カカオトークのタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:カカオトーク

  • 2018/02/18セフレの作り方

    チャットツールと言えばLINEの独壇場だが、出会い系で使うならカカオトーク、という人はい。普段から使っているLINEで何かトラブルになったとき、プロフ写真や名前を変えたりIDを消したりするのは面倒だけど、カカオならいいか、と考えるんだろう。だからか、ネット上にはカカオトーク専用のID交換掲示板が大量に出てくる。俺の作戦は、「カカオ、既婚者」のキーワードで引っかかった掲示板に片っ端からプロフィールと...

    記事を読む

  • 2017/03/13援助交際・パパ活

    LINEへの風当たりが強くなっている。無料通話アプリが発端の事件が起きると、必ず取りざたされるのはLINEだ。しかし、こと援助交際に関していうならば、利用される無料通話アプリは『カカオトーク』と相場が決まっている。LINEが出会い目的のIDを凍結し始めているためだ。 現実、『友達募集掲示板』にはこのような書き込みがふんだんに見られる。〈さぽ、東京 カカオID↓○△×〉〈新宿で割して. カカオID↓▲×◎〉...

    記事を読む

カカオトークの昼オフ会で人妻の不倫相手を作る方法|出会い系アプリ攻略

201504060_20200730140107167.jpg201504061_202007301401087de.jpg201504062_20200730140110556.jpg201504063_20200730140111b93.jpg
チャットツールと言えばLINEの独壇場だが、出会い系で使うならカカオトーク、という人はい。普段から使っているLINEで何かトラブルになったとき、プロフ写真や名前を変えたりIDを消したりするのは面倒だけど、カカオならいいか、と考えるんだろう。だからか、ネット上にはカカオトーク専用のID交換掲示板が大量に出てくる。俺の作戦は、「カカオ、既婚者」のキーワードで引っかかった掲示板に片っ端からプロフィールとIDを書き込み、ひたすら人妻たちからの連絡を待つというものだ。『大阪在住、42才の既婚者です。妻とはレスの状態が続いているけど、子供もいるし離婚する気はありません。でもたまには異性の方とドキドキしたい。もし同じように感じている方がいましたら連絡待っています。メールでお話しましょう』
 反応は多くても2カ月に1回ぐらいだろうか。『こんばんは。書き込み見ました。ウチもレスです』などと短いメールがカカオに飛んでくる。一旦メールのやり取りが始まると、しばらく相手の愚痴が続くのでそれに共感してあげれば、電話での会話を挟んでから、「会いましょう」という流れになる。恐らくだが、こちらの書いた『離婚する気がない』という一言が安心感を与えているんじゃないかと思う。
昼間のファミレスに行くと、暇そうな主婦グループがペチャクチャしゃべりながらランチしてる姿をよーく見かける。どうしたらあういう人妻たちとお近づきになれるんだ?
 うってつけのツールが「IRORI」だ。共通の趣味を持った者同士がオフ会をするためのアプリで、出会いやグルメ、アウトドア、アートなど各ジャンル毎に分けられた大量のグループの中から、自分の好きなものを選んで参加すればいいだけ。既存のグループに参加する方法と、自分がグループを作りオフ会を企画する2つの方法があるが、圧倒的に後者の方が人妻を落とせる確率は高い。
「平日ランチ」をキーワードにグループを作成してメンバーを募り、ある程度人数が集まったらオフ会を開てみよう。昼間のランチ会に来るメンバーは半数以上が主婦。主催者だけにメンバー全員と話すチャンスが作れるし、意気投合する女性も1人や2人は必ず現れるものだ。このサイトは文字どおり、露骨に不倫相手を探す主旨のものだ。男女ともに募集書き込みをしてメールを待ったり、めぼしい書き込みにアプローチする使いかたとなる。
 こんないかにもなサイト名だからか、とにかくライバルの数は多い。適当にプロフィールを書いて「秘密の関係になれる人を探してます」などと載せてもまず人妻から連絡はこない。そこでオレがあみだした“待ち”カキコミがこれだ。〈名古屋に住んでいる営業マンです。仕事の都合で週に1回ほど東京出張があります。素直になっていいますが、このサイトを覗いたのは恋愛がしたいと考えたからです。僕の東京出張の際に都合が合えば会っていただき、食事などを楽しめる精神的な恋人になっていただける人を探しています〉これをサイト内の関東地方に載せる。ポイントは地方の人間を装っていることだ。
 なぜか。オレの想像した人妻の心理だが、近場の人間と遊ぶよりは地方から来てる男のほうがより割り切った関係でいられると判断してくれるのだろう。もしかしたらそのぐらい離れていたほうが自制が効くとも思っているのかもしれない。このカキコミに変えて返信率はぐんとあがった。実際は都内に住んでるので適当に話を合わせつつ、2週間に1回会う不倫妻を2人抱えている。
オレが入ってる主な“昼オフ”コミュニティは上記だが、他にもミクシーのコミュニティ検索欄に『地域名+ランチ』と入力すれば各地域のものが出てくる。どれも昼間に会って食事して仲良くなりましょうってなものだ。そしてやはりというか、この手のオフ会にやってくるのは人妻が多い。たとえば前に行った『平日激安イタリアンランチオフ♪』は参加者が6人で、オレ以外5人が女性だ。それぞれ初対面同士の人妻だった。作戦としては単純なのだが、このコミュニティのオフ会になるべく参加して顔見知りになっていくことがセックスへの近道だといえる。3回参加したらほぼ間違いなく前に会ったことのある人妻がいるので、世間話をしながらなるべく彼女と接触を持つようにする。地域を聞いて、「ヨメさんのことでいろいろグチりたいからライン交換しようよ」と連絡先交換だ。
 ラインのやりとりを続けながら、2,3日後に「明日ヒマ? カラオケランチ付き合ってよ」と呼び出す。できればその場でお酒を飲ませたいが、断られてもそこは構わない。歌をうたう女のそばに座り、タッチを繰り返していくことで向こうもその気になってくるものだ。狙う女はできればダンナとうまくいってないみたいなコトを言うヤツのほうがいい。そういうのはほぼ間違いなくセックスレスなので、オレみたいなスケベ男のアプローチにころっと落ちてくれる。
カカオトークでのナンパの仕方

老舗の掲示板だけあって、人は多いが業者も多くまぎれている。
そんな忌まわしい連中を判別するには、募集文面をチェックするだけでいい。業者のヤツらは、ほぼ同じ募集文面を地域だけ変えて投稿していることが多いのだ。
〈仕事で東京に来てて遊べる人探してます☆〉
〈仕事で浜松に来てるから誰か遊ぼ~☆〉
 なんでこんなわかりやすいことをするのかさっぱりだが、もちろんこういうのは排除していく。まず自分の地域で女を探し、これはと思う子がいたら、今度は全国で検索。
似たような書き込みがなければ、迷わずコンタクトをとればいい。

他の募集アプリと少し違うのは、その名のとおり、モヤモヤしたときに相手を募集する体裁になっているところだ。そのコンセプトに忠実な子たちは、こんな
感じで募集している。
〈彼氏とケンカした~もうイヤ〉
なんとわかりやすいチャンスか。そういう子にアプローチして、相談に乗るスタンスからはじめるのがいい。
〈どうした? 話聞くよ?〉〈カレシが超ジコチューでさぁ〉
〈わかるわー。大変だよね、そういう人と付き合ってると〉
しばらく話を聞き、カカオ通話に誘う。初日は電話友達みたいな感じで終わるけど、数日続けて電話すれば、なんとか会えるでしょう。

カネがないのか、メシ友募集とか、カラオケ行ける人、みたいにリアルで会える男を探してるのが多い。俺のやり方はシンプルだけど、そういう子たちに一斉にアプローチをする。今どのへんにいるのかを確認して、「俺もちょうど近くにいるからすぐ向かえる!」とつなげて。本当に近くにいなくてもそう言ってしまえばいい。一度アポの約束さえとれてしまえば、時間が多少前後しても適当に言い訳をすればいいのだから。
女〈いま横浜駅近くのマンキツにいるよぉ〉
俺〈マジか! オレは関内だからすぐ向かうわ!〉
 本当は川崎にいたとしても、これでいい。
夜中に「誰か電話しよ~」などの募集が増える。本当にヒマな女だ。募集したての女全員に「オレもヒマだから語るべ」と送信し、繋がった子と適当な話をする。夜食を買いに行くけど何がいいかや、テレビに出てるつまらない芸人の話題など、まさにヒマつぶしだ。で、さてそろそろ寝るかってときにこうお願いするといい。「明日の朝はやいからさ、○○が起きたときに(カカオ)電話で起こしてよ」これで電話をしてくれば、女との仲は深まる。目覚まし電話のときにアポをとり、その日のうちに会ってヤレたこともある。誰であれ、まず最初の数回のやりとりまではできるだろう。
〈こんにちは〉〈どうも〉〈初めまして〉〈はい〉
問題はそこからだ。というよりも、この会話自体も問題だ。世の男性は、カカオ(ライン)独特の、意味のない会話がなかなかできない。どうしても、ごく普通の会話をしてしまう。これではアポなどとても無理だ。
〈○○ちゃんは彼氏とかいるの?〉〈えーいないよぉ〉
〈へえ、意外だな、そんなにカワイイのに〉
 こんなのはダメ。普通の会話でしかない。
 断言しよう。カカオやラインに生息する女は、杓子定規なやりとりを求めていない。あくまで男とのチャットはヒマつぶしのひとつであっ
て、なんならヒマな私を楽しませてみろ、くらいの姿勢なのだ。
 カカオ強者は、ほぼ例外なく、
『突拍子のないことを言う、つかみどころのない男』キャラを使っている。例えるならネプチューンのホリケンのような。
 以下は、某氏がアポに成功した際の会話ログの一部だ。
〈ねーねー○○(名前)~、カレシ的なヤツとかいたりいなかったりするの??〉
〈ブビョー!〉
〈どうしたwww〉
〈それ本当ブビョーだね! ビビるわマジで~〉
 雰囲気は伝わるだろう。テンションだけを高く維持した、無意味な会話だ。
 以下、また別のログから抜粋を。
〈この缶コーヒーめちゃウマ。死ねる~〉(写メと一緒に)
〈Mステで板野出てるけどアゴ整形したっぽいな〉(同上)
〈ウチのトイレットペーパー最強。ニオイも質感も最強! 押忍!!〉(同上)
脈絡なく、目に入ったものをすべて写メり、話題に取り入れていく。写真やツッコミ甲斐のある短文には、女も反応を返しやすい。イマドキの女たちはそういうコミュニケーションのとり方に違和感を感じない。軽く軽く、とにかく軽く。大切なのは「何をしゃべっているか」ではなく、「2人がしゃべり続けているという事実」なのだ。しばらく会話が進めば〈いまオレ1人酒ちう。○○は?〉
〈いまからベッドいく。○○はどうしてる?〉
など、自分はこれをしてるけどキミは? という、恋人同士が使うような文も距離を縮めるために有効だ。女の名前は呼び捨てが基本だ。そして会話の合間に(話題がなくなったときでもいい)以下のような文章をバンバン放りこんでいく。
〈うわ~、○○の雰囲気カワイイ。抱きしめたいわー〉
〈チューしよ、チュー〉〈オレの隣、空いてるけど?〉
 好意を持ってることをチャラく伝える。またもログから。
〈やべ、○○とチューしたくなってきたー、ヤバババ〉
〈いきなり何だww〉
〈ドキドキが止まらん…。ちょっとトイレで抜いてくる!! 〉
〈やめろww〉
〈じゃあ明日、横浜に1時ね。責任とってくれぃ〉
〈明日はムリっしょ~〉
 一見バカバカしいが、チャラい中にも会うことを匂わせている秀逸な流れだ。
 わかっただろうか。カカオトークでのナンパの際は、我々はいつも心の中にホリケンを飼っておかねばならないのだ。

スマとも、ひまトークを使ってカカオトーク援助交際パパ活の実態調査

カカオトーク援助交際カカオトーク援助交際カカオトーク援助交際カカオトーク援助交際カカオトーク援助交際カカオトーク援助交際カカオトーク援助交際 LINEへの風当たりが強くなっている。無料通話アプリが発端の事件が起きると、必ず取りざたされるのはLINEだ。しかし、こと援助交際に関していうならば、利用される無料通話アプリは『カカオトーク』と相場が決まっている。LINEが出会い目的のIDを凍結し始めているためだ。
 現実、『友達募集掲示板』にはこのような書き込みがふんだんに見られる。
〈さぽ、東京 カカオID↓○△×〉
〈新宿で割して. カカオID↓▲×◎〉
 ここに、ある希望的観測が生じる。
 無料通話アプリという、日常的に友達と連絡を取り合うツールでエンコー募集する子は、けばけばしい出会い系サイトにログインしてまで必死に稼ごうとする子とは、人種が違うような気がするのだ。どこか普通っぽいというか、汚れてないというか。はたして推測は当たっているのか。カカオエンコー嬢たちと順々にアポり、その人柄を覗いてみるとしよう。
土曜のお昼、池袋。『ひまトーク』なる掲示板アプリを見ていたらこんな募集を見つけた。
『お、金、ぴ、ん、ち』
 カカオのIDに、池袋にいますよと送信。
 すぐに返事がきた。
〈顔と体型って気にしますか?(>_<)〉
 容姿に自信がないようだ。ま、にかく会ってみよう。
 2万の条件でアポり、駅西口のミスド前へ来てもらうことに。業者女ならば男の提示する場所には来がらないので、この段階からシロート臭が漂っている。
 女性が近づいてきた。
「あの…ヒロシさんですよね?  カカオで話したみゆです」
 なんたる地味さ。学生時代、倉庫バイトをしてたころにこんな子いたよ。デブでもブスでもないけど、とにかく地味だ。「18才(プロフに書いてあった)ってことは学生さん?」
「…はい、福祉関係の大学に行ってます」
 うつむきながら答えるさまがいじらしい。
「出会い系サイトでエンコーとかもしてないの?」
「エンコーってなんですか?」なんと、エンコーという言葉を知らなかった。とぼけているとは思えない。彼女は大学1年生で、実家暮らし。バイトをしてないので毎月お金に余裕がなく、友達から聞いたアプリを使ってみたとのことだ。
再びひまトークを開く。
入れるだけならいくら?
挿入を匂わせる書き込みに、ただ会えるよと送ってみたら、返事がきた。
〈あたしギャルっぽいるイヤなので、あたしだけ写メ送ってもいいですか?〉
 届いた写真はいかにもな黒ギャルで、まつ毛バサバサな今どき娘だった。大学生らしい。
駅前で待ち合わをした。やってきたのは写真よりし幼い雰囲気の子だ。黒ギャルだけど、なんとなく石原さとみに似てる。細身のカラダに胸谷間が見えており、しかも生足だ。
こんな上玉が来るなんて!
「お金なんですけど、入れるだけだといくらもらえますか?」
「入れるだけってのは?」
「キスとかできないんで…」
 そういうことか。
「逆にいくら欲しいの?1とかもらえるなら…」
「え?1万?」
「はい…高いっすかね?」
 驚いた。出会い系でこのレベルなら2万、いや3万でも買う男はいるぞ。この子、相場がわかってないのか。
「いや、ぜんぜんいいけど…。エンコーとかしたことないの?」
「ワリですか? 実は何回かあるんですよね」
「あのアプリで?」
「でも手でシコるだけですけど」
「そのときはいくら貰ったの?」
「3千円かな?ケータイ代ピンチだったんで」
 ここまで世間(エンコー相場)知らずな美人大学生がいるなんて、カカオエンコー、思った以上にアツイぞ!
再びひまトークを開く。
続けてアポったのは『優しい人お願い聞いて』と書き込んでいたミナちゃんだ。キャバ嬢みたいな雰囲気の顔写真を載せている。ホ別イチゴーがご希望らしい。
待ち合わせ場所は彼女のほうから指定してきた。
〈あの、池袋よくワカラナイから駅まで来てもらえますか?〉
駅ナカでの待ち合わせも、業者ならまず提案してこないパターンだ。。
駅へ向かう途中で、北口に出たとの連絡が。喫茶店の前で立ってるって…ん、あれか?
「あの、ミナさん?」
「ああ、そう。こんにちは」
おいおい、そのイントネーション、、日本人じゃないじゃん。しかも顔写真とぜんぜん違うし。。
「なんか顔、違うね」
「そう、バイト先のお友達の写真使ったの。カワイイから」
「出身はどこ?」
「韓国。ダマしてごめんね」
彼女は韓国から来た学生で、夜はスナックで働いているらしい。なぜカカオでエンコーなんかしようと思ったのか。
みんなカカオでやってるの?」
「前はラインでやってた。でも同じでしょ?  ライン、韓国でもやってたから、みんな慣れてる」
少し前から、通ってる専門学校(生徒は韓国人や中国人)で爆発的にライン掲示板が流行ったそうだ。そもそもラインは韓国の会社が作ったアプリで、使ってる人が多いらしい。
「みんな割り切りしてるの?」
「そういう人と、恋人探してる子もいるよ」
「ミナさんは割り切りだけ?」
「アタシも彼氏見つけた。でもお金ないから、しょうがない」
「彼氏もアプリで見つけたんだ?」
「そう、年下でビンボー。だからワタシお金儲けしなきゃ」
なんというか、普通の出会い系でも会うタイプの子ではあるけど、これほど愛想のいい韓国女は珍しい。
カカオならではなのか?
今度は『スマとも』なる掲示板アプリを使ってみよう。近くにいる女性が地図上に表示されるシステムだ。
マップ上のすぐ近くにいる子が、こんなメッセージを載せていた。
『お願いありでwwちゃんと会えるひと』
メールを送る。
〈お願いっていくらが希望ですか?〉
 すぐに返信が届いた。
〈1万5千円と良かったら電車代ももらえたらありがたいです〉
 電車代ってなんだろ。よくわからないけど女子大生のユミちゃんは池袋東口まで来てほしいそうな。
あらかじめ聞いていた黒の上着の女性を発見。遠目から見ても美人なのがわかるぞ!
「こんばんは。ユミちゃん?」
「あ、よろしくお願いします!」
 スレンダーでハーフっぽい顔立ちの子がひきつった笑顔で答えた。
「電車代ってどこから来たの?」
「はい、実はわたし名古屋から来てるんですけど…」
「名古屋?  え、
新幹線代もほしいっ
てこと?」
「いえ、帰りのバス…あ、深夜バスの料金はもう払ってるんですけど、明日ライブに行くための交通費が足りなくて…」
 今朝、好きなアーティストのライブを見に夜行バスで東京に来たのだが、チケットがまだ買えてないうえに池袋.下北の往復交通費すらないのだとか。
 チケットのアテもなく東京に来て、仕方なくエンコーか。たくましいなぁ。
「明日どうしても行きたいんで…すいません」
「よく割り切りは募集するの?」
「それがはじめてなんですよ。さっき友達になった人がアプリを教えてくれて」
ユミちゃんは恥ずかしそうに下を向いて続けた。マクドナルドで時間をつぶしていたところ、チケットの相談をしたらこのアプリを教えてもらったそうだ。なんだろう、この行動力は。カカオのお手軽感がそうさせるのか。 翌日、なんだか切羽つまったカキコミを発見した。電話できるってなに?自分の声を聞いて判断してくれってこと?
『会えるよ』と送信。ホ別2を希望しているとのやりとりの後に、突然ケータイが震えた。
「もしもし。カカオで連絡してた彩華です」
 カカオトークの通話機能だ。
「ああ、どうも」
「駅前にいるので交番の横についたら電話もらえますか?」
 言われたとおりに交番前へ。カカオ電話を鳴らすと女が近づいてきた。「あ、アタシアタシ、彩華ですオンナだど…残念ながらお顔が芸人のバービーそっくりである。ふぁ.。
「こんにちは。いつもこうやって電話しながら合流してるの?」
「そう。だって冷やかしとか多しょ?」
そうか、そういう意味でもカカオエンコーは便利なんだな。電話番号を教えることなく話せるし、相手の雰囲気もわかって、おまけに逃げられずに済む。
 というわけで、彼女はかなりの常連嬢だと判明した。当たり前だが、カカオとはいえズブの素人ばかりなわけじゃない。バービーと別れてすぐに、カカオメールが届いた。
〈私も池袋にいるので良かったら割り切りで会えませんか?〉
待つこと数分、連絡が来た。
〈もう着いてますか?  服装教えてください〉
 格好を伝えてさらに5分。まだ来ない。
〈まだ着きませんか?〉
〈もうちょっとで行きます。遅れてすいません〉
 そこからさらに3分後、「ゴメンなさいね.」とようやく声をかけられた。目がロンパってる原由子みたいな女だ。
「ごめんね遅くなっちゃって。行きましょうか」
「はい、あの…」
 会話をはじめようとしたとき、視線の先に彼女のケータイが入ってきた。なにかメールを打っている。なになに、『合流しました』って…キミ、もしかして…。
「あのさ、いつも池袋でワリキリしてるの?」
「そうだよ。あ、イヤだったら言ってね」
「ていうか業者でしょ?  さっきなんかメールしてたじゃん」
「えー、お友達が近くにいるから連絡しただけだよ」
 とぼけやがって。こいつが援デリ嬢なのはその言動で明らかだ。到着が遅れたのは、業者の男がオレが立ってることを確認してからコイツを向かわせたからだろう。カカオにも業者はまぎれてたか。
「まあ業者でもいいけどさ。いつもアプリで募集してるの?」
「そうだよ.。なに、止める?カンジ悪くない?」
 ロンパリさんはオレの返事を待たずにケータイを耳にあてながら去っていった。
Copyright © エロ漫画無料アダルト裏モノJAPAN All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます