お掃除フェラのタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:お掃除フェラ

  • 2020/05/16SEXテクニック

    1、いつも男性の精液をロの中で受け止め、飲まされている19才の女入店後に登場したのは40代前半とおぼしき女性だ。くたびれた表情と雰囲気からスナックのママ感がにじみ出ている。「僕エッチなことがしたくて来たんですけど、お姉さんはどんな感じですか?」 「うーん、とりあえずお酒飲みたいです」 酒? 本当にスナックに来たような錯覚に陥る。壁に貼られたドリンクメニューを見れば、2千円、3千円のワインが置いてあるら...

    記事を読む

  • 2020/01/04裏風俗・風俗体験談

    若い女のコたちは、夏にひと夏の体験いをしちゃうほどハシャギまわり、秋になると我に返っておとなしくなるものですが、年齢がいった人妻さんたちは逆に秋に《実る》といわれています。夏を貞淑に過こしたため、秋に反動が米るんでしょうか人妻は秋がアツい。セレブでしかも人妻ーいつもは背中開きのトレスに身を包み、立食バーティでチーズとワイン片手に社長とかと談笑。しかし、その裏ではお金持ちの旦那に隠れてエ口いことをす...

    記事を読む

  • 2020/01/03裏風俗・風俗体験談

    ザーメンが好きな淫乱です。だって口内発射したザー汁を口の中で転がして味わいつつ飲み込んだり、チンポについた残り汁を執拗に舐めとったり、演じてるのか素なのかわからないほどの痴女っぷりなんです。自慢のEカップ巨乳でパイズリ発射したあとも、ザーメンを指ですくい取って口に入れたりするし。頼んでないのにお掃除フェラまでしてくれるエロ女なんて、AV以外では初めて見ました。食ザープレイ体験談この不肖・町田読者の...

    記事を読む

  • 2019/08/22SEXテクニック

    口内発射を嫌う女に無理強いは逆効果だそんなに拒否されると俺の体液が汚いって思われてるみたいで悲しいな…女は情に訴えられると途端に優しくなる生き物なのだやがてセックス後のお掃除フェラまでこなすナメナメ娘に生まれ変わります女のフェラ技術を上げる一番の近道は、おしゃぶり好きにさせるに限る。「好きこそモノの上手なれ」という言葉もあるように、人間とは自分の好きなことになら苦労を苦労と思わず、ひたすら研究に没...

    記事を読む

多々ある舐め技・尻尾フェラに鼻フェラにお掃除フェラ、ミンティアフェラってどんなプレイ?

尻尾フェラミンティアフェラミンティアフェラお掃除フェラ
お掃除フェラ鼻フェラ鼻フェラお掃除フェラお掃除フェラお掃除フェラお掃除フェラ
フェラ顔フェラ顔フェラ顔フェラ顔フェラ顔フェラ顔1、いつも男性の精液をロの中で受け止め、飲まされている19才の女

入店後に登場したのは40代前半とおぼしき女性だ。くたびれた表情と雰囲気からスナックのママ感がにじみ出ている。
「僕エッチなことがしたくて来たんですけど、お姉さんはどんな感じですか?」

「うーん、とりあえずお酒飲みたいです」
 酒? 本当にスナックに来たような錯覚に陥る。壁に貼られたドリンクメニューを見れば、2千円、3千円のワインが置いてあるらしい。
「ドリンクバックがあるって知ってるでしょ? お願い」
「え、なにそれ。女の子にはドリンクバックがあるの?」
「そう。飲んだ分からいくらかくれるんだよね」
 女性客はこんな風に店からお金がもらえるそうだ。他にもオトコの部屋に何分いたらいくら、みたいなシステムもあるらしい(具体的な額は教えてくれなかった)。なんか冷めるなぁ。とにかくムダな出費をするつもりはない。さっそく交渉開始だ。
「オレ、安く遊ぶのがモットーなんですよ。たとえば千円だったらどこまでできます?」
「えー胸触るぐらいならいいけど」
「じゃあフェラしてもらいながら触るのは?」
「フェラは無理。ワタシそういうのやってないから」
「普段ワリキリでエッチとかやってないんですか?」
「やってない。病気とか怖いもん」
 なんとこの店に来ておきながら、ワリキリエッチ(フェラとかも)は未経験だそうだ。ふむ。ちょっとだけ彼女のおっぱいの価値が上がったかな。上着をめくってブラを外したところで、でっぷりしたお腹がお目見えした。げんなり…待てよ、あらら、乳首がぷっくり立ってるじゃないの。
 では失礼しまーす。
「おっぱい触られるの好き?」
「ああん。うん、好き…」
「乳首をコロコロされるのとか」
「うん、ああん、好き。ああ」
なんかスゴイ感じてるんですけど。顔を天井に向けて大声で喘いでいる。ちょっと、外に聞こえちゃうって。
「ああん、ヤバイ…」
「乳首舐めちゃうよ?」
「ああん、それはダメ…ホントに殴るよ…ああん」
顔を近づけただけで逃げられた。まあ本気っぽいアエギ姿が見れたのでよしとしよう。

そこから20分、新たな女性が現れた。
「お邪魔しまーす。よろしくねぇ」
 ちょっとぽっちゃりしてるけど真木よう子似のスケベそうな顔がかなりそそる。年齢は35才だそうだ。ここでは若いほうだろうな。
「ねえねえ、今日はどんなことしに来たの?」
「まぁ、エロいことですかねえ。お姉さんはそういうのできる人です?」
「いいよ。ワタシSとかMじゃなくて『C』だから、イジめてあげる」
「え? Cって?」
「痴女のC。イジメていい?」
なんだそりゃ。でもまあ、痴女は大歓迎です!真木ちゃんがオレの太ももにまたがってきた。右手でズボンの上からチンコをさすり、乳首をペロペロ。痴女すげー。そういえばカネの話してないけどいいのかな。いいんだよな。無言でチンコを出すようにうながされ、出てきた半勃起のそれを手でシゴかれる。
「おっぱい触ってぇ」
 胸元が開いたニットに手を突っこみ、ブラジャーをずらして乳首を出す。ああ、幸せだぁ。
「あのね、クチだったら5千円だよ。エッチのほうがいい?」
「…あ、あの。お金があんまりなくて。千円でできるとこまでしてもらえませんか?」
 瞬間、彼女の動きが止まった。
「なにそれ。ヘンな人。じゃあそれでイジめてあげるね」
いいの?やったー!フル勃起チンコを絶妙な手の運びでしごかれながら、乳首を舐めてもらいつつ、オレも胸を揉みまくる。これがフーゾクなら少なく見積もっても6千円はかかるぞ。ふと、太ももに生暖かい感触が。彼女の股間との接着面だ。
「なんかアソコがあったかいね」「だってノーパンだもん」
はあ? スカートをチラっとめくったら本当に何も履いていない。ていうかマジで痴女じゃん。不思議な状況も相まって、間もなくして射精感がやってきた。
「やばい出そう!」「出して、ほら、出せ!」
手コキのスピードが一気に速くなり、そのまま自分の腹にたっぷりのザーメンが飛び落ちた。ふぁ〜。放心状態のオレをよそに、彼女は手をかざしている。
「じゃあ千円ちょうだい」
忘れてた。でもホントにそれっぽっちでいいの?札を1枚受け取った真木ちゃんは「じゃあまたね〜」と部屋を出ていった。最高のフィニッシュから20分、次の女の子がやってきた。これまたスナック風の、40がらみのお姉さまだ。彼女はソファに座るなり「ちょっと時間ないからどうしたいか教えて」と急かしてきた。彼氏との待ち合わせ時間が近いらしい。
「彼氏いるのにこういうところ来てるんですね」
「まあ、男性からお金もらえるのでときどき来てるんですよ。どうしたいですか?」
 そうだな。一発出した後だし、なにか違うことをお願いしてみようか。
「じゃあ、千円でオナニー見せてもらえたりします?」
「千円? いやぁ」「普段はどういうことしてるんですか?」「いろいろ。イチで最後までとか」
 1万で本番か。高い高い。とにかくオナニーはしたくないらしい。ちなみにフェラも手コキもそれぞれ5千円、3千円が最低ラインだそうだ。うーん。
「じゃあ、写真撮らせてもらうのはどうですか? ハダカとか」
「あー。顔写らなかったらいいですよ。一枚なら。でもハダカはちょっと」
交渉の結果、おっぱい写真一枚千円で話がまとまった。さあさあ、脱いでください。…デカっ。大げさじゃなくメロン大の胸だ。これは撮影しがいがありますなぁ。そうだ、撮る前に触らせてもらおうか。いちいち許可はいらないよな。ムニムニムニ…。
「これ何カップ?」
「Gです。恥ずかしい…」
「パイズリしてって良く言われるでしょ?」
「うん、でも大変なんでしたくないかなぁ」
5分ほどそのままモミモミしてから胸の写真を撮らせてもらった。さらに10分ほどして、ドアの向こうから声が聞こえてきた。
「入りますねぇ」
 そのしゃがれた声に一気に不安が押し寄せる。入ってきたのはバブル期を彷彿とさせる赤い上着の女性だ。いや女性って言うかオカマ? 山川豊に激似の老婆だ。
「あらお兄さん、今日は何しに来たの? エッチなこと?」
 豊が顔を近づけてくる。うっすら口臭が…。
「いやその、まあ、はい」
「あらぁ、そうなのぉ。お兄さんエッチなんだぁ」
 もはや太ももスリスリされてもなんら嬉しくない。どうするか。
「お姉さんはここに良く来るんですか?」
「だいたい毎日。夕方6時からはいるかな」
「ご結婚とかは?」
「ヒ、ミ、ツ。お兄さんどんなことしたいのぉ?」
あくまで調査として、このレベルの老婆が千円でどこまでやってくれるのかを確認しておこう。どうせだったらドギツイことからお願いするか。「千円で最後まではどうですか?」
「あらぁ。千円? それはムリムリ。何、おカネないの?」
「そうなんです。コンドームありで構わないので、それでお願いできませんか?」
「普段は1はもらってるからねぇ。それはごめんなさい」
 いったい誰がコイツに1万も払ってセックスするってんだ。
「じゃあフェラでお願いします。コンドームつきで」「えええ? いやだぁ。エッチしましょうよ」
「1万は払えないですよ」「7千円でもいいのよ?」
いやいやいや。ごめんなさい。しかたないので千円で胸を触らせてもらった。「それなら条件ばっちしね」と納得してくれたからだ。いちおうオレの乳首を触ってくれたりもしたのだが、いかんせんシワシワの胸が目の前にあるおかげで、ムラムラは1ミクロンも起こらなかった。

突然のディープキスに目を白黒させる真里。続けざまに後ろから抱き寄せるよぅにして胸を揉む。
若干固さが残る揉み応えは若さの証明だ
「あああ…」オッパイを強めに揉みしだくと相当感じるよぅで、熱い吐息が漏れた。股を開かせパンストの上から股間をなぞる。湿った様子が、ハンストのザラザラとした質感を通して指先に伝わってくる。「濡れてきてるね…」「ィャ」
パンストをずらし、ピンクのパンティの上から股間をいじると、もはやグッシヨリだ。
「触って欲しいの…?」
問いかけに、黙ってこくんとうなずく彼女。パンティの上から指を股間の中へと滑り込ませ陰部に
到達すると、かなりネットリとした愛液が湧き出てきている。黒のキャミソ—ルを脱がし、胸を露出させる。肌の色は想像していた以上に白く、乳首は桜貝のように美しい。思わず乳輪にむしゃぶりつく。「うう…」「気持ちいいの?」「うう…」
う—ん、いまいち反応が見えない。んじや、試しに入れてみるか。ジッパーから反り返ったフランクを取り出し、彼女を上に、椅子に座ったままの状態でブスリ。
「ん…ちよっと痛いかも…ん、あつああああ」
膣奥にまで突き刺さり真里の眉間にシワがよる。「どう、気持いい…?」「うん…気持いい…」
「どの辺が気持いいの?」「ああぁぁぁ…、お、おく…奥が気持いいです」
クリを指で剌激しつつ腰を激しく前後にグラインド。そのまま駅弁の体勢でベッドに移動し、正常位でバシバシ!「あっあっ…」感じてるのは間違いないが、なかなか絶頂に達しようとしない。
ふ—。いったん風呂にしますか。力—ン。第2ラウンド開始。改めて彼女の肉体をまじまじ眺めると、その白く張りのある肌はやはり美しい。ああ若いっていいなあ
まずはベッドに横たえ、特に首筋から乳房、そしてへソまでは舌で入念な愛撫を繰り返す。
しかしこの作戦はどうやらくすぐったいらしく、ほとんど効果ナシ。難しいね。となれば結局陰部を中に攻撃するしかないか…〇やはり彼女の弱点はクリ。舌を使って周辺を入念に愛撫していく〇
「ん、あああ…そこ…そこが気持ぃぃの」「どぅして欲しい?」
「入れて…ほしい…」「どこに?」「あ、アソコ」
「えっアソコってどこ、ちゃんと言ってごらん?」
「お、オマンコ…」よっしゃ!これ以上ないとばかりにいきり立った陰茎を膣へブスリ。
「あっあっああああああ…」
バック、背面座位、松葉くずし、ひと通り試し最後は彼女のロの中で発射…って、よかったのかな?
「ぅん、普段は飲んじゃってるし」
2、フェラチオは技術よりしているときの表情が大事
フレッシュさに欠けるが、この際どうでもいい。
「食べたらどうする」「タ方までヒマだから」テレクラバターンの会話だ。
「夏に結婚するの。・・で、その前の遊びってわけ」に「男と同じだね」
「その人、前の仕事のときのお客さんなの」
「前の仕事」「銀座の小さいクラブにいて、つきあっていた人に振られて太っちゃったのよ」
太った理由を男のせいにするのは女特有のクセだ。ともかく、テレクラで「年上の男性を希望」する女の8割は他の目的もあるはず。まずは探りを入れてみよう。
「テレクラの女の人ってお金ばかりで、うんざりするよ」
「あたしもそうかもよ」「そうは見えないけど」「男の人って援助は嫌いなの」
「嫌いとかじゃなくて、ムードがないからね」「ああ、そういつタイプなんだ。恋人気分が欲しいのね。じゃあ、こうしない?あなたの好みの女になるから、そのかわり、ねっ」
女のペースにハマってしまったようだ。負けたいあとは条件折衝でがんばるか。
「結婚祝いってことで何か」「いいわよ、おまかせします」
女が俺の股に触わる。幸いにして、大人の女のようだ。
「これ似合うよ、ぜったい」強引に押しつけて女の首にかける。「いいセンスよ、あなた」
妖艶な笑み。この笑みでフェラされたい。急いで仲町通りに戻り、上野地区のマイホテルへ足を運んだ。男を勃たせる言葉遣いはまるでソープの女のようだ
「いつも恋人とはどうやってするの」
マユミは楽しそうな目で俺を見た。焼き餅をやいて男を燃えさせる言葉ワザが憎い。
「こうするんだ」ジッバーを下げベニスを取り出すと「下げちゃえば」と俺のズボンとバンツを下ろした。「わっ、長いのね」早くもペニスに触っている。前日陰毛を半分ほどにカットした効果はあったようだ。「露出好きなのね。ケンゾウ君って。見ててあけるから、して」
そう言いながら、女もスカートを脱いで陰部を露出、俺の手をとって胸にあてた。小玉スイカのごとく盛り上がった乳をつかんでキスすると、温かい舌が性感を刺激する。デブ肌でもブョンブョンとゴリゴリとマッタリのニ通りあり、この女の場合は最後のマッタリ。手の平のアタリがいい。たぶんダイエットしてもリバウンドしない体質だ。価値の下がった肉体を自覚して、中年のさえない客に体を投げ出す銀座のホステスを想像し、俺は燃える。ギンザには全く縁のない俺に巡ってきた銀座の恋の物語。しかも客のリクエストに応えて何でもアリだという。ならばとカメラを取り出して女に向ける。「なんだかヘンだと思ってたの、さっき写真撮ったりして」
「舐めてるとこ、撮らして」「フフ。自分でするときのオカスってわけね」
「そうなんだ」
大きく舌を出しでペニスの先につける女。レンズに向ける目を見ているだけでイキそうだ。後背位の形にさせて、右手を瞳に入れながら左手の指を女の口にくわえさせる。
「これ、好きなんだ」「恋人はしてくれないの」「遠慮しちゃってね」「女は待ってるのよ」
「じゃあ、お尻の穴もなめられる?」
「恋人なら当たり前でしょ。でも洗ってからね」
風呂場で女が全身を洗ってくれる。まるでソープにいるようだ。ソープを辞めた女は急激に太るという。男を勃たせる言葉遣いといい、手際のよさといい、もしかして・・
まあいいか。おもむろに女に尻を向ける。さあなめてくれ。
「これすると元気になるの?カワイイ」肛門を開いて中心を舐めた後、音を出して吸う。完全に女のベース。体勢を整えて後背位で挿入だ
「気持ちイイ、セックスっていいわー」
腰を動かしながら、大げさに言う女のことばにあえなく果てる。
「お疲れさまでした」女は、コンドームを器用に丸めてクズカゴに捨てると、軽くキスをした。妙にプ口っぼい動作。気になる。外へ出て携帯の着信履歴を見ると、ー件の非通知電話があった。留守メモに若い女の声で「バーカー」と入っていた。K君に連絡すると「2人ともスッポカシでしたよ」と残念がっている。9千円かかったことは内緒にしておこう。広小路の銀行前で落ち合い、女のデジカメ映像を見せた後、約束どおりガード下の鮫子屋に入る。セックスの後のビールと鮫子は格別だ。
〈教えてください、イロイロなこと。オジサマ歓迎〉
ー週間ほどしてK君から再び誘いがあり、彼の地元に近い東西線・葛西へ出動する。今度は回転寿司喰い放題をかけようということになった。テレクラ時代の葛西は、ハメ撮りこそ少ないが、行くたびに人妻と遊べたラッキーゾーンである。中ト口とウニを腹一杯喰ってやる。トーストー枚と味噌汁だけで家を出た。午前10時を過ぎたばかりというのにメールが次々に着信する。前回と同じく、絵文字や¥マーク入りはバスし、ひたすら人妻メールを待つ。一発目は地元に住む34才からだ。
〈刺激的なことしたいワタシを天国へ連れてって〉すかさず返事を送る。
「私、エッチ好きですよ」迷っている俺に女が小声で嘱く。負けた。
銀行で金を下ろし、近くのホテルへ。部屋に入ると、女は楽しそうに俺を挑発した。かぶさってキスすると逃げるが、強引に迫ると舌をからませてきたり。男をオモチャにする技に長けている。「固くなっちゃった」女の顔を引き寄せ、取り出したベニスを口元につけると「チンチンちゃん、こんにちわ」と言って先っぽに舌を付けてきた。俺はフェラチオの技術より、しているときの女の表情を重視する。目をつむってじっと耐えてる顔は気分になれるし、逆に楽しそうなのは恋人気分でクンニさえしてしまう。口に力を入れるでもなく、淡々となめる中途半端なのが一番嫌いだ。この女はさも欲しそうに舌を思い切り出してなめる。それがいかにも可愛い。急いでデジカメとコンバクトカメラを取り出した。
3、飴玉ナメのように攻めてくるベロチュウや顔舐め鼻フェラ
この店の特徴を一言でいえば、あらゆる唾プレイを楽しむことができる、となろうか。
ベロチュウや顔舐め(嬢が客へ)なんてのは当たり前。口の中へのツバ垂らしや、顔や全身をツバまみれにしてもらったりと、相当にぶっ飛んだ遊びが可能なのだ。
なかでも俺がイチオシなのは、鼻フェラだ。これ、嬢が単に鼻を舐めまわすだけではない。時に鼻を口に含んだ状態で、じゅるじゅるべちょべちょと、あめ玉を舐め転がすような感じで攻めてくる。
初めて鼻フェラを体験したときは、正直、目からウロコが2、3枚は落ちたものだ。女に鼻を執拗にむさぼられることが、こんなにも気持ちいいものだなんて。
ツバ好き以外には敷居が高く感じるかもしれないが、ディープキスの際に女とツバ交換をした経験があり、そこに抵抗を感じなかった人なら、割りとすんなりと入っていける。むしろ私もそうだったように、どっぷりとハマることだろう。ワシの愚息を間近でじっくり褒めてほしい。
4、激安ピンサロ嬢が客を早くイカせるために舐めてるミンティアフェラ
イク瞬間に息をフーーッと吐くと、精子が残らず放出されます
東京の大塚のピンサロ街には、2回転1980円や10分千円といった、激安店が軒を連ねている。在籍嬢のレベルは、安かろう悪かろうの最たるモノで、下も下である。安さに釣られてたまーに足を運んでは、いつも女の風貌に驚愕しながらも一応射精させられてしまい、虚しくなっていたのだが…。
あるとき何気に考えた。あんな連中相手なのにイってしまうのはどうしてだろう。オレのチンコがバカなのか? いや、そう言えば、フェラ中にチンコがスースーすることが多いけど、そのへんにカラクリがあるのかも?そこで最近、例のごとく化け物みたいな女と対峙したときに聞いてみたところ、
「あっ、ミンティア舐めてんだよね。イキやすくなるから」
それがテクニックか!というわけで、ミンティアフェラはお勧めです。大塚の化け物たちが容姿を補うために使っているほどの効果、普通の女性にやってもらえば、抜群に気持ちいいですよ。

茶道華道の育ちの良いお嬢さんが風俗に・貞淑なセレブ人妻ヘルス嬢は本物なのか!?

0101_20190105141329560_20191029061107422.jpg0102_2019010514133013b_201910290611082c7.jpg
02220_20200104103806481.jpg02230_20200104103807d49.jpg02240_20200104103809e08.jpg02250_20200104103810fb1.jpg
若い女のコたちは、夏にひと夏の体験いをしちゃうほどハシャギまわり、秋になると我に返っておとなしくなるものですが、年齢がいった人妻さんたちは逆に秋に《実る》といわれています。夏を貞淑に過こしたため、秋に反動が米るんでしょうか人妻は秋がアツい。セレブでしかも人妻ーいつもは背中開きのトレスに身を包み、立食バーティでチーズとワイン片手に社長とかと談笑。しかし、その裏ではお金持ちの旦那に隠れてエ口いことをするセレブ人妻ーイイじゃないー素敵じゃない。
検証して参ります。本当にセレブ人妻を抱けるのか?はたまた実態はただのオバちゃんなのか?
皆さん、旦那さんに内緒で出勤してます
セレブ・ヘルス・人妻Vなどのキーワートで検索するとアホみたいにヒットしまくった格差社会のニッボンに、こんなにセレブがいるわけない、ここは店選びが重要ですよ。数あるサイトからボクが目に止めたのは品川・・品川って、品川プリンスホテルのあるところですよね?(品川に対してあんまり知識がない)セレブもけっこういるんじゃないですか?サイトに写った女性たちの写真は、顔の下半分しか見えない。けど、どことなくセレブなオーラが出ている気がする。電話してみましょう
「はいー、品川です」「そちらにセレブな人妻はいらっしゃいますか?」「はい、セレブ人妻さんは何人か」
胸をドキトキさせなから、約束の場所で待っていると、15時を過ぎたころ、ケータイが鳴った。キョロキョ口とまわりを見回していると、髪の毛の長い白シャツに黒タイトの女性かハイジアの入り口かり出てきた。Aさんだ。うーん、見た目はなかなかです。どことなく賀来千香子似ですよ。でも、けっこう疲れちゃってる系本当は35、36才ってとこでしょうか。それに、やっばりセレブというよりはOL系、微妙だなあ
「じゃあ、ホテルに行きましょうか」
「そうですねえ)Aさんはお住まいはどちらで?」「ううん、埼玉」
うわ、埼玉かよー大丈夫?埼玉にセレフっているの?旦那さんいるんたよね?お仕事は何してるの?企業の社長とか?
「ううん、大工」
埼玉の大工のかあちゃんかよーせんっぜんセレブしゃないじゃんーいや待てよもしかしたら、実家が金持ちなのかもしんない。
「だって、セレフだったらフーゾクなんてやるわけないじゃない。私だって旦那の借金のためにやってるしさー。中には、本当にお金持ちで、エッチなことか好きな人もいるかもしれないけど・・だったら、男の子をお金で買うよね」
「はー、でも私は、フーソク嬢に身を落として、性欲の塊のような男になぶられたいっていう超Mなセレブ人妻もいたりしないのかなあ」
「うーん、わかんない私も神様じゃないから。あ、じゃあここのホテルにしようか7」で、大工のかあちゃんとプレイしてきました。かあちゃんは、フェラが下手くそで口内発射もNGでした。「風邪きみだから」と言って、キスも拒否されました。はああ。
セレブがフーゾクやるわけないじゃない。Aさんのセリフか頭の中をこだまする何とも説得力がある。でも、ここで結論付けていいのか。そもそもボクは、店選びの時点から間違っていたのではないだろうか。やっばり品川とか中途半端な街ではなくて、銀座や六本木もしくは、広尾、白金、自由が丘あたりの、いかにもな高級住宅地の店がいいのではないだろうか?そして、セレブと会うのにTシャツにジーバンという軽装で行った。ボクも悪いこういう真剣味の無さか悪い結果をもたらしたのかもしれない?今度はピシッとスーツを着ていこうじゃないか反省点を踏まえつつ、翌日の昼再び店を検索し、白金・Hという店を発見した白金といえばセレブの代名詞。シロガネーセという言葉はみなさんも知ってますよね?さっそく電話です。
「ええっと・・。今いる子はセレブですか?」「ええ上品な子ですよ、しかもとっても気さくです」セレブといえばお高くとまった存在。なのに気さく。
「じゃあその子でお願いします」
コンビニの前に黒くて長いドレスを着たセレブが立っていた、胸の部分がくっと開き、バストか強調され、背中はバックリと開いているセレフのバーティー会場から抜け出てきた感じ。なにこれオモン口い絵。まずはソファに座ってお話。本物のセレブかとうか確かめなければ。
「どこらへんに住んでるの?東急線?」
「三鷹、中央線」思いっきり普通じゃない、もしかしてBさん、セレブじゃないの?」
「ごめんなさい。私、庶民なの」「しょ、庶民ってー」「あ、お湯かたまったみたい。お風呂行こ」
風俗で稼いでセレブになった子はいる
なんだか、すべてがイヤになってきた自分かり庶民だと告白するなよ・・でも、竹内結子似の人妻だし、ここは楽しませてもらいますよー「旦那さんとエッチしてる?」「仕事が忙しくて、最近あまりしてないの・シャワーをかけなから、Bさんが困ったような顔になった
「30を過ぎると女性ってエッチになるとか言うけど」
そうなの最近エッチが好きになっちゃって・・前はそんなでもなかったのに
聞けばBさん、実はそこまでお金には困っておらず、エ口いことか好きで、この仕事を始めたんだとか。でも、住まいは家賃8万円のアパート。セレブじゃなかったことが悔やまれます。ベットに移動し、横になると勢い良くティンコをくわえる彼女。うっわー、好きそうに舐めるねえ?ねちっこい攻めがメチャクチャ気持ちいい。こちらもムァンコを責めて応戦。肉ひだの中に舌をつっこむと、Bさんが「うんああん」と短い声をあげた「オチンチン欲しい一ええな」「なに言ってるの」「気持ちよくなっちゃったから、このまま入れて、でも、ゴムはしてね」
うわー、庶民はやっばりセックス大好きなんだ。セレフじゃないのが本当に惜しい。Bさんかいきなり上に乗っかってきた。
「バックで突いて」「もっと激しくしてえ」
自分かり色々と体位を指定してくる。キレイな顔してるのにスケべなオンナですよ。旦那さんに心の中で敬礼しながら、最後は正常位で大発射いたしました。「お店にセレブっているの?」プレイか終わり、何気なく聞いてみた。
「ブランドで全身を決めたセレブっぽい子はたくさんいるよ」
「その子って本物のセレブ?」「ハハッ。そもそも本物のセレブかフーソクで働くワケないじゃん。でも、マジメにフーゾクで働いて、セレフになった子なのかなあ?」
正直、セレブはフーゾクにはいないと思われます。しかしブランド物やドレスを身にまとってるセレブっぽいコはいます。あと、聞いたところによると、「品川」や「白金」と書かれていても、実際にお店は全然違うところにあったりするので、だまされないように。何だか寂しい気持ちでいっぱいです。
1、驚くのはそのアイドル並みの口リフェイスです。童顔と黒髪ショートヘアの雰囲気がモデルの田中美保にそっくりなんです。下手なAV女優なんかよりも数倍美人なのに、パネル写真で顔出しをしていないので、指名数も少なく予約もほとんど埋まっていない穴場物件です。実際に対面してみると、独特の愛婿があって、たまに見せる笑顔も田中美保そのもの。おっとりとした喋り方なので男心をくすぐられまくりです。とにかく会ってみればその愛くるしいルックスにヤラれること問違いなし。こんな子にチンコをくわえてもらえるだけでありがたいと思えるはずです。
2、SM性感
茶華道のたしなみが接客に現れるおしとやかなお嬢さん
この店には風俗嬢にしておくのがもったいないほど上品なお嬢さんが在籍しています。清楚な顔立ちで礼儀正しく、言葉遣いや所作が丁寧なので、特に年配客たちの人気を集めているみたいです。まず入室すると「いらっしゃいませ・・」と深々と三つ指ついてお出迎え。続いてこちらの服をゆっくりと脱がせると、その服を丁寧に畳んでくれます。
敬語も上手に使いこなすので、育ちの良さそうな印象を受けます。本人に伺った話ではお茶とお花の習い事にも通っているそうです。ところがいざプレイになると甘ったるい声で淫語を連発。男のM心をくすぐるように縛り付けて、アナルやチンポを優しく刺激してくれるのです。そのギャップにやられっばなしです。
3、手島優ソックリならば追加料金もやむなし
お店のランキングではいつもダントツの人気ナンバー1。特別指名料金として別途1万円もかかるスーパーデリヘル嬢だ。グラビアアイドルの手島優にソックリだともっばらの評判だが、個人的には彼女の方が可愛いと思う。冗談抜きでそれぐらいルックスレベルは高い。プレイ自体はノーマルだが、顔射やゴックンなどのオプションが可能だし、アナル舐めまでしてくれる。これなら追加料金も仕方ない。
4、難波の街でAKB板野友美がペロぺロしている
黒髪ショートの田中美保似がチンコをくわえるなんて
彼女のそっくりレベルはハンパありません。一瞬本物かと見紛うほどAKBのトモちんなんです。ベッドの上で、あの国民的アイドルとHなことが出来るなんて夢のような話です。もう、わざわざCDを買って握手会に並ぶなんてナンセンスなのです!で、実際に服を脱がせてみると肉付きもよくプレイも悪くない。AKBファンなら病みつきになること問違いなしです。

精子・精液を食べる変態プレイ!口内発射ザーメンごっくんマニアの食ザープレイ体験談

食ザー食ザー食ザー食ザー食ザーザーメンが好きな淫乱です。だって口内発射したザー汁を口の中で転がして味わいつつ飲み込んだり、チンポについた残り汁を執拗に舐めとったり、演じてるのか素なのかわからないほどの痴女っぷりなんです。自慢のEカップ巨乳でパイズリ発射したあとも、ザーメンを指ですくい取って口に入れたりするし。頼んでないのにお掃除フェラまでしてくれるエロ女なんて、AV以外では初めて見ました。
食ザープレイ体験談
この不肖・町田読者のみなさんの中で気づいている人がいるかとうかは知りませんが、ある性癖を持っています?それは顔射です。上ってくる射精感思いを精液に込めて、よその娘さんの顔にぶっかける。それが顔射。昔は変態と呼ばれていたこの行為も、ここ数年のAVジャンルの多様化でボビュラーな存在になってきました顔射が大好きなボクとしては嬉しいかきり、ある日、そんなボクに尾形編集長から電話がありました。「おお、今回のフーゾク噂の真相な、テーマを思いついたよ」いつもテーマについて提案してくることなんかなかった尾形さんなんだか悪い予感かするなあ。どんなテーマなんです?
「なんか、最近、食ザーていうオプションをやってる店があるらしいんだよ。わかるかフ食ザーって」食ザーぶっかけAVが好きな人にとっては常識だが、わからない人のために脱明しよう。食ザーとは「食ザーメン」の略。つまり、出した精液を食べ物にかけて、女のコに食べさせるという鬼畜ブレイのことだ。「もちろん知ってますけど・・」に「オレは全然そういう趣味ないし、気持ち悪いだけなんだけど、町田って顔射したり飲ませたりとか好きだろ?どれくらい興奮するのかを検証して来いよー。ガッハッハッハー」
そう笑って電話を切る尾形さん。いや確かに顔射は大好きなんだけと、食ザーはどうだろうか?AVの世界では、プレイのひとつとして認識してるけど、実際にやってみて興奮を得られるものなのか?顔射は絶頂とともに女のコを汚せるけと、絶頂か過きて、ティンコがシポんでるときに、精液のかかった食べ物を食わせても・・尾形さんじゃなくても気持ち悪いだけなのでは…今回は正直、気が乗りませんが、とにかく検証してきまーす(ダラダラしたテンションで)
2万5千円は高くないか?
【食ザー・オプション】などのキーワードで採してみると、数件がヒット。その中でも目を引いたのがMという店だ。M・K監督といえは、顔射業界で知らない人はいないと言われる、顔射AVのトップアスリート。そのカリスマ監督が完全ブロデュースというならば、試してみるしかないだろう。このMはなんと顔射や服射が無料。しかも、5千円で食ザーも可能(食べ物は客のほうで用意生モノNG)だという心この店は基本、デリヘルの形を採っているが、歌舞伎町内のホテルへ呼びつければ、足代は無料さっそく新宿へと足を蓮んだ。
「もしもし、今、歌舞伎町にいるんですが女のコはどんな感じです?」
「えー、ウチの女のコたちは、サーピスやルックスで(上級)と(監督推薦)に分かれています。上級はー時間ー万5千円推薦はー時IuJ1万8千円なんてすね」つまり、今は推薦枠しかなくて、ー万8千円。プラス食ザーで5千円。プラスホテル代がかかるってことか。2千円のホテルでも2万5千円かかるという。高いなあ。とりあえす試すしかない。ケータイで監督お墨付きの指名打者Aちゃんをチェックすると、細身で目パチの美人だ。キャパ嬢っぽいなあ。キャバ嬢だとしたら、ナンバー3までには入りそうなルックス。キャバに行って、出てきたナンバー3に、自分の精液ぶっかけた食物を食べさせられるって考えたら高くはないか。店にAちゃんでイクことを伝え、指定されたホテルへ。
おっと、その前に、食サー用の食べ物を買わなくては。うーん、いったいナニを食べさせたらいいんでしょう。ナ二を食べさせたら興奮するのかしら?やっばりビジュアル的に映スるモンがいいよなあ。コーヒーゼリーとか白い精液がミルクっぼくなってオシャレかもコンビニのコーヒーゼリーに手を伸はしかけて、手が止まる。
いや、でもそれって絶対に不味いよなあ、それよりも「ああ美味しいー」って、淫乱っぼく食べてもらったほうか興奮するかも。よし、ここはザーメンの味がよくわからなくなるよう、味の濃いモノにしよう。結局、コーヒーゼリーの横においてあったマンゴープリンを買うことにしたこれなら美味しそうに「マンコに精子かけて食べさせて」と言ってもらえるし何だか、ちょっとだけ興奮してきたぞ。ホテルへ入り、待つこと30分。コンコンとドアをノックする音が聞こえた
顔射され過ぎで目が真っ赤
扉を開けたボクは、凍リつきました。夏なのに。目の前に立っていたAちゃん、細身で色白で美人目もバッチリなんだけど目が真っ赤でした。いゃ、読者のみなさんが想像しているより全然です白目が全部赤いんです異常なくらいに。その赤さも「充血してる」なんてレベルじゃありません。郵便ボストくらいの赤さなんです。もう絶句「…どうしたのその目」「え何がですか?」「いや、何がじゃないでしょ?赤すきるでしょ?ヤバすぎるって、眼科には行った?」「そんなに赤くないですよー」
え何言ってんの?おかしいだろーどう考えたって失明一歩手前ですよ、それ。
「いや・・自分でも異常だと思うでしょ。大丈夫だよ、店にチェンジするとか言わないから」
「あーそうですよね最近、ずっと目が赤くて、目薬してるんですけど効かなくて」
「いつかり目か痛くなったの」「顔射されたときに目に入って」
はい職業病でした。顔射店の宿命でしょうか。しかし、その真っ赤な目正直、エ口い気分なんか吹っ飛びました。
そんなエ口心マイナス5億のボクを尻目に、Aちゃんは「バンツの上からフェラしてほしい?」「出した精液はどうしてほしい?」と質間してきます。で、仕方ないから、男らしく堂々と要求しました。「じゃあ、最後は顔にぶっかけて、それを指でかき集めて口に入れて、そのままマンゴープリンの上に垂らして、最後は食ザーのオプションで」
「あー、食ザーですかー。マンゴープリン大好きだから」そう言って再びスマイル。
すごい量ーいただきまーす
シャワーから出ると、Aちゃんの真っ赤な瞳の色が認識できないくらいに部屋を暗くした。まずはAちゃん、ボクの顔をナメまわすようなキス攻撃です。いつもなり興奮するんだけと、この暗さの向こうに赤い目があると思うと、ティンコの反応もイマイチです。
集中すること30分妖怪とは言いつつも、さすがは監督推薦、喉奥まで突っ込み、口内で舌を踊らすようなフェラに、ティンコはガッチガチです。じゆるっぼん、じゆるっぼん。ヤらしい音が部屋中に響き渡ります・玉裏から精液が上がってくる感覚そろそろイキそうかもー
「顔かけてえー」ティンコから口をはなさずにオネダリするAちゃんーよおーし、イクぞ
口からティンコをすっぼーんと抜き、目を閉じるAちゃんの顔に精液をシゴき出す。ほっべたから、ロ元、おでこにいたるまで、精液がシュバシュバっとかかる。ふいーそのまま、指と、プリンを食べる用のブラスティックスプーンで、おでこやら、ほっぺたやらの精液をかき集め、Aちゃんの口に入れる。うわ、なんだか、スゲーことしてるよ、ボク。キレイに精液を集めた後、バ力っと口を開ける。Aちゃんの舌が浸るほどの量の精液をそのままフタを剥いたマンゴープリンにト口ーっと垂らす。「すごい量ー、いただきまーす」プラスティックスプーンで、精液いっばいになったマンゴープリンをすくい口の中へにっこり笑いながら、味わうように飲み込むうっひゃー、本当に食べたよー味は?
「んーちょっとしょっばいけど、美味しいよ、マンゴープリンって感じ」
美味しそうに食べるAちゃんを見ていて思いました。なんだか興奮しませんわ、コレどころか、Aちゃんが嬉しそうに食べれば食べるほと、むしろ気持ち悪いよ。もしかしたら食ザーの醍醐味って、女のコがイヤがって、無理やり食べさせられてる方が興奮するんじゃないかしら?それに、Aちゃんの赤い目にも原因があるような気がしてなりません。こりゃあ、もう一度、違うコと違う食材で試してみなくては
翌日、再び歌舞伎町今度は、当初考えていたコーヒーセリーで挑戦してみた。
今回のBちゃんは、目は赤くなかったものの、積液をかける前に、勝手にコーヒーゼリーにガムシロをたっぶリ入れやがりました。2日問続けての発射に精液が少なかったこともあってか、「うん、美味しい」と、平気でニコニコ笑う彼女。くっそ、興奮できねーよ。やっば気持ち悪いだけだよー
精液豆腐を食べてもらおう
さて、次が最後のチャレンジだ。ここは店を変えてみようボクが信用するザーメン専門店だ。今までも即尺ヘルスはとんなベニスでもくわえられるのか、動画撮影のオプションで自分好みのAVがとれるのか」と、何度か本誌にも登場したカリスマ店だが、調へてみると、ちゃんと食ザーのオブションがあるではないか。しかもオプション料は4千円とMより安いし。ー週間後。受付の扉を叩き、いつもニコヤカな店員に「食ザー」を注文。女のコは、ギャルっぼくて、「サーメン大好き」を自称するというcちゃんを指名した。いいねス、こういう女のコに、嫌がらせのように精液を食わすのが快感なのよきっと。
精液の素材の良さを引き出し、味がよくわかる食材・・それは、かつお節も醤油も一切乗せす、精液を直にかけた絹こし豆腐。どうだ?このとこにも逃けられない味。もう考えただけで泣きそうになるだろう。ザーメン好きをきどっていても、さすがに精液豆腐はイヤだろう。泣きながら食べる姿。S心がくすぐられるのう。ニヤニヤしながら待っているところに、cちゃんが到着。
「こんばんにゃー」と、ノリもいいけど、アタマも悪そうなギャルだ。
「えーっと、今日は食ザーなんだよね?私、食ザーオプション初めてだからウキウキするよお。で、ナニにザーメンかけるのお」
おいおい、初食ザーのクセに「自称・ザーメン好き」ですか?ポクのジーンズを脱がし、バックリと即尺してくるcちゃん亀頭部分から玉まで優しくナメ上げ、ちょっとだけ歯を立てながらの深々としたディープスロート。ヤバすきるフェラテク。早く、ザーメン食させてくだしゃいい。玉をコロコ口転がしながら、上目使いで亀頭をナメながら言う。くっそおー、どんなにイヤがっても全部食べさせてやるからなあ。
やがてくる絶頂感。玉の奥から溜めた精液がcちゃんの口の中に打ち込まれた。2度3度、大砲が轟く。そのたびに「ううんー」と、声をあげる彼女。一滴残らず吸い尽くした後、cちゃんか口からティンコを吐き出す、そして、ボクの顔を見ながら黒いプラスティックのめんつゆ入れに精液を垂らす。
悲しそうな顔をして口を開ける。口の中には、真っ白く泡立ったそばの塊が糸を引いて粉々になっていた。おおおええええ、気もち悪いいーやっばり女のコが美味しそうであろうと、不味そうであろうと気持ち悪いよ。結局、ポクとcちゃんのテンンョンは下がりまくり。でも彼女は、最後まで全部おそばを食べましたとさ。
食ザー。確かに精液を飲ませたいごっくんマニアからすると夢のようなオプションだ。ボクもそういつの嫌いじゃないと思ってたんですが正直気持ちが悪くなりました。でも、世の中には、ポク以上にマニアックな人がいると思うので、興味ある方はぜひ。精液ト口ロそば以上の食材を試したい人は、ソーメンで試してはいかがでしょうか?正直、ポクはもう食ザーはこりごりです。

口内発射もセックス後のお掃除フェラも情に訴えてさせろ|エッチテク

0186_2019082219542718d.jpg0187_20190822195428ef7.jpg0188_201908221954296c1.jpg0189_20190822195431692.jpg
口内発射を嫌う女に無理強いは逆効果だ
そんなに拒否されると俺の体液が汚いって思われてるみたいで悲しいな…
女は情に訴えられると途端に優しくなる生き物なのだ
やがてセックス後のお掃除フェラまでこなすナメナメ娘に生まれ変わります
女のフェラ技術を上げる一番の近道は、おしゃぶり好きにさせるに限る。「好きこそモノの上手なれ」という言葉もあるように、人間とは自分の好きなことになら苦労を苦労と思わず、ひたすら研究に没頭するものだ。
では、どうやってその流れに持っていくかというと、日ごろから女のフェラを誉めまくってやれば
いい。他人に絶賛された自分の技術に誇りを感じ、愛着を抱いてしまうのもまた、人間の根源的な習性だ。とはいえ単に「フラ上手いね」「気持ちいいよ」と誉めるだけでは全然もの足りない。その
くらいのお世辞など過去の男たちから散々言われてきたはずなので、いまさら心に刺さらないのだ。
 フェラが始まったらまず「ああ、ああ」とやや大げさに喘ぎ声を出し続け、一区切りついたところで、呆然とした表情で女を見つめる。そして、ちょっと信じられないといった仕草で首を左右に振りながら、こうつぶやくのだ。
「何コレ? 気持ち良すぎで白目むいちゃったよ。今までフェラは好きでも嫌いでもなかったけど、●●ちゃんのおかげでドハマリしそう」
 その後も2、3回、フェラされるたびに悶えまくり、ドハマリした様子を見せつけてやれば、もうこちらのもの。自信をつけた女はさらに技術を向上させるべく、ひとりでに走り出す。
Copyright © エロ漫画無料アダルト裏モノJAPAN All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます