おまんこのタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:おまんこ

フーゾク嬢のおまんこに前の客の精子が残ってたら・格安で生中出しNNプレイが出来るデリヘル

51_2020101710255752d.jpg0082_201911131355326cb.jpg0083_20191113135534de0.jpg0080_2019111313553015e.jpg0081_201911131355310c1.jpg
0105_2019020409020158c_20191109212913bd4.jpg0101_2019020315464234e_201911092129073aa.jpg0102_201902031546439de_201911092129083e9_2020011312001145e.jpg
1、フーゾク遊びにドキドキしなくなったのは何故だろうと考えた結果、指名写真のせいだと判明した。修正が当たり前になった今、「写真よりずっとキレイだねー」というのはとっくの昔になくなり、期待をふくらませて対面してもほとんど落胆することばかりだ。
男ならデリヘルはフリーで呼ぶべし。そして到着のインターホンが鳴ったら、野球帽を目深にかぶり、うつむいた状態でドアを開ける。まず見るは、女の足元のみ。そして徐々に目線を上げていく。脚の太さ、腰つき、ファッションセンス。そして胸の膨らみへ。テレビカメラがなめるような動きだ。その間、約3秒。遊び慣れた男なら、おおよその想像はつく。ああギャル系か、ああ地味系か。しかし顔はまだわからない。ルックス次第では延長もやぶさかじゃないぞ。さあどうだ、どんな顔だーこうしてテンションを高めに高めて、最後に正面を向く。当たりだったときはリーチー発でツモったような爽快感だ。この手法、70点ぐらいの子でもなぜか不思議と大当り
2、学生証チェックのムフフな楽しみ
学生証や免許証など、プライベート情報をのぞく。そんなモノを見てどうするかって。その情報を使い、ネットストーキングするのだ。「大学名」「本名」でグーグル検索し、大学サークルの飲み会写真を発見したり。「免許証」の住所をストリートビューでチェックした「歯医者の診察カード」から住んでる地域を推定し、「本名」「地域」で調べると、本人のブログがヒットし、力レシの写真を見つけたことなどもあった。エンコー女は素性を隠したがる。本名や職業はもちろん、住んでる沿線すら適当なウソをつく。そんな彼女らの「表の顔」を知るのは、実に愉快で楽しい。
3、眠ってるときに、夢かうつつかわからないような状態でカラダが落ちた経験は誰にでもあるだろう。授業中の居眠りでよく起きることからも、どうやら眠りが浅いとき特有の現象らしい。あれがなんだか気持ちいい。ふわっと力が抜け、まるで死に近づくような瞬間というか。
意図的にあの感覚を味わうには、眠りながら実際に落ちればいい。カラーボックスなどを並べてその上で仮眠すればそのうち寝返りして下に落ちる。その瞬間、ほんのコンマ何秒の間、頭の中(夢?)ではスーーーーーっとカラダが落ち続けている。目が覚めてもまだ背中にゾクゾクが残るほどの浮遊感だ。
4、電車に座ってる女性の前に立ち、音楽プレーヤーで官能小説の朗読を聞く。朗読ボイスは「フランス書院」のホームページにたくさんあるので、女のキャラ別にダウンロードしておくと良い。たとえば主婦だったら『私は兄嫁…貴和子・二十四歳の独白』で決まりだ。オナニーを見せつけるという状況にあって、ワタシは計画抜きで我を失いそうになっていた。
(中略)ああ、ああ、感じちゃう…。
企画をバラすわけにもいかずさんざん謝ってゴム付き本番で許してもらったそうです。ゴメンなさい。
電車バス内でエロ本や風俗ページを開く
電車内でスポーツ紙の風俗ページを開くだけでも、セクハラだなんだと言われる時代ですが、どこで何を読もうと人の勝手だと思うんです。だからバスでどぎついエロ本見たって、引きずり下ろされることはないでしょう。たとえそれが女性客の真横だろうと。
風俗の究極のサービスといえば、なんと言っても生中出し(通称、NN)プレイだろう。この意見に異論はないとはずだ。風俗じゃなくても、そもそも女に中出しできるチャンスはそうそうないと思う。あったとしても、子作り中の夫婦か、パイプカット男、もしくはピル飲み女が相手のときなど、限られた人種しか楽しめないし、通常、ソープでゴムなしプレイをかましたいと思ったら、超格安店の最低ラインでも3万円以上はかかる。それだけ生中は貴重なプレイなのだ。
ここ、埼玉のMは、そんな既成概念をすっ飛ばしてくれる、実におおらかなシステムのお店だ。嬢はみな日本語がそこそこ使える若い中国人とタイ人で、お店は表向きデリバリー形式のエステとうたっているが、ほどんどの女の子が生中出し対応だ。シャワーからベッドに移動して、フェラやクンニをしたと思ったら、何も言わずに騎乗位で生入れしてきたり、1回戦はゴムアリだったのになぜか2回
戦はナマ中でOKだったり、「お腹に出してくれたらナマでいいよ」と言われ、結局生中出ししたにもかかわらず何も文句を言ってこない、みたいな嬢がとにかく多い。それでいて60分1万2千円(プレミアムコース)と格安なので、俺のような金欠の中出し派には実にありがたい存在だ。

ワイシャツノーブラ丸見えの過激ガールズバーにおまんこ丸見えの過激キャバクラ

20_202010121330174c5.jpg21_20201012133019f9c.jpg22_202010121330201d7.jpg23_202010121330223a2.jpg24_202010121330238eb.jpg25_2020101213302559a.jpg26_20201012133026da4.jpg27_2020101213302897b.jpg
風俗店が摘発されたニユースをときどき目にする。ちょんの間や本サロなどのあらからさまな裏フーゾクではなく、サービスが過激過ぎて、警察当局に目を付けられたパターンだ。例えば新しいところではガールズバー。ここは、若い女性のバーテンが男モノシャツにソーブラという半裸状態で接客していたことが摘発の要因になった。ニユースを見るたび思う。出遅れた、と。そんな過激なサービスがあるなら、どうして摘発される前に遊びに行かなかったんだ。今からじや手遅れじやなそこで今回は、その種の後悔を未然に防ぐため、いつ摘発されるともしれない過激風俗店に遊びに行って、サービスをじっくり堪能してみたいと思う。風俗関係者によれば、いま現在、都内で摘発の恐れのあるの声。
店内は壁から天井まで、外観以上の派手さだ。フロアには縦長のテブルが置かれ、客と女のコが差し向かいでしゃベっている。奥にソファ席、そのさらに奥にはショステジが。まだ夜冷時前なのにほぼ満席だ。お飲み物は何にしますか手近な席に腰を下ろし、ロリ系ちゃんがやってきた。身にまとぅのは下着風のビキニのみ。ガールズバーじゃ考えられないコスチュームである。彼女に限らず、ガールズたちは全員ビキニで、まるで大磯口ングビーチのプールサイドにいるかのようなまばゆさだ視線の先には、ドリンクを作る嬢のプリケツがあり、その横には接客中の嬢のふくょかな胸が。でもって透明なテブルの下を覗けば、前に座ちゃんのハミ毛までチヱックできそう。
ポルダンスで具がハミ出そうな大開脚。いきなり黒服からクラッカーを手渡された。ショータイムが始まるらしい。この店が摘発されたのはポールダンスが要因なのだが、まだやるつもり?の音楽が激しいラテンに変わり、それに合わせてミラーボールやレーザー光線がビカビカと輝きだした。まるでクラブにいるような演出だ。すると、そこかしこにいた女のコたちが客を取り囲むような格好になって踊り始めた。カウンターの中の女のコもノリノリでダンシング。全部で人はいるか。数分後、曲調が変わった。男なんていらない少ステジに女悔人組が登場し、女王様風のボカルの女のコがマィクを片手に奇妙な歌詞のラップを披露した。すると等間隔に設置されたポルにバックの女たちがよじ登り、具がハミ出そうなほど大開脚。やつてます、ポールダンス。この店ぜんぜん懲りてません。もつと大胆になるから!曲が進むにつれ、嬢たちの腰フリはさらに激しくなつていつた。まるでこちらを挑発するかのょうなその視線。脳みそかきまわされつぱなしだまだまだイクょ~!女王様が歌いながら客席を回り、ノリのいい客を見つけては、客の顔を胸の谷間に埋めたり、ムチで首を締め上げたり。あ~、俺のほうにもやつてきた。女王様が卓上の氷を一つ掴み、俺シャツの中に潜り込ませる。冷てそれに続い人のギャルが乳首をコリコリキモチイイ~。摘発以降も過激路線をひた走るこの懲りなさつぷりはアッパレと言うしかない。
お次は、歌舞伎町コマ劇裏からほんの少し大久保方面にある老舗キャバクラへ。ここは個室でキャバ嬢が全裸になるとのことだ。セクキャバではなく、システムは健全キャバクラなのに、個室で全裸。素晴らしすぎる。もちろん法律的にはキャバだ。螺旋階段を上り、雑居ビル階へ。店内へ足を踏み入れる広さは坪ほどか。奥にステージがあり、ボックスシートがそこかしこに点在している。哀愁たっぷりの昭和キャバレーのよぅな雰囲気だ名ほどのキャバ嬢はコスチュムがみなバラバラで、ドレス姿がいるかと思えくバックにキヤミソール姿もって、なんちゅ一過激な衣装やねん。初めましてです席に付く間もなく、自称才项ちゃんがやってきた。アィドルのよぅなぱっちり眼にカップはありそうな巨乳がいかにもソソる。
しかも、衣装がまたエロイことエロイこと。白いビキニのよぅなトップスと超ミニふりふりのスカートに、スケスケのシースルーを羽織っただけ。ヘソなんか丸見えですょ。エロイねえ、キミハゥスボトルのジンロを飲みながら、それとなく肩に手を回し、胸をタッチ。するとここでは触っちゃダメです。ここでは?うわ一、意味深!つてことは、個室ならアリなわけねあっ、呼ばれたから踊ってきますね逃げるょうに彼女は席を立ち、ステージに上がった。どうやらこの店ではキャバ嬢がダンサーもやるょうだ。ちやんがアクロバテイツクに舞いながらブラとスカトを脱いだ。乳首とミバックが丸だしじゃん!チップあげに行きませんか?隣の席の嬢が囁いた。行く行く、どぅすりやいいの?ドル札をロに挟んで、仰向けでステジに寝て下さい言われた通りにすると、なんと彼女、シックスナィンの体勢になって俺の顔面をマ〇コでグリグリ。むは一、マン臭ゴチ!続いて、正常位の体勢になったかと思いきや、オッパィでチップを挟みながら俺の両頰をパフパフ。もぅコレ、ほとんどストリップのまな板ショーです上!
湿ったパンツの上から指をアソにグっとウフフ、行きます?ダンスを終えちゃんが席に戻るや個室に誘ってきた。料金分間千円とバカ髙だが人っきりであの裸が拝めるなら惜しくない。腕を引かれ、フロアの奥の方にある観葉植物で仕切られた個室の入り口へ。門番のごとく立っているボーィ千円札を渡し、中に足を踏み入れた。前方が全面カガミ張りになっていた。つ椅子が並べられているのは、団体で入る客がいるからだろぅか。俺はその内の一つに腰を下ろした。衣装を脱ぎ捨てバック枚になった彼女が腰をクネクネさせ始める。エロィ。でもあそこに立ってる店員の目が気になって仕方ないんだけど。少ししたら、いなくなるからそのことばどおり、すぐに店員が消えた。途端ちゃんが俺の太腿に乗つてくる。スマタのごとくマ〇コで股間をスリスリ。空いた両手は俺の乳首をグリグリ。俺は俺で、彼女の少々湿ったパンツの上から指をアソコにグっと減り込ませる。そのとたんちゃんがアエギ声をあげた。あんちょつとわざとらしい気もするけど、無問題。素っ裸のベっぴんキャバ嬢さんとィチャつけるなんて、まるで夢のょぅなシチュエーションじやありませんか。
さて、どうしてくれようか。2人きりだし、やっぱり抜いてもらうしかないしょ。持ち時間はすでに残分。勝負に出ねばねえ、ジッパーを降ろし、チンコを取り出そうとする俺を、彼女が優しく押し返す。ダメですよやつぱり本番はムリか。ゴム持つてないし、さすがに拒否られるわな。じゃあフヱラは?ダメですよそしたらテコキくらいしてよいいでしよダメダメ。お客さんエロ過ぎだよ~やらせろ、やらせないの押し問答を続けるうち、あつという間に持ち時間分が終了したヌキこそなかつたものの、あの密着度はなかなかのものだ。厳密には全裸ではなバックまでだつたのが減点郑象だけど。
システ厶にはないのに頼めばヌイてくれる次は中央線、中野駅の南口にあるなる店舗型エステへ。ここについては、少し説明が必要だろう通常、ヌキありエステというのはツータィプに分かれるつは中国人の女のコが外で呼び込みをやってるょうな、睾丸マッサージや回春マッサージはもちろん、本番なども当たり前の店だそしてもう一つが、日本人女性のセラピストが、オィルマッサージをしながら、最終的にテコキで抜いてくれる高級性感タィプである。しかし、こはそのいずれでもない、ごくごく普通のマッサージ屋であるにも関わらず、個人的に女のコに頼めば追加料金ナシで手コキをしてくれるというシステム的にヌキはなし。ただひたすら全身をモミモミするだけ。なのに頼めばヌイてくれる。なんて素晴らしい話だろぅ。駅からほど近いビルの一室にある店に入ると、男性店員に待合室に通された。指名写真はなく、基本はその場で手が空いている女性が付くことになるらしい。日本人と中国人が混在しているそぅだ。できることなら日本人でお願いしたいところだ。顔はどぅでもいい、とにかく日本人でお願いします。
かしこまりました。コースはいかがなさいますか料金表を見れば、最低料金は千円という激安価格だ。当然ながら、抜きやオプションの設定は一切ない。化粧気のないヨガの美人インストラクターようちゃんが現れた。清潔そうな白衣が何ともソソル
こちらへどうぞ~案内された個室畳ほどあるバリ風の造りで中央には病院にあるような口が。やや暗めの照明が娜分囲気だ。シャヮーをバスタオルをまいて戻る。生パンが丸見えです。黒なんだえ一つ、見えてましたなんて楽しいやり取りだことじやあベッドの上にぅつぶせになつてくださいマッサージが始まった。エロさのかけらもない。全身モミモミタイムが終わり、アロマオイルマッサージに入っても、足首から太腿までを往復するだけだ。

混浴温泉の露天風呂で若い女性のおまんこチラリおっぱいポロリのチラ見のチャンスはあるのだろうか・黒根岩風呂・鹿教湯温泉河鹿荘

0040_202009242020191ec.jpg45_20200912084322bce.jpg46_20200912084324659.jpg47_20200912084325704.jpg48_20200912084327cab.jpg49_20200912090744142.jpg
タイトルまんまである。あまりに素朴すぎてバカにされるかもしれない。早々と答えを出す人だっていることだろう。行ったことあるけど男ばっかだったよ、とか、オバチャンしかいなかったよ、とか。違うのだ。俺が知りたいのは、そんな個人に書く日記みたいな雑感ではなく、徹底的に粘りに粘ってそれでどうか、という次元の話なのだ。何時間も湯に浸かつて待ってれば、そりや若い女の一人や人は来ますわね。男がいるとわかれば、前を隠しますわね。でも、何かの拍子に乳房がチャポンと湯舟から顔を出したり、また何かの拍子に下の黒々した毛が海草の如くゆらめいたりするんじゃなかろうかと、そういうことを言っておるのです。これまでの人生、混浴どころか温泉地に出向いたことも二度ほどしかない俺としては、非常に気になる問題だ。絶無とは断じれないだろう。昨今の温泉ブーム、意外と頻繁に遭遇するやもしれんじやないか。
現地に到着し、温泉真上の道路から下を覗くと、中の様子まではわからないがガヤガヤと声が聞こえてきた。女の声も混じっているようだ。よし。入り口に座るモギリのおっさんに入湯料を払い、崖沿いの階段を下りる。さすが人気温泉、平日の夕方なのにすでに先客がいた。ほとんどが男で、女は…あそこか。
どれもオバハンだ。ま、とりあえず見とこ見とこ。服を脱ぎ、番手前の湯舟へ。オバハンがいるのは隣の湯舟だ。浸かった後であっちに移動してみっか。「あ」とかなんとか言いながら、自然を装い隣の湯舟へ。オバハンの真横に陣取る。げつ、みんな白いバスタオルを卷いてやがんの。露出少なすぎーとはいえ貴重な女体、他の男どもの視線も、広大な太平洋ではなくオバハン人にばかり向かっている。かなり露骨だ。眼鏡をかけてるヤツまでおるよ。こりゃ乳房や海草ユラユラまでは期待できないな。他のを待とう。夜からの時間は女性専用になってしまうから、それまでになんとかしないと。のぼせるたびに海で足をチャプチャプして待ち続けてみたが、新たな客はみんな男だった。
追い出されるように外に出ると、入り口で女たち数人が専用時間になるのを待っていた。ほとんどが浴衣姿隣接するホテルのもので、結構若いのもいるよ、おい。女性専用時間の終わる時を待ち、再び階段を下りてみる。…先ほどのうら若き乙女たちは一人も残っていなかつた。
ここでは閉館の時まで、時間も粘った。驚くなかれ、その間親子連れ以外はずっと俺1人。全身ふやけたつつーの。若妻の丸いラインがシルエットで浮かぶやっぱ風呂の規模が小さいとダメだ。客の絶対数も少ないし、女性グループの旅行先にも選ばれにくかろう。
今度の舞台は、栃木の山奥、女夫渕温泉。野趣あふれる開放的な温泉で、広大なスペースに露天風呂だけでなんともあるのだうち混浴は12種。12種とくれば女の開放感も並じやないだろう。必然的に至近距離に近づかれてしまうこじんまりした温泉と違い、入ってみようという気になっても不思議じゃない。日帰り入浴は昼の時までなので、ここは泊して夜通し浸かり続けるとしよう。明るい昼間より夜のほうが彼女らも大胆になるだろうし。翌週土曜の夕方、現地到着。夕食後、また露天風呂へ。おっ、暗くてよくわからんが、人は間違いなく女だ。胸膨らんでるもん。隣の風呂、さらに隣の風呂へとそろりそろり移動し、徐々に近づいてみる。全裸だ。タオルなし。へりに腰掛けた女のシルエットがはっきり見える。うひやひあ、こりやタマらんね〜。同じ湯舟にまで行っちゃうか!「ふ一あちちちつ、あちーな一」独り言をつぶやきつつザブン。毎度ながら自然な接近だ。おー見える見える。細い体に形のいいオッパイ。これこれ、こういうのを期待してたのよ。俺の接近に恥じ入ることもなく、女は胸を露出しながら足をちやぷちやぷさせている。この人、会話から察するに、父親と娘夫婦の関係のようだ。自分の父親と旦那の前で裸になれるなんて、たいした女だ。
翌日曜日、せっかく栃木くんだりまで来たんだからと、帰りにまたタオル不可温泉に立ち寄ることにした。ここ薬師の湯は、ホテル併設の温泉ではなく日帰り専門。温泉宿街の中にあるので周辺の客がドカドカやってくると期待できる。が、一歩踏み入れて、急激にシラけた。この混浴、川の向こう側から丸見えなのだ。手を振ってくる人までいる。これじやあ女は警戒して入ってこないだろうよ。実際、男だらけだし。それでも少しは粘ってみるかとボンヤリ浸かつていると、人人と客は減り、ついに人っきりに。筋肉質の浅黒い肌の男が話しかけてくる。「女の人、誰も来ませんねぇ」おっと、こいつも同じ目的か。そりやそだよな。ただ汗を流すだけなら男湯にいればいいんだし。と、自分で突っ込んでおいて、矛盾に気づいた。同じ場所に、男湯、女湯、混浴の種があれば、よっぽど景色や規模に違いでもない限り、女は女湯から出てこないんじやないか。ここは女湯も露天なのでわざわざ混浴に来る意味などなかろう。「そうっすねー。女湯にいるんじやないっすか?」女体になどまったく興味がないフリをして、お先に上がらせてもらうことにした。
男湯や女湯の存在しない、混浴のみの温泉。そんなトコはないもんだろうか。個別の湯がないため、全員が強制的に混浴に入るしかない、そんな場所は。あった。湯西川温泉の公衆浴場だ。いたってシンプルな地元民のための温泉で、入浴料は寸志。タダとも言える。こういうとこに観光客は来ないかもしれんが、近隣の若い奥さんなんかが汗を流しに来たりして。で、日常のことだから、わざわざ隠すとか照れるとかそういう意識はなくて、もうフッーに全裸なのな。下手すりや腋の手入れとかしてんのな。妄想たくましく足を踏み入れれば、年寄りの声がする!バアサンが仲良く入ってきた。ご丁寧にも、みなさんタオルで前を隠してるよ。見たかね一って。「おじやまかねー」
邪魔だ、邪魔だよ。おいおい、入るのかこのスペースに?ザブーンジャボーンと、ニコニコしながら人が俺の脇に入ってくる。「おにいちやん、どこから?」「東京っす」「1人でか?」「ええ、1人っす」バアチャンたち、ヨソ者が珍しいのか、喋る喋る。で、ことあるごとに笑つて体をグネらせるもんだから、肌が触れるのなんの。もちろん本意ではないため、すぐに外に出た。寸志、〇〇円ぐらい入れとくか。
タダで遊べるエロい場所と言えば、やはり温泉、それも混浴に限ります。私は全国津々浦々の混浴温泉に足を運んできましたが、長野の河鹿荘が一番だと思っています。
この温泉は日帰り入浴なら800円(週末は1200円)で入場できるのですが、特に週末になると、団体旅行といいますか、30代程度の妙齢の女性たちが非常に多くなります。おそらく『大人の女子旅』のような感じで雑誌等で紹介されているからでしょう。一気に10人ほどが湯に入ってくるなんてこともザラです。また、他の混浴温泉に比べて客が極端に減る時間が少ないというのも特徴でしょうか。途切れることなく、タオル巻きの女性が湯に入ってくる、まさに天国と言える場所です。
他の混浴温泉は、言ってしまえば女性のほとんどが地元の婆さんだったりします。それでは我々の目と股間が満足するはずもありません。30代、また40代のちょうど熟れたカラダを持った女性が集まるからこそ、私はこの温泉に足しげく通うのです。

電車でパンティの間からおまんこをお触り・風俗のリアルチカンプレイはどれくらい興奮するのか体験してきた

風俗のリアルチカンプレイ風俗のリアルチカンプレイ風俗のリアルチカンプレイ風俗のリアルチカンプレイ
パンツ丸出しで歩き、半ケツ丸出しのローライズや見せブラなんてのが流行る、このご時世。電車の中や街角でリビドーを感じるなという方が無理な話ってもんだ。もちろんチカンは犯罪である。電車の中で胸の谷間を強調させた井上和香似のナイスバディの女性に、欲望を抑えきれず、尻とか胸とか触っちゃったら、もう大変。
人生が終わる。会社はクビ。妻子がいたら、離婚は確実。それまで築き上げてきたものがボロボロに崩壊する。それがわかっているから常識ある男は決して手を出さない。でも、欲望を抑えたぶん、さらにリビドーは増幅する。そこで、フーゾクだ。実に画期的な店を見つけた。チカンを題材にしたイメクラは数あれど、どんなに趣向をこらそうが、あくまで屋内でのプレイ。
が、そこはなんと、実際に山手線に乗り、車内で女のコを触らせてくれるといぅのだ。限りなく、日常に近いシチュエーションで楽しむチカンごっこ。果たして、どんな興奮が得られるのだろぅか。
モテナイ男は、決して触れることができない禁断の椅子。確かに度は座ってみたいが、フーゾクでっていうのはどうよ。プレイ後、ますます自分が惨めにならないか。てなことを考えているうち、ようやく先客のサラリーマンの予約が終わり、受付へと案内される。
「大変おまたせしました」若い店員はマニアを相手に少々お疲れの様子。
「えっと、さっきの店員さんにも言ったんだけど、山手線に乗ってチカンできるコースがあるって」「はいはい」店員がすかさず、パンフレットのようなモノを取りだし説明を始める。正式には『公然わいせつコース』というらしい。「まずビルの下から女のコが先に歩きますので、その後を付いて行ってもらいます。で、山手線に乗って新宿まで、その往復ですね」「チカンの後、ヌキはないの?」「ありません。ビルの下からプレイ時間がスター卜しますから、新宿まで往復するとだいたい60分はかかります」ヌキなしでは、かなりの高額だが、それだけの価値があるということか。ちなみにマンガ喫茶のカツプルコースでイチャイチャは30分で一万円だ。システムはわかった。あとは女のコだ。店員によると、このコースがこなせる女性は、いま人しか出勤していないという。さっそく写真で確認しよう。まずはちゃん。合コンで菊池桃子似の女のコが来るからと言われ、期待マンマンで行ったら騙されたという顔立ちだ。目は大きいが野暮ったい田舎顔である。もうひとりは、安倍麻美をチョイ崩したような童顔丸顔のちゃん。元モー娘。のなっちではなく妹の方だ。正直に言えば、両方ともごく普通のヘルスなら「また来ます」と回避したくなるルックスではある。が、なぜか写真を見てホッとしている自分がいた。というのも、こちらは過ぎのオッサンである。顔だってイケメンにはほど遠い。そんな輩が電車の中でモデルみたいなイケテル今風の女性の尻をなで回してたら、あまりにも怪しすぎる。っていうか、隣に立っているだけで「この人チカンです!」と告発されそうだ。その点、この程度といっては失礼だが、人は少なくとも街中で男どもの目線を釕付けにするようなタイプではない。緒にいても普通にカップルとして見逃してくれそうな気がする。オレはセーラー服を着るにはちよいと歳が行き過ぎているちゃんを選択。
ビルの前で待つ、Aちゃんが現れた。いよいよ山手線チカンプレィの始まりである。オレと目を合わせ軽く微笑むと言も発せずに彼女はスタスタと歩き出した。慌てて後を追ぅ。もしも正義感溢れる乗客に「チカン!」と手首を掴まれたら、彼女は「恋人です」とオレを庇ってくれるのだろぅか。まさか「フーゾクのプレィなんです」とは言わないだろな。それはそれで恥ずかしいモノがあるぞ。
電車が滑り込んできた。これに乗るのか?ちょっと待ってくれ。まだ心の準備ができないぞ。平静を装ってるが、内心ドキドキなのだ。様子を伺うオレをムシするかのように、彼女がホームの端まで歩いていく。そうだよな。車両の真ん中ではチカンしにくい。やはり先頭、もしくは最後尾の椅子がない場所だろう。ちゃんの斜め後ろに立ち、新たな電車を待つ。周りには、サラリーマンやオバチャンたちに混じって家族連れもいる。すでに世間は夏休みモードだ。次の電車がホームに滑りこんできた。ドアが開き、人がドヤドヤと降り、流れが止まる。
すかさず乗り込む彼女。後に続くオレ。入口とは逆のドアの真ん中付近が空いている。彼女はドアに左肩を付けるよぅにして立ち、オレはその背後に場所を確保した。人の距離はセンチもない。車内の混み具合は微妙な感じだった。空いているわけではない。かといって立っている乗客同士の体が触れ合ぅほど混み合ってもいない。学生がこっちを見てる電車が走り出す。いよいよ、いよいよだ。目の前にチカンしてもの女のコがいる。彼女はフーゾク嬢で、その権利をオレが買った。触っても大丈夫だ。しかし、オレの腕は動かない。ちょこっと動かせば、手の甲が彼女のお尻に触れる。でも動かない。
どう思うだろうか。力ップルがイチャイチャしている?いや、そんな雰囲気はない。単なる変質者?その方が妥当だ。冷房の効いた車内なのに、どんどん汗が出てきた。逡巡しているうちに電車はドンドン進む。気が付くと高田馬場駅。池袋〜新宿区間の半分が過ぎようとしているのに、オレはまだ指本彼女に触れちゃいない。何やってんだ。高田馬場駅を過ぎたところで、ちゃんがオレの方を見た。まだ触ってこないオレを不思議がっているのだろうか。触ってもいいんだよ、大丈夫だよ、とオレを諭しているかのように慈愛に満ちた笑みを浮かべている。センチほど近づき、彼女のお尻に左手の甲をくっつけてみた。柔らかさを感じるほどではない。単にデニムの生地と手の甲の距離が〇センチになったというだけだ。それでも心臓はかつてないほど大きく、激しく動く。彼女がトートバッグを腰の当たりまで持ち上げた。
山手線の車中で女のコの身体を触る行為は、予想以上に壁が高い。考えてみれば、これまで付き合った女とだって、公衆の面前でベタベタと触り合ったことはない。せいぜい手を繋ぐ程度だ。ここは考え方を変えるべきか。よりチカンっぽくしよぅとするから周りが気になるのだ。もっと大胆にいこぅ。イチャイチャしてるカップルなんていっぱいいるじやないか。残り時間5分。羞恥心を捨てろ。ちゃんだってわかってくれるはずだ。新宿からの帰りの電車の中で、オレは彼女の真横に陣取り、意を決して腰に腕を回した。もはやチカンではなく恋人プレイだが、これ以外に触ることなど、今の自分に不可能だ。腰をなで回し、さらに下乳へと手を伸ばす。もちろん、周りの背線は気になったが、オレたちはアツアツのカップルなんだと思い込んだ。胸を軽く揉んでみる。ブラのゴワゴワとした感じが伝わってくる。と、彼女が唐突にオレの肩に頭を乗せてきた。
その後も、オレの手は興味と好奇を持った目でいろんな人たちに見られ続けた。そして、あっという間に、電車は池袋へと到着。リアルチカンプレイは終了のベルを告げた。

【エロ漫画】レズのおまんこ舐め合い乱れ合うクンニを覗き見してからセックスに乱入する興奮

レズのおまんこ舐め合い覗き見エロ漫画レズのおまんこ舐め合い覗き見エロ漫画レズのおまんこ舐め合い覗き見エロ漫画レズのおまんこ舐め合い覗き見エロ漫画レズのおまんこ舐め合い覗き見エロ漫画レズのおまんこ舐め合い覗き見エロ漫画レズのおまんこ舐め合い覗き見エロ漫画レズのおまんこ舐め合い覗き見エロ漫画レズのおまんこ舐め合い覗き見エロ漫画レズのおまんこ舐め合い覗き見エロ漫画レズのおまんこ舐め合い覗き見エロ漫画レズのおまんこ舐め合い覗き見エロ漫画レズのおまんこ舐め合い覗き見エロ漫画レズのおまんこ舐め合い覗き見エロ漫画レズのおまんこ舐め合い覗き見エロ漫画レズのおまんこ舐め合い覗き見エロ漫画

【エロ漫画】女性の野外パンチラと野ションおまんこを覗き見するために全国の公園を徘徊する男

野外パンチラと野ションおまんこエロ漫画 野外パンチラと野ションおまんこエロ漫画 野外パンチラと野ションおまんこエロ漫画 野外パンチラと野ションおまんこエロ漫画 野外パンチラと野ションおまんこエロ漫画 野外パンチラと野ションおまんこエロ漫画 野外パンチラと野ションおまんこエロ漫画 野外パンチラと野ションおまんこエロ漫画 野外パンチラと野ションおまんこエロ漫画 野外パンチラと野ションおまんこエロ漫画 野外パンチラと野ションおまんこエロ漫画 野外パンチラと野ションおまんこエロ漫画 野外パンチラと野ションおまんこエロ漫画 野外パンチラと野ションおまんこエロ漫画

【エロ漫画】男のチンコとオナニー鑑賞見るだけのバイトする女の子は自分のおまんこおっぱい見せにも抵抗なし

オナニー鑑賞エロ漫画オナニー鑑賞エロ漫画オナニー鑑賞エロ漫画オナニー鑑賞エロ漫画オナニー鑑賞エロ漫画オナニー鑑賞エロ漫画オナニー鑑賞エロ漫画オナニー鑑賞エロ漫画オナニー鑑賞エロ漫画オナニー鑑賞エロ漫画

電マ・ローターでおまんこをせめていきそうになったら止めてまたせめる寸止めじらしせめ

電マ寸止めじらしせめ電マ寸止めじらしせめ電マ寸止めじらしせめ電マ寸止めじらしせめ電マ寸止めじらしせめ
「ビブラルミクロ」というローターがある。これ、本当に優れモノなのでこの場を借りて紹介したい。一番の特徴はなんといってもその小ささ。名前にミクロとあるように超ちっちゃい。振動部分は小指の第一関節ほどの大きさしかないのだ。全長は5センチほどで、単に小さいだけでなくマンコの中に挿入しやすくなっている。さて、ここまでつらつらと商品説明を続けてきたが、俺の使用方法は一味変わっている。このローターを風俗嬢のマンコにブチ込んでやるのだ。
ヘルスで手マンする際。持参したローターを嬢に見せてこう言う。
「このローター知ってる? 超小さいんだよね。手マンする代わりに使ってもいい?」
小指ほどの大きさなので手マンされるよりも楽だと考える嬢が多く、断られることはまずない。油断して簡単に了承してくれるのだ。こうなったらしめたものだ。スイッチをオンにして、ローターをマンコに挿入。Gスポットのあたりを丁寧に刺激してやれば、たとえ風俗嬢でもカンタンにイカせることができる。このローターを使い始めてからというもの、ヘルスでの本番率がグーンと上がった。なんと先日は初めてピンサロでセックスすることにも成功してしまった。ビブラムミクロ恐るべし。世の男子必携のアイテムだ。

異物挿入の大好きな奴隷ちゃん・おまんこにバナナをぶち込んで濡れ濡れオナニー

01140_202003282025528d0.jpg01150_20200328202550e52.jpgp86p_20200730215635fa1.jpgp87p_202007302156361b0.jpg

【エロ漫画】女性客が全裸で酔っ払いのヌードガールズバーでパイパン娘のおまんこを拝みながらほろ酔いエッチ

全裸ヌードガールズバーエロ漫画全裸ヌードガールズバーエロ漫画全裸ヌードガールズバーエロ漫画全裸ヌードガールズバーエロ漫画全裸ヌードガールズバーエロ漫画全裸ヌードガールズバーエロ漫画全裸ヌードガールズバーエロ漫画全裸ヌードガールズバーエロ漫画全裸ヌードガールズバーエロ漫画全裸ヌードガールズバーエロ漫画全裸ヌードガールズバーエロ漫画全裸ヌードガールズバーエロ漫画全裸ヌードガールズバーエロ漫画全裸ヌードガールズバーエロ漫画全裸ヌードガールズバーエロ漫画全裸ヌードガールズバーエロ漫画
Copyright © エロ漫画無料アダルト裏モノJAPAN All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます