バイトのタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:バイト

【漫画】工場でのライン流れ作業に集配センターの軽作業に骨折させられる治験・底辺バイトの厳しい実態

底辺バイト漫画 底辺バイト漫画 底辺バイト漫画 底辺バイト漫画 底辺バイト漫画 底辺バイト漫画 底辺バイト漫画 底辺バイト漫画 底辺バイト漫画 底辺バイト漫画 底辺バイト漫画 底辺バイト漫画 底辺バイト漫画 底辺バイト漫画 底辺バイト漫画 底辺バイト漫画

【エロ漫画】男のチンコとオナニー鑑賞見るだけのバイトする女の子は自分のおまんこおっぱい見せにも抵抗なし

オナニー鑑賞エロ漫画オナニー鑑賞エロ漫画オナニー鑑賞エロ漫画オナニー鑑賞エロ漫画オナニー鑑賞エロ漫画オナニー鑑賞エロ漫画オナニー鑑賞エロ漫画オナニー鑑賞エロ漫画オナニー鑑賞エロ漫画オナニー鑑賞エロ漫画

【エロ漫画】学習塾バイト講師が教え子JDとエッチしJCJKの生徒の母親人妻とも寝取りセックス

学習塾バイト講師エロ漫画学習塾バイト講師エロ漫画学習塾バイト講師エロ漫画学習塾バイト講師エロ漫画学習塾バイト講師エロ漫画学習塾バイト講師エロ漫画学習塾バイト講師エロ漫画学習塾バイト講師エロ漫画学習塾バイト講師エロ漫画学習塾バイト講師エロ漫画学習塾バイト講師エロ漫画学習塾バイト講師エロ漫画学習塾バイト講師エロ漫画学習塾バイト講師エロ漫画学習塾バイト講師エロ漫画学習塾バイト講師エロ漫画学習塾バイト講師エロ漫画学習塾バイト講師エロ漫画

【エロ漫画】SM女王様の前で四つん這い調教されアナルを見せるエリート奴隷サラリーマン

0072_20190609111334d5f_201911050859113e5.jpg0073_20190609111335085_20191105085913d23.jpg0074_2019060911133712b_201911050859145d2.jpg0075_2019060911133929d_20191105085916d85.jpg0076_20190609111340f3f_20191105085917a72.jpg0077_20190609111342c4e_2019110508591920f.jpg0078_201906091113446cd_201911050859200e6.jpg0079_20190609111347e60_20191105085922ee8.jpg0080_20190609111349ae1_20191105085923c76.jpg0081_2019060911135161c_201911050859252c3.jpg0082_2019060911135204b_20191105085926b66.jpg0083_20190609111353cf3_20191105085928e28.jpg11_201912030842283c8.jpg22_20191203084229e5f.jpg
107_20200421123231c38.jpgbb050.jpgp107p.jpg風俗でよく遊ぶようになってから、ボクは自分の性癖が、だいぶわかってきた。M。それもドMだ。店だと、欲望をさらけ出せるからだろうか。とにかく女の子にイジめられたくてしかたない。そんなボクが今、一番ハマってるのは
「逆夜這いプレイ」という風俗だ。ご存じない方でも、いかにもドM向けっぽいことはわかると思う。夜這いをするんじゃなく、される設定でコトを行うというこの風俗、男は女の子よりも先に部屋に入って、襲いに来られるのを待つ。その際、アイマスクを付けて待つというのが、この手の店のポイントだ。つまり男は、何も見えないままいたぶられるわけだ。これが興奮するったらもう。
2、3ヵ月前、妙なことがあった。夜這いプレイの最中、何かの拍子でアイマスクがズレたのだ。ほんのちょっとだけなので女の子は気づいてないらしい。そのまま言葉責めプレイを続けていた。
「ほらほら、こんなに大きくしちゃって」
ボクは身もだえつつ、ズレた隙間から何気に女の子の顔を見た。えっ!?ビックリしたのは、ブスだったからとかそういうのではない。相手が目を細め、いかにも眠そうな顔をしてたからだ。客に見られてないからか、女の子は気を抜いてるっぽい。
顔に素直に気持ちが出ていた。あーかったるぅみたいな。
この女実はこんな態度してたんだ…。しかし、ボクはムカつきはしなかった。むしろ、彼女が本音で汚らわしがってることに、余計にゾクゾクした。この気持ち、Mの方ならわかってくれるんじゃないだろうか。
以降、ボクは夜這いプレイのたび、積極的にアイマスクをズラし始めた。でも、相手に気づかれずにヤラかすのはけっこう難しい。そんなある日、ネット通販で「視力矯正アイマスク」という名称のアイテムを見つけた。アイマスクの表面に、針の穴程度の小さな覗き穴があって向こう側がばっちり見えるのだ。これは使えるかも!?さっそく店へ。部屋に入って持参のアイマスクを装着して待ってると、女の子がやってきた。
案の定、相手はアイマスクの変化には気づいてないようだ。ぶっきらぼうな表情で近寄ってきた。うわぁ、そんなにダルそうにしなくてもいいのに。ま、そういう態度こそゾクゾクくるんだけど。彼女が覆いかぶさってきた。
「嫌がってるフリしてるけど、本当は嬉しいんでしょ」
「は、はぃ〜」
ボクがヘンな声をあげると、相手は汚い虫でも見たかのようにギョッとする。ふふふっ。彼女がめんどくさそうに手コキを始めた。首をコキコキしたり生あくびをしたり、一ミリも気持ちは入っていない。ああ、この虫ケラ扱い最高! こちらがなかなかイカないでいると、しかめっ面に。何それ!そんな態度されたらヤバイ。イッちゃう〜。いい遊び方を見つけてしまった。世のM男性のみなさんも、ぜひやって見て下さい。
男がアイマスクを装着し、女から一方的に攻められる『目隠しプレイ』。最近は、これに特化したヘルスが誕生している。東京なら『闇鍋会』や『いけない歯科衛生士』だ。これらの店、目隠しをせずに遊ぶことはできない。どころか、女性と対面する前にアイマスクを着けるのがルールで、いざプレイが始まってからも取ることが許されず外していいのは風俗嬢の容姿が一切わからないシステムだ。いったい何なんだ?店が在籍嬢のブス隠しのためにやってるんじゃないのか?そもそも面白いのか?いろいろ疑問を持たれる方も多いかもしれないが、どちらの店もドM客を中心に人気だ。徹底して視覚を奪われることによる興奮がたまらないようだ。
沖縄発祥の非風俗の業態「洗体エステ」が日本全国で隆盛を誇った。水着姿の女の子がヌルヌル泡でカラダを洗ってくれ、中には裏オプで手コキをしてくれたりと、我々男たちを大いに楽しませてくれたものだが、現在は飽きられたのか店舗数が激減している。だがその陰で、洗体を凌駕する癒しの業態がジワジワと流行り始めている。その名も『洗髪エステ』だ。洗体プレーと併せて、洗髪、ヘツドスパが受けられる業態で、頭を洗われる気持ちよさもポイントだが、そのほとんどの店がヌキを基本プレイに組み込んでいるところが斬新だ。頭のてっぺんからチンコ、そして足の先までキレイキレイにしてもらえる、まるで王様の遊びとも呼ぶべき至れり尽くせりのお店なのだ。

スキーやスノボー冬のリゾートバイトはナンパも仕事中もSEX出来る|エッチ体験談

1_20200130201410f91.jpg2_20200130201412459.jpg0180_20190114190219325_201910211233558f9.jpg0181_20190114190220820_20191021123356363_20200130201514cd0.jpg0182_20190114190221021_20191021123400873_202001302015481ca.jpg0183_201901141902230b2_20191021123401fa3.jpg0184_20190114190224583_201910211234043da.jpg0185_201901141906050e0_20191021123405165.jpg
【概略・全文は上記記事をお読みください】
最近テレビでスキー場に行くなら電車でみたいなJRのCMが流れてるじゃないですか。
アレどうなんでしょうかねえ。少なくとも僕は、車じゃないと行く気にはなりませんけどね。そんなわけで今年もとあるスキー場へ初滑りに行ってきました。といってもここ数年はもっばらスノボー。やっぱりスノボーの方がオシヤレだし、断然女のコの受けもいいんですよ。
スキー場でのナンパのコツはホテルのおみやげ場やラウンジかで声をかけるのが多いかな。ここなら、そのときたまたまー人でいるってだけで、部屋やゲレンデには必ず友達がいる。普通なら、そう簡単に付いては来ません。やっぱり相手を見分けなきゃ。ポイントは服装です。部屋着みたいな格好をしてるのはまずダメ。狙い目は、スキー場なのに町中でも通用するような服を着てるコですね。
きつと男の目を意識して着替えを持って来てるんでしょう。要するに、ナンパ待ちのコと全く同じ心理状態なんですよ。例えば、上着ならニットよりもセーター、下だったらジーンズよりもウールのパンツの方がいい。そうやつてあらかじめ尻軽女だけをセレクトすれば、ナンパなんか簡単ですよ。
写真の19才の大学生は、ラウンジのソファでボーッと座ってました。しばらく話して仲良くなったところで、「オーロラが見える峠があるから見にいかない?」(もちろんウソ)って誘ったんです。最初は向こうも「でも友達と一緒だし」
なんてぐずぐずゴネてたんです
「10分で帰ってこれる場所だから平気だよ」って言ったら、「じゃあ行ってみようかな」ってアッサリ車に乗ってきましたね。ここまでくれば後はテキトーなところに車を停めて、カーセックスするだけです。夜の峠に人なんか来ませんしね。裸で合戦までやっちゃいましたよ。自分の部屋に連れ込むつもりだったら、これほどスンナリとはいかなかったかもしれませんね。向こうも、男の部屋から出てくるところを友達に見つかったらヤバイでしょうし。そういう意味でも、あのJRのCMはわかってないんですよね。やっぱりスキーは車で行かなくちゃ。

【アダルト漫画】住み込みバイトの都会の女子大生をSEXで回し合う田舎の農家

0206_201810011122437a8_20190820210552d11.jpg0207_2018100111224580b_20190820210554a0d.jpg0208_201810011122462a6_2019082021055572b.jpg0209_20181001112248524_201908202105573c9.jpg0210_20181001114146d82_20190820210558b79.jpg0211_20181001114147863_20190820210600f67.jpg0212_2018100111414845d_20190820210601ec4.jpg0213_20181001114150246_20190820210603b3b.jpg0214_20181001114151a4b_20190820210604694.jpg0215_20181001114153d39_201908202106066d4.jpg0216_201810011141544b4_20190820210607e24.jpg0217_20181001114156799_20190820210609c47.jpg0218_20181001114157c39_20190820210610766.jpg0219_201810011141590b5_20190820210612c5b.jpg
郊外の幽玄な風景とは異なり、街中はかなり近代化が進んでいる。往来を歩けば、キレイに着飾った今ドキっぽい服装の女子があちらこちらで見受けられた。おっと、前方から歩いてくる子もなかなかかわいいな。スタイルもいいし、モデルさんみたいだ。
思わず目で追っていると、すれ違いざま、彼女が一瞬、俺に微笑みかけた気がした。ん、なんだ?それから間もなく、また別の若い女性からも笑顔を向けられた。にこりと白い歯を見せ、まるで憧れの先輩と遭遇した女子学生のような表情で通り過ぎていく。
その後も似たような出来事が二度、三度と起き、いったい何事かと怪しんでいた折、見知らぬおばはんが中国語で「あなた、どこから来たの?」と話しかけてきた(俺は初級程度の中国語ならなんとか会話ができる)。おばはんは納得したようにうなずき、続いて俺の顔を指さしてから、親指を上に立てた。「良い。あなた顔が良い」どうやら誉めてくれているようだが、頭の中では警戒ブザーがけたたましく鳴り響いていた。こんな野人みたいな風貌の男を捕まえて、顔が良いだなんて怪しいにもほどがある。さては、よからぬ詐欺でも企んでおるのでは?
しかし、おばはんはポンポンと軽く俺の腕を叩き、そのままどこかへ立ち去っていく。
どういうことだろう。もしかして俺、この地では男前の部類に入るのだろうか。さっきから道端で笑顔を向けられるのもそれが理由だったりして。可能性はゼロじゃない。桂林には少数民族の人たちも多く住んでいる。つまりそれだけ美の価値観も多様というわけで…。うふ、うふふ。なんだか俺、ステキな土地にやってきたようだねぇ。特にやることもないので街の展望台へ行ってみようと市バスに乗り込んだ。とここでも、途中から乗り込んできた若いオネーチャンが隣の席に座るや否や、英語で話しかけてきた。
「日本人ですか?」「うん、そうだよ。なんでわかったの?」
「服装が中国人と違う。あなたオシャレね、クールよ」
また誉められてしまった。なんで俺、この街で生まれなかったんだろ。彼女は地元の大学で建築学を学ぶ20才のお嬢さんで、将来、日本への留学を希望しているという。そんな事情もあって、東京の生活についてあれこれと質問してくる彼女。このチャンスを活かし、デートにでも誘い出したいところだ。きっと大丈夫だろう、なんたって俺はクールなのだから。
「今日はこれから予定とかあるの?」
さっそく探りを入れてみたところ、彼女は大げさに肩をすくめてみせた。
「これから夕方までずっと学校の講義なの」
ただいまの時刻はまだ正午すぎ。どこかで時間を潰せば待てなくもない。
「じゃ、それが終わったら一緒にご飯でもどうかな?」
「うーん、ゴメンなさい。私、ボーイフレンドがいるから」
あっさり振られてしまった。彼氏がいるならしょうがないか。
軽く落胆していると、彼女が何か袋のようなものを差し出してきた。なんだこれ?
「あなたお昼まだでしょ? これ、私が作った弁当なんだけど、よかったら食べて」
「君はどうするの?」
「私はダイエット中だから気にしないで」
「そっか、ありがとう!」
初日でこんなにウキウキする出来事が起こるなら、この先にはもっといいことが待ってるのでは?大いに期待しつつ桂林での滞在を続けたものの、その日以降、まるで風向きが変わったように、現地女性との交流チャンスは訪れなかった。しゃーない、ちょっくら移動しますか。桂林から西進して麗江という街に立ち寄ったときのことだ。街の中心部からほど近い場所で、異様な姿の男を発見した。路上に座り込み、通行人に金を無心する乞食なのだが、顔の左半分がスイカ大に腫れあがり、ちょっと不気味なまでの佇まいをしているのだ。なにかの奇病だろうか。強く興味を引かれ、しばらく観察していたところ、彼がこちらに気づいて手招きする。とりあえず中国語で挨拶した。
「こんにちは」
「ウー、こ、こんにちは…。ウーウー」
顔が変形してるせいで、気管の通りが悪いのだろう。男はひどく息苦しそうに話した。
「ウーウー、10元(約160円)くれ」
そう言って男が目の前のバケツを指さす。ここに金をいれろってことなんだろうが、あいにく俺は寄付などしない主義だ。
「ごめんなさい。お金ないです」
その瞬間、男はそれまでのくぐもった話し方ではなく、鮮明な声で吐き捨てるように言った。「あっち行け!」あれ、なんだこの人。ちゃんとしゃべられるじゃん。
「あなた普通に話せる。ウーウーはウソ?」
「ははは、ウソ。ウソ」
先ほどの息苦しそうな様子は、通行人から哀れみを誘うための演技だったらしい。なかなかしたたかなヤツだ。その点に敬意を表し、望みどおり10元をバケツに入れてやったところ、男は途端に上機嫌になってしゃべりはじめた。筆談も使って何とか理解できた内容はこうだ。
彼は現在32才で、若い頃に突如、顔が腫れあがる病気になった。それがもとで職につくこともかなわず、路上で物乞いをはじめた。家族はおらず天涯孤独の身だという。「大変ですね」「でも金はある」男が通行人からは見えないように、上着のポケットをこっそり開いた。驚いたことに、そこにはぶ厚い札束がいくつもねじ込まれているではないか。ちょ、あんた、めっちゃ金持ちじゃん!やがて男は、奇声を上げて地べたを転がりだした。
「ウーウー、お金をください。助けて下さい。ウー」
少し離れた場所でその様子を眺めていたのだが、わずか30分足らずの間に、次から次へと通行人がバケツに金を投げ落としていくため、ものすごい勢いで金が貯まっていく。すげー。この人、そこらの勤め人より高収入なんじゃねえの?その後、何事もなかったかのようにむくりと起き上がり、すぐ目の前の商店で肉まんを買って男がもどってきた。そのひとつを俺に手渡しながら笑う。
「家でも建てようかな。ははは」
たくましいというか何というか。数日後の夕刻、南西部の都市、成都へ向かう列車に乗った。目的地まで約20時間の長旅である。近くの座席には大学生らしき男女のグループが陣取っており、列車が動き出して早々、そのうちの1人、さっぱり顔の美人ちゃんが英語で話しかけてきた。
「あなた日本人ですか?」
「うん、そうだけど」「私の友だちが、日本では生卵を食べるのかと聞いてます」
なんのこっちゃと思いながらも素直に答えてやる。
「しょっちゅう食べますよ」
彼女が友人たちの席に戻った矢先、おおっと歓声が起きた。どうやら中国では生卵を食べる習慣がないようだ。ふたたび彼女が俺のところへやってきた。
「あなたと話がしたいです。ここに座ってもいいですか?」
ずいぶん積極的なコだ。どうぞどうぞ。彼女はメイリンと名乗った。21才の大学生で、休日を利用して友人たちと成都へ帰省するところだという。そして近々、日本への旅行を計画しているそうだ。
「私、日本のアニメが大好きです。アキハバラとか行ってみたい」
「ああ、アキバね。良かったら俺が案内しようか。あとで連絡先を教えるよ」
「本当に?ありがとうございます!」
メイリンは俺の側に座ったまま何時間も動こうとせず、ずっと口を動かし続けた。好意を持たれてるように感じるのは自惚れだろうか。話せば話すほど、俺を見る目が熱っぽくなっている気がしてならないんだけど。ふいにメイリンが口を開いた。
「ムシゾーは成都に行ったらどこに泊まるんですか?」
「まだ決めてないけど、安い招待所(中国の安宿)に行こうと思ってるよ」
「よかったら私の実家に泊まりに来ませんか?」
え、マジ? いいの?
「はい、きっと私の家族も喜ぶと思います」
この突然のお誘い、やっぱり俺に気があるってことでいいよな?じゃなきゃ、見知らぬ日本人をわざわざ自宅に招く理由なんてないし。
「ぜひ泊めてよ」
「ふふ、わかりました」
やがて深夜になり、真っ暗な車内のあちこちから人々の寝息が聞こえはじめた。そして隣にはメイリンがこちらの肩に寄りかかるようにして眠っている。この先に待ち受けているであろうあんなことやこんなことが頭を駆け巡り、俺はなかなか寝付くことができなかった。翌日昼すぎ。成都駅に到着すると、メイリンがおもむろにケータイを取り出した。自宅に連絡して、家族に迎えに来てもらうという。慌てて制する。
「お腹空いたから、電話する前に昼メシでも食おうよ」
わざわざこんな提案をしたのにはむろん理由がある。この後、メイリンとのセックスを狙うにせよ、いきなり彼女の実家に行ってしまっては何かと動きが取りづらい。やはりある程度の段階まで事前に進めておくべきだろう。せめてチュウぐらいしておくとか。
というわけで、駅近くの中華レストランへ。メシのついでにビールも飲み、1時間後、ほろ酔い加減で店を出たところで、メイリンを物陰に誘った。周囲に人影がないことを確認して、すばやく唇を近づける。「ノーノー!」
彼女は軽く抵抗して見せたが、うっすら笑みをこぼしているあたり、本気で嫌がってはいない。そのまま強引に唇を押しつければ、すぐに体の力が抜けた。よっしゃよっしゃ!「ムシゾー、あなたはマジメじゃないです。良くないね」
熱烈なキスの後で、彼女が口をとがらせる。へ、よく言うぜ、にゅるにゅると舌を入れてきたくせに。ま、とにかくこれで夜這いをしかけても騒がれる心配はないな。
メイリン宅には、迎えにやってきた彼女の兄とその従兄弟のバイクにそれぞれ分乗して向かった。やがて到着したのは、雑居ビルのような大きな建物だ。聞けば彼女の家族とその親戚が計15人も一緒に暮らしているという。先にバイクを降りたメイリンが両親を連れて家から出てきた。しかし、その様子を見た瞬間、嫌な予感が。父親の表情がえらく険しいのだ。俺の存在が視界に入るや、父親は中国語で怒声を上げ、メイリンが泣きそうな顔で駆け寄ってきた。
「ムシゾーを泊めるって言ったら、お父さんがすごく怒りました。ごめんなさい、やっぱり招待所で泊まってもらえますか?」
さほどのショックはなかった。こういう展開になり得ることも一応は覚悟していたのだ。いや、メイリンといちゃつくならむしろこっちの方が好都合かも。後日、宿に連れこめば、親の目を気にする必要などないんだから。ふっふっふ。それ以降、彼女との連絡はぷっつりと途絶えてしまった。何度ケータイにかけても応答してくれないのだ。さてはあの父親にきつく叱られたのか。このやるせなさはいかんともしがたい。珍しくいろんな女のコにモテたのに、ワンセックスも出来ずじまいだなんて。

モニター・覆面調査・サラリーマンの最適バイト体験談

0093_20180621214128f2d_20190817115135af8.jpg0094_201806212141314c8_2019081711513618a.jpg0095_20180621214131b7e_20190817115138802.jpg0096_201806212141322ab_2019081711513979e.jpgぼくのやってるのは、「モニター」というバイトです。簡単なアンケートに答えるだけで、お金がもらえるので、本当にオイシイです。「モニター」「バイト」などのキーワードでネット検索すると、業者はすぐに見つかります。登録後は、マンガのようにラクーに稼ぐことができます。会社帰りに軽く小遣いをもらうには一番ですよ。
僕がやっているのはテレビ観覧のバイトです。この会社はHPを通じて登録するだけで、週に2、3回は仕事が舞い込むんです。ぶっちゃけギャラは高くありません。5、6時間も拘束されて2〜3千円といったところ。稼ぎたい向きには、物足りない金額に映ることでしょう。だこの仕事は恐ろしいほどラクなのです。なにせスタジオに行って、椅子に座って、番組の収録を見るだけですから。もはや労働とすら言えません。しかも自分の好きなタレントや番組からの募集も珍しくないから、また嬉しい。ここ最近だとテレ朝の『Qさま』の収録に行ってきましたよ!
このサイトでは、風俗の体験談を懸賞金付で募集しています。投稿して採用になると3千円〜1万円の謝礼がもらえるんですが……。私の場合、まずはサイト内のオススメ風俗の中からテキトーな店を選びます。例えばAというデリヘルがあったとしましょう。続けて、AのHPをチェックして、女のコの出勤表を確認し、その日にそのコと遊んだことにして、投稿するのです。客はいっぱいいるし、まずバレないと。ホメられた行為ではありませんが、サイト側にしてみれば、ウソでも良い店だと書かれた方が宣伝になってありがたいわけで。
このマンガ、パチンコをやらない人にはチンプンカンプンかもしれないが、覚えておくべきは一つ。開店時に店に行って、台のランプをチェックするだけだ。これが光っていれば、間もなく大当たりが来る潜伏確変状態なので、初心者が打ってもまず間違いなく勝てる。難しいことは何一つない。また、潜伏確変の機能を持った機種とランプの判別方は右下のサイトに詳しい。
各サイトに登録すると、様々な店(飲食店、美容室、パチンコ屋等)の調査リストが出てくる。やりたいと思った調査に応募して、日取りを決めてから現場に向かうシステムだ。各店舗によってチェックするポイントは違う。飲食店ならトイレ周り、パチンコ屋なら店員の印象。美容院ならテクニックなど。あらかじめどこを見ろとサイト側から指示があるので、それだけを覚えて向かえばよい。オレは彼女とのデート代を浮かすため、調査日にデートの予定を入れて目的の店に行くようにしている。軍資金は一応いるものの、それ以上のお金が戻ってくるのだから、大満足だ。

【エロ漫画】勃起薬治験のために美女スタッフとSEX!謝礼もらってやりまくりバイト

a038_20190801185336467.jpga039_201908011853374b4.jpga040_20190801185339bba.jpga041_20190801185340080.jpga042_20190801185341d0e.jpga043_20190801185343a30.jpga044.jpga045.jpga046.jpga047.jpga048.jpga049.jpga050.jpga051.jpga052.jpga053.jpga054_20190801185359646.jpga055_20190801185401939.jpg
新薬臨床試験、通称「治験」 
自分の体を新しい医薬品の実験台に差し出す多額の謝礼がゲットできる、有名な高額アルバイトだ
何でも、ヤツの上司となじみの社がを開発したため被験者のスカウトを頼まれたらしい
女によればこの製薬かつてバイアグラの認可競争で遅れをとり大幅な損害を出したらしい
そこで世代のレ—スに先んじるベく風俗嬢たちを治験スタッフに招き入れ厚生省や政界にコネがある人間を優先的に参加させているという 

【漫画】葬儀屋でバイトした時のちょっぴりホラーな体験・世にも不思議なアルバイト

0098_201906091121249d5_2019100511005272e.jpg0099_201906091121253a9_20191005110054598.jpg0100_20190609112127d2f_20191005110055e7e.jpg0101_20190609112129d2a_201910051100578ba.jpg0102_2019060911213047a_2019100511005887d.jpg0103_20190609112132db1_20191005110100e58.jpg0104_2019060911213478d_2019100511010111a.jpg0105_20190609112136122_20191005110103c2b.jpg0106_20190609112137408_201910051101047f3.jpg0107_20190609112139210_20191005110106091.jpg
俺の体験した世にも不思議なアルバイト
0030_20190531120415baa_20191005110152681.jpg0031_201905311204165c4_20191005110154952.jpg0032_20190531120418f90_20191005110155197.jpg0033_20190531120419c02_20191005110157557.jpg0034_20190531120421769_20191005110158367.jpg0035_201905311204231e8_201910051102007ad.jpg0036_201905311204246be_201910051102010bb.jpg0037_20190531120427251_201910051102037cb.jpg0038_20190531120431422_20191005110204d02.jpg0039_201905311204348ea_2019100511020613b.jpg0040_20190531120435ce5_20191005110207576.jpg0041_20190531120437244_20191005110209721.jpg

女性従業員を狙って日雇いの工場バイトをやってみた

1_20191117160946145.jpg2_20191117160947ddc.jpg3_20191117160949c39.jpg4_20191117160950975.jpg5_20191117160952a44.jpg6_201911171609531df.jpg7_20191117160955244.jpg8_201911171609560de.jpg9_201911171609586db.jpg10_2019111716095999b.jpgネットで見つけた派遣会社に日雇いの工場バイトを紹介してもらうことにした。電話で問い合わせた後、派遣申し込みのために事務所へ向かうと、若い女たちもパラパラ来ていた。この子らと一緒に働くことになるのかしら。みなさん、工場でお会いしましょうね。申し込み用紙を書いた後は、スタッフとの面談だ。
「単発でのご希望ですか?」
「はい。地味な工場作業がいいんですが。でも、重い物を持つのはつらいんで、女性でもできるような簡単なのが…」
「希望時給は?」
「お金は高くなくていいんで、女性でもできそうな体力的にキツくない作業でお願いします」
あえて2回言って強調しておいた。自ずと女だらけの工場バイトが回ってくるでしょう。帰宅後、さっそく仕事案内のメールが届いた。
『【本日】22時〜8時:お弁当の店舗別仕分け/時給940円』 
深夜の弁当工場か。こいつは女が多そうだ。
というわけで、夜9時半、待ち合わせ場所へ向かった。案内メールによると、派遣バイトはオレ以外にもおり、みんなで一緒に現地へ向かうとのこと。さて、どんな子が来てるかな…。
あれ、どこにもいないじゃん。場所を間違えたのかしら? 派遣会社に電話をかけてみる。
「仙頭ですけど、今、待ち合わせ場所にきてるんですが、誰もいないんです」
「あっ、そうですか? ちょっと確認しますんで」
書類か何かをペラペラめくる音が聞こえてくる。
「すみません。今日ウチからの派遣は仙頭さんだけでして、今から言う場所に1人で向かってほしいんですが」
何だそりゃ…。オレだけってどういうことなのよ。ちゃんと女がいる現場なんだろうな?トンデモない職場に回されちまったもんだ
伝えられた住所は、大きな建物だった。入り口の窓から中をのぞくと、ネット帽&作業服のおっさんたちの姿が見える。ここなのか?おっさんの1人がこちらに気づいた。
「派遣の方?」「…そうです」
「こっちに入ってきて」
ここのようだ。今のところまだ女の姿は見あたらないが…。光明が見えた。たぶん弁当を作ってる場所には、若いオンナがいるはずだ。3時から1時間の食事休憩があると聞いているので、そのタイミングで接触してやろうじゃないか。希望があれば人は頑張れるものだ。それから5時間、ひたすら弁当を詰めまくった。そして3時。
「じゃあ、そろそろ休憩にしましょうか」
待ってました!バアさんに付いていくと、事務机が並んだガランとした部屋で、冷ご飯と惣菜が渡された。この殺風景な場所が休憩所なんですか。それはまぁいいんだけど…。
「あのぉ、他の方たちは?お弁当を作ってる方とかも一緒に休憩なんじゃないんですか?」
「そんなこと言った?お弁当を作ってるとこはちょっと離れた場所だよ」
ここにはいねーのかよ!
希望がなければ人は死ぬ。後半の弁当詰め作業のキツさといったらもう。8時に仕事が終わったときには完全にグロッキーで、その日の本業(鉄人社のことです)は休ませてもらった。
最低2人は一緒に働く女性がいるんですな
女がいないという根本的な部分でつまずくとは思わなかった。派遣事務所で見かけた若い女たちはどこへ働きに行ったのだろう。自宅で眠い目をこすりながらボケーと考えていると、新たに案内メールが届いた。
『【明日】9時〜18時:倉庫でのアパレルの発送仕分け作業/時給940円』
なるほど! アパレルですよ、つまり洋服ですよ。服に興味がない女はいませんって。
翌日、朝8時。本業を休んで集合場所へ向かうと、現場にはそれらしき男女がざっと20人ほどおり、半分以上が若い女だった。読みが当たった。そばにいた女の子に声をかける。
「O(オレの派遣会社)の方ですよね?」
「いや、R(違う派遣会社)なんで」
また別の女の子に聞いてみる。
「Oの方ですよね?」
「W(違う派遣会社)です」
うちのやつらはどこにいるのかしら?ま、会社が違っても現場が一緒なら構わないけどさ。
そうこうするうち、連中は派遣会社別に数名ずつバスに乗り込んでいき、気づけばオレは一人でポツンと残されていた。慌てて『O』に電話をかける。
「仙頭ですけど、もしかして今日のこの現場、『O』からの派遣はぼく1人ですか?」
「違いますよ。仙頭さん以外に4人いるんですが、合流できませんでしたか」
そうなの?
「カミムラさんとヤマダさんという女性2人に集合係をお願いしてたんですが」
人数確認をせぬまま移動してしまったんだろうとのこと。申し訳ないが、1人で向かってほしいという。
「現場はかなり大きな倉庫なんですが、『7E』というエリアなんで、よろしくお願いします」
まったくあせらせやがって。でも、今回は最低2人は一緒に働く女性がいるんですな。オーケー、急いで追いかけよう。
バスはもう行っちゃったんで、タクシーに飛び乗る。まもなく倉庫が見えてくると、入り口にバスが停まっていた。派遣連中が建物に入っていくところだ。ちょっと待ってくれー。
えーと、『7E』はどこだ?広すぎてぜんぜんわからないんだけど。エレベータで上がってみるか。あっ、あそこに4人いるじゃん!しかし、急いで駆け寄っていったところで足が止まった。2人はおっさんで、もう2人はバアさんではないか。
「…もしかしてOの方ですか?」
「どうも、カミムラです」
「ヤマダです」
…ここが『7E』エリアか。そして別の会社の連中は見あたらないし、オレたち4人の他に人間と言えば、社員らしき男性スタッフだけ。また困ったことになっちまったぞ。あの子ら、どこで昼メシ食ってんだよ!すぐに仕事が始まった。おっさん1人とペアになり、ベルトコンベアーで流れてくる洋服をダンボールに入れる作業だ。
「自分はここの倉庫現場には何回も入ってるんで、頼ってもらっていいよ」
人の良さそうな相方だ。ならばお言葉に甘え、ちょっくら持ち場を離れさせてもらおう。同じ建物内に派遣オンナがいることは間違いないし、どこかで油を売ってる子がいたりするかもしれないし。
「すみません。便所へ行ってきていいですか?」
「大丈夫だよ」
では行ってきまーす。ひとまず同じ階をぐるっと回ってみると、気になるエリアがあった。若い女が何人も働いているのだ。よし、昼休みに彼女らに接近してやろう。
持ち場に戻り、まもなくして昼休みになった。レッツ出会い!
まずは同じフロアの休憩室へ行ってみる。中にはおっさんが数名座ってるだけだ。
では1階下はどうだろう。ってあれ?下の階の休憩室もダメじゃん。おいおい、あの子ら、どこで昼メシ食ってんだよ!あっという間に昼休みは終わってしまった。3時の休憩でも探したが、やはりどこにも女はおらず。そして6時、作業が終了。あとはもう帰りのバスで一緒になるチャンスを狙うしかない。と、パートナーのおっさんが声をかけてきた。
「ふ〜、おつかれ。とりあえず駅まで一緒に帰ろうよ」
飲みに行こうみたいな感じか。申し訳ないがお断りだ。おっさんと飲んでもしょうがないんで。軽く挨拶をしてエレベータへ向かう。朝みたいに乗り遅れたらいけないしな。いや待て、帰りのバス乗り場ってどこだっけ?いったんおっさんの元へ引き返す。
「セントウ君どうしたの?」
「バスはどっちでした?」
「あー、ちょっと複雑なんだよね。一緒に行こうか」
「お願いします」
「でもちょっと待ってその前に、トイレ行ってきていいかな」
いいけど早くしてくれよ。戻ってきたおっさんを急かしてバス乗り場へ向かったが、そのバスに女は乗っていなかった。ようやく望んでいた職場にやってきた
これってナンパリポートなの?あるいはバイト体験記なの? 読者のみなさんは戸惑い始めているかもしれないし、オレ自信、動揺している。2日間ガッツリ動いて、まだ女と接触すらできていないのだから。
とりあえず、派遣会社の担当には電話で念を押すことに。
「そちらでお世話になっている仙頭です。2回、お仕事を紹介してもらったんですけど、体力的にきつくて」
「そうですか」
「はい。重たいものをまったく持ったりしない、それこそ女性が中心の職場のほうが…」
「わかりました」
本当にわかってくれたんだろうな。頼んだぞ。届いたのは、こんな案内メールだった。
『【今夜】20時〜8時:お弁当の製造作業/時給940円』また夜勤の弁当工場だが、今回は『製造』だ。そうそう、初日はこれを狙ってたんだよ。
夜8時。駅前に集まった派遣バイトは5人だった。3度目の正直ってやつか、うち2人は若い女である。一方は気が強そうだが、片方はどこかユルイ雰囲気だ。金髪だし。集団が工場に向かってぞろぞろ歩き出したところで、金髪に声をかけてみた。
「この現場は初めてですか?」
「あ、はい。というか、まだ登録して2回目なんで」
ほうほう、慣れてないだけに仕事にマイっちゃって、優しい言葉にコロッといくかもな。弁当工場の入り口には、社員らしき女性スタッフが待っていた。
「では、ここでネット帽をかぶって付いてきてください」
食堂のような場所に通されたところで、思わず息を飲む。女だらけではないか!
「初めての方はそちらの方に行ってもらって、2回目の方はいったんこっちへ」
とりあえず全員派遣バイトか。オバちゃんも多いが、若い女の子もぱらぱらいるぞ。ようやく望んでいた職場にやってきたじゃないか。
「では、これから着替えてもらって作業に入ります。調理場では、パートの方がいますので、指示に従ってください」
マスクと帽子と調理服を配られた。コレを着るのか。目しか見えないから、美醜の判断がつかないな。とりあえず金髪ちゃんを見失わないようにしよう。
「あんた、動きがいいからここにいたらいい」
調理場は、なかなか圧巻の雰囲気だった。料理服の人間がずらっと一列に並び、ベルトコンベアーで流れてくるお弁当に次から次へと具材を入れていく。ご飯係、ハンバーグ係、にんじん係、さやえんどう係、うめぼし係といった案配で。
そしてひっきりなしに、パートオバチャンの怒声だ。
「こんにゃく曲がってる。ちゃんとやれよ!」
「にんじんの置き場所違う。こんなんじゃ困るよ!」
「流れに合わせて作業して。さっさとやって。ぼさっとしない!」
きついわぁ。ではそろそろ行動に移ろう。一種類のお弁当を作り終わるごとに、流しで手袋をかえるので、そのタイミングで金髪ちゃんに近付いていく。
「どう?慣れた?」
「なかなか厳しいっすね」
「いやー、ぼくはあのおばちゃんにアダナつけてるよ」
「そうなんですかぁ」
「とりあえず、あの人は更年期メガネ」
「ははは」笑ってくれてるぞ。気分が上がってくれたかな。
背中からおばちゃんの声が飛んできた。
「ほら、早く戻って、次のレーンが始まるよ!」
厳しいねぇ。ちょっとしたおしゃべりもダメかよ。はいはい、戻りますよ。ロボットのように弁当を入れ続けること4時間、ようやく休憩時間になった。ここはじっくり押しておきたい。食堂でまかないのうどんを食った後、スマホをいじっている金髪ちゃんに小声で声をかける。
「おつかれー、更年期メガネって厳しかった?」
「やばい。もうわたし、持ってたにんじんグチャッてしそうになったし」
うんうん、怒られるとそうなっちゃうよね。オレがなぐさめてあげるよ。
「ちなみに、派遣をやる前は何やってたの?」
「美容師…」
だけど腰を痛めて辞めてしまったんだそうな。夢見た道を泣く泣くあきらめたばっかりなわけね。こりゃ狙い時ってやつですぞ。休憩が終わり、後半の作業中は、彼女に積極的に近づき、
「腰だいじょうぶ?」と声をかけてやった。そのうちに、彼女からも近付いてくるように。ところが、そうこうしているとメガネおばさんから声が。
「おにーちゃん、ちょっと私の横に来な」
「はい?」
「あんた、なかなか動きがいいからここにいたらいい」
「…はい」
「手つきがいいよ。気も効くし」
好感を持ってくれたのかよ、ぜんぜんうれしくないんだけど。金髪ちゃんとせっかくいい感じになってきたのに。
しかしその後も何とか脱出をはかろうとしたものの、おばさんが隣から離してくれない。そのうちに窓の外が白らんできた。
「もう病院に直行するんで」
朝8時30分。ようやく作業が終わった。マジでヘトヘトだが、ここからが勝負だ。更衣室でささっと着替えた後、入り口でキョロキョロしていると、金髪ちゃんが出て来た。
「どうだった。にんじんグチャッてした?」
「はははっ。さすがに我慢したけどヤバかった」
ひとまず一緒に駅へ向かう。
「次はいつ仕事やるの?」
「うーん、明後日くらいですかね」
「今日はこれからどうするの?」「もちろん帰って寝ますよ」
「ま、そりゃそうだろけど、よかったらメシでも食っていきません?」
「えっ?」
 彼女がマジマジとこちらをみてきた。
「いや、すみません。腰痛いんで帰ります」
「マジで?」
「もう病院に直行するんで」
急に腰をさすりだした彼女は、顔をひんまげ、いかにもウソっぽい感じ。そのまま駅まで「痛い痛い」と歩き続け、去っていってしまった。もちろんその日も本業はお休みした。いったいオレはこの3日間、何をしたのだろう。工場で働くことに慣れただけで、女との交流はほんのわずか。こんなもんナンパルポでも何でもないじゃん!
強いてこの原稿に存在意義を見出すならば、軽い気持ちで女工ナンパしようと目論んでいる男たちへの戒めになったことぐらいか。あーあ、本業もこれじゃ話になんないよ。
Copyright © エロ漫画無料アダルト裏モノJAPAN All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます