セフレのタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:セフレ

グルチャのやり方作り方・ポッチャリ系グルチャはセフレ作り放題|出会い系アプリ攻略

53_202010181540119d3.jpg1_20200106180531150_2020073013532768e.jpg2_20200106180532ab3_202007301353282dc.jpg3_20200106180535be8_20200730135330fd9.jpg4_20200106180536b83_20200730135331f2b.jpg201504058_202007301353334cc.jpg201504059_202007301353345fc.jpgぽちゃ女とぽちゃ好き男のための出会い掲示板となっていますが、あらかじめ断っておきます。このサイトにいる女のほとんどは、デブなだけでなくブサイクです。ムチムチのかわいい女など一人もいません。でも、デブスでも何でもいいから、とにかくセックスがしたいって人には打ってつけです。
なにせ相手はモテや出会いとは無縁のヒドイ女ばかり。本人たちもそのあたりは理解してるため、彼氏までは求めないからせめてセフレくらいは欲しいなんてことを公言するくらいです。コツさえ掴めば、入れ喰い状態も夢じゃありません。ではそのコツを教えましょう。簡単な話です。こちらがデブスマニアで、かつ真剣な交際を望んでいるってな内容のメッセージを、女の書き込みに片っ端から爆撃していくだけでいいんですから。要は彼女たちの引け目をつぶしてやればいいんです。
「ぽっちゃりさんが大好きで、周囲からは変わってると言われるけど、メイプル超合金の安藤なつさんのような顔が好みです。真剣に交際相手を探してます。よければメールから仲良くしませんか?」
これでアホのようにアポれます。
背の低い女が好きだ。だが、普通の婚活パーティに行っても目当ての低身長な女は2人いればいい方で、なかなかタイプのおチビちゃんには巡り合えない。なので、身長155センチ以下の女ばかり集まるこの企画は非常にありがたい。もちろん背は低いけど体重はそこそこあります、みたいなのも来てるけど。面白いのはこのパーティ、男側も背の低い参加者が目立つところだ。自分がチビで自信がないので、この場に活路を求めているのだろう。が、哀しいかな、おチビちゃんはチビ男を好まない傾向にあるようで、170センチの俺が多少なりともモテてしまうことになる。他になんの取り柄もないのに。
世界中でもっとも使われている出会い系アプリで、日本国内に在住の外国人にもユーザーはゴマンといる。このティンダーを長年使ってきた俺は、一つの黄金則を見つけた。ターゲットを台湾人に絞ると、アポ率が各段にアップするのだ。では台湾人に絞った上で、さらに返事をもらいやすくするテクニックを教えよう。そもそもティンダーでは、こちらの現在位置から近い場所にいる異性ユーザーの画像が次々と表示され、興味があるかないかを各ボタンで選別していき、相手もこちらに興味を持ったときだけメッセージのやり取りが可能になる。しかし写真を選別するときにわざわざ相手のプロフまで読む人は少ないので、あらかじめ自分のプロフ画像(相手に表示される画像)にメッセージを英語で書き込んでおくと興味アリボタンを押してくれる率が爆発的に上がるのだ。
「I love Taiwan people! I know a lot ofnice places in Tokyo to play and eat. Let'shang round together!」(台湾人が大好きです! 東京の美味しい飲食店や遊ぶところをたくさん知ってるので一緒に出かけよう!)どうぞ参考に。
かつて既婚者男女の出会いの場として活況を呈したミクシィ。現在はだいぶ廃れたと思いきや、どっこい、今も昔以上に盛りあがっているんですよね。LINE既婚者グルチャ系のコミュニティで。
該当するコミュは無数にあるのですが、やり方はどこも基本的に同じ。まずはコミュに参加したうえで、そこの管理人が運営するLINEのグループチャットに招待してもらうだけです。あとはそこでどんな発言をしてもいいので、例えば、
「既婚者同士で飲み会しませんか? 年齢不問で、男性5人・女性5人くらいを考えてます」
あるいは、
「いま新宿でひとりで飲んでるんですけど、お近くにいる女性、ご一緒にどうですか? もちろんおごりますよ!」
特に2人飲みを誘うときなどは、さすがにそうそう相手が見つかることはありませんが、それでも10回に1度くらいはデートが成立しちゃったりするものです。既婚女とのセックスで、最大の難関は実
際に本人と会うところまで。そのあとはどうにでもなっちゃうわけだから、本当に魅力ですよね。
よくあるルームシェアの掲示板かと思いきや、あちらこちらでおかしな書き込みが目につく。
「●●駅から徒歩5分のワンルームに住んでます。緊急に部屋が必要な女性の方、部屋をシェアしますよ。家賃、光熱費も不要です」
「30才の女です。住むところもお金もなくて本気で困ってます。誰か数日、居候させてくれる人いませんか?もちろん食事や掃除などの家事はさせていただきます!」
すでにピンと来た人もいるだろう。そう、この掲示板は寝床の欲しい家出女と、家出女を泊めたい男がわらわらと集まってくる場所なのだ。男の目的はセックスで、女の方もそれを承知なのは言うまでもない。実際、都内の1Kアパートに一人暮らしている俺も、何度かそういう女に寝床を提供して性欲のはけ口にさせてもらったことはあるが、自宅に性奴隷を飼っているようなあの感覚は、なかなか興奮するものだった。
匿名で色々なお題を投稿できるアプリです。恋愛ネタや日々の生活のお悩みまで、様々なジャンルのお題が出され、そのお題に興味を持った人が自由にコメントを書き込む仕組み。一対一ではなく、掲示板上でコメントのやり取りを行わないといけないので、このアプリを使って人妻さんたちと巡り会うのは非常に骨が折れます。しかも半年ほど続けて僕がお会いすることができたお相手は、すべて40才前後の、あまり綺麗ではないオバサンばかり3人。でも会えたら必ずヤレる。それが僕がこのアプリを利用している最大の理由です。やり方は、まずハッシュタグ検索(#○○で検索する)から。「#既婚」や「#悩み」のキーワードでお題を探します。
『最近、ダンナから雑に扱われてる気がする』
『今日も朝から旦那がイライラ。何もいえない』
 この手のお題を見つけたら、ひたすらいい人キャラを演じつつ、マメにコメントをつけていきます。一番やってはいけないのが、『それなら俺と遊ぼうよ』などとすぐに出会いを匂わせること。どうしたらその悩みが解決されるのか、相手の立場になって真摯な姿勢でアドバイスを続けるのがポイントです。ほかの男たちが我慢しきれず、「会おうよ」と持ちかけて自滅していくので、こちらはひたすらいい人を演じてアドバイスを続けていく。若い男の子などは『おっさんウザイよ!』などと暴言を吐いて勝手に消えてくれるので、こちらは紳士的にメッセージを書き続ける。忍耐が必要です。ある程度スレ主と絡むことができたら、「ところでどこに住んでるの?」と、思い出したように居住地を聞き出します。遠方だった場合は、あきらめて別のターゲットへ。比較的近い場所なら、しぶとくコメントを返していきます。最初はどんなに競争相手が多くても、その日はその女性1人に絞るつもりでじっくりやりとりを続けていけば、深夜を回るころには最後の2人か1人にまで減ってきます。ここまで辿り着くことができたら、ようやく連絡先の交換をしようと持ちかける。じっくり時間を掛けて悩みを聞いてあげているだけに、会ってもいいよ、という展開になるものです。
GPS機能で近場の女を探せる出会いアプリとして使える存在だったが、密かに始まっていたグループチャット機能がオイシイことに気づいたといっても、グルチャ自体は正直それほど盛り上がっておらず、オーナーを含めてわずか数人だけというパターンも多いので、既存のグルチャに参加してもなかなか女性と絡むことができない。が、自分がオーナーになれば話は別だ。ターゲットを絞って効率的に攻めることができる。
 俺の作戦は、既婚者限定の『異性の友達作り』『ランチ会』などのタイトルでグルチャを作り、ひたすら女性の参加を待ち続けるというもの。説明欄に「大人な発言を心がけましょう」とか「卑猥な発言は控えましょう」などと紳士ぶったコメントを付けておく
のが重要なポイントだ。あらかじめ紳士なキャラを演じておけば、警戒心の強い人妻でも、最終的に会ってくれる確率が跳ね上がるからだ。グルチャを立ち上げた直後はなかなか参加者が増えないが、女性が1人でも入ってくれれば、その相手のプロフから一対一のチャットに移ることができる。
「やっぱり結婚しててもドキドキしたいですよね」などと振ってみると、旦那との冷め切った関係や子育ての苦労などを漏らしてくるので、「1度会ってお話してみましょうか」の展開に持ち込める。
ラインのグルチャでヤレる女を見つける場合、俺たちオッサンの狙い目は既婚系グルチャというのが常識だ。が、それゆえライバルも当然多く、結局のところ、目ぼしい女はちょいワル風のイケメンおやじにかっさらわれるハメに。だから分の悪い既婚系に手を出すのはあきらめた。代わりに狙うのはポッチャリ系グルチャだ。
文字どおり、ポッチャリ女とポッチャリ好き男が集まるグルチャだが、この手のグルチャの多くには
必ず共通の現象が起きている。女メンバーに対する男の数が常に不足してる点だ。
ポッチャリ好きというのは今やメジャーなフェチだが、やはりフェチはフェチ。間口の広い既婚グルチャなどに比べ、絶対数がグンと減ってしまうのは、ある意味で当然なのだ。もうおわかりだろう。サエない男教師がモテるように、男の少ないポチャ系グルチャなら、女ゲットの確率が格段にアップするわけだ。さらに女メンバーの中には30代40代の既婚女もチラホラいるので、俺のような中年オヤジでも十分に戦える。

ボーイズラブ好き腐女子アニメコス風俗店のオタク女は都合の良いドMセフレに出来るか

176_202010150927238ee.jpg177_20201015092724743.jpg178_2020101509272594e.jpg179_20201015092727265.jpg
「男同士の恋愛」が好きな、女オタクのことをいうそうな。実は、このホモ好き女たちが、ここ数年ブームなんだとか。腐女子な女のコの生態や生活を描いた腐女子な彼女とのラブラブな生活をつづったブログ腐女子彼女は、書籍化どころか、マンガ化、映画化までされ大ヒットなんですって。すごいのね、腐女子って。「そんな女オタクなんて、どーせ百貫デブメガネのロングスカー卜なんでよ?」と思うかもしれない。しかし、最近の女オタクは、コスプレするためにダイエットしていたり、普段はオシャレな子もいるらしい。中には、かなりカワイイ子もチラホラいたりもするのだとか。実は、ネットでは「腐女子と付き合いたい!」という男たちは、思いのほか多い。彼らの言い分はこうだ。「カワイイのに引っ込み思案だから恋愛の経験が少なく、ピュア」
「スケベな知識を試しまくる」
「基本Mなので、かなりハードなプレイを受け入れたりする」…なにそれ?メチャメチャ都合がいいじゃないですか!個人的にはオタクつぽい女のコのノリは、特に好きじゃないですが、何でも言ぅことをきいてくれるセフレが手に入るのなら、腐女子だつて別に構いやしないのです!そこで思いついたのが、アニメ系フーゾク。実は最近、新宿を中心にかなりのオタク女が集まるフーゾクグループが台頭してるんです。こりゃあ、もぅこの店に行つて、腐女子と仲良くなつて、しかも本番をキメちやつて、その後も店外で会えるセフレにするしかありません!
「グループ」は、新宿、横浜、錦糸町、秋葉原に店舗があり、中でも新宿には「アニメ系コスプレ専門へルス」「ブルマ、スクール水着専門へルス」「アニメ、ゲー厶系の手コキ専門店」と、ソフトからハードまで取り揃えています。ためしにアニメ系コスプレヘルスのサイ卜を見てみると、おぉー、アニメのコスプレに身を包んだ女のコたちが並んでいます!女のコのプロフィルを開くと、な、なんと「趣味」や「得意プレイ」の欄に並んで「好きなアニメ」「好きなゲーム」なんていう項目があるじゃないですかーしかも、ほぼ全員がマニアックっぽいアニメの名前をズラーーっと書き込んでいます。こりゃあ、混じりっけなしのホンモノが揃っているょうですよ!偵察がてら行ってみることにしましょう!歌舞伎町のコマ劇から徒歩分。雑馬ヒルの地下階の受付へ。「いらっしゃいませ、初めてのお客様ですか〜」
白ワイシャツに金髮のアンちゃんが今いけるコの写真をテーブルに並べる。ほほぅ…なんだか、写真からして、かなりオタクっぽいオーラが出てますな。髮も黒髮か金髮のコばっかりです。そんな中、目を引く子がひとり。赤い制服を着た黒髮のちゃん。顔は妹系でかなりピュアっぽいです。
「この子はどんな感じの子なの?」「かなり良い子ですよ!リピーターも多いですし。かなりエッチなことが大好きですね」
こぅいぅ、唇ぽってり顔の女は、かなり強引に押せば何でもいぅことを聞くタイプなんだよなぁ
町田調べ
これに決定!さっそく万千円を支払ぅと、スクール水着の入ったバッグを渡されます。「それでは、この所を出ますと、入り口のところにちゃんが待っていますので」クール水著なんですよねぇ〜エウレカとか着たかったなぁ〜」店を出ると、そこには白いブラウスにグレイのスカー卜、写真よりもちよっとぽっちゃりしたちゃんが立っていました。でも、まぁまぁカワイイ。ピュアっぽそぅです。ぉもぉ〜、でしゅ〜。よろしくおねがいしますぅ〜」はい。出ました。アニメ声オタク口調!なんなのコレ?こういうのって興奮できないんだよなあ〜。
「ちゃんは、オタクなの?」「うふふふう、そおですねぇ〜。オタクですねぇ〜。最近のお気に入りは、やっぱり黒執事』ですう〜」「黒執事?」
なんて知らないよーちょっと話題を変えなくちゃ。「で、アレなの?ちゃんは、ボーイズラブとか好きなの?」「う〜ん、かなり重度の腐女子ですよお〜。ショタなシェルのツンデレ受けと、セバスの強気攻めとかマジ萌えだしーやっばり黒執事』サイコーだよおお!」話、変わってないようです。なんだか、変なテンションになっているちゃん。大丈夫かしら?コレ。なんとかホテルの部屋に入り、ちゃんを抱き寄せる。すると「にゃぁ」変な声で鳴きながら、身を任せてきます。唇を合わせると、ヌメっとした舌が絡み良い反応です。ブラウスの上から胸に触れると、思ったよりもボリューミーなオッパイ。ギュムっと揉みしだくと、「んん〜〜」っと、鼻にかかるような声。
強めなセリフでほめられるのに弱いし、シャワーも浴びずに本番も許しちゃうハズですー町田調べベッドに押し倒し、スカー卜の中に手をいれパンツの横から指を滑り込ませる。既にビチョビチョです。
「あれ…?なんだよ?もう濡れてんの?すっごいじゃん?」「ゃだぁ…」「やなんだ?」「やぁ…」「じゃあやめちゃおうかな?いいのかな?やめても?」「はい。先に、オフロに入ってからなんで。それからでいいですか?」
あれ突然、素っぽいテンションに戻るちやん。ベッドから起き上がると、サクサクと服を脱ぎ始めました。「オタなお客さんがいっばいだから、超〜楽しいんだによ〜」…マジかよなんだかさつきからアニメの話についていけてないボクはダメって言われているよもんじやないーなんなの?アニメの話ができないやつは排除なの?その自己中心的なところが超〜オタクっぽいわ!結局終止っぽいプレイスタイルではあったものの、本番はやんわり断られメアドやケータイ番号も教えてもらえませんでした。ちつくしよう、この腐った女子めがーオタク女子をオトそつという気概がまったく感じられませんよそんなわけで惨敗に終わった第戦。まったくアニメの知識がないままの空手で行ったのは間違いでした。そこで、以前『アニメ系コスプレは興奮できるのか?』といぅテーマで登場してもらった、アニメに詳しいライ夕ーに再び力を借りることにしました。本人もガッチガチのオタクです。さっそく喫茶店に呼び出しました。「町田くんは、以前、アニメについて全盲でしたが、今はどぅなんです?ちなみに今期は何のアニメを観ていますか?」「今期って…今放送されているアニメのこと?観てないですね…」「あの生徒会長のカッコ良さは異常だよなー」「嬉しい!すごい好きなんですよ。お客さんつて、アニメとか観なそうなのに詳しいんですねー」ホテルに来るまでの心を開かない感じから一転。表情が驚くほどパアつと明るくなるちゃん。「俺も、ウテナ好きなコと会えて嬉しいよ」そう言つて、ギュつと抱きしめる。瞬、体をこわばらせた後、力が抜け、ギュつと抱きしめ返してくる。唇を合わせると、慣れてないのか舌を高速回転で動かしてきます。「大丈夫、舌を止めてごらん?」唾液ぬつたりの舌を、止まつたちゃんの舌に絡める。腰をくねらせながら「んふつ…」と声が漏らすちゃん。さあ、ここからだ!ちゃんを立たせたまま、床に腰を下ろし、チックのスカー卜の中に顔をつっこむ。白いフリルの中にある紺のパンツの股部分をズラして、直接ムアンコに舌をのばす。
厶アンコを舐める。スカー卜の中から顔を出すと、今度は荒く息をするちゃんを床に座らせ、目の前にそそり勃ったティンコを突き出します。
「ダメ…」そう言って、力なく厶アンコを手でフタをする日ちゃん。く!ここまで来て引き下がれるかっ!「…お願い、欲しい」「今度っていつ?じゃあ、お店の外で会える?」「うん。いいよ。だから今日は…」消え入りそうな声で懇願するちゃんに本番はあきらめ、普通にフェラでフィニッシュ。最後は、電話番号とメアドを交換してお店を後にしましたとさ。
俺はオタク女が好きだ。オタク女にしか欲情しない、といっても過言じやない。歴代の彼女も、いま現在付き合ってるコもみんなミケやコスプレ関連のイベントで知り合った女性である。なぜオタク女なのか。そう問われても困ってしまうが、強いていうならギャップだろうか。普段は見た目も性格も地味なのに、いざベッドに入ると、エロエロになるコが多いのだ。もともと、ブス専のきらいもあるのかもしれない。とまあ、そんなわけで、日ごろからオタクの世界にどつぶりと浸かっている俺だが、ここ最近、オタク女とテレフオンセックスしたり、彼女らの自画撮り動画を入手できる、素晴らしいワザを編み出した。
男がレズに興奮するのと同じ。ボーイズラブとは美少年の同性愛を題材にした女性向けの小説や漫画等のことで、コスプレやアニメと並ぶ、オタク女に人気のジャンルだ。番組によれば、近ごろの腐女子オタク女の中でも特に好きのコを指すの間では、音声で楽しむドラマ仕立てのが大人気なんだという。

ホストにハマって身を持ち崩してしまった女性たち・借金しても風俗おちしてもホスト通いはやめられない理由

ホストにハマって身を持ち崩した女の例は、世の中に腐るほどある。フッーのOLが、いつしかソープ嬢に転身したりサラ金地獄に落ちたり。ホストクラブに通い始めて年になる私も彼女らの気持ちはわからないわけじやない。甘いマスクの男に持ち上げられ甘えられすれば、つい高いお酒を注文してしまうし、ばんばんお金を使っている自分のことを誇らしくも思ってしまう。でも、あの日以来、私は肝に銘じている。バカな見栄だけは張るまいと。
都内の某ホストクラブで、不定期にあるイベントが開かれている。客同士が参加するオークションだ。商品は、ホスト愛用の携帯ストラップやぬいぐるみなど、ほとんどゴミのような物なのだが、その場のノリで酔っ払った女たちが額を競り上げていくのだ。
「千円からスター卜で。はい、誰かいませんか」「1万円!」「5万!」携帯ストラップなんぞに5万単位を支払ぅおバカさんたち。これも女の見栄ってやつだ。さてこのオークション、実は裏ではしっかり不正が行われている。額をつり上げる役のサクラがいるのだ。常連客の私がサクラを頼まれた。役割は他の客と競り合って、適当なとこで下りるだけ。もし自分が落札してしまってもお金を払う必要はない。謝礼はもらえないみたいだけど、お気に入りのホスト君に頼まれれば断る理由はなかった。本題に入ろう。このオークションで、今年の春にとんでもないことが起きた。
「はい、じゃあ次はこのスペシャルドリンク行ってみよう」
はしゃぐホストが手に持つのは、1本のヤクルトだった。ウケ狙いのつもりなのだろう。「1万円」すぐに手が挙がった。風俗嬢っぽい一人客だ。今まで顔を見たことはなかったけど、慣れたたたずまいからして、何度か来店してるみたいだ。ブサイクの癖に見栄張っちゃって。隣のホストにそそのかされたのか。「3万!」すかさず私も応酬する。私がサクラということは一部の人間しか知らないものだから、周囲から歓声が上がる。「ヒューッ」しかしブサイクちゃんまだ付いてきた。「5万!」あちゃー、ヤクルトに5万って。あなたもやるねえ。
「はい5万出ました。もうないですか、もうないですか」早々と下りておこうと思ったが、隣のオキニ君が「もっと上げられるよ」とせっついてくる。そう、じやあふっかけようかしら。「10万!」「おーっと10万出ました!さすがスペシャルドリンク!」
店内は完全にヒートアップしている。勢いに釣られたか、
ブサイクちゃんが応戦。これまでにも周りのホストに煽られて、ウン十万の金をオークションにつぎ込んだ子は見てきたけど、さすがにヤクルト1本でそれはないだろう。いや、この際、商品は関係ない。彼女はヤクルトがほしいんじゃなく、私に競り勝ちたいだけなのだ。
すぐに掛け声は100万まで上がった。このへんで場の空気が緊張してきそうなものだけど、ホスト連中も、他の客も、そして本人すらも、こんな馬鹿げたオークションが実際に成立するとは思っていないようで、ただの余興のようなノリになっている。「じやあ」「てんでめちゃくちゃになってきたとき、ブサイクちゃんが叫んだ。「千万!」はあよく言うよ。さすがにもう止めておこう。これ以上続けてもシラけるだけだ。「はーい、千万出ました〜もうないですか〜。よろしいですか〜。はい、では一千万で落札です!」ソフアに座ったまま万歳したブサイクちゃんは、お盆に乗って運ばれたヤクルトをグラスに流し込み、ぐいぐい飲み干している。悔しそうなフリをしながらも、私はほっと胸をなでおろした。サクラとはいえ疲れる。
彼女が一千万の借用書を書かされたと聞いたのは、次に店へ遊びに行ったときだった。ゴネる様子もなくあっさりサインしたのだとか。「へぇ、マジで払わせるつもりなの?」「たぶん、そぅなんじゃないかな」以来半年余り、店へ行くたびに私は彼女のウワサを聞き出している。やはりどこかのヘルス嬢だったそうで、従業員が毎週のように店を訪れては数万ずつ回収しているらしい。
法律スレスレ、というより、おそらくアウトなんだろうけど、警察にも駆け込まず律儀に返済してる彼女のことを思うと、つい涙が出そうになる私だ。
→もう一人の女性もホスト通いはやめられない様で
0221_20190428222622de1_201910292058061d9.jpg0220_2019042822262184b_201910292058055b2.jpg0222_20190428222623980_20191029205808836.jpg0223_20190428222625155_2019102920580916d.jpg0224_20190428222626f3f_201910292058112a5.jpg0225_20190428222628a1a_2019102920581216d.jpg

0082_20180312101242f3d_20200731095628f3a.jpg0083_20180312101243cc2_20200731095630d20.jpg


ダマされても借金しても私がホストクラブに通うワケ

新宿歌舞伎町の超有名ホストクラブのナンバー1が未成年者への飲酒接待及び淫行で逮捕されたのをご存じでしようか。埼玉から家出してきた女子高生2人を勧誘、1カ月で1人あたり100万も金を使わせていたとか。補導された女のコは、恐らくや援交で金を稼いでいたはずです。

こうしたニュースが報じられるたび、世の識者なる方々はいいます。なせ、ホストなどに血道を上げるのかと。おつしゃるとおり、ホストは女に貢がせるのが仕事。本気で客に惚れるわけがありません。しかし、わかっていてもういつい足が向いてしまうのが、ホストクラブの魔力なのです。

実は私、20才でソープに勤め始めてから月60-70万稼ぐお金はおろか、街金にウン百万の借金してまでホストに貢いできました。その額およそ2干万。なぜここまでハマってしまったのか。私の話を聞いてください。

ホストクラブなら正直になれる
高校卒業後、保母さんを夢見て保育専門学校へ進んだ私は、バイト先で青年実業家を名乗る男性と知り合いました。
高そうな外国製のスーツを着くずした彼は、私から結婚資金を奪うとそのままトンズラ。それどころか数百万の借金まで残していきました。保母や、普通のOLでは利息も払えません。手っ取り早く返済してしまおうと、思い切ってソープに勤めることにしたのです。
お陰でー年後には借金もきれいサッパリなくなり、昼間の仕事にトラバーユしようと思った矢先のこと。同僚に連れられていったホストクラブで、ケンジ(仮名)に出会いました。GLAYのボーカルに似た甘いマスクに一目惚れ。週に4日は店に通い詰めました。「エ~ミのことが世界で一番好きだよ」

毎日、電話でそうささやく彼の言葉を信じて、半年後に婚約。みなさんは不思議に思うかも知れません。一度、手痛い目に遭っているのに、なぜ、そんな簡単に男、それもホストを信じるのかと。これは、職業的な後ろめたさが関係しています。

例えば、高校の同級生と飲んでも、街でナンパされても、職業を聞かれて正直に「ソープ嬢をやってますとは言えません。別に恥じているつもりはないのですが、その場になると口にできず、テキトーにごまかしてしまうのです。

自分の素性を話せないのはストレスが溜まるモノが、ホストクラブでは隠す必要がありません。風俗嬢の客が多いため、店の名前も堂々と言えるし、愚痴や悩みも相談できます。

「オレだってしょせんホストだよ。これからずっと、一緒に頑張ろうぜ」

そういうケンジの言葉にどれだけ慰められたかしれません。この人は私のありのままをわかってくれる、そう思ったのです。彼の売り上げを上げるためにせっせと店に通いー本10万はくだらないトンペリを開け、同伴にもつきあい、車まで贈ったのです。

「そろそろ将来のことも決めないと」

婚約してー年ほど経ったころ、私は彼に切り出しました。休まず働いても自分の服を買うどころか、満足に家賃も払えない暮らしになったのです。

「わかった。じゃあまず親に会ってくれよ」

そんな甘い返事を期待した私がバ力でした。彼は私のことばを聞くや無言で外へ飛び出すと、一切の連絡を断ったのです。そして私は、少ない手がかりを追いかけ、やっと見つけた系列店のホストかり衝撃的な事実を告げられました。

「オレたちは毎週、どの客からいくら引っ張るかミーティングで遂一報告してんだよ。『今週は、××さんに20万使わせます』とかさ。ケンジは、エミちゃんに彼女だって言ってるからヘルプに付いたら話しを合わせてくれって言ってたぜ」

頭をカナヅチで殴られたような、とはまさにこのこと。ケンジは、誕生日だから、ノルマがキツイからと皆に教えられた口実で私からお金を引き出していたというのです。おまけに女性不信でセックスできないというのもウソ。同棲してる本命の彼女に義理立てする彼に、店長が「女性不信と言え」とアトバイスした結果だったのです。
一時は自殺しようかと思いましたが、仕事が終わると私の足はついついホストクラフに向いてしまいました。お金さえ出せばチヤホヤしてくれ、その場だけでも寂しさを忘れられるのです。

私が新聞沙汰になったホスト、聖也(仮名)と出会ったのは、歌舞伎町でいちばん有名でした。

「ねえ、いつもどんなとこで遊んでるの。あしたからオレに会いに来いよ」

強引にアプローチをかける彼は色黒の30男。歌手の松崎しける似で、とてもホストには見えません。それでも次から次にまくしたてる彼のトークに翻弄され、気つけばその日のうちにシティホテルへ。私を女王様のように扱う優しいエッチに夢中になり、それからー週間、私は家にも帰らずセックス漬けの日々を送りました。いま思えば、それは客を手玉に取る彼の手口だったようです。自分に夢中になったとみるや私を突き放し、会いたいなら店に来いと連絡してきた聖也。私の仕事はタ方5時から深夜まで、対し彼は深夜1時から朝7時勤務。まるっきりのスレ違いでしたから、会うには彼の店に行くしかありません。

「店、来るんだろ」深夜0時を過ぎると、私の仕事が終わったのを見計らったように聖也から電話が入ります。最初こそ、お前は特別な女なんだからとお金は取りませんでしたが、そのうち2万でも3万でもおいていけ。オレのためにドンペリを入れてくれと能崖も変化。そして、出会って約2カ月後。肺炎をおこして病床に伏している私に、彼はこう言ったのです。

「うちの従業員が30万円の売掛を残したまま逃けたんだ。お前、出してくれないか」

★ホストたちが狙っているのは私か運ぶお金だということは十分すぎるほどわかっています。なのにヤメられないホストクラブ通い。こんな私の生活は、いつまで続くんでしょうか。

ホストの売り掛けが払えなくなった女に、エンコーを持ちかける

ホストラブ→ホスト総合→売り掛け払えなかったら
ホストに金をつぎこんだはいいものの、売り掛け(ツケ)を払えずに困ってる女たちが集まるスレッドだ。どうしよう、月末までに払わないと…みたいなせつない書き込みが溢れている。そうなればオレみたいな悪い男が注目するのも当然で、女の書き込みに混じってときどきこんな文言が書き込まれることに。〝困ってる子いたら助けるよ〟そう、エンコーしてあげまっせってな意味である。オレも他にならってときどきエンコー募集をしている。連絡をしてくるのは9割型お水系やフーゾク嬢だ。多くのホストクラブが月末締めのシステムをとっているため、困ったオンナが増えるのもその時期だ。

パチンコで金をすった女が安く身体を売ってます

パチンコに熱くなり、カネがなくなってしまった女がこの掲示板に書き込んでいる。〝いまパチンコ●●にいるんですけど、お金がなくなっちゃったんで誰か助けてもらえませんか…〟助けるとはすなわちエンコーしてくれとの意味だ。こんなメアド付きの書き込みを見つけたらオレは即座に連絡するようにしている。3千円で手コキ、5千円でフェラ、1万円本番など、驚くくらいの安価でカラダを売ってくれるからだ。しかも中にはパチ屋のトイレでサクっとエンコーして、札を握り締めて台に戻るツワモノまでいる。女ってのは強いというか、なんというか…
ホストに騙されてキャバクラで働く女
4月から5月にかけて、全国あちこちに出張予定が入った。
大半は地方都市で、現地で一緒に飲みにいくような知り合いはいない。せっかくの機会。誰か一緒に酒でもと、ミクシィの日記に出張の予定を載せてみた。
結果、何人かのマイミクからメッセージをもらい、うち一人の男性と食事する約束を交わした。残念ながら女性はゼロ。まあ、現地でナンパすりやいいか。
そう思っていたら、出張の直前になって1人の女性から、ミクシィでのメッセージではなくEメールが届いた。
《はじめまして、ミヤビといいます。広島で水商売してます。裏モノで河内さんの『大阪で生まれた女』いつも読んでるんですよ☆河内さんの出張予定、ミクシィで見ました。5月○日に広島に来られるんですよね。めちゃくちゃ会いたいですよ.ご迷惑でなければお返事ください》
ご迷惑なはずがない。さっそく《会いましょう!》と返したところ《ホントですか?メチャうれしい》とレス。何度かメールをやり取りした上、彼女が働いている店(キャバクラらしい)に行くことになった。
肌の色はやや浅黒く、顔はあびる優に少し似ている。
「河内さん、ホントに来てくれたんですね。なかなか来られないんで心配してたんですよ」
少し笑みは浮かべているものの、そんなにうれしそうに見えない。メールでは、それこそ感激のあまり抱きついてきそうな勢いだっただけに、肩透かしというか、ちょっと寂しいというか。
つまり、アレか。裏モノの誌面で想像する河内真佐久と、実際の俺に相当なギャップがあるのか。でもって、ガックリしてるのか。それでも彼女は繰り返し言う。
「本当に会えると思わなかった。うれしい」
ん、やっぱり口先だけに聞こえるなぁ。
「あ.緊張してるっていうこともあるけど、もともと喜怒哀楽があまり顔に出ないんです。この仕事して、これでもだいぶマシになったんですけど」
何でも、いつも不満気な顔をしておると、子供のころから親や教師によく怒られ、友達からも『なんでそんなにテンション低いの〜?』とつっこまれることが多かったという。ところで君みたいな若い女の子がなんで裏モノ読んでるの?
「友達の彼が大好きで、家にいっぱい置いてあったんですよ」
俺の連載は、タイトルが気になり読み始めたらしいのだが、
「あの妄想癖の奥さん、結構きれいっぽくないですか?」だの
「おじさま好きのOLさんはエッチっぽい身体してますよね」
だのと、相当な読み込みよう。
「大阪弁のやり取りもなんか懐かしくて…。やっぱ大阪っていいですよね」
そもそも、なんで広島に出てきたん?
「1年ほど前、借金で逃げてきたんです」
へ?どういうこと?
「高校卒業して美容系の専門学校に通ってたんですけどね。カラオケ行った帰りに一人で歩いてたら、ひっかけ橋でホストに声かけられたんです」
ひっかけ橋とはミナミの道頓堀にあるナンパのメッカで、ナンパ目的の素人より若い女の子に声をかける茶髪のきたないホストであふれかえっている場所だ(最近は取り締まり強化でだいぶ少なくなったが)。そこでホストにつかまり、強引に店に連れて行かれたらしい。
もちろん、初めてのホストクラブ。何人ものホストにほめまくられ、舞い上がり、ノリノリで飲んでしまう。精算のとき、最初声をかけてきて、店でも一番相手をしてくれたホストに『1万円でいいよ。残りは俺が立て替えとくから』と言われた。専門学校生にとっては少々高めだったが、楽しかったし不満はない。ん、まんまとヤシらの術中にハマったという感じだが、そこまでカッコよかったのか、そのホストは。
「ルックスは全然いけてなかったんですけど、遊んでるって感じがそのときはかっこよく見えて…」翌日の昼、そのホストから電話があり、再び店へ。しばし飲んだ後、甘えながら、『いくら立て替えてくれたん』と聞けは、昨日だけで10万以上、今日も併せると30万近くになるという
「耳を疑いましたよ。そんなお金払えるわけないし」
驚く彼女に、男は言った。心配するな。いいバイトを紹介してやる。ミヤビも夜のバイトしようかなって言ってたやろ。金は返せるときに返せばいい。そのことばに《なんて男らしいんだ》と感激したというかりミヤピも相当おめでたい。
ともかく、こうして彼女はホスト君に紹介されたキャバクラで働くことになった。その間、男の家には週2、3日泊まりにいく《通い妻》状態に。学校はしんといからとーカ月ほどで辞めてしまったそうだ。で、彼には毎月いくら返してたの
「給料日になるとだいたい10万くらいかな。月によってお給料が変わるので渡せるだけ渡してました。それ以外でも彼かほしいものがあればお給料前借して買ってあけたりとかしてたし」
男の態度はしだいに変化し、言うことを聞かないと暴力を振るうようになった。ボコボコにした後、泣いているミヤビにやさしく声をかけ、セックス。いかにも、悪党のやりそうな手口だ
「そのときはほんとに優しくエッチしてくれるんですよ。ああ、やっばり愛してくれてるんやなあって思いました」だから、大きな勘違いしてるって
半年ほどキャバクラで働いた後、彼の勧めでセクキャバに鞍替えまたその半年後には、デリヘルに勤めるよう勧めてきた。
「さすがにもう別れたほうがいいのかなって。彼か浮気してるのも知ってたし」
気持ちを伝えた彼女に、男は言った。別れるなら借金を耳をそろえて返せぜんぶで100万。逃けても必ず探す。
「もう限界でした。で、専門学校の同級生で辞めて広島に帰っている友達に相談したら、こっちにおいでよって。すぐに行こうって決めました」
広島では、その友だちか働くキャバクラに就職した。が、不安は消えない。携帯番号は変更したものの、大阪方面からの客が来るたび、自分を捜しに来たのでは、とビクビクした
「もうー年近くたつし、そろそろ大丈夫かなとも思うんですよ。それに、河内さんの連載読んでて、やっばり大阪に戻りたいなって気持ちも強くなったし。今日、会って話してやっぱり大阪弁で話すのはええなって・・。やっぱり大阪に帰ろかな」
うん、それも何かのきっかけでしょう。んじゃ、大阪で生まれたミヤビが広島にいたって証に《大阪で生まれた女》に登場してよ。「うん、そうするわ」二つ返事かいーやっぱり君、編されやすいのわかるわ。さて、そろそろ午前2時前、閉店時間も近づいてきた。この後、もちろんオッケーだよね。「ごめんなさい、今日はアフターか入っていて。さっき話した私の友達いるでしょ。そのコのお客さんのアフターに私もついていかないとあかんねん」そんなん他の女に代わってもらえよと言ってみたのだが、とうしても無理らしい。まあ、嘘をついてあしらうことができる女だとも思えない。来月また広島出張があるし、そのときでええか。今度は、店が始まる前に時間作ってくれるらしいし。
翌月、広島への日帰り出張当日。早々に仕事を済ませ、5時にミヤビと会った。黒いミニス力姿。店と違い、髪をアップにしていないせいか、キャバクラで見るよりやや幼く見える。
「念のためやけど、裏モノに出るのホンマにオッケーやね」
「うん、でも前の彼が見たら大変なんで、絶対顔は出さんといてね」
「わかってる」
最終確認が取れたところで、ラブホへ。部屋で裸になったミヤビの体は、胸はやや小ぶりだがスレンダーでなかなかスタイルがいい。シャワーを軽く浴びた後、すぐベットに移動した。
驚いたのは、異常なまでの感度の良さだ。指と舌で愛撫を始めた途端、ビクンビクンと身体を震わせ、眉間に雛をよせながら色っぽい声を上げる。普段のテンションの低さかりは、想像できない表情と反応のよさだ。
「アアン、アアン、イヤン、気持ちいい」
性器に沿って動かす俺の指がすぐに愛液でヌルヌルになった。こんな濡れやすい女もそうはいない。「ああ、もう入れてほしい」
手コキもフェラもまだ何もしてもらっていないが、愛液が溢れてトロト口になっている性器を見るだけで、ペニスはギンギン状態だ。あかん、俺も我慢できん。まずは正常位で挿入。横ハメかりバックに移行して突きまくった。どの体位でも、挿入部分からフシュッ、ブシュッといやらしい音が聞こえる。手で触ればまさに大洪水ー俺の太股まで愛液でヌルヌルだ。ミヤビの手を取り、自ら触らせてみ
た「ああ、すごい濡れてるっ。いやーん、はずかしいー」
さらに激しく腰を振る彼女。ったく、このハイテンションはなんやねん。ベッドはもう、ミヤビの愛液で染みだらけだ。2回戦を終え、タバコを吸いながら彼女に聞く。いつ帰るつもりなん
「うーん、まだ迷ってるんですよね、こないだ河戸ノ内さんと会った次の日に行ったホストクラブにすごいかわいい男のコがいて…同い年なんだけど私のことねえさん、ねえさんって呼んで甘えてくるんですよね。付き合おうかどうか迷ってるんですけど」
大阪で生まれたミヤビは、広島に来てもまったく懲りていなかったようだ。

