ブルセラのタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:ブルセラ

  • 2021/01/12その他

    今回は、22才、フィリピンパブで働く女のブツだ。5年前にバングラデシュから来日し水商売をしているのだがここ数カ月で客足が途絶え給料が激減。やむなくパンツを売り始めたとのこと。外人パンティを採点するのは初めてなので楽しみだ。カタコトの日本語をしゃべりながらタイツを脱いでいくと、そこにはピンクと水色の可愛らしいパステルカラーパンティが。ぬくもりが冷めないうちに、急いで受け取り、鼻の近くに持っていく。ああ...

    記事を読む

  • 2019/07/18エロ漫画アダルトコミック

    アダルト系の店をはじめて今年で12年になる当時、オレはブルセラショップを経営する側ら、月に1度、乱交パーティー主催しており、堀田はそこにいた客の1人である何なの、このカメラ撮れた映像をマニアに売るんだこんなもんかなここに集まった男たちは、普段から下着1枚に何万円も出している者ばかりボディコンギャルの荷物には着替えの下着が入っているそれをズリネタに、ワゴンの中で1万円でオナニーさせるのだマニアたちが1...

    記事を読む

  • 2019/06/15突撃リポート

    コンビニ店長、女子大生バイトの脱ぎたてパンティ盗む私が店長を務めるコンビニに1人の女性アルバイトが入ってきました。名前はヨウコ、20才の短大生です。清楚な雰囲気と黒髪に、私は年甲斐もなくすっかりハマってしまいました。しかし、どうにもうまくいきません。やんわりデートに誘っても、ノラリクラリと力ワされてしまうのです。力レシはいないらしいのに。やはりこんなハゲのオッサンじゃダメなんでしょうか。どんどん卑屈...

    記事を読む

放にょうされたばかりの生しっこ聖水を買ってみた・SNSブルセラドキュメント

120_2021011215325914b.jpg121_20210112153301fb5.jpg120_20210112142233324.jpg121_202101121422321ae.jpg
120_20210112153105325.jpg121_20210112153104570.jpg
今回は、22才、フィリピンパブで働く女のブツだ。5年前にバングラデシュから来日し水商売をしているのだがここ数カ月で客足が途絶え給料が激減。やむなくパンツを売り始めたとのこと。外人パンティを採点するのは初めてなので楽しみだ。カタコトの日本語をしゃべりながらタイツを脱いでいくと、そこにはピンクと水色の可愛らしいパステルカラーパンティが。ぬくもりが冷めないうちに、急いで受け取り、鼻の近くに持っていく。ああ、なんとイイ香りだろう。アンモニア臭とオリモノのエグみが混ざりあって強烈な主張をしている。間違いなく、日本人のオイニーよりも強い。この一枚で外国産パンティのとりこになってしまった。
今回は、20才、専門学生のブツだ。待ち合わせの時間から10分ほど過ぎて、少しポッチャリした女子が息を切らしながら駆け寄ってきた。
「すみません!授業が長引いちやって。駅から走ってきました」
新宿にある服飾系の専門に通っているらしい。月に3、4回パンツを売って授業料の足しにしているとのことだ。では取引だ。ロングスカートの中から現れたのは、派手な色のピンクパンティ。いかにも若者が好みそうな柄だが、重要なのはオイニーだ。手に持った時点では柔軟剤のフローラルな香りだけが強く主張している。徐々にクロッチに鼻を近づけるにつれ人工的に作られた柔軟剤の香りから、ナマの女のオイニーへと変化していく。よし、期待どおりだ。一見、ただ若い生娘のパンティだが、その実、淫靡な雌のオイニーが詰まっていた。
突然だが今月からパンツ以外のブツも入手する、なんでもバイヤーに転向した。まず今回は「シッコ」だ。新年になったばかりだし代わりにいただくとしよう。さっそく女とアポをとり、商業施設のトイレで待ち合わせることになった。現れたのは20代後半の華奢な女。派手目な化粧をしていてイカニモな雰囲気だ。「容器をもらえますかぁ?」恥ずかしさをオクビにも出さず、平然とタイツを脱ぐ女。ムードもへったくれもない。用意していたタッパーを渡すと、彼女が手にとり股の間に挟んだ。「それじゃ、いきますね〜」黄金色の液体が注がれていく。初めて至近距離でシッコを出す瞬間を見ていると、不思議と興奮してきた。モワっとしたアンモニア臭がトイレの個室一杯に立ち込める。ニオイは男女ともに変わらないらしい。

【エロ漫画】シミパンツ匂いマニアにブルセラ着替えの脱ぎたて下着でオナニーさせ儲ける

0206_20190718172418af8_20191025214529e76.jpg0207_201907181724205a4_20191025214531531.jpg0208_20190718172421047_201910252145320b0.jpg0209_2019071817242302d_20191025214534b83.jpg0210_20190718172424f69_2019102521453593b.jpg0211_20190718172426f11_20191025214537bf0.jpg0212_201907181724276f0_201910252145389b0.jpg0213_201907181724295f2_201910252145407ac.jpg0214_201907181724303d7_20191025214541d5c.jpg0215_20190718172432a2b_20191025214543bf1.jpg0216_201907181724337e7_2019102521454419a.jpg0217_20190718172435434_20191025214546c8e.jpg0218_201907181724362be_20191025214547a8d.jpg0219_20190718172438581_201910252145492a9.jpg
アダルト系の店をはじめて今年で12年になる
当時、オレはブルセラショップを経営する側ら、月に1度、乱交パーティー主催しており、堀田はそこにいた客の1人である
何なの、このカメラ
撮れた映像をマニアに売るんだ
こんなもんかな
ここに集まった男たちは、普段から下着1枚に何万円も出している者ばかり
ボディコンギャルの荷物には着替えの下着が入っている
それをズリネタに、ワゴンの中で1万円でオナニーさせるのだ
マニアたちが100本ほど買ってくれた
その後、何人もの客から次を期待する声が寄せられたが2度目のオナニーワゴン出動することはなかった

写真とシミがなけれはパンツは売れない・ブルセラ下着売りドキュメント

コンビニ店長、女子大生バイトの脱ぎたてパンティ盗む
SnapCrab_NoName_2019-7-29_22-23-51_No-00.png
私が店長を務めるコンビニに1人の女性アルバイトが入ってきました。名前はヨウコ、20才の短大生です。清楚な雰囲気と黒髪に、私は年甲斐もなくすっかりハマってしまいました。
しかし、どうにもうまくいきません。やんわりデートに誘っても、ノラリクラリと力ワされてしまうのです。力レシはいないらしいのに。やはりこんなハゲのオッサンじゃダメなんでしょうか。どんどん卑屈な気分に陥った挙げ句、私はあらぬことを考えはじめました。
(そういえば、彼女、1人暮らしだって言ってたな。部屋の合い鍵を作れば・・)
翌週、都合良く彼女と2人だけの勤務になった日、私はさりげなくバックヤードに向かいました。我が店では、従業員は荷物を個人ロッ力ーに入れることになっています。マスターキーを使って中をあさると、ありました、力バンの中に部屋の鍵が。
「ちょっと外に出てくるから、レジ頼むね」「わかりました」
そのまま近所の鍵屋に走り、合い鍵を作ってからまた元の場所へ。むろん接客に忙しい彼女が気づくはずもありません。
合い鍵を使って部屋にこっそり侵入するー。
ヨウコのシフトを完全に把握している私にとって、この悪巧みは絶対にバレつこない自信がありました。
数日後、彼女がバイトにやってきたところで、いよいよ計画実行です。
「ちょっと外出するからレジ頼むね」「行ってらっしゃいー」
履歴書の住所を頼りに、あちこち探すと、ほどなく小締麗なアバートの前に辿りつきました。どうやら二階が彼女の部屋のようです。階段を上り、ドアの前へ。念のためピンポーンと呼び鈴を鳴らしても返事はありません。そりゃそうです今はレジに立ってるのですから。
おもむろに中へ入ると、間取りは6畳一間の1Kで、小さなキッチンとユニットバス、シングルベッドが置かれています。白の色調がいかにも女性らしい雰囲気です。(ああ、この甘酸っばい臭い)さんざん部屋の香りを唄いだ後は、いよいよ本題へ。そう、狙いは下着です。洗濯かこからパンティとブラジャーを引っ張りだし、臭いを唄いだり、頭に被ったり。
ああ、あの黒髪のョウコがこんなヤラしい匂いをさせてるなんて・。もちろん衣装棚も漁りました。派手目のバンティ、可愛いパンティ、履き古したバンティ、もろもろを頭にかぶるうちに股間はばつんばつんです。ティッシュを拝借してオナニーし、部屋を元通りにしてから私はコンビ二に舞い戻ったのでした。
「お疲れさん、大変だったっ」「いえ、大丈夫ですよ」ニコリと微笑む彼女。ふふふ、私はもうただの店長じゃない。君のメスの匂いを知った男なんだよ。
こうして彼女がシフトに入る度に何度か不法侵入するうち、物足りなさを感じ始めました。いくら洗濯力ゴに入った、つまり洗濯前の下着とはいえ、ョゴレや臭いが不足気味なのです。私としてはできるだけナマ脱ぎに近いブツを味わいたいのに。
(そうだー)素晴らしい秘策を思いつきました。店長とバイトという関係性、そして彼女が近所に住んでいるという好状況、この二点を利用すれば…。ぼかぽか陽気の日に、私は行動を起こしました。
「ちょっと、表の段ボールの整理とゴミ出しお願いできるかな。あと、窓も汚れてきたから拭いてもらっていい?」
普段はレジと簡単な品出しぐらいしか頼まない彼女に、ちょっとした肉体労働を命じたところ、ー時間ほど顔に汗をかくまで働いてくれました。このぶんだと、恐らくや下着もビショビショに違いありません。さぞかし臭いも。私はョダレをこらえながら、彼女に近づきました。
「お疲れさま。汗かいたでしょ。休憩取っていいから、家でシャワーでも浴びてきなよ」「えっいいんですか」
「うん。どうせこの時間ヒマだからね。時給は付けとくし、心配しないでいいよ」いっそのこと早上がりさせてあげればいいのでしょうが、それでは意味がありません。のんびり部屋に侵入するためには、この後ちゃんとレジに立ってもらわないと。数十分後、彼女はさっばりした顔で店に戻ってきました
そこで例のごとく私は、所用を理由に外出です。ー脱ぎたてのブツは、洗濯力ゴの中に丸まっていました。まずはブラジャーを顔にあててみます。ほんのりしめってるのは汗でしよう。いつも以上にスエた臭いが拡がります。
続けて、パンティを手に取り、肝心な部分の臭いをかぎながら、べろべろ証めまくり。鳴呼、この強烈な臭み。肉体労働させた甲斐がありました。自慰に耽った私は、ものの10秒で射精していました。★何食わぬ顔で店長をやりながら、下着漁りを続けていたところ、春先になって彼女がバイトを辞めてしまいました。しんどい仕事を振りすぎたせいでしょうか。
※この記事は読者様の投稿です。知的好奇心を満たすために自己責任で読み物としてお読みください。実行されると罰せられるものもあります。
フリマで使用済みパンツの販売でタダでエッチしてお小遣い稼ぎ|援助交際体験談
5_20191126120821d46.jpg1_20191126120816380.jpg2_201911261208179f9.jpg3_201911261208188db.jpg4_20191126120820064.jpg
【概略・全文は上記記事をお読みください】
多田氏(仮名)は都内の事務機器関連会社に勤務する41才だ。現在の年収は税込み約750万円。
千葉市内に買った3LDKのマンションはほとんどローンを支払い終えているものの、中ー年の坊主を筆頭に3人の子供を抱えていては、決して生活は緩くない。奥さんがデパートの雑貨売場にパートに出て、どうにかこうにかという状態である。そんな多田氏の息抜きは、女性と遊ぶことだ。いくら生活に余裕がなくなっても、これだけはやめられないという。
ただ、40を越えたころから
「なかなかイイ引きが来なくて。歳のせいもあるんだろうけど、だからといって毎回援交じゃ金が付いてかない。で、考えついたのがこの方法だったんですよ」
最初はあくまでナンパ目的で始めて、数力月後には月20万の副収入を得ることになる彼のサイドビジネスを紹介しよう。
最初はあくまでタダマンが目的だった
まず、伝言やテレクラにかけてくる援助目的の女性に的を絞り、次のような話を振る。
「実はいい儲け話がある。自分は副業で使用済み下着の販売をやってるのだが、キミがいま履いているパンティを1枚2千円で売ってくれないか。援助交際とかやってたら恐い目にも遭う。その点、この話にリスクは一切ない。パンティを売ってくれるだけでいい。その気になれば、定期的に買い取って2万、3万の小遣いもあげられる。興味はないか。」
とにかく、最初はアポりたい一心で声をかけまくって。そうすると、だいたい3人に1人ぐらいは
「詳しい話、聞かせてよ」ってことになる。
「そのうち、会ってブス・ブタ、ババアだとわかると、ごめんなさいしちゃうから、実際会って話しするのは、4人に1人くらいですかね」
待ち合わせは、よく行くテレクラの近くにあるマック。とりあえず、ここで先ほどの話に加え、買い取ったパンティは基本的にインターネットのオークションで売る、そのためには必ず本人がそれを履いてる証拠写真が必要、だからデジカメで撮影を行いたい旨を説明する。
とりあえずヤフーオークションで3人分のフリーメールとIDを取得女性になりきって下着を売りますと写真付きで、1枚が8千円、1枚が8500円、1枚が1万1千円という高値で落札されたのだ。
「そらもつ、びっくり仰天ですよ。こんなにおいしいんなら、残りのパンツもぜんぶ売っちまえってなもんで」
しかし、さほどに世の中アマクない。強気で8千円からスタートして1人の買い手も付かなかったり、値段を下げて再出品したところ結局4千円にしかならなかったり。最初の大当たりは単に偶然のようにも思えた。そこで、彼は試しに落札者にメールを送ってみた。実は金に困っていて、もっと買ってほしい。今度はよりHな写真を付けるから2枚1万2千円でどうか。むろん、その女のコになりきってのお願いメールだ。
と、これに意外に反応が届く。会屋は指1本で隠した写真を付けてくれ
ぜんぶ見せてくれ
彼氏とエッチしてるところの写真を付けてくれたら1万円で買ビデオなら3万出す
むろん叶えられるリクエストばかりではない。が、指1本で隠すぐらいならできるかもしれない。陰部が完全に写っでいなければ、万がーのときでもパクられることはないだろう
と、こうして彼は客のリクエストに応えるため、新たに女性を調達したり、注文のカットを撮影したりと副業に本腰を入れるようになっていく。
使用済みパンツの販売は、コンスタントに月20万からの収入を彼にもたらした。常連客に加え、新規の出品が月に10枚から15。落札額はまちまちで、低ければ3千円高いと1万円前後の値が付いた。
「1万ってのは、ずばり女子高です」
「いや本物じゃないですよ。それをやったらパクられちゃう。ただ、19才のコに制服着せても誰もわからないじゃないですか。で、メッセージに現役でした
と出して、わざと年齢は載せない。そうすると、不思議なことに客は、現役女子高だと書くとマズイから意識的にこんな表現にしてるんじゃないかと、思っちゃうんですね。本物だって言うより信憑性を感じると。なかなか深いでしょ」
の女子高か否かという以前に、パンツを売るそのコが実際、当人なのかどうかという問題だ。証拠写真を載せているから、パンツは当人のものと納得できても、本人が売ってるかどうかまではわからないというわけだ。
「そんなのね、常識で考えたら若い女のコが自分の写真をさらしてパンッ売るわけがないってわかるじゃないですか。客もたぶんわかってると思いますよ。あくまで、本人が売ってるものと思いたい。そんな微妙なマニアの心理なんでしょうけど、それならそれでこっちもバレないようにしなきゃいけない。文調はもちろんですけど、客が最も気にするのは、金の振り込み先の名義が女性名かどうかってことです」
彼が常時、パンツを買い取っでる女性は9人すべて本格的に副業をスタートさせた、この1年以内に集めた20前後のコだが、彼女らと「契約」を交わす際、彼はそれぞれに自分の銀行口座を開かせ、キャッシユカードと通帳を預かった。
よく女性がそんな面倒なことに協カしたものだと思っが、彼に言わせれば、そこまでの手続きを踏むことによって逆に信頼されるのだという。
「ま、それは僕が極めてまつとうな外見をしてることも影響してるんでしょうが、事情を話したら、みな協力してくれましたよ。ただ、あまり迷惑かけられないんで、銀行に届け出る住所はマンションの空き部屋を使いましたけど」
アダルト系のオークションサイトに移行したヤフオクが登録制になったんで、うま味が少ないかなと思って。でも、最初こっちに移ってきたときは面食らいましたよ。僕と同じようにパンツを売ってる連中のスタート時の値段が、みんな2千円なんですよね
こんなに安くて塵冗になるのかと思ったものの、ページをよく見たら
《オプションであなたの要望を叶えます》などといった一文が記されている。
「つまり、2千円は餌なんですよ。3千円なり4千円で落札した客に、後で希望を聞いて、それに見あう商品を高値で売ろうって算段。好きな客はいくらでも金を払いますからね」
現在、彼が付けているオプションでいちばん人気は、女のコがパンツを履いたまま指でオナニーしているビデオだ。
客にすれば、パンツに汚れが付く過程を見られるのが大きな興奮を呼ぶらしく1本1万5千円から2万円で売れるマニアがいる限り、この販売はまだまだイケると思いますよ。多少の手間はかかるけど一女のロさえキープできれば、サラリーマンでも十分できるんじゃないですか
今も、抱えている9人の女の子からパンツを買い取るたびに、タダでエッチしているという多田氏。しかも月の副収入が20万強っなんとも、うらやましい話ではある。
フリマ援助交際の実態は
ネットオークションやフリマアプリなどで、使用済みの洋服や靴などを売る女性がいる。彼女らのメイン顧客は男性だ。簡単に言えば昔のブルセラみたいな現象が起こっているわけだ。しかし中にはそれだけで終わらないこともある。たとえばこんな出品だ。
〈ウチが使ってたルーズ売ります 1万円〉
こういった商品の相場は3千円程度のはずだが、やけに高額だ。これ、実は商品を売るだけでなく、その後に連絡を取り合ってプチエンコーしよう、ともちかけているのだ。購入した男性に『手渡しで、実技ありでお願いします』とメッセージを送り、手や口などの軽いプレイを1万円程度で行う流れが一般的だ。そしてこの高額販売にはそれ目当ての男性が群がっているのが現実である。
一見すると普通の売買に見えるので、警察の手が伸びていないのだろう。
Copyright © エロ漫画無料アダルト裏モノJAPAN All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます