保育士のタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:保育士

ヤクルトレディをせめるなら子供を手なずける・三十路の熟れた肉体をモノにした話

SnapCrab_NoName_2020-2-2_11-47-38_No-00.png

内装屋でバイトをしていた今年7月、ヤクルトの“宅配センター”の工事を手がけることになった。お馴染み、町を笑顔で回る人気者、ヤクルトレディの営業所だ。現場は、市内の8つの宅配センターで、各所を3日間ずつ作業していくスケジュールである。
初日の朝8時半。知り合いと一緒に、最初の宅配センターに向かう。現場に到着し、トラックから荷物を下ろしていると、自転車や原付で出勤してくる女性たちの姿が見えた。ヤクルトレディだ。普段は、例の制服姿しか目にする機会がないため、こうして私服姿を見るのは新鮮だ。今どきファッションの若いコとかもいるし。さすが女性の職場、託児所がついているのだろう、小さな子供を連れて来ている母親なんかもけっこういた。彼女たちは、まもなく制服に着替えて出てきた。ほほー、ミニスカねーさんも、子供連れのママさんも、いきなりヤクルトレディの顔になるもんだな。みなさん、いってらっしゃい。
あなた、オトコに飢えてるんですか
昼1時。一人でボイラー室の作業に取りかかろうとしていたときだった。ヤクルトレディたちが続々と事務所に戻ってきた。もう仕事上がりらしい。うらやましいこって。こっちはもうひと仕事だと、ボイラー室に入ったところ、どこからか人の声が聞こえてくる。…女? 壁の向こうからだ。
「はぁ〜疲れたわあ」
「ほんまやわ」
壁が薄いのか、丸聞こえである。会話に混じってロッカーを開け閉めするような音も。どうやら隣がレディたちの更衣室らしい。
「ヨシムラさん、ダンナはどうしてんの?」
「知らんわ。あんなんはもうどうでもええねん」
話は妙な方向に進む。
「最近はカレシとかはおらへんの?」
「おらんな。けどこの前、チャットで男の人と会うてん」
 出会い系やってんか? 
「そんなんやってんの」
「たまにやで、エッチしたくなったときにな」
体がカァーと熱くなってきた。ヨシムラさん、あなた、オトコに飢えてるヤクルトレディなんですか。翌日の朝、誰なのかわかった。配達に向かう制服姿のヤクルトレディたちの中に、名札が「吉村」の女がいたのだ。 年齢は三十ちょっとくらい。制服姿の似合うキリっとした顔立ちのべっぴんさんだ。まさかこんな美人がオトコに飢えてるとはな。どうにかしてやりたいもんだ。何かうまい方法があればいいんだけど。昼過ぎ、またボイラー室に行ってみたら、帰り支度をする吉村さんが、3才くらいの子供を連れていた。私服になると3割減、普通の三十路ネーさんだ。ふーむ。
3日目。この営業所での作業も最後となる日の昼。吉村さん親子が帰ろうとしてるところに近寄っていき、ポケットに忍ばせた携帯を操作した。チャラララーン! 流れてきたのはアンパンマンのテーマだ。「おっ、メールか」とかなんとか小芝居すると、子供がこちらをチラチラ見てくる。「ぼく、アンパンマン好きなのか」
「…うん」「おっちゃんの息子も好きなんや。ほらこれ」
事前にダウンロードしておいたアンパンマンの画像を子供に見せる。
「どうやいいやろ、あげようか? ママの携帯に送ってあげるわ」
我ながら名案だと思ったのだがどうだろう。強引すぎやろうか。いや、更衣室であんなこと言ってたんやし…。
「ゆうた、よかったわね」
よし食いついた! その後、吉村さんとは2週間ほどやりとりし、会うことになった。相手は出会い系でオトコ漁りしている人妻である。エッチまでの流れはすんなりだった。残りの宅配センター7ヵ所でも、同じように盗み聞きで飢えたヤクルトレディを探そうとしたが、そうは問屋が卸さず、成功例はこのひとつだけだ。

ヤクルトレディをナンパしてハプバー乱交パーティーに誘ってみた

SnapCrab_NoName_2017-10-7_16-23-35_No-00.png

街中でよく見かけるヤクルトレディ。30代オーバーのおばさんばかりだが、制服姿で頑張る彼女たちの姿には何ともいえない色気がある。仕事と子供の世話で忙しい欲求不満のスケベな女。ヤクルトレディに関するそんな勝手なイメージを証明する出来事があった。俺は数年前から乱交パーティを運営している。高級ホテルのスイートを貸し切り、昼と夜の二部構成で10人前後の男女が乱交を楽しむというお馴染みのシステムだ。料金は男性が2万円で女性が2千円の設定だが、いつも女の子の数が足りなくなるので数人程度のサクラも用意している。さて、話は3カ月ほど前、平日の昼のパーティを開催したときのことだ。すでにパーティ会場には男性6人と女性4人の参加者が集まり順番にシャワーを浴びはじめていたが、初参加のサクラの女の子が1人遅刻したので、会場の近くまで迎えに行くことになった。
助手のスタッフにパーティの仕切りを頼んで会場の外に出ると、ホテルの向かいのマ
ンションからヤクルトレディが現れた。お馴染みの制服姿で歩道に置いたワゴンに近づきゴソゴソ作業している。歳は40才くらいか?    美人というほどではないが、濃い目の化粧をバッチリ決め、細身のわりに胸が大きい。なんともいえないエロそうな雰囲気だ。  
 どうだろう。こんな女性をパーティに呼んだら面白いことになるんじゃないか。考える間もなく俺は彼女の元に駆けつけ、声を掛けた。
「お姉さん、そのヤクルト全部売ったら暇になるんでしょ?」
「はい?」
「いまね、そこのホテルでパーティやってるのよ。ワゴンに入ってるヤクルト全部オレが買うから、ちょっと覗いてみない?」
「え?    え?    全部買ってくださるんですか!?  」
「もちろん」
オバサンは目を輝かせてワゴンの中の商品を数えはじめた。手持ちのお金は2万円しかなかったが、すでにいくつか売り終わった後らしく、全部買ってもお釣りが出るらしい。
 「あの、こんな格好でお邪魔しても大丈夫なんですか?」
「もちろん、その方がみんな喜ぶからさ。ヤクルトみんなで飲むからワゴンごと部屋に移動しちゃおうよ」
「はい、ありがとうございます」
こうしてホテルのパーティ会場へ移動した。ヤクルトレディはヨシミさんと名乗った。15 時半までに近くの販売所に戻ればいいそ
うなので、まだ2時間ほど余裕がある。ちょうど参加者たちもシャワーも浴び終え、乱交に突入してるころだ。あの会場を見たらどんな顔をするのか楽しみだ。
 「この部屋だよ」
「はい…。おじゃまします」部屋のドアを開けると、ラウンジのソファに全裸の男性客が座っていた。
「えっ!?えっ!? 」 
「いいからいいから、入って入って」
動揺しまくるヨシミさんを なだめて、参加者に紹介する。
「皆さーん!    ヤクルトレディが来ましたよ!    仲良くしてあげてください!    ヤクルト飲みたい人は沢山あるからね〜」
奥のベッドルームから全裸の参加者たちがゾロゾロと出てきた。
「お〜!ヤクルトレディ!」
「あ、どうも、お邪魔してすみません」
ヨシミさんは全裸の参加者たちの歓待を受け、引きつた笑顔を浮かべている。 
「あの、パーティっていうのはどういう…?」
「どんなって、乱交パーティですよ」
「乱交…。すごいですね…」
「こういうのしたことないでしょ?    旦那さんとはエッチしてるの?」
「いや…、あはは…」
参加者たちも突然のヤクルトレディの訪問に興奮気味で、乱交そっちのけで質問をぶつ けている。
「いま奥でやってる最中だからちょっと覗いてみたら?」参加者たちに腕を引かれてヨシミさんが奥のベッドルームに移動する。
「うわ、すごい…」
2組の男女が騎乗位とバックでハメていた。よほど驚いたのか、ヨシミさんは制服姿のままピクリともせず、2人のセックスを黙って凝視するだけだ。
俺にとっては単なるドッキリ企画のつもりだったので、これで目的は達した。後は適当にしてくれと、ヨシミさんを残してラウンジに戻った。すると10分ほど経ったころだろうか。ベッドルームの方
から「うお〜〜!」という歓声が聞こえてきた。
覗いてみると、ヨシミさんが2人の男性客の間に正座して2本のチンポを交互にフェラしているではないか。客たちに煽られ断り切れなかったんだろう。顔を真っ赤にしながらジュポジュポと大きな音を立ててしゃぶっている姿がなんともヒワイだ。
「ヨシミさん、どんな気分?」
「本当にこんな世界があるんですね…」
常連の男性客がヨシミさんの前に座り、制服をゆっくりと脱がせていく。彼女はフェラに夢中でまったく抵抗しない。ブラウスのボタンを外すと、予想以上の巨乳が現れ、会場から再び大きなどよめきが起きた。あっという間にブラとスカートも脱がされ、3人の男たちが胸や股間を攻めていく。
「ああ、あん、ああん」
ヨシミさんから喘ぎ声が漏れてくると、ベッドルームの空気が一気にエロモードに。参加者たちがそれぞれ相手を見つけて大乱交へ突入した。
結局、ヨシミさんは参加男性全員とセックスし、ベッドの上に大きなシミを残すほどの奮闘ぶりだった。
「今日は貴重な体験をさせてもらって、本当にありがとうございました」
制服に着替えたヨシミさんは、ペコペコと頭を下げながら部屋を出ていった。
ヤクルトレディがハプバーでドSキャラに

SnapCrab_NoName_2018-5-25_13-1-19_No-00.png

勤める会社には毎朝ヤクルトレディがやってくる。数年前から来ているのだが、昨年の夏ごろ、前のヤンママ風レディからおばちゃんに担当が代わった。そこまで注目して見てはないけど年齢は40代後半だろうか。オアシズの大久保さんにちょっと似た、貧相顔のおばちゃんだ。オレ自身は商品を買わないので話したことがないのだが、同僚によれば彼女、声が小さすぎて聞き取りづらいそうだ。
「おばちゃん、ジョア一つ」
「……円です」
「え? いくら?」
「…すいません、……円です」
気が弱いのか、いつも頭をぺこぺこしてる印象だ。オレは夜のミナミをふらふら歩いていた。酒を飲んでそろそろヌキでも、ってな気分だ。そこではたと思い出した。そういえばこのへんにハプバーあったよな。地元近くのハプバーにはよく行くのだが、たまには新規開拓も良いだろうと思い、スマホで場所を確認し、ミナミのハプバーに入店した。なんかこじんまりとした店やなぁ。店内にはオレと同じ単独男が4人いて、熟年カップルが奥のプレイルームで乳繰り合っている。その様子からしてどうもオレたち単独と絡むつもりはなさそうだ。あー、ヒマやな。時刻は夜の8時を回っている。
新規客が増えるでもなく、店内はまったりした雰囲気だ。あと30分待ってオンナが来なかったら帰ろう。そう決意した矢先にようやく新規客がやってきた。オンナだ! しかも単独やん!
…いや、ちょっと待った。ちょっとというか、だいぶ年齢がいってるなぁ。上下黒の下着姿でキメてるが、腹の肉はだるんだるんだし、手足のツメにも真っ黒のマニキュアが塗られている。顔は…。一瞬、呼吸が止まった。このオンナ、もしかしてあのヤクルトおばちゃん!?ていうかこの大久保ヅラは間違いないよな……。いったい何が起こったのかわからぬオレを尻目に、おばちゃんはそのままバーカウンターに腰かけた。他の単独男も彼女に話しかけずシラっとしている。ていうかコイツ何しとんねん。なんでハプバーなんかに…。5分ほどが経っただろうか。ドリンクをグビっと飲み干したおばちゃんが我々単独男のほうを向いた。
「アンタら奥においで、可愛がったるわ」
オレ以外の男たちがおばちゃんの後をついていく。なんだなんだ!興味本位でオレもついていったところ、ベッドの上に座るように言われた。おばちゃんに向かいあう形でオレたち単独が座る。
「よっしゃ、ほんなら今日もヤろか。ウチでシコシコしてみいや。最初にイッたヤツにご褒美あげるわ」
わけがわからない。おばちゃん昼間とキャラ違いすぎじゃないか?他の男たちはギンギンにしたチンコをシゴいている。そのご褒美ってのが相当イイもんなんだろう。オレが毎日訪れる会社のオトコだってことはバレてないみたいだし、いちおうシコっておこうか。おばちゃんは下着姿のまま、何をするでもなくオレたちのオナニーを見ている。
「ほら、もっと早よコスらなイケへんよ?」
「ウチのことしっかり見てやらんと」
お世辞にもコーフンするとは言えない容姿なのに、なんでこんなSキャラなんだ。ふいにオレの隣に座るハゲオヤジが絶頂を迎えた。
「ふぁ、で、出ます!」
「出してみぃ、そこにぶっ放してみぃ!」
「イク〜!!」
おっさんの精子が宙を舞ったその直後、バシーン!!ヤクルトおばちゃんがおっさんの顔を平手打ちした。続けて2回、3回と。
「あんたはエエ子やな」
「はい、ありがとうございます!!」
ビンタされたおっさんは笑顔で答えている。これがご褒美ってこと?
おばちゃんはそのプレイを終えて店をあとにした。彼らに聞けば、あのおばちゃん、ときどきやってくる有名Sキャラなのだそうだ。そして単独男のファンが多く、これ目的で店に来るヤツもいるらしい。翌日。いつもどおり小声で話すおばちゃんに震えがとまらない。まさかこの人が夜な夜な男をビンタしてるだなんて、同僚たちは想像もできないだろう。

【エロ漫画】調教されていた奴隷ちゃん就職してもノーブラ透け乳首の変態保育士だった

0196_2018081009223330f_20190819205729f45.jpg0197_20180810092234fcd_201908192057309b9.jpg0198_20180810092235d16_201908192057329ac.jpg0199_20180810092237ef3_2019081920573345d.jpg0200_20180810092238b37_20190819205735dbb.jpg0201_20180810092240411_201908192057362ec.jpg0202_20180810092241769_20190819205738980.jpg0203_201808100922437c9_201908192057390f6.jpg0204_201808100922449a2_20190819205741f0a.jpg0205_20180810092246dcd_201908192057423b9.jpg「わたしを奴隷にしてください」で調教されていたしのです
子供たちと遊んでいるときは楽しくて充実してるけどふとしたとき奴隷だったときのことを思い出しちゃって…結局、いまの職場でも…色々と楽しいことを始めちゃっています♡
たまにノーブラで出勤して
特に、お父さんたちが多い週末は楽しみが多いです
やらしい目で見られることが嬉しいんです

ハメ撮りされたウェイトレスの初エッチ体験談|エロ画像

1_20191220123311df1_20200121113525343.jpg2_20191220123312b18_20200121113526b76.jpg3_2019122012331312c_202001211135273d9.jpg4_201912201233152f7_2020012111352909d.jpg5_20191220123316253_20200121113531430.jpg6_201912201233187bc_20200121113532e64.jpg
(傘をいじってるギャルに恐る恐る近づいて)あの〜、どうかした?
うっさい!いま忙しいの!傘壊れちゃったの? そう。さっき電車下りるときに引っかけられて、傘のさきが骨から外れちゃったの。
じゃあ、それ直したら遊びに行きませんか?
それナンパなの?ナンパじゃなくてお仕事だよ。おっぱいをちょこっと出してもらって写真を撮らせて欲しいの。もしかして怪しい系?怪しいAVとかじゃなくて、鉄人社って出版社のちゃんとした仕事だよ。
テツジンシャ?聞いたことないけど……。
(ムシして)じゃあOKですか?お礼もしますし。
彼にバレるといやなんだけど。僕だったら自分の彼女がモデルで雑誌に出たら嬉しいけどなあ。美人だって証拠でしょ。
そういうもの?
そーゆーもんです!じゃあね、一発目はベッドの上でぺったんこ座りしてくれる?
こうですか?
そうそうそう。なんかポージングが上手いんだけど、馴れてる?
初めてSEXしたときにハメ撮りされてるし、今の彼氏も写真撮るの好きなんです。
いま、さらっと重大なこと言ったけど、初SEXはいくつのとき?
16才。相手は21才の大学生。mixiで知り合って、一緒に渋谷のクラブに行って、ぐでんぐでんに飲まされて、そのままホテルに連れてかれたの。高そうなカメラだったから、最初から撮る気マンマンだったんだと思う。
それから何人くらいの男とHした?
10人いってないと思う。私結構一途だから。
で、今の彼氏はどんな写真撮るの?
セーラー服着たり、スクール水着着たり。
それは付き合いだして最初からそうなの?32才のちゃんとしたサラリーマンだけど、最初のセックスのときはすごく普通でしたね。で、2回目から色々と小道具持ってくるようになって。
例えば?
そのときはピンクローターを2つ使って、1つをナカに入れて、1つクリに当てた上で、ネクタイで手首を縛られてハメ撮りされました。まじかよ!
私、ドMみたいで実はめっちゃ興奮しちゃったんです。
おどかすわけじゃないけど、撮った写真を知らないうちにネットにアップされてたりして。
割といい会社に勤めてる人だから、変なことはしないと思う。そこは安心してます。
お互いに幸せだったらいいのかもね。ところで、大学はどんなお勉強をしてるの?
保育の勉強です。いまはいろんな幼稚園に行って実習やってますよ。まだ実際には子どもたちの相手はできないけど。
子どもは好きなの?
もー超かわいい!
「せんせー」って両手を振りながら保母さんに向かってよちよち走っていく姿なんてたまんない(笑)。はいはい。で、エッチのテクニックはどうなの?
ん〜、テクは全然ないと思う。いつも男の人の方が攻めてくるから、あまりあれやれこれやれって要求されないんです。確かに、抱き心地がよさそうな体してるもんね。ちょい太めの太股もムチムチしててオイシそうだし。
それって褒めてます?
褒めてるよ。
完全版はコンテンツマーケットで!

保育士、CA、女優、アイドルって本当?マッチングアプリや援助交際女の職業詐称を暴く

SnapCrab_NoName_2017-9-3_13-7-26_No-00.png
出会い系サイトには、魅力的な職業を前面に打ち出すエンコー女がいる。 看護師、新人OL、企業受付。確かに無職やフリーターと書いてあるよりは“買いたい”と思ってしまうが、残念ながらその大半は疑わしいと言わざるをえない。どこの誰が、わざわざ素性バレのリスクを負おうとするのか。
連中のウソをがっつり暴いてみせよう。まず最初はこの女だ。
『保育士試験の筆記試験が終わり次は実技試験です。バイトのシフト減らして今の生活維持するのも大変なり。今なら生で大丈夫なので会ってくれる人メールください』
保育士の卵。悪くない肩書きだ。
2万でアポったところ、吉田沙保里のような顔の女がやってきた。
(○=女    ●=鈴木)
○お待たせしましたー!
●どうも。
○じゃ、いきますかー!
●はい。  少し歩き出す
○今日もまだまだ暑いねー!
●そうですね。中略
●試験どうでした?    科目が凄く多いらしいですけど。
○うん、大変だった〜!    それで実習もあるからね。
●でも突破されたんですよね?    すごいですよ。何科目あるんでしたっけ、あれ。 保育士の筆記試験は9科目
○けっこうありますよ〜。
●けっこうっていうと?
○うん、ホントにいっぱい。   
女から笑顔が消える
●そういえば、ボクの友達が保育士なんですよ。そのコから聞いたんですけど保育士の試験で必ず聞かれる問題ってあるらしいじゃないですか。わかります?
○う〜ん、どうだろ? 
●赤ちゃんとか子供のことって、色々呼びますけど、そういうのって福祉法でちゃんと定義があるらしいじゃないですか。
○うんうん。
●えっと、出生後どれくらいの赤ちゃんのことを指すんでしたっけ?(福祉法では出生から満1才未満と定義されている)
○まぁそういうのって子供の成長によって色々だからね〜。
●いや、学科テストではそこに定義がちゃんとあるらしいじゃないですか。
○うーん、やめます?
●え?    どうしたんですか?
○やめようか、もう。
●なんでそんなこと言うんですか?
○だってさ、私が保育士試験受けたの疑ってるでしょ、さっきから。探り入れてません?
●そんなことないですけど。
○信用してないでしょ。
●いえ、逆ですよ。保育士試験受けたって言うからこんな質問してるんじゃないですか。
 ○だったら聞く必要ないじゃん。
●だってこういう話をしたほうが共通の話題で盛り上がるじゃないですか。
○あのさ、やめる?    ていうかやめたいんだけど。もう行こっか?
●ちょっと待って下さいよ。
スズキ、追いかける
 。  無視
●その前に質問にまだ答えてないですよ、試験って何科目でした?    受けたならわかりますよね。
 ○もうやめよ、帰りますね。
結局、保育士にかんすることは何ひとつ答えることができず、最後は逆ギレだ。保育士設定を貫きたいなら基礎的な情報くらい抑えといてもいいのに。

次はコレ。
『専門通いながら歯科助手のバイトをしてます。歯の治療はしてあげられないけど(笑)お願い付きで会える方探しています』この歯科助手ちゃんが提示してきた額は強気の2.5万円。ところがやって来たのは25 才くらいのクワバタオハラのメガネみたいなガリガリ女だ。   
 (○=女    ●=鈴木)
○こんばんはー。待った?
●いえ、大丈夫です。いきなりですけど、お仕事はプロフィールに書いてある通りなんですよね?
○そうですよー。
中略
●治療中って、専門的な用語がよく飛び交ってますよね〜。 
○あ〜。
●たしか、カタカナの用語あるじゃないですか。抜歯のことを「エキスト」って言うんじゃないですか。
なんでしたでしたっけ?歯科助手の基礎用語というサイトに書いてあった情報
○色々あるよね。そういう言葉。
●わかります? あと歯の消毒のこともカタカナで呼びますよね?   
○えっとなんだっけ?色々あるからこんがらがってくるんだよね〜! てか、着いたしラブホもう入ろっか。ここでいい?
●待って下さい。(スズキ、ラブホの前で立ち止まる)
●S Pってどういう意味かわかりますよね?( S Pは消毒の意味)
○それ聞いてどうすんの?
●お姉さん、ホントに歯科助手をされてるとは思えないんですよね。
○歯科助手だって言ってるじゃん。
●でも、用語がわかってない
○なに?    いまの単語を知らないだけで私は歯科助手じゃなくなるわけ?
●はい。だって、いまネットで調べたらS Pっていう用語は歯科助手の方なら絶対知ってる用語らしいですよ。
○うつむく
●このまま歯科助手だっていうのはムリがありますよ。
○じゃあ、やめたいのね?
●そんなことは言ってないです。お姉さん、本当に歯科助手なんですか?
○あんたさ、さっきからすっごいカンジ悪いの気付いてる?
●なんでですか?
○あぁ〜!なんかホントやる気なくなってきたんだけど。人のこと怒らせて楽しい?
●お姉さんが自分で怒ってるだけですよ。で、S Pの意味はわからないんですか?
○そんなの答える義務はありません!っていうかもう気分悪くてそういう気分じゃないわ。帰る。  女、スタスタと歩き出す
最初はこちらが仕掛けた職業トークにノリノリだったのに、専門的なことを聞き出した途端にこの有様だ。みなさん、ワリキリ女と会う前には女が名乗る職業の基礎知識をかるーく調べておくことをお忘れなく!
実際にいた!出会い系に見せあいっこ希望・どんな女がやってきた?
0126_20181229200531da6_2019081021541490d.jpg0127_20181229200532e02_20190810215415745.jpg
見せあいっこ。どう考えてもイーブンな関係の、したがって金銭のやりとりは不要なはずのお遊びなのに、リッチな男を求めてくるとはどういうことなのか。つくづくワクワクメールは得体の知れない出会い系であります。メールをかわしたところ、彼女の要望は0・75。こんな端数はかつて見たことがありません。どこから導き出された数字なのでしょう。待ち合わせの新宿にやってきたのは、若かりし日の大山のぶ代さんでした。女性誌の付録バッグを手にした、360度どこから見てもサエな
いこの彼女が、オナニーの見せ合いで7500円も儲かることに気づいた才女だとは、新宿の人々は誰も気づいていないはずです。
「では、行きましょうか」
のぶ代さんはツカツカと歩き始めます。いつも使っている漫画喫茶が近くにあるのだとか。手慣れた様子で受付けに会員カードを差し出し、ドリンクバーでコーンポタージュを注いで、カップルシートへ。淀みない一連の流れは、さすがと言うしかありません。個室でいそいそと上着を脱ぎながら、のぶ代さんは言います。
「おっぱい好き?」かなり好きだと答えると、ニンマリしながらブラまではずしてくれましたが、現われたのは自慢気な表情からは想像もつかぬ張りのない乳でした。
続いておっ広げられた股間からは、一昨年に賞味期限切れしたヨーグルトのような異臭が。こちとら、このような状況でオナニーできるほどの猛者でもないため、
「もう見るだけでもいいや」
と切り出したところ、
「それなら1ちょうだい」
と、頭が混乱するような発言が飛び出てきました。見せてくれないなら2500円追加で払えというわけです。くなるヨーグルト臭に勝てず、未発射のまま戦いは終わったのでした。
Copyright © エロ漫画無料アダルト裏モノJAPAN All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます