お嬢様のタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:お嬢様

  • 2020/01/12出会い攻略

    庶民の女が金持ち男に憧れるならお嬢様は庶民の男に憧れるのか。お嬢さんには新鮮に違いない田舎もんの観光スポットや小汚い飲み屋をデートに連れて行ってみた。 男女の世界には、わざわざ文字にするまでもない当たり前の法則がある。〝庶民の女は、金持ち男に憧れる〞あえて例など出さなくても、周りにいくらだっているだろう。リッチマンが好きな女なんて。アホなキャバ嬢なんかもその類か。オレにすれば、こんな法則はどうだっ...

    記事を読む

  • 2019/12/28奴隷ちゃん調教

     今回ご登場のお嬢様は、都内某所のお嬢様学校に通われていらっしゃる20歳の女子大生です。性格はとてもおしとやかでお上品。透明感のある白い肌に、凛としたお美しいお顔立ち。これぞまさしくお嬢様、といった感じの可憐な女の子でいらっしゃいます。本来なら僕のような品性の欠片もない変態おっさんとは知り合うはずもない御方なのです。そんなお嬢様との出会いは2年ほど前のこと。〝舐めるだけ〞という僕のコンセプトに興...

    記事を読む

  • 2019/11/09素人の本物ヌード

    川崎で清楚なお嬢様にセックスの体験談を聞いてみたちょっといいですか。はあ。いやいやナンパじゃないです。写メとかてよく撮ります?ベッピンさんにヌード写真を撮らせてもらおうという雑誌企画でして。やだてか私、足太いし。逆に撮られたりは?あんまり…。じゃあ、もしよかったらオネーさんの太もものサイズを計りますから(おもむろにタッチ)お願いですから撮らせてくださいよ。ギャラも払いますからちゃんとしたカメラで撮...

    記事を読む

  • 2019/08/11援助交際・パパ活

    反応したのは20才の女子大生さんだ。〈すぐに行けます。容姿にはわりと気を使ってるので不快な思いはさせないと思いますよ〉『すぐに』の部分に5万円のパワーを感じる。 約束のアルタ前に事前に聞いておいた花柄ワンピの子が到着した。サングラスをしてるのでカワイイのかどうかわからない。「はじめまして。今日はよろしくお願いします。新宿はなかなか来ないので迷ってました」 ずいぶん丁寧な口調に戸惑いながら「少し話して...

    記事を読む

  • 2018/12/22裏風俗・風俗体験談

    「フーゾクに抵抗があるから……」と、1カ月前まで手コキのみしかやっていなかったライト店のコが本番を許す驚異のテクニック!足指舐め本番法!フーゾク界に激震が走りますよ! これは! ……しかし、もしかしたら初回の1回がたまたまうまく行ったラッキーだったかもしれません。ここはもう何回か試してみたいところです。そこで次は「M性感系」のお店に行ってみることにしました。M性感といえば、基本はSな女のコにイニシアチブ...

    記事を読む

  • 2018/09/07素人の本物ヌード

    【概略・全文は上記記事をお読みください】これからどちらに?買い物しようかと。学生さんですか?いえ、働いてますよ。いろんな仕事してるんですけど。というと?モデルと、ダンスと、メイクスタイリストと、音楽と、プログラマー…ですね。すげー、モデルなんだ。たいしたもんじゃないんですけど、12才からやってます。コンテストで受賞したのがきっかけで。ところで、現在カレシは?いますよ。やってる? エッチ。あんまり。性欲...

    記事を読む

  • 2017/04/18素人の本物ヌード

    モデルになってくれない?もちろんお礼に、ごによごによくらぃ払うんで雑誌なんです……顔は出るんですか?ですできません口元隠していいっすよ!雑誌とかですか?ファッション誌?そうですねというわけでホテルヘ高校卒業するまでちゃん翌付き合ったんですよ続いたねぇ浮気されたりもしたけど 私は一途だったんで 。セックスが良かったとか?何されたときが一番気持ちよかったの?電マかなぁ。電マはヤバイです( ニャニャ笑う )す...

    記事を読む

映画やドラマのような恋愛がしたい・お嬢様は庶民的なエスコートにぐっとくる

1_202001121658048fe.jpg2_20200112165805551.jpg3_20200112165807392.jpg4_202001121658089a3.jpg5_20200112165810ae7.jpg6_202001121658112f1.jpg7_20200112165813533.jpg8_20200112165814b03.jpg

庶民の女が金持ち男に憧れるならお嬢様は庶民の男に憧れるのか。お嬢さんには新鮮に違いない田舎もんの観光スポットや小汚い飲み屋をデートに連れて行ってみた。

男女の世界には、わざわざ文字にするまでもない当たり前の法則がある。
〝庶民の女は、金持ち男に憧れる〞
あえて例など出さなくても、周りにいくらだっているだろう。リッチマンが好きな女なんて。アホなキャバ嬢なんかもその類か。オレにすれば、こんな法則はどうだっていい。金持ちじゃないんだから知ってたってしょうがない。大事なのはその逆の法則である。
〝お嬢様は、庶民の男に憧れる〞
こちらは当たり前じゃないのでピンとこない人もいるだろう。現にお嬢様と金持ちのカップルも多いわけだし。でも、あると思いますよコレ。女ってのは、特に世間知らずの女ってのは、自分から遠い世界の男に憧れがちなんです。
『ローマの休日』のアン王女が恋したのは、たかが一介の新聞記者だった。一緒に市場を歩いたりバイクに乗ったりと、飾らないデートによって彼女は新鮮さを感じ、退屈を忘れさせてくれた新聞記者に惚れたのだ。もちろんフィクションだ。でもあの映画が好きな女が多いってことは、つまり「わかるわかる」ってこと。私も退屈な日々から逃れて、あんな庶民的で飾らない人にどこかへ連れてってほしいわ、と願ってるんです。
『マー君の休日』作戦、いざ!というわけで週末夜、スーツでキメたオレは、新宿のお見合いパーティにやってきた。世間知らずのお嬢様を探すためだ。会場はかなり混んでおり、女性陣は30人ほどいる。ひとまずルックスは脇に置き、お嬢さまっぽい子をチェック。
ジーンズやスニーカーは当然パスだ。望ましいのはワンピースで、髪は黒。一人で積極的に参加しているのではなく、友達と一緒にはにかんでるようなのがいい。あてはまるのは5人くらいか。回転寿司タイムではその5人のみに気合いを入れることにした。
候補1人目。
「あ、どうも」
「よろしくお願いします」
プロフカードに「趣味・フットサル」とあったのでスルーだ。そんなのお嬢様じゃない。
2人目。「趣味・お茶」はアリだが、大酒飲みらしいのでパス。
3人目は、住まいがいわゆる貧困エリアだったのでパス。
そんなこんなで4人目、ようやく希望に添った女の子が現れた。
名前はゆかり、24才。杉並の実家住まいで、お菓子作りが趣味という。
この子に決めた。顔は小倉優子っぽいロリ系だし、笑うときに口元に手をあてるのもお嬢様っぽくてよろしい!
しかしこういう子は他の男もほっとかない。勝負をかけるべきフリータイムで彼女に人気が集まってしまった。オレはパーティのプロだ。こういうときは彼女の友達のほうを籠絡するに限る。
「友達のゆかりちゃん、気に入っちゃったよ」
「しゃべらないんですか?」
「他に男いっぱいいるしね。それに、君とも友達になりたいし」
「はは、そうですね」友達のキャラはお嬢様タイプじゃない。この手のペアは【友達>ゆかり】の力関係のはずなので、こっちに好印象を与えておくほうが実は近道だったりするのである。
…案の定、ゆかりとカップルにはなれなかった。幸い、ゆかりたちペアもパートナーは見つかっていないので、得意の裏ワザ発動だ。
会場外で待ち伏せし、2人が出てきたところに声をかける。
「どうも、おつかれー」
「どうも〜」
反応したのは友達だ。あの作戦が奏功したか。
「3人でメシでもどうかな?」
「うーん、時間ないんで」
「そう、じゃあ連絡先だけでも」
友達がニヤっとした。
「ゆかりのこと、気に入ってたもんね」
「そうそう、そうなのよ。あははは」
頭をぼりぼり掻きながらケータイを取り出して2人をせっつくと、友達が笑った。
「え、私も?」
「うん、仲良くなろうよ」
これがプロの技です。ゆかりだけじゃなく友達も一緒くたにすることによって〝重さ〞をなくす。覚えておくといいでしょう。ゆかりも笑顔を見せた。
「赤外線わからないんです。どこから出てるの?」
「そこそこ、触ると危ないよ」
「ウソだー(笑)」
めでたくメアドを入手した。以上、これだけでも500円ぐらいの価値ある手口ですが、作戦はまだまだ序盤です。
当日からゆかりとのメール交換が始まった。
長期戦を覚悟し、最初はこっちの友人を交えて4人で遊ぼう的な誘いから入ったところ、予定を合わせるのが大変だからと、向こうのほうから2人でのデートを提案してきた。
しかし条件は
〈夜9時までには家に帰りたいです〉
だと。生粋のお嬢様なのかも知れん。まあしかし『マー君の休日』作戦からすれば、日中のほうがなにかと好都合だ。いろいろ動き回れるし。
翌週末、午後1時。オレはレンタルしたベスパで待ち合わせ場所へ向かった。バイクの二人乗りで、庶民の遊び場を案内する計画である。こちらに気付いた彼女は目をパチパチさせた。
「ほんとにバイクで来たんですね?」
「うん、はい、ヘルメットどうぞ」
「えー、じゃあ乗りますよ?」
「オッケー、落ちないようしがみついてね」
ゆかりの両手が、オレの腰をぎゅっと握った。出発進行!車をすり抜け、バイクは東京タワーを目指す。揺れで体がちょこちょこ触れあうのがなんとも心地よい。
「バイクって慣れてくるとけっこう楽しいでしょ?」
「そうですね。でも、ちょっと寒いですね」
たしかに寒いわな。なんせ2月なんだし。付き合いのいい子(押しに弱い子?)でよかったよかった。まもなく東京タワーに到着した。ゆかりが天をあおぐ
「すごーい、私こんな真下から見たの初めてです」
それが狙いだったのだ。東京タワーは田舎もんの観光スポット。杉並育ちのお嬢さんには新鮮に違いない。では次なる庶民アピールとして、買い食いをしてみよう。スペイン広場でのジェラートに匹敵するのは、やっぱあれか。よし、コンビニにひとっ走りだ。
「お待たせ。これ、ガリガリ君」
「あ、ありがとうございます」
「食べたことある?」
「ありますよ」
あるのか。残念だな。でもこうやって外で食べるのは新鮮でしょ。
「おいしい?」
「はい、でも寒いですね」
そうだ、忘れてた。アイスなんか食わせてる場合じゃなかった。こっそり尾行してるカメラマンのバイトちゃんも、遠くからバッテンマークを送ってきてるし。失敗を取り戻すため、次はベスパ
で花屋へ向かおう。このカマシは効くはずだ。映画のマネだけど。花屋、花屋と…、よし、あそこだ。
「ちょっと待っててね」バラの花束を買い、彼女に差し出す。
「えっ?」
「プレゼント」
「え?」
「何となくあげたくなって」
「えーーいきなりですかー!」
喜んでる。大成功!
お次は神社へ向かおう。なぜ神社か。もちろんあれをするためです。あらかじめ調べをつけておいた某神社のこま犬の前に立ち、オレは真剣な表情を浮かべてみせた。
「ここのコマ犬は、真実の犬というんだけどね」
「なんですか、それ」
「うそつきが口に手を入れると噛まれるんだよ」
「はは、どっか外国にありますよね」
知ってましたか。でも気にせず、犬の口に手に入れて…。
「痛い痛い痛い!」
スーツの袖が短くて、手首を隠すわけにはいかなかったが、どう、オレってひょうきん者?
んーー、なんか反応がイマイチだな。隠し撮りのバイトちゃんはあっちで腹を抱えてるけど。彼女の希望で小洒落た喫茶店に入ることになった。よっぽど寒かったみたいだ。
紅茶を飲みながら、ゆかりが笑う。
「バイクで出かけるのって楽しいですね」
「そう?よかった〜」
「よく2人乗りするんですか?」
「うん、まあ普段は男同士だけどね」
「へぇ」
こんな会話は、まあどうだっていい。オレとしては紅茶なんか飲んでないで、もっと楽しいとこへ連れて行きたいところだ。というわけで、急かすように喫茶店を出て、次はドンキへ。どうだ、このごちゃごちゃした店内は。どうだ、この値段は。三越や高島屋とは格が違うだろう。
「ドンキ初めて?」「ちゃんと入ったのは初めてかも。なんでもありますね」
「でしょ、でしょ」
おっ? あそこに電マがある。スイッチ入れてセクハラしたいけど、さすがに引くかな。あきらめとこう。続いて庶民の娯楽、パチンコ屋へ。雰囲気だけでも味合わせようと、ホールをふらっと歩いてみる。彼女がふと耳打ちしてきた。
「…あの人がパチプロですか?」
ある客がハンドルにカードを突っ込んで固定しているのを見て、そう思ったそうだ。可愛らしい! この瞬間、オレは恋に落ちた。
「試しにどれか打ってみれば? 当たるかもよ」
適当なスロット台に座らせて、コインを入れてやる。
「押してごらん」「順番に押せばいいんですよね。えい、えい、えい」
2分後、「7」が3つ揃った。何コレ?当たりなの?オレもよくわかんないんだけど。
「ゆかりちゃん、すごいよ。大当たりだよ!」
「ホントですか?すごーい、やったー」
台が鳴り止んだところで打ち止めし、4500円が手に入った。
「よかったね、お小遣いにすれば?」
「いいですいいです、もらってください」
いい子すぎ!惚れた!パチンコ屋を出ると、すでに夕方6時を回っていた。門限があるのであまり遅くなれないが、軽く一杯ぐらいは飲みたいところだ。うん、バイクはパーキングに停めっぱなしにして、グイッと行こうじゃないの。やってきたのは、新宿しょんべん横丁だ。小汚い飲み屋が軒を連ねる一角である。どうせならクセのありそうな店に入ったほうがいい。そこの焼き鳥屋にするか。
「いらっしゃい、おねーちゃん」
先客のおっちゃんたちが気安く声をかけてきた。こんなカワイイお嬢さん、珍しいんだろう。
「ゆかりちゃん、何飲む?」
「じゃあ、カンパリオレンジとかありますか?」
カンパリねえ。悪いけどそういうのはないんだよ。
「それはないね。ウーロンハイにしたら?」
「飲んだことないんですけど…」
「うん、まあウーロン茶みたいなもんだよ」
「じゃあそれで」
ひとくち飲んで、彼女はウンウンとうなずいた。
「私、これなら飲めますね」
「でしょ。じゃあ何か頼もうか」
2人でメニューを覗き込む。
「シロって何ですか?」
「ブタの内臓だよ」
「てっぽうって何ですか?」
「ブタの直腸だよ。こういう場末の焼鳥屋って、ブタの臓物が多いんだよね」
「へ〜、ぜんぜん知りませんでした」
焼き鳥の盛り合わせ、煮込み、マカロニサラダなどを注文し、二人して食してみる。こういうのは安くて下品だけど、味はイケるん…なんかあまり旨くないな。煮込みもしょっぱいし。
「どう?口に合う?」
「はい、おいしいですよ」
「ホントに?」
「はい。ツマミって感じで」
彼女、すごく気を遣っちゃう性格なのかもしれないな。でもここは言葉どおりに受け取っておこう。
「ゆかりちゃん、今日はいろいろありがとね」
「いえいえ、こちらこそ」
「どこが印象的だった?」
「うーん、バラの花ですかね。あと、この店も」
おふざけ半分の企画だったが、どうやらバッチリ成功したみたいだ。
ではその後の展開を報告しよう。メールは続いている。内容は、どこで何をしたかぐらいの他愛ないものだ。でも会えてはいない。彼女が忙しく時間が作れないのが理由だ。
一方ヒマだらけのオレは、次のデートは一転して、自由が丘のおしゃれレストランあたりでキメてやろうと、下見の真っ最中である。

お嬢様学校に通われている女子大生をクンニ・ルームメイトと一緒に3P

201312116.jpg 201312117.jpg
0148_201912271749270b6.jpg今回ご登場のお嬢様は、都内某所のお嬢様学校に通われていらっしゃる20歳の女子大生です。性格はとてもおしとやかでお上品。透明感のある白い肌に、凛としたお美しいお顔立ち。これぞまさしくお嬢様、といった感じの可憐な女の子でいらっしゃいます。本来なら僕のような品性の欠片もない変態おっさんとは知り合うはずもない御方なのです。そんなお嬢様との出会いは2年ほど前のこと。〝舐めるだけ〞という僕のコンセプトに興味を持ってくださり、「私もしてほしい」と勇気を出してご連絡いただいたのがきっかけでした。
 最初は恥ずかしがりながらも、「すごく気持ちいいです」と気に入っていただき、朝から夕方まで、8時間くらいのクンニ奉仕をご堪能くださいました。今月の頭、そんな彼女から久しぶりにご用命のメールが届きました。待ち合わせの駅前にはやはり変わらず可愛らしいワンピース姿のお嬢様が立っていらっしゃいました。お嬢様「久しぶりだね。じゃあ行こうか」
国田「はい、よろしくお願いします」
 まるで男女逆転のような会話ですが、これが僕たちのあたりまえです。クンニルームこと僕の部屋に到着し、お嬢様がスカートとパンティを脱がれます。言葉を交わすことなく、当然のように僕はお嬢様の股間に陣取ります。御奉仕のスタートです。
 お嬢様はいままでもそうでしたが、「もっと舐めてっ!」とか「ンギモッヂイイィィィ!」などと卑猥になることはありません。イキそうになっても恥ずかしそうに顔を手で覆いながら「ん…」とこぼすくらいです。体勢を変えたいときなどは、囁くようなかすかな小声で「どうすればいい?」と尋ねられます。そんなときの頬を赤らめるその無垢な表情はまさしく天使。(なんて可愛いんだろう…)と変態オッサンはキュンキュンしてしまうのであります。とにかく清楚なお嬢様ですので決して卑猥な台詞は口にしないのですが、限られた時間はクンニを満喫しようという前向きな姿勢は一緒に居るとひしひしと伝わってまいります。
 ご実家暮らしのお嬢様には門限という制限があるので、それが時間いっぱい楽しもうとする積極性を高めているのかもしれません。ことあるごとに僕の顔を跨いでは顔面騎乗にもっていったり。僕のクンニ奉仕がアソコから離れようものなら、すぐさま無言で頭をそっと押さえ付けたり。横になって寝っ転がるときも、お尻だけは布団から出して無言で舐めの催促をされたり。ソファーに腰かけてテレビを観るときも当然僕はその御足下にひざまづいてクンニをし続けます。そうして朝から夕方までのおよそ8時間は、ほとんどノンストップでクンニ奉仕を満喫してくださるのです。
ルームメイトと一緒に3P
部屋でHしませんか?でも、ルームメイトが一緒に住んでるから3Pでお願い
美人局やら、男のイタズラでもない。もしヘンなヤツが来たらとっとと逃げるだけ。誘いに乗る旨、メールを送った。「こんにちわ、山樹さんですか?」
腕を組まれ、半信半疑のまま、彼女のマンションへ。すでに、息子は半起ち状態だ。果たして、相方は男だった。しかも、筋骨隆々のヘビー級ボクサーのようなマッチョマンだ。腰がワナワナとくだけていく。「私の彼氏。よろしくね」「「あ、いや…どうも」
不安におののく俺を尻に、男は笑顔で服を脱ぎ始めた。
「さ、君も早く服脱いで、2人がかりで彼女をイカセようぜ」
強引に服を剥ぎ取られ、あれよあれよという間に、男2人女1人の奇妙な3Pが始まった。なんだ、この展開は
「彼女、乳首が性感帯なんだ。両方から舐めあげるぞ」
「俺がクンニすっから、お前はアナル舐めてやれー」
「二人で足の指しゃぶりまくるぞー」
男の的確な指示に従いながら、くんずほぐれつやっていると、俺もだんだんノッてきた。てか、もう挿れていいすか?と、男を見たとき、ヤツが妙な視線を送ってきた。なんだ、そのマジな目は
「めっちゃ、タイプだ」言うや、男がいきなり俺の息子をパクリ。唖然とする暇もなく、すぐさま彼女も加わり、有り得ないWフェラで責められる。むろん、抵抗はした。が、ヘビー級の腕力で押さえ付けられちゃ、身動きーつ取れやしない。結局、俺は不本意にも男の口の中にドパッと白い液を放出したのだった。「ありがとう、今日は楽しかったよ」男の声に見送られ、ようやくマンションを出た。全身に鳥肌が立ったままだ。今のって現実?夢?そもそもあの2人の関係って何なんだ?俺の身に起きた最大のミステリーである。

清楚なお嬢様が全裸ヌードの個人撮影・セックスの体験談も聞いてみた|街頭インタビュー

1_20200107131631d67.jpg2_20200107131633dab.jpg3_20200107131635613.jpg4_2020010713163631d.jpg5_2020010713163744b.jpg6_202001071316392b8.jpg川崎で清楚なお嬢様にセックスの体験談を聞いてみた
ちょっといいですか。はあ。いやいやナンパじゃないです。
写メとかてよく撮ります?ベッピンさんにヌード写真を撮らせてもらおうという雑誌企画でして。
やだてか私、足太いし。
逆に撮られたりは?
あんまり…。
じゃあ、もしよかったらオネーさんの太もものサイズを計りますから(おもむろにタッチ)
お願いですから撮らせてくださいよ。ギャラも払いますから
ちゃんとしたカメラで撮りますよ。
うん。じゃあちょっとだけなら…。
というわけでホテルへ
なみちゃん、初めてのセックスはいつ?
中1。カレシと神社の裏で。
バチ当たりな場所でやらかしたねえ。
そうなんですよ。しかもカレシがピンクローターとか持ってきてたんです。
套銭箱の横に座って、「口ー夕ーをマンコに当てろ」って言われてウィーンみたいな。
カレシがコントローラーでバイブの強弱をするわけだ?
そうそういま思い出してもなかなか
エロいですよね.。
挿入はどうだったの?
ツルンって入った。正常位だったから、
背中が地面にこすれて痛かったけど、
アソコはぜんぜん痛くなかつたですよ。普通に気持ちよかったです。
じゃあそれから一気にヤリまくりの日々に?
でもその後、カレシがその神社で他の子ともやってるところを目撃しちゃたんですよ
それも口ーターを使って最低の男でしたね
その後、男性経験は何人くらいなの?
20人くらいかな?
本当に?多いんじゃないの?
こんなエロボデイしてるし
それ、勘違いだから。毛を剃ってるのは、サンバをやってるからなんで。
サンバって?
女性ダンサーの衣装はかなり露出してるんで、ダンサーはみんな剃ってるんですよ。
ぼくもサンバチームに入りたくなってきましたよ。
楽しいですよ。
たぶん、人間関係も陽気なラテンのノリなんじゃないですか?
たしかにサンバダンサーってノリはいいかな。
やっぱり。即ハメ○Kみたいなノリってあるでしよ?
ないない。
でも、なみちゃん、いいなあと思う男と出会ったらどうする?
せっかく知り合えたんなら、一回くらいはセックスしときたいとは思うけど。
よし、ぼくとやりましょう。
はいはい(侮蔑の表情)。
口ーターもちゃんと使うよ。
ないから。
こちらは清楚な受付嬢のエッチ体験談↓
「あんた、これあげるよ」ってミカンもらったうしてるような感じで
出入うの業者の営業マンにナンパは?
ないですね。受付嬢はもう一人いて、その子はけっこうかわいいいんで言い寄られたりしてるんですけど、私はそういう浮いた話はぜんぜんなんで。
それにしては、いかにも準備万端って感じでアソコをお手入れしてます
これは、元力レがこういうの好きだったから。
元カレ?別れてはいないんですけど、最近、私の中では区切りをつけた相手です。
どういう男なの
産婦人科で検査して妊娠してないことがわかった後、それをLINEしたら、すぐに返事してくるような相手で
それは区切りを付けたくなるのもわかるわ。
最悪の男です。では、元カレの話はおいといて、ステキなエッチ話を聞かせて下さい。
初体験はどうでした?
ハタチのときに、大学の後輩です。
よかったですか?泥酔してたから、ぜんぜん覚えてないです。
まったく?
人生で一回限りの貴重な体験なのに?
ぜんぜん覚えてません。
じゃあ、いままで一番良かったセックスは?
3年前に付き合ってたでも今どなってはたぶんセフレとして扱われてたんだろうって思う、元カレとセックスですね。
何か切ないけど、どんな思い出なの?
ある日、ラブホで一晩中セックスしたんです。たしか3回。で、朝起きてホテルを出てそのままカラオケに行ったんですよ。
元気だねえ。 
いきなり後ろから胸採まれて、手マンされて、チンチン入れられて。入れられながら「おまえ次の曲入れろよ」って言われて、リモコンをいじってたら、クリトリスをグリグリされたんです。
おっ始まったわけだで、私はクリが弱いんでマジでやばくなっちゃって。
「もうムリ」って言おうとした瞬間、潮を吹いちゃった
すごく出たんで、その勢いでチンコが抜けました

【エッチ漫画】乗馬にピアノ良家のお嬢様がエロエロに乱れる姿

0103_20191007072912dce.jpg0104_201910070729131d3.jpg0105_201910070729155c7.jpg0106_20191007072916234.jpg0107_20191007072918cdc.jpg0108_20191007072919d56.jpg0109_2019100707292172c.jpg0110_20191007072922051.jpg0111_20191007072924def.jpg0112_20191007072925c8f.jpg0113_20191007072927b68.jpg0114_201910070729289f3.jpg0115_20191007072930c5a.jpg0116_20191007072932b32.jpg0117_20191007072933d7d.jpg0118_20191007072934eb1.jpg
カテゴリ

処女お嬢様や元モデルと援助交際パパ活するために5万円を出してみた

SnapCrab_NoName_2017-10-29_12-45-43_No-00.png
反応したのは20才の女子大生さんだ。
〈すぐに行けます。容姿にはわりと気を使ってるので不快な思いはさせないと思いますよ〉
『すぐに』の部分に5万円のパワーを感じる。
 約束のアルタ前に事前に聞いておいた花柄ワンピの子が到着した。サングラスをしてるのでカワイイのかどうかわからない。
「はじめまして。今日はよろしくお願いします。新宿はなかなか来ないので迷ってました」
 ずいぶん丁寧な口調に戸惑いながら「少し話してからににしよう」と喫茶店に誘った。
 ここでようやくサングラスを外してくれたが、うーん、60点レベルか。
黒髪ロングで清楚っぽいところは評価できるが。
「今日はまたどうしてメールをくれたの?」
「はい、実は私、海外留学してまして」
「へえ」
「おととい帰ってきたんですけどね、ヒマでバイトでもしようかと考えたんですよ。でも面接で落ちちゃって。それで友達からあのサイトを聞いてやってみたんです」
 ということは常習エンコーちゃんではないようだ。5万円ってこんな子ばかりを引き当てるよなぁ。
「ウチの親って本当に過保護っていうか。高校生のときは毎日クルマで学校に通ってたんです。で、門限は5時。帰りも迎えにくるんで、門限を破ることもなかなかできないんですけどね」
 ちょっとしたお嬢様のようで、男女交際禁止とか、親を呼ぶときは『お父様』『お母様』と言わなきゃならないなどの家庭内ルールがあるそうだ。うむ。容姿は60点だけどお嬢さま加点で80点越えだな。こんな子でもワリキリしちゃうってところがすごいよな。
「大学生になったら自立しろって親がうるさくて。お小遣いをもらえなくなっちゃったんですよ。まったくくれないので困ってて…」
「じゃあ5万円じゃなかったら来なかった?」
「そうですね。安売りはしたくないので」
 そろそろ店を出ようとしたとき、ふとお嬢さまが口を開いた。
「あの、私、もうずいぶんしてないんですよ。だからちょっとドキドキしてるんです」
「してないって?」
「その、エッチなことを…」
 彼氏と別れた1年前からそういうのはないと言う。いいぞ、ナイスはにかみ! プラス10点あげちゃう!
 夜の7時。届いたのはこんなメールだった。
〈モデルしてたので容姿は良いほうだと思われます(^-^;)正直、5万に釣られました!〉 
21才のOL、ユウだ。元モデルってのはやっぱりいい響きだね。正直なところもベリーグッドです。
 彼女の仕事が終わる8時に待ち合わせることになった。
 約束の時間、目の前をキレイな人が通るたびにそわそわしてしまう。あの子なんてすらっとしててモデルっぽいな。いや、女優でもいけるよ。ああ、もう来てるのかな。遅れてるのかな〜。
 先ほど通り過ぎたモデル風がまたやってきた。こんな子がやってきたら一大事どころじゃない。お顔なんて、タレントの平愛梨ちゃんそっくりだもん。
 しかし愛梨ちゃんは去っていく。なんだなんだ、違うのか。いや、待てよ、また戻ってきたぞ。人を探してるっぽいし、もしかして!
「あの、サイトの子?」
「え、ああ。そうです! ヒロシさんですか? 良かったぁ、会えて」
 そう言って彼女がオレの腕をつかんできた。おっぱいの感触が伝わる。なにこれ、もしかして天国?
 並んで喫茶店へ。横顔は愛梨ちゃんよりも綺麗かもしれないなぁ。カネさえ持ってりゃこんな美女とやれるんだ。
 ユウは深々と頭を下げた。
「時間とってくれてありがとうございます」
「いいよそんなの。でもこんな美人さんが来るなんて思わなかったから緊張しちゃうなぁ」
「私もドキドキしてます。こういうの生まれて初めてなんで」
 …聞きましたか皆さん。彼女、エンコー処女だそうですよ。
「でも彼氏さんとかにバレたりしないかな?」
「カレは昨日から出張でいないので大丈夫です。だから時間も気にしないでください」え、泊まりでもいいの?
「明日早いんでそれは…。終電くらいまでなら大丈夫です」
「そうなんだ。じゃあそれまでは何回もしていいのかな?」
「…はい。大丈夫です」
 いやはや、もうどういうことなんでしょう。5万円ってだけで美女でもここまで自由にできちゃうものなのですね。
「メールで5万円に釣られたって言ってたけど、お金、大変なの?」
「そうですね〜。やっぱり5万って大きいですよ。んふふ」
「でもエンコーしたことないんでしょ? なんで出会い系に登録してるの?」
「まあ、ちょっと入り用と言いますか…。はい、そんな感じです」
 入り用の中身までは濁された。生まれて初めて体を売らなきゃなんない入り用ってのも想像が付かない。ま、なんだっていいけど。
というわけでみなさん、どう考えても、安いエンコーを繰り返すより5万で募集したほうが賢いと思いますよ。
1_20200123212551194.png
10万で援助交際募集どんな女がやってくる?
出会い系はシロート売春の巣窟である。
渋谷か新宿で19時会える人
携帯でかき込むだけで、金欠ネーチャンとしっぼりハメハメ。今や完全に無法地帯と化してるが、やはりホ込2やホ別1では、泉ピン子似が現れても文句は言えない。では、掲示板に次のような書き込みをしたら、どんなオンナが集うのか。
【一晩10万で遊んでくれる人、ボシュー。面接代わりに写メールを送ってくれる人限定です】
ホ込みでも、一発で9万以上の実入りである。ルックスなり、ボディなり、フェラなり、それなりに自信がなければ、とても返事などよこせないはずだ。果たして、釣れる大魚は竹内結子か矢田亜希子か。今どきの出会い系の10万ギャルの釣果をこ覧あれ。
10万のパワーは想像以上である。大半の女が敬語を使いながら、
「おまんこの締まりはいいといわれます」だの「アナルは苦手ですが・」と必死にアピールしてきた。むろん、ダマシはダマシ。彼女らにはこの場を借りて丁重に詫びるが、正直、キミらもいい加減にしいやー。この程度で10万もらおうなんてアマ過ぎやど。結論ーオンナの質と金額は、まったく比例しない。
デリヘルやホテヘルなどは、専門誌に広告を出してもなかなか女の子が集らないのが現状だ。また、せっかく応募がきても、容姿に問題があったり、フーゾクに染まり過ぎていたりと「美形でシロートっぽい」などそういるものではない。そこで最近は、出会い系を使って集めるようだ。

風俗嬢が本番を許す驚異の足指舐めテクニック

SnapCrab_NoName_2018-1-18_20-54-4_No-00.png
「フーゾクに抵抗があるから……」と、1カ月前まで手コキのみしかやっていなかったライト店のコが本番を許す驚異のテクニック!足指舐め本番法!フーゾク界に激震が走りますよ! これは!
 ……しかし、もしかしたら初回の1回がたまたまうまく行ったラッキーだったかもしれません。ここはもう何回か試してみたいところです。そこで次は「M性感系」のお店に行ってみることにしました。M性感といえば、基本はSな女のコにイニシアチブを取られて攻められるお店。本番が一番難しいジャンルの店かもしれません。だからこそ、M性感系で本番がデキたら……まさに最強の本番法! 試してみる価値はありますよ!さっそく「M性感」で検索。ここで気をつけなくてはならないのは、「男が女のコに触れない」という店を選んではダメということ。さすがにそこを制限されたら、足指を舐めることができませんからね。一応「フェラ、素股」があって、「攻守交代」が可能な店を探します。
 ̶探すこと1時間。ちょうどいい渋谷の「C」というお店が見つかりました。さっそく渋谷へGOです。渋谷駅から徒歩5分。案内所で細身でEカップというBちゃん
(24歳・松雪泰子似)を指名。入会金2000円、指名料1000円。70分18000円の総額21000円を支払います。ホテルに移動して待つ事5分。あっという間にBちゃんがやってまいりました。「こんちわ〜。この店、はじめて〜?」
やってきたBちゃん。たしかに松雪泰子に似てます。でも松雪よりも目がつり目で、性格がキツそうです。いや〜、なんか第一印象からして本番できなそうだな〜。軽く上から目線だし。部屋に入って来たBちゃんがコートを脱ぐと、タートルネックのピッタリとした白いセーターがボイーーンと膨らんでます。おぉ〜。そのオッパイいいじゃないの! ちょっと触らせて! !ピシャ!!
伸ばした手が叩かれる。え? なに?
「ダ〜〜メ! あせんないの!」
 うわ〜〜〜! イラっとした! フーゾクなのにオッパイさわれないとかなんなの? しかも今の「ダ〜〜メ!」って、超〜頭に来たんですけど! ムカーーッ!
 怒りを顔には出さず、シャワーへ。ウェストはくびれてるのにオッパイはドーーン。顔は、松雪泰子似の美人だけど、態度は最悪です。そういう態度を〝S〞と勘違いしてるタイプですよ。シャワーから出て、ベッドに移動。とりあえず攻められることに。チュッ、チュとフレンチなキスを2〜3度すると、すぐに乳首を舐めてきます。
「あのさ、ディープキスしたいんだけど……」
「ダ〜メ! ディーキス苦手なの」
 ……何だコイツ! ! おまえフーゾク嬢やめろ! 田舎帰れよバカやろうーー!(口から火)
 この女、マジで怒りのリミットギリギリですよ! こうなったら、ダメならダメでいいから、足指本番法をサッサと試しちゃいましょう。挑戦してみて「ダ〜メ!」って言われたら、もう「あ、ハイハイ」って諦めますよ、ボカァ。ティンコに唾液を垂らして、ひたすら手コキをしてるBちゃん。……っていうかコイツ、生フェラもしないつもりでしょうか。あぁ、もういいよ!
「えっと、ちょっと足の指、舐めさせてもらっていいかな」
「……え? 私、舐められたことないんだけど。そういうのが好きなんだ〜? いいよぉ〜」
 そう言ってニンマリと笑う。あームカつくなー。ニヤニヤ笑うBちゃんを仰向けにさせ、Aちゃん
と同じようにふくらはぎから、くるぶし。そして足の指をベロンベロンと舐めまくります。
「あ……なんか、すごい……くすぐったいけど、気持ち……」
 ほう。まずまずの反応です。足裏から指の一本一本まで丁寧に舐めつつ、もう片方の手でムァンコを確認すると、しっとりと濡れています。指を入れてかきまぜてあげると「あぁ……ヤバ…い」と声が漏れる。なんかさっきまでオッパイすらさわらせてくれなかったのに、足の指を舐めながらなら、手マンは楽々クリアです! ……これは、なんか可能性が見えてきたんじゃないの??
 続いて、両足を合わせて、足を◇の形にします。
ジュポンジュポンと、両親指を口にふくんでのベロンベロンがスタート!「ヤバい〜〜」とヒザをガクガクさせながらアエいでますよ。さぁ、前回同様、ムァンコはガラ空きです!
 ここで、町田。あることに気付きました。
 ゴムをしてなかったのです。「もう失敗してもいいや」と思って、コンドームを付けるプロセスをすっとばしてしまいました! 最大のミステイク!! さすがに生挿入は難しいよね??
 ̶でも、ここで流れを止めてゴムを付けるわけにはいきません。……仕方ない。このままイクしか
ない!ダラダラと流れ出るガ汁いっぱいのイキり勃ったティンコをBちゃんのムァンコに押し当てます。いっきま〜〜〜す! !ニュコニュコ、ベロベロ。ニュコニュコ、ベロベロベロ。ニュコ……。
「……ゴム、付けて…」
 えええええーーーーーー????? 今、なんて言ったの? 「ゴム、付けて」って言った?? マジで???
「……入れるなら、ゴム付けて」
 ちょっと潤んだ瞳で、コッチを見ないように視線を外して言うBちゃん。マジかよ??
「え…。いつも本番とか、してるの?」
「……してないし。でも、足舐めながら入れてね…」
 さっきまでの、ムカつく態度はどこへやら! しおらしい表情でボクをチラっと見ました。光りの速さでゴムを装着っ! 気持ちが変わらないうちに挿入、ゴーーーーチッ! ! !ジョッパンジュッパンと、思いっきり腰をブチ当てる! そして足指をベロベロベロ! さらにベロベロベロベロベロベロ!
「あ〜〜〜! スゴイ〜〜〜! ! !」
最後は思いっきり口を開けて、両足のすべての指を口にふくみながら膣奥に射精しましたとさ(ゴムだけど)。

発情期が来るとヤリたくて中出ししたがるモデル|エッチ体験談

1_202001201338162f2.jpg2_2020012013381835d.jpg3_20200120133819e53.jpg4_20200120133821026.jpg5_20200120133822df3.jpg6_20200120133824fff.jpg7_20200120133825fe4.jpg8_201912201303153aa.jpg9_20191220130316eea.jpg10_20200120133827a98.jpg11_20200120133828c4c.jpg12_20200120133830c3f.jpg
【概略・全文は上記記事をお読みください】
これからどちらに?
買い物しようかと。
学生さんですか?
いえ、働いてますよ。いろんな仕事してるんですけど。
というと?
モデルと、ダンスと、メイクスタイリストと、音楽と、プログラマー…ですね。
すげー、モデルなんだ。
たいしたもんじゃないんですけど、12才からやってます。コンテストで受賞したのがきっかけで。
ところで、現在カレシは?
いますよ。
やってる? エッチ。
あんまり。性欲がないんですよね私。
ないわけないでしょう。
ホントにないんですよ。
カレシはしたがるでしょ。
ですね。私より2つ若いし。でも、それを撥ね退けるんです。「ウザイ!」って叫んで殴ったりとか。で、悲しそうな顔してるのを見るのが楽しいんですよ。
一番最近したエッチのいつ?
もう1ヶ月ぐらい前ですよ。
お相手は?
カレシですよ。
セフレとかいないの?
いないですね。
性欲ないんだねぇ。
でも、1年に1〜2回、発情期のときがあるんですよ。
発情期!
前触れとかなしで突然来るんですよ。
と、どうなるわけ?
ヤリたくてしょうがないですね。
誰とヤルの?
別に相手には困らないんで。まあ、彼氏なり
友達なりに。
それ、どれくらい続くの?
1週間ぐらいかな。もう十分やったかなって思ったら収まってきますね。
ヤリまくるんだ。
うん。じゃないと収まらない。
何人ぐらいと?
友達、3人ぐらいしかいないし。1人で何回もヤッてくれるんだったら、その人だけでいい。
連チャンして男が勃たなくなったら?
そいつを帰して、すぐ次の人を呼ぶ、みたいな(笑)。
次の発情期いつ?
そろそろかなー。
完全版はコンテンツマーケットで!

【軟派インタビュー】黒髪清楚な素人お嬢様の中出し初体験談×3人

1_20191220111312a95.jpg2_20191220111314b41.jpg3_201912201113157cb.jpg4_20191220111317333.jpg5_201912201113181db.jpg6_2019122011132108e.jpg7_20191220111321a96.jpg8_20191220111323dd8.jpg9_20191220111324b48.jpgモデルになってくれない?もちろんお礼に、ごによごによくらぃ払うんで
雑誌なんです
……顔は出るんですか?
です
できません
口元隠していいっすよ!
雑誌とかですか?ファッション誌?
そうですね
というわけでホテルヘ
高校卒業するまでちゃん翌付き合ったんですよ
続いたねぇ
浮気されたりもしたけど 私は一途だったんで 。
セックスが良かったとか?
何されたときが一番気持ちよかったの?
電マかなぁ。電マはヤバイです( ニャニャ笑う )すみませーん。アルバイト興味ありませんか?
お兄さん、スカウトどかそういうのですか?
違います違います。僕はスカウトマンじゃなくて、雑誌のカメラマン。
ホテルヘセックスは好きなほう?
まあ普通に。でも経験人数はまだ4人ですよ。初めてフェラもしました。 気持ちが昂ぶってたど?・
私、彼のことすっごく好きだったんで。だから付き合ってからもエッチしたくてしたくてだったし。彼に「 お前は、俺と会うときにセックスのこどだけしか考えてないだろ 」どか言われたこともあるし。
何だかキミ、めっちゃセックス好きそうじゃん 。
うーん、でもその彼ど今年の夏に別れた後は:( 急に暗い表情に。)  どうしたの?
私、学費を自分で払ってるって言ったじゃないですか。その理由は、お父さんの経営している会社がダメになっちやって。「 学費は自分で何どかしろ 」って言われたからなんですけど。
ほー。
彼氏ども別れたし、お金も稼がなくちゃど思って 夏休みにヘルスで働いたんです。そしたらお客さんに強引にチンコを入れられたんです。叫ぼうどしたら口をガバっど塞がれて「 10万円払うから 」って言われて。
オーケーしたの?
しませんよ。だけどどう断ろうか考えていたら「出る出る、出すよー! 」って、いきなり中出しされちゃって。
雑誌の企画で写真を撮らせてくれるコを探してまして。
ムリムリーちゃんと化粧してないんで。つけま付けてないし。
つけまつ毛?そうそう。
普段は付けてるの?
付けてますよS。てか、つけま無いどほんどは外に出たくないレベルだし。
今日はまたなんで付けずに外出を?
昨日パパに捨てられちゃって。
というわけでホテルヘ
ボインちゃんだねぇ。そうですかぁ。
ちなみに体験人数は?
50人くらいかな。
21オでその数はかなりのモノだよね。初体験はいつなの?
中1 のどき。相手は陸上部の顧問の先生なんだけど。
そりゃまた効いた話だねえ。あっちはたぶん30オくらいだったど思うけど。
好きになっちゃったまあそんな感じ。
なるほど。
先生のクルマでSEXしていいか?っその流れで。
おにーさんは女からSEXしようって誘われたら断らないでしょ?
まぁそうね。
それと一緒ですよ。
でも、女のコって好きな男とじゃないどイヤだってよく言うじゃない?
そういう女って、SEXをすごく特別なものだと考え過ぎなんじゃないかな。
もっと自然に楽しめばいいのに。
Copyright © エロ漫画無料アダルト裏モノJAPAN All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます