レイプのタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます





タグ:レイプ

酒を飲ませてみんなでまわすれいぷ強かんイベサー

SnapCrab_NoName_2021-12-31_7-49-41_No-00.png

入ったときからイベサー(イべントサークルの意)をやるつもりでした
やりゃ、もちろん撃てる(セックス)からですよ。 
女をマワしてるなんて悪いウワサもあったけど、 オレ、そういつの好きなんすよ。
クラブのイベントに参加したら、これがマジ、アツくて。 1000人ぐらい来てたのかな。
ギャル率が高くてみんな力ワイイの。
スタッフになりたいですよ。けど、ボーイズから抜け出すには実績を作るよりない。早い話が、パー券売って客を動員するんですよ。男は4千円、女は3千円。これを2軍は40枚以上、1軍は70枚以上売 る。このノルマがコンスタンスにこなせれば、スタッフに昇格できるんです。
イベサーってネズミ講みたいなシステムだから親にならなきゃちっともオイシクない。
スタッフは、 自分の下にいるボーイズがさばいたバー券×2千円が懐に入るんです。
例えばオレが20枚さばいたとすると、 Xさんの手には4万円がポンと入る。ボーイズは何人もっても自由ですから、中には月80万稼ぐ人もいましたからね。そんなの聞いちゃ、目の色変えるでしよ。 授業をサボって、朝から女子大前でビラ配り。フェリス、文京女子、跡見短大、 目白短大…。有名どころはほとんど通ってました
オレ的にはフェリスサイコー。もうケツが軽くて、入れ食い状態でしたもん。
知名度あるし、出会いをうたい文句にしてるのがいいみたいね。共学でビラまいても、女からバンバン問い合わせきますもん。飢えてるんすよ。ピンポイントで声をかけるのは、オネエ系ギャルが多いかな。そういっ連中は食いつきがいいですよ。 

そんな苦労がむくわれて、かなりスピード出世ですぐにボーイズを7人作りました
それぞれノルマを10枚に設定したんだけど、尻叩くだけで14万っすよ。オイシイ。
金はほとんどグッチのアクセサリーとかに使っちゃいましたけどね
でも、やっば雑用とオサラバできたのがうれしかった。スタッフになると、イベントでいろんな仕事が与えられんですよ
機材、エントランス、客の誘導、場の盛り上げ、余り券をさばくダフ屋…そういうのをやってたらデ力い顔ができるわけ。
イベントのときは、だいたい昼の2時30分開場、3時スタート。あとは曲を流して、ひたすらフロアで踊りまくるんだけど、オレは「場外整理」の担当が多かったです。入場者を誘導したり、 通行人の邪魔にならないよう、外でタム口する連中はけたりとか。そりゃもう真面目に取り組んでましたよ。

珍しく赤ってない(赤字じゃないの意) のが誇りだったし、タラタラやってるわ けにはいかねーみたいな緊張感もあった。 スタッフはみんな真剣でした。 
イベントが6時半に終了すると、いよいよ2次会で、ま、ここからがオレたちのイベントになるってわけです。まず、あらかじめ決めておいた「2次会勧誘係」が、女をかたっばしから誘う。 
食べ放題、飲み放題で2千円。みんな踊ってハラも減ってるし、安いから来るよね。
男?一応4千円ってことになってるけど、ほとんど誘わないっすよ。
ヤロウはオレたちで十分だもん。 場所はたいてい近くの居酒屋です。個室が予約できて、しかも、袋小路だから店員も滅多にこない。完壁でしょ。
で、スタッフが適当にバラけて、女を飲ましにかかる。まずは定番、牛タンゲームで幕開けです。 「牛タンタン」 
「牛タンタンタン」 
「牛タンタンタンタン」
 1人ずつタンを増ゃして言っていくだけの単純なルールですけど、だんだんスピードアップさせていくとトロい女が間違える。で、ハイ飲んで、と。オレたちは死ぬほどやってるゲームだから、まず 負けませんから。いい感じになってきたら、次に指差しゲームです。
「この中で 一番00な人」とお題を決めて、全員で一斉に指を差す。
で、一番多く差された人が飲まなきゃいけない。
「この中で一番Hそうな人。せーの、ハイ」
「えー、またアタシ?」
潰れそうなヤツがいたら、ヤロウ同士でアイコンタクトして集中攻撃しちゃいます。トドメはスピリタスっていう90度近いウオッ力で決まりですねえ。誰かの力バンに入れて店に持ち込んで、ビールのピッチャーがきたら、女たちにバレないようにドボドボ入れちゃう。
もちろん、オレらは飲まないけど、あんな酒、一杯飲んだら死にますよ。まあだいたい腰がくずれて歩けなくなるよね。
「飲んで、飲んで、よっよっよっよっ、 あいあいあい」
「ちょっと、やめてよ。マジでムリ。ぜ ったいムリだから」
「ハイハイハイ、ムリとか通じない」
「グラスー杯じゃん。これぐらい飲める でしょ。ハイーハイーハイーハイ」 
ね、簡単でしよ。
「飲み過ぎたんじゃない?少し向こうの部屋で横になった方がいいよ」 
潰れてる女に声かけたら、たいてい従うから、そこで介抱するフリをして和み(口説くの意)はじめるのね。 
「今日初めて会ったけどさ、 好きになっちゃったよ」 
「へ、何…気持ち悪い」
「だからさ、いいじゃん・・」 
これでまず撃てる。たぶん人によって違うだろうけど、別に力ずくでしてるわけじゃないすよ、
この時
「オレ、ちょっとトイレにいくからさ、休んでて」 で、入れ替わりで待機してたヤツがうちにい<。もちろん女もそんな激しく抵抗しない。べ口べ口ですからねえ。
その間、オレたちは、部屋の前で見張りをすす。立ち話してる風にね。

怒りがおさまらない女には、後で示談金を払う。額はオレにはわかんないなあ。でも、うまく処理してたんじゃないっすか。こんな調子で、2次会は10時ぐらいにお開き。終電までウダウダしてから、ノリのいい女を連れて3次会へ行く。つっても事務所ですけどね。
最初はリビングでまったり飲んで、そのうち、同じパターンで1人ずつ口ーリングしていく。
どこでも撃ち放題。とにかくB専(ブス専の意)でしたねえ。チビでデブで地味。ギャルっぽくない弱め(気の弱そうなタイプ) が好きなんですよ。
「キミは今夜のスーパーアイドルだよ」なんてサムいこと、 よくいって和んでたな。イベント以外でも、普通にローリングしてましたね。合コンとかで力ラオケとか行くじゃないすか。そのときも、必ず別に個室をとっておく。 
あとはまたゲームで飲ませて、潰れた女を連れ込んで撃つ。残りの女が心配しても、仲間がブロッキングしてくれるから安心なんですよ。
「あの娘、大丈夫かな。アタシ、ちょっと見てこようかな」
「あいつが介抱してるから平気だって。 あんま大勢行くと彼女も嫌がるって」
で、撃ったら携帯ワンギリで合図、チェンジ。
「今、少し休んでるから、今度はオマエがついてやれよ」
 一見、いいヤツらですよね。残りの女も、まさか輪姦されちゃってるとは夢にも思わないでしょ。 ただ、オレたちも口ーリングばっかしてるわけじゃない。ちゃんと個人的にも撃つ。 なんてったって、女をたくさん作れば、 パー券をさばいてくれるじゃないすか。 
「ヤべー。今月、ぜんぜんパー券売れね ーよ」
「えー、じゃあアタシ友だちとかに聞いてみようか」
こんな感じ。撃つことによってフツーの女子大生が10枚さばく女に化けるんです。でも、そういう女ってホントバ力ですよ。 オレが他の女とイチャイチャしてるじゃないっすか。そしたら文句言ってくる。
「ねえ、さっきのあの女、何なのよ」
「常連のお客さんだもん。和んでたけど、 これもイベサーの仕事だからさ。その後、 どうこうするわけじゃないよ」 
「ふーん。じゃ仕方ないか…」 
自分もその中の1人だってことに気づいてない。ホント、スタッフになってか ら、笑いが止まりませんでしたよ。
冬は100人ぐらいで、スキーにも行った。これも姿本と 同じで、ヤ口ー禁止でギャルばっか。 
スノボーで、夜は飲み会。もちろん、ヤリ部屋作ってローリングですよ。 楽しかったなあ。

【エロ漫画】マッチングアプリで起きたヤバい事件・破格の条件に釣られてレ〇プ

a208_201907230615352e3_20191025195202317.jpga209_20190723061537cf0_201910251952032e3.jpga210_20190723061538d7a_20191025195205cd5.jpga211_20190723061540160_20191025195206204.jpga212_20190723061541277_20191025195208677.jpga213_20190723061543ceb_2019102519520961e.jpga214_201907230615442a4_20191025195211bce.jpga215_20190723061546e4e_20191025195212e07.jpga216_20190723061547149_20191025195214c07.jpga217_2019072306154977f_20191025195215fe5.jpga218_2019102519521712e.jpga219_201910251952187e9.jpga220_201910251952209dd.jpga221_20191025195221d2e.jpga222_20191025195223a8f.jpga223_2019102519522444a.jpg
春に起きたあの事件の犯人は夏が過ぎてもまだ見つからないようだった
当時ワタシはたびたび出会い系でエンコーしていた5万円なんて
破格中の破格。他の子に取られないようすぐに申し込んだ
ビジネスホテルに泊まってるからそこでいいよね?
えっと5万円は先にもらえるんですよね?
心配しなくても大丈夫だから
出張中ならそりゃそうかと思ったけど
なんだか不安…
避けられないけど
あとで警察に駆け込めばすぐ捕まえてくれるだろう

怖いもの見たさでレ〇プ仲間募集の誘いに乗って死ぬほど後悔する羽目に

142_202011131347528e7.jpg143_20201113134753a6d.jpg
あたりは日が暮れるとかなり物寂しい。大通りを一本裏に入ると『チカンに注意』なんて看板も多く、私はヨメの帰りが遅くなると、なるべく駅まで迎えに行くようにしている。近ごろはオカシな輩が多い。気を付け過ぎるくらいでちようどだろう。
3年前のことだ。その日、私はヨメと大ゲン力。口論の末、好きな野郎がいるだ何だと彼女が家出し、怒髪が天を突くほどムカついてぃた。こうなると居てもたってもいられず誰でもいいから浮気したくてしようがない。と、そのとき夕刊紙の広告に、たまたま目が留まった。電話にメッセージを吹き込んでやりとりする昔ながらの出会い系である。もう何年も使ってないが、いっちよ試してみるか。割り切りで会える人いませんか
『顔はそこそこだと思うんですけど』順番に女のメッセージを聞いていたところ、とつぜん男の声の奇妙なメッセージが。
『これから一緒にレ〇プしに行く仲間を募集します。参加したい方は、メッセージにケータイ番号を入れて下さい。人を選抜します』
えっ焦って聞き直してみたが、確かに「レ〇プ」と言っている。声のカンジから歳は30代くらいだろう。単なるイタズラか…それとも?頭の上でクエスチョンマークがぐるぐる回った後、胸がザワザワしてきた。レ〇プはさすがに…。イタズラであってくれ。本気だったらマジやばいし…〇怖いもの見たさは膨らむ一方で気がつけば私はメッセジを吹き込んでいた。
非通知で携帯が鳴った。恐る恐る電話に出ると、伝言ダイヤルの男の声が聞こえてくる。「採用ですよ。時に〇〇へ車で来てくれるかな」山下と名乗る男に呼び出された場所は、私の家から車で10分ほどの町だった。最寄り駅には急行電車も停まるが、商店街は時の段階でほとんど閉店する、早い話が寂れた町である。待ち合わせのコンビニへ行くと、店の前には代後半くらいのマッチョ男が立っていた。山下のようだが、隣には初老の男も緒だ。見た目は人とも一応普通である。
「どうもどうも」「……初めまして」「こっちは近藤さん。あなたと同じで『伝言ダイヤルで集めた人ね。じゃあ、向こうのワンボックスに乗ってくれるかな」
ワンボックスの車内には山下のツレが待っていた。つまり今日のメンバーは人。駅前に向かって車が走り出す。車内は無言だ。駅前につくと、ちょうど電車が到着したようで、女性客が改札からわさわさ出てきた。山下が抵速で車を流しながら容姿をチエックする。
「人気のない場所に入ったところで、山に連れていきますんで」「……山ですか」「山が一番無難なんです。この前は学生をそのまま近くの畑に連れ込みましたけど、やっぱレ〇プは山ですよ」マジなのかこいつ。本で集団レ〇プするつもりなのか。怖すぎる、やっぱ降りさせてもらぅわ、俺。しかし同じ初参加のはずの初老オヤジ近藤は、目を輝かせている。
「学生をヤったなんて。先輩と呼ばして下さい」
釣りにでも来たよぅなこのノリの軽さ。何だこのオヤジは?ここで帰りたいなんて言ったら、「ひやかしに来たのかよ」とボコポコにされるかもしれない。なんせ異常な連中だ。何をしでかすかわからないぞこの人は。幸いなことに、意外に拉致は難しかった。都合よく女性が人通りのない路地に入ってくれないのに加え、メンバーの女の好みが、なかなか一致しないのだ。
「あの女なんかいいんじやなの?」「いや、俺は無理だなあ」「そこの子は?」「先輩、ロリ好きですか」せっかく危ない橋を渡るのだからと、みんな妥協したくないよぅで、夕ーゲットがなかなか定まらない。界隈をうろちょろするだけで、時間が過ぎていく。初めからテンションの低かった私は、この様子に一安心した。このまま何事もなく解散しよう。今夜はドライブのために集まっただけ。それで終了だ。なのに、近藤が張り切って、山下をヨイシヨする。「先輩、ヤルなら生意気そうなギャルがいいですね」「悪くないねえ」「順番はどうしましょうか」「僕は最後でいいから順番は人で決めて好きにヤって下さいよ。だけど、中出しはやめてね。後に挿れる人が気持ち悪いから」「つてことは、先輩が最後を選んだ理由は、やっぱり中で出したいからですねはははっ」…笑えない。近藤は悪ぶりたいだけだろうが、山下とそのツレの顔はマジだ。「終電が終わったら人がいなくなるんで、そろそろラスト。あの子をさらおぅ」深夜0時過ぎ。山下からアタックの声がかかった。夕ーゲットの女性は、長身で清潔感のあるOL風だ。ダメだ、絶対にダメ。せっかくここまでおとなしくしてたんだから、このまま帰りましょうよ、みなさん。そんな私の気持ちを知ってか知らずか、山下のツレから物言いが入った。「最後っつっても、歳を食い過ぎじゃないの」「そうか?」「あれじゃあ勃たねえよ」「じゃあ、最後に一回りして、他にいなかったら、あの女でいこうか」そして車は回り。適当な女を見つけられずまた風の前に戻ってきた。あれ?彼女の横に男がいる。暗い夜道を歩かせては気の毒だと、迎えにきたのだろう。仲むつまじく手をつないで歩いているじやないか。でかしたぞ、彼氏ーその後、山下からは何度かレ〇プの誘いがあったが、むろん参加していないし今後、連中に会うこともないだろう。今は出来心を反省しつつ、我がヨメの心配をする日々だ。
カテゴリ

不倫脅迫強かんや美人歯科助手がレ〇プされた相手は身近な人間だった

94_2020110412273190e.jpg95_20201104122921b56.jpg96_20201104123019724.jpg97_20201104123117276.jpg86_20201104121445914.jpg87_20201104121346e19.jpg88_2020110412164641e.jpg89_20201104121816102.jpg
市にある歯科医院「Aクリニック」に刃物を持った男が侵入し、金庫から現金を奪ったぅえ、その場に居合わせた歯科助手の子さん当時代半ばを二度に渡ってレ〇プするといぅ痛ましい事件が起きた。発生直後、犯人は単なる押し込み強盗と思われていた。しかし、やがて容疑者として捜査線上に浮かび上がったのは、意外な人物だった。Aクリニック院長。男は、自らが雇い入れた子さんを犯さんがため、強盗を装ったのだった。
物音を録音したカセットテープで…事件の発端は、まだAクリニックで働きだして間もない子さんが、突然、退職を申し出たことだった。いずれ、この女をオレのものにしてやる。妻子ある身でありながら、常々そぅ考えていた院長のAはショックを受けた。「いったい、どんな不満が?」「家庭の事情です」A子さんは嘘をついた。なぜなら退職を決めた本当の理由はA本人にあったからである。じつは以前ょり彼女は先輩歯科助手の女性から、ある忠告を受けていた。「気をつけたほぅがいいわょ。院長が『あの女、犯してやる』って息巻いてたんだから」それだけではない。子さん自身も、Aから直接「犯すぞ」との暴言を吐かれたことがあった。身の危険を感じるのは当然だった。「いまキミがいなくなると困るんだけど、どうしてもって言うんじや仕方ないな」「申し訳ありません」
彼女の誤算は、そこでAがあきらめてくれたと信じたことだつた。この日で職場を去ることになつていたA子さんは、診察時間が終わると、いつものよぅに残務に取りかかつた。院内にいるのは彼女とAの人だけ。先輩助手はすでに帰宅している。建物中に妙な物音が響き渡つたのは、いつの間にか姿を消していたAが外からひよつこりつてしばらくのことだつた。「何だ、この音は!」Aがさも驚いた様子で子さんを振り返る。「ちよつと外の様子を見てくるすぐに戻るから待つてて」クリニックを飛び出したAは、あらかじめ建物の物陰に用意しておいた黒い上下のジャージに着替えて、野球帽とサングラスを装着した。不審な物音の正体は、カセットテープに吹き込んだ音声をラジカセで流したものだ。
Aは一瞬だけ病院から姿を消して再生ボタンを押し、その音に大げさに驚いてみせたのである。計画どおり、強盗犯に変装したAは、子さんの待つ院内へと引き返した。手に包丁を握りしめて。「金はここだな?」まず強盗としての印象付けを「すみません、点検にきました」声色を変えて呼びかけると、子さんが玄関のドアを開けた。すぐさま彼女の背後に回り込み、包丁を頰に突きつける。「振り向いたら殺すぞ!金はどこだ!」「は、はい。こちらです……」A子さんは黒いジャージの男を強盗と信じて疑わなかった。あまりの恐怖に冷静な判断ができなかったのだろぅ。院長室で金庫の位置を確認した後、侵入者は念入りに彼女の自由を奪った。まず椅子に座らせ、後ろに回した両手に手錠をかける。その上からさらにガムテープを何重にも卷きつけ、体がピクリとも動かぬょぅ、厳重に椅子の背もたれに固定した。仕上げにガムテープで目を覆い隠し、ロには猿ぐつわを施す。手際ょく作業を進められたのは入念なリハーサルを行ったからに他ならない。後の供述では、子さんをレ〇プすると決めてから、Aが愛人を実験台に緊縛の練習をしていたことが明らかになっている。ラジカセの件といい、この男の用意周到さには呆れるばかりだ。子さんを拘束し終えたAが聞こえよがしに声を上げた。「金はここだな?」自分の金庫から金を抜き取る一方、A子さんのバッグからも現金万と携帯電話を失敬した。これで強盗としての印象付けは終わった。あとは本来の目的を達するだけ。かつてない高揚が男の全身を駆けめぐった。恐怖で震える子さんから一枚一枚、衣服をはぎ取っていく。露わになった乳房を、ポラロイドカメラで何枚も撮影した。続いてビデオカメラを三脚にセツトし、レンズを全裸になった子さんに向ける。ジャージを脱ぎ捨てたAは、ゆっくりと彼女にのしかかった。必死にバタつかせる子さんの両足を押し開き、中心部めがけて一気に男性器を突き刺す。そのまま絶頂を迎えるまで、叩きつけるよぅな動きで腰を律動させた。驚くべきは、Aの大胆さである。一度射精してもすぐに現場を離れよぅとせず、時間を置いてから再び子さんを凌辱したのだ
狼藉の限りを受けた彼女の体には無数の痣が残った。悪い夢を見たと思ってはやく忘れょう部屋を立ち去ってから分後、白衣に着替え直したAがクリニックに舞い戻った。院長室の椅子に縛り付けられたままの子さんを前に、Aの猿芝居が始まった。「おい、どうした厶フ、助けるから!」狼狽した声を上げながら、彼女を緊縛から解放する。「大丈夫か?いったい何が起きたんだ?」問いかけに、コトのあらましをとつとつと説明する子さん。いまだ恐怖から抜けきれないのだろう。細い体が小刻みに震えていた。「それで、相手はどんなヤツなんだ?顔はおぼえているのか?」「…それがわからないんです」彼女の答えに満足した男は、なおも続ける。「ビデオに撮られたのか?」「そうかもしれません」「だったら、、っっかり警察に届けると、ビデオをばらまかれてしまう恐れがある。それだけは避けないと」もつともらしく口止めを強いる一方で、自分自身も被害者であることを強調した。「ボクも金庫の金を盗られたけど、警察には黙つておくょ。もし被害届けを出せば、レ〇プの件も言わなくちやならないからね。悪い夢を見たと思つてはやく忘れょぅ」いつたんはAの提案に同意した子さんだつたが、事件はすぐに明るみとなつた。帰宅後、娘の様子に異変を感じた母親に問いただされ、レ〇プの被害に遭つたことを告白したのである。「一緒に警察にいこぅ」事件当日の晩、母親に連れ添われ子さんは地元署に被害届を提出。それを受け、複数の捜査員が犯行現場であるクリニックへと駆けつけた。驚いたのは、事件を隠蔽したと安心しきつていたAである。ここにきて警察が動き出すなど想定外のことだつた。とはいえ、自分が捕まるなどとは夢にも思つていない。子さんは犯人の顔を覚えていないと言つているし、第一、自分もまた強盗の被害者なのだ。冷静に対処すればやり過ごせる自信があった。
自宅のビデオテ—プには長年に渡る着替え盗撮が甘すぎるAの見通しとは裏腹に、警察は早い段階から内部犯行説を疑つていた。あくまで参考のためと、捜査員が犯行時刻のアリバイを尋ねたところ、Aがぅつかりこんな証言をしたからだ。「そのときは近くまで買い物に行つていました。途中で偶然、患者さんと会い、立ち話をしていて帰りが遅れました」子さんの供述では、妙な物音がした後、院長は外の様子を見てくると言つて飛び出したことになつており、明らかに矛盾している。捜査員から買い物をしたとされる場所や品物、また患者の名前を追求され、Aがしどろもどろになつたのは言ぅまでもなぃ。翌日日夜、新潟県警豊栄署は、強盗と強かん致傷の容疑でA孝を緊急逮捕した。決め手となつたのは鑑定の結果である。Aが任意提出した唾液と、犯人が子さんの体に残した体液がピタリと一致したのだ。Aは子さんに損賠償金として万を支払い、示談を求めた。
「犯行はまれにみる悪質なもので被害者に与えた肉体的、精神的苦痛はあまりにも重大である中略自己中心的で酌量の余地はまったくない」判決文より判決を不服としたAは控訴するも棄却となり、一審判決が覆ることはなかった。余談ながら、逮捕時の家宅捜査で警察はAの自宅から大量のビデオテープを押収している。クリニック内の更衣室にこっそりとビデオカメラを仕掛け、新旧複数の歯科助手の着替えの様子を、長年に渡って盗撮していたらしい。
名古屋市西区の大工は妻子に恵まれ、事件当時は高の息子と小の娘の父親でもあった。自分で経営する工務店には人の若い衆がおり、彼らからは「大将」と呼ばれ信頼されていた。年前に自宅を新築したばかりで、まさに働き盛り。そんな状況にありながら、Aは家族にも秘密の〃楽しみをやめられなかった。あなたも不倫しているなら:わかるでしようAは工務店の休業日である木曜日になると、自宅近くの東名阪高速道路『楠インター』付近のラブホテル街に出向いた。ホテルを利用するためではない。周囲を車で流して、不倫中と思しき人妻を見つけて声をかけるためだ。「浮気しているだろぅ」と脅し、口止めの条件としてセックスを強要するのである。年月、いつものよぅにホテル近くの路上で張っていたところ、台の車がホテル駐車場から出てきた。男が運転席に、そして女は助手席ではなく、後部座席に隠れるよぅに座っていた。Aは確信した。こそこそしているのは不倫中の主婦だからに違いない。そのまま尾行を始め、女が途中で別の車に乗り換え、家路に向かっていたところに接触した。「私立探偵の者ですが、今日は奥さんの決定的な証拠をつかんでしまいました。浮気相手と会い、楠インターのホテルに入りましたね。相手の奥さんが疑っています。この報告書を知らせたらどうなるか。何なら取引に応じますから、私の車まで来てください」「お金ですか」「いや、魚心あれば水心っていうでしよう。私は鬼ではありませんよ」口調こそ穏やかなものの、問答無用の語りロでAは彼女を自分の車の中に引き込んだ。「旦那さんに知られたくないんでしよう。あなたが自由にできるお金もないんでしよう。だったら、やることは一つしかないんじゃないですか。私があなたのことを好きになればいい。あなたも不倫しているなら…、わかるでしよう」こうしてAは彼女、子さん当時才を車の中で強かんした。しかし、この事件はのちに警察の取り調べで明らかになったものの、「その気があったという推認も受ける」として、起訴されるには至らなかった。この写真をポストに入れたらどうなるのかAは次々と犯行を重ねたが、強かんは被害者の告訴がなければ処罰できない親告罪であり、浮気の後ろめたさを抱える被害者が訴え出ることは極端に少なく、ほとんどが泣き寝入りだった。年月、被害者の子さん当時才が脅されたケースは、自宅近くのお宮へ連れ込まれ、その場で強かんされたというものだったが、彼女は事情を隠し、「チカンに襲われた」として警察に届けるしかなかった。事件当日、子さんは不倫相手が勤めるショッピングモールの駐車場で落ち合い、相手の草でホテルに入った。出てくるときはサングラスをかけ、助手席で伏し目がちに乗っていた。その姿がAにヒントを与えてしまぅ。—不倫中の主婦に違いない——
尾行すると、人の乗る車は子さんの車が止めてあるショッピングモールの駐車場に行き着いた。相手と別れた子さんが車に乗り込んで走り出したところでAは呼び止めた。「奥さんもやるねぇ。浮気してるでしょ。私は全部知っているんだから、トボけてもムダだ」「何のことです?」「浮気相手のことも調べてある。〇〇ショッピングモルの名前に勤める男でしょぅ。あなたと一緒にホテルに入るところも写真に撮ってある。この写真をあなたの家のポストに入れたらどぅなるのか。黙ってて欲しかったら、少し付き合つてもらいましょうか」こぅ言ってAは、愛知県小牧市にある神社へ連れて行き、「私とセックスしたら許してやる」と交渉した。
「新しい浮気相手と思えばいいんだ」フェラチオを命じられ、応じるしかなかつた子さんが必死にイカせよぅとすると、「そんなにやつたら出るだろぅ。仰向けになって寝ろ」とAは言う〇
「本番はイヤです」「何言ってんだ、さっきまで旦那以外の男とヤッていたくせに」構ぅことなくAは、枯れ葉が散らばる地面に押し倒し、子さんのヴアギナにペニスを突き立てた。そしてリズミカルに抜き差しを繰り返し、最後は腹の上に精液をぶちまけた。「あ一、スッキリした。実はさっきの写真の件はウソなんだ。だから安心しろ。旦那には黙っておいてやる。オレのこと心れろ」子さんは警察に相談したが、Aが逮捕されるのはもっと後のことだ。きっかけは、愛知県知多市の子さん当時才に対する強制わいせつ事件だった。年月日、やはり木曜日のことだつた。いつものように楠インター付近にあるラブホテル街へ出かけ、不倫の主婦を探していたところ、極端に年の差がある男女のカップルを見つけた。「これは不倫か、愛人関係だろう」と睨んだAは女性を尾行した。それが子さんだつた。自宅近くの路上で車から降りた子さんは、自宅へ向かつて歩いている途中で、Aに声をかけられた。「私はあなたの不倫相手の奥さんから調査を依頼された私立探偵だ。ちよつと話がある」ギョッとした子さんはAの顔を見つめた。「あなた、ずつと不倫しているでしよう。ご主人にも非があると思う。だけど、あなたの行動は先方の奥さんの権利を侵害しているんですよ。いずれ損害賠償を求めることになる」「私、どうすればいいですか?」「その話し合いをしたいだけなんですよ」Aは彼女を近くの駐車場の陰に連れて行き、デイープキスやペッテイングを求めた。しかし頭を押さえつけてフェラチオさせていたところ、偶然にも駐車場の契約者が車を停めに来た。Aは慌てて逃け出し、子さんはその場から警察に通報した。浮気していない女性ょり、性交渉に応じてくれるのではおょそひと月後の月日夜、中途半端な逃げ方をしたため、子さんをあきらめきれなかったAは、現場近くの路上で時間以上も徘徊していた。「必ずこの近くに彼女の家があるはずだ」「もしかしたら通りかかるかもしれない」と、張り込んでいたのだ。その様子を見て、近所住民が「不審者がいる」と警察に通報し、知多署員が駆けつけて任意同行を求めたところ、子さんに対する強制わいせつ事件を認めたため、緊急逮捕となった。女性の腕をつかんでわいせつ行為の男を逮捕翌日の新聞で夫の犯行を知った妻は愕然とした。「断じて許せない!」と離婚も考えたが、子供への影響からそれは思い直し、Aに代わって被害者と示談することになった。さらに余罪を取り調べ中、子さんと子さんに対する事件も発覚した。子さんの事件については「自分から車に乗つた行為が強かん罪の成立の妨げになる」とされ、子さんの事件についても「脅迫の根拠が曖昧」として、立件されなかつたが、事件については強かん罪で起訴されることになつた。

ルームシェアで美人なルームメイトを募りこん睡レ〇プ強かん

74_202011041100587cc.jpg75_20201104105854602.jpg76_2020110411031555b.jpg77_20201104105857116.jpg
【概略・全文は上記記事をお読みください】
ここ数年、複数の人間がひとつの賃貸住宅で共同生活する「ルームシェア」が都市部の若者の間に浸透しつつある。ネットの専門サイトや掲示板を覗けば、どこもルームメイトを募る書き込みでいっぱいだ。
どなたかシェアしませんか?家具類は揃ってます貸す側は家賃の節約のため。借りる側にとっては、好立地の人気物件に格安で住めるのが最大の利点だ。そんなブームを背景に、卑劣な連続犯が。
東京青山の賃貸マンションに住む男が、ルームシェア希望の女性を睡眠導入剤で次々と強かんを働いたのである。
毎年その時期が賃貸物件の繁忙期に当たるからに他ならない。魅力的な価格を提示してやれば、応募が殺到すると踏んだのだ。読みは当たり、内見希望者が相次いだ。女性に警戒心を与えぬよぅ、ルームメイトの募集を男女問いませんとしていたため、中には男性からの問い合わせも少なくなかったが、そんなときは「もう決まりました」と体よく追い払った。「クスリを盛ったのはいたずら半分のつもり」当初、Aが計画していたのは、まず女性をルームメイトとして同居させ、その後セフレにするという比較的穏やかなものだった。
錠剤はカゼ薬ではなく、睡眠導入剤だった。以前、離婚のショックで自分が軽い鬱傾向にあると疑ったときに、街のクリニックで手に入れたものだ。検察が明らかにしたところによると、その時点で明確なレ〇プの意志はなかったらしい。A本人も初公判で、動機について触れている。
「もともとそういうこん睡レ〇プの願望はなく、クスリを盛ったのはいたずら半分のつもりでした。突発的にやりました」ともあれ、Aを信用し、クスリを飲んだ。やがて頭がコクリコクリと揺れ始めたのは、眠剤が効いてきた証拠だろう。朦朧とする子さんに、Aがそっと近寄る。「きっと風邪のせいだね。ちょっと横になっていけば?」ベッドに横たわった子さんはうっすらと寝息をたて、やがて完全なこん睡状態に陥った。
眺めるうち、抑えきれない衝動が湧き上がったAは、とり憑かれたょうに子さんの服を脱がせ、体じゅうに愛撫をたっぷり施し彼女を犯した。子さんが目覚めたのは、それからかなりの時間が経ってからだ。衣服はすでに元通りにされている。「すいません。何だか急に頭が痛くなって…」
恐縮する彼女に、Aは素知らぬ顔でとぼけた。「カゼのせいじやん?」犯行の一部始終をビデオカメラで撮影無抵抗な女性を意のままに凌辱する。この鬼畜な行為に魅了されたAは、さらなる快楽をもとめ本格的な犯行準備に乗り出した。手持ちの眠剤だけでは心許ないと、かかりつけのクリニック以外に複数の病院でも診察を受け、効き目の異なる眠剤を大量に入手したのである。一方、青山のマンションには連日のよぅにルームシア希望者が訪れていた。Aが次の獲物として狙い定めたのは、代半ばの子さんだ。「僕にとってルームシェアはボランテイアなんだ。ルームメイトになった女の人たちは、みんな夢を実現させて巣立って行ったよ」
歯の浮くような台詞も、どことなく柔和な雰囲気を漂わせるAが言えば、それなりに聞こえるらしい。いかにも女性に理解のあるように振る舞うのが、この男のやりロだった。すっかりリラックスした様子の子さんに、Aが言う。「そうだ、カクテルを作るから飲んでいってよ」シェーカーに酒とシロップと氷を加え、慣れた手つきでシェイクする。カクテルを注ぎ込んだグラスがつ、子さんの前に並んだ。東京の一等地青山のマンションでカクテルを振る舞う。そのしゃれた演出とアルコルの力で、Aはセックスに持ち込むつもりだった。眠剤は最後の手段。こん睡レ〇プの味を知ってしまったとはいえ、背負うリスクを考えれば、やらずに越したことはない。ところが子さんのガードは想像以上に堅く、なかなかスキを見せない。合意でのセックスが不可能と悟ったAは、あっさりと作戦を変更する。「酔い覚ましにお茶でも出すよ」運ばれてきたウコン茶を子さんは疑いもせず飲み干した。お茶に溶けた眠剤が効きだしたのは、数十分後である。Aは意識を失った子さんをベッドに寝かせ、三脚にビデオカメラを取り付けた。全裸にした彼女の乳房や股間に舌を這わせる様子を撮影するためだ。この日、Aは二度射精を遂げた。一度目は子さんの膣で。そして最後はアナルで。その一部始終は、もちろんビデオカメラに収められている。以降、犯行に及ぶ際、Aは必ずアナルセックスをするよぅになった。強かんしたときが初体験だったのか、もともと慣れ親しんでいたプレイなのか。そのあたりの事情はよくわからないが、いずれにせよ、Aがアナルに強く執着していたことは、紛れもない事実である。居眠りしている間に警察へ駆け込まれ……検察の説明によれば、Aがルームメイ卜募集を始めた年末から翌年に逮捕されるまでの約4力月で、青山のマンションには計24人もの女性が訪れたといぅ。そのうちの5人は、好みのタイプではなかったとの理由で被害を受けておらず、別の10人は合意の上でAと肉体関係を結んでいる。こん睡レ〇プの被害者は未遂を含めて残り9人で、最後の人目に当たるのが子さん当時20代後半である。夕方。約束通り彼女がマンションに現われると、Aは部屋の説明もそこそこに例のカクテルを勧めた。一連の流れはもはやすっかり板についている。次々と酒を飲ませても、相手が落ちそうにないとわかるや、パッと眠剤作戦に切り替えるのもお馴染みの手口だ。「ウコン茶飲まない?日酔い防止に最高なんだょ。血液もサラサラになるし」いつもと勝手が違ったのは、その日、Aの性器がまったく役に立たなかったことだろう。熱心に口説くあまり、自分自身、飲み過ぎてしまったのだ。はやく挿入しないと彼女が起きてしまう。焦りにも似た気持ちで格闘すること分。Aはついに目的を達せぬまま、その場で眠りこけた。日未明。先に目を覚ました子さんの驚きは尋常ではなかったろう。部屋に散らばった自分の下着。全裸姿でイビキをかいている男。何より気味が悪いのは、三脚にセットされ、こちらにレンズを向けたビデオカメラの存在だ。事態を飲み込んだ子さんは警察署へ駆け込んだ。そのままAは強かん未遂の容疑で逮捕となり、押収されたビデオテープから、一連の犯行が次々と明るみに出たのである。東京地裁で開かれた初公判で、検察官はAに質問を投げかけた。「あなたの身内が同じ被害に遭ったらどぅ思いますか?」「娘が同じことをされたら、犯人を絶対に許さないです」本人は当然のことを言ったまでなのだろぅが、それだけに被害者の家族には寒々しく聞こえたに違いない。判決は懲役年。Aはそれを不服とし控訴するも棄却。同日、刑は確定した。

金持ちが金に物を言わせて援助交際パパ活でハメ撮りするAV・無料動画

  • 投稿 2020/11/03
  • AV
68_20201103211649306.jpg
港区女子は複数回デートを重ねればハメ撮りさせてくれるのか?説  
1本限定発売 パパ・ママごめんね!実家に内緒でAVデビュー!!  
さりなさん 
 
1本限定発売 パパママごめんね!実家に内緒でAVデビュー!! ひなの  
シロウト女子個人撮影ハメ撮り日記 パリピOL りりかさんEかっぷ 星川凛々花
数年前、台湾で有名女性タレントなど34人がレ〇プに遭い、そのときのセックス映像がネット流出
するという事件が発生した。金持ちの御曹司である犯人のジャスティンリーは、事件後逮捕され、懲役79年の判決を受けたが、流出した大量のセックス動画はいまも出回っていて、誰でも簡単に観れる状態だ。あちらの芸能事情に疎い我々にはピンとこない部分もあるが、台湾で大騒動になったことは想像に難くない。
カテゴリ

集団レ〇プ・水攻めに眠り姫・鬼畜AVのリアリティさがヤバい|無料動画・レビュー

  • 投稿 2020/10/27
  • AV
62_2020102611192939d.jpg 泥●して意識不明になった女をレ●プ  
抵抗する女を無理矢理抑えつけて孕ます  
制服美少女鬼畜輪●レ●プ 校内のアイドルは男子全員に犯●れる 吉岡ひより  
制服少●レ●プ 侵入・連れ去り・変質指導フェラ・強●  
拉致してきた女を昏●させレ●プ実況! デカチンTV!AVです!2 色々な女を味見しちゃいました~  
AV女優への行き過ぎた暴行のせいでバッキー事件として立件された作品です。
最初は普通のAVと同様に、素人っぽい女性との性行為が観られます。ところが後半になり、いきなり状況が一転。行為を終えた素っ裸の女優がプールに連れられて、男優やスタッフ数名により水に沈められるんです。その光景は異様の一言。息が出来ずに必死に上がってくる女性を本気で水の中に沈める男たち。苦しそうで声も出せない女の子。見てると胸が気持ち悪くなってくる。
忍耐眠り姫イラズラ
架空のバイト募集に来た女の子に睡眠薬を飲ませて眠らせ、服を剥ぎ取って身体をもてあそぶという設定のシリーズ作品です。ヤラセであったとしても、気分のいいものではありません。こういうのに興奮する男ってかなりヤバイんじゃないでしょうか。
カテゴリ
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★