おまんこのタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます




超大人気・美谷朱里・枢木あおいちゃんも
プレステージMGS動画もマジックミラー号も!
U-NEXTユーネクストR18
U−NEXT月額利用料金2,189円(税込)
本ページの情報は2021年2月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

DMMのアダルトAV見放題はこちら
ただ今30日間無料お試し中!
月額利用料金550円(税込)
DMM見放題chライト(R18)

タグ:おまんこ

【エロ漫画】女の子のおまんこ丸出しオナニー自撮りエロ写メ画像はこうして流出した

女の子のオナニー自撮りエロ写メ画像流出エロ漫画女の子のオナニー自撮りエロ写メ画像流出エロ漫画女の子のオナニー自撮りエロ写メ画像流出エロ漫画女の子のオナニー自撮りエロ写メ画像流出エロ漫画女の子のオナニー自撮りエロ写メ画像流出エロ漫画女の子のオナニー自撮りエロ写メ画像流出エロ漫画女の子のオナニー自撮りエロ写メ画像流出エロ漫画女の子のオナニー自撮りエロ写メ画像流出エロ漫画女の子のオナニー自撮りエロ写メ画像流出エロ漫画女の子のオナニー自撮りエロ写メ画像流出エロ漫画誰にも見せないでね?
エロ乳首な素人の乳首やおっぱい、おまんこの画像がなぜか全世界に流出する。彼氏のためだけに下着姿やコスプレで誘惑する自撮りしたエロ写メだけでなくエロ画像を送らせる悪い男がいた。

羞恥心最高!ノーパン散歩したらおまんこはどれくらい濡れるのか?美女のプチ露出狂体験

ノーパン散歩ノーパン散歩ノーパン散歩
最近暖かくなってきましたね。
春は変質者の季節、そして露出狂の季節です。というわけで今回は、そんな春にぴったりなチャレンジをやってみたいと思います。はい、「ノーパン街歩き」です!カラオケ店でパンツを脱ぎ、さっそく街中へ。
歩いていると春の優しい風が、股間に直接そよぎます。なんだか気持ちいいかも
ノーパン、悪くないですね。穏やかな気持ちになってきました。股間に春風を感じながら歩いていると、某ターミナル駅が見えてきました。あっ、イイこと思いついちゃった!
「駅の階段を上ってみたいです!」
珍しく私から編集さんに頼み込んじゃいました。だって普通に歩いてるだけじゃドキドキが足りないんです?階段の脇に立ち、男性が来るのを待ちます。よしっ!来た!男性の前にポジションを取り、ゆっくりと登っていきます。「いまスカートの中を見られちゃってるかも…」そう思うと、ドキドキが止まりません。だってノーバンだし。
こうなると、もっと刺激が欲しくなるのが私です。「次は電車に乗りたいです!!」またまた編集さんにお願いしちゃいました。せっかくだし、ノーパン電車も挑戦したいじゃないですか
ちょっと変態っぽい?そこそこ人がいそうな電車を探し、いざ乗り込みます。男性の前の席をゲットし、内心ガッツポーズです
わ?!こっち見てる?嬉しくて自然とスカートをギリギリまくしあげます。恥ずかしいのにすっごくドキドキしてきました!この羞恥心がたまりません。
さて、股間はどうなってるかな?大急ぎでカラオケ店に入り、さきほど脱いだパンツを股間に押し当ててっと…。おお!すごい!濡れてます!!やった一!実は電車に乗った時点でそんな気はしていたのですが、本当に濡れてるなんて感激です。私、露出癖があるみたい
▼テンションが上がったので、ノーパンのまま帰路につきました。もしかして私、ヤバい扉を開けちゃったかも!

【エロ画像】全身ローター責めで媚薬漬け以上の快感を味わうドM女子大生

最新更新日・2021年4月10日 全身ローター責めを追記しました
全身ローター責めエロ画像 全身ローター責めエロ画像全身ローター責めエロ画像全身ローター責めエロ画像全身ローター責めエロ画像全身ローター責めエロ画像こんにちは、ももです。
今回は大量ローターいれちゃうみたいです。
数え切れないほどのおまんこを紙めてきたクンニ
舌は伶しくて温かくて、気持ちよくて恩わず目が・・・
アナルにも一つ押し込まれました。
一気にスイッチ入れられたらどうなっちゃうんだろう。
おっさんにクンニとバイブとローターで調教されるドM女子大生は美しい・・・
大量のローターを膣の中に挿れられたり全身ローター責めで大量の潮を吹かされたり寸止めされる

飛びっ子ローターをおまんこに入れて街を歩かせるリモコンバイブ遊びをやってみた

最新更新日・2021年4月9日パンツの中にローター入れてオナニ—しながら散歩を追記しました
ローターをおまんこに入れて街を歩かせるローターをおまんこに入れて街を歩かせる
ローターをおまんこに入れて街を歩かせるローターをおまんこに入れて街を歩かせる
ローターをおまんこに入れて街を歩かせるローターをおまんこに入れて街を歩かせるローターをおまんこに入れて街を歩かせるローターをおまんこに入れて街を歩かせるローターをおまんこに入れて街を歩かせるローターをおまんこに入れて街を歩かせるローターをおまんこに入れて街を歩かせる
メートルも離れた距離から、リモコン1つで操れる夢のようなバィブ。それが、飛びっ子です。
私が初めてこのアィテムを購入したのは5年前のこと。セフレとのマンネリなセックスに、活を入れるのが目的でした。すぐに近所の公園や映画館で試したところ、セフレの反応は予想以上。もともとマゾっ気が強かったせいか、潮でも吹いたかと思うほど股を濡らすのです。かつて、ここまで女を自由にコントロールできる道具があったでしようか。以降はすっかり飛びっ子のトリコです。
ハマったのは私だけではなかったようで、飛びっ子は、発売当初からよく売れました。お陰で、今ではバィブバージョン、アナルやクリトリス用など様々なバリエーションがショップに並んでいます。ちなみに、初心者にお勧めなのは「飛びっ子2 」。小型で防水仕様のため、どんな場面にも耐えられます。
パチンコ屋に鳴り響く警報機
飛びっ子を楽しむには、3 つの要点があります。第一に場所の工夫。風景が違えば、気分も格段に変わります。私のお気に入りスポットを紹介しましょう。
まずはゲームセンター。例えば格ゲーを一緒にプレイし、攻撃が当たった瞬間にスイッチON。慣れたら相方をバイクゲームへまたがらせ、対向車を避けるたびバイブを操りましょぅ。真の体感ゲームが味わえます。カラオケボックスもなかなかです。例えば女が「津軽海峡冬景色」のサビや「大都会」の出だしを歌うと同時にブイーンとやれば、場の空気も盛り上がって言うことありません。
叙情性が欲しいなら、防水仕様のリモコンを使って混浴の温泉へ行くのがベストです。脱衣所でビクッ、湯殿でビクッ。見知らぬ男を前に全裸で悶える女の姿は、なんとも趣深いものです。スイッチを入れた瞬間に不正電波装置が反応し、警報が鳴り響いたのです。すぐに事務所へ連行されましたが、逆にチャンスとばかりに、私は言い放ちました。
「ああ、リモコンバイブのせいですね。証拠を見せますよ」
モジモジとスカートをめくる彼女と、その股間から視線を外せない店員。思い出すだけで、いまだに愚息がピンコ立ちです。が、そんな私でも、いまだ実行に踏み出せないアイディアが2つあります。
「茶道の会にカップルで参加し、湯飲みを回す瞬間スイッチON」
「葬式に参列。女のお焼香と同時にブイーン…」
どなたか、代わりに試してくれませんかねぇ。
飛びつ子の2番目の要点は知識です。ちよつとした仕掛けで、この世界はグンと深みが増します。例えば、受信機の中にあるコイル状のネジを回すと、周波数が変わるのをご存じでしょうか。これを使えば、種類の異なるバィブを1つの送信機で操ったり、わざと無線トラックへ近づきバイブを誤作動させるといった応用が利きます。より簡単な改造としては、モー夕ーに金属製のクリップを付けるのもアリ。こいつをエレベー夕の中で震わせましょぅ。
ブィン、カタカタカタツ…密閉された箱で、鳴り響く振動音は3割増し。恥ずかしさも3割増しです。
加えて、下半身へ貞操帯を被せておくのもオツなものです。拘束感で女の興奮度が上がり、効率の良い羞恥プレイが可能になります。要点の3 番目は状況設定です。かつて私が好きだったのは、「飛びっ子を着けた女に逆ナンさせる」という設定。マゾっ気の強い女に試せば、盛大に身をくねらせるこ
と請け合いです。
さらに、ちょつとホノボノ系の、こんなパターン。
「自分も男用の飛びっ子を着け、女とリモコン合戦」これなら普通のコが相手でも大いに楽しめます。連帯感が生まれるので、倦怠期のカップルにもいいですね。また、最近私が参考にしているのがインターネットです。検索エンジンに「リモコンバイブ」と打ち込み、愛好家のサイトを探してください。
「彼女がバイトする喫茶店へ行って、水を持ってきたらスイッチオン。客に水をこぼして怒られる姿
がカワイイのなんのって」
「ピアノ発表会で演奏する妻に着けたんですよ。何度も弾き間違えてました」
「セフレの結婚式があったんで、バイブを着けてもらったんすよ。キャンドルサービスの手が震える姿が最高!」
掲示板は貴重な書き込みの山です。中でも凄かったのは、
「自分の両親に、初めて彼女を紹介しながらブイーン」
素直に負けたと思いました。ネットの素晴らしさは、情報交換だけにとどまりません。掲示板の雰囲気に慣れたら、オフ会に出てみましよう。
自分の両親の前でスイツチを押した強者も
つい先日、私とセフレが参加した時は、飛びっ子好きの男女が4人ずつで満員電車に乗りました。全員がタイミングを心得ている上、誰がスイッチを入れるか分からない緊張感は格別でしたねぇ。
最後に、私が今ハマっている設定をひとつ。
まずはチャットで知り合った女性に、前もってリモコンバイブを送り「初めて会ぅ日には、これを着けて下さい」と頼んでおきます。そして当日、スイッチを押しながら待ち合わせ場所を歩き回りモジモジしている女を捜すというワケ。ただし、普通の出会い系サイトで知り合った女ではムリなので、パートナーはSM系のチャットで探しましょ、それでは、みなさま良いリモコンライフを。
高偏差値の奴隸才女女子大生に飛びっ子ローターをおまんこに入れて裸で街を歩かせる
高偏差値で名高い都内の有名大学に通う才女がお相手だ。だが実は彼女、あるSMクラブの奴隸として働いているという一面もお持ちらしい。そんなコを果たして満足させられるのか、いささか不安だがでもヤルしかない。さっそく参りますか
12月某日池袋東口。冬空は曇り気温8 度とかなり寒い。ベージュのコー卜姿で現れた希代美さんは…やはりと言おうか、Mの雰囲気がプンプンと漂ってくる典型的ないじめられっ子タイプの女性であった。「どうも始めまして。じやこれ付けてもらえます?」
挨拶もそこそこに、さっそく彼女に飛びっ子を差し出す。
「こ、こんなところで出さないでくださいよ…」
か細い声でうろたえつつも駅構内のトイレへ消えていく希代美さん。心なしか、後姿がうれしそうに見える。5分後。彼女がモジモジしながら戻ってきた。
「どう?」「あ、えっとなんか気持いいかもしれないです」「ふ〜ん」
と、ここでいきなりスイッチオン。ビイ—ンビイ—ン。「ああ…」
股間の振動音とともに、かすかな喘ぎ声がロから漏れる。ククク、いい感じだ。
「じやこのままお茶しますか」とりあえず近くのマックへ入店。注文するのはもちろん彼女の役だ。
「いらつしやいませ」「えつと、ビッグマック」
ベタな反応ながら、快感と羞恥の入り交じつた表情はなかなか味わいがある。無事、注文を終え着席した後も、コトあるごとにスイッチをオンオフ。「ああ…ん」
とうつむく彼女の姿に、隣でハンバ—ガ—をパクつく女子が怪訝な表情を浮かべる。どう、希代美ちゃんの願望は叶ってる?
「え、ええ。まぁ…」歯切れは悪いが、彼女はれっきとしたM女。内心は喜んでいるに違いない。
「あと、なんか他に希望があったら言ってよ」「あの、だったら…」「なになに?」
「実は…」「ほうほう…はぁ?」
おつたまげた。あろうことか彼女、街を裸で歩いてみたいなどと言うではないか。
大胆ねキミも。う—ん…しかしいくらなんでも裸はマズい…イヤ下半身だけならなんとかなるかも。というわけで、スカ—卜とパンティをトイレで脱いでもらいそのまま繁華街へ出ることに。ナマ足を覗かせる希代美さんを、西へ東へと引っ張り回す。スソの隙間からはときおり陰毛がチラ〜リチラリ。キャっと慌てて洋服を押さえる姿がなんとも微笑ましい。
外を練り歩いた後「もうちょっと人に見られたい」という彼女の希望に応え、パルコ裏手の公園に移動。ここなら人影もまばらだし、もう少し大胆な行動が取れそうだ。
「じや、コー卜のボタンを外してみようか」「はい。こう、ですか?」
ブラウスをまくり下半身を露出する希代美さん。遠くから労働者風の男がこちらを覗き込んでいたが、知ったこっちやない。そのままの格好で園内の鳥居にお参りをしてもらった。お辞儀すると尻が丸見えである。お下劣やのう。
「どう街角露出は?」
「うーん想像していたのとちよっと違うかな…と」
「えどういうこと?」
「本当はストリップショーのように大勢の前で見てもらいたかったんです」
アナタ、ムチヤ言い過ぎ。街中ではあまり楽しんでもらえなかったようだが、このままでは終わらせない。得意の床ワザで汚名返上だ。しばらくホテルの部屋でくつろいだあと、まずは彼女の背後に回り服の上からBカップの胸を強くもみしだく。快感を求めるかのように震え始める。
彼女。そのままパンティの上から陰部に触れると、ビクッと身体の力が抜けていった。ワイン色のパンティの中はすでに白濁液でベットリだ。これなら即挿入しても何の問題もないだろう。
「ああああ…き気持ぃぃ…」
ヌメった膣にチ〇ポを押しやると何の苦労もなく子宮の奥にまで届いた。
「はっはっ…ううう…」
押し寄せる快感に、思わずシーツをつかむ希代美さん。
「どうやってほしいの?」「こ腰をもっと動かして。めちやくちやにしてほしいの…」
リクエストにお答えして夕ーボエンジン全開で腰をスパパン。オラオラ、どうよこれは。
「あつあつあいい…」「じゃ今度は騎乗位しようか」「あううつ…」
よほど具合がいいのだろう。クリ〇リスを僕の下腹に擦りつけながら腰をガシガシ振る様は、とても有名大学に通う才女のそれじやない。お次は菊門を視姦しつつバックで、と思いきや意外にもこれがNG。ワンワンポ—ズだけはどうにも恥ずかしくてイヤなのだという。仕方ない、もういっちょ正常位でいきますか。あろうことか希代美さん、「なんかもう、セックスするのツラい」と言い放つや、そそくさ服を着始めたではないか。ちよ、ちよっと、いったいどうしちゃったの。これから盛大なフィナーレを迎えるとこなのに。
「ごめんなさい。昨日から風邪気味で熱があるんですよ」
「でも気持ちよかったですよ、今日はホントにありがとうございました」「あっいえいえ…」
ポカーン。あまりにあっけない幕切れ。いいのか、こんなんで。すんなり帰しちやっていいのか、ドラゴン。結局、希代美さんは去り、部屋に取り残された僕は成す術もなく、自慰行為に耽るのたつた。気持ちいいなあ飛びっ子、めちゃめちゃ感じました。身体がビクッとしたり、声がうわずっちゃったり(笑)。露出も奇妙な開放感に浸れてスゴくよかったですよ。あと今中さんとのH、感動しました。膣で感じたことないのに、思わずスゴイ声出ちゃったし。惜しむべきは体調不良でイケなかったことかな。けど、アソコでも感じるとわかったのでオールオッケーです!
遠隔操作できるハイブ飛びっ子で恥ずかし散歩
前から1度やってみたいことがあってさ
松本何です?
くにがね飛びっ子
松本?
くにがね
あるじゃん、飛びっ子
遠隔操作できるハイブ
くにかね+松本の今日はふたりでお買い物
松本はいはい遠くからリモコンで自由に電源を入れるやつですねくにがねそう、20メートル離れてても操作できるんだあらかじめ女にバイブを装着しておいて、普通に道を歩いてるところを遠くからスイッチオンとか
松本いきなり感じ出して周りの人間がビックリすると
くにがねそうそうS心をくすぐられるよね
松本堪え忍ぶ女の姿とか興奮しそうですよね
くにがねうん、でも実際のとことんなふうになるのかわかんないからさ、今回ちょっと試しブみたんだ
松本モデルさんは?
くにがねああ、この子、裏モノ読者で23才のOLさんお願いしたらニつ返事でOKだったよ
松本はあ、世も末ですね
<にがね彼女、バイブよりもローターが好きだそうなんで、クリに1個、アナルに1個ぶちこんてみたんだ
そのまま町に繰り出したんですね
そういうこと1日新宿をデートしてきたから、見てちょうだい
やっぱ基本は電車ですか。
飛びっ子と聞けば誰もが思い浮かべる場所だろ。
ええ、まあそうですね。、2人して新宿に向かったわけだ。混んでたから彼女は吊革につかまって
松スイソチONと。
もう、腰がクネーってなっちゃって松周りの反応はどうでした?く気づいてなかったね。ただのダルそうな女だと思ったんじゃないの
道がわからなかったから聞いてもらったんだ。
またそんな都合よく<にさん、新宿なんてどこでも知ってるでしょうにどいや、そうでもないよ。でまあ、せっかくだから尋ねてる最中に電源を入れてみたんだけどね
何か変わりました?
ほら、ONのとき手を後ろで,くタ,くタさせてるじゃん。
早く止めてくれと。
そうそう、お尻ムズムズさせながらさ。ちょいと興奮するんだけど、雑踏だからね。まだ彼女に気づく人はいないんだな。
道を尋ねる
化粧品売り場で
で、どこに行ったんですか。
デバート。彼女にきれいになってもらいたかったから、化粧品を買ってあげよっかなって。
またまた。
そんで、美容部員の前に座らせてスイッチON,これはビビりますね。後ろに手をやってるのは、止めてくれってことですかねくそうだね。全身ピクピクさせてたら、「お客さん、どうなされました?」って心配されたって。
そりゃそうでしょ。
奴隷ちゃんをポンチョを着たままパンツの中にローター入れてオナニ—しながら散歩させる
ドレイの菜ノ子です
今回はポンチョを着たままお散歩するそうです。
どぅしてポンチョ?雨も降ってないのに。と思ったら、『ローターでオナニ—しながら散歩だよ』とのこと…。公園のトイレでポンチョ姿に変身して、大きめの夕を受け取ります。パンツの中に入れてクリのところに当ててみる。気持ちよすぎて、腰がビクンってなりますまずは公園の真ん中にしやがんでオナニ—開始です。
晴れた日にポンチョを着てるからか、散歩してる人たちが見てくる。恥ずかしいけど、ロ—夕—が気持ちよくってイツちやいました
今度は街中を散歩です。人混みの中を歩きながらロ夕—でアソコをグリグリ。ィキそぅになると歩けなくなるし見られるし、すごく恥ずかしいです…。
次は近くのデパ—卜に入つて、エレベ—夕の中でオナニー開始。静かなエレベー夕ー内に、ロー夕ーのモー夕ー音が響きます。バレないかドキドキでした。また街中に出て、歩道橋の上で回、交差点の信号待ちでも回だけィツちやいました。最後にパンツの中に入れていたロー夕ーを見たら、ヌルヌルしたのが付いてた…。恥ずかしかったけど気持ちよかったかな。

【素人エロ画像】剛毛おまんこの清楚系美少女との鏡の前での羞恥心を煽りながらのSEX

キュートであどけないアイドル顔で文句の付けようのない正統派美少女さらに佇まいから育ちの良さが窺えます。 鏡の前での羞恥心を煽りながらのSEX素人エロ画像
純白スベスベのボディだけど乳首がやたらデカいのがエロい。
鏡の前での羞恥心を煽りながらのSEX素人エロ画像
お尻がムッチリ育っていて圧倒的にいやらしい。
鏡の前での羞恥心を煽りながらのSEX素人エロ画像鏡の前での羞恥心を煽りながらのSEX素人エロ画像鏡の前での羞恥心を煽りながらのSEX素人エロ画像鏡の前での羞恥心を煽りながらのSEX素人エロ画像鏡の前での羞恥心を煽りながらのSEX素人エロ画像
濡れやすい体質らしいのも卑猥。 清楚顔からは想像できないマン毛が多めの剛毛おまんこ。
鏡の前での羞恥心を煽りながらのSEX素人エロ画像
フェラではにやにやしながら舌を這わせるのが魅力を更に引き立てます。
鏡の前での羞恥心を煽りながらのSEX素人エロ画像鏡の前での羞恥心を煽りながらのSEX素人エロ画像鏡の前での羞恥心を煽りながらのSEX素人エロ画像鏡の前での羞恥心を煽りながらのSEX素人エロ画像鏡の前での羞恥心を煽りながらのSEX素人エロ画像鏡の前での羞恥心を煽りながらのSEX素人エロ画像鏡の前での羞恥心を煽りながらのSEX素人エロ画像鏡の前での羞恥心を煽りながらのSEX素人エロ画像
鏡の前で久しぶりのSEXに悶える自分を見つめさせます。羞恥心を煽りながらのラブラブSEXに恥ずかしそうに体を震わせます。

黒人の巨根モノのAVを初めてみた初な女の子はおまんこを濡らすのか実験してみた

108_202103290956248db.jpg109_20210329095625636.jpg
いったい女を濡らすものは何なのかを探る新連載。濡れ鑑定人として、前回ボイン酒登場の女子大生ちゃんが、雛野まほの名で報告します。ではどうぞ
初めまして。雛野まほです。私は濡れやすいわけでも濡れにくいわけでもない普通の体質です。これからどんなオカズが興奮させてくれるのでしようか。
第1回目の濡れ調査のため、新宿の個室ネットカフェに、担当編集さんと入店しました。どういうAVが濡れるかしばらく考え、黒人の巨根モノを選ぶことに。アダルトサイトを検索するうち、長身の巨根そうな黒人のサムネイルにそそられました。決定!体育座りで動画を視聴開始。いや、めっちゃエロい。そしてデカい。これ入るの!?と食い気味に画面を見つめてしまいます。圧卷の挿入シーンでは女の子の苦悶の表情にドキツとし、イカつめの男優さんの優しい態度にキュン。腰使いも見た目どおり200点でした!見終えて、確認のためパンツを下げてみると…。濡れてない

素人お姉さんたちの電マ初体験!クリトリスにオーガズムを与える初絶頂の感覚・感想は?

電マオーガズム初体験電マオーガズム初体験電マオーガズム初体験電マオーガズム初体験電マオーガズム初体験電マオーガズム初体験電マオーガズム初体験電マオーガズム初体験
ドン・キホーテの一角で、ある光景を見た。サンプル品の電マを手にしたおばちゃんが、そいつを肩にブルブルあてていたのだ。考えてみりゃ普通のことだ。本来、電マはああやって使うものなのだ。当たり前のように女の股間にあててるオレらが変態なのであって…。
ある作戦をひらめいた!こんなのはどうだろう?電マを手にお見合いパーティに乗り込む。こっちの設定は肩こりに悩む男だ。だから堂々と電マを肩にブルブルしててもおかしくはない。でも女は思う(この人、電マ持ってるんだ。今は肩にあててるけど、いざとなったら私にも使ってくれるかも)
いわばこれは「股間もっこり」や「器用な指先」と同じく、ステキなセックスを想起させる武器なのだ。よーし、そんなにイキたいならイカせてやるよ!
金曜の夜。電池式の電マを持参し、新宿のお見合いパーティへやってきた。女たちと順番に個室で5分ずつしゃべっていくスタイルで『30代40代編』。女性陣の数は6名だ。カバンから電マを取り出し、スィッチオン。電池式だが振動もパワフルだ。肩にあてながら、いざ、女の待つ個室へ。ノースリーブワンピースの派手顔の女性だ。
「どうも、仙頭です。笑顔がステキですね」「…というかそれ?」
「ぼく、仕事がデスクワーク系なんで、肩こりがひどくって、マッサージ機を持ち歩いてるんです」
「持ち歩いてるんですか?」「そうそう。ヘンですかね?」「いや、ちょっとびっくりして」
なんでびっくりするんだよ。こりゃ頭の中にヤラしい妄想が膨らんでるな。
「肩こりしない? たまにこういうの使ったりします?」「しませんしません!」
何をそんなに拒否ってんだか。ま、これはアッチの使い道を知ってる証拠ですな。幸薄そうな女が座ってた。「どうも、仙頭です。肩こりがひどくて、こういうのあててますが、よろしくです」
「よろしくお願いします。へー、セントウさんは出版会社勤務なんですね」
「雑誌を作ってます」「ステキですね」
電マにはまったく触れてこない。スケベなことを知らないピュアな女なの?電マの振動レベルを上げてみっか。「いやー、それにしても肩が重いっすわ」「そうなんですね」
ボタンをピコピコ。モーターが唸り始めた。
「ごめん、ちょっとうるさいかもしれないけど」「…大丈夫です」
「これくらいにすると、だいぶ効くんですよね。すごいっしょ、この振動?」
「…というか、病院へ行ったほうがいいと思いますよ」
あら、本気で心配してくれてるのね。ちょいポチャだが妙にエロい雰囲気のネーさんで、第一声はこう。「えー! それって小道具ですか?」
「いやいや、ツカミの小道具なんかじゃなくて、肩こりがひどい感じで」
「でもそれ、ちょっと怪しいやつですよね?」さすがはエロ顔さん。ノリがいいじゃん。
「そう思います?」「だって、そうじゃないですかぁ」
自ら下ネタを振ってくれるなんて、これは話しやすい。
「もちろん、ぼくも女性を悦ばせる道具だってことはわかってます」「ほんとウケますね」
いい流れいい流れ。もう彼女の頭にはアソコに当ててる光景が浮かんでるでしょう。
「じゃあ、カップルになりましょうよ」「それはまぁ、前向きに」
 ビミョーな言い回しだな。どうなのよ、これって。
 若い子だ。オレが椅子に座るなり、大げさに心配そうな表情を浮かべてきた。
「もしかして、肩こりですか?」
「そうなんですよ。これでグイーンってやってると肩がラクなんで」
「わかりますー」「持ってるんですか?」
「いや、そういのは持ってないんですけど、私も肩こりだからツライのわかります。でも最近、ラジオ体操やるようになったら、かなりマシになったんですけどね」
おいおい、本格的な肩こり話になってきたぞ。
「寝る前に、ラジオ体操の第一と第二をやるんですよ。そしたら次の日、肩が軽いんですよ。よかったらやってみてください」「…わかった」
変だよ、この子も電マが愛撫グッズだってことを知らないんだ。これじゃダメじゃん。スケベが多い人種の看護師だ。完全に目が泳いでいるのは、のっけからエロいことを想像しまくってるのかしら?「緊張してます?」「それなりに」
「ぼく緊張しちゃって。だから肩がこっちゃって。こういうのあてながらお話させてもらいたいんですけど、いいですか?」「…普通にお話をしたいんで、できればしまってもらえると…」
えっ? 超恥ずかしがり屋?
「…だけど、これがぼくの普通の姿なんで。せっかくなんで普通の姿を見てもらいたいというか」
「んー……」「どうされました?」
「…いろんな方がいるんですね。ありがとうございました。人生経験になりました」
過去形を2回もかぶせられちゃったよ…。てかこの女、電マを完全なアダルトグッズと信じてる証拠じゃん。スケベめ!ラストは、見た目完全なオバさんだが、一応カマしてみっか。
「どうも、仙頭です」「ほぉほぉほぉ、なるほど。セントウさんですか」
電マとオレのプロフを交互に見ながらニヤけている。
「すんません、肩こりで、これをあてながらしゃべらせてもらっていいですか?」
「いいですけど。光ってるし、うわー、びっくり」「びっくりなんですか?」
「だってそれ、そういう店で売ってるヤツじゃないですか?」
驚いた。なかなか大胆なことを言ってくれるなこのオバサン。なんなら、マイ電マを持ってたりして?「買ったことあったりします?」「いやいや、しないし」こちらの肩をポンとたたいて来る。
「売ってるとこ見かけたことがあるだけですよ。もうほんと、面白いですねぇ、セントウさん」
このテンション、舞い上がっちゃってるよね。最後にステキな男が来てラッキーって思っちゃってるよね。完全に嫌われたであろう5人目だけを外し、他全員の番号を書いたところ、なんと4人目の
ラジオ体操ちゃんとカップルになった。電マのやらしい使い方を知らなさそうなウブっ子である。
「いやー、ウエダさん(仮名)がぼくを選んでくれるとは思わなかったよ」
「だって一番、肩こりの話で盛り上がったり、しゃべりやすかったですし」
「そんじゃ、食事でも行きますか?」「はい」
さて、この状況はどう考えればいいのか。彼女は電マの魅力に食らいついてきたわけではないと思われる。純粋にオレとの相性で選んでくれたのだ。でもオレは電マを股間にあてたいと思っている。そこが問題だ。このまま素直に色恋を使ってベッドインに持ち込み、その場で電マを持ち出すのも手ではある。でもそれって面倒じゃね?
だからやっぱり早いうちに、「電マはクリトリスにも効く」ことに気づかせて、たっぷり期待を持たせて、すんなりホテルに向かうのが賢明だろう。地下街にガラガラのうどん屋があった。他の客の目を気にせずに電マを使えそうなので、ちょうどいいかもな。
テーブル席に向かい合って座り、パーティの感想なんかを話していると、彼女が勝手に語りだした。
「直近でカレシがいたのは、1年前ですね。相手は五十過ぎのオジさんです」
マジで驚きだ。歳の差にではない。その五十オヤジが電マのひとつも使ってないことにだ。ここはやはりオレがきっちり教えてやらねば。電マのスイッチを入れて、ひょいと肩に当てた。
「それにしても今日はすごく肩がこったなぁ。知らない人といっぱいしゃべって、緊張したからかなぁ」
「それはあるんじゃないですか」「ウエダさんもそう? どうぞどうぞ」
彼女が電マを受け取り、肩に当てた。「こういう感じですか?」
ぐりぐりやっている。いいじゃないですか。そのブルブル、恥ずかしいとこにもあてたくなるよね?
「自由に使ってみてよ。腕でもいいし、腰でもいいし」
「なんとなくわかったんで、もう大丈夫」
さっと戻してきた。いやいや、ぜんぜんわかってないっつーの。と、彼女がチラっとスマホを見た。
「すみません明日仕事なんで。よかったらまた来週にでも。月曜とかどうですか?」
仕切り直しか。まあ、いいでしょ。約束の月曜。
待ち合わせ場所の駅前に、ウエダちゃんは少し遅れてやってきた。
「お待たせしましたー」居酒屋に入り、元カレ五十オヤジとの恋バナなどを聞きつつ、1時間半ほど空気を温めたところで、アクションを起こすことに。
「いやー、ウエダちゃんのラジオ体操方法って、改めて聞くとやっぱりいいね。ぼくも早くこういうのから卒業しないとな」それとなくカバンから電マを取り出す。
「今日も持ってるんですか?」「もちろん、これがキッカケで出会ったところもあるしね」
「ロマンチックなこといいますね」
ロマンチックかな。笑っちゃいそうなんだけど。では、どういうブツなのかもっと知ってもらおう。スイッチを入れて彼女の肩に乗せてみた。「はははっ、震動がすごーい」
ここまでは前回に体験済みだ。もっと背中のほうへ下ろしていくか。すると、彼女が体をよじって逃げた。「なんか恥ずかしいしー」急にどうした? ふと周囲を見ると、店員や他の客がこちらをガン見てしている。だから照れ臭くなったわけね…。
いや待てよ。恥ずかしいって感覚は、電マがやらしいグッズということに気づいたと言えまいか。
「ごめんごめん。こんなところでジャレてたら、他のお客さんにも見られちゃうよね」
「ジャレてるってわけじゃないけどー」「それじゃカラオケでも行かない?」
「カラオケ? いいですよー。行きましょう行きましょう」
面白くなってきたぞ!駅前のカラオケボックスに入り、まずは彼女に歌わせ、オレは電マを取り出し、大きく左右に振った。
「これ、光るからサイリウムみたいでしょ?」「はははっ。ですねー」
腕の勢いがつきすぎたフリをし、彼女の胸にちょこっと当ててみる。特に反応はないが、振動は伝わっているはず。繰り返せばボディーブローのように効いてくるだろう。ひとまず、サイリウム作戦で様子をうかがいながら、互いに曲を入れていく。隙を見て、さっと立ち上がり、彼女を後ろから抱きかかえるカタチで座ってみた。
「えっ、どうしたの?」「いやー、歌ってるとやっぱ体がこるんじゃないかと思って」
言いながら電マを肩にあててやる。イヤがる素振りはない。やっぱり効果が出てきてるんだな。
「腕とかもこってるんじゃない?」「何なに〜?」
「気持ちいいでしょ?」「…うん、そうね」
声の質が変わった。これまでになかったトーンだ。今まさにスイッチが入った!胸元に下げていくと、彼女がのけぞるような姿勢で、首を後ろにだらりともたげてきた。「…ねぇ、そこ胸だよ」
さすがは電マだ。胸にちょこっと触るだけでこの攻撃力!
「でも気持ちよさそうじゃん」「やだぁ、ああっ」
「ほら、そんな声だして」「も〜。エッチ」
エッチときたか。オッケー。本当にエッチな快楽をたっぷり味わわせてやろう。腕を伸ばし、電マで股間に触れた。「あ、駄目だよ、そこは」「でも気持ちいいでしょ?」「んーー、なんか変な感じ」
「力を抜いて、だんだん良くなってくるから」
「はい…」すごいぞ電マ。スカートの上からでもばっちり感じさせてるよ。
「どう?」「あっ、もうダメです」「どうしたの、イッちゃう?」「はい、イクかも、あっ、あ〜」
彼女のカラダがピクンと震えた。その後、最後までヤラせてほしいとお願いしたら、「生理が始まるかもなので別の日に」と断られてしまった。でもここまでできたら大成功ですよね!

筋肉ムキムキのイケメンマッチョのお姫様抱っこで女子大生のおまんこはどれだけ濡れたか

109_2021032411020885c.jpg110_202103241102101d8.jpg111_20210324110212f03.jpg
「いらっしゃいマッスルー」
いきなり筋肉ムキムキの男性スタッフさんから野太い声が。これぞマッスルバー!席に着くと、イケメンマッチョ君が2人もそばにやってきてくれました。その鍛え上げられたマッスルボディーをオカズにお酒もついつい進んでしまいます。特に大胸筋の盛り上がりが素晴らしい。まるで彫刻です。しばらくお言舌していると急に手を掴まれて、筋肉を触らせてくれました…。
めちゃくちゃ堅い!そしてスベスベ!エ□い!初めてのマッチョ体験に大興奮。2人のマッチョ君のうち、私のお気に入りの男の子がサービス精神旺盛で、私を背中に乗っけて懸垂してくれたり、キスする手前まで顔を近づけてくれたリ、夢だったマッチョバックハグまでしてくれちゃいました。
慣れないスキンシップで、リアルに赤面。私もテンションが上がり、チップをお気に入りマッチョくんのズボンに挟みます。後半は『マッスルタイム』に突入
マッチョがお口の中に注射器でお酒を入れてくれます。なんだかイケナイことしてる気分になりっっも、上半身裸のマッチョが踊る姿、その肉体美にキュンキュン。お会計のあとは、上裸マッチョにお姫様抱っこでお見送りです。体全体を包む肌の体温が生々しすぎて最後の最後まで大興奮でした!お店を出て、確認のためパンツを下げてみると…少しですが濡れてます!最後のナマ肌お姫様抱っこが効いたのかな?
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★


★★★空前絶後の出会い時代到来。18禁★★★
運命を変える奇跡の出会いは令和でもきっとある
PCマックス

春の季節だけはあなたに合った相手がドンドン見つかる
ワクワクメール

不況でパパ活に激美人が急増中の噂
芸能人もいるという交際クラブユニバース倶楽部にはどんな女性が!
40代~60代のための愛人マッチング【ユニバース倶楽部】

俺はやっぱり生身が良いが二次元の彼女の良さは何?
【にじげんカノジョ】

★★★最強のペニスを作る★★★
☆☆三冠達成!ペニス増大サプリ・ヴィトックス☆☆
グングン伸びたら彼女はきっと離れない
【ヴィトックス】
vitox[1箱+1箱無料]:13,824円(税込)

☆☆早漏はあきらめる必要はありません☆☆
しかもオナニーしながら治っちゃう!

1カップ1100円(税込)

☆☆遅漏もあきらめる必要はありません☆☆
しかもオナニーしながら治っちゃう!
⇒遅漏改善用TENGA
1カップ1100円(税込)

☆☆元気が欲しけりゃこのサプリメント☆☆
⇒TENGA活力支援サプリ
初回999円(税込)

☆☆包茎はこっそり自分で治せ☆☆
⇒自宅で自分で治す包茎グッズ
包茎グッズ【キトー君】