不倫パートナーを探そうのタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:不倫パートナーを探そう

  • 2018/07/13出会い攻略

    ミニメ爆撃で夫婦関係のお悩み相談を 有名ポータルサイトが運営するエキサイトフレンズは、エンコー女だらけの有料ポイント制サイトとは一線を画す正統派だけに、リスクを避けたがる既婚女性の利用者が多い。利用料金も安く(月300円)、サクラや迷惑メールが少ないなど、メリットは色々あるが、私がこのサイトを薦める一番の理由は、その充実した検索機能にある。趣味やライフスタイルごとに検索カテゴリが細かく分類されてい...

    記事を読む

  • 2018/07/01出会い攻略

    1、私が人妻セフレを見つけるために使ったのは、「不倫パートナーを探そう」というサイトです。さっそく男女両方の募集掲示板をチェックしたところ、まったくセフレなどの文字が見当たらず、代わりに「もう一度恋がしたい」だの「互いに既婚でも恋人のような関係に」だの、歯の浮く文字ばかりが踊っている有様。どうやらこのサイトでは、少なくとも表面上は上品な男性がウケるんだなと理解し、私もそれにならい、ややロマンチック...

    記事を読む

出会い系やマッチングアプリで人妻を攻めるなら夫婦関係・子供の成績のお悩み相談から入る

1_202001051042461f9.jpg2_20200105104247e10.jpg3_202001051042497c9.jpg

ミニメ爆撃で夫婦関係のお悩み相談を

有名ポータルサイトが運営するエキサイトフレンズは、エンコー女だらけの有料ポイント制サイトとは一線を画す正統派だけに、リスクを避けたがる既婚女性の利用者が多い。利用料金も安く(月300円)、サクラや迷惑メールが少ないなど、メリットは色々あるが、私がこのサイトを薦める一番の理由は、その充実した検索機能にある。
趣味やライフスタイルごとに検索カテゴリが細かく分類されているので、目当てのターゲットが見つけやすいのだ。 
人妻探しに使えるのは「恋愛相談」と「お悩み相談」の項目。ざっと見ても「夫婦関係」「離婚」「育児子育て」など、既婚者探しのためとしか思えないジャンルばかりだ。
そのうちのどれか一つを選び、目当ての地域、年齢で検索をかければ、近隣に住む既婚女性がズラりと並ぶ。そのほとんどが既婚者でありながらダンナや現在の生活に不満を
持った不倫願望アリの人妻だ。職業欄を見れば「主婦」「ミセス」と表示されているのですぐにわかるはずだ。
『夫婦仲良しだけどつまんないょ〜好きな人が欲しいょ。同じ既婚者さんがいいカナ』
『育児中のため、即レスは出来ないけど、嬉しい出会いがあればいいな』
こんな書き込みを見つけたら、片っ端からミニメール(150文字以内)を送りまくる。内容は特別凝ったものを用意する必要はないが、ここに表示された人妻は、全員が子育てや夫婦関係などの問題を抱えているので、自分も同じ境遇だと同調したり、その相談に乗ってあげるというスタンスが最も距離を縮めやすい。
ただし相手は家庭を持ったごく普通の人妻なので、いきなり会おうと急かしたり下ネタで入っても無視されるだけ。あくまで相談に乗ってくれる紳士を装い、ごく普通の出会いを意識させればアポイントの成功率は上がるはずだ。 
新しい人妻が次々に登録してくるので2カ月もすればメンバーはほぼ完全に一新される。その都度ミニメールの絨毯爆撃を繰り返していけば安定して遊びまくれるだろう。

かつて一世を風靡した出会い系サイトの老舗、エキサイトフレンズは、いまだに我々中年たちの間で重宝されるツールです。プロフィール検索用の「趣味から探す」の欄を見ていくと、最後の方に「お悩み相談」というコーナーがあります。さらにその中の「夫婦関係」というトピックへ。

異性と出会いたい既婚女性たちのメッセージがズラリと並びます。これがお宝の山なのです。 『適度な距離を保ちながら一緒に笑顔を増やしていける人が~』とか『夫婦仲は悪くはないけど、他の男性ともお話してみたいし~』などと、女性たちのメッセージは色々ですが、私が注目するのはプロフィールの体型欄。スリムやスレンダーはもちろん、普通と書いてる方々はパス。

ちょっと太めとかポチャだけを選んで攻めていきます。理由は即日エッチの可能性が高いからです。 ファーストメールはインパクトを狙って、いつもこんな感じ。

『今日、カレー作ったんだけど、スパイス入れすぎて口の感覚がない! お姉さんはいかがお過ごしですか?』

こんなメールに返信が来たら、お相手もそこそこノリのいい人だとわかります。サイトからラインに移ってお悩み相談に乗ってあげれば、2週間以内には食事から即日セックスに持ち込める。何度も言いますが、あくまでポチャさん限定の作戦ですよ。

既婚者のための出会い不倫パートナーを探そうで人妻セフレやパパ活OLを捕まえた体験談

0024_20180701105626e99_2019100119490061a.jpg0167_201811050322388ec_20191001194901800.jpg
6_201908051652463cb.jpg
1、私が人妻セフレを見つけるために使ったのは、「不倫パートナーを探そう」というサイトです。さっそく男女両方の募集掲示板をチェックしたところ、まったくセフレなどの文字が見当たらず、代わりに「もう一度恋がしたい」だの「互いに既婚でも恋人のような関係に」だの、歯の浮く文字ばかりが
踊っている有様。どうやらこのサイトでは、少なくとも表面上は上品な男性がウケるんだなと理解し、私もそれにならい、ややロマンチックな募集文を書き込んでみました。
〈セックスも大事だけど、ときにはおしゃれして食事を楽しんだり、海へドライブへ出かけたりするような、そんなひと時を共有できる相手を探してます〉みたいな。
結果、2人の人妻からメッセージが届き、後日、そのうちのひとりとトントン拍子でアポることに。待ち合わせ場所に現れたのは、ロングヘアーが似合う小柄で可愛らしい雰囲気の女性(36才)です。ただ、メールのやり取りの時点でも感じていたことなのですが、彼女、性格的にどこか生真面目なところがあり、飲み屋に入ってからもほとんどスキを見せません。そのため私も、こりゃ即日セックスは難しそうだな、今日のところは大人しくしておいた方が無難だなと、あえてグイグイ行くのを控えていました。ところがです。店を出た直後、彼女がスッと私の手を握って言うのです。
「これからどうします? 私はホテルに行ってもいいですけど」意表を突かれるとはまさにこのことですが、この降ってわいたチャンスをみすみす逃すほど、私もウブではありません。即座にラブホへ突入です。そしてベッドの上でもうれしすぎる誤算が待っていました。彼女、とてつもないド淫乱だったのです。全身リップやアナル舐めを自ら仕掛けてくる積極性。乳首を攻めただけでイってしまう敏感さ。が、なにより圧巻だったのは、膣圧のすさまじさで、マジな話、手マンしている指を膣の外へ押し出すほど強力なのです。それまで私もそこそこの女性経験はあると自負していましたが、セックス開始後、1回も腰を振らず射精してしまったのは生まれて初めてのことです。まさか、あのマジメそうな人妻が、こんなスケベすぎる大技を隠し持っていたとは…。これだから不倫は止められません。
2、不倫ブーム到来
世間では不倫ブーム到来などと言わている。が、いざオレも! と思っても、身近なところで探すのは難しいのではないか。このサイトはタイトルまんま、不倫相手を探すための老舗サイトだ。有名すぎるだけに敬遠するムキもあるだろうが、有名=新規女の目につきやすい、という利点を無視するのはあまりに損だ。特にここ最近は認知度が上がってきたのか、女性の書き込みを見ると、リピーターよりも圧倒的にご新規さんが増えたように思う。警戒心の強い不倫初心者でも安心して楽しめるよう、運営が頑張ってくれているからだろう。こんなにマメな出会い系サイトも珍しいと思う。さて、実際に相手を探すときの最も大事なポイントは、書き込みのメッセージだ。単に割り切ったセフレが欲しいなどとストレートな願望は書かず、「恋愛がしたい」「結婚していても恋人が欲しい」など、精神的なつながりを求めているキャラにした方が女性からの返信率は高い。
3、他の出会い系と比べてかなりシステムがユニークだ。男女問わず、書き込みが掲示板にアップされるまで5、6時間もかかるわ、爆撃メールが不可能だわ(一度メールすると以後8時間、他人にもメール送信不可)と、完全に遊び人を排除する仕組みになっている。となると自然、こちらが取るべき手法は待ち作戦にならざるを得ないが、女側としても複数の書き込みにメールできないぶん、相手選びの真剣度は相当に高い。つまり、女からのメールがあれば、フツーにそれだけでアポ率は高いと言って過言じゃないのだ。では、さらにアポ率を高め、かつ、その後容易にセックスに持ち込むためには、どういう書き込みにするのが正解か。
 オレの場合はズバリ、本音8割キレイ事2割の、かなりストレートな文面で勝負している。具体的には、『初めまして。最初に正直に言っておくと、僕がここで探しているのはセックスパートナーです。気兼ねなく、互いの性欲をぶつけ合える関係を望んでいます。望む相手は性欲の強い方か、僕の大きな性欲を受け止められる方です。あと軽いSMプレイがOKなら言うことなしです(笑)。好き勝手に書きましたが、こういう間柄でもやはり多少の恋愛感情は欠かせないとも思ってます。美味しい店で食事したり映画を観たり、そんなデートも楽しめたら最高ですよね。よろしくお願いします』
 このサイトで多くの女を食ってきたから言えるのだが、ここには恋愛相手のような重い関係ではなく、純粋なセフレを求めている人妻が少なからず生息している。そういった層にアピールするには、歯の浮くようなキザな文面より、ストレートな告白が一番なのだ。
Copyright © エロ漫画無料アダルト裏モノJAPAN All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます