おっぱいのタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:おっぱい

【エロ画像】スイカップ以上世界の巨乳・爆乳・超乳美女集団の本物天然おっぱい

12_20201012072512618.jpg13_20201012072514ecb.jpg
巨大なバストを両腕で抱え、ニッコリと微笑むアジア系の女たちここに取り上げたのは、世界の巨乳マニアの間では知る人ぞ知る、名物集団のセクシーショットである。名を、「ディンドンガールズ」という。タイの風俗業者が立ち上げたフェチサィトの専属モデルで、彼女たちの写真やプロフィールが掲載される「ファランディンドン」は、超人気サイトだ。
最大のカップ数を誇るルイ嬢の胸回りは195センチにも及ぶまさに世界の巨乳集団といえよう。もっとも、このチーム、マニアの間では昔から画像の真偽を疑う声も大きかった。海外のフェチ系サイトを覗けば、さすがに特殊メイクだろう。
私自身の手で、アジア中から、カップ以上の女性をかき集めてきましたんですから。これでも苦労しているんですよー。あくまで自然の巨乳とのことだが、それにしては、公式サイト上にメンバーのフルヌード画像がほとんど置かれていない点が気になる。堂々とバストを披露できないだけの理由があるのでは?申し訳ありませんが、ウチのコたちはストリッパーじやありません。たまたまバストが大きかっただけで、みんな内面はシャイなんですから
「肌の質感を見る限り特殊メイクではなさそぅですねただし、このクラスの巨乳は、〇〇万分の確率でしか生まれませんバストの形からして、元々胸の大きい女性が、限界までシリコン豊胸を行ったのではないかと」手術こそ行っているものの、決して彼女たちのバストは空想の産物ではないらしい。

巨乳をガン見してもバレない方法!ぽっちゃり人妻と若い爆乳の専門学校生のパイズリでおっぱいを味わう

巨乳をガン見してもバレない方法
電車で向かいの席に座った男、町ですれ違う男、彼らが音楽を熱心に聞いて口をパクパクしてることがやけに多い。イヤホンを装着して曲を口ずさみながら、こっちをジっと見てくる男たち。最初は、本当に音楽が好きな人なんだな、歩きながらリズムに乗るなんて相当なマニアなんだな、くらいにしか考えていませんでした。
ただ、近頃その数が急激に増えた気が。さすがの私でもなにかおかしいと思うようになったので、友人の男性に相談したところ、驚くべき答えが返ってきました。
「その男たちはカオリの胸を見るために音楽に乗ってるフリをしてるんだよ。ほら、曲を口ずさみながらだと、凝視してると思われないだろ」
衝撃を受けました。たしかに、私の胸は人よりも大きい部類に入るので、元々見られることも多かったのですが、まさかそんな方法で私の胸が見られていたとは…。全く気づきませんでした。いつもならコチラの胸をじっくり見てくる男には、舌打ちの一つでもくらわしてやるのですが、音楽を口ずさむ男がそんなことを考えていたのは盲点でした。
この話を聞いてから、注意しながら生活していたら、まあ、口パク男たちの多いこと。1日に2人はこのやり方で胸を見てきます。
いくら胸を見られることに慣れている女性でも音楽を口ずさんでいる男に注意はしないもんです。まだ世の女性は警戒していないでしょう。裏モノの読者ならきっと真似しそうですね!
0218_2019122809245681b.jpg0219_20191228092457b44.jpg0220_20191228092458c13.jpg0221_20191228092500db3.jpg0222_201912280925016d9.jpg0223_20191228092503dcc.jpg
今回は久々に自ら仕掛けて大阪のスケべな女をゲット、ヒーヒーいわしてみせようか。むろん、単純にナンパしてヤルだけじゃ能がない。己に高いハードルを課してこそ、達成したときの悦びは大きい。さあどんな女にしようか。超美人限定女教師っていうのも興奮しそうだなあ。
40才を過ぎたオッサンがナンパを成功させるには、街角でただ声をかける《ストリートナンパ》は適していない。それこそ俺が編み出した力ップル喫茶の取材を装う《オリジナルナンパ》や、あらゆる環境・状況をナンパに繋げるというシチュエーションナンパがオッサン向きだ
(詳細は拙著「「きっとうまくいくナンパの本」を参照いただきたい)
では、今回のテーマにはどの手法が合っているか。巨乳女性が集まる場所でもあれば、それに合わせた《オリジナルナンパ》も有りだろう。が、そんな都合のいい空間は現実に無い。ならば、採るべきは日常のありとあらゆるシーンをナンパに繋げ、巨乳を見かけたら必ず声かけをするという《シチュエーションナンパ》の実行あるのみだ。こうして取材を始めたのが、9月の半ば。それこそ自宅にいる時間以外はすべて、巨乳女性を見つけては何かしらのアプローチを試みた。街で巨乳ちゃんを見つければ必ず道を尋ねる。この際、本当に行きたい目的地を聞く必要はない。尋ねるべきは、彼女が向かっている方向に存在する場所なぜなら教えてもらった後、一緒に歩きながら話せる可能性がアップするからだ。電車の中も同様で、可能な限り巨乳女性の隣に座った。彼女が大きな荷物を網棚に載せていれば「取りましよか」と声かけて取ってあげる。時には、おもむろに手帳を取り出し、ペンがないフリをして「すいません。何か書く物、お借りできませんか」と声をかけたこともあった。その他、レストランや喫茶店、ショットバーなど、ありとあらゆる場所で巨乳ちゃんにアプローチ。スタートから半月で、30人近くには声をかけただろうか。正直、この間の成果は大阪ー京都間のJR車内と、ショットバーで各ー名、巨乳OLのメアドをゲットできただけである。が、こうした地味な活動の積み重ねか次につながることも忘れちゃいけない。それより気づいたのは、胸が大きい女性は結構いても、必ず挟める大きさとなると、ぐっとその数が減ること。しかも、そうした女性に限って食指が動かないようなブスなデブだったりする。こりゃ大変そうだ。10月の頭、本業の外回りの合間を見て、ミナミのパチンコ屋に入った。むろんパチンコがしたいわけじゃない。玉が出そうな台ではなく、巨乳の女性客を物色しながら店内を一回り。ー人の巨乳女性を発見した。ピンクのノースリーブのセーターの中でメロン大の2つの乳房がはちきれんばかりだ。ややぽっちゃりだが、このおっばい、合格でしょ。30才前後の主婦と見た。迷わず隣に座り、打ち始めたら程なく目が合った。すかさず「やあ」って感じで軽く会釈を返す。実は、この軽めのファーストコンタクトが重要で、後々自然に話がしやすくなる。彼女がそこそこ勝っているのも好都合だった。全然玉が出ていないと席を替わられる可能性が高い
「結構出してるね。どれくらい打ってるの」「ー時間くらいかな」「へえ、すごいやん」
警戒心を持たせずに、少しずつ距離を縮めていくのが正解だ。にしても、真横から見るメロン大のおっぱいの迫力はどうだ。余裕で挟めるな
店内にコーヒーサーピスのおねーさんが回ってきた。ー杯おごって、距離を縮めるとするか
ちなみに、こういうとき、「コーヒー飲む?」といっ聞き方は「結構です」と遠慮されやすいのでよろしくない。あくまで強引に進めるべきだ。
「砂糖とミルク有りでいいよね」
「え、いいの?ありがとう一じゃ、有り有りで」コーヒーをきっかけに、彼女かり積極的に話しかけて来るようになった「営業さん」「あたり」「さぼったらアカンやん」自分のこともベラベラ口にした。専業主婦で子供はいない。帰りが遅いので時々遅くまでパチンコするらしい。この日も7時位まで打って、軽くー人で食事して帰る予定だという「ひとりで晩飯って寂しくない?」「時々、女友達で居酒屋行ったり、力ラォケ行ったりしてるしね」
誘えば、間違いなく付いて来そうな雰囲気だが、焦りは禁物。俺は彼女の連チャンがストップした頃合いを見計らい、勝負に出た。「今日、何食べる予定なん?」「うーん、決めてない」「ほんじゃ、ちょつと早いサど軽くいっとこか」「せやね。今止めるのが賢かと思うし」一あっけなく、誘いに乗っできた。
「実はお昼食べ損ねたからペコペコやねん」パチンコ屋を出て、近所のシティホテルにあるイタリアンレストランに入った。決して高い店ではないが、彼女はうれしそうだ。
「こんなちゃんとしたところで食、ぺるの久しぶり。いつも喫茶店か居酒屋やから」
「旦那さんとは行けへんの」
「普段外食やから、土日は絶対家でしか食べへんねん。たまにはどっか連れて行ってくれたらええのに」・酒が入り、彼女はますます饒舌になった。下ネタも全然OKだ。32才で名前はヒロコというらしい。たまに短期バイトをするがそれ以外は買い物かパチンコか女友達とのカラオケ。旦那とはここ2、3年まったくのご無沙汰状態らしい。2年ほど前に出会い系サイトで何度か浮気したことはあるそうだが、最近はまったく遊んでないとか。
「ちょっとしつこくメールしてくる人がいて、怖くなったんで」
んじゃ、2年以上そのおっぱいは誰にも操まれてないってことね。
「はい、でもそんなにおっぱいが好きなん?」「えっ」「だって、ちらちら私の胸を見てたでしよ」いかん、バレバレじゃないか。こうなちゃ単刀直入に行こう。そりゃ触りたいよ。
「駄目ですよ。」ことばで断っていても、本心じゃないのは明らか。あまり時間をひっぱるのは逆効果だ。早めに決着をつけよ。食事を済ませ店を出た後、当然のようにホテル街へ向かって歩き出すと、ヒロコも何もいわずに付いてきた。
ホテルに入って、まずはキス久しぶりのエッチだからか、ヒロコは少々興奮気味で鼻自いが荒い。舌を絡ませながら、服の上から胸を弄る完全に俺の手に余っている。片方の手で黒いスカートを捲り上げ、パンティの上から陰部を愛撫続けて、股のところから指を滑り込ませから、案の定ヌル又ル状態だ。もちろん、すでに俺もギンギンである。そのままベッドに移り、彼女の服を剥ぎ取る(乳房は確かにデカいが悲しいかな、重力に負け少々たれ気味)身体もだいぶ肉付きがよく、特に胴回りにはくひれがほとんどない状態だテンションは少々下がったが、風呂場での洗いっこで再び上昇。興奮をキープしたまま、ベッドで乳房にむしゃぶりつく。乳首を吸いながら左手でクリトリスをコリコリ、右手の中指と薬指をズッポリ。たっぷり濡れているのでスッと入る。
「あうー、あうー」指の動きに合わせて動物的な瑞ぎ声をあげるヒロコ。俺の股間に手を伸ばし、激しくペニスをし、こき出した。もう欲しくてたまらんご様子だ。じゃ挿れる前に念願のパイずりをお願いします。「うふふ」彼女は、今までに何十回とやっているような慣れた手つきでペニスを両乳で挟み、右腕で抱きかかえるように上下運動を始めた。うーん、なんと言えばいいのだろう。特別に気持ちいいわけでもなく、手や口で刺激されているよりは快感は明らかに劣る。では興奮するかと言えば、そうでもない。乳房に囲まれて窮屈そうにしている自分のムスコの姿が少々滑稽に見え、笑いそうになったくらいだ。パイずりって大したことないやん。そんな俺の気持ちを知ってか知らずか、ヒロコが自ら仕掛けてきた。「あーん、久しぶりでおいしい」
実にうれしそうにしゃぶりまくっている。お返しに舌と指で攻撃すると、ヒロコは再び「あうー、あうー」と瑞ぎながら腰をカクカクと痩墜。同時に、一ペニスをしごき始めた。
「ああ、ちょうだい、これ、ちょうだいー」
お待たせしましたてはまず正常位で、お次はバックで激しく突きまくろう。「あおおー、あおおーぎもちいいのー」もう瑞ぎ声というより除り声、叫び声、何だか獣とヤッているような妙な興奮の中乗位でフィニッシュ。
気持ちよかったし興奮もしたが、それは相手がスケベなぽっちゃり人妻だったというだけで、巨乳ということでの悦びはさほど感じなかった。特にパイずり2は期待はずれだ。ただ、ー回こっきりの経験で巨乳&パイずりを否定するのも早計。せめてもうー人、できればもう少し若くてスタイルのいい巨乳ちゃんとお手合わせした上で結論を出してみたい。
ある土曜日、客先での用件を済ませ、駐車場から車を出そうとしていたら、目の前を若い巨乳ちゃんが通り過ぎた。格好からして女子大生かフリーターすぐに追いかけないと彼女を後ろから付けながら、思い出した。進行方向に結構有名なケーキ屋がある。確か以前に一度だけ行ったことがあるな。Nという店だったか。いい口実ができたと、俺は足速に彼女に近づいた。
「すいません。この辺にNっていうケーキ屋さんありますか」「はい、ありますよ。この道まっすぐいって、2つ目の信号右曲がってちょっと行ったとこ。途中まで一緒なんで近くまで行きますよ」「ありがとう。助かります」なかなかエキゾチックな顔立ちだ(体つきは小柄だが、Tシャツの下で、歩くリズムに合わせて大きな乳房がゆっさゆっさ揺れている。ゲットしたいなあ。さあ、ケーキ屋までの道すがらが勝負だ。数分しかない。ここは積極的に話しかけよう。「Nでケーキ買ったことある?」「はい、何回か」「どんなケーキがおいしいの?」「チョコレート系がすごくおいしいですよ。でも結構高いんで私はあんまり買えないですけど。買って帰られるんですか」「ううん。食べに行こかなって」「えっ、ー人でですか」「そう、ケーキ好きやねん。でも、さすがにちょっと恥ずかしいし、時間あったら一緒に入ってくれへん?よかったらケーキおごるし」「まあ、バイト終わって帰るだけなんで時間はあるんですけど…」「んじゃ、決まりや。ありがとう。助かるわ」こういう話は、ニコニコ笑いながらドンドン自分のペースで進めていくのがミソ。相手に「まあ、ええか」と思わせる程度の軽いノリを心がけるべきだ。
「今日は、めちゃラッキーやわ」
店内の喫茶スペースで、好きなケーキを前に彼女はうれしそうに言った。ラッキーなのは俺の方や。彼女は、ビジネス系の専門学校に通う19才のアヤ。彼氏と別れて半年で現在はフリー。学校が厳しいのであまりバイトができず、常に金欠状態なのだそうだ。
「食いしん坊なんで、お金あったら毎日田心いっきり食べまくりたいのにー」「何食べたいの」
「ケーキは今食べたから、次は焼肉か寿司かな」
「へー、じゃ、今度今日のお礼に寿司でもおごるよ」「やったー絶対ですよ。河内さんっていい人ですよねー」君には警戒心というものがないのか?君こそ人が良すぎるよ。携帯番号とメアドは交換したものの、できれば今日モノにしてしまいたいところだ。とりあえず車で家の近くまで送るよと車に乗せ、彼女の家方面に向かって走る。「俺、これから結構忙しくなるから、今日、寿司いっとけへん」「でも、今日ケーキお、こってもらったばっかりやし…」「ええやん。ちょうど帰る途中においしい寿司屋あるしご、ちょっと寄っていこうや」
例によって強引に誘うと、さっそく、今日はツレと食べて帰るからと母親にメールを入れるアヤ。とことん押しに弱そうだ。「なんか、デートしてるみたいですよね」「こんなオッサンでもええんかいな」「私、けっこう年上好みなんですよ。同い年の男は子供っぽくて嫌やし」
弱めで人のいい若いコはできるだけうまく聞き役にまわることが重要。うまく相槌をうって、気持ちよく話させてあげる。そして、肝心なところでは少々強引にこちらのペースに持っていくのだ。このまま寿司屋で盛り上がれは必ずヤレる。
アヤは非常に上機嫌でいい状態に仕上がていった。スキンシップもまずまず、エロトークにも乗ってくる。寿司屋を出た俺は迷わずラブホに車を向けた。
「えー、しちゃうんですか?今日会ったばっかりなのに」
「そう、しちゃうんです。せっかく会えたからね」「そっかあ。じゃ、しちゃおか」
ラブホに入りキスをしながら、彼女の服を脱がせた。その身体は19才の割にやや張りに欠けるが、相当なナイスバディ。乳房も服を通して見るよりも迫力満点だ。お互いに指や口で愛撫をしていると、頼みもしていないのにアヤが乳房を俺のペニスに押し付けてきた。ん?パイずりしてくれるの。ヒロコのそれとは違い、アヤは優しく柔らかい胸をこすりつけ。る。なんかくすぐったいけど妙に気持ちいい。その後睡液をたっぷりと絡ませた濃厚なフェラ。ジュポジュポと音をたててながら舌を絡ませる。うますぎるやん。お前、ほんまに19才か?唾液でたっぷり濡れたペニスに再び大きな胸を擦りつけてくるアヤ。唾ですべりがよくなったパイずりは、さっきとはまた違った気持ちよさだ。ソフトな素股って感じだろうか。しばらくウエットパイずりを楽しんだ後、女性上位で挿入。
俺の上でアヤが激しく腰を振る。ホテルに入るまでとはまるで別人の積極的な動きだ。腰の動きに合わせて、大きな乳房がユサユサ揺れている。もうタマラン。正常位に体位を変え、今度は俺の下で揺れる乳房を見ながら射精した。ヒロコはともかく、アヤのパイずりには新鮮な快感があった。
結局のところ、巨乳&パイずりよりも、2人のスケべっぷに興奮させられた。やっばりは、おっぱい星人のようだ。

混浴温泉の露天風呂で若い女性のおまんこチラリおっぱいポロリのチラ見のチャンスはあるのだろうか・黒根岩風呂・鹿教湯温泉河鹿荘

0040_202009242020191ec.jpg45_20200912084322bce.jpg46_20200912084324659.jpg47_20200912084325704.jpg48_20200912084327cab.jpg49_20200912090744142.jpg
タイトルまんまである。あまりに素朴すぎてバカにされるかもしれない。早々と答えを出す人だっていることだろう。行ったことあるけど男ばっかだったよ、とか、オバチャンしかいなかったよ、とか。違うのだ。俺が知りたいのは、そんな個人に書く日記みたいな雑感ではなく、徹底的に粘りに粘ってそれでどうか、という次元の話なのだ。何時間も湯に浸かつて待ってれば、そりや若い女の一人や人は来ますわね。男がいるとわかれば、前を隠しますわね。でも、何かの拍子に乳房がチャポンと湯舟から顔を出したり、また何かの拍子に下の黒々した毛が海草の如くゆらめいたりするんじゃなかろうかと、そういうことを言っておるのです。これまでの人生、混浴どころか温泉地に出向いたことも二度ほどしかない俺としては、非常に気になる問題だ。絶無とは断じれないだろう。昨今の温泉ブーム、意外と頻繁に遭遇するやもしれんじやないか。
現地に到着し、温泉真上の道路から下を覗くと、中の様子まではわからないがガヤガヤと声が聞こえてきた。女の声も混じっているようだ。よし。入り口に座るモギリのおっさんに入湯料を払い、崖沿いの階段を下りる。さすが人気温泉、平日の夕方なのにすでに先客がいた。ほとんどが男で、女は…あそこか。
どれもオバハンだ。ま、とりあえず見とこ見とこ。服を脱ぎ、番手前の湯舟へ。オバハンがいるのは隣の湯舟だ。浸かった後であっちに移動してみっか。「あ」とかなんとか言いながら、自然を装い隣の湯舟へ。オバハンの真横に陣取る。げつ、みんな白いバスタオルを卷いてやがんの。露出少なすぎーとはいえ貴重な女体、他の男どもの視線も、広大な太平洋ではなくオバハン人にばかり向かっている。かなり露骨だ。眼鏡をかけてるヤツまでおるよ。こりゃ乳房や海草ユラユラまでは期待できないな。他のを待とう。夜からの時間は女性専用になってしまうから、それまでになんとかしないと。のぼせるたびに海で足をチャプチャプして待ち続けてみたが、新たな客はみんな男だった。
追い出されるように外に出ると、入り口で女たち数人が専用時間になるのを待っていた。ほとんどが浴衣姿隣接するホテルのもので、結構若いのもいるよ、おい。女性専用時間の終わる時を待ち、再び階段を下りてみる。…先ほどのうら若き乙女たちは一人も残っていなかつた。
ここでは閉館の時まで、時間も粘った。驚くなかれ、その間親子連れ以外はずっと俺1人。全身ふやけたつつーの。若妻の丸いラインがシルエットで浮かぶやっぱ風呂の規模が小さいとダメだ。客の絶対数も少ないし、女性グループの旅行先にも選ばれにくかろう。
今度の舞台は、栃木の山奥、女夫渕温泉。野趣あふれる開放的な温泉で、広大なスペースに露天風呂だけでなんともあるのだうち混浴は12種。12種とくれば女の開放感も並じやないだろう。必然的に至近距離に近づかれてしまうこじんまりした温泉と違い、入ってみようという気になっても不思議じゃない。日帰り入浴は昼の時までなので、ここは泊して夜通し浸かり続けるとしよう。明るい昼間より夜のほうが彼女らも大胆になるだろうし。翌週土曜の夕方、現地到着。夕食後、また露天風呂へ。おっ、暗くてよくわからんが、人は間違いなく女だ。胸膨らんでるもん。隣の風呂、さらに隣の風呂へとそろりそろり移動し、徐々に近づいてみる。全裸だ。タオルなし。へりに腰掛けた女のシルエットがはっきり見える。うひやひあ、こりやタマらんね〜。同じ湯舟にまで行っちゃうか!「ふ一あちちちつ、あちーな一」独り言をつぶやきつつザブン。毎度ながら自然な接近だ。おー見える見える。細い体に形のいいオッパイ。これこれ、こういうのを期待してたのよ。俺の接近に恥じ入ることもなく、女は胸を露出しながら足をちやぷちやぷさせている。この人、会話から察するに、父親と娘夫婦の関係のようだ。自分の父親と旦那の前で裸になれるなんて、たいした女だ。
翌日曜日、せっかく栃木くんだりまで来たんだからと、帰りにまたタオル不可温泉に立ち寄ることにした。ここ薬師の湯は、ホテル併設の温泉ではなく日帰り専門。温泉宿街の中にあるので周辺の客がドカドカやってくると期待できる。が、一歩踏み入れて、急激にシラけた。この混浴、川の向こう側から丸見えなのだ。手を振ってくる人までいる。これじやあ女は警戒して入ってこないだろうよ。実際、男だらけだし。それでも少しは粘ってみるかとボンヤリ浸かつていると、人人と客は減り、ついに人っきりに。筋肉質の浅黒い肌の男が話しかけてくる。「女の人、誰も来ませんねぇ」おっと、こいつも同じ目的か。そりやそだよな。ただ汗を流すだけなら男湯にいればいいんだし。と、自分で突っ込んでおいて、矛盾に気づいた。同じ場所に、男湯、女湯、混浴の種があれば、よっぽど景色や規模に違いでもない限り、女は女湯から出てこないんじやないか。ここは女湯も露天なのでわざわざ混浴に来る意味などなかろう。「そうっすねー。女湯にいるんじやないっすか?」女体になどまったく興味がないフリをして、お先に上がらせてもらうことにした。
男湯や女湯の存在しない、混浴のみの温泉。そんなトコはないもんだろうか。個別の湯がないため、全員が強制的に混浴に入るしかない、そんな場所は。あった。湯西川温泉の公衆浴場だ。いたってシンプルな地元民のための温泉で、入浴料は寸志。タダとも言える。こういうとこに観光客は来ないかもしれんが、近隣の若い奥さんなんかが汗を流しに来たりして。で、日常のことだから、わざわざ隠すとか照れるとかそういう意識はなくて、もうフッーに全裸なのな。下手すりや腋の手入れとかしてんのな。妄想たくましく足を踏み入れれば、年寄りの声がする!バアサンが仲良く入ってきた。ご丁寧にも、みなさんタオルで前を隠してるよ。見たかね一って。「おじやまかねー」
邪魔だ、邪魔だよ。おいおい、入るのかこのスペースに?ザブーンジャボーンと、ニコニコしながら人が俺の脇に入ってくる。「おにいちやん、どこから?」「東京っす」「1人でか?」「ええ、1人っす」バアチャンたち、ヨソ者が珍しいのか、喋る喋る。で、ことあるごとに笑つて体をグネらせるもんだから、肌が触れるのなんの。もちろん本意ではないため、すぐに外に出た。寸志、〇〇円ぐらい入れとくか。
タダで遊べるエロい場所と言えば、やはり温泉、それも混浴に限ります。私は全国津々浦々の混浴温泉に足を運んできましたが、長野の河鹿荘が一番だと思っています。
この温泉は日帰り入浴なら800円(週末は1200円)で入場できるのですが、特に週末になると、団体旅行といいますか、30代程度の妙齢の女性たちが非常に多くなります。おそらく『大人の女子旅』のような感じで雑誌等で紹介されているからでしょう。一気に10人ほどが湯に入ってくるなんてこともザラです。また、他の混浴温泉に比べて客が極端に減る時間が少ないというのも特徴でしょうか。途切れることなく、タオル巻きの女性が湯に入ってくる、まさに天国と言える場所です。
他の混浴温泉は、言ってしまえば女性のほとんどが地元の婆さんだったりします。それでは我々の目と股間が満足するはずもありません。30代、また40代のちょうど熟れたカラダを持った女性が集まるからこそ、私はこの温泉に足しげく通うのです。

【エロ漫画】歯医者でおっぱいを愉しむには!歯科衛生士の巨乳との触れあい・おっぱいムギュ

歯科衛生士の巨乳エロ漫画歯科衛生士の巨乳エロ漫画歯科衛生士の巨乳エロ漫画歯科衛生士の巨乳エロ漫画歯科衛生士の巨乳エロ漫画歯科衛生士の巨乳エロ漫画歯科衛生士の巨乳エロ漫画歯科衛生士の巨乳エロ漫画歯科衛生士の巨乳エロ漫画歯科衛生士の巨乳エロ漫画歯科衛生士の巨乳エロ漫画歯の治療中の歯科衛生士の巨乳との触れあい
歯の治療中の歯科衛生士の巨乳との触れあいなんとも素晴らしいですが、私の地元北海道では床屋、あかすりで同様の体験ができます。どちらもツウの間では評判です。日本中こんな店だったら、経済も活性化するでしょう。世界平和をもたらすかどうかはわかりませんが、客にとってはきれいになって気持ちよくなっての一石二鳥です。ただ友達には「あんまり興奮しないですね」なんて言われちゃいました。うらやましいような、もったいないような、なんとも複雑な気持ちですが容姿にも当たりはずれがあるようです。デブとかブサイクとか好き勝手におっしゃいますが、美しくキレイでしたらみんなハマるでしょう。
歯科衛生士のおっぱいムギュの確率をUPさせるには?
歯石取りの楽しみといえば…コレだ
この素晴らしき恩恵を受けやすくする手法を2つ伝授しよう何と言っても
まずはこちら右利きの歯科衛生士は必ず患者の右側から施術をする(左利きならその逆)
左に顔を向ければ自然とこういう姿勢にならざるを得ないわけだ
美容院のシャンプーで顔におっぱいを押し付けてくれるのはどの子だ
美容院で確実にこういった至福を味わうには準備が必要だ
まずは近場の美容院ブログを片っ端からのぞきアシスタントのプロフや画像をチェックアシスタントとは主にシャンプーを専任する新人のことだ
大半の美容院はシャンプー係も指名可能だ
予約当日わざわざ彼女を指名した理由はその背の低さに他ならない
シャンプー台の高さが一定である以上小柄なコがシャンプーすると…必ずやヘブン状態が訪れる
店に行くフリをすれば呼び込みキャバ嬢のお触りOK
呼び込みのキャバ嬢は狙い目だ行く気があるフリを見せてから触ると本気で怒られることはまずない
あとは立ち去るのみ

ニットにブラウス・着衣巨乳おっぱい隠れ巨乳娘のエッチ体験談

18_20200816155725f60.jpg19_2020081615572635f.jpg20_20200816155728b01.jpg21_2020081615572968d.jpg22_202008161557316be.jpg23_20200816155732efb.jpg15_20200816155720786.jpg16_2020081615572269a.jpg17_20200816155723ddf.jpg
デカパイは好きか。そう問われれば、大半の男はハイと答える。
そりや中には均整のとれたバストがいいだとか、貧乳が大好きだとか、異なる意見も出てくるだろうが、やっぱり大きな胸を好む者が圧倒的に多いのは厳然たる事実である。
しかし、では巨乳なら何だっていいのかというと、これが必ずしもイエスとはならない。例えば、こんな経験はないだろうか。ひょんなことから一人の女とラブホに入った。その女はカップの持ち主で、薄手のワンピ—スが胸のふくらみでドド—ンと前に張り出している。うう、すごい。眺めているだけでチンコはギンギン、ガマン汁もタラタラである。生陲を飲み込みながら女の衣服を剥ぎ取り、続いてブラジャ—のホックをパチン。いざ、たわわな乳房に手を伸ばしかけたそのと吉だ。
…ん?んん—っ?なんかメッチャ乳が垂れてるんですけど。んでもって、乳輪も栗まんじゅうみたいにデカイんですけど。何すかコレ。オレの、分前まで抱いていた高揚感、期待感、そっくり返してくれませんかね——。
巨乳とはつまり、こういう危険を常に孕んでいる。乳がデカイぶんだけ、裸にすると雑な部分がイヤでも目に付くのだ。乳輪は小さく乳首もピンクで、乳房はケットのようにそそり立つ。そんな完璧な巨乳にありつけることなど滅多にないのである。ならば、我々オトコはいったいどのように巨乳と接するのが正解か。ずいぶん前置きが長くなってしまったが、そのヒントはここにズラリと並べた画像群に隠されている。
世間では「着衣巨乳」と呼ばれるもので、昨今、愛好者が急増しているフェティッシユのジャンルだ。もはや説明は不要だろう。ブラジャの力で形を整えられた特大バストのなんと美しくイヤラシイことよ。乳首や乳輪や谷間が見えなぐたって十分イケる。いや余計なモノが隠れているからこそ、我々は興奮できるのかもしれない。なんたって妄想を働かせ、自分の理想のバストをそこに投影できるのだから。

フリーハグでおっぱいむぎゅっ!巨乳を堪能できたうえナンパから出会いにつながるかチャレンジしてみた

今はコロナでフリーハグなぞとんでもないですが、あんなに体を密着させるフリーハグ、ナンパには最適なんじゃないでしょうか?フリーハグナンパフリーハグナンパフリーハグナンパフリーハグナンパフリーハグナンパフリーハグナンパ
プレイボーイに興味深い記事を見つけた。
『世界に広がる珍ムーブメントフリーハグってナンだ?』
フリーハグ。そのまま解釈すれば自由な抱き合い。実際、誌面には記事を書いたらしい中年ライターが女の子たちと抱き合う写真がバンバン載っている。嫌が応にも下心をくすぐられリポートを読めば、何でもこのフリーハグ、オーストラリアのシドニーの路上でパネルを持った白人男性が「見知らぬ人と抱き合ってハッピーになろう」と訴え始めたのがキッカケでその後に男の映像がアップされ、世界中に抱っこムーブメントが飛び火。去年暮れ辺りからは、日本でも流行り始めたそうだ。これは放ってはおけない。街でナンパしてもろくろくお茶もできないのに、看板を持つだけで抱き合えるのだ。実際この中年ライター氏半日で約10人とハグしたらしい。むろん俺が期待するのは、ハグした後の展開である。
原宿駅は、ど派手なフアッションに身を包んだ女の子たちと、外人観光客で賑わっていた。フリーハグのスポットは、明治神宮の方にちよこっと歩き、すぐに見つかった。ボードを持った人たちが人。記事を疑っていたわけじやないけど、本当にやってたのね。チヤップリンみたいな帽子のニイちやんと、いかにもなバンドのおっかけギャル。オバサンの横に、見覚えのある顔が。ありや週プレに載ってたライターさんではないか。
「すみません」思わず、声をかけた。「あのお記事を書いてた方ですよね。ボク読んたんですよ」「どぅもありがとぅ」「あれ見てボクもやってみたくなって、ここに来たんですよ」
「そうなんだ。うれしいねえ」
物腰の柔らかなさんは取材後にフリーハグにハマり、今日はプライベー卜で来たらしい。一方のチャップリンは、週末ここでフリーハグしているそうで、多い日は10人近い人間と抱き合ったらしい。あの、それって、やっぱ女の子とベタつきまくれるから、ハマってるんですよね?早い話が、フリーハグってナンパですよね?
「いやいや。ハグはあくまで挨拶ですから。そんなんじゃありません!どさくさに紛れて、強引に自分から抱き付いたり、女の子のお尻を触ってもいけませんよ!」
あんた、毎週ここでハグしまくってて何を言ってんのさ。俺は俺で好きにやらせてもらよ。さっそく持参のボードを頭の上に…。いやー恥ずかしいっす。目の前を通るサラリーマンが嘲笑しちゃってくれてます。でも、そのまま分もすれば、何でもなくなった。ほらほら俺とハグしようよ。女の子カモン!「ハーイ」ほどなく、白人ネーちゃんが近づいてきた。日本人女性にはなかなか見ない巨乳である。いいの?ムギュってしての?
「ナイストゥミチュ」「どっどーも」おそるおそる相手の背中に手を回すや、彼女は俺の肩にアゴを乗せ、大きなオッパイを押しつけてきた。柔らけ気持ちぃぃーーていうか、お兄さんナンパしてんでしょ?この後、外人男、黒人デブ女、外人ネーちやんとハグし、なぜか、野球部所属の男子高生と抱き合った。正直、当たりは予想以上だ。が、ターゲットのジャパニーズガールはなかなかヒットしない。今回の目的は、あくまでナンパ。乳の感触を味わうなんて愉しみは、オマケに過ぎない。むろん、パッキン美女を狙うという発想もあるが、短時間に言葉の壁を乗り越えるのは容易ではない。ここはやはり、大和撫子を狙っていきたい。午後、通りの先ではしゃぐ人の日本人娘を発見した。どうやら、誰に抱かれようか迷っているらしく、こちらを見てはケタケタ笑っている。どうにか自分のところに引き寄せたい。精杯のスマイルを作り、両手を大きく広げながら、俺は大声で呼びかけた。「ハーイハグハグしよう」そもそも、路上にボードを持って立ってること自体がマヌケなのだ。恥ずかしがるより思い切り愉快な二ーチャンをアピールした方が受けるに決まってる。ほらほら思ったとおり、フリル服の女の子が小走りに寄ってきたぞ。可愛いねぇ。しかし、喜んだのも束の間。そのフリルちゃんコンマ秒ほどハグするや、話す間もなく、友達のところにダッシュで戻ってしまった。冷やかしか?いや、恥ずかしいんだろうな。その後、ちよくちよく日本のネーちゃんとハグする機会に恵まれたがれがいて、すぐに仲間の元に戻ってしまう。どうにか、少しでも話す方法はないものか。午後時半過ぎ。代々木公園の方から、珍しくピンの女の子が歩いてきた。娘さん、ちょっと待っておくれ。「何ですか」「いや、この前会ったでしよ?」もはやフリーハグでもない。「人違いじやないですか?」「そうかなあ…。ごめん」「はははっ」掴みは悪くない。「マジごめん。…せっかくだし、ハグしとこうか?」少々、強引な誘いにも、嫌がることなく身を委ねてる彼女。よし、ここからだ。フ日は、何してたの?」「代々木公園の野外ライブ行ってて。楽しかったよ」「ちえ俺もそれに行けばよかった。今度緒に行こうよ」
「えー。まあ、いいけど…」「じゃあ、携帯教えといてよ」「うんいいよ」こんなにス厶ースに進むとは、ビックリ。やっぱ、最初にハグしたおかげか。しかし、そんな下心を見透かしていたのか携帯をイジる彼女が鋭い突っこみを入れてきた。「ていうか、お兄さん、フリーハグでナンパしてんでしよ?」「ははっ。友達作りだよ。何言ってんの健全健全!」「まあそうね。ナンパなら渋谷で夜やってるフリーハグ行くか」ちよっと待て。渋谷で夜聞き捨てならんじゃん。もしかして家出してきた?女の話は本当だった。その日の午後。霧雨降る渋谷駅ハチ公ロを降りると、スクランブル交差点の前でボードを持ったイケメンが呼びかけていた。「ハイ、フリーハグどぞ」心強い同士だ。挨拶替わりに俺がハグしとくか。「こんちわーおつかれーす」「あつどうも一」
横浜から週で渋谷に来ては、フリーハグのボードを掲げているらしい。人でやってんすか?」「いや、さっきまでもう人いたんですけど」何でも、この駅前広場でのパフオーマンスは、トモヤなる人間の主宰するの『渋谷フリハグ』コミユニティのメンバーが中心になっており、金曜土曜の夜は、多くのメンバーが集まるという。「けど、今日はもうそろそろ帰ろうかなって」ちよ、ちよっと待った。ここで会ったも何かの縁。これから人でやろうじゃないの。もうちよっと頑張ろうじゃなの。
「ぃぃっすよ」さすが週、何度も通っているだけありヤスシのアプチは気合いが入っていた。甘い声で女の子を誘い、目が合うと歩前に。そのスタンスからして、ヤツもナンパが目的に違いなぃ。ヤスシとのフリーハグは分ほどでお開きに。雨足が強くなり、彼は「金曜日に仕切り直しましよう」と引き上げていった。俺はもうちょっと粘ってみるよ。午後時半。背後からエキゾチックなルックスの女が、ふらふら近寄ってきた。
「フリーハグしようよ!」「何してんですか?」櫛の入っていない髪とエラの張りが気になるものの、十分ストライクゾーンだ。「フリーハグって何?」「抱き合って幸せになりましょうっていう国際キャンペーン」「ふーん」「ラブピースって感じかな。愛は地球を救うみたいな。も兼ねてるかも」適当すぎる。「それって、ミュージシャンとか賛同してるんですか?」「しまっくてるよ……たぶん。とにかくハグしようよ」
肩に手を触れても、彼女に嫌がる素振りはなくゆっくりと引き寄せた。その瞬間だった。クセエエ異常なまでの汗臭さである。何だ、コイツ…。後ずさりしながら、ふと彼女の鞄のロが開いてるのに気づいた。大量の小汚いハンドタオル。わかった、おまえ家出してきたな。もしや今晩の寝床を探してる?だったら話は早いじゃん。「急に腹減ってきた。一緒にマック行く?セットメニューおごるから」女は二つ返事で着いてきた。
親と大ゲンカし、静岡の実家を出て来たそうな。両親に「おまえは歌手になんかなれない」と言われ腹が立ったらしい。親御さんの言ってること、正解だよ。勘違い系のカナエは、実に不幸な女だった。中学の頃から不良男子連中の性処理要員にされ、しょっちゅう空き教室などに呼び出されてはヤラれまくっていたのだという。その影響で高で学校に行かなくなり家で人、ジャニーズに没頭する每日。今持ち歩いているも大半がジャニーズものらしい。痛い、痛すぎる。でも、俺もヤッちゃうんだけどね。深夜下北沢のラブホテルにチェックイン。風呂場で死ぬほど体を洗わせた後、朝までに二回ほどイカせていただいた。今さら何だが、俺のストライクゾーンは宇宙のように広い。ハグしたまま離れない女ヤスシと約束した金曜日。渋谷駅に到着すると、スクランブル交差点は、人で溢れかえっていた。駅前広場に人垣ができており、その中に人ほどの男女がボードを持って立っている。外人の姿も見えるが、みなミユのメンバーのようだ。にしても、すごい賑わいぶりでぁる。次から次に酔っばらった若者たちがボードを持った連中に抱き付き、通行人同士も抱き合ぅ。大学のバカコンパか。いや、これぞフリーなハグだ。ヤスシと主催者のトモヤに声をかけ、さっそくメンバーの横に並ぶ。さぁ、どんどんいっらしゃい。気合いは十分だった。がいかんせんコトは上手く運ばない。ボードを持った連中しかり通行人しかり。テンションの高い野郎が多いためハグした女と話してる最中に、俺にも抱かせろと、横やりを入れてくるのだ。喧噪の中で、どっと疲れを感じ始めたころカメラをたすきがけした女コズエから声をかけられた。彼女もまたコミュのメンバーのようだ。
「まだハグしてなかったですよね?抱いていいですか?」誘われるがまま、彼女に身を委ねると、どういうわけか、ズエがハグしたままなかなか離れなぃ。「こうしてると落ち着きますよね。嫌なこととか忘れられるから」ピンときた。もしやこの女、心に病を抱えてるのでは?メンへル系が落ちやすいのは世の道理。道行く女をナンパするより、コイツと抜け駆けする方が簡単ではなかろうか。しかし、この後、話は思わぬ方向に転がっていく。
「トモクンの鞄が鞄が…。パソコンも入っていたのよ」夜時半俺が小便から戻ると、コズエか泣きそうな声で抱き付いてきた。どうやら、みんなの荷物を置いていた場所から、トモヤの荷物が盗まれたらしい。さらによく聞けば、彼女、その瞬間を見ていたという。おいおい止めろよ。そんなわけで、フリーハグはドン白けで終了。トモヤは警察に被害届を出しに行き、路上で仲間数人がダラダラ反省会をしているうちに、終電がなくなった。残っているのは俺とヤスシとコズエの他、メイというパツキン女と男子大学生人の人だ。沈んだ雰囲気に耐えきれず、俺から切り出した。「そろそろ、飲みに行こうよ」拒否する人間はおらず、女男でセンター街のカラオケ屋に入つた。みなフラストレーションが溜まってるのか、飲むわ唄うわ。そのうちメイとヤスシのカップルが成立しコズエの取り合いは、その後、学生人に牛丼を奢り帰ってもらった俺が制した。タクシーで俺のアパー卜に向かう道すがら、彼女が問わず語りに言った。
「うちの両親、長い間別居中だったんだけど年前に、お父さんが失踪したんだよね。このカメラは、その部屋に残っていたの」病んでるように見えた原因は、そこにあったのか。部屋に帰り、コズエを抱いた。彼女の希望で、時間近く抱っこし続けた。少しは癒されてくれただろうか。人間はみんな寂しい。触れられたいし、ハグもしてもらいたい。フリーハグムーブメントはもうしばらく続くような気がする。

【エロ漫画】男のチンコとオナニー鑑賞見るだけのバイトする女の子は自分のおまんこおっぱい見せにも抵抗なし

オナニー鑑賞エロ漫画オナニー鑑賞エロ漫画オナニー鑑賞エロ漫画オナニー鑑賞エロ漫画オナニー鑑賞エロ漫画オナニー鑑賞エロ漫画オナニー鑑賞エロ漫画オナニー鑑賞エロ漫画オナニー鑑賞エロ漫画オナニー鑑賞エロ漫画

素人ムスメのナマ乳は千円で揉める・格安で合法的におっぱいを揉む方法を試してみた

色白でショートカットの黒髪が似合ういまどきアイドルのような可愛らしい顔立ちの素人ムスメでもナマ乳は千円で揉める。出会いカフェで実証してみました。

20190929181651.png

単刀直入に言おう。このルポは、『いま、素人ムスメのナマ乳は千円で揉める』ことを実証した記事だ。
電車で胸の膨らみを前にしてチカンの誘惑に負けそうな男性。おっぱいパブで8千円ほど払ってプロの乳を2〜3人ぶん揉んでいる男性。よーく聞いていただきたい。
乳は千円で揉めるんです。
舞台は出会いカフェ。モミモミ部屋は、例のツーショットルームである。以下に、とある一日の行動を報告する。参考にされたし。

色白で薄化粧の女の子だ。スカートから出たナマ足がエロい。何度か他の男性客に呼ばれてトークルームに行くが、数分で戻ってくる。条件が厳しいのか。

20190929181708.png
●どうもこんにちは。
○どうもー。へへ(ハニカミ笑い)
●今日は具体的な目的とかあるの?
○特に決めてないです。
●エロ系のお願いはどうかな?
○そういうのはちょっと。
●そうなんだ。でも例えば、ここで千円払うから胸触らせて欲しいってのはどうかな。1分だけでいいから。
○……(こちらをチラ見するも無言のまま)
●ほら、手も汚れてないし、爪も伸びてないし、乱暴にしないよ。
○はあ(こちらの手をチラ見して)。
●今スグ払うから。
○直接ですか?
●うん。1分でいいよ。
○……(無言でうなずく)
●おお、ありがとう。じゃさっそく(千円札を渡す)。
○あ、(ブラを)外した方がいいですか?
●ぜひ。
○じゃ…、どうぞ。(服をたくし上げると、白いオッパイが露わに)
●おお素晴らしい。じゃ、失礼して。(生乳揉み開始)
●お〜柔らかい。何カップ?
○いまDです。
●ああ、いいね〜。乳首は結構、感じるの?
○はい…。
●ふーん、ちょっと摘んでみるよ。
○……。
●あ、ほらコリコリしてきた。
○……。
(その後、しばらく無言のままおっぱい全体を揉みしだく)
●いや
ーいいね〜。
○そうですか。
(ここで1分。すぐさまブラを直す女)
さっさと千円札を渡してしまうと、勝手に話が進んでしまう好例だ。迷ってる女には、まず現ナマを。

20190929181740.png
黒髪ストレートの、OLっぽい女性だ。カフェでは人気の出るタイプなのでトーク申し込みは殺到しているが、なかなか成立しない模様。
●こんばんは。
○こんばんは。
●よくここ来てるの?
○ちょくちょくと。3ヵ月ぐらい前からですね。
●エロ系のご相談っていうのはどうかな?
○ああ、いつもならしてます。
●今日はムリなの?
○はい、今日はちょっとみたいな。
●ああ、なんとなくわかったよ(たぶん生理)。じゃ、(小声で)ここで千円払うので、1分ぐらいオッパイ触らせてもらえない?
○フッフッフ、いいですよ。
●お、ありがとう。じゃ見せてもらっ
ていい?
○服上げた方がいいですか?
●そうだね。
(服をまくろうとするが、なかなか上がらないので、下に下げてもらう)
●いいね〜(と言いながらいきなりチクビをつまむ)。
○あっ…。
●乳首、敏感なんだね。何カップ?
○Dカップです。
(指先で乳房の大きさを確認し、一気に手の平で全体を揉みまくる)
●素晴らしいよ。ああ、いいね。
○そうですか?
●この大きな乳首、最高。
○フフ。…そろそろ時間ですよ。
●あ、そうだね。ゴメンゴメン。(乳もみタイム終了)
エンコー嬢だからといって誰もがあっさりOKしてくれるわけじゃないが、彼女は実にあっけらかんと受け入れてくれた。慣れてるのかも。

漫画本を一心不乱に読んでいたややポチャ体型。ハーフっぽい顔立ちがそそる。巨乳の可能性も高そうだ。
●どうも。
○あ、こんにちは。(最初の挨拶の後、しばらくお互いの仕事の話が続く)
●ところでさ、エロ系のお願いは聞いてくれる?
○そういうのはやってませんね。ご飯かカラオケかな。
●うーん、やってないか。そうか〜。
○はい。
●ちょっと聞いて。オレさ、別にエッチしたいわけじゃないんだよね。おっぱい触りたいだけなんだよ。
○え〜。
●もうホント、おっぱいだけ。1分と
かでいいし。
○1分?
●そう、ここで。千円でどう?
○千円?
●そう、千円。
○1分ですか?
(しばらく考え込んでいるので、素早く千円札を手渡す)
●はい、千円ね。カバンにしまって。
○あ、はい…。
(服をまくりブラをズリ下げると巨大なオッパイが出現)
●うおっ、でけえ。何カップ?
○E。
(乳もみタイム開始)
●あー柔らかいね。
○そうですか?
(手の平全体でしばらく全体を揉みながら感触を楽しむ)
●乳首も柔らかいんだね。
○……。
●こうしてると癒されるよー。
○……。
●もうずっとこうしていたい。
○もういいですか。
●はい、ありがとう。
(乳もみタイム終了)
考え込むのは、「絶対NGというわけではない」って意味なので、やんわり押しまくればなんとかなるものだ。

20190929181755.png

色白でショートカットの黒髪が似合う、いまどきアイドルのような可愛らしい顔立ちだ。男性たちからトークのリクエストは多いものの、すぐに待機部屋に戻ってくる。
●こんばんは。
○どうもー。お邪魔します。
●お姉さん、可愛いね。普段は何してる人?
○あー学生です。
●今日はどんな感じのつもり?
○あんまり考えてない。友達待ってるんだよね。
●なるほど。ちなみに、エロ系のお願いは聞いてもらえたりするのかな。
○ああ、ムリですね。食事とかカラオケしか行ったことないし。
●そっか。1分でも?
○1分?
●1分千円でおっぱい触るみたいな。
○どこでですか?
●ここで。
○えー。
●たった1分だよ? そのタイマーで確認してくれればいいし。1分なんてすぐだよ。
○えー。それでいくらですか。
●だから千円
○2はどうですか。
●2は無理だな。じゃあ逆に30秒で千円は?
○えー。
●ほら、いいでしょ。
(千円札を取り出し彼女の手に押し込む)
(服をまくりあげると、赤いブラが見える)
●いいねーでは失礼して。おお、ふむふむ。いいね〜。
(大きめの乳首をつまみ、手の平で全体をモミモミ)
○……。
●乳首感じるの?
○はい……。
●固くなってるね。
○……。
●舐めてもいい?
○ダメですよ。
●だよね。あー、すごい興奮してきた。
○ダメですよ。
●大丈夫大丈夫(そのまましばらく無言でモミモミ)。
○もういいですか。
●はいはい。了解です。
(結局、1分モミまくって終了)
30秒なんて約束は、ドサクサに紛れていくらでも反故にできてしまうものだ。やはりお茶系の子が乳首をカチカチにするサマは非常に興奮する。

茶髪の20代後半のお姉さんだ。全体的に細身のスタイルなので胸は小さそうだが、短いスカートから出た生脚がエロい。

20190929181807.png
○……入って大丈夫ですか?
●大丈夫ですよ。どうぞ。
○……(無言で会釈。やけに大人しい)。
●ここは何度か来たことあるの?
○……(無言で何度かうなずくだけ)。
●じゃ外に出たことも?
○……(無言でうなずく。キャラが暗すぎてやりづらい)。
●いつもはどんな感じ?
○いつもは…、お話してから決めてるっていうか、相手に合わせてるので…。
●じゃーエッチなお願いも聞いてくれるんですか?
○あー、そういうのは、ちょっと。
●ナシですか。
○……(無言で何度か頷くだけ)。
●なるほど。でも例えばね、いま千円払うから、ちょっと胸を触らせてもらえないか、ってお願いならどうかな?
○え? …どこで?
●まあ、ここで。
○お店の人に怒られますよ。
●うん、だから、そこはお互い内緒でって話なんだけど。
○あ〜…。
●1分で終らせるし、変なことしないので。
○……(下を向いたまま)。
●すぐ千円払うから。
○……はあ。(コチラの顔をじっと見つめ、ようやく首を縦に振る)
●ありがとう!(すかさず千円を渡す)
●じゃ、よろしくお願いします。
○はい。
(彼女が自分で服をまくる。ブラが外れ、生オッパイが出現)
●おお、いいオッパイだねー。
○……。
●胸は攻められると感じる方?
○…まあ、そうですね。
●じゃ触るね。
(無言でしばらくモミモミ)
●あ〜柔らかい。あれ、乳首立ってるよ?
○……(自分の乳首を見ながら無言のまま)。
●気持ちいいの?
○……。
●感じやすいほう?
○あの、もういいですか。
(ここで乳揉みタイム終了)
「どこで?」の質問が出た時点で、OKの意思はあるものと考えていいだろう。そこで「お互い内緒で」と店バレの心配をなくしてやれば、後はなんとかなる。

見た目は完全なキャバ嬢だ。細身体型でスタイルは悪くない。ただ、顔が少々残念か。指名はポツポツ入っているが、毎回成立せずに戻ってくる。
●こんばんは。
○えへへ〜。
●今日はどんな感じ?
○カラオケですね。
●カラオケか。いくらぐらいで?
○いつも5千円とかもらってますね。
●カラオケで5千円か〜。なかなか決まらないでしょ。
○ですねぇ。ソッチ系の人ばっかだし。
●オレもソッチ系なんだけどね。
○ですよね。
●でも時間ないからエッチとかしなくていいし。おっぱいだけ触りたいんだよね。
○え?
●たとえばなんだけど、今ここで千円払うから、ちょこっと触らせてもらうとか。
○え〜。ここで?
●そう。このまま帰ったらお小遣いゼロでしょ。千円でももらっといたほうがいいじゃん。
○服の上から?
●いや、ナマで。
○ナマ(笑)
●感触を覚えておいて一人でしたいからさ。
○胸小さいですよ。
●ぜんぜん問題ないよ。むしろ大きい人苦手だし。
○ウソー。
●ホントホント。オレ巨乳恐いもん。巨乳恐怖症。
○ぜったいウソだー(笑)。
●じゃスグ払うね。はい(強引に千円を差し出す)。
○じゃあ…はい。ありがとうございます。
(千円をサイフに仕舞う)
●じゃ見せてもらっていい?
○脱いだ方がいいですか?
●もちろん。
(ブラを外すと、そこそこのオッパイが出現)
●いいじゃんいいじゃん。可愛いよ〜。
(モミモミしまくる)
●おっぱい感じるの?
○もういいですか。
●まだ1分経ってないよ。乳首コリコリだね〜。
○……
●あ〜、オレも勃ってきちゃったよ。
○もう1分すぎました。
●あ、ゴメンゴメン。
(おっぱいタイム終了)
カラオケ女はなかなか外出できないので、「小遣いゼロで帰るより千円でももらっといたほうが」のフレーズは効くように思う。

長時間居座っていた色白女子だ。顔もそこそこで、胸元が大きくあいた服から巨乳を見せつけている。

20190929181615.png
○こんにちはーどうも始めまして。
●どうもー。今日はどんな感じなの?
○ワリキリ。
●いくらで?
○(指を2本出す)
●2かぁ。うーん。ちょっと考えさせて。
○はい。
●あのね、実はボクちょっとしたオッパイ星人なのよ。
○あー。
●ここで千円払うから、ちょっとオッパイ触らせてもらうってのはどう?
○そういうのはやってないんで。
●うん、やってないとは思うんだけど、やってみてもいいんじゃない?
○えー、千円?
●安いけど1分だしさ。2万はこの後の誰かで稼ぐとしてさ。とりあえず千円でももらっとけばいいじゃん。
○うーん。
●ほら、すぐ払うから。1分なんてすぐだって。
○ホントに1分?
●ホントに1分。
○じゃ、いいよ。
●よっしゃ。ありがとう。
(千円を渡して服を脱いでもらう)
●いやー、それにしても、すごい巨乳だよね〜。
○うん。
●ちなみに何カップ?
○Hです。
●エイチ! ABCD…すげー。初めて聞いたよ。
(いよいよオッパイが露わに。ものすごい迫力)
●わー、ホントすげー。じゃ失礼しまーす。
(おっぱいを揉みながら)
●普段なにしてるの?
○居酒屋です。(モミモミ)
●居酒屋にこんな巨乳娘がいるなんて。(モミモミ)
○いますよー。
●乳首も柔らかいんだね。
○ですかね。
(モミモミ)
●しかし大きすぎて掴みきれないね。
○はは。
(ひとしきり揉みまくり、あっという間に1分経過)
ガッツリ稼ぎたいエンコー娘にとって千円などはした金だが、しつこくお願いすれば、もらえるものはもらっておこうと考えてしまうものらしい。

合法的におっぱいを揉む方法合法的におっぱいを揉む方法合法的におっぱいを揉む方法合法的におっぱいを揉む方法合法的におっぱいを揉む方法

癒されたいオヤジに大ブームの新ライト風俗おっぱいリフレ体験談

風俗おっぱいリフレ風俗おっぱいリフレ風俗おっぱいリフレ風俗おっぱいリフレ風俗おっぱいリフレ風俗おっぱいリフレ風俗おっぱいリフレ風俗おっぱいリフレ
おっぱい堪能型の巨乳を堪能できるエステは本当に癒される。おっぱいに触れたり顔を擦り付けることは本当はNGな店が多いが、なにせ密着しきってるもんですから巨乳を活かした極上のパイズリを思わせるようなサービスなどボディを十分楽しめる。風俗店ではありませんので女の子のレベルも高い!
近ごろある派遣型リフレにハマっている。
在籍嬢はすべてEカップ以上という巨乳をウリにした店だ。
正直マッサージ技術はひどいものだしヌキだってない。
しかし…間近に巨乳を堪能できるこの幸せよ。
さらにこんなコースを頼めば、
じゃお腹をマッサージしますね。
オマケに最近は逆リフレも可能に。
当分散財は続きそうだ。

トランスジェンダー性転換のエッチ体験談|タチの女の子にクンニレ〇プが初体験

0003_20190616103551581_2019100621560374f_202001281721010ea.jpg0004_20190616103552400_2019100621560639b_202001281721023db.jpg0005_20190616103553cd2_20191006215609f0b_20200128172104daa.jpg
030_20200716173740e45.jpg040_20200716173742570.jpg050_20200716173743cdd.jpgちょっと一杯ひっかけていこうかと飲み屋に入ってカウンターに腰かけたら、すぐ横にこんな女が。たまにあるパターンですよね。チラチラ横目で見ながらのビールの美味いこと! でも向こうにはツレの男がいたりしてどうにもならないんすけどね。 
これ、「おっぱいハート」とか言って、ツイッターの連中の間でブームなんですって。ヤツら、流行りもんに飛びついてるだけで、たいがい肉の部分しか見せないチキンなんですが、たまに乳輪をハミ出させてるのがいるので、まあ良しとしましょう。
キレイな乳輪のフリーターの素人娘インタビュー
あの、写真のモデルさんをやってもらえませんか。
そういうのはちょっと
レイヤーさんっぽい雰囲気出てますけど、ダメですか?
出てます?目元のお化粧ど、髪の毛がそんな感じします。
そうですかー。やってらっしゃるんですか?うーん、男装なのかなー。
執事さまですか?
そうそう、そんな感じの。
はー、おもしろい人ですね。ぜひ撮らせてほしいんですけビ、条件はごにょごにょ……(耳打ち)。どうですか?いいですよ。
というわけでホテルへえりささんが男装したどきの写真って持ってます?
ほら、こんな感じでイケメンですねーこれ、女子にモテそうですよ。ホントですかー。初恋の相手は女の子だったし、小さいころから男になうたかったんですよ。
あ、トランスシュンダーの人か。女の子と初めてエッチをしたのはいくつのときですか?中学3年かな。そのころの私はスポーツ少女で性に興味がなさすぎて、同級生のタチの女子によくわからないままャラれました。
どんなこどされたんですか?足を開かされてめっちゃされました。クリをなめるときは舌を平たくしてくれないど痛いのに、彼女は固く尖らせてつつくんですょ。痛くてイャだったんだけビ、この状況って感じてる声を出したほらがいいんだろうなーって演技してました。
めっちゃ興奮した。手マンしながらクリを吸ってたんですけど、自分のアソコもダラダラに濡れてて、膝まで垂れちゃって。いやーもうね……うふふ。ご馳走様ですねー。
男性体験はどうなんですか?もしかしてゼロ
15才のとき、夜道をふらふら歩いてたら車の人に声をかけられて、ラブホテルに連れ込まれてやられまして相手が脱ぎ始めたのを見て、
ああ……そういうことするんだろうきみたいな。嫌がるっていうようも、もう別にいいよみたいな感じ。チンコがデカすぎてマジ激痛でした。犯罪の臭いがすごいなー。マトモな男性体験はないの?16才のころに、家出したんだけど、街中で知う合った32才ぐらいの人の家で、しぱらく性奴隷状態になってましたさらにひどそうなお話しですね。家に住まわせてやる代わうにャラせろって言われて、すごくィャだったけど、居場所どご飯を確保するためにはしょうがないかど思ってSEXしてた。毎日ヤリたくないのに朝起きたら即入れられる。濡れてないのに痛いし、ツライし、ずっと声を殺してポロポロ泣きながらヤラれてましたその生活は終わったの?
その男がメシ食わせてくれなくなったから。具なしの味噌汁飲まされるようになって、ここにいる意味ないなって。
えりささんは、女が好きっていうか、男が嫌いなんでしょうね。
そうなんですかね。
Copyright © エロ漫画無料アダルト裏モノJAPAN All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます