クンニのタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます




超大人気・美谷朱里・枢木あおいちゃんも
プレステージMGS動画もマジックミラー号も!
U-NEXTユーネクストR18
U?NEXT月額利用料金2,189円(税込)
本ページの情報は2021年2月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

DMMのアダルトAV見放題はこちら
ただ今30日間無料お試し中!
月額利用料金550円(税込)
DMM見放題chライト(R18)

タグ:クンニ

縦漫画・おまんこを舐めてる時は女の目を見るべし・視線でいかせる見つめクンニの効果

SnapCrab_NoName_2021-7-21_8-4-53_No-00.jpg


SnapCrab_NoName_2021-7-21_8-5-6_No-00.jpg

クンニ中は女の目を見るべし
SnapCrab_NoName_2021-7-21_8-5-17_No-00.jpg


SnapCrab_NoName_2021-7-21_8-5-27_No-00.jpg

ちゃんと見ろ。しっかり見つめてなさい
SnapCrab_NoName_2021-7-21_8-5-36_No-00.jpg

ちゃんと見つめさせることがなにより大事
キツイ口調で命令することで女のM心も反応しまくる
SnapCrab_NoName_2021-7-21_8-5-58_No-00.jpg


SnapCrab_NoName_2021-7-21_8-6-9_No-00.jpg


SnapCrab_NoName_2021-7-21_8-6-41_No-00.jpg

この体勢も効果的だ
SnapCrab_NoName_2021-7-21_8-7-5_No-00.jpg

エロ画像・美少女に乗られての窒息しそうな顔面騎乗クンニは最高

201307116_20210625063724658.jpg201307117_202106250637257c9.jpg
〈初めまして。気になってメッセしましたー国田さんは、舐めるの大好きなんですねっーでも、やっばり最後までするんですよね?〉
こんなメッセージがミクシー経由で届きました。早速プロフィールなどを拝見すると、ご本人様のお顔の写真があります。美形のめっちゃ可愛らしい女性です。日記にはお酒落な雑貨や、美味しそうな料理の写真などがアップされていました。
こんな大人カーリーなゆるふわ系女子が、僕のような変態野郎にクンニの依頼をするなんて。彼女の正統派路線の日記からは想像がつかないくらいの意外性に、より興奮を覚えてしまいます。
頂いたメッセージの「でも、やっぱり最後までするんですよね?」というご質問ですが、これの意味する挿入に関しては僕自身まったく興味がないので、ですので「最後までしません」と返信。
〈今週の土曜なら午前中から行けるよ。ちょっと遠いから、行ったらすっごく奉仕してもらうけど。あたしも挿入より舐められるほうがいいかり、ずっと舐めてていいよ〉
まだ大したやり取りもしていませんが、僕が長時間のクンニ奉仕をする事は既に決定事項といった感じです。普段はゆるふわ系な彼女の包み隠さないエッチな側面を知れることも舐め犬としての幸せなのであります。
その後もお会いする迄の数日間にちょくちょくとメールを頂きました
〈お酒飲みすぎちゃったー。思いっきり全身をきれいに舐めて〉
〈いま地元の駅だよ。もうしっこ出そうっ国田君に舐められたら即効出るねっ〉
ボルテージが上がる中、迎えた当日。
ゆるふわ系の彼女はその見た目も小動物系で、かなり可愛い女の子です。彼女の、こ希望で近くのホテルへ向かいました。
「ねね、全身洗ってよ。ご褒美でお風呂で全身舐めさせてあげるーその後、まったり舐めてていいから」「はい、かしこまりました」
仰せのとおり、お風呂で御奉仕スタートです。
「立ったまま舐めて。託められながらしっこしたい」
一見、性とは無関係に見えるその外見とはうらはらに、非常に積極的な姿勢です。少し濃い目の陰毛の間から舌をはわせば、非常にステキなアエギ声を出しながら放にょうしてくださいました。ベッドにうつってもご注文は止まる様子がありません。
「足舐めながらマッサージして」「顔面に座るから、苦しくても舐め続けてね」
その日が初対面でしたが、のっけから上から目線で遠慮のないご指示をいただき、僕はこの上ない幸せに包まれたのでした。誠に有難う御座いましたー

【エロ画像】四つん這いクンニで脚の指舐めまでしたご褒美にお小水(小便)を飲ませて頂く

1111_20210611093427093.jpg2222_202106110929108cd.jpg
『世田谷区在住、新宿区勤務の28歳、一般的な日常を過ごしている会社員です。普段は穏やか、ソフト、クールな印象だと言われております。外見は167センチ、細身で少なからず不快な印象は与えないと思います。平伏させて足を舐めさせたり、こちらの快楽のためだけにひたすらクンニさせることを好んでおります。ご都合がよろしければ使わせて頂きたいです』

先月、このようなメールが届きました。「使わせて」と表現してくださった点から、ただの〝道具〞としかみていないことが伺えます。もちろんそれはマゾサイドからすると大変喜ばしいことです。
翌週、ご奉仕をさせていただく日を迎えました。平日でしたのでOL様はお勤め先から直接お越しくださるとのことです。待ち合わせ時間きっかりにスーツ姿でご登場されたOL様は、まさに都会で働くスタイリッシュな女性。白いお肌と整ったお顔だちの、美しくも格好の良いキャリアウーマンでいらっしゃいます。OL様はお会いしての会話でも、僕に対して丁寧な敬語を使って接してくださいます。ところがクンニルームこと僕の部屋に入るや否や、口調が一変しました。
「舐めたいの?じゃあ土下座してお願いしなさい」
急な豹変ではございましたが、僕だって昨日今日のM男ではありません。すぐさま「宜しくお願いいたします」とOL様のお足元に土下座で対応しました。どうやらOL様はかなりSな御方のようで、頭をグリグリと踏みつけた後、僕を仰向けにして、さらに顔面に体重を乗せて踏みつけてこられます。
「ああ、爽快」とのご感想を述べるOL様の一日汚れた素足を、僕は正座して舐めました。
「足の指をピストンで舐めて」「すごく似合ってる」「かかとも吸って」
ご指示のとおりにおみ足を舐めている間、OL様はもう片方の足を僕の頭に置いてくつろがれます。
そういえばここにやってくる道中のコンビニで、OL様はペットボトルのお茶を3本ご購入されていました。やたらゴクゴクと飲まれていたのですが、次のご指示のためだったようです。
「全部飲んでもらうから」 
僕はクチに発射されたお小水を飲み干しました。
「わたしのオナニー道具なんだからね」
「わたしのこと気持ち良くすることだけ考えて」
クンニご奉仕中もご指示に頷きながらただただもくもくと舌を動かします。
「きれいにして…こっちも」
「なんかクンニするためだけの別の生物みたい」
「OL様のアナルを舐めれて幸せですって言って」
「ほんとウォシュレットだね。もっと奥まで舌入れて動かして」
舌を休めることがあろうものなら
「やめない!」とお叱りが飛んできます。さらに「すみません」と謝ろうものなら「すみませんってなんだ。口のききかたに気をつけろ」と言って、おもいっきりバッシーン!と足ビンタをされるのです。
「もう人間とは思えない。このオナニー道具をアマゾンで販売したら絶対需要あるよ(笑)」 
との誉め言葉をいただきながら、僕はOL様の性欲処理に貢献させていただいたのでした。

【エロ画像】全身ローター責めで媚薬漬け以上の快感を味わうドM女子大生

最新更新日・2021年4月10日 全身ローター責めを追記しました
全身ローター責めエロ画像 全身ローター責めエロ画像全身ローター責めエロ画像全身ローター責めエロ画像全身ローター責めエロ画像全身ローター責めエロ画像こんにちは、ももです。
今回は大量ローターいれちゃうみたいです。
数え切れないほどのおまんこを紙めてきたクンニ
舌は伶しくて温かくて、気持ちよくて恩わず目が・・・
アナルにも一つ押し込まれました。
一気にスイッチ入れられたらどうなっちゃうんだろう。
おっさんにクンニとバイブとローターで調教されるドM女子大生は美しい・・・
大量のローターを膣の中に挿れられたり全身ローター責めで大量の潮を吹かされたり寸止めされる

クンニを拒む女には逆69でへそ舐めからもろ出しおまんこにむしゃぶりつくと効果的

73_202102261902184b7.jpg
世間にはちょっと信じがたい連中がいます。そう、クンニをかたくなに拒否する女です。
せっかく気持ちいいところを舐めてやるって言ってるのに、なぜ嫌がるのでしょうか? 自分のマンコが臭いと思い込んでるのなら大いなるカン違いです。クンニ好きにとって、エロ臭いマンコほどのご褒美はないのに。
とにかく、クンニを拒否する女はどんな説得にも耳を貸そうとはしません。それでもクンニをしたいなら強行手段に訴える他ないのです。ではどうやるか。まずは女を仰向けに寝かせ、その顔にまたぐような態勢を取ってヒザ立ちします。このとき、こちらの体は女のつま先側に向いており、そして言
います。
「チンチンしゃぶって」
女がフェラを始めたら、そのままするっと逆シックスナインの態勢(男が上)にスライドし、両手で女の足を力任せに開いて押さえつけます。
さあ、目の前には小陰唇をパクパクさせたマンコが、愛液をイヤらしく滴らせて待っています。存分に召し上がれ。

クンニでママ活体験談・五十路六十路の熟女の陰毛白髪のマン毛かきわけおまんこお掃除舐め

クンニでママ活体験談 クンニでママ活体験談クンニでママ活体験談クンニでママ活体験談クンニでママ活体験談クンニでママ活体験談クンニでママ活体験談クンニでママ活体験談クンニでママ活体験談クンニでママ活体験談
若い男の子たちの間で、「ママ活」が流行ってるそうな。 
可愛い顔した男子大学生が、30〜40代の女性経営者たちからゴハンや服を奢ってもらったり、お小遣いをもらったりと、そのまんまパパ活の男子版みたいなことをしているらしい。
なんて羨ましいんだ…。オレだって、ママ活したいぞ! 
でも、四十路のオッサンをかわいがってくれるママなどいるわけがない。 
でもババなら?オッサンのオレも「体あり」のババ活をすれば、現金とはいわずとも色々おねだりできるんじゃないか。よし、ババアをクンニで喜ばせて、何か買ってもらうぞ!
少なくとも貧乏人ではないはず
さっそく、ババア探しを始めよう。高齢者の多そうなマッチングアプリをいくつか開き、60才以上の婆さんを検索していく。できればお金持ちの婆さんを狙いたいところだが、プロフに「会社経営してます」と書いてる婆さんはいない。とりあえず趣味の欄に「バレエ鑑賞」だとか「海外旅行」などと書いてあれば、金銭的に余裕がありそうなので、優先的に「いいね」を押していく。
ちなみに、オレのプロフィールは特に練り込まず、仕事や趣味なども正直に書いた。当然だが、クンニ好きのアピールもなしだ。ただし、プロフ写真だけはアプリを使って若々しい肌に修正し、若くみえるようにしておいた。
1日かけて、60才オーバーの女性30人以上にいいねしまくった結果、一人の婆さんが食らいついてきた。60才の未婚女性、ユキさんだ。
『棚網さん、初めまして。ユキと申します。音楽とか映画とか、色々お話が合いそうですね。これからもよろしくお願いいたします♪』
プロフ写真には、年相応な小じわのある、ちょっとアゴのしゃくれた初老の女が笑っていた。映画や音楽のほか、ロードバイクや水泳などのスポーツが趣味らしく、細身の締まった体型だけ見れば、60
才とは思えない。お金持ちかどうかは微妙なラインだが、ロードバイクが趣味なら少なくとも貧乏人
ではないはず。何度かのメールのやり取りの後で食事に誘ったところ、
『お会いする件ですが、今のところ平日でも土日でも大丈夫です。よろしくお願いします(^^)』
とのお返事が。その週の平日のお昼に会うことになった。
「それでね、ママ活って知ってます?」
約束当日、昼1時。都内の某ターミナル駅の前で、ユキさんの到着を待つ。しばらくして、黒のカットソーにスカート姿のオバサンがこちらに近づいてきた。
「あ、こんにちは。ユキです。よろしくお願いします」
「棚網です。こちらこそよろしくお願いいたします」
頭を深々と下げた彼女。背筋がピンと伸びて、ぜんぜん婆さんっぽくない。50代前半ぐらいのマダムって感じだ。
「お腹は空いてますよね?」「まあ、そうですね。ランチしましょうか」
ということなので、歩いて3分ほどのダイニングカフェへ。カフェ飯を食べながら、まずは彼女のプ
ロフに書いてあったスポーツやサブカル系の話題で盛り上がり徐々に男関係の話にシフトしていく。
軽く話した感じはサバサバしたキャラで、経験上、こういうタイプは性欲も強い気がする。
「あのアプリで、ほかにも会った男性はいるんですか?」
「ええ、何人かとお会いしてますよ」「その方たちとは、どうでした?」
「それがね、20代とか30才とかの男性ばっかりで」
「え? そんなに若いんですね」
「そうなの。たまに10代の学生とかも『いいね』してくるんですよ。この人たち、何を目的に私のとこ来るんだろうと思って」
間違いなくそいつらもババ活目的だろう。考えることは一緒なんだな。
「それでね、あまりにも10代20代からの足跡とかいいねが多いので一度聞いてみようと思って。20代の人と会ってみたんですよ」「それで、目的はわかったんですか?」
「わかんない。でも、会ってゴハン食べた帰り際に、手を繋いできたりして、なんか、接触が多いというか、そういう感じなのかなって思って」「はいはい」
「それでね、ママ活って知ってます?」ドキーーッ!!「ママ活…ですか?」
「たぶん彼らは、わたしをお金持ちだと思ってて、お小遣いもらおうと思ってるんじゃないかって」
「あーーなるほど…。パパ活の女性版ってことですね」
「そうそう。だって可笑しいもの。20代なんてねえ。本当に幼い顔してるんですよ?」「へえ」
とぼけてはみたが、膝が震えそうなほど動揺していた。オレ、ママ活っていうかババ活してるんだけど。
ほぼ処女みたいなもんじゃないか
「ユキさん、プロフィールに未婚って書いてましたけど、彼氏さんとか、恋愛関係はどうなんですか?」「彼氏は…いないですね。私、恋愛経験がほとんどないんですよ」
「え? まったくないわけじゃないでしょ?」
「まあ、でもないような感じですねえ」あら、まさかこの婆さん、処女なの?
「あの、お会いしたばかりで、こういう質問は失礼かもしれないですけど、過去にそういった経験は…」「それはありますよ。だいぶ歳を重ねてからですけどね」
が、さらに突っ込んで聞いたところ、30代で最初の相手と経験して以来、それ以降は誰ともセックスしてないことが判明した。ほぼ処女みたいなもんじゃないか。
ってことは、クンニ経験もほとんどないんじゃないか? これはかなりの効果が期待できそうだぞ。
「色々お話してきましたけど、僕に興味持てそうですか? もちろん男としてですよ」
「はい、興味持ってますよ。話してて楽しいですし」
「いやいや、異性として興味はあるのかって意味ですよ」
「ありますあります。大丈夫です」
「ホントですか? じゃ、ちょっと僕のカラダ、触ってみてくださいよ」
差し出した腕を、素直にナデナデしはじめる。「もっと色っぽく触ってください」
「ハハハ、色っぽく? 何言ってるんですか」
と言いながらも、身体を近づけ、ナデナデを続けてくれた。なんだ、大丈夫そうだな。もうホテルに誘っちゃおうか。よし、お会計お願いします!ババ活目的だとバレたらマズいので、ここの会計をおねだりするのはやめておこう。店の外に出て、まっすぐホテル街に向かう。時計の針はまだ昼の3時を過ぎたばかり。十分すぎるほど時間はある。
「ユキさん、今日はお仕事お休みだったんですか?」
「いえ、いまね、実は仕事辞めたばかりで休職中なんですよ」
「え? そうなんだ。お仕事何されてたんですか?」
「お役所関係の派遣ですね。早く次を探さないといけないんですよ〜」
派遣かよ。ぜんぜんお金持ちじゃないじゃん。これはかなりクンニを頑張らないと厳しいかもな。
「まだ帰らなくも大丈夫ですよね? どっかお部屋に入って、まったりしません?」「え〜! お部屋でまったり? …会ったばっかりなのに?」
「でも、そういう相性は、早めに知っておいた方がお互いいいと思うんですよね」
「う〜ん…。まあ、ねえ」
「こういうことで駆け引きしたくないんで、素直に気持ちを伝えてるんですよ」
「じゃあ、まあ…いいですよ」
おお、さすが60才。話が早い。男性経験が少ないとはいえ、グダり方がしつこくなくていいですね。
コンビニで飲み物を買って、いざ近くのラブホテルにチェックインだ。
小さめのクリがカチンカチンに勃起
「すごーい、綺麗なお部屋! こんな感じなんですねー。へー」
 なんと、ラブホに来たのはこれで人生2度目だそうだ。
 ソファに荷物をおいた彼女に近寄り、キスをする。
「どうですか? 少しは色っぽい気分になってきました?」
「はい…、なってます…」このまま押し倒してもいいけど、クンニ前に風呂には入ってもらいたいな。「一緒にお風呂入りましょうか」「え、一緒に? それはちょっと…」
ということなので、順番にお風呂に入って準備完了。さあ、ここからが本番だ。
バスローブ姿でシャワーから出てきたユキさんが、照れ笑いしながらコチラに近づいてきた。うーん。あらためて近くで見ると、やっぱり婆さんだな。
が、意を決して抱き寄せて優しくキスをかます。ぎこちない感じで唇に吸い付いてくる彼女をベッドに移動させ、バスローブを剥ぎ取った。
おおっ? 意外にもプリンとキレイなおっぱいが。乳首も小さめで形が整ってるし。セックスや出産の経験がないと、還暦でもこんなにキレイなんですねえ。手や口で胸や身体を愛撫していき、「は
あ…はあ…」と吐息が漏れてきたところで、いよいよクンニタイムへ。
乳首ペロペロから股間を目指して徐々に下がっていく。うわっ、まだ触ってもいないのに、割れ目がテラテラ光ってる。濡れまくりじゃないか。
恐る恐る股間に顔を近づけてみた。と同時にユキさんが上に逃げていく。
「え〜? そんなとこ舐めるの?」
やはりクンニ経験も乏しいのか、恥ずかしがってますね。
「そりゃ舐めますよ。舐められるの嫌いですか?」
「ん〜…嫌い、ってワケじゃない…けど…」ほれ見ろ。クンニされたいんじゃないか。閉じようとする脚を両手で強引に開き、クリの包皮をレロッとひと舐めする。「ああっ…」
うむ。白髪が目立つけど、変な匂いもしないし、毛量少なめの舐めやすいマンコだ。これならいけそうだぞ。最初はなるべく弱い力で、優しくねっとりと舐めていきましょう。
 ネロリ〜ン、ネロリ〜ン。レロレロ〜〜。
「んん…ああ…、ああん、いい…」
あんなにサバサバ口調の婆さんだったのに、色っぽい女の喘ぎ声に変わった。
「どうです? 舐められるの悪くないでしょ?」レロレロレロ〜。
「うん、気持ちいい…ああ…」
陰唇や膣周りを弱めのネットリ舐めでしばらく攻め続け、焦らしまくってからクリ舐めに移行する。長期戦なので、クリも弱めの刺激からだ。はい、ネロネロネロ〜。
「んああ…ああ〜気持ちいい…」
小さめのクリがカチンカチンに勃起して、割れ目の奥から透明なヌルヌルがどんどん流れ出てくる。
「ああ…ああ…あああッ!!」
しばらく舐め続けていたら、脚がピーンと伸び、身体がビクビク痙攣を起こした。あれ、軽くイッたんじゃないすか?「ちょっと待って。なんかスゴい敏感になって…ああ、あああ〜」
よしよし、いい感じですよ〜。 本人曰く、「さっきは強い波が来た…」とのことなので、しばしブレイクを入れたのち、体位を変えて再びクンニタイムだ。
「今度はオレの顔の上に乗っかってみてください」「ええっ? どういうこと?」
「いいからいいから」
照れ笑いする彼女の手を引いてオレの頭の上で四つん這いにさせ、顔面騎乗の体勢に。
「なんか…すごい格好になってるけど…ああっ! ああっ〜」
下からクリ周辺をレロレロしてやると、再び身体をクネらせながら喘ぎ始めた。
「こうすると、クリが膨らんで気持ちいいんですよ」
ペロペロ〜、ペロペロ〜。
「ええ〜、あっ! あああ、ちょっと! なんか、さっきと違う…ああっ、ああ〜!」
頭をガクガクさせながら、必死に両腕で身体を支えている。かなり効いてみるたいだ。ヌルヌルの愛液もとめどなく流れ落ちてきて、オレの口の周りはベチョベチョだ。
「はあ、はあ、はあ…」肩で息をしている。もはや言葉も出てこなくなったようだ。
「大丈夫ですか?」「うん、アハハ…ちょっと、なんかすごい。ああ…。あああ〜」
すでにクンニを始めてから1時間近く経っている。さすがに疲れたかな?
「いったん仰向けになってもらっていいですよ」「はい…」
ここで脚を抱えてチンポを挿入しようとしたのだが、膣の奥が硬すぎて奥まで入っていかなかった。こんな経験は久しぶりだ。「ごめんね。ずっとこいうことしてなかったから…」
「いいんですよ。その代わり、もう少し舐めさせてください」
「ええ? また舐めるの? ああ…あああ!」
脚を掴んでクンニ再開。レロレロレロ〜。
「ああん、また…、あああ〜気持ちいい…んん」フェラもさせず、挿入も諦め、ラブホの休憩時間のほとんどをクンニに費やした。さすがにこれだけ長時間舐め続けると、舌も首も疲れてヘトヘトだ。でもこれだけ頑張れば、何かお礼をしたくなるってもんでしょう。
クンニ1回じゃ、32万は高いよね
ホテルの休憩時間の終了間際に急いでシャワーを浴びて部屋を出た。時間は5時半。今からおねだりするとしたら、どこがいいだろう?そうだ、ホテル街の近くに家電量販店があったはずだ。引っ越しの予定があるので、色々と買い替えたい家電があるのだ。テレビとか炊飯器とかをおねだりしちゃおっと。「ちょっと電気屋で見たいのがあるんですけど、付き合ってくれます?」
「電気屋さん? いいよー」
よしよし。ではまいりましょう。歩いて5分ほどの大手量販店に到着。
まずはテレビのあるフロアに直行だ。「実は、テレビが壊れかけてまして…」
「あ、そうなの? 私も10年ぐらい使ってるからなー」
などと言いながら、身体を寄せて手を繋いでくるユキさん。クンニタイムの直後だからか密着度が高い。おねだりチャンスだ。
「うわー、このテレビ、キレイですね。有機ELディスプレイだって。65インチか。でかいな〜、いいな〜」「ほんとだ、キレ〜イ。すごいね」「こんなの部屋に欲しいな〜」
「でも…、ちょっと大きすぎない? 目が疲れちゃいそう」
ですよね。60万以上するしね。さすがにこれは買ってくれないでしょう。もう少しサイズを下げてみますか。「あ、こっちぐらいならちょうどいいかも」「あ〜、そうね。キレイだし」
55インチ32万円だ。
「32万か。けっこうするなー。いまお金ないからなー」「……」
ユキさんの顔をチラ見する。テレビを見ながら無言のままだ。その表情は「無」。仏のような顔をしていて何も読み取れない。
「…もう少し小さくてもいいんじゃない? お部屋によるけど」
そうきたか。まあね、2時間程度のクンニ1回じゃ、32万は高いよね。
「いっぱい舐めてあげたじゃないですか」
続いては40 インチ4kテレビ、11万円の前に移動する。ほら、これぐらいなら現実味がありますよ。「40インチあれば大きさは十分ですね。キレイだし」
「そうねー。へー、リモコンでネットも使えるの」「ホントだ。便利ですね。コレ欲しいかも」
「これ買うの?」「そうだなー11万か…。欲しいけど…厳しいかなー」
「そっか」
そっか、じゃないだろう! 買ったげよっか、だろ! 鈍すぎるな。もう直接おねだりするしかないか。ちょっとかわい子ぶってお願いしてみよう。
「ユキさーん、買ってくださいよ〜」「ははは」「ねえ、いっぱい舐めてあげたじゃないですか」
「ええ? ちょっと、何言ってんですか、アハハ」
一瞬、ギョッとした顔をして、直後に笑い出した。ちょっと引かれたっぽいな。
「もっと頑張りますから〜」「ハハハ、やめてください」
ダメか。いったんおねだりは中止して、テレビコーナーから移動することに。続いて向かったのはビデオカメラコーナーだ。
「あ、そうだ、ビデオカメラも欲しかったんですよね。あれ? いまこんな値段で買えるんだ」
「あ、ホントだ。安いね」
お? 彼女がビデオカメラを手に取った。買ってくれるの?
「私もビデオカメラ欲しいなって思ってて」いやいや、そうじゃないでしょう。
「安いですよね。俺も欲しいんだよな〜。、買ってよ〜」
「ハハハ。でもネットで買った方が安いかもね〜」
ダメか。ここまでストレートにお願いしてもダメなのか。5万ぐらい、いいじゃないか。その後、2万円の炊飯器、1万円の電気シェーバーとグレードを下げていき、それぞれおねだりしてみたが、どれも同じく笑ってごまかす戦法で押し切られてしまった。
このままじゃ納得いかない。あんなに頑張ってクンニしたのに!
「ユキさん、お願いがあるんですけど」「え? なになに?」
この時点で、2人の間には一定の距離が開き、最初のイチャイチャ感は消え去っていた。ちょっと帰りたがってる?「ちょっと、聞いてください。ボク、何か買って欲しいんですよ」
「え〜? なんでなんで?」
「なんか、ちょっとしたものでも一つ買ってもらえたら安心するっていうか…」
「ふーん、そうなんだ…」
「もっと頑張って舐めるからお願いします」
「ハハハ、だからそれはいいってば」
よくわからない理由を述べてしまったが、その直後、ユキさんは、
「安いのだったらいいよ」と言ってくれた。
結局、買ってくれたのは10本入りの電池パック(754円)、一個だ。これが今回のババ活での戦利品ということになります。

アブノーマルなエッチ体験談・同級生の孫娘と援助交際セックス!血が出るまで手コキ!など

1、同級生の孫娘と援助交際セックスきめた体験談
SnapCrab_NoName_2018-3-1_14-5-29_No-00.png
地元イオンへ買い物に出かけたその日、どこからともなく私の名を呼ぶ大きな声が聞こえた。
「鍋島くん!?」
振り返った先には初老の女性が手を挙げている。あ〜、荒井さんか!
荒井清美は中学時代の同級生だ。特に親しかったわけでもなく、数年前の同窓会で再会していなければ、まず彼女だとは気づかなかったはずだ。まあ、それは向こうも同じだろうが。それはさておき、先ほどから彼女の隣に佇んでいる若い女は誰だろう。少しギャルっぽい雰囲気ではあるものの、なかなかの美人だ。娘にしては若すぎる。なにせ二十歳そこそこにしか見えないのだから。「ああ、この子。私の孫なの、うふふ」
 え、こんな大きな孫が?
「そうなのよ。ちょっとびっくりでしょ?」
 荒井さんは19の時に娘を産み、その娘さんもまたハタチで結婚し、すぐにこの子を出産したんだそうな。へえ。ウチのドラ息子はまだ結婚もしてないというのに、えらい差だ。孫娘がいかにも愛想よく挨拶する。
「アカリって言います。ここのイオンのマッサージ店で働いているんです」
そう言って紙切れを取り出す彼女。
「これ、割引き券です。気が向いたらぜひお店に来てください」
 (マッサージか…)
 後日、ふと彼女の店に顔を出そうと考えたのは、同級生の孫娘に体をほぐしてもらうのも一興だと思ったからに過ぎない。せっかくチケットももらったことだし。
 店に着くと、アカリちゃんは私の来店をことのほか喜んでくれた。カーテンで仕切られた半個室に通され、さっそく施術が始まった。ほどよい力加減で彼女の手が体のコリをほぐしていく。いやぁ意外と上手い。極楽極楽。あれこれと雑談を交わすうち、やがて話題はアカリちゃんの仕事に及んだ。
「そんな華奢な体で力仕事は大変でしょ」
「ホントですよ! 毎日くたくたです」
 急に声をひそめて彼女が続ける。
「給料だって激安なんです。好きなものもぜんぜん買えないし、正直、転職を考えてるんですよね」
 聞けば手取りは13万。確かに薄給だ。すでにマッサージが終盤に差しかかるなか、目を閉じて熟考した。彼女にエンコーを持ちかけるってのはどうだろうか?
 同時に、昔の荒井さんの姿を思い出してみる。決して美人ではなく憧れてもいなかった彼女だが、なかなかの人気者だった記憶はある。その彼女と血のつながった孫と一戦を交えるなんて、何だか欲望をくすぐられるものがあるではないか。幸運なことにアカリちゃんは荒井さんの「娘の娘」である。「息子の娘」だと全然しっくりこないが、女系でストレートにつながっているとなれば、アカリちゃんには荒井清美の「女」の遺伝子が濃厚に受け継がれているとは言えないか。
 意を決し、わざと軽い口調で言ってみた。
「アカリちゃん、そんなにお金に困ってるならお小遣いあげよっか」「え?」
「一緒にホテルに行ってくれたら3万払うけど、どうかな?」
キモいおっさんだったと荒井さんに告げ口されたところでどうってことはない。どうせもう、会う機会もないだろうし。その思い切りが良かったのか、アカリちゃんはニンマリと笑った。
「じゃあ、お店が終わるまでどこかで時間潰しててもらえます?」
 アカリちゃんとの淡々としたセックスで、かつて同級生だった女の痕跡を必死に探ってはみた。
 しかし、必死のクンニにも関わらず、さほど変化を見せないその表情にも、おざなりのフェラでお茶をにごそうとしたり、挿入時にシラけた態度を見せるその非協調的な性格にも、私の頭の中にある荒井清美的なものはいっさい見当たらなかった。やはり孫は孫にすぎないってことか。3万は払い過ぎだったかも。
2、ラインの出会い系アプリでマッサージ嬢を募集してLINE女子に手コキさせた体験談
SnapCrab_NoName_2018-3-25_13-56-35_No-00.png
ラインの出会い系アプリってのがいろいろあって、若い女の子と会えるらしい。そう聞いてすかさず手を出したが、なかなか上手くいかない。まあこんな薄らハゲのオッサンには興味ないのだろう。
 どうにかして会いたい。そこでオレはピンサロ店長を装い、女の子を募集してますとメッセージを送ることにした。面接と称して呼び出し、そのまま講習ってな流れでイイコトができたりしないものかと考えたわけだ。だが、これも食いつきが悪い。さすがに風俗はハードルが高いようだ。ならば次はマッサージ屋だ。アロマとかオイルとかいろいろあるけど、ちょっと時給を高めに言っておけば女の子も食いつくんじゃないか?マッサージ屋だって講習はありそうだし、多少の肌の触れ合いでもできれば万々歳だ。
︿うちの出張マッサージ店で働きませんか? ちょっとした講習はありますが、時給は奮発させていただきます☆﹀
 ついでにネットで拾ったマッサージ屋のホームページ画像を添付する。信憑性を高める一手だ。
 しばらくして返事が届いた。
︿興味あります。詳しく教えてもらえますか?﹀
 それきた!他にも数人とやりとりをするうち、20才のフリーターの面接と講習を行うことになっ
た。時給2千円と伝えたところ、すぐにでもやりたいそうだ。「うちは制服は用意してないから、そうだな、そのTシャツのままでいいよ」
 オレはそそくさと紙パンツ一丁に着替え、ベッドにうつぶせに。
「オイルをかけて、肩とか背中をマッサージしてみて」
 言われるがままモミモミモミとやってくれるけど、たいして気持ちよくはない。でも若い子の指がオレのカラダを触ってるだけで、なんとも言えない気持ちになる。あーだこーだ言いながら、仰向けに。…あれ、チンコが軽く勃起してるよ。恥ずかしいなぁ。だが彼女は気にもとめてない様子だ。
「じゃあ次は胸と足をマッサージしてみようか」
「…こうですか?」
 おっ、太ももの触り方がぎこちなくてイイじゃないの。ますます固くなってきたぞ。
「うん、いいよ。お客さんは素人さんのマッサージを楽しみに来てるから、そんな感じでオッケー」
「はい」
 口では平静を装ってみたものの、このチンコをスッキリさせたい欲求がむくむくとわいてきた。ちょっとだけ触ってくれないかな。手でシゴいてくれるだけで全然いいんだけど…。うん、手コキしてもらおう。いちおう講習だから、そうだ、この方法だ!
「でさ、これ見て」
 もっこりしたパンツを指差す。
「お客さんの中にはこうなっちゃう人も多いのよ」
「……」「そこから先、どうするかはキミ次第だよ。中にはお小遣いをくれる人もいるみたいだけど、そこはキミの自由だからね」
 マッサージ店でよくある
「ウチの店は女の子によってはエッチなサービスもやってる」っていうアレだ。多少触ってあげるだけでお小遣いをもらえるなら、と考えてくれればいいんだけど…。
 少し間をおいて彼女が「へえ」と短い返事をした。
「いちおうそっちの講習もやってみようか。ほら、こうやってお小遣いを渡されるからね」
 財布から千円札3枚を出して手渡し、パンツからチンコを出し、彼女の手で握らせる。拒否は…ない。やった!無愛想な表情のまま、チンコに視線をやることなくスコスコ続けている。こんな味気ない雰囲気でも若い子にシゴいてもらってる状況に興奮しまくり、ものの3分と経たずに射精した。ふぅ〜。この手法、とにかく女の食いつきがよく、今までに5人と会え、全員に手コキしてもらった。ちなみに返信をくれるのはエンコー希望カキコミをしてる子が多い。3千円程度で素人にヌイてもらいたい方はぜひ。
3、風俗嬢も援助交際女も話を聞いてあげよう
風俗嬢でも援助交際女でもいいのだが、あの子たちとプレイしているときにふと頭をかすめることがあるだろう。
(どうせこいつらアホのヤリマンで、私生活もめちゃくちゃなんだろ)
結果、シラける。そんな女に金払ってなにが嬉しいの俺? 安っぽい女に興奮してどーすんの俺? みたいな。そんな落ち込みを少しでも減らすため、プレイ前にこんな質問をしてみよう。
「今までの人生で一番頑張ったことって何?」
すると出てくるのだ。中学のバスケ部の練習だとか、文化祭のダンスだとか、自動車免許の講習だとか。誰にでもあるようなくだらない頑張りだけれど、この「誰にでもある」ってとこがミソで、このおかげで女の見え方が変わってくる。
(この子もどこにでもいる女の子だったんだ。ダサい体操服を着て汗をかいてたんだな)
どうだろう、落ち込むどころか、逆に興奮してくるではないか。スレた女に、純だったころの思い出を聞く。遊びの基本です。

子宮快感オーガズムボルチオを開発させる方法・後戯で優しくすると効果てきめん

子宮快感オーガズムボルチオを開発させる方法子宮快感オーガズムボルチオを開発させる方法子宮快感オーガズムボルチオを開発させる方法子宮快感オーガズムボルチオを開発させる方法子宮快感オーガズムボルチオを開発させる方法子宮快感オーガズムボルチオを開発させる方法子宮快感オーガズムボルチオを開発させる方法子宮快感オーガズムボルチオを開発させる方法子宮快感オーガズムボルチオを開発させる方法子宮快感オーガズムボルチオを開発させる方法子宮快感オーガズムボルチオを開発させる方法子宮快感オーガズムボルチオを開発させる方法子宮快感オーガズムボルチオを開発させる方法子宮快感オーガズムボルチオを開発させる方法子宮快感オーガズムボルチオを開発させる方法
普通のバイトしてたときに、客で来てた彼氏に声かけられて、それで付き合うようになった。それが1年くらい前やなあ。
それでセックスライフの方は?人数とかは?
10人くらいかな。半分はデリやってるときにお客さんと直接交渉して「餞別」もらうねん。それで生で入れてくるやつおってな、それは無茶苦茶厶力ついたわ。あと長いのも嫌やなあ—。長い時間やられてると、冷める。演技しようと思ってても、する気なくなるゎ。
天然のマグロだ。
めっちゃマグロ。エッチ自体そんなに気持ちよくないし、つまらんし。いつも大体横になって終わるのを頑張って待ってるだけだし。しなくていいならせんわ。
理想はしないでもお金もらえるのがベストやね。
性感マッサ—いの受けてみたら?アダムタッチとかされてみたら人生観変わるかもよ。
何それ?
1時間ぐらいソフトタッチ。
電気ってバイブに流すの?そう!そしたらめっちゃ女の子がケイレンして涙流しながら叫ぶねん「死ぬ」とか。
でも電気流してるかもよ?
別にイカんでもすごく疲れそうだし。
なんか体に流したらおかしくなりそうじゃない?
性感帯とか聞いてみるけど、ある?
乳首とか?あとはクリ。
後戯で優しくすると効果てきめん
女は自分のアエギ声に興奮する生き物だから
すべてに「ハイ」で答えさせるだけですさまじい征服感が
女がアナル綿棒を拒むのは付くから。ならば…2人とも全身パウダーでどこに触れてもピクンピクン
これぞ新境地!女だけに目隠しさせてはもったいない
ローションにこいつを混ぜるとあちこちがスースー
野獣のようにまぐわいたいなら室温30度に
結合部分そのものを見せつけるのハメ撮り
「その喘ぎ声、聞こえちゃうよ?」この台詞が効く場所は
ひんやりバイブが好まれないのは当たり前である
ツライけど、後戯の優しいクンニをやっとけば、女はあなたの元を離れません
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★


★★★空前絶後の出会い時代到来。18禁★★★
運命を変える奇跡の出会いは令和でもきっとある
PCマックス

春の季節だけはあなたに合った相手がドンドン見つかる
ワクワクメール

不況でパパ活に激美人が急増中の噂
芸能人もいるという交際クラブユニバース倶楽部にはどんな女性が!
40代~60代のための愛人マッチング【ユニバース倶楽部】

俺はやっぱり生身が良いが二次元の彼女の良さは何?
【にじげんカノジョ】

★★★最強のペニスを作る★★★
☆☆三冠達成!ペニス増大サプリ・ヴィトックス☆☆
グングン伸びたら彼女はきっと離れない
【ヴィトックス】
vitox[1箱+1箱無料]:13,824円(税込)

☆☆早漏はあきらめる必要はありません☆☆
しかもオナニーしながら治っちゃう!

1カップ1100円(税込)

☆☆遅漏もあきらめる必要はありません☆☆
しかもオナニーしながら治っちゃう!
⇒遅漏改善用TENGA
1カップ1100円(税込)

☆☆元気が欲しけりゃこのサプリメント☆☆
⇒TENGA活力支援サプリ
初回999円(税込)

☆☆包茎はこっそり自分で治せ☆☆
⇒自宅で自分で治す包茎グッズ
包茎グッズ【キトー君】