エッチ体験談のタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます



超大人気・美谷朱里・枢木あおいちゃんも
プレステージMGS動画もマジックミラー号も!
U-NEXTユーネクストR18
本ページの情報は2021年2月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

DMMのアダルトAV見放題はこちら
ただ今30日間無料お試し中!
DMM見放題chライト(R18)

タグ:エッチ体験談

【エロ漫画】マダム・セレブ妻に目隠し緊縛して公開陵辱拘束調教!初のぷちSMプレイに大興奮

エロ漫画マダム寝取りセックスエロ漫画マダム寝取りセックスエロ漫画マダム寝取りセックスエロ漫画マダム寝取りセックスエロ漫画マダム寝取りセックスエロ漫画マダム寝取りセックスエロ漫画マダム寝取りセックスエロ漫画マダム寝取りセックスエロ漫画マダム寝取りセックスエロ漫画マダム寝取りセックスエロ漫画マダム寝取りセックスエロ漫画マダム寝取りセックスエロ漫画マダム寝取りセックスエロ漫画マダム寝取りセックスエロ漫画マダム寝取りセックスエロ漫画マダム寝取りセックスエロ漫画マダム寝取りセックス
世の中、相変わらず不景気だ。当然エッチの世界にもその影響はある。
安く遊べる風俗が増えたり、素人の女もバブルのころのようにイタメシだの高級ホテルだの言わなくなったのもそれがためだろう。これは確かにいいことなんだが、なんか貧乏くさくないか。たまに
はもっとリッチでハイソなエッチを楽しみたいじゃないか。ただ、リッチなエッチといっても、お金をガンガンかけてヤルというのはちょっと違う。
俺が求めるのは、ハイソなHの対象だ。お金持ちの貴婦人はどんな生活をし、どんなエッチをするのだろう。そこには男としての興味、願望が強く渦巻いている。
関西でリッチな場所といえば、兵庫県の芦屋である。特に芦屋市六麓荘(ろくろくそう)は関西の大金持ちの大邸宅が軒を連ねる、田園調布も真っ青な街だ。今回、貴婦人とのエッチを目標に上げた以上、どうしても芦屋のご婦人、できれば六麓荘の貴婦人を何とかしたいものだ。
まずは現地調査と、俺は車で芦屋に出かけることにした。仕事で駅周辺に行くことはよくあるが、山手の高級住宅街に足を運ぶのは10年ぶりだ。六麓荘は高級住宅街の中で最も高台に位置している。右を向いても左を見ても大邸宅ばかり。ハンパな家は1軒もない。門から家の中にまだ道が続いているようなお屋敷も何軒かある。どうすりゃこんな屋敷に住めるんだ。
エロ漫画マダム寝取りセックス
それにしても、人気がない。たまにタクシーでご婦人風が帰ってくるぐらいだ。道端で声をかけるのはまず不可能だろう。かといって営業をよそおいお宅を訪間するのも危険すぎる。マンションを訪問するのと違い、へたすりゃ通報されかねない。じゃあどこなら六麓荘の貴婦人と接触できるのか。暇で金持ちのマダムは昼間に何をやってるのか。俺の貧困な発想ではテニス、スポーツクラブくらいしか出てこない。そこで、とりあえず芦屋市の詳細な地図を購入し、テニスコート、スポーツクラブの場所をチェック。さっそく、現地に出かけてみた。が、どこにも全然貴婦人なんかいやしない。大概が50才以上のバアサン、いたとしても貴婦人どころか普通のオバチャンだ。小酒落た喫茶店に入ってみても、状況は変わらない。車で走っていると、たまにジャガー、ベンツといった高級車に乗った30代位の女性とすれ違いはする。でも、ただそれだけの話だ。いったい彼女たちはいったいどこに行くのか。どこに行けば貴婦人と接触できるんだ。俺はきっかけの糸口さえ掴めないまま、すごすご帰宅するしかなかった。
インターネットはどうだろう。貴婦人がインターネットをしているとは考えにくいが、とりあえず情報収集を兼ね、地域やキーワードで検索できる「G」という出会い系サイトにアクセスしてみた。芦屋市在住の女性は70名ほどいた。全員のプロフィール(年齢や本人が登録したキーワード、コメント等)から、20ー30代で、リッチっぽいキーワード(海外旅行、留学、乗馬、バレエ等)を登録している約30名をピックアップ、一斉に同じ内容のメールを送る。
「フリーのライターをしてる河内です。仕事柄、面白いお話がいろいろできると思いますよ。よかったらお返事ください」ライターと言ったのは、取材という名目で展開がしやすいと思ったからだ。しかし、こんなメールで本当に反応はあるんだろうか。正直あまり期待していなかったところ、なんと2、3日のうちに、6件のメールが返ってきた。残念ながら全員独身のようだが、貴婦人でなくとも令嬢(たぶん)ではある。アプローチしない手はない。俺は6人に改めて次のようなメールを出した。「今度、芦屋VS田園調布のマダム対決の記事を企画してます。お金持ちのマダムがよく行く場所等芦屋に取材にも行くんでよかったら会いません?案内してくれたらうれしいな。携帯は090…」
結果、会おうといってきたコはいなかったものの、数人とは情報をもらったり、メールのやりとりをするようになった。しかし貴婦人とヤルという目的達成のためにはこんな悠長なことをやってるワケにはいかない。やはり直接的な行動に移させねば。
前回芦屋に行った際に見かけた、タクシーで六麓荘に帰ってきたご婦人たちはどこからタクシーに乗ったのか。おそらくほとんどは芦屋の駅だろう。じゃあタクシーに乗る前に駅で声をかければいいじゃないか、そう考えた俺は、阪価響P屋川駅に向かった。まずは改札からでてくる女性をチェック。さすが芦屋、上品な奥様っぽい女性の比率はかなり高い。当然、六麓荘に住んでる人かどうかはわからないが、この際だ。金持ちそうで上品な女性にどんどん声をかけてみよう。
「すいません、ルポライターの河内といいます。今回、芦屋と田園調布を比較する記事と企画してまして、取材にご協力いただけませんか」「……」
やはり簡単にはひっかからない。3、4人に1人は話を聞いてくれるものの
「ごめんなさい、時間がないもので」と断わられる。ただ、皆さん断わり方も上品なのであまりメゲない。さすが夫人だ。それにしても、駅前でガンガン声をかけている俺の姿はかなり浮いていることだろう。なんせ、ティッシュを配ったり、ナンパしたりしてるヤツなど1人もいないのである。場所をJR芦屋駅に変え、改めてチャレンジ。芦屋駅は阪急の駅より大きく人も多い。状況的にはかなり声がかけやすい。30分ほどして取材に協力してもいいという女性がつかまった。1時間程度なら構わないという。30過ぎの奥さんで実に愛想がいい。ルックスもまあまあだ。貴婦人という感じじゃないのが気にかかるが、やっとひっかかっただけに逃すわけにはいかない。何かのとっかかりにでもなれば十分だろう。
「取材されるのなんて初めてだからドキドキする」2人して入った喫茶店で淑子さんが言った。何だかうれしそっだ。聞けば2人の子持ちで、駅近くのマンションに住んでるらしい。
やはり山手の貴婦人ではなかったようだ。旦那の車はベンツで、毎年、家族で海外旅行しているという。俺なんかより、数段リッチな生活である。30分ほど話した後、俺の車で何力所か案内してもらうことに。彼女は車中でも終始ご機嫌で、よくしゃべった。よし、ここは話題を少しエッチな方向へ持っていこう。
「最近の主婦のなかにはテレクラにはまったり、援助交際したりしてる人もいるみたいですけど、さすがに淑子さんのまわりには、そんな人いないでしょ」
「聞いたことはないけど、内心、みんな興味あると思いますよ」
「でも、淑子さんは浮気なんかしたことないでしょ」
「一度もないんですよ。そんな機会もないですし。結婚してからは主人しか知りません。学生のころはわりと派手だったんですけど」何だか脇が甘いというか、すぐにィケでっな感じがしてきた。こうなりゃ実行あるのみか。俺は車を六麓荘のまだ上の山道沿いの空き地に止め、話の途中で少し太めな淑子さんとは回転ベッドのある古いラブホテルでふいに彼女の手を握った。淑子さんも期待していたのかもしれない。抵抗せず握り返してくる。自然な感じでキスをしてセーターのうえから胸を操む。横を他の車が通っていくが気にしない。しばらく愛撫を続けた後、ホテルに誘ってみた。まだ真っ昼間で、しかも車の中。さすがにこれ以上はムリだ。
「ごめんなさい。もっ帰らないと。今日は本当に時間がないんで」
「そうですか」ウソじゃなさそうだ。俺は仕方ないので彼女を駅の辺りまで送り届け、携帯番号を伝え別れた。
5日後、淑子さんから俺の携帯に電話があった。エロ漫画マダム寝取りセックス
「今日、ショッピングで梅田まで行く予定なんですが、時問があればお茶でもどうです?」
3時以降ならなんとか時間がつくれる。せっかく向こうから誘ってくれてるのだ。会わないともったいない。待ち合わせの場所に時間どおりに姿を現わした淑子さんは、芦屋で声をかけたとき以上に貴婦人のイメージから遠くなっていた。百貨店の紙袋を持ってる姿はせいぜい「買物帰りのちょっと金持ちの奥さん」というところか。梅田で会ってるからよけいそう思うのか。ちょっとテンションは下がったものの喫茶店で世間話。時間がないのでストレートに
「じゃあ、この間の続き、やりましょうか」
淑子さんはだまって微笑んでいる。OKということだろう。近くのラブホテルに向かう途中、淑子さんが俺の手を握ってきた。
「私、実はこういうホテルに入ったことないんです。ドキドキしますね」
「学生のころ、結構派手に遊んでたんじゃなかったんですか」
「それは留学元でのことです」「さすがですねえ」
ラブホテルの経験がないのなら、いっそコテコテのラブホに連れていこ、っ。俺はちょっと古めのホテルに入り、パネルで懐かしの回転ベッドの部屋を選んだ。エレべータの中で抱きしめてキス。腕に力を入れると淑子さんはガクガクと足の力が抜けるような感じになった。かなり興奮している様子だ。部屋に入って服を着たまま少しいちゃついたあとシャワーを浴びる。一緒に入ろうと誘ったが、恥ずかしいから絶対にイヤという。回る丸いベッドの上で彼女のバスタオルを剥ぎ取ると、旦那以外の男に十数年見せていないという裸体が現れた。正直、あまり魅力的なスタイルではない。お腹や腰の辺りに少々肉がついており、ちょっとずんどうな感じだ。肌は白く、すべすべしている。
淑子さんのアソコは何もしないうちから濡れており、シックスナインの姿勢で手と口で前戯をはじめると液が洪水のようにあふれ出てきた。我慢できないとでも言いたげに、自ら俺にまたがってくる彼女。さっきまであんなに恥ずかしがってたのは何だったんだというくらいに腰を振りまくる。その後はバック、横背位と体位を変え、最後は正常位で一緒にフィニッシユした。彼女もさぞ満足したことに違いない。と思っていたのは俺だけだった。イッて1分もしない、つちに、淑子さんは俺のムスコを触りフェラし始めたのだ。
「またしたいの?」
「だって、他の男の人、本当ーに久しぶりなんだもん」
どうやら俺は十数年眠っていた彼女の欲望を起こしてしまったよ、つだ。しかし、とてもすぐに2回戦ができる状態じゃない。というか、彼女が相手なら1回で十分だ。淑子さんは残念そうだったが、俺は1人でさっさとシャワーを浴び、ホテルを出た。
その1週間ほど後、インターネツトでメールをやりとりしていた中で、ユウという名の23才の女性が会ってもいいと自分の携帯を知らせてきた。掲示板のキーワードにはバレエや留学など令嬢を匂わせる単語が並んでいる。これはいくしかあるまい。さっそく、彼女の携帯に電話し、翌週、JR芦屋駅で待ち合わせることにした。
当日、彼女はGパンにカーディガンというラフな服装で俺の前に現れた。化粧っ気はなく、はっきりいって地味。が、顔はなかなかかわいく、背もすらつと高い。少し松たか子に似た雰囲気だ。喫茶店で聞いた話によると、彼女は地元の短大を卒業したあと親のコネで商社に就職したものの、どうしても好きな演劇をやりたくて退職。今はアルバイトをちょこちょことやりながら劇団員をしているらしい。「彼氏?いませんよ。好きな人はいるんだけど」
ちょっと頭でっかちな印象寿受けるが、素直で好感が持てる。なにより全然すれていないのがいい。もしかしたら、処女じゃないだろうか。ただ、このタイプは普通に口説いても簡単に落ちない。俺のことを異性として意識していないようだし、口説いたところでヒイてしまうのがオチだ。そこで俺は考えた。俺が以前に編み出したナンパ法を試すのはどうだろう。エロ本朗読やカップル喫茶取材アシスタントのバイトを装い、エッチな気分にさせヤッてしま、つという作戦だ。すれてないユウにとっては、かなり刺激的なはずである。

エアーフェラ・疑似フェラはしてくれてもセックスはおあずけされた女性たち・もう一押しでやれるのか

0024_20180908121055c45_2019100509535983a.jpg0025_201809081210569c8_2019100509540110c.jpg0026_20180908121057d25_20191005095402309.jpg0027_201809081210597d7_2019100509540467a.jpg0028_20180908121101fe7_20191005095405f89.jpg0029_20180908121102a2f_2019100509540737f.jpg0030_2018090812110443f_20191005095408850.jpg0031_20180908121105565_20191005095410f9f.jpg0032_20180908121106c38_201910050954111d3.jpg0033_201809081211083f0_20191005095413e70.jpg
深夜のファミレスでダラダラ居座っている一人女を狙ったナンパ企画だった。
声をかけると、彼女は酔っ払ってるのか、フナッシーのモノマネをしてハシヤぎ、
「帰れないなら、ウチに泊まってもいいよ一」
なんてことをあっさり言った。ところが、いざ自宅に移動すると、頑なにセックスを拒み、奇っ怪な行動に。口元に手を当てフェラのマネ事をしながら「じゃあ、エアーフェラしてあげるから」
仕方なく、こちらは彼女の顔の前でチンコをシゴいて終了した。

【エロ漫画】家政婦メイドのエッチ体験談・銀座のクラブママに変態息子の自画撮りセックスご奉仕も命令される

家政婦メイドご奉仕セックスエッチ漫画家政婦メイドご奉仕セックスエッチ漫画家政婦メイドご奉仕セックスエッチ漫画家政婦メイドご奉仕セックスエッチ漫画家政婦メイドご奉仕セックスエッチ漫画家政婦メイドご奉仕セックスエッチ漫画家政婦メイドご奉仕セックスエッチ漫画家政婦メイドご奉仕セックスエッチ漫画家政婦メイドご奉仕セックスエッチ漫画家政婦メイドご奉仕セックスエッチ漫画家政婦メイドご奉仕セックスエッチ漫画家政婦メイドご奉仕セックスエッチ漫画家政婦メイドご奉仕セックスエッチ漫画家政婦メイドご奉仕セックスエッチ漫画家政婦メイドご奉仕セックスエッチ漫画家政婦メイドご奉仕セックスエッチ漫画
知的顔の美人にペニスとアナルを舐めさせる快感
まずは先にOL様のアナル舐めクンニご奉仕から0116_20181221093715220_201910181712473a3.jpg0117_20181221093716561_20191018171250a81.jpg1_20200130193019782.jpg
0116_201812181441089b0_2019101817124633f.jpg0118_20181218144111964_20191018171253b3c_20200130193213f76.jpg0119_20181218144112097_20191018171256c9e_20200130193215d78.jpg0120_201812181441148d5_201910181712586ac_20200130193216636.jpg0121_201812181441152d9_20191018171300c07_202001301932182a0.jpg
『世田谷区在住、新宿区勤務の28歳、一般的な日常を過ごしている会社員です。普段は穏やか、ソフト、クールな印象だと言われております。外見は167センチ、細身で少なからず不快な印象は与えないと思います。平伏させて足を舐めさせたり、こちらの快楽のためだけにひたすらクンニさせることを好んでおります。ご都合がよろしければ使わせて頂きたいです』
先月、このようなメールが届きました。「使わせて」と表現してくださった点から、ただの〝道具〞としかみていないことが伺えます。もちろんそれはマゾサイドからすると大変喜ばしいことです。
翌週、ご奉仕をさせていただく日を迎えました。平日でしたのでOL様はお勤め先から直接お越しくださるとのことです。待ち合わせ時間きっかりにスーツ姿でご登場されたOL様は、まさに都会で働くスタイリッシュな女性。白いお肌と整ったお顔だちの、美しくも格好の良いキャリアウーマンでいらっしゃいます。OL様はお会いしての会話でも、僕に対して丁寧な敬語を使って接してくださいます。ところがクンニルームこと僕の部屋に入るや否や、口調が一変しました。
「舐めたいの?じゃあ土下座してお願いしなさい」
急な豹変ではございましたが、僕だって昨日今日のM男ではありません。すぐさま「宜しくお願いいたします」とOL様のお足元に土下座で対応しました。どうやらOL様はかなりSな御方のようで、頭をグリグリと踏みつけた後、僕を仰向けにして、さらに顔面に体重を乗せて踏みつけてこられます。「ああ、爽快」とのご感想を述べるOL様の一日汚れた素足を、僕は正座して舐めました。
「足の指をピストンで舐めて」「すごく似合ってる」「かかとも吸って」
ご指示のとおりにおみ足を舐めている間、OL様はもう片方の足を僕の頭に置いてくつろがれます。
そういえばここにやってくる道中のコンビニで、OL様はペットボトルのお茶を3本ご購入されていました。やたらゴクゴクと飲まれていたのですが、次のご指示のためだったようです。
「全部飲んでもらうから」 
僕はクチに発射されたお小水を飲み干しました。
「わたしのオナニー道具なんだからね」
「わたしのこと気持ち良くすることだけ考えて」
クンニご奉仕中もご指示に頷きながらただただもくもくと舌を動かします。
「きれいにして…こっちも」
「なんかクンニするためだけの別の生物みたい」
「OL様のアナルを舐めれて幸せですって言って」
「ほんとウォシュレットだね。もっと奥まで舌入れて動かして」
舌を休めることがあろうものなら
「やめない!」とお叱りが飛んできます。さらに「すみません」と謝ろうものなら「すみませんってなんだ。口のききかたに気をつけろ」と言って、おもいっきりバッシーン!と足ビンタをされるのです。「もう人間とは思えない。このオナニー道具をアマゾンで販売したら絶対需要あるよ(笑)」 
との誉め言葉をいただきながら、僕はOL様の性欲処理に貢献させていただいたのでした。
次は美人にペニスとアナルを舐めさせる
「いいお部屋があるの」女に連れられ「アランド」へ。大きな鏡のある部屋だ。カメラをセットした後、キス。女の口は閉じたままだ。「もっと深く」「初めてなの?」
女が恐る恐る舌を出してくる。ぬるい唾液が現実的でいい。ミラーセックスの好きな女。なんでもするに違いない。さてと、まずは人前オナニーだ。例のごとくウエットテイシュでペニスを拭いて女の顔を見る。
「やっば、これのほうがよくない」
女がペニスに口をつけてきた。
「今度はなにすればいい」「脱がせて」「手のかかる人」
苦笑しながら俺を全裸にする女。実際にはいないが、姉にしてもらっているようで、恥ずかし気持ちいい。
「なめて」
ベッドに寝てリクエストしたら、女は素直に乳首に舌をつけた。少しずつ露出させながら写真を撮ってゆく。
10年ほど前に実際に経験した時の興奮がよみがえる。陰唇付近は剃ってあって若々しい性器だ。ミラーに向かって尻を開かせる。
「徳子のオマンコだよ」「ああ、オマンコ、よく見える。後で可愛がってね」
ほどよく使われた痔のない肛門。悪くない。「入れてちょうだい」甘い声に誘われ、後背位で交わる。毛がないのでペニスと繋がった腔ロがはっきりわかる。
「あっ、やってる。すごいすごい」
風呂から戻ると、女はイビキをかいて寝ていた。尻をたたいて起こす。
「したい」「もちろん」
シックスナインの形にして陰唇を開け、舌をつけてからクリトリスをべ口べ口となめる。
「もっとなめて。ホテル代は出すから」
よし、6千円分サービスするか。尻の割れ目に顔を押しつけ、クリとアナルを交互になめる。焼きトンの《コブク口》の味がした。「俺の尻の穴も」「こんな感じでいい」鏡を見ると、女が一生懸命に俺の尻をなめていた。ふつう、アナルなめをする女は長くてもー分ほどだが、すでに2分以上もしゃぶりついたままだ。内蔵感覚とでもいうべきか、腕に頭を置き、精神を集中するとアナルだけでなく下腹にまで快感が襲ってくる。女がやっと口を離して「入れて」と大きく陰唇を開いた。透明感のある液体が少し光っている。正常位で交わり鏡に向かってシャッターを切った。
「どんな顔すればいいの」
「もう終わったよ」
カメラを置き、腔の奥に向かってペニスを押し入れた。
「フーッ、カメラを気にしなくてもいいのね」
女は目をつむったまま、性交運動に身をまかせている。2回目ながら快感の登りは早く、5分ほどで射精。同時に「お疲れさま」といってお互いに笑った。

えろばな・寝取り寝取られ系の掲示板でNTRに興奮する男の妻や彼女を抱かせてもらったエッチ体験談

寝取り寝取られ系の掲示板でNTRさせてもらった体験談寝取り寝取られ系の掲示板でNTRさせてもらった体験談寝取り寝取られ系の掲示板でNTRさせてもらった体験談寝取り寝取られ系の掲示板でNTRさせてもらった体験談寝取り寝取られ系の掲示板でNTRさせてもらった体験談寝取り寝取られ系の掲示板でNTRさせてもらった体験談寝取り寝取られ系の掲示板でNTRさせてもらった体験談寝取り寝取られ系の掲示板でNTRさせてもらった体験談寝取り寝取られ系の掲示板でNTRさせてもらった体験談寝取り寝取られ系の掲示板でNTRさせてもらった体験談
他人の妻や彼女を抱くことを「寝取る」と言う。男なら女を寝取る興奮は想像できるだろう。
一方、世の中には自分の妻や恋人を、わざと他人に抱かせる「寝取られ」に興奮する男たちもいる。
寝取られることで生まれる嫉妬心が、興奮材料に置き換わるのだという。
最近では一つのフェチジャンルとしても定着し、NTR︵寝取られ︶と略称されるまるでに市民権
を得ているほどだ。
ふーん、それじゃお望みどおり寝取ってあげようかしら。
イヤらしいマッサージで感じてしまう、という流れ
現在、寝取り寝取られ系の掲示板で一番盛り上がっているのが「寝取られジャパン」なるサイトだ。
覗いてみると、ゴールデンウィーク直前という絶好のタイミングだからか、掲示板は大いに盛り上がっていた。 
20〜30代の若い夫婦も投稿しているが、どの書き込みも年齢制限を設けていて、俺のようなオッサ
ン︵44才︶は相手にしていない。やはり狙いは40代以上の夫婦だ。
最初に目に留まったのがこちらの書き込みだ。
トシ 男50才 女46才 夫婦
[募集年齢]30代~40代
妻は158センチ70キロ。ルックスはやや地味系のぽちゃですが、肌はモチモチで綺麗な方だと思います。妻には内緒で寝取られたいと考えています。当方が同伴し、静観のもと、オイルマッサージから入り徐々に性感マッサージに移行する様な感じで希望します。
妻は初めての寝取られになりますので配慮頂けたらと思います。女性は46才の地味なポチャ系とある。少しテンションは下がるが、奥さんに内緒というのは興奮ポイントだ。果たして、旦那の見てる
前で他の男に抱かれるのだろうか? メールしてみよう。
『トシさま 初めまして。都内在住の棚網と申します。44才165センチ57キロです。手先は器用な方なのでオイルマッサージはそれなりにうまくできると思います。ご検討宜しくお願いいたします』
 1時間後、メールした旦那から返信が届いた。
『応募ありがとうございます。オイルマッサージから性感マッサージをして頂き、あとは流れ次第で、ということで構いませんか? 業者に扮していただければスムーズかと思います(笑)』
 どうやら採用になったみたいだ。よし、頑張ろうじゃないか。
しかし、やったこともないのに、マッサージ業者のフリなんてできるだろうか。オイルやタオルなど
の小道具も必要だろうし、ホテルも予約しないといけない。けっこう大変そうだぞ…。
その後もトシさんと何度かメールのやり取りを交わし、ニセのマッサージ寝取り作戦を詰めていった。『棚網様 マッサージは、通常のオイルマッサージののち、女性ホルモンを促すマッサージという名目で徐々にバスト周り、陰部に近い性感寄りのマッサージに移行し、反応を見ながら進めて貰えたら嬉しいです。気が付いたらイヤらしいマッサージで感じてしまう、という流れが欲しいです。当日は、まず棚網様にレンタルサロンでスタンバイ頂き、その後、私共がお邪魔するのがスムーズかと思いますが如何でしょう?』
うーん、なんだか面倒なことになってきたかも。時間貸しのレンタルサロンを予約して、紙パンツやマッサージオイルなどの備品も手配した。場所代や備品代を合わせると、1万円ほどの出費だ。いよいよ作戦当日。マッサージ用の小道具をカバンに詰め込み、都内近郊にあるレンタルサロンへ。
トシさんによると、奥さんには、俺のことを安い料金で引き受けてくれた研修生だと伝えてあるらしい。1時間ほどでこちらに到着するそうなので、それまでに準備しなくては。
レンタルサロンには簡易的なベッドが置いてあり、タオルも敷いてある。白いワイシャツに着替えてマッサージオイルやタオルを準備。ズボンのポケットにはコンドームも入れた。あとは本人たちの到着を待つだけだ。
約束の時間ちょうどに、サロンの入り口のドアがノックされた。
「こんにちは〜」「こんにちは。いらっしゃいませ」
背の高い中年男性がトシさんか。そして奥さんの方は、説明のとおり、ちょいポチャ体型の地味なオバサンだ。「棚網と申します。よろしくお願いいたします」「よろしくお願いいたします」
まずは奥の椅子にかけてもらい、研修中のアロママッサージ師だと自己紹介をする。奥さんは完全に信じ切ってるようだ。
「では、そちらのパーテーションの奥で、こちらに着替えていただきますね」
事前に用意した紙パンツとバスタオルを手渡すとツッコミが入った。
「え? 下着もですか?」「はい、オイルまみれになっちゃいますので、こちらのタオルを巻いていただく感じになります」「え〜〜! そうなんだ!」
奥さんが驚いた顔でトシさんの方を見ている。本当に何も聞いてないんだな。
「お父さん、やってよ〜」「何言ってんの。俺がやってどうすんだよ」
「だって恥ずかしいよ〜聞いてないよ〜」おいおい、旦那さんをマッサージしてどうすんだ。勘弁してくれよ。「オイルマッサージなんだから、着替えないとダメだよ」「え〜〜〜」
トシさんの説得も入り、渋々タオルと紙パンツを受け取った奥さんが奥に移動する。大丈夫かな。着替えが終わるまでしばらく待っていると、再び奥さんが大声を上げ、トシさんと揉めだした。
「え〜! パンツこんなに小さいの? わたし生理終わってないよ」
「え、そうなの? じゃ自分のでいいんじゃない? 棚網さん、パンツはこのままでいいですよね?」「あ、はい。どうぞどうぞ」
どうにかこうにか奥さんにパンツ一丁になってもらい、ひとまず準備完了だ。しかし生理も終わってないのか。こんなんで本当にセックスなんてできるのか?
大きめの乳首が次第に硬度を増し
「では、タオルを巻いたままで結構ですので、ベッドの上にうつ伏せになってもらえますか」
「アハハ…。はい…」
照れ笑いし続ける奥さんを促してマッサージ開始だ。
「脚の方から始めていきますね」「はい…」
トシさんはベッド脇に置いた椅子に座り、マッサージを見守っている。
アロマオイルをベチャベチャ手に取り、奥さんのふくらはぎからお尻にかけてヌルヌル。
まだ股間を触るのは早いかな。トシさんも退屈そうにスマホを見ているが、いきなり性感マッサージ
するわけにいかないので仕方ない。背中側のマッサージを一通り終えたので、今度は仰向けになってもらおう。ここからが本番だ。
奥さんが身体を起こすと、大きめの乳首とタプタプのお腹の肉が露わになった。
「では、ここから女性ホルモンの分泌を促すマッサージもしていきますね〜」
「はい…」今度は胸からだ。さっきよりも優しいタッチに変え、愛撫するような動きを意識する。奥さんの表情を見ながら、少しずつオッパイまわりをヌルヌルしていく。背中のマッサージのときはそっぽを向いていたトシさんも、前のめりになってマッサージの様子を見ている。胸にかけたタオルを取ろうとしたところで、奥さんから物言いが入った。
「アハハ! そこはいいですって!」
「あ、その周りにもリンパが密集してるんです。女性ホルモンを分泌させるマッサージですので」
「え〜〜? いいですよ〜」
奥さんが助けを求めるようにトシさんの方を向く。
「せっかくなんだからやってもらいなよ」「え〜〜〜?」
無理やり奥さんの手をどけておっぱいの周りをヌル〜リヌル〜リ。手が乳首に何度も当たるうち、大きめの乳首が次第に硬度を増しながらさらに大きくなった。が奥さんは静かに目をつぶったままだ。乳首感じてるはずなんだけどな。恥ずかしいのかな。
「あの~、そこはいいですから~」
そろそろ下半身に移動して、股間攻めと参りましょう。
「もう少しだけ、女性ホルモンを出していきましょう」
一気にソケイ部からヌル〜リヌル〜リ。そしてパンツの中にも手をいれて、クリの手前まで進む。その直後、奥さんが俺の手を掴んだ。
「あの〜、そこはいいですから〜」
「力は抜いてくださいね。気持ちいいのを我慢するのは美容によくないので、身体の感覚に素直になってください。女性ホルモンが出ますから」
適当なことを言いながら、手をどけてさらにパンツの奥へ手を入れる。クリトリスの根本に到達だ。ほれヌルヌル〜。
「アハハ、ちょっと! ホントにいいですから。お父さん?」
トシさんに助けを求めてる。少しマジっぽいテンションだ。ヤバイかな。
「いいからやってもらいなさいよ」「え〜〜〜? うふふ。どうしてコッチまでやるんですか?」
「女性ホルモンの分泌を促すアロママッサージですので、これが普通ですよ」
「アハハ、おかしくないですか?ちょっとお父さん!」
「なに、いいじゃないやってもらったら」
「よくないよ〜。すみません、もうムリです〜」
うーん、こりゃダメかもな。結局、説得虚しく奥さんが起き上がってしまい、あえなくマッサージはここで終了だ。奥さんは笑いながらではあるが、着替えの途中「お父さん、何を頼んだの?」などとトシさんを問い詰めていた。2人が帰った後、トシさんからメールが届いた。『棚網さん 本日はありがとうございました。色々と準備して頂いたことに感謝しています。先ほどの内容ではコストが高くついてしまって申し訳ないですが、妻の性格を考えると仕方ないのかもしれません。でもおかげさまで、少しドキドキ感を味わえました。不完全燃焼ですけど…笑 また機会があればよろしくお願いします』
ひとまず本人は納得してるみたいだ。よしとしましょう。かなり低めのハードルだ気を取り直し、次のカップルを探そう。再び寝取られジャパンの書き込みをチェックだ。
関東で募集している寝取られカップル10組以上にメールしまくり、ようやく一通の返信が届いた。
彼の最初の書き込みがコチラだ。タカムラ [年齢]アラフォー 夫婦 [募集年齢]だいたい60 才くらいまで
令和になって最初のお誘いです。一緒に楽しめる単独さんで、GW中の昼間にお会いできる方を複数募集します。嫁は固い仕事をしており、真面目で古風な感じなのですが、M気質がある30代熟女です。60才前後までの単独男性さん。容姿は気にしません。よろしくお願いします
60才までOKで、見た目を気にしないなど、かなり低めのハードルだ。おそらく嫁さんが熟女で複数プレイを希望してるので応募が少ないんだろう。「単独さん」という言葉を使ってるあたり、普段からスワッピングや複数プレイを楽しんでいるベテランの変態カップルに違いない。たしかに初々しい寝取られカップルの方が興奮するけど、こういうのもおもしろそうだ。
旦那さんのタカムラ氏によれば、当日は、4Pを予定しているとのこと。
何度かメールのやり取りを交わし、都内近郊の某駅で待ち合わせることになった。電車を乗り継ぎ、田園風景の広がる某駅で下車。到着したことをメールで告げると、そこからさらに15分ほど歩いた場所にあるコンビニまで誘導された。周りを見てもラブホのような建物はない。どこでプレイするつもりなんだろうか。目的地のコンビニ駐車場から再びメールしたところ、さらに10分ほどして、男性が近づいてきた。
「あ〜、どうもどうもどうも、遅くなってすみません! ちょっと早く来られた方がいたので、一回
案内してきたんですよ。タカムラでございます、よろしくお願いします。ええ、それじゃこちらになりますんで、行きましょうか」
稲川淳二ばりの早口でまくしたててきた。タカムラさん、なかなか強烈なキャラだな。参加者は俺のほかに3人いるそうで、そのうちの一人ははるばる栃木県から来たらしく、かなり早い到着だったらしい。タカムラさんの弾丸トークが続く。夫婦が出会ったのは4年前。2人とも再婚で、このような会合は今回で5回目になるらしい。
「僕、複数プレイがめちゃくちゃ好きなんですよ」「なるほど」
「参加するんじゃなくて、見るだけなんですけどね」
さすが寝取られマニア。変わったフェチをお持ちのようだ。
「奥さんの方はどうなんですか?」
「妻は、普通だったんですよ。でも僕と結婚する前から正直に伝えたら、わかってくれまして、それで今に至るって感じですね」
奥さんが納得してるんならいいんだろう。そうこうしてるうちに、住宅街の小さなアパートの前に到着した。「ここになります。どうぞどうぞ」「おじゃましま〜す」
ドアを開けると、薄暗い部屋の奥に3人の男性が座っていた。20代のイケメン君、30代の色黒さん、40代ハゲのマッチョさん。そして、あのキャミソールワンピを着たオジサンみたいな顔した黒ブチメガネのオバサンが、38才の奥さんか。ホント地味な顔してるな〜。
「彼女が妻のカズミです」「どうも、棚網です。よろしくお願いします。なんか皆さん落ち着いてますね。こういう場に慣れてるんですか?」
「いや〜、緊張してしゃべれないだけですよ…」「ハハハ…」
軽く皆さんに聞いた感じ、ハゲマッチョさん以外は、掲示板を使って寝取りの経験をしたことがあるみたいだ。「いいんです。コッソリ見たいんで」
全員のシャワーが終わったタイミングで、旦那さんのタカムラさんから、あらためて早口の挨拶が。
「あの、僕も皆さんがやってるところを見て行けそうだな、と思ったら参加するかもしれないんですけど、実際、行こうとすると毎回萎えちゃうんですね。緊張しぃなので。なので一応、僕、見るのが趣味なので、見させていただきます。それで、皆さんで一気に攻めてもらうのが好きなので、よろしくお願いします」
ということで、男性4人で奥さんを囲み、プレイスタート。ハゲマッチョとイケメン君が奥さんの上半身担当になり、キャミを脱がしながら床のマットに体を横たえさせる。俺と色黒さんが下半身サイド担当だ。全員でサワサワと愛撫しつつ、旦那さんの方をチラと確認したところ、隣の台所のドアから顔を半分出し、覗き込むようにコチラを見ていた。なんでそんなところで見てるんだ?
「旦那さん、よかったらもっとこっち来ませんか?」
「あ、いいんですいいんです。コッソリ見たいんで」
そういうことか。余計なお世話だったみたいだ。隣にいた色黒さんも、大勢いると萎えるタイプだったらしく、すぐに脇に外れてしまったので、3人体勢で攻め続けていく。「んん…あああ」
奥さんからいい声が出てきたところでパンツを脱がす。おっと、パイパンマンコじゃないか。しかもすでに割れ目からヌルヌルした液体が垂れてるぞ。
「奥さん、もう濡れてますよ。ほら、ほらほら」「んん…あああ」
あえぎ声が可愛いです。しかもいつのまにかメガネを外しててこれがけっこう色っぽい顔をしてる。クリを中心にヌルヌル手マンしていたら、イケメン君とハゲマッチョ氏もスイッチが入ったようで、パンツを脱ぎ捨てた。おお、二人ともデカチンじゃないか。特にハゲマッチョ氏のは特大サイズだ。
彼が口にチンポを突っ込み、俺がクンニする。旦那さんは、相変わらずドアの奥からコチラをのぞき見だ。旦那さん、楽しんでますか?
びっくりするほどフェラが上手い
奥さんのオマンコは準備万端。男性陣同士で目配せして、デカチンをビンビンにさせたイケメン君が
ゴムを装着し、ズブリと挿入。ゆっくりとしたストロークからスパンスパンと腰を振りまくる。
「んんんん…」
フェラされていたハゲマッチョさんが、いつのま間にか口内発射してフィニッシュしてしまってい
た。早すぎるだろ! せっかくのデカチンなのに。結局、イケメン君と俺が交互に挿入しながら攻め続け、ハゲマッチョ氏が愛撫を担当。色黒さんと旦那さんが、プレイの様子を眺めるという状態が続いていく。特筆すべきは、途中、なんどか奥さんにしてもらったフェラだ。本当にびっくりするほど上手くて、挿入するよりもフェラの方がいいんじゃないかと思ったほど。複数で女の子を攻めていると、大抵グダグダになるものだが、フェラのおかげでチンポがすぐに立つのでダレないのだ。
プレイ開始から1時間ほどで、イケメン君と俺が続けてフィニッシュ。最後の最後に色黒さんも挿入して無事にゴム発射し、めでたく終了となった。ずっと台所から覗いていた旦那さんが、ようやく近づいてきた。
「おつかれさまでした。皆さん、どうでした?」
「いや〜、エロかったですね」
「ですね〜。奥さんのフェラが最高でしたね」
男性陣みんなで奥さんのフェラを褒めまくる。やっぱりみんな感動したみたいだ。
「旦那さんは満足できたんですか?」
「はいもちろんです。やっぱり、緊張しちゃって、参加はできませんでしたけど、すごい興奮したんでね。ホントありがとうございました」
こんなに簡単に寝取り体験できるなんて、すごい時代になったもんだ。

泥酔・酔っぱらった時の行きずりエッチ体験談・ワインや日本酒の試飲イベントは酔っぱらい美女と出会えるぞ

泥酔・酔っぱらった時の行きずりエッチ体験談泥酔・酔っぱらった時の行きずりエッチ体験談泥酔・酔っぱらった時の行きずりエッチ体験談泥酔・酔っぱらった時の行きずりエッチ体験談泥酔・酔っぱらった時の行きずりエッチ体験談泥酔・酔っぱらった時の行きずりエッチ体験談泥酔・酔っぱらった時の行きずりエッチ体験談泥酔・酔っぱらった時の行きずりエッチ体験談
泥酔・酔っぱらった時の行きずりエッチ体験談泥酔・酔っぱらった時の行きずりエッチ体験談泥酔・酔っぱらった時の行きずりエッチ体験談泥酔・酔っぱらった時の行きずりエッチ体験談試飲会で高級クラブのママとセックスできたという美味しい話もあるように、女性も酔っぱらうとスケベになるのは間違いなし!
酒まつりは泥酔女ナンパの名物イベント

道で泥酔女を見つけたときのワクワク感はハンパじゃない。何というか、もうその時点でこの女をもらった気にさせるだけの衝撃がある。男なら誰だってそう思うはずだ。
問題は、そう都合よく泥酔女が見つからないことだけど、実は確実に泥酔女を見つける方法がある。俺の地元、新潟県上越市に、泥酔女ホイホイとでもいうべき名物イベントが行われるからだ。 
イベントの名称は「上越・謙信酒まつり」という。毎年10月、高田本町商店街において、市内の酒蔵やワイナリーが一同に集結して出店をオープン。千円の参加費を支払えば、100種類以上の日本酒やワインが1日中、試飲し放題になる。まさに酒好きには夢のようなイベントだ(開催時間は午前11時〜午後8時まで)。
2日間の祭りの期間中は10万人を動員するほどの人気っぷりで、地元はおろか、東京や大阪など日本中の酒飲みが大挙してこの町にやってくる。全長300メートルの会場はアルコール臭い人間でごった返し、上を下への大騒ぎとなるのだ。注目点は2つ。まずひとつは、このイベントにやってくる女性参加者の中にはガチンコの日本酒マニアが相当混じっているということだ。メインの年齢層は30前半から後半とちょっと高めだけど、彼女たちはそれこそ、100種類オーバーの日本酒をすべて制覇する気で乗り込んでくるため、飲む量もすさまじいことに。日本酒マニアの大半は酒豪だし、参加者に与えられるおちょこも試飲用のためかなり小さい。それでも20杯、30杯と飲めば千鳥足になるのは当たり前だ。
そして2番目の注目点は、このイベントで目にする日本酒マニアの女の中には、単独行動をしている参加者がけっこういるということだ。もともと一人で会場にやって来る者もいれば、酔っぱらううちに連れとはぐれてしまった、あるいは連れとあえて別行動をしているなど、いろんなパターンがあるが、とにかく夕方の5時以降に会場へ足を運ぶと、無防備な感じで道端に腰を下ろし、ひとり首をカックンカックン揺らしている女があちらこちらで目につく。それがいかにオイシイ状況かは、わざわざ言うまでもないだろう。イベントの様子がおおよそわかったところで、お次は俺がいつも実行している泥酔女の拾い方をレクチャーしたい。なにより念頭に置いてほしいのは、獲物を見つけたらすぐさまそばにかけよることだ。会場にはナンパ目的のライバルが大勢ウロついてる。ボケッとしてる間に、たちまち獲物を横取りされるヘマは絶対に避けたいところだ。泥酔女を見つけたらまずは、
「だいぶ飲み過ぎたみたいだね。大丈夫?」
と声をかけて近づき、その反応によって取るべきアクションを変える。意識が比較的しっかりしている場合は、あらかじめ買っておいたミネラルウォーターを手渡し、「ちょっとしゃべろうよ」と会場近くの神社へ誘う。人ゴミから離れた静かな場所でしばらく適当な会話を続け、スキあらばキスや軽いペッティングに持ち込み、最終的にホテル行きを目指すわけだ。声かけの際、相手の意識が朦朧としている場合は、ひとまず女を担いでタクシーに乗り、会場からワンメーターほどで行ける高田公園に向かう。意識のない相手をいきなりラブホに連れ込めば、後日、女から準ごう姦で訴えられ、お縄になる可能性もゼロじゃない。ラブホへ誘うのは、相手の意識がある程度、回復するのを待ってからが無難だ。何より高田公園は、地元では知る人ぞ知る青姦スポットで、園内には死角がたくさんある。女の酔いが覚めるまでは、ボディタッチやパンチラ鑑賞など、楽しく時間がつぶせるという利点があるのだ。 で、女の意識が戻ったら、
「え、君がこの公園に来たいって言ったのに覚えてないの?」
などとテキトーにごまかしながらミネラルウォーターを買い与え、先ほどと同様、キス、ペッティングの流れからホテルに誘うのが王道パターンだ。では最後に、去年俺がイベントで拾った泥酔女(34才、独身)についてちょっと。彼女は東京から単身で上越市に来たパターンで、このイベントには4年連続で参加しているという根っからの日本酒マニアだった。会場の片隅で地べたに座り、赤ら顔でぼんやりしていたところに声をかけ、ホテルに連れ込んだのだが、セックス後、彼女が聞き捨てならないことを口にしたのだ。「実は、毎回、このイベントに来ると、お持ち帰りされるのちょっとだけ期待してるんだよね。いや、本当にちょっとだけだけどさ」
「え、そうなの?」
「もちろんお酒がメインの目的なんだけど、酔っぱらうとやっぱエッチな気分にもなったり、人恋しくなったりもするじゃん。だからこういう出会いもこのイベントの楽しみの一つっていうか。たぶん私と同じこと考えてる女、けっこういると思うよ」
彼女の推測が当たっているかどうかはさておき、泥酔女を拾うのに、打ってつけのイベントであるのは間違いない。

Sっぽいルックスの実はどMなお姉さんの初ヌード
僕力メラマンやってるんですけど、モデルさんをやってもらえませんか?背が高いし、冷たい美人って感じの顔だし、コスプレのために生まれてきた感じしますもん。
勝手に盛り上がられても困るんですけど・・だから、コスプレはもうやらないって。
コスプレしなくてもいいですから。撮影の条件は・・
脱ぐの?でも、顔半分は隠してもらって大丈夫ですから。
というわけでホテルへ
みさきさんみたいな人が渋谷を歩いてたら、キャッチに声をかけられまくりませんか?
声をかけられるけど、ガン無視が基本。いちいち話を聞いてたら渋谷は歩けないです。
でも、みさきさんが風俗嬢になったらいい仕事してくれるど思います→
あ、それよく言われましたけど、私はどっちかっていうどMだから向いてない気がする。
初めて自分がMだなって思ったのはどういうどきですか?パーで飲んでて仲良くなったィケメンと盛う上がっちゃってセックスしたんです。
クラブのトイレでやっちゃった感じですか?
そういうのはナンパ待ちしてる子たちでしょ。私の場合は、近くに相手の男が所属してるモデル事務所があるって言うから、そこに行ったんです。真夜中ですか、ワクワクしますね
すでにめちゃ人が見てたんですけど、すごく興奮してしまって、挿入から発射までしっかり。相手の男も興奮したみたいで、「いつもはあんまりチンコ立たないんだけ今日はすごいわー」って言ってました。あー、なかなかのMっ気を感じさせるエピソードですね。初体験はどんなだったんですか?19才のどきに、六本木のクラブから地元までタクシーで帰ったら、降りたどころで金髪の男が「家にひとりでいるの寂しいから」っていわれて、顔はかっこよかったし、「家でメダカを飼ってるから一緒にエサやろ」でダメ押し。「メグカに餌?この人めっちゃかわいいー」って思っちゃったんです。
本当にメダカはいたんですか?
いました。ちゃんど餌やりもしてソファで一回やって、その後は朝までおしゃべりして、ベツドでちょっど寝て家に帰りました。初めてなんですって言いそびれちゃって、普通にやられた感じです。わりと痛かった。
3Pじゃ足りないSMが上手な人に会いたい女子大生のインタビュー
今日は買い物?
そう。でも欲しい服がなかった。
その網タイツエロいね。
そう?みんなはいてるでしょ?
ところで初体験は?
15才。中2の終り。
相手は。
知らなし(笑)。
誰なの?
なんか、ナンパされた。
その日のうちにヤッちゃった?
うん。酒飲んで。
なんか簡単だね。
ちがうって(笑)。その時はね、その時は。
今はそんなんじゃついて行かないって。
で気持ち良かった?
ゼンゼン痛い。わたし処女じゃない言ってヤッたのね。
何でまた。
なんか見栄張った(笑)。
早く処女を捨てたかったと。
次のお相手は?
普通に大学生の彼氏と。
それもナンパ?
なんか適当な番号かけたらつながった。
そういうので知り合った。
携帯ナンパ?
そう。ピッチに突然知らない番号が入ってて、かけ直したら会おうって言われて。
会いに行ったんだ。女子中だったからね。
そういうちょっとした男の子との出会いが大事だったの。 
そいつとも即エッチ?
ちゃんと付き合ってからだけど、早かったね。
うん。気持ち良くなかった。
でもヤリまくったんでしよ?
う一ん、1日8回とかね
入れっぱなしじゃん。
そんなことないでしょ。短かいもん、前戯とかないんだよ。
それじゃ面白くないわな。
ホントねえ。16才くらいまでは自分勝手系の男がほとんどだったね。 、
その後は前戯が長くなった?
そう。でも長すぎんのも困るんだよね。
ずっと、汗タラタラ流してさ。

生理中の女性とのエッチ体験談・おまんこに手マンで経血が!そんなセックスも興奮するものだ

生理中の女性とのエッチ体験談生理中の女性とのエッチ体験談1生理中の女性とのエッチ体験談生理中の女性とのエッチ体験談生理中の女性とのエッチ体験談生理中の女性とのエッチ体験談生理中の女性とのエッチ体験談生理中の女性とのエッチ体験談生理中の女性とのエッチ体験談
小西さんとは「お互いに会いたくなったら、会う。ヤリたくなったらやる」、そんな大人のでいようと決めた。俺としては、毎日でも会ってヤリたいが、そこは我慢。お互い既婚者だし、無理せず、たまに会って楽しくエッチできればいい。とはいえ、偶然かもしれないが、彼女とはクリスマス、バレンタインと記念日に会ってきた。
メールを送ったところ、彼女から残念な返事が届いた。『お誘いありがとぅございます!私も久しぶりに会いたいんですが、月中は時間が取れそぅにありません。新しい仕事が忙しく、遅くなる時もあるので、仕事が終わればすぐ家に帰らないといけないんです。休みも取れないし。河内さんと‘また食事や映画にいきたいんだけど、しばらくは我慢します。ゴメンね』彼女の場合、気持ちに余裕がないと会ったり、エッチしたりということは考えられないんだろう。主婦という立場だし、仕方がない。彼女が会いたい、したいと思うまで気長に待つしかないよなぁ。会つたら必ずオトしてやる!さて、しばらく行動を起こせなかつたもう人の夕ーゲット、タケシヨーだが、今回大きな進展があった。まずは、改めて彼女のプロフィールについてお伝えしておこぅ。本名、武田祥子。彼女は俺の年下の後輩として同じ会社で勤務していた。地味だが知的な既婚女性で、秘めたる艶っぽさに魅力を感じていた。そんなに社交的でない彼女が、なぜか俺にはなついてくれ時々飲みにいったりしたが、社内の女は後腐れが面倒なのでご法度と決めていた俺は、彼女に手を出すことはなかった。
そんなタケショーが、旦那の転勤が理由で退社することに。辞めるならヤレる。退職直前の彼女と最後の食事の後、ドラィブに連れだしたものの、彼女のはつきりしない態度に結局オトせず仕舞い。後日、タケショが友人の子と「詰めが甘い」と陰口をたたいていたことがわかり、俺は深く傷つき、後悔した。決して忘れることができないこの悔しい想いを晴らし、年前の自分にリベンジすべく、俺はタケショーの名をヤルノー卜に記した。彼女のはまつたくわからなかつたが、同窓会を企画することまでしてやつと居所が判明。タケショーは、横浜に住んでいた。そして月、俺は無理やり仕事を作り、出張することにした。不景気の真つただ中、わざわざ仕事をつくり、出張するなんて許されることではないかもしれないが、許してちょうだい。月に死ぬほど頑張つた俺へのご褒美ということで。昼飯でもどう?メールを出すと、すぐに返事が来た。『ホント久しぶりですね。楽しみです!もうすつかりオバサンになつちゃつたので会うのが少し恥すかしいけど』時間を調整し、夕方に横浜で会うことになつた。仕事は昼間に完全に終わらせてしまい、夕方以降はタケショーにだ。あまり遅くまでは無理らしいが、裏をかえせば少しぐらい遅くなつても大丈夫だということだ。早めの夕食をとればたつぷり時間はある。今回の遠征の目標はズバリ、タケシヨーとヤルこと。惠乐出張など滅多にないし、彼女が大阪に来ることもないだろう。まずは距離を縮めるなんて悠長なことは言ってられない。速攻あるのみ、即クロジング、一撃必殺だ。詰めが甘かった年前の俺ではない。絶対決めてやる!正直、自信はある。かつて彼女が俺を慕ってくれていたという。メールでの前向きな反応。あとは俺次第だろう。女性には効果的な攻め方がある。代に時間を巻き戻してやるのだ。若くてシワもなく、子供もいなくて遊びまくっていた頃に。リバィバルディスコでアラフオー女が遊びまくり、ナンパされて喜んでいるのも、若さがほとばしっていた頃の自分を晚だけ取り戻したいのだ。アルコールが入り、昔話で盛り上がり「あの頃と変わらず、いい女やなあ」と持ちあげれば、間違いなくできるはずだ。老けたがセレブみたいだ当日、待ち合わせ場所に早く着き、ドキドキしながら彼女を待つ。タケショーはどうなっているんだろうか?俺の知っている年前の彼女は、小雪を少し地味にした感じ。長いストレ卜の黒髪で、落ち着いているが妙に艶っぽさを感じさせていた。
残念ながらそのとおり。「おいしいイタリアンのお店があるんですけどいいですか?」タケショーの車に乗り、店に向かう。真っ赤なボルボのハンドルを握り、颯爽と車を走らせる彼女の姿を助手席で見ているうち、何か感情が動いた。かっこいいやん。なんかセレブな感じやんか。少し短めのフレアスカー卜でアクセル、ブレーキのペダル操作をする。すらりとしたタケショの右足が左右に動く様子に、すごく色っぽさを感じる。う一ん、タケショー、やっぱイイなぁ。だんだんムラムラしてきた!おしやれなイタメシ屋で年ぶりの再会に!
まずはお互いに近況の報告。彼女の子供はもう手がほとんどかからないので楽になったそうだ。今日は応夕食の支度をして出て来たので大丈夫。月に回ほどは女友達と食事にいくそうで、少し遅くなっても旦那には特にうるさく言われないそうだ。昔話に花が咲き、酒抜きでも大いに盛り上がる。彼女が退職した際の話になったとき、俺は思いきって聞いてみた。
「箕面いったよね」「うわー、なつかしい一!」「あのとき、タゲショーとヤリたかったんやけどなあ。キスもでけへんかった」
「あはは、そうですね」「あとで子に『詰め甘い』って言ってたそうやんか」「えっ、私そんなこと絶対言ってないですよ。あれ、帰っちゃうの?って思ったとは言いましたけど、詰め甘いって言ったのは子ですよ」まあ、いい。いずれにしても人で俺のことをヘタレだと笑っていたのは事実だ。「でも、女性はいったんは断らないといけないもんなんですよ。軽い女に思われたくないから。はいいかなって思っていてもね」そう、そのことを俺は君に教えてもらったんや。今の私でもキスしたいんですか?店で時間以上話し込んだが、タケシヨーはまだ時間は大丈夫だという。でも店を出て、厶からどうしよう。俺は、土地勘もなければ、ハンドルを握っている訳でもない。ぶっちゃけて「ホテル行こうや」と言いたいところだが、まったくシラフの状態で唐突過ぎる。ワンクッション置いて、まずはエロい雰囲気にもっていこうか。「酒も飲まれへんし、ちよつと車の中ででもゆつくり話そうや」
「じゃ、少しドライブしましよか」彼女の運転で、海沿いの景色を楽しみながらおしゃべりしたが、そのうち話も尽きてきた。少し沈黙が続く。車は公園近くの人気がまったくないあたりに差し掛かった。ここで、俺は突然、言った。「タケシヨーとキスしたいなあ」「あはは、河内さん、いきなりなに言うんですか」タケショーは笑っている。「今の私でもキスしたいんですか」「うん、したい!」「私もしたいな」その瞬間、心臓がバクバク音を立て、ほぼ同時に勃起した。彼女が車を停めるやいなや、ロを近づけた。タケショーの小さい舌が絡んでくる。ねっとりといやらしいキス。もう俺のペニスはズボンの中ではちきれんばかりの状態だ。「もう少し、人が来ないところに車を動かしますね」すぐにでもホテルに行きたいところだが、タケショーはでいちゃつきたいようだ。それもいい!まったく人気のない、真っ暗な道端に車を停め、シートを倒す。そして再びキス。キスしまくる。付き合い始めの若いカツプルのようだ。薄手のセー夕ーの上からタケショーの小ぶりな胸を揉む。続いてスカー卜の中に手を入れる。俺の手首を掴み、タケシヨーが拒む。
「ごめんなさい。アレなんです」生理中?どれどれ、再度スカー卜に手を突つ込んで触ってみると、股間が興奮している様子。もちろん俺も大興奮で鼻息が荒い。彼女の手を取り、俺の股間に導くと、ズボンの上からスリスリと触り始めた。ベルトとチヤツクを外し、彼女の手は俺のパンツの中に入ってくる。直接ペニスを握りシコシコと動かすタケシヨー。冷たい手だが実に気持ちいい。
「ああ、ああ」声とともに、俺のムスコをしごくスピードも速くなっていく。彼女のスカー卜のファスナーを下し、パンスト、パンティの中に手を入れる。「タメです」そぅ言いながら、タケシヨーは拒まない。ナプキンの奥にを滑り込ませると、愛液でヌルヌルだ。「はあ、はあ、ダメです。指が汚れちやぅから」その言葉に俺の興奮も最高潮。すつかり暖かくなったタケショーの細い指に握られた俺のペニスはギンギン状態だ。年ぶりに再会した日に彼女の車で触りあう。なんて興奮するシチュエーションなんだ。タケショーのクリトリスも固くてリコリだ。「あぁ、もう〇あぁ、もう」そんな声出されたら、俺、もうあかんー「ああ、イキそうや」タケショーは右手でしごきながら、左手でバッグをまさぐり、ハンカチをとり出した。数秒後、ドクドクと。彼女のきれいなハンカチをザーメンで汚してしまった。なんかこれも興奮するなあ。彼女がイッたかどうかはわからない。でも二人にとってすごく興奮した時間だったのは間違いない。さて、今からどうする。生理中だといってもホテルならやれそうだ。

M男をムチやスパンキングいじめ・言葉責めよりハードなSM大好きな女の子のエッチ体験談

M男ムチやスパンキングいじめエッチ体験談M男ムチやスパンキングいじめエッチ体験談M男ムチやスパンキングいじめエッチ体験談M男ムチやスパンキングいじめエッチ体験談M男ムチやスパンキングいじめエッチ体験談M男ムチやスパンキングいじめエッチ体験談M男ムチやスパンキングいじめエッチ体験談M男ムチやスパンキングいじめエッチ体験談M男ムチやスパンキングいじめエッチ体験談
相手は学校の先輩だったんですけどもうほとんど印象に残ってないですね。基本的にどんな相手?
付き合った人は全員Mでした。執着心と粘着心が強くて大変なんですよ…だから「別れるなら自殺するー」っていうタイプの男が何人もいます。
どんな男が多いの?
みんな仕事バリバリできるエリートサラリーマンみたいな感じですね。私って、そういう人のMセンサーに反応するみたいで(苦。普通に歩いてると、無茶苦茶ていねいに「すいません綺麗な脚してますね。もしお時間あったら踏んでくれませんかちてよく頼まれるんです。10回くらいありました
大胆なお穎いだね・・あとは飲み会とかで話をしてると「その脚だったら踏まれたい」って
そういう系の話になって、「ネタかな?」って話し込んでいるうちに奴隷にしてください、奴隷にしてくださいちてしっこく迫られるんで
ちなみにどんなプレイをするの?ムチで叩いたり、ひたすらバイプでアナ碧攻めたり。ドライエクスタシーっていうんですか、射精せずにイクやつ。ひとりでやってると射精しちゃうんで、「そんなラクなことさせないで延々攻めます。何十回もイクと足腰がガクガクになって立てなくなるんですよ(苦。楽しそうだ。ハード系もやるのりひとりいますね。
針刺す…ちなみにどこに刺すんでしょっか?チンコに100本くらい刺しました。愛人やってたりしたこともあったんですけど、もちろん50才くらいの。そうするとテクニシャンです。
気持ちはいいんですけど、スパンキングを持ちかけられたり。
女はもうめんどくさいですね。ドMの男よりもめんどくさいです。なんでそういう人が寄ってくるのか。常にハイヒール履いてワンピースしか持ってなくて眼に力があるってよく言われるので、そのせいかもしれませんね。「きっと前世で業を犯してるに違いない」って思います。冗談でも「じゃあ軽く挿入しよっか?」っていえる雰囲気じゃないね……
今後の目標みたいのはありますか?ルーマニアのSMの城に行ってみたいですね。へっルーマニアにお城ひとつSMクラプになってる超有名なところがあるんですよ。「SM界のディズニーランド」と呼ばれていて。これは初耳ー世界各国の女王様が姐まってていろんなM男が集まるらしいんですよね。ルーマニア人、クオリティ高けえなあ。私、日本的な言葉責めSMは嫌いなんですよ。だからムチとかスパンキングでガンガンやりたいですね。
続いて愛人体質の女の子のエッチ体験談
信じてたから確かめられなくて。友だちから「あの人付き合ってる人いるよ」って聞いてたんだけど。彼に聞いても「そんなわけね一じゃん」って言うだけだし。
それで浮気しちゃったんだ。最初に知り合ったときに、彼の親友の人がいたんだよね。最初はその人に告られてたんだけど。そいっと浮気したん年間セフレだったの〇ペースはどのくらい?彼氏とはほぼ毎日してたんだけど、そのセフレとは月に3回。体だけっぽい関係で、月ィチで癒されてた〇セフレはセックス上手だった?アソコがすっごく小さかった。だからほんと癒しだけ、みたいな。彼が浮気ばっかりしてるし、遊んでやったのはあ。セフレはイケメンだったし、ちよっと哀しそうな雰囲気いい人だったんだけど…チンコが小ざいから満足できなかったん。キミ、エロいよね
そうかも。屋上とか屋外でするのが好きなの。バレそうで怖い感じが気よくって、彼氏と歩いてるときは、どこかでできる場所ないかって探してたり。渋谷のセンター街歩いてて、「どこかない?」って探してたら「このビルの影は?」「ここ登れるじゃん」ってビルの屋上に上がってそこでしたり。ミニスカ履いて朝の埼京線に乗って、バックで入れたり…すごく興奮して気持ちよかったんだけど、動かしたら声でちゃうから、結局そのままホテルに行って朝から回したり〇勃ってきたよ一最近はセックスしてないの?実は昨日の夜、彼氏が東京に来たから、ホテルに泊まってしたばっかり。あ〜そうですか〇なんか気持ちが冷めてきちやったのかな〜。夜に一回迫られたんだけど、断ってきちやった〇だからすごく寂しい〇新たな男の所へ行くんだね。そういうときどっするの?年下の男友達と遊んだり。
ちよっと草食系な友だちが何人かいて「ど一せオレなんて相手にしてくれないんですよね〜」っていう感じの。そういうのを呼び出すんだ〇都合よく使ってるところあるよね。向こうから連絡してきても「この電話取ったら、付き合うとかそういう話になるな〜」ってわかるときない?そういうときは無視してる。ちなみに性感帯は?基本的に敏感だから、どこ触られてもゾワってきちやう。だから触られたら余裕なくなって困る。ちょっいでみようか。おっ…巨乳だね〜こういうのって恥ずかしいね〇ほうほう〇ええ乳首や〇今年は巨乳の当たり年だねえ。ちょっと味見してみていい?ふむふむ。かわいい乳首さんでちゅね〜。一番感じるのはどこ?やっぱりクリかな。触られるぐにィっちゃう〇昨日袋もィキまくり?それがイケなかったの。彼氏は得意そうに「女の子がイクと汗かくんだよ」とか話してたんだけど〇そりや冷めるね。でもなんていぅか愛人体質っぽいょね〇やっぱりそぅなのかな。

【エロ漫画】近親相姦のタブーがセックスを萌えさせる!腹違いの姉とのエッチ体験談

腹違いの姉とのエッチ体験談エロ漫画腹違いの姉とのエッチ体験談エロ漫画腹違いの姉とのエッチ体験談エロ漫画腹違いの姉とのエッチ体験談エロ漫画腹違いの姉とのエッチ体験談エロ漫画腹違いの姉とのエッチ体験談エロ漫画腹違いの姉とのエッチ体験談エロ漫画腹違いの姉とのエッチ体験談エロ漫画腹違いの姉とのエッチ体験談エロ漫画腹違いの姉とのエッチ体験談エロ漫画腹違いの姉とのエッチ体験談エロ漫画腹違いの姉とのエッチ体験談エロ漫画腹違いの姉とのエッチ体験談エロ漫画腹違いの姉とのエッチ体験談エロ漫画腹違いの姉とのエッチ体験談エロ漫画腹違いの姉とのエッチ体験談エロ漫画肉親の近親相姦も母と息子や父と娘は歳の差で禁断感が増しますが姉と弟相姦、妹と兄相姦、姉と兄相姦、妹と弟相姦、従姉妹相姦などは若者同士なのでそこまで違和感ありません。

まさかの履いてませんよ浮気が忙しくて着る暇もなし!ノーブラ・ノーパンのお姉さんのエッチ体験談

3_20200908164117d60.jpg4_202009081643387ee.jpg5_20200908164120561.jpg
3_20200908164204a96.jpg4_202009081642069b2.jpg5_2020090816420795b.jpg77_202009081734175da.jpg78_202009081734197ec.jpg79_20200908173420134.jpg80_202009081734228bb.jpg81_20200908173423f29.jpg
パンツ見えますよ。
いいよ別に。これぐらいじゃ逮捕されないって。
そうじゃなくて、みんな見てるし。
いいじゃん、減るもんでもない。
あれ?お姉さんノーブラ?
そうだよ。この服着るときはいつもノーブラだもん。
浮気が忙しくてブラする暇もないの。
パンツは履いてるよね?エッチは好きですか?
そりや好きさ。気持ちいいし
どこが気持ちいいの?
クリ卜リスよ
どうされると気持ちいい?
指2本突込んでガーって
手マンだったらね。
チンコはどうでしよう?
気持ちいい
★★★空前絶後の出会い時代到来★★★
一つの出会いで世界が変わる
おすすめの厳選出会い2選。18禁。
≪会員数1000万人突破≫≪フリーメール・匿名での登録OK≫
PCマックス

≪女性誌等への掲載多数、女性登録者多し≫
ワクワクメール

不況でパパ活に激美人が急増中の噂
日本で唯一全国展開している交際クラブユニバース倶楽部をのぞいてみよう!
40代~60代のための愛人マッチング【ユニバース倶楽部】

二次元の彼女のエロシーンやボイスに病みつき
【にじげんカノジョ】

★★★女性が喜ぶ最強のペニスを作る★★★
☆☆自信の増大アップサプリ☆☆
【サイズアップXL】

☆☆三冠達成!ペニス増大サプリ・ヴィトックス☆☆
今がチャンス!赤字覚悟の還元プレゼント中!
【ヴィトックス】

☆☆早漏対策なら☆☆専門医推奨!TENGAのトレーニングツール


☆☆遅漏対策なら☆☆TENGAの遅漏改善トレーニングツール☆☆
⇒遅漏改善用TENGA

☆☆TENGAの男の活力サプリメント☆☆
⇒TENGA活力支援サプリ

☆☆包茎対策なら☆☆ ⇒自宅で自分で治す包茎グッズ
包茎グッズ【キトー君】