おっぱいのタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます





タグ:おっぱい

  • 2022/09/10縦漫画

    女性の裸が見られていいなって?さすがにブラジャーは駄目なんです金具やワイヤーが写りこんじやいますしねそこからここまでの距離を楽しめるの...

    記事を読む

  • 2022/08/28エッチ体験談

    ボクが実の母に抱いた歪んだ愛情先月号のルポ「20年間隣の奥さんを盗撮し続けた私」を読み、いたく感動しました。20年という気の遠くなるような年月。その問、休むことなくビデオを回し続けた根気。彼女を心から愛してなければできない芸当です。恥ずかしながらこのボクも、3年ほど前からー人の女性を毎日欠かさず隠し撮りしております。ー人の女性。それはボクの母(37才)のことです。押入れから出て来た1本のハメ撮りビデオ今を...

    記事を読む

  • 2021/05/12男の遊び場体験談

    手コキのお店でどう遊ぶと心が平穏になれるか、というお話をします。ポイントはただひとつ、体勢です。大の字に寝転がる、四つん這いになる、このあたりは定番だと思いますが、定番だけに「安らぎ」の面では物足りません。「抜くぞ!」感が強すぎるとでも言いますか。はい、そこで提案したいのが授乳手コキの体勢です。嬢に膝枕されて、おっぱいにしゃぶりつき(乳吸いオプションは必須)、そのまま嬢に手を伸ばしてもらってシコシ...

    記事を読む

  • 2021/05/08男の遊び場体験談

    おっぱいを眺めてるだけでストレスが消え、多幸感が増し寿命が伸びる気がします。 おっぱいの癒やし効果は男性にとって絶大なものがありますね。そんな男性が多いからか最近のリフレはおっぱいを堪能させてくれるところも  添い寝しながらおっぱいを揉めるおっぱぶもおっぱいパブ嬢と添い寝したらそちゃこうなりますそして最後はおっぱい触らせてくださいとお願いしたらどうなったかという話男にはない、ふっくらと...

    記事を読む

  • 2021/05/01男の遊び場体験談

    ツイッターで興味深いアカウントを見つけた。「東京なんねオフ会サークル【公式】」なんね。変態SNSで名高い、あのナンネットと関係があるのだろうか。アカウントのプロフにはこうある。「なんねのエロ紳士淑女の有志で成り立っている大人の為の大人によるサークルです。お店ではありません。…(以下略)」 ネンネットとの関連を匂わせつつ、しつこいまでに「大人」を強調してくるこの文面。さぞかし、エロいオフ会なのだろう...

    記事を読む

  • 2021/04/13裏情報

    最新更新日・2021年4月13日 おっぱいを触わる方法あれこれを追記しました両手がふさがればおっぱいが揉める!? 揉まれたがっている女の子はここにいるやっぱり気になる歯科衛生士のおっぱい美容師のおっぱいも気になるね巨乳娘は電車内での居眠りにご注意フェスやライブやスポーツ観戦はお祭り状態エロ写メの常連投稿女が近所のスーパーのレジにいた出会い系サイト『PCMAX』の『写メコン』なるコーナーにハマっている。こ...

    記事を読む

  • 2021/04/01素人エロ画像

    いょいょハゥィンが来週に迫ってますけど、準備はどぅですか?あ、まだなにもしてないです。渋谷のスクランブル交差点には行かないんですか?行くつもりですけど、衣装とかまだ買ってなくて。どんなコスプレをやる予定で今年が初めてなので、控えめにメイドさんをやってみたいなって。メイドは控えめ?メイドってベタじやないですか。もぅハタチなので、激しいのはちよっと恥ずかしいとこもあつて。ハタチじや遅いの?来てる人、み...

    記事を読む

  • 2020/10/12その他

    巨大なバストを両腕で抱え、ニッコリと微笑むアジア系の女たちここに取り上げたのは、世界の巨乳マニアの間では知る人ぞ知る、名物集団のセクシーショットである。名を、「ディンドンガールズ」という。タイの風俗業者が立ち上げたフェチサィトの専属モデルで、彼女たちの写真やプロフィールが掲載される「ファランディンドン」は、超人気サイトだ。最大のカップ数を誇るルイ嬢の胸回りは195センチにも及ぶまさに世界の巨乳集団と...

    記事を読む

  • 2020/09/30エッチ体験談

    巨乳をガン見してもバレない方法電車で向かいの席に座った男、町ですれ違う男、彼らが音楽を熱心に聞いて口をパクパクしてることがやけに多い。イヤホンを装着して曲を口ずさみながら、こっちをジっと見てくる男たち。最初は、本当に音楽が好きな人なんだな、歩きながらリズムに乗るなんて相当なマニアなんだな、くらいにしか考えていませんでした。ただ、近頃その数が急激に増えた気が。さすがの私でもなにかおかしいと思うように...

    記事を読む

エロ漫画・おっぱいを手で隠す手ぶらが全裸より興奮する

SnapCrab_NoName_2022-9-10_9-48-57_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-9-10_9-49-7_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-9-10_9-49-18_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-9-10_9-49-40_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-9-10_9-49-27_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-9-10_9-49-47_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-9-10_9-49-58_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-9-10_9-50-10_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-9-10_9-50-21_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-9-10_9-50-33_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-9-10_9-55-30_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-9-10_9-55-38_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-9-10_9-55-46_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-9-10_9-56-5_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-9-10_9-56-13_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-9-10_9-56-25_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-9-10_9-56-33_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-9-10_9-56-41_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-9-10_9-57-5_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-9-10_9-57-11_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-9-10_9-57-20_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-9-10_9-57-27_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-9-10_9-57-35_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-9-10_9-57-42_No-00.png
女性の裸が見られていいなって?さすがにブラジャーは駄目なんです
金具やワイヤーが写りこんじやいますしね
そこからここまでの距離を楽しめるの

自宅で母の痴態を隠し撮りする家庭内盗撮

SnapCrab_NoName_2021-12-31_7-49-46_No-00.png

ボクが実の母に抱いた歪んだ愛情
先月号のルポ「20年間隣の奥さんを盗撮し続けた私」を読み、いたく感動しました。
20年という気の遠くなるような年月。
その問、休むことなくビデオを回し続けた根気。
彼女を心から愛してなければできない芸当です。
恥ずかしながらこのボクも、3年ほど前からー人の女性を毎日欠かさず隠し撮りしております。
ー人の女性。それはボクの母(37才)のことです。

押入れから出て来た1本のハメ撮りビデオ
今を遡ること3年前、母の留守中、押し入れの奥に挨まみれのビデオテープを見つけたことが始まりでした。軽い気持ちで再生したところ、画面に映し出されたのは女性の下半身。スラッと白い脚が布団の上に膝で立ち、丸見えの女性器の鼻先で、黒いバイブがおいております。

なぜ押し入れにこんなビデオがっそのことを疑問に思うより興奮が先に立ちました。
当時はヤリたい盛り。どぎつい画面を見ながらペニスをしこけば、もののー分も持ちませんでした。しばし、冷静を取り戻したのも束の間。またすぐに大きくなってきます。
そこでもう一発ヌこうと右手でペニスを握った瞬間、信じられない映像が画面に映し出されました。母です。若き日の母が上唇を舌なめずりしながら、バイブの先端にキスをしているのです。

腰を抜かしそうになりがならも画面に釘付けのボクに、母は恐ろしいほど大胆でした。
カメラに向かって尻を振り、細い指でクリトリスを刺激し、バイブを穴にしまい込む。
まさに信じがたい光景です。撮影者が父だったことも、ボクにとってはショックでした。
言い遅れましたが、トラックの運転手だった父は7年前に浮気相手と失綜、その後、母は女手一つでボクを育ててきたのです。
なのになぜっ自分に苦労を強いた夫とのセックスビデオを、なぜ母は押し入れに残しているのかっ頭は混乱し、同時に体の中に、母に対する歪んだ感情が湧き起こってきました。

二度と母の痴態を見てはいけない。理性ではわかっていても、衝勤は抑えられません。
気がつけば、来る日も来る日もビデオを再生する自分がいました。
撮影場所が以前住んでいたマンションの寝室だったことから推察するに、ビデオの母は30才。あの男、母さんをムリヤリ犯しやがってー怒りと同時に、画面の中でョガリ狂うを母を見て、深いため息もこぼれてきます。
今も当時と変わらぬ美しさを保つ母。そんな、彼女をポクも力メラに収められたら、どんなに素敵だろう。歪んだ感情はこうして具体的になっていったのです。
簡単な写真ばかりでした。テレビを眺める横顔、台所で料理に没頭する後ろ姿、玄関で靴を履くところ等々。
母は不思議そうな顔をしていましたが、買ったばかりのテジカメを試してるんだと、ボクは毎日のようにシャッターを押し続けました。撮影を始めて1カ月が過ぎたある夜、母が仕事仲間と酒を飲み、フラフラに酔っばらって帰ってきました。
「あーり、優ちゃん、まだ起きてたのおー?」
「母さん、もう2時だよ。布団敷いといたから、早く休みなって」
「もう、ダメー」
しなだれかかってきた母を布団に寝かせたそのとき、鮮烈なシーンがアタマに浮かんできました。セックスの後、バジャマの上着ー枚で胸の前をはだけ、乳房を露わにしたまま眠る母。
父がハメ撮った例のビデオのラストシーンで、これ以上ない扇情的な場面です。
母さんが泥酔している今なら、撮影可能ではっヤリ過ぎかな?
でも、こんなチャンスは二度とないぞー

母がオナニーに耽る夜、それは…
革のタイトスカートを脱がし、ストッキングをスルスル。しっとり湿った母の白く長い脚に手の平をのせると、ほんのり体温が伝わってきました。
【ゴクリッ】
ブラウスを剥ぎ、ブラを指先でめくると乳首が現れます。
赤ん坊の頃、ボクが独り占めしていたビンク色のさくらんぼは、今も変わらぬ美しさをキープしていました。
1時間ほどかけて、計100枚近く撮ったでしょうかcボクは強い満足を覚え、母にタオルケットをかけた後、寝室を出ました。
その後、部屋に戻ったボクがモニタを眺めながら、ペニスをしこいたのは言うまでもありません。
この日以来、ボクは母の寝姿を隠し撮り続けます。
枕を股に挟みお尻をコチラに向けた母。
カールをまいたまま疲れて寝込んでしまった母。色気のない生理バンツを穿いた母。
毎日毎日、と言いたいところですが、週に一度だけ近づけない日がありました。
母がなかなか眠りにつかない日。それは彼女がオナニーに耽る夜です。
ビデオのような激しさとは比較にならないほど大人しい行為でしたが、襖越しに漏れる吐息に、ボクは胸が張り裂けそうになりました。
鳴呼、今の母を力メラに収められたら。
ボクは気づきました。母がオナニーをする夜。
それは決まって、今の彼氏とホテルに行った日なのです。こっそり盗み見た手帖に貼られたシールが、その印に違いありません。
もちろん、相手はドコの誰だか知りませんし、知りたくもありません。母を独り占めにしたい衝動にかられても、それは叶う望みではないのですから。
ボクは今も、母に対する愛情を盗撮という形で昇華しております。こんな変態行為をいつまで続けるのか。自問自答を繰り返しても、答は出そうにありません。

風俗嬢のおっぱいにしゃぶりつきながらの授乳手コキプレイが最高

授乳手コキプレイ授乳手コキプレイ
手コキのお店でどう遊ぶと心が平穏になれるか、というお話をします。
ポイントはただひとつ、体勢です。大の字に寝転がる、四つん這いになる、このあたりは定番だと思いますが、定番だけに「安らぎ」の面では物足りません。「抜くぞ!」感が強すぎるとでも言いますか。
はい、そこで提案したいのが授乳手コキの体勢です。嬢に膝枕されて、おっぱいにしゃぶりつき(乳
吸いオプションは必須)、そのまま嬢に手を伸ばしてもらってシコシコシコ。おかしなもので、乳首をチュウチュウ吸うだけで我々男は安らぎを覚えますし、それでいて下半身はギンギンになるといううっとりした感覚が生まれるのです。赤ちゃん返りの一種なんでしょうか。
たっぷり4時間、気に入った人妻とだらだらいちゃいちゃする愉悦
おしとやかな女性が好きなので人妻系のデリヘルをよく利用している。ただ、人妻にもいろいろあるもので、好みにぴったり合致した嬢と出会うことはめったにない。やはり人妻といえど、ガサツで品のない人がこの世界には多いものだ。
が、もし私の求めているまんまのしっとり人妻と遭遇したときは手離さない。次回からは4時間ほどのコースで、高めのラブホでゆったりと楽しむのだ。まずはソファに座ってアルコールを。軽くチュッチュと接吻をかわし、でもすぐに脱がしたりはしない。なにせ時間はたっぷりあるのだ。
互いの子供の話などをしつつ、人妻の私生活がだんだんわかってきたあたりで、一緒に風呂へ。洗いっこなどを経てから、ガウン姿になってソファでひとぬき。
まだ時間はある。今度は風呂のテレビで一緒にミヤネ屋なんぞを眺めて芸能談議をかわし、潜望鏡でパクリ。お湯で顔を赤くした奥さんの色っぽいことよ。おっと、まだ時間はある。やはり次はベッで熟れた肌を愛でてやり、黒ずんだ乳首や、ちょこっと飛び出た小陰唇を愛撫する。ゴム本番で、ディープキスしながら射精したあたりでタイムアップか。
だらだら書いてすみません。要するに、気に入った人妻と長時間いちゃいちゃする幸せを知ってほしかったまでだ。

おっぱいを触りたい男性が癒されるお店・触る方法

おっぱいを眺めてるだけでストレスが消え、多幸感が増し寿命が伸びる気がします。 
おっぱいの癒やし効果は男性にとって絶大なものがありますね。
そんな男性が多いからか最近のリフレはおっぱいを堪能させてくれるところも  おっぱいの癒し効果

添い寝しながらおっぱいを揉めるおっぱぶも
おっぱいの癒し効果おっぱいの癒し効果おっぱいの癒し効果おっぱいの癒し効果

おっぱいパブ嬢と添い寝したらそちゃこうなります
おっぱいを触りたい

そして最後はおっぱい触らせてくださいとお願いしたらどうなったかという話
おっぱいの癒し効果おっぱいの癒し効果おっぱいの癒し効果おっぱいの癒し効果おっぱいの癒し効果おっぱいの癒し効果おっぱいの癒し効果おっぱいの癒し効果

男にはない、ふっくらと丸みのあるおっぱいに、どうしても魅力を感じてしまいますね。

ナンネットの巨乳女子大生のおっぱい触り放題オフ会に行ってみた

巨乳女子大生のおっぱい触り放題オフ会巨乳女子大生のおっぱい触り放題オフ会巨乳女子大生のおっぱい触り放題オフ会巨乳女子大生のおっぱい触り放題オフ会
ツイッターで興味深いアカウントを見つけた。
「東京なんねオフ会サークル【公式】」なんね。変態SNSで名高い、あのナンネットと関係があるのだろうか。アカウントのプロフにはこうある。
「なんねのエロ紳士淑女の有志で成り立っている大人の為の大人によるサークルです。お店ではありません。…(以下略)」
 ネンネットとの関連を匂わせつつ、しつこいまでに「大人」を強調してくるこの文面。さぞかし、エロいオフ会なのだろう。参加しない手はナッシングだ!
「ちょっと触っていい?」「えー? いいですよ」
ツイッターアカウントには近日開催予定のオフ会スケジュールがいくつも表示されている。大人のエロ飲み会、大人のローションプールパーティなど、チンピクなイベントが目白押しのなか、俺が目を付けたのはこれだ。
──巨乳女子大生さん主催の手料理パーティ──
齢38のオッサンにもなれば、日常で女子大生と交流する機会など絶無だ。エロオフ会で若い巨乳娘さんと触れ合えるなんて夢のようなシチュエーションではないか。迷わずツイッターから参加表明を行った。迎えたオフ会当日、午後7時、新宿。指定されたマンションのインタホーンを鳴らすと、20代らしき若い男がドアを開けて出迎えてくれた。オフ会の運営スタッフらしい。
彼に会費の1万円を支払い、室内へ。スペース8畳ほどの部屋の真ん中にはこたつが置かれ、その周りで4、5人の女子が談笑している。全員かなり若い。おそらく
20代前半、なかには18、19才にしか見えないコまで。
対して男の参加者の姿は俺の他に1人だけだ。あれ、変だな。オフ会は男がやたらと多くて、女は少数派ってのが相場なのに。首を傾げていると、女性陣のひとりから声がかかった。
「こんちはー」「どうも〜。女のコたちは友だち同士か何かなの?」
「ううん。このオフ会に参加するうちに顔見知りになったの」
「じゃあ、みんな常連なんだ」「だね。何回も参加してるし」
「キミは普段ナニしてる人?」「私? うーん、ニートかな」
同じ質問を他の女にもしてみたが、何だか要領の得ない答えしか返ってこない。どうも素性を教えたくないようだ。別にいいけど。やがて隣の台所から女のコが料理を持ってやってきた。ブラとパンティの上からエプロンを巻いただけの刺激的な格好をしている。しかもかなりの巨乳だ。くう、どえらい迫力ですな。
「もしかして巨乳女子大生ってのはキミのこと?」
巨乳ちゃんが愛想のいい笑いを浮かべて答える。「はい、そうです」
「本当に巨乳だね。胸のサイズっていくつ?」「一応、Gカップかな」
そう言ってブラの上からむんずむんずと乳を揉みしだく彼女。その様子を隣から凝視していた男の参加者がニヤニヤと尋ねる。
「タマんないなー。ちょっと触っていい?」
「えー? いきなりですねえ。いいですよ!」
許可が出た直後、男が乳をワシ掴みにした。あ、いいなあ。しかし女子大生ちゃんはこたつを挟んだ向かい側に座っており、俺の位置からでは手が届かない。そこで隣にいたショートカットの美形ちゃんの胸に断りもなく触れてみた。もみもみ。
別の女子と会話中だった彼女が驚いたように振り向く。
「何してるんですか?」「いやー、なんだか胸を触りたくなちゃって。いい?」
「ふふふ、はい」パンツの上から股間をツツー
それから2時間、特にこれといった動きもなく、オフ会は進行していった。酒を飲みながら、20代の若い女のコたちと他愛もない世間話で談笑し、その合間に、彼女たちの乳や太ももをベタベタと触る。もちろん、これはこれで十分楽しいのだが、一方で何かモノ足りなさを感じていたのも事実だ。来る前に想像していた内容よりもずいぶんソフトというか。
ひとつ理由として、俺以外の男参加者(あとから1人加わって計2人)のノリが悪いというのがある。両者ともやたらと紳士的な態度を取り続けるもんだから、俺がエロ暴走しようにも、しづらい状況になっていたのだ。うーむ。しかし、会も終盤に差し迫ったころ、男性スタッフからナイスな提案が。女子が男たちにマッサージをしてはどうかというもので、女たちはキャッキャと楽しそうに騒いでいる。むろん俺もニンマリだ。
マッサージは、男ひとりにつき、女が2人ずつ交代で行うこととなり、まずトップバッターの俺が床の上で仰向けに。そこへ本日、手料理でもてなしてくれた巨乳女子大生ちゃんが騎乗位の態勢で腰を下ろした。そのまま腕や太ももを揉んでくれる彼女だったが、わざとなのか、むちむちのケツで俺の股間をグリグリするからタマらない。その間、俺の手は彼女の巨乳へ。ブラから小さめの乳首を取り出し、思う存分、指でコリコリしてやった。数分後、マッサージャーが交代。お次は、このイベントで俺がもっとも気に入っていたカワイ子ちゃんだ。
彼女も女子大生ちゃん同様、騎乗位の態勢で座ろうとしたのだが、ここで俺はリクエストした。
「シックスナインの態勢になって太ももを揉んでくれない?」「はーい」
やや大きめのヒップがこちらに向き、ミニスカートから純白のパンティが丸見えになった。文句なしの絶景だ。
マッサージがスタートするや、同時にパンティの股間部を指でそっとなぞってみる。ビクっと体が震えたのがわかったが、彼女は言葉を発しない。ただ黙々と太ももを指圧するのみだ。どれもう1回、股間をツツー。ビクビクッ。
いやー楽しい。マンションの一室で、20そこそこの娘がパンツを見せながらオッサンをマッサージ。そしてその様子をニヤニヤと見守る20代
ギャルズと2人のオッサン。なんだろう、この非日常的な空間は。「直接シコシコしてくんない?」
後日、東京なんねオフ会が主催する別のイベントにも足を運んだ。やはり前回のオフ会内容では大満足とまでは言い難い。しかし、イベントや客層が変われば、もっと過激な内容になり得るハズだ。てか、そうであってくれ!今回、参加したのはシンプルに
「大人の飲み会」と銘打たれたイベントで、新宿のバーを貸し切って行うらしい。
 会場に到着したのは夜7時ごろ。店内にいた参加者は俺を含めて男3人、女5人といったところで相変わらず野郎が少ない。空いてる席に適当に腰かけると、女参加者のひとりが「どうも〜」と隣に座った。若い。しかもカワイイ。前回も感じたことだが、このオフ会に来る女たちは平均してレベルが高いようだ。
「初めまして。結構若いよね。仕事は何してんの」
「働いてません。まだ学生です」「え、大学生?」「はい」
またJDと飲めるとは、テンション上がるなあ。
「よくナンネのオフ会には参加してんの?」
「え、ナンネ…? それって何ですか?」
「うそ、ナンネットのこと知らないの?」
 だったら、このオフ会のことはどういう風に認識してるんだ?
「私、友だちに誘われてきたんですよ。男の人と一緒に飲んだら主催者の人からお金がもらえるって。ま、
バイトみたいな感じですね」
何だか腑に落ちた気がした。彼女たち、運営スタッフのニーチャンとやけに親しげだし、いつも男より女の参加者が多いし。いままで感じていた違和感は、女たちがサクラだったせいなのだ。とはいえ、この清楚系JDちゃんとあれこれ話しているうち、別にそれでも構わない気がしてきた。なぜならあっけなくボディタッチを許してくれたからだ。
たとえ彼女がサクラだろうと、本物(多分)のJDの胸を服の上からモミモミしている事実に変わりはない。
「自分のことエロいと思う?」「うん、そうですね。かなりエロいと思いますよ」
「じゃあさ、ちょっと俺の股間も触ってくんない? キミの胸を揉んでたらボッキしちゃってさ」
「ええ〜〜〜?」大げさに驚いては見せたものの、ズボンの上から股間に手を持っていくと、素直にチンコをいじってくる。
「ああ、気持ちいい」「え〜ホントですか?」
「うん。この際だからもう直接、シコシコしてくんない?」
調子に乗ってパンツを下げてみた。JDちゃんが顔を赤らめる。
「えー、私、そんな上手にできませんよ」「大丈夫、大丈夫」
結局、周囲の視線が気になり射精には至らなかったが、ようやく心から満足感を味わえた気がした。たどたどしく、しかし好奇心に目を輝かせながら手コキする若いシロート娘の姿。これぞ俺が忘れかけていたエロチシズムだ。
★というわけで結論。東京なんねオフ会の女参加者はサクラの可能性が濃厚だが、エロ楽しいことは間違いない。さらに参加する際は周囲の雰囲気にあまり流されず、ゴーイング・マイ・ウエイの精神で挑んだ方がより濃厚にエンジョイできるかと。

女の子のおっぱいを揉みたい触わりたい男たちが考えた触わる方法あれこれ

最新更新日・2021年4月13日 おっぱいを触わる方法あれこれを追記しました女の子のおっぱいを揉みたい触わりたい
両手がふさがればおっぱいが揉める!?
女の子のおっぱいを揉みたい触わりたい
揉まれたがっている女の子はここにいる
女の子のおっぱいを揉みたい触わりたい
やっぱり気になる歯科衛生士のおっぱい
女の子のおっぱいを揉みたい触わりたい
美容師のおっぱいも気になるね
女の子のおっぱいを揉みたい触わりたい女の子のおっぱいを揉みたい触わりたい女の子のおっぱいを揉みたい触わりたい女の子のおっぱいを揉みたい触わりたい
巨乳娘は電車内での居眠りにご注意
女の子のおっぱいを揉みたい触わりたい
フェスやライブやスポーツ観戦はお祭り状態
女の子のおっぱいを揉みたい触わりたい女の子のおっぱいを揉みたい触わりたい
女の子のおっぱいを揉みたい触わりたい
エロ写メの常連投稿女が近所のスーパーのレジにいた
出会い系サイト『PCMAX』の『写メコン』なるコーナーにハマっている。これ、登録してる女の子が色んな写真を投稿する場所だ。顔写真に始まり、おっぱい、尻、アソコ(さすがにモザイクは入るが)やオナニーなどなど、素人女性のリアルなエロを見られるので非常にイイ。そこの常連投稿者のミナという女に半年ほど前からゾッコンだ。千葉在住の彼女は、34才の主婦。プロフを見ればオレと地元が非常に近い。ていうか同じ生活圏にいる女だ。彼女、毎日3〜5枚のエロ写真をアップしてくれるのだが、それがツボをおさえている。おっぱいに乳首いじり、パンティ越しのオナニー。そして最後に感じてる顔。大きめの乳輪に昔の青田典子に似たセクシー顔がステキだ。オレは毎日、応援のメールを送った。
〈今日もステキな写真をありがと!ミナさんのおかげで毎日がんばれるよ〉
〈ありがとうございます♪ たくさん見てくれたら興奮します〉
こんなスケベ女が地元にいる。そう考えるだけで勃起するのだからオレもまだまだ若い。さて今年の3月のことだ。ヨメにおつかいを頼まれて近くのスーパーに足を運んだ。カゴに商品をつめてレジに並ぶ。と、ふと視線をやった隣のレジに見覚えのある顔が。(え、ミナさん…?)
まさかと思い目をこすって見直してみる。間違いない。あの写メコンのミナさんだ。まさか地元のこんなスーパーでレジ打ちしてるだなんて。彼女は愛想のいい感じで客とのやりとりを続けている。が、声をかけるわけにもいかないのでそのまま店を出た。さてこれからどうしたらいいか。できることならお近づきになってあのイヤラしい乳首を直接目の当たりにしたい。だけどいったい何と声をかければいいんだ。「PCMAXの人ですよね?」じゃキモイだろうし。
悩みぬいた末、ミナさんにメールを送った。
〈そういえばミナさんって普段お仕事とかしてるのー?〉
〈はい、パートしてますよ〉
〈へえ、そこって制服とかあるのかな? もし良かったらその制服を着たエッチ写真投稿してほしいなー〉
例のスーパーの制服は緑色のエプロンにYシャツ。もちろんミナさんもバッチリ着ていた。〈うーん考えてみます〉〈検討してみて! 撮ってくれるときはあらかじめ教えてね〉仕事場で働くナマのミナさんを見てから職場エロ写真でヌコうと考えたわけだ。そこからさらに数日後、ミナさんからメールが届いた。
〈明日、職場のお昼休みに撮ってみますよぉ。投票してね〉 
 翌日、朝からスーパーに向かう。エロ写真を撮る前のミナさんをじっくり見てやらねば。ほほー。今日もその地味な仕事に似つかわしくないスケベ顔で働いてますなぁ。客とおしゃべりしてても頭の中はこれから撮影するエロ写真のことでいっぱいなんじゃないの?
 店内をフラフラしたり店の外でタバコを吸ったりしながら観察を続ける。1時をまわったところでミナさんがレジから離れた。よし、サイトを開いて…。すぐに新着写真が投稿された。タイトルは『お昼休憩』だ。そこにはトイレで撮ったであろう、例のエプロンをたくしあげ、ズボンとパンティを下げてマン毛を全開にした自撮り写真が写っていた。うわ、マジでミナさんだ!!さっそく投票してメール。
〈ミナさん最高です! シコっちゃってもいいですか?〉
〈いっぱいしてぇ〉
〈もう一枚追加で撮ってもらえませんか? 制服のままでお尻を突き出したのとか〉 
5分後、オーダーしたとおりの写真が投稿されたのを見て思わず小躍りしてしまった。ホントにスケベな女だ。以来、ミナさんに仕事中のエロ写真を投稿してもらい、それを見てはスーパーのトイレでシコる日々が続いている。最近では彼女が担当するレジに並び、「暑いですね」とか「いつもありがとうございます」みたいなちょっとした会話を挟むほどの接近ぶりだ。
長さ2センチ以上、直径1、5センチ以上ある女性の乳首が好きで好きでタマらないというマニアたちの話で、紹介した私自身は半ばギャグのつもりだったのだが、意外や読者には好評だったようだ。巨乳首って素敵です、なんだか新たなフェチに目覚めちゃいました、、どっこい変な乳、略して変乳を偏愛する者は巨乳首マニアだけではないらしい。
ネットを覗くと、あるわあるわ。様々な画像掲示板に『陥没乳首好きスレ』だの『真っ黒い乳首じゃなきや萌えない板』だの、マニアックなスレッドが乱立している。中でも、もっとも画像の貼り付けが多く、活気を呈しているのが『巨大乳輪』と『垂れ乳』関連のスレッドだ。
掲載した写真を見て皆さんはどんな感想をお持ちだろう。個人的な意見を言わせてもらうと、まあ巨大乳輪の方はアリかなとは思う。乳輪がデカイとはつまり、バスト全体のサイズも大きいということに他ならない。コンパで知り合った女のコを裸にしたら巨乳だった。大多数の男は、そんな状況に大喜びこそすれ、がっくり落ち込んだりはしない。少なくとも私はそう考える。
それとは逆に、これっぽっちも理解& 共感できないのが、垂れ乳である。何なのでしょうか、この残
念極まりない絵面は。地球の重力に一切逆らう気がない、このプララーンと垂れ下がった乳どもを見て、どこをどう興奮すればいいのでしょう。そこでマニアの生の意見を聞くべく、とある掲示板のスレッドに書き込んでみた。
〈親切なマニアの方、垂れ乳の魅力を教えてください〉すぐにレスが付いた。
〈タレパイの良さがわかんないんだ。不幸だね〉
〈はかなさだ。そこにはかなさを感じとれ〉すいません、やっぱ、全然わかりません。以上。
乳首フェチブログの中身
『援交歴23年』を謳うオッサン(たぶんアラフィフ)の、買春リポートブログだ。ハメ撮り写真満載だし、キャリアを自負しているだけあり、女の買い方自体も興味深い。
まず、女探しは法律のギリギリを攻めている。例えば次のようなリポートからもわかるように。
〈スマホアプリで、10代娘3人をストックと書きましたが、あかんかったです。2人アンダーで放流でしたわ〉
いざセックスは、基本的に中出しだ。しかも、隙あらば次のようなアクションも。
〈諭吉3人を渡した。で、生ハメ、中出し、ハメ撮りのフルコンボですっきりしたが、(中略)、ブスがトイレに行った隙を見て、諭吉2人は帰還した〉
買春代を奪い返すときに少し残しておくあたりは援交女たちへの情けか。
そしてリポートの一番の見所、ハメ撮り写真ついては、女の目の部分だけにしかモザイクがかかっていない。どんな女かが丸わかりで生々しいったらない。
電車で女性の尻を触りながら、その様子を自らムービーに撮る。最近、こんなジャンルの作品を買い漁っている。注意書きには「本作品はモデルさんを起用したシチュエーション作品です」みたいな
ことが書かれているが、それにしてはどれもこれも実にリアルだ。かすかに聞こえる女性のすすり
泣く声。あるいは地蔵のようにまったく体を動かさないのは恐怖心ゆえか。とにかくすごい演技力のモデルさんがいるものだと感心してしまう。
ミニスカートからスラっと伸びたナマ足やショートパンツの裾が食い込んだピチピチの太ももなど。道ゆく女の脚がステキだと、「おっ!」と思うものですよね?この『FC2動画』の投稿者は狂ってます。町で見かけた美脚女をヘビのように付け回し、イヤらしく盗撮した映像を50本以上もアップしているんですから。一応女のプライバシーに配慮しているのか、顔は映してはいません。基本的には背後からの足を狙ったアングルです。が、隙あらば接近して太ももや尻をアップにしたり、ミニスカートの場合はパンチラを撮るようなこともやっている。臨場感がハンパじゃない。ここまでの脚マニアはそうそういないでしょう。
みなさん、オッパイのことが大好きだとは思うが、やはりその魅力の源は、乳首に集約されると私は考えている。性感帯が集まっていて、触れば硬くなって、理由なく口に含みたくなる女体部位は、乳首以外にはないと思うのだ。さて、そんな我々乳首好きのためのサイトが、この乳首ふぇちだ。
いち乳首マニアが作ったアフィリサイトだが、国内の抜ける乳首関連動画の情報が大量に集められていて、乳首イキ、デカ乳首、乳首オナニーなどと、目的のジャンルの作品に簡単にたどり着くことができるので非常に便利だ。そのほかにも、デカ乳首、ぷっくり乳輪など、乳首に特徴を持ったAV女優のランキング、殿堂入り作品の紹介など、乳首好きのかゆいところに手が届く作りとなっている。
GIF動画は、複数の画像をつなげてアニメーションのような動きを表現する動画だ。中でもエロGIF動画は、被写体がカクカクと動く様子にどこか妙な生々しさがあり、単なるエロ動画とはまた違った味わいがある。で、この掲示板は素人のエロGIF動画の宝庫で、単なるハメ撮りから露出、聖水プレイ、ねっとりフェラ、家庭内盗撮まで、とにかくありとあらゆるジャンルがそろっている。さらに、GIF動画と相性のいい「騎乗位で揺れる巨乳」系や「バック挿入で波打つケツの肉」系の動画も数多くあり、いつまで眺めていても飽きることはない。

可愛いおっぱいのぷっくり美乳輪のお姉さんの初体験談

3_20210401083844179.jpg4_202104010838450f1.jpg5_20210401083847d80.jpg
いょいょハゥィンが来週に迫ってますけど、準備はどぅですか?
あ、まだなにもしてないです。
渋谷のスクランブル交差点には行かないんですか?
行くつもりですけど、衣装とかまだ買ってなくて。
どんなコスプレをやる予定で
今年が初めてなので、控えめにメイドさんをやってみたいなって。
メイドは控えめ?メイドってベタじやないですか。もぅハタチなので、激しいのはちよっと恥ずかしいとこもあつて。ハタチじや遅いの?
来てる人、みんな高校くらいでしよ。ハタチとかおばさんですよ。そんなことないですよ。僕力メラマンなんですけど、あなたのメイドつぷりはぜひ撮らせてほしいつて思いますよ。かわいいし!あはは—お兄さんお上手で
あなた、もしかして水商売やつてませんか?え?いまの感じ、キャバつぽかつたですよ。やつてませんよ—。でもガ—ルズバ—はやつてます。あと焼肉屋のバイト。そぅなのね。じやあ時間あつたら、いまバイトしません?条件はゴニョゴニョ……〇でも彼氏いるんですよ。
顔隠すからいいじやん。ならいいかな—。といぅわけでホテルへガ—ルズバ—歴は長いんですか?年くらいです。お客さんとうまくやれてます?
おじさん世代のがきなんで、お客さんと品が合ぅしく緒にカラオケ歌つたりしてます。どんな人の歌が好きなの?お父さんがけつこぅヤンキ—で、その影響で、私も氷室京介が好きなんですよ。お父さ
ね。その辺は、氷室好きに限らず、おじさん世代はみんな好きでしょ
わかる—。めっちゃ歌がうまい!じさんがたまにいますよ。
「うまいっすね—」って叫んじゃう。
そういうときはこつちも気合い入れて緒に歌いますね。惚れてしまう?それはないですね。でも若い人だと、「かっこいい」ってなくぅ。とはいえ、若い男ってセックスがヘタだったりしませんか?そんなにセックスが大好きってわけじやないし、普通にやってくれたらそれでいいです。初めての彼も、ちやんと気持ちよくしてくれたし。
初体験はいつ?私は吹奏楽部だつたけど、彼はスポ—ツマン
でサッカ—部でした。初デ—卜はどこに行きました?田舎なので近所のカラオケに行きました。ほんとにそこくらいしか遊び場所がないんですよ。軽くチュウだけしました。初めてチンコを入れられたのは、彼の家で?今日うち親が出張でいないんだけどって言われたから泊まリに行きました。新品のパンツに着替えて。香水もふって。あれか、「もぅ出掛ける時間だろ、しっかリコンたたいて」だね。それは〇ですよね。布袋寅泰と吉川晃司。よく知ってるねのだと、「シャワ—を浴びてコンたたき」って歌詞があリますね。「コンをたたく」って言い方がおもしろいです。若い男よリ、おじさんと付き合った方が絶対いいって

【エロ画像】スイカップ以上世界の巨乳・爆乳・超乳美女集団の本物天然おっぱい

12_20201012072512618.jpg13_20201012072514ecb.jpg
巨大なバストを両腕で抱え、ニッコリと微笑むアジア系の女たちここに取り上げたのは、世界の巨乳マニアの間では知る人ぞ知る、名物集団のセクシーショットである。名を、「ディンドンガールズ」という。タイの風俗業者が立ち上げたフェチサィトの専属モデルで、彼女たちの写真やプロフィールが掲載される「ファランディンドン」は、超人気サイトだ。
最大のカップ数を誇るルイ嬢の胸回りは195センチにも及ぶまさに世界の巨乳集団といえよう。もっとも、このチーム、マニアの間では昔から画像の真偽を疑う声も大きかった。海外のフェチ系サイトを覗けば、さすがに特殊メイクだろう。
私自身の手で、アジア中から、カップ以上の女性をかき集めてきましたんですから。これでも苦労しているんですよー。あくまで自然の巨乳とのことだが、それにしては、公式サイト上にメンバーのフルヌード画像がほとんど置かれていない点が気になる。堂々とバストを披露できないだけの理由があるのでは?申し訳ありませんが、ウチのコたちはストリッパーじやありません。たまたまバストが大きかっただけで、みんな内面はシャイなんですから
「肌の質感を見る限り特殊メイクではなさそぅですねただし、このクラスの巨乳は、〇〇万分の確率でしか生まれませんバストの形からして、元々胸の大きい女性が、限界までシリコン豊胸を行ったのではないかと」手術こそ行っているものの、決して彼女たちのバストは空想の産物ではないらしい。

巨乳をガン見してもバレない方法!ぽっちゃり人妻と若い爆乳の専門学校生のパイズリでおっぱいを味わう

巨乳をガン見してもバレない方法
電車で向かいの席に座った男、町ですれ違う男、彼らが音楽を熱心に聞いて口をパクパクしてることがやけに多い。イヤホンを装着して曲を口ずさみながら、こっちをジっと見てくる男たち。最初は、本当に音楽が好きな人なんだな、歩きながらリズムに乗るなんて相当なマニアなんだな、くらいにしか考えていませんでした。
ただ、近頃その数が急激に増えた気が。さすがの私でもなにかおかしいと思うようになったので、友人の男性に相談したところ、驚くべき答えが返ってきました。
「その男たちはカオリの胸を見るために音楽に乗ってるフリをしてるんだよ。ほら、曲を口ずさみながらだと、凝視してると思われないだろ」
衝撃を受けました。たしかに、私の胸は人よりも大きい部類に入るので、元々見られることも多かったのですが、まさかそんな方法で私の胸が見られていたとは…。全く気づきませんでした。いつもならコチラの胸をじっくり見てくる男には、舌打ちの一つでもくらわしてやるのですが、音楽を口ずさむ男がそんなことを考えていたのは盲点でした。
この話を聞いてから、注意しながら生活していたら、まあ、口パク男たちの多いこと。1日に2人はこのやり方で胸を見てきます。
いくら胸を見られることに慣れている女性でも音楽を口ずさんでいる男に注意はしないもんです。まだ世の女性は警戒していないでしょう。裏モノの読者ならきっと真似しそうですね!
0218_2019122809245681b.jpg0219_20191228092457b44.jpg0220_20191228092458c13.jpg0221_20191228092500db3.jpg0222_201912280925016d9.jpg0223_20191228092503dcc.jpg
今回は久々に自ら仕掛けて大阪のスケべな女をゲット、ヒーヒーいわしてみせようか。むろん、単純にナンパしてヤルだけじゃ能がない。己に高いハードルを課してこそ、達成したときの悦びは大きい。さあどんな女にしようか。超美人限定女教師っていうのも興奮しそうだなあ。
40才を過ぎたオッサンがナンパを成功させるには、街角でただ声をかける《ストリートナンパ》は適していない。それこそ俺が編み出した力ップル喫茶の取材を装う《オリジナルナンパ》や、あらゆる環境・状況をナンパに繋げるというシチュエーションナンパがオッサン向きだ
(詳細は拙著「「きっとうまくいくナンパの本」を参照いただきたい)
では、今回のテーマにはどの手法が合っているか。巨乳女性が集まる場所でもあれば、それに合わせた《オリジナルナンパ》も有りだろう。が、そんな都合のいい空間は現実に無い。ならば、採るべきは日常のありとあらゆるシーンをナンパに繋げ、巨乳を見かけたら必ず声かけをするという《シチュエーションナンパ》の実行あるのみだ。こうして取材を始めたのが、9月の半ば。それこそ自宅にいる時間以外はすべて、巨乳女性を見つけては何かしらのアプローチを試みた。街で巨乳ちゃんを見つければ必ず道を尋ねる。この際、本当に行きたい目的地を聞く必要はない。尋ねるべきは、彼女が向かっている方向に存在する場所なぜなら教えてもらった後、一緒に歩きながら話せる可能性がアップするからだ。電車の中も同様で、可能な限り巨乳女性の隣に座った。彼女が大きな荷物を網棚に載せていれば「取りましよか」と声かけて取ってあげる。時には、おもむろに手帳を取り出し、ペンがないフリをして「すいません。何か書く物、お借りできませんか」と声をかけたこともあった。その他、レストランや喫茶店、ショットバーなど、ありとあらゆる場所で巨乳ちゃんにアプローチ。スタートから半月で、30人近くには声をかけただろうか。正直、この間の成果は大阪ー京都間のJR車内と、ショットバーで各ー名、巨乳OLのメアドをゲットできただけである。が、こうした地味な活動の積み重ねか次につながることも忘れちゃいけない。それより気づいたのは、胸が大きい女性は結構いても、必ず挟める大きさとなると、ぐっとその数が減ること。しかも、そうした女性に限って食指が動かないようなブスなデブだったりする。こりゃ大変そうだ。10月の頭、本業の外回りの合間を見て、ミナミのパチンコ屋に入った。むろんパチンコがしたいわけじゃない。玉が出そうな台ではなく、巨乳の女性客を物色しながら店内を一回り。ー人の巨乳女性を発見した。ピンクのノースリーブのセーターの中でメロン大の2つの乳房がはちきれんばかりだ。ややぽっちゃりだが、このおっばい、合格でしょ。30才前後の主婦と見た。迷わず隣に座り、打ち始めたら程なく目が合った。すかさず「やあ」って感じで軽く会釈を返す。実は、この軽めのファーストコンタクトが重要で、後々自然に話がしやすくなる。彼女がそこそこ勝っているのも好都合だった。全然玉が出ていないと席を替わられる可能性が高い
「結構出してるね。どれくらい打ってるの」「ー時間くらいかな」「へえ、すごいやん」
警戒心を持たせずに、少しずつ距離を縮めていくのが正解だ。にしても、真横から見るメロン大のおっぱいの迫力はどうだ。余裕で挟めるな
店内にコーヒーサーピスのおねーさんが回ってきた。ー杯おごって、距離を縮めるとするか
ちなみに、こういうとき、「コーヒー飲む?」といっ聞き方は「結構です」と遠慮されやすいのでよろしくない。あくまで強引に進めるべきだ。
「砂糖とミルク有りでいいよね」
「え、いいの?ありがとう一じゃ、有り有りで」コーヒーをきっかけに、彼女かり積極的に話しかけて来るようになった「営業さん」「あたり」「さぼったらアカンやん」自分のこともベラベラ口にした。専業主婦で子供はいない。帰りが遅いので時々遅くまでパチンコするらしい。この日も7時位まで打って、軽くー人で食事して帰る予定だという「ひとりで晩飯って寂しくない?」「時々、女友達で居酒屋行ったり、力ラォケ行ったりしてるしね」
誘えば、間違いなく付いて来そうな雰囲気だが、焦りは禁物。俺は彼女の連チャンがストップした頃合いを見計らい、勝負に出た。「今日、何食べる予定なん?」「うーん、決めてない」「ほんじゃ、ちょつと早いサど軽くいっとこか」「せやね。今止めるのが賢かと思うし」一あっけなく、誘いに乗っできた。
「実はお昼食べ損ねたからペコペコやねん」パチンコ屋を出て、近所のシティホテルにあるイタリアンレストランに入った。決して高い店ではないが、彼女はうれしそうだ。
「こんなちゃんとしたところで食、ぺるの久しぶり。いつも喫茶店か居酒屋やから」
「旦那さんとは行けへんの」
「普段外食やから、土日は絶対家でしか食べへんねん。たまにはどっか連れて行ってくれたらええのに」・酒が入り、彼女はますます饒舌になった。下ネタも全然OKだ。32才で名前はヒロコというらしい。たまに短期バイトをするがそれ以外は買い物かパチンコか女友達とのカラオケ。旦那とはここ2、3年まったくのご無沙汰状態らしい。2年ほど前に出会い系サイトで何度か浮気したことはあるそうだが、最近はまったく遊んでないとか。
「ちょっとしつこくメールしてくる人がいて、怖くなったんで」
んじゃ、2年以上そのおっぱいは誰にも操まれてないってことね。
「はい、でもそんなにおっぱいが好きなん?」「えっ」「だって、ちらちら私の胸を見てたでしよ」いかん、バレバレじゃないか。こうなちゃ単刀直入に行こう。そりゃ触りたいよ。
「駄目ですよ。」ことばで断っていても、本心じゃないのは明らか。あまり時間をひっぱるのは逆効果だ。早めに決着をつけよ。食事を済ませ店を出た後、当然のようにホテル街へ向かって歩き出すと、ヒロコも何もいわずに付いてきた。
ホテルに入って、まずはキス久しぶりのエッチだからか、ヒロコは少々興奮気味で鼻自いが荒い。舌を絡ませながら、服の上から胸を弄る完全に俺の手に余っている。片方の手で黒いスカートを捲り上げ、パンティの上から陰部を愛撫続けて、股のところから指を滑り込ませから、案の定ヌル又ル状態だ。もちろん、すでに俺もギンギンである。そのままベッドに移り、彼女の服を剥ぎ取る(乳房は確かにデカいが悲しいかな、重力に負け少々たれ気味)身体もだいぶ肉付きがよく、特に胴回りにはくひれがほとんどない状態だテンションは少々下がったが、風呂場での洗いっこで再び上昇。興奮をキープしたまま、ベッドで乳房にむしゃぶりつく。乳首を吸いながら左手でクリトリスをコリコリ、右手の中指と薬指をズッポリ。たっぷり濡れているのでスッと入る。
「あうー、あうー」指の動きに合わせて動物的な瑞ぎ声をあげるヒロコ。俺の股間に手を伸ばし、激しくペニスをし、こき出した。もう欲しくてたまらんご様子だ。じゃ挿れる前に念願のパイずりをお願いします。「うふふ」彼女は、今までに何十回とやっているような慣れた手つきでペニスを両乳で挟み、右腕で抱きかかえるように上下運動を始めた。うーん、なんと言えばいいのだろう。特別に気持ちいいわけでもなく、手や口で刺激されているよりは快感は明らかに劣る。では興奮するかと言えば、そうでもない。乳房に囲まれて窮屈そうにしている自分のムスコの姿が少々滑稽に見え、笑いそうになったくらいだ。パイずりって大したことないやん。そんな俺の気持ちを知ってか知らずか、ヒロコが自ら仕掛けてきた。「あーん、久しぶりでおいしい」
実にうれしそうにしゃぶりまくっている。お返しに舌と指で攻撃すると、ヒロコは再び「あうー、あうー」と瑞ぎながら腰をカクカクと痩墜。同時に、一ペニスをしごき始めた。
「ああ、ちょうだい、これ、ちょうだいー」
お待たせしましたてはまず正常位で、お次はバックで激しく突きまくろう。「あおおー、あおおーぎもちいいのー」もう瑞ぎ声というより除り声、叫び声、何だか獣とヤッているような妙な興奮の中乗位でフィニッシュ。
気持ちよかったし興奮もしたが、それは相手がスケベなぽっちゃり人妻だったというだけで、巨乳ということでの悦びはさほど感じなかった。特にパイずり2は期待はずれだ。ただ、ー回こっきりの経験で巨乳&パイずりを否定するのも早計。せめてもうー人、できればもう少し若くてスタイルのいい巨乳ちゃんとお手合わせした上で結論を出してみたい。
ある土曜日、客先での用件を済ませ、駐車場から車を出そうとしていたら、目の前を若い巨乳ちゃんが通り過ぎた。格好からして女子大生かフリーターすぐに追いかけないと彼女を後ろから付けながら、思い出した。進行方向に結構有名なケーキ屋がある。確か以前に一度だけ行ったことがあるな。Nという店だったか。いい口実ができたと、俺は足速に彼女に近づいた。
「すいません。この辺にNっていうケーキ屋さんありますか」「はい、ありますよ。この道まっすぐいって、2つ目の信号右曲がってちょっと行ったとこ。途中まで一緒なんで近くまで行きますよ」「ありがとう。助かります」なかなかエキゾチックな顔立ちだ(体つきは小柄だが、Tシャツの下で、歩くリズムに合わせて大きな乳房がゆっさゆっさ揺れている。ゲットしたいなあ。さあ、ケーキ屋までの道すがらが勝負だ。数分しかない。ここは積極的に話しかけよう。「Nでケーキ買ったことある?」「はい、何回か」「どんなケーキがおいしいの?」「チョコレート系がすごくおいしいですよ。でも結構高いんで私はあんまり買えないですけど。買って帰られるんですか」「ううん。食べに行こかなって」「えっ、ー人でですか」「そう、ケーキ好きやねん。でも、さすがにちょっと恥ずかしいし、時間あったら一緒に入ってくれへん?よかったらケーキおごるし」「まあ、バイト終わって帰るだけなんで時間はあるんですけど…」「んじゃ、決まりや。ありがとう。助かるわ」こういう話は、ニコニコ笑いながらドンドン自分のペースで進めていくのがミソ。相手に「まあ、ええか」と思わせる程度の軽いノリを心がけるべきだ。
「今日は、めちゃラッキーやわ」
店内の喫茶スペースで、好きなケーキを前に彼女はうれしそうに言った。ラッキーなのは俺の方や。彼女は、ビジネス系の専門学校に通う19才のアヤ。彼氏と別れて半年で現在はフリー。学校が厳しいのであまりバイトができず、常に金欠状態なのだそうだ。
「食いしん坊なんで、お金あったら毎日田心いっきり食べまくりたいのにー」「何食べたいの」
「ケーキは今食べたから、次は焼肉か寿司かな」
「へー、じゃ、今度今日のお礼に寿司でもおごるよ」「やったー絶対ですよ。河内さんっていい人ですよねー」君には警戒心というものがないのか?君こそ人が良すぎるよ。携帯番号とメアドは交換したものの、できれば今日モノにしてしまいたいところだ。とりあえず車で家の近くまで送るよと車に乗せ、彼女の家方面に向かって走る。「俺、これから結構忙しくなるから、今日、寿司いっとけへん」「でも、今日ケーキお、こってもらったばっかりやし…」「ええやん。ちょうど帰る途中においしい寿司屋あるしご、ちょっと寄っていこうや」
例によって強引に誘うと、さっそく、今日はツレと食べて帰るからと母親にメールを入れるアヤ。とことん押しに弱そうだ。「なんか、デートしてるみたいですよね」「こんなオッサンでもええんかいな」「私、けっこう年上好みなんですよ。同い年の男は子供っぽくて嫌やし」
弱めで人のいい若いコはできるだけうまく聞き役にまわることが重要。うまく相槌をうって、気持ちよく話させてあげる。そして、肝心なところでは少々強引にこちらのペースに持っていくのだ。このまま寿司屋で盛り上がれは必ずヤレる。
アヤは非常に上機嫌でいい状態に仕上がていった。スキンシップもまずまず、エロトークにも乗ってくる。寿司屋を出た俺は迷わずラブホに車を向けた。
「えー、しちゃうんですか?今日会ったばっかりなのに」
「そう、しちゃうんです。せっかく会えたからね」「そっかあ。じゃ、しちゃおか」
ラブホに入りキスをしながら、彼女の服を脱がせた。その身体は19才の割にやや張りに欠けるが、相当なナイスバディ。乳房も服を通して見るよりも迫力満点だ。お互いに指や口で愛撫をしていると、頼みもしていないのにアヤが乳房を俺のペニスに押し付けてきた。ん?パイずりしてくれるの。ヒロコのそれとは違い、アヤは優しく柔らかい胸をこすりつけ。る。なんかくすぐったいけど妙に気持ちいい。その後睡液をたっぷりと絡ませた濃厚なフェラ。ジュポジュポと音をたててながら舌を絡ませる。うますぎるやん。お前、ほんまに19才か?唾液でたっぷり濡れたペニスに再び大きな胸を擦りつけてくるアヤ。唾ですべりがよくなったパイずりは、さっきとはまた違った気持ちよさだ。ソフトな素股って感じだろうか。しばらくウエットパイずりを楽しんだ後、女性上位で挿入。
俺の上でアヤが激しく腰を振る。ホテルに入るまでとはまるで別人の積極的な動きだ。腰の動きに合わせて、大きな乳房がユサユサ揺れている。もうタマラン。正常位に体位を変え、今度は俺の下で揺れる乳房を見ながら射精した。ヒロコはともかく、アヤのパイずりには新鮮な快感があった。
結局のところ、巨乳&パイずりよりも、2人のスケべっぷに興奮させられた。やっばりは、おっぱい星人のようだ。
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★