ボーイズラブのタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:ボーイズラブ

ボーイズラブ好き腐女子アニメコス風俗店のオタク女は都合の良いドMセフレに出来るか

176_202010150927238ee.jpg177_20201015092724743.jpg178_2020101509272594e.jpg179_20201015092727265.jpg
「男同士の恋愛」が好きな、女オタクのことをいうそうな。実は、このホモ好き女たちが、ここ数年ブームなんだとか。腐女子な女のコの生態や生活を描いた腐女子な彼女とのラブラブな生活をつづったブログ腐女子彼女は、書籍化どころか、マンガ化、映画化までされ大ヒットなんですって。すごいのね、腐女子って。「そんな女オタクなんて、どーせ百貫デブメガネのロングスカー卜なんでよ?」と思うかもしれない。しかし、最近の女オタクは、コスプレするためにダイエットしていたり、普段はオシャレな子もいるらしい。中には、かなりカワイイ子もチラホラいたりもするのだとか。実は、ネットでは「腐女子と付き合いたい!」という男たちは、思いのほか多い。彼らの言い分はこうだ。「カワイイのに引っ込み思案だから恋愛の経験が少なく、ピュア」
「スケベな知識を試しまくる」
「基本Mなので、かなりハードなプレイを受け入れたりする」…なにそれ?メチャメチャ都合がいいじゃないですか!個人的にはオタクつぽい女のコのノリは、特に好きじゃないですが、何でも言ぅことをきいてくれるセフレが手に入るのなら、腐女子だつて別に構いやしないのです!そこで思いついたのが、アニメ系フーゾク。実は最近、新宿を中心にかなりのオタク女が集まるフーゾクグループが台頭してるんです。こりゃあ、もぅこの店に行つて、腐女子と仲良くなつて、しかも本番をキメちやつて、その後も店外で会えるセフレにするしかありません!
「グループ」は、新宿、横浜、錦糸町、秋葉原に店舗があり、中でも新宿には「アニメ系コスプレ専門へルス」「ブルマ、スクール水着専門へルス」「アニメ、ゲー厶系の手コキ専門店」と、ソフトからハードまで取り揃えています。ためしにアニメ系コスプレヘルスのサイ卜を見てみると、おぉー、アニメのコスプレに身を包んだ女のコたちが並んでいます!女のコのプロフィルを開くと、な、なんと「趣味」や「得意プレイ」の欄に並んで「好きなアニメ」「好きなゲーム」なんていう項目があるじゃないですかーしかも、ほぼ全員がマニアックっぽいアニメの名前をズラーーっと書き込んでいます。こりゃあ、混じりっけなしのホンモノが揃っているょうですよ!偵察がてら行ってみることにしましょう!歌舞伎町のコマ劇から徒歩分。雑馬ヒルの地下階の受付へ。「いらっしゃいませ、初めてのお客様ですか〜」
白ワイシャツに金髮のアンちゃんが今いけるコの写真をテーブルに並べる。ほほぅ…なんだか、写真からして、かなりオタクっぽいオーラが出てますな。髮も黒髮か金髮のコばっかりです。そんな中、目を引く子がひとり。赤い制服を着た黒髮のちゃん。顔は妹系でかなりピュアっぽいです。
「この子はどんな感じの子なの?」「かなり良い子ですよ!リピーターも多いですし。かなりエッチなことが大好きですね」
こぅいぅ、唇ぽってり顔の女は、かなり強引に押せば何でもいぅことを聞くタイプなんだよなぁ
町田調べ
これに決定!さっそく万千円を支払ぅと、スクール水着の入ったバッグを渡されます。「それでは、この所を出ますと、入り口のところにちゃんが待っていますので」クール水著なんですよねぇ〜エウレカとか着たかったなぁ〜」店を出ると、そこには白いブラウスにグレイのスカー卜、写真よりもちよっとぽっちゃりしたちゃんが立っていました。でも、まぁまぁカワイイ。ピュアっぽそぅです。ぉもぉ〜、でしゅ〜。よろしくおねがいしますぅ〜」はい。出ました。アニメ声オタク口調!なんなのコレ?こういうのって興奮できないんだよなあ〜。
「ちゃんは、オタクなの?」「うふふふう、そおですねぇ〜。オタクですねぇ〜。最近のお気に入りは、やっぱり黒執事』ですう〜」「黒執事?」
なんて知らないよーちょっと話題を変えなくちゃ。「で、アレなの?ちゃんは、ボーイズラブとか好きなの?」「う〜ん、かなり重度の腐女子ですよお〜。ショタなシェルのツンデレ受けと、セバスの強気攻めとかマジ萌えだしーやっばり黒執事』サイコーだよおお!」話、変わってないようです。なんだか、変なテンションになっているちゃん。大丈夫かしら?コレ。なんとかホテルの部屋に入り、ちゃんを抱き寄せる。すると「にゃぁ」変な声で鳴きながら、身を任せてきます。唇を合わせると、ヌメっとした舌が絡み良い反応です。ブラウスの上から胸に触れると、思ったよりもボリューミーなオッパイ。ギュムっと揉みしだくと、「んん〜〜」っと、鼻にかかるような声。
強めなセリフでほめられるのに弱いし、シャワーも浴びずに本番も許しちゃうハズですー町田調べベッドに押し倒し、スカー卜の中に手をいれパンツの横から指を滑り込ませる。既にビチョビチョです。
「あれ…?なんだよ?もう濡れてんの?すっごいじゃん?」「ゃだぁ…」「やなんだ?」「やぁ…」「じゃあやめちゃおうかな?いいのかな?やめても?」「はい。先に、オフロに入ってからなんで。それからでいいですか?」
あれ突然、素っぽいテンションに戻るちやん。ベッドから起き上がると、サクサクと服を脱ぎ始めました。「オタなお客さんがいっばいだから、超〜楽しいんだによ〜」…マジかよなんだかさつきからアニメの話についていけてないボクはダメって言われているよもんじやないーなんなの?アニメの話ができないやつは排除なの?その自己中心的なところが超〜オタクっぽいわ!結局終止っぽいプレイスタイルではあったものの、本番はやんわり断られメアドやケータイ番号も教えてもらえませんでした。ちつくしよう、この腐った女子めがーオタク女子をオトそつという気概がまったく感じられませんよそんなわけで惨敗に終わった第戦。まったくアニメの知識がないままの空手で行ったのは間違いでした。そこで、以前『アニメ系コスプレは興奮できるのか?』といぅテーマで登場してもらった、アニメに詳しいライ夕ーに再び力を借りることにしました。本人もガッチガチのオタクです。さっそく喫茶店に呼び出しました。「町田くんは、以前、アニメについて全盲でしたが、今はどぅなんです?ちなみに今期は何のアニメを観ていますか?」「今期って…今放送されているアニメのこと?観てないですね…」「あの生徒会長のカッコ良さは異常だよなー」「嬉しい!すごい好きなんですよ。お客さんつて、アニメとか観なそうなのに詳しいんですねー」ホテルに来るまでの心を開かない感じから一転。表情が驚くほどパアつと明るくなるちゃん。「俺も、ウテナ好きなコと会えて嬉しいよ」そう言つて、ギュつと抱きしめる。瞬、体をこわばらせた後、力が抜け、ギュつと抱きしめ返してくる。唇を合わせると、慣れてないのか舌を高速回転で動かしてきます。「大丈夫、舌を止めてごらん?」唾液ぬつたりの舌を、止まつたちゃんの舌に絡める。腰をくねらせながら「んふつ…」と声が漏らすちゃん。さあ、ここからだ!ちゃんを立たせたまま、床に腰を下ろし、チックのスカー卜の中に顔をつっこむ。白いフリルの中にある紺のパンツの股部分をズラして、直接ムアンコに舌をのばす。
厶アンコを舐める。スカー卜の中から顔を出すと、今度は荒く息をするちゃんを床に座らせ、目の前にそそり勃ったティンコを突き出します。
「ダメ…」そう言って、力なく厶アンコを手でフタをする日ちゃん。く!ここまで来て引き下がれるかっ!「…お願い、欲しい」「今度っていつ?じゃあ、お店の外で会える?」「うん。いいよ。だから今日は…」消え入りそうな声で懇願するちゃんに本番はあきらめ、普通にフェラでフィニッシュ。最後は、電話番号とメアドを交換してお店を後にしましたとさ。
俺はオタク女が好きだ。オタク女にしか欲情しない、といっても過言じやない。歴代の彼女も、いま現在付き合ってるコもみんなミケやコスプレ関連のイベントで知り合った女性である。なぜオタク女なのか。そう問われても困ってしまうが、強いていうならギャップだろうか。普段は見た目も性格も地味なのに、いざベッドに入ると、エロエロになるコが多いのだ。もともと、ブス専のきらいもあるのかもしれない。とまあ、そんなわけで、日ごろからオタクの世界にどつぶりと浸かっている俺だが、ここ最近、オタク女とテレフオンセックスしたり、彼女らの自画撮り動画を入手できる、素晴らしいワザを編み出した。
男がレズに興奮するのと同じ。ボーイズラブとは美少年の同性愛を題材にした女性向けの小説や漫画等のことで、コスプレやアニメと並ぶ、オタク女に人気のジャンルだ。番組によれば、近ごろの腐女子オタク女の中でも特に好きのコを指すの間では、音声で楽しむドラマ仕立てのが大人気なんだという。

チューまで出来たらエッチできるはず、なぜ女はキスまで許しておいて逃げるのでしょうか

5_20191122131857122.jpg6_20191122131859797.jpg7_201911221319008d2.jpg8_2019112213190248b.jpg9_20191122131903f27.jpg10_20191122131905e88.jpg
【概略・全文は上記記事をお読みください】
なぜ女はキスまで許しておいて逃げるのでしょうか
やがて目の前に小さな公園が現われた。隅っこのベンチであさ黒い肌の外国人らしき男がヒマそうにしている。あんな暗い所でひとりで何やってんだ?
「ハロー。ホワット・アー・ユー・ドゥーイング・ヒア(こんな所で何してるんですか)」
つたない英語で話しかけると、彼は肌の色とは対照的な、真っ白い歯を見せた。
「休憩してます。車の運転、疲れちゃって。あなた誰?」
 流暢な日本語が返ってきた。
「虫象といいます。東京から来たんだけど…」
ワケあって、無一文で旅行していると説明したところ、彼は怪訝な表情を浮かべた。
「え、お金ないのに何で旅行できる? そんなの変じゃない?」
「ワザとお金を置いてきたの。そうすれば誰かが助けてくれるし、仲良くなれるでしょ?」彼は、納得したように「ああ」と言って頷いた。
「コジキですね」
 いちいち説明するのも面倒くさい。この際、コジキでもいいや。
男はラシードと名乗った。来日10年目のインド人で、古着やリサイクル品の売買をナリワイにしているという。
「いま仕入れが終わって、甲府に帰る途中ね。休憩してました」
「日本語うまいね」
「奥さん、日本人だから。そうだ、これ食べる?」
彼がカバンをゴソゴソ漁り、新聞紙の包みを取り出した。中身はカレーと白飯の入ったタッパだ。
インド風ではなく、れっきとした日本のカレーである。
「ありがとう。でもインドカレーじゃないんだね」
「来日してから日本のカレーのファンになっちゃったの」
ふうん、そういうもんですか。何度かインド旅行の経験があったおかげで、会話のネタは尽きることがなかった。
「アナタ、気に入った。一緒に甲府くる?1日だけならウチに泊めてもいいよ」
おっと、いきなり宿を確保できちゃったよ。ラッキー。大月から小一時間ほどで甲府に到着し、ラシードの案内で甲府の観光名所を回ることになった。正直、興味はないが、付き合わないことには家にも泊めてもらえない。しばしの我慢だ。武田信玄関係のあれやこれやを巡ること3時間。すっかり日も暮れてしまった。そろそろ腹も減ってきたことだし、ラシード、そろそろキミの家に行こうぜ。
「そうね。じゃ、行こうか」
駐車場の車に乗りかけたとき、彼のケータイが鳴った。
「ハロー、×♪▲♯♭※」
ヒンズー語(たぶん)でまくし立て、ケータイを切った彼は、さも困ったような顔つきで振り向く。
「仕事で問題が起きた。ちょっと行ってくるからここで待ってて。30分で戻るから」
「オッケー」
インド人の時間感覚はどこか違うのだろうか。2時間ひたすら待ち続けても、ラシードは戻ってこなかった。
時刻は深夜2時過ぎ。日の出までに残された時間はわずかだ。〝巻き〞でいかねば。
「そういえば、彼氏とかっているの?」
「好きな人ならいるけどね」
「どんな人?」
「会社の先輩。でも彼女いるしムリっぽいんだけど」
「ふうん、そっか」
あらぬ方を見つめながら、そっと彼女の手を握る。拒否はない。どころか、握った俺の手に指をスリスリ擦りつけてきた。うお?彼女がポツリと呟く。
「てかさ、私の友だち、どう思う?自分で誘ったくせに、ずっと私を放置だよ? ヒドイよね」
 アランにナンパされてたコのことを怒ってるらしい。実は彼女、俺たちがクラブを出るとき、アランとキスをしていたのだが、七海もそのシーンを目撃していたようだ。ん? てことはキミもしたいの、キスを。軽く抱きよせて唇を重ねる。舌を中にこじ入れると、チロチロと柔らかい舌が出迎えてくれた。た! 最終回になってようやく来た!
そのまま手を胸へ。ほどよい大きさの胸をゆっくりモミモミ。
「はぁ、はぁ…」
 いい吐息だ。もうチンコ、ギンギンっす。生チチも揉んでやれ!
「ゴメン、ここまで!」
「えー、なんで? もっとイチャイチャしようよ」
「無理。いきなりこういうのはやっぱよくないよ」
おいおい、そりゃないよ。さっきまでハアハア言ってたくせに。舌もレロレロしてたくせに。七海ちゃんは怒ったような顔で、ベンチから立ち上がった。
「お店に戻るよ。じゃ」
Copyright © エロ漫画無料アダルト裏モノJAPAN All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます