オナニーのタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:オナニー

自分のチンコを見せるオナ見せしたい男性のエロくて使えるオナニースポット

65_2020070708115373b.jpg66_20200707081154551.jpg67_20200707081155f08.jpg1_20191209100136669.jpg2_201912091001371d2.jpg3_201912091001387b7.jpg4_20191209100140a09.jpg
1、若くて美人な女が多数在籍していることでお馴染みのリフレ。添い寝やマッサージなど軽いプレイが主なサービスだが、裏オプと称してフェラや本番などが当たり前に横行している。ただしその値段は高い。仮に、シコシコだけでいいからと「オナ見せ」の裏オプを持ちかければ5千円は要求されるだろう。かといっていきなりパンツを脱いでシコったら、当然ながら怒られる。さあどうする?
実は安くシコる方法がある。正規のオプションの中から、身体接触がある安めのものを選ぶのだ。たとえば乳首舐め3千円とか。そして、乳首を舐められながら、勝手にズボンを脱いでチンコをシゴく。なぜか文句は言われない。「乳首舐めオプによって興奮したので思わずシコってしまった」という流れのおかげだ。覚えておこう。
2、一時期、大ブームを巻き起こした見学店は、数を減らしながらもまだ大都市圏を中心にしぶとく残っています。最初は女の子たちのパンツを見て何が楽しいんだろうと思ってましたが、ものは試しと行ってみたら、めちゃくちゃエロくて使えるオナニースポットだと気づきました。基本的に見学店はマジックミラー越しに女の子のパンチラを楽しむ場所ですが、あのマジックミラーだと思ってる窓、実はほとんどのお店で、女の子の側から男の様子が見えるようになってます。完全なマジックミラーじゃないんです。だったらそれを逆手にとって、女の子にこちらのオナニーを見せつけてやればいい。僕の場合、個室に入って女の子を指名した後、前もって用意した「こっち見て!」と書いた紙を掲げながら、全裸でシコりまくります。どうせ向こうから見えてるんだから、見てないフリをされるよりも、こうやって堂々と見てもらう方が興奮できるんですよね。
3、『僕のオナニーを見るだけ 2千円』これがいつも俺が出会い系に書き込む内容だ。「見るだけ」というのは、この種のプチ援交をする女にとっては基礎の基礎のようなプレイなのに、この悪へのトビラ第一段階を募集する男は結構少なく、募集をかけて1時間ほどで、ワリキリ界の入り口で躊躇しているシロート娘がすんなり引っかかる。2千円は安すぎると思うかもしれないが、これ以上アップしてしまうと逆に、セミプロ売春婦が時間つぶし感覚でやってくることもあって興ざめする。素人をあぶりだすには安めのほうがいいのだ。いざ対面すればマンガ喫茶に入り、じっくりオナ見をし
てもらう。シコりながら「胸を出してくれたら早くイケそう」と言えば、追加料金なしでオッパイを見れるし、まんまと触らせてもらえることもある。
オナクラのデートコースは行き先の自由・若い女の子に密着マッサージしてもらえる派遣リフレ
1、ハタチ前後の女の子に密着マッサージしてもらえる『派遣リフレ』というジャンルの風俗店にハマっている。基本、服は着たままだしヌキもないが、若いってのはなぜこんなに魅力的なんだろう。いつもつい興奮しすぎてオッパイや尻に手を伸ばしてしまい、「ダメですよ~」なんてよく注意されるのだが…。そんな派遣リフレ大好き人間のオレが今ハマッているのがこの店だ。
ここ、女の子からマッサージしてもらうのではなく、こちらがマッサージをカマす、いわゆる逆リフレスタイルで、しかも在籍嬢は全員10代(18~19才)だ。どんな状況になるか想像してほしい。
相手を仰向けに寝かせ、腕から肩にかけて揉んでいき、そのままオッパイもムギュムギュ。スカートの中に手を突っ込み、股間のコリをほぐすようにクロッチ部分をグリグリ。今年の春までJKだったようなコを愛撫してるみたいなもんですな。
ガマン汁が溢れること必至。若い女体を存分に愉しむことができる。
2、じゃあ、オプションの手コキを、どっかそのへんの人気がない場所でお願いしていいかな?
ふぃ〜、疲れマラに心地いいわぁよし、乗ろうよ
行こ行こ!いぇーいわーい!
ぜんぜんですよー
何か恥ずかしいですー
3、風俗店コースに、イメージプレイというのがよくある。ナースになりきった女にイジめてもらえるとか、擬似夜這いが楽しめるとか。でも、そのバリエーションってだいたい相場が決まっているもの。ナース、夜這い、教師、メイド、処女、そんなところだと思う。
世の男性のみなさん、満足できてますか?巷に溢れているような設定ではないイメージプレイをしてみたくないですか?
そこでこの店を推したい。自分が考えたオリジナルのシチュエーションでプレイできるホテヘルだ。
遊び方は、事前にスタッフにシナリオをメールなり電話で伝えるという段取りで、
〈女(○○ちゃん)は、『どうしたの?』という言葉を聞くと、自分のマンコをイジりたくなるというエロ催眠術にかかっている状況。プレイの序盤は、男(オレ)にその言葉を使われても何とかこらえようとするのだが、次第に我慢ができなくなってくる。そして後半、男に新たなワードのエロ催眠術をかけられ…〉
こんなシナリオも応じてもらえるんだから楽しいったらない。

【エロ漫画】女子少年院での欲求不満美女たちのおまんこ見せつけオナニー合戦

0172_20191124082256086.jpg0173_2019112408225806a.jpg0174_20191124082259b7d.jpg0175_20191124082301444.jpg0176_20191124082302ea4.jpg0177_2019112408230409f.jpg0178_2019112408230563d.jpg0179_20191124082307d28.jpg0180_2019112408230879e.jpg0181_20191124082310137.jpg0182_20191124082311877.jpg0183_20191124082313d14.jpg0184_2019112408231458f.jpg0185_20191124082316594.jpg0186_2019112408231705c.jpg0187_2019112408231943e.jpg
ここからはエロマンガオナニー好きの専門学校生のエッチ体験談
3_2020031021462120d.jpg4_20200310214623d2e.jpg5_20200310214619278.jpg
普段は何してるんですか。
学生。専門行ってる。
何系の学校?
ヒミツ。
彼氏いる?ギャル男好きなんだ。
うん。大好き。最近カオ黒い男が好きだね。今日も日サロで40分。顔は焼いてないからやっぱギャル男捕まえるためだね。カオは白い方がいい。
ふ一ん。初体験は?
アタシ遅いもん。高2だから。まわりから処女が少なくなって、いつまでアタシ取っとくんだろって。友達みんなギャルだったから早いし、ヤパイとか思って。
それまで彼氏は?
中学からいたけど、相手童貞だったし、2人ともビデオ見過ぎて気持ち悪くなって,ヤリたくなくなった。
ヘー。
ヤバイあれはホント。気持ち悪い。彼氏も、キモイからエロ本だけでいいって言ってたし。キスまではしてたから、イチャイチャして。酒飲んだり、カラオケ行ったり。
あ、それは別々で。中1 のとき家に友違集めてみんなで見た。
だから、4〜5回ぐらいしかしてない。やっばタメだった。
痛くて嫌だった。二度とやらなし、って思った。
こんなに苦痛なのになんでみんなやるんだろって。そいつ元ホストでヤリチンのくせに、下手だったんだよね。バカだから、男がエッチなこと言いいながら「濡れてる?」とかきいてくんのが面白く
あり得ない。入れられたら冷める。あ〜早く終んないかな〜って。
次の人がうまかった。イッコ上で、メールで知り合って。
テレクラ嫌い。オヤジとか何万くれるとか言ってくるけど。
舐められんのもイヤ。そこまでしなくてしこっちが申し訳なくなるし。
あ一、もう頭オカシイと思う。 
じやアナルファック^^
あ一、絶対引くね。
ぶっちゃけ演技に決まってんじゃんって。
別にソレはいらないから、勝手にイってろよとかって(笑)。
DかEはある。
全然。乳首も気持ちよくない。舐められても.
ああパカだな一って。
フェラしてとか富われたらなんて答える?
チッ、って舌打ちして、さらにお願いされたらしてあげる。気持ち悪いもん。
年末にやってみた。
そいつも上手かった。
うん。棚のすごい奥の方にあった。
オナニーなんぞは?
好き好き。小学校からしてる。学校終って.家帰って、なんか暇だなって思ったら行っとく? みたいな。暇つぶし
ベッドでやんの?
ベッドじゃなし。コタツとか(笑)。寒いからさ、ズボンだけ下ろして。
オカズは?
エロマンガ。学校で友達からまわってくる。使ってオナニーしてた
そいつをコタッの上に広げて。
ううん。最初パーと読んじゃう。で、やベー

入店したての現役の女子大生キャバ嬢を現金でセックス交渉|パパ活体験談

1_20200123095339bdf.jpg0_20200123095338dce.jpg2_202001230953405c1.jpg3_20200123095342289.jpg4_20200123095343bd8.jpg5_20200123095345422.jpg
友達の付き合いでホストに行って付き合いだしたキャバ嬢のエッチ体験談|素人娘インタビュー
3_20200302183736568.jpg4_20200302183737336.jpg5_20200302183734019.jpg
竹野内豊はいいっすね。何がそんなにいいんだ?
声がいい。いい声してるよ。あとヒゲも
現在彼氏は?います。
どこで知り合ったの?ホストクラブで
ホストにハマってんのか!付き合いで..友違が行ってたから… 
ホストクラブって楽しい?楽しかったよ一(笑)。その男のコが好きだったからってだけだけど。
彼の何がよかったのよ?一緒にいてくれる
【女子大生キャバ嬢とセックス交渉概略・全文は上記記事をお読みください】
本日は現役の女子大生とセックスする方法。入店したての女子大生キャバ嬢を狙い撃ちにした方法のお話です。
すぐに女の子がやってきた。目鼻立ちのハッキリした美人さんである。
「入ってどのくらい?」「えっと、2週間目くらいですか」
新人は新人だが懐具合はどうだろうと思ったらこんなことをいい出した。
「大学が女子大なんですけとまわりにお嬢さまがけっこう多いんですよ」
「まさかキミも?」「わたしはフツウだから。1人暮らしなんですけどお金ないんで自炊とか頑張ってるし」よろしい。金持ち連中とやっていくためには金がいるから、水商売に足を踏みいれたって感じか。」口ックオンだ。「ねえねえ・タイプなんでアフターしないかな?お小遣い出すから」「本当?」
「たとえば2万で抱かせてくれってのはどう?」相手の表情が強ばった。
「そういうのムリなんで」「2万だよ2万」「できないんで」応じる気配はゼ口だ。気取りやがって。次に着いたのは1カ月という女の子である。
純粋な女子大生も現金の力には勝てなかったようだ。ソファからベッドに移り仰向けに寝かせた女子大生の乳首を舐め、脚を舐め・・・
女子大生の若い肌は素晴らしい

女をイキやすくSEXの感度を倍増させる上手なキスの方法|エッチテク

201509058.jpg201509059.jpg201509056.jpg201509057.jpg201509062.jpg201509063.jpg201509060.jpg201509061.jpg201509064.jpg201509065.jpg201509066.jpg201509067.jpg
女性向けAVに必ず出てくる愛情アピール「座位トーク」
できればしたくないがしておくと効果テキメンなのは…フェラ直後のディープキス
手がつりそうなフェザータッチも電マがあれば簡単にできる!
女の手が空いていれば必ず握ってやるとよろしい
「イッていいですか?」「ダメ」の繰り返しで深~い絶頂が
もうどうにでもなっちゃえ! 開き直りセックスへの持ち込み
動かざること山の如し。実はピストンは求められていなかった
いつもより感度倍増!耳栓にこんな効果があるなんて
潮吹きは気持ちよくない。肝心なのはその先だ
潮吹きは尿漏れと同じで男の射精とは違うんじゃ
無知なお前に正しい潮吹きプレイを教えてやるわい
それは絶頂の前段階に過ぎない。だから潮を吹いた後もとにかく手マンを続けるんじゃ
だめ、イッちゃう〜〜!おかしくなっちゃう〜うう〜気持ちよすぎて死ぬ〜
ほおさすればホレ失神すれすれの大絶頂を味わうわけよ
足ピンでしかイケない女にはこの体位でフィニッシュ
絶頂時に足を伸ばすのが癖になっているため
あぁぁもうダメぇ〜!イクぅ〜!普通の体位ではなかなかイってくれないのですが…
このタイプにはこれ
使うは指4本。 クリ派への手マンはこんなに簡単だった

【エロ漫画】学校の中でも車内やバスの中でも公園・店内でも・野外露出でオナニーする興奮

0226_2020031908172147d.jpg0227_20200319081723e0f.jpg0228_202003190817240bd.jpg0229_20200319081726d3c.jpg0230_20200319081727b8b.jpg0231_20200319081729506.jpg0232_202003190817307c0.jpg0233_20200319081732616.jpg0234_20200319081733516.jpg0235_20200319081735f70.jpg
学生の頃からオナニーを日課にしている変態女|エッチ告白
1_20200106154345fe2.png
8月上旬、1通の読者ハガキが編集部に届いた。差出人はサラさん(仮名)。22才の女性デザイナーだという。
『彼氏の影響で裏モノを読むようになりました。今では古本屋でバックナンバーを買い漁るほどのファンです。私は中学の頃からオナニーを日課にしている変態女なんですが、毎月、裏モノの刺激的な内容に体を疼かせています。「しの温泉」にももちろん応募しました。こんな私ですが、よろしくお願いします』
いつもご愛読くださりありがとうございます。熱心なファンほどありがたいものはございません。
…てな社交辞令はここまでにして、本題に入ろう。中時代からオナニー三昧の変態女22才が、しの温泉に参加する。この吉報を同イベントに参加予定の読者様にいち早くお伝えしたかったのだ。
いったいサラちゃんってどんな娘さんなのか。電話インタビューで根掘り葉掘り聞いてみまっせ!
電話口の彼女の声は、とても変態女とは思えぬ、どこかおっとりとした印象だった。中学の頃からオナニーが日課だったなんて本当なの?
「あ、はい。でも正確には幼稚のころからエッチなことに興味があって、自分のオマンコをスケッチしてオナニーの材料にしてましたね。私、絵を描くのが好きで、そのころからイヤらしい絵を描いて興奮してたんです」
のっけから衝撃的な告白が飛び出してきた。お嬢様のような控え目な語り口ながら、性格はかなりアクティブらしい。
「だから学校のころは本当に毎日オナニーばかりしてて。オカズは特にないんです。自分がこんなヤラシイこと(オナニー)してるって状況だけで興奮しちゃうんですよ」
大好きなオナニーは指だけでなく道具も使う。すでにローターを隠し持つまでになっていたそうな。
「あと魚肉ソーセージとかも使いましたね。あれをオチンチンに見立てて膣に挿入するんですけど、一度、使用済みのソーセージをお母さんに見つかったことがあって。机の引き出しの中でカピカピになっていたから、多分、何に使ったかピンと来たんだと思います。『こういうのは見つからないように隠しておきなさい』って言われたし」
ちなみに彼女、ローターも一度見つかり、同様のおしかりを母親から受けたことがあるんだとか。めげないねぇ。攻めまくるねぇ。攻めるといえばセックスに関してはどうなの?「エッチも大好きですよ。でもやっぱり興奮できるという意味ではオナニーの方が上かな」
「じゃ、意外とセックスはフツーだったりするわけ?」
「んー、どうなんですかね。この間、彼氏とサイトで知らないカップルを募集して相互観賞はしましたけど。あとは野外露出とか」 何でもこういう性的な行動は、彼氏よりも彼女の方が積極的で、大抵は彼女が発案するという。普通、逆でしょうに。
「そういえばこの間、面白いことしたんです。彼氏にオナニーしてもらって、その精液をオモチャの注射器に入れて冷蔵庫に保管しといたんです。で、後日、その精液を膣に注入しながらオナニーしたんですけど、それが本当に興奮して」
こんなド変態ちゃんが、しの温泉に単独で参加するという。湯船でオナニーでもおっ始めれば、主役のしの以上の人気を集めてしまうことだろう。

【エッチ漫画】一人暮らし女性のレディコミ読みながらオナニーや男連れ込みセックスを覗き見

0242_201901061108061e6_20190903213231a25.jpg0243_20190106110807aec_20190903213232e1a.jpg0244_201901061108087c6_201909032132330e1.jpg0245_20190106110810774_20190903213235bff.jpg0246_20190106110811d45_20190903213236005.jpg0247_201901061108130ca_20190903213238b0c.jpg0248_20190106110814aa4_201909032132395e3.jpg0249_201901061108163e9_20190903213241993.jpg0250_201901061108178e7_20190903213242557.jpg0251_201901061108196a2_20190903213244ab5.jpg0252_201901061108203cd_20190903213245959.jpg0253_2019010611082230e_201909032132472b2.jpg0254_20190106110823cb9_20190903213249011.jpg0255_201901061108258a9_201909032132508a2.jpg0256_20190106110826d07_20190903213251574.jpg0257_20190106110828372_2019090321325392c.jpg
東日本の団体職員がホテルに不法侵入。どんなホテルなのか。何の目的で侵入したのか。なぜカギが空いていたのか。不明なな点は多々あるが、最大の疑問はやはりこれだろう。
〈なぜ男性は、下の部屋の利用客が気づくような、大きな物音を立てたのか〉
いったい彼は天井裏で何をしていたのかチンプカンプンだろう。
私は、彼と同じ職場に勤める団体職員である。すれ違いざまに会釈をする程度の関係
にすぎなかったが、今回の事件に関しては深い部分を知り抜いている。私が勤めるのは、地方自治体が運営する団体である。具体的な名称は言えないが、地元では相当な影響力を持つところだと言っていい。
半年前のある日。同じ課の上司である中村(仮名)が、こっそりと耳打ちしてきた。
「Xホテルが覗けるってウワサ知ってるか?」「え、ええ」
Xホテルは、後に事件の舞台になった場所である。表向きは旅館だが、中身はラブホテル。田舎ではありがちな営業形態だ。
このホテル、以前から近隣住人の間で「覗ける」「盗撮されている」と噂されていた。またその手のヨタ話かと思いきや、「それが、ウワサじゃなくて本当に覗けるんだよな」もともとXホテルの土地は、わが団体が貸している借地である。当然のように、両者のつながりは深い。だとすれば、そのあたりの関係から、利権が回ってきたとしても、不思議じゃない。まあ、あんまり詮索しないほうが無難かも。
「もちろん、タダで覗けるわけじゃないけどな」「…金がかかるんですか?」「1回1万円だよ」
高いか安いかはわからない。というか、この金、誰に払うものなのか。中村が懐に入れるってことか?「そう詮索するなって。けっこうみんな覗きに行ってるよ」「マジっすか?」
「うん。まあしがない公務員の楽しみたいなもんだ。どう?見に行かない」
行ってみるか。少し罪悪感はあるけど、カップルの痴態が覗ける機会なんてなかなかないしな。私はすぐに銀行から金を下ろし、中村に渡した。敷地に向かうと、中村が1人で待っていた。彼の案内で、敷地内のボイラー室に入り、天井の壊れた部分から上に昇り、ホテルの天井部分へと侵入する。緊張で心臓がバクバクだ。そのまま、音を立てないよう、忍び足で真っ暗な天井を進んでいくと、彼方に小さな光が見えた。天井に穴が空いてるみたいだけど…。「ここ、ここ」
耳元で囁く中村。てことは、この穴の下の部屋でカップルが乳繰りあってんのか。くー、たまりませんよ、これは!さっそく天井に目を当ててみる。が、これがまったくの期待はずれだった。穴が小さすぎて、ろくろく下の部屋が見えないのだ。 (どうにかなんねえのかよ!) 
体勢をかえたり、目を穴にピッタリくっつけたりしてみたがダメだった。見えたのは、カップルがベッドサイドでいちゃつくところくらいだ。それでも私は何度かこの1万円のノゾキに参加した。覗きが目的というより会社の付き合いに近い感覚、という方が正しいかもしれない。ときには同じ団体の同僚たちとも鉢合わせた。みんな、こんなことしか楽しみがないのである。哀しいというか何というか。ただやはり、穴の小ささはいかんともしがたい事実である。1万円の出費が惜しくなった私は、自然と足が遠のいていったのだが…。被疑者の男性は、おそらくや1万円を惜しんで1人で勝手にノゾキに行き、その場で現行犯逮捕されたのである。この事件の話が職場に流れたとき、私をはじめとした覗きの関係者は騒然となった。さて、最大の疑問、なぜ天井で大きな音を立てたのかと
いう点であるが、体験者である私は聞かずともその理由を推測できた。拘留中の彼と面会した人間も、やはりこう言っていた。『穴が小さかったので、大きくしようとしたそうだ』
わかる。その気持ちはよくわかる。でも実行しちゃイカンだろ。

【エロ漫画】ピンクローターでオナニーしている実はドスケベ清純娘を判別する方法

0222_20190716070439785_20190923083914930.jpg0223_20190716070441ec9_20190923083915331.jpg0224_201907160704420dc_20190923083917f3d.jpg0225_201907160704445d6_20190923083918b2b.jpg0226_20190716070445c1d_20190923083919308.jpg0227_201907160704474d5_20190923083921355.jpg0228_201907160704484a2_2019092308392274c.jpg0229_20190716070450df3_20190923083924da1.jpg0230_2019071607045130d_2019092308392539b.jpg0231_2019071607045374b_201909230839275ba.jpg0232_20190716070454ec6_201909230839280ca.jpg0233_201907160704563bd_201909230839307c8.jpg
女性器ドアップ画像につき!!ピンクローターだけなら放っておかれるが…ローターを知らない子は普通ローター部分を平気で持ちますよ!
キミはローターを使った事があるな、このローター使いまくりのドスケベウェイトレスめ
アマゾンの「ほしい物リスト」は、欲しいと思っている商品を登録しておくためのリストなのだが、どういうわけかアカの他人からも見られるようになってる不思議なページだ。適当なオンナ名で検索すると、その子が欲しがってる商品がわかってけっこう楽しい。特にエロっぽい水着だの、やらしいマンガなんかがあったときは、ムフフ感が増すものだ。それはいつもどおりに適当なオンナ名で検索をしていたときのことだった。東京に住む「さ●」ちゃん(ひらがな2文字)のページに目が止まった。彼女のプロフィールに写真が載っていたからだ。普通はほしい物リストに自分の写真なんて載せない。あったとしても犬とか他愛もないものがほとんど。だけどこの人は全身写真だ。顔にモザイクなんて入っておらず、メガネをかけた色っぽい容姿がまるわかりだ。さらに興味をそそったのは、彼女のリストだ。ざっとあげてみよう(商品名はちょっとだけ変えてます)。
・ビデボでオナる女盗撮(AV)
・デカマラ伝説(バイブ)
・クリスタルディルド
・透け透けTバック
なんちゅうもんを欲しがってんだ、この女。超がつくほどの変態だよ。なんとか彼女と接点を持てないものか。
ひとつだけ方法がある。アマゾンでは他人に商品をプレゼントできる機能がある。つまり彼女のほしい物リストにあるアダルト商品をオレが買ってあげ、メッセージ欄にこっちの連絡先を書いておけば・・・。さっそくリストの中からAVを選び、カートに入れて、お届け先を彼女に設定(相手の住所などは表示されない)。そしてメッセージ欄に、
『よかったら使ってみて、感想を聞かせてください。●●@××』
いきなりのプレゼントに困惑するかもしれないが、感想はなくともお礼のメールくらいはしてくるでしょ。変態ちゃんからの返信は3日経ってもこなかった。AVはすでに発送されて、彼女が受け取ったのもわかっているのに。なんだよ、ツレないなぁ。だがこの出来事を忘れかけていたある日の朝。パソコンを立ち上げたら、見知らぬアドレスからメールが届いていた。件名や本文にはなにも書いていない。おっ、動画が添付されてるぞ。クリック。……なんだこりゃ!!
驚いたことにそのわずか30秒ほどの動画には、例の写真どおりの顔をした女性が、下半身ハダカでイスに座っていて、テレビらしきものを見ながらオナニーしているじゃないか。しかもテレビ台にはオレが買ってあげたAVのパッケージが!そう、これは彼女なりのお礼のしるしなのだ。ちゃんと観てオナりましたよという報告も兼ねた。なんて奇妙な、そして律儀なオンナなんだ。
調子に乗って今度は目の前でオナってもらいたいなと返信したが、反応はなし。となれば次の行動は自ずと決まる。また彼女のほしい物リストにある商品をプレゼントして、新たなオナ動画をゲットしてやる!今度は極太の黒ディルドを送ってあげると、またもや数日後に文字のない動画だけのメールが届いた。
内容は、ディルドを丹念にフェラしてる(カメラ目線)ものと、しゃがんだ状態でそれを挿入しているものだ。アンタ、最高!彼女はいまもアマゾンにいる。ほしい物リストから「さ●」の2文字で検索すればすぐ見つけられるだろう。

【エッチ漫画】図書館でも野外海中でも店でもオナニー!孤高のオナニストはどこでもシコル

0244_20190126160044fa1_2019090609293060d.jpg0245_20190126160045341_20190906092931312.jpg0246_201901261600463c4_201909060929332a3.jpg0247_201901261600480e0_20190906092934e53.jpg0248_201901261600492b3_201909060929368e7.jpg0249_201901261600518e3_20190906092937a77.jpg0250_20190126160053e56_2019090609293901a.jpg0251_20190126160054c49_20190906092940e6e.jpg0252_20190126160055073_2019090609294246b.jpg0253_20190126160057006_20190906092943457.jpg0254_2019012616005811e_20190906092945a7b.jpg0255_201901261601004d2_201909060929468c5.jpg0256_20190126160101678_20190906092948b54.jpg0257_20190126160103703_20190906092949829.jpg
女性が試着したズボンと海辺の濡れたバスタオルでオナニーするオナニスト
kk084_20200430085736e14.jpgc098.jpg
→ここからの記事は読者様の投稿です。知的好奇心を満たすためにお読みください。実行されると罰せられるものもあります。
オナニーが好きでしょうがないオレは、当然オカズにも強いこだわりを持っている。
エロ動画みたいなツマらないものじゃなく、もっとこう、ナマッぽさに重点を置いてるっていうか。今回はいろいろある中から今オレが一番気に入っているオカズ2つを紹介しようと思う。世の中のシコシコ好きな人たちにとって、少しでも参考になれば幸いだ。まず大前提として、オレがオカズにするものは、見知らぬ女性が身に着けたり、口に入れたりと、とにかく体のどこかに触れたアイテムばかりだ。とくに股間や胸、ケツといったスケベゾーンに接着したものはオカズの価値がグーンと跳ね上がる。
その意味でいうと、ユニクロの試着室はなかなかグッドな場所だ。一度でもあそこに行ったことのある人ならわかると思うが、ユニクロの試着室はいつも大勢の客でにぎわっている。だからほんのちょっと観察していれば、自分好みの女がやって来るものだ。
で、もしその女がズボンの試着をして、なおかつそれを買わずに店員に戻したら、いよいよシコシコチャンスの到来だ。 店員が商品棚に片付けたズボンをすかさず手にとり、さらに他の棚から男モノのズボンも1、2着適当にチョイスして、試着室に走るのだ。
「すいません、このズボン3着、試着したいんですが」
「はい、どうぞ」
こうしてレディースパンツを男モノに混ぜておけば、店員も不審に思うことはない。無事、カーテンが閉まったら、おもむろにチンコを引っ張り出し、レディパンの股間部分を鼻に押し当てる。つい先ほどまで、あのカワイ子ちゃんがこいつを履いていたことを思い出しながら。スーハー、スーハー…。もちろん実際は、スケベなオイニー(匂い)などしない。しないけれども、この布地がカワイ子ちゃんの股間にきゅっきゅっと触れていたその事実だけで十分だ。ヤバいくらいに興奮できる。そんなスケベな気分に浸っていつまでも寸止めオナニーを繰り返したいところだが、そこが試着室である以上、長居はできない。心を鬼にしてマックスでも5分以内に射精を終えることが重要だ。
2つ目のオカズは夏のビーチに落ちている。
まずは砂浜に寝転ぶオネーチャンたちの中から、タイプの女を物色。ターゲットが決まったら、あとはしばし彼女やそのツレの女たちが海に入ったり出たりするのを観察して過ごす。そして女たちがまた揃って海に向かったときが、いよいよシコチャン到来だ。
狙いは敷物に置いてあるバスタオル。そいつを素知らぬ顔で拝借し、ダッシュで便所に突入するのだ。この布きれは、彼女が海から戻るたび、顔を、胸を、そしてケツや太ももをゴシゴシこすったモノ。その光景を思い出し、そして同時にバスタオルからかすかに香る体臭を吸い込みながら、ゆっくりとチンコにストロークを加えていく。その至福といったらもうアナタ! ちなみにオレは、射精を終えたあとのバスタオルはそのまま便所に捨てたりはせず、ちゃんと元の場所に戻すよう心がけている。盗みを犯したくないという気持ちもあるにはあるが、それよりも、世話になった極上のオカズを粗末に扱うことに抵抗を感じるからだろう。皆さんも、オレと同じことをやる際は、オナニストとして最低限のモラルを持って行動してほしい。

オナニーを他人に見せる快感!相互に性器を見せつけるオナ見せにはまった私

オナ見せオナ見せオナ見せオナ見せオナ見せ見せ合い見せ合い
自分のオナニーを女性に見せる、そんなもんどこが嬉しいのやら。マスをかくのは自宅でのみ。オナクラなんぞに行くヤツの気がしれない——。
そんな岩のよぅに硬い心も、崩れ落ちるのはほんの一瞬だ。都内の某アロママッサ—ジ店に行った。
全身ぬるぬるマッサ—ジで、最後は手コキでフィニッシュ。ホームページの作りや料金から、そんなシステムだろぅと勝手に予想してのことだ。実際その手の店は最近とみに多いのだ。
指名したのはスラリとしたモデル体型の真由美。元エステテイシヤンで、まるで顔は常盤貴子のよぅだ。プレイル—ムは天井部分が空いた半個室で、清潔感にあふれていた。私はトランクス一丁になってベッドへ横たわった。真由美の柔らかな手が、まずは顔をなで始める。
「気持ちいいですかぁ?」
手の指から足の先までオイルを使った全身マッサージが続く。心地よすぎて眠ってしまいそうだ。残り時間も押し迫ったころ、太ももマッサ—ジをしていた彼女の手が、徐々に徐々に股間方面へと近づいてきた。やがて指はトランクスの隙間へ。全身の血行がよくなったせいか、こんなことでもペニスは完全勃起である。テントの先端にガマン汁が染み渡りそうな勢いだ。指はときおりタマタマにさ覚めた私。
エッチなお店じゃないんです。
すらりと触れそのたび体がピクピク反応する。もう駄目早く手コキしてくんちえ〜。声も絶え絶えに訴えかけたところ、なんと真由美ちゃん、しらっと言うのだった。
「はい、これで終了です」
なんですって? シコシコしてくれないの?
「そういうエッチなお店じゃないんですよぅ」
てことはあくまで健全なマッサージってことなんでしよか。タマタマ触っておいてサヨナラ?それで80分1万5千円もするの?このまま服を着るべきか、ダダをこねるべきか。勇者の行動は後者だった。
「もう駄目だ。自分でするよ」
私はおもむろにトランクスを脱ぎ血管の浮き出る息子を解放。右手を添えて動かし始めた。
「じやあ少し外に出てます」
うつむきながら部屋を出て行こうとする彼女を、私は制した。
「出なくていいよ、ここでちやんと見てなさい」
よくこんな台詞が出たものだと我ながら感心する。神様が言わせてくれたのだろうか。まあいい。ともかくこのとき私は気づき始めていた。オナ見せは、してはいけない場所で、見せてはならない相手の前でならば、比類なき興奮を生むことを。きびすを返した真由美は私の脚の間に座り、太もも付近
をさすりながら我が手の動きを赤面しつつ凝視する。シコシコシコ。そうだ、ちやんと見なさい。シコシ、コシコ。ほらこんなに充血してるでしょ。シコシコシコ。もうすぐ出るよ出るよ!
彼女の表情がまた良かった。脅えるでもなく、小バカにするでもなく。鳩が豆鉄砲を食らったような、という陳腐な表現は似合わない。初めての動物と対面した子供の、戸惑いと喜びの混じった顔とでも言おうか。エステに通っては、土壇場でオナニ—を見せる強攻策に打って出た。店の探し方はさほど難しくない。アロマエステ、リンパマッサージといったキーワードで検索し、電話をかけてヌキがあるかどうか尋ねるだけ。ヌキ有店は正直に答えてくれるものだ。むろん、普通に手コキされたい気分のときはヌキ有店へも足を運ぶが、オナ見せに目覚めた私が選ぶのはもっぱらヌキ無し店だ。ならば最初からオナクラに行けばいいじやないかというツツコミは、あまりに的を外していて笑ってしまう。先ほども書いたように、見せてはいけない女性の前だからこそ私は興奮するのだ。見ることが前提で働いているオナクラ嬢など相手にしてやるものか。どうせ表情なんかも作ってるんだろうし。
さてこのオナ見せ相手が相手だけに、顔をそむけてしまうコや距離を置いてしまうコもいるが、そんなとき私は決まって言う。
「ちゃんと見てなさい」なぜ先生言葉なのかはよくわからない。お願いすると断られそうで、命令口調も偉そうで。結果、自然とこうなったまでのことだ。最高だったのは渋谷の某エステ嬢だ。右手の動きがスピードアツプするにつれ、彼女までもが赤面しつつ息をはぁはぁさせるのだ。初めて目にしたんだろなぁ、男のオナニ—。ふふふ。見るぐらいなら彼女らも強い抵抗は見せない。これまで5人にトライして、拒否されたのは一人だけ(店長を呼びますよと怒られた) 。今後も清楚なオナゴたちに見せ続けるぞ〜。
風俗嬢や援交オンナではなくシロート女性にオナ見せしたい願望がある男

風俗嬢や援交オンナではなく、見知らぬシロート女性にオナ見せしたいとの願望がある。が、これがなかなか難しい。

変態の巣窟「ナンネット」や「したらば掲示板」などを覗けば、男のオナニーを見てやってもいいという女の書き込みがあるにはあるが、メールを送ってもまずスルーされてしまうものだ。

自分から相手を募集したところで結果はやはり同じである。そんなわけである日、ナンネットの「見たい女」掲示板で、苦し紛れの書き込みをしてみた。
「オナ見せ願望のある中年男ですが、これまで一度も相手をしてくれる女性に出会えたことがありません。だからせめて、他の男性のオナ見せ体験談を読めればと思ってます。どなたかいらっしゃいましたらよろしくお願いします」
これに対し、数々のアドバイスや小バカにした書き込みが続くなか、1件、想像もしなかったメッセージが紛れ込んでいた。
「何だか大変そうですね〜!僕の嫁でよかったらオナ見せしてみます?興味あればメールください」
な、何だって!?半信半疑で連絡を取ったところ、あれよあれよと話は進み、後日、私は願望をあっさりと果たすことに。30代のヤング夫婦とラブホに入り、ややポチャ巨乳妻の目の前で、思う存分、シコってやったのである。

かくして、正解は見つかった。オナ見せしたければ、卑屈でみじめなダメ男を演じればいいのである!変態カップルにとって、そんなどうしようもない男は、優越感を抱くに格好の相手であり、ただ見てやるくらいならと、上から目線でお付き合いしてくれるのだ。

俺の女が見てやるからせいぜいシコってくれよ、ダメ男くん!ってなもんか。この分析の正しさは、あっさり二度目の成功を収めたことで完全に証明された。オナ見せ相手がなかなか捕まらないというアナタ、真似してみてはどうだろう。

ひとつ、紹介させてもらいたいオナニー法がある。ビクンビクンオナニーというやつだ。やり方自体は簡単だ。肛門に力を入れると、勃起したチンコがビクンビクンと動くのは知っていると思うが、オカズ動画を観ながら、あの行為をとにかく何度も繰り返すのだ。手を一切使わずに。姿勢は、イスに座った状態がベストだろう。注意点としては、機械的にビクンビクンさせてるだけではいけない。ケツに力を入れつつ、チンコの根元を筋肉で締め付けるように意識を持っていくのだ。ちょっと感覚的な話になるが、ケツに入れた力をそのまま股間の方まで届ける感じだ。わかるだろうか。とにかくそうやっていると、ビクンビクンするたびにチンコの根元あたりがだんだんと気持ちよくなってきて、最終的には精子がドクドクと出るのだ。このビクンビクンオナニーの特徴は、手を使わず射精できることだけではない。通常のオナニーとは異なる射精感が味わえるのだ。快感がジワ〜っと体全身に行き渡り、何ともハッピーな気分に浸れるというか。ある程度の訓練は必要だが、マスターすれば確実にオナニーライフは充実する。
オナニー見せるの大好きな女
あるグラビア誌からカップル喫茶とスワップパーティの潜入取材を依頼された。なぜ俺に、と思ったが、スワップには年配のほうか有利でしょうと編集者はいう。謝礼は出すので女は調達してほしいとのことだ。困った。「テレクラ250人斬り日起なんて本を書いたのでセックスフレントの5人や10人はいるに違いないと誤解されるが、俺にそんな女はいない。テレクラ女とはあくまでー回主義だ。というと、いっぱしのナンパ師のセリフみたいで力ッコいいのだが、現実は違う。女と会ってホテルに入るまでは乎身低頭リップサーピスにこれ努めるが、行為が始まると「お尻の穴紙めてよ」とか
「もっと締まんないの」と要求だけは百人前。そのくせ女にはサービスしない。さらに中折れ3分発射でテポドン。こんな調子だから、また会ってね、という女は皆無に等しい。しょせん、俺は一時的に心のビョーキに陥った女の弱みにつけ込んでセックスを強要するだけのセクハラナンパ師なのだ。さて取材に同行する女はどうしようか。「行くだけでもイヤー」と一蹴され、年に数回会う人妻からは「犬や猫じゃないんだから」と断られた。なにいってんだ、ホテルに入れは盛りのついたメス猫まるだしだっていうのに。しかたなく、誰かはOKするだろうと、これまで携帯番号を教えてくれた11人の女に電話をかける。が、結果は無残。驚いたことにその大半が番号を変えており、唯一つながった30代半ばの女には、子供が生まれたばかりでそれどころじゃないと断られた。
俺はザッピングを思い出した。用語辞典では「テレビのチャンネルを次々に変えながら見ること。リモコン操作が生み出した行動様式」とあるがへごれはそのままテレクラ女の感覚に当てはまる。彼女らにとって、男はテレビ番組みたいなもの。気に入らなかったらガチャ切り、スッポカシはあたりまえ。携帯番号を変えたのも、それまでの番号でコミュニケーションをとっていた男たちとの時空を突然捨てたくなったのだろう。手軽にできる失腺、とでもいうべきか。結局、力ップル喫茶については、以前取材で知り合った若い女性に頼んでことなきを得た。
女はミスドの前に立っていた。身長150センチくらい。キュロットスカートに黒のカットソー・
丸顔のショートカットに真っ赤な口紅のプチブス女。どうみても場末のスナック女だ。が、大きい目と尻の張りが欲情させる。胸も使えそうだ。
「エミさんですか。さっき話していた人は私の友だちなんですへでも急用ができちゃって…それで来
たんです」女はだらけた笑いをした。
「ホントですかぁ。もしかして私嫌われたのかな」
考え込んでいる女。嘘はさらに続く。
「エミさんって私の好みなんですよ。つきあってください。お願いします」
彼氏は自動車修理工場の社長とか。ワンピースからのぞく足は関東イモ系だが、色が白くてグッド。黒のパンツのアソコもふっくらしていて気持ち良さそうだ。ホテルに入りパンティを脱がすと、毛が剃ってあった。
「あたしの家系って濃いの、水着になったらヤバいじゃん」
この女が江ノ島の海に浮かんでいたら、まるでタコ坊主かクラゲだ。クラゲ女はワンピースを脱ごうともせず、無毛の陰唇を開いて俺を挑発する。
「これいいなぁ。パイパンのあそこって見たの初めてなんだ。千円出すからエッチ撮らせてよ」
「あやしい」「ヘンなことしないって」「そんなにキレイ?」「うん、しゃぶりつきたいほど」
「しちゃおうか」女は部屋のミラーに裸身を写し
「子供みたい」とはしゃいでいる。「早いから、本番やる前に撮っていい?」
キス、フェラ、尻祇め、後背位、正常位、ひと通り撮ったあと女が聞いた。
「この写真どうするの?」「自分ですると気持ちいいから」
「自分でするのぉ?エッエッ見たいな」
俺は女が見ている前で客がオナニーする六本木のオナニーパブのことを話した。
「あたしもやってみたい」
お前みたいなタコ、断られるに決まってるだろ。
「見せるの大好き。海で寝そべってて、足拡げてるとみ凡な見るじゃない。すっごく感じる」
女は自分でクリトリスを触りカメラに笑いかける。俺も片手でペニスをしごき始めた。
相互・見せ合い・オナ見せのプチ援女は素人だ
出会い系サイトで『オナニーの見せ合いしませんか?』などという変化球なプチ援女をたまに見かける。なぜ手コキでもオナ見でもなく、相互オナニーなのか。
 エッチまではしたくないし、フェラもちょっとイヤ。でも小遣いを稼ぐには見るだけじゃ厳しい。やっぱり男の人に喜んでもらわないと。そうだ、オナニーを見せあいながらシコってもらうのはどう
かな?
少なくともオレが出会った相互オナ女神たちの多くは、こういった考えから募集をかけたと言っていた。ちなみにこれはオレの主観だが、このプレイを提案してくる子は、ワリキリ娘の中でもそこまでスレていない、限りなく素人に近い女子が多い。
 この相互オナニーは実際にやるとなかなか楽しい。こちらが触るのではなく、女の子が自分でアソ
コをイジるもんだから、感じている表情や声が妙にリアルなのだ。そいつを見ながらシコると、かな
り興奮できる。
 各種出会い系サイトで、『相互』『見せ合い』『オナ見せ』といったキーワードで検索すれば見つけられるはずだ。相場は、場所代別で5千円程度か。

【エロ漫画】VRAVの吐息や喘ぎ声のリアルすぎ!個室ビデオボックスでのエロ気持ちよすぎるオナニー体験談

1_2019112510313855e.jpg2_20191125103139833.jpg3_20191125103141d3e.jpg4_20191125103142c77.jpg5_201911251031447be.jpg6_2019112510314511d.jpg7_20191125103147421.jpg8_20191125103148c53.jpg9_201911251031509eb.jpg10_2019112510315189c.jpg11_20191125103153139.jpg12_20191125103154c50.jpg13_20191125103156477.jpg14_20191125103157a26.jpg
VR作品の最高峰・王様ゲームと家出娘×ヴァージンループで最高のオナニーが
1_20191126233458da7.jpg2_20191126233459d86.jpg
現在、市場には2千タイトル近くの作品が出回っているが、映像の中で主人公(ユーザー)が動けないというアダルトVRの特性上、どの作品も「女からエロ奉仕される」的なシチュエーションで構成されているのが特徴だ。つまり、内容が似たり寄ったりなのだ。
 そんなわけで、アダルトVRをこれまで散々見まくってきた俺が、他の作品と一線を画し、なおかつ現時点で最高にヌケる2作品をご紹介するしよう。
①「当然、勝手にAV化!イケメンの友達がほろ酔い状態の女の子を僕の部屋に連れて来た!女に無縁の僕にはそれだけで大興奮なのに超過激でHな王様ゲームが始まっちゃって…VR編」
 自宅に招いたオネーチャンたちと酒を飲みつつ、エロ王様ゲームを楽しむという設定だ。
 本作のポイントは、まさにその設定にある。
 皆さん、我が身を振り返ってみてほしい。長い人生のなかで、エロ王様ゲームなんてものを経験したことはあるだろうか。1番が3番の下着を脱がせなさい、2番は4番にフェラをしなさいなんて命令をしたことはあるだろうか。ないですよね。
 しかし本作ならば、夢のゲームをリアルに疑似体験できる。ガチでテンション上がりますよ。
②「ボクの部屋はいつの間にかワケあり家出少女たちの溜まり場!」
 本作のシチュエーションも、現実世界では到底、実現不可能なものだ。自室が家出少女たちのたまり場に。何と魅惑的でアンモラルな状況だろう。
 実際、部屋の中でだらしなくダベる少女たち(もちろん実際は正規のAV女優)が無防備にパンチラする光景は、一時期、流行ったJK見学店に迷い込んだかのよう。そんな背徳感がさらなる興奮をかき立ててくるのだ。
流行のエロVR機器のおすすめは
流行のVR機器の種類がありすぎて、どれを買えばいいのか迷っている人も多いはず。
一番普及しているVR機器といえば、スマホをゴーグルにはめ込むタイプだが、使った人ならわかるように、スマホの画面を近くで見るとかなり荒いし目が非常に疲れる。あれで満足しているのはVRのなかでもニワカの連中だ。俺が勧めるのはPIMAX社の4K VR(3万4千円)だ。この商品は、秋葉原にある個室ビデオ「SODVR」で使用されているのと同じもの。自宅に居ながらにして、本格的な臨場感を味わえる。市場には10万円以上もする機器も存在するし、そっちのほうがイイんじゃないかと思いがちだが、あれの用途は主にゲームなので、AVを楽しむだけならこっちで十分。手に入れたその日から、あなたの部屋はビデボに変わる!
千原ジュニア絶賛のオナホールヴァージンループ&VRは友達との協力で本物に近づく

おんボロアパートに住んでいるオレは、隣の部屋の住人と仲がいい。
隣人の名前はヨウスケ。同年代で共に一人暮らしの貧乏男だからか何となくウマが合い、今やしょっちゅう部屋飲みをするほどの間柄だ。
そんなある日、オレんちでいつものように酒を飲んでいると、ヨウスケがこんな話を始めた。
「そう言えば、ヴァージンループって知ってる?」「何それ?」
「テレビで、千原ジュニアが大絶賛していたオナホなんだけど。あ、ちょっと待ってて」 

いったん自分の部屋に帰り、ブツを持って戻ってくる。ぱっと見は、どこにでもあるゴム製のオナホだが…。「とにかく、内部の感触が本物っぽいんだよね」
「ふーん。試してみたくなってくるな」
「ぜひぜひ使ってみてよ。これ、何回も使ってるけど、毎回ちゃんと洗ってるし」
 何だ、この醤油の貸し借りみたいなノリは。面白いけど。
「じゃあ、試させてもらおうかな。最近オレもちょうどいいオナニーグッズを買ったし」
「何なに?」「VRセット」
「いいねー。ヴァージンループと相性良かったら、VR貸してくんない?」 了解です。いやー、隣人付き合いって楽しいなぁ。というわけで、オレたちは互いのグッズの貸し借りを始めた。そう、2つの相性は抜群だったのだ。ヴァージンループの感触は、本当に女のアソコそのもので、入り口のヒダヒダ、穴の密着具合い、最深部の子宮口っぽい突起など、とにかくリアルである。だからVRの騎乗位シーンがしっくりくると言ったらもう。2人共にドハマリし、競うように「貸してほしいんだけど?」と互いの部屋を訪ねる有様だ。しかしある日、例のごとく部屋飲みをしていると、ヨウスケがこんなことをつぶやいた。「でも、このオナニー、リアルっちゃリアルなんだけど、もう一歩ってところはあるよな」「というと?」
「やっぱ自分の手を動かしているっていう意識はあるじゃん。女に動かしてもらったら一番いいんだけどね」アホかこいつは? そんな相手がいるなら、セックスをさせてもらったほうが早いじゃねーか…。と思った次の瞬間、とんでもないアイデアがふと頭をよぎった。
「なんなら、お前がVRしてるときに、オレがヴァージンループを動かしてあげよっか?」
何を言ってんだオレ? やばい! ヘンタイ隣人だと思われたんじゃね?
…って、おいおい! ヨウスケがズボンを脱ぎ始めてるんだけど…。
「ナイスアイデアじゃん。じゃあ、さっそくやってもらっていいかな?」
ノリノリなのかよ!「…いや、さすがにキモくない?」
「それを言うなら、オナホールを貸し借りしてる時点でもうヤバイじゃん」
 ヨウスケは早くもVRを装着し、チンコにもヴァージンループをかぶせている。
「騎乗位シーンになったところで左手を上げるから、そしたら動かしてよ」「…マジで?」
「もちろん、オレのあとはお前がやったらいいし。絶対、最高だと思わね?」
 何なんだよこの展開…。うわ、左手が上がったし。こうなりゃもうやけくそだ。やってやろうじゃん。シコシコシコ…。「ああぁぁぁ、いい!」 すげー喘いでるんだけど。シコシコシコ…。
「ああぁぁ、イク〜」あちゃー、イカせちゃったよ。ヨウスケが恥ずかしそうに風呂場へ。そしてヴァージンループを洗って戻ってきた。「やばいわこれ、本当に本当にリアルだぞ」
そんなに? …んー、ここまできてオレだけ躊躇してもしょうがないし…。VRを装着し、まずは自分でシゴく。いつもの快感が襲ってきて、まもなく騎乗位シーンになった。頼んだぞ、ヨウスケ。左手をすっとあげる。さあどうだ?んんっ? 何このシンクロ感?目の前の女の股間に本当に入ってる? いや、映像だとはわかってるんだけど、リアル過ぎるって…。ううぅっ、気持ちよすぎるー!
というわけで、オレたちの関係はいよいよ深まった。互いにムラムラしたときは声をかけ、助け合ってのVRヴァージンループオナニー。隣人付き合いって楽しいですね。

Copyright © エロ漫画無料アダルト裏モノJAPAN All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます