ビキニのタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:ビキニ

もっこり巨チンを演じて海のビキニ美女の子宮を疼かせろ|デカマラに女性の視線はくぎ付けになるか

0222_20180714092435869_20190820185635711.jpg0223_2018071409243603d_20190820185636ed0.jpg0224_20180714092437a05_2019082018563809d.jpg0225_20180714092439f01_20190820185639e84_202001211201258f7.jpg0226_20180714092440bd6_2019082018564109e_20200121120401f03.jpg0227_201807140924429f1_20190820185642660_20200121120555c21.jpg0228_20180714092443eee_20190820185644514_202001211205097fc.jpg0229_20180714092445c16_201908201856455c3_20200121120656219.jpg

女性は巨チンに興味がある!?

チンコは通常時7センチ、最大時で12センチと、いたって平均的なサイズだ。田舎の親父は、昔から口グセのように言っていた。過ぎたるは及ばざるがごとし、と。だからオレもこれでいいと思っていた。大きさなんてどうだっていいじゃん!でも親父の格言は、ことチンコに限っては、あてはまらないような気がしてきた。だってAV観てると、大きいモノのほうが女も喜んでるんだもん。

そこでこの夏のモテモテ作戦は、もっこりで攻めてみたい。ビキニパンツにもっこり詰め物を施して、ビーチに出向く。我が疑似ムスコは女どもの視線を集めまくり、彼女らの子宮を遠隔操作さながらに疼かせることだろう。
7月週末の日中。晴れ渡った湘南のビーチには、色鮮やかなビキニちゃんたちがおっぱいをプルンプルン、おしりをフリフリさせながら歩いていた。一緒にやってきた友人クンとオレは、いざ駐車場で準備開始だ。ピタっとした海パンの中に、もっこり張りぼてをセット。さらにボリュームアップのため、丸めたビニール袋も詰めておく。膨らみ具合はコーヒー缶くらいでいいだろう。
ではビーチへ参ろう。ビキニ娘を眺めつつ、砂浜をフラフラ歩いてみる。
お?おお?めっちゃ見られてるぞ!
あっちの女もこっちの女も、家族連れやタトゥーの兄ちゃんまでもがチラチラ見てる。もっこりブラザーズ、すげー人気者だ。
「……スゴクない?」
「マジヤバイ……てか、どうなの?」
興味津々な声が聞こえてくる。そしてなんとこんなつぶやきまでも。
「……てか試してみたいし」
もらった!この作戦、めっちゃ効果的!このまま普通に声かけしてもいいけれど、せっかく視線を集めているのだ、普段は味わえない逆ナンを待ってみよう。あそこに、レジャーシートでごろごろしてる4人組ギャルがいる。あの子たちを喜ばせてあげよっと。
「よっしゃ、焼くか」
「おー、焼くぞ」
隣に聞こえるような声で小芝居を打ち、2人並んでゴロンと仰向けに寝ころんだ。どうだ、もっこりツインピークス!目を閉じて、魚が釣り針に食らいつくのを待つ。あ〜暑い、こりゃ股間もすぐムレるぞ。もっこり+フェロモン臭で4人まとめてコロッといくか!ときどき横目でチラ見してみても、
4人はなかなか動かない。こんなデカチンに気づいてないわけないのに。こっそりジャンケンでもしてんのかな。
「来ないな」
「照れてんじゃね?」
「そだな」
「男も巨乳にはかえって声かけにくいし」
「ああ、引け目を感じてね」
「てかさぁ、4人消えてない?」
ふと見れば、隣のレジャーシートはもぬけの殻だった。数のバランスが悪かったことに気づいたオレたちは、2人組みに絞って声をかけることにした。まずは、もっこりオイルだ!股間を強調しながらビキニコンビに接近し、サンオイルを取り出す。
「すみませーん、オイル塗りましょうか」
「…いや、いいです」
一瞬、二人の視線がもっこりをなぞった。ふふ、もうイヤとは言えまい。
「どう?塗るよ?」
「いいですから」 
チンコとオイルの組み合わせは、やや性的な匂いを感じさせすぎたか。ならば次は爽やかに、もっこりアイスだ。あそこの茶髪2人にゴー!
「アイス買いすぎちゃったんだけど、一緒に食べない?」
「いらなーい」
でも粘る。キミたち、もっこりを見てからでもそんなムゲにできるのかい?
ほら見て見て、よし、見た!
「アイス食べようよ」
「ううん、いらなーい」
もっこり&アイスで、フェラを連想させてしまったのかも。女の想像力はたくましい。しょうがない。海ナンパの定番、ビーチボールを使おう。わざとボールを転がし、拾ってもらいがてら、もっこりを見せつけて「一緒に遊ぼうよ!」。自然すぎる。ところが本日の湘南は、恥ずかしがり屋さんが多く、何度トライしても上手くいかなかった。反省会だ。
「チラっとしか見てないっぽいね」
「だよな」
「あんまり股間ばっか見て変態オンナと思われたくないんだろな」
「なるほど」
男だってチチばかりガン見するのは憚られるのだ。女ならなおさらだろう。そこでオレたちは考えた。目線ともっこりの高さを合わせてやればいいんじゃないか!
海の家のテーブル席に座る二人組がいた。あの子らの顔、立ったオレらと同じ高さにない?
ガン見しやすくない?
ドリンクを買い、彼女らのテーブルへ。
「はい、これ飲んで飲んで」
「あ、どうも」
おっ、受け取ってくれたぞ。
「2人で来たの?」
「そうだよー」
「オレらもそうなんだ」
「ふーん」
わざと腰を動かして様子を見る。女Aは目前のタコライスに夢中だが、女Bは何度ももっこりをチラ見してるぞ。しかも顔赤いし。アノ部分の湿り気が手に取るようにわかるだけに、ここは粘りたい。
「食べたら一緒に海入らない?」
「はい、考えときます。それでさー、ユウコのバイト先にさー」
話題を変えられた。いったん引っ込んで食い終わるのを待つうちに、他の男3人組みが強引に横に座って盛り上がり始めた。あの野郎ども、こしゃくな!ぜんぜんもっこりしてないくせに!
ビーがスタートしても、話題が途切れると気まずいムードになってしまう。ならばすでに海の中でパシャパシャやってる子たちはどうだろう。会話なんていらない。一緒にキャッキャと肌を触れ合う展開になるのでは?
よし、もっこりマットで沖へ向かえ!腰まで浸かって波とたわむれている二人に向けて、空気マットは走り出した。乗組員は、仰向けのオレ。動力は友達クンだ。いいぞ、もっと押せ。右だ、もうちょ
い右。ここでオッケー。
「はーい、どうもー」
「はぁーい」
手を振り返してきた。視線はガッツリもっこりに向いている。いいぞいいぞ。
「一緒に乗ろ、うわっ」
波でマットがひっくり返った。ゲホッ、海水が鼻に。ツーンってするよ、ツーンって。オレたち兄弟の活躍シーンがないまま、湘南の陽は暮れてしまった。でもまだ終わっちゃいない。夜の
海には、必ずといっていいほど、二人で語らってる女がいる。学校や男の話題をぺちゃくちゃと。そこに我がもっこりブラザーズが花火を持って登場する。女は花火が大好きだから、まず食らいついてくる。花火↓明るい↓もっこりライトアップ日中と違い、陰影のついたもっこりは、彼女らの目に、さぞたくましく映ることだろう。海岸のコンクリート塀に2人の女が座っていた。
「ねえ、花火やらない?」
「いいですよ」
ほい来た。2人とも20代後半くらいか。けっこう美人だ。よし火をつけるぞ。ライトアップ、スイッチオン。
「あっ、きれー」私もそれしたーい」
視界に大きなブツが入ってるはずなのに、2人は花火の感想しか言わない。
「おネーさんたちは何友達?」
「仕事関係かな」
よく一緒に遊ぶ仲良しさんで、今日は都内から2人でやって来たそうだ。
「カレシとかいないの?」
「うん、そんな感じ」
「2人とも?」
「そういうことかな」
この含みのある物言い。「本当はいるけど遊んであげてもいいわよ」の一文が省略されてるね。もっこり効果ってやつね。 よし、花火もう1本いっとこう。どうだ、ネーさんたち、今のうちにじっくり見ておくんだよ。脱いだらこんなにないんだから。ではそろそろ、夏の夜の思い出を作りにいきましょう!
「メシでもいかない?」
「あ、ちょっと2人で話したいんで」
別れてからも悔しくて仕方なかったので、ちょっと離れたところから彼女たちを観察しつづけた。会話を終えて立ち上がったら、また声をかけてやろうと。ぶったまげた。あの美女2人、肩を抱き合い、顔をくっつけてキスしてるのだ。レズかよ!どおりでデカマラに興味なさげだったわけだ。

水着はやっぱり透け透け白ビキニの半ケツとマンスジ|エロ画像

0084_20181031144634b78_201909301856156ea.jpg0085_20181031144635163_20190930185616be9.jpg
1海やプールでいちばん目を奪われる水着は白ビキニです。もう、これは誰が何と言おうと間違いない。下着を連想させるってのもその理由ですが、なによりホワイトは肌やスジをくっきり浮かび上がらせるんですね。ほれ、見なはれ。もう釘付けでしょ。すくにプールへ向かい・・まだ開いてませんね。もうちょいとだけ待ちましょう。
2海にしろプールにし女らは激しく運動しとりますからどうしたってズレるわけです。下へズルリと。ビキニだけでも嬉しいのに、そのうえ割れ目まで見せてくれるなんて。誠にありがたいですな。
すぐビーチに走るように!街中ではパンチラすら見せないくせに、海ではケツ見せもOK。しかもタダで。それが今の女なんですよ!
3海やプールに行ったところで、何があるわけでもありませんね。逆ナンもないし、おっぱいポロリもないし。でも小さな小さなハプニングはありますね。食い込み直し。お好きですよね? あれってどこがイイんでしょうか。理屈で考えてもよくわからないんですよ。大事な何かが見えるわけじゃないし。なのにうれしい。なのにニンマリ。もう私、自分の頭の中がわからなくなってきました。ワレメといっても前のほうじゃありません。後ろのワレメです。あれ、下までいっちゃうと恥ずかしいようですが、上のほうならむしろ見せたいみたいです。毛も生えてないし。アホですな。ワシらにすれば、そこさえ見えれば他はいらんぐらいのパーツなのに。バックのときもそこばっかり見てんのに。
4シロート娘のビキニ姿というのはそれだけでチンピクなワケですが、視姦する場所によってはオカズとしての価値もさらに高まるものです。例えばJR須磨駅(神戸市)付近のコンビニ。ここは夏の時期、海水浴客が堂々と水着のままウロチョロすることで有名で、ご覧の通りちょっと異常な光景が出現します。まるで下着姿の露出狂が大挙して訪れたような。ね、ビーチで見かけるよりも100倍ヒワイでしょ? 神戸市民は一刻もはやく、このステキな風景を重要文化財に指定すべきですな。

結婚式の胸ちらドレスもビキニの土手まんこもほぼ露出狂|エロ画像

0009_20181004212358c41_201909231109442e7_202001281036514bc.jpg0022_201810051958131df_20190923110945eb1.jpg0023_20181005195814189_20190923110946c24_20200128103735404.jpg
結婚式なんてものは、ただ参加するだけじゃ面白くもなんともないイベントですが、受付を担当すればしばらくオカズに困らない素晴らしい場でもあります。胸元のざっくり開いたドレスで着飾った列席者は、名前を記帳するとき必ず膨らみを見せつけてくれます。まるで花嫁の初夜の営みをうらやむかのように。ネックレスと谷間。最高の組み合わせです。
自転車なんてもんは、ささっとカギをはずして、ぱっと乗ってしまえばいいだけなんですが、どんくさい女子たちはどういうわけかまごつきますね。カギどこやったかしらとか、ペダルが横のタイヤにはまっちゃったとかつぶやきながら。ずっとやっててください。ワシら、じっくり観察させてもらいます。
ビキニの土手はほぼ露出狂
ビキニは白に限る。なぜなら、下着を連想させるうえに透けるからなどと偉そうに講釈を垂れたのですが、よくよく考えてみると、ホワイトがいちばんとはどうも言いきれないようです。色つきであろうとも、パットが薄く、さらに土手が発達してる子であれば、こんな具合にパラダイスを演出してくれるわけで。んーエグい。形状がくっきりまんこなだけに、下手するとムきだしの股間よりエロ度は上かも。

回転売春ルームにJKコミュにJKビジネス・過激なエロ違法店

1_201912032214214a4.jpg2_20191203221422782.jpg3_20191203221423acd.jpg4_20191203221425bd5.jpg5_20191203221426afe.jpg6_201912032214288b6.jpg7_20191203221429f42.jpg8_201912032214313b5.jpg
1、買春の温床として問題視されている「JKビジネス」。当局の規制も強められているが、最近の
サービスは巧妙化の一途だ。この店は、「池袋の町を探検しよう」というコンセプトで、女子高生を「隊員」と名付けて派遣し、法には触れてませんよという建前をとっている。が、実態は管理売春と思っていい。冷やかしに問い合わせるのも控えたほうがよろしいかと。
ソファベッドの置かれた個室で客が待機していると、素人の女の子たちが入れ替わり立ち替わりや
ってきて、そのほぼ全員がエンコーを持ちかけてくる回転売春ルームのような場所だ。店舗によっては、いつ入れるかわからないのに順番待ちの男が列をなしている。個室に滞在するだけで1時間4千円ものお金が必要なので、それを知る女の子たちは、手コキ3千円程度から交渉に応じてくれる場合が多い。
セクシー撮影会を行っているスタジオだ。モデルの大半は同スタジオ所属の女性で、極小Tバッグなど過激な水着姿になってくれるのだが、驚くべきはモデルの中に多数の現役女子高が混じっていることだ。さすがに彼女たちの場合、通常のビキニまでが限度ではあるものの、オプション料金を取って股間部分の接写を許可しているのはいかがなものか。さらにはときどき、芸能事務所所属のジュニアイドル(15才未満)を水着モデルとして招くことも。いろいろと危なっかしい業者だ。
3、JKコミュと呼ばれる業態だ。表向きはおしゃべり(コミュニケーション)が謳われているが、そこでは女の子たちが小遣いほしさにおしゃべり以上のことを客に持ちかけ、客もそれを目当てに集まっている。「2でどう?」「じゃあ、それで」こんな会話が当たり前のようにかわされ、その場でコトが行われている状況だ。狂っているとしか言いようがない。
Copyright © エロ漫画無料アダルト裏モノJAPAN All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます