おっぱいのタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:おっぱい

  • 2020/06/30エッチ体験談

    写真撮影は顔を手で隠すことにしましょうかごめんイジワル言って。でもそういうこともあるから、モデルさんやってお小遣い増やすのも悪くないと思いますよ。何のモデルなんです?雑誌ですよ。何て雑誌です?裏モノJAPANっていう…。それ知ってる!なんだキミ、女性読者さん?違いますよ。カレシが前に読んでたから。そっち系か。じゃあ、写真撮影は顔を手で隠すことにしましょうか。いやいや、ちょっと待って。でもギャラは弾...

    記事を読む

  • 2020/06/21エッチ体験談

    出会い喫茶でお茶だけで稼ぐ回転嬢がおっパブで働いていたとある出会い喫茶の常連に、気になる女がいる。マサミ(仮名)、20代前半。押切もえを彷彿とさせる顔に、Eカップの巨乳ちゃん。金を払ってでもお手合わせしたいタイプだ。もちろん小部屋で交渉したことはある。こちらの条件はホ別のイチゴーだ。ところが、彼女は鼻で笑うかのように、ひらひらと手を振った。「ごめーん、私そういうのしてないから」「どうしても?」「お茶...

    記事を読む

  • 2020/06/08エロ漫画アダルトコミック

       1、104のお姉さんにセクハラ電話のエロ遊び「今月のエディターズ」で、新人の山野君が、気になる話を書いておりました。『番号案内104の姉ちゃんにヤラシイ言葉を言わせる方法を、裏モノ編集部が真面目に議論していた』というやつです。104のネエちゃんたちは、問い合わせのあった名前を必ず復唱してくれるので、卑猥な名前で問い合わせれば、セクハラプレイが楽しめるってことらしい。あれ、オモロイ...

    記事を読む

  • 2020/06/01裏情報

       歯の治療中の歯科衛生士の巨乳との触れあい歯の治療中の歯科衛生士の巨乳との触れあいなんとも素晴らしいですが、私の地元北海道では床屋、あかすりで同様の体験ができます。どちらもツウの間では評判です。日本中こんな店だったら、経済も活性化するでしょう。世界平和をもたらすかどうかはわかりませんが、客にとってはきれいになって気持ちよくなっての一石二鳥です。ただ友達には「あんまり興奮しないですね...

    記事を読む

  • 2020/05/20突撃リポート

    【概略・全文は上記記事をお読みください】おっぱいタッチや手コキまでなら普通の可愛い子が!さらにどこまでやってくれるのか検証おっぱいタッチや手コキくらいなら風俗じゃないと言う認識なのだろうか普通の可愛い子がやってくるという。出会い系では滅多にお目にかかれない援交慣れしてないピュアっ子にその後も小刻みにお小遣いをあげたらどこまでやってくれるのか検証しました。ある日の会話で、ずいぶんとお得な遊び方を教わ...

    記事を読む

  • 2020/05/19エロ漫画アダルトコミック

    授乳率が高いママ友会の店で若奥様の生のオッパイを堪能授乳ママさんのはち切れんばかりの胸を堪能できる場所俺の狙いはキッズコーナーの若ママさんだ本来のカップ数より1、2段サイズアップするためほとんど全員が巨乳なのだちなみに大抵のデパートやショッピングモールではベビーカーを無料貸し出しているこいつがあればキッズコーナーに長居しても不審に思われないまさに至れり尽くせりだ1女の子との出会いに期待してリゾート...

    記事を読む

  • 2020/02/15裏風俗・風俗体験談

    近ごろある派遣型リフレにハマっている在籍嬢はすべてEカップ以上という巨乳をウリにした店だ正直マッサージ技術はひどいものだしヌキだってないしかし…間近に巨乳を堪能できるこの幸せよさらにこんなコースを頼めばじゃお腹をマッサージしますねオマケに最近は逆リフレも可能に当分散財は続きそうだ...

    記事を読む

  • 2020/01/29素人の本物ヌード

    ちょっと一杯ひっかけていこうかと飲み屋に入ってカウンターに腰かけたら、すぐ横にこんな女が。たまにあるパターンですよね。チラチラ横目で見ながらのビールの美味いこと! でも向こうにはツレの男がいたりしてどうにもならないんすけどね。 これ、「おっぱいハート」とか言って、ツイッターの連中の間でブームなんですって。ヤツら、流行りもんに飛びついてるだけで、たいがい肉の部分しか見せないチキンなんですが、たまに乳...

    記事を読む

  • 2019/12/31素人エロ画像

    数々の女性の股間に顔をうすめてい るのは、すべて同じ1人の男性です。 このお方、とにかくクン二が大好物。クン二HPを立ち上げて一種のボランティア活動を行っています。うらやましい。いや、クン二だけってのもどうなんだろう。様々な意見はあるでしようがともかく目を奪われるのは女性たちの態度です。せっかくなめてくれてるのに、読書したり弁当を食ったりと完全に「ナメ」ま くってますね。でも考えてみりゃ、 男もフェ...

    記事を読む

  • 2019/12/28エッチ体験談

    今回は久々に自ら仕掛けて大阪のスケべな女をゲット、ヒーヒーいわしてみせようか。むろん、単純にナンパしてヤルだけじゃ能がない。己に高いハードルを課してこそ、達成したときの悦びは大きい。さあどんな女にしようか。超美人限定女教師っていうのも興奮しそうだなあ。40才を過ぎたオッサンがナンパを成功させるには、街角でただ声をかける《ストリートナンパ》は適していない。それこそ俺が編み出した力ップル喫茶の取材を装う...

    記事を読む

SEXの経験人数の少ないお姉さんのエッチ体験談|美乳おっぱいエロ画像付き

1_20200107131942fe0.jpg2_202001071319446d1.jpg3_20200107131945709.jpg4_202001071319473f7.jpg0003_201901102031216b3_20191009045014920_2020012821240927f.jpg0004_2019011020312378b_201910090450161a0_20200128212411c01.jpg0005_20190110203124311_2019100904501927c_20200128212412974.jpg5_20200107131948a96.jpg6_20200107131950839.jpg8_202001071319532fa.jpg7_20200107131951f2c.jpg写真撮影は顔を手で隠すことにしましょうか
ごめんイジワル言って。でもそういうこともあるから、モデルさんやってお小遣い増やすのも悪くないと思いますよ。何のモデルなんです?雑誌ですよ。何て雑誌です?裏モノJAPANっていう…。それ知ってる!なんだキミ、女性読者さん?違いますよ。カレシが前に読んでたから。そっち系か。じゃあ、写真撮影は顔を手で隠すことにしましょうか。いやいや、ちょっと待って。でもギャラは弾むよ。ゴニョゴニョ―。
ん〜ん〜(考え中)。どう?やります!というわけでホテルへ。そのカレシはどんな人?15 才上のサラリーマンです。出会いはいつ?18才のとき。新宿で声かけられて。つまり、33 才のナンパ男にホイホイ着いてったと。でも、そのときはまだ処女だったし、すぐにはヤラせなかったですよ。そうなの?最初のデート10回くらいは、まだヤッちゃダメって思って。カレシは襲って来なかったんで、我慢してくれてたんだと思う。ごめんイジワル言って。でもそういうこともあるから、モデルさんやってお小遣い増やすのも悪くないと思いますよ。何のモデルなんです?雑誌でよ。何て雑誌です?裏モノJAPANっていう…。それ知ってる!なんだキミ、女性読者さん?違いますよ。カレシが前に読んでたから。そっち系か。じゃあ、写真撮影は顔を手で隠すことにしましょうか。いやいや、ちょっと待って。でもギャラは弾むよ。ゴニョゴニョ―。ん〜ん〜(考え中)。どう?やります!というわけでホテルへ。そのカレシはどんな人?15 才上のサラリーマンです。出会いはいつ?18才のとき。新宿で声かけられて。
つまり、33 才のナンパ男にホイホイ着いていったと。
でも、そのときはまだ処女だったし、すぐにはヤラせなかったですよ。
そうなの?最初のデート10回くらいは、まだヤッちゃダメって思ってて。カレシは襲って来なかったんで、我慢してくれてたんだと思う。ごめんイジワル言って。でもそういうこともあるから、モデルさんやってお小遣い増やのも悪くないと思いますよ。何のモデルなんです?雑誌ですよ。何て雑誌です?
裏モノJAPANっていう…。
それ知ってる!なんだキミ、女性読者さん?違いますよ。カレシが前に読んでたから。そっち系か。じゃあ、写真撮影は顔を手で隠すことにしましょうか。
いやいや、ちょっと待って。でもギャラは弾むよ。ゴニョゴニョ―。ん〜ん〜(考え中)。どう?やります!というわけでホテルへ。そのカレシはどんな人?15 才上のサラリーマンです。
出会いはいつ?18才のとき。新宿で声かけられて。つまり、33 才のナンパ男にホイホイ着いていったと。でも、そのときはまだ処女だったし、すぐにはヤラせなかったですよ。そうなの?
最初のデート10回くらいは、まだヤッちゃダメって思ってて。カレシは襲って来なかったんで、我慢してくれてたんだと思う。ごめんイジワル言って。でもそういうこともあるから、モデルさんやってお小遣い増やすのも悪くないと思いますよ。何のモデルなんです?雑誌ですよ。何て雑誌です?裏モノJAPANっていう…。それ知ってる!なんだキミ、女性読者さん?
違いますよ。カレシが前に読んでたから。そっち系か。じゃあ、写真撮影は顔を手で隠すことにしましょうか。いやいや、ちょっと待って。でもギャラは弾むよ。ゴニョゴニョ―。ん〜ん〜(考え中)。どう?やります!というわけでホテルへ。そのカレシはどんな人?15 才上のサラリーマンです。出会いはいつ?18才のとき。新宿で声かけられて。つまり、33 才のナンパ男にホイホイ着いていったと。でも、そのときはまだ処女だったし、すぐにはヤラせなかったですよ。そうなの?
最初のデート10ゃダメって思ってて。カレシは襲って来なかったんで、我慢してくれてたんだと思う。じらして楽しんでた自覚あるでしょ?それもちょっとはあるかも。だけど、毎回、私もデートから家に帰ってくると、すごい濡れてたんですよ。青い果実は、本当はチョー熟れ熟れだったわけね。で、初エッチはどんな感じだったの?アソコを指でぐにょぐにょしたり舐められたりした後、そろそろ入れられるのかなぁって不安にしてたら、カレシが「ゼッタイ痛くしないから、その代わりに一つだけ言うこと聞いてくれない?」って。ほー。まあいいかってOKしたら、鞄からビデ
オカメラが出てきてハメ撮りされました。違う意味で痛すぎじゃん!でも、アソコは全く痛くなかったですよ。あとでカレシに聞いたら、フニャチン状態で入れて、中で少しづつ大きくさせる
と痛くないんだって。すごい裏ワザ持ってますね!ドヤ顔でしたよ。
その彼氏と、今はどんなセックスをしてるの?セックスレス気味ですよ。こんなナイスバディがほっとかれてるんだ?ほっとかれてるというか、カレシに言われました。「お前風俗やれ」って。えぇぇぇぇ!?
「そしたらオレは、ジェラシーでお前とエッチしたくなるから」って。ひどいねぇ。
フリーターと女子大生を全裸で手ぶらおっぱいさせてエッチ体験人数聞いてみた
今日は誰と来たの?
いっぱい。友達とかと。
ほっといて平気?
どうせ朝まで騒いでるし。
とりあえず、初体験から教えてください。
15才。中3。
お相手は?
年上の人。たぶん大学生だった気がする。
あ〜、違う。親の会社手伝ってるって言ってたから
20何才かな。あんま覚えてないよ。
付き合ってたんじゃないの?
いまいちよくわかんない(笑)。
なんでよ。
わかんないんだもん。友達の紹介で知り合ったんだけど。この人どう?って。
即日エッチしたの?
何回かみんなと遊んで、その後。
どうだった?
えー…。
どうしたの?
だって恥ずかしいじゃん。覚えてないし。
答えてください。感想は?
ふーんって感じ…。そんなしてないし。多分。
多分?
だってホントに覚えてないんだもん。なんかね、昔から物忘れが激しいの。
その次の男は覚えてる?
うーんとね女子高入って…バイト先の居酒屋で大学生の人だった。確か22才。それは覚えてるかな。
自分から?
うん、なんとなく。電話で付き合ってくれませんかって。
すぐエッチした?
しないよ。その人とは一度もしなかった。
チューまで。…3ヵ月で終わったし。
短いね。今までで一番長いのはどれくらい?
8ヵ月。すぐ飽きちゃうの。ていうか、なんか面倒くさくなってくる。それ先月別れた彼だよ。
今まで付き合った男って、全部で何人ぐらい?
ちょびっとのヤツも?
そう、全部。
1、2、3、…えーとね、覚えてる限りでは7人。多分ね。
じゃエッチした人数は?
えー?
20…人(笑)。
差が大きいね。
ハジケちゃった時期もあるんだよ。高校の時かなきっと。
ナンパに付いていったことは?
たまーにはあったかな。その時すっごい暇で、ナンパしてきた人がカッコよかったら、とりあえずお話みたいな。ゴハン食べさしてって感じで。
ホテル行くわけね。
の時もあった、かな。
何回ぐらい?
数回…フフ。
ホントはもっと体験人数多いんじゃない?
そんなことないよー、ないない(笑)。
エッチは好きですか?
嫌い…じゃないけど、今はしたくないの。
性欲がない。
なんでだろ?
なんか疲れた。あのね…なんだろう。先月に、別れた彼氏に、ヤダって言ったのに、なんかむりやりヤラれてー…。さらに嫌いになったかな、みたいな…。
そういうことか。
久しぶりに会ったのに、やることはそれしかないんですかって。
新しい彼氏欲しくない?
もういらない。なんか面倒くさい。
そっか。無茶なプレイとかしたことないの?
ないかなあ。車の中でしたぐらい。
アナルファックとかは?
お尻は…指だけ入れられたことある。ちょっと痛かった。
相手は誰?
誰だっけ…。覚えてない。
ホントに記憶ヤバイね。
SEX経験人数一人だけの美尻のお姉さんのエッチ体験談
他の人としたことないから比べられないんですけど、いい方だと思いますよ。独りよがりの感じで明け方に公園の女子トイレでしたことがありますょ(苦。
虫がいるんですけど、ドキドキして楽しかったです。
彼は普通のが好きですね。正常位私も正常位が好きですね。お互い顔を見ながらするのが〈苦。

おっぱいの綺麗なセクキャバ嬢・おっぱぶ嬢のエッチ体験談

1_20200128173404635.jpg2_20200128173406f20.jpg3_2020012817340768f.jpg4_20200128173409b93.jpg5_202001281734107b7.jpg6_20200128173412935.jpg出会い喫茶でお茶だけで稼ぐ回転嬢がおっパブで働いていた

とある出会い喫茶の常連に、気になる女がいる。マサミ(仮名)、20代前半。押切もえを彷彿とさせる顔に、Eカップの巨乳ちゃん。金を払ってでもお手合わせしたいタイプだ。もちろん小部屋で交渉したことはある。こちらの条件はホ別のイチゴーだ。ところが、彼女は鼻で笑うかのように、ひらひらと手を振った。
「ごめーん、私そういうのしてないから」「どうしても?」「お茶だけで5千円とかならいいんだけど」そう、彼女は身体は売らず、お茶だけで稼ぐ回転嬢なのだ。3カ月前の夕方、例によってその店に行くと、マジックミラーの向こうにマサミの姿があった。相変わらずカワイイのー。モンモンとしていたそのとき、気になることが起きた。彼女がマジックミラーの真ん前に置かれたパソコンを触り出したのだ。実はこの店、フロアの作りの関係で、男性側から女のパソコン画面が丸見えになる場所がある。ちょうど背後から覗き込むカタチになるのだ。興味をそそられ、ひょいとたぶん電話番号の下8ケタなんだろな。数字の修正を繰り返してログインに成功してから、オレのネットストーキングが始ま画面を見てみる。(フェイスブックじゃん)フェイスブックに入るには、メールアドレスと暗証番号を打ち込まねばならない。これをゲットできれば、ページ内の彼女の個人情報が漁り放題である。中には人には知られたくないプライベートなことも…え、えらいこっちゃ!慌ててパソコン画面に目をこらす。メールアドレスは…ふむふむ、はいはい。なるほど、これが本名なのね。続いて暗証番号は…ダメだ。●(黒丸)で伏せられていてわからない。くそー。と思ったら、マサミ嬢、フェイスブックをすぐに終え、次にミクシィのログイン画面を開いた。
今度こそとばかり、必死で目をこらす。アドレスはさっきと同じだ。暗証番号はキーボードの指を追え。二つほど怪しい箇所はあったが、8ケタの暗証はほぼ判明した。数字ばかりだから、たぶん電話番号の下8ケタなんだろな。数字の修正を繰り返してログインに成功してから、オレのネットストーキングが始まった。彼女がログインしてなさそうな深夜の時間を見計らって、ミクシィに入り込むのだ。本名や学校がわかるどころか、友達とのメールのやりとりまで丸見え。合コンなんぞもさんざんやってるようだ。でも、このストーキング、思ったより楽しくはない。さほどたいしたことはメールしていないのだ。親友との本当にいかがわしいやりとりは、ケータイを使うのだろう。
そんなある日、彼女が女友達にあてたメールが見つかった。
︿今のお店辞めて▲▲ってとこ行こうと思ってんだよね﹀
彼女が大学生ながらキャバクラで働いていることは知っていた。店を移る相談か。ふーん、▲▲ね。今度、遊びに行ってやろうかな。とネット検索したところ、その店、なんとおっパブじゃねーか。マジかよ!
「私、そうゆうのしてないから」とホザいてたけど、おっぱいは揉ますんだ。お茶だけとか言ってたけど、モミモミされちゃうんだ。数日後、▲▲の指名写真の中にマサミの顔は確かにあった。源氏名、マサミ。使い回してやがる。ピンサロのようなフロアには、店内には爆音のユーロビートが流れている。緊張しつつ、ボックスシートに腰を下ろした途端、「こんにちわ〜」
店員に連れられ、彼女がやってきた。サテンの下着姿だ。エロイ。実にエロイ。
「お客さん、今日はお仕事帰りですかあ?」
「ははは、まあね」
彼女、オレのことなど覚えてないらしい。でも、オレはキミのことを覚えてるんだよ。本名や大学まで知ってんだよ。彼女がオレの膝の上に抱っこちゃんスタイルでまたがった。
「指は入れちゃヤダだからね」
目の前にカタチの良いオッパイが。Dカップはあるか。揉めば、張りもバッチリだ。

※この記事はフィクションです。読み物としてお読みください。

セクキャバ嬢のエッチ体験談││ こんにちは。マンガ喫茶でなにしてたの?
みさき ふつーにマンガ読んでただけですけど。
││ 暇つぶし?
みさき ヒマじゃないけど、ちょっと読みたい本があったから。
││ ワンピース?
それともジョジョ?
みさき たぶん、知らないよ。『天は赤い河のほとり』ってヤツ。
││ また古いマンガだねえ。なんでそんなの読みたくなったの?
みさき 先月友達の部屋に転がり込んだんだけど、2巻だけあって。なんとなく読んでみたらめっちゃ面白くって。
││ はいはい。
みさき で、続きはどこにあるのー!?って聞いたら、それしかないよって言われて、もやもやしてマンキツに来ちゃった。
││ 要するに、家出して友達んとこ転がり込んでるわけね。
みさき そう。
││ じゃあお金にも困ってるでしょ。キミ、けっこうカワイイ顔してるしいい仕事あるよ。って言ったら、意味わかる?
みさき わかるけど、なんのスカウトなんですか?
││ スカウトじゃないよ。カメラマンだよ。顔隠すから、モデルさんをやってくれないかと。みさき 私、店に勤めてるけどいいの?
││ 何の店?
みさき セクキャバ。
││ セクキャバなら、雑誌見てお店に行く人が増えるかもよ。
みさき ホントに? てか、いくらくれるの?
││ ギャラは……(彼女に金額を耳打ち)
みさき お願いしま〜す。
 付近のホテルへ移動………
││ いま彼氏いるの?みさき いません。以前はバチバチ殴ってくるDVの彼氏がいたんだけど、さすがにしんどくなって、最近、東京に逃げてきたんです。
││ 元はどこにいたの?
みさき 大阪です。
││ そのわりには全然大阪弁が出ないじゃない。
みさき 大阪弁、嫌いなんです。せっかく東京に逃げてきたのに、駅のホームで後ろにいる人が大阪弁でしゃべってると、「あいつか! 殺される!」って脅えてしまうんです。
││ そんなにひどいDVだったの?
みさき ですね。例えば、私が携帯いじってたら「なんや? 男にメール打ちまくっとるんか?」って。私、そんなに浮気性じゃないし、「違うよ友達〜」って軽くかわそうとするといきなりぶん殴って携帯を取り上げるんです。
││ はいはい。みさき それから体とかをボコボコに殴られて。こっちが死にそうになったら、「ごめんな」とか泣いて謝りながら、エッチしてくるんです。アメとムチっていうか。それが本当にイヤでイヤで…。
││ DVの男はセックスがマメだって言うもんねえ。
みさき そういう言い方、めっちゃ腹立ちますよ。
││ あ、気に障った?
みさき でもね、チンコの使い方だけは絶品なんです。だから私もつい気持ちよくなっちゃって。エッチが終わって我に返ったときに、「こんなんじゃあかん」って心に思ってました。
││ どっちもどっちだねえ。じゃあ、初めてのセックスはどんな感じ?
みさき 高校2年生のときに、相手は大学生。あんまりよく覚えてないけど、びっくりするくらい普通でしたよ。ちょっと痛かったくらい。
││ なるほど。
みさき ただ、その後、いろいろな男と付き合ったんだけど、基本的にみんなDVなんです。私は悪くないのにいつも殴られる。だから東京に逃げてきたの。
││ 東京でも殴るヤツは殴るけどね。ま、早く素敵な彼氏を見つけてくださいね。
恵比寿で見つけた綺麗なお姉さんのエッチ体験談
またまたーいや、本当ですよ。今もバイト掛け持ちしてるし、彼氏もいないから、何にもしてない。去年ー年間で10回くらいしかやってないです。そんなもんですよ。
バイトは何やってるの
コンビニと居酒屋。掛け持ちしてるから本当に寝る時間もないくらいの時が結構ある
ホスト?
ホストは行ったことないですね。バイトだからそんなに余裕あるわけじゃないし、一人暮らしだから家賃もあるし電話代も高いしね。あとは飲んだり。買い物でほとんど余ったお金使ってるかも。ワーキングブアな感じがいいね。
じゃあホテルに行こうか。
最後にセックスしたのはいつ
10日くらい前かな。同じコンビニのバイト先の29才の人。その人の家まで行ったからついでにセックスLました。いい話だ。その男とはどんな成り行きでやったのフ私が、電話代がなくて止められそうって話をしてたら「じゃあ払おうか?」って言われて、その後部屋に上がった感じ。
その男には前から狙われてたのっ
そういう雰囲気はなかったけど、成り行きでそうなっちゃった。私も電話代払ってくれたから、別にいいかなって思って。居酒屋でこ飯食べてその後、家に誘われたかり断るのも悪いなって思って。。エッチが終わったらさらにー万円お小遣いくれた。
その男とはそれからやってないの
何にもやってないです。バイト先で会っても何も無かったみたいに話してくるし、私も、あれは何だったんだろうって思ってるんですけど。
本当に何事も無かったみたいに自然に。私も電話代もらってー万円もらったからあんまり追求できなくて。中元全に割り切りだね。そいっ、援交のベテランだよ。割り切りですよね。もしかして、普段もそんなことやってるのかな?初体験は?
18才くらい。相手はそのとき好きで付き合ってた同級生の男の子だった。うん普通の話だねえ秋くらいだったんだけど、一緒に遊んでたら、家の近くにあった中学校か小学校の校庭で、なんとなくそんな雰囲気になっちゃって。そこでしちゃった。
と、初体験が青姦(笑)。
校庭のどの辺でやったの
校庭の隅っこの方。隅の方に手を引かれてつれていかれて、「どうするんだろう。このままセックスするのかな」って思ってたら当たり前のように入れられたよ。
場合によるかな付き合ってるときはいつも結婚してもいいくらい思って付き合ってるから、そういうときだったら流れで生でしちゃうけど。そこだけ聞いてると普通なんですけどね。ちょっと変な女だね私普通ですよちゃんと働いてるし、家賃も払ってるし。
男運がないんじゃないっ男運っていうょり、全体運が悪いかも。去年は本当にいいことなかったょー。身体壊しそうになるし、彼氏も出来ないし、急な出費が続いたりして、もう散々だった。
ストッキング越のハンツはピンク(写
ピンクとか白系が好きなんですよ
セクキャバでぼったくられた話

同僚と2人で新宿歌舞伎町をフラフラ歩いていたところ、客引きに声をかけられた。
「セクキャバなんですけど、女の子2人ついて飲み放題で1人1時間7千円です」
これにノコノコついていったのが間違いだった。真っ暗な店内で酒を飲んでいても、いつまでも女がやってこないのだ。店員に催促しても状況は変わらない。しかたないのでビールを何杯か飲んできっかり1時間で店を出ようとしたところ、ボーイから悪魔の言葉が。
「お会計3万2千円です」「え?7千円飲み放題って聞いたけど」
「生ビールとお通しは別料金です。ほら」
…ぼったくりじゃん。たしかに手渡されたメニュー表には小さい文字で『ビールは別料金』と記載されてるけど、そもそもそんなの見せられてないし!そんなのムリと突っぱねたところで、坊主頭で身長180越えの兄さんが現れた。怖っ…。
それでもなんとか支払いを拒否して「交番に行きましょう」
と店外へ。我々2人と坊主男で交番に向かったところ、警察官は呆れたような顔をした。「またオタクか。ちょっと待ってて」
この坊主男の店はぼったくり常習店として認知されてるようだ。坊主店員を交番の外に残し、同僚と俺の2人はパトカーに。  警察署に到着し、店内での様子を聞かれたところで、もう帰ってよしとなった。
「お金まったく払ってないんですけど」
「いいの。ウチでは今こういう対応してるから」
なんでも昨年頭から歌舞伎町で同様のぼったくり被害が横行したため、規制を強めた新宿署では、今はこの対応をとっているらしい。とりあえず良かった。結果タダ飲みできちゃったし。そんなことも忘れていた今年の1月。件の同僚と飲み屋を探すべく新橋を歩いていたら客引きに声をかけられた。
「素人いちゃキャバでして、1時間8千円飲み放題です。女の子はたくさん出勤してるんで」案内された店に入ったところで、すぐに女性が2人オレたちの間に腰かけた。  …あれ、外人? 「もっとオッパイサワッテ〜」
「チクビなめてもイイヨ」
中国人か韓国人か。まるでアジアンパブみたいな雰囲気だ。とにかく酒を飲みつつモミモミ。1時間が経つ前にお会計をお願いしたら、ボーイから驚愕の金額が宣告された。「3万8千円となります」
この瞬間、歌舞伎町での一件が頭によぎった。またぼったくられてるじゃん…。
払わないと告げたら案の定、殺し屋みたいな目をした大男の登場だ。新宿では交番に行けば客と店員を引き離してくれたわけだし、今回もそれを期待するしか道はない。
「交番行きましょう」
店員はニヤニヤしながら「いいけどきっちり払ってもらうからね」と凄んでいる。うー。西口の駅前交番に到着。警察官は思わぬ一言を口にした。
「あー、そういうのは当人同士で話し合ってもらうしかないんだよねえ」
な、なんだってー!!そんなのが通じる相手じゃないっての!コワモテ男が余裕しゃくしゃくだったのは、こうなるのがわかってたからなのか。警察も適当なモンだ。新宿では助けてくれたのに新橋ではダメだなんて。
「おまわりさんも当人同士でって言ってたでしょ?ウチはやましいことないから引き下がらないよ」
オレは思わず交番内に向かって大きな声を出していた。
「新宿の交番では当事者を引き離して話を聞いてくれたぞ!なんでココではそれをやってくれないんだ!オカシイじゃないか!」
すると警察官が焦った様子で飛び出してきた。
「ねえ、大きな声ださないでよ」
「だってオカシイでしょ!警察署の管轄によって対応が違うなんて!」 
続けて2人、3人と警察官が集まってきて、コワモテをその場に残したまま、オレとツレはパトカーに乗せられた。 車内で警察官がオレたちの証言をメモし、パトカーは新橋駅の日比谷口前で停まった。おまわりさんが頭を掻きながら口を開く。
「実はね、前に新宿でやってたぼったくりグループがいま新橋に大挙してるんですよ」
「そうなんですか」
「今日はもう帰ってください。危ないから寄り道せずに電車に乗ってね」 
ふぅ、セーフ!

【アダルト漫画】受付嬢デパートガールのお姉さんに卑猥な言葉を言わせるエロ遊び|セクハラあの手この手

0067_20181109185553d97_20190825205505f37.jpg0068_20181109185554066_201908252055062cf.jpg0069_20181109185555ef9_20190825205508c91.jpg0070_201811091855574ba_20190825205509aea.jpg0071_20181109185558246_20190825205511621.jpg0072_20181109185600aea_20190825205512a5a.jpg0073_20181109185601a99_20190825205514e97.jpg0074_201811091856030e9_20190825205516521.jpg0075_201811091856049a5_2019082520551797b.jpg0076_201811091856069e6_2019082520551926d.jpg0077_20181109185607017_201908252055202e2.jpg0071_20180821214308b87.jpg 0072_20180821214309c75.jpg 0073_20180821214310bcc.jpg 0074_201808212143127b5.jpg
00076.jpg00077.jpg00074.jpg00075.jpg00080.jpg00081.jpg00078.jpg00079.jpg00060.jpg00061.jpg
1、104のお姉さんにセクハラ電話のエロ遊び
SnapCrab_NoName_2020-1-16_10-8-3_No-00.png

「今月のエディターズ」で、新人の山野君が、気になる話を書いておりました。
『番号案内104の姉ちゃんにヤラシイ言葉を言わせる方法を、裏モノ編集部が真面目に議論していた』というやつです。
104のネエちゃんたちは、問い合わせのあった名前を必ず復唱してくれるので、卑猥な名前で問い合わせれば、セクハラプレイが楽しめるってことらしい。
あれ、オモロイいでんなあ。なるほど、そんなエロ遊びがあったんかと、思わず膝を打った次第です。 
しかも24時間、どこにおってもセクハラできるなんて、ナイスな遊びやないですか!さっそく色々と考えながら、
2週間ばかり試してみました。私の興奮エピソードを聞いてやってください。まずは最初に頭に浮かんだキーワード、「オメコさん」から試してみましょう。
「もしもし番号を知りたいんですわ。相手は大阪府、淀川区の…」
「大阪、淀川区…」 
電話の向こうでお姉ちゃんが復唱してくれます。カチャカチャと端末を叩く音も聞こえてきます。
「たぶん中国籍の方やと思うねんけど、王様の王に、オンナ、子供の子で、オーメコさん、やね」
「はい、お調べいたしますので少々おまちください」 
あれっ !?   なんで名前んとこだけ言わへんの?
確認のために復唱するんやないんかい!まあ…、さすがにオメコはストレートすぎたんかもしれへんな。 
よし、ほしたらお次は顔射でどうや。ガンシャなんて名前の人、外国人でもいなそうやけど、会社の名前ならアリやろ。
「もしもし、大阪西区の会社なんやけど、願うに会社の社でガンシャ、お願いします」
「はい、大阪府、西区の会社名で、ガンシャ、ですね。…お届けはないようです」よっしゃ〜い!確かにいま顔射って言いよったで〜!こんな真っ昼間から顔射だなんて、助平なチャンネエやなあ。よ〜し、この調子でどんどん参りましょか。
顔射と来たら、パイズリでしょう。これも人の名前じゃ無理があるので、会社名でいっときましょ。
「もしもし、大阪府住吉区の、パイズリコーポレーション、お願いします」
「大阪府、住吉区の、パイズリコーポレーション…、お届けは、ないようですね」
わはは! あるわけないやろ。しかしクソ真面目な声で、パイズリコーポレーションって。お姉さん、変態ですやん。このコーポレーション、応用が利くから便利やね。お次は我慢汁コーポレーションで行ってみよう。
「我慢汁コーポレーションでお調べしまたが、お届けはないようです」
うっわ〜我慢汁も言ってくれたで〜。やっぱりもう少し直球寄りで攻めてみたい。そうやな、クリトリスでいこか。これは裏モノ編集部でも言わせてたみたいやけど、イケるんやろか。リース会社ってことにすれば自然かな?
「もしもし、大阪港区のリース会社で、クリトリース、お願いします」
「大阪港区の、クリト、リース。クリト、リースでのお届けはございません」
微妙に「クリト」と「リース」の間にマが空いとったけど、きっちり2回も言いましたで〜。リース会社ならホンマにありそうやし、思わず口にしてしまったんやろね。興奮しますな〜。クリちゃんがいけるなら、大抵のもんは大丈夫やろ。もっと下品な感じで、センズリはどうや。
「もしもし、天王寺区の会社で、センズリ企画、お願い」
「はい…、お調べいたします」あれ、またまた復唱ナシや。やっぱりセンズリはストレート過ぎたんかな。もしや、下品なワードはハジかれるんかもしれん。
下品な感じなら「もっこりチンポ」でどうや。これは熟語やし、だいぶストレートやで。居酒屋もっこりチンポ村とかならありそうやろ。
「大阪府吹田市の飲食店なんやけど」
「はい。大阪府、吹田市…」
「居酒屋、もっこりチンポ村で」
「…そのようなお名前での登録はないです」
あれ、やっぱり言わんのや。ということはやで、逆を考えれば、彼女は言葉の意味を知ってるからこそ、あえて復唱しなかった、ということになりますな。センズリももっこりチンポも、頭に意味を浮かべたからこそ復唱を拒否したってことやね。 
なんや、こっちの方がむしろ興奮しますがな。

2、必ず手が触れるペットショップ
ワンちゃんを手渡すときは胸に必ず手が触れるペットショップではこんなリクエストを快く受け付けてくれるさすがにこれ以上のオイタはまずいが近ごろのブームを受けペットショップは急増している。イイ時代になりましたな〜
3、ネズミの国のぬいぐるみはセクハラにも寛大らしい
先日、ネズミの国でとんでもない光景を目撃しまして
ご存じかもしれないがネズミの国にいる小柄な着ぐるみの中身はすべて若い女性だ
わざと改札に引っかかって後ろの巨乳にぶつかるオッサン
道端でしゃがみこむ肩貸してオヤジの魂胆
4、アルコールを使ってセクハラしまくる
セクキャバって、女のコが膝の上に乗っかってくれるじゃないですか。股間をグリグリ押しつけるような感じで。そこでオレがやってるのが、この漫画の作戦です。アラームをセットした携帯電話がポケットの中でブルブルブル。女のコはビックリして、あっ、あん、いやん。ローターみたいで楽しいですよ。
セクキャバ嬢に生チンコを握らせたい。そんな願望を持つ私が編み出した技です。闘いてください。ます前提として、セクキャバでは客がバンツを脱ぐことは許されません。そんなことをしようものなら、店員がすっ飛んできてソク退場です。
しかし一方で、セクキャバ嬢自身は、客のチンコをナマで触ることに抵抗を感じない人種です。当然でしょう。自分の乳や、場合によっては股間まで客に触らせている彼女たちが、今さらチンコタッ
チごときに何をビビるというのか。ということは店員に見つからす、嬢に生チンコを触らせる方法さえあればいいわけです。
ノーバン状態で、ポケットに穴を開けたジャージスボンを履いてセクキャバに行くといラ発想は、こラして生まれました。隣についた嬢の手をポケットに導き入れ、「ちょいとモミモミしてよ」
これなら店員にも怒られないし、嬢も安心、俺もハッピーになれるといラ話です。
俺の趣味は、ビジネスホテルなどでおなじみ、マッサージサービスのおばちゃんとセックスすることだ。むろん建前上は健全なサービスを謳つているため、常にエロい展開に持つていくことはさすがに厳しいが、これから紹介するテクニックを実践すれば成功率6割ほどには持つていける。
●浴衣の下はノーバンで
基本中の基本だ。マッサージ中のチン見せは、いわばこちらがエロサービスに期待してることを知らせるサインである。これがなくちゃ始まるものも始まらない。
●マッサージ時間は長めに
これも基本事項だ。あらかじめ基本コースの倍の長さで予約して金を稼がせてやれば心証も良いし、こちらも余裕を持つて行動できる。
●マッサージの途中でケーキかビールをここからが本題。マッサージの途中で「もラ十分コリも取れたからケーキ(ビール)でもどラ?」と切り出し甘党にはケーキを、酒好きにはビールを勧めるのだ。仕事を中断し、くだけたコミュニケーションをとることでおばちゃんは心を許しはじめる。あとは太ももをさすり、にじり寄つていくまでだ。ちなみにフェラまではいけても、本番を拒む女が時々いるが、そんな時は5千円ほど握らせよラ。あつけなく落ちる。
居酒屋やバーでわびしい男2人飲み。おっ、すぐそばで女がコンビで飲んでるぞ。
そんなときは下手に声をかけるよりも、手紙作戦が有効だ。
『一緒に飲みませんか?』
でもこれだけじやまだ弱い。というか怖い。キモい。
ところがどっこい、メッセージの横に自分たちのヘタクソな似顔絵を付け加えるだけで、怖さがさっぱりなくなってしまうのだ。女たちが軽く笑えばすかさす
「これがあいつで、これが俺。似てない?」
と会話につなげよう。
昔、アルコールに目薬を垂らすと、飲んだ人間がたちまち泥酔するなんてウワサがあったが、今の目薬の成分ではそんなことは起きない。
現在、目薬に取って代わる液体は、咳止め用シロップのブロンだ。こいつを小さじ1杯分ほど酒に混ぜれば、反射神経の働きを抑制する成分とアルコールの相乗効果で、キョーレツな認J感をもたらすのだ。さっさと酔っ払ってしまいたいときに自己責任でどうぞ。
コンパで知り合った直後は何度かやりとりしたが、もラ長く連絡を取ってない一一。
そんな女に久しぶりにメールしたい場合、<ご無沙汰です。元気にしてますか?>なんて普通に送っても、返事が来る確率は極めて低い。下心感がハンパないし。では、どうするか?
正解は、ウソの転職報告だ。
〈久しぶりです。このたび00に転職しました。これからもよろしくです〉
連絡報告っぽいので不自然さは半減し、さらに00に有名企業を入れれば女の興味心も煽れる。経験上、食いつきはますますです。
新幹線に乗ったとき、女性客の隣の席に座るにはどうすればいいか。これって男なら誰もが考える問題では。自由席は基本、女の隣には座りにくい。他が空いてるのに、どうしてここへ? となる。私の作戦を教えよう。向かうは指定席である。2列席の通路側なんかはだいたい空いてるので、女の隣を見つけて、とりあえす座ってしまう。さもそこの券を持っている感じで。そして車掌が検札に来たときにキップを購入すれば問題ナッシングだ。
出会ったばかりの女のコをメシに誘ったときに使ラテクニックだ。
ポイントは、この段階までこちらの職業ははっきりと明かさないで、「商社関係」くらいにとどめておくこと。そしてお会計の際、あえてスタッフに領収証を頼む。
「宛名はどうされますか?」
「三井物産で」
ここで初めて一流企業を偽るのである。自分から積極的にハイステータスをアピールするのはやら
しいけれど、この流れならば自然に社名がバレてしまった形なので、やらしくないラえに、女はあっさり信じ込む。その後の食いつきがぐっと変わってきますよ。
知り合った女との連絡先交換は電話番号ではなく LINE の ID が主流になった。根っからのストーカー気質の私はここに思わぬ効用を見出した。女の LINEの ID を twitter で検索すると、けっこラな確率でひっかかるのである。こうなれば女の日常を覗き見し放題だ。なんせ twitter は日常をダラダラと蓄戒心なくダダ漏れするメデイアだ。どこで何を食った、今日は誰とカラオケに行っただのに加えて女の自画撮りもばんばんアップされる。
キャバクラ好きの私は、よくキャバ嬢の LINE の ID で検索をかけて彼女たちの日常を覗いている。女と LINE を交換したら、すぐにtwitter で検索。これで毎日のストーカーライフに新たな彩りが加わるだろう。 女がバカなのは、男がカラオケで唄ラ曲を、自分への気持ちを伝えてくれているメッセージと勘違いするところだ。こっちは知ってる曲をめっちゃテキトー選んでるだけなのに。みなさんも出会ったことはないだろラか。「こんなの歌われたらグッときちゃラよ」とか言ってる女を。なわけで、我々が知っておくべき曲は、クサい歌詞がオンバレードのラブソングだ。「00ちゃんに贈ります」とかなんとか付け加えればなおよろしいかと。
お見合いパーティで女性から
「何回目?」と聞かれた場合、「初めてです」と答えてしまラあなたの気持ち、十分わかる。私も昔はそうだった。
何回か参加していると答えると、いかにもモテない男っぽく思われそうなのに対し、「初めて」はナチュラルなカンジがして好印象を持ってもらえるという判断からだ。
しかし実はそれ、正解ではない。
「こラいラとこ、何回目なんですか?」
「2回目だよ、1年以上ぶりだけど」
「へぇ~」
「前来たときはカップルになって付き合ったんだけどね」
「ってことは別れちゃったんですね」
「うん、ちょっと前にフられちゃってね」
正解はこれ。自分が真面目な意識でパーティに参加していると思わせられるからだ。
具体的に付き合った期間を聞かれたら、「ちょうど一年くらい」と答えておこラ。真剣交際していたことを顕示できる。こういう下地をつくっておけば、いさホテルに連れ込もうとし て「まだ付き合ってないからダメ」とグダられた際、「じゃあ付き合おう」と答えたときの説得力がぐっと変わってくる。シンプルな発想から編み出したシンプルな手法だ。
·街コンは週末開催がほとんどなので、男性参加者はみな私服を着ている。
·男のスーツ姿に目のない女は世間にゴマンといる。
以上のことから、街コンでスーツを着ていけば、他の男たちより目立てるラえに女ウケも抜群ってわけだ。
街コンの費用は5千円,..7千円とけっこう萬い。確実に女をゲツトできる保証もないのに、そんな額を支払う気になどとてもなれないものだ。なので俺は、最近の街コンでよくある、希望者のみ参加の二次会から顔を出している。わすか2千円程度で済むからだ。
一次会の店舗はホームページなどで判明するので、終了時にその周辺をうろついてれば、二次会への案内をする主催者が見つかるものだ。わかりにくければ一次会参加者(いかにもな2人組)に尋ねてみてもいい。二次会に参加する女ってのは、一次会で満足できなかったからそこにいるわけで、必然的に出会いに対するモチベーションも高い。
主催者側はこのような途中参加を許してはいないが、二次会の受付では、街コン参加者の印であるリストバンドが不要(一次会終了時に捨ててる人が多い)なため、他の連中と一緒に紛れて入り込めば、ます見咎められることはない。
友人と、その彼女、そして自分。3人一緒くたで仲のいい間柄のバターンがときにある。ドラマにありがちな関係というか。その友人カップルが別れた直後、オレはいつも鬼になる。彼女をなぐさめるフリをしながらこう言うのだ。
「まあ、アイツもしょっちゅう浮気してたみたいだし、別れて良かったんじゃないの?」女は驚く。えっ、あいつ浮気してたんだ。別れたとはいえ、なんだか許せない。復讐心が燃え上がる。あいつが浮気してたなら私だって…。
厳密には彼女が今後誰とセックスしようが浮気にはならないのだが、女の思考とはそういう理詰めのもんじゃない。別れたあとで自暴自棄になることがイコール復讐になるのだ。
背中を押すために「実はオレ、00ちゃんのこと好きだったんだよね」ぐらいのことを言えば、彼女は意を決して股を開いてくれることとなる。
以前、裏モノで紹介されていた催眠術師のトリックを利用して、日々セクハラを楽しんでる者です。
ます飲み屋のオンナにこんな感じで話を持ちかけます。
「催眠術かけてあげるよ。両手をアーメンの形できゅっと握って、両方の人さし指をVの字に広げてごらん」そしてこう。
「指の間をジッと見つめて。だんだん両指が閉じていくよ。ほらほら、少しすつ指が動いていくよ」必す両指は閉じていきます。体の自然な反応で。
しかし女は催眠術だと信じ込むので、こうなればもうこちらの思うツボ。「次は腕を重くするよ」とか「眠くなるよ」とか、いかにもなことを言って、さりげなく胸や尻を触ってやるのです。

歯の治療中の歯科衛生士の巨乳との触れあい・おっぱいムギュ|エロネタ

0068_2018081619244334a.jpg0067_20180816192442a7f.jpg  0069_20180816192444975.jpgkk090.jpgkk091.jpg 0070_201808161924468ac.jpg歯の治療中の歯科衛生士の巨乳との触れあい
歯の治療中の歯科衛生士の巨乳との触れあいなんとも素晴らしいですが、私の地元北海道では床屋、あかすりで同様の体験ができます。どちらもツウの間では評判です。日本中こんな店だったら、経済も活性化するでしょう。世界平和をもたらすかどうかはわかりませんが、客にとってはきれいになって気持ちよくなっての一石二鳥です。ただ友達には「あんまり興奮しないですね」なんて言われちゃいました。うらやましいような、もったいないような、なんとも複雑な気持ちですが容姿にも当たりはずれがあるようです。デブとかブサイクとか好き勝手におっしゃいますが、美しくキレイでしたらみんなハマるでしょう。
歯科衛生士のおっぱいムギュの確率をUPさせるには?
歯石取りの楽しみといえば…コレだ
この素晴らしき恩恵を受けやすくする手法を2つ伝授しよう何と言っても
まずはこちら右利きの歯科衛生士は必ず患者の右側から施術をする(左利きならその逆)
左に顔を向ければ自然とこういう姿勢にならざるを得ないわけだ
美容院のシャンプーで顔におっぱいを押し付けてくれるのはどの子だ
美容院で確実にこういった至福を味わうには準備が必要だ
まずは近場の美容院ブログを片っ端からのぞきアシスタントのプロフや画像をチェックアシスタントとは主にシャンプーを専任する新人のことだ
大半の美容院はシャンプー係も指名可能だ
予約当日わざわざ彼女を指名した理由はその背の低さに他ならない
シャンプー台の高さが一定である以上小柄なコがシャンプーすると…必ずやヘブン状態が訪れる
店に行くフリをすれば呼び込みキャバ嬢のお触りOK
呼び込みのキャバ嬢は狙い目だ行く気があるフリを見せてから触ると本気で怒られることはまずない
あとは立ち去るのみ

援交慣れしてないピュアな普通の女子に格安でセンズリ鑑賞や手コキをさせる方法

1_20191004052558b34.jpg2_201910040525592b5.jpg3_2019100405260072c.jpg4_20191004052602dfb.jpg5_201910040526037df.jpg6_20181112024842f61_201910040526055c5.jpg7_2018111202484408a_20191004052607bd4.jpg8_20191004052608dff.jpg
55_20200520080135df8.jpg【概略・全文は上記記事をお読みください】
おっぱいタッチや手コキまでなら普通の可愛い子が!さらにどこまでやってくれるのか検証
おっぱいタッチや手コキくらいなら風俗じゃないと言う認識なのだろうか普通の可愛い子がやってくるという。出会い系では滅多にお目にかかれない援交慣れしてないピュアっ子にその後も小刻みにお小遣いをあげたらどこまでやってくれるのか検証しました。

ある日の会話で、ずいぶんとお得な遊び方を教わった。
手順はこうだ。
①出会い系で『千円で服の上から胸を触らせてくれる子』を募集する。
②最初は約束どおり服の上から触る。
③ナマ乳を目指して手を動かす。
④拒まれたら追加で500円を渡す。
以降も徐々に要求をエスカレートさせて、拒まれるたびに500円刻みで小遣いを渡せば、フェラ程度までなら3千円以内でなんとかなるというのだ。驚きだ。千円スタートだなんて格安だし、わずか500円単位で要求を通してしまうあたりも新鮮すぎる。今の女の子ってそこまで切羽詰まってるのか?
実際にやってみましょう。

早速、出会い系サイトのアダルト掲示板にメッセージを載せてみた。
『オッパイを服の上から揉ませてくれる人いませんか?都内ならどこでも行きます!カラオケボックスで5分だけ。お礼の中身はメールで伝えます!』
サイトに金額を載せるとメッセージを削除されてしまうので、詳細は後のメールのやり取りで伝えることにした。
メッセージを載せた直後、『いまから新宿でお願いします』とのメールをくれたのは、19才のあさみちゃんだ。
『ありがとうございます! お礼は千円でも大丈夫ですか?短い時間でいいのでお願いします』
さて、どうだ?『いいですよ、すぐおわるなら!』千円で了承する子がホントにいるなんて。
待ち合わせ場所には、グレーのワンピースにニット姿の女の子がいた。予想以上に可愛いくて若い。出会い系では滅多にお目にかかれないタイプだ。
「ずいぶん若く見えるけど、ホントに19 才?」
「19ですよ。色んな人に若く見られるんですよね」
「援交とかしたことあるの?」
「それはないです。ただ、ご飯食べるだけとかはあります」さすが19才。それだけでお小遣いがもらえるんだな。
カラオケボックスに入り、約束の千円を渡す。
「ありがとうございます。これで何か食べます」
では、おっぱいを揉ませていただきましょうか。
「胸、大きそうだね」
「そう、でもないですよ…」
「Dくらいかな?」
「そう…ですね」
自分の胸を押さえながら照れる仕草が可愛い。
「どうしたらいいですか?」
「じゃこっち向いて」
彼女は観念したように下を向き、手をおろした。
服の上からオッパイを揉む。うむ、ずっしりと重い。モミモミ…
モミモミモミ…。ゆっくりと揉みながら、乳首のあたりを少し指先でひっかいてみる。
「んはぁ…」声が漏れた。感じるみたいだ。
ブラごと摘んでみるか。
「はあっ…はぁ…」
息が荒くなってきたぞ。これは
チャンスでしょう。
「ねえ、ちょっと、見たいな」
「ええ? …どうすればいいですか?」
「肩のとこを、こうやって下ろせば、ほら…ブラもはずしてみて」
と言いながらワンピースとブラ紐をズリ下げると、彼女は自分でブラのホックをはずしてくれた。生オッパイの出現だ。
「すごい、けっこうデカイね」
「そう…ですか?」
ぷっくりした乳輪と小さめの乳首がおいしそうだ。
両手を優しく胸の上におく。うん、柔らかい。追加料金ナシでここまで行けましたよ。乳首に指先が触れた瞬間、彼女の体がビクッと震えた。
「気持ちいいの?」
「気持ちいい…」
あれ?なんかトロンとしてエロい顔になってる! これチャンスでしょう!
「ちょっと舐めさせて」
返事を待たずに乳首を口に含んでレロレロすると、喘ぎ声が一層大きくなった。もう片方の胸も揉みながら両方の乳首を交互に舐める。千円でここまでできればオッパブなんか不要だ。
ではもうすこし崩してみようか。
「興奮して勃っちゃった。ちょっと触ってみて」
「あ…ごめんなさい。これ以上はやらないって決めてるんです…」
「追加でお金払うよ。500円、いや千円でもいいし」
「ごめんなさい…」
ここまでキッパリ断られたらさすがに厳しいか。
2人目は添付写真付きのメールをくれたマミちゃんだ。
『池袋とかで会えませんか?』写真にはヤケに可愛いくて若い女の子が写っている。詐欺業者かもしれない。
『ありがとうございます!お礼ですが千円でも大丈夫ですか? 短い時間でいいのでなんとかお願いします』
『千円で大丈夫ですが、8時ぐらいになってしまいます』
千円でOKしてくれる業者なんているわけない。素人確定だ。 待ち合わせ場所に現れた女の子 は、ツインテールにワンピース姿の可愛らしい女の子だった。胸揉まれっ子はレベルが高いのか。 近くのカラオケにイン。さっそく揉ませてもらおう。
「じゃ、胸触ってもいいかな?」
「あ、どうぞ!」
体が細いわりに結構な巨乳ちゃんではないか。エロいぞ。では、モミモミ、モミモミモミ…。
揉んでる途中で彼女は携帯を持ちメールのチェックを始めた。なんかやる気ないな…。
「ねえ、直に触ってもいい?」
「うーん、いいけど…」
いいんだ。『服の上から』なんて約束は簡単に反故にできるんだな。ワンピースをズリ下げると、張りのある美乳が飛び出した。
モミモミ、モミモミモミ…。
「舐めてもいい?」
「あ、口はダメです。私、彼氏以外の人には絶対舐めさせません」
「ちょっとだけだから。じゃ500円追加で払うよ」
「ダメです。わたし体験人数元カレ1人だけなんですよ」
かたくなに拒否してるし、舐めるのは無理かも。
「じゃあさ、500円追加で手でやってもらえない?」
「え、うーん…。まあ、いいですよ」はい、1500円で手コキゲットです!
手コキはスコスコと実にそっけ ない触り方だったが、これも経験の少なさの表れかと思えば興奮度大だ。胸を揉ませてもらいながら、彼女の手に勢いよく発射!
細身体型と書かれたミナコという女性から『詳しく教えてもらえますか?』
とのメッセージが届いた。謝礼の金額を伝えてお願いすると、すぐに返信が。
『どんな場所で見ますか? 何時にどこで待ち合わせですか?』見るプレイだと勘違いしているようだ。こちらは揉みたいんですけど。
『見るというか、胸を触らせてほしいんですけど大丈夫ですか?どこでも向かいますよ』
『わかりました。では新宿でしたら6時頃には行けると思うので。また詳しい待ち合わせ場所が決まりましたら連絡してください』 丁寧なメールの文体から、落ち着いた雰囲気の三十路女性のイメージが頭に浮かぶ。育ちが良さそうに思えるのだがどうだろう。約束の時間キッカリに待ち合わせ場所に現れたのは、若かりしころの市毛良枝を彷彿とさせるちょっぴり地味目なお姉さんだ。ぜんぜん悪くない。物腰も柔らかくて、正座を崩さないあたり、育ちの良さがうかがえる。とても出会い系をやるような人には見えない。カラオケボックスへ移動しながら話を聞いてみよう。
「こういうこと、ほかにもやったことあるんですか?」
「2回ほど…」
「ほう、それはどんな内容でした?」 「あの…レンタルルームっていうところで…、裸を見たいって言われて…」
「見せただけですか?」
「あ、はい…。それ以上はちょっと無理なんで…」
それ以上は無理?まだ勘違いしてないか?
カラオケボックスが2ヶ所連続で満室だったので、彼女が知ってるレンタルルームに入った。
とりあえず一服タイムだ。
「ところで、どうして出会い系サイトなんて見るようになったんですか?」
「いや、あの、きっかけは暇なときに…お小遣いでもって思っただけなんですけど…、ほとんど私ができない内容ばっかりなので…」
「頑張ればできることってあります?」
「手だけなら…それが限度です…。ほんとに慣れてないので…すみま せん」
いやー、出会い系にもこんな人がいるんだな。
ではそろそろ胸を触らせていただこうか。約束の千円を渡し、ベッドの上に移動してもらう。
「触りますね」
「はい…」
セーフ。ここまでは納得済みだったみたいだ。
服の上からモミモミ開始。うん、 柔らかくてナイスな揉み心地だ。
「直接触ってもいいですか?」
「あ、はい、ちょっと汗ばんでるかも…」あっさり直揉みのOKが出た。
モジモジしながら背を向けサマーニットとキャミソールを脱ぐミナコさん。ブラの下に適度なムッチリ加減の胸がのぞく。たまらん。代の色気がムンムンだ。正座して服を畳む仕草もいいです。
ブラの中からちょうどいい大きさのオッパイが現れた。しばらくモジモジする様子を観察してから、
いざおっぱいタッチへ。モミモミ…モミモミモミ…。
とっても柔らかい。陥没乳首を勃起させるべく、ぷっくり膨らんだ乳輪を軽く摘んでみたが、なかなか顔を出してくれない。ここは舐めて勃たせるべきだろう。
「舐めていいですか?」
「え?ダメです…。触るだけって…」
「じゃ、追加で500円払いますよ」
「ちょっと、しつこいです…」ダメか。仕方ない。
「じゃ、あと千円払うんで手でしてもらえます?」
「あの…、前にしたときは5千円頂いたんですけど…」
5千円って。ルーム代も払ってるし、それは高すぎる。
「じゃ、自分でするので見ててくれますか?」
「はい…」
千円でナマ乳さわってオナ見せ。十分でしょう。
次にメールをくれたのが20代前半のまろんちゃんだ。
『興味あります。明日会えますか?』翌日の予約を入れてくるとは積極的だ。さっそく返信をする。
『メッセージありがとうございます! 明日で大丈夫です。お礼は千円でお願いできませんか? すぐ終わるのでなんとかお願いします…』
『すぐとは何分くらいですか?』
『 10 分15 分で大丈夫ですよ。すぐでしょ?』
『そうだね!揉むなら何処で?』
『揉むならカラオケで!』
『わかりました』
翌日、現れたまろんちゃんは、少々ガッチリ体型だが、学生風のごく普通の女の子といった雰囲気だった。
カラオケは満室だったので、近くの漫画喫茶に変更した。ペアシートに入り、一服したところでおっぱいタイムだ。
「じゃ、こっち向いて」
「はい」
まずは服の上からモミモミ、モミモミ…。
「直接触っていい?」
「いいですよ。どうすればいいですか?」
もはやナマ乳モミモミは無料でも突破できるハードルのようだ。
「じゃ、服をブラの上までまくってみて」
大きな胸が出てきた。指先で乳首を擦ると「ヒャヒャヒャ!」と 声を出すまろんちゃん。ちょっと、隣りに聞こえるから静かにしてく れよ。
「だって、くすぐったい!」
「これじゃ触れないじゃん。舐めさせてよ」
「え〜!」
隙をみて、一気に顔を近づけ口に含んだ。レロレロ、レロレロレロ〜。
「うふぅ〜! アハハハ! やっぱりくすぐったい!」
マン喫だけに、あまりうるさくされると困る。攻め手を変えてみよう。
「ねえ、あと500円払うから手でやってくんない?」
「え、あ、ここで?」「うん。大丈夫、ティッシュもあるし」
立ち膝状態でベルトを緩め、素早くチンコをだす。
「ほら、触ってみて」
彼女は実に素直にチンコをムニムニと触り、勃起したチンコを上手にシコりだした。1500円で手コキゲットです!「ちょっと先っぽ舐めてみて」
「いや、それはちょっと」
「あと千円払うよ」
「無理ですよ。信用してないわけじゃないですけど、病気とか怖いじゃないですか」
信用してないじゃん!
続いて届いたメッセージがこちら。
『こんばんは(*^^*) よかったらお会い出来ませんか?(*^^*) 』25才のまりもちゃんだ。
『メッセージありがとうございます!千円でお願い聞いてもらえませんか?すぐ終りますのでお願いします!』
『大丈夫ですよ(o^^o)』
あっさりOKがでた。彼女のリクエスト、池袋で待ち合わせすることに。
現れたのは、ルックス80点オーバーの、キャバ嬢っぽい女だった。
「なんか日本人離れした顔してるよね。ハーフなの?」
「あ、ペルーのクォーターなんですよ。お爺ちゃんがペルー出身なで」
「なるほど」
「でも初対面の人には沖縄っぽいって言われます」
彼女は2年ほど前に仕事を探しに地方から出てきたらしく、現在はエステのバイトで食いつないでいるそうな。
近くの漫画喫茶に入り、約束の千円を渡すと、「ありがとうございます!」と笑顔で受け取った。
「じゃ、早速だけど、揉ませてもらうね」
「あ、はい…」
「ちなみに何カップなの?」
「F…ですね」
まずは服の上から重さを確かめるように持ち上げてみる。重い。ズッシリと身が詰まっている。しばらく肉塊の弾力を楽しんだところで、服の上から乳首のあたりを指で挟んでみた。「アハッ…、あの、乳首弱いんで…」
「え? 弱いってどういうこと?」
さらに摘んでいくと、「ふははっ」 と笑いながらも体をくねらせる。
気持ちいいみたいだ。
「ちょっと見せてみて」
「え、恥ずかしいですよ」
「大丈夫だって」
ブラからこぼれ落ちそうなオッパイが現れた。
「どれどれ」
ゆっくりブラをズリ下げたとき、布が乳首に擦れたらしく「ふあっ!」 と声を上げて体をくねらせる。どうやらかなり乳首が敏感みたいだ。
「ねえ、乳首感じやすいの?」
「はい、すごい弱いんですよ…」 「なるほど」
と言いながら胸を揉みしだき、そのまま顔を近づけ乳首を口に含んだ。いかがだろう、このスムーズな流れ。
「ああっ…ああっ」
「興奮して勃っちゃったよ。ちょっと触ってみて」「え…」
「ちょっとだけでいいから」 返事を待たずに立ち膝になり、一瞬でズボンをズリ下げ勃起チンコを露出させる。

「もう少し、お金くれる?」
「いいよ。500円」
「え〜」
「じゃ千円」
「うーん…」
「ほら、触ってみて」 勃起チンコをつきだす。
「こう?」
はい、2千円で手コキいただきました〜!
「ああ〜ヤバイ…、すごい、気持ちいいよ…」
スコスコ手コキする彼女の乳首もクリクリしてやると、またもや体をくねらせて「はああん」と色っぽいため息が。
「ちょっとだけでいいから、舐めてみて」
「…」
パクッ…レロレロ…。フェラチオさん、頂きましたー!
と彼女がすぐに口を離して耳打ちしてきた。
「わたし、いつもすごい音たててするから、ちょっと緊張するー」
そっか。でもピチャピチャさせるとお隣さんから苦情きちゃうから気を付けてね。再び咥えてモグモグペロペロ。
なかなか筋がいいねキミ。
「フェラ好きなの?」「うん好きー。攻められるより、自分でする方が好き」
「じゃここでエッチしちゃおうか」
「え〜それはダメ」どさくさでいけるかと思ったが、 さすがに無理だった。
結局、10分以上立ち膝フェラを続けてもらい、お口の中に放出しましたとさ。
正直、今回の検証は、予想以上に高いコストパフォーマンスを叩き出してくれたと思う。
援交慣れしてないピュアっ子に、わずか2千円でフェラをしてもらえるなんて、もう激安ピンサロなんて行ってる場合じゃないですよ。

セックスのためにあるような柔らかい女体

クネクネと体がしなり、かなり抱き心地の良さそうな女優である。お願いは何でも聞く「言いなり」っぷりも自然で、すべての動作で女体の柔らかさが伝わってくる。男優のうるささが気になるが、そこは大目に見よう。

センズリ鑑賞の第一人者「岩井さん」の照れ

「岩井さん」の名前で出演するこの彼女、Gジャン姿のままセンズリ鑑賞するわけだが、その際の照れ方があまりにもリアルで、一時は、オナ見モノといえば岩井さんと言われるほど有名となった。しっかりフェラしてくれる点もポイントが高い。

【エロ漫画】ノーブラの胸チラママにミルクぱんぱんおっぱいお母さんお宝は街の中に

授乳ママ漫画授乳ママ漫画授乳ママ漫画授乳ママ漫画授乳ママ漫画授乳ママ漫画授乳ママ漫画授乳ママ漫画授乳ママ漫画授乳ママ漫画授乳ママ漫画授乳ママ漫画授乳ママ漫画授乳ママ漫画授乳ママ漫画授乳ママ漫画授乳ママ漫画授乳ママ漫画0083_2018091116504559d.jpgノーブラの胸チラノーブラの胸チラノーブラの胸チラノーブラの胸チラノーブラの胸チラノーブラの胸チラ
授乳率が高いママ友会の店で若奥様の生のオッパイを堪能
授乳ママさんのはち切れんばかりの胸を堪能できる場所
俺の狙いはキッズコーナーの若ママさんだ
本来のカップ数より1、2段サイズアップするためほとんど全員が巨乳なのだ
ちなみに大抵のデパートやショッピングモールではベビーカーを無料貸し出している
こいつがあればキッズコーナーに長居しても不審に思われないまさに至れり尽くせりだ
女の子との出会いに期待してリゾートバイトをするなら、ずばり、有馬グ●ンドホテルでしょう。
だってバイト寮が男女別じゃないんです。毎日のようにバイトメンバー同士で部屋飲みがあるので、酔った同僚の女子を自室に連れ込み放題。僕はここで彼女を作りましたし、イケイケの同僚はワンシーズンで数人の同僚を食ったと自慢してました。
2
いつも女性客で賑わっており、平日の昼間などはママ友の会合が頻繁で、授乳率がかなり高い。隠れて授乳しているママに「自然なことだから隠す必要なんてないやん」と突っ込みを入れているママ友を見たこともある。それだけ若奥様たちにとっては安心できるスポットということ。ただしいくら生のオッパイが好きだと言っても、ガン見してはいけません。さりげなく堪能しましょう。
3
西日本最大級のショッピングモールの屋上に、ちびっこ用の有料アスレチック施設がある。
休憩スペースも併設されているので、買い物に疲れたお母さんたちが休んでいると、子供がアスレチックをおねだりするという寸法だ。可愛いわが子のシャッターチャンスを窺い、カメラや携帯電話を構えるママたち。必死な彼女たちはジーンズからパンツが覗いていてもお構いなしだ。最大のチャンススポットは、換気ダクトにも似た金属製のトンネル出入り口。ホフク前進してくるママさんのブラチラか胸チラは間違いなくいただける。西宮という土地柄、派手なセレブママが多いのも嬉しい。
阪神尼崎駅西改札横の『アズナス尼崎店』というコンビニ前でレ●ちゃんと呼ばれる20代半ばの細身の巨乳女が立っている。一瞬待ち合わせのようにも見えるが、なんとなくエロだらしない雰囲気から援交目的なのはバレバレだ。「何してるの?」と気軽に声を掛ければ「別に何もしてへんよ、ヒマしてるねん」と微妙に誘いをかけてくる。が、ここで「遊びに行こう」と誘っても、そっけない態度を取られるだけ。「割り切りできる?」とダイレクトに切り出せば、コクンとうなずいてくれるはずだ。金額はホ別2万が基本で、プレイは基本的にマグロだが、ブラをとっても形があまり崩れない迫力のFカップ巨乳は一見の価値あり。
4
炎天下で行われる大規模フリーマーケットはお宝の宝庫です。とくにここのフリマは若いママやギャルの出品が多く、会場を歩いてるだけでも簡単に胸チラに遭遇できます。会場はとにかく熱いので、大量の汗でシャツが地肌に張り付き、下着も見え放題。たまに熱中症でダウンする女の子もいて救急車騒ぎになるのですが、すかさず近づくと、救急隊員がシャツを脱がせたりするので、タンクトップからこぼれ落ちそうな胸を拝めることもあります。
5
毎年7月下旬に行われるこの祭りは、俗に「びしょぬれ祭り」と言われ、かなり見応えがある。当日は、昼1時ごろ、お神輿が神社を出発し、1キロ先の海を目指して町内を練り歩く。その途中には、水の入ったバケツを大量に用意した地域住人が待ち構えており、担ぎ手がやってくると、バシャーンとやる。しかし一番の見どころは、お神輿が通りすぎた後である。用意したバケツを使い切れなかった住人たちが、そのまま捨てるのもしゃくだからか、周囲の人間に水をかけ始めるのだ。誰かれかまわずにバシャーンバシャーン。そこに女の子がいたら…言うまでもないだろう。今年の開催は7月31日である。例年通り、ブラやパンツが透け透けになる子が続出すると思いますよ。
6
水着女子はビーチで見るより、陸で見る方が断然エロいですよね。まるで露出プレイに遭遇したかのような気分になります。JR須磨駅は改札を出てから、わずか1分で海に飛び込めるほどビーチに隣接してるので、毎年この時期になると駅構内のコンビニが水着ギャルでごった返します。ビキニ姿のままアイスやら飲み物やらを買いに来るわけです。昔は女の子たちにも節度があって、水着の上にタオルを羽織ってたりしたものですが、最近はだらしない子が多くて、極小ビキニのまんまで堂々と店内を闊歩しています。まったくいい時代になったもんです。炎天下の中、わざわざ外に出なくても水着ギャルが見物できるんだから、これ以上の幸せはありませんね。

癒されたいオヤジに大ブームの新ライト風俗おっぱいリフレ

0066_20200215094546496.jpg
近ごろある派遣型リフレにハマっている
在籍嬢はすべてEカップ以上という巨乳をウリにした店だ
正直マッサージ技術はひどいものだしヌキだってない
しかし…間近に巨乳を堪能できるこの幸せよ
さらにこんなコースを頼めば
じゃお腹をマッサージしますね
オマケに最近は逆リフレも可能に
当分散財は続きそうだ

トランスジェンダーのタチの女の子にクンニレ〇プが初体験|エッチ体験談

0003_20190616103551581_2019100621560374f_202001281721010ea.jpg0004_20190616103552400_2019100621560639b_202001281721023db.jpg0005_20190616103553cd2_20191006215609f0b_20200128172104daa.jpgちょっと一杯ひっかけていこうかと飲み屋に入ってカウンターに腰かけたら、すぐ横にこんな女が。たまにあるパターンですよね。チラチラ横目で見ながらのビールの美味いこと! でも向こうにはツレの男がいたりしてどうにもならないんすけどね。 
これ、「おっぱいハート」とか言って、ツイッターの連中の間でブームなんですって。ヤツら、流行りもんに飛びついてるだけで、たいがい肉の部分しか見せないチキンなんですが、たまに乳輪をハミ出させてるのがいるので、まあ良しとしましょう。
キレイな乳輪のフリーターの素人娘インタビュー
あの、写真のモデルさんをやってもらえませんか。
そういうのはちょっと
レイヤーさんっぽい雰囲気出てますけど、ダメですか?
出てます?目元のお化粧ど、髪の毛がそんな感じします。
そうですかー。やってらっしゃるんですか?うーん、男装なのかなー。
執事さまですか?
そうそう、そんな感じの。
はー、おもしろい人ですね。ぜひ撮らせてほしいんですけビ、条件はごにょごにょ……(耳打ち)。どうですか?いいですよ。
というわけでホテルへえりささんが男装したどきの写真って持ってます?
ほら、こんな感じでイケメンですねーこれ、女子にモテそうですよ。ホントですかー。初恋の相手は女の子だったし、小さいころから男になうたかったんですよ。
あ、トランスシュンダーの人か。女の子と初めてエッチをしたのはいくつのときですか?中学3年かな。そのころの私はスポーツ少女で性に興味がなさすぎて、同級生のタチの女子によくわからないままャラれました。
どんなこどされたんですか?足を開かされてめっちゃされました。クリをなめるときは舌を平たくしてくれないど痛いのに、彼女は固く尖らせてつつくんですょ。痛くてイャだったんだけビ、この状況って感じてる声を出したほらがいいんだろうなーって演技してました。
めっちゃ興奮した。手マンしながらクリを吸ってたんですけど、自分のアソコもダラダラに濡れてて、膝まで垂れちゃって。いやーもうね……うふふ。ご馳走様ですねー。
男性体験はどうなんですか?もしかしてゼロ
15才のとき、夜道をふらふら歩いてたら車の人に声をかけられて、ラブホテルに連れ込まれてやられまして相手が脱ぎ始めたのを見て、
ああ……そういうことするんだろうきみたいな。嫌がるっていうようも、もう別にいいよみたいな感じ。チンコがデカすぎてマジ激痛でした。犯罪の臭いがすごいなー。マトモな男性体験はないの?16才のころに、家出したんだけど、街中で知う合った32才ぐらいの人の家で、しぱらく性奴隷状態になってましたさらにひどそうなお話しですね。家に住まわせてやる代わうにャラせろって言われて、すごくィャだったけど、居場所どご飯を確保するためにはしょうがないかど思ってSEXしてた。毎日ヤリたくないのに朝起きたら即入れられる。濡れてないのに痛いし、ツライし、ずっと声を殺してポロポロ泣きながらヤラれてましたその生活は終わったの?
その男がメシ食わせてくれなくなったから。具なしの味噌汁飲まされるようになって、ここにいる意味ないなって。
えりささんは、女が好きっていうか、男が嫌いなんでしょうね。
そうなんですかね。

ガラスにおされたつぶれた乳房・全裸の寝姿に大興奮|エロ画像

0010_201805311715255b3_20190815180438729.jpg0011_201805311715270b2_201908151804406b8.jpg0014_20180531171531ea7_20190815180441562.jpg0015_2018053117153340b_20190815180443a36.jpg0008_20180531171523331_2019081518043589b.jpg0009_20180531171524acf_20190815180437d09.jpg01280_20191231153954731.jpg01290_2019123115395563e.jpg01300_20191231153957777.jpg
数々の女性の股間に顔をうすめてい るのは、すべて同じ1人の男性です。 
このお方、とにかくクン二が大好物。
クン二HPを立ち上げて一種のボランティア活動を行っています。うらやましい。いや、クン二だけってのもどうなんだろう。様々な意見はあるでしようがともかく目を奪われるのは女性たちの態度です。せっかくなめてくれてるのに、読書したり弁当を食ったりと完全に「ナメ」ま くってますね。でも考えてみりゃ、 男もフェラさせながらテレビ見たりしますもんね。さすがに弁当は食わないけど。以上女性の身勝手な欲望が見事なまでに現れた写真でした。
寝姿をデジカメで隠し撮りモニターを見ながらペニスをしこく。
ボクが実の母に抱いた歪んだ愛情
先月号のルポ「20年間隣の奥さんを盗撮し続けた私」を読み、いたく感動しました。20年という気の遠くなるような年月。その問、休むことなくビデオを回し続けた根気。彼女を心から愛してなければできない芸当です。恥ずかしながらこのボクも、3年ほど前かりー人の女性を毎日欠かさず隠し撮りしております。ー人の女性。それはボクの母(37才)のことです。
押入れから出て来た1本のハメ撮りビデオ
今を遡ること3年前、母の留守中、押し入れの奥に挨まみれのビデオテープを見つけたことが始まりでした。軽い気持ちで再生したところ、画面に映し出されたのは女性の下半身。スラッと白い脚が布団の上に膝で立ち、丸見えの女性器の鼻先で、黒いバイブがおいております。なぜ押し入れにこんなビデオがっそのことを疑問に思うより興奮が先に立ちました。当時はヤリたい盛り。どぎつい画面を見ながらペニスをしこけば、もののー分も持ちませんでした。しばし、冷静を取り戻したのも束の間。またすぐに大きくなってきます。そこでもう一発ヌこうと右手でペニスを握った瞬間、信じられない映像が画面に映し出されました。母です。若き日の母が上唇を舌なめずりしながら、バイブの先端にキスをしているのです。腰を抜かしそうになりがならも画面に釘付けのボクに、
母は恐ろしいほど大胆でした。カメラに向かって尻を振り、細い指でクリトリスを刺激し、バイブを穴にしまい込む。まさに信じがたい光景です。撮影者が父だったことも、ボクにとってはショックでした。言い遅れましたが、トラックの運転手だった父は7年前に浮気相手と失綜、その後、母は女手一つでボクを育ててきたのです。なのになぜっ自分に苦労を強いた夫とのセックスビデオを、なぜ母は押し入れに残しているのかっ頭は混乱し、同時に体の中に、母に対する歪んだ感情が湧き起こってきました。
二度と母の痴態を見てはいけない。理性ではわかっていても、衝勤は抑えられません。気がつけば、来る日も来る日もビデオを再生する自分がいました。撮影場所が以前住んでいたマンションの寝室だったことから推察するに、ビデオの母は30才。あの男、母さんをムリヤリ犯しやがってー怒りと同時に、画面の中でョガリ狂うを母を見て、深いため息もこぼれてきます。今も当時と変わらぬ美しさを保つ母。そんな、彼女をポクも力メラに収められたら、どんなに素敵だろう。歪んだ感情はこうして具体的になっていったのです。簡単な写真ばかりでした。テレビを眺める横顔、台所で料理に没頭する後ろ姿、玄関で靴を履くところ等々。母は不思議そうな顔をしていましたが、買ったばかりのテジカメを試してるんだと、ボクは毎日のようにシャッターを押し続けました。撮影を始めて1カ月が過ぎたある夜、母が仕事仲間と酒を飲み、フラフラに酔っばらって帰ってきました。「あーり、優ちゃん、まだ起きてたのおー?」「母さん、もう2時だよ。布団敷いといたから、早く休みなって」「もう、ダメー」しなだれかかってきた母を布団に寝かせたそのとき、鮮烈なシーンがアタマに浮かんできました。セックスの後、バジャマの上着ー枚で胸の前をはだけ、乳房を露わにしたまま眠る母。父がハメ撮った例のビデオのラストシーンで、これ以上ない扇情的な場面です。母さんが泥酔している今なら、撮影可能ではっヤリ過ぎかな?でも、こんなチャンスは二度とないぞー
母がオナニーに耽る夜、それは…
革のタイトスカートを脱がし、ストッキングをスルスル。しっとり湿った母の白く長い脚に手の平をのせると、ほんのり体温が伝わってきました。【ゴクリッ】ブラウスを剥ぎ、ブラを指先でめくると乳首が現れます。赤ん坊の頃、ボクが独り占めしていたビンク色のさくらんぼは、今も変わらぬ美しさをキープしていました。1時間ほどかけて、計100枚近く撮ったでしょうかcボクは強い満足を覚え、母にタオルケットをかけた後、寝室を出ました。その後、部屋に戻ったボクがモニタを眺めながら、ペニスをしこいたのは言うまでもありません。この日以来、ボクは母の寝姿を隠し撮り続けます。枕を股に挟みお尻をコチラに向けた母。カールをまいたまま疲れて寝込んでしまった母。色気のない生理バンツを穿いた母。毎日毎日、と言いたいところですが、週に一度だけ近づけない日がありました。母がなかなか眠りにつかない日。それは彼女がオナニーに耽る夜です。ビデオのような激しさとは比較にならないほど大人しい行為でしたが、襖越しに漏れる吐息に、ボクは胸が張り裂けそうになりました。鳴呼、今の母を力メラに収められたら。
ボクは気づきました。母がオナニーをする夜。それは決まって、今の彼氏とホテルに行った日なのです。こっそり盗み見た手帖に貼られたシールが、その印に違いありません。
もちろん、相手はドコの誰だか知りませんし、知りたくもありません。母を独り占めにしたい衝動にかられても、それは叶う望みではないのですから。
ボクは今も、母に対する愛情を盗撮という形で昇華しております。こんな変態行為をいつまで続けるのか。自問自答を繰り返しても、答は出そうにありません。

ぽっちゃり巨乳人妻と若い爆乳の専門学校生のパイズリでおっぱいの味わいを比べてみた

0218_2019122809245681b.jpg0219_20191228092457b44.jpg0220_20191228092458c13.jpg0221_20191228092500db3.jpg0222_201912280925016d9.jpg0223_20191228092503dcc.jpg
今回は久々に自ら仕掛けて大阪のスケべな女をゲット、ヒーヒーいわしてみせようか。むろん、単純にナンパしてヤルだけじゃ能がない。己に高いハードルを課してこそ、達成したときの悦びは大きい。さあどんな女にしようか。超美人限定女教師っていうのも興奮しそうだなあ。
40才を過ぎたオッサンがナンパを成功させるには、街角でただ声をかける《ストリートナンパ》は適していない。それこそ俺が編み出した力ップル喫茶の取材を装う《オリジナルナンパ》や、あらゆる環境・状況をナンパに繋げるというシチュエーションナンパがオッサン向きだ
(詳細は拙著「「きっとうまくいくナンパの本」を参照いただきたい)
では、今回のテーマにはどの手法が合っているか。巨乳女性が集まる場所でもあれば、それに合わせた《オリジナルナンパ》も有りだろう。が、そんな都合のいい空間は現実に無い。ならば、採るべきは日常のありとあらゆるシーンをナンパに繋げ、巨乳を見かけたら必ず声かけをするという《シチュエーションナンパ》の実行あるのみだ。こうして取材を始めたのが、9月の半ば。それこそ自宅にいる時間以外はすべて、巨乳女性を見つけては何かしらのアプローチを試みた。街で巨乳ちゃんを見つければ必ず道を尋ねる。この際、本当に行きたい目的地を聞く必要はない。尋ねるべきは、彼女が向かっている方向に存在する場所なぜなら教えてもらった後、一緒に歩きながら話せる可能性がアップするからだ。電車の中も同様で、可能な限り巨乳女性の隣に座った。彼女が大きな荷物を網棚に載せていれば「取りましよか」と声かけて取ってあげる。時には、おもむろに手帳を取り出し、ペンがないフリをして「すいません。何か書く物、お借りできませんか」と声をかけたこともあった。その他、レストランや喫茶店、ショットバーなど、ありとあらゆる場所で巨乳ちゃんにアプローチ。スタートから半月で、30人近くには声をかけただろうか。正直、この間の成果は大阪ー京都間のJR車内と、ショットバーで各ー名、巨乳OLのメアドをゲットできただけである。が、こうした地味な活動の積み重ねか次につながることも忘れちゃいけない。それより気づいたのは、胸が大きい女性は結構いても、必ず挟める大きさとなると、ぐっとその数が減ること。しかも、そうした女性に限って食指が動かないようなブスなデブだったりする。こりゃ大変そうだ。10月の頭、本業の外回りの合間を見て、ミナミのパチンコ屋に入った。むろんパチンコがしたいわけじゃない。玉が出そうな台ではなく、巨乳の女性客を物色しながら店内を一回り。ー人の巨乳女性を発見した。ピンクのノースリーブのセーターの中でメロン大の2つの乳房がはちきれんばかりだ。ややぽっちゃりだが、このおっばい、合格でしょ。30才前後の主婦と見た。迷わず隣に座り、打ち始めたら程なく目が合った。すかさず「やあ」って感じで軽く会釈を返す。実は、この軽めのファーストコンタクトが重要で、後々自然に話がしやすくなる。彼女がそこそこ勝っているのも好都合だった。全然玉が出ていないと席を替わられる可能性が高い
「結構出してるね。どれくらい打ってるの」「ー時間くらいかな」「へえ、すごいやん」
警戒心を持たせずに、少しずつ距離を縮めていくのが正解だ。にしても、真横から見るメロン大のおっぱいの迫力はどうだ。余裕で挟めるな
店内にコーヒーサーピスのおねーさんが回ってきた。ー杯おごって、距離を縮めるとするか
ちなみに、こういうとき、「コーヒー飲む?」といっ聞き方は「結構です」と遠慮されやすいのでよろしくない。あくまで強引に進めるべきだ。
「砂糖とミルク有りでいいよね」
「え、いいの?ありがとう一じゃ、有り有りで」コーヒーをきっかけに、彼女かり積極的に話しかけて来るようになった「営業さん」「あたり」「さぼったらアカンやん」自分のこともベラベラ口にした。専業主婦で子供はいない。帰りが遅いので時々遅くまでパチンコするらしい。この日も7時位まで打って、軽くー人で食事して帰る予定だという「ひとりで晩飯って寂しくない?」「時々、女友達で居酒屋行ったり、力ラォケ行ったりしてるしね」
誘えば、間違いなく付いて来そうな雰囲気だが、焦りは禁物。俺は彼女の連チャンがストップした頃合いを見計らい、勝負に出た。「今日、何食べる予定なん?」「うーん、決めてない」「ほんじゃ、ちょつと早いサど軽くいっとこか」「せやね。今止めるのが賢かと思うし」一あっけなく、誘いに乗っできた。
「実はお昼食べ損ねたからペコペコやねん」パチンコ屋を出て、近所のシティホテルにあるイタリアンレストランに入った。決して高い店ではないが、彼女はうれしそうだ。
「こんなちゃんとしたところで食、ぺるの久しぶり。いつも喫茶店か居酒屋やから」
「旦那さんとは行けへんの」
「普段外食やから、土日は絶対家でしか食べへんねん。たまにはどっか連れて行ってくれたらええのに」・酒が入り、彼女はますます饒舌になった。下ネタも全然OKだ。32才で名前はヒロコというらしい。たまに短期バイトをするがそれ以外は買い物かパチンコか女友達とのカラオケ。旦那とはここ2、3年まったくのご無沙汰状態らしい。2年ほど前に出会い系サイトで何度か浮気したことはあるそうだが、最近はまったく遊んでないとか。
「ちょっとしつこくメールしてくる人がいて、怖くなったんで」
んじゃ、2年以上そのおっぱいは誰にも操まれてないってことね。
「はい、でもそんなにおっぱいが好きなん?」「えっ」「だって、ちらちら私の胸を見てたでしよ」いかん、バレバレじゃないか。こうなちゃ単刀直入に行こう。そりゃ触りたいよ。
「駄目ですよ。」ことばで断っていても、本心じゃないのは明らか。あまり時間をひっぱるのは逆効果だ。早めに決着をつけよ。食事を済ませ店を出た後、当然のようにホテル街へ向かって歩き出すと、ヒロコも何もいわずに付いてきた。
ホテルに入って、まずはキス久しぶりのエッチだからか、ヒロコは少々興奮気味で鼻自いが荒い。舌を絡ませながら、服の上から胸を弄る完全に俺の手に余っている。片方の手で黒いスカートを捲り上げ、パンティの上から陰部を愛撫続けて、股のところから指を滑り込ませから、案の定ヌル又ル状態だ。もちろん、すでに俺もギンギンである。そのままベッドに移り、彼女の服を剥ぎ取る(乳房は確かにデカいが悲しいかな、重力に負け少々たれ気味)身体もだいぶ肉付きがよく、特に胴回りにはくひれがほとんどない状態だテンションは少々下がったが、風呂場での洗いっこで再び上昇。興奮をキープしたまま、ベッドで乳房にむしゃぶりつく。乳首を吸いながら左手でクリトリスをコリコリ、右手の中指と薬指をズッポリ。たっぷり濡れているのでスッと入る。
「あうー、あうー」指の動きに合わせて動物的な瑞ぎ声をあげるヒロコ。俺の股間に手を伸ばし、激しくペニスをし、こき出した。もう欲しくてたまらんご様子だ。じゃ挿れる前に念願のパイずりをお願いします。「うふふ」彼女は、今までに何十回とやっているような慣れた手つきでペニスを両乳で挟み、右腕で抱きかかえるように上下運動を始めた。うーん、なんと言えばいいのだろう。特別に気持ちいいわけでもなく、手や口で刺激されているよりは快感は明らかに劣る。では興奮するかと言えば、そうでもない。乳房に囲まれて窮屈そうにしている自分のムスコの姿が少々滑稽に見え、笑いそうになったくらいだ。パイずりって大したことないやん。そんな俺の気持ちを知ってか知らずか、ヒロコが自ら仕掛けてきた。「あーん、久しぶりでおいしい」
実にうれしそうにしゃぶりまくっている。お返しに舌と指で攻撃すると、ヒロコは再び「あうー、あうー」と瑞ぎながら腰をカクカクと痩墜。同時に、一ペニスをしごき始めた。
「ああ、ちょうだい、これ、ちょうだいー」
お待たせしましたてはまず正常位で、お次はバックで激しく突きまくろう。「あおおー、あおおーぎもちいいのー」もう瑞ぎ声というより除り声、叫び声、何だか獣とヤッているような妙な興奮の中乗位でフィニッシュ。
気持ちよかったし興奮もしたが、それは相手がスケベなぽっちゃり人妻だったというだけで、巨乳ということでの悦びはさほど感じなかった。特にパイずり2は期待はずれだ。ただ、ー回こっきりの経験で巨乳&パイずりを否定するのも早計。せめてもうー人、できればもう少し若くてスタイルのいい巨乳ちゃんとお手合わせした上で結論を出してみたい。
ある土曜日、客先での用件を済ませ、駐車場から車を出そうとしていたら、目の前を若い巨乳ちゃんが通り過ぎた。格好からして女子大生かフリーターすぐに追いかけないと彼女を後ろから付けながら、思い出した。進行方向に結構有名なケーキ屋がある。確か以前に一度だけ行ったことがあるな。Nという店だったか。いい口実ができたと、俺は足速に彼女に近づいた。
「すいません。この辺にNっていうケーキ屋さんありますか」「はい、ありますよ。この道まっすぐいって、2つ目の信号右曲がってちょっと行ったとこ。途中まで一緒なんで近くまで行きますよ」「ありがとう。助かります」なかなかエキゾチックな顔立ちだ(体つきは小柄だが、Tシャツの下で、歩くリズムに合わせて大きな乳房がゆっさゆっさ揺れている。ゲットしたいなあ。さあ、ケーキ屋までの道すがらが勝負だ。数分しかない。ここは積極的に話しかけよう。「Nでケーキ買ったことある?」「はい、何回か」「どんなケーキがおいしいの?」「チョコレート系がすごくおいしいですよ。でも結構高いんで私はあんまり買えないですけど。買って帰られるんですか」「ううん。食べに行こかなって」「えっ、ー人でですか」「そう、ケーキ好きやねん。でも、さすがにちょっと恥ずかしいし、時間あったら一緒に入ってくれへん?よかったらケーキおごるし」「まあ、バイト終わって帰るだけなんで時間はあるんですけど…」「んじゃ、決まりや。ありがとう。助かるわ」こういう話は、ニコニコ笑いながらドンドン自分のペースで進めていくのがミソ。相手に「まあ、ええか」と思わせる程度の軽いノリを心がけるべきだ。
「今日は、めちゃラッキーやわ」
店内の喫茶スペースで、好きなケーキを前に彼女はうれしそうに言った。ラッキーなのは俺の方や。彼女は、ビジネス系の専門学校に通う19才のアヤ。彼氏と別れて半年で現在はフリー。学校が厳しいのであまりバイトができず、常に金欠状態なのだそうだ。
「食いしん坊なんで、お金あったら毎日田心いっきり食べまくりたいのにー」「何食べたいの」
「ケーキは今食べたから、次は焼肉か寿司かな」
「へー、じゃ、今度今日のお礼に寿司でもおごるよ」「やったー絶対ですよ。河内さんっていい人ですよねー」君には警戒心というものがないのか?君こそ人が良すぎるよ。携帯番号とメアドは交換したものの、できれば今日モノにしてしまいたいところだ。とりあえず車で家の近くまで送るよと車に乗せ、彼女の家方面に向かって走る。「俺、これから結構忙しくなるから、今日、寿司いっとけへん」「でも、今日ケーキお、こってもらったばっかりやし…」「ええやん。ちょうど帰る途中においしい寿司屋あるしご、ちょっと寄っていこうや」
例によって強引に誘うと、さっそく、今日はツレと食べて帰るからと母親にメールを入れるアヤ。とことん押しに弱そうだ。「なんか、デートしてるみたいですよね」「こんなオッサンでもええんかいな」「私、けっこう年上好みなんですよ。同い年の男は子供っぽくて嫌やし」
弱めで人のいい若いコはできるだけうまく聞き役にまわることが重要。うまく相槌をうって、気持ちよく話させてあげる。そして、肝心なところでは少々強引にこちらのペースに持っていくのだ。このまま寿司屋で盛り上がれは必ずヤレる。
アヤは非常に上機嫌でいい状態に仕上がていった。スキンシップもまずまず、エロトークにも乗ってくる。寿司屋を出た俺は迷わずラブホに車を向けた。
「えー、しちゃうんですか?今日会ったばっかりなのに」
「そう、しちゃうんです。せっかく会えたからね」「そっかあ。じゃ、しちゃおか」
ラブホに入りキスをしながら、彼女の服を脱がせた。その身体は19才の割にやや張りに欠けるが、相当なナイスバディ。乳房も服を通して見るよりも迫力満点だ。お互いに指や口で愛撫をしていると、頼みもしていないのにアヤが乳房を俺のペニスに押し付けてきた。ん?パイずりしてくれるの。ヒロコのそれとは違い、アヤは優しく柔らかい胸をこすりつけ。る。なんかくすぐったいけど妙に気持ちいい。その後睡液をたっぷりと絡ませた濃厚なフェラ。ジュポジュポと音をたててながら舌を絡ませる。うますぎるやん。お前、ほんまに19才か?唾液でたっぷり濡れたペニスに再び大きな胸を擦りつけてくるアヤ。唾ですべりがよくなったパイずりは、さっきとはまた違った気持ちよさだ。ソフトな素股って感じだろうか。しばらくウエットパイずりを楽しんだ後、女性上位で挿入。
俺の上でアヤが激しく腰を振る。ホテルに入るまでとはまるで別人の積極的な動きだ。腰の動きに合わせて、大きな乳房がユサユサ揺れている。もうタマラン。正常位に体位を変え、今度は俺の下で揺れる乳房を見ながら射精した。ヒロコはともかく、アヤのパイずりには新鮮な快感があった。
結局のところ、巨乳&パイずりよりも、2人のスケべっぷに興奮させられた。やっばりは、おっぱい星人のようだ。
Copyright © エロ漫画無料アダルト裏モノJAPAN All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます