エネマグラのタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:エネマグラ

  • 2020/07/17裏風俗・風俗体験談

    この連載も長く続けていますと、たまに言われます。「そんなに気持ちイイことばっかりしてると、快感に慣れちゃわない?」そういうときはニコニコしながら、こう答えます。「いや〜、まったく慣れも飽きもこないですなぁ〜・気持ちイイこと大好き射精万歳!」でも、実際のところ……新鮮さがないのは確かです。どんなにカワイイ子が出てきても、どんなコスプレさせても、どんなにフェラがうまくても、やってくるのは毎回同じ射精の快...

    記事を読む

  • 2019/11/20SEXテクニック

    1、後ろから入れてドロリ。トコロテン射精を可能にした電動エネマグラ普通のオナニーの千倍すごいわアナルオナニー知っちゃったらノーマルオナには戻れたいねそんなスゴイのかこれを知ってからはマジでノーマルには戻れなくなりましたオレっちの形状って、誰でもコツいらずでヤバイボイントを刺激できるんだわーアナニーの中でも特に難しいとされるトコロテン射精が可能に2、『エビオス』は、飲むと含有成分の亜鉛によって精液量...

    記事を読む

  • 2019/11/06エッチ体験談

    シコシコすることなく、イク感覚を味わえる「ドライオーガズム」を試してみたくて色んなM性感の店に足を運んだ。だが、アナルに器具(エネマグラとかアナルプラグとか)を入れてグリグリと動かすことで多少は気持ちよさを感じるものの、射精なしでの絶頂を体感するまでにはいたらなかった。この店は低周波エネマグラを初めてオプションに用いた老舗と聞いて足を運んだ。低周波ってのは電気なわけなのだが...。結論から言えば、こ...

    記事を読む

  • 2019/08/28その他

    この独特の形状は、女性モニター数十人へのアンケ—卜をもとに設計されたそうだ。人によっては全体に施されているイボイボが痛いかもしれない。その場合は前モデルのイボイボ無しオルガスタ—を勧める。しようもないアイデアに思えるが、革命的に優れた商品である。ロ—夕—を指で持つ必要がないだけで、いかにセックスが自由になることか!想像でもわかると思う。どんな体勢だろうと、触っていようと、常に指がブルブルしているのだ。...

    記事を読む

  • 2019/04/23SEXテクニック

    前立腺を刺激し射精ナシで絶頂に至るドライオーガズムその究極の快感を誘発する専用器具がエネマグラだそんな方々にオススメなのが初心者向けのエネマグラEX2だ従来のものより表面がツルツルしていてサイズも小さいためそのぶんヘッドが動きやすくドライスポットが容易に探すことができるクリを舐めるんならわしらのケツの穴だってペロペロできるはずだ出る出る、まだ出る!リングひとつで倍以上のドクドクドライオーガズムでや...

    記事を読む

エネマグラプレイ可能な風俗店で男のアナルオナニーに挑戦!全身触診に全身リップから前立腺を刺激し焦らし射精

エネマグラプレイ可能な風俗店エネマグラプレイ可能な風俗店エネマグラプレイ可能な風俗店エネマグラプレイ可能な風俗店
この連載も長く続けていますと、たまに言われます。
「そんなに気持ちイイことばっかりしてると、快感に慣れちゃわない?」
そういうときはニコニコしながら、こう答えます。
「いや〜、まったく慣れも飽きもこないですなぁ〜・気持ちイイこと大好き射精万歳!」
でも、実際のところ……新鮮さがないのは確かです。どんなにカワイイ子が出てきても、どんなコスプレさせても、どんなにフェラがうまくても、やってくるのは毎回同じ射精の快感。いや、気持ちいいんですけどね。ちょっと気になるサイトを発見しました・そこには、大きな文字で、こう書かれています。
君は、エネマグラを試したか?
エネマグラ。みなさんはご存知だろうか。今、ネット界でひそかなブームを呼んでいる快感グッズである。そもそもは、EDや前立腺肥大患者に向けた、アメリカ製の前立腺マッサージ用の医療器具だそうな。変わった形のバイブみたいなブツで、これをお尻に入れると、めちゃくちゃ気持ちがいいんだそうな。現在、簡単に前立腺マッサージができる器具として、ネットや大人のオモチャ屋などで購入可。もちろん風俗店でも導入している店も多い、らしい。サイトに掲載されたエネマグラの体験報告を読んでみると「射精以上の快感!」「最高級の前立腺プレイ!」と、魅力的な文字が躍っている。う〜む、そんな未知の世界の存在を知ってしまったら、もう後戻りはできまい。いったいどこまで気持ちがイイのか?退屈だった、ノーマル射精にさよならができるのか?店に行く前に、もうちょっと前立腺について調べてみた。
前立腺とは、精液の一部である《前立腺液》を作っている腺眺の近くにあるクルミ大の器官なんだとか。普通の射精の10倍。こりやあ、一刻も早く体験しなくては!
ネットでエネマグラプレイ可能な店を検索すると、千葉の船橋に『N」という店を発見。さっそく予約を入れる。
「もしもし、え、サイトを見てお電話しているんですが、エネマグラって…できるんですよね?.」
「っはい〜〜、もちろん、ございますよ〜」
テンションは高いが物腰が柔らかそうなお姉さんの声。
「あの、それって気持ちいいんですか?初めてなんですけど……」
「ご安心ください〜・今までとは別の世界を体験できますよぉ〜」
おおぉ!なんだかすごい自信だ。ここまで言い切るとは、相当な快感なんだろう。よっしゃ、今すぐ電車に乗っていきまっせ〜。
「お客様は今回、エネマグラということですが、今までアナルの経験はございますか?」
「え、何回かありますけど、前立腺の快感を感じたことは無いです・指なんかを入れられた程度ですね」「処女ではないけれど、まだ快感を知らない・・・理想的ですねえ」
ええ〜つと、なんだかちょっと照れるテンションだ。
「一応、お客様にお選びいただくコースは、全身触診に全身リップ。言葉責めなどから入って、前立腺プレイ。そのまま、エネマグラの使用へと入っていきます。コースは100分とありますが、お客様は初心者かつ、エネマグラですので……、ゆっくりと広げていったほうがいいと思います。ゆったりとした100分コースがおすすめですが」
少し迷ったが、射精を超えた快感を経験するのだ・初心者かつ、エネマグラなボクは、オネーサンの言うとおり、100分(2万6000円)を選択・お相手には、本上まなみをちょっとガッカリさせた感じのAさんを指名することにした。指定されたマンション近くのホテルへと移動し、待つ
「どもお〜。こんにちはぁ〜」
Aさんは、写真よりもガッカリな感じが増しています。でも、白衣の下のタイトミニがちょっとだけセクシー。
「うふふ、お兄さん、今日はエネマに挑戦するのねえ〜・がんばりましようねえ」
「今日は、女の.になった気持ちで楽しんでね。はい、横になって」
シャワーを浴びたボクは、女物のパンティ(何故?)に患者服を着せられ、タオルが敷かれたベッドに横になる・その隣でAさんが、バッグから、口ーションに、口ーター。指サックにコンドームと、SMっぽいグッズを取り出す。最後に今回主役のエネマグラがその姿を現した。白くて、プラスティックのような材質。Aさんの手にすっぽり入ってしまうほどの大きさだ。ネットの画像で見たように、一見、ちょっと変わったパイプのような形だ。ちうか、ちょっとグロいよ!この異形の物体が、ボクをニューワールドに連れてってくれるの?ホントなの?
覚悟を決めて体の力を抜くと、Aさんが耳元で「かわいい…」と、息を吹きかけながら、首元から乳首へ、伸びた爪でサワサワと触ってきた。くすぐったいような快感が体中に走る。そのまま、ほっぺたや顔、唇にアゴ、乳首と、舌でネロネロと祇めつつも歯を立てるようなリップ攻撃。同時にワキからお腹にかけて、爪でのサワサワ!すでに、ティンコはガッチガチだ。
「すつごい……こんなに大きくなっちゃってる…女の子なのにはしたないね〜・おマンコいたずらしちゃおうかな……」右手の中指とひとさし指に、指サックをハメたAさんがニッコリと微笑みながらパンティを脱がせる・いつの間に用意していたのか、暖かいお湯と混ぜた口ーションに指を浸し、おもむろに両足を広げられる。
「すつどい……毛だらけマンコ…ヒクヒクしてるね・・・」
うわ恥ずかしい見ないでえ〜。あまりの蓋恥に内股に力が入るが、それを優しく押さえつけられ、ゆっくりAさんの指が入ってくる。「……ああ…ん・・・」
思わず、かすれたような声が出て、腰の辺りの力が抜けた。そのまま左手で、亀頭の尿道部分をくり
ゆくりゅと円を描くようにもてあそばれる。うゃやぁああ〜、声にならない。たっぷりと時間をかけて、体中をいじられるうち、いつのまにかティンコ5分勃ちくらいに萎えている。なんか、アナルの快感は、ティンコに結びつかないのかしら?
「ふふふ、何度か経験あるだけに、力の抜き方がわかってるね。もう、指2本とも奥に入っちゃったよ」「ええぇい、いつの間に?」「さっきからよぉ〜・淫乱なんだね。こんなにくわえこんじやって…この様子だったら、エネマもはいっちゃうかな?」
そう言って、Aさんはゆっくりと指を抜いていく。ズズズ…ヌル…・まるでンコが出るような感覚だ。アナルから指が出て行き、いよいよ入ってくる、あの《物体》が!仰向けのまま、両足を広げ、腰を浮かせる・先ほどの指のように、温かくて太い物
体がアナルの中に入ってきた。痛みはそんなにないが、今までの人生で感じたことの無い違和感が下半身を襲う。両脇を閉め、体中が小刻みに震えてきちゃうよ!
「…ん、もうちょっと…そう、力抜いて………はい、全部入っちゃったよぉ!」
「はぁ・・・はひい…」
Aさんの言葉に答えようとするが、声にならない。まるで下半身不随になったんじゃないかってくらいに、安定感がない。ガクガク震えて、どうしようもない不安感が沸いてくる。
「あ、あの…、すごく…怖いっていうか」「そう、初めてはそうなるの。じゃあ足を閉じて、まっすぐに伸ばしてみて?」
その言葉に支えられながら、恐る恐る足を伸ばす。下半身に刺激はない。さっきよりも安定した感じだ。こ、こんな状態のまま3分間もガマンできないよ!心の中で反発しつつも逆らう力は微塵も無い。仕方ないので、そのままじっとしていると……、え?なんと興奮してるわけでもないのに、ティンコがムクムクと大きくなってくるじゃありませんか!な、なにコレ?イリュージョン?マリック?「EDの人だって勃つちやうんだよぉ・すつどい硬いねえ〜」
Aさんが再び大きくなったティンコを口にくわえる。ニュルニュルと唾液いっぱいの舌と、口ーションだらけの手コキ。「…ふつどい…ふつどい硬い…」そう、Aさんの握るティンコが、まるで10代のころのように硬いのだ!しかもそのたびに、エネマグラが体内で押してるであろう、前立腺がじゅくじゅくと火山のように、奥底でグッグッと何かがくすぶってる。目を閉じると、頭の中、遠くの方に光が!なにコレ、こ、このままイッちやうのおお
「だめ…まだ、だめ…」
ボクの快感を察知したのか、Aさんが突然フエラと手コキを止める。それと同時に、体中に電気が走ったような身震い!思わず両足が開く。
「ウフ…もっと、もっとだからね」
その後、2回ほど絶頂の光を感じながらも、寸前でイカせてくれないAさん。も、も〜〜、イ、イカせてえ〜・限界ですう〜〜!
「ウフフ、じゃあ今度はイカせてあげる。何回も我慢して、偉かったね」
そう言ってAさんは、ボクの横に座ると、高速手コキをはじめた。その動きに、アっという間に快感はトップまで上り詰める。

アナルオナニートコロテン射精アナニーを可能にした電動エネマグラ

1_20191119110040de9.jpg2_20191119110042791.jpg3_201911191100435d5.jpg4_20191119110045a20.jpg
1、後ろから入れてドロリ。トコロテン射精を可能にした電動エネマグラ
普通のオナニーの千倍すごいわ
アナルオナニー知っちゃったらノーマルオナには戻れたいね
そんなスゴイのか
これを知ってからはマジでノーマルには戻れなくなりました
オレっちの形状って、誰でもコツいらずで
ヤバイボイントを刺激できるんだわー
アナニーの中でも特に難しいとされるトコロテン射精が可能に
2、『エビオス』は、飲むと含有成分の亜鉛によって精液量が増え、射精時の快感がアップすることでお馴染みの錠剤である。愛用者は多いはずだ。かくいうオレもその一人なのだが、なにせ快感に貪欲な性分だから、今夜SEXって日は夕方あたりにコンビニで高価な栄養ドリンクを買う。『リポビタンDロイヤル』や『リゲインゴールド』などを。
そんなモンにどれだけの効果があるんだと思われるかもしれない。まぁそのとおりで、あれこれ飲んでみたオレの感想は、だいたいどれもジュースと変わらない。が、ただ一つ『凄十』はよく効く。飲んでしばらくすると体が熱くなり、明確に自覚するほど力がみなぎる。いざセックスでは、普段よりも疲れにくいため、存分にプレイに没頭できる印象だ。だから、自ずとフィニッシュでは発射の勢いが増す。そこにくわえてエビオス仕込みの精子量だ。そりゃあもう気持ちいいといったらない。エビオス&凄十、完璧のコンボです。
3、精液ドクドクのためには亜鉛と一緒にこいつを飲め
恥ずかしくて、女に要望を伝えられないことってありませんか?

平凡な主婦とアナルファック・エネマグラとアナルプラグのドライオーガズムの快感

0060_20190123121323808_20191106071447913.jpg0061_20190123121324441_20191106071449e64.jpg0062_201901231213269ab_20191106071450e0e.jpg0063_201901231215237e9_20191106071452e81_20200202155957219.jpg0064_20190123121329032_201911060714531a7.jpg0065_20190123121330aa8_20191106071455a04.jpg0075_2019070712451439c_201911060714561c4.jpg
シコシコすることなく、イク感覚を味わえる「ドライオーガズム」を試してみたくて色んなM性感の店に足を運んだ。だが、アナルに器具(エネマグラとかアナルプラグとか)を入れてグリグリと動かすことで多少は気持ちよさを感じるものの、射精なしでの絶頂を体感するまでにはいたらなかった。この店は低周波エネマグラを初めてオプションに用いた老舗と聞いて足を運んだ。低周波ってのは電気なわけなのだが...。
結論から言えば、これまでに感じたことのない感覚にとろける体験となった。相手をしてくれたのは30代の女の子で、「痛かったら言ってね。でも私の前だけでは気持ちよさを解放していいんだよ」と優しい言葉をかけながら、慣れた様子でアナルを操みほぐしてくれ、実に自然にエネマグラがアナルに挿入された。そしていよいよ低周波が流されたのだが、体の中からシュワシュワするようなイメージで、ジンワリと気持ちよいところが温まってくる。その快感を逃すまいと、自然に両足を開いて、自分の気持ちよいところにエネマが当たるように動いてしまう。気づけばヨダレがだらだらと出ていて、恥ずかしいのなんのって。女性がイク感覚と似ているのか、ある瞬間からイッキに「アフ、アフ」と声が出るようになってしまった。ガマン汁は出てたものの、精子は出ていない。これがドライオーガズムなのかと感動した。なんだか中毒性のあるプレイだ。

オルガスター・エネマグラを使ったアナルオナ二—|アダルトグッズ口コミレビュー

0208_20190828054613af5.jpg0209_20190828054615e94.jpg0210_20190828054616068.jpg0211_20190828054618348.jpg0212_20190828054619f28.jpg0213_20190828054621250.jpg
この独特の形状は、女性モニター数十人へのアンケ—卜をもとに設計されたそうだ。人によっては全体に施されているイボイボが痛いかもしれない。その場合は前モデルのイボイボ無しオルガスタ—を勧める。
しようもないアイデアに思えるが、革命的に優れた商品である。ロ—夕—を指で持つ必要がないだけで、いかにセックスが自由になることか!想像でもわかると思う。どんな体勢だろうと、触っていようと、常に指がブルブルしているのだ。努力もせずテクニシヤンになれます。
エネマグラを使ったアナルオナ二—では、射精のない興奮◊ ドライオーガズ厶に至ることが目的となる。前立腺の位置さえうまくつかめばなんとかなるので、何度も何度もトライすべし。この商品でムリならあきらめたほうがいいかも。

アナル処女でも難なく入る初心者向けエネマグラでドライオーガズム体験

1_20191120131537b44.jpg2_20191120131538df6.jpg3_20191120131539ced.jpg0980.jpg0990.jpg01000_2019121709392922c_20200117105538e7a.jpg01010.jpg
前立腺を刺激し射精ナシで絶頂に至るドライオーガズム
その究極の快感を誘発する専用器具がエネマグラだそんな方々に
オススメなのが初心者向けのエネマグラEX2だ
従来のものより表面がツルツルしていてサイズも小さいためそのぶんヘッドが動きやすく
ドライスポットが容易に探すことができる
クリを舐めるんならわしらのケツの穴だってペロペロできるはずだ
出る出る、まだ出る!リングひとつで倍以上のドクドク
ドライオーガズムでやりっぱなし体育会系女子大生の耐久セックスマラソン
のんびり生きてる我々には縁遠い話ですが、夏休みは体育会系大学生が合宿をするシーズンです。普段は閑散とした場所をムチムチ部員が闊歩する様はタマらんものがありまっせ。カフェなんかに行くと、自分のツレはしょぼいのに、隣の席にはエロくさい女が座ってることって多くないですかね。
隣の芝生は青いというか、隣のパンツは白いというか。ま、見えてるならそれで十分なんですけど。
ケツを突き出すことの多い仕事ナンバーワンといえばバスガイドです。だからパンティラインがくっきり見えてしまいます。旅行の際は彼女らの背後をマークしましょう。
飽くことを知らぬ人間の性欲は、さらに一段上の快楽を求めて、今まで様々な形態のセックスを生み出してきた。野外プレイや乱交、SMにアナルファック。これにフェティッシュな悦びまで含めれば、その数は天文学的なものになろう。が、そんな状況の中「我がセックスこそ最高」と断言してはばからぬ人物がいる。あるツテから紹介された、その男、古川義利氏(仮名29才)は、某大学病院に籍を置くかたわら、月2回のペースで男女数人を集め、なんと48時間もぶっ通しでセックスし続けるサークルを主催しているという。その名もずばりセックスマラソンだ。ヤリ続けるからセックスマラソン)なんとも人を食ったサークル名だが氏はあくまでマジメな表情でいい張る。
「一度コイツの気持ちよさを味わつたら、普通の方法がバカらしくなって、風俗にも行かなくなる。ドラッグだって目じゃない」
大の男をそこまで惑わせるほとの快楽とは…。さっそく我か身を使い、実態を調査することにした。
9月某日、神奈川県某所。細面にメガネのガリ勉タイプの男、古川氏に招かれた自宅は、意外にもごく平凡な作りの1LDKだった。調度品にも、これといった特徴はない。
「みんな驚くんですよ。でも、セックスマラソンに環境は関係ありませんから」
使われる場所は、自宅やレンタルルームなど様々で、2日間ジャマさえ入らなければどこでもOK。間接照明やドラッグなどの特殊な設定は用いず、近くのコンビニでペットボトルの水さえ買い込めば準備は万端らしい。
夜の9時ごろ、氏の案内で中央に大きなベッドだけが置かれた簡素な寝室へ入った。中では雑談に興じる男女が5人。平均年齢は35才程度か、至ってマジメそうな中年の集団だ。
「初参加の安藤さんです。サボートは佐田さんにお願いします」古川氏の紹介に、ミディアムヘアで小太りの中年女性が立ち上がった。市原悦子似のオバチャンである
「じゃ、始めましようー」氏のかけ声を合図に、いきなり皆が全裸になった。そして、思いの姿勢でベッドへ。
「はい。安藤さんは、こっちで四つん這いになって」悦子似が、床に敷かれたバスタオルを笑顔で指している。な、何をさせられるんだ
「初参加の人には、最初に必ず前立腺マッサージを味わってもらうことになってるの」「ヘ」
戸惑う私をよそに、悦子似は間答無用でアナルに大量のゼリーを塗り付け、周囲の筋肉を丹念に操みほぐし始めた。前立腺マッサージって、風俗の定番オプションだろ。今までの経験から言えば、あんなもん大して気持ち良く「あふっー」
思わず声が漏れた。抜けた中指が、的確に急所を摘み上げている。コリコリコリコリう、上手い
数秒後、触られてもいないチンコが自然に起き上がり、タマ袋の奥が妙にむず摩くなった。したくなってきたぞ。ヤバい、漏れる。「あ、もう少しみたいね」何を合点したのか悦子似。ここで、中指が擦るような刺激へ変わった硬さを増した陰茎がヘソに届かんばかりに反り返る。(ああ、ヌキてーー)心の底から叫ぶも、彼女が触れるのはあくまで前立腺のみ
くう、生き地獄じや
ほどなく、私のアナルは生き物のごとくピクビクと動き始め、膝まで盛大に震え出したと思うと、金玉の付け根から全身に向けて、小さな爆発か起きたのだった。い、イク
「どうよかったでしょ」しばしの放心状態からさめると、上から悦子似が微笑みかけてきた。いまだ絶頂感に包まれ、声も出せない。「前立腺を正確に押さえれば、誰でもこの程度の快楽は味わえるのよ。ほとんとの風俗店は、アナル周辺の神経をなぶるだけだから、ダメなワケ」うーむ、そんなもんか。でも、これがセックスマラソンと、どんな関係があるんだ
「自分の股間を見てみなさい」目線を下へ向けて驚いた。精液が出とらんやないかーしかも、サオは一向に萎える様子が無く、すぐさま2回戦にでも移れそうな勢い。これは……
「医学用語でドライオーガズムと呼ばれる現象です」背後から古川氏の声。
「ドライオーガズム」
「つまり、射精抜きのオーガズムです」「はあ…」氏によれば、そもそも人間の脳味噌とは、気持ちよさを感じる部位とチンコを取り扱う部位が異なっており、射精とオーガズムは切り離せるものらしい。というか、分けてしまったほうが、純粋な快楽が味わえるとい」つふむ簡単に言うなら、チンコを置いて、絶頂感だけがー人歩きした状態ってところか。よくわかりんが、自ら経験した以上、信じざるを得まい
「アレを見てください」古川氏が、室内中央のベッドで絡み合う、メンバー4人の痴態を指差す明確なパートナーを定めるでもなく思うままに腰を使う様は普通の乱交プレイと変わらないようだが…。いゃ約15分ごとに大きな端ぎ声を挙げ、全身を小刻みに震わせてるぞ。これがもしや…
「そう。ドライオーガズムを使って、セックスしてるんですよ」
なんたること、彼らは全員が射精を思いのままに止めるテクニックとやらを身に付けているらしい。そんな一云当が可能ならば、体力の続く限り無制限でセックスが可能だ。にしても、超人かコイツら「いえいえ。ちょっとした練習を積めば誰にでもできますよ」「どうやって」
「それは、前立腺マッサージの感覚を、身体に叩き込んでから伝授しますよ。佐田さん」
古川氏に呼ばれ、ベッドでよがっていた悦子似が、再び私の方へ歩み寄ってくる。「はい。四つんばいになってね」かくして、ー日目の夜は更けていった。
その後、悦子似以外のメンバーにまで、入れ替わり前立腺をいじられま<ること5時間突然、身体の感覚に異変が起きた。まずは、全身か温水プールに浸かっているような浮遊感。続いて耳の奥で「キーン」という怪音が鳴り響き、空気の動きが肌で感じ取れる。絶え間なく訪れる快楽の波。トリップ状態に入ったらしい
「そろそろ、いいんじゃない?」
古川氏の言葉で、ようやくアナル責めが終了
尻を抜ける空気が、屈のような音を立てる。
「お待ちどうさま。じゃあ、チンコの刺激に移りましょう亡仰向けになってください」
次なる攻撃は、手にバウダーをまぶした悦子似による、乳首のなでまわし作戦だった。またしても情けない声を立てる私。執勘な前立腺の開発により、どうやら全身の皮膚が亀頭並みの性感を持ったようだ。彼女の手がギンギンのチンコへ達すると、金玉の付け根で炭酸が弾けるような音が発生、小刻みな快感が続けざまに襲ってきた。頭がまっ白になって何も考えられないが、なぜか悦子似の乳房を手の平ですくい上けている。
「アへへへへへへへへへ」
彼女の口から、マシンガンよろしく端ぎの連打が発せられた。身体感覚の異変は、室内の人間全員に起きていたようだ。
「アッ、出る、出る」
ふいに尿道の奥からせり上がる精液のビッグウェーブ・ああっ、もうダメーと、思った瞬間、悦子似の右手がタマ袋を包み、亀頭の方向へ思いきり引っ張った。アタタタター彼女が私の尿道を激しく叩き、さらには真上にある筋肉を圧迫してくるもはや、射精管の交通まで絶たれたようだ。後で聞いた話では、実はこれら一連の行為、すべて精液を意識的にコントロールするための練習なんだとか
精液を出す筋肉を引き締め尿道をムリヤリ閉じる、タマ袋の付け根を刺激するのもテクニックの1つだ。悶えまくる悦子似。マッサージの快楽は、この太い指から生まれる。マラソンにおいて最も重要なテクニックらしい。とはいえ、このときの私には、単なる焦らしプレィでしかない頼むからイカせてくれよー
それから3時間。ついに決定的な瞬間が訪れた。気がつけば、ベッド上のメンバーたちも腰を振りながら悦惚の表情を浮かべている。無理もない。ここに至るまで、1時間も休んでいない上、相手や体位を変えつつも性器だけは常に繋げっばなしだったのだ。さらに17時間が過ぎ、古川氏が立ち上がった。「ラストスパートです」
全員の動きが一段と激しさを増すもはや、室内には肌色の塊しか見えず、誰と絡み合ってるのかも定かではない。そして、私は、もはや言語の体をなさない叫び声を挙げ、チンコから噴水のごとき精液を放出した。
セックスマラソン
それは、人体の神秘をいかんなく発揮させるべく編み出された、究極の性戯だった。ドラッグも使わず、ここまでぶっ飛べるセックスは他にない。これを読みサークルへの参加を望む方も多そうだが、現在、残念ながら新規加入は受け付けていない。「前立腺オナニーと射精のコントロールは独学でも学べる技。ぜひがんばって欲しいと、古川氏のコメントである。
Copyright © エロ漫画無料アダルト裏モノJAPAN All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます