オナニーのタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:オナニー

お尻の穴の中にディルドが入って大事故に!アナルオナニーの失敗談

SnapCrab_NoName_2020-9-9_14-52-31_No-00.jpg
性別は男ですけど、恋愛対象が男性だったこともあり、20才を過ぎたころからアナルを開発していました。最初はアナルプラグやローターのような小さいモノを使っていたんですけど、徐々にエスカレートしていって大変な事件が勃発したのです。
それは5年前。仕事終わりに酔っぱらって家に朝帰りしたときのことです。寝る前にオナニーをしようと、いつものようにディルドをお尻に入れて遊んでいました。当時は既にアナル遊びにも慣れてい
たので、長さ20センチの極太のディルドを使ってグリグリと中を刺激させていたんです。
30分くらい経って物足りなさを感じたので、強力なバイブをディルドの後ろにあてて腸内を振動させたんですけど、これがマズかった。突然、ヌルっとお尻の穴の中にディルドが入ってしまったんです。あまりの異物感で下腹部が気持ち悪くなり、早く取り出そうとするのですが、まったく抜けない。肛門から指を入れるとディルドを触ることはできるけど、ひっぱり出すことができません。ローションを使って滑らせようとしても無駄でした。
しかも、抜こうとすればするほどディルドが奥の方に入っていき、とうとう触ることもできないほど腸の奥へ。へその下あたりにディルドの先端が出っ張っているのがわかるほど侵入していたのです。
便と一緒にひねり出すしかないとトイレに行っても、腹部を圧迫されて気持ち悪いので、リキむことすらできません。結局、意を決して近所の町医者に診察へ行くことにしました。やっとの思いで病院にたどり着いたのはいいけれど、恥ずかしくて看護師に病状を伝えることができない。
そこで筆談でその旨を伝えました。看護師のリアクションは「あー」と言っただけで無表情でした。もっと驚かれるかと思っていたので一安心です。救急扱いで早めに中へ通されて診察が始まりました。撮影したレントゲンを並べながら医師が即答しました。
「あ〜、こりゃ大変だ。紹介状を書くから別の病院に行きな」
町医者の規模では手の施しようがないらしく、隣町の大病院へタクシーで向かうことになりました。
全身から冷や汗が出てきて、立っているのも困難。タクシーで移動するだけでも一苦労です。座っていると特に圧迫されるので車内ではずっと腰を浮かせていました。大病院に到着して、紹介状を渡して、少しの診察の後スグに手術する運びとなりました。まさか人生初の手術でディルドを取り出すことになるとは。全身麻酔をして眠っている間に気がついたら手術は終了。その間およそ3時間くらいだったでしょうか。一泊入院してから、退院することになり、病床で休んでいたら看護師がやって来ました。「こちら、どういたしましょうか?」
なんと手には私のディルドが握られています。患者の私物を勝手に処分することはできないので持ってきてくれたようです。恥ずかしい…。
もう二度と起こらないよう現在はヒモ付きのディルドで遊んでいる私です。
もう一つオナニー失敗談・真面目そうに見えるけどオナニー三昧。会社のOLのエロ裏アカからオナニー三昧がバレた話
オレの会社にユキという一つ年下の同僚の女がいる。ブスではないが特別美人というわけでもなく、地味とは言わないまでも特別目立つキャラでもない。彼女とは席も遠いので雑談を交わすこともほとんどないし、特別好意を抱いたこともなかった。とはいえ、仕事振りはいたって真面目だし、スーツ姿で社内を歩く姿はそこそこ様になっている。彼女の部署に来客があれば、上司に付き添って応接してるようだし、器用に仕事もこなせるんだろう。
ある日のこと、そのユキがたまたま急な来客か何かで席を離れたタイミングに前を通りかかったとき、机の上に置きっぱなしになったスマホが目に留まった。ツイッターの画面だ。へー、彼女、ツイッターなんてやってるん…えっ!?思わず自分の目を疑った。隅に小さく表示されたツイッターのプロフ写真に、女の胸の谷間のアップが使わていたのだ。これはもしや…。すぐに周囲を確認しつつプロ
フ写真を指先でタッチ。アカウントの文字列を確認してすぐに元の画面に戻すと、オレは素知らぬ顔で席に戻った。すぐにさっき記憶した文字列をネットで調べたところ、案の定、あのツイッターアカウントはユキの「裏垢」だった。裏垢とは、正規のアカウントとは別の裏のアカウントのことだ。世の多くの裏垢女子たちと同じように、彼女も赤裸々なエロツイートを呟いていたのだ。
『どうしよう、仕事中なのにエッチしたくてムラムラしてる〜〜 #裏垢女子 #エロ垢 #仕事中』『セフレ欲しい! なんなら3人ぐらい欲しい! #裏垢女子 #エロ垢 #セフレ』
呟きを遡ってみていくと、ユキはおよそ半年間に渡って複数のエロツイートを投稿していた。
さすがにマンコ写真はなかったが、風呂上がりにベッドの上で撮ったらしい下着姿や、生オッパイの写真まであった。けっこうキレイな乳首してるじゃないか。エロいぞ!写真に写り込んだ髪の毛や首
元の雰囲気、体型からして、このアカウントがユキのものであるのは間違いない。あんな澄ました顔して、こんなエロい呟きをしてたなんて…たまらんぞ、オイ。彼女はツイートにハッシュタグまで付けていて、すでに100人以上の男たちからフォローされている。そこそこ人気の裏垢女みたいだ。
それからというもの、ヒマさえあれば彼女の呟きを覗き見るようになった。
驚いたことに、ユキはほぼ毎日のように裏垢ツイートを繰り返していた。そのほとんどが夜、寝る前にムラムラしたタイミングのようで、週に3、4回、オナニーしていることも判明した。性欲強すぎだろ。しかも、彼女のことをよく観察してみると、オナニーした次の日の朝は、普段よりも明らかに血色がいいというか化粧のノリがいいというか、なんとなく肌ツヤがいいのだ。彼女、ものすごく性欲が強いんだと思う。が、何より興奮するのは、週に1、2回程度つぶやく仕事中のエロツイートだ。ある日、自分のデスクで昼ごはんを食べていた彼女がスマホに文字を打ち始めたので、裏垢を覗いてみると…、
『帰ったらオナニーしよっと〜 #オナニー #裏垢女子 #エロ垢』
あんな普通の顔して、しかもサンドイッチを頬張りながらオナニーのこと考えてたのかよ!
またある日には、彼女が来客の対応を終えて戻ってきたタイミングでこんなツイートを。
『今日は結構タイプのお客さんだったから嬉しい! どんなちんちんしてるんだろ〜 #裏垢女子 #エロ垢』
ユキちゃん、キミはなんてスケベなんだ。今まで気にも留めていなかった彼女のことが、すっかり好きになってしまった。彼女がこんなにスケベだってことは、まだ会社の誰も知らない。近々どうにかアプローチして、一回ぐらいは身体の関係に持ち込みたいと思っている。
カテゴリ

有名神社の巫女だってオナニーするしエッチも好き・処女喪失は夜の境内で|シスターのエッチ体験談

37_2020030215362343f.jpg38_202003021536245da_202009051534349c7.jpg39_2020030215362645e_20200905153435a84.jpg40_2020090515343757c.jpg41_2020030215362999c.jpg続いて神社の一人娘と婚活デートの話

コミュニケーション教室唯一の美女、あみちゃんは、最終回の授業が終わってからやっとメアドを教えてくれた。といってもオレだけにじゃなく、クラスメイトのほとんどにだ。出し抜こうとするライバルもいるだろうから、ここは急がねばならない。すぐにメールだ。
〈赤澤です。今度食事にでも行きませんか?〉
対する返事は、
〈今ちょっと忙しいのでまた連絡します〉
だった。逆の立場になってみればわかるが、もし気になる相手から誘いのメールが来ればこうは返さない。いついつなら空いてるとか、何曜日ならOKとか、とにかくアポに結びつけようとするはずだ。
要するにこの返事が来た時点でゲームオーバー。5万円の受講費用はあっさりドブに捨てたことになる。いったいオレはこの2カ月、何をしてたんだ?
9月。例の父親の借金関係で大阪に帰省したとき、地元の友達が2対2の飲み会を開いてくれた。いまだ独身のオレを気遣って一肌脱いでくれたのだ。ミナミの居酒屋にやってきたのは、1人は赤澤採点で中の中ぐらいの感じだったけど、1人はなんと菅野美穂に似た超絶美女だった。28才、大手企業で働くインテリだ。
東京大阪の遠距離恋愛になったとしても、このレベルの子ならば頑張り甲斐がある。がんがんガッツいて、彼女、美穂ちゃん(便宜上こう呼ぶ)の歓心を買うことに集中した。
「やっぱ大阪の子ってええなあ。気楽にしゃべれるし」
「そうなんや。東京の子は冷たいん?」
「めっちゃ冷たいわー。メール返してくれへんかったりするし」
だから君たちはメールを返すようにと遠回しに圧力をかけておくこの周到さ。オレもなかなかの遣り手だ。ところで会の途中で気になる話題 が出てきた。この女子コンビ、この数年だけで、合コンに300回ぐらい参加してきたほどの合コン狂いなのだそうだ。
「えっと、そういうのって持ち帰りされたりとかあるの?」
「ないない。100%ないです」
「付き合ったりとかは?」
「それもないですねえ。なんでですかねえ」
これだけカワイイ子が場数をこなしてるのに彼氏ができないなんて、とても信じられない。好みがうるさいんだろうか。
「300回の合コンの中で今日の楽しさは何番目ぐらい?」
「うーん、50番くらいかなぁ」
なんだ、その中途半端な順位は。社交辞令でも1番と言ってくれたらいいのに。これは望み薄かも。
当初は、明日の土曜に東京へ帰るつもりだったが、解散間際に、美穂ちゃんを誘ってみた。「明日、大阪ブラブラしてみよっか?」
「えっと、昼間ならいいですよ」よし、まだ希望は捨てられん!翌日の昼過ぎに美穂ちゃんと再会し、通天閣近くの串カツ屋へ入った。大阪の子には、あえて庶民的な印象を与えた方が得策だろうという作戦だ。
案の定、美穂ちゃんは目を丸くしてはしゃぎっぱなしだ。
「こんなとこあったんですね。知らなかったです」
「うん、汚らしいけどウマイんやで」彼女はオイシイオイシイと言いながらむしゃむしゃ食べている。お上品じゃないところが玉にきずだけど、これぐらいは許してあげねば。界隈を散歩してから古ぼけた喫茶店へ入った。
明日には東京に戻るので、告白するなら今日しかない。後でメールでぐだぐだやっても、また〈忙しいから今度連絡します〉みたいな返事になるのは目に見えている。
ただ、いきなり「付き合ってくれ」と言う勇気もないので、やんわりと結婚観のようなものを聞き出すことにした。

「28才やったら周りとかもう結婚してへん?」
「してますねえ。子供2人目産んだ子もいるし」
「美穂ちゃんは結婚とか考えてへんの?」
その質問を聞いて、彼女の表情が少し曇った。
「私、神社の一人娘なんですよね。結婚するならウチの籍に入ってもらわないといけないんですよ」「え、それって旦那になる人は神主になるってこと?」
「じゃなくて神社をまもってもらうってことですね」
これは重大問題だ。名字ぐらい変わってもへっちゃらだけど、神社の経営という職業はどうなんだ。食っていけるのか?
「神社って羽振りはいいもんなん?」
「いやー、ウチは良くないですね」「ふーん」
頭の中で計算が働いた。菅野美穂をモノにしようとするなら、東京生活を捨てて大阪で神社経営。悪くないのか、どうなのか。
にしても、付き合う前からこういうことを言うのは、遊びで手出ししないでくれというメッセージに違いない。300回の合コンで彼氏ができなかったのも、たぶんこのためだ。そう考えると、彼女が不憫にも思えてきた。恋すらままならぬ美女。オレが踏ん切りさえすれば、すべてはハッピーにまとまるというのに!
「わかった。しばらく考えさせてくれるかな」
美穂ちゃんはキョトンとした顔だ。
「へ? 何をですか?」「何って、名字が変わることとか」
「誰のですか?」「オレの」「は?」
直後、新喜劇の客のようなバカ笑いが店内に響いた。
「ウケる〜。私、赤澤さんと結婚したいって言いましたっけ?」
ホントだ。頭の中で勝手に、オレ個人に向けられた命題だと勘違いしていた。
「いやいやいや、それぐらい好きな気持ちがあるんやでってことで」
「どうもありがとうございますってことで。ハハハ、ウケるわ〜」
軽く流されて、大事な会話は終わった。こりゃ脈ナシだ。

有名神社の巫女さん処女喪失は夜の境内で!
みなさんは巫女と聞いて何を想像されますか。大概の方は清く正しいなんてイメ—ジを抱いていることでしよぅ。さぞかし清楚な女性ばかりなんだろうと。いえいえ、現実はまったく逆です。
ムラムラくればオナニーもしますし、エッチだって好き。巫女だって人の子、四六時中お行儀よくできるワケがありません。
なんてエラソーなことをいう私、実はかって新潟県の某有名神社に就職、約1年間、巫女として働いていました。しかし、この神社ときたら、性根の腐った巫女がそろっているだけでなく、神主さんもイヤらしい人ばかり。真摯な気持ちでやってくる参拝客の方が気の毒なほど、デタラメなところだったのです。
短大卒業を来春に控え、私は少しでも条件と給料のイイ勤め先を選び、就職試験を受けまくっていました。でも、その意気込みもむなしく連戦連敗。会社によっては、面接にすらたどり着けないという有様です。焦りはつのる一方でした。幼いころに多額の借金を残して父が亡くなってから、母は昼夜を問わず働きつめ。私もそんな彼女を少しでも助けようと高校時代からバイトをいくつかかけもち、せわしない生活を続けていました。おかげで、そこそこモテていたにも関わらず、忙しさのあまり、結局1人も彼氏ができず仕舞い。暗い青春を抜け出すには、毎月それなりの給料をいただけるところへ就職し、ゆとりのある生活を送るしかない。私は真剣にそう考えていたのです。そんなとき、ひょいと助け船を出してくれたのが、就職課のおばさんでした。
「ねえ、まだ職が決まってないんでしよ?巫女はどうかしら」
「え?」
聞けばこのおばさん、地元新潟では有名な某神社の神主さんと知り合いで、いい子がいたらぜひ紹介してくれと頼まれているとのこと。世間知らずの私は、からかわれているのかと思いました。巫女?あの神社で働く?てか、あの人達、お給料もらえるの?
「大丈夫。給料はいいし、すごくラクな仕事なんだって。何だったら、話だけでも聞いてくればいいじゃない」
「はあ、でも…」
結局、まごつく私を無視し、強引に話をまとめるおばさん。面接は3日後とのことでした。
「あの、ごめんください」
面接当日、拝殿近くの事務所に通されると、いかにも一癖ありそうな滝本という神主さんが応対してくれました。
「まあ、そこにかけてラクにしてください。いまから簡単な確認を始めますから」「はい」
「えと、沢野さんはいま、彼氏はいないの?」「はい」
「本当の本当?…ふうん、ま、いてもいいんだけどさ」「はあ」
「で、処女なの?」「ええ、はい」
「本当の本当に?経験ないんだ?」
みなさんも薄々感づいているとは思いますが、いまどき巫女だからといって貞操を守っている女性なんかほとんどいません(もっとも、私自身はこのとき正真正銘の処女だったんですけど)。
処女かどうかはあくまでも自己申告で、神社側もただ建前上、簡単に質問をするのが普通です。しかし、滝本のソレは明らかにセクハラ行為でした。
「おチンチンを見たこともないの?同級生のコはみんなセックスとかしてるでしよ?」「え、さあ…」「でも興味あるでしょう?」「いや、それは…」
さすがにムッときました。ここで怒ってはせっかくの就職もパア。ただジッと、我慢するしかありません。果たして、私は見事に合格しました。滝本のことばを借りれば「真面目で清楚。沢野さんはまさに巫女向きですよ」ってことらしいです。
肝心の給料は手取り18万で、休みは週2日。これなら普通のOLより好条件です。私の腹は決まりました。朝は、まずお清めから始まります。といっても社務所に備え付けられたお風呂に浸かり、軽く体を洗い流すだけ。何ら特別な儀式などありません。
お風呂から上がれば、装束を着、髪を後ろに束ねて准祷磐元了。竹ボウキで境内や周辺の掃除をしてから、ようやく仕事に取りかかります。神社には新人の私以外に、先輩巫女が4人おり、参拝客にお神酒を振る舞ったり、お守りを売ったりする外勤と、賽銭の額の確認やダイレクトメールの宛名書きをする内勤とに分かれて仕事を始めます。どうってことない内容です。
もっとも、最初のころは、いろんな儀式の作法や小難しい祝詞を覚えるのに四苦八苦し、結婚式、厄除け、ご祈祷などの行事でも一々リハーサルがあり大変でしたが、それだって、慣れてしまえばラクちんラクちん。特に、お守り売りなどは、日がな一日、読書ができるほどヒマなのです。
そう、日がな一日ずっと…。
それは、巫女になって何回目かの外勤のときでした。先輩巫女のヨーコさんと交代すべく、お守り売場に出向くと、あら?ヨーコさんがいない。トイレかしら。と、売場の裏手に回ろうとしたとき、かすかなうめき声が私の耳に。
ん、何?つ、つ、つ
改めてよく売場を覗くと、奥の部屋から寝転んだヨーコさんの足だけが見えます。どうしたの?ヨーコさん、交替ですよぉ。
「えわ、わかった。ちょっと待って。いま行くから!」「は-い」
慌てて売場から出てきたヨーコさんは、さも落ち着きない様子で社務所の方へ歩いていきました。彼女が奥の部屋にレディコミを隠し、ときどき1人エッチをしているとわかったのは、それから少し後のことでした。
風呂場のガラス戸から目玉がギョロリ
「とにかくイメージが大切だから、神社にいる時はもちろん、プライベートでも素行には十分気を付けるように。誰が見てるかわからないからね」
私が新人のころ、神主の滝本が口酸っぱく言っていた台詞です。神聖な場所で働くのだから当然といえば当然。悪い噂が立つといけませんしね。しかしョ-コさんの件でもわかるとおり、この決まり、裏を返せば、参拝客にバレなければ裏で何をやってもOKの意味なんですね。
それは神社のお偉いさん、神主とて例外ではありません。社務所での彼らの態度は、参拝客の前とは大違い。もしアメリカなら、訴訟でウン十億の慰謝料が取れるほど、あからさまなセクハラをしかけてくるのです。この神社には、全部で3人の神主さんがいたのですが、やはり群を抜いてヒドイのが滝本のバカタレでしょう。たとえば夏の暑い日。ヤツはよくハカマの裾をめくり、こんなことをしでかしました。
「沢野くん沢野くんコレな〜んだ?」
処女の小娘に向かって、おチンチンぼろり、ですよ。
「こんなの見たコトないだろ」「キャー、止めてくださいっ!」
とは言いながら、興味がまったくなくもないので、顔を覆った両手の隙間からチラチラ。まったくかわいいものです。が、その点、先輩たちはサスガというか。
「まあ、小さくて可愛らしいムスコさんですこと」
「ハイハイ、粗チンはわかりましたからもうしまって下さいね」
見事なまでのあしらいです。そして、そのうち私もまったく動じなくなっていくのですから、慣れとは恐ろしいものです。それが面白くないのか、滝本はエスカレートするばかり。ある時はぶつかった拍子に尻を撫で、またあるときは大胆にも胸元に手を突っ込み、揉みしだく。タマったものじゃありません。そぅいえば、風呂場を覗かれたこともありました。
ある朝の、お清めのときです。湯船に浸かり、ク—ッと伸びをしていると、上部のガラス戸が少し開いてるではありませんか。そして何ともイヤらしい目玉がギヨロリ。
「イヤー」
いい加減にしてよ!私は湯船の水を窓に向かって思いっきりぶっかけ、慌てて浴室を飛び出しました。「あの、止めてほしいんですが」
装束に馨えた後、滝本に詰め寄ります。
「え、何?」「とぼけないで下さい。じゃあ何で髪が濡れてるんですか」
「もうバレバレなんですからね」
「あ—うるせ—な—。いい—じやん、別にいい—じやん」私は、自分がトンでもないところに就職したことを改めて悟りました。
こんな数々の先輩に相談したところで、まともに取り合つてもらえません。どころか剌々しい口調で「それはアナタに隙があるからじやないの?」とこき下ろされる始末。ま、理由はわかつてるんだけど。実は、5 人いる巫女の中で私だけが圧倒的にセクハラを受ける頻度が高かったのです。自分で言ぅのもナンですが、私つてけっこうカワイイ。で、他の4人は揃いも揃ってブサイクちゃん。「あのコだけ可愛がられてる」ってなってもおかしくありません。
こんな状況では、イジメに遭わぬ方が不目然ってものです。
最初は「少しくらいカワイイからって調子に乗るんじゃないわよ」といったノリで、交代制のトイレ掃除を毎日押し付けられたり、無駄な雑用をやらされたりといった程度でした。けどそれは、私の不用意な、しかもしょうもない一言で、がぜんヒートアップしていきます。
ある日の昼休み、ふと社務所に顔を出すと、先輩たちがテレビの音楽番組の話で盛り上がっていました。ここは強引にでも入っとかなきや。え—と、何を話そぅかなぁ—。なんかみんなが好きそぅなバ
ンドないかな。
「やっぱいまはミスチルがカッコいいですよね〜」
ふと見ると、リ—ダ—格のミホさんが鬼の形相で睨んでいました。わ何なんでしょぅ、この気まずい
のは。アタシ、マズイこと言いましたっけ?後で知ったのですが、このミホさん、超がつくほどのグレイフアン。私の一言が触れたらしいのです。
「アンタは今日休みなのに何で来てるの?帰んなさいよ」
間違いなく出勤日なのに、ムチャクチャです。しかし、あまりの剣幕に圧倒され、すごすご帰る私。案の定、欠勤扱いとされてしまいました。それだけじゃありません。別の日にはこんなことも。セクハラやイジメがてんこ盛り。普通の人ならとっくに辞めて当然です。
しかし、なんで私がそうしなかったのかと聞かれれば…。給料がそこそこいい。仕事もラク。そういうことになるんでしょうか。ただイジメはともかく、処女で、なおかつ性に興味津々だった私としては、いつしか神主さんのセクハラを心の奥で楽しみだしていたというのも偽らざる本音かもしません。神社のメンバー全員で佐渡へ社員旅行に行ったときのことです。一通り観光も終わり、予想どおり繰り広げられたハレンチ宴会。例によって例のごとく、滝本から歌えだの服脱げだのと命令され、コンパニオン紛いの扱いを受けめげていると、神主の1人、青木がススっと近寄ってきました。
「ゴメンな。あのオッサン、悪酔いしてるみたいだから」
「いえ、だ、大丈夫です。慣れてますから」
この青木、神社では比較的常識のある人物で、暴走しがちな滝本や先輩女たちから、時おり私をかばってくれることがありました。むろん、相手は下心がバリバリ。このときも、単に気遣ってくれてい
るのかと思いきや、素知らぬ顔で、私の膝をスリスリしちゃってます。
「なあ、ところで俺の部屋に行って飲み直さない?」
「いえ、すいません。気分が悪いんで」1人先に部屋に帰った私は、カギをかけずに布団に入りました。必ず青木はやってくる。そう確信した上での行動です。
別に好きでも何でもありません。でも同時に、あの人なら処女を奪われても、なんてコトも考えていました。間もなく宴会も終了したようで、静けさが戻ってきました。ああ、これからアタシは抱かれるんだ。アソコを舐められ、足を大胆に開かされ。ああ、想像しただけでアソコが濡れちゃう、果たして、青木はついぞやってきませんでした。何でも、他の神主連中たちと風俗にドャドャ繰り出したそうです。まったく、煮ても焼いても食えぬ男です。
しかし、私の処女喪失は、それから間もなく、意外な形で実現します。
誰もいない夜の境内で初体験
世の男性からしてみますと、やはり巫女という存在は一種の憧れなのでしょう。参拝客からのナンパは珍しくなく、「オネーちゃん、今度電話ちょうだい」などとケータイの番号の書かれたメモを受け取ることはしょっちゅうです。が、そんなモノ大抵はゴミ箱に直行。しかも神社は、世間の目を気にするあまり今神社の半径100メートル周辺で男性と親しげに話すのは禁止なんてバカげた規則を作るくらいで、待ち伏せすらできないのです。
けど、あまり大きな声では言えませんが、一度だけ誘いに乗ってしまったことがあるのです。それも会ったその日に、誰もいない夜の境内で初エッチ…。
そのサラリーマンは、これ以上ないほどもろタイプ。むしろ私が彼を誘惑したのです。
それから3カ月ほど後、私は巫女を辞めました。その彼の赤ちゃんを身ごもり、結婚することになったのです。神社側は執拗に引き止めてきました。理由が笑っちゃいます。
「君が売り子だと、お守りの売上が2倍から違うんだよ」
パーカ。売り上げ制のホステスかつつの。
ま、とんでもない所ではありましたが、運命の人に出会えたことについてはとりあえず感謝しています。ひょっとして神様って本当にいるのかも?

オナニーを他人に見せる快感!相互に性器を見せつけるオナ見せにはまった私

オナ見せオナ見せオナ見せオナ見せオナ見せオナ見せオナ見せ見せ合い
女性を欲求不満状態で放置したら本気オナニーしてました
出会い系で知り合った20才の真由美を自室に連れ込んだ。顔は70点、なかなかスタイルのいい大学生だ。しばしまどろんだ後、いつものようにベッドイン。スカー卜だけを脱がしパンティの隙間から挿入する。
「ぃゃだぁ」
「ほら、入ってるよ」
「真由美ちゃんエッチだね」
「いゃだアッ」
そっとピンクロー夕ーを手渡し、自らクリにあてさせる、これ結構効くのだ。
バックになるや、真由美の声が大きくなってきた。ヴイ—ン
「すごく濡れてるね」
「うん」
「気持ちいい?」
「うん、ああっ」
「イキそう?」
僕はスキン内に射精したフリ
「ごめん、先にイッちやった」
すかさずペニスを抜き、さっさとシャワ—室へ消える。名づけて、欲求不満ほったらかし作戦だ。もうすぐイキそうなときに、置いてきぼりにされた真由美。手にはピンクロー夕ーさあどうする。
シャワール—ムではわざと大音を響かせ、すぐには部屋に戻ってこないことを意識させた。
およそ20分後、部屋に戻ると、真由美は何食わぬ顔でベッドに横たわっている。
実はエッチが始まる前からすでにウェブカメラをオンにし、ディスクに保存するよう設定してある。
体よく彼女を部屋から追い出し、パソコン前へ。さあどうだ、あの20分間、本当にお前は横たわっていただけなのか?いざ動画を再生
画面内では2人が絡み合い僕の姿が画面から消えた。真由美は一人でうつぶせにへたり込む。数十秒後、じつとしていたがだんだん腰が浮いてきた。これは!最大に盛り上がったところで、女を欲求不満にさせたまま放置、彼女の手がモゾモゾ動き、本気オナニーの撮影に成功しました。
風俗嬢や援交オンナではなくシロート女性にオナ見せしたい願望がある男

風俗嬢や援交オンナではなく、見知らぬシロート女性にオナ見せしたいとの願望がある。が、これがなかなか難しい。

変態の巣窟「ナンネット」や「したらば掲示板」などを覗けば、男のオナニーを見てやってもいいという女の書き込みがあるにはあるが、メールを送ってもまずスルーされてしまうものだ。

自分から相手を募集したところで結果はやはり同じである。そんなわけである日、ナンネットの「見たい女」掲示板で、苦し紛れの書き込みをしてみた。
「オナ見せ願望のある中年男ですが、これまで一度も相手をしてくれる女性に出会えたことがありません。だからせめて、他の男性のオナ見せ体験談を読めればと思ってます。どなたかいらっしゃいましたらよろしくお願いします」
これに対し、数々のアドバイスや小バカにした書き込みが続くなか、1件、想像もしなかったメッセージが紛れ込んでいた。
「何だか大変そうですね〜!僕の嫁でよかったらオナ見せしてみます?興味あればメールください」
な、何だって!?半信半疑で連絡を取ったところ、あれよあれよと話は進み、後日、私は願望をあっさりと果たすことに。30代のヤング夫婦とラブホに入り、ややポチャ巨乳妻の目の前で、思う存分、シコってやったのである。

かくして、正解は見つかった。オナ見せしたければ、卑屈でみじめなダメ男を演じればいいのである!変態カップルにとって、そんなどうしようもない男は、優越感を抱くに格好の相手であり、ただ見てやるくらいならと、上から目線でお付き合いしてくれるのだ。

俺の女が見てやるからせいぜいシコってくれよ、ダメ男くん!ってなもんか。この分析の正しさは、あっさり二度目の成功を収めたことで完全に証明された。オナ見せ相手がなかなか捕まらないというアナタ、真似してみてはどうだろう。

ひとつ、紹介させてもらいたいオナニー法がある。ビクンビクンオナニーというやつだ。やり方自体は簡単だ。肛門に力を入れると、勃起したチンコがビクンビクンと動くのは知っていると思うが、オカズ動画を観ながら、あの行為をとにかく何度も繰り返すのだ。手を一切使わずに。姿勢は、イスに座った状態がベストだろう。注意点としては、機械的にビクンビクンさせてるだけではいけない。ケツに力を入れつつ、チンコの根元を筋肉で締め付けるように意識を持っていくのだ。ちょっと感覚的な話になるが、ケツに入れた力をそのまま股間の方まで届ける感じだ。わかるだろうか。とにかくそうやっていると、ビクンビクンするたびにチンコの根元あたりがだんだんと気持ちよくなってきて、最終的には精子がドクドクと出るのだ。このビクンビクンオナニーの特徴は、手を使わず射精できることだけではない。通常のオナニーとは異なる射精感が味わえるのだ。快感がジワ〜っと体全身に行き渡り、何ともハッピーな気分に浸れるというか。ある程度の訓練は必要だが、マスターすれば確実にオナニーライフは充実する。
オナニー見せるの大好きな女
あるグラビア誌からカップル喫茶とスワップパーティの潜入取材を依頼された。なぜ俺に、と思ったが、スワップには年配のほうか有利でしょうと編集者はいう。謝礼は出すので女は調達してほしいとのことだ。困った。「テレクラ250人斬り日起なんて本を書いたのでセックスフレントの5人や10人はいるに違いないと誤解されるが、俺にそんな女はいない。テレクラ女とはあくまでー回主義だ。というと、いっぱしのナンパ師のセリフみたいで力ッコいいのだが、現実は違う。女と会ってホテルに入るまでは乎身低頭リップサーピスにこれ努めるが、行為が始まると「お尻の穴紙めてよ」とか
「もっと締まんないの」と要求だけは百人前。そのくせ女にはサービスしない。さらに中折れ3分発射でテポドン。こんな調子だから、また会ってね、という女は皆無に等しい。しょせん、俺は一時的に心のビョーキに陥った女の弱みにつけ込んでセックスを強要するだけのセクハラナンパ師なのだ。さて取材に同行する女はどうしようか。「行くだけでもイヤー」と一蹴され、年に数回会う人妻からは「犬や猫じゃないんだから」と断られた。なにいってんだ、ホテルに入れは盛りのついたメス猫まるだしだっていうのに。しかたなく、誰かはOKするだろうと、これまで携帯番号を教えてくれた11人の女に電話をかける。が、結果は無残。驚いたことにその大半が番号を変えており、唯一つながった30代半ばの女には、子供が生まれたばかりでそれどころじゃないと断られた。
俺はザッピングを思い出した。用語辞典では「テレビのチャンネルを次々に変えながら見ること。リモコン操作が生み出した行動様式」とあるがへごれはそのままテレクラ女の感覚に当てはまる。彼女らにとって、男はテレビ番組みたいなもの。気に入らなかったらガチャ切り、スッポカシはあたりまえ。携帯番号を変えたのも、それまでの番号でコミュニケーションをとっていた男たちとの時空を突然捨てたくなったのだろう。手軽にできる失腺、とでもいうべきか。結局、力ップル喫茶については、以前取材で知り合った若い女性に頼んでことなきを得た。
女はミスドの前に立っていた。身長150センチくらい。キュロットスカートに黒のカットソー・
丸顔のショートカットに真っ赤な口紅のプチブス女。どうみても場末のスナック女だ。が、大きい目と尻の張りが欲情させる。胸も使えそうだ。
「エミさんですか。さっき話していた人は私の友だちなんですへでも急用ができちゃって…それで来
たんです」女はだらけた笑いをした。
「ホントですかぁ。もしかして私嫌われたのかな」
考え込んでいる女。嘘はさらに続く。
「エミさんって私の好みなんですよ。つきあってください。お願いします」
彼氏は自動車修理工場の社長とか。ワンピースからのぞく足は関東イモ系だが、色が白くてグッド。黒のパンツのアソコもふっくらしていて気持ち良さそうだ。ホテルに入りパンティを脱がすと、毛が剃ってあった。
「あたしの家系って濃いの、水着になったらヤバいじゃん」
この女が江ノ島の海に浮かんでいたら、まるでタコ坊主かクラゲだ。クラゲ女はワンピースを脱ごうともせず、無毛の陰唇を開いて俺を挑発する。
「これいいなぁ。パイパンのあそこって見たの初めてなんだ。千円出すからエッチ撮らせてよ」
「あやしい」「ヘンなことしないって」「そんなにキレイ?」「うん、しゃぶりつきたいほど」
「しちゃおうか」女は部屋のミラーに裸身を写し
「子供みたい」とはしゃいでいる。「早いから、本番やる前に撮っていい?」
キス、フェラ、尻祇め、後背位、正常位、ひと通り撮ったあと女が聞いた。
「この写真どうするの?」「自分ですると気持ちいいから」
「自分でするのぉ?エッエッ見たいな」
俺は女が見ている前で客がオナニーする六本木のオナニーパブのことを話した。
「あたしもやってみたい」
お前みたいなタコ、断られるに決まってるだろ。
「見せるの大好き。海で寝そべってて、足拡げてるとみ凡な見るじゃない。すっごく感じる」
女は自分でクリトリスを触りカメラに笑いかける。俺も片手でペニスをしごき始めた。
相互・見せ合い・オナ見せのプチ援女は素人だ
出会い系サイトで『オナニーの見せ合いしませんか?』などという変化球なプチ援女をたまに見かける。なぜ手コキでもオナ見でもなく、相互オナニーなのか。
 エッチまではしたくないし、フェラもちょっとイヤ。でも小遣いを稼ぐには見るだけじゃ厳しい。やっぱり男の人に喜んでもらわないと。そうだ、オナニーを見せあいながらシコってもらうのはどう
かな?
少なくともオレが出会った相互オナ女神たちの多くは、こういった考えから募集をかけたと言っていた。ちなみにこれはオレの主観だが、このプレイを提案してくる子は、ワリキリ娘の中でもそこまでスレていない、限りなく素人に近い女子が多い。
 この相互オナニーは実際にやるとなかなか楽しい。こちらが触るのではなく、女の子が自分でアソ
コをイジるもんだから、感じている表情や声が妙にリアルなのだ。そいつを見ながらシコると、かな
り興奮できる。
 各種出会い系サイトで、『相互』『見せ合い』『オナ見せ』といったキーワードで検索すれば見つけられるはずだ。相場は、場所代別で5千円程度か。
スカイプ占い師に射精の瞬間を見せつけてやる!
スカイプを使ったオナニーといえばエロイプ遊びが定番ですが、最初からエロ目的の女どもとスカイプをしても、それなりの興奮しか味わえないものです。そこで僕が提案したいのが「スカイプ占い」です。最近の占い師さんは実際に対面せず、電話やスカイプを使って遠隔で占ってくれるんですね。ネットで「スカイプ占い」で検索すれば、専門ポータルサイトや個人で宣伝してる女性占い師がいくつかヒットするので探してみてください。サイトに登録してカード決済すればすぐに始められるので、占い師さんの写真を見て、美人な方を選んで申し込みます。
いざスカイプが始まれば、普通の占いと中身は変わりません。生年月日などの情報を伝えて占ってもらうわけですが、こちらはズボンを脱いで勃起チンコをシコりまくっています。微妙に振動しているので怪しまれますが、こちらはあくまでも客、途中で通信を止められることはありません。シコシコしながらフィニッシュが近づいてきたら、最後の締めに向かいます。
「実はもう一つ悩んでることがありまして」「なんでしょうか?」「ココが苦しいんです」
そう言いながら勃起チンコをカメラの前に出して思い切り射精するところを見せつける。絶句する美人占い師さんの顔を見ながらの発射は最高の瞬間です。ちなみに、料金は20分2千円程度なので、ズリネタとしてはお手頃ではないでしょうか。
オナ見せにはまった私
自分のオナニーを女性に見せる、そんなもんどこが嬉しいのやら。マスをかくのは自宅でのみ。オナクラなんぞに行くヤツの気がしれない——。
そんな岩のよぅに硬い心も、崩れ落ちるのはほんの一瞬だ。都内の某アロママッサ—ジ店に行った。
全身ぬるぬるマッサ—ジで、最後は手コキでフィニッシュ。ホームページの作りや料金から、そんなシステムだろぅと勝手に予想してのことだ。実際その手の店は最近とみに多いのだ。
指名したのはスラリとしたモデル体型の真由美。元エステテイシヤンで、まるで顔は常盤貴子のよぅだ。プレイル—ムは天井部分が空いた半個室で、清潔感にあふれていた。私はトランクス一丁になってベッドへ横たわった。真由美の柔らかな手が、まずは顔をなで始める。
「気持ちいいですかぁ?」
手の指から足の先までオイルを使った全身マッサージが続く。心地よすぎて眠ってしまいそうだ。残り時間も押し迫ったころ、太ももマッサ—ジをしていた彼女の手が、徐々に徐々に股間方面へと近づいてきた。やがて指はトランクスの隙間へ。全身の血行がよくなったせいか、こんなことでもペニスは完全勃起である。テントの先端にガマン汁が染み渡りそうな勢いだ。指はときおりタマタマにさ覚めた私。
エッチなお店じゃないんです。
すらりと触れそのたび体がピクピク反応する。もう駄目早く手コキしてくんちえ〜。声も絶え絶えに訴えかけたところ、なんと真由美ちゃん、しらっと言うのだった。
「はい、これで終了です」
なんですって? シコシコしてくれないの?
「そういうエッチなお店じゃないんですよぅ」
てことはあくまで健全なマッサージってことなんでしよか。タマタマ触っておいてサヨナラ?それで80分1万5千円もするの?このまま服を着るべきか、ダダをこねるべきか。勇者の行動は後者だった。
「もう駄目だ。自分でするよ」
私はおもむろにトランクスを脱ぎ血管の浮き出る息子を解放。右手を添えて動かし始めた。
「じやあ少し外に出てます」
うつむきながら部屋を出て行こうとする彼女を、私は制した。
「出なくていいよ、ここでちやんと見てなさい」
よくこんな台詞が出たものだと我ながら感心する。神様が言わせてくれたのだろうか。まあいい。ともかくこのとき私は気づき始めていた。オナ見せは、してはいけない場所で、見せてはならない相手の前でならば、比類なき興奮を生むことを。きびすを返した真由美は私の脚の間に座り、太もも付近
をさすりながら我が手の動きを赤面しつつ凝視する。シコシコシコ。そうだ、ちやんと見なさい。シコシ、コシコ。ほらこんなに充血してるでしょ。シコシコシコ。もうすぐ出るよ出るよ!
彼女の表情がまた良かった。脅えるでもなく、小バカにするでもなく。鳩が豆鉄砲を食らったような、という陳腐な表現は似合わない。初めての動物と対面した子供の、戸惑いと喜びの混じった顔とでも言おうか。エステに通っては、土壇場でオナニ—を見せる強攻策に打って出た。店の探し方はさほど難しくない。アロマエステ、リンパマッサージといったキーワードで検索し、電話をかけてヌキがあるかどうか尋ねるだけ。ヌキ有店は正直に答えてくれるものだ。むろん、普通に手コキされたい気分のときはヌキ有店へも足を運ぶが、オナ見せに目覚めた私が選ぶのはもっぱらヌキ無し店だ。ならば最初からオナクラに行けばいいじやないかというツツコミは、あまりに的を外していて笑ってしまう。先ほども書いたように、見せてはいけない女性の前だからこそ私は興奮するのだ。見ることが前提で働いているオナクラ嬢など相手にしてやるものか。どうせ表情なんかも作ってるんだろうし。
さてこのオナ見せ相手が相手だけに、顔をそむけてしまうコや距離を置いてしまうコもいるが、そんなとき私は決まって言う。
「ちゃんと見てなさい」なぜ先生言葉なのかはよくわからない。お願いすると断られそうで、命令口調も偉そうで。結果、自然とこうなったまでのことだ。最高だったのは渋谷の某エステ嬢だ。右手の動きがスピードアツプするにつれ、彼女までもが赤面しつつ息をはぁはぁさせるのだ。初めて目にしたんだろなぁ、男のオナニ—。ふふふ。見るぐらいなら彼女らも強い抵抗は見せない。これまで5人にトライして、拒否されたのは一人だけ(店長を呼びますよと怒られた) 。今後も清楚なオナゴたちに見せ続けるぞ〜。

異物挿入の大好きな奴隷ちゃん・おまんこにバナナをぶち込んで濡れ濡れオナニー

01140_202003282025528d0.jpg01150_20200328202550e52.jpgp86p_20200730215635fa1.jpgp87p_202007302156361b0.jpg

エロ動画のオナニーのオカズは美人より地味子の方が抜けるという現実

114_20200714191111282.jpg115_20200714191110e28.jpg76_20200714191443afd.jpg77_20200714191445d37.jpg
エロ動画をオカズにする際、その世界観に自己投影する人は私だけじゃないでしょう。つまり、作品の男優になりきって、自分が女優を犯しているんだと妄想するわけです。これ、妄想がピタッとハマればムチャクチャ興奮できるんですが、実際はなかなかそうならない。主な原因は、最近の女優のレベルが高すぎることにあります。考えても見てください。自分の周囲にどれだけ美人がいますか? ましてや美人かつ巨乳の女なんて皆無でしょう。だからそんなハイレベルな女に登場されても、イマイチ作品の世界観に入り込めないんです。非現実的だから。
イイ方法があります。オカズ動画を検索するときに「地味子」というワードを使うんです。ギャルものが好きなら「ギャル 地味子」、人妻がいいなら「人妻 地味子」といった具合に。するとどうでしょう。美人でもないドブスでもない、いい意味での「ちょいブス」がざくざくヒットするわけです。そしてこのちょいブスこそ、我々の周囲にわんさかいるリアルな女なんです。
ダマされたと思って試してみてください。アホみたいに妄想がはかどりますから!
既婚者は自宅でオナニーがしづらい。だからビデオボックスに行けば、そんなオッサン連中が情けない顔でウヨウヨしているわけだが、そんな光景を見るにつけ、俺は声を大にして言いたくなる。そんな狭苦しいところに何時間もこもってバカじゃないか、オマエらラブホに行けよ、と。そう、オナニー場所としてのラブホは最高なのだ!ひとりきりの空間に、広いベッドと大画面テレビ。これだけでも十分すぎるのに、さんざんヌキまくった後は、風呂にも入れてしまうというこの贅沢さ。しかもフリータイムを利用すれば、その贅沢さはさらにグレードアップする。
まずはひとヌキして、風呂へ。さっぱりしたところで映画なんぞ見ながら持参のビールとつまみでほろ酔いに。映画が終わるころには賢者タイムも終わるだろうから、2回戦へ突撃だ。寸止めを繰り返し繰り返しの長尺オナニーで絶叫するほどの快感に打ちのめされ、ふと時計を見ても、まだ2時間も残っているではないか。よっしゃ、シャワーのあとでもう一発ヌイていこ!とまあ、これはあくまで一例だが、ラブホに行けば、こんなラグジュアリーなオナニーを堪能できるわけだ。諸君、もうビデオボックスなど卒業したまえ。

自分のチンコを見せるオナ見せしたい男性のエロくて使えるオナニースポット

65_2020070708115373b.jpg66_20200707081154551.jpg67_20200707081155f08.jpg1_20191209100136669.jpg2_201912091001371d2.jpg3_201912091001387b7.jpg4_20191209100140a09.jpg
1、若くて美人な女が多数在籍していることでお馴染みのリフレ。添い寝やマッサージなど軽いプレイが主なサービスだが、裏オプと称してフェラや本番などが当たり前に横行している。ただしその値段は高い。仮に、シコシコだけでいいからと「オナ見せ」の裏オプを持ちかければ5千円は要求されるだろう。かといっていきなりパンツを脱いでシコったら、当然ながら怒られる。さあどうする?
実は安くシコる方法がある。正規のオプションの中から、身体接触がある安めのものを選ぶのだ。たとえば乳首舐め3千円とか。そして、乳首を舐められながら、勝手にズボンを脱いでチンコをシゴく。なぜか文句は言われない。「乳首舐めオプによって興奮したので思わずシコってしまった」という流れのおかげだ。覚えておこう。
2、一時期、大ブームを巻き起こした見学店は、数を減らしながらもまだ大都市圏を中心にしぶとく残っています。最初は女の子たちのパンツを見て何が楽しいんだろうと思ってましたが、ものは試しと行ってみたら、めちゃくちゃエロくて使えるオナニースポットだと気づきました。基本的に見学店はマジックミラー越しに女の子のパンチラを楽しむ場所ですが、あのマジックミラーだと思ってる窓、実はほとんどのお店で、女の子の側から男の様子が見えるようになってます。完全なマジックミラーじゃないんです。だったらそれを逆手にとって、女の子にこちらのオナニーを見せつけてやればいい。僕の場合、個室に入って女の子を指名した後、前もって用意した「こっち見て!」と書いた紙を掲げながら、全裸でシコりまくります。どうせ向こうから見えてるんだから、見てないフリをされるよりも、こうやって堂々と見てもらう方が興奮できるんですよね。
3、『僕のオナニーを見るだけ 2千円』これがいつも俺が出会い系に書き込む内容だ。「見るだけ」というのは、この種のプチ援交をする女にとっては基礎の基礎のようなプレイなのに、この悪へのトビラ第一段階を募集する男は結構少なく、募集をかけて1時間ほどで、ワリキリ界の入り口で躊躇しているシロート娘がすんなり引っかかる。2千円は安すぎると思うかもしれないが、これ以上アップしてしまうと逆に、セミプロ売春婦が時間つぶし感覚でやってくることもあって興ざめする。素人をあぶりだすには安めのほうがいいのだ。いざ対面すればマンガ喫茶に入り、じっくりオナ見をし
てもらう。シコりながら「胸を出してくれたら早くイケそう」と言えば、追加料金なしでオッパイを見れるし、まんまと触らせてもらえることもある。
オナクラのデートコースは行き先の自由・若い女の子に密着マッサージしてもらえる派遣リフレ
1、ハタチ前後の女の子に密着マッサージしてもらえる『派遣リフレ』というジャンルの風俗店にハマっている。基本、服は着たままだしヌキもないが、若いってのはなぜこんなに魅力的なんだろう。いつもつい興奮しすぎてオッパイや尻に手を伸ばしてしまい、「ダメですよ~」なんてよく注意されるのだが…。そんな派遣リフレ大好き人間のオレが今ハマッているのがこの店だ。
ここ、女の子からマッサージしてもらうのではなく、こちらがマッサージをカマす、いわゆる逆リフレスタイルで、しかも在籍嬢は全員10代(18~19才)だ。どんな状況になるか想像してほしい。
相手を仰向けに寝かせ、腕から肩にかけて揉んでいき、そのままオッパイもムギュムギュ。スカートの中に手を突っ込み、股間のコリをほぐすようにクロッチ部分をグリグリ。今年の春までJKだったようなコを愛撫してるみたいなもんですな。
ガマン汁が溢れること必至。若い女体を存分に愉しむことができる。
2、じゃあ、オプションの手コキを、どっかそのへんの人気がない場所でお願いしていいかな?
ふぃ〜、疲れマラに心地いいわぁよし、乗ろうよ
行こ行こ!いぇーいわーい!
ぜんぜんですよー
何か恥ずかしいですー
3、風俗店コースに、イメージプレイというのがよくある。ナースになりきった女にイジめてもらえるとか、擬似夜這いが楽しめるとか。でも、そのバリエーションってだいたい相場が決まっているもの。ナース、夜這い、教師、メイド、処女、そんなところだと思う。
世の男性のみなさん、満足できてますか?巷に溢れているような設定ではないイメージプレイをしてみたくないですか?
そこでこの店を推したい。自分が考えたオリジナルのシチュエーションでプレイできるホテヘルだ。
遊び方は、事前にスタッフにシナリオをメールなり電話で伝えるという段取りで、
〈女(○○ちゃん)は、『どうしたの?』という言葉を聞くと、自分のマンコをイジりたくなるというエロ催眠術にかかっている状況。プレイの序盤は、男(オレ)にその言葉を使われても何とかこらえようとするのだが、次第に我慢ができなくなってくる。そして後半、男に新たなワードのエロ催眠術をかけられ…〉
こんなシナリオも応じてもらえるんだから楽しいったらない。

【エロ漫画】女子少年院での欲求不満美女たちのおまんこ見せつけオナニー合戦

0172_20191124082256086.jpg0173_2019112408225806a.jpg0174_20191124082259b7d.jpg0175_20191124082301444.jpg0176_20191124082302ea4.jpg0177_2019112408230409f.jpg0178_2019112408230563d.jpg0179_20191124082307d28.jpg0180_2019112408230879e.jpg0181_20191124082310137.jpg0182_20191124082311877.jpg0183_20191124082313d14.jpg0184_2019112408231458f.jpg0185_20191124082316594.jpg0186_2019112408231705c.jpg0187_2019112408231943e.jpg
ここからはエロマンガオナニー好きの専門学校生のエッチ体験談
3_2020031021462120d.jpg4_20200310214623d2e.jpg5_20200310214619278.jpg
普段は何してるんですか。
学生。専門行ってる。
何系の学校?
ヒミツ。
彼氏いる?ギャル男好きなんだ。
うん。大好き。最近カオ黒い男が好きだね。今日も日サロで40分。顔は焼いてないからやっぱギャル男捕まえるためだね。カオは白い方がいい。
ふ一ん。初体験は?
アタシ遅いもん。高2だから。まわりから処女が少なくなって、いつまでアタシ取っとくんだろって。友達みんなギャルだったから早いし、ヤパイとか思って。
それまで彼氏は?
中学からいたけど、相手童貞だったし、2人ともビデオ見過ぎて気持ち悪くなって,ヤリたくなくなった。
ヘー。
ヤバイあれはホント。気持ち悪い。彼氏も、キモイからエロ本だけでいいって言ってたし。キスまではしてたから、イチャイチャして。酒飲んだり、カラオケ行ったり。
あ、それは別々で。中1 のとき家に友違集めてみんなで見た。
だから、4〜5回ぐらいしかしてない。やっばタメだった。
痛くて嫌だった。二度とやらなし、って思った。
こんなに苦痛なのになんでみんなやるんだろって。そいつ元ホストでヤリチンのくせに、下手だったんだよね。バカだから、男がエッチなこと言いいながら「濡れてる?」とかきいてくんのが面白く
あり得ない。入れられたら冷める。あ〜早く終んないかな〜って。
次の人がうまかった。イッコ上で、メールで知り合って。
テレクラ嫌い。オヤジとか何万くれるとか言ってくるけど。
舐められんのもイヤ。そこまでしなくてしこっちが申し訳なくなるし。
あ一、もう頭オカシイと思う。 
じやアナルファック^^
あ一、絶対引くね。
ぶっちゃけ演技に決まってんじゃんって。
別にソレはいらないから、勝手にイってろよとかって(笑)。
DかEはある。
全然。乳首も気持ちよくない。舐められても.
ああパカだな一って。
フェラしてとか富われたらなんて答える?
チッ、って舌打ちして、さらにお願いされたらしてあげる。気持ち悪いもん。
年末にやってみた。
そいつも上手かった。
うん。棚のすごい奥の方にあった。
オナニーなんぞは?
好き好き。小学校からしてる。学校終って.家帰って、なんか暇だなって思ったら行っとく? みたいな。暇つぶし
ベッドでやんの?
ベッドじゃなし。コタツとか(笑)。寒いからさ、ズボンだけ下ろして。
オカズは?
エロマンガ。学校で友達からまわってくる。使ってオナニーしてた
そいつをコタッの上に広げて。
ううん。最初パーと読んじゃう。で、やベー

入店したての現役の女子大生キャバ嬢を現金でセックス交渉|パパ活体験談

1_20200123095339bdf.jpg0_20200123095338dce.jpg2_202001230953405c1.jpg3_20200123095342289.jpg4_20200123095343bd8.jpg5_20200123095345422.jpg
友達の付き合いでホストに行って付き合いだしたキャバ嬢のエッチ体験談|素人娘インタビュー
3_20200302183736568.jpg4_20200302183737336.jpg5_20200302183734019.jpg
竹野内豊はいいっすね。何がそんなにいいんだ?
声がいい。いい声してるよ。あとヒゲも
現在彼氏は?います。
どこで知り合ったの?ホストクラブで
ホストにハマってんのか!付き合いで..友違が行ってたから… 
ホストクラブって楽しい?楽しかったよ一(笑)。その男のコが好きだったからってだけだけど。
彼の何がよかったのよ?一緒にいてくれる
【女子大生キャバ嬢とセックス交渉概略・全文は上記記事をお読みください】
本日は現役の女子大生とセックスする方法。入店したての女子大生キャバ嬢を狙い撃ちにした方法のお話です。
すぐに女の子がやってきた。目鼻立ちのハッキリした美人さんである。
「入ってどのくらい?」「えっと、2週間目くらいですか」
新人は新人だが懐具合はどうだろうと思ったらこんなことをいい出した。
「大学が女子大なんですけとまわりにお嬢さまがけっこう多いんですよ」
「まさかキミも?」「わたしはフツウだから。1人暮らしなんですけどお金ないんで自炊とか頑張ってるし」よろしい。金持ち連中とやっていくためには金がいるから、水商売に足を踏みいれたって感じか。」口ックオンだ。「ねえねえ・タイプなんでアフターしないかな?お小遣い出すから」「本当?」
「たとえば2万で抱かせてくれってのはどう?」相手の表情が強ばった。
「そういうのムリなんで」「2万だよ2万」「できないんで」応じる気配はゼ口だ。気取りやがって。次に着いたのは1カ月という女の子である。
純粋な女子大生も現金の力には勝てなかったようだ。ソファからベッドに移り仰向けに寝かせた女子大生の乳首を舐め、脚を舐め・・・
女子大生の若い肌は素晴らしい

女をイキやすくSEXの感度を倍増させる上手なキスの方法|エッチテク

201509058.jpg201509059.jpg201509056.jpg201509057.jpg201509062.jpg201509063.jpg201509060.jpg201509061.jpg201509064.jpg201509065.jpg201509066.jpg201509067.jpg
女性向けAVに必ず出てくる愛情アピール「座位トーク」
できればしたくないがしておくと効果テキメンなのは…フェラ直後のディープキス
手がつりそうなフェザータッチも電マがあれば簡単にできる!
女の手が空いていれば必ず握ってやるとよろしい
「イッていいですか?」「ダメ」の繰り返しで深~い絶頂が
もうどうにでもなっちゃえ! 開き直りセックスへの持ち込み
動かざること山の如し。実はピストンは求められていなかった
いつもより感度倍増!耳栓にこんな効果があるなんて
潮吹きは気持ちよくない。肝心なのはその先だ
潮吹きは尿漏れと同じで男の射精とは違うんじゃ
無知なお前に正しい潮吹きプレイを教えてやるわい
それは絶頂の前段階に過ぎない。だから潮を吹いた後もとにかく手マンを続けるんじゃ
だめ、イッちゃう〜〜!おかしくなっちゃう〜うう〜気持ちよすぎて死ぬ〜
ほおさすればホレ失神すれすれの大絶頂を味わうわけよ
足ピンでしかイケない女にはこの体位でフィニッシュ
絶頂時に足を伸ばすのが癖になっているため
あぁぁもうダメぇ〜!イクぅ〜!普通の体位ではなかなかイってくれないのですが…
このタイプにはこれ
使うは指4本。 クリ派への手マンはこんなに簡単だった
Copyright © エロ漫画無料アダルト裏モノJAPAN All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます