コンビニ店長、女子大生バイトの脱ぎたてパンティ盗む
SnapCrab_NoName_2019-7-29_22-23-51_No-00.png
私が店長を務めるコンビニに1人の女性アルバイトが入ってきました。名前はヨウコ、20才の短大生です。清楚な雰囲気と黒髪に、私は年甲斐もなくすっかりハマってしまいました。
しかし、どうにもうまくいきません。やんわりデートに誘っても、ノラリクラリと力ワされてしまうのです。力レシはいないらしいのに。やはりこんなハゲのオッサンじゃダメなんでしょうか。どんどん卑屈な気分に陥った挙げ句、私はあらぬことを考えはじめました。
(そういえば、彼女、1人暮らしだって言ってたな。部屋の合い鍵を作れば・・)
翌週、都合良く彼女と2人だけの勤務になった日、私はさりげなくバックヤードに向かいました。我が店では、従業員は荷物を個人ロッ力ーに入れることになっています。マスターキーを使って中をあさると、ありました、力バンの中に部屋の鍵が。
「ちょっと外に出てくるから、レジ頼むね」「わかりました」
そのまま近所の鍵屋に走り、合い鍵を作ってからまた元の場所へ。むろん接客に忙しい彼女が気づくはずもありません。
合い鍵を使って部屋にこっそり侵入するー。
ヨウコのシフトを完全に把握している私にとって、この悪巧みは絶対にバレつこない自信がありました。
数日後、彼女がバイトにやってきたところで、いよいよ計画実行です。
「ちょっと外出するからレジ頼むね」「行ってらっしゃいー」
履歴書の住所を頼りに、あちこち探すと、ほどなく小締麗なアバートの前に辿りつきました。どうやら二階が彼女の部屋のようです。階段を上り、ドアの前へ。念のためピンポーンと呼び鈴を鳴らしても返事はありません。そりゃそうです今はレジに立ってるのですから。
おもむろに中へ入ると、間取りは6畳一間の1Kで、小さなキッチンとユニットバス、シングルベッドが置かれています。白の色調がいかにも女性らしい雰囲気です。(ああ、この甘酸っばい臭い)さんざん部屋の香りを唄いだ後は、いよいよ本題へ。そう、狙いは下着です。洗濯かこからパンティとブラジャーを引っ張りだし、臭いを唄いだり、頭に被ったり。
ああ、あの黒髪のョウコがこんなヤラしい匂いをさせてるなんて・。もちろん衣装棚も漁りました。派手目のバンティ、可愛いパンティ、履き古したバンティ、もろもろを頭にかぶるうちに股間はばつんばつんです。ティッシュを拝借してオナニーし、部屋を元通りにしてから私はコンビ二に舞い戻ったのでした。
「お疲れさん、大変だったっ」「いえ、大丈夫ですよ」ニコリと微笑む彼女。ふふふ、私はもうただの店長じゃない。君のメスの匂いを知った男なんだよ。
こうして彼女がシフトに入る度に何度か不法侵入するうち、物足りなさを感じ始めました。いくら洗濯力ゴに入った、つまり洗濯前の下着とはいえ、ョゴレや臭いが不足気味なのです。私としてはできるだけナマ脱ぎに近いブツを味わいたいのに。
(そうだー)素晴らしい秘策を思いつきました。店長とバイトという関係性、そして彼女が近所に住んでいるという好状況、この二点を利用すれば…。ぼかぽか陽気の日に、私は行動を起こしました。
「ちょっと、表の段ボールの整理とゴミ出しお願いできるかな。あと、窓も汚れてきたから拭いてもらっていい?」
普段はレジと簡単な品出しぐらいしか頼まない彼女に、ちょっとした肉体労働を命じたところ、ー時間ほど顔に汗をかくまで働いてくれました。このぶんだと、恐らくや下着もビショビショに違いありません。さぞかし臭いも。私はョダレをこらえながら、彼女に近づきました。
「お疲れさま。汗かいたでしょ。休憩取っていいから、家でシャワーでも浴びてきなよ」「えっいいんですか」
「うん。どうせこの時間ヒマだからね。時給は付けとくし、心配しないでいいよ」いっそのこと早上がりさせてあげればいいのでしょうが、それでは意味がありません。のんびり部屋に侵入するためには、この後ちゃんとレジに立ってもらわないと。数十分後、彼女はさっばりした顔で店に戻ってきました
そこで例のごとく私は、所用を理由に外出です。ー脱ぎたてのブツは、洗濯力ゴの中に丸まっていました。まずはブラジャーを顔にあててみます。ほんのりしめってるのは汗でしよう。いつも以上にスエた臭いが拡がります。
続けて、パンティを手に取り、肝心な部分の臭いをかぎながら、べろべろ証めまくり。鳴呼、この強烈な臭み。肉体労働させた甲斐がありました。自慰に耽った私は、ものの10秒で射精していました。★何食わぬ顔で店長をやりながら、下着漁りを続けていたところ、春先になって彼女がバイトを辞めてしまいました。しんどい仕事を振りすぎたせいでしょうか。
※この記事は読者様の投稿です。知的好奇心を満たすために自己責任で読み物としてお読みください。実行されると罰せられるものもあります。