スナック嬢・水商売の女性と付き合う方法|飲み屋の女性をセフレにする口説き方

スナック嬢をセフレにする方法スナック嬢をセフレにする方法スナック嬢をセフレにする方法スナック嬢をセフレにする方法スナック嬢をセフレにする方法スナック嬢をセフレにする方法スナック嬢をセフレにする方法スナック嬢をセフレにする方法スナック嬢をセフレにする方法スナック嬢をセフレにする方法
ふらりと入ったスナックでこんな出会いがあったときは
日を置かず2度目に来店してもやることは同じだ
変化球を放つのは3回目の来店時で
鬼の笑顔に魅に了されるのは女の本能なのだろう
4度目の来店ではあえて低いテンションで臨み油断していた気持ちに少し不安を植え付けてやる
今までさんざん揺さぶりまくってきた感情がここでついに発火するのだ
スナックのチーママのエッチ体験談
0162_201906180659578fe_20190815145220bb3_20191229215936d6a.jpg
●チーママなんですね。
○友達が経営してるお店で働かせてもらってるだけですよ。
●チーママって儲かります?
○まあ、ほどほどじゃないですか(笑)。
●裏モノJAPANって知ってます?
○ん……すいません。
●(中身をバラバラと見せて)どう思いました?
○おもしろそうですよね。
●どんな雑誌読むんですか?
○『anan』かな。
●休日はどこで遊ぶの?
○あんまり出歩かないんですよ。
●家でゲームするとか。彼氏は?
○います。ひとり。
●営みの方は週に何回ほど?
○1〜2回くらい。
●少ないですね。
○少ないですねえ。
●やや不満ですか。
○不満ですね〜。
●一番最近のエッチは?
○おとといです。
●初体験はおいくつですか?
○遅いんですよ。高2の冬。
●お相手は?
○バイト先の先輩の従兄弟。
●なんじやそりや。
陰のある男にスナックや水商売の女はほれやすいのか
スナックのママは、陰のある男に弱いように思われる。彼女ら自身にやや不幸の匂いがあるからだ。オトコに疲れ、空虚な人間関係に疲れ、流れながれて水商売へ。そんな彼女らはどこか事情ありげな陰のある男に、自分と同じものを感じ取って心を許すのか。

場末のスナックではたらく女は、陰のある男に弱いように思われる。彼女ら自身にやや不幸の匂いがあるからだ。オトコに疲れ、空虚な人間関係に疲れ、流れながれて水商売へ。そんな彼女らは真っ当なサラリーマンなんぞに惚れやしない。どこか事情ありげな陰のある男に、自分と同じものを感じ取って心を許すのだ。そこをピンポイントで狙います。オレの設定は、ヤクザに追われてたまたまスナックに逃げ込んだ男。言葉少なに酒を飲みつづければ、そろそろ閉店となったころママさんは言うだろう。
「あんた、行くとこないんだったら、うちのアパートで飲み直す?」これだ。さぁママよ、どうする?

土曜、深夜0時。ジャンパー姿で高倉健さん風にキメたオレは、都内の場末街にやってきた。仲間は撮影役のAと、俺を追っているヤクザ役のB。今回はAを除く2人で芝居をうつ。まずAがスナック店内に入りビデオをセット。しばらくしてからオレが息を切らしながら駆け込み、ママさんに言う。「ちょっとトイレ貸してくれる?変な男が追いかけてきたら、いないって言ってくれるかな」
トイレに入ったところで、ヤクザBが登場し、ママさんに尋ねる。「今、ひょろっとしたニイちゃん、入ってこなかったか?」
ここでママさんがかくまってくれれば、ヤクザはしりぞき、トイレから出てきた俺は意味ありげにカウンターで飲み続ける。あとは閉店を待つだけだ。
「な、すごい陰のある男でしょ」「これはお互い、演技力がいりますね」「よし、行くぞ」
昭和のニオイのするスナックが並ぶ一帯で、まず撮影者が一軒の店へ。そして数分後、主役の登場だ。走って、走って、おおげさにドアを開ける。「いらっしゃい、おにーさん」
ママさんの声を受けながら、ずかずかと中へ。
「ねーさん、ビール。便所は?」「そっちだよ」「ちょっとかくまってもらっていいかな。ヘンな連中が来たら、いないって言ってくれませんか」
「ヘンなの来るの?」ママは表情をコワばらせながらうなずいた。便所に入り、ドアをちょっとだけ開けて様子をうかががっていると、まもなくヤクザが登場した。
「さっきここにひょろっとしたオトコ入って来なかった?」さぁママよ、どうする?「来てないよ」最初の関門は突破した。「もう行ったよ」ママさんが便所のドア越しに声をかけてきた。よろしい。完全にこちら側の人間になってくれている。カウンターでビールを一杯飲み干し、さらにもう一芝居。「…くそっ、あいつら!」「どうしたの。さっきの、変な男だったね」「…ええ」
「気をつけんといかんよ、このへんはヤクザ多いから」「ええ、自分、女に手を出す連中は許せないっすから」健さん風の抑えたトーンでぼそっとつぶやく。うふふ、どうよこのセリフ、深読みしてちょうだいよ(※以降、オレのセリフはすべて高倉健さんをイメージして読んでください)。ママさんが2本目のビールをあけた。
「あなた、どこから来たの?」「土佐です。事情があってこっちに……」「仕事は?」「いろいろやってきましたが、今はふらふらするばっかりです」「じゃあ仕事、紹介してあげようか?」
えっ!?彼女はいきなり携帯で誰かに連絡し始めた。「お客さんに建築関係の人がいるからね」「いや、自分は大丈夫なんで」「あなた困ってそうだし紹介してあげるよ」
誰かとしゃべっている。はいはい待ってます、とかなんとか言ってるし。
「そのお客さん、今からうちに来るとこだったみたい。もうすぐ着くって」
ややこしいことになってしまったぞ。面倒見のいい土建屋オヤジとかに、あれこれ事情を聞かれても厄介だな。この店はあきらめよう。

深夜1時半。2軒目に挑戦。例のごとくバタバタ入っていく。なかなか美人なママさんだ。「ねーさん、ビール。便所は…」「そっちだけど」便所に向かいながら、
「もし、自分を探しにヘンな連中が店に来たら、いないって言ってくれませんか」「ちょっと困るよ!面倒なのはやめてよ!」
かなり強い口調の声が返ってきた。「ちょっとそういうのは困るよ!」「すんません」「ちょっと、あんた待って!」
その声を無視して便所に入った。直後、入り口から物音が。「おい、今、ここに人が入ってきたと思うんだけど」こりゃ、かくまってくれないかもな。が、彼女はすんなり言った。
「誰も来てないよ」トイレから戻るとママの表情は引きつっていた。「行ったわよ」「…すんません」
「まあ、座んなさい。あんたはこっちの端っこが似合うわ」やはりスナックのママさんは、陰のある男を守りたくなる母性のようなものを持っているようだ。
「つええヤツをください。自分、酔いたいです」店内には、大ちゃんという客が一人座っていた。常連らしく、しきりとママに話しかけている。ジャマな男だ。
オレはグラスの酒を一気にあおった。「すんません、つええヤツもらえますか」「強いやつ?お酒?」「はい、つええヤツをください。自分、酔いたいです」「じゃあ、ブランデーね。あんまり飲み過ぎたらカラダによくないわよ」「ええ。だけど…」途中で口をつむぐ。わぁ、すごく意味深。どう、ママ、気になる?ダメだ。彼女はすぐ大ちゃんのほうに行ってしまう。早く帰れよ、大ちゃん。
ママが小鉢を持ってやってきた。「あんたも、食べる?」「ありがとうございます……ソラマメか、思い出すな」「どうしたの?」「いや、なんでもないっす」「そう…………」
思わせぶりな芝居にも、ママはなかなかついてこない。そうこうするうちに、大ちゃんがストレートな行動に出た。「ねえ、ママ、この前言ってた焼き肉行こうよ」「あら、そうね」「オニイさん、ごめんなさい。お店2時半までなんですよ。今日はママと焼き肉約束してるんで」なんだよこいつ、品のないヤツだな。ママもこんな朗らかな男、ほっときゃいいのに!
午前3時半。そろそろ開いているスナックがなくなってきた。あ、あそこにまだ1軒やってるぞ。レッツゴー!ドアを開く。げっ、ママさんはたぶん50過ぎじゃないか。しかも客も多いし。しゃーない、こうなりゃ進むのみだ。「ねーさん、ビール」「はいよ」「便所は?」「その向こうだよ」「あの、もし誰か来たら、いないって言ってくれませんか?」「なんだい、それ?」
問いにはこたえずに、便所に隠れる。まもなくヤクザ役がやってきた。
「すんませーん、今、若いヤツ入ってこなかった?」一瞬、店内がシーンとなった。ママさんが口を開く。来てないよ」「ホント?」「誰も来てないよ。ほら、見てごらんなさい、いないでしょ?」
しばらく後、カウンターに座っ たところで、ママさんがビールを注いできた。「かなりおかしな感じだったねえ」「…そうですか」「まあ、何があったかは聞かないけれど」
「…自分、女に手を出すやつは許せなくて」「はーん、そういうことね。そりゃあアレだねえ」
ママさんは一人で何かを納得している。
「私はね、あんたを先に入れた。あんたがどこの何者かは知らないよ。でもね。先に頼まれたものを引き受けたってことはだよ、そりゃあ守らなくちゃなんない」
「…ありがとうございます」「まあ、元気だしなよ」この人とねんごろになることに意味があるのか、さっぱりわからんようになってきたが、もうこのまま進みます!焼酎に切り替えちびちび飲み続けたところ、早朝4時を回り、客が一人ふたりと帰り、ついにママさんと二人きりになった。ママが食器を洗いながら話しかけてくる。
「あんた、家は?」「…自分、東京に出てきたばっかりで…」「ふーん、そうかい。どこから来たの?」「土佐です」「土佐かい。私は東京。生まれてからずっと東京だよ。それにしても土佐の人間がこんなとこにねえ」「ええ、自分、生き方が不器用なもんで」「そうかい。これから飲みに行くけど、一緒に来るかい」狙ったまんまの展開だ。相手がやや歳上すぎなことを除けば。

外はすでに明るくなっていた。連れられていったのは、小さな飲み屋だ。ママさんはビールを、オレは日本酒を頼み、隣に並んでちびちびと飲み始めた。目的はママの部屋、あるいはホテルへ向かうこと。それにはもっと憐れみを誘うべきだろう。何かを思い出したかのように、目をつぶって目頭を押さえる。「涙ながしていいですか」「まあまあいろいろあるね。そりゃあ、東京にもいっぱいいい人はいるよ」「はい」「あんたが何であいつらに引っかかったのかわからないけど、あんたがいいと思ってやったんなら、自信を持ちなさい」
「ありがとうございます。さっきかくまってくれたとき、自分、うれしくて」「いや、いいよいいよ」
雰囲気としては悪くない。でもこうしていつまでも飲んだところでラチが開かんぞ。さらに一芝居いっとくか。「ふぅ〜。どこで寝るかな…」「どうしたの?」「自分、宿無しですから」「あらそうなの。ねえ●●ちゃん、駅前のソファで眠れるお店、教えてあげて」従業員に話しかけている。なんだよ、ネットカフェに追いやる気かよ。こんなに陰のある男なのに泊める気ないの?相手が相手だけに最後はグダグダになってしまったが、作戦そのものは的外れじゃなかったと思う。全国のみなさん、色っぽいママさんのいるスナックで試してみてください。かくまってもらうとこまでは確実にイケますんで。

【エロ漫画】女性も行きずりのセックスがしたい!お見合いサイト・婚活SNSでセフレとやりまくった体験談

お見合いサイト・婚活SNSセフレエロ漫画お見合いサイト・婚活SNSセフレエロ漫画お見合いサイト・婚活SNSセフレエロ漫画お見合いサイト・婚活SNSセフレエロ漫画お見合いサイト・婚活SNSセフレエロ漫画お見合いサイト・婚活SNSセフレエロ漫画お見合いサイト・婚活SNSセフレエロ漫画お見合いサイト・婚活SNSセフレエロ漫画お見合いサイト・婚活SNSセフレエロ漫画お見合いサイト・婚活SNSセフレエロ漫画お見合いサイト・婚活SNSセフレエロ漫画お見合いサイト・婚活SNSセフレエロ漫画お見合いサイト・婚活SNSセフレエロ漫画お見合いサイト・婚活SNSセフレエロ漫画お見合いサイト・婚活SNSセフレエロ漫画お見合いサイト・婚活SNSセフレエロ漫画

【エッチ漫画】ペットナンパで可愛い女の子の連絡先ゲット!犬好き女性とワンワンSEX

ペットナンパエッチ漫画ペットナンパエッチ漫画ペットナンパエッチ漫画ペットナンパエッチ漫画ペットナンパエッチ漫画ペットナンパエッチ漫画ペットナンパエッチ漫画ペットナンパエッチ漫画ペットナンパエッチ漫画ペットナンパエッチ漫画ペットナンパエッチ漫画ペットナンパエッチ漫画ペットナンパエッチ漫画ペットナンパエッチ漫画ペットナンパエッチ漫画ペットナンパエッチ漫画

セフレの作り方・関係をキープし長持ちさせる方法!セックスのテクニックを磨き精神的に依存させよ

102_202003221655098bf.jpg103_20200322165510170.jpg104_20200322165512648.jpg105_2020032216551326b.jpg106_202003221655159bb.jpg0207_2019062315364023b_201910021714194ae_202007301459011ad.jpg
0100_20190312131328c33_20191020152715daa.jpg0101_20190312131330463_20191020152717b61.jpg0102_2019031213133161e_201910201527183e6.jpg0103_20190312131333c4d_2019102015272023b_20200119204322375.jpg112_2020083010135863c.jpg113_20200830101400d70.jpg
【概略・全文は上記記事をお読みください】
ノーマルなSEXしか知らない女に力ーセックス、公園野外SEX、SMホテルで刺激を与えてセフレに
仕事も頑張ってきたし、カネはそこそこある。しかし風俗は飽きた。キャバはヤレないからつまらない。そんな贅沢な悩みを抱えている諸兄もいるんじゃないでしょうか。そんな貴方こそ交際クラブへ行くべきです。入会すると回覧可能になる女性のプロフィールは、パネマジ、詐称なしの詳細なもので、素人の女子大生からグラビアアイドルまでバリエーションも豊富。どの子と遊ぼうかな…と眺めているだけでも1日潰れちゃいます。何より最高なのはNGがほとんどないということです。昼間、一緒にランチを食べて買い物へ出かけ、その後ホテルでセックス…なんてその辺のエンコー女じゃ絶対に味わえないプレイもできちゃいます。いい女を連れて街を歩く快感といったらもう。それにベッドでもあれできないこれできないと言われることがないので、過激なプレイだって思いのまま。
ただし、入会金やセッティング料、相手に渡す交通費(セックス代含む謝礼のこと)を含めると一番安い女子大生クラスでも6万前後かかりますけどね。それに見合った楽しさは絶対あります。最後に私からアドバイスを。会費をケチって安い交際クラブを選ぶとロクな女が来ないので必ず後悔します。「ユニバース倶楽部」や「青山プラチナクラブ」といった大手の交際クラブを利用しましょう。
エッチな淑女たちを紹介しましょう交際業者の女性写真
問い合わせると届く場合もあって、今やこの業界は百花績乱のエライことになっておると。
ただ昔から変わってないのが、マヌケなんだけどね。
今回はそのウサン臭い交際業者の女性写真を集めたと。
そういうこと。たぶん読者のみんなの家にも届いたことあるんじゃないかな。
なかなかいい女じゃないですか。
うん、30には見えないな。ポーズも決まってる
彼女は何をしてくれると言ってるんですか。
ええと、まずボディスーツを扱う職業柄、社長夫人や女医さん、女性実業家などの知り合いが多いと。
若い人はボディスーツなんて着そうもないですしね。
で、そっいつエッチな淑女たちを紹介しましょうといつわけだね。
え、ェッチ?なんでエッチなんですか。
知らねーよ。
しかも足利市でしょ。エッチな女性実業家なんてそつそついないでしょ。
突っ込むなよ。いるってんだからいるんだろ。
彼女は女性用アダルトグッズの通信販売会社を経営しているらしい。全国のエッチな女性と知り合って悩み相談に乗っているうちにサークルを作るに至ったと。
会員にはやっぱり社長夫人や女医さんなんかが多いそうだね。
んなわけないでしょ。
どこですか、ここは。ずいぶん開放的な場所ですが。
日本じゃなさそっだな。中国揚子江とか、そんな感じだよ。
どう見たって、観光中のスナップショットですね。こんな地味な人まで紹介業やってんですか。
広告の仕事をして、交際会に深い関心を抱いたんだとさ。
あ、そっですか。
私はブスだけど、そのぶん応援するねだって。
仲介する本人は美人よりブスのほうがリアリティーがあると考えたんでしょうか。
ちなみに彼女、名古屋の守一山区と千種区に住所があるんだ。
違う住所から同じ手一紙が来てるんだよ。家を2軒持ってるっでことだろ。いろんなお客さんと知り合いになることが多いのでってパターンでしょ。くあ、正解。大正解。
わかりますよ、それぐらい。でも言っておきますけど、金持ちの淑女はバス旅行なんてしませんよ一、おっかしいなあ。女医や社長夫人が多いって書いてあるぞもう、どうしてどこの交際クラブの女もそんなに金持ちばっかなんですか。
というわけで、男に夢を与えてくれる女神たちを紹介したわけだけど、どうだったかな?松どうもこうも、これじやあ実際に入会しようと思えないですね。信懸性に欠けるというか。
いや、ひょっとするとひょつとするかもよちなみにオレは1つのサークルに金送ったんだけど、まだ返事がないんだが
デブ専交際クラブの女に会ってみた
デブ専交際クラブの投稿を読んだ女性からハガキが届いた。
私、あの写真の中の1人です。ちゃんと交際成立してますよ
リスト(下の写真)の女性は業者のデッチアゲではないかとの推測に対する反論というわけだ。まさかあの写真の中に裏モノ読者がいたなんてと素直に驚きたいところだが、実はその数日前に当の業者から、ウチはまともだとの強いクレームがあったばかり。なんだか怪しい。あまりにタイミングがよすぎやしないか。ひょっとしてクレームじゃ将があかないと考えた業者が作戦を変更し、女性の名前
でハガキを書いてきたんじゃないの?というわけで、その女性本人に会ってみることにした。
リストに載っていた写真の1人だって言うんだから見ればすぐにわかるはず。取材当日、約束の時間に駅で待っていると、遠くから》ズシンズシンと物音が(ホン卜に聞こえたんですよ)。本人がバスの階段を降りてきたのだ。いや、ホントに太っておられますよ。お顔を拝見すれば、確かにあの5人の中の1人。いや、一段とふくよかになった感も…。
彼女、2年ほど前にレディコミでクラブの存在を知りこれまで男性と会ってきたらしい。
写真だけ貸してるサクラなんじゃないの。と、この段階でも疑っていた私だが、話す内容のリアリティやときおり見せる彼女の様子からして、どうやら仕込みではなさそうだという気がしてきた。
「交際っていってもほとんど援助なんですよ」やはり男女交際といえど、少なくとも彼女に関しては純粋な付き合いになることはないらしく、毎回3万円をきちっともらっているとう。だいたいの男が胸フェチか尻フェチ、あるいはマザコンなのだそうだ。知らない世界があるもんだ。クラブにはちゃんと女性会員が存在し、出会いもセッティングされている。
SMホテルで刺激を与えてセフレに
セフレ保持者。人生の勝者ともいえる彼らは、いったいどのようにして現在の地位を築き上げたのか
四苦八苦の末に獲得した者たまの偶然で肉体関係を維持できている者独自のノウ八ウを駆使する者。それぞれ経緯は異なれど、彼らの経験には我々が学ぶべきヒントがきっと隠されているはずだ。
5対5くらいの飲み会で出会ったんです。僕はお持ち帰りなんてできるガラじゃないんですけど、そんときは4組がうまくカップルになっちゃって、残された2人で自然にホテルに流れる形になりまして。でも最初は向こうも「休むだけだからエッチしないよ」って言ってたんです。ただホテルに入ったらそういうわけにもいかないじゃないですか。シャワー浴びてるとこに一緒に入っていって、あれよあれよというまにそういう関係になって。一戦終わったのがまだ夜中くらいだったんで、もつかい飲みに行こうかって話になったんですよ。なんだろ、お互い別に好きでもないのにずっと部屋にいるのがつらかったっていうか。
ヤった後の女ってすごく馴れ馴れしくなりますよね。彼女もそうで、飲みながらも太もも触ったりキスしてきたりするんですよ。それに興奮してもう一回ヤリたくなっちゃって。彼女も最初は1回だけの遊びのつもりだったはずなんだけど、1日のうちに別の場所でまた求めてくるから「愛されてる」って勘違いしちゃったのかな。こっちはただの性欲なのに。以来、体の関係でしかないけど、愛情もちゃんと持っている男として扱われています。この人とセックスすると楽しいとか、こういう特典が付きますよっていうのがないと、絶対ダメだと思うんですよ。ただただヤルだけだと女の方も飽きてきちゃう。だからセックスそのものの工夫を重ねることで、時間を稼ぐと。私的には1人の女につき、半年キープできればリッパかなと思ってます。
たとえば今遊んでる子はそれまで付き合ってきた男の数も5、6人くらいはいるんですけど、よくよく聞いてみるとことごとくどの男もノーマルだったんですよ。ホント、そのコの家で普通にヤルだけ。こりやシメたなと思って。なんだかんだ言って、女って今までやったことのないエッチに対して、意外に興味持つもんなんです。最初はバイブレータね。そのコは当然、未使用だった。だからパイプの前にローターを使ってみてね。そしたら意外に「悪くない」っていうから。今のヤツって性能いいでしよ。しかも後でセックスしてやると、抜群にイキやすぐなる。これもポイントです。2カ月くらいは大丈夫でしょう。
シチュエーションで興奮させるってのもずいぶんやりましたよ。力ーセックス、公園、あとSM専用のホテルとか。SM系は意外に抵抗感なかったですね。「ふん、こういう世界もあるんだ」みたいな。それだけで、毎回毎回楽しめる。半年くらいは保つもんですよ。そのコ、もともとスケベの才能があったんでしょうね。半分あきれながらもいろいろ付き合ってくれるんですよ。こっちだってカッコつける必要はない。自分はスケベオヤジだ!って看板持って歩けるくらいでちょうどいいと思いますよ。知り合ってもう8カ月くらい経ちましたかね。そろそろカップル喫茶とかスワッピングパーティーにでも連れて行こうかって考えてます。これにハマっちゃえばいいんじゃないですか。
おまけにこっちは他の女ともデキるし。一石五烏くらいの価値はありますもんね。僕が使ったのはキス作戦です。まず歩きながらでしょ、交差点で止まったら「みんな見てるけど」とか言いながらほっぺたにチュ。ラブホのエレベ—夕でも当然したし、部屋に入ってからもずっとキスばっかり。しかも晋だけじゃなくて、耳たぶとか首筋とか、肌が露出してるとこにまんべんなく。こんなこと旦那は
絶対しないでしよ。しかもなかなか服を脱がせないことで、「体が欲しいんじゃなくてキミが欲しいんだ」というアピ—ルになるわけです。人妻のトキメキってのはこういうことじゃないですか。
今も会うたびに同じことしてますよ。だんだん向こうも調子に乗って電車の中でキスしようとしてくるんで、勘弁願いたいんですけども。僕、モテるわけじやないけどメールが得意なもんで、同じ女と何度もヤラない主義なんですよ。めんどくさいから。でもセフレとして続いてるのが一人だけいまして。きっかけは出会い系です。彼氏募集してたから、「僕でよければどうかな?」って感じでした。
二十歳まで1回も付き合ったことないって話を聞いてたから、こりゃ手こずりそうだなって思ってたら案の定、手こずりました。顔はマズクないんですよ。むしろ出会い系ではなかなかいないくらいのハイレベルです。厄介なのは身持ちの固さですね。全然ヤラせそうになくて。だから5回くらいデ—卜を重ねて「真剣に付き合おうよ」なんて心にもないことを言って、ようやく1発です。
問題はここから。目的は果たしたんだけど、どうも手放すのはもったいない気がしまして。かといってマジに付き合うのは勘弁だし、どうごまかそうかなって。最初のひと月くらいは、週1くらいで会ってなんとか引っ張ってたんだけど、そのうち「部屋に行きたい」とか言い出したからヤバイなって。で、あるとき「実は元カノと会って、たまにエッチしてるんだ」って嘘付いたんですね。嫌われればそれでしようがないやって。そしたら彼女、怒るんじゃなくて「私がまだ未熟なせいだ」って解釈したんですね。もっといい女になれば元カノともちゃんと切れてくれるだろうって。バカですよね。最近では「もう付き合ってくれる?」って聞かれるたびに、「まだ色々あって、ちゃんと付き合うのが怖いんだ」ってごまかし続けてます。
携帯番号までは押さえたけど、忙しくてなかなか会いに行く時間がないパターンって多いでしよ。彼女もそういう一人で。たまたま会社帰りに暇だったから電話してみたら、花火大会の帰りで友達と一緒にいるって言うわけ。じゃあ2対2で飲もうかって後輩を連れてったの。そんときは健全そのものだった。普通に飲んでそのままバイバイって。今思えばこの飲み会がいいクッションになったんだと思う。次の週末に2 人で会ったとき、
「前飲んだときから2人きりになりたかった」って口説けたから。彼女、彼氏はいるんだけど、なんか様子がおかしいんだって。電話にも出ないし、メールも返ってこない。「もう飽きられてんじゃん?」って不安感を煽って「彼氏浮気してるんだよ。こっちだってしてもいいじゃん」。まあ彼氏に愛されてない女は、これでまず落ちますね。
こいつすごいフェラチオが上手くて、誰に教わったんだって聞いたら初めて付き合った男に徹底的に仕込まれたんだって。その当時は車の助手席に乗ったらずっとくわえっばなしじゃなきゃ怒られたとかって。利用されやすい性格なんだろうね。もう、まさにセフレになるために生まれてきたような。
その日から今にいたるまで、ヤリたくなるたびに部屋に呼びつけてますね。来るなりすぐくわえてくる従順な女なんで重宝してます。その彼氏とやらが優柔不断なんだかときどきメ—ルをくれるらしくて、それで彼女もなかなか別れられないみたいで。俺は俺で、「付き合いたいけど彼氏とちゃんと別れてからにしようよ」って。
きっかけは会社の同僚が持ってきた合コンです。ただひたすら酔わせて押しまくったら、なんとかその日のぅちにヤラせてぐれたんですね。「付き合ってくれ」とかなんとか言って。まあそこまではたまにあることなんですけど、彼女がセフレになったのは、こちらの都合をよく理解してくれたからかな。まず、自分が普段仕事でめちゃくちゃ忙しいんだってことを最初から伝えていたのが大きいですね。商社勤めなもんで、接待やら出張やらで毎日結構忙しくて、会いたくてもなかなか会えないんだって。なのに、ヤリたいなと思ったら、夜に突然おしかけたりしてたんですよ。「ちょうどヒマが出来たんで、オメエに真っ先に会いたくなったんだ」みたいなことをヌカしてね。こういう言葉にグッと来たりしたのかなあ。そのくせ、何日も連絡取らなかったりするんですけどね。これを繰り返していくと、最初は恋愛っぽいノリだったのにだんだんヤリ友みたいな感じになっていくわけですよ。そのうち「彼氏はできたのかよ」とかって、まるでただの友達みたいな台詞を吐いたりして。そこで「まだできない」って返ってきたときにセフレ化は決まりましたね。
一回目のセックスは奉仕し続けよ
エキサイト(フレンズ・恋愛結婚)・誰もが知っている出会い系サイトの老舗だ。
多くの出会い系マニア同様、荻野氏もこのサイトで過去何人もの女と関係を結んできた。
現在のセフレ、京子とのいきさつを元に、彼のテクニックを語ってもらおう。
『京子22才。まわりからはMだって言われます。天然だったりもします。メル友になってくれる人、募集中です』
オープン掲示板に載っていた京子の自己紹介文だ。性的表現を使う女はサクラや業者の可能性が高いとされるが、サラッと触れている程度なので荻野氏はターゲットから除外せず、メールを送った。
『ちょっと質問していい?メル友募集じゃなくてご主人様募集じゃねえの(笑)かまってほしいなら、ご主人様にメールよこしなさい(笑)』
彼は常に他の男との差別化を考えて文案を練る。参考までに他の女に送った例文を見てみよう。
『元24マニアのタカシです。先週、シーズン5のレンタルが始まったんで喜び勇んで視聴したんですけど、最初の5分で大好きだったミシェルに死なれて、気を落としています』
『僕は、しょっちゅう石橋を叩きすぎて壊してしまい、そのあと、その石橋の残骸を死にものぐるいで渡り切るような人間です』
この程度のことだが、この程度のことで目立つのなら労を惜しむ理由はない。『ご主人様、メールいたしました(笑)』針にかかった。すぐさま『俺、調教得意だから』と返信した荻野は、その足でブ
ックオフに走る。
「フランス書院のSM系の文庫本を買ってきて、いいフレーズをそのままメールに使ったんです」
あっぱれな行動力である。
京子は嘘偽りないMだった。フランス書院の洗練された調教文句に、面白いように食いついてくる。知り合って一週間後、夜中のテレフォンセックスを経て、いざ対面となった。少なくとも一発目だけは完全奉仕の姿勢で臨むのが荻野氏のポリシーだ。とにかくイカせることだけを考え、仮に射精してしまっても指は使い続ける。やはりセックスは第一印象が大事だとの考えである。
京子の場合も同じ。M女ならば奉仕の必要はなさそうなものだが、必死でクンニに励みつつ口調だけは荒げた。
「こんなスケベ女の相手をするの大変だな、とか、おいコラなめてやってんだから何か言えよ!」とか1回ヤレた女を、以後セフレにするには?彼の場合、まず大前提として「自分はその他大勢の男の中の1人でいい」という姿勢を打ち出しておく。どうせきっかけは出会い系、本気の愛情を前面に打ち出すど大半の女は引く。
「いつでも便利に利用してくれればいいよって、下手に出るんです。そのほうが女も気楽でしよ」
他にも彼氏や旦那のいる相手には、「俺のメアドは女の名前で登録しときな当男女どちらとも取れるようなメールしか送らないから」と、気遣うフリをしつつ、あくまで遊びだと意識させる。
さらに最初にセックスして別れた後、自分からはメールを送らない・セフレ化する女は必ず自分からメールしてくるもの。「また会おうよ」と追いかける立場になって再びセックスできた例は、彼にはない。出会い系はセックスが前提なので、会ってヤルところまではそう難しくはない。
むしろ大変なのは、以降どう引っ張り続けるかだ。男を選び放題の女にすれば、何の利点もなく1人の男に固執するわけがない。最初だけは自分を殺してでもクンニに励むべし。
セフレと関係をキープし長持ちさせる方法
せっかく見つけたセフレなのだから、飽きるまでは楽しみたいもの。できる限り長く引っ張るための、知っておくべき事柄とは。仮にあまり大事にされていなくても、女は自らをセフレだとは認めたがらない。これは既婚男性と関係を持つ女の言動からもわかる。不倫とはすなわち男のセフレに過ぎないにも関わらず、彼女らは
「遊びじゃなくて不倫なの」と勘違いし続ける生き物なのだ。しかし男の態度がさほど本気でない
ことに業を煮やし、ときにこんな質問をぶつけてくることがある。
「私たちの関係って何?」
どれほどさばけた女であっても、ここでは「恋人だよ」と答えるべし。遊び、セフレという言葉を聞けばたちまち去っていく。たとえ既婚であろうと彼氏彼女がいようと、そのことをあえて声に出して意識する意味はない。言葉にしてしまうと
「ということは私ってセフレ?」と、女のマイナス思考を呼び覚ましてしまう。ただ好きだから一緒にいようというスタンスで接するべし。会って即ホテルに向かうだけの関係であっても、「一緒にいると癒される」だの「今度どこそこへ行きたい」だの、体以外の目的を口にしておく。他愛のない内容でもなぜか効果的なのがメールの魔力。ただし、反応がないのに送る一方では引かれること必至。来たら即返すぐらいの意識で。女が出られない時間帯にあえて電話をかけ、「声が聞きたかったから」と留守電にメッセージを残すのも効き目あり。セフレ保持者は声を揃えて言う。「3回までは簡単にヤレたのに4回目に会えなくなる女がなぜか多い」
2回3回とヤルうちに男はどうしても油断する・自分のモノになったと安心する。そこが落とし穴。なぜ3回目で判断されてしまうのかよくわからないが、統計が出ている以上、3回目までは奉仕の精神を忘れてはならない。どうせ食事代、ホテル代ぐらいしかかからないのだから全額自腹を切っておく。彼女ならばワリカンもいいが、セフレだからこそセコい、ケチと思われると簡単に逃げていく。まるっきりへ夕くそ早漏では話にならないが、毎回イカせまくってやらねばならぬわけでも決してない。快楽重視のセフレは意外と少なく、むしろ安全で安心な肉体関係を望むケースのほうが大多数なのである。

お茶や食事に付き合うだけ・大人の関係性行為無しでお手当小遣いをもらおうとするパパ活娘とエッチする方法

セックスに抵抗がある子はまずはフェラチオの壁を越えよう。フェラチオまで持っていければエッチまではスムーズだ。
お茶や食事に付き合うだけお茶や食事に付き合うだけパパ活娘とエッチする方法パパ活娘とエッチする方法パパ活娘とエッチする方法パパ活娘とエッチする方法パパ活娘とエッチする方法パパ活娘とエッチする方法
パパ活娘とエッチする方法パパ活娘とエッチする方法パパ活娘とエッチする方法
茶飯女をハプバーに連れて行くと・・・
馴染みの出会いカフェに足を運んだとき、顔見知りの常連オッサンの一人から茶メシ女に関する面白い話をきいた。ちなみに茶メシ女とは、お茶や食事に付き合うだけで小遣いをもらおうとする連中のことだ。
「茶飯女のなかに、ハプバーに行ってくれるコっているんだよ。中に入っちまえばなし崩し的にヤれるし、カップル料金で入れるから安上がりで、いいこと尽くしだよ」
「ホントにそんなコいるんですか?」
「セックスしなけりゃお茶してるのと変わんないしって言えばついてくるコもいるんだよな」
 これはオイシイ。茶メシ代として女に払う額はせいぜい5千円。ハプバーの初回カップル入場料は1万円ほどだから、これでエンコーまみれじゃない女とヤれたら破格の値段だ。それに、ハプバーに入れば3P、4Pも付いてくる可能性が高い。どう考えてもコストパフォーマンスに優れた楽しい遊びだ。「兄さんもちょっと試しにやってみなよ。引っかかったらラッキーぐらいのノリでさ」
 オッサンの話をうけ、その場でさっそく行動にうつったところ、わずか4人目、黒髪で夏帆風の21才女子大生が思わぬ反応を示した。
「きみは普段ワリキリしてんの?」
「私はご飯かカラオケだけですね」
「それならよかった。バーでデートしてほしいんだよね」
「それだけ?エロ系はなしですか?」
「うん、男女で入ると安くなるバーがあってさ。それにつきあってほしいんだよね。一緒にいてくれるだけでいいからさ」
「じゃあいいですよ」
 さしてあやしがられることもなく、無事に5千円で彼女を連れ出すことができた。
 カフェを出て、すぐに近くにあるハプバーへ。外観はスマートなバーとはほど遠いが、かといってエロい空気があるわけでもない。彼女はすんなりとついてきた。ひとまず私服のまま2人でカウンターに座り、あたりを見回してみる。何人かいる単独男は、一定の距離をもって俺たちに熱い視線を注いでいる。5席ほど先では半裸の40代半ばくらいの熟女と色黒の50代男が互いに腰に手を回してイチャつき中だ。その色黒男がニコニコしながらこちらへ近づいてきた。
「お兄さんら、初めて?」
「はい、このコも初めてなんですよ」
「初々しいもんね! じゃあ、このコにはいきなり過激なことはできないなぁ」
 そう言うと、男は連れの熟女の腰に右手を回し、左手で胸を揉み始めた。熟女もニコニコしながらこちらを見つめている。
「ほら、なにしてんの。兄さんもせっかくだからかわいがってあげてよ」
 色黒男が俺の手をつかんで、さっと熟女の胸に持っていく。モミモミしてやると、女は薄く笑みをこぼした。となりに座る夏帆ちゃんはというと、どうしていいかわからないといった表情で目線を外している。さすがウブなリアクションだ。
「ここ、どういう店なんですか?」
「なんでもアリなお店。でも見てるだけでいいからさ」
 若い大学生でも、見るだけならばさほどに抵抗はないのか、帰ろうとはしない。このあとも、俺たちはカップルや常連客から次々に話しかけられた。「よかったらスワッピングしないか」「見せ合いしないか」などなど。もちろんこの手のお誘いは断らざるをえない。再び、先ほどの色黒男が熟女を連れてこちらに近づいてきた。
「いまからあっち(プレイルーム)でちょっと遊んでくるから、兄さんらも、どう?」
「そうですね。見るだけなら」
「私はここにいます」 
 固辞する夏帆ちゃんの手を、熟女が引っ張った。
「どんなもんか、見るだけでいいから、ねっ」
 4人でプレイルームに入り、色黒&熟女がさっそくプレイをおっ始めた。
「ほら、ちゃんと感じてるとこ見せてやって」
 大股開きで大げさにアエぐ熟女の声を聞きつけたのか、すぐにほかの客たちも続々とプレイルームへと入ってきた。単独男の一人が塾女の生乳をもみ始めたことをきっかけに、みな次々に熟女の身体に手を伸ばし出した。当然、俺も参戦だ。夏帆ちゃんは一歩下がってその様子を黙って見ている。なんとか、彼女もこのままプレイに持っていきたいのだが。
「もっと近くに来なよ」「いえ、私は見てるだけの約束なんで」
 熟女は、挿入されながら男たちのチンコを順番に手コキし始めた。
 ここで、興奮してきた男の一人が振り返って夏帆の手を掴んだ。
「お姉ちゃんも、ちょっとだけ、ほら」
そのまま手を自らのチンコの方へ持って行こうとする。俺も、その男に便乗してチンコを差し出す。
「こっちも触ってよ」
「それはできないですって」
「じゃあほんの一瞬でいいからさ」
 すると、彼女は黙って俺のチンコを握ってスコスコと動かし始めた。茶メシ女がやっとここまでしてくれた!あとはなし崩し的にセックスへ持っていきたい。手コキさせながら彼女の胸に手を伸ばす。ところが、
「それはマジで無理です」
 残念ながら雰囲気にまかせて最後まで、とはいかなかったが、清純そうな茶メシ女が流れに身をまかせそうになるあの光景は見ものだったと思う。今後もガンガン実戦していきたいものだ。
復讐代行屋のふりをして女性依頼者からエロ体験談を生聞きするSnapCrab_NoName_2018-1-19_18-3-0_No-00.png
テレビで復讐代行屋なる仕事が紹介されていた。画面には実際に復讐を依頼した人達が何人か登場していたのだが、その中に、被害に遭った女性がいて、犯人への恨みやその動機となった被害の様子を語っていた。これって、自分も復讐代行屋のフリをすれば、女性依頼者から恥ずかしい話を聞けるってことじゃないのか?
フリをするだけなら簡単だ。すぐに行動に移した。
『貴方に代わって怨みを晴らします。復讐や報復は勿論、各種工作も請け負います。御相談は無料です。お気軽にメールください』
見よう見まねで掲示板に載せた書き込みに、思った以上に多くの依頼者からのメールが届いた。しっかりした文章が書けるまともな人や、支離滅裂で明らかに頭がイカれてる人などの中に、セクハラや性的虐待などの理由から、誰かを殺したい、再起不能になるまで追い詰めたい、などと依頼してくる女性のメールもあった。大手メーカーに勤務する事務員の女性(29才)は、2年に及ぶ上司のセクハラのせいでノイローゼになり、休職も考えていた。その上司を社会的に抹殺して欲しいとの依頼だ。お互い名前を伏せたまま、細かい話を聞かせて欲しいとメールで打診し、ターミナル駅近くのカラオケボックスで話を聞かせてもらうことになった。目の前に現れた女性は、黒のロングヘアーの和風美人で、ブラウスの下にはなかなかに大きな胸が。
セクハラのターゲットになるのもうなずける雰囲気だった。
彼女は、ほぼ毎日のように上司からセクハラを受けていた。
「まず、必ず『お疲れっ』とか言いながら後ろから肩を叩いてきて、グイグイ揉んできて…」
「それから?」
「そのまま首スジを触ったり、肩を掴んだりしながら、離れ際にわざと自分の股間を押しつけてくるんです」
と言ったときの彼女の嫌悪に満ちた表情!たまりませんな〜。
「どのあたりに押しつけてくるんです?」
「腰とかお尻、ですね」
「なるほど。相手の股間はどんな状態なんですか?」
「日によって違います。固くなってるときもあって…」
「柔らかいときもある」
「はい」
「股間が固くても柔らかくても、嫌悪感は同じなんですか?」「同じです。それが毎日続くんですよ。最初のころは気持ち悪いし、気分が悪くなったりしてましたけど、最近は怒りの方が強くなってきて…」
女性はその上司を冤罪で逮捕させ、社会的に追い詰めてやりたいのだと語ってくれた。
「わかりました。検討してみましょう。料金などの詳細は追ってメールの方にご連絡いたします」
内容はライトだが、なかなかの興奮が味わえたケースだ。自分を捨てた不倫相手の男性に、一矢報いたいという依頼もあった。依頼者本人も、相手の男性も結婚相手がいるダブル不倫の関係だったらし
い。待ち合わせ場所に現れたのは、30代前半のケバめの茶髪女性だ。
「私、本当は嫌だったんですけど、何度も何度もハプニングバーに連れて行かれて、初めて会った男性と行為させられて…」
「えーと、具体的に行為というのは?」
「口でさせられたり、普通にセックスさせられたり、ですよ」
「快感はなかったんですか?」
「まあ、なくはないですけど…、好きじゃないと、そんなに気持ちよくないですよ」
自分も不倫のくせに、自分を振った相手にだけ一方的に文句を言うのはおかしいと思ったが、そこそこ興奮できたお相手だった。中には強烈な体験談を語ってくれる女性もいる。義理の父親を殺して欲しいと訴えてきた22才の女の子の話はすさまじかった。
本人の見た目は、地味な専門学校生といった雰囲気だ。
「自分の義理の父親なんですが、酒を飲むと荒れるというか、人格が変わる人で、ちょっとしたことでコップや灰皿を投げられたりしてました。わたし、アイツに高校を卒業するまで虐待されて……うう…うっ…」
「あの、大丈夫ですか?」
話しながら目に涙を浮かべ嗚咽する彼女。虐待が性的なものであることは確実だろうけど、どうにも聞きづらい。「たとえば、どんな虐待を受けたんですか?」
「アイツが…、酔っぱらって帰ってくると、深夜1時くらいに私の部屋に入ってきて…、暴力も振るうから、母親も気付いたのに、何も言ってくれなくて…ウウッ…どんな方法でもいいので、とにかく、殺してください…」
 どうにか具体的なプレイを聞きだそうと何度も試みたが、思い出したくないのかどうしても詳細は語ってくれなかった。復讐代行屋として出会った女の子の中で、一番興奮したのが、23才のヤンキー風美人のケースだ。高校のころに自分をイジメた主要メンバー8人を殺して欲しいという依頼で、淡々とした口調で語られる壮絶なイジメの中身に、かなりの衝撃を受けた。
彼女は関東圏にある偏差値の低い高校に入ってすぐ、女子の不良3人グループに目を付けられ、イジメが始まったらしい。最初のころは、ブラとパンツを没収されたり、スカートの丈を股下1センチにさせられる程度の軽いものだったが、そのうちエスカレートしていった。
「教室で上半身裸にされて、その子たちに胸を揉まれながら、本気でアエいでみろよ、とか。教卓の上でバイブでオナニーさせられたり、とか」
「そんなことまで?」「そんなもんじゃないです。同じクラスに知恵遅れっぽい感じの男の子のいじめられっ子もいたんだけど、その子とキスさせられたり、クラスの皆の前でフェラとかもさせられたし」
「みんなの前で?」
「そうですよ。そんなことが2年間続いて、3年生のころは男グループ5人ぐらいとほぼ毎日セックスさせられて」「うわ…」
「たまり場みたいなところで同時に相手させられてました。手足を掴まれて、順番に、何度も何度も。そいつらも全員殺して欲しいんです」
彼女は心の傷が原因で現在も男性とお付き合いしたことがないと言っていた。正直可愛かったので俺もセックスしてみたいと思ったけど、後が怖いのでオナニーで我慢することにした。
話をしてくれた女性たちとはその後一切連絡を取っていない。別の復讐代行屋を使って実行に移したんだろうか。
1、援交嬢をセフレにするポイントはご飯を食うタイミングにある
援助交際オンナと遊ぶとき、必ずやっていることがある。
「時間あったら、軽く飲みにでも行かない?」
食事に誘ってみるのだ。セフレにしてやろうという狙いで。ポイントを教えよう。
仮にホテルに入る前に誘ったとしよう。飲み食いしてる最中、女の頭には、これからの援交セックスのことがよぎる。つまり仕事意識が強くこちらのことは客にしか見えない。打ち解けるには不利だ。
だから誘うのは、必ずプレイ後である。金を介したセックスとは言え、体を合わせたことにより、互いの距離は近くなっているし、女の気分はぜんぜん違う。もう仕事は終わってるんで完全にプライベートなんだけど、このオジサン、そんなに悪い人じゃなさそうだし、ゴハン行ってみよっかな、ってな感じになる。とは言え、みなさんは思うかもしれない。相手は体を売っているようなスレた女なので、そうは簡単に口説けないのでは、と。しかし、スレた女というそれこそが、もう一つのポイントである。そう、ヤツらは少なからず心を病んでいるのだ。がメシの誘いに乗ってきたら、私は相手の話をひたすら聞いてやる。十中八九、不幸話だが、「頑張ってるんだね」「すごい人」と完全肯定してやり、その日はバイバイ。後日、「またご飯でも行かない?」と連絡。マジでセフレにできるので試してほしい。
2、“定期”のお楽しみ方法
出会いバーのようなところで遊んでいると、一度だけでなくその後も繰り返しワリキリする仲の女、いわゆる“定期”が出来てしまうってのはわりとよくある話です。身なりが清潔でカネ払いのきっちりしてる男ってのは、ワリキリ女にしてみれば、逃がしたくない魚なワケですから。実際、定期を持つのもいいものですよ。ワリキリで遊ぶなら、毎回ちがう女がいいっていうのもひとつの考え方だけど、定期は定期でまた別の楽しさがありますし。代表的なのはやはり旅行でしょうか。たっぷり温泉に浸かってウマい飯を食い、それからいよいよセックスを、なんていうのは定期がいるからこそ可能なゼイタクな遊びといえます。また、私はわざと女に露出度の高い格好をさせて町を練り歩き、その後に「おまえ、男たちからジロジロ見られて感じてたんだろ?ビショビショじゃねえか」的な遊びが好きなのですが、こういうのも定期ならではのプレイでしょう。みなさんも素敵な定期ライフを。
茶飯女には「いきなりチン見せ」。コレ、覚えておいて損はありません。
また、同じカラオケスタートで、逆に大金をちらつかせる方法も効果的です。
「エッチしてくれたらこれあげるけどどう?」と、あらかじめ用意した5万円の札を見せます。
3、私は57のおっさんなので、射精するより若い女性と長い時間一緒にいるほうが楽しいわけで。そんな、枯れたおっさんの出会い喫茶活用法を教えます。まず、午前中に出会い喫茶に行って、ヒマそうな茶飯女とトークします。このときに「1万払うから半日一緒にデートしよう」と言うとついてくる女が結構いる。茶飯の相場は3~5千円。半日デートはかったるいけど、このまま待っていてもいい相手が来るとは限らない。それならこのジイさんに1万円もらっとこ。って考えるんでしょう。
4、私が月一で行うデートは池袋の出会い喫茶を拠点にして、そこから豊島園駅の混浴がある温泉施設に行くコースです。移動中も手を繋いだり、風呂上りに休憩所で肩を揉んでもらったり。他人から見たらリタイアした父親と、親孝行する娘って感じでしょうね。若い子と1日カップル気分を味わえるなら安いもんだと思いませんか?
SnapCrab_NoName_2017-12-30_13-30-20_No-00.png
出会いカフェで日々エンコーしているうちに、友達になった女の子がいる。友人はちょっと年はいってるけど沢尻エリカ系の美人で、対するワタシは体重90キロの一重まぶたで森三中の大島似、おまけに胸よりお腹のほうが突き出てる、いわゆるデブスってやつだ。
稼ぐ額は段違いで、彼女はすぐに連れ出されるのに、私は一日中声がかからないことだってザラ。出会い系を使っても、待ち合わせ場所でドタキャンされてばかりだ。他の可愛い子と乱交なんて流れも!そのエリカちゃんに、終電後のヒマつぶしでハプバーに誘われたことがある。千円で朝まで粘れるからと。店内に入るやいなや、バーカウンターに座る男からの視線がぐっと集まった。といっても視線の先はすべてエリカちゃんのほうだ。そりゃそうよね。
 ワタシたちを挟む格好で男性2人組が座った。
「ねえねえ、オレたちと奥の部屋でイチャイチャしようよ?」
 いちおうは二人を誘うテイだけど、視線は明らかにエリカちゃんにしか向いてない。あーあ。なんかイヤになっちゃったなぁ。ワタシは眠いからと誘いを断り、エリカちゃんは二人を連れて奥のプレイルームに向かった。ったく、なんであの子はカネにもならないエッチをするかね。そんなことで一人ボーッと店内を観察していたら、思っていたハプバーのイメージとは少し違うことに気がついた。
エッチしてる人たちは意外に少ないのだ。
 その代わりに何をするでもなくポツンと座ってたり、プレイを覗くだけの男性の多いこと。新しい女性客が入ってきても声をかけることなくモジモジしちゃってる。きっと店に来たはいいものの、どう誘えばいいかわからないんだな。こんな場でも、モテる男とモテない男とでは差ができてしまうのだ。ふと思いついた。だったらワタシから誘ったらどうだろう。それも有料で。
 こんな私とのエッチにお金を払う価値はないかもしれないけど、一緒にプレイルームへ行けば、他の可愛い子と乱交なんて流れもありえるわけだし、部屋の外から覗いてるだけより断然マシだと思うけど。さっきからひたすらビールばかり飲んでるオジサンに声をかけてみた。
「ねえ、今日はどんな感じですか?」
「ああ、うーん、そうだね」
 と曖昧な返事だけど、誰も誘えずに悶々としていることは明らかだ。
「ねえ、私とプレイルームに行きません?」
「え?」
「なんか可愛い子たちが入っていったの見えたんですよ。皆でけっこう盛り上がってるみたいだし」
 息を飲むオジサン。頭の中は夢にまで見た乱交の光景が広がってることだろう。
「へえ。そうなんだ」「可愛い子の隣でしようよ。もしかしたら交ざれるかもしれないし」
「うーん、そうだねえ」
「でもね、ちょっとお願いがあって。実は家に帰るお金がないのね、遠くに住んでるからできたら1万くらい欲しいなぁ」
 オジサンの太ももに手をやりながら、精一杯甘えた声を出す。
「うーん」
「お願い。もしプレイルームで色んな子と絡めるならいい話でしょ?」
「そうだねえ・・・」
 ガウンの上からチンチンをこすりながら交渉すること数分、ようやく8千円でまとまった。やった!「じゃあ先にもらえる? 不安だから」
 ロッカーの財布を取りにいったオジサンは、店員にバレないようにこっそりお金をくれた。
 そのままプレイルームへ。そこにエリカちゃんはもういなかったけど、他の女の子(あまり可愛くない)たちが、男たちと絡んでいる。その隣に寝転がってオジサンとエッチ開始だ。
 フェラのときも正常位で挿入してからも、オジサンは終始、隣のセックスばかり見ていた。でも積極的に「交ざろうよ」と提案するわけじゃない。ま、それが言えたらカウンターでボーっとしてるわけないよね。
 以降も色んなハプバーに1人で出向き、女性に声をかけられずモジモジしているオッサンに同じように交渉を持ちかけている。
「金かかるならやだよ」と強がるオトコもいるけれど、一晩で2、3人は客になるので、月に25
万以上も手に入る。万々歳だ。エンコーで稼げない子、こっちにおいで!メンヘラに共感して酒を飲ませれば一丁上がり!
メンヘラがセフレに打ってつけな存在なことに異論はないだろう
具体的にはキーワード検索で以下の語句を使うといい。攻め方はシンプルだ
まずファーストメールでは相手への共感と誠実さをアピール
以降のやり取りでもひたすら共感と同意を示すのが基本姿勢だ
相手への反論や説教は厳禁だ
なんせメンヘラは向精神薬を常用している上に酒好きがほとんどだ。アルコールと精神薬のちゃんぽんでハイになり勝手にごっちゃん状態になってくれるのだ
ワリキリ女をセフレにする簡単な方法がある
ワリキリの際も客に奉仕させられる比重が高い
この手法ワリキリ娘をセフレにするのではなく彼女たちのセフレにしてもらう、という表現が正しいのかも
食事だけで2万円の付き合いがなぜセックス有りになるのか?出会い系ではもっぱらピュア系をターゲットにしています。手ぶらで帰るならセックスくらい我慢しようてな心理なのでしょう。金銭を介した交際に不慣れなピュア系女子はなかなか本音を言えないのです。
占い好きの美人をダマしてとにかく話を聞いてやると…
国際線のスチュワーデスを目指そうと決心したのは、勝ち組の女になりたかったからです。さっそうと空港内を歩き、みんなの視線をビシバシ浴びて、大企業のエリートから合コンを受けまくり、最後はパイロツトとゴールイン。そんなモテモテな将来を思い描いていました。しかし、人生とは順風に進まぬモノ。私は結局、スッチーになることができず、代替としてグランドホステス(グラホとの職に就くことになります。早い話が、チェックインの受付や搭乗案内係に携わる、国際空港内の女性スタッフに格下げしたのです。時は流れて、現在、私は27才。結婚の兆しどころか、目先の彼氏作りにすら困っています。誤解なきよう断っておきますと、男日照りは、私だけじゃありません。同僚のグラホも、同じような子たちばかりで、頭にくることに、スッチーに収まった友達は、去年、電通のイケメンと結婚しました。同じ職場にもかかわらず、空と地上で、この差はいったいなんでしょう。なぜこんなに出会いに恵まれないのでしょうか。恥を忍んで私は言いたい。男性の方々、ぜひともグラホにアプローチしてくださいでは、どのように言い寄ってくれると、私たちが反応するか。さしあたって、グラホの干からびる理由からこ説明させてください。最初に理解して頂きたいのは、グラホの勤務時間がとても変則的だという点です。私の生活でいうと、まずは早番の朝5時→昼3時を3日勤め、中ー日休みという変則口ーテーションで毎日を回しています。最初の3日は早く寝なければならず、遅番も言わずもがな。男と飲みに行くような時間をどこで作ればいいのでしょうか。遊ぶ暇もさることながら、そもそもお金もありません。グラホの初任給は、手取りで平均11万ほど。とにかく生活するだけでアップアップです。ちなみに、友達のスッチーは、万がーの飛行機事故の手当てとかで、私たちより10万ほど多いといっておりました。勤務時間や給料問題だけでも大きな足伽なのに、実はグラホは、ちっぽけなプライドにとらわれて、自ら男を作りにくくしてもいます。
私の経歴からお察しの通り、大半のグラホたちは、華のスッチーを目指し、選から漏れた女の子。空港のオネエサンに成り下がりはしたものの、だからと言って、当初のプライドをすぐに捨てることができないのです。
例えば、フツーの男性客に軽く「携帯教えてよ」と言われても、周りの目が気になって、ついクールな自分を演じてみたくなる。少なくとも、職場では、突っ張っておきたいのがグラホなのです。そこで、たいへん惜越ではありますが、みなさん方にお願いしたい。気になるグラホを見つけた時には、ナンパ然とはせず、そっと名刺を差し出しては頂けないでしょうか。私たちは、そんなアナタのアプローチを心待ちにしてます。

【エッチ漫画】韓国人女性にもてたければコリアンガールズバーへ!激しいSEXが好きな彼女が出来るぞ

コリアンガールズバーエッチ漫画 コリアンガールズバーエッチ漫画 コリアンガールズバーエッチ漫画 コリアンガールズバーエッチ漫画 コリアンガールズバーエッチ漫画 コリアンガールズバーエッチ漫画 コリアンガールズバーエッチ漫画 コリアンガールズバーエッチ漫画 コリアンガールズバーエッチ漫画 コリアンガールズバーエッチ漫画

【エッチ漫画】ぽっちゃり豊満妹と痩せ貧乳お姉さんの姉妹デリヘル嬢の近親相姦3Pプレイが大人気

姉妹近親相姦3Pエッチ漫画姉妹近親相姦3Pエッチ漫画姉妹近親相姦3Pエッチ漫画姉妹近親相姦3Pエッチ漫画姉妹近親相姦3Pエッチ漫画姉妹近親相姦3Pエッチ漫画姉妹近親相姦3Pエッチ漫画姉妹近親相姦3Pエッチ漫画姉妹近親相姦3Pエッチ漫画姉妹近親相姦3Pエッチ漫画姉妹近親相姦3Pエッチ漫画姉妹近親相姦3Pエッチ漫画姉妹近親相姦3Pエッチ漫画姉妹近親相姦3Pエッチ漫画
Copyright © エロ漫画無料アダルト裏モノJAPAN All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます