乳首のタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:乳首

【エッチ漫画】温泉の女湯浴場・更衣室覗き見で知る|清楚な娘が野ション乳首のいじり合いのエロい本性

温泉の女湯浴場・更衣室覗き見エッチ漫画温泉の女湯浴場・更衣室覗き見エッチ漫画温泉の女湯浴場・更衣室覗き見エッチ漫画温泉の女湯浴場・更衣室覗き見エッチ漫画温泉の女湯浴場・更衣室覗き見エッチ漫画温泉の女湯浴場・更衣室覗き見エッチ漫画温泉の女湯浴場・更衣室覗き見エッチ漫画温泉の女湯浴場・更衣室覗き見エッチ漫画温泉の女湯浴場・更衣室覗き見エッチ漫画温泉の女湯浴場・更衣室覗き見エッチ漫画温泉の女湯浴場・更衣室覗き見エッチ漫画温泉の女湯浴場・更衣室覗き見エッチ漫画温泉の女湯浴場・更衣室覗き見エッチ漫画温泉の女湯浴場・更衣室覗き見エッチ漫画温泉の女湯浴場・更衣室覗き見エッチ漫画温泉の女湯浴場・更衣室覗き見エッチ漫画温泉の女湯浴場・更衣室覗き見エッチ漫画温泉の女湯浴場・更衣室覗き見エッチ漫画

20190608085223.png

私と同郷(石川)の男が裏モノ編集部に入社したというので、3月の末にちょこっと鉄人社に顔を出してみたところ、その若者藤塚は、一通りの挨拶の後、こんなことを言い出した。

「松本さん、最近温泉ルポやってないっすよね。どうなってんすか、まったく」

彼の非難は、過去、本誌上で男の楽園温泉を探し求め続けた私が、ここ最近活動を控えていることに対してのものだ。なるほどその言い分はもっともである。いっときは温泉ルポライターを自称しておきながら、毎日自宅のユニットバスにバスクリンを入れて浸かっているようでは、責められても仕方あるまい。

しかし私はここで逆に間ってみたい。裏モノが求める男の楽園のような温泉など存在しないことが判明した今、はたしてどこへ向かえばいいというのだ。いかにも最後まで遊べるかのような広告を打ちながら、やって来るのは、ただうるさいだけで乳輪すら露出しないコンパニオンだったり、見るに耐えないオバチャンだったりと、もう温泉にロマンを求めることの無意味さを私は悟ってしまったのである。これ以上どうしようもないではないか。

「な、だから俺はもう温泉行くのやめたんだよ」

「え、でもまだあそこ行ってないですよね」

「あそこ?」

「石川県にあるじゃないですか▲湯って」

▲湯……、さて、そんな温泉あっただろうか。

「え、知らないんですかーあそこはスゴイっすよ」

聞けば、彼の地元、金沢の辺りでは、女遊びをするなら▲湯一との暗黙の了解があるらしく、老麟いも若きも、小金が貯まると当地でドンチャン騒ぎをするのが古くからの習わしらしい。

「習わしっていうのは大げさですけど、ぽくの友達とかよくいってましたよ、笑いが止まらんって」

すぐさま▲湯の広告を見せてもらったところ、これがとんでもないことになっている。『ザ・男の艶会』という露骨なフレーズもさることながら、白い太股や胸の谷間を露出しニッコリ微笑むコンパニオンたちの色っぽさといったら。この温泉が湯や食事ではなく"女"をウリにしていることは明白である

こんな派手な広告になぜこれまで気づかなかったのか。いやはや、まったく新人編集の言うとおり。こりゃ行ってみるしかあるまい。
コンパニオンにバニーちゃんを指名

20190608085541.png
小松空港まで出迎えに来てくれたA湯の男性従業員は、ワゴン車の後部座席に私を乗せ、退屈な田企遣を無言のまま突っ走った。30分ほど経ったろうか、ワゴン車が到着したのは、ラブホテルをモチうにしたような派手でデカイホテルだった。辺りの温泉旅館と比べてもその威圧感は群を抜いている。

「お客さん、お疲れさまです」

よつやく口を聞いた運転手に促され、門をくぐる。と、すぐ目の前に2階のフロントへ続く長いエスカレータが。ずいぶん豪著というかミスマッチというか。ひなびた温泉宿、というイメージかりは程遠いこの独特な雰囲気は、さらに続く。エスカレータを上りきったところにいきなり2人のバニーガールが立っていたのである。

「ありがとうございます。お疲れさまでしたー」

お辞儀をする彼女らに目を奪われつつ、まっすぐフロントへ。同時に50前後と思しき接待さん(仲居さんのこと。このホテルでの呼び名)がすっとそばに寄ってきてささやく。

「今日はお泊まりのみ?」「ええ、まあ」

「コンパニオンはどうします?」「え?ああ、そうすね」

チェックイン時だというのに、もうコンパニオンの話を振ってくるなんて。まるでコンパニオン呼ばずは客にあらずとでも言いたげな様子だ。

「ああ、コンパニオンねえ。いま決めなきゃいけないのかな」

「もう宴会(タ食)が始まるから早く決めないと」
いきなり岐路に立たされた。呼ばぬ、という選択肢はないにしろ、過去の温泉旅館のように、ハズレクジを引かされることだけは避けねば。腹の弛んだオバサンがやって来るようではどうにもならんからな。何か名案はないものか…。しばらく迷った末、私は無理を承知で接待さんに耳打ちした。

「あそこのバニーちゃんでもいいかな?」

エスカレータ脇に立つ2人。あのクラスが酒の席に来るなら文句はない。

「いいわよ。指名料6千円かかるけど」「え、いいんだ?」「どつちにするの」「んーと、右かなー」「そうよね、そりゃ右よね」

80年代ァイドルのようなルックスの右を指名。コンパニオン2時間分を含む4万6千円を払って、チェックインは終了した。
前から後ろから。湯女の挟み洗い

20190608085758.png

バニーちゃんとの宴席を1時問後に控え、私は長旅の汚れを落と
すべく大浴場へと向かった。加入り口の暖簾をくぐると、広い脱衣場が。その割には人っ子1人いない・かと思ったら、隅のほうで水着姿の若い女性が2人眠そうに座っている。ここは男湯のはずなのだが。

「--・…」「---…」目を合わせても驚く素振りはなく、ただ腫れぽったいまぶたをこするのみ。掃除のオバチャンと言うには若すぎるし、水着姿というのもよくわからない。なんだろ?と、この彼女ら、素っ裸になって浴場へ向かう私の後ろを、ひょこひょこ付いてくる。

「ん?」「お背中流しますので」「あ、そうなの?」

さすが男の温泉。気の効いたサービスである。いわゆる湯女というやつだ。いつぞや、栃木の湯女には湯船でフエラチオしてもらったっけな(99年4月号参照)。以来、湯女といえばフェラ、フェラといえば湯女、と、それはちょっと言い過ぎだが、とにかく私の頭の中でこの2つはワンセットとしてくくられている。

しかも今日は相手が2人。湯船でWフエラ。もう賛沢すぎてワケがわからんー湯女ちゃんたちをとりあえず待たせたまま湯船に浸かり、わざとネッシーのようにチンチンを露出させて話しかけてみる。

「ねえ、水着は脱がないの?」「脱ぎませんよ」「ふーん」「……」脱がずフェラ。そういう趣向もあっていいかと納得しようとする私だったが、この気のない返答ぶりからして、どうやらフェラそのものもありえないように思えてきた。なんと言うか、やっつけ仕事です的態度がありありとわかるのだ。

「お体流しますから。ここに座ってください」

1人は後ろから背中を、もう1人は前かり両手両足をタオルでゴシゴシと洗い流す。なかなかよろしいのはよろしいのだが、今1つ盛り上がりに欠けるのは、ここまで密着しているにもかかわらず性的な匂いがいっさい漂ってこないからだろう。ステンレス流し台を洗っかのような単調な手の動き。もっとこうニュルニュルヌメヌメやってもらわんとなあ。

「それじや、3本目の足は自分で洗ってくださーい」

数分後、いい残して、彼女らはスタスタと脱衣場へ消えて行った。ふ、やっぱりこんなもんか。まあいいだろう。こんなとこでヌイたら後が持たないからな。やんわりと勃起しかけた3本目の足を自ら洗いながら、私は余裕をかますのだった。
接待さん、いつまでおるの?
ひとっ風呂浴びて部屋でくつろいでいたところ、タ方6時半、先ほどの接待さんがやってきた。どうやら宴席は自室ではなく、階下に用意された宴会場で開かれるらしい。飲みながら勢いにまかせてバニーちゃんを押し倒す計画だったのだが、仕方あるまい。いそいそと浴衣の帯を締め、部屋を後に。とそのとき、接待さんが言った。
「あなた、それカメラ?」「ええ」「写真は駄目」「え?」

「カメラは置いていってー」

えらい剣幕である。携帯電話やサイフはいいが、とにかくカメラだけは持ってくるなと強い調子で繰り返す。こんな注意は温泉ルポ始まって以来、初めてだ。撮影禁止とは、何か隠さなければならない催しがあるという意味に他ならぬ。いったい何をしてくれるというのだろうか。

取材者としては困った話だが、一個人としては非常に気になる展開になってきた。1人客の酒席にしては広すぎる大広間で、ポツンと置かれた膳を前に座っていると、いったんどこかに引っ込んだ接待さんと共に、バニーちゃんがシースルーの浴衣に着替えて登場した。

「ようこそいらっしゃいませ。ヒロミ(仮名)でございます」

バニー時と異なる薄化粧。見えそうで見えない乳首。こりゃまたソソりますな。よしよし、こっちに来なさい。
私の隣にヒロミ、向かいに接待さんが座る形で、酒席はスタートした。

「かんぱーい」「かんぱーい」さして旨くもないカニや鍋なんぞをつつく私。空いたグラスにビールを注ぐヒロミ。そしてその様子を眺める接待さん。ん?なんでまだいるの、オバハン?もう引っ込んでいいよ。ところがこの人、なかなか出て行かないのである。むしろ彼女主導で会話が進行するのだから手に負えない。

「私も若いころ東京にいたのよ。ずっと水商売でねー」「へえ、そうなんですか」

まったくどうでもいい話である。聞いたところで何がどうなるというわけでもない。しかし対面しておきながら無視するわけにもいかず、しかもヒロミが愛想笑いなんぞをするもんだから、ダラダラと意味のない会話が続く。

「ほらヒロミちゃん、ビールお注ぎしなさい」「あ、はい」

「ちゃんと見てなきゃ駄目でしょ」「はい」

何を出しゃばっているのか、このオバハン。そんな教育はもういいから、さっさと出て行きなさいっての。ところがどっこい、このオバハン、機先を制するかのようにとんでもないことを言い出した。

「ここはねー、私たちが付きっきりなのよ」「え?」

「よそのホテルははお客さんとコンパニオンだけになるんだけど、ここは私たちもそばにいるの」

まったく何を言っておるのだ。そんなルール勝手に作るなっての。これでは一体いつどのようにコトがおっ始まるというのだ。何のためのコンパニオン?何のためのシースルー?ああ、頭が痛い。
オバハンのいぬ間にシコシコシコ

素肌を露にした美女を隣にはべらせておきながら、オバハンの視線が気になって手出しできないという状況下、しばらくして妙案が浮かんだ。
「あのー、接待さん」「はい?」

「あのさ、ビールだけじゃなくて水割りなんかも飲みたいんだけど」「あら、そう?」お客様に言われれば、仲居さんの役割を果たす接待さんは、ウイスキーと氷を取りに厨房へ向かわざるを得ない。その隙にコンパちゃんを篭絡するのだ。

「ほら、ビールばっかだとお腹が膨れるから」「そうよね」「ああ、水割り飲みてえなー」「はいはい」

かくして迫真の演技が、オバハンを部屋の外へと追いやったのだった。大成功。すかさずヒロミの肩を抱き寄せ、シースルーの浴衣をはだけさせる。飛び出す小振りの胸。「あーん」「いいじゃん誰も見てないし」

抵抗なしと見るゃ、素早くおつばいをモミモミモミ。乳首もつまんでみたりなんかして。こーつなりゃ吸ってまえ。チューチュー。

「もー、接待さん帰ってくるよ」

「大丈夫だって」私の計算では、ウイスキーと氷を進備するのに要する時間はおよそ毘分。というのは嘘で、もうここまで来ればバレても仕方ないという考えになっていた。よし、次は下半身だ。

「それはダメー」「いいよいいよ」「ダメだって」かたくなに拒むヒロミ。くそー、じゃあこっちはどうだ。ちょっと触ってみてよ」手を持って誘導すると、ヒロミはトランクスの上からためらうことなく触れてくる。

チンチンの形を確かめるようにさわさわと。なんだこの器用な指の動きは。タマラン、もっ脱いでしまえ。障害物がなくなっていきり立つムスコを、ヒロミはこれまた当然といった調子で握り締め、シコシコとしごき始める。

「いっちゃうよ、そんなことしたら」「ダメですよ」「いや、出るって」「ダメです。」

あ、帰ってきたーすかさず手が離される。直後、するりと襖が開き、オバハイスキーを持って現れた。緊張感だな。見事なまでの寸止め技術

「もっ飲めないんで、ご飯もらえるかな?」
すでに満腹ではあったが、またしてもムダ話を始め出したオバハンを追い出すには、こうでも言うしかない。

「あら、もうご飯にする?」「うん、ご飯だよやっぱり」

無難に追い払い、乳首チューチュー息子シコシコの応酬を再開。

「ちょっとなめてよ」「それはダメ」「いいじゃん、ちょっとくらい」

「ダメ。シコるのまではいいんだけどね」

なんだ、またアホなルールを作って、どういうつもりだ。

「なめてみようよ」「ダメー」「トライしてごらん」「ダメー」

あくまでシコシコのみのスタンスは崩れなりまもなく接待さん秒が白飯を持って戻ってきたと同時に、ヒロミは手を離したが、私はなんだかアホらしくなって、そのままギンギンのイチモツをさらけ出しておいた。

すると、「まあ、ご立派ねえ」オバハンが目を細めて言う。

「そう?」「ええ、立派よー」「どうもどうも」と言いつつ、大胆にヒロミの手を股間に。すると彼女は拒むことなく、うつむき加減になりながらまたシコり始めた。なんだ、接待さんも公認だったのか。こんなことなら早くかり触らせておけばよかった。「出していい?」「それは駄目よ、あなた」オバハンが口を挟む。

「でも出そうだし」「駄目、それはやっちゃ駄目なの」

いったい何が基準になっているのか、2人は口を揃えて、ガマン汁までは出してもいいが精子の放出はイカンと言う。ホテルに怒られるのか?

「そんなのカニの上にでもかけておけばバレないよ」「駄目です」

まったく厳しいルールである。しかもヒロミはヒロミで、しばらくシコってガマン汁が出た途端に手を離すという、見事なまでの寸止め技術を発揮。食後、宴会部屋のカラオケセットでデュエットしたときも、彼女は右手にマイク、左手に我が息子を握りしめ、先端から液体がにじみ出るたびマイク1本に集中するのだった。
ラウンジコンパニオンはラウンジを出れない

「さ、これからどうします」接待さんが言う。コンパニオンの時間はもう終了。もしもっとヒロミと一緒にいたいなら、延長料金を払ってラウンジで飲んでくれとのことだ。「ふーん、あのそれは、接待さんも一緒に?」

「いえ、もう私は付いていきませんよ」

なるほど、そういうことか。本番はここからなのだ。食事はあくまで食事。その後の諸々は、延長料金という名のプレイ代を払って楽しんでくださいというわけだ。

「延長しますします」「どれくらい?」

「そうだなあ。ま、90分ってとこかな」追加料金2万4千円。少々高いが、このまま一発も抜かずに寝るわけにはいかんだろ。巨大ピンサロのような造りの薄暗いラウンジで、ヒロミと私はさっそく宴席の続き、乳首チューチュー息子シコシコの延長戦に突入した。隣のテーブルでは、左官屋の集団がコンパちゃん5人ほどをはべらせて騒いでいる。パンツをかぶってカラオケを歌っ者、背後から胸をワシ掴みする者。

「じゃ、部屋に行こっか?」「え?」

「やっぱ人に見られてるとやりにくいしさ」「無理よそれは」「は?」

彼女が言うには、延長に突入した時点で、宴会コンパニオンヒロミは、ラウンジコンパニオンヒロミに変わっているので、ラウンジの外には出れないのだという。

「何それ」「そういう決まりなんですよ」

決まり決まりと、まったくどうなってんだこのホテルは。くそーこうなったらここでヤッてやろうじゃないか。本番ピンサロじゃ。「もう、ここでいいや」「ええ」

「じゃ、なめて」「ダメですって」「え、ダメ?」「うん、ダメ」

なんたることか、場所が変わろうと許されるのはあくまでシコシコのみで、本番はなし、手マンなし、フエラなし、発射もなし。これがここのルールだと言うのだ。

「これじゃ生殺しじゃん」「みなさんそう言うんですよ」

「いうよ、そりや一」「でもそういう決まりだから仕方ないんですよ」

ヒロミによれば、彼女らはよくある派遣コンパニオンと違ってホテルの従業員なので、その場の勢いでコトを起こすわけにはいかず、しかももし何か問題を起こせばホテルの責任が問われるため、厳しく監視されているのだという。

客と同時にトイレに立つことすら許されないのだそうだ。

「それはわかったけどさ、こんな状態にしておいて、そりゃないと思わない?二マっーん」「おかしいよ、せめてなめるべきだよ」

亀頭の先端にガマン汁を光らせたまま、私は残り時間をヒロミの説得に虚しJ証質やしたのである。

★「で、これからどうするの?」

ラウンジから部屋へ付き添った接待さんが、下半身の状態を見透かしたように間うてくる。なんだよ、まったく。

「遊ぶんだったら、チョイの間かソープよ。車で送迎があるから」

はいはい、そう来ましたか。とことんまでみなぎらせておきながら、近くのチョイの間に引き渡しですか。ふーん。接待さんを追い返した私は、部屋で1人有料AVを見ながら、ヒロコとはまったく違うゴツゴツした右手で、さらなる延長戦に入ったのだった。

姉に乳首を舐められ妹にフェラされ・・・本物の姉妹風俗嬢とレズ3P体験談

風俗嬢とレズ3P体験談風俗嬢とレズ3P体験談風俗嬢とレズ3P体験談風俗嬢とレズ3P体験談風俗嬢とレズ3P体験談風俗嬢とレズ3P体験談
娘と母親。2人同時というワケにはいかなかったが、同じ日に母娘両方とエッチしたあのインモラルな興奮は今も忘れられない。ならばお次は姉妹井、できれば双子と3Pできないものかと、その後も俺は動いた。が、さすがに簡単に実現には至らない。姉妹井、叶わぬ夢か…。
しかし、大阪は俺を見捨てていなかった。姉と妹と同時に絡む夢の3P。今回は俺の夢を実現してくれた超スケベ姉妹ホテヘル嬢をご紹介しよう。
ネットで見つけた姉妹風俗嬢4組のうち3組が大阪
今年5月半ば、風俗の案内サイトを何気にのぞいていたところ、ギクつとするフレーズに遭遇した。
「姉妹3Pプレイ可」ホ、ホンマかい!思わず写真をチェックすると、生憎2人とも顔出しNG。似ているかどうか全然わからない。なんかウソっぽいなあ。
「いやいや、本当に実の姉妹なんですよ。でも最近ちょっと休みがちで今度いつ入るかわかんないんですよね」
電話口で、店の二ーチャンは申し訳なさそうに言った。なんか頼りない話やのう。姉妹で同じ店で働くばかりか、客と3Pまでヤルなんて、ちょっとありえんわな。でも、ホンマにホンマやったらどうする?姉に乳首を舐められ、妹にフェラされ…。カー!想像しただけでタマランやないか。あきらめるのは早い。この店は頼りにならんが、他にも3P可能な姉妹風俗嬢がおるかもしれんぞ。
風俗サイト、ネット検索等を駆使し情報を集めること数時間、驚くべき結果が判明した。なんと、ここ大阪には先ほどの姉妹を含めB組の姉妹風俗嬢が働いていたのだ。ちなみに大阪以外では福岡に1組いただけ。よく探せば他にも見つかるのかもしれんが、少なくともオレが捜した中では4組中3組が大阪である。どんな理由で姉妹で風俗嬢をしているかは知らん。しかし、それを平気で堂々とウリにしてしまう大胆さというか節操のなさは、さすがは大阪の女。恐れいる。
さっそく、問い合わせの電話を入れると、1件目は古い情報だったようで、すでに姉の方が店を辞めたらしい。残るは大阪ミナミのホテヘル「L」・こちらは期待できそうだ。ホームページもまめに更新されており、だいいち姉妹の写真がバッチリ載ってるのがうれしい。見た感じ、正直あんまり似ていない。姉はスリムでちょっとロリータっぽい感じ。妹はワイルドな印象だ。ともかく、店に電話をかけてみよう。
「あのー、そちらで姉妹と3Pできるって聞いたんですけど、本当ですか?」
「ええ、やってますよ。でも早めに予約を入れていただいた方が」
スタッフの女性が明るく答える。額面どおり受け取れば、かなりの人気。予約せざるをえまい。
「じゃあ今週の木曜でお願いします」3日後。期待に胸とムスコをふくらませホテヘルの事務所を訪ねると、電話で話したと思しき女性が迎えてくれた。
「ああ、3P希望の河内さんね。お姉ちゃんはもう来てんねんけど、妹の方がちょっと寝坊したみたいで着いてないんですよ。ちょっと待ってもらってええかな」
そら待つしかないけど、ホンマに大丈夫なんやるな。やっぱり気が変わったなんてイヤやでえ。待合室のソファに座り、煙草を吸いながら待つ。事務所のドアが開いた。「おはようございます」
眠そうな女性の声。妹か?
「もうお客さん待ってはるよ。お姉ちゃんも来てるし」
「え髪の毛まだ乾いてないのに…」妹を気遣う姉。改めて、この2人が姉妹であることを確認した俺だ。「でも、母親は違うけどね」ホテルの部屋に入り、姉が言う。
「しかし、君ら姉妹でよく同じ仕事してるなぁ。どっちが先にはじめたん?」
チ「私の方がちょっとだけ早いのかな」
「じゃ、チエリちゃんが京ちゃんを誘ったんや?」
チ「違うねん。すごい偶然いうか…」
 「どういうこと?」
聞けば、2人は子供のころは一緒に住んでいたのだが、京の母親が父親と別れた際離れ離れになったそうだ。お互い住んでいる場所も遠く、その後会っていなかったのだが…
チ「去年、私がこの仕事始めたんやけど、しばらくして入ってきた。なんか似てるなあ、と」
 「京ちゃんに?」
チ「そうそう。でもしばらく話す機会がなくって」
京「私も、あのコ、チエリに似てるなあって」
チ「で、話してみたら、やっぱりって。あんた、こんなとこで何してんの、みたいな」
 「でも、姉妹で3Pって抵抗ない?」
チ「全然。実は3Pのときってもう一人の子にすごく気を這うねん。でも、京とやったらお互いのことよくわかってるし、すごい楽やねん。役割もはっきりしてるしな」
 「役割?」
チ「私、もともとSで責めるのすきやし、京はMで責められる方」
なるほど、それは話の感じからも納得できる。チエリはハキハキものを言う、ちょっとキツメの印象、京はちょっとシャイで甘えたな感じだ。
京「普段からよくいじめられてんねん。私のこと『黒ブタ』って呼んだり、自分の彼氏に私をニューハーフやって紹介したり」
ったく、どんな姉妹やねん!お湯が溜まったところで、3人一緒に浴室へ。前にチエリ、後に京と挟まれた状態で、まずはボディ洗いが始まった。2人に密着された状態で、後から京に乳首を、前からチエリにペニスを責められる。胸、陰毛…2人のいろんな場所が前後から当たる。最初からタマラン!浴槽が小さいため3人同時には入れなかったが、姉、妹の順で代わりばんこに潜望鏡サービス。これも気持ちいい。風呂から上がりカラダを拭いていると。姉が妹に何やらアドバイスしている。
「足はこうやって洗って…」「うんうん」
「ローションにポディソープ混ぜると流しやすいで」
さしずめミニ講習会ってところか。勉強熱心やねえ。さて、いよいよベッドに移って本格的にプレイ開始。仰向けに寝ている俺に対し、チエリが右足、京が左足を舌で責めてきた。足の指からだんだん上がり、チエリが最初にペニスに到達。遅れて到達した京と2人でダブルフェラが始まる。
2人の舌がペニスに絡みつく。物理的にも気持ちいいが、何より二人の女(しかも姉妹!)が同時にペロペロしている光景がタマランー男冥利につきるなぁ。ペニスは京に任せて、チエリの舌は乳首へと移動と、連携もバッチリ。その後もスムーズなポジションチエンジと舌技でマグロ状態の俺を責め続ける。あ〜、このままイッてしまいそうや。攻守交替しよ・京の右胸を舌で責めると、いつのまにか左胸の方をチエリが吸っている。2人に責められ、端ぎまくる妹、京。にしてもチエリ、妹相手によく積極的に責められるもんや。
「そしたらキミら、ここらでちょっと2人でレズってくれへん?」「うん?ええよう」
2人になってもチエリは攻撃の手を緩めなかった。指と舌で京の身体を責め続けている。
「ああん、ちょっと、そこはあかんって!そこ弱いから、もうホンマあかんって!」
とても演技とは思えない感じつぶり。もしかして、キミら、プライベートでもレズってんのと違うか。
チ「ううん、全然。一緒にお風呂はいった時にさわりっこするぐらい」
京「でも、チエリって私の感じるポイントほんとにわかってるから。マジで今まで付き合ってきたどの男より知ってるからね」
チ「だって、私、レズッ気もあるから女の子の感じるとこ見つけるの得意やねん」
チエリはプライベートでもたまにレズるらしく、過去にはペニスバンドを付けて処女を頂いたこともあるという。スゴいなぁ。しばらく休んでプレイ再開。Wフェラを堪能した後、チエリがペニスにローションをたっぷりつけてしごき始めた。あ、ああ気持ちいい!

ノーブラで乳首見え・ニットワンピの透けパンティ|全裸より透け透けがエロい

1_20200130182352ce0.jpg2_2020013018235415e.jpg0003_201906200623493e9_20190816183922cb6.jpg0004_20190620062350e15_20190816183923482.jpg0005_20190620062352c62_2019081618392528b.jpgあの、私、ホントにこんなとしなきゃいけないんですか?ノーブラでこんなピチピチのタンクトップって、胸、透けちゃってるんですけど。
ものすごく恥ずがしいです。興奮してるだろって編集さんはきいますけど。恥ずがしいだけ。
こんな格好で、飢えた男性がうろちょろするAVコーナーに行くなんて。
もし会社の人に見っがったらどうしよう。おとなしいキヤラなのに。
いざ出発前、編集さんがもっと透けるようにと、胸のと霧吹ききシュッシュって吹きがけてさました。完全に乳首が見えちゃってます…そこに世の私が入っていくと…一斉に視線が集まります。
やだ、みんな胸見てる…。
エッチなDVD探してるって思われてるのがも。そんなんじゃないのに。あそこの男の人、じっと見てる。目そらさずに。同じやぼいのに、だんだん興奮してしまいました。勝手にだんだん乳首立ってくるんです。このままじゃ犯されると思って逃げ出したら、編集さんに怒られました。
もう、私、ライター志望でもないのにどうしてこんなことを…。
男性店員が胸をチラチラ見てくるたび、私は乳首が大きくなっていくのが心配でなりません。
ニットワンピの透けパンティ
巨乳ちゃんがカパンをたすきがけしてくれるだけでも、それはそれはありがたいのですが、可能ならぱそいつを下から見上げてやってください。どうです3倍ほど嬉しいでしよ。出勤したばかりのフーゾク嬢にあたるとうれしいもんです。毎日他の男のモノをしゃぶっているとはいえ少なくともその日に関しては初めてになれるのですから。上着脱ぎたてで飛び出してきた巨乳がうれしいのも同じ理屈です。他の男かまだ見ていない新鮮な透けおっぱい、なんだか匂い立つようです。
マンスジが乳首がスケスケの透ける水着
透ける水着っ透けるっなーんだ。
担当者に聞き出したんだよ、秘密を
なんでも透ける水着ゆう素材はパワーネットっていう素材らしいんだ
いいもの見せてくださってありがとうございます。
だろっ
中には、透けでいようがいまいが関係ない写真もありましたが。
ああTバックね。あれは俺の趣味で撮っただけ。
でも、今回は良かったと思いますよ。発売すりゃバカ売れするのに、力ネボウももったいないよな。

乳首鍛えるためにノーブラの美乳お姉さんとヤリマンギャルのエッチ体験談

1_20200107111036e62.jpg2_20200107111037161.jpg3_20200107111039b0d.jpg4_202001071110409f5.jpg5_202001071110422f8.jpg6_2020010711104365b.jpg7_20200107111045abe.jpg
1_2020012810400316e.jpg2_20200128104005418.jpg3_20200128104006a4d.jpg4_20200128104008b13.jpg5_20200128104009d97.jpg6_20200128104011094.jpg3年ほど親の仕事で行ったんですよ。スイスに留学してて、卒業して帰ってきたばっかり
そう。ジュネーブに住んでたんですけど、色んな国の人がいるから、色んな国の人と付き合ったよ。
超上手いよ。メロメ口だね。
オープンだしプラス思考。日本人はね、一緒にいるとガッカリしてくる。もっと明るくいこうよーみたいな。しかも、その日本人ひどいんですよ。フラれたの。
なんかね、飽きたよボイッみたいな。
もう最高でしたよ。遊びまくった。
その人がねーなんかすこいヤリチンっていうか。だってね、同い年だったのに29人と付き合ったことあるって言ってた。
あと、外人さんはね、みんなジェントルマン。
それから私の遊びが始まったんですよ。だけど、結構本気だったの、
えっと、ちょっと恥ずかしいな。
なんでも先に女の子どうぞみたいな
あとチューが上手い。
あるある。その日本人はそうとうヤバかった。
歩いてたら、その人ベンチに座ってて、すっこい力ッコイイんですよ。ヤバいぐらい。で、その人(写真参照)。
声かけてきていい感じになってスペイン人とチューとべ口べロ一って。
その後どっか行かない?みたいになったら、いいよーって、そのままクラブでヤッちゃったり。
レイク(湖)の前にベンチがあって彼氏と会った後に会うの。
そうだよ。みんなそう。クラブでそうやっちゃってる。
あ、されたされた。それみんな普通にするんじゃないんですか?
今ね、色んな人といい感じなの。5人ぐらい。いない。みんな彼氏。
ナンですか
ホントだよ。あとお酒飲むから酔っ払っちゃうし。
向こう16才からお酒OKだから。
ホントにホントだよ一。相手が好きだからやるってだけで。
うん。いや、外人のは気持ちよかったけど。
バーとかも16才からぜんぜんオあ一、皆さんスイスお勧めですよ。
長身ギャルのヤリマンエッチ体験談
今まで何してたの
さっきバイトの面接に行って、今から帰るとこです。今、お金がなくて。家賃も高いし。引越しもできないし。
家賃はどのくらい
月9万円。それは大変だキャバクラとか
今まで出会った一番大きいチンコのサイズってどのくらいですか
17.18センチぐらいですかね。それは「普通」じゃないよね
そうかなあ。普段はどんなセックスするんですかつちなみに正常位です。バックも好きです。
経験人数とか?
…ちょうど10人です。全部彼氏です。浮気はしません。
初体験は何才でしょうか
18才。高校卒業してこっちに来て付き合った会社員の彼と、彼の部屋で。感想はないですよね
無いです。普通でした。そうですかじゃあ、そろそろ少し、上脱いでもらってもいいですか
はい
えノーブラなの
はい。いつもノーブラです。いつもって、仕事のときも?そうです。高校卒業して一人暮らしを始めた時からブラ付けません。
どうして
邪魔だから。ほとんど透けるような服着ませんから、別に困ったりしたことないです。邪魔になりそうなサイズだけどそれこそ「普通」は付けるもんじゃないの
そんなこと無いんじゃないですか。第一、必要ないし。そんなもんですか
昔付けていたサイズが合わなくなってノーブラで生活してたんです。そしたら別に支障なかったから、それっきり。いちおう今のサイズに合う、黒いのをーつ持ってるだけです。今は何カップ?
Fです。昔はDだったんですけど、結構大きくなって。美乳だね、服に乳首がすれて感じたりはしないつほとんど、ブラウスっ1まいのは着ないし、初めだけ少し違和感がありましたけど。
彼氏と自分の部屋で
いつもは何回ぐらいするの?
一回だけで私、肌力弱いんです。いつも一回だけです。
そうなんだ。
20回ぐらいしてるもんかと思ったよ
なんでですか
昔、気が乗らないときにむりやりされて、切れて血が出たことがあるんです。全然濡れなくて。それ以来、一回しかできなくなりました。
濡れる方なのかな
そこそこ濡れると思ってますけど。
皮膚自体が弱くて。イったりします?
普通にします。ねえいつもそんなに淡々としてるの
いや、彼氏の前とかだとすこい甘えます。電話とかでも。
それは一般的に言うと甘い声を出すってことでいいんだよね
赤ちゃん言葉とかで甘えたりしますよ。「どうしたんでちゆかーよしよし」とか。
今話してる口調からは全く想像もつきませんね
毎日やってることですね。こっちから電話したり、かかってきたり。
メールも毎日何通も。はあ、SMとかします?
嫌です。そんなこと想像したくもありません。じゃあもちろんコンドームも毎回付ける感じだ
彼氏とはいつも生です。
窒内でしたりすることもありますか
はい、いつも。危険日以外は中出しです。今まで一度も妊娠してないので大丈夫です。そうですかわかりましたかなりマイベースなんですね
付き合ってる人だったら、別に子供ができてもいいんじゃないですか。産めばいいし
最後になにか一言ありますか
ないです。もういいですか。
水泳で鍛えた美脚お姉さんのエッチ体験談
ちょっといいかな? あれでしょ生活に困ってる感じでしょ?
…別に困ってないですよ。ちゃんと働いてるし。
いまコスプレ的な撮影をしてるんだけど、やらない?
えーどんなのですか? すぐ終わります?
2分ぐらいだよ。嘘。20分くらい(嘘)。
だったら大丈夫かも、私5時から友達と遊ぶ約束してあるんです。それまでに終わるんだったら。
そうと決まったら、エロい質問でもしようか。得意でしょ?
あんまり得意じゃないです。普通の人なんで。
経験人数はどのくらい?
えっと…
13人かな。付き合ったのが7人。
ほうほう。残りの6人はどんな感じ? 出会い系?
出会い系とかやらないですよ。飲み会とかが多いですね。みんな成り行きです。飲み会で飲んでて、仲良くなって、遊ぶ約束してって。
ああ、青春だね。わかるような気がする。
趣味は?
水泳ですねー。今も2週間に1回くらいは泳ぎにいってます。
泳いだ後のセックスは気持ちいいよね。
たしかに気持ちいいかも。ちょっと疲れてるんですけど、肌が火照るっていうか、ちょっと敏感になりますよね。
乳首とか?
感じやすくなりますね。詳しいですね(笑)。
ちなみに性感帯はどちらで?
クリトリスです。普通ですよ。
普通だね。好きなプレイスタイルは?コスプレですね…相手がメイド服好きなので、3か月くらい前にメイドのコスプレ来てやりましたよ。ちょっと生々しいですね…
いやいや。ところで移動しよっか。
はい。
解放感のあるビルの屋上へちょっと脱いでみようか?
はい…こんなところで脱いで誰かに見られたりしないんですか?
しないと思うよ、たぶん。おや? その胸のところのアザはキスマーク?
そうなんですよ。私けっこうキスマークが残りやすいので、あんまりやってほしくないんですけどね〜これは彼氏につけられました。
ん、「これは」ってことは他にセックスしてる男がいるの?
エッチしてる人はいますね。ちょ! そういうオイシイ話はもっと早く言ってよ! セフレ?
セフレですね。
盛り上がる話持ってるじゃん! どんな人?
4つ上の人で、堤真一のレベルを相当下げたような感じのサラリーマンなんです。知り合ったのは彼氏と付き合い始めたころなんですけど。
セフレとはどんなプレイを?
道具とかは、そういうのは使わないですね。ガチンコです(笑)。いつもゴムはつけないんで、生で2回くらいやって。もちろん外に出しますけど。
座位が大好きなキャバ嬢のエッチ体験談
それではお願いします。
ところで好きな体位とかある
えーっと、あの向かい合ってするゃつ。座位座位だね。うん、好きだよ。やっぱり愛がある相手だと、見つめ合ってしたいじゃん。
愛がない相手とはバックで済ます?
そうだねー。前の彼氏が座位が好きだったっていうのもあるんだよね。でも最初はうまくいかなかった。それはやっば腰の振り方がっうん。騎乗位とか上に乗るやつってあんまりしたことなかったから。たまにいるでしょ「上下に動いて」っていう人とか。いるね。騎乗位はそれが楽しいんじゃん。でも慣れないと難しいでしょ。
だから元彼とふたりですこく練習したよ。初々しくていいね。そのうち慣れてきたっそう。でも慣れてくると上達が早いっていうか、逆にすこく上手になっちゃった。いいじゃない。したら今度は「動きが速すぎ(苦笑)」って言われたんだよね。でもあれって盛り上がると自然に速くなっちゃうもんでしよ?高速で力クカクしてる女は引くかも(苦笑)。
そー引くのっヤリながら笑っちゃうかもね、「速えー」って。…いわれたことある。いまの彼氏にそれやったら、爆天されて傷ついた。ひどくない?やってる最中に「なにが起こったんだ?」っていうのよ。びっくりしたんじゃない?びっくりするのかな、・・でも、ちょうどその頃からエッチ自体も好きになってきたんだよね。そのおかげで。自分でリズム刻んだほうが気持ち良さそうだしね。
そう。それでちょっと元彼とも気まずくなって・・…試しに他の人とハメてみたと。友達と飲んでたら、いつの間にかホテルにいたんだよね。それで1回やっちゃって。それがちょっとだけ続いてたんだけど、ある日メール見られて。バレた。それから超ケン力。

敏感クリちゃんは裸に剥かないで指でサンドしてあげよう|エッチテク

0060_201808151004350cd.jpg 0061_201808151004367d4.jpg0058_20180815100432611.jpg 0059_2018081510043364a.jpg
乳首が感じないとお嘆きの貴方このマシンでゆっくり開発してください
クリトリスの隠れたトコは恥丘の下まで伸びてるって知ってました?
ベッドインしてから肌をサワサワサワサワ30分間もったいぶる

乳首いじめ・アダルトグッズの効果はニップルクランプ・ローター|グッズ口コミレビュー

0003_20190619134302a25_201908201908476f7.jpg0004_20190619134304d54_201908201908497a4.jpg0005_20190619134305a6e_20190820190850694.jpg0140_20180717095854d36_20190820190851fd3.jpg0141_20180717095856378_201908201908533a0.jpg大人のオモチャ
でも女の本音はイジメてほしい
松本この黄色いのは、ブルブル震えるローターなんですけどね。
彼女もまったく感じておりませんでした。
それにしてもやっばり毛の薄さが気になるなあ。
妙な形だね。
こいつはニップルクランプってやつです。見てのとおり、乳首を挟むんですね。
これ、白いとこが震えるんだろ?
ええ
意味なさそうだな。乳首に震動が伝わるのかな
震動よりもむしろ挟む力が効くみた二いですよ。彼女は、ずっと痛い痛いってわめいてました。
なるほどね。SM器具の一種なんだろな。
英語で言えばイマジン。ではジョンのメロディーに乗せてどうぞ。イマジン、女の肩を抱き寄せた♪
イマジン、女が「ヤダヤダ」言ってます♪
イマジン、でもブラジャーをはぎとってやりました♪
するとすでに乳首が起っていた〜うっう〜う〜♪
どうです、これって嬉しくないですか。抵抗してたけど、実は興奮してたなんて。
寒いからだよ〜とかなんとか女は言い訳しよるでしょうけど、そんなのウソウソ。じんじん感じてたんですって。でもそういう嘘もひっくるめて、女ってのは可愛いもんだな〜というのが今月の講義です。新入生のみんなには難しかったかな?

【エロ画像】掃除機でクリトリスと乳首を吸われいっちゃうドMOL

1_2019112510402779c_20200117203143c61.jpg2_20191125104028c38_20200117203144c04.jpg

人妻デリヘルに巨大な乳首を持つ女性

1_20191120180119931.jpg2_20191120180121bc7.jpg巨大乳首マニアが集う掲示板で、奥様●●69東京なる人妻デリヘルに、巨大な乳首を持つ女性がいるとの情報をつかみました。さてさて、どれほど大きいんでしょう。該当の女性を指名したところ、現れたのはエロ顔のアラフォーさんで、乳首はなんと巨峰大! 舐めまくるとカラダをぶるぶる震わせて感じていました。

女性向けアダルトグッズ・ポルチオラッシュ・オナマグラ|口コミレビュー

0127_20190104223201c3f_201910272232472fe.jpg0128_201901042232035c9_20191027223249bd4.jpg0129_2019010422320490a_20191027223244381.jpgすべての性感帯を刺激するバイブの未来形、遂に完成とされたこの商品、クリやGスポはもちろん、子宮口付近の『ポルチオ性感』やアナルまで気配りしてある。ヘッド部分は8段階に波動し、中間部は口ーリング、そしてクリ部分も7段階にバイブする。
大小の玉が特徴だ。まさに基本に忠実と言うべき1本だろう。クリ部分が3つに割れててソフトにバイブレーションするのが気持ちいいし玉が動くのも快感。名前のとおり一気に昇天できる。
大ヒットした男性用前立腺刺激グッズエネマグラから名前を取った。

意識低めの上玉手コキ嬢をエロくさせる方法|風俗体験談

0052_20180727095529a3e_201908240728327f1.jpg0053_20180727095530785_201908240728335e2_20200825084854455.jpg0054_20180727095532310_2019082407283587c.jpg0055_201807270955336e5_20190824072836057.jpg
ヘルスやソープといったガチの風俗に 比べ、手コキ店は女の素人率が高い。
大学生がバイト感覚なのは醍醐味のひとつだが、だからこそ注意も必要だ。 職業意識が低いだけに、こちらがあーしてこーしてと指示すると、機嫌を損ねがちなのだ。
そんないろいろ言われてもできないし、もう疲れたよと。 では、どうすればいいのか?手コキ嬢に上手く指示する方法はないのか? オレの答えは、手首に装着できる『ウォッチ万歩計』(3千円程度)だ。そいつを2つ準備してプレイに臨む。 
「こんなの持って来たんだけど、ちょっと両手につけてくれないかな?シコシコ回数を計ったらオモロイでしょ?」
装着させてしまえば、ゲームノリで指示を出す。
「いいね、数がどんどん伸びてるよ。ほら、左手も動かして、乳首攻めていこう。途中タマ操みも挟んだらいいじゃないの。両手合わせて1000狙おうよ」 
実際には数がどうこうはどうでもよく、狙いは手を動かし続けさせること。これがよく効くんです。
フーゾク嬢なんて全裸になればみんな一緒だと思いませんか?
セクキャバ嬢のミンティアを使って乳首スースーを楽しむ
セクキャバ嬢が必ずといっていいほど持っているブツがある。『ミンティア』というお菓子だ。食べると口の中にスーっと爽快感が広がり、テレビでも「息、瞬間リフレッシュ」なんてキャッチフレーズで宣伝されているため、女どもの間で口臭防止グッズとして流行っているようだ。そこでオレ、セクキャバに行ったときは女の子に尋ねる。
「ミンティア持ってたら、もらえないかな?」
エチケットに気を遣っているフリをし、相手がミンティアを取り出したところで本題を切り出す。
「このスースー感、3コくらい一緒に食べたらすごいんだよね。ねぇ、ちょっと食べてみ?」
とにかく上手く言って何個も一気に食べさせる。何がしたいのか。セクキャバはオッパイを楽しむ店だが、キスや乳首を舐めるくらいのことはやってもらえる。ミンティアを3つ以上も放り込み、強烈にスースーした口でチューチューペロペロしてもらうと、それはそれは気持ちいいってわけだ。
Copyright © エロ漫画無料アダルト裏モノJAPAN All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます