ぎゃるるのタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:ぎゃるる

  • 2019/08/13出会い攻略

    1、『ぎゃるる』はヘン顔を使って平日昼間の繁華街で起動GPSを使って自分の近くにいる他のユーザーとチャットできるというスマホアプリはいろいろあるが、オレが使っているのは「ぎゃるる」だ。このアプリ、名前が「ぎゃるる」だけあり、派手な感じの女の子が多い。人によっては、女性ユーザーのプロフ写真を見てチョット怯むかもしれない。しかしビビる必要はない。コツさえ掴めば、彼女らは普通の女の子たちよりも会えやすい...

    記事を読む

  • 2018/12/12出会い攻略

    今ひまボタンというチャットアプリがあります。その名の通り、ひまつぶし用のおしゃべりツールです。画面にはユーザーたちの現在地がGPSで表示されるため、自分の近い場所にいる人間にチャットメールを送って楽しむという使い方をします。つまりこのアプリ、ヒマ女を見つけるのに持ってこいなわけですが、いきなり「ヒマなら会わない」みたいなメールではぶしつけ過ぎです。そこでボクはファーストメールをこう工夫しています。こ...

    記事を読む

  • 2018/05/18出会い攻略

     どんどん人が集まる若い子だらけのアプリこのアプリ、ルックスのレベルは高いが若すぎる子に要注意チャット相手を募集するスマホアプリの中で、新興勢力なのが「ひまたん!」だ。夜の時間帯になると、一分間に数十の書き込みがなされるほどの盛況っぷりで、いま同様のサービスを提供するアプリから人が大量に流れてきている。なぜか。友達募集の書き込みを眺めれば一目瞭然だが、書き込んでいる男女ともに若者の割合がやたら...

    記事を読む

ぎゃるるの評判・攻略法・体験談|出会い系アプリ攻略

1_20191209110757b59.jpg0057_20181212145721f46_20191015193702904.jpg
0084_201803121012441d9_20191018205920a0e.jpg
0102_201805181841407f1_201910182104161ce.jpg0062_201806271606275bb_20190811211618309_20191018205919a95.jpg
1、『ぎゃるる』はヘン顔を使って平日昼間の繁華街で起動
GPSを使って自分の近くにいる他のユーザーとチャットできるというスマホアプリはいろいろあるが、オレが使っているのは「ぎゃるる」だ。このアプリ、名前が「ぎゃるる」だけあり、派手な感じの女の子が多い。人によっては、女性ユーザーのプロフ写真を見てチョット怯むかもしれない。しかしビビる必要はない。コツさえ掴めば、彼女らは普通の女の子たちよりも会えやすいと思ってほしい。まずポイントはプロフ写メである。イケメンなら問題ないが、オレはそうじゃない。そこでワザと変顔で顔を崩しておどけた写メで誤魔化す。イメージはオリラジ藤森みたいな野郎だ。そして女を探すエリアは、平日の昼の繁華街。服屋とかをプラプラしてるような子が狙いだ。ターゲットを見つけたら、ファーストメールでこちらがどこにいるかを伝える。〈どもー。今、渋谷のマックでメシくってます〉レスがなくてもさらに続ける。
〈やべー、チキンフィレオめっちゃうまいっス〉〈すんません、聞いて下さい。今、友達からメールが。ドタキャンされたくさいです(汗)〉過去、この方法でオレは4人と会い、うち1人とは即日セックスまでいけた。ぜひ試してみてほしい。
2、ぎゃるる2
今すぐ近くにいるエンコー女子を探すなら
アプリ名の通り、ギャル系の若いコの登録が多い出会い系アプリだ。位置情報と連動していて、近くにいる女がすぐにわかる。ポイントは、金欠のメシおごられ待ち女が大勢いること。「おごるよ~」とメッセージを送ってアポを取り付ければ、あとは漫画のようにあっさりエンコーに応じてくれるコも。
3、GPSで近くにいる子とチャットのやり取りができるアプリだ。名前そのまんま、女性ユーザーの多くがギャルなので、ギャル好きにとってはまさに天国のようなツールと言える。ギャルが相手な以上、1にも2にも軽いノリが必要だ。真面目に装っても引かれるだけなので、メッセージもチャラければチャラい方がいい。僕がいつも使ってる最初のメッセは「今、気づいたら小指立ってた(笑)なんでか分かる?」や「一目惚れって信じる?」といった感じ。この文章をコピペして、出来るだけ多くの女の子に送りまくる。確率としては10人に送って1人から返事があればラッキーかな、くらい。ただ、このアプリの一番の特徴は返信をくれた子が近くにいるってこと。
「じゃそこで待ち合わせしようよ」とわずか3分後に会えたりもする。「おごるからご飯でも行こう」とでも言えばアポ率は一気にアップだ。ちなみに以上は、東京や大阪などの大都市で、かつ街中での使い方。田舎や郊外で立ち上げると、いつも同じメンバーしか表示されないので、すぐに一巡してしまう。
4、位置情報をもとに近くにいるユーザーと自由にチャットできる「ぎゃるる」というスマホアプリがある。他の出会い系アプリに比べて男女ともにレベルが高いのが特長だ。営業を目的としたホスやキャバ嬢の登録が多いからだ。さて問題は、こうした派手な見た目の女の中には若すぎる子の登録者が混じっていることだ。関わりを持ったために逮捕された者もいる。このアプリ、年齢確認が実質存在しないために、こんなことになっているのである。
5、アプリ「ぎゃるる」を使って、シングルマザーとやリまくっている。このぎゃるる、自分のいる場所から比較的近い場所にいる男女のプロフ写真が表示され、その中から気になる人を選んでチャットするという仕組みなので、自分のいる場所によって、表示される人のタイプが変わる。基本的にこのアプリを使う女の子は、元ヤン風の子が多く、年齢が30才を越えるような子は、不倫妻やシングルマザーの確率がめちやくちゃ高いが、特に多いのが団地の近く。
俺は車で近隣の団地エリアに行き、そこでこのぎゃるるを立ち上げ、しばらくチャットナンパに集中する。「どうも一!遊んでちょ笑」「かまちよだよ~」これぐらいの軽いノリでアプローチをかけまくリ、乗ってきた女とチャットで世間話していると、ちよっと貧乏なヤンママやシングルマザーばかリがひよいひょい釣れるのだ。自分はたまたま用事があって近くに来た、ということにしておけば、「会って遊ぽうよ」の誘いにもわリと簡単に乗ってきてくれる。

今ひまボタンの評判・攻略法・体験談|出会い系アプリ攻略

0058_20181212145722afe_2019101519370332c.jpg0059_20181212145723159_20191015193705610.jpg
今ひまボタンというチャットアプリがあります。その名の通り、ひまつぶし用のおしゃべりツールです。画面にはユーザーたちの現在地がGPSで表示されるため、自分の近い場所にいる人間にチャットメールを送って楽しむという使い方をします。つまりこのアプリ、ヒマ女を見つけるのに持ってこいなわけですが、いきなり「ヒマなら会わない」みたいなメールではぶしつけ過ぎです。そこでボクはファーストメールをこう工夫しています。
こんにちは。渋谷は人が多いですね。どこかゆっくりできるカフェとか知りませんか
路上ナンパのきっかけ作りとして、道を尋ねるのと同じ戦法です。相手はヒマ人ですから、レスはだいたい来ます。場所を教えてもらったあとはそのままの流れで、
おしゃれなカフェですね。ありがとうございます。ハーブティーを頼んでみました。他にもオススメスポットあったら教えてください。何通かチャットしたあとは
〈良かったら案内して下さいよ。メシくらいおごるんで〉でオーケーです。なんせ相手もヒマをしてるわけですから。
フェイスブックで友達のページを見ているとき、彼らの友達の女の子たちが気になることってないだろうか。何とかして繋がりたいな、みたいな。そこでボクが利用しているのは、スマホアプリ「Pitapat」。フェイスブックを利用してカップリングゲームできるというシロモノだ。インストールすると、自分の友達の友達までの範囲の人間で、インストールしている異性が表示される。その中から気になる相手にチェックを入れ、相手も自分にチェックを入れてくれると、マッチング成立という流れだ。ぼくはこのアプリを使い始めて以降、職場の人間や飲み仲間など、いろんな知り合いに積極的に友達申請しターゲット数を増やし、カップリングゲームを楽しんでいる。その際のコツはフェイスブックページに写りの良い写真を載せておく程度で、あとは数を打つだけだが、マッチング成績は悪くない。流行のフェイスブック絡みのアプリだから興味心をそそられるのだろう、出会いに前向きな女の子が多いのだ。マッチング成立後は、とりあえずフェイスブック上で何度かメールをしてから、〈今度メシでも食いませんか〉でだいたい会うことができる。このあたり、実名性が重視されているフェイスブックの性格上、出会いに対する女の子のハードルが低いのではとボクは思っている。

若すぎる子が多いヒマトーク・ひまたんで会う際は要注意|出会い系アプリ攻略

0104_20180518184143e27.jpg 0103_20180518184142eff.jpg
どんどん人が集まる若い子だらけのアプリ
このアプリ、ルックスのレベルは高いが若すぎる子に要注意
チャット相手を募集するスマホアプリの中で、新興勢力なのが「ひまたん!」だ。夜の時間帯になると、一分間に数十の書き込みがなされるほどの盛況っぷりで、いま同様のサービスを提供するアプリから人が大量に流れてきている。なぜか。友達募集の書き込みを眺めれば一目瞭然だが、書き込んでいる男女ともに若者の割合がやたらと高い。なかにはワリキリなどのきわどい書き込みも確認できる。それが新興アプリの人気急上昇の理由だとは思いたくないが、残念ながらこのアプリを通して若いコとみだらな行為に及ぼうとする輩は絶えないようである。
「男は出会い系アプリで知り合い…」ニュースで報道されるあのアプリは何だ?  いい年したオッサンがみだらな行為をして逮捕。こうしたニュースは年がら年中報道されている。
 見出しに続くニュース本文では、たいてい以下のような文章が読み上げられる。
「男は出会い系アプリで知り合い…○○市内のホテルでみだら
な行為…」さて、この文中における「出会い系アプリ」。その大半は「ヒマトーークα」である。発生したこうした事件はまずこのアプリがきっかけだ。最近は業者の割合が増えてきたものの、依然こうした犯罪の温床となっていることは間違いない。利用者は注意。
この2アイテムで電話無しアポに持ち込めばヤリ逃げも追われない
現在、悪人たちが買春するために使っているアイテムが2つある。それらを使えば匿名で女性とやりとりできるため、ヤリ逃げなどに都合がいいのだろう。一つは、中古ショップ等で購入したネクサス7やギャラクシーなどのタブレット端末(もしくはスマホ)。もう一つが、b-mobileなどの『データ通信専用プリペイドSIMカード』。これは通話には使えず、ネット回線のみ利用できるものだ。秋葉原等の電気街で購入でき、身分証明書の提出なども不要のため、メールやネットだけを使う分には匿名で利用できてしまう。このカードを中古端末に差し込み、電話をかけずにアポまで持ち込めば、ヤリ逃げしても追われようがないのである。
フェイスブックを利用した最新デート商法 
フェイスブックで見知らぬ女性から会おうとメールが来たら120%デート商法の餌食だ。彼女らはあらかじめ『アクセサリーを買いに行きたいので付き合って』と言い、待ち合わせ場所ではすぐに手をつないでくる。オマケに「夜までヒマなんですよぉ」「あとでお酒飲みましょ。アタシ飲むとキス魔なんですよ」など、なにかイイことができそうだ、と匂わせる。歩き始めたら雑居ビルの一室に誘導し、アクセサリーが並ぶなか、5、6万のものを選び、財布を見ながらこう切り出す。
「あれ、足りない…そうだ、良かったら半分だけ出しておいてくれません? 来週末にバイト代入ったらすぐ返すんで」半額を払った時点であなたは用済みとなり、女は「用事が入った」と立ち去り、後はなしのつぶてだ。もちろん店と女性はもともと繋がっている。
Copyright © エロ漫画無料アダルト裏モノJAPAN All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます