいで終わりますから」
「下心ない?」
「大丈夫ですって、先生そのタオルでちゃんと身体隠してくださいね」
かくして足元から健全なマッサージを…するわけありません。
「先生、彼氏とぜんぜんエッチしてないでしょ?」
「なに聞いてんの?」
「内股の硬さでわかるんですよ」
「ウソみたいなこと言わないでよ、もう」
会話が途切れてきたところで、ゆっくりとタオルの中に手を入れます。抵抗はありません。
「あっ…」
漏れた吐息を聞き逃さずゆっくりとタオルを剥ぎます。腹から乳房付近にたっぷりベビーローションを垂らし、乳首を刺激。
「ううんっ…! うんっ!」
はい、陥落しました。レッスン系の営業さんは、仕事の動機を聞いて心を開かせたあとに、先生と生徒の関係を崩していくのが、やはり近道ですね。
脱毛サロンのエステティシャン編
ターゲットとなったのは脱毛サロンのエステティシャンです。彼女と知り合ったのは異業種交流会で
した。こういう場には、自分のビジネスにつなげようとガツガツ話しかけてくる女性が溢れています。名刺交換をした33才の彼女もその一人でした。
「去年独立して男性用の脱毛サロンを開いてるんです。いまは男性も脱毛するのが普通なんですよ」
「実は僕、けっこう毛深いんですよね」
 彼女が望むような回答をしてあげると、好反応を示しました。
「だったら一回体験してみません? 無料なので」
 無料体験をさせてそのまま自然な流れで半年ほどの契約を申し込ませるのが、彼女らエステティシ
ャンの特徴です。後日、彼女が開いているサロンに足を運ぶことに。ここで押さえておきたいのが、独立系エステティシャンは決して儲かっているわけではないということです。エステに使われる場所は雑居ビルのワンフロアで、機材もテナントもすべて時間単位でレンタルしているもの。また、売上の半分以上はフランチャイズ本部に納めなければならないので、ほとんどのエステティシャンは常に客不足に悩まされているのが現状です。この不安にうまく入り込んでいくのがポイントなのは言うまでもありません。軽い世間話をしながら施術が始まりました。彼女は現在3年続いている彼氏と同棲中だといいます。でも、ビビってはいけません。同棲している女性こそセックスレスなものですからね。下半身付近の脱毛をお願いしたところ、なかなかきわどい足の付け根まで彼女がレーザーを押し当ててきます。適度な振動につられ、下半身が自然と膨らんでしまいました。
「きわどいことするから大きくなっちゃったよ」
「ちょっと! やめてくださいって!」
笑いながらあしらう姿からして、エロいことに極端な嫌悪感はないようです。施術が終わったところで、彼女が自然な流れで次の施術スケジュールを提案してきました。これ、事実上の契約です。
「ちょっと待って。次のスケジュールの前に、もう一人脱毛してほしいっていう男友達を紹介してもいい? そのとき、僕も一緒に話を聞きたいんだけど」
「もちろん大丈夫ですよ!」
こうして、後日の夜アポを取り付けることができました。もちろん「友達」なんてのはウソ。迎えた当日。友達は急遽予定が入ったということにして2人で飲むことに。施術の話はそこそこに、経営の悩みを聞き出します。
「独立するって大変でしょ?」
「はい。お客さんがぜんぜん集まらなくって。でも社長さんと週一回ミーティングがあって、そのときに結果を報告しなきゃならないんですよ」
「大丈夫? 彼氏にちゃんとフォローしてもらってる?」
「ぜんぜん。一緒にいてもほとんど話さないし、孤独で・・・。ていうかすみません、こんな話」
恋愛の悩みまで吐露し始めています。こうなったらほぼ勝負は決まったもの。
「明日午前中、予約入ってないんだよね? じゃあ今日は特別にパーッと気分転換しましょうよ。カラオケとか最近行ってる?」
「ぜんぜん行ってない! 行きたいです!」
カラオケであっさりとキスを済ませ、1 時間後にはホテルにイン。プライベートサロンの女は、うまく悩みを聞き出せばすぐにセックスできる最高のカモなんですよ。

教え子の男子生徒にみだらな行為をした女教師・担任の先生に学校で手コキの淫行されたエッチ体験談

152_202008140033517b9.jpg153_202008140033525a2.jpg
クラスの副担任になった。名前はマチ子。ベテラン担任のサポー卜と、音楽の授業が彼女の受け持ちだ。当時24才で、見た目は、そのころセクシーアイドルで売り出していた岡本夏生似。実際、学校にボディコンを着てくるよぅな先生で、母親はイライラとし父親の方は「ヤリてえなあ」と、子供の
オレには意味のわからぬことを言ってたのを覚えている。そんな派手な外見もあって、マチコ先生はクラスでも人気者だった。性格も穏やかで、分け隔て無く誰にでも優しい。クラスの大半の男子が彼女に淡い恋心を抱いていたことは間違いない。
翌年、そのまま同じクラスで持ち上がり小6に。授業に性教育の時間が加わった。担当はマチ子先生である。ここで、オレは彼女から、思わぬ攻撃を受ける。
「山本君、子供の作り方はわかる?」「毛はもう生えてるかな?」
「精通はしてる?朝、起きたらズボンがベチョベチョになったことは?」
オレが集中的に狙われた理由は察しが付いた。特別、可愛らしい顔をしていたわじやない。他のクラスメ —卜に比ベ、体の発育がずば抜けていたのだ。当時すでに、170センチで70キロ。性に関しても、父親が持っていたエロ本を盗み見て、オナニーも覚えていた。
にしても、まだ小6のガキである。マチ子先生のことばは、あまりにストレー卜で、質問にもただ恥ずかしそうに下を向いてるしかなかった。
彼女はその後、オレを『ヒロ君』と呼び、廊下ですれ違ったとき意味なく体に触ってくるようにな
った。単にからかわれてるだけ。そう考えるのが自然だろう。が、実は違った。
オレが体育の授業で右腕を骨折してしまい、ギプス生活を強いられていたある日の放課後。学校のトイレでズボンを下ろせずに困っていると、偶然、そこにマチ子先生が通りかかった。
「あらやだ、どうしたの?」「…ぃゃっ」「ほら、私が手伝ってあげるから」
言うが早いか、マチ子先生はオレのズボンを下ろし、パンツも下ろしチンコを掴んでケツをさすりだした。頭が真っ白である。いったいなぜ??チンコを握ってくれてなくても、シッコはできるよ。先生、困ります…。混乱しつつも出しきったところで、驚くべきことが起きた。なんと、マチ子先生がオレのチンコをシゴキ始めたのだ。恐怖で声が出なかった。が、自分の意に反して、大きくなるチンコ。そしてあっという間に射精…。頭の中はグチャグチャである。茫然自失のオレを見つめながら彼女はニコリと笑った。
「あ—あ。いっぱい出しちゃった。恥ずかしいなあ」「このことは絶対に誰にも言っちゃダメよ」
言えるはずがない。
11才の子供にとっては雷を喰らったような出来事。これが誰かにバレるくらいなら死んだ方がマシだ。いや、バレて困るのはマチ子先生の方だろう。なんと彼女、この一件以来、定期的にオレを音楽準備室に呼び、チンコをシゴくようになったのだ。明らかな淫行。発覚すれば、新聞やテレビでも報道されるに違いない。そんな危険を冒してまでなぜ?
むろん、当時のオレはそこまで頭が回るはすもなく、ただされるがままだった。卒業後、マチ子先生のことは、意外にすぐに忘れた。傷が深かっただけに、記憶の奥底に封印してしまったのだろぅか。このまま会いたくないし、会うはずもないとも思っていた。
が、人生とは因果なもの。
昨年暮れ、今まで聞いたこともなかった小6の同窓会の案内が届いたのだ。30才になる前に、遭いましようということらしい。あれから実に17年。マチ子先生のことを思い出さないはずはない。ただ、すでに嫌悪も恨みもない。すでに、何の関心もない人にまで風化していた。オレは「参加」に〇を
付け投函した。
当日、30分ほど遅刻して会場につくと。懐かしい顔が並んでいた。根暗だった友が営業で活躍していたり、クラス1のブスがイイ女になっていたり。みんな変わったなぁと目を細めたその先に、マチ子先生の顔があった。彼女は、すっかりオバサンになっていた。岡本夏生似の面影はどこにも無く、まるで別人のよぅだ。オレはこんな女にイタズラされていたのか…
不意に、音楽準備室でいたぶられた日々が蘇ってきた。あんな破廉恥なことをして、同窓会にのこのこ顔出してんじやね—よ!自分でも驚くほどの怒りがこみ上げ、同時によからぬ企みが浮かんできた。オレを侵し続けてきたこの女を、今度はオレが犯してやる。現在の彼女に性欲など微塵も沸き起こらないが、無理矢理でも犯さないと過去が清算できない。いかにも飛躍した論理だが、思い出したくない過去を思い出してしまったのだから仕方ない。怒りが抑えられないのだから仕方ない。
2次会終了後、それまで意図的に近づかなかったマチ子先生に声をかけた。
「先生おひさしぶりです。山本です」
「ああ山本君!元気だった?」
山本君…。長い月日が呼び方を他人行儀に戻していた。彼女に戸惑いは特に感じられない。アンタには何の罪悪感もないのか。怒りを抱えたまま、居酒屋に誘った。さらに酔わせて、店のトイレで犯すつもりだった。文句は言わせない。しかし——。彼女は、すっかり所帯染みていた。家のローンがキツイ、ダンナが浮気してるらしい、子供が受験で大変云々。聞けば聞くほど、モチベーションが下がってきた。どうでもいいじゃねえか、こんな女。オレは、昔のオレをいたぶったあのときのままの彼女を犯したいんだ。こんなオバサンを今更どうにかして何になる?止め止め、計画中止。
ただ、どうしても聞いておきたいことがある。先生、あのときのこと、どう思ってるんです?何も言わなかったけどオレはオレで苦しんだんですよ。ベラベラ話すマチ子先生のロを遮ろうしたとき、彼女の方からうつむきがちに切り出してぎた。
「山本くん…ごめんね。あのころの先生、どうかしてたんだと思う。本当にごめんなさい。許してね」殊勝に頭を下げる彼女を見て、何も言えなくなった。先生、もういいよ。納得はできないけど、もういい。さようならマチ子先生。

穴場の女性にモテる職業・空手、柔道、合気道、剣道の先生指導員はおいしい

220_20200802080305ded.jpg221_20200802080306370.jpg222_20200802091339ad4.jpg224_202008020915089bb.jpg225_20200802080311e10.jpg
女にモテる職業といえば、昔から相場は決まっている。
スポーツ選手、アーティスト、パイロット。過去の裏モノには、会長や派遣会社の社員なんて変化球もあったっけ。そして今回、オレが紹介する職種も、やっぱり変化球かもしれない。ズバリ空手指導員。そう「空手」の「指導員」だ。モテモテとはほど遠い、ダサダサで男臭い字面だが、しかし、この年間、オレは空手指導員として女を食ってきた。十人並以下のルックスで、履歴書の趣味欄には「散歩」としか書くことがないこのオレが、である。なぜか。それは、世の女性が空手指導員の中に、失われた「男らしさ」や「強さ」を見出すからに他ならない。
「香田。オマエ、ウチの指導員やってみないか」
空手道場の経営者、加藤先生に声をかけられた。当時、コンビニバイトでかつかつの生活を贈りつつ、日々、道場で己の技を磨いていた。けど、なんでまたオレが指導員?段位もまだ初段だし、適任は他にも大勢いるではないか。
「いや、今度、もう1つ空手教室を増やそうと思ってな」
当時、加藤先生は道場の他に、体育館で空手教室を開いていた。道場が成人限定なのに対し、教室は少年少女が対象。週3日、加藤先生と指導員人が各教室に一人ずつ、出稽古を行っていた。
「で、その新しい教室を、オマエに受け持ってほしいんだよ」
門下生の中で定職に就いてないのはオレだけ。後輩の指導も上手いし、ぜひ引き受けてくれないか、と加藤先生は真剣だ。迷った。オレとしてはこれまで通りトレ—ニングに励みたいだけで、正直、指導なんぞには全く興味がない。が、ここまで先生に懇願されては…。
「わかりました。一生懸命務めさせていただきます」
体育館へ。まずは先生のアシスタントを務め、指導法を学ぶ。「先生、こんにちは」館内に入るや、胴着姿の子供達が駆け寄ってきた。人ずつ頭を撫でつつ、胴着の緩みや帯の掛け違いを直す先生。いい光景である。先生によれば、成人への指導は技術向上に重点を置くが、子供相手の場合、大事なのはシツケ。挨拶のできない子にはコミュニケーションの大切さを教え、怠け癖のある子には、努力の尊さを諭す。要は生徒の人間形成を重んじた指導が求められるらしい。にしても、さっきから体育館の隅に陣取ってる女性は誰なんだ。ヒイ、フウ、ミイ…全部で人。なんか、ビデオカメラ持ってる人までいるけど。「生徒の親御さんだよ」我が子の練習姿を見たさに、やって来たらしい。特に入門まもないころは心配のあまり、数力月間べったり、なんてケ—スも珍しくないという。実際、稽古を見つめる彼女らの目は真剣そのものだった。息子娘の挙手投足をジッと見つめている。で、最後に先生が生徒に訓示説教のようなものを垂れると、今度は神妙な表情でウンウンと頷く。挙げ句、帰り支度の先生を捕まえ、息子はみんなと仲良くやれてますか、素質はあるでしょうか、いじめっ子を見返せるようになるでしょうか等々。まったく呆れた親バカぶりである。が、加藤先生はイヤな顔つせず、優しく彼女たちに応対する。さすがはオレの師匠、できたお人のよう。
しかし、数日後、オレは目撃してしまう。練習が終わり、体育館の駐車場を出ていく先生の車の助手席に、生徒の母親が乗っていたのだ。最初は、単に自宅へ送り届けてるのだろうと思っていた。が、また後日、さらにその後日と同じようなシ—ンに出くわせば、さすがにオカシイと気づく。しかも毎回、乗っているのは別の母親。どう考えても不倫でしょう。
巨人な母親からいきなりラブレタ—
先生と生徒の母親。まるでドラマのような関係だが、それもハンサムで人望のある加藤先生だからこそ可能なこと。若造でトッチャン坊やなルツクスのオレには到底できっこない。見なかったことにして精進精進。ようやく教室を一人で受け持つことになった。場所はやはり市内のとある体育館。事前に告知していたこともあり、生徒は揃つた。スター卜としては上出来だ。当然のように、母親も見学に現れた。トンでもないオババンは一人で、残りはみんなヤングママたちだ。中にはハッとするような美人もいるが…、ま、オレにはなんの関係もないな。
「はい、みんな集まって—」
先生生徒の自己紹介に始まり、ランニング、柔軟、形の練習と、時間かけて稽古をこなす。では今日のシメに、加藤道場恒例の訓示といきましょ
「一期一会ということばがあります。これは一生に一度だけの機会という意味で、転じて人との出会いを大切になさいというときに使います。みなさんと今日こうして会うことが…」
フフ、生徒も母親も真剣に耳を傾けているぞ。先生の受け売りなんだけど、何か気持ちイイなぁ。もたつきながらも、どうにか初日を終えひと安心。そもそも子供相手に小難しい技を教える必要もなく、その後、次第にオレは空手指導員という仕事に慣れていく。異変が起こったのは1力月後、ある冬の寒い日のことだ。練習が終わり、下駄箱から自分のスニーカーを取り出すと、中に手紙が入っていた。なんじやコレ。
【いつもコウジがお世話になり、ありがとうございます。いきなりの手紙で先生もさぞ驚いていることでしょう。だから単刀直入に言います。私、どうやら先生のことが好きになったみたいです…】
体育館でよく見かける、生徒の母親だ。小柄ながら、セミロングのヘアスタイルがよく似合うスッキリ美人で、おまけにチチもデカイ。なぜ?なぜそんな奥様がオレにラブレターを?
他のお母さん方もステキねって言ってます
数日後、オレは加奈子を近くのフアミレスに呼び出した。驚き半分、期待半分、直にコトの次第を聞き出そうとしたのである。どうしちゃったんですか。ボク、ビックリしましたよ。
「迷惑だってことはわかってます。でも先生は頼もしいし、立派な方だから。他のお母さん方も先生ステキね—って言ってますもん」ちょ、ちよっと待ってくださいな。加藤先生ならまだしも、オレが立派な方だ?ぷ—っ、笑っちゃうよ。「謙遜しないでください。いつも練習後、生徒たちに立派な訓示をおっしゃってるじゃないですか。息子の行儀が悪ければ、ビシッと叱ってくれるし」訓示は先生の受け売り。叱るのも、言うこと聞かないガキにムカつくから怒鳴っているだけだ。しかし、加奈子ママはあくまで善意に解釈してくださる。最近は子供を怒れない親や学校の先生が多いのに、香田先生は…と、オレを持ち上げる。そうですか。そこまで好意を寄せてくださるなら、私も覚悟を決めましよう。ていうか、まだ夢見てるみたいなんですけど。
「本当にありがとうございます。うれしいです」「え…」
「実は黙っていたんですが、ボクもアナタのことが…」「うそ。すっごいうれしい」
「立場上、大っぴらに付き合うことはできませんが、それでよかったらぜひ」
白々しい台詞を並べたてた後、思い切ってホテルへ誘った。彼女は黙って頷いた。わざと体罰をインパクトを増す国空手着をまとい、立派な訓示を垂れ、悪い子供をドヤしつける。たったこれだけのことで、ホレてくれるのならお安い御用。ドンドン利用させてもらいましょ。すっかり意識改革してしまったオレは、母親連中の気を引くため「訓示」に手を加えた。事前に教育書や道徳関連の本から使えそうな文章を抜き出し、それをアレンジするのだ。
「君たちは強くなりたくて、この教室に通い始めたのだろうが、残念ながら空手はすぐに身に付く代物ではない。長い年月がかかるんだ。でもな、覚えておいてほしい。今から、すぐに出来ることはちゃんとあるんだよ。それは努力だ」
あるいは、こう。「先生は、君たちの間違いや失敗に対して怒ったことはない。間違いや失敗を恐れ、何もしようとしない、軟弱な気持ちに怒るんだよ」笑わないでほしい。こんな些細な努力だけで、人の母親から食事を誘われ、きっちりハメさせていただいたのだから。調子に乗ったオレはさらに叱る時も、体罰を加え、見た目のインパクトが増すよう心がけた。といっても、何度注意を与えても、よそ見やおしやベりを止めない子に限り、軽く頰をブツ程度だ。それでも、母親たちは「私の言うことは聞かないのに、先生の言いつけだけは守るんです」と、尊敬の眼差しを送ってくるのだ。で、食事セックス。もう笑いが止まらない。ちなみに、どの母親とも関係は1度きりだ。トラブル防止のため、基本ルールは忠実に守った。それでも、噂は避けられない。
「あの先生、〇〇ちゃんのお母さんと食事してたそうよ」
似た人とイチャイチャ街を歩いてたって聞いたわ」「えどうなってんの?」
こんな話が聞こえてきたら、ただちに活動ストップ。よい子ちゃんになって、ほとぼりが冷めるのを待つまでだ。人の噂は75日というが、オレの場合は、いつもーカ月ちよっとで落ち着いてくる。胴着姿のままでエッチして!空手指導員になって一年で計11人と関係を持った。多いか少ないかはさておき、全員が全員、自らオレのところへ飛び込んできてくれた事実を考えれば、オイシイ状況には違いない。手紙で、電話で、待ち伏せで。彼女たちはいつも積極的だった。中でも、ミッロくんのマママとのセックスは、今思い出すだけでも、チンコが硬くなる。その日、稽古が終わり、更衣室へ向かったオレは、自分のロッカーに小さな紙切れが張ってあるのについた。
【体育館の倉庫に来てください】
ピンときた。生徒の母親に違いない。約束の時間ピッタリ。半勃ちのまま倉庫の扉を開き、腰を抜かした。中に入った瞬間、ミッロママが突進、折り畳んだマットの上にオレを押し倒そうとするのだ。ちょ、ちょと、何してんすか「先生、好きなの好きなの!」「…」「ずっと好きだったの」思わず彼女の唇を奪い、そのまま右手をスカー卜の中に滑り込ませる。と、アソコは布越しでもわかるほどジットリ。淫乱じゃのう。「せ、先生の胴着姿かっこいい。ああ、このままでエッチしてぇ」望むところだ。スカー卜をたくし上げ、パンティをズリ下ろし、愛撫もそこそこに立ちバックでブスリ!「あん、うう」ロングへヤーをワシ掴み、グイグイと繰り返す。人妻と空手着男のセックス。ヤバイ。メチャクチャ興奮するぞ。つながつたまま正常位の態勢へ移行すると、今度は半ばレ〇プのようにブラジャーを剥ぎ取り、チチを揉みしだく。乳輪、きれいなピンクじゃん。アホなことを考えつつ、彼女の腹に精子をブッ放したのは、それから3分後のことだった。
クラブ内で空手教室を開くことになった。出向くのは、もちろん加藤先生以下指導員の名。週変わりの担当らしい。いいねえ、女性生徒がたくさんやってくるかも。オイシイかも。いざクラブに足を運ぶと、想像以上に女性の数は少なかった。男性生徒数の2割といったところか。ただ、少ないからこそ、本当に空手が好きな連中ともいえる。興味本位で入門し、すぐに辞めていく男どもと違い、練習熱心なのだ。当然、彼女らにとって、数多くの技を熟知し、的確なアドバイスを下せる指導員は憧れの的である。
「先生、上段回し蹴りのコツを教えてください」
クラブ参戦初日、生徒の自主練習を見回るオレに、栗色のギャルが話しかけてきた。よくみれば、色白で目がクリクリの、モロタイプである。「蹴りの軌跡が頂点に来たら、膝を外回しにひねってごらん。そうそう。で、そんとき腰をグッと入れると、ヒザから下が水平になって、威力が増すんだよ」「ホントだ。出来たぁ」「マスターしたら、ついでに縦蹴りも覚えたらいいよ。途中の動作が似てるから。え、知らない?縦蹴りってのは…」空手オタクの興味を引くには知識と技の披露が一番。その場で飲みに誘うと、彼女はあっさり付いてきた。で、後は酒で酔わせ、ホテルへ連行。簡単すぎる。その後も、同じ流れでいただいちゃった子は人は下らない。皆さん、信じたくないかもしれないが、コレ、すべて実話である。ここ数年の格闘ブ—ムのおかげで、ちびっ子門下生は少しずつだが、確実に増えている。熟女好きなアナタ、指導員を目指してはいかが?みっちり稽古を積めば、きっとなれますよ。とっくにブ—ムは終わってるかもしれんけど。押忍。

幼稚園の先生・保育園の保育士保母さんのエッチ体験談

幼稚園の先生・保育園の保母さんのエッチ体験談幼稚園の先生・保育園の保母さんのエッチ体験談幼稚園の先生・保育園の保母さんのエッチ体験談幼稚園の先生・保育園の保母さんのエッチ体験談幼稚園の先生・保育園の保母さんのエッチ体験談幼稚園の先生・保育園の保母さんのエッチ体験談幼稚園の先生・保育園の保母さんのエッチ体験談幼稚園の先生・保育園の保母さんのエッチ体験談
今夜は保母さんとお泊り保育
午後2時、再び園に舞い戻ると、水商売風のヤンママや徴臭い団地妻が車を乗りつけ、続々と園内に入ってきた。早くもお迎えの時間らしい。手を振り、笑顔で見送る保母さん。母親を見るや、抱きつき手を繋ぐ園児たち。幸せな家庭の図、ってやつか。かくなる上は、仕事を終えて幼稚園から出てきた保母を狙うしかあるまい。
待つこと2時間、コートを着た化粧気のないオナゴが息を切らしながら出てきた。見れば、お遊戯で先頭きってハッスルしまくっていた長津まさみ風情ではないか。行け!
「おつかれつす。いやぁ、だいぶ踊ったねえ」
「は?父兄さんですかつ?」
「(女の質問をムシして)踊り、上手いじゃん」
「まあ、し、仕事ですから。父兄さんですか?」
「オレ、父兄っぽい?あなたに興味があるだけなんだけど」
「(急に居直って)ちょっと危ないんで、止めてください!園長を呼びましょうか」
…はい、次イッてみよう。
広末涼子風情の短髪女が現れたのは、そのさらに1時間後だった。原宿系のヒラヒラファッションで、髪の毛をお団子のようにしている。着膨れした女体に、いざ。
「おばよ。保母さんも大変だな」
「(感葱無礼に)父兄さんでいらっしゃいますか?」
父兄だと歓迎、父兄じゃないと排除。実にわかりやすいコだねえ。
「父兄だよ、父兄。優作の父親だよ、優作の」
今度はJR駅近くの××保育園に繰り出した。保育園は幼稚園と違い、勤務時間が3交替。シフトが幅広いぷん、オナゴの数も多いのではなかろうか。
午後2時過ぎ、保母さんお辞儀をしながら出てきた。乳を鷲づかみ、乳腺から上に押し上げるように拝みまくっている。
「そう言えば昔、若い父兄さんと付き合ってる子とかもいたけど、園長にバレてソッコーでクビになっちゃった。だから、アタシは貞節を守っているの」
保母といえども教育者。立場上、自由気ままに遊ぶこともできない、と。性欲旺盛な20代後半だってのに、かわいそうなこって。
「アタシね、良妻賢母になりたいの」
「オマエさん、良妻賢母っていう言葉は自分で言うもんじゃないよ。他人が評するものだから目指すのはおかしい」
話が説教じみてきたところで、オレはおもむろに真由美の左手を自分の股間にあてがった。
「……馬鹿みたいに固くなってる、可愛い」
「オレのオチンチンは馬鹿か?」
「馬鹿みたいだけど可愛い。でも、園児と一緒だね」
この晩、オレは20数年ぶりのお泊まり保育を受けた。
【生理前にお酒を飲んだらエロくなる派遣OL】
先っちょでもう痛くて、血が出ちゃって・私も可哀想になってフェラでいかエロくなっちゃうんですよ、私。それに結構飲んでたから。
ちょっとだけですよ。片足上げるんですか?見られますよ…。
アゴが外れちゃって。
アゴって本当に外れるんだ(笑)。
はい・私もともと外れやすいんで
自分で治せるんですけど、外れながらも頑張ってフェラしてたんですけど、さすがに最後までできなかったですね〜。頑張りすぎだよl
私、頑張るんですよ(笑)。それで友達は寂しそうにオナニーしてました。
泣かせる話だなあ。その人は何才?
二四才です。小さいころから「大きいからイヤ」って言われてたみたい。結構モテる感じなのに経験人数は2人って言ってました。やっぱり一度セックスした相手とは中々別れにくいらしくて、一度付き合うと長いって。
お酒関係の失敗が多そうだね.
そうなんですよね。お酒を飲んだらいつの間にかエッチする気分になったりしちゃうから困る。
私も「この展開はマズいな」って思ったんですけど、とりあえず更に飲んで落ち着こうと。
ですよね。それで更に酔っちゃって(苦。
いつの問にか隣りの人とチューしてて。そしたら、こう、火が点いたっていうか。それにあちこちから手が伸びてきて、もうワケわかんなくなって。大変でしたよー
幼稚園の先生相手に不倫やりまくれる教材販売屋の仕事
32才。外見は熊のプ—さん。職業は教材のルートセールスマンで、貯金わずか50万。世の中の原則からすると、このような男は決してモテてはならない。が、場所と相手を選べば誰にでもチャンスは転がっている。オレは今、先生や保育園の保母さん相手に我が世の春を謳歌しているのだ。大学(短大) で資格試験に挑むのだが不景気で働き場所のない現在は、単なる安定しただけ。世間では単純にそう思われているが、あれはすべて起こるべくして起こった事件だろぅ。二昔も三昔も前ならいざ知らず、現在の園職員たちは聖職者からほど遠い。幼稚園の先生は文部省、保母さんは厚生省。それぞれの管轄の下、た職場として勤めるコが大半だ。ただ生活のために、好きでもない閉鎖的な空間に身を置いて面白いはずがない。
しかも、仕事はハードだ。シフトによっては朝6時から出勤、残業が長引けば帰りは夜9時を回る忙しさの上に入園式、運動会、キャンプ、富士登山、スキー…ととにかく一年中行事に追われている。
出会いはほとんどなく、ただストレスが溜まるだけの每日。園児の父兄との不倫に走る先生が多いのも頷ける話だ。そんな彼女たちを相手に、我々出入り業者はどんな一日を送っているのか。仕事に就
いた直後の7年前のオレを振り返ってみよぅ。
朝7時。営業所の倉庫でクレヨンやお絵描き帳をライトバンに積み込み、近所のS保育園へ向かう。
「おはようございます。ご注文いただいた絵本と色鉛筆です」
「いつも、どうも。ほら、たっくんも挨拶して」
「おはよ一ごじゃいます」
鈴木保奈美似マミせんせいの足元には、いつも男が群がっている。野沢直子似のカオリ先生に走り寄っていくのは、仲間ハズレにされた子ばかりだ。お茶を濁した後、今度はキリスト教系のM幼稚園へ。金持ちに人気の名門で、ジャージ姿の先生にもどことなく気品が漂っている。今週末は春の運動会。こんなときこそ男手が重宝される場面だ。入場門の設置、玉転がしの大玉修理と、仕事に精を出すオレ。1時間ほど汗をかき、裏庭で顔を洗っていたら背後から声が。
「五十嵐さん、運動会の打ち上げには参加できるかしら。ミユキせんせいだ。園長先生の娘さんで、赤いポルシエに乗った園内イチの権力者である。おいおい、これじゃあ単なる営業マンじゃねえか。どこがモテモテなんだよ。
みなさんの疑問はごもつともだが、幼稚園の中では、わい談やナンパなんてもってのほか。黙ってマジメに働いて安全な男と思われれば、向こうから勝手に誘ってくる。
オレの場合、キッカケはその年の7月、ミユキせんせい直々に誘われたサマーキャンプだった。
場所は千葉の館山。子供たちの花火、先生方へのビールを大量に車に積み込んで出かけたその晩のことだ。
「ちょっと来てくださる?」
ほろ酔い加減のミユキせんせ一に森の中へ呼びだされた何か変な物音がしたので一緒に確認してくれないかというが、日頃のワガママぶりから、他の先生に素っ気無くされているようだ。ともかく、こんな山奥で2 人きりとはいかにもなシチュエーション。心臓ドキドキだ。先生の姉妹丼も平らげた。1人が受け持つ得意先は全部で約150軒。平均すると、幼稚園は15、16人、保育園は7、8人の女のコがいるので、夕—ゲットが尽きることはない。まさに薔薇色の職場だ。気をつけなければならないのは、結婚願望の強い女につかまり、そのまま年貢を納めざるをえなくなることだ。
保母さんのエッチ体験談
ホテルはよく来るでしよ?
うん。家が実家だから、ホテルとか相手の部屋ですることが多い。入るときちょっと恥ずかしい感じがいいよ。
入るときって、女の子はやる気あるんでしよ?
そうだれえや頭の中では『あ〜今日はしちゃうんだろうな〜』って思ってるのがほとんどじゃない?
一応、口では「何にもしないよ」とは言うんだけど。
ほんとに何にもしなかった時ってある?
相手も相当酔っ払ってて、軽く拒んでたら力尽きて寝ちゃう時とか。
「ざんねん、私とやりたかったみたいだけど、やれませんでした」みたいな。
うわあ、俺あるよ。ホテルまで行ったけど拒否られてるうちに先に寝ちゃうっていうの。
やっぱり最後まで起きてなきゃダメだと思いますよ〜。強引なのはよくないけど、ずっと粘られたら、そのうち疲れてきてどうでもよくなっちゃう。
結論は「やるまで寝るな、寝かせるな」ってことだね。ちなみに初体験はいつ?
高校1年。相手は普通のクラスメート。
そのときから酒好きだったんだ。味なんかわからないけど、飲んで盛り上がるのが楽しくて。でもその時は付き合ってる相手だったから、お酒飲む必要もなかったかな。
一番大きかったチンポは?
もう、むちやくちや大きくて、ビビったことあった!こんくらい
でけえ!ナニ、そのモビーディックは?
一同校2年のときに知り合った人の。
太さも大きくて握れなかった。
そんなのが入ったんだ…
入ってない!絶対無理だよ。「先つちょだけ!」って言われたけど、
太いし無理。見た瞬間に頭の中に『犯される』っていう言葉が浮かんだ。エッチな気分もどっかいっ
ちゃった。
マンコには厳しい注文だね
今でも無理!1回やってみたいって思うこともあるけど、あそこが壊れちゃいそうだから怖い。やっぱりその人は「いつつも断られる」って寂しそうに言ってた。
セックスでは何回イク?私イッたことないんですよ。身体が固いからかな。足とかあんまり
長い時間上げてられないし。
ちょっと乳首チェックlツンッとした乳首だねえ。調子はどう?
調子はあんまりよくないです(苦笑)。一昨日いじられすぎちゃいました(はあと)。ちょっと痛かったなあ〜。
ちなみに何カップだい?
む、胸はないですよ。内緒です!

テニススクールは出会いのチャンスが多い・コーチの先生も生徒もモテモテだ

92_20200303075653db9.jpg93_2020030307565166f.jpg
とある社会人テニスサークルに入部した。目的は言うまでもなくセフレ探しだ。できれば20代、最悪でも30前半の若い女を狙う腹づもりでいたのだが、2、3回ほど練習に参加した時点で、その考えがいかに甘かったのかを痛感した。悲しくなるほど女たちから相手にされないのだ。40を過ぎると、途端に下の世代からオッサン扱いを受けるなんて話も聞いたことはあるが、まさかこれほど高い壁だったなんて…。サークル、もう辞めよっかな。しかし俺はあきらめの悪い男だ。その後もわずかな可能性を求め、練習に参加し続けていたところ、ふと、ひとりの女の存在が気になりだした。美人だからではない。年齢こそ20半ばと若いものの、ルックスはむしろ45点くらいだ。俺が興味を持った理由は、彼女が他のサークルメンバーからいつもぽつんと浮いているからだ。毎回、練習にはまじめに参加しているようだが、休憩時間や帰宅のタイミングになると、必ずひとりで行動しているのはなぜなんだろう。ルックス的に男たちから相手にされないのは理解できるとして、どうして他の女たちとも距離を置くのか。友だち作りこそが、社会人サークルの本来の趣旨だというのに。
「ねえ、あの山本さん(彼女のこと)って何でいつもひとりなの?」
親しい女メンバーに尋ねたところ、こんな答えが。
「性格が悪いからみんな避けてるんじゃないですか? 女子同士でワイワイ盛り上がってる話題とか、鼻で笑って否定したりするんですよ。なんか感じ悪くないですか?」
ふむふむ、これは一考に値する気がしてきたぞ。おそらく彼女は、その性格が原因で、これまで友人の少ない(あるいは1人もいない)人生を送ってきた。だからこそ、そんな自分を変えたくてわざわざ社会人サークルに入ったものの、つい素を出してしまい、周囲から孤立するハメに。それでもサークルを辞めず練習に来続けるのは、内心、葛藤しているからに違いない。ここでサークルを辞めたら今までどおり何も変わらない、頑張ってみんなと仲良くする努力をしなくちゃ的な。
つまり彼女は心の底からメンバーとの交流に飢えている。ならばオッサンの俺でも付け入るスキもあるのでは?さっそく行動に移した。「ねえねえ山本さん、ショートストロークの練習相手になってよ」「は? なんで私が? 他の人に頼んでください」
なるほど、こういう性格か。そりゃ嫌われるわ。
「いいじゃん。俺、前から山本さんと話したかったんだよね。仲良くしてよ」「はぁ〜?」
一瞬、笑顔が出たが、すぐに仏頂面に戻った。ふっふっふ、いま「仲良くしてよ」の言葉に反応したな。「そんな冷たくしないで仲良くしてよ。ほら、一緒に練習しよ。いいでしょ?」
「…そんなに言うならまあ」
今度は確実にニヤニヤしてるぞ。いい兆候だ!以後、サークルの集まりがあるたび、こんな調子で彼女に接し続けた。巨大な氷の塊を体温でゆっくりゆっくり溶かすような地道な作業ではあったが、その甲斐あって、彼女は次第に心を開いてく。ようやく飲みに誘えたのはその3カ月後だ。2時間かけてたっぷり酔わせ、店を出てから勝負に出た。すっと手をつないで言う。「このあとどうしよっか」
「はあ? 帰るに決まってるっしょ。てか手とか握ってキモいんだけど」
そう言いつつ、彼女は振りほどこうとしない。そのまま強引にホテルまで引っ張っていくと、彼女は「はあ」とため息をひとつついて、黙って俺のあとについてきた。
この後も彼女とは関係が続いている。40過ぎにして見事、25才のセフレを手に入れたわけだが、実は俺、この半年で、彼女以外にもう2人、20代のセフレをゲットすることに成功している。山本さんで上手くいった手法を、別の社会人サークルでも流用した結果だ。というわけでオッサン読者のみなさん、社会人サークルで若い女を落とすには、のけ者女を探すのが手っ取り早いです。どこのサークルにもこの手の女は必ず1人、2人はいるもの。さあ、みんなで40の壁を蹴散らしていこうではありませんか!
恋人セフレ刺激欲しさに人妻が入会・テニススクールのコーチはおいしい仕事
コ—チと呼ばれる人種は昔からよくモテた。スキ—、ゴルフにダイビング。先生が生徒を食っちやったなんて話は珍しくも何ともない。しかし、それでもなおここで登場いただく藤田氏の境遇を聞けば、強い嫉妬や羨望の念にかられざるをえない。
現在、都内でフリーのテニスコーチとして活躍する彼の場合上は50才の主婦から下は18才の女子大生まで、40人近くの教え子をつまみ食いし、現在も望めば股を開くセフレが8人もいるというのだ。
改めて聞く、テニスコーチもてもての実態
そもそもテニス部っていうと、野球、バスケ、サッカーとかに比べたらすごくマイナーなんですよね。いや、ダサイといってもいいぐらいかな。けど、これがいったん教えるって立場になった途端、状況が一変する。俺の場合、最初は実力もわきまえずプロを目指してたんですが、夢叶わず、テニススクールで働きだしてから異常にモテ始めましたから。問題がない限りテニスコーチなら誰でもモテるんですよ。フォアやバックハンドの打ち方なんて、それこそ手取り足取りですから。マンツーマンでスキンシップしてりや、自然と仲良くなりますって。ま、単純に女性徒の数が多いってのもデカイですよね。スクールにいたときは1日4レッスン、それぞれ8人ずつ教えてたんですけど、20人が女性でした。
俺に恋愛感情抱いたね。特に人妻は簡単でね。彼女ら、恋人探しが目的で入会してるケ—スも珍しくないですから。まさに、黙っててもって状況なんだけど、さらにモテようと思う俺なんかの場合は日ごろから2つの点に注意。
誉め上手になることと、生徒を平等に扱うことです。女の人って単純だから、悪い点をズケズケ指摘するより「すごくいい感じだったけど、もう少しヒジを内側に絞った方がもっとよくなるよ」なんてさりげなくアドバイスするだけで、すごく張り切りるんですよね。ま、誉めるってのは、普通に女をロ説くときにも言えることですけど。
あと生徒を平等に扱うってのは、これができそうで、できないんですよね。特定の生徒にだけ長々と指導したりとか、用事もないのにやたら話しかけたりとか。女性ってそういう行動に敏感で「コ—チはあの子に気があるんだ」って、他のn—チのとこに行かれちやいますから。いや、狙った子だけ落とすんならソレもいいんだけど、俺は、あくまで浅く広くですから。
じやあ、いつ、どうやって生徒とお近づきになるか。俺はレッスン前に、その日行う練習のポイントをプリントして生徒全員に配ってます。
そこに自分のケ—タイ番号が書いてあるんですよね、しっかりと(笑) 。練習後にわからないところや相談がある場合はその番号にかけてって。当然そんなものは建前なんですが、これなら平等だし、向こうから連絡がくればそこでメシとか誘えるでしよ。電話?もちろんジャンジャン来ますよ、マジで。でも、生徒と思いっきり遊べるようになったのはここ2年くらい。フリーになってからですね。
スクールにいたときは、コーチと生徒のプライベー卜な付き合いは禁止されてたんですよ。レッスンが終わって、お茶するのも表向きは„でもこれって、コーチと教え子が男女関係に陥りやすいってことの裏返しでしよ。実際、バレないように遊んでましたから。それがフリーになると、ぜんぜん気にしなくてよくなった。例えば、時々、生徒が飲み会とかを開くことがあるんだけど、そういう場にも当
然のように参加する。っていうのも。生徒はみな藤田っていう俺個人を見込んで習いに来てるわけですからね。営業ですよ、一種の。もちろん、食うってことに関してはこっちの方が何倍もラクです。居酒屋のトイレでも帰り道でも、いくらだって口説くチャンスはありますもん。ていうか、向こうからモーションかけてきますけどね。多いのは、やっぱ主婦ですよ。しかもテニスを習おうなんて主婦は、そこそこ金もあって時間も持て余してて、エステなんかにも通ってる綺麗な人が多いんですよね。とにかく刺激が欲しくてたまらないんですよ、彼女ら。ただ、人妻だから、周囲の目には相当気を配らなきゃいけない。旦那にバレでもしたらシャレになりませんから。
実はあったんですよね。2人で俺のレッスンに来てた夫婦がいて、その奥さんとできちゃった。高島礼子をケバくしたよぅなソソる感じで、実際セックスも抜群に巧い。しかも、すごく羽振りもよくてね、時計のプレゼントだ、高級レストランだって、俺にしてみたら、オイシイことこの上ないわけで
すよ。で、ハマっちゃったのがよくなかったんでしょうね。旦那が奥さんを疑いだしてあるとき2人してホテルから出てきたとこをばっちり見られちゃったんです。
ま、当然モメにモメて。結局、俺も彼女も退会してケリが付きました。まぁ裁判だ慰謝料だって大事にならなかっただけでもラッキ—って感じですかね。
12月、とある有名英会話スクールの短期コースに申し込んだ。2カ月全8回で3万円。安くはない。初回、どんな子たちと学べるのかウキウキしながら学校に着くと、スタッフから冷徹な口調で言われた。
「シニアコースに入ってもらいます」
「はぁ?」
思わず聞き返してしまったが、よく考えればオレも40才、シニアと呼ばれる年齢だったのだ。シニア教室には40〜50代の男女8人がいた。この時点で出会いの可能性はゼロとなった。まずはペアで向かい合い、英語で問答を繰り返していく授業だ。
「どんな映画が好きですか?」
ペアになった、おそらく50以上のおばさんに問いかけるや、彼女は中学のようなたどたどしい英語で返してきた。
「アイライク、ヒッチコック!」
いまどきヒッチコックって……。
泣けてくる。あんたみたいな年寄りは大量の鳥にでも襲われてりゃいいんだよ。スクールは初日で行くのを辞めた。もちろん3万円は戻ってこない。みなさんは覚えているだろうか。今年の春に花見で出会い、その後のもつ鍋デートであくびを何度もかましてきた、杏里ちゃんという女性を。オレの中ではとっくに、単に男友だちにご飯を奢らせるだけの女、という位置づけになっているわけだが、その彼女が12月になってラインをよこしてきた。
〈食事でも行きませんか?〉
向こうから誘ってくるとはどういうことだろう。クリスマスが近づいてきて、心さみしくなってるんだろうか。あるいはまたウマイ飯をタダ食いしたいだけなのか。これまで、脈アリな素振りを見せつつも、男女の話題になると途端にそっけなくなる杏里ちゃん。また会ったところで同じ展開になるのは目に見えている。しかしクリスマス時期だけに、そうとも言い切れない気がする。イルミネーションの街を歩き、どちらからともなく手をつないで……的な展開だってゼロではないだろう。とりあえず20日に会う約束をした。
「じゃあイブも一緒に」となるのか、飲んで食ってバイバイなのか。
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★


★★★空前絶後の出会い時代到来。18禁★★★
運命を変える奇跡の出会いは令和でもきっとある
PCマックス

春の季節だけはあなたに合った相手がドンドン見つかる
ワクワクメール

不況でパパ活に激美人が急増中の噂
芸能人もいるという交際クラブユニバース倶楽部にはどんな女性が!
40代~60代のための愛人マッチング【ユニバース倶楽部】

俺はやっぱり生身が良いが二次元の彼女の良さは何?
【にじげんカノジョ】

★★★最強のペニスを作る★★★
☆☆三冠達成!ペニス増大サプリ・ヴィトックス☆☆
グングン伸びたら彼女はきっと離れない
【ヴィトックス】
vitox[1箱+1箱無料]:13,824円(税込)

☆☆早漏はあきらめる必要はありません☆☆
しかもオナニーしながら治っちゃう!

1カップ1100円(税込)

☆☆遅漏もあきらめる必要はありません☆☆
しかもオナニーしながら治っちゃう!
⇒遅漏改善用TENGA
1カップ1100円(税込)

☆☆元気が欲しけりゃこのサプリメント☆☆
⇒TENGA活力支援サプリ
初回999円(税込)

☆☆包茎はこっそり自分で治せ☆☆
⇒自宅で自分で治す包茎グッズ
包茎グッズ【キトー君】