カップルのタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます



超大人気・美谷朱里・枢木あおいちゃんも
プレステージMGS動画もマジックミラー号も!
U-NEXTユーネクストR18
本ページの情報は2021年2月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

DMMのアダルトAV見放題はこちら
ただ今30日間無料お試し中!
DMM見放題chライト(R18)

タグ:カップル

【エロ漫画】寝取らせ願望のある変態カップルが不貞乱交で僕の筆おろし童貞を奪ってくれた

筆おろし童貞エロ漫画筆おろし童貞エロ漫画筆おろし童貞エロ漫画筆おろし童貞エロ漫画筆おろし童貞エロ漫画筆おろし童貞エロ漫画筆おろし童貞エロ漫画筆おろし童貞エロ漫画筆おろし童貞エロ漫画筆おろし童貞エロ漫画筆おろし童貞エロ漫画筆おろし童貞エロ漫画筆おろし童貞エロ漫画筆おろし童貞エロ漫画筆おろし童貞エロ漫画筆おろし童貞エロ漫画
続いて
女にモテない男でも障害者の女性になら相手にしてもらえるかも。
という話
偏見にまみれたそのアイディアは、恋愛経験ゼロの俺にヒントを与えてくれた。
 過去20回以上もお見合いパーティに参加しながら、一度もカップルになれたことがない俺。もちろん素人童貞。しかしその特殊なパーティに参加したおかげで、ついに素人童貞を捨てられそうな相手を見つけてしまった。
 パーティ当日、会場には車椅子に乗った男女を中心に、数十名の障害者が集まっていた。予想以上の盛況ぶりだ。最初の回転寿司タイムで色々な障害者と対面した。聾唖、盲目、半身麻痺、片足が義足、中には躁鬱病などの精神疾患を患った人や、俺と同じ健常者(理解者として参加している)の女性も数人混じっていた。最初は恋愛対象としては考えにくかったのだが、実際に会話してみると、皆さん物腰の柔らかい優しい女性ばかりで、障害を一緒に乗り越えてお付き合いしたいと思える人も少なくなかった。対面した女性たち全員に、片っ端から自分のメアドを書いた紙を渡していき、トークタイムが終了。結局、第6希望まで名前を書いた女性たちとは誰ともカップルになれず、パーティは終わった。が、その日の夜、連絡先を渡した一人の女性からメールが届いた。
『25番の宮下(仮名)です(^^)今日は、お疲れさまでした〜!メール迷ったけど…せっかくメアド教えてもらったから、メールしてみました(^^)』
宮下さん。彼女はヘルパーの女性と一緒に会場に来ていた、重度の脳性麻痺患者さんだ。顔と手足に強い麻痺があり、言語障害のせいでヘルパーさんを介さないと会話できなかったほどだったのでよく覚えている。彼女の話し方は、例えば「ありがとう」なら「アッ…イアッ…オッ」、「今度会いましょう」なら「オッ…ンオッ! ンゴッ(息を吸う音)アッ!…イウァッ!…オー」というレベル。しかも強い麻痺のせいで、顔もかなり歪んでいて、お世辞にも美人とは言えない。が、せっかく連絡をくれたのだし、返信ぐらいしよう。
『宮下さん、メールありがとうございます。ヘルパーさんと一緒に参加してた方ですよね?今日はありがとうございました』
『返信ありがとうございます。ハイ!ヘルパーさんと一緒だった、脳性麻痺の宮下です(^^) 大正解〜!!覚えててもらって嬉しいです(^^)』
やけにテンションの高いメールだ。
『覚えてますよ。僕は正直言葉がわからなかったけど、隣りにいたヘルパーさんはわかってましたよね。僕も慣れれば聞き取れるようになれるかもしれませんね』
『人と会ったりするとき、自分の中では言語障害が一番ネックになってる気がするけど
…、そう言ってもらえて、嬉しいです(^^)』何回かメールのやり取りを経て、彼女が『もう一度お話してみたいデス(^^)』と言ってくれた。女性にそんなセリフを言われたことは正直嬉しい。しかし問題がある。彼女は1人では移動できないので、実家に遊びに来て欲しいとのことなのだが、一緒に暮らしている母親が病気のせいで抵抗力が弱ってるらしく、服を消毒してからじゃないと入室できないらしい。大丈夫だろうか?
約束当日、メールで教えてくれた住所を頼りに、彼女のマンションを訪れた。
「どうも初めまして。山神と申します。お邪魔します」
「いらっしゃい。じゃ、そこで靴下履き替えてくださいね」
出迎えてくれたのは、初老の母親と、エプロンとマスクをつけた介護ヘルパーさんだった。言われるまま靴下を履き替え、服を消毒してから室内へ進むと、リビングの床に両手を縮めた状態で宮下さんが座っていた。
「どうも宮下さん、お久しぶり」
「アッ、アウウ…」
唸るような声で返事をくれたが、やはり何と言ってるのかわからない。
母「今日はよく来てくれましたね」
俺「いえ、お招きありがとうございます」
宮下さん「ミイッ! ア…ワア…イアッ…タ!?」
俺「…え〜と…」
母「ここまでの道はわかりました?」
俺「ああ、大丈夫でした」
お母さんに通訳してもらいながら会話は進んでいった。彼女の日々の暮らしや子供のころの話などを聞き終え、奥にある宮下さんの部屋に移動することに。両脚をズルズル引きずりながら移動する彼女の後を追う。大きなベッドとパソコンが置かれたテーブル、クローゼットがあるだけのシンプルな部屋だ。パソコンのキーボードを使って会話を再開した。しばらく好きな音楽や映画の話で盛り上がり、過去の恋愛話になった。と彼女、お見合いパーティには過去5回も参加したことがあるらしく、男性とデートしたこともあるらしい。
「男性とそういう関係になったこともあるの?」
「ア…ウ!(ある)」
「そうなんだ。でもどうやって? ホテルとか行けるの?」
と、彼女がパソコンのキーボードを叩いた。画面に現れたのは、バリアフリーラブホテル一覧というページだ。
「コ…コ…デッ…」
これって、俺も彼女とエロいことができるということか。…そもそも俺は彼女とエロいことがしたいのか?実はさっきから腕が触れ合っている。彼女がこちらを見ている。息が荒い。顔面の麻痺のせいでハッキリわからないけど、興奮してるみたいだ。
その様子を見てるうちに俺も興奮してきた。彼女を抱き寄せ、胸を触ってみる。嫌が
る素振りはない。思い切ってキスをすると、白目を剥きながら俺の口にむしゃぶりつい
てきた。そのまま股間に手を伸ばす
と、「アア…」と小さく喘ぎ声が漏れる。ズボンの中に指を入れると股間はヌレヌレだ。クリトリスもしっかりと大きくなっている。トビラ一枚を隔てて病気の母親とヘルパーさんがいるのだ。服は脱がせられない。せっかくだけどここまでで我慢しておくか。手マンを終えて一息つくと、彼女がキーボードで文字を打った。
「こんど、外でデートしよう」
その日はそこで解散し、来月、また遊びに来ますと母親に伝えて、帰路に付いた。どうやら俺の素人童貞は彼女に捧げることになりそうだ。

【エロ漫画】群馬県の大塚温泉の混浴の露天風呂での露出好きのカップルやワニの乱交パーティ

大塚温泉の混浴の露天風呂乱交パーティエロ漫画大塚温泉の混浴の露天風呂乱交パーティエロ漫画大塚温泉の混浴の露天風呂乱交パーティエロ漫画大塚温泉の混浴の露天風呂乱交パーティエロ漫画大塚温泉の混浴の露天風呂乱交パーティエロ漫画大塚温泉の混浴の露天風呂乱交パーティエロ漫画大塚温泉の混浴の露天風呂乱交パーティエロ漫画大塚温泉の混浴の露天風呂乱交パーティエロ漫画大塚温泉の混浴の露天風呂乱交パーティエロ漫画大塚温泉の混浴の露天風呂乱交パーティエロ漫画大塚温泉の混浴の露天風呂乱交パーティエロ漫画大塚温泉の混浴の露天風呂乱交パーティエロ漫画
大塚温泉は群馬県北部の渋川市にある温泉宿だ
この温泉宿は日帰り入浴も可能でここは特殊な趣味を持つマニアから熱烈な支持を受けている
混浴の露天風呂があるため各地から「ワニ」が集まってくる
このように露出好きのカップルも集まってくる
セックスの順番まで男の指示を待たなくてはいけない
以上が毎月上旬に開催される混浴乱交パーティの全貌だ

【エロ漫画】露出狂のカップルの集まる公園でハプニング!素人の生々しいカーセックス盗撮

カーセックス盗撮漫画カーセックス盗撮漫画カーセックス盗撮漫画カーセックス盗撮漫画カーセックス盗撮漫画カーセックス盗撮漫画カーセックス盗撮漫画カーセックス盗撮漫画カーセックス盗撮漫画カーセックス盗撮漫画カーセックス盗撮漫画カーセックス盗撮漫画カーセックス盗撮漫画カーセックス盗撮漫画
ノゾキの達人と行くカーセックス見学ツアー|大人の夜遊び体験ルポ
カーセックス盗撮漫画カーセックス盗撮漫画カーセックス盗撮漫画カーセックス盗撮漫画カーセックス盗撮漫画カーセックス盗撮漫画カーセックス盗撮漫画カーセックス盗撮漫画
【概略・全文は上記記事をお読みください】
東海地方のある都市に1人の裏モノ読者がいる。名前をAさんとしておこう。彼はノゾキを趣味にしている人物で、主なターゲットはカーセックスだ。「地元にカーセックスが見えるポイントがたくさんあるんですが、興味あります?」
点在する数十に及ぶノゾキスポットを把握しているので、見たいときにいつでも案内してくれるというのだ。
新幹線を降りると、作業着姿のAさんが出迎えてくれた。
「こんにちは。遠くまでお疲れさまでした」
ごく普通の中年男性としかいいようのない雰囲気である。彼は会社の経営者だが、ほとんどの業務を人に任せているため時間と収入に余裕があり、夜になると毎日のように車で外に出て趣味に時間を費やしているんだそうな。大層など身分である。さっそく、Aさんの運転する車に乗りこみ、カーセックスが見られるポイントを昼間のうちに下見することになった。ハンドルを切りながら彼が言う。
「基本的には、車が入れて暗くて人が来ないとこならどこでもスポットにはなるんだけど、やっばり明るいときに遺留品を探すと効率がいいんです」
「遺留品というと?」
「使い終わったティッシュですね」
カーセックスをしたカップルたちは、車の中にイカ臭いティッシュを置きたくないため外に捨てるのが通常で、そのティッシュがあるかないかを大きな判断基準にしているのだ。
しかもAさん、地面に落ちたティッシュを見れば、口をふいたのか鼻をかんだのか、精子をぬぐったのかもおおよそわかるという。
「オマンコやチンポを拭いたティッシュは粘度が高いので加減が独特なんです。特にオマンコを拭いた後はグリグリと握って小さくする。女の子は絶対小さくして捨てるんです。パッと見、どっちかわからないときは、拾って開いて確認しますからね」
凄まじい執念だ。会社の経営者として成功したのもうなずける。いや、関係ないか。日中ドライブで案内されたポイントは、大きく以下5つのジャンルに分かれていた。
1…近くに発光体がある駐車場カーセックスは車内灯を消して行われるので、遠くからその様子はわかりにくい。しかし近くにビルや看板など夜に光るものがあれば見えやすいとい8う理屈だ。たしかにそうだおろうが疑問が・・・。ちなみにここはティッシュのかたまりが散乱していた。
2…遮蔽物のある駐車場
遮蔽物とは要するに、車を寄せられるカベのことだ。マンションやビルなど、高さのあるものなら何だっていいそうだ。今回は、マイクロバスもその遮蔽物に含まれている。
3…行き止まりの農道
人気のない農道でカーセックスしたくなるのは当たり前である。ただし覗く側から言わせれば、行き止まりになっていることが重要だという。なぜだろう?地面には女ものの下着が散乱していた。
「汚れて捨てていくんですよ」
4…林に面した駐車場
地方にならどこにでもある、小山を切り開いて作られた森林公園系のパーキングだ。駐車スペースの横はうっそうとした林が茂っている。ここがポイントとなっている理由はわかる気がする。
5……防波堤そばの空き地
海の近くという意味では、砂浜に下りられるムーディーなスペースもいっぱいあるのだが、A氏が強く推すのは、雰囲気もクソもないアスファルトの防波堤そばだ。はて…?。
「もう少し待ってもいいですね。男がズボンを脱ぐまで待ちましょ」
Aさんはのんびり言うが、なかなか男は脱ごうとしない、どちらかといえば攻め一辺倒だ。
「あ、もう大丈夫ですよ。後部座席に移動しました。しゃがみながら近づいてください」
まずはターゲット車のフロントへ。さきほどの学習を生かし、男の背中がどちらなのかを確認
する.背中は右、つまりバス側だ。せまいスペースに入り込み、そっと中を見る。なんと、クンニの真っ最中だ。長いクンニが続く。早く次に進めよ。ったく、あっ、ヤバイ!
いきなり男がこっち見やがった。いつのまにか車体に触れてしまっていたのだろう。反射的に草むらにダッシュして身をかがめると、1分ほどで車は駐車場から出ていってしまった。ああ、俺のせいでクンニ止まりか。2人とも欲求不満だろな。
「こういう真っ暗で誰も来ないとこは、プレイが激しいんですよ。パイプ使ったり、外に出て立ちバックしたり。そういうのが見たい人は、こういう場所で何時間でも待つんです」
第4ジャンル、林に面した駐車場でAさんが言う。激しいの、ボクもぜひ見たいです。
「そうですか。でも私たちが中に停めるとカップルが来ないから、もっと遠くに行きますね」
まったく別の駐車場に車を置き、そこからは徒歩…いや、正確には山歩きだった。山道を突っ切って、さきほどの駐車場に向かうというのだ。携帯電話の光をライト代わりにしながら、背の高さほどの草むらを掻きわけて進むと、土手の上に出た。
「あ、一台停まってますよ。ほら」
「ホントだ」
眼下にボンャリ小さい車が見える。とはいえストレートに接近はできないので、林に沿って大きく迂回する。真っ暗な森の中を突き進む。トゲやら枝やらがぶつかって生傷だらけだ。真上から見たターゲット車にはエンジンが付いていて、計器のランプが車内を薄っすらと照らしていた。
「こっち向きに停まってるので、ギリギリまで近付いて運転席の人間を確認しましょう」
木につかまりながら土手を降り、かなりの近さまで到達した。カップルのシルエットが見える。
「まだ始めてないですね。ちょうどいいタイミングかも」
Aさんの読みどおり、それから5分も経たないうちに、男が助手席に覆いかぶさった。もう近付いても大丈夫だろう。土手をゆっくり降りて、ボンネットの前に出た。中はまだ前戯の最中で、男が乳首を吸っている。
「そのうち本番しちゃうでしよ」
「ですよね」
がっっんがっつんが始まったのは、その30分後だった。
いいもの見せてもらいました。
一般的に海沿いにカップル車が集まりやすいのはわかる。しかしなぜ防波堤が重要なのか。
「ヤシらは車があるところにはやってこないから、私たちは離れた場所で待たなきゃいけない。となると歩いて近づくのが厄介でしよ。その点、防波堤は何百メートルでも歩けるし」
なるほど、防波堤は獲物に近づくための整備道路の役割を果たしているのか。
「ただ海に落ちたらシャレにならないんで気をつけてくださいね」
スポットから100メートルほど離れた小道に車を停めて、カップルの到着を待つ。周囲は真っ暗なのでほかの車が来ればライトの光ですぐにわかる。ターゲットが現れたのは深夜0時過ぎだ。
「来ましたよ!ほら、あそこに入っていきましたね」
しばらく待った後、Aさんに付いて防波堤の上を目的地に向かう。林の中の行軍にくらくりや楽チンもいいとこだ。停まっていたのは小さな車だった。車までの距離はおよそ20メートル。かなり近い距離だが、中の様子はわからない。ゆっくり前進してどうにか車のフロントに出た。女の後姿が見える。これは、おっパブ体勢か。
「騎乗位ですね」
Aさんが苦い顔をする。いいじゃないか女の動きがイヤらしくて。
「あつあっ」と女の声がかすかに聞こえてくるのも、なんともエロい。しかし10秒ほどでAさんは引き返した。
「あの体勢は男がすぐに頭を上げるからバレやすいんですよ」
騎乗位のときは粘らない。最後まで勉強になった。

【エロ漫画】モテない男の女性をエッチする気にさせる作戦・カップルのフリしていちゃいちゃして覗きたちをからかおう

モテない男の女性をエッチにさせる作戦エロ漫画モテない男の女性をエッチにさせる作戦エロ漫画モテない男の女性をエッチにさせる作戦エロ漫画モテない男の女性をエッチにさせる作戦エロ漫画モテない男の女性をエッチにさせる作戦エロ漫画モテない男の女性をエッチにさせる作戦エロ漫画モテない男の女性をエッチにさせる作戦エロ漫画モテない男の女性をエッチにさせる作戦エロ漫画モテない男の女性をエッチにさせる作戦エロ漫画モテない男の女性をエッチにさせる作戦エロ漫画モテない男の女性をエッチにさせる作戦エロ漫画モテない男の女性をエッチにさせる作戦エロ漫画モテない男の女性をエッチにさせる作戦エロ漫画モテない男の女性をエッチにさせる作戦エロ漫画モテない男の女性をエッチにさせる作戦エロ漫画モテない男の女性をエッチにさせる作戦エロ漫画カップルのフリしていちゃいちゃして覗きをからかおうとしてたらその気になって寸止めフェラから乱交に発展しました!

カップルがセックスに使う多目的トイレが神戸の有名ノゾキスポットに

カップルがセックスに使う多目的トイレカップルがセックスに使う多目的トイレ
市役所のすぐ裏手に東遊園地という大きな公園があります。 
毎年12月に行われる神戸ルミナリエの最終地点として知られるこの公園、実はルミナリエが始まるずっと前から、神戸随一のノゾキススポットとしてマニアたちの間では有名な場所でして、ときに縄張り争いのような小競り合いが起きるほど盛り上がっているんです。
東遊園地は、市街地のど真ん中にあるだけに、平日でも学生から社会人までの比較的若い年齢のカップルたちがやってきて、園内のベンチでイチャこき始めます。 
季節を問わずノゾキが楽しめますが、一番イチャこきカップルが多い季節はダントツで春と秋。夏は暑くて蚊が増えるので少し減りますが、深夜にはそれなりに盛り上がります。冬も寒いので減りますが、ルミナリエのシーズンにはサカったカップルたちが多数集まってきます。 
園内にはベンチがいたるところに設置されていて、あたりが薄暗くなる夕方ぐらいからポツポツとカップルたちが座り始めます。特に生け垣やコンクリの柱などで死角になったベンチは、おっ始まる可能性が高いので要チェックです。 
抱き合って長いことキスをしてたと思ったら、スカートの中に手を突っ込んでたり、騎乗位の体勢で抱き合ったりと、わりと苦労なくエロシーンに遭遇できます。
ただし、外のベンチでセックスを始めるカップルは、女性がスカートを履いているパターンばかりなので、結合部分が隠れてしまい、見ていてもあんまり面白くありません。 
しかし、実はこの公園には秘密がありまして、北側の多目的トイレをチェックしていれば、ガッツリとセックスシーンを楽しむことができるのです。その秘密とは、多目的トイレのドアにある、ちょっぴり大きめの隙間です。 
その隙間に気がついたのは、もう何年も前のことで、トイレのドアの金属製のブラインドがこじあけられていて、顔を近づければ、バッチリ中の様子が見えるレベルの隙間が空いているんです。恐らく先人のノゾキマニアが開けたであろうこの隙間、現役のマニアたちは皆知っているので、カップルがトイレに入った直後から場所取り合戦が始まります。
過去に何度かベテランのノゾキたちと言い争いになったこともありますが、最近は平和的に譲り合って楽しむようになりました。さて、この多目的トイレにカップルが入ったときは、ほぼ確実に絡みシーンが見られるのですが、意外なことにコンドームを持ってないからと挿入に至らないカップルが結構いるんです。フェラや手マン、立ちクンニまでしておいて、挿入しないんです。そこまでやるなら入れとけや!と、いつも思うんですが、ゴム無しセックスを拒否る女の子って結構多いんですね。そこで頭をひねりました。トイレに設置された赤ちゃん用のベッドの上に、コンドームとお手拭きティッシュをキレイに並べて置くようにしたのです。
この作戦が大当たり。ガンガンハメてくれるようになったんです。
トイレ近くのベンチでイチャこくカップルが、いよいよ我慢できなくなってトイレに入ったら、すぐにドアの前に移動してスタンバイです。
「あれ、何これ?ウケんだけど」 
みたいな感じで、コンドームに気づくと、皆さん結構素直に使ってくれるんです。このサービスを思いついたおかげで、立ちバックや便器に座りながらの座位など、結合部分丸見えのセックスが楽しめるようになりました。私はほぼ毎週のように東遊園地をパトロールしてますので、同じ趣味の方がいましたら声をかけてください。一緒に楽しみましょう。

【エロ漫画】妻の新婚カップルが泊まって隣の部屋ではらませセックス!中出し妊娠を想像すると興奮が止まらない

中出し妊娠エロはらませセックスエロ漫画中出し妊娠エロはらませセックスエロ漫画中出し妊娠エロはらませセックスエロ漫画中出し妊娠エロはらませセックスエロ漫画中出し妊娠エロはらませセックスエロ漫画中出し妊娠エロはらませセックスエロ漫画中出し妊娠エロはらませセックス漫画中出し妊娠エロはらませセックスエロ漫画中出し妊娠エロはらませセックスエロ漫画中出し妊娠エロはらませセックスエロ漫画中出し妊娠エロはらませセックスエロ漫画中出し妊娠エロはらませセックスエロ漫画中出し妊娠エロはらませセックスエロ漫画中出し妊娠エロはらませセックスエロ漫画中出し妊娠エロはらませセックスエロ漫画中出し妊娠エロはらませセックスエロ漫画
続いて妻に中出しされた精液が天然の潤滑油となってセックスが盛り上がるという寝取られフェチの読者様のお話です
私がまだ30代だったころ、スワッピングが大流行しました。私もホームトークやスウィンガーといった専門雑誌を買い漁り、どうにかこうにか10才年下の妻を説得して、スワッピングの世界に引きずり込みました。
当時は、ひとたび雑誌に募集の文言が掲載されると、20組ほどのカップルからお便りが届くほど活況で、手紙のやり取りで選別した複数のカップルさんたちと、交接を繰り返してきました。いくら性欲があると言っても、さすがに体力の衰えには抗えません。70才を超えたあたりから愚息は立たなくなってきました。しかしながら、我が老妻はペニスを求めてくる。以前のように思い切り突かれて、中に出して欲しいと願っているのです。
私だってできることなら入れてやりたいけれど、加齢と共に潤いを失った妻の肉壷に、チカラを失った我が肉棒をねじ込むのは至難のわざ。手を添えて押し込もうとしても上手く入らないのです。
潤滑ゼリーを使えばいいじゃないかと皆さんはおっしゃるが、交接の途中でそんな無粋なマネをするのは気が引ける。せっかく高めた興奮を、ゼリーを塗ることで台無しにしたくないのです。その問題を解決してくれたのが、スワッピング仲間のAさんでした。40代のAさんと奥さんは、年上の我々が相手でも問題ないと言ってくれた変態カップルさんで、年に1〜2回の割合で都内のホテルを一晩借り、私ども夫婦と4人でたっぷり時間をかけて遊んでおりました。
その後、Aさんは奥さんと離れてしまいましたが、我が老妻がAさんのことを気に入っていたこともあり、その後も私ども夫婦とAさんの3人だけで、ほそぼそと関係は続いていたのです。さて潤いを失った我が妻と、立たなくなった私が、いかにしてAさんの助けを借りるのか。
年に1〜2回、Aさんからの打診で開かれるその会合は、私どもの自宅が舞台となります。Aさんをベッドルームに招き、じっくりと時間をかけたプレイが始まります。まずはAさんと妻の絡みから。
すでに妊娠の心配がない妻は、精液の中出し大歓迎で、ゴム無しでたっぷり放出してもらいたいと思っています。その老妻を、元気なAさんに思う存分抱いてもらい、最後はしっかりと中に射精してもらいます。ゼリーなどではなく、天然の潤滑剤となったAさんの精液によって、ドロドロヌルヌルに緩んだ妻の肉壷に、今度は私が力の失せた肉棒を押し込んでいけば、これが不思議なことにヌルりとはまっていく。こうして、どうにかこうにか妻との快感を味わえるのです。
もちろん、ぐにゃりと芯のない我が肉棒では、妻に十分な快感を与えてやることはできませんし、私自身も最後まで射精できずに終えることもあります。それでも愛する妻の中に自分の分身を入れることができるという喜びは、他に代えがたいものがある。同じく妻も、力を失った愚息であっても、こうして身体を重ね合わせた後には、満足気な表情を見せてくれるのです。他人の精液を潤滑剤にして、ますます強まっていく老夫婦の絆。妻と抱き合うことの大切さを実感しております。

盗撮のぞき見されてカップルが青姦セックス・野外エッチで燃え上がる・東池袋中央公園・大阪城公園・月隈公園

0041_20200927162817e18.jpg続いてプロと行く覗きツアー体験談
0021_201810151414075ff_20190817160354576.jpg0022_2018101514140844e_201908171603550f0.jpg0023_20181015141410d41_20190817160357e82.jpg0024_201810151414113ca_20190817160358135.jpg0025_201810151414136da_20190817160400dc3.jpg0026_20181015141414b63_2019081716040155e.jpg27_202009271634368c0.jpg052_20200728075637887.jpgkk074.jpgkk075_2020042314272528c.jpg
【概略・全文は上記記事をお読みください】
アルプス会の面々は、ビデオを売るなんて考えは毛頭ない根っからのマニアで、しかも本業ではそれぞれ地位のある人たちばかり。ガードが異常に堅い代わり、女には甘いのだ。
「本当は困るけど、木村さんがオレたちと一緒にのぞきをやって、それをルポに書くっていうのならいいよ」そんなわけで、アルプスの社長と森中さん、そして私の3人は福島へ向けて出発したのだ。サーっとヘッドライトが走る。
いったん車止めのところまで進んだ車は、Uターンしてきて止めるのがパターンだ。が、今度の車は戻ってくる気配がない。行き止まりになってるのをいいことに、そこで止まったようだ。スターライトスコープを片手に会長が動き出した。私と森中さんも遅れじと後を追う。
「植え込みで見えないからそのままでいいけど、後は中腰で歩いて」
会長の指示は細かい。背の高い生け垣が切れたら今度は腹這いになって身を伏せる。そのまま、ズリズリ移動。車のフロントから5メートルほど離れた位置まで辿り着く。下からスコープで見上げると、20代そこそこのカップルが互いのカラダを触りあったりしながらクスクス笑ってる。いい雰囲気。エッチが期待できそうだ。が、それからが長い。何を話してるのか、ほっぺたを触ったり胸をつついたり。まったく他人がイチャついてる様子を見てるほど退屈なことはない。それを大の大人が3人、芝生に寝転び息を詰めて見つめているのだから。やっと長いキスを始めたのをきっかけに、森中さんが右手にカメラを埜噸えフロントガラスとサイドガラスの間のフレームに身を隠すように立ち上がり、ススっと車に近づく。中では茶髪の男が助手席の女の子に覆い被さるようにしながらブラウスを脱がしにかかっている。と、そのとき、女の子が何気なく顔を上げた。目の前にいる森中さんに気づいたようで、ビックリしたように指をさしながら男に何やらうったえている。ヘッドライトを点ける男。一目散に駐車場へ逃げ帰るのぞき3人。ヤツらはヤンキー入ってたから、追っかけてきたらどうしよう。なんて心配していたら、車は凄いスピードで走り去ってしまった。ほっと一息、よかった。キュキュンという急ブレーキを踏んで山を駈け上ってくる車が1台。さっと茂みに隠れ、どこへ行くのか見守ると、車止めに突き当たり、Uターンして下に止まる。ヘッドライトが消え、辺りが再び暗くなったが、ドアを開け外に出る気配はない。お願いだ、今度こそエッチしてくださいね。
さっそくパンクさんが赤撚力メラを持って中央の穴に潜り込む。しかも単に録画するだけじゃなく、ケーブルで5インチぐらいのモニターとつなげ、外にいる私たちにも見えるようにしてくれた。覗き穴とフロントガラスの間は3メートルあるかどうか。モニターには、フロントガラスがはみ出すほど寄った映像が映る。しかもこのカップル、最初からヤル気で来たようで、しばらく辺りを気にしていたが、すぐにキスし始めた。森中さんがカラー赤外線カメラを携え、左の穴に入る。「パンクさんの投光器があるから、かなり色が出るんじゃないかな」
社長が嬉しそうに見てる。私もスターライトスコープを持って右の穴に入る。
「穴の中はヘビが出るかもよ」と脅されたが、もはやかまってるヒマはない。穴を覆ってる布の間からスコープだけ出し覗いて見る。ヒャー、丸見えである。肩まで髪を伸ばした女性は上着を脱ぎ、男性が愛撫するように背中を触りながらキスを交わす。
見つめ合い、女性が男の上に覆い被さるように抱き合った瞬間、悲劇が襲ってきた。あの、ギター
一家が歌いながらカップルの車に近づいてきたのである。そりゃ、ないよ。あっという間に去って行く2人。それが福島の夜のクライマックスだった。その後は待てど暮らせどチャンスはなく、午前2時を回ったとこでお開きに。宿へ戻って撮ったビデオを肴にビールで残念会を開催する3人。リベンジッアーを約束しつつ眠りについたのだった。
カップルの青姦セックスが覗けるビーチ
九州から仕事の都合で沖縄県宜野湾市に越してきた。新しい生活に慣れてきたところで、この街で初めて、趣味のワリキリ遊びをはじめることにした。出会い系サイトを見たら宜野湾近郊はけっこうな数の募集がある。そこから30代前半の女を選び、ホテル代別イチゴーで商談が成立した。
国道58号線沿い、近くにラブホが並ぶコンビニ前に来るよう言われ、クルマで向かう。時刻は夜の9時だ。駐車場に停めて待っていたら、事前に聞いていた軽自動車が入ってきた。クルマから降りて声をかける。「待ち合わせの子?」「はい、ヨロシクねぇ」
どう見ても地元の人間であろう顔立ちだ。美人ともブスとも言えないけど、まあいいや。「じゃあオレのクルマでホテル行こうか?」
ところが彼女は思わぬ提案をしてきた。
「それもいいけどさ、ホテル代もったいないでしょぉ。良かったらビーチでどう? そのぶんホテル代も上乗せしてもらえたら嬉しいなぁ」
近くに場所? なんか怪しくないか?とりあえず行ってから決めようか。彼女を車に乗せて5分ほど走った「宜野湾トロピカルビーチ」でストップの声が。
「え、ここでするの?」
「そう。あそこの岩の陰で」
ビーチや隣接する道路に人気はない。なるほど、たしかにイイ場所かもな。彼女は慣れた様子でカバンからレジャーシートを取り出して広げている。
「さきにお金ちょうだい」
予定してたホテル代も合わせた1万8千円を手渡して寝転がる。なんか緊張するけど、
これはこれでアリかも。洋服は脱がずにプレイ開始だ。キスをしておっぱいをまさぐって…。あれ、誰か歩いてくる!
「ちょっと、一回ストップしようよ!」
ところが彼女、近づいてくるカップルにチラっと視線をやったかと思えば、「ああ、大丈夫だよ」と手コキをやめる気配がないのだ。なにこの人、見られたがりの変態?二人がどんどん近づいてくる。そして10メートルほどの距離に来たところで立ち止まった。おそらく40代後半の男女だ。
「やばくないの?」
「あの人もワタシと同じだよ。ここでお客をとってるの」
「え、ワリキリってこと?」
「そう。大丈夫。続けようよ」
フェラされながら二人を見ていたら、たしかにこっちと同じようにレジャーシートを広げている。あ、カネの受け渡しも!なんでもここらのエンコーはホテル代を上乗せでもらいたいとの理由でビーチで行うことが多いらしい。なんだそりゃ。とにかくズボンを脱いで騎乗位で挿入。向こうもフェラの真っ最中だ。なんだか非日常的というか、他人のセックスをこんな間近で見れるなんてすげーな。青空の下のハプニングバーとでもいおうか。男性と目が合い、向こうから会釈してきた。あ、やばい、イキます!例のビチでのプレイは非常に刺激的だったけど、よく考えればワリキリしなくてもあそこに行けば青姦が見れるってことだ。行かない手はない。
 前回と同じぐらいの時間に足を運んでみる。そろりそろり岩場に近づいてみれば…いたいた。おっ…1、2、3組もいるじゃん!やってますなぁ。
あまり近づきすぎると良くないとは思うのだが、等間隔で寝転ぶワリキリカップルた
ちは、オレの存在を意に介さずねっとりプレイを続けている。いや、正確に言えばオト
コ連中はときおり訝しげな視線を送ってくるのだが、女は気にも留めていない様子だ。
こりゃいいやと砂に腰をおろしてプレイ観賞を続ける。あららら、3組が揃ってフェラに突入してるじゃん。この人たちバラバラで来てるんだろうに、他人のプレイに触発されるのか、一種の競い合いみたいな状況だ。しばらくして3組がほぼ同時に挿入と相成った。どうしよ、シコっちゃおうかな。ズボンを下ろしてチンコをシゴく。と、大きな声が聞こえるようになった。
「ああ、お兄さん大きい!」
「あん、あん、お兄さんのほうが大きいわ〜」
やっぱり競いあってる!3組のセックスを堪能しつつ発射し終えたオレに、その中の1組が近づいてきた。
「あのさ、迷惑だよ」
「いや、アノ…」
「やるんならもうちょい離れてやってよ」
オトコは複雑な表情でそう言い放ち、隣を歩く四十路オンナはニヤニヤしている。て
いうか覗くのはイイんだ。おおらかな人たちですな。その後も何度か覗き&シコりに行っていたのだが、10月に入ったころにはこの光景が見られなくなった。いくら沖縄とはいえ、夜のビーチは寒いのだから仕方ない。この青空ハプバーは一過性のものではなかった。今年の5月ごろから再びワリキリカップルがあらわれたのだ。夏まっさかりの8月のある晩なんか入れ替わり立ち代り、8組のセックスを見ることもできた。同時にいたのは4組がマックスだっただろうか。女性は40代のおばちゃん風情が多いが、リアルなセックスを間近に見れるのはさすがに興奮する。
また春が待ち遠しいオレである。
カップルの青姦セックスが覗けるビーチ
外出中、無性にオナニーをしたくなる時ってのは、誰にだってあると思う。ビーチやプールに出かければ、エロくさい水着の女があちこちに。公園のベンチで休んでいると、小さな子供をあやす若ママさんの胸の谷間やパンツがチラチラ。しかし、そこでオナニーはできない。やれば両手に手錠だ。
世の中には、ズボンのポケットに穴を開けて人知れずオナニーする人がいるらしいが、いったい、どうやってんのか。通常のオナニーのようにチンコをシュッシュッとしごくやり方なら、腕の動きでバレバレだと思うのだが。俺の場合、外でオナニーがしたくなったら、やはり穴の開いたポケットに手を差し込む。しかし、上下にサオをしごくようなことはしない。指先で亀頭部分をグリグリとこするだけだ。これなら腕も派手に動かないから、周囲に悟られることはまずない。
え、そんくらいのことでイケるのかって?もちろん、イケる。あらかじめチンコにポケットテンガをかぶせておけば。ポケットテンガは、コンドームのような形状をしており、内部に無数の突起物が付いてる。ここに適量のローションを垂らしてチンコに装着すれば、普通に歩いてるだけでも甘美な刺激を味わえる。まして指先でグリグリなんかやったらもう数分でフィニッシュだ。
エッチより気持ちいい・他人を不幸にする悦び

身も心も溶ける、とはよく言う言葉だが、今回、自身の《トロける体験》を聞かせてくれることになった石橋氏(仮名)は、精神的悦びは肉体的快感よりはるかに勝ると断言する。

「チンチン入れて気持ちいいってだけじゃ犬や猫と一緒だろ。人間なんだからアタマを使った遊びを楽しまないと」

20代で事業に成功、巨額の金を手にした氏は、体を壊すまで《飲む打つ買う》に没頭。肉体的快楽は体験し尽くしたと豪語する。その結果、彼が辿り着いたのは、金で他人をいたぶる遊びだった。

「これを味わったらセックスなんか目じゃなくなるよ」

氏の言う、他人を不幸にする悦びとはいったい…。

オレも最初から、こんなひねくれてたわけじゃない。20代の頃はバリバリの肉体派でさ、本業が当たったときは金を握りしめて川崎の高級ソープに飛んでった。
昨日はあの店のナンバー1、今日は元芸能人って渡り歩いてさ。けど、いくらいい女でテクニックの持ち主でも毎日ヤれぱ慣れるし飽きるのよ・快感のボルテージは確実に右下がりになる。で、あるとき、くわえてる女の顔を見ながらフと考えたわけ。
…こんな可愛い顔して学生時代はさぞモテただろうに、それが今、金のために見知らぬ男たちのチンチンしゃぶってんのか。彼氏や親が知ったら悲しむだろうな。もし、オレが電話して教えたら、この女はどうなるんだろ…って。
そしたらなぜかメチヤクチャ興奮したんだよね。性的快感もあるんだけど、征服欲とか噌虐的欲求が満たされた悦びがデカイんだ。
オレが精神的快楽を意識したのは、そのときからかな。オレがいちばんバブリーな時期だったんだ。月に2千万入ってくるんだぜ。すぐに銀座のクラブで遊ぶようになったよ。
とやっぱ川崎のソープ嬢より銀座のホステスの方が女つぶりがいいわけよ。柏木由紀子似のホステスに入れ込んじゃって、毎日、開店10分前から閉店まで通い詰めてさ。ママにチップを渡して女が他の席に行かないよう細工したり、シャネルの服やエルメスのスカーフをプレゼントしたり、もうヤリたい一心(笑)・
で、最終的にヤれたんだけど、自分がカモられてるってのは、よ-くわかってた。一発やるのにトータルで1千万ぐらいは注ぎ込んだんだからさ。
でも、その体験でわかったね。どんなにいい女でも金さえ遣えば股開くんだって。それがわかると、もう普通に口説くのはバカらしくてさ。
後藤久美子似のホステスもプレゼント攻撃で攻めたら一発ヤラせてくれたしね。あ、やっぱりねって感じだったけど、そのゴクミ似に男がいるのが後でわかってさ、何か急に別の感情が湧いてきたのよ。この男のためにオレから金を引っ張ろうとした女を思いっきり不幸にしたら、どんなに気持ちいいだろうかって。
金銭感覚をマヒさせ且那と別れさせる
わかってたのはミユキって源氏名だけ。本名も住所も、まして結婚してるかどうかも知らなかった。自分じゃ25才って言ってたけど、それだって本当かどうかはわからないし。で、どうやって調べようか悩んでたらタイミングよく1人のホステスがオレに言い寄ってきたのよ。店で豪勢に遊ぶオレを見て体のいい金づるだと思ったんじゃないの。
まあ、同僚なら何か知ってるんじやねえかと、とりあえずそいつを神奈川の別荘に住まわせた。

いや、オレは面食いだから、そいつをどうこうしようなんて気はないよ。ただ情報源として利用できると思っただけ。女も最初は不審がってたよ・手も出さずに生活の面倒見るのは何か企んでるんじゃないかって。でも、オレがミユキのことばかり聞くからそのうち事情を察したらしいんだ。
そしたらソイツ、今度はいろいろ策をたてるようになつて

「どこそこのお店に行くからアタシも付いて行く」

なんてミユキをダシに金を引っ張ろうと、必死なわけ。それがまた面白くてさ。
…まったく情けねえなこのバカ。金のためにどこまで自分を瞳めりや気が済むんだ…って笑いながら言いなりになってやったよ。金を目の前にぶらさげると人間ってのはどんどんあさましくなるね。品がなくなって、いかにも腹黒い顔つきに変わってく。

結局、その女ナニしたと思う?店の金庫をこじ開けてミユキの履歴書を引っ張り出してきたんだぜ。金になりや犯罪だってお構いなしだ。でミユキの方は27才で、旦那がいた。家も地味なマンションだったね。
玄関が見渡せる場所で車止めて張り込んだら夜の9時ごろ、ミユキが男と腕組んで帰ってきてさ。旦那がまた人のよさそうなオッサンで、ミユキも安っぽい服着てニコニコ笑ってんの。どうするのがいちばん面白いか考えて、とにかくミユキに金やって金銭感覚をマヒさせようと毎日、店に出かけてバンバン高い酒を頼んだ。
そしたらね、ミユキがチップはいらないって言い出したんだ。店で金をもらうとスタッフに分けなくちゃならないから「オフの日に外で会いましょう」って。それ聞いてワクワクしたね。ミユキはオレの金を全部、独り占めしようって思ったわけだ。オレの思うつぼだよな。どんな理由つけてオレから金を引っ張るか、それを見るのが面白いじゃ
ん。

休みのたびに会って、プレゼント買ったりウマイもの食わせてた。そしたら急に

「今日は一緒にいたいの」なんて誘ってきやがって。
よっぽどオレを手放したくなかったんじゃないの。で、彼女なりに考えた結論が股を開くことだったんだ。マヌケだろ。ただ、そんときのセックスは格別だったな。金のために体を差し出す女を見ながら旦那の顔を思い浮かべると、興奮度が違うんだよ。
その後は別荘に住まわせてる女に

「奥さんが浮気をしてるのをご存じですか」
なんて手紙を書かせてさ。旦那も心当たり大アリだから、一気に離婚話に進んだらしく、会うたびミユキはゲッソリした顔になってつたな・それでも必死でおねだりするんだからホント、哀れっていうかさ。
結局、店に通いだして半年もしないうちに旦那と別れたよ。オレをアテにして離婚に踏み切ったみたいなこと言うからそこでジ、エンド。しつこく電話かけてきたけど相手にしなかった。ウワサじゃ評判落として銀座から出てったらしいけど、今どうしてんだろな。相談に乗ったブリをして「男の前でオナニーしろ」
別のバーで出会った黒木瞳似のミサは、最初から商事会社に勤めるエリートの彼氏がいるってわかってたの。

「私の彼は商社マンなの」って、コトあるごとに自慢してたからね。あんまり幸せそうに言うからさ、よし、別れさせてやろうって。でも、ミユキと同じ手を使っても面白くない。どうしようか考えて、オレは占いが得意だって売り込んだんだ。
事前に他のホステスから情報仕入れて

「彼氏とエッチがうまくいかなくて悩んでますね」

って言ったらマジでビックリしてさ。あとは

「兵法によれば」とか「聖書にはこんなことが書かれてるんだよ」
なんて、小難しい話を挟みながら悪いことをすすめまくった。
もちろん、兵法なんて知らないよ。けど、いかにも教養がありそうな感じじゃん。後はええと何言ったかな。男の前でオナニーすれば喜ぶとか、平静からマンコということばを言わなきゃいかんとか、オレもバカだよな。ただ、普通に言やあウソだってのはバレバレだけど、
「うまくなくてもいいから手料理を作れ」
なんてごく当たり前のことを言って、1つだけとんでもないこと混ぜると本当に聞こえちゃうんだ。
怪文書もそうだろ。あたりさわりのない本当のことの中に、いちばん言いたいウソを1つだけ加える。そうすりや読んだ方は全部本当だと思っちゃうんだから。ミサはオレの言ったことを90パーセントぐらいは実行に移したらしいよ。オナニーしてみせたり、彼氏の友だちの前でマンコって言ったりしたみたいだぜ。
しかも
「昨日、オナニーしたら彼氏が怒りだしちゃって、何が悪かったんだろ」
って、2人の仲が険悪になっていく様子を本人が逐一報告してくるんだからたまんないよね。結局、最後は男が黙って部屋を出て行ったって。それ聞いた日にホテルに誘ったら、あっさりついて来た。泣きはらした顔でチンチンくわえるミサを見て、心底トロけたよ。
競馬場で15万返し金を使わせる男もやったな。一緒にやってた小山ってヤツが、金に執着するタイプだったんだ。あんまり儲かるから会社辞めちゃって、金のことばっかり言い出した。だから破産させたら面白いと思ってさ。当時、2人で大井競馬場に行くのが日課だったんだ。だから、直前に
「20万貸してくんない」って頼むわけ。向こうはオレがすぐ返すの知ってるから黙って貸してくれる。で、大井に着いたとこで15万返す。いや、金を借りるのが目的じゃないよ。残りの5万も夜には返すし。ただ、小山に金を使わせようと思ってさ。

ヤツは大井で使うのは1日10万って決めてたけど、15万を現金で返せばその金も使っちゃうだろ。シロートが競馬で儲かるわけないんだからさ。一方で手土産持参で家を訪ねたりしてたから、奥さんの信頼は厚い。子供がTVゲームが欲しいと言えば、すぐ買ってやったりね。
「うちの人も石橋さんのように甲斐性があればいいのに」って、ずいぶん相談受けたょ。

「オレは大丈夫ですよ」なんて言いながら、腹で笑ってさ。最後のダメ押しには、おねだりのうまい銀座のホステスを紹介した。小山は免疫ないからすぐハマって、みるみるうちに転落してったよ。奥さんとも離婚して、オレの前から消えちゃったね。

★ミユキもミサも、散々いい思いもさせたから感謝こそすれ、これっぽっちも憎んでないと思うよ。小山だって、オレも一緒に使ってんだから恨みようがない。ま、金に余裕がなきゃできない究極の遊びだな。けど、まだオレは甘いんだよ。ミユキやミサの男に、お前の女は金のためにオレと寝てるんだぞ、って言わなきゃ。

【エロ漫画】ラブホ代わりのカラオケボックスでわいせつなレ〇プ輪姦や素人カップルのセックスを覗き見盗撮

カラオケセックス覗き見盗撮エロ漫画カラオケセックス覗き見盗撮エロ漫画カラオケセックス覗き見盗撮エロ漫画カラオケセックス覗き見盗撮エロ漫画カラオケセックス覗き見盗撮エロ漫画カラオケセックス覗き見盗撮エロ漫画カラオケセックス覗き見盗撮エロ漫画カラオケセックス覗き見盗撮エロ漫画カラオケセックス覗き見盗撮エロ漫画カラオケセックス覗き見盗撮エロ漫画カラオケセックス覗き見盗撮エロ漫画カラオケセックス覗き見盗撮エロ漫画カラオケセックス覗き見盗撮エロ漫画カラオケセックス覗き見盗撮エロ漫画カラオケセックス覗き見盗撮エロ漫画カラオケセックス覗き見盗撮エロ漫画カラオケセックス覗き見盗撮エロ漫画カラオケセックス覗き見盗撮エロ漫画
続いてレイブ会場の野外トイレの扉を開け桃尻の生ケツを覗き見の体験談
キッカケは去年の夏の、ちよっとした偶然だった。その日、男友だち数人と千葉の海水浴場に遊びに来ていたオレは夏の開放感のもと、しこたまビールを飲んでいた。ゴザの上に空き缶が一つ、またつと空いていく。が、さすがに調子に乗りすぎた。気がつけば膀胱がパンパンだ。ちよっとシヨンベン行ってくらぁーよろよろと立ち上がって海の家に隣接する仮設トイレへ。「空き」を示す青色のついたドアノブを握りしめ、勢いよく手前に引く。目の前に丸い大きな尻が見えた。見知らぬ若い女が首を後ろに向け、ジーッとオレの顔を眺めている。魔物にでも遭遇したかのよぅな表情だ。次の瞬間、「わつ、すいません!」慌ててトイレの扉を閉めた。
どうやら鍵をかけ忘れていたようだが、しかしなんでオレが謝らなきゃいけないんだ。でもいいケツだった。丸くて白くてプリプリで。人間っつうのは、本当にビックリすると声も出ないものらしい。ジョロ〜。隣りのトイレで長い長い小を垂れ流しつつ、オレはつい先ほど見た女の驚愕の表情を思い出していた。これまで味わったこともない妙な興奮を覚えながら。
以来、オレの中でつの悪企みが生まれ、頭から離れなくなつた。また仮設トイレの扉を開け、用を足している女の姿を見ることはできないものか。勘違いを装い、生ケツと腰を抜かした女の顔を堪能することは。
もちろん、そのためには女が鍵をかけ忘れるか、外から鍵を開ける方法を探るか、いずれかが必須となる。自己紹介が遅れたが、実はオレ、現場の資材レンタルの会社に勤めている。扱う商品は、プレ八ブ、足場用具、保安ボックス、そして仮設卜イレなど。通常、仮設トイレのドアノブに、小さなック解除の穴が付いていることはあまり知られていない。トラックで卜イレを運搬中、衝撃で勝手にックがかかった場合や、中に閉じこめられたときのためにそのような解除用の穴があるのだが、コレ、マイナスドライバーや十円玉を差し込んでクルッとひねれば、誰でも簡単に開けられる仕組みとなっている。もう説明は不要だろう。要するに、周囲の目さえ気をつけておけば、鍵のかかった仮設トイレの扉などワケなく外から開けられるのだ。むふふ。さっそく友人の小林を誘い、シーズン終了間際の湘南へ。目的の仮設トイレの付近に何食わぬ顔で陣取り、獲物がやって来るのを待つ。何度かオッサンや二ーチャンをやり過ごした後、絶好のチャンスが訪れた。倖田來未似のギャルがケツをフリフリ、トイレの中へ入っていく。予め決めていたとおり最初は小林が見張り役にオレがお楽しみ役としてトイレに近づく。物音を立てぬよぅ、慎重に解除ホールをひねる。大丈夫。上手くいったよぅだ。大きく深呼吸し、思い切ってドアを開けた。ガチャーー。まず倖田似のギョエエエと歪んだ顔が飛び込んできた。次にサッと視線を下に移すと、クッキリ日焼け跡のついたナマ白い尻。そしてその割れ目には、太めの本グソがプランプランと揺れている。
「ゴメンなさい、鍵が開いたもんだから!」言いながら扉を閉めるオレ。ニヤケているところを見られてはいなかったろぅか。こんな具合でオレたちは、その日度ずつビックリトイレを敢行。疑われることは切なかった。誰しもトイレの鍵をちやんとかけたどぅかなんて、意識的に確認などしないものだ。
すっかり悪い遊びにハマったオレたちは、以後精力的に動を続けた。なんたって仮設トイレは至るところで使われている。野外コンサー卜にスキー場。身近なところでは、工事中の駅なども格好の狩り場となった。そしてオレたちはとある山奥で開かれたレイブに参加した。小林もオレもレイブ自体にはまったく興味がないものの、夜通しで行われるこの手のイベントは、闇夜に紛れることができるため、仕事もやりやすいと考えたのだ。甘かった。いざレイブ会場に到着すると、コ以上立ち並ぶ仮設トイレの前には深夜になっても行列がなくならず、チャンスがないのだ。
焦れたオレたちは、仕方なく行列の中からめぽしい女を見つけ、その後ろに並んだ。不幸中の幸いというべきか、列は各トイレの前に人がズラリと並ぶのではなくの字になっており、いずれかのトイレが空くたびに一人ずつ順番に振り分けていくというもの。これならターゲットの女が入っているトイレにも素知らぬ顔で近づくことができる。目の前の女が一番右端の卜イレに入ったのを確認してから秒後、同じトイレに向かう。このころはロック解除の技術もかなり上達。周囲に怪しまれず、素早く開ける自信がある。ところが。
「おぃお前さっきから何やってんだよ!」不意に後ろから若いアンチャンに腕を掴まれた。
「お前、いまトイレを開けようとしてただろ」「……は?なんのこと?」「その右手に持ってるのは何だ?解除ホールに突っ込んでの見たぞ」
★★★空前絶後の出会い時代到来★★★
一つの出会いで世界が変わる
おすすめの厳選出会い2選。18禁。
≪会員数1000万人突破≫≪フリーメール・匿名での登録OK≫
PCマックス

≪女性誌等への掲載多数、女性登録者多し≫
ワクワクメール

不況でパパ活に激美人が急増中の噂
日本で唯一全国展開している交際クラブユニバース倶楽部をのぞいてみよう!
40代~60代のための愛人マッチング【ユニバース倶楽部】

二次元の彼女のエロシーンやボイスに病みつき
【にじげんカノジョ】

★★★女性が喜ぶ最強のペニスを作る★★★
☆☆自信の増大アップサプリ☆☆
【サイズアップXL】

☆☆三冠達成!ペニス増大サプリ・ヴィトックス☆☆
今がチャンス!赤字覚悟の還元プレゼント中!
【ヴィトックス】

☆☆早漏対策なら☆☆専門医推奨!TENGAのトレーニングツール


☆☆遅漏対策なら☆☆TENGAの遅漏改善トレーニングツール☆☆
⇒遅漏改善用TENGA

☆☆TENGAの男の活力サプリメント☆☆
⇒TENGA活力支援サプリ

☆☆包茎対策なら☆☆ ⇒自宅で自分で治す包茎グッズ
包茎グッズ【キトー君】