おまんこのタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます



超大人気・美谷朱里・枢木あおいちゃんも
プレステージMGS動画もマジックミラー号も!
U-NEXTユーネクストR18
本ページの情報は2021年2月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

DMMのアダルトAV見放題はこちら
ただ今30日間無料お試し中!
DMM見放題chライト(R18)

タグ:おまんこ

ユルマンで射精したけりゃソファを上手に使っておまんこに深く突っ込む

75_202103010839211f0.jpg
ユルマンに遭遇したとき、みなさんはどうしてますか。
あれこれ体位を変えてもユルイもんはユルイわけで、となると結局はより深く挿入することで射精感を得るしかなくなるはずです。
最終的に多くの人は、正常位から女の脚をがばっと開いて、女のヒザをおっぱいのあたりにぐいーーっと押しつけ、チンチンを奥深くぶち込むことでしょう。それしかないですもんね。
でももっと深く突っ込む方法があるんです。ソファに座らせて同じ体勢をとらせてください。背もたれのおかげで女の体がホールドされることになり、奥までガシガシ突っ込めますから。ベッドだとどうしても力が逃げちゃうんですよね。

クンニを拒む女には逆69でへそ舐めからもろ出しおまんこにむしゃぶりつくと効果的

73_202102261902184b7.jpg
世間にはちょっと信じがたい連中がいます。そう、クンニをかたくなに拒否する女です。
せっかく気持ちいいところを舐めてやるって言ってるのに、なぜ嫌がるのでしょうか? 自分のマンコが臭いと思い込んでるのなら大いなるカン違いです。クンニ好きにとって、エロ臭いマンコほどのご褒美はないのに。
とにかく、クンニを拒否する女はどんな説得にも耳を貸そうとはしません。それでもクンニをしたいなら強行手段に訴える他ないのです。ではどうやるか。まずは女を仰向けに寝かせ、その顔にまたぐような態勢を取ってヒザ立ちします。このとき、こちらの体は女のつま先側に向いており、そして言
います。
「チンチンしゃぶって」
女がフェラを始めたら、そのままするっと逆シックスナインの態勢(男が上)にスライドし、両手で女の足を力任せに開いて押さえつけます。
さあ、目の前には小陰唇をパクパクさせたマンコが、愛液をイヤらしく滴らせて待っています。存分に召し上がれ。

エアーフェラ・疑似フェラはしてくれてもセックスはおあずけされた女性たち・もう一押しでやれるのか

0024_20180908121055c45_2019100509535983a.jpg0025_201809081210569c8_2019100509540110c.jpg0026_20180908121057d25_20191005095402309.jpg0027_201809081210597d7_2019100509540467a.jpg0028_20180908121101fe7_20191005095405f89.jpg0029_20180908121102a2f_2019100509540737f.jpg0030_2018090812110443f_20191005095408850.jpg0031_20180908121105565_20191005095410f9f.jpg0032_20180908121106c38_201910050954111d3.jpg0033_201809081211083f0_20191005095413e70.jpg
深夜のファミレスでダラダラ居座っている一人女を狙ったナンパ企画だった。
声をかけると、彼女は酔っ払ってるのか、フナッシーのモノマネをしてハシヤぎ、
「帰れないなら、ウチに泊まってもいいよ一」
なんてことをあっさり言った。ところが、いざ自宅に移動すると、頑なにセックスを拒み、奇っ怪な行動に。口元に手を当てフェラのマネ事をしながら「じゃあ、エアーフェラしてあげるから」
仕方なく、こちらは彼女の顔の前でチンコをシゴいて終了した。

【エロ漫画】同性愛者のネコとバイセクシャルなタチのレズビアンとレズ3Pでおまんこもアナルも同時にいただきます

レズビアンとレズ3Pエロ漫画レズビアンとレズ3Pエロ漫画レズビアンとレズ3Pエロ漫画レズビアンとレズ3Pエロ漫画レズビアンとレズ3Pエロ漫画レズビアンとレズ3Pエロ漫画レズビアンとレズ3Pエロ漫画レズビアンとレズ3Pエロ漫画レズビアンとレズ3Pエロ漫画レズビアンとレズ3Pエロ漫画レズビアンとレズ3Pエロ漫画レズビアンとレズ3Pエロ漫画レズビアンとレズ3Pエロ漫画レズビアンとレズ3Pエロ漫画
知り合った女子大生には、自分の職業を打ち明け、嫌がる彼女に食事をおごるからと再会シーンに出演してもらったし、テレクラ取材2日目に後日アポをとった18才のフリーターとは番組編集ギリギリの日に会い、ホテルにまで行った。
そして、それらは実際、12分の映像となり、番組の中でオンエアされたのである。12分の映像制作に協力した人間に支払われるギャラの相場を俺は知らない。が、少なくともそれが1万じゃないことぐらいわかる。要はナメられたのだ。
俺はムカついていった。
「そんな金では受け取れません。このことは書きますよ」
さらに翌日、交通費、女におごったメシ代、ホテル代の約2万を請求書にして送りつけた。
ギャラとは別に、当然支払われていい金である
4月13日現在、経費はおろか出演料は送られてこない。電話の1本もないのが現状だ。このままでは、4日間のただ働きのうえ2万の持ち出しである。悲惨、というより他ない。昨年9月にも似たようなことがあった。テレビの制作会社からテレクラで遊ぶ人妻を紹介してほしいと頼まれ、渋谷と池袋のテレクラで不細工ながら出演を承諾した2人の女を捕まえ担当者に引き合わせた。が、結局、出演の条件が合わずに番組は不成立。このときも2日を要し、経費も数千円かかっていたにもかかわらず「謝礼はありません」の一言で片づけられた。
洗ってないペニスをフェラさせる快感
季節の変わり目は持病の五十肩と腰痛がひどくなる。とりあえず、お灸やマッサージに行ってはいるものの、大した効果はない。先日は、テレクラにあった雑誌にリフレクソロジー(足の裏のマッサージ)の広告を見つけ、銀座の英国式と渋谷の台湾式に足を運んだ。銀座の店はきれいでマッサージ女の質も上々。足操みは想像以上に痛かったが、終わって外へ出たら足腰が軽く思わずジョギングしたくなるほどだ。渋谷の足操みは銀座以上に痛かった。思わず声を漏らすと、台湾女が笑った。
「あなた肝臓が悪いね。エッチも弱いよ。奥さんかわいそう」
「エッチを強くしたいんですが」
「日本の男みんなそれいうね。不倫だめよ」まったく余計なお世話だ。
リフレクソロジーの女と比べたら顔も体も格段に劣るが、池袋のテレクラで会ったマキはエロ・リフレクソロジーとも一買える女だ。
「21才で素人ですけどマッサージとフェラチオで1万でどうですか?マッサージは本格的でフェラチオにも自信あります」
よどみなくしゃべる女だった。体型はややボチャで顔は普通らしい。普段なら相手にしないが、「腰痛が一気に楽になりますよ」と自信ありげに言われたら心が動く。10分後、公衆トイレの前で会うことにした。その女、マキは大きな紙袋を下げ、俺を待っていた。デブというよりドサッとした体型。正直、ダサイが、まん丸な目に惹かれる。
昔前の女学生さながらの〈おさげ髪〉もレトロで悪くない。
「お尻の穴も紙められる?」「いいですよ?得意だから」
「それと、テレクラ代もかかっているし、エッチなしなんだからホテル代込みでいいかな?」
「はい・・」テレクラ代に、マッサージとフェラと尻なめを加えで計ー万5千250円。
「アロマテラピーって知っでる?」
そう言って、さらにバスタブにも香りのする入浴剤を入れる女
何だか得した気分だ。女の仕事は実に丁寧だった。頭から足の爪先まで丁寧に洗い、特にペニスと肛門は痛いと感じるほどしつこい。そして、洗って流してまた洗って、を3度ばかり繰り返した後、「キレイになった」とー人喜んでいる。なんだ、本当は男のサマの匂いが好きじゃなかったのか。
時々や首筋に息を吹きかける性感を刺激する。「出せそう?」。女が右手でペニスの根元をマッサージしながらキスを求めてきた。「肝心のアソコも紙めてよ」「スケべな人」そう言いながら俺の脚を大きく抱え上ば舌を肛門につける。
戻り、うつぶぜになるとラベンダーオイルを塗られマッサージが始まった。専門の学校でやったこともあると言うだけあって、さすがに巧い。
一通り終わったところで、女の方がSMっぼくて、よくない?とアイマスクをかけ、改めてまでを紙め上げた。
「じゃあいくよ」今度は、俺の脚を持ち肛門紙め。さきほどより深く入ってきた舌が心地いい。2分も続けられたら、尻は女の唾波でビチョビチョになった
「足が疲れたから、下ろしでいいかな」「いや、もっとさせて」
女の希望でさらに10分。しかし、これほど尻穴眠めに集中する女は過去にも例がない。まさにナメクジ女で窃る。さすがに疲れた俺が、出せば終わるだろうと自分でしごき放出すると、女はずかさず口をぺニスに移動させそれを飲み込む。さらに、着替えてる最中も縮んだベニスを紙めてくる。まったく、どこまでスキな女なんだ。
外へ出て歩くとリフレクソロジーのときより快適だった。
思わず、「いい気分だよ」というと「よかったらーまた会ってね」と携帯番号を書いたメモをくれた。「今度はお尻の穴でもいいよ。拡げる機械持ってるから」

クンニでママ活体験談・五十路六十路の熟女の陰毛白髪のマン毛かきわけおまんこお掃除舐め

クンニでママ活体験談 クンニでママ活体験談クンニでママ活体験談クンニでママ活体験談クンニでママ活体験談クンニでママ活体験談クンニでママ活体験談クンニでママ活体験談クンニでママ活体験談クンニでママ活体験談
若い男の子たちの間で、「ママ活」が流行ってるそうな。 
可愛い顔した男子大学生が、30〜40代の女性経営者たちからゴハンや服を奢ってもらったり、お小遣いをもらったりと、そのまんまパパ活の男子版みたいなことをしているらしい。
なんて羨ましいんだ…。オレだって、ママ活したいぞ! 
でも、四十路のオッサンをかわいがってくれるママなどいるわけがない。 
でもババなら?オッサンのオレも「体あり」のババ活をすれば、現金とはいわずとも色々おねだりできるんじゃないか。よし、ババアをクンニで喜ばせて、何か買ってもらうぞ!
少なくとも貧乏人ではないはず
さっそく、ババア探しを始めよう。高齢者の多そうなマッチングアプリをいくつか開き、60才以上の婆さんを検索していく。できればお金持ちの婆さんを狙いたいところだが、プロフに「会社経営してます」と書いてる婆さんはいない。とりあえず趣味の欄に「バレエ鑑賞」だとか「海外旅行」などと書いてあれば、金銭的に余裕がありそうなので、優先的に「いいね」を押していく。
ちなみに、オレのプロフィールは特に練り込まず、仕事や趣味なども正直に書いた。当然だが、クンニ好きのアピールもなしだ。ただし、プロフ写真だけはアプリを使って若々しい肌に修正し、若くみえるようにしておいた。
1日かけて、60才オーバーの女性30人以上にいいねしまくった結果、一人の婆さんが食らいついてきた。60才の未婚女性、ユキさんだ。
『棚網さん、初めまして。ユキと申します。音楽とか映画とか、色々お話が合いそうですね。これからもよろしくお願いいたします♪』
プロフ写真には、年相応な小じわのある、ちょっとアゴのしゃくれた初老の女が笑っていた。映画や音楽のほか、ロードバイクや水泳などのスポーツが趣味らしく、細身の締まった体型だけ見れば、60
才とは思えない。お金持ちかどうかは微妙なラインだが、ロードバイクが趣味なら少なくとも貧乏人
ではないはず。何度かのメールのやり取りの後で食事に誘ったところ、
『お会いする件ですが、今のところ平日でも土日でも大丈夫です。よろしくお願いします(^^)』
とのお返事が。その週の平日のお昼に会うことになった。
「それでね、ママ活って知ってます?」
約束当日、昼1時。都内の某ターミナル駅の前で、ユキさんの到着を待つ。しばらくして、黒のカットソーにスカート姿のオバサンがこちらに近づいてきた。
「あ、こんにちは。ユキです。よろしくお願いします」
「棚網です。こちらこそよろしくお願いいたします」
頭を深々と下げた彼女。背筋がピンと伸びて、ぜんぜん婆さんっぽくない。50代前半ぐらいのマダムって感じだ。
「お腹は空いてますよね?」「まあ、そうですね。ランチしましょうか」
ということなので、歩いて3分ほどのダイニングカフェへ。カフェ飯を食べながら、まずは彼女のプ
ロフに書いてあったスポーツやサブカル系の話題で盛り上がり徐々に男関係の話にシフトしていく。
軽く話した感じはサバサバしたキャラで、経験上、こういうタイプは性欲も強い気がする。
「あのアプリで、ほかにも会った男性はいるんですか?」
「ええ、何人かとお会いしてますよ」「その方たちとは、どうでした?」
「それがね、20代とか30才とかの男性ばっかりで」
「え? そんなに若いんですね」
「そうなの。たまに10代の学生とかも『いいね』してくるんですよ。この人たち、何を目的に私のとこ来るんだろうと思って」
間違いなくそいつらもババ活目的だろう。考えることは一緒なんだな。
「それでね、あまりにも10代20代からの足跡とかいいねが多いので一度聞いてみようと思って。20代の人と会ってみたんですよ」「それで、目的はわかったんですか?」
「わかんない。でも、会ってゴハン食べた帰り際に、手を繋いできたりして、なんか、接触が多いというか、そういう感じなのかなって思って」「はいはい」
「それでね、ママ活って知ってます?」ドキーーッ!!「ママ活…ですか?」
「たぶん彼らは、わたしをお金持ちだと思ってて、お小遣いもらおうと思ってるんじゃないかって」
「あーーなるほど…。パパ活の女性版ってことですね」
「そうそう。だって可笑しいもの。20代なんてねえ。本当に幼い顔してるんですよ?」「へえ」
とぼけてはみたが、膝が震えそうなほど動揺していた。オレ、ママ活っていうかババ活してるんだけど。
ほぼ処女みたいなもんじゃないか
「ユキさん、プロフィールに未婚って書いてましたけど、彼氏さんとか、恋愛関係はどうなんですか?」「彼氏は…いないですね。私、恋愛経験がほとんどないんですよ」
「え? まったくないわけじゃないでしょ?」
「まあ、でもないような感じですねえ」あら、まさかこの婆さん、処女なの?
「あの、お会いしたばかりで、こういう質問は失礼かもしれないですけど、過去にそういった経験は…」「それはありますよ。だいぶ歳を重ねてからですけどね」
が、さらに突っ込んで聞いたところ、30代で最初の相手と経験して以来、それ以降は誰ともセックスしてないことが判明した。ほぼ処女みたいなもんじゃないか。
ってことは、クンニ経験もほとんどないんじゃないか? これはかなりの効果が期待できそうだぞ。
「色々お話してきましたけど、僕に興味持てそうですか? もちろん男としてですよ」
「はい、興味持ってますよ。話してて楽しいですし」
「いやいや、異性として興味はあるのかって意味ですよ」
「ありますあります。大丈夫です」
「ホントですか? じゃ、ちょっと僕のカラダ、触ってみてくださいよ」
差し出した腕を、素直にナデナデしはじめる。「もっと色っぽく触ってください」
「ハハハ、色っぽく? 何言ってるんですか」
と言いながらも、身体を近づけ、ナデナデを続けてくれた。なんだ、大丈夫そうだな。もうホテルに誘っちゃおうか。よし、お会計お願いします!ババ活目的だとバレたらマズいので、ここの会計をおねだりするのはやめておこう。店の外に出て、まっすぐホテル街に向かう。時計の針はまだ昼の3時を過ぎたばかり。十分すぎるほど時間はある。
「ユキさん、今日はお仕事お休みだったんですか?」
「いえ、いまね、実は仕事辞めたばかりで休職中なんですよ」
「え? そうなんだ。お仕事何されてたんですか?」
「お役所関係の派遣ですね。早く次を探さないといけないんですよ〜」
派遣かよ。ぜんぜんお金持ちじゃないじゃん。これはかなりクンニを頑張らないと厳しいかもな。
「まだ帰らなくも大丈夫ですよね? どっかお部屋に入って、まったりしません?」「え〜! お部屋でまったり? …会ったばっかりなのに?」
「でも、そういう相性は、早めに知っておいた方がお互いいいと思うんですよね」
「う〜ん…。まあ、ねえ」
「こういうことで駆け引きしたくないんで、素直に気持ちを伝えてるんですよ」
「じゃあ、まあ…いいですよ」
おお、さすが60才。話が早い。男性経験が少ないとはいえ、グダり方がしつこくなくていいですね。
コンビニで飲み物を買って、いざ近くのラブホテルにチェックインだ。
小さめのクリがカチンカチンに勃起
「すごーい、綺麗なお部屋! こんな感じなんですねー。へー」
 なんと、ラブホに来たのはこれで人生2度目だそうだ。
 ソファに荷物をおいた彼女に近寄り、キスをする。
「どうですか? 少しは色っぽい気分になってきました?」
「はい…、なってます…」このまま押し倒してもいいけど、クンニ前に風呂には入ってもらいたいな。「一緒にお風呂入りましょうか」「え、一緒に? それはちょっと…」
ということなので、順番にお風呂に入って準備完了。さあ、ここからが本番だ。
バスローブ姿でシャワーから出てきたユキさんが、照れ笑いしながらコチラに近づいてきた。うーん。あらためて近くで見ると、やっぱり婆さんだな。
が、意を決して抱き寄せて優しくキスをかます。ぎこちない感じで唇に吸い付いてくる彼女をベッドに移動させ、バスローブを剥ぎ取った。
おおっ? 意外にもプリンとキレイなおっぱいが。乳首も小さめで形が整ってるし。セックスや出産の経験がないと、還暦でもこんなにキレイなんですねえ。手や口で胸や身体を愛撫していき、「は
あ…はあ…」と吐息が漏れてきたところで、いよいよクンニタイムへ。
乳首ペロペロから股間を目指して徐々に下がっていく。うわっ、まだ触ってもいないのに、割れ目がテラテラ光ってる。濡れまくりじゃないか。
恐る恐る股間に顔を近づけてみた。と同時にユキさんが上に逃げていく。
「え〜? そんなとこ舐めるの?」
やはりクンニ経験も乏しいのか、恥ずかしがってますね。
「そりゃ舐めますよ。舐められるの嫌いですか?」
「ん〜…嫌い、ってワケじゃない…けど…」ほれ見ろ。クンニされたいんじゃないか。閉じようとする脚を両手で強引に開き、クリの包皮をレロッとひと舐めする。「ああっ…」
うむ。白髪が目立つけど、変な匂いもしないし、毛量少なめの舐めやすいマンコだ。これならいけそうだぞ。最初はなるべく弱い力で、優しくねっとりと舐めていきましょう。
 ネロリ〜ン、ネロリ〜ン。レロレロ〜〜。
「んん…ああ…、ああん、いい…」
あんなにサバサバ口調の婆さんだったのに、色っぽい女の喘ぎ声に変わった。
「どうです? 舐められるの悪くないでしょ?」レロレロレロ〜。
「うん、気持ちいい…ああ…」
陰唇や膣周りを弱めのネットリ舐めでしばらく攻め続け、焦らしまくってからクリ舐めに移行する。長期戦なので、クリも弱めの刺激からだ。はい、ネロネロネロ〜。
「んああ…ああ〜気持ちいい…」
小さめのクリがカチンカチンに勃起して、割れ目の奥から透明なヌルヌルがどんどん流れ出てくる。
「ああ…ああ…あああッ!!」
しばらく舐め続けていたら、脚がピーンと伸び、身体がビクビク痙攣を起こした。あれ、軽くイッたんじゃないすか?「ちょっと待って。なんかスゴい敏感になって…ああ、あああ〜」
よしよし、いい感じですよ〜。 本人曰く、「さっきは強い波が来た…」とのことなので、しばしブレイクを入れたのち、体位を変えて再びクンニタイムだ。
「今度はオレの顔の上に乗っかってみてください」「ええっ? どういうこと?」
「いいからいいから」
照れ笑いする彼女の手を引いてオレの頭の上で四つん這いにさせ、顔面騎乗の体勢に。
「なんか…すごい格好になってるけど…ああっ! ああっ〜」
下からクリ周辺をレロレロしてやると、再び身体をクネらせながら喘ぎ始めた。
「こうすると、クリが膨らんで気持ちいいんですよ」
ペロペロ〜、ペロペロ〜。
「ええ〜、あっ! あああ、ちょっと! なんか、さっきと違う…ああっ、ああ〜!」
頭をガクガクさせながら、必死に両腕で身体を支えている。かなり効いてみるたいだ。ヌルヌルの愛液もとめどなく流れ落ちてきて、オレの口の周りはベチョベチョだ。
「はあ、はあ、はあ…」肩で息をしている。もはや言葉も出てこなくなったようだ。
「大丈夫ですか?」「うん、アハハ…ちょっと、なんかすごい。ああ…。あああ〜」
すでにクンニを始めてから1時間近く経っている。さすがに疲れたかな?
「いったん仰向けになってもらっていいですよ」「はい…」
ここで脚を抱えてチンポを挿入しようとしたのだが、膣の奥が硬すぎて奥まで入っていかなかった。こんな経験は久しぶりだ。「ごめんね。ずっとこいうことしてなかったから…」
「いいんですよ。その代わり、もう少し舐めさせてください」
「ええ? また舐めるの? ああ…あああ!」
脚を掴んでクンニ再開。レロレロレロ〜。
「ああん、また…、あああ〜気持ちいい…んん」フェラもさせず、挿入も諦め、ラブホの休憩時間のほとんどをクンニに費やした。さすがにこれだけ長時間舐め続けると、舌も首も疲れてヘトヘトだ。でもこれだけ頑張れば、何かお礼をしたくなるってもんでしょう。
クンニ1回じゃ、32万は高いよね
ホテルの休憩時間の終了間際に急いでシャワーを浴びて部屋を出た。時間は5時半。今からおねだりするとしたら、どこがいいだろう?そうだ、ホテル街の近くに家電量販店があったはずだ。引っ越しの予定があるので、色々と買い替えたい家電があるのだ。テレビとか炊飯器とかをおねだりしちゃおっと。「ちょっと電気屋で見たいのがあるんですけど、付き合ってくれます?」
「電気屋さん? いいよー」
よしよし。ではまいりましょう。歩いて5分ほどの大手量販店に到着。
まずはテレビのあるフロアに直行だ。「実は、テレビが壊れかけてまして…」
「あ、そうなの? 私も10年ぐらい使ってるからなー」
などと言いながら、身体を寄せて手を繋いでくるユキさん。クンニタイムの直後だからか密着度が高い。おねだりチャンスだ。
「うわー、このテレビ、キレイですね。有機ELディスプレイだって。65インチか。でかいな〜、いいな〜」「ほんとだ、キレ〜イ。すごいね」「こんなの部屋に欲しいな〜」
「でも…、ちょっと大きすぎない? 目が疲れちゃいそう」
ですよね。60万以上するしね。さすがにこれは買ってくれないでしょう。もう少しサイズを下げてみますか。「あ、こっちぐらいならちょうどいいかも」「あ〜、そうね。キレイだし」
55インチ32万円だ。
「32万か。けっこうするなー。いまお金ないからなー」「……」
ユキさんの顔をチラ見する。テレビを見ながら無言のままだ。その表情は「無」。仏のような顔をしていて何も読み取れない。
「…もう少し小さくてもいいんじゃない? お部屋によるけど」
そうきたか。まあね、2時間程度のクンニ1回じゃ、32万は高いよね。
「いっぱい舐めてあげたじゃないですか」
続いては40 インチ4kテレビ、11万円の前に移動する。ほら、これぐらいなら現実味がありますよ。「40インチあれば大きさは十分ですね。キレイだし」
「そうねー。へー、リモコンでネットも使えるの」「ホントだ。便利ですね。コレ欲しいかも」
「これ買うの?」「そうだなー11万か…。欲しいけど…厳しいかなー」
「そっか」
そっか、じゃないだろう! 買ったげよっか、だろ! 鈍すぎるな。もう直接おねだりするしかないか。ちょっとかわい子ぶってお願いしてみよう。
「ユキさーん、買ってくださいよ〜」「ははは」「ねえ、いっぱい舐めてあげたじゃないですか」
「ええ? ちょっと、何言ってんですか、アハハ」
一瞬、ギョッとした顔をして、直後に笑い出した。ちょっと引かれたっぽいな。
「もっと頑張りますから〜」「ハハハ、やめてください」
ダメか。いったんおねだりは中止して、テレビコーナーから移動することに。続いて向かったのはビデオカメラコーナーだ。
「あ、そうだ、ビデオカメラも欲しかったんですよね。あれ? いまこんな値段で買えるんだ」
「あ、ホントだ。安いね」
お? 彼女がビデオカメラを手に取った。買ってくれるの?
「私もビデオカメラ欲しいなって思ってて」いやいや、そうじゃないでしょう。
「安いですよね。俺も欲しいんだよな〜。、買ってよ〜」
「ハハハ。でもネットで買った方が安いかもね〜」
ダメか。ここまでストレートにお願いしてもダメなのか。5万ぐらい、いいじゃないか。その後、2万円の炊飯器、1万円の電気シェーバーとグレードを下げていき、それぞれおねだりしてみたが、どれも同じく笑ってごまかす戦法で押し切られてしまった。
このままじゃ納得いかない。あんなに頑張ってクンニしたのに!
「ユキさん、お願いがあるんですけど」「え? なになに?」
この時点で、2人の間には一定の距離が開き、最初のイチャイチャ感は消え去っていた。ちょっと帰りたがってる?「ちょっと、聞いてください。ボク、何か買って欲しいんですよ」
「え〜? なんでなんで?」
「なんか、ちょっとしたものでも一つ買ってもらえたら安心するっていうか…」
「ふーん、そうなんだ…」
「もっと頑張って舐めるからお願いします」
「ハハハ、だからそれはいいってば」
よくわからない理由を述べてしまったが、その直後、ユキさんは、
「安いのだったらいいよ」と言ってくれた。
結局、買ってくれたのは10本入りの電池パック(754円)、一個だ。これが今回のババ活での戦利品ということになります。

電車でパンティの間からおまんこをお触り・風俗のリアルチカンプレイはどれくらい興奮するのか体験してきた

71_20201128085750497.jpgもう一つチカン風俗の話
風俗のリアルチカンプレイ風俗のリアルチカンプレイ風俗のリアルチカンプレイ風俗のリアルチカンプレイ
パンツ丸出しで歩き、半ケツ丸出しのローライズや見せブラなんてのが流行る、このご時世。電車の中や街角でリビドーを感じるなという方が無理な話ってもんだ。もちろんチカンは犯罪である。電車の中で胸の谷間を強調させた井上和香似のナイスバディの女性に、欲望を抑えきれず、尻とか胸とか触っちゃったら、もう大変。
人生が終わる。会社はクビ。妻子がいたら、離婚は確実。それまで築き上げてきたものがボロボロに崩壊する。それがわかっているから常識ある男は決して手を出さない。でも、欲望を抑えたぶん、さらにリビドーは増幅する。そこで、フーゾクだ。実に画期的な店を見つけた。チカンを題材にしたイメクラは数あれど、どんなに趣向をこらそうが、あくまで屋内でのプレイ。
が、そこはなんと、実際に山手線に乗り、車内で女のコを触らせてくれるといぅのだ。限りなく、日常に近いシチュエーションで楽しむチカンごっこ。果たして、どんな興奮が得られるのだろぅか。
モテナイ男は、決して触れることができない禁断の椅子。確かに度は座ってみたいが、フーゾクでっていうのはどうよ。プレイ後、ますます自分が惨めにならないか。てなことを考えているうち、ようやく先客のサラリーマンの予約が終わり、受付へと案内される。
「大変おまたせしました」若い店員はマニアを相手に少々お疲れの様子。
「えっと、さっきの店員さんにも言ったんだけど、山手線に乗ってチカンできるコースがあるって」「はいはい」店員がすかさず、パンフレットのようなモノを取りだし説明を始める。正式には『公然わいせつコース』というらしい。「まずビルの下から女のコが先に歩きますので、その後を付いて行ってもらいます。で、山手線に乗って新宿まで、その往復ですね」「チカンの後、ヌキはないの?」「ありません。ビルの下からプレイ時間がスター卜しますから、新宿まで往復するとだいたい60分はかかります」ヌキなしでは、かなりの高額だが、それだけの価値があるということか。ちなみにマンガ喫茶のカツプルコースでイチャイチャは30分で一万円だ。システムはわかった。あとは女のコだ。店員によると、このコースがこなせる女性は、いま人しか出勤していないという。さっそく写真で確認しよう。まずはちゃん。合コンで菊池桃子似の女のコが来るからと言われ、期待マンマンで行ったら騙されたという顔立ちだ。目は大きいが野暮ったい田舎顔である。もうひとりは、安倍麻美をチョイ崩したような童顔丸顔のちゃん。元モー娘。のなっちではなく妹の方だ。正直に言えば、両方ともごく普通のヘルスなら「また来ます」と回避したくなるルックスではある。が、なぜか写真を見てホッとしている自分がいた。というのも、こちらは過ぎのオッサンである。顔だってイケメンにはほど遠い。そんな輩が電車の中でモデルみたいなイケテル今風の女性の尻をなで回してたら、あまりにも怪しすぎる。っていうか、隣に立っているだけで「この人チカンです!」と告発されそうだ。その点、この程度といっては失礼だが、人は少なくとも街中で男どもの目線を釕付けにするようなタイプではない。緒にいても普通にカップルとして見逃してくれそうな気がする。オレはセーラー服を着るにはちよいと歳が行き過ぎているちゃんを選択。
ビルの前で待つ、Aちゃんが現れた。いよいよ山手線チカンプレィの始まりである。オレと目を合わせ軽く微笑むと言も発せずに彼女はスタスタと歩き出した。慌てて後を追ぅ。もしも正義感溢れる乗客に「チカン!」と手首を掴まれたら、彼女は「恋人です」とオレを庇ってくれるのだろぅか。まさか「フーゾクのプレィなんです」とは言わないだろな。それはそれで恥ずかしいモノがあるぞ。
電車が滑り込んできた。これに乗るのか?ちょっと待ってくれ。まだ心の準備ができないぞ。平静を装ってるが、内心ドキドキなのだ。様子を伺うオレをムシするかのように、彼女がホームの端まで歩いていく。そうだよな。車両の真ん中ではチカンしにくい。やはり先頭、もしくは最後尾の椅子がない場所だろう。ちゃんの斜め後ろに立ち、新たな電車を待つ。周りには、サラリーマンやオバチャンたちに混じって家族連れもいる。すでに世間は夏休みモードだ。次の電車がホームに滑りこんできた。ドアが開き、人がドヤドヤと降り、流れが止まる。
すかさず乗り込む彼女。後に続くオレ。入口とは逆のドアの真ん中付近が空いている。彼女はドアに左肩を付けるよぅにして立ち、オレはその背後に場所を確保した。人の距離はセンチもない。車内の混み具合は微妙な感じだった。空いているわけではない。かといって立っている乗客同士の体が触れ合ぅほど混み合ってもいない。学生がこっちを見てる電車が走り出す。いよいよ、いよいよだ。目の前にチカンしてもの女のコがいる。彼女はフーゾク嬢で、その権利をオレが買った。触っても大丈夫だ。しかし、オレの腕は動かない。ちょこっと動かせば、手の甲が彼女のお尻に触れる。でも動かない。
どう思うだろうか。力ップルがイチャイチャしている?いや、そんな雰囲気はない。単なる変質者?その方が妥当だ。冷房の効いた車内なのに、どんどん汗が出てきた。逡巡しているうちに電車はドンドン進む。気が付くと高田馬場駅。池袋〜新宿区間の半分が過ぎようとしているのに、オレはまだ指本彼女に触れちゃいない。何やってんだ。高田馬場駅を過ぎたところで、ちゃんがオレの方を見た。まだ触ってこないオレを不思議がっているのだろうか。触ってもいいんだよ、大丈夫だよ、とオレを諭しているかのように慈愛に満ちた笑みを浮かべている。センチほど近づき、彼女のお尻に左手の甲をくっつけてみた。柔らかさを感じるほどではない。単にデニムの生地と手の甲の距離が0センチになったというだけだ。それでも心臓はかつてないほど大きく、激しく動く。彼女がトートバッグを腰の当たりまで持ち上げた。
山手線の車中で女のコの身体を触る行為は、予想以上に壁が高い。考えてみれば、これまで付き合った女とだって、公衆の面前でベタベタと触り合ったことはない。せいぜい手を繋ぐ程度だ。ここは考え方を変えるべきか。よりチカンっぽくしよぅとするから周りが気になるのだ。もっと大胆にいこぅ。イチャイチャしてるカップルなんていっぱいいるじやないか。残り時間5分。羞恥心を捨てろ。ちゃんだってわかってくれるはずだ。新宿からの帰りの電車の中で、オレは彼女の真横に陣取り、意を決して腰に腕を回した。もはやチカンではなく恋人プレイだが、これ以外に触ることなど、今の自分に不可能だ。腰をなで回し、さらに下乳へと手を伸ばす。もちろん、周りの背線は気になったが、オレたちはアツアツのカップルなんだと思い込んだ。胸を軽く揉んでみる。ブラのゴワゴワとした感じが伝わってくる。と、彼女が唐突にオレの肩に頭を乗せてきた。
その後も、オレの手は興味と好奇を持った目でいろんな人たちに見られ続けた。そして、あっという間に、電車は池袋へと到着。リアルチカンプレイは終了のベルを告げた。
電車でチカンも映画館で手マンも出来ちゃいます
一般的なフーゾク店でできる野外プレイといえば、嬢にリモコンローターを装着させ、周囲にバレないようこっそりアソコを刺激するくらいがせいぜいですが、この店はそんな“もどき”のレベルではありません。野外プレイの本質、スリリングさをたっぷり味わうことができます。といっても既成のコースが用意されてるわけではなく、具体的なプレイの中身はあくまで客側が決めることになっています。もちろん、内容によっては店側からNGを出されることもありますが、それでも私の経験から言うと、ハードルはかなり低めです。たとえば、私が過去にやった野外プレイに電車チカンというのがあります。内容はそのまんま。本物の電車に乗り込み、他の乗客の目を盗んで嬢の体をまさぐりまくるのです。さすがに周囲からバレバレのチカン行為はできませんが、それでも誰かに通報される可能性はゼロじゃありません。ハンパないスリルと興奮を味わえるのは容易に想像できるでしょう。似たようなプレイは、真っ暗な映画館でも挑戦したことがあります。ただしこちらの場合は電車と比べて人目に付きにくいぶん、より攻めやすいため、また違った興奮を得ることができました。映画館で女に手マンする背徳感です。ちなみにこの店、M女だけでなく女王様タイプも多数在籍しています。女装して公園に行き、トイレで手コキされるとか、マゾヒスティックな野外プレイも楽しめるらしいですよ。

生理中の女性とのエッチ体験談・おまんこに手マンで経血が!そんなセックスも興奮するものだ

生理中の女性とのエッチ体験談生理中の女性とのエッチ体験談1生理中の女性とのエッチ体験談生理中の女性とのエッチ体験談生理中の女性とのエッチ体験談生理中の女性とのエッチ体験談生理中の女性とのエッチ体験談生理中の女性とのエッチ体験談生理中の女性とのエッチ体験談
小西さんとは「お互いに会いたくなったら、会う。ヤリたくなったらやる」、そんな大人のでいようと決めた。俺としては、毎日でも会ってヤリたいが、そこは我慢。お互い既婚者だし、無理せず、たまに会って楽しくエッチできればいい。とはいえ、偶然かもしれないが、彼女とはクリスマス、バレンタインと記念日に会ってきた。
メールを送ったところ、彼女から残念な返事が届いた。『お誘いありがとぅございます!私も久しぶりに会いたいんですが、月中は時間が取れそぅにありません。新しい仕事が忙しく、遅くなる時もあるので、仕事が終わればすぐ家に帰らないといけないんです。休みも取れないし。河内さんと‘また食事や映画にいきたいんだけど、しばらくは我慢します。ゴメンね』彼女の場合、気持ちに余裕がないと会ったり、エッチしたりということは考えられないんだろう。主婦という立場だし、仕方がない。彼女が会いたい、したいと思うまで気長に待つしかないよなぁ。会つたら必ずオトしてやる!さて、しばらく行動を起こせなかつたもう人の夕ーゲット、タケシヨーだが、今回大きな進展があった。まずは、改めて彼女のプロフィールについてお伝えしておこぅ。本名、武田祥子。彼女は俺の年下の後輩として同じ会社で勤務していた。地味だが知的な既婚女性で、秘めたる艶っぽさに魅力を感じていた。そんなに社交的でない彼女が、なぜか俺にはなついてくれ時々飲みにいったりしたが、社内の女は後腐れが面倒なのでご法度と決めていた俺は、彼女に手を出すことはなかった。
そんなタケショーが、旦那の転勤が理由で退社することに。辞めるならヤレる。退職直前の彼女と最後の食事の後、ドラィブに連れだしたものの、彼女のはつきりしない態度に結局オトせず仕舞い。後日、タケショが友人の子と「詰めが甘い」と陰口をたたいていたことがわかり、俺は深く傷つき、後悔した。決して忘れることができないこの悔しい想いを晴らし、年前の自分にリベンジすべく、俺はタケショーの名をヤルノー卜に記した。彼女のはまつたくわからなかつたが、同窓会を企画することまでしてやつと居所が判明。タケショーは、横浜に住んでいた。そして月、俺は無理やり仕事を作り、出張することにした。不景気の真つただ中、わざわざ仕事をつくり、出張するなんて許されることではないかもしれないが、許してちょうだい。月に死ぬほど頑張つた俺へのご褒美ということで。昼飯でもどう?メールを出すと、すぐに返事が来た。『ホント久しぶりですね。楽しみです!もうすつかりオバサンになつちゃつたので会うのが少し恥すかしいけど』時間を調整し、夕方に横浜で会うことになつた。仕事は昼間に完全に終わらせてしまい、夕方以降はタケショーにだ。あまり遅くまでは無理らしいが、裏をかえせば少しぐらい遅くなつても大丈夫だということだ。早めの夕食をとればたつぷり時間はある。今回の遠征の目標はズバリ、タケシヨーとヤルこと。惠乐出張など滅多にないし、彼女が大阪に来ることもないだろう。まずは距離を縮めるなんて悠長なことは言ってられない。速攻あるのみ、即クロジング、一撃必殺だ。詰めが甘かった年前の俺ではない。絶対決めてやる!正直、自信はある。かつて彼女が俺を慕ってくれていたという。メールでの前向きな反応。あとは俺次第だろう。女性には効果的な攻め方がある。代に時間を巻き戻してやるのだ。若くてシワもなく、子供もいなくて遊びまくっていた頃に。リバィバルディスコでアラフオー女が遊びまくり、ナンパされて喜んでいるのも、若さがほとばしっていた頃の自分を晚だけ取り戻したいのだ。アルコールが入り、昔話で盛り上がり「あの頃と変わらず、いい女やなあ」と持ちあげれば、間違いなくできるはずだ。老けたがセレブみたいだ当日、待ち合わせ場所に早く着き、ドキドキしながら彼女を待つ。タケショーはどうなっているんだろうか?俺の知っている年前の彼女は、小雪を少し地味にした感じ。長いストレ卜の黒髪で、落ち着いているが妙に艶っぽさを感じさせていた。
残念ながらそのとおり。「おいしいイタリアンのお店があるんですけどいいですか?」タケショーの車に乗り、店に向かう。真っ赤なボルボのハンドルを握り、颯爽と車を走らせる彼女の姿を助手席で見ているうち、何か感情が動いた。かっこいいやん。なんかセレブな感じやんか。少し短めのフレアスカー卜でアクセル、ブレーキのペダル操作をする。すらりとしたタケショの右足が左右に動く様子に、すごく色っぽさを感じる。う一ん、タケショー、やっぱイイなぁ。だんだんムラムラしてきた!おしやれなイタメシ屋で年ぶりの再会に!
まずはお互いに近況の報告。彼女の子供はもう手がほとんどかからないので楽になったそうだ。今日は応夕食の支度をして出て来たので大丈夫。月に回ほどは女友達と食事にいくそうで、少し遅くなっても旦那には特にうるさく言われないそうだ。昔話に花が咲き、酒抜きでも大いに盛り上がる。彼女が退職した際の話になったとき、俺は思いきって聞いてみた。
「箕面いったよね」「うわー、なつかしい一!」「あのとき、タゲショーとヤリたかったんやけどなあ。キスもでけへんかった」
「あはは、そうですね」「あとで子に『詰め甘い』って言ってたそうやんか」「えっ、私そんなこと絶対言ってないですよ。あれ、帰っちゃうの?って思ったとは言いましたけど、詰め甘いって言ったのは子ですよ」まあ、いい。いずれにしても人で俺のことをヘタレだと笑っていたのは事実だ。「でも、女性はいったんは断らないといけないもんなんですよ。軽い女に思われたくないから。はいいかなって思っていてもね」そう、そのことを俺は君に教えてもらったんや。今の私でもキスしたいんですか?店で時間以上話し込んだが、タケシヨーはまだ時間は大丈夫だという。でも店を出て、厶からどうしよう。俺は、土地勘もなければ、ハンドルを握っている訳でもない。ぶっちゃけて「ホテル行こうや」と言いたいところだが、まったくシラフの状態で唐突過ぎる。ワンクッション置いて、まずはエロい雰囲気にもっていこうか。「酒も飲まれへんし、ちよつと車の中ででもゆつくり話そうや」
「じゃ、少しドライブしましよか」彼女の運転で、海沿いの景色を楽しみながらおしゃべりしたが、そのうち話も尽きてきた。少し沈黙が続く。車は公園近くの人気がまったくないあたりに差し掛かった。ここで、俺は突然、言った。「タケシヨーとキスしたいなあ」「あはは、河内さん、いきなりなに言うんですか」タケショーは笑っている。「今の私でもキスしたいんですか」「うん、したい!」「私もしたいな」その瞬間、心臓がバクバク音を立て、ほぼ同時に勃起した。彼女が車を停めるやいなや、ロを近づけた。タケショーの小さい舌が絡んでくる。ねっとりといやらしいキス。もう俺のペニスはズボンの中ではちきれんばかりの状態だ。「もう少し、人が来ないところに車を動かしますね」すぐにでもホテルに行きたいところだが、タケショーはでいちゃつきたいようだ。それもいい!まったく人気のない、真っ暗な道端に車を停め、シートを倒す。そして再びキス。キスしまくる。付き合い始めの若いカツプルのようだ。薄手のセー夕ーの上からタケショーの小ぶりな胸を揉む。続いてスカー卜の中に手を入れる。俺の手首を掴み、タケシヨーが拒む。
「ごめんなさい。アレなんです」生理中?どれどれ、再度スカー卜に手を突つ込んで触ってみると、股間が興奮している様子。もちろん俺も大興奮で鼻息が荒い。彼女の手を取り、俺の股間に導くと、ズボンの上からスリスリと触り始めた。ベルトとチヤツクを外し、彼女の手は俺のパンツの中に入ってくる。直接ペニスを握りシコシコと動かすタケシヨー。冷たい手だが実に気持ちいい。
「ああ、ああ」声とともに、俺のムスコをしごくスピードも速くなっていく。彼女のスカー卜のファスナーを下し、パンスト、パンティの中に手を入れる。「タメです」そぅ言いながら、タケシヨーは拒まない。ナプキンの奥にを滑り込ませると、愛液でヌルヌルだ。「はあ、はあ、ダメです。指が汚れちやぅから」その言葉に俺の興奮も最高潮。すつかり暖かくなったタケショーの細い指に握られた俺のペニスはギンギン状態だ。年ぶりに再会した日に彼女の車で触りあう。なんて興奮するシチュエーションなんだ。タケショーのクリトリスも固くてリコリだ。「あぁ、もう〇あぁ、もう」そんな声出されたら、俺、もうあかんー「ああ、イキそうや」タケショーは右手でしごきながら、左手でバッグをまさぐり、ハンカチをとり出した。数秒後、ドクドクと。彼女のきれいなハンカチをザーメンで汚してしまった。なんかこれも興奮するなあ。彼女がイッたかどうかはわからない。でも二人にとってすごく興奮した時間だったのは間違いない。さて、今からどうする。生理中だといってもホテルならやれそうだ。

フーゾク嬢のおまんこに前の客の精子が残ってたら・格安で生中出しNNプレイが出来るデリヘル

51_2020101710255752d.jpg0082_201911131355326cb.jpg0083_20191113135534de0.jpg0080_2019111313553015e.jpg0081_201911131355310c1.jpg
0105_2019020409020158c_20191109212913bd4.jpg0101_2019020315464234e_201911092129073aa.jpg0102_201902031546439de_201911092129083e9_2020011312001145e.jpg
1、フーゾク遊びにドキドキしなくなったのは何故だろうと考えた結果、指名写真のせいだと判明した。修正が当たり前になった今、「写真よりずっとキレイだねー」というのはとっくの昔になくなり、期待をふくらませて対面してもほとんど落胆することばかりだ。
男ならデリヘルはフリーで呼ぶべし。そして到着のインターホンが鳴ったら、野球帽を目深にかぶり、うつむいた状態でドアを開ける。まず見るは、女の足元のみ。そして徐々に目線を上げていく。脚の太さ、腰つき、ファッションセンス。そして胸の膨らみへ。テレビカメラがなめるような動きだ。その間、約3秒。遊び慣れた男なら、おおよその想像はつく。ああギャル系か、ああ地味系か。しかし顔はまだわからない。ルックス次第では延長もやぶさかじゃないぞ。さあどうだ、どんな顔だーこうしてテンションを高めに高めて、最後に正面を向く。当たりだったときはリーチー発でツモったような爽快感だ。この手法、70点ぐらいの子でもなぜか不思議と大当り
2、学生証チェックのムフフな楽しみ
学生証や免許証など、プライベート情報をのぞく。そんなモノを見てどうするかって。その情報を使い、ネットストーキングするのだ。「大学名」「本名」でグーグル検索し、大学サークルの飲み会写真を発見したり。「免許証」の住所をストリートビューでチェックした「歯医者の診察カード」から住んでる地域を推定し、「本名」「地域」で調べると、本人のブログがヒットし、力レシの写真を見つけたことなどもあった。エンコー女は素性を隠したがる。本名や職業はもちろん、住んでる沿線すら適当なウソをつく。そんな彼女らの「表の顔」を知るのは、実に愉快で楽しい。
3、眠ってるときに、夢かうつつかわからないような状態でカラダが落ちた経験は誰にでもあるだろう。授業中の居眠りでよく起きることからも、どうやら眠りが浅いとき特有の現象らしい。あれがなんだか気持ちいい。ふわっと力が抜け、まるで死に近づくような瞬間というか。
意図的にあの感覚を味わうには、眠りながら実際に落ちればいい。カラーボックスなどを並べてその上で仮眠すればそのうち寝返りして下に落ちる。その瞬間、ほんのコンマ何秒の間、頭の中(夢?)ではスーーーーーっとカラダが落ち続けている。目が覚めてもまだ背中にゾクゾクが残るほどの浮遊感だ。
4、電車に座ってる女性の前に立ち、音楽プレーヤーで官能小説の朗読を聞く。朗読ボイスは「フランス書院」のホームページにたくさんあるので、女のキャラ別にダウンロードしておくと良い。たとえば主婦だったら『私は兄嫁…貴和子・二十四歳の独白』で決まりだ。オナニーを見せつけるという状況にあって、ワタシは計画抜きで我を失いそうになっていた。
(中略)ああ、ああ、感じちゃう…。
企画をバラすわけにもいかずさんざん謝ってゴム付き本番で許してもらったそうです。ゴメンなさい。
電車バス内でエロ本や風俗ページを開く
電車内でスポーツ紙の風俗ページを開くだけでも、セクハラだなんだと言われる時代ですが、どこで何を読もうと人の勝手だと思うんです。だからバスでどぎついエロ本見たって、引きずり下ろされることはないでしょう。たとえそれが女性客の真横だろうと。
風俗の究極のサービスといえば、なんと言っても生中出し(通称、NN)プレイだろう。この意見に異論はないとはずだ。風俗じゃなくても、そもそも女に中出しできるチャンスはそうそうないと思う。あったとしても、子作り中の夫婦か、パイプカット男、もしくはピル飲み女が相手のときなど、限られた人種しか楽しめないし、通常、ソープでゴムなしプレイをかましたいと思ったら、超格安店の最低ラインでも3万円以上はかかる。それだけ生中は貴重なプレイなのだ。
ここ、埼玉のMは、そんな既成概念をすっ飛ばしてくれる、実におおらかなシステムのお店だ。嬢はみな日本語がそこそこ使える若い中国人とタイ人で、お店は表向きデリバリー形式のエステとうたっているが、ほどんどの女の子が生中出し対応だ。シャワーからベッドに移動して、フェラやクンニをしたと思ったら、何も言わずに騎乗位で生入れしてきたり、1回戦はゴムアリだったのになぜか2回
戦はナマ中でOKだったり、「お腹に出してくれたらナマでいいよ」と言われ、結局生中出ししたにもかかわらず何も文句を言ってこない、みたいな嬢がとにかく多い。それでいて60分1万2千円(プレミアムコース)と格安なので、俺のような金欠の中出し派には実にありがたい存在だ。
★★★空前絶後の出会い時代到来★★★
一つの出会いで世界が変わる
おすすめの厳選出会い2選。18禁。
≪会員数1000万人突破≫≪フリーメール・匿名での登録OK≫
PCマックス

≪女性誌等への掲載多数、女性登録者多し≫
ワクワクメール

不況でパパ活に激美人が急増中の噂
日本で唯一全国展開している交際クラブユニバース倶楽部をのぞいてみよう!
40代~60代のための愛人マッチング【ユニバース倶楽部】

二次元の彼女のエロシーンやボイスに病みつき
【にじげんカノジョ】

★★★女性が喜ぶ最強のペニスを作る★★★
☆☆自信の増大アップサプリ☆☆
【サイズアップXL】

☆☆三冠達成!ペニス増大サプリ・ヴィトックス☆☆
今がチャンス!赤字覚悟の還元プレゼント中!
【ヴィトックス】

☆☆早漏対策なら☆☆専門医推奨!TENGAのトレーニングツール


☆☆遅漏対策なら☆☆TENGAの遅漏改善トレーニングツール☆☆
⇒遅漏改善用TENGA

☆☆TENGAの男の活力サプリメント☆☆
⇒TENGA活力支援サプリ

☆☆包茎対策なら☆☆ ⇒自宅で自分で治す包茎グッズ
包茎グッズ【キトー君】